「火付け役」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 火付け役とは

2022-08-07

anond:20220807171627

>(アンフェが擬態してるだけと信じたいが…)


いやぁ顔出しや名義出して活動してる(ラディカル)フェミアルファ表現規制運動に熱心じゃん

というか火付け役としてキズナアイ松戸Vtuber温泉むすめもたわわも、有名アルファが先導して扇動して

有象無象フェミ界隈が騒ぎ出す、というのがお決まりパターンじゃん

さすがにあれらが全て青識や青識もどきの成りすましというのは無理しか無い

2022-05-23

anond:20220523113625

流行ってるってはてなで知ったけど、火付け役は誰か知らない。

口コミの体で実は企業マーケティングだったら怖いな。

2022-05-18

潮吹き=Hが上手ではない

某所でボーイみたいなのやってる。結構クレームくるのが前戯潮吹きさせようとして無茶苦茶する人がいるというのだ

たぶん加藤鷹火付け役だが潮吹きテクニシャンという認識が一気に広まった。しかテクニック以上に女性の体質関わるので吹かせれたか自分は凄いとか思わないほうが良い。というより吹く人はだいたい誰がやっても吹く

別にあの手この手むちゃくちゃ潮吹かせたりありえないほどグチョグチョにするAV業界文句はない。(あちらの方が映像としての見栄えは良いのも分かる)

ただ素人の人は一般女性気持ちよかったら潮吹く、潮吹かないのは気持ちよくないからだとか思わないで欲しい。ほんと年齢関係くそう信じている人が多くて困る。

あとAVエロ漫画みたいに顔まで飛ばすつもりでションベン代わりに出ちゃってかけるのもやめて欲しいし、パイズリで全部挟んで先っぽだけチロチ舐めるのも女性身体能力とか脂肪の付き方にもよるので無理やり挟んだりしないでほしい。いやほんとAVプロが作り出した結晶から

2022-05-10

お母さん食堂火付け役愉快犯だった

あのフェミ垢もあのフェミ垢もアンチフェミの成りすましだ!

お前らがまんまと乗せられてヒステリックに踊るのを見て笑っていやがるんだあいつらは!

ツイッターやめろ!!!!!!!!!!!!

2022-05-09

青識亜論がフェミなりすましエロ絵に火付けしてた件

エニシ

@KitanoEnishi

女性を「家畜」として性的に消費する企画。「人権」が制限され、繁殖ために強制的セックスをさせられるような描写を含むものいくらR-18とはいえpixivという万人が参加するプラットフォームの公開型企画としてやるのは、度がすぎるのでは。


エニシ

@KitanoEnishi

すでに大量の作品投稿されており、ぞっとする。小田急線での「フェミサイド」の背景には、女性をモノ扱いするミソジニーがあるのは明らかで、家畜のように女性を扱うような作品を消費するのは不謹慎だ。


エニシという名前フェミニストなりすましていた時に青識が火付けしたpixiv企画牧場学園」はほとんどは「僕の考えたウマ娘」といった健全もので、エロ系はR18タグつけてゾーニングもしていた。

Twitter特にこの企画バッシングされるような流れはなく、絵師たちが楽しんでいたやりとりが残されているだけで、エニシの火付けは結局失敗している。


エニシとしての活動は盛んではなく、「フェミニストをやっている若い女性ですよ」という主張が完成した後はすぐ放置していた。

目的は、青識をブロックしている北村紗英や石川優実などの女性陣を監視し、もし彼女たちが鍵垢になってもブロックされることなく見つめ続けられるアカウントの確保でしかなかったのだろう。

もしも青識がそれだけでは満足せず「エロ規制派の過激派フェミニスト」として意欲的に行動し拡散力を得ていたら、牧場学園は炎上させられていたのだろうか。

逆に、牧場学園に火付けしてみたが燻りさえしなかったことで「炎上を仕立て上げるのって難しいんだな」とエニシをやっていくことに萎えしまったのかもしれないが。


青識は結局のところ表現の自由なんかどうでもよく、女と絡んで討論できるネタがほしいだけ。

ネタ作りのためならpixivマイナー企画を引っ張り出して「みなさん!この不道徳企画を叩いてください!燃やしてください!」と一人で騒ぐことすら平気でやる。

表現の自由を尊ぶことも、創作者を敬うことも青識の思想にはない。

青識は2015年ごろにフェミなりすまし垢を持っていると語っていたが、今回騒動になっているエニシ垢は2021年取得。他にもフェミ垢を持っているのだろう。

エニシ活動はショボいものだったが、他のフェミ垢はどうなのか。火付け役として機能しているインフルエンサーフェミ垢も持ってるかもなあ。


過去なりすまし事件がバレた途端に@KitanoEnishiは何者かに再取得された。これって少しでも撹乱したい青識本人がやってるのかな?

2022-02-17

anond:20220217151704

そもそもデジタルデッキを持ち寄って戦うゲーム火付け役であるハースストーン

トレードできないのにDTCG名乗ってるのでそんな指摘されてもなあって感じ。

エンピツしか入ってなくても「筆箱」みたいなもんで)

2022-01-25

anond:20220125143112

そもそもメタバースコンテンツとしてセックスは有りなのかどうか

個人的にはセックスの有無でユーザーが倍になるか半減するかのレベルだと思うが、それをやれるかどうか

PSVRしろDVDしろエロ火付け役として優秀だから

2021-11-19

温泉のあれ

ピンクコンパニオンを始めとした昭和温泉風俗ノスタルジーというかリバイバルというか


火付け役の見るに耐えない狂乱ぶりはともかくとして

まああの時代の薫りを今の世にそのまんまお出ししたらそら燃えるわな

2021-11-18

anond:20211118233425

馬鹿でもわかるように説明するね。「フェミニストオタク文化表現の自由について知った上で主張しているかオタクフェミニズムを知らないまま批判しても批判にはならない。悪態しかならない。」

って主張には触れないの?

一冊読んでから話そう、もう悪態なら返信しないわ

火をつけたやつの行動そのもの、いきなりTwitter投稿した火付け行動そのもの批判ならそれでいいけど

そもそも最初から火付け役クレーマーの話はしてない。オタクの主張は温泉街キャンペーンとして温泉むすめを使うことを規制されるべきではないってことだろ?それはもうクレーマー個人意見の域を出ている。賛成する声も多くある。それを批判するならフェミニズム歴史知識がなければ的確な批判が成立しない、本当に批判したいのならそうすべき、怠慢にしか見えないって話しかしてないんだわ

2021-11-07

白いタイヤキブーム破産

借金2820万円を抱えた。全部白いたい焼きのせい」

ある男が2ちゃんねるにこんなスレッドをたてました。

そろそろ死のうと思ってる。脱サラして上手く行くと当時は思っていた。家族迷惑がかかるから店がヤバくなった時点で離婚。娘二人とは年に2回ほど会うのみ。死のうと思ってる。

かなり衝撃的な冒頭に目を引きます。一体なにがあったのでしょうか。

内容をまとめると、このような話でした。

地銀から独立

その男早稲田大学卒業して地方銀行就職しました。

結婚もして、4年間で貯蓄は1000万円を超え、全てが順風満帆でした。

そんな何一つ不自由のない暮らしの中で勝ち組人生を送っていましたが、それと同時に地方での刺激のない毎日に飽き飽きもしていました。

そして独立を考えだすようになります

白いたい焼きというフランチャイズ出会

独立する条件を以下の3つのことを条件に入れて探し出しました。

カンタンに始められる飲食

長期的に稼げるもの

原材料コスト)が安い

そしてそんな中で白いたい焼きフランチャイズ出会ます

屋台なのでコストも安く、特別技術がなくても始められる。

そしてたい焼きという昔から馴染みのあるモノなので飽きられずに長く続けられる。

さらに「白いたい焼き」という珍しい商品なので話題性も抜群。

そんな白いたい焼きはこれから絶対流行ると確信し、初期費用600万円をかけて脱サラしました。

白いたい焼きとは

その名の通り白い色のたい焼きです。

材料タピオカ粉などを使うことにより色が白くてモチモチした食感のたい焼きが出来ます

さらに冷やして食べても美味しいので新しいスイーツとして大ブレイクしました。

ブームになった白いたい焼き屋の威力

1コ200円と、たい焼きにしてはちょっと高めの料金で売りに出しましたが、その珍しさとインパクトでたくさんの人が行列作りました

さらテレビで紹介された翌日には3時間待ちの行列が出来るほどで、一日ではさばききれないほどの人気が出たんです。

そんな白いたい焼き企業にも注目され、脱サラ組はもちろん、焼き鳥屋さんなどの飲食屋台からも数々の企業個人が参入してきました。

フランチャイズ本部側も間に合わないほどになり、やりたくても出来ない状態という考えられないような状態で、「白いたい焼き脱サラの会」というものまで出来ていたほどです。

さらに加速!13店舗にまで広がる

それからは波に乗り続け、店舗も増やして行きました。

また、地元でこれだけ流行ったんだから、都会に出したらもっとスゴいことになると、都内にも出店。全部で13店舗にまで増えました。

さな店舗でも月に300万円近い売り上げがあり、手取り年収5000万円。

さらに8店舗を増やす計画を進めて、このまま大成功の道を辿る。、、、はずでした。

ブームが去る

初めの頃は珍しさと話題性でたくさんの行列作りましたが結局はたい焼きです。並んでまで食べるものではありません。

さらテレビからも完全に消え、リピーターも付きません。

そして都内進出してから間も無く、一気にブームが去ってしまいました。

いつものように、「今日は30万円を目標に頑張るぞ」と現場に出ますが、その日の売上は10コ。目標30万円が1800円の売上で終了。

売れずに余った1500コものたい焼きを捨てた時に「終わった」と思いました。

店舗閉店。借金まみれに

そこから後の祭りで、増やしすぎた店と人で毎月多額の赤字になり13店舗もあったお店は全部閉店。機械など売り払っても3000万円の借金が残りました。

それから3年間は借金とりに追われる毎日が始まります

特にここまで負債を増やした原因は都内に出店したことでした。

初めの頃に一番稼いでいた店が常に人が溢れるショッピングモール内だったのです。

しかし、それと同じ感覚都内ショッピングモールにも出店してしまったのがアダとなりました。

都内ショッピングモール家賃は毎月なんと約13倍の140万円。

さらに2年間の縛りがあり、もし途中で閉店する際も2年分の家賃は一括で精算しないといけなかったのです。

ブレイクは人を狂わせる

話だけ聞くと、「バカだなぁ」と思ってしまますが、この人は以前は地銀法人融資担当をしていました。

上司からも認められる実力もありましたし、本業自分の手の届く範囲でやっていればいいのに色んなものに手を出して夜逃げする企業をたくさん見てきたので、事業の失敗パターンも熟知していたはずでした。

しかし、本人も認めていましたが、実際に事業をする側に立ってしまうと欲が止まらなくなり冷静に見れなくなると言います

その時は出す店全て大ヒットで、全国のお店の店長から

「すごい行列で人手が足りません!」

材料が足りません!」

営業時間もっと伸ばしましょう!」

毎日電話がかかってくる状態が続いていました。

そんな状況に実際なってみると、目の前には行列があるのにそれを逃すのはお金を捨てるのと同じで心の底から苦しくなってしまう。

さらに人を増やせば、店を増やせば増やした分だけ売上が上がっていくのを間近で見ていると、もう先のことは一切考えられなくなってしまうと言います

そして、、、

その後、借金家族にまで飛び火し、離婚借金の一部は親にも払ってもらっている。

もうどうしようもない状態で、現在死ぬしかない状態というところまで来てしまいました。

その後の安否は分かりませんが、年収5000万円が突然借金になったその状況は想像もつきません。。。

白いたい焼きブームの裏には、、、

たい焼き市場2004年には78億円程度のものでした。しかしその5年後には388億円と、約5倍に成長したのです。

その後もテレビメディアで紹介され続け、ビッグマーケットに発展しました。

ですがその後は恐ろしい速さで衰退し、もはや何もなかったかのようになります

さて、昔からある一般的たい焼きが何故こんなにも一大ブームを作り上げたのでしょうか。それにはこんな説があったんです。

製粉メーカーが仕掛けた!?

このブームで一番儲けたのはFC本部と言われていて、コンサル料や加盟金だけでも数億を稼ぎ出し、かなり儲かったそうです。

そして、このブームを作り上げたと言われているのは製粉メーカー鳥越製粉です。

鳥越製粉は3年をかけて白いたい焼きの粉を開発しました。そして不況で苦しむ配管工事業の尾長屋に話を持ち掛け、白いたい焼き屋を開店させ、それが火付け役となり、瞬く間に広がったと言います

誰かが、「アメリカゴールドラッシュで一番儲けたのは発掘者より発掘器具販売した人だ」と言いましたが、今回の件もこれにあたりますよね。

全国に広がった白いたい焼き屋さんから材料費を搾取した製粉メーカー

加盟金やコンサル料で数億を得たFC本部

ブームが去り借金がだけが残ったのは脱サラ組だけとなりました。

企業生存率が低い理由

企業はどれだけ生き残るのかを表した企業生存率を見ると、このようになっています

1年→40%

2年→15%

3年→6%

独立起業してもわずか1年で半数以上が。そして3年になると94%が倒産する結果になっています

数字だけ見るとかなりヒドい結果で、起業なんてしたくなくなりそうですが、実は倒産の1番の原因になっているのが、まさしくブームに乗った流行り物での独立です。

この企業生存率は、言いかえればブーム継続率としても見れます。どんなブームも1年で興味半減。3年後にはほとんど忘れられていますよね。

お笑い芸人で例えると分かりやすいので、この企業生存率をテレビ露出率に置き換えてみます

1年前に活躍した日本エレキテル連合。今年に入ってテレビ露出が半分以上減った気がしませんか?

冷やし中華の歌を歌ってたAMEMIYAや、右ひじと左ひじを交互に見て欲しい2700流行ったのは3年前です。ほとんど見なくなりましたね。

人が新しいモノに興味を持ち続ける期間がまさに企業生存率と比例していませんか!?

しかし、それでも現実には多くの人が「どこかにいいアイデアいかな」とか「こんなのがあったら流行るんじゃないかな」と、当たり前のようにブレイクを目指してしまます

ブームに乗らない人が勝つ!?

白いたい焼きが廃れた問題の一つは、味にありました。

同じ材料を同じレシピで作っても、焼き方によって大きく味が変わってしまうのが白いたい焼きです。

しかし「美味しい物を提供したい」というよりも「白いたい焼き」という商品力に目を付けたまったくの未経験者が集まってしまいました。

そのことにより店によって味はバラバラさらバイトを使い、混雑の中でやっていれば味はドンドン落ちていく一方です。

珍しさで注目され行列作りましたが、一度食べて「あぁこんなもんか」と思わせてしまえばリピートはつかなくなりますよね。

ちなみに長年継続している普通茶色たい焼き店は、どのお店でも同じ味が出せるようにしっかりとした研修修行期間を儲けています

大きくは儲けてはいませんが、しっかりと土台を作って美味しいものを出し続ければ、ブームなどなくても、珍しくもないどこにでもあるような商品でも常連が付いて、長く商売をすることが出来ています

まとめ

最後にまとめると、

ブームはいつか去る

規模を大きくすればするほどダメージデカくなる

売れている状態では冷静でいられなくなる

ということが学べました。

本当に、こんな話を聞くと笑っちゃいますよね。「なにやってんだ」「当たり前だろ」「おれならもっとこうする」などと思うかもしれません。

しかし、白いたい焼きを始め、ほとんどの企業がこのように倒産していきます

マネーの虎絶対的な成功者として出ていた社長達も、その後にはこのような理由で次々に倒産していってしまいました。

明日は我が身。傍から見たら笑っちゃうような話ですけど、その状況に立つと本当に笑えないようなことになってしまます

目先の利益に溺れずに、しっかりと足元を見る。難しいけど大事なことです。

2021-10-18

anond:20211018183153

下手な弾数うちゃあたるともいうじゃん。整合性のなさに気付くの確かに苦手だけどこういうことずっと続けてればいつか整合性完璧しかも人の心に訴える内容であるゆえにmetoo運動とか並みのムーブメント起こせるような発言がぽろって俺の口から出るかもわからんじゃん。買わぬ宝くじは当たらぬ。世の中のブームとか社会運動の影の火付け役ってのにあこがれるんだ。それになれた時点で俺の何者病も克服されるだろう。

2021-10-16

NHKクロ現増田特集まれたら多分こんな感じ?

2021-09-20

全国フェミニスト議員連盟の思惑を語るよ

全国フェミニスト議員連盟(以下フェミ議連)が戸定梨香さんの交通安全PR動画の削除を迫った件。

一刻も早く事態収束し、戸定梨香さんの名誉回復されることを祈っている。

仮にも議員を名乗る集団が「性犯罪の誘発すら懸念される」という表現を用いた公開質問状というフルスイング圧力かましたために、大規模な騒動となった今回の一件。

荻野議員らが発起人となって4万人を超える署名が集まりフェミ議連に対して抗議文公開質問状の送付がされるに至った。

https://www.change.org/p/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%83%88%E8%AD%B0%E5%93%A1%E9%80%A3%E7%9B%9F%E5%AE%9B%E6%8A%97%E8%AD%B0%E3%81%A8%E5%85%AC%E9%96%8B%E8%B3%AA%E5%95%8F%E7%8A%B6

自分署名したが、この一件に疑問を感じている人は是非とも署名に加わってほしいと思う。

さて、長く沈黙を貫いてきたフェミ議連の回答は驚くべきものだった(まだ期日ではないので正式回答ではないことに注意・・・回答するよね?)

千葉県警等に提出した抗議ならびに公開質問状にご関心をお寄せいただいた皆さまへ 提出した文書は、公的機関としての認識を問うたものです。 当該動画掲載も、削除も、ともに千葉県警によるものです。現在メール等が多種の内容で寄せられており、個別に回答は致しかます。悪しからずご了承ください。

公的機関としての認識を問うたもの」という大嘘に加え、まさか警察への全面的責任転嫁という、厚顔無恥スタイルはさすがに人々の度肝を抜いて、「全国フェミニスト議員連盟」がTwitterトレンド入りするなど大規模な炎上騒動になってしまった。

しかし、彼女らは仮にも政治家だ。保身のプロフェッショナルだ。

ここまでアホな回答を本気でするだろうか? と考えたがひとつだけ心当たりがあった。

太田啓子弁護士という人をご存知だろうか?

キズナアイNHK騒動や宇崎ちゃん献血騒動火付け役となった人である

しかし、自身は火をつけた後は一切の批判意見無視し、自身意見を発することな賛同意見リツイートのみを行うため、自身には炎上の火の粉が振りかぶらないという、実に保身に長けた放火魔として有名な人物である

性的表現に対する炎上騒動そもそも論理に綻びがあるため、長期戦になればなるほどボロが出て自身炎上するというのがいつものパターンだ。

キズナアイ騒動の時にも、後からやってきた専門家先生杜撰批評記事を書いて批判を浴びた。

このように、無理筋擁護をしようとしてもっとヤバいやつが出てくるためにそっちに炎上の矛先が向かっていくというのが、いつもの流れなのである

それを踏まえて、フェミ議連声明を見ると気が付くことがある。

これは、署名が始まって以降、俗にツイフェミと呼ばれる人たちによって展開された頓珍漢な批判とあまりに同じなのである

荻野議員twitterなどを見ればわかるが、フェミ議連声明を出すずっと前から、ツイフェミたちはここに論点を逸らそうと腐心してきた。

まりにアホすぎる上に、他に優れた批判がたくさん出回っているため、ここで再度語ることはしないが、とにかくそれぐらい浅い論点ずらしだ。

政治家ともあろう人が、この主張の危うさに気付かないとは考えにくい。

以上のことからフェミ議連戦略が見えてくる。

彼女らは長期戦の構えに入った。

あの声明は、批判者を説得するためのものではなく、自身の支持者(信者といってもよい)を力づけるためのものだ。

本丸フェミ議連が同じ主張をしているのだから、この路線で突っ切れる」という自信を与えたのだ。

また、自分たちを「炎上被害者」と位置付ける役割もある。

こうして論戦の舞台を、自分以外の尖兵に委ねて自身沈黙を貫こうという魂胆だ。

ただでさえ苦しい擁護なので、遠からずボロを出して大炎上する人が現れるだろう。そしたら炎上主題はそちらに移り、フェミ議連にかかる火の粉は小さくなるのだ。

太田啓子弁護士と違って、フェミ議連という実効力を持った組織による行動というのが問題なので、完全な雲隠れ不可能だろう。

しかし、それでも長期戦になればなるほどターゲットが増え、論点が逸れ、相対的ダメージは減る。

自身の意を汲んでくれた警察責任を擦り付けるような組織なので、自身の支持者が燃えるぐらいはなんとも思わないだろう。

とにかくのらりくらりと批判をかわし続けて、炎上が落ち着くまで長期戦で逃げようというのが、彼女らの思惑ではないかと推測される。

あくまで推測なので、彼女らの糸がこれで正しいかはわからない。心から警察のせいだと思っている可能性もある。

いずれにせよ、長期戦は彼女らを利するばかりというのは事実である

なので、批判者側の戦略としてはフェミ議連を逃がさないことが必須だと思う。

期日までに正式質問状への回答を出させ、その上で本人たちを議論の場に引きずり出すこと。そして、フェミ議連が送った公開質問状の是非を、きちんと白黒つけさせること。

批判者も目先のヤバいやつに釣られずにこれらの主題を見失わないことが大切だ。

これは、一人の人格を持ったタレントとそこに想いを乗せて働く人たちの尊厳にかかわる問題なのだから

一刻も早く事態が収拾し、戸定梨香さんの名誉回復されることを祈っている。

2021-09-10

Googleって研究からも稼ごうとしているしか思えないのだけど

機械学習がずっと流行っていて、その火付け役Googleだけどさ。

Googleからすると、将来的に機械学習で結果が出なくても痛くも痒くもなくて、

クラウドを使ってもらって、政府企業研究から稼げればOK、だよね。


機械学習だと、データが大きくて、計算量多くすれば、それなりに性能が高くなるから

世の中的にドンドン大きなモデルが出ればいい、

なんならGoogle自身がより大きなモデル作ればいい。

発表すれば皆Googleが発表した!凄い、真似して改良しなきゃ!って騒ぐし。


機械学習部品ってコロコロ変わって本当にそれ必要あるかって意味合いが薄くて、

どのモデルが性能高いかトライエラーでも計算必要で、それもGoogleに都合がいい。


商品が売れなくなって久しいけど、世の中に取り残されるっていう恐怖感から研究費は増えていて、

そこから稼ごうって気がしてならないんだよね。

広告だとPV数だけで値段が決まってそこから商品売れるかどうかは保証しないし、

機械学習問題解決するかどうか保証もない。

Googleらしい、良い商品見つけたって感じがする。

2021-08-22

ウルトラマントリガー』の感想で興味深いものがあった話

※この日記は『ウルトラマントリガー』という作品批評するものではありません。




既に5話まで放送されている、ウルトラシリーズ最新作の『ウルトラマントリガー』。

番組開始直後に興味深い感想を見掛けたことを思い出したので、チラシ裏のメモ程度に綴っておく。

前提として、増田は根っからの『特撮作品ファン』で、世代こそウルトラマンでいえば『ウルトラマンメビウス』以降のまだ若い世代ではあるが、例にも漏れず本作もリアルタイムで視聴している。

簡潔にその見掛けたという感想の中身を説明すると、

ウルトラマンが喋ってなくて物足りなかった」

というもの

残念ながらもうかなり前に見た感想なので、どこで見たのかは全く覚えていない。

しかしこれは、昔から円谷作品、ひいてはウルトラマンという作品群をずっと追いかけてきた増田自身にとっては新鮮極まりないものだった。

というのも、それまでは「ウルトラマンは喋るべきではない」という感想をよく見ることが多かったので、なおのこと衝撃的な感想だった。


ウルトラマンといい作品シリーズに詳しくない人のために、少し解説する。

ウルトラマン」とは、1966年放送された『ウルトラQ』に次ぐ、空想科学特撮シリーズ第2作『ウルトラマン』より登場した、M78星雲の宇宙人だ。

劇中ウルトラマン自身が、自らの意思で喋ることは《あまり》なく、基本的戦闘中でも掛け声のみとなっている。

まあ言ってしまえば初代ウルトラマンは第1話から喋っているし、『ウルトラマンレオ』のとある回では初代が「俺たちはアストラを殺す!」と言った台詞は、今もファンの間ネタになる迷台詞だ。

はいいつつも、実際そんなに毎回喋ってる訳ではなかったので、ウルトラマンは無口、という感覚が刷り込まれていったのは間違いない。

しかしそれも、平成前期までのこと。『ウルトラマンマックス』までかな。『ウルトラマンメビウス』の時点ではもう結構台詞あったと思う。

平成後期からウルトラマンは、まあ当時の円谷プロ事情なども相まってはいたが、色々挑戦してた。

その中で、火付け役となった『ウルトラマンギンガ』という作品を筆頭に、ウルトラマン普通に喋る=アフレコなどで主人公役の俳優戦闘中にも台詞を話すことが増えた。

当時としては、「ウルトラマンが喋るなんて!」という批判も多かったし、以降もその傾向が続いたので、一部の往年ファンからはかなりの反感を買っていたと思う。

個人意見を述べさせてもらうと、ウルトラマンが基本喋らないため、「ウルトラマン側が思い付いた作戦ナレーション説明する」というのが、昭和作品から平成最初期にかけてはお決まりだった。

なんなら、昭和作品の、さら最初の頃の作品に至っては、ナレーションもなしによくわからん技使って、怪獣宇宙人に勝ってたことはざらであった。

なので、ウルトラマン歴史的には

「よく分からん技使って倒した」

から

説明受けてもあまり分からん技を使って倒した」


を経て、

「分かりやすウルトラマンが技名言ったり、作戦を喋ってくれて、そして倒した」

という変化が起きている。


閑話休題。そう言うこともあって、現在ウルトラマンは喋るのがデフォルトになってた訳なのだけど、ウルトラマントリガー最近作品としては珍しく「あまり喋らない」タイプ

これは、前作の『ウルトラマンZ』とは完全に対照的で、むしろこの『Z』の存在が、前述した「あまり喋ってなくて物足りなかった」という感想に繋がってるのだと思う。

『Z』は驚くほど面白かった。星雲賞を受賞したニュースが先月あったが、納得の出来だった。そんな『Z』の良かったところのひとつに、ウルトラマンと変身する主人公の掛け合いが面白かった点だ。

また少し話題が逸れるが付き合ってほしい。お願い。

ウルトラマンはいくつかの《タイプ》がある。

これはいわゆるティガとかダイナのような戦況に応じて姿を変える《タイプ》でなければ、初代とセブンのようなシルバー族とレッド族等といった設定でもない。

作中における主人公ウルトラマン自身立ち位置みたいなものを、便宜的に《タイプ》と呼ばせてもらう。

細かく分けると非常に多いので、ざっくり二つのタイプに分ける。

例えば初代や帰ってきたウルトラマン平成ならマックスなどのような『人にウルトラマン自身が憑依するタイプ

もうひとつが、セブンや80、平成ならメビウスオーブのような『ウルトラマン自身が人の姿に化けているタイプ

ウルトラマンZは前者の憑依タイプで、なおかつウルトラマンと変身する主人公人格が明確に分かれていて、時には意思疏通して相談することもあった。

憑依タイプの補足をすると、昔はウルトラマンと変身者の意識が完全に混ざったり、むしろ乗っ取られてるに近いパターンが主流だった。帰りマンエースなんかは完全にそのタイプだ。

平成に入ってからは、海外作品オーストラリアの『ウルトラマンG(グレート)』が、人格が別々で互いに対話できるウルトラマンの先駆けであり、以降このタイプ(私はグレートタイプと呼んでる)のウルトラマンも増えた。

Zはまさにグレートタイプで、主人公のナツカワ・ハルキウルトラマンZの、コミカルテンポのいい掛け合いが絶妙だった。

この効果もあって、普段ウルトラマンを観てなかった人も、『Z』きっかけにシリーズファンとなった人が増えて、かつ『トリガー』を初回から見たという人も多いはずなのだ

からこそ、『Z』の作風である「喋るウルトラマン主人公の掛け合い」に慣れていた分、「喋らないし、要所でちょっと主人公が話すくらい」の『トリガー』に物足りなさを感じた《Zファン》が多いのでは……?

というのが考察。書いてたら楽しくなって、見返してたら長くなってた。ごめんね、このタイミングで謝っとく。

からファンとしては、新規層が増えて嬉しいと思うに加え、今までは見ることが出来なかったタイプ感想まで現れて、興味深く感じた次第。

「喋る」「喋らない」が良いかいかについては増田は語るつもり無い(強いて言えば「良い側」とだけ言っとく)けど、『Z』を通じて新規ファンが増えたのは個人的にも嬉しい。


新規層には意外に思うかもしれないけれど、2013年の『ウルトラマンギンガ』が始まるまでは、新たなウルトラマンが登場する完全新作のドラマ作品は長い間無かった。

映画では度々やってたけど、地上波連続ドラマとしては06年の『ウルトラマンメビウス』以来。もちろん翌年の07年に『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』が1クールやってたけど、新しいウルトラマンが出てたわけでは無かった(それっぽいキャラはいた)。

それが今や、毎年新作が観られて、それを色んなファン層の人たちと一緒に観ることが出来て、そして色んな感想が生まれて。

良い世の中になったな。増田の小さな幸せ

2021-08-15

anond:20210815165711

ブーム火付け役になったのが女性というだけで鬼滅が男性気高いという事は変わらんよ

そもそも少年に人気の出ない物を「週刊少年ジャンプ」で連載する訳がないだろう

女性人気が高かったという理由で「銀魂腐女子向け」とか言ってた馬鹿と同じ臭いがするわ

2021-08-12

二次元世界VTuberの在り方について

VTuber流行により、二次元世界 (2次元) と現実世界 (3次元) の境界が急速に曖昧に溶け出した。

この由々しき事態に一石を投じるべく、一筆認めさせて頂きたい。

まず、二次元世界定義してみる。いわゆる2次元は、アニメゲーム漫画などの創作作品内の世界で間違いない。

作品毎に世界性質は異なっており、現実世界 (3次元) と物理法則社会通念が同じであるとは限らない。

それらは明示されていないこともあり、作者(その世界創造主)、あるいは読者(神視点作品俯瞰)にとって都合の良い解釈が出来る。

それ故、時には「ぼくがかんがえた最高の世界」とも言うべき、現実世界とは切り離された「桃源郷」にも成り得る。

さて、そんな二次元世界を飛び出し、近年流行り出したのがVTuberである

VTuber黎明期(2017年前後)は「本来VTuber」とも言える、キャラクター性、設定を重んじた厳格なバーチャルユーチューバーデビューした。

キズナアイ電脳少女シロ、ミライアカリなどが挙げられる。

VTuberという新たな概念火付け役であった、彼女ら(彼ら)に続くように続々と第二、第三のVTuberが現れた。

ここまでのVTuberあくまキャラクターの延長線上にある存在であり、2~2.5次元世界の住人である

この住人達には、現実世界社会通念は必ずしも通用しない。

一方、その流れでVTuberというコンテンツが儲かると目を付けた企業VTuberも数多く参入してきた。

彼、彼女らは事務所所属という形でタレント化している。

そして最近ではVTuberの普及により、誰もがVTuberになれる状況が発生している。

この流れの中ではVTuberは3~2.5次元世界の住人である

すなわち、この住人達は美麗なイラストの皮を借りた実況者に過ぎず、設定やキャラクター性は担保されていない。

もはや「VTuber」は知名度、あるいはビジネスの道具にまで成り下がり、平気で酒は飲むし、下ネタは喋るし、最悪顔出し配信まで行う者もいる。

これは非常に望ましくない事態である

可愛い、カッコイイ姿をしていながら、現実世界人間性垣間見える、そのギャップを楽しむものもいるだろう。

だが、VTuberと一括りにされる中に2次元3次元存在が混在している。この境界は明確に分かれていなければならない。

これはアイドルの流れに似ているかもしれない。

ずっと昔のアイドル像とは、まさに偶像のものであった。

アイドル人間でありながら、ステージの上であろうがなかろうが、いつでも可愛い (カッコイイ) し、トイレにも行かない。

ある意味2次元世界理想を押しつけたような存在である

しかしながら近年では、そのような孤高かつ崇高なアイドル (特別存在) が「会えるアイドル」にまで一般化し、

もはや一般人とアイドルの垣根が曖昧になってきている(こういっては何だが、その辺りを歩いている一般人の方がアイドルより容姿に優れることもあるだろう)。

脱線した話をVTuberに戻すとしよう。

繁栄した現代VTuberにも、キャラクター性と設定を重んじる、古き良きバーチャルユーチューバー (2~2.5次元存在) も存在している。

そのような「本来VTuber」が埋もれてしまわないように、VTuberという曖昧用語を再定義することが望ましい。

また、覆面配信者 (3~2.5次元存在) と区別されるように住み分けされることも推奨される。

同じVTuberでも、前者と後者では視聴者ニーズが全く異なる。

前者のVTuberには、視聴者あくま2次元キャラクターの綺麗な部分のみを求めている。この点ではアニメオタク向きである

一方、後者VTuberには、視聴者にとってキャラクター性は極論どうでもよく、中の人人間性のみを求めている。この点ではアイドルの追っかけ向きである

狭義のVTuberを再命名するならば、前者は2次元VTuber後者3次元VTuberとでも呼ばれるべきである

最後に、2次元3次元境界曖昧になったこの界隈が正しく区分化されることを願い、ここで筆を置く。

2021-08-06

anond:20210806145832

いや身内にゲーム紹介して一緒に遊んでただけの奴を火付け役扱いにされたらビビるやろ・・・

セレブWoWが大ブームになったなんて話も聞かんしな・・・

anond:20210806135502

元増田だけど、伊藤穰一自分で何か作ったりはしないけど、テクノロジーの目利きとして他人がまだあまり注目していないサービスカルチャーを紹介したり投資してきた人。

ウェブブラウザ検索サービスWoWネトゲ)、ブログツイッター食べログTEDオープンソースクリエイティブコモンズみたいなシェアカルチャーメディアアートなんかに関して国内での火付け役と言っていいくらい貢献した。

一方でディープラーニング以降のテクノロジーカルチャーはそれほど追えてるようには見えず、組織運営お金を集める役目にシフトした感じはする。それはそれで誰か優秀な人がやらなくちゃいけない仕事だけど。

2021-07-17

anond:20210717180754

少女漫画家で言うと今60~70代くらいの人達かな

70~80年代第一やおいブーム火付け役もこの人達だっただろう事を思うと因果な物を感じる

のしけが厳しくて女の子らしい習い事に無理矢理通わされたとかだろうか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん