「注視」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 注視とは

2018-04-19

保育園に対する要求の違い

4月になり、保育園新規入所した児童。1月末頃から3月中旬にかけて、やきもきしながらやっと入った保育園

しかし、すぐに退園する人がいる。

理由はいくつかある。

ひとつは、保育園の質の問題

保育園によっては、実際に保育(預かると言えばいいのか)が開始される時点を明確にしている園もある。

保護者は園に入った瞬間に、保育士にお願いしたいと考えているが、保育士からしてみれば、保護者がいないか子どもを見るのが保育士だと考える。

まぁまぁ、と思う人もいるかもしれない。

しかし、万一事故があった際の、危険負担判断や、全員の保護者に同じことが出来ないことを特定保護者にだけにはしないという原則。(これをやると今度は依怙贔屓だと言われる。)

やさしさを見せた結果、過重な要求が始まることを経験した園、保育士ほど、上記の点は明確にしたいと考える。

ビジネスでも、危険負担は明確にした方が、いい取引が出来ることが多い。

もう一つは、保護者認識不足だ。

まず、「こどものため」と言えば、親だけでなく、保育士対応してくれると思っている。

そんなことは無い。保育士職業であり、ビジネスだ。

保育士保護者奉仕しなければならないというような、地方公務員法のような条文は児童福祉法や子ども子育て支援法には無い。

これは給料多寡問題とは別の話である

給料が上がったから、保育士ビジネスとして引き受ける以上のことをする必要が生まれるわけではない。

そして、保護者の一部には、入所した保育園を申込み前に調べていないケースがある。

調べるというと大層だが、ようは事前に見に行ったり、園のしおりなどをもらったりして、園のルール確認しているかという問題だ。

保育園は、義務教育でもなければ、保育士契約以上に働く必要はない。

しろ保護者企業営業担当のように売り上げ(この場合は入所すること)をあげることに注視するばかりに、該当する売上の契約内容(園のルールや園の雰囲気ハード面も含め)を確認せずに、契約してしまっているのだ。

もちろん、希望契約(この場合は入所)が自由にできないことにも問題はある。

しかし、仮に自由に入所できるようになったとしても、契約内容を確認していないで起きたことは、契約内容を確認したうえで契約しなかった保護者のせいになる。

少なくとも保育園側に非はない。(契約にある内容を不履行している場合は別)

幼稚園小学校中学校高校大学など他の施設子どもが通う(受験)する前に、どんな学校か調べたり、確認するのは、一般的なことだと思う。

子どもが小さくて大変なのは、重々承知なのだが、今一度、保護者には契約内容を確認することをお願いしたい。

契約内容に書いてない(園が言わなかった)としても、保護者意思通りになるわけではないことも合わせて知っておいてほしい。

通常、契約世界では、書いてないことや判断が付かないことは、「双方で協議のうえ決定する」と記載されている。

この場合、双方が対等と思う人もいるかもしれないが、ビジネス世界では、優劣が絶対にある。

現時点での保育でいえば、サービス享受側(保護者)とサービス提供側(園)では、園の方が基本的には強い。

保育園が余り始めたりすれば別だが)

そういった点も注意してほしい。

2018-04-14

[]

状況

庭における糞尿被害確認できなかった。よくよく

注視しなければ何とも言えないが。

 園芸活動

土いじりをやろうと思って花壇に近づいたとき

糞尿に気づくほど萎えることはない。苗だけに

萎え-----

しかもその糞尿の原因は増田にはなく、近所の

不埒な輩なんだよな。なんとも。

 雑記

当家侵入する個体は、おそらく2つ3つ。

数日に一度もしくは週に一度だ。

侵入したときに必ず排泄するわけでもないので、

糞尿被害の頻度は、1回/週程度と見積もられる。

侵入したときに確実にFを投与できる術はないものか。

2018-04-09

労働生産性を国で比較する意味ある?

それ仕事効率の話じゃなくなるじゃん

時間単位の売上でしょ? そりゃ変わるよ

 

注視すべきは自国通貨に対する労働生産性の推移じゃないのか

もちろんインフレを除いた計算

 

例えば「自国通貨に対する労働生産性の推移の国家間比較」なら理解できる

2018-04-08

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

中国国防費増「強い懸念」=小野寺防衛相

小野寺五典防衛相は6日の閣議後会見で、中国国防予算が増加していることについて「中国軍事力の広範かつ急速な強化や積極的海洋進出を進めている。中国軍事動向はわが国を含む地域国際社会安全保障上の強い懸念となっている」と指摘した。小野寺氏は「引き続き国防費を含めた国防政策注視するとともに透明性の向上を中国に働きかけていく」と語った。(2018/03/06-12:24)時事

しかし、安倍総理自民党事実上下部組織 JC日本青年会議所ツイッター「宇予(うよ)くん」で中国韓国を名指しし、「バカ二国と国交断絶、もしくはミサイル爆撃するど」としている。

また小野寺本人も昨年5・15フジテレビのユアタイムで「ミサイルは発射したあとに、撃ち落とすのは難しいんですよ。撃つ前なら確実に撃てる。国民の皆さんにぜひ知っていただきたいのは、発射したあとのミサイルも撃つ前のミサイルも同じミサイルだということなのです。」と敵基地攻撃、奇襲攻撃正当化している。

仮に北朝鮮ミサイルを発射する前に攻撃した場合、北がこれは人工衛星でしたと言い出したらどうなるのか。発射するつもりがないのに攻撃されたと主張されたらどうなるのか。そういうことを考えずにただただ戦争がしたいがために奇襲攻撃正当化するなど国民を守るためのものとは思えない。

これを聞いた自衛隊関係者・・・そんなこと言ったんですか。・・・

なお、この発言防衛大臣になる前だが、就任後もNHK日曜討論で同様の発言をしていた。

そして今度は「ミサイル防衛純粋防衛目的。」2018・1.16

安倍自民党の「純粋」ほど信用できないものはない。

結局小野寺は「中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」ということになる。

そして今度は自衛隊イラク日報問題。昨年3月から自衛隊海外派遣イラクでの日報のその存在を知っていたのに、防衛大臣に報告せず。

シビリアンコントロール問題であると同時に自衛隊最高司令官である安倍政権がまた区ガバナンスが効いていないことが浮き彫りになった。

安倍など自民党民主党政権時代、さんざん「民主党ガバナンスがない」と叩いていたが、産経新聞がよく使うところの見事なブーメランとなった。

安倍政権はどこまでも話にならない。退陣すべきだ。

2018-04-05

スタイリッシュなキミが好き

アニメキャラと服の関係について。

といっても、ヒロインありがちなアイテムの話は殆ど出てこないのでそこんとこヨロシク。

いや、自分も黒ニーソ好きだけど、今日書きたいことではないので。

しろヒロインじゃない女性キャラの話に終始する予定。


さて、服の分類方法は色々あるが、その一つにオンボディオフボディというのがある。

要するに体のラインを出す服か出さない服かという分類で、着用者の個性マッチする=似合うかどうかという観点で、大事な要素の一つである

まりどっちが似合うかは人によるってこと。

例えば筆者はオンボディ、つまり身体の線にピッタリした、なおかつ薄手で柔らかく装飾的な服が似合うおっさんなので、体型維持が人一倍大変だったりする。

まあ最近の服はストレッチ多用だからそんなパッツンパッツンにはならないけど。


そんな観点アニメキャラを眺めた時、主要登場人物がほぼ全員女子高生作品女性主人公に見かけるが、そうでないアニメ女子高生ヒロインや準ヒロインではあんまりたことないのが、服のオフボディ傾向だったり。

分かりやすく言うとゴワゴワ・モコモコ・ブカブカ・ざっくり・ゆったり・丈長・ワイドが似合ってるというか。

勿論全員が全員そうではないし、飽くまで自身観測範囲に過ぎないし、女だらけの作品であっても「おっぱいパンツしかないアニメ」は除外した上での話だが。

例えば平沢唯高坂穂乃果黄前久美子最近だと各務原なでしこや玉木マリとか。あとは西住みほ・保登心愛辺りも多分そうかな(あんまりそういう格好しないけど)。

ちなみにオフボディの服が似合う人というのは、男性だと骨太な男臭さで独特のワイルド雰囲気になり、女性だとこなれたカジュアル感が独特のスタイリッシュさを醸し出す。


一方で、男主人公女性陣が取り巻く構図の作品だと、主要な女性キャラは「線が細くてオンボディのAラインミニ丈がよく似合う美少女」か「ボン・キュッ・ボングラマーさんで、出てる所とそうでない所のメリハリを強調するアイテムを着こなす美人」のどちらかにほぼ集約されてしまう。

から上述の「ラフで気取らない魅力」はとても新鮮に写り、いつしか引き込まれるようになった。

なんだろうね、この健康的というだけでは説明しきれない、良い意味で「どこにでもいそうだけど、素敵な子」という感じは。普通ヒロインにはない女らしさに胸ときめくよ。


スタイリッシュな子からはじまる物語、これから注視していきたい。

2018-03-28

anond:20180325013649

そう言えばユーチューバーバーチャルユーチューバーちゃん動画たことがない


ニコニコ動画ゲーム実況なんかは流れてくるコメントがあるから「みんなで一緒に見てる」「自分はその他大勢の一人」感あるし、

実況者側もたくさんの人に見られていること、画面にコメント流れること前提で喋ってるけど

YouTube場合コメントが画面に流れないよね

動画に出るのはユーチューバーだけで、テレビ番組みたいに共演者や客席やスタッフがいるわけじゃないし

ネット動画ヘッドホンを付けてひとりで再生して見るものから

きっと動画投稿者出演者)も

「この動画を見ている人は画面の数十センチ向こうに座って一人で自分注視している」ことを想定して喋るんだろう、

ポプテピピックユーチューバーパロ回みたいに「そこのお前!今夜お前の部屋に行くからな!」なんてカメラ目線でこっちに向かって話しかけてくるんだろう、って偏見があって

私向けじゃないなと思って見てない

あんまりにも「一対一」の感じ出してこられたらキツい

私には話しかけてほしくない

そういうのは苦手だ

二次元でも三次元でも男でも女でも無性別でもケモノでもいけるけど自分が絡むのだけは気持ちが悪くて無理

私は可愛いキャラクターの住んでいる部屋の壁とか観葉植物でありたい

観葉植物になれる余地が欲しい

向こうがこちらに話しかけてくるならポケモングラブルみたいに話しかけられる側(主人公)のイラストが用意されていてほしい

もしくは「提督」「プロデューサー」など専用の呼び名を用意してほしい

そうすれば脳内で頭がTの白い軍服男に変換したり頭がPのスーツ男性に変換して話しかけられているのは自分ではないと思うことができる

からバーチャルユーチューバーが「お兄ちゃんお姉ちゃん)」「先輩」「ご主人様」とか言ってくれるなら見れるかもしれない


しかしたら私が知らないだけで別に視聴者に話しかけたりしないのかもしれないし、

のじゃロリ狐おじさんとやらは視聴者のことを「あるじさま」と呼んだりして、視聴者は妖狐と契約を結んだ霊能力者で彼女は主である視聴者と喋っているなんて設定があるのかもしれない

しかキャラクターが分かるようなファンアート等が観測範囲全然回ってこないんだよなあ

かと言って特に調べようとは思わない

(ないが多い)

2018-03-27

お前たちは学校に何をしてほしいのか

教職課程で教育制度並びに、教育を取り巻く環境などを学び始めてからずっと思っていることがあります

子ども学校に通っている保護者の方、これから子ども学校に入るという保護者の方、また、義務教育を受けたであろう国民の皆さん。

この日本において学校が果たすべき役割とはなんでしょうか?

基礎的学力を身につければいいでしょうか。マナーが身につけばいいでしょうか。英語ができればいいでしょうか。プログラミングができればいいでしょうか。夕方まで子どもを預かればいいでしょうか。給食が食べられればよいでしょうか。

極めて多様なニーズ学校には突きつけられている、というのが現状であると思います

少し話が変わりますが、世界学校事情を見ると、いわゆる”行事”と呼ばれるものが多く見られる日本学校は非常に珍しいです。

一時期、いまでもそうかも知れませんが、北欧教育がずいぶん持て囃されました。PISAという学力調査でよい成績が見られたためです。

その北欧学校事情はどうか。

例えば、フィンランド先生は午後2時か3時には家に帰ります

家に帰ってから、教材研究(=授業づくり)をします。とにかく授業づくりに時間をかけます教員仕事は授業をすることであると捉えられている。

日本で言うところの学校行事というものフィンランドではあまり見られません。

学校が「勉強する場所である」と明確に捉えられているのです。

授業づくりに時間をかけた結果として、よりよい授業が行われ、児童生徒の学びはより深いものとなります

いわゆるアクティブラーニング実践についても、質が高まり効果的なものとなるでしょう。

これが良いかいかは、わかりません。無論、各国で事情が異なり、学校に対する要請も異なるでしょう。

しかし、なにが問題かといえば、日本においてはその要請でさえ明確でないということです。

その曖昧さ故に、学校はいしかまりにも膨大な業務を課されるようになってしまいました。

小学1年生から中学3年生まで、子ども管理しているのはもしかすると親ではなく学校なのかもしれません。

もっと言えば、家庭でさえ、一教員が管理しなければいけないかもしれません。

言葉過激ですが、噛み砕いて言えば、「各児童・生徒が置かれた状況を把握し、その環境注視する」ということです。教員児童生徒の家庭まで覗くわけです。

そこで児童生徒の権利が危うい状況になっていれば対策を講じなければならない(あるいは関係各所へ連絡する等)。面談を行わなければならない。

ですが、教員一人に児童生徒が40人です。到底さばききれません。これがつまり教育崩壊であると思います

とある教師が「学校人格形成の場なんだ」と言っていました。勉強するだけじゃない。人が集まって、社会があるんだ、と。

その中で、ルールがあって、規範意識があって、規律があって、生活があって、社会があるんだ、と。

私も教員免許を持つ一人の国民として、よりよい未来のために、罪のない子どもたちのために、できる限り尽くしたいと思いますが、的が定まらないのは本当につらいことです。

我々がめざす教育はなんでしょうか、到達点はどこでしょうか。

官民を問わず、未だに労働環境が整わない中で、学校現場がどうにかなることも恐らくないでしょうけれど、例えば50年後を見据えたときに、どういった社会であるべきか、あるいはもっとハードルを下げれば、50年後の子どもたちが社会をどのように変化させようかと考えることができるようにするかということを、今私達が考えるのは、とても大切なことですし、それはまだ現実味があるように思えます

そのために、私は教師として精一杯頑張りたいと思うし、世の中の有権者諸君にも一国民として、そういったことを時々考えてほしいと思うところです。

さて、最後に申し上げたいのは、教員の質についてです。

世の中に「とても仕事ができる人」がいるように学校にも「とても仕事ができる人」がいます事務処理が早く、授業が上手く、児童生徒をよく見られる人がいます

しかし、そうではない教員もいます

ですが、どちらも大学教職課程を履修し、法令に則って教員免許を取得しています

人が各個人能力に差があることは言うまでもありませんが、教員にも無論、そういった差があります教育制度はそれを受け入れなければなりません。

まりは、国民もそれを受け入れなければなりません。受け入れたくなければ法律を変えるしかありません。

制度上、どちらも教員になってよいのです。

日本世界にある教育制度の中でも教員免許が容易に取れる、簡単教師になれる制度設計になっています(これは専門的な議論があるかと思います)。

そういった仕組みの中で、採用試験合格した教員が、ある程度”ゆとり”を持って職務遂行できるような環境ができれば、学校もっと良い場所になる気がしています

バリバリできる人しかやっていけない職場は明らかに持続可能性がありません。今の小中学校はそのとおり、行き詰まっています

複雑なのは、この上にさらに”臨時的任用教員”、”臨時免許”といった問題が絡んでくるからなのですが、それはまた今度にします。

もし、「とても仕事のできる教員しか教師として認められないのなら、日本教育行政はたちまち崩壊します。

47都道府県平等教育を行き渡らせなければいけないのです。

学校は、商社ではないし、大手広告代理店ではないんですよ。

からこそ、社会における学校役割をもう少し明確にして、業務を絞り、あるいは分掌して、様々な適性を持った教員能力を発揮できるような仕組みになってほしいと思うのです。

冗長文章になってしま申し訳ありません。

冷蔵庫缶チューハイが入っていて、よく見たら8%でした。

anond:20180327091643

トラバレスが酷いのですがどうあがいても陳哲郎というか糾弾側に理があるでしょう。

陳哲郎嫌いなのは自分ネトウヨなので一番理解していますが、この問題解決せねばならないのは政府が容易に官庁コントロールをして改竄我田引水をし、官庁官僚脅迫できるシステムのものであり、そこにネトウヨネトサポとして自民を守らなくてはいけない理念を入れちゃいけないと思うんですよね。

ネトウヨとしてこの一件を注視するなら政府無能たる面々と容疑者関係者全てに着目すべきでしょう。

ネトサポとしてこの一件を擁護するなら安倍アッキー無関係という路線政府秘書官を信用できず官庁コントロールができない無能だったと認めたうえで是正を願うべきです。

ネトウヨネトウヨたらしめるもの無能・外敵・内敵を排除するという排他的価値観で、そこに政治的右翼主義はあまり介在していないと思います

(上念や百田といったバカ共をネトウヨと考えている方が多いと思います、彼らもまたもちろんネトウヨではあるのですが彼らはどちらかというとアジテーター活動家区分すべきでしょう、三橋貴明のようにネトサポ崩れのネトウヨ活動家みたいなのもいますね)。

ネトサポ利権や力に依存したり信仰したりする方なので今後さらに強くなる為に工作する存在でがこれは純然たる工作員で、自民共産等暗躍している方が多いと思いますがこの一件に対する姿勢を見ればネトウヨネトサポかの判別がつくと思います

ネトウヨネトサポを同一視している人がサヨクパヨクブサヨ界隈で多いのですが、一般的ネトウヨたる人々は自民に阿る必要がないんですよ。

私はネトウヨとして自身無能だと告白した政府糾弾する側に立ちます

追記:創価?しねばいいのに。希望?ない。維新地方主義地方しか力無いのに国政で頑張ることできるの?これまでは消極的自民応援せざるをえなかったというだけです

2018-03-22

anond:20180322172843

うーん、難しいなあ

自動補間で大体コーディングするから何が表示されてるか注視しなきゃならないんだよなあ

あとUIも触るし

 

最近考えてるのはせいぜい読み上げソフトくらいだけど

見るページ半分くらい英語サイトなんだよなあ(リスニング力皆無w)

 

音だけでコーディイングしたいね

2018-03-18

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

中国国防費増「強い懸念」=小野寺防衛相

小野寺五典防衛相は6日の閣議後会見で、中国国防予算が増加していることについて「中国軍事力の広範かつ急速な強化や積極的海洋進出を進めている。中国軍事動向はわが国を含む地域国際社会安全保障上の強い懸念となっている」と指摘した。小野寺氏は「引き続き国防費を含めた国防政策注視するとともに透明性の向上を中国に働きかけていく」と語った。(2018/03/06-12:24)時事

しかし、安倍総理自民党事実上下部組織 JC日本青年会議所ツイッター「宇予(うよ)くん」で中国韓国を名指しし、「バカ二国と国交断絶、もしくはミサイル爆撃するど」としている。

また小野寺本人も昨年5・15フジテレビのユアタイムで「ミサイルは発射したあとに、撃ち落とすのは難しいんですよ。撃つ前なら確実に撃てる。国民の皆さんにぜひ知っていただきたいのは、発射したあとのミサイルも撃つ前のミサイルも同じミサイルだということなのです。」と敵基地攻撃、奇襲攻撃正当化している。

仮に北朝鮮ミサイルを発射する前に攻撃した場合、北がこれは人工衛星でしたと言い出したらどうなるのか。発射するつもりがないのに攻撃されたと主張されたらどうなるのか。そういうことを考えずにただただ戦争がしたいがために機種攻撃正当化するなど国民を守るためのものとは思えない。

結局小野寺は「中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」ということになる。

安倍政権はどこまでも話にならない。退陣すべきだ。

2018-03-17

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

中国国防費増「強い懸念」=小野寺防衛相

小野寺五典防衛相は6日の閣議後会見で、中国国防予算が増加していることについて「中国軍事力の広範かつ急速な強化や積極的海洋進出を進めている。中国軍事動向はわが国を含む地域国際社会安全保障上の強い懸念となっている」と指摘した。小野寺氏は「引き続き国防費を含めた国防政策注視するとともに透明性の向上を中国に働きかけていく」と語った。(2018/03/06-12:24)時事

しかし、安倍総理自民党事実上下部組織 JC日本青年会議所ツイッター「宇予(うよ)くん」で中国韓国を名指しし、「バカ二国と国交断絶、もしくはミサイル爆撃するど」としている。

また小野寺本人も昨年5・15フジテレビのユアタイムで「ミサイルは発射したあとに、撃ち落とすのは難しいんですよ。撃つ前なら確実に撃てる。国民の皆さんにぜひ知っていただきたいのは、発射したあとのミサイルも撃つ前のミサイルも同じミサイルだということなのです。」と敵基地攻撃、奇襲攻撃正当化している。

仮に北朝鮮ミサイルを発射する前に攻撃した場合、北がこれは人工衛星でしたと言い出したらどうなるのか。発射するつもりがないのに攻撃されたと主張されたらどうなるのか。そういうことを考えずにただただ戦争がしたいがために機種攻撃正当化するなど国民を守るためのものとは思えない。

結局小野寺は「中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」ということになる。

安倍政権はどこまでも話にならない。退陣すべきだ。

2018-03-08

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

中国国防費増「強い懸念」=小野寺防衛相

小野寺五典防衛相は6日の閣議後会見で、中国国防予算が増加していることについて「中国軍事力の広範かつ急速な強化や積極的海洋進出を進めている。中国軍事動向はわが国を含む地域国際社会安全保障上の強い懸念となっている」と指摘した。小野寺氏は「引き続き国防費を含めた国防政策注視するとともに透明性の向上を中国に働きかけていく」と語った。(2018/03/06-12:24)時事

しかし、安倍総理自民党事実上下部組織 JC日本青年会議所ツイッター「宇予(うよ)くん」で中国韓国を名指しし、「バカ二国と国交断絶、もしくはミサイル爆撃するど」としている。

また小野寺本人も昨年5・15フジテレビのユアタイムで「ミサイルは発射したあとに、撃ち落とすのは難しいんですよ。撃つ前なら確実に撃てる。国民の皆さんにぜひ知っていただきたいのは、発射したあとのミサイルも撃つ前のミサイルも同じミサイルだということなのです。」と敵基地攻撃、奇襲攻撃正当化している。

仮に北朝鮮ミサイルを発射する前に攻撃した場合、北がこれは人工衛星でしたと言い出したらどうなるのか。発射するつもりがないのに攻撃されたと主張されたらどうなるのか。そういうことを考えずにただただ戦争がしたいがために機種攻撃正当化するなど国民を守るためのものとは思えない。

結局小野寺は「中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」ということになる。

安倍政権はどこまでも話にならない。退陣すべきだ。

俺は可能性の奴隷

可能性が開けてる状態幸福としてる。

女性、金、その他

可能性が開けてれば幸福だが、可能性のままなので大した結果にならない

可能性に振り回されてる

可能性を大きくすることだけに注視してる

ギリギリ若い間になんとか見切りをつけて、結果を出す方にシフトしたい

と思ったが単に、可能性を結果に結びつけることができていないだけじゃないかって気もしてきた

2018-03-07

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

中国国防費増「強い懸念」=小野寺防衛相

小野寺五典防衛相は6日の閣議後会見で、中国国防予算が増加していることについて「中国軍事力の広範かつ急速な強化や積極的海洋進出を進めている。中国軍事動向はわが国を含む地域国際社会安全保障上の強い懸念となっている」と指摘した。小野寺氏は「引き続き国防費を含めた国防政策注視するとともに透明性の向上を中国に働きかけていく」と語った。(2018/03/06-12:24)時事

しかし、安倍総理自民党事実上下部組織 JC日本青年会議所ツイッター「宇予(うよ)くん」で中国韓国を名指しし、「バカ二国と国交断絶、もしくはミサイル爆撃するど」としている。

また小野寺本人も昨年5・15フジテレビのユアタイムで「ミサイルは発射したあとに、撃ち落とすのは難しいんですよ。撃つ前なら確実に撃てる。国民の皆さんにぜひ知っていただきたいのは、発射したあとのミサイルも撃つ前のミサイルも同じミサイルだということなのです。」と敵基地攻撃、奇襲攻撃正当化している。

仮に北朝鮮ミサイルを発射する前に攻撃した場合、北がこれは人工衛星でしたと言い出したらどうなるのか。発射するつもりがないのに攻撃されたと主張されたらどうなるのか。そういうことを考えずにただただ戦争がしたいがために機種攻撃正当化するなど国民を守るためのものとは思えない。

結局小野寺は「中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」ということになる。

安倍政権はどこまでも話にならない。退陣すべきだ。

戦争大好きファシスト安倍総理自民党小野寺防衛大臣中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」

中国国防費増「強い懸念」=小野寺防衛相

小野寺五典防衛相は6日の閣議後会見で、中国国防予算が増加していることについて「中国軍事力の広範かつ急速な強化や積極的海洋進出を進めている。中国軍事動向はわが国を含む地域国際社会安全保障上の強い懸念となっている」と指摘した。小野寺氏は「引き続き国防費を含めた国防政策注視するとともに透明性の向上を中国に働きかけていく」と語った。(2018/03/06-12:24)時事

しかし、安倍総理自民党事実上下部組織 JC日本青年会議所ツイッター「宇予(うよ)くん」で中国韓国を名指しし、「バカ二国と国交断絶、もしくはミサイル爆撃するど」としている。

また小野寺本人も昨年5・15フジテレビのユアタイムで「ミサイルは発射したあとに、撃ち落とすのは難しいんですよ。撃つ前なら確実に撃てる。国民の皆さんにぜひ知っていただきたいのは、発射したあとのミサイルも撃つ前のミサイルも同じミサイルだということなのです。」と敵基地攻撃、奇襲攻撃正当化している。

仮に北朝鮮ミサイルを発射する前に攻撃した場合、北がこれは人工衛星でしたと言い出したらどうなるのか。発射するつもりがないのに攻撃されたと主張されたらどうなるのか。そういうことを考えずにただただ戦争がしたいがために機種攻撃正当化するなど国民を守るためのものとは思えない。

結局小野寺は「中国には、先制攻撃するつもりだが、中国国防予算を増やすはいやだ」ということになる。

安倍政権はどこまでも話にならない。退陣すべきだ。

R-1グランプリのこと、視覚障害ネタのことをつらつらと…

今日…じゃなくて昨日放送された R-1グランプリ で、視覚障害を持つ濱田佑太郎さんが優勝していた。

最近ウーマンラッシュアワーの村本さんのネタなどに代表されるように、お笑いに対して今までとは違った観点からアプローチをする例が増えており、このような「新しい笑い」(とはいっても欧米などでは政治風刺するコメディはこれまでにも頻繁に行われてきたが)について考えさせられることが多くなった。

今回のR-1グランプリについて、Twitterを見ていると、大多数の人が視覚障害ネタ肯定的であるように思えるし、僕も感覚的には肯定である

しかし、これも感覚的ではあるが、本当に肯定していいのだろうかという気にもなる。

なぜそんな気になるんだろう、そこを知りたい。

僕はきっと、障害者を特異な目で見ている。街中で白杖を使って歩く人を見ると、ついその人に気が向いてしまう。(僕がその障碍者に対して)他の人と同じようにはどうも見えないらしいのだ。僕はもし、障害者差別していますか?と突然訊かれたら、まったくその気はありません、と答えるに違いないのに、障害を持つ人を注視する。ほとんど自然に、障害者を何かしら特別視している、きっとそうなのだ。だからかもしれない。視覚障害ネタにするのを、肯定しつつも何か違和感を感じるのは。

濱田佑太郎さん自身は、おそらく、他のいわゆる普通芸人さんと同じようにみてほしい、他のネタと同じように笑ってほしいと思っているのだろう。これは、人々の障碍者に対する差別だとか配慮の足りなさだとか、そういうものに通じると思う。

今日は遅いから、また明日考えよう。。。

2018-03-05

腐女子の愛で方

ただの愚痴

私はとある歌手が好きだ。

15年近くファンをやっていて、ファンクラブにも入っているし、ツアーが始まれ有給を取ってライブに行く。歌う声が好きで、その人が本当に心から歌うことを大事にしているのが好きだ。

最近アーティストは多芸で多才だから、その人も例に漏れず、トークのみの番組に出ることもあるし、芝居をすることもある。けれど私はトーク番組を録画はしないし、ドラマも見ないし、舞台映画も見ない。その人が好きだけれど、私は「その人が歌っている」のが好きなのであって、喋るだけのトーク番組や歌わないドラマ舞台はそこまででも……という感じ。それだけでも周りの人には驚かれることがある。その人が好きなんでしょ? と。

顔は普通に好きなのでスマホ壁紙モバイルサイトで配布されているその人の顔画像だ。でもツアー販売されるパンフレットは買わない。スマホ壁紙ならいつでも見るけどパンフレットは私の性格からしてその時しか見ない。多分、しまい込んで終わり。だから買わない。

音楽雑誌も買わない。私が好きな「歌っている」ことについて語ったりしているけれど、それは歌そのもので示してくれたら良いと思う。歌の上手い下手ではなく、その人の歌にはそれを伝えるだけのパワーがあると、多少の贔屓目もありつつそう思う。

でもまぁ、ライブ中のMCは好きだ。楽しく歌ってテンションが上がって、にこにこ笑いながら「楽しい、終わりたくない」なんて言われたらそりゃこっちだって幸せになる。

まり、歌が好きで、ライブが好きで、ライブ中のおしゃべりは好きだけどトーク番組雑誌のように何かひとつ合間に挟まったもの別に、って感じ。

顔も演技も嫌いじゃないけど注視するほどじゃない。やっぱり最優先は歌。そういう愛し方を続けてきた。

この時点で周りの人はたまに首を傾げている。

好きなのにどうでもいいの? とかそんな感じ。


さて、私はBL好きな腐女子なので推しジャンルがある。とある小説界隈だ。それも先程の歌手と同じく作品が好きで、作家のものや、その作家の別シリーズには然程興味がない。何ならその小説が分類されているジャンル自体特に興味がない。なので同世代作家とか全然からない。

長年ひとりでささやか妄想しながら愛でてきたが、最近になって二次創作投稿したりツイッターアカウントを取得して同ジャンルの人と繋がったり、自分にしては精力的に行動してきた。

ここで改めて気付いてしまった。

皆の言う「愛でる」とは、作品のみならずそれを覆う全てを受け入れ喜び愛することなんだろう。私のように、これが好きだけどこれ以外はどうでもいい、なんてことはないんだ。

皆、作家に会えるイベントがあれば狂喜乱舞するし、作家本人のプライベート情報差し出されれば拝むんじゃないかって勢いだ。誰と仲が良いとか、彼がそれを好んでいるとか知ったものなら即座に手に入れる、そんなノリ。

正直ついていけない。

否定するわけじゃないけど、理解はできない。

だって別にきじゃないもん。

だけどタイムラインでは日々常に新しい情報錯綜していて、皆がそれを見て踊っている。

私は性格が良くないので、「皆が楽しそうにしてるのを見てるだけでも楽しい〜」とは思えない。私の興味ないものを受け入れて楽しそうにしているのを見れば見るだけ妬ましくなる。私もそれを好きになればいいんだろうけど、興味を持てないものはどうしようもない。

違うんだよ、私はその小説について語り合ったり、その内容から腐的な妄想を吐き出し合ったりしたいだけなんだ。二次創作の進捗とかそういうの、話し合ってみたいだけなんだ。作家先生のことはどうでもいいんだ。

だけどさ、今、タイムラインに流れてるのって何? 作家先生に会えるイベントの告知のことばっかりじゃない? それは別に見たくないんだよ。

今、とても苦しい。アカウント、作ったばかりだけど、私の妄想いいねしてくれる人もごく稀にいるけど、消したくなってる。

「全部好き!」って愛で方は大っぴらに言えるし共感も得やすいんだろう。でも、「これは好きだけどこっちはいらない」みたいな愛で方はネガティブな印象を与えてしまうのでタイムラインでは吐き出せない。だからここに書いた。

どうして欲しいとか、どうしたい、なんてことはない。これを読んだ人の中にちょっとでも「わかるわかる〜」って思ってくれる人がいたら嬉しい。そして、そんなあなたといつかジャンルが被ることを願っている。

ビジネスくそマナー

封筒返信するときに「行」を二重線で消して「御中」に変える、とか

一体どこの誰が得してんの?これ?

いちいち手間かかるし何の意味もないし別にこれしなくても届くし受け取り側もいちいちそんなとこ注視しないし、つまり時間無駄じゃね?

こういうどーーーーでもいいビジネスマナー早く滅びて欲しいんだけど

あと何年かかるの?????????

2018-03-02

朝日新聞関係者S氏からメッセージ

S氏は朝日新聞所属しながらも今の朝日新聞報道姿勢につくづく嫌気が差していて「もはや安倍政権を倒すためには報道機関としての誇りを捨て、倒閣の為の運動体の様な今の朝日新聞姿勢には失望している。」と言い連絡をとってきた。

 

■以下S氏より

本日朝日新聞朝刊一面で報じられた「財務省が提出した開示決裁文書書き換え問題

どうやらこれは佐川理財局長(当時)が「森友側と価格交渉していない」と述べた為、価格交渉想像させる文言文書から落とし、そのついでに理財局独断でその中に登場する政治家平沼赳夫議員鴻池祥肇議員)の名前を落とし修正したものです。

その際に当時昭恵夫人付きをしていた谷査恵子氏の名前も落とされていたが、既に報道されているように「谷氏より本件について問い合わせがあった」ということ以上の事は記載されておらず、真新しいことも無いのだが、ことさらそこに着目させ大きな影響があったかのような捏造報道をしようとしている。

ともかく「谷査恵子氏の問い合わせが決め手だった」と購読者国民に思わせることが重要という姿勢です。

かつて黒塗りで森友学園から提出された学校名(開成小学校)があたか安倍晋三記念小学校であるという籠池氏の嘘を鵜呑み報道したチームが「安倍政権森友学園」を購読者イメージを印象付ける、その延長線上なんです。

こんな報道はもうしたくないし、絶対に間違っている。

(ここまで)

 

もちろん国会に提出されている開示文書修正されたとしたら言語同断だが、それより問題なのは朝日新聞がまたこ問題を「理財局が谷査恵子氏の圧力によってことが動いた」というストーリー作りをしていくという驚愕事実だ。

今回の開示決裁文書報道。今後朝日新聞がどの様な報道をするのか、注視していきたい。

2018-02-22

スケート

ずっと羽生結弦が嫌いだった。

発言優等生、行動はドラマチック、絶対王者の名に相応しい勝率。それにあの綺麗な顔と、二次元から出てきたような体と、二次元キャラクターみたいな名前字面

肝心のスケートは全く好みではないが、並の実力と精神力では不可能ジャンプの堪え方と、演技中にジャンプ構成を即座に計算・変更する頭の回転は尋常ではなく、そこだけは本当に認めていた。

どこを取っても全く隙がなく、面白くなくて不愉快で大嫌いだった。

自分はあまり人気ではないスケーターのファンだったので、僻みだとか言われたらあまり否定できなかった。

僻み半分、完璧すぎる存在へのおぞましさ半分といったところだろうか。とにかく嫌いだった。

それが、平昌五輪で変わった。

もともと好きではなかったので、あまり見てなかったために今まで気付いてなかったことは多かったのかもしれない。動画などで彼の演技をとりあえずおさらいするくらいのことはしていたが、ただの流し見で足元までは注視していなかったので、今までも同じことはあったのかもしれない。

しか自分は今回で始めて気付いた。

ショートプログラム、怪我でずっと休んでいたのに素晴らしい演技だった。相変わらず魅力は感じなかった。でもやっぱりすげぇ奴なんだなと思った。

問題フリープログラムだった。

冒頭の4回転サルコウ、着氷時にフリーレッグが表面に触れた。

これは両足着氷の判定になるはずの降り方だった。きっとそれは本人が一番わかっているはずなので、いつもの通りすごいリカバリーをしてくるのだと思った。

4回転トゥーループまさかのザヤック規約抵触した。

彼も怪我でしばらく氷に触れていなかったとのことだったので、まだ本調子でないのかもしれない。後半は失速し、3回転ジャンプの着氷も乱れ、ステップパートは彼らしい気迫が見られたが、繋ぎスケーティングは遅く、これは宇野ハビエルの演技によっては金メダルを逃すかもしれないと思った。

しかし実際はそんなこともなく、フリーレッグのことはなかったかのように満点のGOEがつけられ、後半明らかに滑りきれていなかったスケーティングも素晴らしく加点され、彼は金メダルを獲得した。

このような事はこの競技ではよくある。

演技以上に何故か不明瞭な加点減点がされる、それはもう10年以上もこの競技を蝕む癌のようなものである銀メダル銅メダル選手にも、それがないわけではないことは知っている。

しか自分が嫌いになった羽生結弦プライドが高く、スケートにひたむきで、「全員がノーミスの中圧倒的に勝ちたい」と発言するなど、誰よりも高みを、競技の成長を望む人物だった。こんなことで満足するわけないと思った。不正な採点をされたとまでは言えなくとも、「満足はしていない」くらいは言ってくれると思った。

それなのに現実羽生結弦は涙を流して連覇を喜び、他の選手の肩を抱いて健闘を称え、とても満足げだった上にあろうことか「演技が終わったときSP僅差の2人が後ろに控えてるにも関わらずに、だ)勝ったと思った」とメディア発言した。

なんだそれは。

見間違いだっただろうかと何度演技を見直しても、フリーレッグの着氷を主張するように削られた氷が飛ぶ。

安藤選手が「もっと流れのあるサルコウを飛べるはず」と完璧ではなかったことを指摘する。

首相が祝電で後半の疲れを指摘する。

さらには怪我だ。彼が発言する度に矛盾が生じる。

右足靭帯損傷で全治何週間とか報じられていたのにも関わらず、検査ができてないとか注射ができない位置だとか(注射ができない足ってなんだ)、まぁ紆余曲折あってあんまり良くないので団体は欠場、痛み止めを飲んで競技に臨みました!と言っているのに、よくないはずの右足を携えて表彰台に勢いよく飛び乗ったりする。その後のインタビューではやっぱり「良くない」と言うのに、21日の練習では問題なくアクセルジャンプを飛びまくる報道があった。日の丸大事にするくせに団体戦は休むほど重症だった足は、ある日突然治るものなのだろうか。

嫌いになった羽生結弦はこんな人間ではないと思っていた。

おまけに怪我の休養が明けて五輪に出たらまぶたが二重になっている。

多分、これからもずっと羽生結弦が嫌いだ。

2018-02-18

羽生選手に関する一抹の不安

引退後、要請されて参院選に出たりしないよね?

最近自分レジェンドぶりを振られる前に自分から、流ちょうにてらいなく語れちゃったり、いちいちテレビ映えする動きを要所要所でできるようになっているあたりが、そこはかとなく現役全盛期の田村亮子に似てきている。

まさかそんな、と思う人もいるだろうが、連盟の近いところに橋本聖子という大先輩がいるだけに、けして油断はできないと思う。

出馬すれば当選確実なだけに、厳しく注視していきたい。

メランコリックな夜

羽生くんが金メダルを取った。

感動と興奮とが一気に押し寄せ、それと同時に無事滑り終えた安堵感が綯い交ぜになり、私は感極まってしまった。

彼のファンなら皆、彼の演技を祈るような気持ちで見ていただろう。

私もその一人だ。

ファンではあるけれども、フィギュアに詳しくない私はアクセルフリップの違いもよくわからない。

そんな中途半端な私にも見終えた瞬間に「素晴らしかった」と思える演技だった。

表彰台笑顔で上る彼を見ていて湧き上がるのは感動、興奮、安堵の感情

そして、私はその裏にある自分のもう一つの感情に気づいてしまう。

憂鬱である

彼はソチから4年間、絶対王者としての意地、国を背負うという重圧、様々な葛藤の中で選手としても、一人の人間としても大きく成長し、今日私たちを大きな感動に包んでくれた。

彼の4年間は間違いなく波乱に満ち、また誰よりも努力した濃厚な時間だったことは容易に想像できる。

私の4年間は。

私の4年間、あのソチからの4年間。

あの頃大学生だった私は、今、「自分の夢を追う」という名目フリーターという心細い身分を自ら選択し、人生迷路に絶賛迷い中である

人に誇れるものでもなく、かと言って破滅的というほどでもなく、惰性的に夢を追う若者ありがちな堕落した時間を送ってしまっている。

羽生くんの演技による興奮なのか、自分の不甲斐なさに対する憂鬱からなのか、私は真っ暗な布団の中で時計が深夜3:00を過ぎても眠ることが出来ずにいた。

眠れないまま布団の中にいると、脳内走馬灯のように私の4年間のなかの少し印象的だった出来事や思い出なんかが駆け巡る。

そして、私は一つの出来事を思い出す。

大学進学とともに東京に出てきた私が、少し東京という街に慣れ始めた頃。

私は友達とともに有名大学の文化祭に足を運んだ。

自分大学とは違う、歴史的な校舎の作り等に感心しながらなんとなくお祭り気分を堪能していると、ふと見知った人の顔が目に入った。

Aくんだ。

高校一年生の春から夏へと季節が移り変わる頃、「ねえ、Aくん、増田のこと好きなんだってよ」と人づてにAくんの名前を初めて聞いたのを覚えている。

私はその時、Aくんの名前と顔も一致せず、「誰か知らないし、話したこともないし、なんかの間違いなんじゃない?」みたいな返事をしたのを微かに覚えている。

自分で「間違いなんじゃない?」なんて友達に言っておきながら、私はそのAくんの苗字を忘れられず(Aくんはちょっと珍しい苗字だった)、頭の片隅になんとなくそ苗字が引っかかっている状態が続いた。

次にAくんの名前を聞いたのは、同じ高校に進学した幼なじみからだった。

一緒に文化祭自由時間のんびり過ごしていると「Aくんって知ってる?」と突然聞かれた。

名前だけしか知らないので、「知らない」と答えると、「ジャニーズの〇〇くんにちょっと似てるんだよ。あっ、ほら、あの人」と控えめに指さす。

指の先には確かにちょっとジャニーズの○○くんに似てると言えなくもない男の子が歩いている。

私自身、あまり惚れやす性格でもないため「あの人かー」という感想以外特になかったのだが、それでもやっぱり高校生なのでちょっとキドキしたりして、勘違いかもしれないのに馬鹿だなとか思ったりして――。

でも、なんとなくAくんも私を意識してるような気もして――。

なんだかんだ廊下ですれ違ったりするとき意識してしまったり、今考えても自分の単純さに呆れる。

国語テストの成績上位者の紙で名前前後に載ったり、何度か運命的な(?)出来事もあったりしたものから余計彼を意識するようになってしまったのかもしれない。

ここまで読んでくれた人はこの後、高校時代、私とAくんが付き合う展開が待ってると思うかもしれないが、私とAくんはなんとその後、卒業まで一言言葉を交わさなかった。

現実少女漫画のようにいかないらしい。

そんなAくんがたまたま行った大学文化祭ギターを持って少し目の前を歩いている。

見間違いかと思ったが、向こうも私に気づいたようで、こちらを注視しており、私は謎の気まずさと恥ずかしさとで完全に見ない振り。

私とAくんが通っていた高校東京とは縁もゆかりも無い田舎だった。

そんな田舎高校しかたことがなかったAくんが目の前に、東京に、たまたま来た文化祭にいる。

私も相当に驚いたが、Aくんも相当驚いたのだろう。

しばらく物陰からAくんの視線を感じた。

それでも気付かないふり――。

だって、話したことないもん。

深夜3:00、羽生くんによって開かれた記憶の扉によって、私は一つの衝動に駆られる。

「Aくんが今どうしてるか知りたい!!」

喋ったこともない相手の近況を知りたいなんて、私とストーカーの違いって果たしてなんだろうと一瞬踏みとどまるもやはり衝動はおさまらない。

真っ暗な部屋で布団の中からスマホに手を伸ばす。

Google検索欄に入力しようとして、我に帰る。

「Aくんの下の名前ってなんだっけ?」

国語テストの成績表で私の名前の上にフルネームで載っていたのに……。

なんだっけ……。

正攻法じゃわからないと考えた私は次に検索欄に Aくんの苗字+自分の母校+彼を見かけた大学名 を入力

すると簡単にヒットした。

彼のフルネームがわかったところで、またGoogle検索

すると彼がバンドマンなこと。

ライブをちょこちょこやっていること。

音楽に詳しくない私でも知っている大きなフェスの小さなステージに出たこと。

そんな情報ポロポロと出てきて、「頑張ってるんだな」と笑みを漏らすとともに、湧き上がる一つの感情に気付く。

そう、憂鬱である

Aくんもまた、夢に向かって4年間駆け抜けてきたのだろう。

それに比べて私は――。

言ってしまうと、私も全く頑張っていなかったわけじゃない。

私の夢を叶えるべく、その道のプロとなんとかコネも作ったし、その人たちに評価されようといくつか作品も作った。

でも、プロにかけられた言葉非難の嵐で、私はプロ評価される度に夢に対する熱意、情熱を失い、失速していった。

夢にほんの少し近づいて持った感情希望なんかじゃなく、絶望だと気付いた時、私は精神バランスを崩しやすくなり、自分の弱さにまた失望した。

ここ半年作品を作ることもできず、ただただ漠然とした不安単純作業非正規労働で埋める毎日

そんな自分が情けなかった。

そんな私には最近、昔好きだった、自分が憧れていた作品をもう一度見返す機会があった。

久々に心を揺さぶられた。

もう一度、いや、何度でも自分の夢に再挑戦したい。

そういう気持ちがふつふつと湧いてきたのだ。

僅かな希望を胸に抱いたところで、私の人生のちっぽけさは変わらない。

メダリストとは月とスッポンの差だし、駆け出しのバンドマンの足下にも及ばない。

皆それぞれ、人生をがむしゃらに走っている中で私が歩みを止めてしまった4年間。

その4年間を悔やむとともに、彼らの4年間を讃えたいと思うこの感情を色で表すと、きっと夜明け前のような仄暗く、それでいて深い青と紺を混ぜたような色なんじゃないかと思う。

それぞれの4年間に想いを馳せる夜。

そんなメランコリックな夜が今、明けようとしている。

2018-02-17

(記録)

メッセージありがとうございます

私のツイート不快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。

しかしながら現在のところ該当ツイート撤回することは考えておりません。

理由は以下になります。長くなりすみません

ご存知ないと思いますが、私のアカウント現在Aについて多く語っておりますがそれ以前はBについてよく語っております

もう三年近くBをプレイし、愛してきました。

課金し、毎日プレイし、ほとんどのイベントを完走し、リアルイベントに通いカフェにも通い、グッズを揃え、ニコ生を視聴してきました。

現在コミュニティマスターを務め、運営様に感謝メッセージを時折送ってまいりました。

乙女ゲームをなかなか好きになれなかった私が、本当に心から初めて好きになった乙女ゲームがBです。

Bが本当に好きで、このゲーム出会たことに感謝しています

ここまでBを愛してきたのは、このゲームの懐の深さと、シナリオライター様をはじめとしたゲーム運営スタッフの方々の細やかな心遣いがあったからです。

私が語るまでもなくよくご存知と思いますが、このゲームはたくさんの個性的王子様が現れます。彼らは姫(私)を一辺倒に恋人として愛するわけではありません。

彼らがおかれた様々な境遇性格から、それぞれにまったく違った出会い方をして、次第に関係を深め、心を通わせます

必ずしも恋愛関係に落ち、結婚というゴールを迎えるわけではありません。

様々な種類と深さの心の交流がそこにはあります

この懐の深さを私は愛してきました。

恋人になるだけではない、むずがゆい恋人の前段階も、友人にも、よき相談相手にも、姉にも母にもなれる。王子様の数だけ、関係性がある。

中には好みではない交流もあります。その代わりに、涙するほど好きな関係性もあります

王子様の数だけ関係性を選べる。

私がBを好きな理由です。

これまでいくつかの別作品とのコラボレーションがありました。

原作を知るコラボも知らないコラボもありましたが、どのコラボイベントも楽しませてもらいました。

Bの懐の深さがあってのことだと、私は思っています

原作通りの関係性を保ったまま、Bの姫(私)とひとときの心の交流可能にしたのだと思います

コラボイベントなど、本当にシナリオライター様の苦労を思って感動すらしました。

今回のAとBのコラボレーション情報が発表されたとき、正直なところ不安でした。好きなものと好きなものが組み合わさったとして必ずしも良いものが出来上がるとはかぎりません。好きなものからこそ、期待を裏切られたときの悲しみがあります

しかし、今回のストーリーに私は大変満足しました。

大変に難しい、針の穴に糸を通すような作業だったと推測しています

ですが、A原作尊重し、同時にシナリオ自体として面白く、そしてBの王子様たちと姫との関係性も大事にした、よいシナリオでしたと思います

これについてはプレイヤーの数だけ、感想があると思います

この点をご不快に思ったのだと思います

私は「モブである姫を許容するBが大好きです。このゲームを愛してきてよかったと心から思いました。

そして、感謝言葉にしたかった。

当該ツイートは私の心の叫びです。Aが好きだ、Bが好きだ、ありがとうという生の叫びです。

ところで、宣伝をしながらネタバレをしないのはとても難しいものです。

面白さを伝えようとすれば、どうしてもネタバレに踏み込まずにいられません。

からプレイをする方の関心を引きながら、同時にこれからプレイの楽しみを奪わないというのはとても難しい。

当該ツイートは、その狭い隙間を目指したものです。ご批判は当然ありうると思いますが、私の精一杯の情報発信言葉でした。

私のアカウントをご覧になる方はほとんどがAのファン、BL関係にある主人公が好きという方です。Bをご存知でない方が多くいらっしゃいます

この方たちにどう私の愛情や思いを伝えるかは苦心しました。

手探りで模索してきたのですが、幾人かに、私が楽しくBをプレイしているところを見てゲームを始めたと言っていただきました。

しばらくゲームから離れていたけれど戻ってきたとおっしゃった方もいました。

とても嬉しかったです。

ツイッターでの交流はあまり得意ではないのですが、AとBを愛する気持ちを発信してきて本当によかったと思いました。

このゲームを私とは違う楽しみ方をしているBファンの方がいらっしゃることは想像できます

そういった方が、私のツイートを目にして不快になる可能性も全くないわけではないことは承知したうえで当該ツイートをいたしました。

それでも、できるだけ検索にはひっかからないよう言葉を選んだつもりです。

「姫」「モブ」といった言葉検索にひっかかることは予測できましたが、情報を求めるBファン検索することは考えにくいありふれた言葉であり、目にしたくないBファンの方には届かないように言葉を選びました。

わざわざ悪感情確認するために検索しなければ、おそらく該当ツイートには行き当たらないだろうと考え、投稿いたしました。

現在インターネット状況では後日、自分意図しない「まとめ」を作成される可能性もあります。その場合には、削除要請をする必要もあるとは考えております

現在まだそういった『まとめ』は確認しておりませんが、今後しばらくは注視していくつもりです。

以上により、私にはご指摘のツイート撤回する意思現在のところありません。

不快に思った方がいらっしゃったことは真摯に受け止めております

今後、私も考え方が変わって削除する気持ちになる可能性もありますが、現状はこの通りです。

王子様の数だけ物語がある。私が好きになれる物語がきっとその中にはある。

そういうBの懐の深さを愛したがゆえの心から叫びが当該ツイートです。

どうぞご不快に思ったツイート、または私のアカウントミュート・ブロックなさってください。

長々と語り、申し訳ありません。

好きなものは熱く語りたい性分です。お許しください。

(終わり)

みんなは何使ってアニメ観てんの?

 こないだ今季アニメ1話ほぼ全部見た感想書いた元増田だけど、ちょっとみんなに聞きたいことがある。その日記には気になるブクマが付いてて、内容は「耳が良い増田だね」的なもの。恐らくレビュー内でアニメ音響やら音楽についてちょこちょこ触れていたのを受けてのコメントだと思ったんだけど、そもそも私は耳が悪く(具体的には、後天性の病気で片耳があまり聞こえない、という具合だ。もう片耳は人並みに聞こえるが、多少仕事等に支障が出るくらいには不便である。)、アニメを見るときも本当はヘッドホンを使いたいけど、左の音があんまり聞こえないのでスピーカー我慢している状態だ。なので上のブクマを読んだ時「え、みんなは両耳使えるんだしアニメ音楽とか音響とかもっと楽しんでるんじゃないの?」と感じ、ここ2~3週間ずっともやもやしていた。んで、さっき「視聴環境が違う人には、アニメが違う風に見えたり、聞こえてるんじゃないだろうか」と思い至ったわけである。それなりにでかい画面+それなりに音質の良いスピーカーないしヘッドホンアニメ観てる人はどれくらいいるの?

 

周りの人にアニメ視聴環境を聞いてみた

兄弟A:地上波XP画質(キレイVHSくらい)で録画し、CMを削ってBDに焼いたものを観る。たまに円盤を買ったり借りたりして観ることもある。再生する機械BDプレーヤーと19インチくらいの小さいフルHDテレビスピーカー内蔵)。基本的にメッチャ小さい音or消音で観る。

兄弟B:ニコ動Gyaoを使い、無料視聴できる作品のみ視聴。非プレミアムだそうだ。再生機械2010年頃のノートイヤホン

・友人:私には友人がいないので聞けず。

・私:サブスクリプションサービスHD画質配信されてるのを観る。機械24インチフルHDモニターと1マソのサウンドカード&2マソのヤマハスピーカーアンプ中華製)orAKGヘッドホン。(弁明させてもらうと、私はよく3Dゲームプレイするのでそれに合わせて機材を買っていたらこうなってしまったのだ。あるあるだよね?)

 

 n=3て。本当なら兄弟たちと同じアニメについて感想の言い合いっこと洒落込むのも一興だと思うのだけれど、私はそこまで彼らを愛していないので無理なのだ。ただ、彼らから「このアニメ音楽が~」みたいな話を聞いたことは今のところ無い。

 

ここから本題

 要は「視聴環境が異なるならば、アニメにおいて注視するポイントが異なる」の真偽が気になる、という話。ただ、アニメの視聴環境作品の印象について考えるとき「元々音へのこだわりが強く、結果今の視聴環境がある」なのか、「ひょんなことから金のかかった視聴環境を持つ事になったが故に、アニメを観る時音響やら背景美術やらが目につくようになった」のか分からないという問題があるので、アニメが大好きな諸兄の力を借りたい。以下に最近放送されたアニメの、私なりのざっくりとした印象を書くので、諸兄の視聴環境を踏まえた印象の違いを知りたい。「同じような環境だけど違う」のか、「環境にこだわってないけどだいたい同じ」なのか、はたまた「もっと環境にこだわってるけど違う」なのか。「いやいや手元のスマホ再生してみればええやんけ」っていうのはそうなんだけど、それなりの視聴環境で堪能している私がスマホアニメを見ると、背景とか音楽脳内補完ちゃうのであんまり意味がなかった。アニメを見る上で脳内補完は非常に優秀なツールである

 

1.少女終末旅行

 ケッテンクラートのドコドコ音が心地よいアニメ。なんてこと無い会話の後ろで流れるアコースティックBGMも相まって無限に聴いていられる。「雨音」とか最高すぎる。

 

2.宝石の国

 劇伴が劇的に優れているアニメ1話で月人が登場するシーンの音楽は魂が震えた。音響効果も凄くて、特に宝石たちの硬い足音がすごく好き。公式ラジオによると、あの硬い音はキャラクターごとに違う石を使って録音したらしい(聞き分けられる人いる?)。一番好きなのはアンタークの話以降フォスがハイヒールになり、足音が変わるっていう演出

 

3.魔法使いの嫁(前期)

 美麗な背景美術を観ることができるアニメ。また各話の、挿入歌による効果的な演出がすごい好き。

 

4.覇穹 封神演義

 すげー書き込まれてる背景とデカイ音で楽しむバトルアニメ1話あたりの尺がバトルに極振りされてるので、ストーリー知りたかったら原作見てね、と言われてる気がする(ストーリー忘れちった)。ちなみにシリーズ構成は「異世界はスマートフォンとともに」のシリーズ構成でおなじみ高橋ナツコ

 

5.ポプテピピック

 クソアニメ。このアニメだけスマホで画質を気にせず観てる。

 

6.ゆるキャン△

 色んな人が、あるいは一人で、あるいはみんなでワイワイ、アウトドアを楽しむ姿を描くアニメ。この作品BGMの音量デカイよね。キャンプ場毎に変わるBGMとすんごい背景美術流れる様は、「なんだ、ミュージックビデオか」と思わせる。特に3話の、「ED曲を挿入歌として流しながら映る夜のキャンプ場と、ずっと聞こえる風の音」と「背景美術効果的に使った5話ラスト」がヤバかった。

 

 ここから予想。スマホタブレットは画面が小さいので、例えば美しい美術は目に止まりにくく、相対的キャラクターの表情や動き等分かりやすい所に目が行く傾向があるのかなぁ、と予想している。音についても、スマホタブレットの内蔵スピーカーは「人間の声」がよく聞こえるような仕様になっているので、「美麗な音楽環境音が流れる会話」が「会話の後ろでなんか音楽流れてんな」みたいな印象に変わりやすいんじゃないだろうか。

 

視聴環境こだわらない派って増えたよね

 一昔前と比べると、ネット配信アニメに初めて触れる人は増えたと思う。ネット配信が目指すのは「いつでも手軽に楽しむ」ことなので、それに伴い視聴環境も非常に多様化しているのは間違いない。例えばAbemaTVコメントしているユーザスマホ勢が非常に多い印象を受ける。もし視聴環境によって作品の印象が変わるのなら、AbemaTV独占配信アニメである覇穹 封神演義」は、その背景美術音楽の魅力が薄れちゃうので「なんか主人公が毎回敵と戦ってるけど、ストーリー意味分からんただのクソアニメ」みたいな印象が大多数になったりするんかな。

 ほいでネット配信が主流になるにつれ、視聴環境に金をかけてる人は相対的に減ることになるのでは?と思っている。もっとも、そういう人向けに「円盤」という商品があるのだけれど。今後、「視聴環境に金をかけてる人に好まれアニメ」と「視聴環境にこだわらない人に好まれアニメ」の2極化が起きたりして。

 

顧客ニーズアニメ演出

 もしみんなが「アニメは基本スマホで見るモノ」と考えるようになったら、作り手はきっと「スマホの画面やスピーカー再生することを想定した作品」を作るだろう。簡易な視聴環境を持つ人が多数派になると、例えば「ポプテピピック」のように視聴環境依存しない面白さを持つ作品相対的価値が上がっていく可能性がある。別にこの手の先駆者では無いのだけれど、AbemaTV放送しているアニメポンコツクエスト」を試しに観て欲しい。簡素な背景、8Bitサウンドの音楽シンプルアニメーションの会話劇。明らかにスマホで観ることを想定して作られてると思うんだけど、今後こういう需要が増えていくんじゃないかなぁ、と予想している。んで、相対的に高予算クオリティアニメ立場が弱くなって行くんじゃないか、とすごく心配している。ちなみにポンクエ面白い

 でも一方で、ネトフリ限定配信作品であるヴァイオレットエヴァーガーデン」なんかはめちゃくちゃハイクオリティだったりするので、「ネット配信利用者の増加≠視聴環境にこだわる視聴者の減少」と作り手は考えてる、ということなんだろうか。

 

その点劇場版って良いよな

 高クオリティ需要に応えるカタチの一つが劇場版作品劇場版アニメの一番いいところは、最高レベルの視聴環境提供されることである。作り手も映画館で上映されることを想定して作品作りができるので、劇場版作品を金のかかる視聴環境で視聴すると明らかに音響が凄かったり、細かい効果音を使った演出や異常に美しい背景美術が楽しめる。マジで最高。こないだ劇場版攻殻機動隊観たけど凄いぞアレ。

 

教えてよ、みんなのアニメを観る環境

2018-02-06

本命カプが地雷になった女

クソめんどくさい腐女子から好きカプすぐに変わるんだけどそれって結構特殊なのかもしれないなあ、と先日ツイッター話題になってた記事を読んで思った。

記事URLを見失ったので超意訳すると「自カプ解釈の元だった好きな絵師が同ジャンルの別カプ(それも元カプの攻めを受けにしたやつ)に移動しててどうしても許せない腐女子の話」だったんだけど、記事を書いた方の意見記事内の別の問題などをもろ無視して「同ジャンルの別カプに移動することがあるのかどうか」という話だけに注視すれば、あるよ。普通にある。という感想を抱いた。

 私の話になるが、私は前ジャンルBAというカプが好きだった。それこそ一年以上好きだったし本を出したくらい好きだった。狭い界隈ではあったけどその界隈の王道カプだったし、正直書けば反応がもらえるので楽しかったという気持ちもある。

 最終的な私の本命BCである推しは今も昔も変わらずAだ。

 元々その界隈ではBACDというカップリング王道かつ人気カプで、私も例に違わずそのカプに落ちた。実際一年以上そこにいたしアイドルジャンルだったのでキャラソンから邪推したりもした。それが突然、C受けにハマった。今やBACD地雷レベルである

 原因を上げるとするならば、私が元々推しを攻めに置きがちであるところも大きい。あと大概のジャンル推し推しカプが違う。ずっとBAじゃん、と言いながらも、でもAは攻めだな、と思うことも多々あった。そういう自分の中の違和感のようなものを抱きながら、でもBA美味しいしなあと思いながら書き続けていたところに、突如としてC受けが自分性癖に刺さった。ただそれだけの話なのだ人間自分性癖に刺さればそれまでの萌えを放り出して別カプにハマるよ。あるある

 それまでのカプで萌えてたシチュエーションが新しくハマったカプにも当てはめられるかもしれないって思い始めるよ。だってそのシチュエーション性癖なんだもん。それまでにカプに当てはめてたイメソンが新しくハマったカプに似合うと考え始めるよ。だってその曲が好きなんだもん。

 それに加えて一番ひどいのが元本命カプがドドドド地雷になったってこと。これこの話以外でも結構あったりする。なんかよくわかんないけど名前見かけるだけでおえってなる。

 地雷になったから好きだった記憶抹消したくなることもあるし実際投稿作全部消した。好きだったものをずっと好きでいられる人、本当に尊敬する。私には無理。次の日には手のひら返したみたいに嫌いになってることある

 一つだけ断っておきたいのは、別にそのカプが吐くほど嫌いになってもその子たちが嫌いになったわけでは決してないのだ。一度でも通ったジャンルはずっと好きだし、キャラも愛してる。公式の糞さに辟易して公式を燃やすことはあるけど。

 多分どこにいてもカップリング固定になる人には理解できない感覚なんだろうなあと思う。私も今のジャンルでは固定厨極めてるから少しはその気持ちも分かる。今の自カプの受け厨が受けを別の子と組ませてるやつら見るたびに殺すぞって思うし。攻めくんの彼氏は受けくんしかいないんだよ。殺すぞ。

 極論言うと二次創作ホモなんて大体ハマる傾向似通ってくるし言い方悪くすれば「それ、そのキャラじゃなくてもよくね?」みたいな話書いたり妄想したりするわけじゃん。私なんか腐れ縁の二人が共依存匂い醸しだしててなおかつセフレっぽい関係性に見えたらすぐハマるもん。後半の共依存セフレなんて認知の歪みすぎるでしょ。

 すごくとっちらかったけど言いたかったのは「結局自分性癖にあえばたとえ同ジャンルであっても別カプにハマる人間もいるんだよ」ということでした。件の話ではどうやら描き手さんはそれほどメジャーじゃないカプからメジャーカプに移動して~という話だったから多分理由は私なんかとは違うんだけど。いるにはいるよ。

 というか結論自分のカプが一番(自分の中で)正しいんだから、結局は本で殴るしかないんだよなあ。そんな気持ちで私は今日新刊に取り組んでいます

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん