「映画化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 映画化とは

2018-10-18

anond:20181017185433

どれも読んでないんだけど、コオリオニ元ネタに「恥さら北海道警 悪徳刑事告白」って本があって、この本を原作映画化したのが「日本で一番悪い奴ら」

2018-10-17

小説電子書籍

普段小説はあまり読まないが、週末までにどうしても読みたい本があった。

電子書籍を漁る。

どこにもない。

割と有名な海外小説映画化もされている。

なのにない。

在宅仕事だし忙しいから外出は極力控えたいし本屋駅前まで行かないとないし

そもそも更紙の本を買うことに抵抗がある派。

狭い家に荷物を増やしたくない。

それなのに、電子書籍が出ていない。

困った。

今どきなんで電子化してないのか・・・

出版社小説だろうが漫画だろうか電子書籍の発行を義務にしてほしい。

久々に文字の方の本を読む機会があったのに逃しそうだ。

出版社は本の中身を読んでほしいんじゃないの?

2018-10-14

ファブ映画化らしい

そのこと自体に不満はないけど、原作に良くない影響がないか心配なところはある

オチ映画の公開に合わせて急いだせいで

ストーリー品質がガタ落ちしたとか

それまでの淡々とした歴史豆知識的な作風から

古代ローマ人時代トリップ恋愛活劇 みたいな

とってつけたような話になってしまいガッカリ とか

過去漫画を楽しく読んでいたのに、映画化が決まったのち

元の漫画面白くなくなってしまったものがちらほら

映画映画で好きにやればいいけど

漫画原作を変えようとするのは本当にやめてほしい

2018-10-05

ロックマン映画化でやめて欲しいこと

ごつい筋肉質の男が真っ青なロックマンコスチューム着てたら俺はキレる。

絶対にキレる。

2018-10-04

ロックマンハリウッド映画化って

敵も味方もMANだらけというのは近頃のポリコレ的にちょっとヤバすぎやしないだろうか

正確には9だかでウーマンはいたみたいだがその1人だけだし、あと漫画版ケンタウロスマン女性設定だったらしいが、それ含めても話にならない少なさだ

一部のオタクに根強い人気のあるロールちゃんにしても、あくまでおまけ要素の域を出るものではない

そう言えばインド人っぽいのがいた6含めても、黒人モチーフキャラがいた覚えもない

とりあえずオリジナルキャラ黒人女性博士でもブチ込んどけば大丈夫なのか?

2018-10-02

自分の機嫌を自分でとれない

最近仕事が忙しくて休みの日も1日寝て終わらせていたが、たまには休日らしいことをしてみようと思い立って映画を観に行くことにした。

予約した映画は「累」。

原作が素晴らしかったので、映画化発表した当初からとても楽しみにしていた。

会社ではパンツスタイル仕事をしている。たまには女性らしい服を着てみようとクローゼットの奥に追いやられていたワンピースを引っ張りだした。うん、まだまだいけるかもしれない。

ちんたらと準備していたら上映時間ぎりぎりになってしまった。駆け足で映画館に滑り込んだ。発券機に番号を入力したら無機質な声で伝えて来る。「こちらでは発券できません、係員にお尋ねください」焦る。

てんぱりながら受付カウンターに向かうと、店員のお姉さんは申し訳なさそうな顔を見せた。「お客様がご予約したのは当館ではなく他県の映画館のようです。」

あー。

私が向かった映画館ではもう累は上映していなかった。時間も遅かったし、ほかに観たいものも無かったのでとぼとぼと帰る。

何か行動をすると必ず失敗をしてしまう。昔からそう。浮かれて着たワンピースのことが憎たらしくなった。

帰りにマックに寄って月見バーガー食べたらちょっと元気になった。私が浮かれてようが落ち込んでいようがマックはいつも同じ顔して迎えてくれる。少し泣きそうになった。

2018-10-01

原作との比較は信用してはいけないのでは

小説映画版(実写でもアニメ映画でも)でも何でもいいが、原作があって翻案されるメディアは色々ある。

そのレビューのうち、良く言うまたは悪く言う根拠原作との比較場合は信じてはいけないと感じるようになった。

映画として(別に映画に限った話では無いのだけど)ここが良いとか悪いという評価は、必要レビューだと思う。しか原作と比べてというのは、その作品評価を曇らせる気がする。

実体である

実際に、実写映画を鑑賞して面白かったと思って他の人のレビューを見たら、評価が悪かったという事が何度かあった。例えば、原作雰囲気が活かされてないのだと。

私は、原作と比べてこうだからという評価を信じない。私自身も、原作と比べてこうだからという評価をしない。

いや、映画がこんなに素晴らしいのにそれに比べて原作ときたら・・・と思っても良いんだろうしそう思うことはあるだろうが、人には言わない。

リメイク場合そもそも翻案ではなくて、前の作品と比べても良いような気がする。が、ダブルスタンダードだという意見もあると思う。

映画化などの翻案作品原作付属物と見なす人と、翻案されたからそのメディアしか鑑賞する気のない人がいるという事だと思う。

両者は別だと割り切って両方を鑑賞する人もいるだろう。

というわけでヤフー映画映画.comの投稿自分なりに取捨選択できるようになってきたように思う。

私はレビュアーでは無いが、もしレビュー投稿するようになったら、皆さんの視点で取捨選択をして欲しい。

原作との比較が何よりも知りたいという人もいるだろうから

念のために書いておく。

私が実写映画しか関心がない人のように思われるかもしれないが、そうではない。

それと昔、原作比較して悪い評価を下した作品がある。その評価を人に伝えた記憶はないが。

その作品とは、京極夏彦長編小説ルー=ガルー 忌避すべき狼」を原作としたアニメ映画ルー=ガルーである

原作である小説の方を先に読んでいたので、アニメ映画の方は原作と比べてしまった。

今なら、バイアスの掛かっていない状態アニメ映画の「ルー=ガルー」を評価できるのだろうか。

漫画原作ではないが、漫画版もあった。

2018-09-20

自殺のため交番警察官決闘して人生に幕かあ

ナイフしか持ってないのに拳銃武装した複数人のいる砦に挑む

最後にそういう男を気取れるなんて格好いいなあ

映画化されないかなあ

怒りの荒野最後の場面を思い出した 

2018-09-15

anond:20180915172929

邦画から漫画映画化TV製作映画を抜くと

北野武園子温黒沢清是枝裕和あたりの作品ばかりになるから

薄暗い食卓でボソボソ喋って役者が急に大声あげる映画になるのも事実だよね

ラノベも同じような所があるんじゃないだろうか

2018-09-08

戦死したひいおじいちゃんの話

去年映画化され、またも今ドラマで放映している「この世界の片隅に」の原作漫画を今読んでいる。

こうの史代先生のやわらかなタッチと、その絵とは裏腹に感じられる生々しい描写とのギャップが好きだが、

この漫画でもそれを感じることができる。

そこで気になったのが、主人公すずの兄がニューギニア戦死したものの、還ってきたものが石ころひとつだけだったという話だ。

自分のひいおじいちゃんも出征し、パラオ戦死している。

その時も遺品一つ還ってくることはなく、骨壺に入っていたのは石ころ一つだけだったそうだ。

戦争の話は様々読んできたもののぴんと来ることはなかったが、

悲しきかなこの描写一つだけで、ぐっとこの漫画リアリティを感じることができた。

2018-09-05

anond:20180905235157

それは同意する

なろうのセリフ回しをそのまま他メディアに持っていくのは愚の骨頂だと思いますハイ

当然アニメ化映画化される時に全面的に補間されるべきだったね

anond:20180905162006

お前が父親として名乗り出て、映画化させるのをみんな待ってるんだよ。

台本読んだ?

2018-08-29

世の中のヒット漫画を全て映画化し終わるまで、オリジナル映画を作れない呪い

そんな呪いに、たくさんの映画製作者がかかっているのではないでしょーか。

ジャックフロストくんに「女を絡ませる状況」にウンザリしてる2

文字数制限があったとは…迂闊だった。 https://anond.hatelabo.jp/20180829184304 続きです。

2.「あれはRotGの人気じゃない」

あれはRotGの人気じゃない。

RotGの主人公と某ディズニーアニメAの主人公カップリングが人気だっただけだ。

既にスタートラインからアンバランスだった。

上映された作品とされなかった作品

これが同じクロスオーバーでも英語圏との大きな違いだ。

この差は本当に大きい。この人気を受けて上映企画も持ち上がったが、「中止にはなってないもの候補に上ったままその時期から停止している」といった状況になってしまった。

日本においてRotGの人気は某Aに依存するような形になってしまった。(挽回キボンヌ

まるで某Aの属国だ。

界隈がそんな状況だから二次創作を覗きに行くタイプの人にはなかなか勧められないし新しくハマった人のモチベーションも削がれてるんじゃないかとヒヤヒヤしてる。

自浄作用が腐りきってる。

いつも他ジャンルで発動してる過剰なまでの自治はどうした?時々必要無いだろって思えるほどのお得意の自治は発動しないのか?自浄しないのか?

これに至っては最低限のそれすら無く見えるんですけど………

免税店ですか?????

何せRotGで検索すると某Aを引き合いに出した意見が出てくるなんてしょっちゅうだ。

まるで某A界隈の植民地だ。

え?植民地とか属国という言葉は激しすぎるか?

じゃあ腰巾着統一するか?どうだ?屈辱なのは変わりないがな。

なあ、わかるか?

最初相談相手を探そうとしたけど見つからなかったっての。

探す努力はした。

そしてこういう会話をする。

「ねえ、ガーディアンズジャックフロストって知ってる?」

「うん、知ってるよ。女王(某A)とカップルになってる人でしょう?」

このはらわたが煮えくり返る返答で平静を表面上保ってみせた私を褒めてくれ。

しかも一度や二度じゃない。

あのブームに乗っていた者の反応はこれだ。

もちろん気が合う人にも出会えはした。

でも、あまり言いすぎるとRotGには希望が無いのではと誤解させてしまうんじゃないかと、探ることもできなかった。その件についてはあまり深入りせず、触れないようにした。私は見て見ぬふりをした。きっと不自然なほどだったと思う。

その人たちも状況はわかっていたと思う。けど、賛否どちら寄りなのかわからいから言えなかった。

でも今この記事を書きながら強く思う。

どうせ立て直すなら一度ぶっ壊した方がいいと。

ディズニーアニメAの主人公ののスペイン語版のウィキペディアに「主人公配偶者ジャックジャックはもちろんAの主人公結婚してない。)嘘書いたり。

Change.orgで「Aの主人公ジャックフロスト公式コラボさせて出会わせましょう!」っていう署名を2回も呼びかけてたり。

ドリームワークス公式アカウントででただRotG関連のツイートが見たくて検索しただけなのにそのクロスオーバー界隈のユーザー公式アカウントに送り付けてたそれのアイコラ画像を見つけるはめになったり。

冬の時期とか某Aに、某ディズニーにかこつけてツイートしてたり。(何度も言うけどマジでディズニー関係ねえぞRotG)

ガーディアンズの続編の可能性を探る!」って記事があるんで覗いてみたらただ某ディズニーアニメにかこつけたクソ曖昧な話ばっかりで肝心の続編探りはほぼ無関係なクソ詐欺記事だったり、

ピクシブとかグーグルでこっちがマイナス検索した上でRotG関連タグしかついてないとホッとしてたら不意打ちでクロスオーバーかまされたりした気持ち

明らかにpixiv規約違反公式CGアイコラ画像なのにネタが人気というだけでお目こぼしされたコラ画像が「野生の公式」と持て囃されてお目こぼしされた状態で数桁users入りしているのを見かけた気持ち

これ全部マイナス検索といった自衛の上で防ぎきれず見た場合だ。

これを検索汚染と呼ばず何て呼ぶ?

先入観が無くてマイナス検索をしなかった人はどうなるのか(人それぞれだよ)

いや人それぞれなのはわかってっけどそれでどのような効果が起きるかっつー話だよ。

嫌なら見るな」がまるで通じない気持ち

わかるのか?

人気だから検索に出るとかは正直個人的な好みは入ってるよ。

そこはまあマイナス検索とかで個人的に何とかしていくよ。

でも、好きな作品腰巾着扱いされてるのはもはやそう言う問題ではなくないか??みなさんはどう?

大好きなキャラが他社作品無関係キャラの添え物扱いされてる気持ち、君にわかる??

普通に作品内のキャラ同士でも嫌じゃないですか?

それが他作品な上に 他社やで?

それを他作品と一緒にワード検索したわけでもないのに当たり前の顔をして出てくる状況にぶつかった気持ち、わかるか?

あと、そのクロスオーバーカップリング(仮にジャック×某としてジャ某と仮称します)オンリー、「ジャ某(仮称オンリー」のツイッターアカウントがRotG

を紹介して、

「ジャ某(仮称)入門にいかがですか?」って言ったの見かけちまったの

忘れねえからな。

何がジャ某(仮称)入門だ。お前らにとってはその程度の認識なの?某ディズニーアニメの違う味付けを楽しむ舞台装置とか調味料とかだとでも思ってる?

ひょっとして、ドリームワークス作品日本冷遇されてたか日本でRotGの土台が整わなくてジャックフロストを某のオマケ扱いに留めておくチャンスに恵まれてるとか感じてる?

嫌すぎるな。

あああ。うんざりだ。 うんこまみれのザリガニ 略してうんざりだ。

ちなみに原作者役者、つまりジャックフロスト役の人はどう思ってるか?

英語版クリス・パイン氏の見解は知らないけどとりあえずここでは日本吹き替え声優さんの方で。

ウィリアムジョイス氏と落合佑介氏。

私が原作者声優ならここまでされたら屈辱でキレそうになるんだけど。あ、いや腰巾着扱いされたという諸々の前提込みではあるんだけど。

咎め無し。なんならモノによっては「自分作品キャラ好意的ファンアート」としていいねボタンLikeボタン)を押す時すらある(ジョイス氏が)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わ~~ウケる~~wwwwwwwwwwwwwwwwwww笑

ウケねえよ。

これがどういうことかわかるかな??

わかんねえだろうな。

娘のために物語(RotGの原作小説)を紡ぎ続け、その作品が全時空一のの美少年主人公に据えて映画化された人と、

全時空一の美少年声帯役に抜擢されるような人には、

うんこまみれのザリガニ気持ちなんて。

わかんねえだろうな。

わっかんねぇだろうなぁ~~~~~

俺にも向こうの気持ちなんてわからねえよ。お互い様だよ。

なんでそんな余裕しゃくしゃくできるのか。

そんなスペックを持ってるからってことから推測するしかできない。

でもこっちには余裕が無いんだよ。

そんなスペックなんて持ってないんだよ。

何であなた方の作品を某Aの属国扱いしてる界隈が原作者声優に依怙贔屓されてこの国の原作ファンはこんなに冷遇されてるんだろな。

よくわかんなくなってきた。理不尽すぎて。

原作者と主演俳優が認めてる!」(と、思わせるような出来事)みたいなカードがどれだけデカイか。

いやあ多分認める認めないとかお二方の体感ではそんな大袈裟()な話ではなくて「人気アニメの影響で自分キャラ話題になった」

みたいなライト感覚なのかもでしょうけど、

それをすればするほどファンを追い詰めることになっているのは承知なのだろうか?

ジャックフロストガチ恋勢もRotGはRotGの世界の中、広くともドリームワークス世界の中で完結されててほしいファンとかも浮かばれんわ。

「認めるのも認めないのもその人たちの自由じゃんwwガイヤーダーットレェww(外野は黙っとれ)」とも言いたくなる人もいますか?

しかし、彼らはそれを踏まえた上でそうしてるだろうか?

そうじゃない上でそうしてるとしたら軽率しか言いようがない。

例えばこれがアイドルだったら?(偶像アイドルと呼ぶならばガーディアンズ普通にアイドルの条件に当てはまるが…)

例えば、『とあるアイドル芸能人本人にとっては根も葉もない文春砲が出る。

その芸能人の親(彼らの言動別にアイドル公式見解になるわけではないが、影響力を持つ)や事務所肯定否定をするわけでもなくいいねとか、

果てはその記事の内容の関係者について肯定的ともとれる言動をしていたら?

しかも内容は、他の事務所芸能人腰巾着扱いをしているともとれる、よくてお菓子オマケ扱いしてるような記事。』

どうでしょうか??

普通にアイドル本人を不名誉視線晒すことになってない??

いや、ジョイス氏や落合氏の発言とRotGというアニメ公式は全部イコールじゃないけれど、お二方はずぶずぶの公式関係者、すなわちアイドルの親(アイドルとしての公式ではないがツイートlikeボタンが押されたら良くも悪くも調子に乗るには十分)みたいな存在なので、

ジャンルで別の人が言ってたんだけど、「たとえ俺たち(二次創作的な場所で盛り上がるタイプを指す)が狂ってても、公式だけはまともでいてくれよ」という切実な言葉を思い出し、そして身に染みる。

今なら某魔法学校の某ドラコくんが公式LINEスタンプでずぶずぶのネタ二次創作キャラ逆輸入された時の某ドラコくんファン気持ちがわかる!!

我々が狂っててもジョイス氏や落合氏のような公式関係者の方々にはまともでいてほしさある。

その軽率な行動でどれほどのファンが傷付いていると思ってる?

罪悪感は無いのか?

あ~~~浮かばれねぇな~~~他のカップリングクロスオーバー好きな人間は浮かばれねえな~~~。

なあなんとも思わないわけ??ドリワ側の原作と主演が頼りないかディズニーの強火さに頼るしかないとか思われて、何とも思わないわけ??

ドリームワークス見解はどうか知らんけど軟弱な日和った発言でもされたらマジで終わりなので終わらないで。

ディズニーの強火に頼らなきゃいけない。その点では信頼できることを知っているから。

なあ???恥ずかしくないのか???敵対会社の強火は信頼できるからそっちに頼ればとりあえずは安心とか思われて恥ずかしくないのか???

敵対会社作品キャラクターをくっつける必要特にないんならわりとマジでやめてほしい。

敵対会社日和らない部分で日和ってどうするんだよ。

ディズニー側がそんな事承諾しないことはわかってる(Frozenのエルサの言葉を借りると「あなた達の結婚絶対に認められません」だ)

仮にそんな事言ったりしたら相手ドリームワークスキャラだろうがイルミネーションキャラだろうがひんしゅくを買うに決まってる。約束された敗北だ。

だったら公式側には何も持ちかけず、二次創作範囲で留めておいた方が安心安全クロスオーバー二次ライフを送れるかもしれない。

けど、そんな中で出過ぎた真似をする輩がいる。日本なら完全に炎上案件レベルだけど英語圏はいかがなのだろう。炎上要素ゼロってわけじゃないよな。

先ほども述べたように、Change.orgというサイトで、「Aの主人公ジャックフロスト公式コラボさせて出会わせましょう!」っていう署名キャンペーンを行ったあの界隈の者がいました。

ちなみにそういった署名キャンペーン確認できる限り2回行われ2回失敗した。

オウ。妥当だ。そんなの成功させるくらいなら日本のRotG上映実現と原作翻訳出版実現を成功させろ。

あと日本吹き替え落合佑介さん、そのヘッダーはどうなんですかね?

非公式CPの絵を依怙贔屓してるようなのはどうなんです?え?

これはCPじゃなくてもっと尊いもの

まあそれを抜きにしてもそれ無断転載とかじゃないですよね。

違ったらごめんなさい。でも無断転載なら普通に変えた方がいいと思います

わかんねえだろうな。

余裕のないファン気持ちなんて。

あんたがたのその余裕がファンの首を真綿で絞めてるなんて。

どうせ原作者や主演俳優がどう思おうがディズニー側がブレなければ非公式にすぎないか安心していいんだろうけどさ。そう言う問題じゃないんなよな。既に精神被害被ってんだよな。さっき言った通りあの界隈の署名のやつで公式しろとかほざきやがった例があるからうそ言い訳も通じないんだよな。

世界が公正じゃないことがこれでよくわかる。

世界が公正ならもう少しマシだったよ。

じゃあジャックフロストディズニーの某A側に別々に公式恋人作る?

って?

え〜〜〜〜〜〜そういうのを作るにしろ作る理由が「他社作品キャラを遠ざけたいから」みたいな雑な理由は嫌ですね。

最終回発情期かよ。嫌すぎ。

あと個人的意見ですがそもそもジャックフロストが好きなのは美形少年ながら安易恋愛展開を持ってこられなかったのがホッとしたのもクソデカイです。

ディズニーの某キャラ側のファンも多分似たような感じなのではないでしょうか。

それに公式恋人がいようがいまいがかまわん二次創作はかまわんだろうし。無駄でしょ。(断言)

2018-08-22

劇場版映画の違い

アニメ映画 ←わかる

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20180819173619

レス死語)だがワケわからんついでのネタ披露する。

実写でもアニメでもテレビシリーズ映画化されたら劇場版と呼ばれる。

この劇場版作品タイトルに含まれる。「劇場版 〇〇」という感じで。

それなら映画とは何かというと原則としてテレビより先に制作された作品になる。

その際の表記映画「〇〇」となって映画作品タイトルに含まれない。

ところがこの原則が崩れるのが子供向けアニメ表記は「映画 〇〇」。

映画作品タイトルに含まれしまう。プリキュアとかでおなじみかと思う。

こういうややこしい慣例を業界が明らかにする機会を失っているのだろう。

劇場版統一してしまっている一部メディアさら問題をややこしくしてしまった。

そもそもシネコンじゃ狭くて劇できないのは別の問題

anond:20180822102419

だーかーらー、男はアニメを見てるからって統計だっただろうが!

「好きな原作映画化から」ってのも、アニメメインならそういう理由が多いのが当たり前だし

「好きな俳優が出てるから」と同じような理由の「好きなキャラ声優が出てるから」ってのも実際は多いだろうが、

アニメ専門ではないアンケートにそんな項目無いから表に出ないだけ。

男はジャンル監督で選ぶってのも、「アニメ」と言うジャンルを見てる、アニメ監督を重視してる、って事ならしっくり来る。

自分どちらかというとフェミ野郎な男なんだけどさ。

映画を観る理由で、女性は「好きな俳優が出演するから」が一位、男性は「好きな原作映画化だから」が一位みたいなのを空目したんだけど、これってもろに男女の特性差が出ちゃってるよね。

これだけ取ってもいろんな仮説が立てられるけど、例えば、浅い順にこんなかんじか。

(1)女性イケメンを見たいだけ。なんだかんだ言うも容姿こそ最重要。一方男性は中身を重視する。

(2)女性お話にあまり興味がない。または大人向けの考えさせるとか考察させてくる映画は内容を理解できない。男性お話に興味ないとそもそも見ない。

(3)女性でわざわざ映画館にまで行って1,500円とかそれ以上払って映画を観る人というのは、好きな俳優に間接的に貢いで応援するという人が主。女性は(例え報われなくても)好きな男性献身的に支えることに喜びとか充実感を覚える人が多い。男性一般人でも応援される(女性に支えられる)側に立つことを望んでいる。男性で1,800円も払って映画を観るような人は、映画というもの好きな人が多く、そういう人はお話重視になりやすい。

アメリカと客層や映画を観る理由が違うというのは、文化の違いとかもあると思うけど、それ以上に料金が全然違うっていうのがあるよね。旧作は1ドルで観れるんで。単純に比べるのはミスリードです。

カメラを止めるな!盗作騒動はたぶん悪徳弁護士仕業だと思う

当初「全然別物になっていた」と映画の大ヒットを喜んでいた和田氏が、なぜ今になって「原作となった舞台タイトル劇団名をクレジット記載しろ」と言い出したのかがみんな訳分からんと思っているところだと思うが、ずる賢い弁護士にそそのかされた(あるいは洗脳された)からだと考えれば、いろいろ説明がつく気がする。

和田さんの Facebook投稿見ましたよ!『カメラを止めるな!』の原作者だったんですね!正直、かなり潤ってるんでしょ?w」

「え、一銭も入ってきてない?嘘でしょ?原作者なのに?」

「え、それどころか原案となった舞台劇団名もクレジットにない…そんなの、おかしくないですか?!」

世間の人はみんなあれが上田監督アイデアだと思って、ここ10年の最高傑作だの天才が現れただの絶賛していますけど、本当の天才和田さんじゃないですか!」

「『全然別物だから』って、そんなのおかしいですよ。だってストーリー構造とか台詞回しとか、全て和田さんのアイデアなしにはありえないんですよ!!」

「一応法律で飯を食っている人間として言います。これ、もし出るところに出れば和田さん勝てる案件ですよ…」

「いえ、間違いありません、和田さんはこの映画の大ヒットに対して相応の報酬を得るべき方です」

「『お金問題じゃない』?でも、和田さんの才能を無礼若者横取りされた挙げ句映画化にあたってお礼どころか何の連絡もない、そんなことがあっていいんですか!!!

和田さんに対してだけじゃありません。元劇団員の皆さん、劇団応援してくださった皆さん、彼らの気持ちをも踏みにじるあまりに失礼な態度じゃないですか!!!!」

「よく考えてみてください。あの映画の本当の原作はこの舞台だと主張するのはどう考えても正当な行為ですよ」

しかし、映画関係者がだんまりを決め込んでいる今、その主張ができるのは和田さん、あなたしかいません」

和田さんのお金は欲しくないというお気持ち尊重しましょう。でも私は弁護士として、和田さんやその周りの方々がこんな理不尽な状況にあることには我慢がならない!!!

和田さん、これは和田さんだけの戦いではありません。この世に生きる全てのクリエイターにとっての戦いです」

クリエイターが胸を張って自分作品自分のものだと主張できる、そんな当たり前のことができない世の中を、我々の手で変えていこうじゃありませんか」

「…和田さん、そうです。その言葉を待っていました」

「『とりあえず映画のヒットが落ち着いてから』?何をおっしゃるんですか、それでは遅いです。むしろ映画の名と内容が広く知れ渡った今こそが、和田さんたちの劇団名誉回復する唯一のチャンスです」

「もちろんです!ではさっそく手続きをいたします…」

こんな感じなんじゃないの。

2018-08-21

anond:20180821130054

ビックプロジェクトでもない個人制作映画で、権利周りちゃんしろってのを上田に求めるのは酷

おまけに、最大のチャンスだった

上田大坪に『GHOST IN THE BOX!』の映画化を提案

 ↓

上田大坪経由で荒木にも声をかけて三人で映画化を進めるも頓挫

の時に和田隠居状態なのも問題

市橋も釘刺してるから無能ではないんだろうけど、

和田のもとに市橋から原案として整理した」と一方的な連絡

リメイク二次利用権利破棄を求めた原案利用契約書が送られてきてブチギレ

が完全に前時代対応すぎて、ここで無能覚醒たか。恐らくメディア化とかで金払うの渋ったんだろうな

ちょっとケチったおかげで大損害だな

anond:20180821130054

上田(映画監督)、友人の大坪(劇団員)が出演していた舞台GHOST IN THE BOX!』を見る

 ↓

☆動員目標達成できず劇団解散和田燃え尽き症候群引きこもり劇団員関係者と一時期疎遠になる

 ↓

上田大坪に『GHOST IN THE BOX!』の映画化提案

ここが抜け落ちてる。

上田和田に連絡とらなかった一因はここにある(それは和田も認めてる)。

ただ公開前にそれでもどうにかして連絡とるのがプロデューサー仕事だった。

anond:20180821130054

これだとまあ上田が悪いよな

そもそも最初映画化の時点で和田挨拶入れるの当然じゃん

プロデューサー無能臭いけどどの時点でどれだけ事実関係説明されてたかによる

カメラは止めるな!』 盗作騒動時系列

劇団PEACEにて、和田(劇団主催者)企画演出荒木(劇団員)脚本舞台GHOST IN THE BOX!』が公開

 ↓

上田(映画監督)、友人の大坪(劇団員)が出演していた舞台GHOST IN THE BOX!』を見る

 ↓

上田大坪に『GHOST IN THE BOX!』の映画化提案

 ↓

上田大坪経由で荒木にも声をかけて三人で映画化を進めるも頓挫

 ↓

上田、一人で映画制作再開、オリジナル作品として脚本を書き直す

 ↓

映画カメラを止めるな!』が公開

荒木大坪名前企画開発協力としてクレジット記載

クレジットにいれたことのみの連絡はあったが、許諾に関する話や謝礼はなし)

 ↓

市橋(プロデューサー)が上田に『GHOST IN THE BOX!』の名前を出さないよう指示

上田パンフレットインタビューなどでは「とある劇団舞台に影響を受けた」と発言するに留める

 ↓

和田、『カメラを止めるな!』が話題になってその存在を知る

自身作品リメイクだと知り喜び、鑑賞後に絶賛ツイート

 ↓

和田ツイート上田感謝のリプを送る

 ↓

和田クレジット原作GHOST IN THE BOX!』と劇団名を記載してほしいと申し出るも上田拒否

 ↓

和田、納得いか市橋(プロデューサー)を含めて三人で協議

市橋が「配給拡大が決定していてクレジット変更が効くのは今日迄で時間がない、ひとまず原案としてクレジットして、原作かどうかは再度協議しよう」と提案

 ↓

カメラを止めるな!』の配給拡大

上田原案クレジットされたことで『GHOST IN THE BOX!』の名前公言するようになる

 ↓

和田のもとに市橋から原案として整理した」と一方的な連絡

リメイク二次利用権利破棄を求めた原案利用契約書が送られてきてブチギレ

 ↓

和田契約拒否して週間FLASHぶっちゃけ

 ↓

週間FLASH、『カメラを止めるな!』興収10億円突破にあわせて記事掲載イマココ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん