「兄貴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 兄貴とは

2017-10-19

[] #39-4「タオナケの正義

ところ変わって兄貴のほう……

へとへとになりながらもバスギリギリで駆け込み、いつもの席に勢いよく座りこんだ。

「やあ、マスダ」

「はあ……あ、センセイ……はあ、どうも」

センセイは兄貴が通学でよく利用するバスで乗り合わせる人で、何度か見かける内に話すようになったらしい。

センセイといっているが兄貴勝手にそう呼んでいるだけで、この人が実際は何をやっているかは知らない。

バスに乗っている時だけ話す間柄だし、必要以上の詮索は無用かららしい。

「朝から随分お疲れのようだけど、あまり眠れなかったのかい



兄貴は今朝起きた出来事かいつまんで話した。

「まあ、大事にならなくて何よりだ。その子供たちも、もちろん君もね」

「それにしてもタオナケのやつ、どうして自ら危険可能性を上げるような真似をするんでしょうね」

「ふーむ……一口には言えないが、“可能性を肯定していない”からじゃないか

「なんすかそりゃ。可能性って肯定するかどうかってものじゃないでしょ」

「勿論そうだけど、現にそうやって生きている人は多いよ。私たちが乗っているこのバスだって、何らかの事故が起きる可能性は常に横たわっている。でも、それを恐れて乗らないという選択をすることは、まずないだろ?」

「そりゃあ確率が高くないですし、享受できるメリットを捨ててまで考慮すべき可能性じゃない」

「そう。可能性はあって、それが低いかいかの差だ。重要な差ではあるが、個人にとって参考材料の一つに過ぎないのも確かなんだ。その可能性をいちいち恐れていては何も出来ない。だから時に、人は“可能性を肯定しない”んだ」

「ああ、“可能性を肯定しない”ってそういうことですか……でも、それって危機管理能力を鈍らせることになるんじゃ」

「その側面もある。例えば原発への反対の声が強くなったのは、実際にそれで事故が起きてからだ。可能性そのものは常にあったけれども、それを肯定したという好例だな」

「センセイって原発反対派なんです?」

「ははは、例え話で持ち出しただけで別にどっちでもないよ。私が言いたいのは、人間ってのは可能性を正確に知覚できない生き物だってこと」

「だから肯定するかどうかが重要だと」

「そういうことだ。“否定”ではなく、あくまで“肯定しない”。同じ意味のようで、ちょっと違う」

「なるほど、つまりセンセイがこうやって俺に話をしてくれているのは、その間にバス目的場所を通り過ぎる可能性を肯定していないからなんですね」

「これをより深く理解するためには、蓋然性という概念についても……あ!」

到着場所アナウンス流れる

センセイがいつも降りる場所は、その時点で既に通り過ぎていた。

どうやら話に熱が入りすぎてしまったらしい。

「……誤解しないで欲しいんだが、“可能性を肯定しない”のと“気をつけない”ことはイコールじゃないからな?」

「……勉強になります。じゃあ、俺ここで降りるんで」

「私も降りよう」

(#39-5へ続く)

2017-10-18

[] #39-3「タオナケの正義

学校にたどり着いた頃には俺たちは息も絶え絶え。

特にひと一人抱えて走っていた兄貴の顔色は相当ひどかった。

「ここまで来れば十分だろ」

ありがとう兄貴学校あるのにゴメンね」

抱えていたタオナケを降ろすと、呼吸を調えて酸素供給し、兄貴は何とか脳を稼動させる。

学校……そうだよ、学校あるんだよ。なんで朝からこんな……金を貰おうがボランティアは二度とやらん……」

うわ言を呟きながら、兄貴はよろよろとした足取りで去っていた。


タオナケはというと、ここに来るまで何も言葉を発していない。

トラブルに巻き込まれたのが、よほどショックだったのだろうか。

やれやれ。これにこりたら、あん場所を一人で歩こうとはしないことだな」

俺の何気なく放ったその言葉が、タオナケの琴線に触れた。

「私、疑問なんだけど、何その理屈

タオナケが今日俺たちに初めて投げかけた言葉は朝の挨拶でも、助けてもらったお礼でもなく、怒りの言葉だった。

から気難しいところがあったが、ここまで過剰に反応するのは初めてだったので俺たちは戸惑った。

危機管理をしっかりしろってことだよ」

「私、被害者だけど、私が悪いっていうの!?

「そんなこと言ってないだろ」

「言ってないけど、言ってるようなものでしょ」

「違うってば、タオナケ。巻き込まれたのは気の毒だけど、それはそれとして自衛に努めようって言っているんだよ」

「私は悪くないけど、そんな奴らを気にして自衛しないといけないの? 理不尽わ!

俺たちはタオナケが何で怒っているのか分からなかった。

いや、全く分からないというわけじゃない。

けど全容を理解するための、タオナケの心の根っこにある部分が分からないでいた。

ただワガママを言っているようにしか見えなかったんだ。

「不平不満を言っても事態好転しないよ。個人差はあるけど皆やってることだ。ほら、僕も防犯ブザー持ってる。聴覚が敏感だから防犯ブザー使ったら自滅するけど、そのために唐辛子スプレーも持ってるよ」

「俺は胡椒スプレー。ドッペルも胡椒スプレー持ってるよな?」

「……柚子胡椒スプレー

柚子胡椒胡椒は入ってないよ」

「つまんねえ揚げ足とるなよ、ミミセン」

「もういい、絶交よ!」

金切り声でそう叫ぶと、タオナケは先に教室に行ってしまった。

タオナケの絶交宣言は、今シーズン初だ。

(#39-4へ続く)

2017-10-17

[] #39-2「タオナケの正義

ちょっと遅くないか? 早く来てくれないとこっちも困るんだが」

遅れている理由何となく分かっていた。

「まあ、いつもの寄り道だろうね」

「寄り道?」

それを知らない兄貴は尋ねてきた。

「ほら、あそこだよ。いわゆる“貧困街”」

最近タオナケは、通学中に寄り道をすることがマイトレンドだった。

特にお気に入りが、廃墟だらけのエリア

俺たちはそのエリアのことを、『貧困街』って勝手に呼んでいる。

だが、その荒廃した様相タオナケの美的感覚に触れたようで、彼女は暇さえあればそこを通ることが多かった。

俺たちにとってはいものことだったのだが、兄貴はそれに怪訝な表情をした。

「そこ大丈夫か? 治安が悪いってよく聞くし、この団体管轄外だぞ」

それを聞いて俺たちは途端に不安に駆られる。

「まあ、今まで大丈夫だったんだから、今回も大丈夫だって可能性も高い。治安が悪いって言ったって、早々事件に巻き込まれるってわけでもないし、ましてやタオナケには超能力があるだろ……」

兄貴はその雰囲気から面倒事を感じ取り、慌ててフォローし始める。

だが、もはや俺たちの結論は決まっていた。

タオナケを迎えに行こう! 兄貴も来てよ」

「他にもっと頼りになるのがいると思うんだがなあ」

「少なくとも今すぐ付いてきてくれて、その上で頼りに出来るのは兄貴だけだよ」

「……割に合わないボランティアだ」




====

「ここは貧困街」

歌:マスダと愉快な仲間たち 作詞作曲:マスダ

ヒンコン カンコン ヒンコン カンコン

ここは貧困街 俺たちはそう呼ぶ

貧しくて困ってる エリアなのさ

具体的に何で 貧しいのか

具体的に何で 困ってるのか

知りもしないし 知る必要もない

ヒンコン カンコン ヒンコン カンコン

ここは貧困街 俺たちはそう呼ぶ

廃墟がところせましと並ぶ街

廃墟 廃墟 廃墟

ひとつ飛ばして 廃墟

見分けがつかないし つかなくてもいい

====


貧困街のエリアにたどり着くと、意外にもタオナケはすぐに見つかった。

騒ぎを辿っていくと、そこにいたのだ。

どうやら自治体の抗争に巻き込まれ脱出し損ねたらしく、その中心でオロオロしていた。

「ほら、やっぱり俺たちが来たのも、兄貴を連れてきたのも正解だったでしょ」

「ああ、そうだな……言っておくが、俺の気が沈んでいるのは予想が外れたからじゃなく、今からタオナケを助けるためにあそこに突っ込まないといけないからだ」

「じゃあ、シロクロ。マスダの兄ちゃんを手伝ってあげて」

アイアイ! どけいっ、みんな、どけい!」

ミミセンの指示で、シロクロは全速力で抗争の渦中に突っ込んでいくと、そのままどこかに行ってしまった。

だが、そのおかげで獣道ができて、兄貴はそれを更に広げるようにしながら進んでいく。

そうしてタオナケのもとへたどり着くと、有無を言わさず抱きかかえて、そそくさとその場を後にした。

「よし、俺たちも逃げよう」

(#39-3へ続く)

anond:20171016202910

面白かったので

自分kindleライブラリに入ってた3巻以内の漫画を書くよ!

ブコメしようと思ったら文字数オーバーしたのでこちらで書く。

まあ読んでるのも多いんだろうけど自己満足から許して。

天顕祭(1巻完結) / 白井弓子

汚い戦争」の落とし物である「フカシ(不可視)」に汚染された国

舞台に、

クシナダヒメである咲がヤマタノオロチ相手にやけに観念的に戦うSFアクション

設定がぶっ飛んでるし絵もすごい。

蟲師」的な感じ。

ぼくらのよあけ(2巻完結) / 今井哲也

近未来舞台に、小学生たちと宇宙から来た知的生命体がコンタクトして別れるまでを描く。

狭いフレームでごちゃごちゃやってるのがとても小学生っぽくて悲しくもないのに涙がでる。

タイトルの「よあけ」から中の人工知能「黎明」をつけた、

と見せかけて「黎明」も立派に主要人物だったのでやっぱこのタイトルで正解。

青猫について(2巻完結) / 小原愼司

小原愼司が初めてバイオレンスものに取り組んだということだが全然違和感がない。

戦後雑然とした社会を背景に、日本刀使いの少女ヤクザへの復讐譚。

ネタの転がし具合とうまいオチのつけかた、表情の変化含む漫画のうまさ、などは健在。

(でも日常もののほうが好き…)

白馬のお嫁さん(3巻完結) / 庄司創

遺伝子操作誕生した妊娠できる男性である「産む男」らと、

高い能力を持つがゆえに気弱になってしまった主人公ラブコメ

ラブコメにするには題材がヘビーだろと思うが、

意外とするする読める。

難しい題材をポップかつ配慮された上質さに仕上げる手腕は

ネウロ」「暗殺教室」の松井優征に似た印象。

極楽丸(3巻完結) / 相川有

自殺志願者の魂を浄化する職業(?)の極楽丸家の一人を描く。

主人公極楽真琴)の場合、魂の世界が虫の世界に見え、

うまく浄化するには虫の習性を踏まえて自殺志願者の魂を捕まえなければならない。

とひねくれた設定をなんとなくゲーム感覚で描く。

相川有はDARK EDGEから追ってるけど

たぶんゲームで言うところのレベルデザイン的な作り方をしているのではないかと思う。

だんだん独自の設定が飲み込めるようにうまく構成している。

hなhとA子の呪い(2巻完結) / 中野でいち

性欲を過度に嫌うhこと針辻がA子の呪いによってみだらな幻覚? を見るようになってしまう。

自己否定で混乱に陥った針辻を秘書ヒロイン)は待つことにする。

ヒロインの妹の女子高生霊能力者(盛った設定)と針辻が旅をするのがだいたいの筋。

基本計算された作風が好きなのだが、

この作品感性一発、ついてこれるやつだけついてこいって感じでそれもまたよかった。

さよならフットボール(2巻完結) / 新川直司

男子に混じってサッカーをする女子という、

いくらでも料理できそうな題材をうまく料理した作品

落としどころも含めうまいんだよなあ…

絵はそうでもないけど最低限あるし、あだち充の正統後継者と言える。

がらくたストリート(3巻完結) / 山田穣

田舎の町を舞台小学生中学生大学生宇宙人がいろいろやる。

実験ジュブナイル、とキャッチコピーがついてたが

ページを上下に分けて同時進行など、漫画技法的な実験をいろいろやっている。

コマ割り、会話の間などには相当なこだわりがあると思われる。

大学生兄貴オタク理想像な感じで、

こち亀」と比較したくなる。

そして連載する力で惨敗する…

2017-10-16

[] #39-1「タオナケの正義

この世は俺たちが思っている程度には安全だ。

でも、思っている程度には危険でもある。

家では電気やガスを使わない日はない。

外を出れば、人を簡単に殺せるモノが次々と俺たちの周りを通り過ぎる。

でも基本的に、俺たちはその背後にある死の影に怯えたりはしない。

はいつか死ぬと分かってはいても、少なくとも今じゃないとは思っている。

危険が身近なものからだ。

からこそリスクを減らし、それぞれが回避するよう努める。

大なり小なり人々は危険理解することで、それなりの安全を手に入れているわけだ。

じゃあ、もしその認識をどこかで誤ったら……?

今回は、そんな感じの話だ。


その事件は通学中に起きた。

はい信号はちゃんと守りなよ」

「でも、ここ信号ないよ」

「じゃあ、しばらく待ちな。お偉いさんに言いつけて設置してもらうから

通学路には、ドギツイ色で覆われた服を着た大人たちが所々に配備されている。

彼らは子供たちが安全に通学できるよう、引率しているとのことだ。

どこかの市民団体らしいが、この町にはそういうのが多すぎるので具体的なことは知らない。

いてもいなくても俺のやることは変わらないから、大して関心もない。

だが、その中に意外な人物がいたので、思わずしかけずには入れなかった。

「あれ、兄貴もやってんの?」

寝起きで気分が悪いのか、兄貴は鬱陶しそうにこちらを睨んでくる。

「ああ、ボランティアでな」

お金大好きの兄貴ボランティア

これまた意外だ。

「タダ働きなんて絶対しないタイプだと思ってた」

落ち目有名人や、暇を持て余した金持ちが売名目的でよくやってるせいで変なイメージがついているが、ボランティアはタダ働きとは限らないぞ」

ああ納得、やっぱり“そういうこと”か。

「まあ、薄給だがな。俺だって、いつもやってた掃除バイト今日はないか何となくやってるだけ」

兄貴のこういうバイタリティには感心するけど、あんまり羨ましいとは思わないのはなぜだろうか。

「ほら、さっさと学校いけよ。お前を連れていったら、俺も自分の通ってる学校行かないといけないんだから

「待ってよ。ここで友達と待ち合わせしてるんだ」

「通学するときあいつらと一緒なのか。仲のよろしいことで」

数分ほど待っていると、まずミミセンがやってきた。

シロクロは学生じゃないから呼んでいないのだが、ミミセンの姿を見てついて来たようだ。

「後はタオナケとドッペルか……」

「ドッペルならもう来てるぞ」

そう言って兄貴自分の足元を指差すと、そこにはドッペルがいた。

どうやら兄貴が気になって、挨拶し損ねたようだ。

ドッペルは変装が得意な上に気配を消すのが上手いから、あっちからしかけてくれないと気づきにくい。

「ということは、後はタオナケだけか」

(#39-2へ続く)

2017-10-13

僕がキムなら

もしも僕がキムなら

原子の力を民にむけるよ

もしも僕がキムなら

喜んで白旗をあげるよ

もしも僕がキムなら

そして、朝鮮統一をするよ

ららら、

ノーベル平和賞をもらうんだ

もしも僕がキムなら

トランプなんてへっちゃらさ

もしも僕がキムなら

親父は間違っていたと言おう

もしも僕がキムなら

兄貴が正しかったと言おう

ららら、

ディズニーランドに行きたいよ

2017-10-05

[] #38-3「危ないアニメ

数日後、ヴァリアブルオリジナル放送の日。

「おーし、今週も始まったぜ」

はいつも通りテレビに釘付けだった。

俺はこのアニメには大して関心がないが、15歳以上の人が同伴しないと観てはいけないことになっている。

そんなことを律儀に守ろうとしているのは子供大人も一握りだと思うのだが、いかんせん身内がこのアニメスタッフなので体裁を保たなくてはいけない。

テレビを見るときはーー』

はいはい、『ヘヤヲアカルクシテハナレテミテクレ』~」

弟はテレビのこの文言が聞き飽きたらしく、茶化し気味にセリフを真似て遊ぶ。

形骸化した注意事項は、子供たちにとって朝礼での校長みたいなものだ。

『あと……』

「あれ?」

だが今回はいつも違っていて、その後に更にセリフが続いていた。

『この作品に登場するキャラ武器を使って戦っているけど危ないので、良い子も悪い子もその両方を持ち合わせている子も真似しちゃ駄目です』

それを観た弟は、真顔でしばらく固まっていた。

俺もどう反応するべきか戸惑っていた。


薄力粉強力粉が夢のタッグ!?

CMに入ると、弟はやっと我に返った。

「……ん? 兄貴、今のナンセンスなシーンはどういうこと?」

そんなこと、俺に聞かれたって困る。

「まあ、要はアレだ、アレ……ゾーニングだ」

兄貴ゾーニング意味ちゃんと分かってる?」

実はよく分かってない。

「だが、いずれにしろ語るべき点は変わらないだろ? セーフかアウトかだ」

「セーフかアウトかの具体的な基準なんて知らねえぞ。どこまでがセーフで、どこまでがアウトなんだよ」

知らねえよ。

俺もこんなことをして意味があるのか疑問は湧いてくる。

しかし弟のように真っ向から否定するほどの気概なんてない。

俺は弟をなだめて場を凌ぐために、どこかから借りてきた言葉を織り交ぜて説くしかなかった。

くそ、早くCM終わってくれ。

薄力粉強力粉が夢のタッグ!?

そのCMさっきも流れてなかったか

「えー……ともかく、子供が真似したら危ないってことで、その注意喚起なんだよ。万物は大なり小なり影響力があるから配慮をしなくちゃ」

「そんなの、わざわざ言われるまでもないことだろ」

自分中心で物事を語るもんじゃあない。お前はそうじゃなくても、この世のどこかにいるんだよ」

「言われても言われなくても、やる奴は結局やる。そして、それはそいつバカなだけだ!」

「弟よ。お前が思っているより、子供ってのは未熟なんだ。お前の言うとおり子供バカなせいだったとして、その責任当人は取りたくても取れない」

そして大人は取らなくてもいい責任まで取りたくはない。

から未然に対処しようとする。

当然、ここでいう“大人”ってのはアニメを作る側と、そのアニメに対してクレームを言う側両方だ。

だが、弟にそこまで説明すると話がこじれそうなので省略した。

「そんなもん保護者が躾れば済む話だろ! なんなら他人でもいい」

「そりゃあ親の躾より、アニメの方が影響力が強いからな」

「なんで親の躾がアニメときに負けるんだよ」

弟の疑問は俺には荷が重過ぎる。

アニメ大人子供も観るが、それに強く干渉するのは大人だ。

子供は黙ってアニメを観ているか、黙ってアニメを観ないかのどちらかなので、俺の立場から言えることは少ない。

アニメを親の顔より見てるから……とか?」

仕方がないので適当にそう答えた。

「なんだそりゃ、アニメを親だと錯覚しているとでも? まるで野生児だな」

俺の中では一応の筋は通っていたつもりだったが、予想外に弟のカンにさわったらしい。

俺は慌てて訂正しようとする。

「おい、悪意のある拡大解釈はやめろ。俺の友達には、親の顔よりスマホを見ている奴が数人いるが、スマホに育てられたと思っている奴は一人としていないぞ」

「そうなんだ、どうして?」

添い寝をしたり、ハグしたり、親愛のキスをしないからだ」

アニメキャラを模したグッズに対して似たようことをしている友達もいるんだが、話がややこしくなるので省略した。

あと、会話の内容が本題から逸れていっているような気もするが、弟が何も言ってこないのでそのまま話を進めた。

そうして何とか凌いでいた時に、CM明けという助け舟がやってきた。

「ほら、もうすぐ始まるぞ」

助かった。

「ちっ……言っておくけど兄貴、俺は納得していないからな」

やれやれ

出来ればアニメを観ている間に、俺の言ったことも含めてすっぱり忘れててほしい。

俺たちがこんなところで口論をしても大した意味はないってのに。

(#38-4へ続く)

2017-10-03

anond:20171003003713

でも子持ちの兄貴肌だしなぁ。

顔以外は有能ってことはつまりその顔がある種のトレードマークになってしまうんだろうなぁ。

2017-09-29

[]赤字兄貴の魅力

赤字兄貴

http://dic.nicovideo.jp/a/%E8%B5%A4%E5%AD%97%E5%85%84%E8%B2%B4

 

赤字兄貴とは、主に真夏の夜の淫夢関連の動画において赤字コメント投稿し、動画を盛り上げる兄貴である

 

最近ではどの動画でもこれが湧く

赤字 big shita」というのは、基本的動画視聴を邪魔する存在として

5年くらい前までは非常に忌避されてきた行為だったと思う

私も速攻NGにぶち込んだことがある

 

そして、おそらく忌避される行為からこそ、淫夢という悪ふざけ文化では流行ったと思われる

この赤字bigで画面を埋め尽くす行為は、最初の1年位は「なんて最悪な文化流行ったんだ」と思っていた

赤字兄貴たちを全部NGにしたことさえある

 

しかしいつからかだろうか

気持ちが昂ぶるようなシーンでアレが出ると、少しだけ楽しさも感じるようになった

これは弾幕現象に似ている

あれも邪魔なのだが、自分感情同調すると非常に愉快なのだ

 

しか弾幕というものが常に湧くわけではない

そんな時は、何かすごそうな単語しかしたいてい無意味)を並べた赤字兄貴の方が都合が良かったりするのだ

 

そうこうしているうちに赤字兄貴文化も徐々にこなれていって

「ここのタイミングで必ず書くこと」のような謎の不文律が生まれていった

長く画面に残るとやはり邪魔なのだ一種エフェクトだな)

また、大喜利化も進んで、より面白いことを言ってやろうという雰囲気も出てきた(ブクマカみたいな感じ)

 

この、特定の盛り上がったタイミングで大声を張り上げるという行為

「よっ、社長!」とか「日本一!」とか「◯◯屋!」のような、盛り上げ文化にも似ていると思う

タイミングを間違うと非常にうざい存在だが

タイミングが合うと本当に盛り上がるわけだ

 

最近は、赤字兄貴が居ないと寂しいときもあるくらいだ

まあ、それでも半分は邪魔なんだけどね

 

一見してどうしようもなくクソな文化も、そこには何らかのロジックがあるのかもしれない

(このまえ中国動画サイトにこの文化移植されているのを見かけた)

 

参考

「とりあえずなんか書いとけ」

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%82%E3%81%88%E3%81%9A%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%8B%E6%9B%B8%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%91

ホモ文化史

日本の歴史男色が真っ当なセクシャリティとして認識されていたかどうかは知らないのだが、

少なくとも現代日本においては脈々と「ホモ/オカマ面白おかしい」風潮がある意味文化として根付いているよな

昨日の保毛尾田保毛男は昔な典型的な例として、その後吉本新喜劇藤井隆レイザーラモンHGなどとゲイネタにする芸人枚挙に暇がないし、

クレヨンしんちゃんにはちょいちょいオカマキャラが出て来るし、

ネットではくそみそテクニックに始まりビリーリントン兄貴野獣先輩ネタにされるゲイが続々と生まれている

まあ海外にそういうホモネタにする文化が無いかと言われたら多分そんなことはないとは思うけども

リベ・サヨは自民希望どっちがいいの?

リベ・サヨにネトウヨ呼ばわりされる者(消極的自民支持者)としては小池軍団にも民進党にも政権担当能力がある様には到底見えないので間違っても政権なんか取って欲しくないし今回も消極的自民支持なんだけど

リベ・サヨ的には二者択一ならどっちなん?



追記

cloq あらかじめ選択肢が2つしかないような口ぶりなのは詐欺師典型

二者択一なら」どっち?

って聞いてるのになんだこの言い掛かり


ほんと話通じなくてうんざりする

雑談程度でもいちいち噛みついてきてしかも怒ってる理由自分の低読解力と妄想

考え方を理解したくて質問しても罵倒けが返ってきてまともに回答にもなってない


追記2 どういう陰謀論だよ

toshi20 一本橋だと思って渡っていたらその横に、目を凝らさないと見えない選択肢がある。そこが真のゴールだったろ。カイジの鉄骨渡りは。 政治

2017/09/29 リンク Add Starjunpei191lli

あのさあ

リベ・サヨの皆さんが思想的に共産党しかないのはわかってるよ。

お嫌いであろう自民希望ならどっちですか?

ってただの興味で聞いただけだよね?

それすら読み取れない?


なんでこれで、

自民希望どっちかに入れるように誘導しているんだ!」みたいな妄想スパークするわけ?

逆にこんな増田投稿ぐらいで誘導されて自民希望に入れるリベ・サヨってどんな奴だよ

んなリベ・サヨいるわけないじゃん

「こいつは輪ゴムで人を射殺しようとしてた!」っていうぐらいナンセンス嫌疑だと思うが冷静な判断力すらないの?



ほんとに会話にもならない

リベ・サヨはどういう考えをするのかな?って訊ねられても激昂するか妄想ほとばしるだけ

対話能力がないことを恥だと思わないんだろうかこの手合いは

よくこの知性で誰かをを馬鹿に出来るもんだ



追記3 嘘だろって、はあ?何が?

good2nd 「考え方を理解したくて質問しても」自覚ないだろうけどソレ嘘だろ。理解たかったら無意味架空二者択一を迫ったりしない。

意味のある択一ってなに?

自民公明共産希望のうちどれがいいですか?が適切な質問文だ!」ってこと?

そんなのリベ・サヨの人は共産に決まってるよね?

逆に、聞いて何の意味があるのその質問


ていうか架空質問てなんだよ。

仮定だろ。

もうこっちも真面目にやる気なくなったか普通にバカにさせてもらうけどさ

架空仮定の使い分けが出来ないような雑な語彙整理だから思考力も低いんだとおもうよ。


んで仮定じゃない質問てなんの意味があるんだよ。

仮定を廃して全政党並べてどれを支持しますかって聞くのか。ただの事前調査じゃねーか。若しくは選挙結果見ればいいんだ。

ここでやる意味あるか?それ。

自民希望どっちがマシか、どっちが嫌いか、は投票行動にも出ない(どっちにも投票しないので)からここで質問する価値があるんだろ。


別に深い意味も無い質問だったけど

こんな頭悪い奴ばっかり集まって鼻息荒げて変な言い掛かりを喚き散らしてるのみると

なんじゃこりゃっておもうわ


追記4

yppp 人間に対してnullの回答を許さない奴は、嫌なら何も言うなとか、全人類に回答させようとしているのと同じ。

はあ

いや俺がなんか独裁者とかで「服従か死か」って二択を提示してるなら返答としてその台詞はかっこいいんだけどさ

何の権力も無い人間他愛ない雑談に対してなに言ってんだろうか

石原さとみ新垣結衣ならどっちと友達になりたい?」って振られてもいちいちそうやってブチギレて「橋本環奈だ!」とか吠えてるの?

大変だね(友達が。居るなら。)


なんかこのypppさんの脳内ではすごいボルテージが上がっちゃってるんだろうね

ここまでイッてるともうどうなだめても更なる加熱の材料になるだけなんだろう

俺もリアルだったら絶対相手しないもんこんなバカ


追記5 気付きをいただいた

siomaruko 選びたくない選択肢を少量示して答えさせてガンガン否定しついでに人格否定していくカルト洗脳の手口みたいだ。タイトルに「二択だったら」て入れてないのはミスリードしてよく読まないバカ呼ばわりするためかな。 これはひどい 増田 カルト ステルス布教

タグ含めて妄想が凄くてマジで怖い 妄想ガチ勢だこれ

・「タイトルに入ってないからよく読まないで誤答する側は悪くないもん!」て脳腐ってんのか

でも、

ああ!

そっかー

タイトルに「2択なら」って入ってないんだ!

本文のちょっと長い文章(と言ったって2行なんだが…)読めないような奴は

タイトルだけでぼやーっと答えてるんだ!

んで仮に後から気付いても引っ込みつかないと


ちょっと政治的発作っていうだけじゃ説明つかないぐらい変な反応だと思ったら、

タイトルが(ある種の人達には)不親切だったのか。

真面目に気付きをいだいた。

いや、やっぱり本文も読めずに答えるバカ死ねしか言いようがないけど

そういう層への配慮タイトルに欠けてたことを今気付いた。

そっか

それか


追記 6

ChieOsanai いや、リアル雑談で訊かれても、どっちでもないとしか答えられない。だって、どっちでもないもん。 増田

2017/09/29 リンク Add Staruumii

あなた自民希望のどっちに投票するんですかっ?」って聞かれてるならら「どっちでもない」でいいだろうが

自民希望二者択一ならどっち?」って聞かれて「どっちでもない」は日本語のやり取りとして成立してないだろ

Cunliffe どっちもダメに決まってるだろ これはひどい こいつバカ

2017/09/29 リンク Add Star

どっちもダメでも答えられる質問だろ

バカはおめーだ


なんかもう政治がどうこうよりこういう母国語も禄に使えないのにデカいツラしてるバカイラつくわー

なんでこんなに頭悪いのにイキってるんだろう 


追記7 なんかこの不条理さ見覚えあるなと思ったら



これか!

特定の条件下の話ができない人が多い

https://anond.hatelabo.jp/20170829143814

この元増田自身説明日本語ちょっと下手なので

日本語へたなやつバカにする勢の俺としては当時笑ってた側なんだが

今なら彼がなに言ってたのかわかるよ

追記8 トラバから

これは、

ネトウヨに、社民共産の二択ならどっちがいいの?って聞くようなものだと思うけどな。

どっちもクソだろうと答えるだろう。それと同じだと思うんだけどな。

あのさあ、何度でも言うよ?

「どっちもクソ」であってもイコール「双方均質にクソ」ではないよね?

なんでこんな園児でもわかることがわからないの?


社民共産の二択なら?

かんたんです、共産

ぼんやりしててすまないが共産のほうが芯があるように思える

いい感じだったのが数年前に浮き足立ってからやることよくわかんなくなったけど

そもそも社民は何してるのかすら知らねえや


ほら答えられるじゃん

どっちも好きじゃなくても「どっちがいいか」は答えられるだろ

論理的にも現実的にも


もうちょいわかりやすく言うと、

甘いものが苦手な人に、ケーキまんじゅうの二択だったらどっちがいい?と聞くようなものかなあ。

これだって答えられるぞ

ケーキ饅頭の甘みは質が違うから

偶然だが俺は甘いものが嫌いだけど特に饅頭はだめだ

偏頭痛が起きるの

からどっちか食うならケーキ

ケーキ饅頭は甘いから一緒!」とか言ってる奴は思考の雑な馬鹿だと思う


さあ答えた

これぐらい難しくもなんともねえ

ドヤ顔で「答えられまい!」してたお前はどうするの?


どうせ顔真っ赤にして話そらすか逃亡するだけだろうけど

問題はそんなしょっぺえ勝ち負けじゃねえんだよ

いま2つ質問に答えて理由まで述べたことによって俺って人間のことが結構開示されただろ

これが対話だと思うんだが

「そんな質問は答えられない!」とか「この質問陰謀だ!」とか喚き散らしてる奴なんなんだ?

SFに出てくる宇宙人ももう少しコミュニケーション能力あるぞ


同類バカをまとめとく

rurisizimirurisizimi ふーん、じゃあ、仮に日本共産社民しかなかったら、ネトウヨの方々はどっちに入れんの?(どっちもやなんじゃない?)

2017/09/29 リンク Add Starwhite_roseaquatofana

から「どっちも嫌」と「選べない」は違うよね?

どっちも好きじゃないけど簡単に「共産」て選べました

なんで簡単に選べる設問をドヤ顔で「選べまい!」ってやってるの?

ほんとにこいつらは俺と同じ脳を持ってるのだろうか

論理言語を処理する野が気付かない間にダメージ負ってるのでは?

健康診断いけよもう

追記9 トラバから

面白いから全文引用する

Q.うんこ味のカレーカレー味のうんこのどっちを食うか

A1.どっちも糞だろ←ふせいか

A2.どちらかを食べさせようとしている←ふせいか

A3.全人類に二択を迫るのか←ふせいか

A4.質問者詐欺師←ふせいか

A5.目を凝らして見えた普通カレーを食べる←ふせいか

A6.糞みたいな質問するな←せいか

そういうことだな

A6ならまあわかるんだけど(ただ答えるの嫌ならブコメしなくていいだろとは思う)

他の奴等は精神病か、国語力に重度障害持ってるだろ


ところで「うんこ味のカレーカレー味のうんこ」ってドヤ顔で書いてる奴ブコメに居るけど

そんなん余裕で前者だろ

こんな2択が選択不能な質問だと思ってる奴は思考力が低い

まりバカ

追記10

osugi3y あたか小池百合子リベラルだと言わんばかりだ。 日本会議やぞ。

2017/09/29 リンク Add Staraquatofana

俺が、「小池リベラル」と示唆したの?

んな奇想天外なこと思ってもいないし書いてもないが

俺の文のどの部分でそう思ったの?


なんなんだこのブコメ欄は

学習障碍者収容所なのか

追記 11

elephant1974 自称左翼です。マルクス主義には、選択肢限定思考限定して抑圧的な経済構造人間を束縛する、的な考 え方があるので、こういう反応になるのは当然。私は二 者択一なら弱い方を選ぶ。敵は分断すべきだから

あのさあ

からさあ

与党とか大マスコミがさも自民希望の対決みたいに触れ回ってて

そこであんたの言うみたいな「選択肢限定思考限定して抑圧的な経済構造人間を束縛する!」って叫ぶのは理解するよ?

あんたの言ってるマルクス主義警句だってそういうことへの用心を言ってたんじゃないの?

だがこれは 増田 だ

そして実際の投票行動についてなんの束縛もしてないし、誘導もしてねえ(そんな力ないだろそもそも

あんたたちの嫌いなこのクソとあのクソどっちかならどっちがいい?って聞いただけ

仮定思考マルクス主義は禁じてたの?

もしそうならとっても頭悪い主義

まじで「石原さとみ新垣結衣ならどっちと友達になりたい?」という雑談人民思考を束縛する資本主義の罠になっちゃ

そんなわけないと思うがマルクスはほんとにそんな馬鹿なこと言ってたの?

読む側の頭の悪さをマルクス押し付けてない?


追記 12

quick_past なんでその二択なのか。以上の答えはない。

2017/09/29 リンク Add Star

俺の興味だよ

以外の答えはない


石原さとみ新垣結衣ならどっちと友達になりたい?」って振られて

「なんでその2人なんだ」って問い返すことに何の意味がある?

それはたぶん振った奴がその2人に興味あるか、その2人ぐらいしか美人女優しらねえんだよ(俺のことだ)


追記 13

nekokauinu ネトウヨって毛沢東スターリンならどっちがいいの?

これは回答難しい

少なくともウンコ問答(実は選ぶの簡単)でドヤ顔してるバカどもよりはいいとこ突いてる

なんでかっていうと活躍した環境が違いすぎて比較が難しいか


なので趣味性の高い選択になるが、うーん、スターリンで。

スターリンは曲がりなりにも独ソ戦支配者として乗り切ったから。

メチャクチャな状況でも統制を維持し続けた実績は評価されるべきだと思うよ。

つうか毛沢東に聞いてもスターリンに聞いても「スターリンの方が格上であり兄貴」って言うんちゃうか?


ところで俺はこの質問を投げかけられたことや回答を要求されたことで

社会主義誘導されたのかな?全然そんな風には感じられないんだけどね

虐殺やった政治家を賛美する方向へ思考誘導された?そんな気もしない

まあ「自分なりにこの2人の評価できるポイントはどこか?」って思考実験をさせられたし

それはこんな質問でもなきゃ考えなかったことだけど、それってむしろしかったけどね


択一質問投げられただけで思考制限されたとか誘導されたとか喚いてる奴等は脳のフレームどんだけワヤなんだろか(ヤワの間違いではない)


追記 14

tikani_nemuru_M 追記で議論になっていて面白いので取り上げ希望w 増田質問は「赤痢患者下痢便とコレラ患者下痢便のどちらをご飯にかけて食べたい?」と同じですよ。意味のある2択じゃないだろ?

どっちか食わなきゃいけないなら選べるだろ

赤痢患者下痢便だな

他の奴がとっくに言ってるくだんない問答の焼き直しだわ、簡単に答えられるわ、

勇んで進み出てきた割にはつまんねえ奴だな


お前は自己評価どうなってるのかわからないがこの酷いブコメ群の中でも雑魚のほうだぞ

突出出来たのは例え話の下品さだけ

ウンコ問答でドヤ顔してるバカ達の後ろから「どけ!俺に任せろ!」と飛び出してきて

得意満面の顔で「下痢便!」


こういうときに知性や品性レベル結構丸出しになると思うが、この肛門期くんは何歳なんだろうな 

これで中年だったりしたら泣けるからせめて十代のガキであって欲しい


追記15

mitaro (あー、知りたいことだけ知りたい人か……回答が想定外ならそれなりに、そこから掘り下げることもできるだろうに。)

掘り下げてるじゃねーか


Q.単なる二者択一質問で返答不能に陥りボルテージ上がるバカ集団はなんなのか?

A.文読むの苦手でタイトルしか読めねえので質問を誤解した

A.病気が激しく「この質問投票行動操作しようとしているんだ」のような妄想に囚われている

A.論理に弱く「どっちも嫌い」と「どっちかがマシ」は両立することが理解出来ない

A.思考が雑なのでウンコ味のカレーカレー味のウンコどっちが有害かという問題にすら決断が下せない


etc

なんか並べて行くと精神病学習障碍の見本市みたいになるな なんなんだこれは


なんにせよこんなに追記で個別検討を加えてるだろう

レスポンスを俺より丁寧に掘り下げる増田がいたら連れてこい

2017-09-27

仁義なきフレンズの戦い

8月上旬某所

ものシノギの今後について組から代理の者たちが集まった。

「角川組のシマシノギやるいうちゃら親分に話通すのが筋じゃろ。それがこの業界仁義ちゅうもんじゃ

角川組の代理八百万から来た若い者に切り出す。八百万組というと何やら大きな組に聞こえるが角川組からみればシノギ現場に出る小さな組の一つに過ぎない。ただ、最近になって八百万組のケツ持ちが現れてからは威勢だけはいい。

 

「角川組だけじゃないぞ、このシノギには他の組も絡んじょるけえの」

「わこうちょります、親父達全員に話通せいうのはわこうちょります

下手に出たと思ったが、そんなに物分りがいい相手ではない。脅すかのように続ける。

「じゃがの、それじゃあ遅いんじゃ。こっちは監督脚本演出構成、コンテ、さら声優も抱えとりますけえの、遊ばせとくわけにもいかんじゃろ。働いてもらわにゃいかんのじゃ。けものシノギは今が稼ぎ時じゃけぇの、それにはスピードが大切じゃ。たつきも早くやりたいいいちょります

たつきとは八百万組の構成員で、期待されていなかったけものシノギ孤軍奮闘、大きな山に仕上げた立役者だ。けものシノギことなどすっかり諦めて忘れていた組長連中はもう一山当てるために次の策を巡らせていたところに、独断で動き出した八百万組に釘を刺したのが角川組だ。

 

「ほいじゃけど、何か間違って親分たちの顔に泥塗ることもあるかもしれん。そん時はこのシノギが潰れるじゃろ、たつきタマ一つじゃ収まらんぞ、組がなくなるかもしれん。そうならんように、話通せいうとんじゃ!動物ファースト忘れちょうたんか!」

角川組としてはけものシノギを長く大きく稼げるものにするために時間をかけて育てたいと考えているのだろう、慌てる乞食は貰いが少ない、という考えだ。一方で八百万組は今の勢いを利用しない手はないと考えているのだろう。

「このシノギ八百万組が支えてますけえの、かの角川組いうても我々が手を引いたらどうなるかわかるじゃろ。もう少しだけでええんじゃ、自由やらせてくれんじゃろうか?」

ものシノギから八百万組が手を引いては育てるも何もない、シノギが一気に萎んでしまうのは明らかだが角川組にも他の組に対する仁義がある。

親分達に話通せないちゅうなら任せるものも任せられんちゅう話じゃ。まして、他の組まで巻き込むんならそれぞれの組の面子親分面子にもかかわるけえの。組の面子潰せば戦争じゃぞ、けものシノギのために戦争やろういうつもりか!」

 

角川組代理者の形相に怯んだわけではない。その証拠八百万組の代理者は顔色一つ変えずに答える。

「ほいたらもうええんじゃ、このシノギから八百万組は降ろさせてもらいます

ものシノギ根本を支える八百万組としてはやけに物分りよく、あっさりと手を引いた。

9月下旬

たつき、ぶちかましたれ」

「けものシノギから外れることになりました。角川組の意向じゃと聞いちょります送信

 

「角川組のやつらが今度はけもフレダメにしちょうた!」

たつき兄貴潰すとかいい度胸しちょるのう!」

「角川組にみかじめ料なんて払ってられん、今月で止めじゃ!」

「すぐに追い出す角川組なんて時代遅れなんじゃ!」

 

けもフレを一人で支えシノギを成立させた、たつきの侠気にあてられたフレンズ達は一斉に角川組への反発を露わにした。もちろん、この反発には日頃からの角川組に対する不満もあったはずだ。

 

その声は角川組の親分、カワンゴの耳にも一晩足らずで届く。

「ぎゃあぎゃあわめいちょるのはよ黙らせんか!他のシノギに影響するじゃろうが!」

しかし、既に角川組の影響が出ていた。

「もう後には引けんぞ戦争じゃ!タマ取ってこんかい!」

あとがき

広島弁は全くわかりません。もちろん事の真相も知りません。許してつかあさい仁義なきキリスト教史を読んでいたところだったので書いてしまいました。

この文章フィクションであり、実在人物や団体とは一切の関係はありません。

2017-09-26

anond:20170926010351

社会復帰させるためには家族サポートするしかない

その兄貴には障害か何かあるか、本人が社会適応するために必要ものは何か

本人と家族がそこに向き合わない限りどうにもならないだろうな

と、我が家20引きこもりアラフォーのいる自分は思う

職歴があるだけでもまだマシだよ

どうすればいいのかわからない

大学卒業から、大して職歴を積めていない兄貴がいる。

年齢的には、アラフォー突入するくらい。

会社に入ってもすぐ辞めてしまうから、当然ながら年を取る度に就職が難しくなってきている。

追い出す話も出たことがあったが、金がなくなって人様に迷惑を掛けたら困るから簡単には出来ないと親は言っている。

世間的には甘やかしていると取られるだろうし、私もそう思う。

が、今まで金がないと親の金をくすねてきては、怒られてきた兄貴だ。

から追い出せば、人に迷惑を掛ける可能性もゼロとは言えない。

裕福な家庭なら半ニートでもよかったのだろうが、残念ながらうちは一般家庭だ。

親も定年を過ぎて年金生活だし、まともに働いているのは私しかいない。

もし、このまま月日が経って親がいなくなったら、私が兄貴を養わないといけないのだろうか。自分生活だけで精一杯なのに。

家族に働いていない人がいる家は、どうやってその状況から脱出したのだろうか。

何をするにせよ、兄貴本人が変わらなければ無理なのだろうが、どうすれば変わるのか、家族はもう誰もわからない。

2017-09-19

鈍感な小学生女子が主役の少女漫画ライバル男子

ショタキャラが好きである

一番好きなのはSO2のレオンである殿堂入りである

トーマの心臓のアンテも好きである。やってることアレだけど。

あと兄貴分的なショタも好きである。(ただこのキャラは年齢的にショタではなく相対的ショタ枠なので明言しない)

そして最近気になってるのがタイトルの通りのショタである

ほどよいツンデレであり、なおかつ小学生であるがゆえの純粋さがあり、何より短パンである。最高かよ。

2017-09-13

[] #36-3「幸せな将来」

「で、どういうのが調べる相手として向いているの?」

「そう遠くないうちに妊娠する可能性のある人がいいね。その方が正確にシミュレートできるし、未来にもあまり影響はないはず」

そう遠くないうちに妊娠する可能性のある人、か。

まり大人で、かつ結婚している人が妥当ってことになるかな。

サンプルが見つからなかった最終手段に仲間を調べようと思っていたが、そうなると事情は変わってくる。

「じゃあ、俺たちの両親が身近かなあ」

自然な流れから来る判断だったが、仲間たちの反応は芳しくない。

「私もそれは考えてたけど......なんか嫌」

「僕も。上手く言語化できないけど......」

タオナケとミミセンは拒否

ドッペルは何も言わないが、こちから目を逸らしたので同じだろう。

シロクロは両親がいるのかすら分からないし。

俺の母さんはいうとサイボーグ化が進んで、今はもう子供は産めないし。

「できれば、まだ子供が一人もいない夫婦のほうが未来への影響も少なくていいと思うよ」

ガイドの後だし説明に俺たちは溜め息を吐いた。

それをもう少し早く言ってくれればよかったのに。

「こうなると、他人夫婦しか選択肢がないかあ」

といっても、そんな丁度よくいたかなあ。

記憶の中を探索する。

過去をたどっていく。

そして、意外にもそれは早く見つかった。

ノムさんだ。先月、結婚したばかりの人たち」

その人の住所は兄貴なら知っているかもしれない。



俺たちは兄貴バイト先に赴いた。

「知っていても、教えるわけがないだろ。守秘義務だ」

「そんなこと言わずにさあ」

バイト中なんだ。邪魔するなら帰ってくれ」

だが、兄貴の答えは芳しくなかった。

はいえ、ここで引き下がるわけにはいかない。

俺は兄貴の側に近寄ると、耳打ちする。

バイト、ねえ。ノムさん結婚式も?......」

兄貴の表情が途端に険しくなる。

以前、兄貴バイトノムさん結婚式エキストラとして参加した。

そして、バイトであることを隠して俺や両親も出席させたのだ。

多分、バイト代は全て兄貴の懐に入ったままだ。

「おい、お前には口止め料をやっただろう」

「あの時、兄貴は言ったよね。『なあに、安いもんだ』って。つまり、俺はもう少し貰ってもいいってことだ」

俺はわざとらしく笑って見せるが、兄貴の表情はより険しくなる。

妙な緊張感が漂うのを感じた。

兄貴は大きく深呼吸をすると、住所の書かれた紙切れを俺に渡す。

どうやら、気づかないうちにメモしてくれていたようだ。

「いいか。この話は今回で終わりだ。次に口にしたら......具体的な案は後で考えておく」

俺は二つ返事でその場を後にする。

あの様子だと、次にまた話題にしたら本当に容赦してくれなさそうだな。

(#36-4へ続く)

2017-09-12

[] #36-2「幸せな将来」

「覗き見る、って一体どういうメカニズムなの?」

説明してもいいけど、真面目に聞く根気があるかい

俺たちは顔を見合わせる。

ミミセン以外は真顔。

まり関心のないことを示していた。

ミミセンには気の毒だが、俺たちはチームなので多数決にさせてもらう。

ということで、顔を横に振ってみせた。

「本題だけでいい」

「やっぱりね。実のところ、未来に大きな影響を及ぼすから教えられないんだ」

だったら、なんで聞いたんだ。

兄貴ガイドのことが嫌いらしいが、何となくその理由が分かってきた。

「じゃあ、本題だけ説明するね。このアイテムを、将来子供を産むかもしれない人に向ける。そしてボタンを押すと、その子人生シミュレートした映像流れるってわけ」

こちらが希望したこととはいえ、あまりにも簡素説明だ。

「私、質問だけど、『将来子供を産むかもしれない人』ってのは妊娠している人ってこと?」

妊娠していない状態のことだね。ボクの時代では妊娠したら絶対に産まなきゃいけないから、その段階で調べても手遅れだし。もし調べないで妊娠してしまった場合犯罪なんだ」

俺たちの時代にも似たような決まりはあるが、ガイドの言うそれはより徹底しているようだ。

それにしても、事前に将来を調べないと犯罪になってしまうって、すごいな。

まりにも荒唐無稽な話に俺たちは怪訝な顔をする。

「じゃあ、もし適性なしで産まれ場合はどうなるの?」

「その子がより幸せになれる環境で、しっかりと教育されるさ。かくいうボクも実の親には育てられていないしね」

さらりと説明されたガイドの生い立ちに、俺たちは驚きを隠せない。

「実の親から引き離されたってこと!?」

「気にする必要はないよ。さっきも言った通り、ボクの時代では血の繋がりは重要視されていない。人口の半分以上がボクのような存在さ」

人口の半分!?」

「そんなにおかしいことじゃないだろ。産まれてくる子自身は、生殺与奪の権利を行使できない。だから大人責任を持たなくちゃいけない。子供の将来がかかっているんだから厳正でなくちゃ」

ガイドの言うことにも一理あるように思える。

けど、どこかで俺たちはそれを納得できないでいた。

肯定するにしろ否定するにしろ、俺たちには知見が足りなかったんだ。

「ねえ、そのアイテムを使ってみてもいい?」

から、そんな俺たちにとって、この提案必然だった。

決して興味本位だとかじゃない。

「え?......うーん......」

ガイドが渋る理由何となく分かる。

アイテムを乱用して、未来に影響を及ぼすことを危惧しているのだろう。

だが、このままでは引き下がれない。

ちょっと吹っかけてやろう。

「あれ~? そんなに渋るのは、ひょっとしてそのアイテムは偽物ってことなの?」

「え? 違うよ、本物だって!」

仲間たちも俺の思惑を読み取って、同調する。

「本当かな~?」

証明できないなら、ガイド未来から来たっていう信憑性も薄れちゃうよねー」

そうして煽り続けていると、ガイド観念した。

「分かった、分かったよ。ただし、ボクの監督のもとアイテム使用すること。出来る限り未来に悪影響を及ぼさないようにしないといけないからね」

こうして、俺たちは適当サンプルを求めて町に繰り出した。

(#36-3へ続く)

2017-09-11

[] #36-1「幸せな将来」

俺の住む町には変人が多い。

身近なところでは、使い勝手の悪い超能力を持っているタオナケ。

いつも耳栓をつけているミミセン。

変装が得意なドッペル。

特にヤバいのは、荒唐無稽存在シロクロだ。

シロクロは年齢不詳、というかほとんど不詳。

分かるのは白黒のツートンカラー服装を好むことと、俺たちの仲間であるということだけだ。

そして類は友を呼ぶってヤツなのか、そんなシロクロの住まい最近新たな変人が加わった。

その人物自分ガイドと名乗り、未来からやってきたと言っている。

風貌からして"それっぽい"し、不思議アイテムをたくさん持っているし、俺は本物だと思うんだけど大半の人は信じない。

兄貴いわく「どちらにしろロクでもない奴だから、いたずらに関わるな」ということらしい。

どういう意図で言ったのかは、よく分からないけど。


その日も仲間たちとシロクロの家で遊んでいると、ガイドは何かをせっせとせっせしていた。

俺たちの存在に気づくと、いつも隠そうとするので何をしているかは知らない。

「何してるの?」

「い、いや、キミたちに言うことじゃないよ。どうせ信じちゃくれないだろ」

しかけてもこの調子だ。

ガイドはこの時代世間の風当たりに酷くやられたらしく、軽い人間不信に陥っていた。

それが気の毒に思えて、俺たちは兄貴忠告無視してガイドを慰めることにした。

「そんなことないよ。信じるさ」

ガイドにとって、この言葉はよほど堪えたらしく感極まってしまった。

その素直な反応に、俺たちも朗らかになる。

「う、嬉しいよ。キミの兄とは大違いだ」

しか兄貴のことを悪く言うものから、そんな気持ちはすぐに引っ込んだ。

仲間たちも兄貴には懐いていたから、ガイドに対して怪訝な表情をしていた。

「身内のことを悪く言わないで欲しいな」

ドッペルが俺の声真似をしてガイドに言った。

代弁するなら、せめて自分の口で言えばいいのに。

「あ......ああ、ごめんね。ボクの時代では、血の繋がりによる関係性はあまり重要視されなくてね」

「そうなの?」

「うん。ボクの時代では、子供は生まれてくる前段階で様々な審査を受けるんだ」

審査って、どんな?」

「細かく言えば色々あるけど、子供の将来が安泰かを判断するため、ってのが原則としてあるね......あ、そうだ」

ガイドはおもむろにアイテムを取り出す。

それはスマホに似た形をしていたが、やや不格好な四角形になっていた。

「生まれてくることが確定していない段階の子なら、このアイテム人生を覗き見ることができるよ」

(#36-2へ続く)

2017-09-08

推しメンメジャーデビューできなかった

タイトル通りです。

大好きなアイドルメジャーデビューできませんでした。

正しく言うと、メジャーデビューできる『選抜メンバー』に選ばれませんでした。

この記事オタクの戯言を書くだけで、特定グループ名は出しませんが分かる人が見れば分かります記憶違いや私の個人的思い込みとか主観ばかりなのでもうめちゃくちゃです。

まれて初めてアイドルを好きになりました。ジャニーズJr.のようなグループです。

これまでアイドルなんて無縁だった私にとって突然の沼落ち。

でも、私の推しは決して王道アイドルじゃないし、グループに入ったのは後の方で、人気がとてもあるわけじゃない。

ソロパートが沢山貰える分けでもなく(むしろ貰えることがほぼない)、いつも後ろで踊ってる。ファンとの交流でも自分から積極的に沢山話せる訳でもないしリアコ対応をする感じでもない。学業との両立もあって、イベントに沢山参加できるわけでもありませんでした。(当時)

それでも、私は推しが好きでした。これまでも、きっとこれからも大好きです。

推し応援している間に沢山のお友達もできました。同担、他担と様々。現場に行けば友達がいる、友達に会いたいかイベントに行くという日もありました。

なんとなく、ずっと楽しい日が続くような気がしてイベントに通ってました。そりゃあもちろん、メジャーデビューしてほしいという思いもあったし、いつかできると信じていました。決して人気があるグループとは言えなかったし過疎りまくっているイベントも多くて……でも兄貴グループのバックだけじゃなくて彼らだけのイベントも沢山増えてきて、メジャー流通シングルも出すことになって、もうすぐデビューできるんじゃないかファンの間でも噂されていました。

これからも全員でライブをやっていきたい、メンバーがそう語る中で、選抜メンバーメジャーデビューすることが決まりました。もう意味が分かりません。『選抜』?

推しはきっと選ばれない。直感でそう思ってしまいました。でも、心の中でもしかしたら選ばれるんじゃないか、もしかしたら選抜といいつつ全員デビューユニットを分けてとか)できるんじゃないかと考えている私もいまし。

まあ、現実は甘くなく推し選抜に選ばれませんでした。選ばれるであろうメンバーが選ばれなかったりとファンは大混乱。メンバーオタクに気を使って一生懸命言葉を選んでいるのを見ることがとても辛かった。でも、選抜メンバーの発表とともにメジャーデビュー組はレギュラーも発表され明るい未来が待っているように見えました。

じゃあ選ばれなかったメンバー・・・

不安を抱えつつ、今までと変わらず全員で活動しているメンバーを見ていたら、もしかしたらユニット的なものでこのまま全員で活動してくれるのかなと淡い期待を抱いたりもしました。今思うと何あまっちょろいこと考えてんだって感じだよね。

メジャーデビューシングルリリースイベントが始まります

これまで一緒だったブログは分かれることになり新しいブログができました。公式HPTwitter、色々なものが新しくできました。アー写も変わりました。新しい衣装に身を包むメジャーデビュー組、彼らがいなくなってしまって殺風景になってしまったインディーズ組。

リリイベにはインディーズ組も参加しています。『自分たちの代わりに先にデビューして頑張るメンバー応援したい、力になりたい』彼らはそう言いました。

推しに会うために推しが歌わないCDを沢山買いました(MVには少しだけ出ているけどその発表が死ぬほど遅かった)。

そして、そのうちイベントも別々に行われるようになりました。もう、彼らがメジャー組と一緒に歌うことができるのはあと何回なんだろう。

オタク同士の人間関係も少し変わりました。グループが分かれたことにより現場が被ることが少なくなって疎遠になった子も、辛いとオタクを辞めた子もいます

とんでもない回数のリリイベをこなすメジャーデビュー組、死ぬほど頑張っている彼らを見るファンの子からみたらデビューできなかった子達はどう見えていたんだろうな。『○○のファンお金からなくていいよね。』きっと彼女言葉に悪意は無かったんです。毎日リリイベオタク疲弊しての本心だったと思います。『私の推し稽古しかしてないんだけどww』笑って推しを貶して、その場を乗り切って、何をしているんだろう。

正直、なぜ彼らがデビューできなかったのかを感じることもありました。でも、毎日のように稽古して、彼らの中で話し合って、自分キャラ模索して、少しでもファンの子を楽しませるにはどうしたらいいかと考えて、一回一回のイベント一生懸命こなしている彼らを見ていたらファンとして一回一回全力で応援するしかありませんでした。

ある日のイベントメジャーデビュー組が沢山ある新しいレギュラー番組や次のイベントについて話していました。そんな中、ずっと前を向いている子、下を向いている子、コソコソと横の子と話して顔を曇らせた推し、それを見たときなぜが涙が止まりませんでした。私はファンとして何をしてあげたらよかったんだろう、何をしたら今彼らにこんな表情をさせずにすんだんだろう。

どんな気持ちで彼らの後ろで踊っているんだろう、彼らにエールを送っているんだろう、ブログを書いているんだろう。

でも、こんな心配無意味だったのかもしれないと感じました。

グループが分かれてから人数が減って、今まで後ろで踊っていることの多かった推しインディーズ組のイベントではメインで歌うことが多くなりました。司会として場を回すことも多くなりました。1人1人が自分について話すことも多くなってこれまで知らなかった彼らについて知ることもできたし、少しだけ本音を漏らすメンバーもいて。

彼らはデビュー組に負ける気なんてありません。自分たちだって前に進んでいる、目指すものは同じだからそいつか頂上でまた会える。

彼らは私みたいな器の小さいオタクとは違ってずっとずっと大人で、前を向いていたんです。

デビュー組が華やかなデビューを飾ってから少し経ったある日、彼らがインディーズCDを出すことになりました。

推しソロパートがあります。これまでソロパートがなかった子にソロパートが割り振られています。以前よりもとても綺麗な歌声、きっとこれまでの稽古の積み重ねの結果です。

新曲ダンスラストには『応援しているファン』のスペースが空けてありました。

ただただ、涙が止まりませんでした。ファンである自分勝手に焦っていたんです。私の大好きな推しはずっと魅力的なままで、選抜に選ばれなかったという現実を受け止めてしっかりスキルアップして歌って踊っています。そして自分たち応援してくれているファンのことも何よりも大事に思ってくれていました。

から私も彼らを、彼らのこれまでの努力を信じなければいけません。

いつか推しデビュー組のように華やかな舞台に出れるように、一ファンとして少しでも貢献できますように。

多くの人を魅了するボーカリストなるという夢、叶えてね。

2017-09-06

俺は、EXILEを許さな

なんだかハイローだなんだとオタク最近EXILEめっちゃ持て囃すようになってるけど俺はこれから先何があっても絶対EXILEを許さない。

これはその確固たる意思表示である

なんでわざわざそんなことを増田に?と思う人もいるかもしれないけど、俺は声を大にして叫びたいのだ。

だって、人一人の人生がめちゃくちゃにされてんだぞ。街がめちゃくちゃにされても復興できるかもしんないけど人生だぞどうしてくれんの!ねぇ!!

後、増田しかまともに聞いてくれなさそうだしリアルでこの話をすると家庭は崩壊するし弟が社会的人権を失う。かもしれないし。

簡潔に申し上げますと、俺の自慢の弟がハイローのせいでEXILEにハマって、






TAKAHIROのことをおねえちゃんって呼び出しました。

EXILEの!最近結婚発表したあの人!!あいつ!武井咲結婚したあいつ、わかる?ご本名田崎敬浩さんって言うんだねあの人。弟が言ってた。

その、TAKAHIROのことを。弟(成人済、理系大学生、(祝)就職内定)が、あろうことか、おねえちゃん、ねえちゃんって。

百歩譲っておにいちゃんならわかるけど、おねえちゃん。思い出しただけでくらくらしてきた。

俺の絶望がわかるか。ちなみに俺のことを弟は別におにいちゃんとは呼ばない。兄貴とさえ呼ばない。年が近いのもあるのかもしれないけど。

俺の弟はもーとにかく本当に自慢の弟で、頭いいし背が高くて顔も悪くないしスポーツもできるし性格いいし中高とカースト上位の人間で、まあモテて、だけどオタクの俺を馬鹿にすることもないしで、ずっと自慢の弟だった。俺は運動できないし顔は普通だと思いたいけど背は低いしでモテたことはなく、カースト底辺で震えてた人種だ。弟との遺伝的繋がりが信じられないレベルだ。それでも俺が弟への劣等感あんまり長くは苛まれなかったのはひとえに弟があまりに「出来た」奴で、家族で一番俺に優しくて、兄貴とは呼ばなくてもたまにであっても俺をちゃんと兄として扱ってくれたからだ。

それが、こんなことになっちゃって、しかちょっとは俺のせいとも言えるので、どうしようもないのがまたつらい。弟の彼女に顔向けできない。申し訳ない。

弟は、身内のオタク(俺)のこと無視しないタイプカースト上位の人間からオススメ漫画とか聞いてくる。めっちゃしかった。たぶんあいつはこの世で五本の指に入るくらい優しい。オタクで、おおきなおともだち兼任の俺を恥扱いしなかった。親にはされたけど。だから俺はまどマギとかブラボとかまあ、ソフトなやつからちょいディープなのまで色々すすめて、あいつも毎回それを見たりプレイして感想聞かせてくれた。

知り合いに何か、その人の好きなものオススメされるのが好きだって人間、善人すぎて涙出るだろ。マルチにはほんと気を付けてほしい。兄は心配です。まあ、そのせいでこんなことになってるんですけど。

中学とき、俺は弟にとても軽い気持ちBLEACHをすすめた。中2心にも師匠美学みたいのかっこよくて、あとおっぱいサイコーだったから。なんかこういうと最低の兄貴な気がしてきた。でも俺は夜一さんがすっげぇ好き。男なら更木。

そうしたら予想以上に弟はBLEACHにハマって、俺よりハマって、師匠のこと尊敬し出した。今もしてる。BLEACHのおかげで色んなことを知った、BLEACH好きな人とたくさん話してみたいってスマホを持ちはじめてからTwitterBLEACH用のアカウントを作ったりもしてた。後なぜかBLEACH全巻セットがうちには2セットあったりもする。だけど、それだけならまだ、ギリギリよかったんだけど。

からか去年、BLEACHが連載終了するってなったとき、弟はちょっとヤバかった。

脱け殻みたいになって、ぼーっとして、たかと思うとBLEACHの連載が終わるまでの日数を数えてばたばたしたり。

俺は何もできないしまあせめてと思ってBLEACHの話に付き合ったりしていた。そのとき

弟はどうやらTwitterフォロワーハイローをすすめられた、らしい。

ハイロー?って映画BLEACHジェネリックだってすすめられたんだけど、知らん?」「知らん」

それが頭のまともな弟との最後の会話だった。この後起こることを知っていたら絶対止めてた。タイムマシンがほしい。

ハイローの確か2作目を観に行って、帰ってきた弟は俺の知らない人間になっていた。

目を真っ赤に腫らして、映画パンフ大事そうに持って帰ってきた。2部あった。俺の分だった。

いい映画だったから、観てほしいんだけど公開終了近いし、だからパンフだけでも。

俺はその日たぶんはじめて弟に弟の好きなものオススメされた。めちゃくちゃ嬉しかったのを覚えている。ただ仕事が繁忙期並みに忙しくなってしまったせいで結局映画を観に行くことは出来ずじまいだった。もし、俺も観に行けていたら何か変わったのだろうか。

弟はそれから順調にハイローにハマり、順調に一族にもハマり始めた。

そうこうしてるうちに服の系統が三代目系に傾き、聞く音楽洋楽から一族のになって。だから俺ははじめあいつは三代目にハマったのだと思っていた。弟の口から「おねえちゃん、ねえちゃん」という単語が出だしたのもこの頃だったと思う。忙しかったせいでよく覚えてないけど。

俺が「おねえちゃん」の正体を知ったのは手のつけようがなくなってからのことだった。

いわく、凛々しくてかっこいいけど、目がくりくりして大きくてかわいい、きりっとした太めの眉毛意志が強そうでかわいくて、笑うと笑窪が両頬にできて、へにゃっとしてかわいい。足がすらっと長くておっぱいがおっきくて、寂しがりで歌がうまくて動物子供に好かれて子供好きで、優しくて頑張りやさんの、おねえちゃん。

誰が男の、しかEXILETAKAHIROだと思う???俺は新手の萌えキャラかと思ったし若干萌えた。しにたい。

あんまりにも普通におねえちゃん呼ばわりするので俺の頭がおかしくなったのかもと思ったよ。違うよな、TAKAHIRO、男だよな。なんでこんなことになったんだろう。ハイローにハマったとき、好きなのはホワイトラスカル?と雨宮兄弟で、雨宮マサキが一番好きだって言ってた。その雨宮マサキをやってたのがTAKAHIROらしい。つまりハイローがなかったら弟はTAKAHIROにこんな風な傾倒はしなかったんじゃないか。憎い。ただ憎い。存在が憎い。

弟は、前からアクティブだったけど、最近輪をかけて活動的だ。6月7月舞台を観に行ったらしい。10月にはファンミがあると言って今からわくわくしている。舞台で見た、生のおねえちゃん()は本当にかっこよくてかわいくて、アカペラで聞けたとか言う歌がうまくて泣いたと言っていた。弟の彼女交際2年目)はたぶんおねえちゃんの正体を知らない。親戚か誰かだと思ってる。俺は、本当のことを教えるべきなのか否かずっと迷っている。

それで、先日の結婚発表である。俺は、正直、ちょっと期待した。結婚だ。しか授かり婚。いけると思った。弟が正気を取り戻してくれるんじゃないかと思った。違った。あいつの愛は深かったのだ。

弟は、喜んでいた。それもすごい喜んでた。

ねえちゃん、ひとりじゃなかったんだ、寂しがりの人だからそれだけずっと心配だった、ねえちゃんが幸せだって言うなら俺も幸せ赤ちゃんほしいって言ってたもんな、ねえちゃん、神様ありがとう武井さんありがとう、ねえちゃんをお願いします、幸せになって、来月のCD待ちきれない来年ライブも楽しみファンミでおめでとうが言いたいチケット当たれ、ねえちゃん、すき。

だいたいこんな感じ。

すごく自然TAKAHIROをおねえちゃんと呼んでいること以外はただただなんか聖人みたいなコメントだった。俺はよくわかんないけどファンミチケットもきっと当たるよ。お前の徳の高さには神様もびっくりすると思う。なんでこんな方向性に発揮したのかは置いといて。

弟は、もう取り返しがつかないのかもしれない。少なくとも俺はもう弟になにもしてやれない。俺がBLEACHをすすめなかったら、映画に行くのを止めていたら、こんなことにならなかったのだろうか。そう思うと悔やんでも悔やみきれない。

両親がまだ気づいていないらしいのだけが今は救いだ。おおきなおともだちの俺と縁を切りたがったこともある世間体大好きの両親がこの事を知ったらと思うとぞっとする。

俺の自慢の弟の、たぶん順風満帆のものだった人生をめちゃくちゃにしたEXILEを、TAKAHIROを、俺はたぶん一生ゆるせない。

2017-09-02

三宅健太稲田徹江原正士

三宅健太(1999年デビュー)

低音でドスの効いた声を活かした男臭い男役が多い。中堅悪役やチンピラヤクザといえばこの人というイメージが強い。

低音とのギャップを活かしたハイテンションオカマ役も多くこなす。噂では二丁目で働くアニメ好きの方々に大人気だったらしい…。

近年ではマイティ・ソージョジョ僕のヒーローアカデミアへの出演から正義役のキャラクターを演じることが多くなってきている。

稲田徹(1994年デビュー)

落ち着いたバリトンボイスから臭い男役が多い。頼れる兄貴から正義クールチンピラ、荒くれ者など演じる幅は広い。

特撮愛が物凄く、自身が演じたデカマスターへの愛は異常。ディケイド以降は仮面ライダー1号の声を担当し、映画仮面ライダー1号』では本人と対面したことをラジオで語っていた。緊張したらしい。

江原正士(1973年デビュー)

臭いおっさん声ながらシリアスコミカルクールオカマと広い芸風を持ち洋画吹き替えから国産海外わずアニメまでこなすベテラン

どちらかといえば洋画吹き替えの人というイメージが強い。

岡田斗司夫メルマガ面白かった件について

さて、今回はそんなアメリカの「原爆日本に落とす計画」に関してのTシャツです。

https://goo.gl/3Sa7Vk

 

すみません、もう後ろの方で、ちらちら見えてるからわかるよね。

これね、サンフランシスコお土産店で、僕が初めてアメリカに行った時に買ったんだけどね。

 

酷いよね。

MADE IN USA TESTED IN JAPAN」って書いてあるんだ。

アメリカ製造され、日本テストされたっていう。

これね、サンフランシスコフィッシャーマンズワーフっていうところのお土産屋で買ったんだけどね。

 

僕の父親師範学校を出て、学校先生になった。

師範学校から学徒動員にもひっかからず、このまま戦争に行かずに済むのかと思ってたら、

最後最後の年に徴兵されて、広島の方の兵学校に行かされたんだ。20歳くらいだった。兵学校は、

原爆が落ちるような都心部でなくて山の田舎の方だったから、何とかギリギリ助かったという人間なんだよ。

 

こんな経験をしてる人って、僕だけでなくてすごく多かったんだよね。

僕と同じクラスの子でも、家族の誰かが戦死したり、身体障害者になってたりというのが当たり前だった。

 

から、生まれて初めてアメリカに行って、サンフランシスコっていうすごく明るい街の明るいお土産物屋で、

こういうTシャツを堂々と売っているのを見てめちゃくちゃビックリした。

なんかね、ブラックジョークというにしては(笑)ちょっと酷いなと思ってたんだけどね。

 

これ着る機会あるかどうかわかんないなぁと思いながらも、一応買ってみたんだよ。

 

一応買ってみて、SF大会とかに持って行ってみた。

さすがに着るのが怖いから、「こういうTシャツ持ってるんだ」って話したら、やっぱ真面目な人はね、

「やめろよ」とか言うんだよ。

 

でも、当時、1970年代後半のSF業界というのは、本当にあらゆる価値を相対化することが正しいという

すごく大きな流れがあった。

 

例えばね。堀晃さんっていうSF作家がいて、この人、書くものハードSFなんだけど人格は本当に

デタラメという人なんだ。

かんべむさしさんと一緒に2大ちゃらんぽらん大阪SF作家だったんだよね。

ただし、かんべむさしさんの方は書くものちゃらんぽらんなんだけど、人格は大真面目なんだけど(笑)

 

で、人格ちゃらんぽらん堀晃さんは大喜びして、「それどこで売ってるの?」って、欲しがってくれたんだ。

でも、人格はまじめなかんべむさしさんには「そんなもの絶対に着るな!っていうふうに言われてしまった。

 

小松左京さんはどちらかというと喜んでくれた。

 

ということで、当時のSF界でも作家ごとに反応が違ってたんだよなぁ。

 

なぜこんなにSF作家の反応を覚えているのかっていうと、20歳くらいの僕にしてみれば、SF作家というのが、

第2第3の父親とか兄貴替わりみたいなもんだったんだよ。

その人たちがどう感じているのかというのを自分価値観にしようとしていたんだよね。

 

今言いながら、めちゃめちゃ恥ずかしいんだけどさ(笑)

小松左京先生が喜ぶから、俺も喜ばなきゃいけないとかさ。

かんべむさしさんが怒っているから、やっぱりいけないのかなとか。

そんなふうに、もうホントに、ワナビー君の恥ずかしい奴だったんだ。

 

筒井康隆さんにはすごい冷たい目で、「原爆とき過激ぶるな!ガキめ!」というような感じで

見られてしまったんだよね。

 

で、この間、捨てられないTシャツコーナー用に、「Tシャツどんなのがあるかな?」って掘り返したら、

これが出てきたわけ。

やっぱりその頃から30年以上たった今だから、それぞれの人の意見がわかるなぁ。

 

怒る人の意見もわかる。

そういうのは笑っていいかもしれないけど、人前で笑うもんではないっていう人の意見も分かる。

あと、堀晃さんの「いやそんなもんをTシャツにして売っているっていうアメリカ人感性面白いじゃん。」

というのもわかる。

 

なんかねぇ、いろんな人の意見がわかるようになったなぁって。

 

でも、逆にわかんなくなったのが、筒井康隆さんの「原爆とき過激ぶるな!ガキめ!」

「なんでお前、人のことをそんなに言えるんだよ!」(笑)って。

今に至るまでの筒井康隆人生(笑)、「お前そこで怒っちゃいけないんじゃないかな」って思いました。

 

という思い出のあるTシャツでした。

同じSFファンポール・アレンによって、今朝、インディアナポリス号が発見されたと報道されたのも

不思議な偶然だなぁとしみじみ思います

---------------------------

このメール転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジン出所である旨、必ず、URLを明記してください。

http://www.mag2.com/m/0001148694.html

 

岡田斗司夫という時点で読むに値しない」という人もいるだろうし、別に読みたい人だけ読めばいいと思うのだが、

個人的には、今朝のメルマガ結構面白かった

 

日本の大半のウヨク愛国主義)とサヨク相対主義)は皆インチキだよな」というか

 

上記の引用で「アメリカ憎し」の感情に飲み込まれたら、またそれも違うと思う

サイコパス相手に憎しみの感情だけを抱いても意味が無い

実力行使しないとサイコパスにとっては意味を持たない

それにサイコパス側面がアメリカの全てとは言えない、感情に流される側面というのも存在するのが現実

 

宮崎駿アメリカを嫌う理由も分からなくはないし、「この世界の片隅に」がアメリカで上映された意義というのも

非常にあったと思うし(米国人が例え理解出来なくても)、反対に、日本に対する拘束具としての平和憲法に甘えて

自立しようとせずに、こういう目に遭わせたアメリカ自身に守られている立場に甘んじる日本というのも確かにある

 

あれだな、アメリカで講演する日本人が、上記のTシャツを着ていったら、どういう反応をするか?という社会実験

見たい気分はあるな

2017-08-29

ボケ国大

兵庫県民的には「関西人ボケる」っていうのは嘘八百だ。

道行く人に、指鉄砲で「バン!」っていっても痛がる人は皆無だし、ほとんどの人は東京の人に「おもしろいこといってやー」と言われて困ってる。本当困ってる。私だってそうだ。

けれど、先日大阪でみてしまったんだ。

飛び出し坊やってあるよね。道路への飛び出し事故を防止するためのあの木の板でつくられてるやつ。

あれが、風で手を振っているように見えたので「人みたい」と独り言いったら、通りがかった男性が「うちの兄貴なんだ、元気だろ」とホラーみたいなこといってきたので、大阪人は常にボケるチャンスを狙ってるのかもしれない。

2017-08-27

https://anond.hatelabo.jp/20170826170538

小林幸子ニコ動のノリで来られたけどまぁアリだよね

TMR西川…前から行きたいって公言してたもんね兄貴

叶姉妹最初すっとんきょだったが半年でとんでもなく勉強して来た

真木よう子…オッ?アン?こいつはマスコミと同じ敵の臭いがするぞ?

https://anond.hatelabo.jp/20170828024450

2017-08-25

[] #34-2「あの風邪を治すのは」

風邪ですね。まあ体を暖かくして、栄養を摂って、寝てください」

医者に診てもらうも、診断結果はやはり風邪である

風邪? そんな馬鹿な。それに、以前かかったときはこんな感じじゃなかった」

弟は納得がいかない様子だった。

医者でもない母と、医者であるこの人が同じ結論であることがおかしいと考えたのだろう。

風邪一口にいっても症状の程度は千差万別ですからねえ」

医者の話は杓子定規だ。

だが、別に診断が杜撰だったわけではないし、いくら弟が喚いても病気が変わるわけではない。

「症状がツラいなら、お薬出しておきましょうか」

「それ飲んだら治るの?」

「いえ、症状を抑えるためのものなので」

「おい、兄貴、この医者ヤバいぞ! なんで治るわけでもない薬をわざわざ出すんだ」

いまの弟にとって、治るかどうか以外は無価値なようだった。

「そうか。じゃあ、薬は必要ないな」

ここで対症療法薬とその必要性について先生説明してもらうことも可能だ。

だが俺は弟をなだめつつ、その場をそそくさと後にした。

今の弟にそんなことを説明しても理解も納得もできるとは思えない。

いたずらに体力をすり減らし、病状が悪化するだけだと判断したのだ。

薬代をケチたからだとかでは、断じて、ない。


…………

「さあ、皆さん。目を閉じてください。呼吸することを強く意識して。次に自分成功体験など、快感を覚えた瞬間の姿をイメージしてください」

帰りの道中、あの教祖今日も熱心に布教活動を続けているの見かけた。

これといって害はないが、「生活教」とかいう変な教えを広めている胡散臭い輩だ。

「おっと、呼吸することも忘れないでくださいよ。愚か者は呼吸することを忘れます

兄貴~、あれは何をやっているんだ?」

「まあ……囁きだとか、祈りだとか、詠唱だとか、そこらへんを念じてるんじゃねえかな」

関心すらない俺はテキトーに答える。

そんな話をしていると、教祖こちらに気づいた。

「……おや、随分と顔が赤いですね。大丈夫ですか」

教祖は弟と一度知り合ったことがあるらしく、その時と様子が明らかに違うので気になったらしい。

「え、分かるのか」

「へ? ええ、まあ……」

弟の言葉教祖は戸惑った。

弟はあまり自覚がないようだが、誰が見ても分かるレベルだったからな。

「じゃあ、治してくれよ」

「ええ!?

病院で診てもらったら風邪だとか抜かしやがる」

「だったら、そうなのでは……」

明らかに冷静じゃない弟を見て、教祖はタジタジだ。

弟はこの調子で、風邪じゃないの一点張り

病気で心身がよほど参っていたらしい。

「治せるなら宗教でも何でもいい、俺の病気を治してくれ!」

「いや、私の宗教はそういうのじゃないんですが……」

だが、このままだと弟はいつまでも絡み続けて布教活動邪魔になる。

教祖はしぶしぶと見てみることにした。

(#34-3へ続く)
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん