「アンテナ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アンテナとは

2020-05-21

anond:20200520205906

5ちゃんネタっぽさ強めだか暇つぶしという言い訳比較的立てやすいんだな。

あそこは場の雰囲気がころころ変わるから、息の合った掛け合いみたいなそういう機転の良さが結構強要される空間なのね。それ故に5ちゃんというサイト内の流行り廃りも激しくて新陳代謝が活発なのかもしれない。

はてブはやりとりが一方通行だし、スターっつう学級会化促進ツールのせいで、ブクマカ自尊心一時的に満たすためだけのコメントばかりでしみたれてんだよな。

はてブには主義思想もなんもないし、人を楽しませるようなユーモアすらない。あいつらはそんなものには無頓着で、意識したところでそれを言葉表現することもできない。

ツイートやら刺やらNHK産経共同通信のような大手メディアといった誰でも見てるようなサイトいかにも素人考えなコメントをやたら上から目線で書き込む。そうやって自分の貧相なアンテナリテラシーの低さをいろんな奴に見せつける。正直いって目障りだよね。

王様は裸だと言った少年は、まだ幼いのに公衆面前に立ち、誰も言えなかったことを言ってのけたからすごいんだ。じゅくじゅくのおっさん、おばさんがボロ雑巾から被って誰かが言ってたようなことをぐちぐち言ってるだけのお前らは全然かっこよくなんかないよ。嘲笑されるくらいでも扱いましなほうだろ。

大喜利にしてもあんなのやってる当人がはしゃいでるだけだぞ。ノリが10年前のVIPとかみたいでいたたまれなくなる。

平田オリザ氏の失敗を日本教育の失敗みたいに主語を広げていくのは

ご遠慮頂きたいなって思ったんですがタイトル長すぎて切れましたてへぺろ

平田オリザ炎上にみる、コミュニケーション教育は「他者相互理解する能力」を害しているという現実

https://note.com/hirayama_t/n/n9ee3544db3b0





これ見て「伝える力偏重コミュニケーションはパッと見だとうまくいってるように見えるけどちょっとしたきっかけで破綻する」ってのはその通りだよなーと思いつつ、どうしてもひっかかることがあったんですよ。

そもそも日本コミュニケーション教育は伝える力偏重」ってマジなの?ってとこです。

自分職業コミュ障のくせに他者との会話が必須なので教育で得たスキルでどうにか人並みの仕事をできるようにしてるんですけど、そのコミュニケーションのための教育で教わることって「相手の話をちゃんと聞こうね」なんですね。

相手の話には適切に相槌を打つことで相手安心感を与えよう、だとか、相手の言ったことを再確認することで齟齬が起きにくくなるだけでなくて相手からも信頼してもらいやすくなるから言われたことはちゃんと「○○ですね?」って聞き返そうね、とか。

もちろんこっちからしかける時の注意として分かりやすく簡潔に、とか、伝えるためのスキルってのも教わりましたよ。でも相手の言いたいことをちゃんと把握するための技術はきちんと教わりましたし偏ってるなんて思ったことないです。

そもそもこの平田オリザって人、コミュニケーション教育ナントカ座長第一人者って言うけど今回の炎上まで名前も知らなかったんですよね。もちろん自分アンテナが狭いってのはあると思いますが、それだけ重鎮のはずの人ならそれこそテレビ御意見番とかで出てきて名前くらい聞いててもよさそうなのになーとか思ったり。




そんでちょっとググってみたんですけど、この「コミュニケーション教育推進会議」って悪名高い民主党政権時代に発足してて、しか文科省WEBサイトを見る限りでは会議自民党政権に戻った後は開かれてないっぽい(議事録が4回目までしかないしその後の活動特に掲載がないし資料も見当たらないし)感じなんですよ。いや活動継続してるなら教えて欲しいのでリンク下さい。

もちろんその2・3年ほどのせいで日本教育に深い爪痕を残したっていうのであれば理解できなくはないですけど、そういう方向の話でもなさそうだし。

日本には昔から「話し上手は聞き上手」っていうことわざだってありますし、いわゆる陰キャと呼ばれるようなタイプの間でリア充の人のコミュスキルの高さの話が出る時って「真のリア充自分らみたいなコミュ障でもうまく会話を誘導して話を聞き出して広げてくれるからすごい」って話であって「リア充の話っていつまで聞いてても飽きない」みたいな方面の話はほぼ聞かないです。自分は。

時間の都合とかスキル不足で教育が足りてないという現実はあるにせよ、コミュニケーションには自分意見を正しく伝えることも重要だけど、相手意見を引き出す能力であったりその為の傾聴能力であったりもすごく重要だよね、と思ってる人の方が多いんじゃないかなあ。少なくとも自分観測範囲だとそうです。

ネット上のコミュニケーション発言重視のコミュニケーションになってしまうのは、どちらかと言えばどうしても対多人数への発信が主になりやすく、かつ相手の反応が返ってくる(相手の反応を確認できる)のがリアルタイムではなくてタイムラグがある(ブログなどだと記事投稿⇒読んだ誰かによるコメント⇒更にそれを書いた本人が確認するための時間差がある)という対話方式構造上の問題であって、教育がどうこうじゃないと思うんですよね。

いや、そういう1対多数のコミュとか発言からレスポンスまでにタイムラグがある場合対話術とかを教育できちんとやるべきではって話であるならやった方がいいでしょうねとは思うんですけど、それって傾聴能力を軽視したかコミュニケーション教育は失敗したんだ、っていう話とは別の話じゃないですか。別の話に平田オリザを混ぜ込まれると問題点が見えなくなるのでは?っていう。





十数年前の道徳教科書には既に「英語が得意な『私』と得意でない友達がそれぞれ海外ホームステイに行ったけど、『私』はステイ先の同年代の子供と話が合わずギクシャクして、友達の方が海外の友人と仲良くなっていた」っていう話がありましてね。喋るのが得意でもそれだけでは相互理解なんてできないというのはずっと前から教育者も理解してると思います。(まあこの話の本題は自分の国に目を向ける、自国に誇りを持つことにあるっぽいですが)(ちゃん最後には仲良くなれるのでごあんしん)

でもって傾聴能力のもの教育である程度まではどうにかなります。何せ自分仕事できているので。

もちろんそこには仕事からこそ相手の話をちゃんと聞こうという意識が働いているという部分があり、相手の話を聞こうとしなければ傾聴スキルいくら磨いてもコミュニケーションできないってのはその通りです。ですが「相手の話を聞こうと思えるようになるためには何をすればいいか」についてはこれもやっぱりある程度までの話になりますけど教育で賄える部分かと思います

という横の話はおいといて、やっぱり平田オリザ氏のコミュニケーション論を軸に日本全体、あるいは主軸のコミュニケーション論が伝える力偏重であるという論調で話を進めるのはちょっと乱暴でないかなーと思うのです。

昨今の英語教育だって技能、読む、聞く、書く、話す、と受け取る能力が盛り込まれます

日本コミュニケーション論が伝える力偏重になっているのでは、という話をするならそんなごく一部かつ負けた政権人間で今は開催されてないっぽい会議議長の話を出すんじゃなくて、もっと他に今話題の方とか継続して活動を続けておられる方とか現在全国で取り組まれている試みとかを例として提示しないといけないんじゃないでしょうか。





あとググって出て来たここのページ

http://web.iec.ehime-u.ac.jp/reinelt/2018JCAcsComp/2018JCAcs3WakiTadayuki.pdf

とかを見て当時の会議資料のありかを知ったんですが、確かに2000年代初頭の資料については伝える力について主題として扱っているんですが、これはそもそも国語力とコミュニケーション能力関係性について語られているのであって主題になってるのは国語力の方では?というあたりの問題もあって一概には言えない気もするなーとか。

国語力は円滑なコミュニケーションには重要です、という話とコミュニケーション能力とは高い国語力のことです、では話が違いますよねってことです)

それにこれって「意見を発信する時には相手への尊重必要不可欠だよね!だから敬語大事にしようね!」みたいな話なので(雑すぎる要約なので詳しく知りたい方はちゃん一次資料を読んでね)相手こちらの話を聞いて貰えるようにするための警戒心を解いてもらう話術の話だと思うんですよ。

そんでもって平田オリザ氏の例の発言炎上したのってその「相手への尊重」が欠片も感じられないんですけど、ってところが起点じゃないですか。

発信する側としてのコミュニケーションスキルである相手への尊重とそれを実際に示す態度、話法というのができてない時点で「平田氏のコミュニケーション論には問題があるかもしれないけれど、そもそもとして平田自身自分の主張するコミュニケーション技法を守れていないので、今回の炎上を元に平田氏のコミュニケーション論が間違っていたかを論ずることはできないのでは?」という。平田氏のコミュニケーション論が正しいかかには別のサンプルを持ってこないと駄目なんじゃねっていう。

なんかこう、平田氏の失敗を直接的には関係ない仮想敵への攻撃に便利に使っているように見えてしまって、伝える力偏重コミュニケーション教育はよくないって主張そのものについては同意できるだけになんかむずむずするなーと思いました。

2020-05-20

anond:20200520092011

電話線引かなくてもアンテナ建てれば電話網は構築できるんやで。大学教養課程普通習うやろ

2020-05-18

ちなみにオタク文化特有のクセが誤解されていただけなのに

その誤解を解こうともせず、初手から「アイツが悪い」と騒ぎだした山口弁護士

こういう人が社会の分断を深めるんだろうなぁ

そりゃそうなんだけど、その「誤解」を何十年続けるつもりなんだという話でもある。

「誤解」は差別の根幹だし。

流石にそろそろ「アンテナが低すぎるのはあなたの怠慢」と言う権利くらいあるだろう。

2020-05-11

エロゲがなぜ衰退したかゼロ年代エロゲーマーだった俺が説明する

簡単に言うと、「世代交代に失敗した」。

エロゲ業界は衰退したというより、「ブーム」は起きたけど、「文化ビジネス)」には出来なかった。

ここでいう「ブーム」とはまぐれ当たりが出て業界に人が流入してくること。「文化ビジネス)」とは収益構造確立し、作り手や客が世代交代して持続していくこと。

蛭田エルフ)とか剣乃(シーズウェア)とかTADAアリスソフト)とかの活躍によって市場認知度を獲得した90年代後半の業界エロつきならある程度の売上が見込める状況だった。そこに髙橋(Leaf)とかだーまえKey)とかぶっさん(ニトロプラス)とかきのこTYPE-MOON)といったワナビーだった過去を持つ連中がそれぞれ得意とする世界観エロを足したゲームを世に送り出してブームが発生した。それによって新規メーカーユーザーが大量に流入したが、後が続かず一過性で終わった。

エロゲ衰退論の多くは何故ユーザーが離れたかという観点で論じるが俺は逆だと思ってる。ヒット作(ブーム)が新規ユーザーと次代の作り手を呼び込む(つまり世代交代)のであり、ブームが発生している間に次のヒット作が生まれる土壌を作っておく必要があった。蛭田らに髙橋らが続いたように。しかしそうはならなかった。

その要因のひとつに、若いクリエイターがよりローコストで、より好き勝手作品を発表できて、あわよくば儲かる場が他に出来てしまった、という点が挙げられるだろう。

それが2ちゃん(99年~。電車男まおゆう)であり、ニコニコ動画(06年~。アイマスP、ボカロ小説)、小説家になろう(04年~。さすおに他)だ。若いクリエイター作品発表の場をそれらに移した結果、サブカル最前線(今現在ブームになっている業界)がエロゲから他に移り、新規ユーザーも次代の作り手も流入しなくなってしまった(それに唯一抗ったのがニトロプラスだと思う。ネット作品を発表していた鋼屋ジン奈良原一鉄、下倉バイオを発掘して世に送り出している)。

企画シナリオの話ばかりをしてしまったが、原画音楽担当も同様だ。90年代後半から00年代前半はエロゲンガーがコミケの壁をはっていたが、pixiv(07年~)やTwitter(06年~)の登場でエロゲンガーは若いクリエイターの憧れではなくなり、サウンドクリエイターエロゲ同人音楽から東方アレンジボカロ曲をYoutubeニコ動で発表する形に活動場所を移していった。

これらの状況分析からエロゲの衰退を、安易スマホSNSフリーミアムの登場に結びつける論調には同意できない。

任天堂は未だに据え置き機兼ゲームメーカーだし、集英社週刊少年ジャンプを発行し続けている。それでいて『あつ森』や『鬼滅の刃』のような最新のヒット作を生むことが出来ている。それは次代を担うクリエイターを発掘・育成し、そのヒットによって新規ユーザーを呼び込むという世代交代ができているからだ。

任天堂集英社のような巨大メーカーと泡沫のエロゲ業界を比べるなよ、という意見はあるだろうが、ゲーム業界だって漫画業界だって最初は泡沫にすぎなかったし、スマホSNSフリーミアムの登場といった時代の荒波にさらされてもいる。しかビジネスモデルを作り上げて作り手と客が世代交代して業界が持続するようにしたから今があるのだ。ちょっと儲かったからって社長ランボルギーニ痛車にしてるようじゃダメなのである

結論エロゲ業界は衰退したのではなく、ブーム文化ビジネス)に転換させられる商才あるビジネスマンがいなかった。だから世代交代できなかった。以上(よく武内社長として評価されているが、きのこが死んだら終わりの状況から脱せてない以上ダメだろう。同様に、蛭田も剣乃もだーまえも後進を育てられなかった。この論で評価できるのはでじたろうぐらい)。

ところで鏡が定期的にエロゲ衰退論を語って耳目を集めようとする(https://togetter.com/li/1505761)のなんなの? 仕事ないの?

 

追記

jou2 抜きゲーと泣きゲーで完全に別れてたと思う。Fateとかエロゲーとしてはマジでエロに対して真摯じゃないからね。「絶対命令である令呪」をえっちな事に使うシーン一切無いという。選択肢選ぶタイプゲームなのに

なんでや! セックスで魔力供給するシチュ最高にシコいやろ! あとセイバーキャスターにとらわれてエロい格好させられるやつとかアニメで強調されてたけど、あれ若い子をリョナに目覚めさせるの狙ってるよね絶対

ところで抜きに関してもちょっと面白い観点があって、オタクエロ同人(ここでは二次創作エロを指してる)で抜くようになったってのもエロゲから客が抜けていった理由として結構あると思うんだよな。

もちろん当時からエロ同人はあったけど、当時はSNSがなかったか情報のものリーチしにくかったんだよね。個人ニュースサイトとかからたどる時代だったわけで。それでもアンテナ張ってたやつは即売会ショップ仕入れてたんだろうけど、それはそれで大変だし、特に地方民には厳しい。

今はSNSが発達してるから自分の好みの同人作家や本を探すのも容易だし、市場形成されてるから昔に比べて数も質も飛躍的に向上してる(昔は落書きみたいなのも普通にあったんだよ!)。ゲームソシャゲやって、抜きはそのエロ同人って人それなりにいるんじゃなかろうか。このへん、オタク白書市場規模を年次比較すれば見えてくるものがあるかもしれん。ないかもしれん。

まあエロゲは早い段階で回想をボタンひとつでフル解放できるようにしとくべきだったな(SAGAOに探しに行くのダルい並感)。

2020-05-10

増田時代が来る

Twitter社会正義侵食されて、本音を言おうものならボコボコに燃やされる恐ろしい場所になってしまった 

匿名とはいえ何年も使っていればある程度リアルを匂わせる呟きもしてしまもので、ひとたび燃えれば特定につながりかねない

誰にも見られないアカウント愚痴を言うか、「叩いていいもの」を見分けてそれだけ叩きあとのものは褒めちぎるっていう態度を取らないといけない

それに対し増田安全だ アイデンティティはひと投稿ごとにぶつ切りにされ、そうそ特定はできない いくら燃えたところでムカつくくらいでダメージ全然ない

かつ、増田にはバズりの概念がある 5ちゃんねるなんかも匿名だが、あれはそうそうバズらない 他のSNSで取り上げられることはあるけどそれだってアンテナを張ってないと気づけないし

一度「いいね」で承認欲求を満たす気持ちよさに気付いてしまうとそれなしの世界に戻ることは難しい だが増田にはブクマがある、トラバがある

匿名安全でありながら、バズって承認欲求を満たすこともできる最強のサービス、それが増田

増田覇権を取る日も近い

2020-05-04

anond:20200504003548

別ツリー意図したのとは違った話題が始まっていたのでこちらに書いておく

ニコニコ百科の解説で読むかぎり、ぴえん😭みたいな理解でいいようだ。

こんなのが2019年には年少の人々の間では流行っていて、それに今頃ようやく気付いたということに地味にショックを受けている。

俺のアンテナは地中に埋まっているのだろうか。

2020-04-28

anond:20200428022218

なんで地震の直後とかでいろんな屋台骨が揺らいでるとき

ドスドス歩いて天井アンテナかえたり用水路の様子をみたがったりするんだろうね人間って

ウイルスのもの性質が気に食わないから国のトップすげかえたろ!って

なんの脈絡もなさすぎて縄文時代卑弥呼に率いられてた人間みたいだ

他人貧困だいすき水商売大好きオカムーにでも立候補してもらえよwww

いい独裁者になれるぞwwwww

2020-04-23

楽天UN-LIMITが異様に安い理由

先着300万人1年無料だとか、通信制限なしで2980円/国内通話無料とか、異常に安くて、なんで安いのとかでググったけど、

アフィサイト(MNPのやり方教えてる系)のサイトばっかり出てきて、なんか技術情報全然出てこなくてうざいな〜って思ったので、ここにヒントを書いておく。

Google様が馬鹿じゃなければ、安い理由とかでぐぐるとこのページがヒットするだろう。

結局は「完全仮想化新世ネットワーク」とやらを使ってるらしい。だからなんで安いねんって理由はまぁわからんけども。

汎用ハードウェアってのがよくわからんけど。というか既存通信回線機器がどういったものかも知らん。

その辺りのPCで動くってことでいいんすかね。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/cloud-network/

この仮想化ネットワークが、一時期総務省に怒られたりしていた例、通信基地局ってやつだと思われる。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1908/26/news122.html

ソフト対策だけで5G対応するって言ってるけど、そんなこと可能なのなのかね。5Gは指向性の高い高周波使ってたか既存アンテナとかの設備じゃ動かないって認識なんだけど。

詳しい人教えて

2020-04-21

時々メッセージが届く

パラレルワールドから

アンテナ壊しちゃったから、はっきりとは受診できないんだけど、本来世界線で予定されていた事柄メッセージで届く。

あっちの世界はまともだな。

こっちを地獄にしちゃったよ自分で。

2020-04-19

anond:20200419093615

伊達がそんな発言してるなんて初めて知った。単にアンテナの立て方の問題じゃね?

それはそれとして「じゃあ明日からお前が総理大臣やってみろ」って言われたらそりゃ喜んでやるよね。

速攻で与党から内閣不信任出されて終わると思うけど。

2020-04-16

パラレルワールド自分

今頃何やってるんだろうなぁ。

COVID-19の対策に汗を流しているか、あるいはそれの研究をしているか

資格試験勉強でもしているか

どっちにしても所帯を持っていて、何かしらの副業なりなんなりをやっているんだろうなぁ。

なんでこんな妙ちくりんなことをしてしまったのだろうか。

自分に嘘をずっとついてきたからなぁ。

最近パラレルワールド自分から私信が届くような感じがあるんだよ。

あと、天からメッセージが届くような感じも。

私信はなんとなく解読できるんだけど、天からメッセージ自分アンテナ折っちゃったか受診できないのさ。

2020-04-11

1 年で4回クビになって、今は在宅ワーク生活している私からメッセ

1年で4回クビになったのは、今から12、3年前の話。

ドラマのワンクールとともに新しい仕事を探す羽目になった。

仕事能力がなさすぎたのが2件、使用間中にやっぱりもう1人の方が良い、

と言われて

内定を取り消されたのが一件、やけくそになって受けた時給800円パート

普通すぎるんだよと言われてクビになったのが一件。

(面接で私の能力勝手に買いかぶりすぎたらしい)

 

ズタボロになったのを覚えてる。

ハロワ担当者を前に号泣したこともあった。

一応ね、この地元ではそこそこ名の知れた大学をでたのにである。 

 

就職氷河期就職して、転職活動を始めてからリーマンショック

そこから冒頭のような怒涛の1年を経験

もちろん自分に力がなかったのもあるけれども、私の実力以外のところで

あっさり切られたのはほんとに悔しかった。 

 

二度とやるもんかと思ったドラッグストア再就職して、

いやいやながらも登録販売者資格を取りつつ、本当はやりたかった

英語勉強死ぬほどした。

何ならクビになった翌日に、英検準1級の試験を受けに行って

泣きながら問題解いて、ギリギリ合格したのもその年。 

 

ドラッグストア仕事って、休みが取れないし、何社か経験したけど

1番ひどいところが本当のブラックで、12時間労働の後、毎日3時間

上司に怒鳴られ続ける日々だった。

その間も通訳学校毎日大量の課題をこなしてたし、プライベートなんかまるでなかったし

貧乏すぎて学費払ったら靴下すら買えない日々があった。 

 

そうやってやっと通訳デビューしたけど、ここでも実力不足

泣けるけど誕生日にクビを宣告された。

 

 

向いてないのはわかってたけど諦めきれなくて、安い給料でも

バイトしながら単発で通訳仕事をいくつか受けて、でも次に繋がらなくて

通訳を諦めてからは、英語に少しでも関わろうと思って、外資系企業に入ったけど

ここでも試用期間できられて、系列ホテルに配属になった。 

 

接客業ならできるんじゃないかと思ったけど、外国人もいっぱい来てるホテル

ちなみにそこは京都だったんだけども、地方出身の私の方言馬鹿にする同僚と

それに準ずるような外国人の同僚たちに囲まれ仕事もうまくいか

ホテル仕事も夜中起こされたりして大変で、一人暮らしアパート

家に帰るたびに家族友達に泣きながら電話して毎日死にたいって泣きわめいて

3ヶ月後の試用期間終了と共に生きられて、家に帰ることになった。 

 

もう人間と働くのが嫌だった。

あんなに好きだった英語苦痛しかならなくなって。

でも唯一、在宅でできる今の仕事だけは、やりたいと思った。

英語学習に苦しむ人をサポートしたいってほんと心から思ったし、

これまで死ぬほど勉強してきた経験が活かせるんじゃないかと思った。 

 

本社東京だったけども、夜行バスで日帰りで往復1日かけて1カ月間毎週

研修に通って今の仕事について、正直これだけで食べていくのは収入的にきつかったけども

他の会社仕事も引き受けることで何とか生活の目処がたったし、仕事で初めて評価されたし

クライアントから喜ばれたのは初めてのことだった。

 

 

そして今は、このコロナ騒ぎで、クライアントますます増えてくるし

在宅でWi-Fiさえつながればどこでもできる仕事しかも人と働かず自分のペースでできる

この仕事をしていて本当に良かったと思う。

羨ましがられることもある。

自慢かよと思われるかもしれないけど、ここに来るまでの苦労私は話したかった。 

 

仕事が減ったりクビになったりして苦しい人いっぱいいると思う。

でも誰も恨めないし今回のことに関しては、それに、悩む前に動くしかない。

社会不適合者なんだって本気で思ってたし、どこかおかしいんじゃないかと言われて、

精神科受診したこともあった。

あともう1歩で鬱を発症してもおかしくない状態だった。

でも支えになったのは友達がいたからと、後は、夢があったからだ。

結局その夢は、いちどだけかなって、やっぱり向いてないってことに気がついたんだけれども。

その時の全てが崩れ落ちるような絶望とそれでも何かしようと思ってきてきて

今の仕事に巡りあった。 

 

どんな状況下でも、絶対自分人生あきらめないと思ってた。

その思いがあれば、絶対何とかなる。

私の場合は、実力不足って言う自業自得なのもあったか説得力いかもしれないけど、

仕事が減ったりとか収入が減ったりとか仕事自体がなくなったりとか

いろいろあると思う。でも逆にできるのは時間だ。 

 

この時間に何をするか?

自分はこれからどうやっていきたいのか。

社会に振り回されて、こんな目にあったと思うかもしれないけど、

今だからこそ、自分はどう生きたいのか本当に考える時間だと思う。

そのためにどうするべきか、それがわかれば、この先何があっても大丈夫な気がする。 

 

私が思ったのは、誰にも私の人生邪魔させないと思った。

周りの全部が敵だと思ってても、自分だけは味方だと思ってたし、

自分だけは絶対大丈夫だと思ってた。

自分あきらめなかったから今がある。 

 

こういっちゃほんとに不謹慎かもしれないけども、

たかだか1社や2社、斬られた位でガタガタ言うんじゃない。

社会に振り回されない自分になるんだ。

25歳でそう決めて、10年以上振り回されてきたけども、今やっと自分の居場所を見つけた気がする。

たとえ今の会社がなくなっても、自分の強みも弱みもよくわかったし

何とかなる自信がある。

そしてなんとかするためにも、今でももちろん英語以外にも

アンテナを張って社会の流れなんかに負けないように、勉強してる。 

 

不安不安と言う前に動け。

動くことでしか不安は解消されない。 

 

会社なんて、あてになんないんだから

自分を信じて、自分価値を上げるしかないんだ。 

 

そして何よりも言いたいのは、絶対なんとかなる。

私みたいなほんとに何もできない奴も、居場所見つけた。

いろんなとこで散々頭を打って苦しんできたからこそ見つけた。

誰にだってそんな場所はある。

向いてない場所は逃げればいい。

絶対あなた場所はあるし、何とかなるから

2020-03-29

anond:20200329221037

「なんでかな?」と疑問を持つ

もしかしてこうかな?」と考えて仮設を立てる

本、ネットテレビや近所の人など何でもいいから色んな方法情報を集める、アンテナを張る

――しばらく寝かす――

集めた情報がつながってなんかすこし頭がまとまる

さらに「なんでかな?」と疑問を持つ

以下LOOP

選民信者ゲーの特徴

これはわかりやすい。彼ら選民信者は「王道のものはつまらない」という逆張り中二マインドしか動いていないかである

一方、彼らのアンテナは決して感度が高いとは言えず、未知のタイトルを発掘する意欲があるわけでもないため、マイナーすぎればそもそも捕捉されない。何事もほどほどが肝心だ。

卓越した腕がなかろうが、物語を深く理解考察する頭がなかろうが、メタに走ればプレイヤーもまた一段上から見ている気分に浸れる。

ゆえにゲームに限らず、メタ要素を含むコンテンツはだいたい頭の弱いパワー系信者を量産する傾向にある。

同様の理由タイムトラベル要素も多い。

これもまたメタに通じるが、逆張りしか能がない奴を優しく肯定し甘やかしてくれる点にこそ、これら選民信者コンテンツ需要はある。

「倒している敵にも家族がいるのではないか」など、プレイヤーの大多数はそんなことをいちいち考えても面白くないか無視しているだけなのだが、それに気づかぬ彼らはただただ哀れである

2020-03-27

anond:20200327000011

イギリス耳鼻科学会が警告を発したのが3月21日報道され、ネット(はてなじゃないよ)で話題になったのが22日以降の新しい症例なわけだからアンテナを張り巡らせているそれこそプロ野球関係者じゃない限り新型コロナウイルス外来に行こうなんて思わなかっただろうな。差はそこだと思う。

Loss of sense of smell as marker of COVID-19 infection - PDF ⇩ - 21/03/2020

https://www.entuk.org/covid-19

2020-03-25

ワニの件で、昔大炎上したのを思い出した。



ワニのメディア展開の件で、大炎上した件について、自分も数年前に似たような感じで

大炎上に巻き込まれた?事を思い出した。

たぶん、目線としては作者、および電通とかの目線なんでよろしく

自分WEBデザイナーだ。ちょうど、大炎上した時はリーマンショック云々とかで超不景気

中小企業バスバス倒産した頃だ。ちょうど自分会社資金繰りがうまくいか倒産した。

んで、次どうするかなーと失業保険もらいながらニートしてた頃に

その会社でお世話になった企画プランナーの人から連絡があった。

バナーを作ってほしい」

最初はそんな感じだった。その企画プランナーさんは自分よりも前に退職したんだが

結構アクティブな人で色々な事をやる人だった。

前職はSI系と教育系がメインのお硬い感じのITだったが、その人の仕事だけは特殊

割とメディア寄りの事をやっていた。イベントとかそういった感じの。

「盛り上がる」ような事であれば何でもやるっていう感じの人だった。

そんな感じで、退職後も自分で色々やってたようなんだが

詳細を聞いた所、どうやら、気まぐれで動物保護して、その動物との生活ブログで公開していた所

結構な人気が出たらしく、今で言う「バズった状態」になったらしい。まだFBtwitter一般的になる前(か、なり始め)

だったんで、アメブロ2chという感じの界隈だったと思う。

会社ではわりとぶっきらぼうタイプの人だったんで「動物保護とかするんかい」とちょっと以外だったんだが

ブログの内容もハートフルで非常に良い感じだった。

失業中で暇だったのもあり、ちょっと手伝う事にした。

この時点で自分感覚としては

自分特に動物とか好きでは無い

・お世話になった人だったか

・暇だし、まぁバナーかぐらいなら

というような感じだった。そんな感じで、ブログデザインテンプレをちょいちょいと修正して

若干見た目を良くしてあげた。

---------------------------------------------

その後も順調にブログ運営していたようで、ちょいちょい連絡を貰って現状を聞いていた。

ちょうどブログ本とかが流行ってた時期でもあったんで、広告代理店から出版化の打診とかも来ていたようだ。

この辺がちょっとワニとかぶるんだが、広告代理店などのアンテナばりっていうのはまじでめちゃくちゃ早い。

アンオフィシャル状態から仕掛けが入っている。たぶんなんだけど、ワニもそういうどっかしらのタイミング

ふわっと噛んできたんだろうな。。

話は当時に戻って

動物保護しバズった」のは結果としてそうなったわけであって

動物保護した事自体」は完全にこの人の気まぐれと善意から始まった事である

そういう訳で、この企画プランナーさんは、こういった保護されるような不幸な動物達(虐待やらなんやら)のために

何か出来ないか?という事で、募金?のような感じで賛同者を募る事にしたそうだ。

ちなみにこの時点でも動物に興味が無い自分なんで、色々熱心に説明してくれたんだが

あんまり良くわかってなかった(汗)

「まぁ何か良いことしたい」って感じなんだろなーぐらいなもんだった。

とりあえず、募金の使いみちは出資してくれた方々とブログとかで交流しながら詰めるとして

去勢とかそういうような方向性で貢献できるような感じを想像していたらしい。

さて、この辺から何かしらちょっと不穏な空気が出てくる。

これまでハートフルだったブログ読者達の中で「金銭」がからむ事への何かしら不穏な空気が流れだしたようだ。

まぁただこの時点では、大多数は賛同者だったらしく、このプランナーさんも

「そういう意見もあるから慎重にやらないとねー」

ぐらいに言っていた。

---------------------------------------------

さて、この時点で振り返ると、

・完全に善意と気まぐれで始まった活動がバズった

・その中心人物企画プランナーという職種の人だった事

事の発端は、この人の完全なる善意スタートしているんだが、この人は企画屋という側面もある事。

んで、実際に多くの人に注目され、ブログ本化の打診も来ている

という状態だった。

そのタイミング基金を募るという行動は、スムーズに行けばめちゃくちゃ良い方向につながったに違いない。

動物保護してから生活ブログで公開し、注目され、基金設立

その基金からさら動物に対して「良い」事につながる活動をする。

そしてそれがブログ本で出され多くの人の手に渡りさらに相乗効果生まれる。

トントン拍子で行ければそうなったに違い無い。

---------------------------------------------

この基金を開設するにあたって、さすがにそういった知識等が無いプランナーさんは

そういった慈善活動等を通して社会貢献を行う事を種としたNPO団体とつながる事になる。

ちなみにこのNPO団体も前職でのつながりだ。

IT系の会社ながら、そんなイベンターや、慈善活動やらをやってる人たちがいたっていう

今考えれば、色とりどりな会社だったのかなと思う。

そのNPO団体代表さんに相談し、基金を開設するまでのフォローをおねがいすることにしたそうだ。

そういう点に関しては、このNPO団体のおはこといえる部分だろう。

活動を通して、社会をより良くし、そして利益も生んでいく。

それのプロフェッショナルな訳だ。

なんとなく始まったブログから、実際にこういった具体的な活動に繋がった事に

プランナーさんは結構な達成感があるような感じだった。

自分も、ただブログバナーだけの協力だったり、話を聞くだけレベルの携わり方だったが

何か嬉しく感じた。

---------------------------------------------

そんな中ちょっと事件が起こる。保護していた動物が死んでしまったのだ。

ちょっと身バレもつながるんでファジーに書くんだが、このブログスタート

虐待等で傷ついていた動物を、このプランナーさんが保護した」という事からスタートした

ブログだった。その動物を世話や交流を綴っていくという感じのブログだったと思う。

しかし、様々な処置も虚しく、この動物他界してします。

この基金開設のタイミング自分はよく分かっていないんでアバウトなんだが

この出来事が強く影響していたのは間違いない。

「こういった悲しい事をなくす為の基金にしよう」

という思いは本物だった。

---------------------------------------------

しかしここでちょっと雲行きが変わってくる。

実際に基金を募るため、NPO団体側としても人々を集めるための動きに出るようになる。

ここで善意のこじれが出てくる。

このNPO団体スタンスとしては「外部」という形で協力しているというスタンスだったんだと思う。

なんで、この一連の活動に関して

「こんな素晴らしい活動が行われているんです。みなさん知ってください!」

という感じで、中核にいるというスタンスではなかったんだと思う。

このNPO団体は、そういった事を「外部」としてサポートするプロフェッショナルだったわけだ。

そして、そのNPO団体が作ったバナー掲載された文言が「感動の物語」という一文だった。

この一文がトリガーになる。

動物保護し、その交流の中で生まれたたくさんの出来事、そのハートフルさに人が集まる

しかし、そんな中動物他界してしまい、そんな悲しい出来事を起こさないようにしたいという思い

というアウトラインは、外部が纏めるならば「感動の物語」の一言しか無いだろう。

NPO団体は外部から目線でそういったワードを選んだんだと思う。

しかし、実際に基金賛同していたり、ブログの読者からすれば

この活動の中心になっている人たちが自分達で「感動の物語」と称している

ように写ったんだと思う。

んで、このバナーを見て自分は「この文言大丈夫なんすか?」っとプランナーさんに訪ねたが

プランナーさん自身

「そうなんだよね。ちょっとこの文言大丈夫なのかなっておもうんだよ…」

とぼやいていた。ここで、じゃあこのプランナーさんが「修正」を出せば良いと思うかもしれないが

この辺が「善意」の微妙な所で

このNPO団体さんも完全に「善意」と「前職のよしみ」という感じで協力をしてくれているのだ。

そして、そういった基金設立というようなノウハウに関しては、完全にNPO団体さんの方がもっている。

という訳でこのプランナーさんは、そういった力関係から、このバナーワードに関して

口を出さなかったようだ。いや、たぶん気を使って言わなかったんだろう。

善意に対して」申し訳ない。

というような感じだったんだろう。



---------------------------------------------

さて、そんな不安満点のワードが盛り込まれバナー案の定大炎上する。

動物の命が亡くなっている事が感動の物語なのか

・感動商法の金集めなんじゃないのか

そういったような意見が多く寄せられたようだ。

ブログコメント欄も大荒れで、掲示板でもスレッドが立つ等炎上をしてしまう。

そういった負の感情連鎖っていうのは本当にものすごいエネルギー

これまで積み上げてきたものを一瞬でふっとばすかのようだった。

ワニの件でも「嫌儲」というキーワードがあったが、「お金」が絡むと本当にすごい事になる。

まったく事実無根な事ばかりが書かれまくるのだ。

このプランナーさんとしてもブログ本の出版というようなメディアミックスを行う事も

頭の中にあったのは間違い無い。

しかし、それは最後最後きれいな形でそうなれば良いし、そしてその活動でそういった不幸な動物達に対して

目が向き、世の中が変われば良いと思っていたのも間違い無い。

この「基金自体お金を集め儲けようなんて思っていなかったのは、本当だ。

しかし、そんな思いとは裏腹にどんどんと広がっていく。

まず、プランナーさんのこれまでの行動がさらされれる。

もちろん、このプランナーさんも個人ブログという形でやってたんで、人間臭いところもあったんだろう。

そういった人間くさい所に悪いフォーカスが当てられる。

そしてNPO側の情報ネット上にさらされる。代表者の名前、経歴等

なんというか「疑い」の目というのは本当に怖いなと感じた。

ちなみに、自分対応したバナーブログテンプレに関しても

「急にプロっぽいクオリティになる金銭が発生している可能性がある」というような疑いをかけられいた。

金銭は発生していないが、まぁ本職の人間がやってるんだからそうだろう。

プロっぽいクオリティと言われて、内心ふふんと思ってたりしていたが。


---------------------------------------------

そんな感じで、あることないこと書かれて、一気に燃え上がった。

こんなはずでは…とプランナーさんと話す。

これはもう、経緯をもっと詳しく書き、ブログ読者達にしっかりと理解してもらうしかない。

そうなったプランナーさん、読者にむけてのメッセージを書くことにした。

そして自分はその文章大丈夫かどうか読者目線で見てほしいとおねがいされた。

まぁ要は謝罪文添削ですな。

んで、そのプランナーさんが出してきた文章は、そのブログでの口調が反映された文章だった。

まぁ言ってしまえば、結構フランク言葉選びというか。

個人的にこのワードセンス違和感を感じた自分

謝罪や釈明ならば、もう少し社会的な感じの方がよいのではないか?」

というアドバイスをした。自分としては、プランナーさんが出してきた文を見た時に

さら炎上する」と感じたからだ。

その意見を受け、プランナーさんは文章を硬い感じの文章に書き換えた

「この度は当ブログが発信した内容が社会的に大変な混乱を…」

的な。

んで、これがまた大炎上する。「急に会社っぽくなりやがった!」と。

もうこれに関してはエェぇぇエエエ……!!って感じだった。

疑惑の目ってマジに怖すぎ。

---------------------------------------------

そんな訳で、必死の釈明も全く逆効果に。

正直、プランナーさんももう訳がわからなくなってきており

かにすがりたいっていう感じだったんだろう。

自分もなんとか協力したいという思いもあったが、それ以上に、この大炎上騒ぎが本当に

怖くて怖くてたまらなかった。

画像も、ブログCMSの容量制限から設置が出来ず、自分管理している個人サーバー

画像ファイルを設置していた。

このままだと、ブログソースまで解析されて、自分までやり玉に上がってしま!!!

連日相談をかけてくるプランナーさんに自分もとうとう疲れてはててしま

「もう自分じゃわからないんで電話しないでください!!!!」

とブチギレてしまった。

あの時のプランナーさんのしょんぼり具合は本当に悪い事をしたと今でも思う。

でも俺も怖かったんだよ…。

---------------------------------------------

その後、色々あったようだが、最終的にその基金解散

出資で集まった金額はすべて返還という形で終わったようだ。

---------------------------------------------

長文になってしまったが、今回のワニ騒動

違う部分もたくさんあるんだろうけど、なんというか凄く思い当たる節がたくさんありました。

何ていうか、「一つの事柄」にたくさんの人が携わって行くことで制御が出来なくなっていく感じ。

たとえば「感動」というワードも人によってはまったくの別物なわけだ。

んで、担当する人によってそれぞれ価値観があるという事。

「協力」という体制からまれる「忖度」だったり

とにかく、何でこうなってしまったんだろうと制御が効かない感じ。

ちょうど、先日の伊集院さんのラジオでも過去伊集院さんがプロデュースした

バーチャルアイドル?の「芳賀ゆい(はがゆい)」に関して言及していた。

ものすごく分かるわーと思い聞いたわけだが。

以上、何か駄文でした。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん