「大将」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大将とは

2018-11-20

11】2018 晩秋広島博多別府

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181120233347





6日目



また来んしゃい、博多


ゴミ分別ルームフォンがわり兼wifiルーターとして貸与されたスマホの充電プラグへの接続をすませれば、部屋を出て施錠するだけ。

民泊の宿のチェックイン手続きらしい手続きもなく、簡単だ。

2泊の間お世話になった、この自由度の高い1ルームのおかげで、福岡滞在は快適そのものだった。

今日は今回の旅行最後目的である大分別府へ向かう。

再びのバス移動になるが、2時間足らずの乗車なら身体への負担も大きくないだろう。

疲れたとしてもちょっとなら、温泉を楽しむのに丁度いい。

その前にまずは出発前の腹ごしらえをする事にした。


11:00、正午前の陽射しを浴びながら開店直後に入った鶏肉料理店「とりまぶし」では、お兄ちゃん炭火の前で鶏をやいていた。

席について、カウンター向こうにあがる煙をみながら博多水炊き御前を注文。

昼に食べるものとしてはヘビーかと思ったが、福岡では食べたいものが多すぎて、短い滞在ではこのタイミングしかない。


運ばれてきた水炊きは、旨味たっぷりだが脂も少なく塩味も優しい上品な味わいで、胃の中にスルスルと入っていく。

カウンターの端では、目黒に住んでいるという男性若い大将が「博多で回るべき美味い店」について談義を交わし、反対の端には韓国から来たカップルが、店の名物とりまぶし御前」を突いている。

やはりこの街に来る人は皆、うまかもんを求めて来るようだった。


博多バスターミナルに着いても食べるべきものはまだある。

小麦と卵の生地を鯛ならぬムツゴロウの型に流し込んで焼き上げる小食、「むっちゃん万十」だ。

キヨスクの様な素朴なカウンター越しに一番人気の「ハムエッグ」を注文すると、紙に包まれ暖かいまんじゅうが供される。

180円。

縄文時代の出土品を思わせる素朴な造形のそれにかぶりつくと、「駅前で片手で食うもの、かくあるべし」という味がした。

これがこの旅での福岡最後食事だ。

質も量も豊かな食文化東アジア玄関空気、暖かくも繊細に計算された美意識

初めて訪れた福岡博多日本の南の中心地として相応しいと思われる街だった。


【12】2018 晩秋、広島・博多・別府 6日目|大分:ローカルな静寂 へ >>

【8】2018 晩秋広島博多別府

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181119232603




博多:うまかもんと民泊の宿


新幹線の中でこの旅行記を書いて、ふと現在位置をチェックすると、もう九州に入っていた。

乗車時間については聞いていたが、やはり驚くべき速さで、下関関門海峡も気付かずに通り過ぎてしまった。

また、速さ以外の感じるのは乗り心地の良さだ。

高速バスはもちろんのこと、国内線航空機比較対象に含めても、この余裕と安心感は飛び抜けている。

北海道新幹線時間費用航空機勝負になるのかという議論があるが、新幹線に乗っての感触は「札幌まで延伸すれば、これは勝負になる。

ちょっと時間が長くても、リラックス感が比較にならない」だ。


13:27

人生で初めての九州博多新幹線の到着ホーム空気が暖かかった。

同じ日本でも、ここまで南に来ればやはり気温が少し違うらしい。

博多の駅を降り、駅ビルを歩いていると目に飛び込んでくる福岡ソフトバンクホークスタイアップキャンペーン

昨日まで、水族館ですら広島カープ関連の掲示をたびたび見てきたので、日本シリーズのタイムリーさもあって面白かった。

それにしても、駅ビルから繋がるフードコートで、すでに豚骨スープ匂いがする。

フードコートを前にしているから当然なのだが、なんだか「ほれ、食ってけ食ってけ」という食べ物の圧が強い。

試食に誘われ、ゆで卵さつま揚げを買い求める。

美味い。

博多はどうやらイメージ通り、美食の街だ。


博多での宿泊民泊の宿を利用する予定だった。

民泊自体初めてだったし、宿泊施設から離れた事務所チェックイン手続きをするのも初めてなので「施設手続きハードコアな面がある宿だったらどうしよう」と少し不安になる。


少しだけ所在に迷った末にたどり着いたチェックイン事務所は、想像していたような「マンションの一室で鍵を渡される」という怪しげなものではなく、スマホアイテム売り場の様な今風のスペースで、20代前半と思しきスタッフPC画面やスマホを覗いてチェックイン手続きについて説明するライト雰囲気だった。

重苦しさもない代わりに重厚さも感じられない空間に、逆の意味不安になる。

チェックインについて説明してくれたのは、小柄でマッシュ金髪青年だった。

ホテルマン職業的柔和さのカケラもない伏し目がちの説明に「大丈夫かな?」と一瞬訝しんだが、説明不明瞭な点はなかった。

と、自分のすぐ隣で、別の宿泊客に対して、スタッフ早口韓国語宿泊システムを捲し立てている(様に聞こえる)。

ネイティヴでないとあり得ない流暢さだ。

民泊の宿は外国人に人気の様だが、そうか、この宿は運営韓国人スタッフによるものなのかもしれない。

金髪の彼も実は韓国人であるというなら、日本語の説明職業的ニュアンスがなくても何となく納得だ。本当のところはわからないが。

ともかくこれ以上は宿に行ってみないとわからない。

スマホで決済を済ませた後、彼から鍵の扱い方や諸々の注意をきき「はいよろしくお願いします」という別に意図したわけではないが実に日本的な挨拶をして部屋に向かった。


宿に到着し、実物をみて驚いた。

事務所での説明で聞いてはいたが、部屋はロフト付きワンルームで、バストイレ別、キッチン洗濯機である

1泊当たりは9,500円ほど。

昨夜の宿に比べれば2.8倍ほどのお値段だが、貸与された空間は5倍はあり、リラックス感については比較にならない。

いや、前の宿が悪いというより、今まで体験した全ての宿泊施設の中でも次元が違う気楽さと安心感だ。

色々勝手に動きたい自分にとって非常に性に合っている。

民泊について色々法的な難しさもあり、ここもそう言ったところにクリアなのかどうかは分からないが、この宿泊スタイル需要存在については確信めいた感覚を持った。


17:00

宿でシャワーを浴びた後、食事をする為に最寄りの繁華街天神に向かう。

宿泊施設とはいえ民家なので住宅街にあり、駅までやや遠いのだが、全く問題は感じない。

少し歩き、西鉄大牟田線の駅から天神行きの列車に乗る。

降り立った天神駅前は、仕事帰りのOLビジネスマン学生で賑わっていた。


天神では、BRUTUS 2018 7/15号 「福岡の正解」のレコメンドに従って、魚定食の「味の正福」で夕食を取ることにした。

少し探した後にたどり着いたそこは、写真では厳粛な料亭の如き写りようだったが、実際は素朴で親しみやすい小ぢんまりとした店だった。

写真にまさに写っていたカウンターに案内され、「銀だらみりん定食」を頼む。

広島博多では「機会あらば食ってやる」という気持ちで旅立ったが、地域名物巡りでありがちな炭水化物攻勢にやや疲れてもいた為、柔らかで滋味深い魚定食は有り難かった。

と、しばらく銀だらを突いていると、カウンターのなかで忙しく動き回る大将が、女性客の料理の味に関する素朴な疑問に、料理工程のコツを講釈する形で答え始めた。

曰く、だし巻き玉子は水分を入れすぎると調理が難しくなること、ふんわり仕上げる為に弱火はほぼ使わない事、返す時に卵の破れを防ぐ為に火を止めるなり遠ざけるなりした方が確実である事。

いい事を聞いてしまった。

今後活用していこう。

旅行でこの様な知識を得られるとは思ってもみなかった。


味の正福を出て、夜の天神の街でもう少しグルメを探そうかとも一瞬思ったが、まだ19:00前とはいえ定食で丁度いい具合に腹も膨らんだし、初日バス移動で悪化させたのか以前に痛打した肘が痛んできたので、ドトールで少しだけ甘いものを食べながらこの旅行記を書いた後、宿に戻ることにした。

半端な時間なので、夜遅くにまた腹が空きそうではあったが、コンビニによってカップ麺でも買えば大丈夫だろう。

旅行にいってホテルカップ麺を食べるというのはどうも侘しい感じがしないでもないのだが、何故かそれが行われるのがワンルームの部屋だと、むしろ癒しリラックスタイムの様に思える。

ひととき緊張感から解放されて、明日また、思う様 福岡の姿をこの目で確かめよう。


【9】2018 晩秋、広島・博多・別府 5日目|5日目 ほんとにひと玉でよかと? へ >>

2018-11-02

将棋投了図って

敵の大将の首は取ったものの城攻め中に金銀の重臣戦死してるし、自陣もだいたい崩れてるし、国力的には負けてたりする。

次の瞬間敵の生き残りが新しい王朝を立てて逆に滅ぼされそう。

2018-10-31

anond:20181030213017

作中、紅緒は本当によく「少尉」という言葉を口にする。二言目にはそれだ。

このおてんば娘は作中のセリフの大半が「少尉!」なくらい連呼なのである伊集院少尉のいるシーンでは脳内その声でいっぱいなのだ。声の表情というか、演技が本当に良かった。

大将以外で初めて知った(まあ分かってなかったが)軍隊階級が「少尉」だったなあ…。

と、しみじみしかけたが『プリンプリン物語』の「軍曹」が先だったかもしれない。

ガンダムは見てない。

2018-10-09

anond:20181009132329

「俺はジャイアンツ 若大将」はどうだい?

唐突に「俺はジャイアンガキ大将」とか言い出したらそら何いってんのって気になるわ

2018-10-08

戦争って思想ブラック企業

キングダムアニメ見てるんだけど、中国の昔の戦争時代テーマ作品なわけ。

で、言ってることややってることや基本思想がなかなかブラック企業なわけ。

命張ってでも大将守ることが偉い、みたいな。

ここまで来て誰も逃げたりしないですぜ、みたいな。

命危ないんだから逃げればいいのに!ってなる。


キングダム自体おもしろいんだけど、ブラック企業的な価値観がたまに辛い。

もちろん創作から実際は絶対こんな感じじゃないと思うし

戦争時代戦場に集まった人間の考え方なんだから、偏りがあるのもわかるんだけど。

個人より全体の利益を考えて、個人を押し殺し全体のために動く感じが辛い。

死を無駄にしないために振り返らず前へ進む!みたいな感じも。


日本現代に至るまで戦争思想残ってるんだろうなと思う

会社のために死ぬまで働く感じが・・・

嫌々ながらも実際そうしてしまう時点で・・・

文化として根付いてしまった洗脳はなかなか解けないんだなぁ。

70年近く経っても。

2018-09-25



ツイッターによってアベ批判トレンドから削除された!」

って左翼が騒いでるの、この仕組みかー

2018-09-13

anond:20180912222855

条件が緩いので、これなら初期の『風魔の小次郎』(車田正美漫画)も当てはまるんじゃないかと思ってしまう。

 

どおくまん暴力大将』の少年院編もこれでいいよな、と思った。

 

2018-09-10

目の前で痴漢があったとき対応

地下鉄痴漢の瞬間を目撃した。

加害者、イキってる感じの小学生男子。3〜4年生くらい。3人連れの大将みたいな坊主

降り際に2人連れの地味めなJC2くらいの制服女の子の尻をガッと触っていった。

痴漢行為であることは確定でいいと思う。どう対応するのがよいの?

2018-09-06

ペンギン・ハイウェイ☆☆

ガキ大将視点ではパンツが見えてます

メインヒロインのウチダ君はずぶ濡れになってもパンツは死守しました。

現実的に見えるべきだったシーンは海初見時にハマモトさんがむこう側でしゃがんだところですが残念ながら見えませんでした。

お姉さんの部屋で干してあるやつならワンチャンと思いましたがダメでした。お姉さん自信も鉄壁でした。



今日デトックスペンギンアデリーペンギン動物園で見れるのはだいたいフンボルトペンギンですわ!





パンツが見えなかったので星2つですわ!パンツが見えなかったので星2つですわ!

2018-09-05

anond:20180905211852

敵は安倍じゃなくて今井だぞ。まだ気づいてないのか。大将空っぽ操り人形からこそ強いのが安倍政権。

2018-09-02

anond:20180902140322

町の寿司屋いいよ。俺は喫煙者なんだが町の寿司屋ならOKという所が一杯あってよい。個人店の大将コミュ力お化けなのでトークを楽しむ事もできるし、逆に一人で行って無言貫く事もできる。数年前、池袋だったが店の座敷を看板犬のチワワが駆け回る変な寿司屋があって最高にハードコアだと思った。犬を撫でたその手を洗う事なく寿司を手で貪り食う。案の定食べログで衛生的にどうなのかとか叩かれてて草。そういうなんでもありな魔境なので、ぜひ怖がらずに一回入ってほしい。そんなクソ高い店は今日びそんなないし、値段が気になるなら聞けばいい。

2018-08-20




遠子先輩が安倍信者になってて悲しいわ

2018-08-14

やっぱりイケメンが好き!

不細工な男が嫌いだ。正確には最近、嫌いになった。

先日友人と二人で行き付けの居酒屋ご飯を食べていたら、隣の男二人組が相席を求めてきた。一人は塚本高史のようなチャラ男イケメンで、もう一人はドランクドラゴン塚地のような不細工男性だった。暇だったのと、ご飯代を出してくれると言うので話しに乗ることにした。二人組は33歳。私達よりも9歳年上だった。

チャラ男は見た目通りチャラかった。塚地似はそんなチャラ男のチャラいエピソード自分モテなさの比較で笑いを取っていた。そして、今まで自分女性にどんな酷い目にあってきたか話すので、同情してしまい、いい人だと思った。

飲み会が終わり、LINEFacebookを交換し店を出た。家に帰るとLINEが来てて、チャラ男からはまたご飯行こうとシンプルなお誘いメッセージ塚地からは私の容姿を大げさに褒めるメッセージと一緒に今日の楽しさの感謝メッセージがつらつらと書かれていた。何回かLINEを往復したが、塚地からは誠実でまめで優しく情熱的なメッセージが何通も届いた。うっかりときめいてしまご飯に行く約束をした。

ある日、一人でその居酒屋ご飯を食べに行った。大将とは顔見知りでカウンター席で話していた。チャラ男塚地似も常連らしく、大将にこの間のことをからかわれた。そして、塚地似には気をつけろ。といった。

塚地似は女癖が悪く、出会った女にまめに誠実そうに口説き、何回かセックスした後に捨てるという事を繰り返しているらしい。女は最初の誠実さと酷い仕打ちに耐えられず、高確率メンヘラ化するらしい。それだけならまだしも、3ヶ月前に上司の娘と結婚したばかりだという。それなのに、女癖は治るどころか酷くなっているらしい。

話しを聞いて引っ掛かりそうになった自分に情けなくなったし、塚地似に猛烈に腹がたった。不細工なのに調子に乗っているからだ。不細工から誠実さを抜けば不細工が残るだけ。誠実で真面目であるからこそ不細工にも恋愛享受できる権利が与えられるのではないか。と思った。

大将いわく、チャラ男の方は彼女がいないときは色んな女の子に手をだすが、彼女がいるときは一途だそうだ。

イケメンはチャラくても良い。イケメンなのだから。遊ばれたって顔がよければ納得できる。

誠実なフリした不細工は許せない。性欲が有り余った不細工は一人の女で我慢できないのなら24時間オナニーしていればいい。

もう二度と不細工な男の誘いには乗らないと決めた。誠実そうでまめな不細工は遊んでいるし、誠実でもまめでもない不細工には存在価値など無い。

2018-08-13

anond:20180812225011

喜国雅彦の「傷だらけの天使たち」の四コマにこんなのがあった。 <h3>o- **</h3>

寿司屋大将「何、握りやしょう」

客「チンポ」

寿司屋大将下半身を丸出しにして、手でチンポを軽く握りしめる

寿司屋大将「次は何握りやしょう」

客「大トロ」←ネタが違うかも

寿司屋大将「ヘイ、大トロお待ち!」と、寿司差し出す

客「手を洗ったか?」

寿司屋大将(ギクッ)と青ざめる

anond:20180812225011

大将今日のまかないはサオの握りにさせてもらいます

2018-08-11

anond:20180811141229

総理が嘘をついて鉄骨会社も嘘をついて大臣陸軍大将教祖課長店長バイトも全員がうそつきの国で

なんで恋人にだけ言うの

2018-08-10

anond:20180810123802

「そこら辺のガキ大将みたいなもんだった」と「民主政治」がどう対応してんだよ

anond:20180810122924

ワイは歴史に強くないから知らんけど、ナポレオンとかも最初民主的政治の中から独裁してもええで」って選ばれてナポレオン皇帝となってヨーロッパ各地を荒らしまわったらしいで。

チンギス・ハンなんかも独裁政治に至る前は別にそこら辺のガキ大将みたいなもんだったらしいし。

というか、機能的に「独裁」にさせることでそれまで地方分散していた権力を一つに出来るから人民にとって内部衝突が起こらない(会社でもよくあるだろ。自分部署と他の部署で利害が一致しないことによっていろいろ揉めるの)ようになるので結構あるあるパターンなんじゃねえかな。知らんけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん