「功労者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 功労者とは

2022-08-02

ジャニヲタCDを積む理由

SMAP解散辺りで定年退職したようだが、番協歌番組等の収録でいるアレ)で仕切る「つーこさん」と呼ばれるジャニーズFC名物おばさんがいた

彼女が集まったヲタに「CDの売上であの子達の扱いが変わるのよ」とよく話していた事はSNSの普及でヲタに広く知られている

実際グループツアー規模(ドームツアーか、アリーナか)や冠番組等はCD売上枚数によって決まる事が多く、一発でも大ヒットがあると「功労者」として後々まで事務所の扱いが良くなる

(例えば山Pは「修二と彰」がなければグループ脱退後もあそこまで厚遇されてなかったはず)

なのでジャニヲタにとってはCD貢ぐ効果的に推し事務所内地位を上げる、という事でもある

何せグループが多いので特にTV仕事パイの取り合い、それもCDコンスタントに売れれば融通してもらえる…と思ってるヲタが多い

スノスト辺りの世代はKpopヲタの積み方を近くで見てるので、CD箱買いとか無茶するのもいる

(その辺はSNS写真上げてマウント取るのも目的か)

オリコンデイリーランキングが出るので初動見て「前回より減ってる!皆さん追い○○お願いします」「ここのショップまだ在庫あります」等SNSで飛び交うのはCD発売週の恒例になってるよ

それでも地下メンドルやKpopに比べれば可愛いもんじゃないのかな

2022-07-29

イギリス孤独省を推進したジョー・コックス議員って女性だったのね

名前からし男性かと思ってた

しかも調べたらどうやら二次の母らしい。

そりゃあ親として子供達の未来を本当の意味で案じるならば、子供達が生涯独身になったとしても幸福に生きられる社会を目指すのが当たり前だものなあ

それに比べて日本の子持ちママ達と来たら、自分達が首尾良く男と番えて依存先を手に入れたらすっかり喉元忘れて独身女性権利なんて知った事かと言わんばかりの人達ばかり

それどころか自分の子供の未来すらもどうでもいいとしか思えないし

https://globe.asahi.com/article/13016730

「陰の功労者は、労働党ジョー・コックス下院議員享年41)だ。選挙運動で、移民労働者の多い英中部で何千軒と戸別訪問するなかで多くの人が孤独を抱えていると気づく。コックス自身地元を離れた大学時代子育てを通じて孤独経験し、その辛さを理解していた。世代にかかわらず影響する孤独問題政策的な対応必要だ。そう決意した彼女は15年に初当選すると、超党派委員会を立ち上げるが、翌年6月極右の男に射殺されてしまう。」

2022-07-14

未だに統一教会擁護してる奴ら

から見れば信者の方かな?って感じだけど

べつに殉教したいわけじゃなく、なぁなぁで乗り切った後で功労者として甘い汁を分けて欲しいんやろなぁ

2022-07-08

anond:20220708213756

反省とは「世の中が悪くなったことに、自分が加担しちゃったのかな…」って振り返ることだと思うんだけど、少なくとも自民党を支持し続ける人たちにとっては、「世の中は悪くなっていない」もしくは「世の中を良くしている」という世界観なわけ。

から安倍さんが亡くなっても、偉大な功労者が凶弾に倒れた、一種伝説神話誕生なっちゃうんじゃないかなぁ。

2022-06-29

[][]「選挙の話 赤松健 と 藤末健三(ふじすえけんぞう)」

2022年7月10日に「第26回参議院議員選挙」(即日開票)が行われる。

表現の自由陣営所謂オタク陣営」)の間では、「比例代表制」に様々な政党から表現の自由を守る」と主張する候補者が現れていて
「誰に投票するか悩む」となっているが、オタク陣営の皆の投票の参考になる話を書きたい。
素性を明かしたくないので匿名な場で記事として書かせて頂くが、きっと参考になると思う。

今回、私は、比例代表制では「藤末健三」に投票する。

から語るのは、その理由だ。
当主観の入った記事になるが、投票先を決める際の参考になると思う。

なお、前提として言っておくと私は藤末先生と会った事がある。

それは、昨年…2021年秋の事だった。
この頃、2019年参議院議員選挙で54万票を獲得して当選した山田太郎議員は、
日本各地の同人誌即売会赤松健先生と一緒に参加し、同人誌即売会の閉会後に
会場近くの施設フォーラムを開催するという事をしていた。
大体、同人誌即売会は15時~16時ぐらいに閉会するので、フォーラムの開会時間は16時~17時頃だ。
フォーラム…言い方を変えれば講演会と言えば良いのだろうか?
支持者に対する政治活動報告会と、今後の政治戦略の発表だ。

その中で、山田太郎議員と藤末健三議員が同じ同人誌即売会に参加し、
その後、両方ともフォーラムを開催したという出来事が2回ほどあった。

その際、藤末健三議員は、山田太郎議員フォーラムが終わる時間に開始時間をずらし、
両方に参加したい人は両方に参加できる様にと気を遣ってくれていた。
私は、その日、両方のフォーラムに参加した。

山田太郎議員フォーラムは、赤松健先生ゲストに招いての物で、聞きに来ていた人の数は
凡そ、40名前後だった。
赤松健先生ゲストという事で増えた分も有るのだろう。

その中で、参加者から山田太郎議員に対して下記の様な質問が出た。
参議院議員は、一度当選すると任期が6年と固定されています
山田太郎先生が次に参議院議員選挙に出るのは2025年の夏になります
仮に、2025年参議院議員選挙落選した場合はどうするのでしょうか?」
という質問

それに対して、山田太郎議員
2025年選挙でも当選する事を考えていますが、表現の自由を守る政策のための
戦略として、2022年夏の参議院議員選挙に、一人、僕の後継者となる候補者
立てようと考えています
候補にする人は、”今まで政治経験が無く”、”政治団体・宗教団体等といった支援団体
存在していない、党派性に縛られる事なく活動できる人”という条件に当てはまる人を考えています

その人と僕とでタッグを組んで、3年置きに交互に参議院議員選挙に出て当選し続ける仕組みを
作っていければ表現の自由関係政策は盤石になると考えています
もしそういう人で、僕に紹介したい人等が居たら自薦でも他薦でも良いので僕の事務所まで

メールを送ってください、今年(2021年)の年末ぐらいまでに何人か、条件に当てはまる人に
会って、候補者を決めたいと思います。」
と答えていた。
そして、2021年年末頃に、漫画家赤松健先生山田太郎議員の推薦で自民党から
2022年7月参議院議員選挙比例代表候補として出る予定である事が発表された。

話は、このフォーラムの日に遡る。

山田太郎議員フォーラムの後、藤末健三さんのフォーラムに行った。
藤末健三さんのフォーラムに参加していた人の数は10人に満たなかった。
フォーラム開始前、私は藤末健三さんに疑問に思った事を聞いてみた。
その際、山田太郎議員フォーラムに行っていた事も話した。

藤末先生は言った。
「実は、山田先生山田太郎議員)のフォーラムに参加させてもらえないか
山田先生に聞いてみたんですけど、断られたんですよ。」
この時は、藤末健三さんが何故断られたのかは解らなかった。

だが、藤末健三さんのフォーラムで話を聞いていて断られた理由が分かった。
藤末健三さんは2016年参議院議員選挙当選した現職(2021年秋時点)だった。
そして、前回(2016年)の参議院議員選挙の時点では、宗教団体系に近い支援団体
付いていたそうだ。
山田太郎議員が述べた、タッグを組む人の条件の
「”今まで政治経験が無く”、”政治団体・宗教団体等といった支援団体存在していない、
党派性に縛られる事なく活動できる人”」とは、つまり
「藤末健三議員2022年参議院議員選挙で改選対象になっているけれど
僕は、藤末健三議員推してタッグを組む事はしない」
という宣言だった訳だ。

そんな話がされていたとは露知らない藤末健三は、フォーラムの中で
私以外の参加者から2022年7月参議院議員選挙で、どう票を集めようと考えているかを聞かれた際
秋葉原選挙事務所を構えて、山田太郎議員が前回(2019年)に
やった様にやれればと考えています山田太郎議員から協力して貰えれば尚良いですが。」
と言っていた。
聞いていて、この藤末議員という議員ちょっと天然キャラなのではないだろうか…と思いつつ、
私は
山田太郎議員には山田太郎議員のやり方が有って、藤末議員には藤末議員のやり方があると思います
山田太郎議員と同じ事をするのではなく、藤末議員には、山田議員に無い魅力が有ると思うので
山田議員に無い、藤末議員の魅力を見せて行く方が良いと思います
意見した。

これは主観だが、山田議員フォーラムと藤末議員フォーラムの両方に行って
山田議員トップダウン型、即ち上からルールを作って表現者を守る事を政策として考えるタイプ
・藤末議員ボトムアップ型、即ち現場の状況から現場改善する政策を上に対して提案するタイプ
と、政策タイプ真逆だと感じた。

そして、山田太郎議員は、自分のやり方・政策を浸透させる上で、藤末議員をどの程度かは知らないが
快く思っていないのではないかという印象を受けた。
邪推すると、山田議員2022年7月参議院議員選挙で藤末議員落選させて、藤末議員落選した枠に
自分とタッグを組む人物議席に入れたいのではないかと感じた。

念のために言っておくが、主観で感じた話だ。

今回の選挙が始まってから2021年の冬のコミケ開催に際して、藤末議員が相当に尽力したという話が
流れてきているが、これはその通りだと思う。
コミケ再開のために現場から提案する形で動いた藤末議員は実際に最大の功労者だろう。
これは、藤末健三さんがボトムアップ型で行動する人だから出来た事だと、私は見ている。

私は、赤松健先生と藤末健三さんで、どちらに投票するかと聞かれたら、藤末健三さん一択だ。

昨年秋の、参加者数が10人といないフォーラムで話をした時から、藤末健三さんに投票する方向にしよう
と考えていたが、それが選挙期間になってより固まった。

山田議員にしてみれば、多分面白くない事だろう。
タッグパートナーとなる赤松健先生の分の票が藤末議員に持っていかれる可能性もあると危惧しているかも知れない。

Twitterで、赤松健と藤末健三で検索してそれぞれの評価や、それぞれに関するツイート数を見ると、
どうも、今回の選挙では藤末健三を好意的推している人が多い傾向が有る。
その理由には、表現の自由系のインフルエンサー推しているとツイートしている事等もある様だが、
藤末健三さんを推すツイートは、静かだが熱を持ってる系も物が多く、赤松健さんを推すツイート
表面的には熱いが、何処かお祭り騒ぎな印象の有る物が多いと感じた。

おそらく、山田太郎議員は、藤末健三を落選させて、その分の議席赤松健先生当選させたいと
考えていたのだろうが、もしかしたら、藤末健三さんの方が赤松健先生よりも得票数が多くなり
赤松健先生落選する可能性すら、今頃危惧しているのではないかと思う。

あくまで、主観的に見てだが
「今回、もしかしたら藤末健三さんは赤松健先生以上の得票数当選するのではないか」と、
私はそんな予感がしている。
その上で、私は藤末健三さんに入れる事を決めている。

他の人が赤松健先生と藤末健三さんのどちらに投票するかは知らないが、
この話が、赤松健先生と藤末健三さんのどちらかで投票を迷っている人にとって、
何らかの参考になればと思っている。

こうして、匿名記事を書いていたのは、”政治の話は面倒くさいから極力したくない”からだ。
だが、”政治の話は面倒くさくないから極力したくない”が、私は藤末健三さんに投票したいと思ったし、
この話が投票の参考になればと思って、匿名記事を書く事にした。

藤末健三さんには、私が誰かはバレているだろう。

2022-05-19

志摩スペイン村トレンドに押し上げた女こと

Vtuber周央サンゴ

その勢いは止まることを知らず、地上波にまで到達し、俺は嬉しい。もっと認知されてくれ。

にじさんじという箱の中でも極めておもしれー女だが、あの凄まじいトークに惹かれた人間向けに「これだけ押さえとけ周央サンゴ切り抜き5選」のURL置いとくわ。

~ 岩波少年文庫限界オタクをやっていた時のトーク

https://youtu.be/03fZ1pjmRUs

志摩スペイン村に対するあの熱いトークから分かるように、周央サンゴは、好きなものについて語り出すと止まらない女であり、この配信時では、かつて孤独に沼っていた岩波少年文庫について語った。

もう中古しか流通してない、児童文庫の名を冠したレディコミ並みのドロドロラブロマンスマイナー小説をここまで語れるのはお前しかいないよ……。 

~ スーパーソング批評家の周央サンゴ

https://youtu.be/6hQ6mSqxVU0

スーパーソングでこんなに深い考察することあるんだ……と認識を改めることになった動画

曲調は勿論、歌詞ムービー、曲の展開についてあの巧みなトーク力で語る様は必見であるラ・ムーの曲は確かにいい曲だった。

~ みなさま〜(天下無双

https://youtu.be/JhcUaDKtKgw

周央サンゴは定期的にバズる女だ。記念すべき1回目のバズ、周央サンゴというキャラが箱内外で認知されたきっかけになった切り抜きがこれ。

定型文化した挨拶キャッチーさ以上に、野球ミリしら人間がやる野球ゲーの実況としてエンタメ力が高い。ンゴのトークシンクロ率200%のアニメと共に見てほしい。

~ 実質歌枠「ウェカピポ」

https://youtu.be/v24WKwUhIjY

あの切り抜きを見たらわかると思うが、この女、滑舌SSRである

だが、単に滑舌が良いだけでなく、Siriのような自動音声ボイスを口から発声することが可能という特殊スキル持ちだ。

“陽“で“動”なウェカピポの歌詞を“無”で“静”な声で読み上げる様子は一種洗脳動画であり、先輩ライバーの1人は「もう少し聴いていたら脳が破壊されるところだった」と評した。

~ 萌え声生主による多重人格テトリス

https://youtu.be/WRHTfPfEkCw

TRPG好きで憑依型演技が可能人間に優れた七色の声帯を与えるとこうなるという見本。

萌え声、イケボ、地声Adoボイス等を駆使し、人格を乱立させながら理不尽テトリミノに立ち向かう。これコラボじゃなくてソロ枠ってマジ?

~ 終わりに

他にもインターネット桃太郎環境保全大臣ンゴ、無免許医師などンゴの優れた切り抜きは沢山あるのでちょっとでも興味を持ったら見てほしい。

結びとして、今回の影の功労者、ピピニキに感謝の意を表して終わりたいと思いますありがとうございました。

2022-05-18

anond:20220518232517

けいおんとどっちが先だったっけ?覚えてない。

確かけいおんが先だった気がするが・・・

らき☆すたは、音楽好きでもなんでもない普通の人に「スラップベース」を広めた功労者でもあると認識してる。

2022-04-27

チンピラ紛いの議員必要時代大阪にはあったのだろう

ホッテントリに上がってたニュースを見たときになんとなく思ったこと。

毒を以て毒を制する必要があった大阪

あの政党の成果として語り継がれているのはそういう案件だったようだ。

おそらく綺麗事では洗い流せなかったものに対抗するにはチンピラ紛いの味方を連れてくるしかなかったのだろう。

毒を制した後に残ったものもまた毒だった

毒を制した側の毒にとっては、おそらく自分が求められた特性を今も振るっているだけなんだろう。

強大な敵を倒すのにギガストラッシュ必要だったから、

その後のありとあらゆる仕事ギガストラッシュを振るっているのだ。

とりあえず現時点ではギガストラッシュ必要ないんだが、チンピラ紛いの議員にしてみれば

自分は何も変わってないのに求められることが変わったことを受け入れられないのかもしれない。

ギガストラッシュしか振るえない功労者はどうすればいいのか問題

チンピラ紛いの議員は、いまだ強大な敵が居た城で戦っているつもりなのだろう。

場所は同じだ。どこに強大な敵の手の者が潜んでいて己を陥れようとしているのか分からない。

常在戦場ということなのかもしれない。

自分邪魔をする敵はギガストラッシュで成敗する、それを皆が喜んだのだから今後もそうするんだろう。

毒を制して残った毒はどうすればいいんだろう。

次の毒を連れてきて徐々に毒を弱めていくしかないんだろうか。

つの日か普通の解毒剤が効くようになるといいですね。

2022-03-15

anond:20220315200709

まあ高齢左翼高齢左翼で「銃を握って瓦礫の陰から敵を狙うカッコイパルチザン」と大差ない妄想を糧に日々を生きてるわけよ

たぶんなんか世界が注目する大舞台(国連とか)で平和使徒としてなんか感動的な演説して各国首脳が感激して改心して戦争終わって平和が訪れましたメデタシメデタシ、みたいなやつ

もしくは日本解放功労者として大抜擢されて日本自治区執政官として辣腕を振るう、みたいなやつ

2021-11-28

ヤクルトはどっちかというと苦手なチームで

日本シリーズ比較オリックス寄りで見てた

昨日はオリックス負けたのを確認してそのまま寝たけど

スポーツニュース青木川端が泣いてる映像見たら

まあヤクルト日本一で良かったかなと思う

やっぱベテラン功労者引退までに報われてほしいし

2021-11-01

民共産はなんであんなにフェミニズムに前のめりだったの?

別に男女平等に異存はないけどネットフェミニストみたいなノリは多数派じゃないでしょと思ってた

普通女性労働待遇をよくしますみたいな方向にすらいかキモオタの中でも一部しか読んでないロリコンエロ漫画を取り締まります社会的合意ですとか言って

そんなキモい話題選挙前に大問題みたいに盛り上がったりして世間からどう見えると思ってんだ正気じゃねーなと思ったらやっぱり駄目だった

さら共産党ではフェミニズム路線の旗頭みたいな女性議員が落選

誰もそこまでラディカルフミニズム求めなかったってことじゃん

あげく当女性議員サイドからは「フェミニズム選挙の争点にした功労者なのに比例名簿順位が低い!」とかい逆ギレを内部批判かまされてるザマ 

フェミニズムが争点になってたらなんでその最先鋭最左翼のお前が落ちとんじゃい

立民も共産も何考えてんだよマジで

もうバカにする気も起きねえよ

2021-10-30

anond:20211030195439

今の高齢者日本個人資産の8割だかを抱え込んで

自分たちの逃げ切りだけ考えている世代から

そのくせ自分たち功労者とか弱者と思っててもっと優遇しろって思ってるし

2021-10-22

anond:20211022115159

こんな微罪で国家功労者汚名を着せるとか日本は変な国だなあと思う

2021-10-18

桜を見る会」に参加したことがある

実は「桜を見る会」に参加したことがある。

首相枠ではなく○○省枠で。

当時、「桜を見る会」の招待状は1業種2通と言われていた。

自分が参加したとき、もう1通の招待状を受け取ったのは知人で、前年の叙勲者だった。

から、とても名誉なことだなあと思った。

招待状には「平服で」と書いてあったので知人(前年の叙勲者)に相談すると「叙勲は正装だからモーニング・色紋付き。今回は準正装だから男性ダークスーツ黒革靴、女性訪問着」とのことだった。

自分でも調べてやはり準正装が相応しいだろう、と思ったので用意した。

平服って書いてあるんだからなんでもいいじゃないか」と思うかもしれないが、業界代表して参加することになる……と思うとそんな訳にもいかない。

開園は午前なので、地方からの招待客のほとんどは前日からホテル宿泊女性ホテル美容院着付け、その後タクシーで移動というスケジュールになる。

皆、交通費以外にもホテル宿泊代やら美容院代やらタクシー代やらの出費が大変だったのではないだろうか。

自分も「この機会に○○を~」と薦められた。高額なものは断ったけれどそれなりに買ったものがあって結構出費した。

当日。

指定時間通りに門に到着した招待客は、自分も含めて、皆、スーツ訪問着などの準正装だった。

だが。

準正装の自分たちが園内に入ったとき、中はすでに「先に入った人たち」でいっぱいだった。

メイン会場に食べ物飲み物もなかった。どこかに残っていたのかもしれないが、自分が近づける場所にはなかった。

「なんだかおかしいな」感をさらに高めていたのは「先に入った人たち」の服装だった。

メイン会場で騒いでいた「先に入った人たち」の大半は言葉通りの平服だったのだ。

セーターにパンツ姿の女性もいた。まるで旅行にでも行くような格好だな、と思った。

から、数年後、「桜を見る会」が問題になったときには「なるほど」と思った。

○○省枠で一度きりの招待状を受け取った自分たちより先に園内に案内された人たち。

普段着みたいな格好で我が物顔で騒いでいた人たち。

あの人たちは、当時の首相安倍サンが招待した山口県支援者だったんだな、本当にバス旅行でやってきた団体旅行の人たちだったんだな、と。

メイン会場は妙に騒がしく、自分が居るのは場違い雰囲気のように思えたので、知人(前年の叙勲者)と園内を散策して門の外に出ると、公務員らしき人たちがレジ袋に入れた升を掴んで面倒くさそうに渡してきたのでまたびっくりしてしまった。

招待された客(大したものではないかもしれないけれど、一応、功労者と認められた人たち)に対する態度ではないなあと思った。

税金で飲み食いしようと思うからそういう目に遭うのだ、という人がいるかもしれない。

が、多くの人は「これも仕事のうちだ」と思うから数万円(人によっては数十万円)かけて支度をしたのではないだろうか。少なくとも自分はそうだ。

安倍サンに招待されたから浮かれて行ったわけではない。

桜を見る会」は、以前は素晴らしい催しだったのかもしれない。

けれど、今は匿名でなければ「参加したことがある」と言えないものになってしまった。

2021-10-13

会社功労者ストレスで仕方ない。

 

自分には「見えてる仕事」と「見えてない仕事」が存在する。

役職付きなので「見えてない仕事」で時間を取られ「見えてる仕事」が遅延することが続いている。

上司もそれはわかっているのでお叱りはないが(上司が指示した仕事もある)、会社功労者が「仕事無視している」と度々発言する。

この功労者は「見えてない仕事」を知らないので、仕事を全くせず放置していると思い込んでいる。

 

「見えてない仕事」というのは主に人事や契約関係だ。

正直、この功労者言動のおかげで度々トラブルになっているし、最近若い社員は若干恵まれてるところもあって、自分勝手と言わざるを得ない自己主張や変な忖度かましてくる。

社会的流れからも「部下の話は聞く。納得するまで説明を尽くす」というのがデフォなので、その対応にかなりの時間を割かれる。

ある時は、本人の不満を聞いて会社ルールでできること・できないことを説明したら、納得するまで丸1日かかった。

何度も話をぶり返す部下もいるので、1ヶ月ごとにそういう対話必要になることもある。

1人ならまだしも複数がそれぞれ主張してくるし、社員間の気持ちの行き違いで本格的なトラブルになりそうな時もあるので、その前に止める必要がある。

また、社員意味不明忖度をして大きな問題になりかけることもある。

そうなってくると会社報告書を提出する必要が出てくるので、事実確認聞き取り報告書作成で、予想外の仕事に追われることになる。

他にも、突然降って湧いた契約関係調査があったりする。

国内だけならまだしも、海外のものもあったりして思った以上に苦戦する。時間けが流れることも多々ある。

これが数年続いているため、正直、精神的にもヘトヘトだ。

 

そういう事情を一切知らないので「仕事放置している」と言う。

自分仕事を進めたいのは山々だが、いくら残業しても追いつかない。

その部分でもストレスが溜まってる。

 

流石に何度も言うので「どういうことですか?」とガチギレしたことがある。

どんなにパワハラかまされても仕事でキレたことがなかったので、上司が驚いて間に入って注意もしてくれたし、一応本人から謝罪があったが、数週間たてば元に戻る。

 

社内でも「あの人は仕事はできるんだけどね…」と言う感じで、半ば言動を黙認しているが、なかなか酷いことを言うので有名だ。

トラブルも一度や二度ではない。

それでも「功労者」ということで許されちゃってるんだよね。

めんどうくさい。

 

人事関連の対応に追われて、自分の持っている仕事を動かせないこともストレスになってるんだけど、輪をかけてコイツ言動ストレス

迷惑料欲しい。

2021-09-30

管理職は叩かれるけど

好きでなったんじゃないやい。

 

自分の思い通りにならなくて目の前で号泣する部下に対して

「俺は課長から「他の部署に比べて部下に優しすぎる」って叱られているんだよね。ごめんね」

って部長が言うのやめてくれるかな。なに勝手に人のことを悪人にしてんだよ。

あんたが権力に物言わせていろいろやったから、部下も勘違いしてワガママ放題主張するようになったんだろうが。

なにが「優しすぎる」だよ。ばかやろうが。

 

権利を主張するのはいいけどさ、会社全体のバランス考えたら受け入れられないんですって。

権利の影に隠れたワガママ通しても、そいつ以外ほぼ誰も使えない、そいつけが明らかに優遇される制度になるって部長も良くわかってるだろうが。

産休や育休、時短みたいに「自分ルール上使えないけど、使える人は使ってもいい。権利から」って、ほとんどの人が思える制度にはならないんだぞ。

 

もし制度化しても、利用できない人間が大半だからまれるだけじゃねえか。恨まれるような制度、誰が使うんだよ。ばかじゃねーの。使えない福利厚生なんて意味ないじゃん。

最悪、部長権力にモノを言わせて一旦周囲に認めさせることができても、なにかあれば梯子外されるのも知ってるじゃん。

梯子外された時に辛い思いをするのは、ワガママ押し通して優遇された本人なんだよ。

あんたもそれをよくわかってるから、私に「なんとか説得しろ」って言ったんだろうが。

泣かれたからって、私を悪く言うのは筋違いだろうが。

 

一事が万事こうだ。

おまけに最大功労者っていう人が部内にいて、そいつも好き勝手言う。

好き勝手うからこちらの面目が潰れたのも一度や二度じゃない。正直部下がアンコントロールになってる遠因の一つだ。

 

世の中的に管理職って叩かれるよ。叩きやすいんだろうけど。

部下が使えなければ「上司のせい」って言うけど、要因は他にもあるんだぜ。

 

あー。もうめんどくさ。

最近管理職プレイングマネージャーなんで、管理だけしてりゃいいってもんじゃない。

毎回毎回説得しろと言われ、頻繁に半日がかりでワガママ聞いて説得する身になれよ。思い通りに行かなくて逆ギレする部下を微笑みながら観察する時間があるなら、自分仕事したい。

いつも、自分仕事に取り掛かる頃には日が暮れてる。もっと仕事を少なくすればいいのにって言われたけど、できねえからそうなってるじゃんかよ。

何度同じ仕事を与えても、1から10まで完璧指示書さないと成果物上がってこないんだぜ?

前回と同じにしてと言っても、参考に前回の指示書を貼り付けてもできないんだよ。疑問も持たず、定時ギリギリに提出してさっさと退社しよる。

 

自分管理職として異動してきたら、もうこんな感じ。ひとことで言えばハチャメチャ。これは一体誰のせいよ。

どうにかしろって言われても無理だって。他の部署の同じ役職者にめちゃくちゃ同情されるくらいだって言うのに。

 

迷惑料欲しいわー。

2021-08-21

クボユウスケという人がマジですごい

 #kutooo 運動創始者である石川優実氏が、ここ最近ビジフェミ界の猛り狂う邪神と化しているのを知って以来、野次馬根性から彼女を観察するのをやめられなくなってしまった。「こうすれば炎上するに違いない」という打算と本物のヒステリックな怒りが入り混じった意味不明言動、そしてそれを用いた猛獣の如き全方位攻撃は“”社会運動“”の神輿にまつりあげられてしまった人間がどう壊れていくかの貴重なサンプルであり、ドキュメンタリック臨場感に溢れている。

 彼女はいわゆる“界隈の姫”であり、石川氏がレスバに興じるさいにはフェミニストを自認する大量の男性アカウントがわらわらと湧いてきて彼女援護射撃をしたり後ろから撃ち抜いたりしている。基本的男性男性であるというだけで異常に嫌悪し、「男は性欲のみを原動力とする恐ろしい化け物であるから彼らの娯楽は全て取り上げ檻にでも閉じ込めておかねばならない」と定義するツイッターフェミニズムを全面的肯定しているというだけでかなり歪な哲学を持っていることが自明だし、その上で「自分はそのような怪物ではなく、フェミニズムによって浄化され女性を敬うようになった解脱者だから大丈夫」とでも言いたげな彼らの姿勢を見ていると“名誉男性”ならぬ(ラディカルフミニズムにおける)“名誉女性”とでも呼びたくなってくる。

 その男擁護者たちの筆頭にクボユウスケ氏が存在する。

 彼はとてもすごい。

 クボ氏は石川氏と親しい間柄のようで、頻繁にリプライでやり取りしている姿を見ることができるし、ここでは特に言及しないが、石川氏のTwitterアカウント運営に携わっているらしいという疑惑さえ出てくるほど石川氏に近しい。


 では、彼の何がすごいか

 彼は人を苛立たせる才能にあまりにも長けているのだ。

 石川氏が誰かを燃やしたり逆に誰かに燃やされていると気づくや真っ先に駆けつけ、侮辱的な屁理屈を投げつけるのがクボ氏の仕事なのだが、その鋭さたるや並大抵のものではない。

 彼の言葉は、それを投げつけられた側がどうしてもカッとなって買い言葉をぶん投げてしまったり、なんか変な受け取られ方してると感じて誤解を解こうと一生懸命返信したりしたくなってしまう魔力に満ち満ちている。言い回しも刺々しく上から目線で、絶妙相手の話を聞かずに少しずつ論点をずらし、勝手に勝ち誇る。また石川シンパ以外のフェミニストにも積極的喧嘩を売ることで、人々の義憤喚起やす選民思想も鮮烈に見せつけていく。あまりに技巧的だ。

 そして彼が敵対者に貼り付けるレッテルもまた、非常に的確に反論をさそう「ズレ」で彩られており、本当に攻撃力が高い。

 まともな思考回路人間はたとえば「通り魔事件被害者を悼むサイレントデモ行為をなかば揶揄した形の支援金募集活動Twitter上ではじまる」→「この支援活動に金を落とした連中は全員アンチフェミオタクで声を上げる女性をおちょくりたいだけの粘着アンチなんだな!」という連想ゲームはできないし、ネタで思いつけたとしてもうっかりツイートしたりしない。むろん彼がこういうぶっ飛んだレッテル侮辱をするのはこれが初めてではない。

 いくらなんでもそんな喧嘩の売り方しちゃダメだろと思うようなやり口のさらに下を行く、侮辱とか以前にあまり倫理観に欠ける言葉ポンポン思い付きポンポン投擲できるのは間違いなく正常な精神に基づく行いではない。

 クボ氏自身存在それ自体もこの優れたヘイト管理能力の一部だ。彼のツイッターアカウントは、いわゆる“意識高い系アカウント”そのものの見てくれながら何をしている人なのか全くわからず、不気味さとあまり綺麗ではないビジネス臭いを放っている。これによりそういったもの本能的に嫌悪し警戒しがちな人間が多数を占めているアンチフェミ界隈の、クボ氏および彼の擁護するものたちへの対する怒りを更に煽ることができるのだ。Googleでクボユウスケを調べようとすると真っ先に「クボユウスケ 何者」と出てくるのが良い。「職業」とか「経歴」とかそういうのではなく「何者」というなんとも言い難い問い。まさしく彼の立ち振る舞いを見た多くの人が「何様なんだこいつ……(ドン引き)」と思ってきたことの証左であろう。

 ここまで読んで「こんな特徴を持つ石川親衛隊はいくらでもいるだろう、つーかだいたいそんな野郎ばっかりじゃんか」と思われる方もおられるだろう。確かにそれはそうなのだが。そうなのだが、だからこそトゥギャッターなどで彼がレスバをしている姿をきちんと見れば、他の騎士たち、そして何より石川氏の言動とも一線を画すクボ氏の横柄さ、異様さに圧倒されるはずである

 石川氏の“売り言葉”には、彼女の少々ゆがんだ価値観にもとづく失言鬱憤わがままや憤りなどが詰まっており、ある種の人間くささがきちんと感じられる。クボ氏以外の騎士団員の言葉もやはり、石川氏を思いやる気持ち純粋さ故の間違った怒りが彼らの人間性を照らし出しているのを見てとれる。

 翻ってクボ氏の発言を見てみると、彼はもしや人間を苛つかせるために開発されたAIなのかとさえ思えてくる。他の男性に見て取れる石川氏への媚びもほとんどなく、むしろ敵対者を的確に逆上させることで石川陣営とのレスバをさらヒートアップさせるための布石を丁寧に並べていることが多い。そこには彼の驕り高ぶりと“まちがったふぇみにずむ”のあまり恣意的すぎる印象が輝いているだけだ。機械的ですらある。なぜこんなに的確に人を怒らせ愕然とさせることができるのか。

 それは分からないが、一つだけ確かなのはクボユウスケ氏のようなヘイト発生装置エンジンとなっていなければ、石川氏は今のように暴走ロケットの如くブッ飛び続けることはできなかったであろうということだ。クボ氏がレッテル爆撃を行うことで呼応する様々な属性義憤を掘り起こし、それらすべてを自身およびフェミニズムに対する攻撃とみなして迎撃しようとする石川氏の狭量さと溢れる攻撃性が両輪となって“フェミニズム”を彼方まで運び去り続ける。

 ゆえにクボユウスケは#kutoo 運動における最大の功労者であり、拡散立役者でもあり、世間への浸透後の歪な軌跡の象徴とも言えるだろう。


追記:石川氏のことをラディカルフミニスト(女性を魅力的にとりあげたコンテンツエロであるか否かに関わらず全て地上から一掃しようとしていたり等するヤバいひとたち。いわゆる“フェミ”の内でも抜きん出てイカれている。思想的には現代のそれよりも過激カトリックイスラム教などに近い)であるかのように書いていたが、彼女はその陣営ではない。当人リベラルフェミニストだと思っておられるようだが、石川氏の行動は上野千鶴子氏などのそれとはいろんな方向であまり似通っていないので何と呼ぶべきなのかはよくわからない。間違えて書いちゃったのを思い出したので訂正しておきますすみませんでした。

2021-08-08

女子バスケMVP高田選手

まずディフェンスがよかった。

フランスデカセンター相手に4Qフルに堅牢な守りでインサイド一方的にやられるのを防いだ。

4Qの同点展開で、ややフランスに流れのある嫌な状況で絶妙ドライブイン

フローター気味のレイアップで相手の190cmのブロックをかわしてカウントワンスロー。あれで流れが完全に日本に来た。

あれはとんでもなく素晴らしいプレイだった。あれがなければフランスに負けて5位にも入れなかっただろう。

最年長リーダー大黒柱として精神的支柱となりつつ、決めるところでは決める。

MVPは間違いなく高田選手であり銀メダル功労者である

2021-08-06

いまだから話せる総括! 我がハンJを見捨てた理由(わけ)

かつてネトウヨを潰すためのハンJ騒動というのがあった。

我はそれに加勢し何とは言わんが主導的な立場にあった。

幾多のYouTubeネトウヨ動画をポアに追い込みTwitterからヘイトスピーチを消すために協力した

結果、YouTubeはより見やす浄化成功した。

我はそれを喜んだ。ネトウヨ 動画は低クオリティデマを垂れ流しにするYouTubeの汚点である。それを浄化することはまさに社会的正義だったのだ。

しかしそれは弊害を生んだ。

ゆっくり実況やゆっくり解析の動画が巻き添えを食らったのだ。

我の祖国東方界隈で、その中心たるふたばちゃんねるであり、なんでも実況ジュピターではない。

東方界隈の同胞を増やすべく布教の窓口となっているゆっくりコンテンツを潰すことは、祖国への謀叛であり、利敵行為に他ならなかった。

その時、我は気がついた。我らの社会的正義とは、同胞の首を絞める自殺行為であったということを。

我はそれを自己批判し、ハンJから手を引いた。

しかしそれでも第二の母国であり、効率的布教情報通信アビリティを与えてくださったなんJへの想いは捨て切れなかった。

そこで祖国への裏切り承知の上でせめてものコミュニティへの仁義を尽くすべく、ハンJでの活動を最小限継続した。

しかし、2018年の夏にもなろう頃にはハンJは無茶苦茶であった。

内紛が起きた。かつて通報スレやban祭りスレにあった一体感はなく、お互いを糾弾し合い、あいつはメイン盾を逸脱した左翼クラスタだとお互いを決めつけあっていた。

そしてハンJ拡大の功労者である有能人物を次々と引退に追いやったり攻撃したりしていた。

我もその被害者の一人である

その時、我は悟った。

ハンJは壮大な失敗であったと。

2021-08-05

anond:20210805014452

名古屋民がゴリゴリ田舎者であることがよく分かったよ。

 19時57分──。あと3分投票箱が閉まるというとき、会場に大きな変化があった。事務所前の道路に停められたステージカーに一番近い、前列ど真ん中に座る72歳の男性が、突然、「待ちきれん!」と言って、勝手に両手を挙げて叫んだのだ。

バンザ〜イ!」

 報道陣に緊張が走り、一斉に男性カメラを向ける。これは予行演習なのか? それとも本番なのか?

 その場にいた全員が微妙時間に戸惑っていると、男性さらに大きな声でこう続けた。

「でっかいキンタ◯〜!」

 まったくわけがからない。多くのカメラマンは生放送していなくてよかったと胸をなでおろしたことだろう。はっきり言って、男性がなぜこのような言葉を叫んだのか、まったく意味がわからない。

「おれは昭和23年まれ。72歳。河村さんと同い年だでよ〜」

 お元気なのは何よりだ。しかし、もっと驚いたのは周りの人たちの反応だ。男性言葉に顔をしかめるでもなく、平然とした顔でおしゃべりを続けている。

「こないだもテレビに出してもらったで。今日は知っとるテレビ記者がおらんね〜」

 誰も男性言動に動じていない。さすがは人生経験豊富支援者だ。椅子に座っている人たちの多くは高齢だが、しばらくすると、インスタライブで中継をしている若者最前列に座った。スマホのインカメラで「◯◯さん、いらっしゃーい。観てくれてありがとー」などと大きな声で生配信を続けている。空気は読まない。時には青いスタッフジャンバーを来た選挙スタッフを呼びつけて「この人が功労者なんです!」などと中継を続けている。その男性は聴衆の中に別の知り合いを見つけると、大声で「◯◯ちゃーん!」とカメラの前に呼びつけていた。その様子をみていた80代の女性が「私もスマホ持っとるけど、孫とLINEするぐらいだわ」と私に話しかけてくる。

「孫は浜松専門学校行っとるんだけど、私はうなぎは一回しか食べたことがない」

 選挙には全く関係ない。とにかくすごい空間だったことがわかってもらえるだろうか。

https://yomitai.jp/series/election/37-hatakeyama/

2021-07-18

以前勤めていた会社にいた役員の方

小山田圭吾に似ている風貌だった。

目がギョロッとしていて、髪が坊ちゃん刈りで、とぼけキャラで、ITについていけない年長社員にまつわる変な小話をグループウェアにたくさん投稿していた。

それが投稿されたのは私が入社するよりもかなり前だったので情報の鮮度としてはかなり古かったが、私は一つ残らず探し尽くし、全部読んでいた。

社員が集まる会議では短い時間ながら必ず発言する機会があるのだが、ほとんどの場合笑いを取っていた。しか当の本人は真面目な表情だ。

ある日社内通達でその方がお亡くなりになったのを知った。

はいってもその(多分)1週間ぐらい前まで最寄り駅や社内で普通に見かけていた記憶があったので突然のことで驚いた。

葬儀香典はすべて辞退されていた。

面と向かってまともに話したのは採用試験面接ぐらいだったと思う。

謎に包まれた方だった。

おそらく、あの会社のかなりの功労者であったのだろうとは思うが、私は詳しいことはほとんど知らない。

2021-06-09

競馬に外れた時のリアクションの在り方について

関連記事

https://anond.hatelabo.jp/20210608195535

https://anond.hatelabo.jp/20210606173116

今朝、はらぺこあおむし偕成社さんが風刺イラストの事でオリンピック会長おちょくるのは危険だ、編集部原作読んでないのか?

声明を発表した。

だがこれを書いてる今晩、東京ダービーが開催され試合後にあの忌まわしき「本田未央競馬辞めるネタ」の応酬が来るのかと思うと寒気がしてならない。

あの元ネタは第6話、ニュージェネ(しまむー・しぶりん・未央)に初めての試練が訪れる、

しかしその試練の襲来までを描くまでに土屋ヤローは未央の動かし方を下手くそにやりやがり、

どのように試練の時を訪れさせるのかで失敗したともいえるものだ。

けどリアタイ(2015年頃)の時にネット界隈は

どうしてた?

土屋ヤローメジャーシリーズ功労者だと言うことに胡座をかいてどの様にキャラを動かしていったほうが、どんなふうにして試練のときを始めた方が良かったのかをろくに検証しなかった。

土屋ヤローは新たな競馬やめるネタしたいからとの理由

ミリマスのキャラのうちの一人をヘイトタンクに仕立て上げようとしているかも知れねなんだぞ…

話が脱線してしまった。

その土屋易々を抜きにしてもシリアスかつ真面目なシーンなのに冒涜行為ネットミーハーどもは続けてきたさ。

それにバンダイナムコ偕成社さんに比べて使命感もキャラの扱い方についてもレベルが低すぎる。

集英社東映グルヤムチャがサイバイマン戦で倒れる場面をスパゲッティの上に載せるとかいカフェメニュー容認

オルガネタ放置lineスタンプトップは止まるんじゃねぇぞ、

そして自分らの品物を転売ヤーものカモに仕立てるとか馬鹿じゃねえの?

じゃあ、競馬で外れた時にどのようにリアクションすればいいのか?

(デレマス6話のやり取りの他作品キャラへの改変は厳禁だからな。 ツインターボにまで侵略しやがって、反吐が出る)

◇このすば(この素晴らしい世界に祝福を!)で

所持金無駄遣いしてカズマに絞られるアクア

◆慎重勇者からは、

所持金勝手に使って聖哉にシボられるリスタルテ

おそ松さん場合だと、

6つ子が給料競馬に使いトト子からパンチ喰らって

夜にとぼとぼ帰宅するところ

こち亀パターン

大原部長両津さんへの説教

ギャラクシーエンジェル編:

ミントフォルテ蘭花競馬の結果で

昭和的な演出喧嘩の煙

これらに限るだろ、マジで。全部コミカルな場面がもとになってるから

2021-05-20

ブギーポップ(2019)は大失敗。

元増田

結局ブギーポップの2019年の再アニメ化は失敗なのか?











「完全にうまく行くことなんかこの世にはないさ。みんな、多かれ少なかれどこかで取り返しのつかない失敗をしながら、それでも生きているんだ」

「失敗するとわかっていても?」

「それが失敗だと誰が決めるんだ?」

俺がだ!

VSイマジネーター!

飛鳥先生〜!苦悩する能力者がイマジネーターに精神的に追い詰められて新世界の神みたいに堕ちてくとこがたまらん!さすがマッドハウス

ブギポに扮した正樹がチンピラボコり倒して衣川琴絵(中身はEちゃん)の頭に銃口ゴリッと突きつけるアクション!凄すぎて、その後の本命のはずの凪をちょっと食ってたぐらいだからね(苦笑)

飛鳥井仁とスプーキーEの対決と、あっけない幕切れ!鳴り響くマイスタージンガーの中、遂に「本物」と出会う偽ブギーポップ=正樹!ブギーポップ飛鳥井仁の対決と、やはりあっけない幕切れ!終盤のこの辺は普通に盛り上がるところを、普通に盛り上がらせてくれたので満足!

最長エピソードにふさわしい特殊EDも豪華!

夜明け!

あ、あぁあ゛あ〜〜(語彙喪失

原作読者は当然、初見の人々からも圧倒的な高評価ヒーローオリジンエピソードとして、原作のエモさの勘所を的確に拾いつつ、アニメらしく膨らませるべきところ(特にアクション)は大きく膨らませるセンスの良さ!一挙放送で一本の映画のように見せたかったのも頷ける、間違いなく本アニメベスト

改めて語るのもタルい(「タルカスっぽい」の略)から、詳しくはこの辺を参照してくれ!

原作読者によるアニメ「夜明けのブギーポップ」メモ1(10話)

歪曲王!

ゾーラギゾーラギ!原作でもシリーズ中一、二を争うようなド派手な対怪獣戦を、「飛んでくるコンクリート片を素手で受け止めるブギー」「コンクリートの壁をワイヤーでバラバラにするブギー」といった、悪ノリすれすれのTUEEEムーブまで追加して、よくもここまで爽快なアニメーションに仕立ててくれましたね!TRIGGER存在にここまで感謝したことないよ!

あれ、もしかして「笑わない」の……?と思わせてからの、オリジナルの竹泡エピローグ!なるほどなあ!こう来たか!「歪曲王」単体ではなく、アニメ最終回にするならこれもアリ!泣くわこんなの!

笑わない!

笑わないは……いや、笑わないだって、全アニメ平均で見ればそこまで悪くもないよ。

よく文句を言われるモノローグカットも、小説ラノベ原作からこそ敢えて、言葉から映像に変換することを最大限試みるべき、という心意気と言えなくもないし。実際、得体の知れない緊張感でいえば随一だったしね。

キャスト

ブギー・藤花のみならず、藤花の中学生高校生微妙な演じ分けも完璧だった悠木碧氏!ありがとうありがとう

細谷飛鳥井!こういう、実は脆いところを抱えたイケメンほんと似合うな〜!

ハナカナ水乃星!あ、ヤベー女だ!巫女にして!

小林竹田!失礼ながら本作で初めて知った人だけど、竹田現代高校生としてアップデートできたことの、最大の功労者だと思ってます

他も全体的に良いんだけど、個人的にあと一人挙げるなら、来生真希子(フィアグール)の木下紗華氏!怪人としての本性をむき出しにした時の怪演ももちろん印象的だったけど、普段の(欲望を抑えた)声もいいんですよね〜!

音楽

牛尾憲輔氏はメインスタッフ中で唯一、原作読者だったことを公言してるだけあってジャストフィット!鬱々とした日常の中にそれでも仄かな希望が見えるような原作空気感をズバッと捉えてくれてました!





――といったように、ブギーポップ(2019)には評価すべき点がいくらでもある。

しかし、それでもブギーポップ(2019)は失敗作なのだ。そう言わねばならない。残念ながら。

あのアニメには、もっともっと良い形があり得た。それを我々は既に知っている。

原作読者の狂信か?違う。

第1弾PVがあるからだ。

TVアニメ『ブギーポップは笑わない』 ティザーPV

アニメ化決定の発表と同時に公開されたこPVは、ブギーポップ宮下藤花・霧間凪・水乃星透子こそ登場しているものの、描かれているシーンはほぼ全て、原作には存在しないものだ。合成人間・MPLSらしきオリジナルキャラクターの姿も見られる。

にも関わらず、このPVファンが「ブギーポップ」に求めるであろうものが全て詰まっている。都市で暮らす若者たちの閉塞した日常。その影で行われている人間超人の、あるいは超人同士の暗闘。そして、それらとは一線を画す、単なる能力のぶつけ合いには留まらない、世界の敵と死神の戦い。BGM牛尾憲輔による曲だが、コンサートホールで手を振るブギーポップというマイスタージンガーを思わせる要素すら含まれている。

これらが、冷たく硬質な空気感でもってまとめ上げられた一本の完成した映像作品が、このPVなのだアニメ本編では、監督自身絵コンテ担当した笑わない編の1・3話の映像面にはやや近い方向性がある気もするが、それでも質では遠く及ばない。

そもそもPV予告編とはそういうものなのだ、と人は言うかもしれない。短いだけに刺激がギュッと凝縮されるのであって、それを長丁場のTVアニメ本編にそのまま望むのはものを知らない愚かなことなのだと。

しかし、本当にそうなのか?あのPVを見た俺以外の原作読者は、ああいブギポアニメが見られることを少しでも期待していなかったのか?またアニメスタッフは、自分たち自身が作ってみせたあの素晴らしいPVに迫るような内容を本編でも実現しようとは、一度も思わなかったのか?本当に?

改めて言っておくが、ブギーポップ(2019)は決して、原作レイプで作画崩壊RTAといった最底辺アニメなどではない(円盤売り上げはひどいらしいが)

だが俺は、ブギーポップアニメで、そしてあのPVを作ったスタッフアニメで、「良かった探し」なんかしたくはなかったのだ。良くも悪くも圧倒されたかった。どうせ高みに届かないなら、いっそ本当に地獄のような最悪の出来になっていてほしかったとすら思う。

現実にいま俺の前にあるブギーポップ(2019)は、良いところも悪いところもそれなりにある、そこそこのアニメだ。俺はそれを敢えて「失敗作」と呼ばせてもらう。

放送から既に2年が経つが、この事実を素直に受け入れるためには、まだまだ時間がかかりそうだ。あるいは、本編終了から始まったこ葛藤こそが、「ブギーポップアニメ化」というイベント本質だったのかもしれない。お気持ち長文ポエム失礼。

「なるほどな……それではやはり、この中途半端状態もまた、俺の〝強さ〟のひとつというわけだ」

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん