「なかよし」を含む日記 RSS

はてなキーワード: なかよしとは

2022-06-29

anond:20220629222518

少年漫画レーベルで連載しているか少年漫画ラブコメっぽい演出は入るんだけど、どうも作者さんのラブコメの基礎は少女漫画にあるっぽくてちょくちょく少女漫画的な演出がこぼれ出るんだよ

ただ少女漫画と言っても少女漫画誌で言えば「少女コミック」とかそういう高いレベル少女漫画ではなく「ちゃお」とか年齢層を上げても「りぼん」「なかよしレベル演出にしているっぽい

から悪女は出てこないけれど、宇崎ちゃんと仲の良い女友達とかは出てくる

あとちなみに補足するけど、宇崎ちゃんは遊びたい!の登場人物は圧倒的に男性比率が高いのもポイントだな

先輩、先輩の悪友のイケメン、先輩の悪友の三枚目、宇崎ちゃん女友達の親父であるイケオジ、宇崎ちゃんの親父、先輩の親父、宇崎ちゃんの弟etc...

作者さん女よりも男を描きたいっぽいよな!w

2022-06-17

anond:20220616140916

色々教えてもらったありがてぇ…サンデーあんまり詳しくないんだよな。


●忘れてた

からくりサーカスのしろがね(エレオノール)と鳴海。わたくしはルシールさんが好きすぎる方向性

ちょっと違うけど無論好き

ウィングマンのアオイさん 子供心にアオイさん派だったけどミクちゃんENDは致し方ない

ネウロヤコチャン 人間の成長と可能性みたいなのいいよなぁ

うしおととらのとら関連 かがりさん√も真由子√も好き…選べない

 やっぱラーマの姉(名前不明なんかよ)が本命ってことなんだろな

うしおととらのうしおパパとママ 過去編読む前からお父さん好きだったのだが、

 若いころめちゃくちゃイケメンビビった。なかよし夫婦すき

幽遊白書

 そうだ!ぼたんちゃん好きだわ。蛍子ちゃん応援して、同僚応援して、いいやつすぎるだろ。

 幻海と戸愚呂弟いいよね…


映画Redブルース・ウィリス目当てで見たけど、紅一点の凄腕スナイパー・ヴィクトリア様が素敵すぎた。

 ヴィクトリア様はマフィアのおじにベタ惚れされているのだ。

 これは主人公(60代)の彼女(30代くらい?)がちょっといらんかった…。ヴィクトリア様ワントップでいいだろ!!!

 2だと イ・ビョンホン演じる若造ヴィクトリア様がバディ組むので大分該当している。

 あとおじいちゃん共どいつもこいつもめちゃ可愛い(これは1の方が可愛い

コブラとレディ

 まぁ、相棒なんだけど、一応過去レディ人間時代恋愛関係にあったので…。でも大好きだよ。

●その他

ザ・ファブルの洋子

 漫画広告で気になってたからこの間、金曜ロードショー見たけど実の兄弟じゃなくてびっくりした。

 いい相棒キャラっぽいよな。映画アクションよかった。

化物語の忍

 好きじゃないわけがない。普通にガハラさん派ですが。羽川、可哀そすぎてみてらんない…。


●ええーってなったやつ

ウォーキングデッドリックとミショーンくっついたやつ

 ええー…。でも、リックの息子のカールとミショーンコンビとか、

 ダリルキャロルとか、ジュディスとニーガン いいよね いいよね

2022-06-13

anond:20220613224748

真面目に聞きたいんだけど学校社会科の授業ちゃんと受けてる?

政治はみんなでなかよしこよし、悪口やひどい言葉かいはやめましょう!みんなにやさしく親切にしましょうねごっこじゃないんだわ

アベノマスクしろ何にしろ政策直視してそれのみで評価しないと。

また政治道徳混同してる奴がいる。欧米なら幼稚園児でもそんなヤバい奴おらんで

2022-06-07

昔のクレヨンしんちゃんネネちゃん

もえPの『なかよし女の子といっしょに餃子つくるだけで終わる』回を見てブチキレるというネタがあったけど

あれはきらら系の日常アニメに対する皮肉だったんやろうか・・・

2022-05-25

で、結局のところ弱者漫画

褒める以外禁止、みたいな

なかよし学級的な目で見ればいいいのか?

2022-05-09

anond:20220508162335

ドラマ「でいい」とかが無い。

漫画の方が上位で素晴らしくて特別、とかいう雑な思想ものの良し悪しを決めてはならない。

 

ドラマでできることを漫画でやっていいし、漫画でできることをドラマでやっていい。

ハリウッドみたいなストーリージャンプでやっていいし、なかよしみたいな深夜ドラマがあっていい。

面白ければいい。

2022-04-16

月曜日ハゲ」なら表現の自由戦士確実にブチギレてるだろ

もしも日本で、「ハゲ盗撮」「ハゲ触り」という行為社会問題になってて、

電車内でも「ハゲ盗撮」「ハゲ触り」が多発してて、

でも女性を中心に「ハゲバカにして面白がる」のが、DLsitepixivananちゃおなかよしりぼんといった多媒体で楽しまれてて、

DLsitepixivだと「ジャンル:ハゲいじり」で検索できるくらい人気になってて、

そんな中で「月曜日ハゲ」っていう漫画ハゲいじり漫画の一つとしてあったとして(脱毛症の人に「よく頑張ったね毛母細胞」ってLINE送って楽しむみたいな内容)、

朝日新聞で「月曜日ハゲ」っていう漫画広告が一面に出てたら、

その広告脱毛症の人が頭を抑えてる絵が描かれてたら、

表現の自由戦士確実にブチギレるだろ

2022-03-02

anond:20220301225450

ほい。独断偏見記事と筆者が自分で言ってるけど、よくまとまってるぞ。

https://s.inside-games.jp/article/2019/05/03/122079.html

https://s.inside-games.jp/article/2019/05/06/122094.html

https://s.inside-games.jp/article/2019/05/07/122116.html

個人的にはセラムンでうっすら百合色を感じたのはウラネプ登場よりセーラージュピター登場の時だな。背が高くて正義感強くてカッコいい憧れちゃうという第一印象だったろう。じつはむしろ家庭的なキャラなのだが。

当時、リアタイで『なかよし』を読んでいたが、『聖ルームメイト』っていう漫画が載ってて地味に百合だった。主人公ルームメイト性別不定で男になったり女になったりするやつ。

2022-03-01

anond:20220228215357

たまには吉屋信子先生のことも思い出してあげてください……。


はいエスとか聞き及んでおります

 

ので、元記事では *近年の百合の勃興* と近代をつけさせていただきました。

少女文学少女漫画も、かじった程度でしか把握できていないのですが、エス小説系譜は少なくとも昭和50年代あたりではいったん途切れていた印象だったので、そう書かせていただきました。

 

コバルト文庫などの少女向け小説炎の蜃気楼なんて素敵にジャパネスクハイスクール・オーラバスター丘の家のミッキー破妖の剣姫神さまに願いを、など男性主人公だったり、女性主人公であっても男女の恋愛ものだったりで、マリア様がみてる刊行されるまでエス的な作品はあまりなかった印象です。

あ、でも新井素子さんの星へ行く船レイディとあゆみにはなんかそんな雰囲気があったようななかったような……。

 

少女漫画はなかよしりぼんちゃおいずれも、登場人物少女同士の友情はあっても友情まりで、恋愛対象はいずれも男性のものだけだった記憶です。

例えば、星の瞳のシルエットとか個人的には当時の少女漫画の名作だとは思いますし、香澄ちゃんと沙樹ちゃん、啓子ちゃん、真理子ちゃん親友ではありますが、親友まり百合とかエスとかの雰囲気も感じられないと思います

エイリアン通りやそのスピンオフCIPHER、ALEXANDRITEなどもエス的なお話はなかった記憶です。ただ、うっすらとBLちっくなものはあった気はします。

いずれも素晴らしい作品であることは間違いないですが、エスとか百合とかではないような。久しぶりに読み返したくなってきた。

 

なので、 *近代の* 百合の勃興となると、やっぱりマリア様がみてるになるんじゃなのでしょうか。

2022-02-18

怪談って、流行らなくなったよな

俺の小さい頃は怪談がすぐ近くにあったなあって思う。

トイレの花子さん口裂け女、丑三つ時の藁人形、赤と青(トイレで赤がいいか青がいいか突然聞かれて、赤と堪えると血まみれに殺され、青と答えると水で窒息死させられる)という都市伝説はおれんとこの小学生は誰でも知っていたし、ビビっていた。地獄先生ぬ~べ~ゴーストスイーパー、少女漫画でも小野不由美ゴーストハントがあったし(なかよし掲載とは思えない怖さ)、学校の怪談というシリーズものTVドラマ流行っていたよな。ムックガチャピンが出てくるポンキッキーズという子供向け番組でも、トイレの花子さんを題材にした怪談アニメをやっていて、今でも時々ネットではトラウマ回が語られたりしている

あの頃はガチビビってたなあ。今の子はそういうのは経験せず育っていくと思うと、おもしろ

2022-01-28

竹島にふれず日韓ゲーマーなかよし交流なんかありえないんだよ

給料上げず飲み会開いて何か報いた気になっている経営者と同じ

根本的なところをおざなりにしてるくせにうわべだけ善人面したがる

2022-01-24

anond:20220124213417

なるほど。

まぁ性の目覚めのタイミングトラバを見てもわかるとおり個人差があるとして、

増田本人はアンパンマンとかそういうのではなくって言ってるけど、漫画アニメグラデーションがあると思うんだよね。

増田が何歳かわからないけど、自分世代だとアンパンマンしまじろうがあって、忍たまサザエさんちびまる子ちゃんのような夕方時間帯のアニメがあって、ディズニージブリがあって、クレしんドラえもんがあって

本の方も、絵本があり、園児向けの雑誌があり、「小学○年生」があり、コロコロボンボンがあり、ジャンプサンデーマガジンリボンちゃおなかよしがあり…というふうに段階があるじゃん?(アンパンマンでさえドキンちゃんの恋心の描写があるからインプットされる価値観が「無」ということは無いんじゃないかと思う)

そして少年誌までくると微エロ枠だったり恋愛漫画枠があるけど、そこで描かれる性愛価値観と「お互い初対面で、こちらのことを好きではない女を、金で買う(風俗)」という価値観ってだいぶ離れてる気がするので、

そのへんについて男性達の心の中を知りたかったんだ。

増田意見は、それはそれ、これはこれ、という感じかな?

少女漫画しろ何にしろ、万人に合うものなんてなくない?

まず定義として何を『少女漫画』にするのかもわからないので、ここではざっくり掲載誌少女向けなのかを基本に話を進めていく。

(少女向けにも『りぼん』『なかよし』のような小中学生向けのものから高校生くらい向けの『マーガレット』、学生から社会人以降までの女性に向けてそうな『Kissz』『Flosers』などあって、たぶん元増田さんたちは、この辺もざっくりひとまとめに『少女漫画』としているようなので、私もそれに倣います)

当方、四十路オタ女(夢女気質)で、小学生の頃は『なかよし』派。特にあさぎり夕作品が好きで『なな色マジック』や『アイ・Boy』をバイブルに生きていました。どちらかというと強めの女の子・頑張る女の子自分の願望を乗せて楽しんでいたんだと思う。

中学校からは『SLAM DUNK』、『幽遊白書』のブーム到来でジャンプ鞍替えアニメで『ママレード・ボーイ』や『美少女戦士セーラームーン』を、ちょっと小馬鹿にしながらも毎週欠かさず観るというちょっとこじれた楽しみ方をしていた。いつかのセーラームーンED曲だった『乙女のポリシー』は、当時、元気をもらえたので今でも大好き。

高校からはどっぷりサンデー派。『名探偵コナン』や『らんま1/2』『俺たちのフィールド』『からくりサーカス』『GS美神』『パトレイバー』『ジーザス』。あの頃のサンデーが一番好きでした。(今も楽しい作品があるんだろうけれど、ちょっと追いついてない)

社会人になってから、まわりが「オタクから足抜けいたしやす!」とリアル恋人を見つけては、生身の男たちとの逢瀬の話を聞かされ続け、流されるように男の人と人並みに恋愛し、結婚。そして離婚した。相手にもいろいろ問題があったけれど、私自身まだ二十代前半で未熟だったし、それまで読んできた少女漫画の影響を受けすぎてて『自分献身的に尽くしていれさえすれば、相手も同じように(もしくはそれ以上に)愛情を返してくれる』と思い込んでいたのが敗因だったと思う。察してちゃんも入ってた。結婚生活必要なのは明確なコミュニケーションで「皿洗って」とか「誕生日には花をプレゼントして」とか、要望をきちんと言葉にしなければいけない。共同生活において気持ち要望言語化は男女ともに必要スキルなのだと全部が終わった数年後くらいに反芻してやっと理解した。それと共に恋愛ごとで自分感情コントロールできなくなるのがイヤでたまらなかった。ドラマ映画漫画恋愛フィクションからこそ楽しいのであって、自分人生実践するものではないなと痛感した。恋人から結婚生活期へと移行した段階で、自分がか弱いヒロインでいては生活が成り立たないことにショックを受けつつ、自分ソルジャークラスチェンジさせた。そうするとみるみるうちに配偶者は私を『オカン』として扱うようになって、『なんでやねん』と思ったものだ。実践できてる人もいるかもしれないけれど、私には恋愛結婚を両立させるのは無理だなと再婚した今でも思っている。(現夫との関係は「たまにセックスする親友」といった感じ)

そうやって再びフィクション恋愛冒険やバトルやミステリ世界に舞い戻った。結婚前との明確な違いは『少女漫画』が楽しめなくなっていたことだ。リアル恋愛をしてしまったあとではヒロイン王子役のディスコミュニケーションにいちいちツッコミ入れてしまい、どのキャラにも共感できなくなった。『俺様』とか『S系王子』とかに顔がいいだけの情緒不安定な男に振り回されるのなんてゴメンだし、恋人関係でもない男に壁ドンされたら即通報だ。いやいきなり通報はしないまでも「ちょっと、近いです」といって距離は取る。

全部が全部ダメになったわけではなく、『君に届け』とか恋愛を中心にしつつも女友達友情とか主人公の頑張りとか描かれている作品はやっぱり楽しい最近は『スキップローファー』が面白かった。

あと、『ミステリと言う勿れ』は恋愛を主軸にしてないし、男性でも楽しめるかなと夫にオススメしてて3巻くらいまで一緒に読んでいた。ドラマ化を機会に、続刊を一気買いしたんだけれど、ここ最近はてブ界隈を読んで「そうか男性には楽しめない内容だったか」と続きは私一人だけで楽しんでいた。

本棚で続刊を見つけた夫は「続きがあるなら教えてよ!」とぷんすこしながら続きを読み、10巻の最後でまんまと涙ぐんでるのを見て、この人と結婚してよかったな…と思った。それと同時に、楽しめる作品てやっぱり人それぞれだよな…と再認識した。

もちろん他にも夫にオススメしたけれど、ピンとこなかったらしい作品女性向け・男性向けともに何作かある。逆に夫にオススメされたけれど、私が楽しいと思わなかった作品もある。

まり、長文書いて何が言いたかたかというと、女性だってその時その時で読んでて楽しいと思える本は違うので、でっかい主語で『男性も楽しめる少女漫画』に楽しめなかったとしても、その作品、果てはジャンル全部を貶めないで欲しい。

それはそうと恋愛マンガ揶揄したコメディLOVELESS』、『月刊少女野崎くん』はちょっと読んで欲しいと思う。((『月刊少女野崎くん』はガンガンコミックなので、少女漫画の枠に入れていいかどうか迷うけれど)『LOVELESS』の方は、『ペケ』を描いていた新井理恵作品で、斜に構えて難癖付けたがる人には刺さることが多い。ここまでツッコミを入れてくれたなら、もう私にやることはないなと思わせてくれた。自分の中のモヤモヤ昇華され、憑き物が落ちたように、再び少女漫画世界を斜に構えながら楽しめるようになった。

楽しめなかったのならすまない。

『Not For Me』の精神で、自分の楽しめる作品の良いところだけを語って欲しい。

2022-01-15

女だけど少女漫画読めない

小さい頃から親がたまに買ってくるりぼんやなかよしを読んでは「全然面白い漫画ないな」と思ってギャグ漫画だけ読んでた

友達ちゃお読み出した時一時期一緒に買っていたけど動物漫画ギャグ漫画しかちゃんと読んでなかった

単純に自分恋愛漫画に興味ないだけ、と思っていたし恋愛そもそも興味ないかもなと思っていた。BLを読んでも合わないなとしか思わなかった。

しかし“女攻め”という女性向け女性優位のジャンルのことを知って「私が読みたかったのはこれだ!!」と思ったのだった

少女漫画ありがちな優しいだけで優柔不断当て馬と意地悪だけど引っ張ってくれるイケメン……当然結ばれるのは壁ドンなどの攻撃技を持っているイケメンである

私はそういう二択の時前者がいつも好きだった

優しくて頼りない男の子リードして照れさせたり喜ばせたりするヒロインになりたかった

しかし気が強い女の子でもここぞというところでは弱くなる……私はいつもそこで読むのを辞める

イケメンに愛していると囁かれることに萌えなかった

弱い男に嫌いにならないでと縋りつかれたかった

これを女攻めというのかと慧眼した

喜び勇んで“女攻め”で検索してみたところ、そのほとんどが「女攻めマジ地雷」か「女攻め展開はないので安心して下さい!」というフレーズばかり。

女性向けではまだかなりマイナーであり受け入れられない人も多いジャンルなのだった

男性向けMものマイナーな方なジャンルではあるがジャンルとしてちゃん存在していて羨ましい

女攻めと書いてあるのに最後に男が「今度は俺の番だな」と逆転して攻め出したり女にち○こ生えてて女じゃなかったりも非常に多く定義すら曖昧な始末

何が言いたいかというと女性向け女攻め増えろ

増えてください

女がリードしたっていいじゃないか

anond:20220115120504

なかよし』ならたまに読んでるけど、歴長いっぽい作家さんがレイプまがいの描写を平気でしている一方で、別の若い作家さんがウェーイ系イケメンキャラによるパワハラセクハラ描写否定する描写をしていて、ムラがあるように感じた。

2021-12-24

ちゃお少女漫画雑誌で「男の娘主人公を出してくる切込隊長だし、

なかよしPEACH-PIT先生とか、ご奉仕するにゃんとか、がっつり乳袋ぴちぴちピッチとか、萌え語源説のあるあゆみゆい先生(本当に萌え的に可愛い)とか、何なら一番萌え寄りの極北ですよ!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん