「下劣」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 下劣とは

2020-09-14

anond:20200913215007

結局人間って努力でもなく生まれ最初から椅子取りゲーム地位なり教育資本受け継いだかどうかなんだろうなってこういう奴見てると思う

川崎市とか北九州貧困地帯DQN家庭で生まれたような品性下劣チンピラ人間でも親や家庭が裕福でも人格そのままにこんな仕事につけるんだから

2020-09-13

つるの剛士のそれ

つるの剛士炎上している。

https://togetter.com/li/1590673

この件については完全に一言で済むのに、左翼とそれに対して右翼文句言いたくなりすぎてわけわかんねーことになってますね。

「もし違ったら迷惑かかるし、本当だとしてもそこの工場で働く他の外国人迷惑だし、排外主義者ヘイトを集めるから『近所の工場で働く外国人って目星はついている』って書かなくても良かったんじゃね?」

これだけですね。

で、溝がこれほど深まってるのは左翼とか右翼とかだけの問題ではなく、

つるの剛士愛国的、(悪く書けば)ネトウヨ的な思想の持主であることを認識して批判的に見ている層とそうではない層がハッキリ分かれちゃってるのが問題

以前から保守的ネット番組虎ノ門ニュース」に出演したり、Twitterでは安倍晋三お疲れ様を言おうと言い出したり、蓮舫外国人として揶揄するような発言があったりとネット左翼的なユーザーからしたらは間違いなく「要注意有名人」というレッテルを貼られているだろうつるの剛士氏。

その上でこのかなり露骨な「犬笛」発言問題視された流れなんだけど、

一方でつるの氏をただの良いパパタレントの1人として認識しているネットユーザーは、普段から有名人政治的発言など注視していないだろうから、異様に左翼に叩かれたり、町山氏や米山氏の的外れツイート米山氏は突飛で文脈が読み取りづらいけど内容自体普通だったかなと思う)を見てつるの剛士を「可哀想」と思ってしまった。

「うちの弟がパクチーを盗まれたんだ、たぶんあの工場外国人が怪しい」なんて世間話程度なら友人や近所の人同士の間でいくらでも横行していて特に問題ないと思うだろうけど、そんな世間話がつるの氏の場合Twitterの大量のネトウヨフォロワーに向けてしてるのにそんなこと気づかないので、彼を「素敵なタレントなのに変なひとに叩かれている被害者」だと思っちゃったんだろうな。

安倍総理お疲れ様を言おう!」とかも完全にそれだよね。「安倍さんは頑張ったのに変なやつらにバカにされて可哀想!」みたいな。でも分離しろよ。

一番ひどいのは「これを差別だと指摘してる人こそが差別だ!」みたいなやつ。でも差別に対して立ち向かうのは自分意図せず差別ちゃうかもとか、不快な思いをさせちゃうとか、それぞれの言動攻撃性に敏感だからであって、上司に「俺は部下にセクハラなんかしていない!セクハラしたって指摘したお前の方が性的な目で見ている!」ってなったら???ってなりませんか?なりませんか、そうですか。

もちろん、その「差別か否か」が行き過ぎる場合もあるので注意したいんだけど、今回の件に関してつるの剛士を全肯定してる人はあまりにもその意識低くない?だから冒頭の「あえて使わなくてもよかったんじゃない?」と私は思ったよ。

つるの剛士ネトウヨ差別主義者だ!論者vsパクチーまれ可哀想なのに批判されてもっと可哀想論者、この溝がそう簡単に埋まるわけないな。

もちろん、つるの剛士盗難被害者かつ的外れ意見/誹謗中傷された(not批評被害者でもある。

それでも差別助長するような発言に関しては加害者だろう。そこは絶対に別で考えないといけない。彼の思想フォロワーを見ても明らかにそういったネトウヨからヘイトの反応があるとは分かり切っていたと思う。そして現在の当該ツイートに対するリプライ引用RTを見てもそれが実証されている。

最後にこの騒動から数日、少し落ち着いてから彼が放った結論トンデモだったので引用する。

僕は生きていて、そもそも差別という概念はないですし、意識をすることもない。差別反対と言いながらこの単語を使うと自分のなかの大切な何かが分け隔てられてしまう怖さすらありますツイートすることすら憚れるような下劣言葉がTLに散見されることはもっと怖いです。今すぐ削除してください。

僕は今後も差別なんてしませんので、どんな人であろうと悪いことには悪いとハッキリと言います差別助長しているのは紛れもなく犯人本人であり、被害者泣き寝入りしてしまう世の中こそ差別だと思うからです。改めまして、今回僕のツイートで気分を害した方々、本当にごめんなさい。今度こそお終い

https://twitter.com/takeshi_tsuruno/status/1304558038704033792

https://twitter.com/takeshi_tsuruno/status/1304558041300312064

結局何を批判されたのか全く分かってないような結論で読んだ瞬間ゾッとしてしまった。意識せずに人を傷つけてしまうから差別について常に意識しなければならないよねって話だったじゃん。

差別助長しているのは紛れもなく犯人本人」って違うだろ、1人の個人が行ったことをその1人が所属するグループ100人全員にまとめてレッテルを貼るやつが悪いだろ。

これを他のものに例えようとする人がいるけど、「外国人」はかなり特殊属性で、マイノリティ差別を受ける場面も多いし結局「文句あるなら自分の国に帰れ」という彼らにとって「最強の切り札」があるのが面倒だよね。それを正当化して突き詰めていったらめちゃくちゃおもんない世の中出来るけど良いのだろうか。

もし彼が海外に住んでいたとして、近所に住む有名人に「近所に住むアジア人パクチーが盗まれた」と書かれたらなにを思うのだろうか。上記結論しか出せない彼の場合は「仕方ない」と感じるだろうし、支持してる人もそういう認識なのだろう。

でも自分はそんな悲しい世の中は絶対いやだな~と思うのでつるの剛士のこの発言ちょっと許せなかったよ。

2020-09-11

(続)精神的に不健康作品コンテンツについて考えてみた

前回はこち

https://anond.hatelabo.jp/20200904203318

増田の皆さんのコメントには考えさせられた。

ビジネス本を根拠として、娯楽を健全と不健全に分けるのは余計なお世話とか、「人間」と「作者という存在」を同一視するのは不健康とか、コンテンツ精神的に健康/不健康で断ずる行為はよくないなどの意見をいただいた。

特に、「私自身が敵意を持って何かを貶めたい意図を持っているので、記事のもの精神的に不健康である」という意見には唸らされた。

前回の記事を見返すと、あまりに拙い箇所が散見された。ところどころ修正している。

タイトルも少し直した。「作品コンテンツ」という表現おかしいというコメントがあった。

考えてみたが、「作品コンテンツ」という表現はやはり変だ。「男子退学オペレーション(DTO)作戦」に似たものを感じる。

タイトル修正し、「作品コンテンツ」とした。コンテンツという単語は、サブカルを主に指すイメージがある。

それでは、精神的に不健康作品コンテンツの続きをどうぞ。

今回は個別作品を取り上げる。





ゲーム

 一般販売されているゲームで、自分クリアしたことのあるものに該当はなかった。

 やはり倫理基準があるので、人権侵害をメインに扱ったゲーム審査を通りにくいし、そもそも売れないのだろう。

 それに、私がここに書かなくても、「グロ 残虐 ゲーム」などの単語でググってもらうと、有志がそういうコンテンツを紹介しているページに易々と辿り着くことができる。

 なので、今回はフリーゲームを取り上げたい。フリゲ個人制作するものなので、その人の心の健康がありありと現れる。考察にはうってつけだ。

 以下に紹介する。できるだけネタバレはしない。

タオルケットをもう一度(1~3)

 かなしみホッチキス氏の代表作。

 見た目はほんわかしているが、中身はエログロ特にグロ)。見た目はMOTHER2のような暖かい印象を受ける。

 プレイを初めて1時間以内に、このゲームの異常性に気が付くことだろう。気持ちが悪いタイプの異常性ではなくて、続きが気になるタイプの異常性だ。 

 ネーミングセンスが独特であり、作中の随所に現れる。

 どこが精神的に不健康なのかといえば、ストーリーの救いのなさだ。特に2。1と3は、グロ展開を挟みつつも笑えて感動できる物語なのだが、2はとにかく救いようがない。

 特にラストステージ。人によっては恐怖で進めなくなる。ニコニコ動画の実況プレイ動画にも、「怖すぎて〇〇さんの動画に来ましたwww」といったコメントが並んでいる。

 私自身も当時は震えた。深夜1時頃にクリアしたのだが、翌日にあった英語の演習でミスを繰り返したのを覚えている。

 あの時の私は、恐怖を感じていたんだろうか?

 違うと思う。あのラストステージというのは、ぱりぱりうめというキャラクターの抱える苦痛嫉妬絶望や愛や夢が、画面を通じてプレイヤーを殴りつけるとしか言いようのない展開だったのだけど、その感情に心を揺さぶられたのだ。だから涙が止まらなかったのだと今では思う。

・いりす症候群!

 ゲームサークルであるカタテマによるパズルゲーム

 大学生4人(男2女2)が旅行に行く。そのうちの一人が入巣(いりす)京子旅行先で楽しんでいる途中、事件が起こって1人ずつ行方不明になっていく。

 パズルゲームでの得点によって物語分岐する。バッドエンドだと、いりすが友人を したのを示唆するEDになる。高得点を取ると、行方不明は友人たちによる仕込みであったことがわかる。サプライズ誕生日パーティーをしたかっただけなのだ

 プレイを続けていると、ゲームフォルダ内のデータが少しずつ置き換わっていることに気が付く。テキストファイル画像データが現れたり消えたりする。

 最後までプレイすると、いりすのキャラクター性や、旅行について考えていたことや、男側の主人公であるうーじの抱える闇が明らかになっていく。

 いったいどこが精神的に不健康なのかというと、〇〇と見せかけて、実は〇〇でした!みたいな展開の連続であり、特にその裏側に残虐性(しつこいようだがネタバレはしない)が潜んでいる。

 以前の作品である愛と勇気かしわもち」でもそうなのだが、プレイヤーを悪い意味ビビらせることに全力を注いでいる。

 プレイヤーの心臓に冷たい何かが突き刺さって、心臓が凍り付いて、血管が破裂するような恐怖を味わわせることに作者は快感を覚えているのでは?と邪推せざるを得ないほどに、このゲームプレイヤーを驚かせてくれる。

・ドキド文学部!

 数あるフリーゲームの中でも最大級の――精神的に不健康作品だ。

 ゲーム冒頭の説明にあるように、精神疾患の人や未成年絶対プレイしてはいけない。一般の人にもおすすめできない。やっていいのは恐怖を快感に変換できる人だけだ。

 体調がおかしいと思ったら、プレイしている最中でも中止すべきだ。例えば、2周目に入ったあたりで、「ここで止めたら負けだ」とか、「モニカ、てめーは絶対○す」などの感想を抱くかもしれないが、それでも途中でやめるという選択はありだ。

 作者、特に2周目の恐怖演出担当した人間の悪意が突き刺さってくる。どのような理由でも説明できないほどに悪趣味演出だった。

 プレイしている最中に感じたことがある。

「このゲームを作った人たちは、学生時代に苛めや虐待などのひどい目に遭って、社会に恨みを持つようになったんじゃないか? だから、こんな残酷ゲームを作って社会復讐しようとしたんじゃないか?」

 私はそう推測した。

 「違う。このゲームは高い評価じゃないか」という意見もあると思うが、典型的確証バイアスだ。別の言葉で言えば、コミットメント一貫性

 プレイヤーは、恐怖と戦いながら数時間~数日をかけてゲームクリアする。敵だと思っていた存在は、自分のことを(以下略)。ハッピーエンドではなかったけど、恐怖に打ち勝ってこのゲームクリアできた。俺はチキンじゃない!

 終わり良ければ総て良しという言葉がある。悪趣味演出にどれだけイライラしたとして、最後までクリアしてしまった後で、このゲームプレイした時間無駄だったと認めることはできない。

 そんなことをすると自分愚か者だったことになる。だからこそ、個性的ゲームだったね、just monicaだったねと高い評価を与えることで、自分の考え方と行動に一貫性をもたせようとする。それがこのゲームが高く評価される理由ひとつだ。

 今までにないタイプゲームだったのは間違いない。ホラーゲーム好きな人にとっては珠玉一品だったと思う。私も、このドキド文学部!に評価を投じた。★4つだったと記憶している。



小説

 読んでいて苦痛を感じた作品トップ3を紹介する。

悪徳の栄え

 名前だけは聞いたことがあると思う。エログロかと言われればそのとおりだ。

 この作品は、上下巻の約700ページ(しか行間ほとんどない)に渡って以下のような展開が続く。

ジュリエット(とその仲間たち)が乱痴気騒ぎを起こして一般人を強姦したり殺したりする

②騒ぎの最中かその前後パートで、ジュリエット(とその仲間たち)による哲学論議が行われる

ジュリエット(とその仲間たち)が不仲になって仲間を殺す。あるいは新しい仲間を作る

 特に①②の割合が高い。

 エログロ小説世間では見られているが、実は哲学小説だ。作者であるマルキ・ド・サド貴族出身でありながら、変態行為が露わになって逮捕→投獄というパターン小説を書き始めたタイプの人だ。

 この小説が有名になった理由ひとつは、サド自身社会に対して抱いていた恨み(今でいう反社会性障害?)から生じるエログロ描写の反面、その知性や教養から精緻に描かれる人間社会に対する哲学的な理解の鮮やかさが奇妙なほどマッチしていることによる。

 哲学的な描写の例として以下の例を挙げる。主人公であるジュリエットの序盤の師匠であるデルベーヌ夫人の科白だ。この小説キャラクターは喋りの量が半端ないドストエフスキー並みだ。

 ※一部のみを抜き出した。この場面の文字数引用箇所の軽く数倍はある。

「まあ!」とあたしはデルベーヌ夫人に申しました、「それではあなたは、御自分の評判などどうなったってかまわないほど、無頓着でいられるというのですか?」

「そのとおりよ、あなた。本当のことを言うとね、あたしは自分の評判がわるいという確信をもてば、ますます内心で愉快を覚えるの。そして評判がよいと知れば、まあそんなことはないでしょうけれど、きっとがっかりするでしょうね。いいこと、ジュリエット、このことをよく覚えといてちょうだい、評判なんてものは、何の役にも立たない財産なのよ。あたしたちが評判のために、どんな犠牲を払っても、けっして償われはしないのよ。名声を得ようと躍起になっている者も、評判のことなど気にかけない者も、苦労の多い点ではどちらも同じよ。前者はこの貴重な財産が失われはすまいかといつもびくびくしているし、後者自分の無関心をいつも気に病んでいるの。そんなわけで、もしも美徳の道に生えている茨が、悪徳の道に生えている茨と同じほどの量だとしたなら、いったいなぜこの二つの道の選択にあたしたちは頭を悩ますのでしょう、あたしたちは自然のままを、思いつくままを、そのまま素直に信用していればよかりそうなものじゃありませんか? P.16

 今時の心理学の本に載っていそうな感じではある。

 悪徳の栄えで論じられている思想ニーチェハイデガーに通じるものがある。この世に存在し続けるものに重きを置いている。

 私にとっては面白い小説ではなかった。万人にお勧めできるものではない。というのも、哲学的な論考はあるものの、残虐な場面や、人間的に醜い描写が多く登場するからだ。

 今のコンテンツでいえば、『ダイナー』が一番近い。ダイナーを哲学的な内容にすると現代版の悪徳の栄えになる。

 私が読むのをやめようと思いかけた場面のひとつを挙げる。ジュリエットが、師匠の一人であるノアルスイユという金持ち気持ちを打ち明けるところだ。

 ※上を含めて、引用箇所を探して打ち込むのに2時間半もかかってしまった…いずれにしても引用が多すぎる。これで最後にする。

「おお、 ジュリエット、おまえはまだ全部を知ってはいいからそう言うが……」

「なら全部すっかり話してください!」

「おまえの父御さんや母御さんのことだがな……」

「どうしたと言うんです?」

「生かしておいてはおれのために都合が悪かった……息の根を止めてしま必要があったのだ。で、二人ともばたばたと死んでしまったのは、おれが彼らを自分の家に招いて、ある飲物を飲ませたからだ……」

 ぞっとあたしの総身に冷たいものが走りました。だがすぐに、自然があたしの心の奥底に刻みつけた、極悪人にふさわしいあの無感動な冷静さで、あたしはノアルスイユを正面からじっと見据えながら、「人非人! 何度でもこの名を繰り返してやりたい」と叫んでおりました、「あなたは見るも怖ろしい男です、でもあたしは、そういうあなたをやっぱり愛しております

「おまえたち一家殺戮者でも?」

「ああ、そんなことあたしに何の関係があるのでしょう? あたしはすべてを感動によって判断します。あなたの兇行の犠牲となったあたしの家族は、あたしに何の感動も生ぜしめてはくれませんでした。けれどあなたがあたしにしてくれたあの犯罪告白は、あたしを熱狂させ、何とお伝えしていいか分らないほどな興奮の中へ、あたしを投げこんでくれました」 P.57~P.58 

 ノアルスイユはジュリエットの父母を殺している。そのせいで、裕福だったジュリエット修道院に送られて貧しい生活を送り、やがては売春宿で働くことになった。

 その原因を作った張本人であるノアルスイユに対してこのような言葉を出してくるところに、この悪徳の栄え醜悪さを感じた。読者をダークサイドに送り込もうとしている。

 物語の中で悪事を働く人間の基本になっている考え方のひとつに、「悪事をする人間自然有益である」というものがある。考え方自体はとんでもないのだが、文学者翻訳を務めている関係でやたらと格調高い文章になっており、それが読者の心に響いてしまう。

 年末年始を使って上下巻を読んだのを覚えている。今では読むべきではなかったと後悔している。

隣の家の少女

 前回の記事ブクマコメントにこういう意見がある。

同意しない。そもそも残酷作品」の多くは「読んで心が痛い」という理由で人気がある。

 いわゆる鬱小説というやつだ。心が痛くなるコンテンツ。とにかく痛い。この本も読むんじゃなかった。アマゾンで高評価がついていたので出来心で買ってしまった。

 この小説のいったいどこが精神的に不健康かといえば、「いたいけな少女をいたぶること」を主眼に置いているからだ。

 アメリカ田舎町に暮らす主人公のデイヴィッド(12)。ある日、隣の家に住んでいるルースのところに、両親を亡くしたという快活な美少女メグ(13才以上)が妹のスーザンと一緒に引っ越してくる。デイヴィッドはメグに心を奪われる。ザリガニ釣りから始まって、次第に仲を深めて、お祭り観覧車に一緒に乗る。花火が綺麗、みたいな描写だったのを覚えている。

 「はい終わり!ここで終わり!」

 という言葉脳裏をよぎった。まだ未成年だった頃、某動画サイトにアップされていた『true tears』というアニメを見ていた。眞一郎と乃絵が仲睦まじくしている様子を見て、ほかのみんなが一斉にこのコメントを打ち込んでいたのを思い出した。

 この小説は、読者に精神的な苦痛を与えることを目的として、メグに対してありとあらゆることをやってのける。

 メグは何でもされる。肉体的な苦痛から精神的な苦痛まで、何でも揃っている。

 巧妙なのは、このメグというのが優秀設定のキャラクターであることだ。

 運動神経は抜群で頭がよく、そのうえ美少女ときている。いわゆる利発キャラ。例えば、虐待が始まってすぐの段階で地元警察相談に行っている。普通の子どもはこういう行動を取ることはできないだろう。

 実際、一度はルースの家から脱出成功しかけるのだが、障害持ちのスーザンを気に掛けるあまり失敗してしまう。

 ルースやその子ども達から虐待さら苛烈になるが、デイヴィッドはただ観ているだけだ。傍から虐待されるのを眺めるばかりで何もできない。親に相談しようとするも、恐ろしくてできない…

 この小説を読んでいる間に心が相当削られた。品性下劣という感想を抱きながらも、最後まで読まないといけない気分になっていた。悔しいが作者の勝利だ。

 今回の記事を書くにあたり、隣の家の少女について調べたところ、ネットフリックス映画があるらしい。今度見てみることにする。

路地の子

 作者である上原善広の父を主人公に据えたノンフィクション小説。ということになっている。物語というよりは、作者が精神的に不健康な例だ。

 あらすじとしては、牛の解体場で働く上原龍造が、自らの腕だけを頼りに食肉業界経営者として成り上がっていくというもの

 昭和時代の話なので、解放同盟共産党右翼ヤクザが出てくる。彼らと渡り合いながら、少年だった龍造は成長を遂げてゆく。

 問題なのはノンフィクションと謳っておきながら創作であることだ。

 作中では、実際に存在した人物名前や経歴が書き換えられている(ex 作者の父の名前は龍造ではない)のみならず、解放同盟支部の結成年や支部名その他、多くの事実に誤りがある。

 作者と新潮社解放同盟から怒られた。出版である新潮社HP謝罪文を出している。作者である上原氏もnote反省文を書いているが、はっきりいって反省していない。

 路地の子の誤りを指摘することを目的としたネット記事もある。

https://kadookanobuhiko.tumblr.com/post/167512723599/%E4%B8%8A%E5%8E%9F%E5%96%84%E5%BA%83%E8%B7%AF%E5%9C%B0%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80-%E2%91%A0

上原善広路地の子』を読む

 巻末のところで実父に関連して、自分の来歴や、元嫁や兄について語っているのだが、なんというかもう、ツッコミどころが満載なのだ。本編を読む前にこれを読んでいたら、一生読むことはなかったと思う。

 ※個人情報その他の関係で、ここに詳細を書くことはできない。上のネット記事には詳細がある。



 最後

 逆に精神的に健康作品コンテンツについて考えてみた

 https://anond.hatelabo.jp/20200911212405

2020-09-07

「この漫画女の子を見て…」のつぶやきがタチ悪い理由

「この漫画女の子を見て、失礼な子だと感じたならばそれこそがジェンダーバイアスです。」https://togetter.com/li/1587929 が、タチの悪いプロパガンダである件。

〈目次〉

 1「お、若い女の子だ。どれ教えてやろう」について

 2「せっかく教えてやろうとしてるんだ 女らしく素直に聞け」について

 3「ハイ ミソ男決定~」について

 4まとめ

これは、いくつかの点で非常に問題のある漫画です。

1「お、若い女の子だ。どれ教えてやろう」について

・これは登場する男性氏「おっさん」の内心の語りであって、「女の子」は知る由もないはずです。にも関わらず、ただ「ぺらぺら」と話し始めた男性氏に対して「お?マンスプか?」と反応しています。これは、性別、年齢からくる偏見に過ぎません。同年配、同性になら、同じことをされても「マンスプ」とは反応しなかったでしょう。

・おまけに、彼女は初対面の相手に「オッサン」と声に出して呼んでいます男性氏が「女の子」にどのように声掛けしたかはかかれていませんが、もし「そこの小娘」みたいな侮蔑的な声掛けをしたとしたら、漫画の設定上これを省略することは考えられませんから普通の呼びかけであったと考えるのが妥当でしょう。ならば、「女の子」の反応は普通に言って大変「失礼」な行為であり、明白な年齢差別であり、この「女の子」は差別思想の持主だと断定せざるを得ません。はっきり言えば、年齢差別、そして、性差別者(ミサンドリスト)の疑いがあります

そもそもこの男性氏ですが、見も知らぬ「若い女の子」に偉そうぶって「教えてやろう」とする高齢男性、という設定が、大変奇妙に感じられます。私の知る限り、こういうケースで「ぺらぺら」と得意そうにしゃべる人は、相手が「自分よりその道に詳しくなさそう」と思えば、性別や年齢に関わらずマウントを取ってくる方が一般的です。実際問題として、それなりの地位もある高齢男性普通見知らぬ年下女性に気軽に声をかけたりしないものです。それでも声をかける人は、「若い女の子に偉そうぶりたい」から声をかけるのではなく、単に「ワンチャンあるかも」というスケベ根性で声をかけているに過ぎないわけで、そういう人は、初手から偉そぶったりしません。つまり、この男性氏のキャラクターは「想像で作り上げられた存在」であり、これはいわゆる案山子論法における案山子の疑いがあります

2「せっかく教えてやろうとしてるんだ 女らしく素直に聞け」について

・これも大変不自然です。「女の子」の反応とこの発言を絡めれば、男性氏は「マンスプレイニング」という言葉を知り、かつ、その略語すら理解し得たということになるでしょう。高齢男性にしてはなかなかフェミニズム文脈をよく理解しています。そんな人が、このような行為に出たり、このような発言をする明らかなミサンドリストに、このような定型的な怒り言葉を投げつけるでしょうか? 大変不自然です。きわめて「案山子」的です。

特に「女らしく素直に聞け」という言葉が極めて不自然です。「オッサン」呼ばわりは無視して「素直に聞かない」部分に怒っているのですか? ふつうは「その口のききかたはナンダ!」でしょう。

・こう言うと、おそらく「よくある反応を定型的に描いただけで、こういう風に内心思って似たような行動をする男性が多い、ということを言うための漫画表現です」といった返しが想定されますしかし、それは卑怯な言い分です。なぜなら、読者は、この一連の流れを見た上で「この『女の子』側に同調できなければ、あなたジェンダーバイアスの持主だ」とあらかじめ縛られているからです。つまり、この漫画をこのままの形で受け取り、かつ「女の子」を肯定するよう強いられた上で、改めて「案山子」を殴る「ミサンドリスト」の芝居を見せられているわけですよ。そういう縛り方をしないで見せているのならば、まだ「よくあるプロパガンダ漫画だ」で済むでしょう。しかし、一見相手自由判断を委ねるように見せかけながら、実は、戯画によって結論を縛っているというのは、広告手法としても割と下劣なやり方です。少なくとも、まともなフェミニストなら取るべき方法ではありません。

3「ハイ ミソ男決定~」について

・この場面、「オッサン」呼ばわりに続いて、「女の子」は「ミソ男」という、おそらく蔑称を使って、目線を合わさず相手にしないことを明白にして、明らかに相手煽りにいっています。ここまで、男性氏の方は、なるほどナチュラル男性上位な思想をもっていたのかもしれませんが、「女の子」の煽りによって逆上するまでは社会的に見て不正な態度を取っていたわけではありません。つまり客観的に見れば「煽ったのは明らかに女の子』の方」なのです。この漫画は、そう描かれているのです。つまり作者は、この「女の子」を十分「失礼」な人間として描いています。なぜだか分かりますか? それは、女の子を「失礼だ」と感じる人が多い方が、「自分ジェンダーバイアスの持主なのか…」と自罰的に反省する人が増えるからです。実際、Twitterの反応を見れば分かりますが、男性陣が、こぞって「男性無礼だ」云々と滑稽なほどに反応しています。彼らには、この「女の子」の失礼さが見えないのでしょうか?……いやいや、そんな訳はありませんね。事実は逆で、彼らは実は「女の子を『失礼だ』と感じてしまった」ので、それがバレないように「正解」とされる振舞いを行っているだけなのです。そして、それこそが作者の狙いなのです。実に悪質なプロパガンダです。再度言いますが、この「女の子」が「失礼」だというのは、普通の受け取りであり、ジェンダーバイアスの持主であるか否かとは無関係です。そして、それは描き手が一番よく分かっているのです。

4まとめ

以上述べてきたとおり、

・「女の子」を「失礼な人間」として描きながら、「『失礼』と感じた人は差別主義者」という落とし穴を設定して、読み手誘導している点

・登場する高齢男性があからさまな「案山子であるのに、誘導していることを伏せつつ読み手に「一見自由判断」を促している点

この2点が特にこの漫画と合わせた該当のつぶやきを悪質なものにしているポイントです。

更に言うと、ツイ主の「男女格差を示すジェンダーギャップ指数では日本は153か国中121位でした。」という付け加えもまた、権威に基づいて自分の主張を正しいものと思わせようとする心理的誘導手法であり、これまた悪質です。

以上述べたようなことを、ツイ主はおそらく分かった上で、十分その効果理解して用いている……おそらく、その結果としてフェミニズムへの同調者が増えればよい、というおそらくはツイ主なりの善意判断で行っているのだと思いますが、そういう詐欺手法で人を集める行為は、長い目で見れば逆効果です。こういう詐欺手法は、人間性への信頼を欠いたものであり、人間性への信頼を欠いた手法で人を集める運動が、人類をよい方向へと導くことなどおよそ期待できないでしょう。

ツイ主は、十分このことを説明し、謝罪した上、該当のツイを撤回すべきだと私は思います。そして、続々と賛同ツイートをしている方々は、自分悪質商法被害者にならないよう、ご注意された方がよろしいかと存じます

anond:20200907090342

あとで見ようと思ってたんだがそんなことになってたのか……

今までのほぼ全部の回がお下劣バカ芸だったのに何故いきなり家族で見れるものをとか言い出した?

そんなこと気にしだしたらドキュメンタル終わりじゃん

2020-09-05

白井聡すら知らない無教養のDr.ナイフをありがたがるリベラル

Dr.ナイフかいうやつが白井聡のことを無名呼ばわりしてる。

おれは白井聡ファンでもないし、白井聡思想共感しねーし、白井聡ツイッター書き込み普段から口悪すぎて下劣だと思うし、今回の「松任谷由美夭折しとけば良かったのに」ってつぶやきホントに最低だと思うけどな、

でも言っておくが、白井聡全然無名じゃねーよ!

Dr.ナイフ曰く、

白井聡のこと知ってました?

僕は知りませんでした。

そんな無名な人の発言になんで怒ってるんですか?」

だと。

あのなあ、おまえが白井聡を知らねえのは、白井聡無名なんじゃなくて、おまえが教養のない人間からだよ。

白井聡デビュー作『未完のレーニン』 は、若者が書いたマルクス主義ソ連についての本ってことで出版当初ちょっとした話題になったんだよ。

おまけに2013年出版された『永続敗戦論』は、角川財団学芸賞を受賞して、これはかなりの話題になり、新聞雑誌書評欄でも取り上げられたし、書店の人文系の棚に行けば平積みされるくらいだったんだぞ。

そのおかげか知らんけど、白井聡毎日新聞とか朝日新聞で定期的に書評や時評を書いたりもしてんだよ。

もっと言えば、Dr.ナイフ執筆依頼されたあげく、やっぱり匿名アカウントは不味いだろってことになった、あのウェブ論座にも白井聡は何度もコラム書いてんの。

何が言いたいかっていうと、白井聡っていう名前は、朝日新聞とか毎日新聞を定期的に読んでいたり、月1でも本屋Amazonの人文系棚や話題作をチェックしてたり、ウェブ論座を見てる人であれば絶対に目にする名前なの。

百歩譲って本を読んだことなくても(偉そうにいってるおれも、『未完のレーニンしか読んだことないわ)、多少なりとも政治とか政治哲学とか思想かに興味があれば、白井聡っていう名前は知ってるはずなんだよ。

からDr.ナイフの「ぼくは白井聡なんて人知りませんでした」 ってつぶやきは、イコール「ぼくは新聞もろくに読まなければ、書店政治思想社会評論についての本もチェックしませんし、ウェブ論座だってまともに読みません」って表明してることなんだよ。

もちろん白井聡世間的に有名だなんて言わないよ。

世の中には娯楽があふれてるし、時間お金は有限だから、わざわざ高い金払ってマルクス主義がどうとか戦後日本がどうとかなんて本を読むやつはかぎられてるよ。

から世の中の大半の人は白井聡のこと知らないかもしれないし、知らなくても問題ないよ。

でもDr.ナイフは、安倍政権に疑問持ってんだよね?政治意識高い人なんだよね?リベラリズムがどうとか民主主義がどうとか独裁政治がどうとかツイッターでつぶやいてるんだよね?

その人が話題になった本も読んでなければその著者の名前すら知らない、それどころか新聞政治欄や学芸欄も読んでない、それどころかそれどころか、インターネット上の論壇すら見てないってさぁ。

じゃああんたの口にしてる、リベラリズムとか民主主義とかって言葉には、なんら教養的基盤がないってことじゃん。だってそうでしょ、新聞や本を読まないで、どうやってそういう抽象的な概念について考えることができるの?勘ですか?

まりDr.ナイフって、「なぜ社会自由で公平でなければならないのか」とか、「民主主義とは何か」みたいな、本質的形而上学的なことを考えず、ただなんとなくそのほうが良さそうだからって理由で、軽ーい気持ちで、「リベラル社会大事ですよね」とか、「社会には多様性必要ですよ」 とかいってるだけだろ。

まあね、Dr.ナイフがそれで楽しければそれでいいんだよ。

仲間打ちでツイッターいいねRT稼いで気持ちよくなるのは個人自由だ。

でもなあ、メディア知識人新聞記者は、こういう言論人気取りの無教養者をもてはやすなよ。

特にウェブ論座、おまえにいってんだぞ!

本も読まない、新聞も読まない、ウェブ上の小難しい対談や論考すら読まない、読むのは新聞ウェブ版の政局記事ばかりで、ツイッターつぶやき理論的な背景や裏付のない思いつきと感想だけ。

そんなやつを「ツイッターデモを引っ張るインフルエンサー」 なんて持ち上げるなんてアホだろ。

まともに新聞読んで本読んで歴史的理論的にものを考えてる他の執筆者に申し訳ないと思わないのか?

……思わないのかもね。

だってツイッター上でもいまだにDr.ナイフのことを好意的に取り上げてる大学教授がいるんだもん。

当のDr.ナイフはといえば、繰り返しになるけど、白井聡すら知らない程度の知的関心の低さなんだけどね。

つまるところ、いまのリベラルって、反安倍ならばそいつがどんなバカだろうと構わないんだろうね。

リベラリズム知的退廃ここに極まれりですよ。

2020-09-04

イギリスとお下劣で韻が踏める

他意はないです

anond:20200904092922

性犯罪被害にあった女の告発文を読んで被害状況を想像してシコる男みたいな下劣さがあるな

Twitterにいる愚痴垢が気持ち悪い

最近話題スマホゲームを始めた。

絵師の絵を見たりストーリー考察をしたりするためにTwitterゲーム専用アカウントを作った。

しかし、Twitterで「(ゲーム名)」と検索すると、上位ツイートにクソのようなツイートばかりが出てきてしまう。

(ゲーム名)の署名絶対しない

運営反省しなくていいよ

そのまんまサ終してDオタにも他のオタクにも嫌われて消費者庁コラボして死んでくれ

その死に様をしっかりと見届けて友人とシャンパン煽ってやるから

検索避けが一切ない愚痴垢の下劣ツイートが大量に出てくるのだ。ミューワード等で対処…というわけにもいかないので毎回そのままユーザーブロックしている。

どうやら私が好きになったゲーム愚痴垢界隈は酷い人が多いらしい。全く晒し対象にならないのでは?ということも晒す同調されることを目的としたツイートをする。見ていて気分が悪い。

かに消費者庁コラボ運営にも悪い所があることは私も知っている。それを理論的に追求する愚痴垢は消費者として真っ当なことをしていると思える。

しかしこのような他人を巻き込む発言を行う悪質な愚痴垢には即座に消えて欲しい。

なあツイステッドワンダーランド

2020-08-28

おすすめvtuber

今日配信見てたがホロライブのラミィって子が可愛かった

他のvtuber下品だったりギャップの落差で過激リアクションを取ってくるから嫌いだったけど、

叫んだり台パンしたり

トークの組み立て方が論理的だし下品下劣なやつらが蔓延らずにこの子が伸びる環境であって欲しいな

anond:20200828110008

つーかキリスト教同性愛嫌悪というより性自体嫌悪していて

セックス子供を作るために仕方なくやるもの」だから

子供が出来ない同性愛絶対悪扱い

女性差別も激しいから、「女性男性人間)を堕落させるもの」扱いだったわけだが

日本だと性嫌悪あんまないけど女性嫌悪はあるから

女色下劣男色尊い」って発想で衆道なんかが推奨されてた

2020-08-27

anond:20200827133053

ええ!?

豚に子供がいるの!?

匿名安全圏が確保されているをいいことに、人間動物に例えてののしる品性下劣

その証拠インターネットに半永久的に残してしまう浅はかさ。

2020-08-21

EpicGamesのゲーム政治利用が許せない

(この日記の内容はすべて投稿者感情です。倫理法律には詳しくありません。)

ゲーム政治利用したEpicGamesへの憤りが収まらない。

 

 

AppleとEpicGamesのストア利用手数料をめぐる係争が一週間ほど前に勃発した。自分はどちらの言い分にも一理あると思って、法廷で存分に争って決着をつければいいだろうというところで意見が落ち着いていた。

 

 

しかし、今日、FortniteでAppleを腐ったりんご揶揄したイベントの開催が通知された( https://www.epicgames.com/fortnite/ja/news/freefortnite-cup-on-august-23-2020 )。私はこれが許せない。Appledisたことについてはどうでもいい。争っている相手関係ない。自分が許せないのは、多くの子供も遊んでいるゲーム政治的プロパガンダに利用したEpicGamesの、ゲームエンタメ会社としての下劣倫理観だ。

ゲーム人間感情を強く揺さぶものであり、だからこそ楽しく、多くの人をひきつけている。その感情への影響力の強さは魅力であると同時に、危険でもある。ゲームは非常に強力なプロパガンダの道具として使うこともできる。ゲームの強力な感情作用平和な遊びに留まっているからこそ尊い。そこに企業や国の政治的思惑が介入したとたんに、ゲーム卑劣感情操作プログラムに成り下がる。

 

 

TwitterApple1984年CMパロディ動画アップロードしていたのはまだ許せた。SNS政治的主張をするのは問題ない(ゲームキャラクターを使った動画だった事が引っかかってはいたが。例えば、企業係争についてマリオが主張してたら最悪だと思うけど、同じようなことをEpicGamesはやった。)。だが、ゲーム内にまで企業係争を持ち込んでプロパガンダを行うのは、ゲーム運営会社としてやってはいけない一線を完全に超えている。

 

 

EpicGamesがやったのは、子供が遊んでいる砂場に遊び道具に見せかけたピストルを持ち込んだようなもので、ゲームを遊んでいるだけのつもりの子どもたちは、EpicGamesのせいで知らず知らずのうちに政治的係争兵士にされる。

 

 

企業目的が金儲けである以上、他企業との争いは避けられないが、そういう大人の事情コンテンツ本体の中には持ち込まないのがエンタメを作る会社としての最低限の倫理観ではないのか。

 

 

将来子供ができたとしてもEpicGamesのゲーム絶対に勧められないし、自分政治介入があるゲームで遊びたいとは思わない。Fortniteは少しやったこともあるが、さっきアンインストールした。ゲーム政治利用するEpicGamesの衰退を願っている。

2020-08-18

anond:20200818095448

こんな品性下劣なこと考えてる腐女子は滅されなければならないと思います

2020-08-17

青識さんが正論を書いている

ヘイトスピーチ表現の自由とする青識さんとは思えない正論

論敵の容姿揶揄してせせら笑うの、ミラーリングではなくて自分下劣なだけですよ。

https://togetter.com/li/1577231

ただし以下のようにも発言している。

フェミニストというだけで、こんなにもひどい中傷が行われた」という主張をわざわざ裏づけ、被害者ポジションを強化するだけで、フェミニズムに対する正当な批判イメージをも貶めているだけです。

この発言からイメージ戦略意識しているように読み取れてしまい、少し不安がある。

表現の自由側には自浄作用があるが、フェミニスト側には自浄作用がない」というレッテル貼りを次の戦略にしているのだとしたら、やっぱりいつもの青識さんだとなってしまうからな。

2020-08-16

anond:20190907000630

これは自分体感の話だけど、男同士が親密な描写嫌悪感を抱く人は性別関係なく一定数いる(体感半々くらいに思う)のに、女同士の親密な描写に対して嫌悪を示す人が圧倒的に少ないのはなんで?自分の周りだけなん?

最近はそういうのがもう社会的に少なくなってきてテレビとかで取り上げられたりしてる時代だけど、やっぱり腐女子受け〜ホモ〜って言葉は耳にするし大抵は小馬鹿にしてる。でも百合豚向け〜レズ〜っていうのは聞かないし、基本かわいいで済ましてる気がする。どっちも同性愛なのにこの扱いの差はなんなんだろう。

自分考察した結果、

腐女子受けとされる描写はかなり露骨

(これは詳しく調べてないので完璧憶測性的露骨描写なら生理的に受け付けない人も多いと思う)

インターネットでの腐女子のよくない言動が原因?

 (今の時代やってたら炎上するもの。虚言疑惑ツイート晒すアカウントがバズってたのを見たことがあり、名前から腐女子狙い撃ち目的に感じた。そんなアカウントが作られてるということは昔から目に余る言動が目立ったのでは?俗に言う民度の違いも含む)

・男なら馬鹿にしていいという空気

(そもそも男に関する下ネタギャグとしてある程度受け入れられているように感じる。また自分はウケを狙って自分下ネタエピソードを自ら話すのは圧倒的に男に多いイメージを持っている。それに対して女に関する下ネタは、それを言った相手下劣イメージを抱いたりあまり大っぴらと話すべきではない大人の会話、というイメージがある。これは自分の周りだけ?)

想像力が足りないので3つくらいしか思いつかなかった。

今回のことはふと思ったことだかけど、悲しい話は辛いので今後は差別ではなく区別されればいいなと思った。おしまい

2020-08-05

anond:20200805214612

なんか『ガキが興味本位で軽々しく訊くんじゃねぇ!品性下劣だ!』て、妙に怒ってくるヤツいるよなあ、親に限らず同世代とか年下でも。

なんか、ソイツの信条的に許せへん地雷を踏んだんやろなあ、と哀れに想うことにしとるやでワイはそんな時。

2020-07-29

癇癪起こしたい

理性と羞恥倫理観があるからこそ我慢できるが、元々気が短く何にでも苛立ちやすいせいで、喉元まで癇癪が出かかっている私はきっとキチガイの類

社会的地位の為に我慢をし続け苛立ちを押し込めた結果、胃をやってしまった

自分激情自己中毒に殺されそうだ

ああ、いっそ目につく奴全てに殴りかかりたい、地面の上をのたうち回りながら下劣な事を大声で叫んで泣き叫びたい、着てる服を破り捨てて投げ捨てたい、目に映るもの全部殴りかかって壊したい

クスリ激情を消せるなら劇薬でもいいから飲んでやるよ

2020-07-26

増田がやめられない

めちゃくちゃ下劣書き込みばかりなのに

なんか安心するんだよな

anond:20200726111750

下劣なことや不謹慎な事では人は死なないからです

誹謗中傷自殺した?それはその人の心が弱いから、我々に責任は無い

anond:20200726111750

ドブ川以下の品性下劣すぎる倫理観でクソみたいなコト抜かしてるのに

はいブーメラン

品性疑うような下劣な事や不謹慎な事抜かすくせに

殺すぞと言えば「はい殺害予告!!!通報!!!投稿者情報開示!!!!!!!!」ってやる日本ネットコミュニティには溜息出る

「殺す」よりもひどいこと言ってんだろお前ら、「殺す」って言葉のほうがもはや悪口や脅しとしてのランクが低いわ

なのに殺すとか生命活動を止めるとか死なせるとか、そういうワードにだけ過剰反応して取り締まる

ここもだぞ?普段からドブ川以下の品性下劣すぎる倫理観でクソみたいなコト抜かしてるのに、「殺す」とかだけには過剰反応して削除や通報

2020-07-21

anond:20200720141741

この「フォロー」のされ方したら俺なら死にたくなるね。こういう品性下劣人間をことごとくはったおせるわけでないので大体愛想笑いありがとうございますしないといけない。これは本当に孤独で辛いこと。

2020-07-09

いま小学生でいたかった

俺の行ってた小学校は本当にくそみたいな場所貧困家庭出身バカ児童養護施設暴力的クソガキと軽度知的障害者しかいなかった、誇張ぬきにまともなのは俺だけだった、なんせ学年全員合わせて8人しかいなかったからな、うち4人が施設出身だ、本当にいやになる

あんなとこに通ってばかどもと一緒にレベルの低い授業受けるくらいなら家でネットでも見てる方がよっぽどよかった、教科書ちょっと読めばあのくそ環境での授業くらいの効果は得られるよ、誰だって得られる、ひらがなすらまともに読めんばかが詰まりながら音読する時間とか授業中に突然立ち上がって廊下に出ていくきちがい相手をするため先生がいなくなる時間なんかがないからな、30分あれば30分本が読める、それが学習環境ってもんだ

今のガキはいいよなあ、学校がナシになってさ、リモート授業だってよ、そりゃあいいよ、俺も何十年か遅く生まれてりゃあよ、今ごろにこにこしながら家で授業うけてるに違いないよ

田舎に住もうなんて考えないほうがいいぞ、田舎に住んでるやつらってばかばっかりだよ、貧困で、貧ゆえに鈍した、品性下劣の、最低なやつらばっかりだよ、クラスメイト8人のうち6人までが中学生の時点で万引き喫煙ポイ捨て常習犯になってたんだぜ、あんまりだろう、俺はあの環境以外で育ってたらいまごろもっとずっとマシな人間になってたよ、これは誓って間違いない、俺の人間性を貶すやつはな、あの環境で育ってみろって話だよ、話が通じるやつがいない、休み時間には暴力が飛び交い、毎日のように連帯責任で叱られる、そりゃあ人嫌いにもなるというもの

いか田舎に住むんじゃないよ、都会にだって馬鹿はいるだろうが、クラス全員馬鹿ってことにはなるまいよ、数は保険なんだよな、馬鹿ばっかりじゃ子供は歪むぜ

いまの小学生がうらやましいよ、ほんとに生まれ時代を間違えた

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん