「公言」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公言とは

2017-08-16

最近よくある

最近よくある「XXXを嫌い」って公言する人に対して「XXX差別」っていう人はなんなんだろう。嫌いなだけで存在否定したり迫害したりはしないのに。

相手存在を認めているからこそ好きとか嫌いが出てくるんじゃないのかな。

いつからインターネットは心がそんなに狭くなったんだろう。

2017-08-14

イベントやるのか…全然クワクしないけど

https://anond.hatelabo.jp/20170805145112


結局、先日書いた新システムへの懸念杞憂に終わった。

それでいよいよイベが始まったわけだが、一番気になるのはもちろん朝霜とRomaの掘り。

wikiコメだと、朝霜はE-3RomaはE-6ドロップ確認報告が。

えー…どっちも資材消費が重い連合艦隊MAPじゃん。軽い編成で掘れないのかよ。

そしてRomaはいつも通りというべきか、後段作戦海域ドロップ。いい加減もう少し手前のMAPドロップして欲しい。


なお、今判明している情報総合した時点で、E-7はイベ開始前からクリアは無理と判断

てか、自分艦これ離脱するきっかけの一つになった、2015夏イベE-7の☆の数を上回るとか何の冗談だよ。

毎年夏イベが大規模になるのは想定内だけど、難易度更新とか付き合いきれん。


ちなみに当時「零時迷子」で悪名を轟かせた2015夏イベE-7、自分は丙で挑んだけど、一度ギミックの0時リセットを食らったこともあり、丙であっても資材が一時自然回復上限を下回るくらいまでに落ち込み、更にギミックとイベ残り日数の関係で、休日という限られた時間勝負するしかなかったことから、かなり追い詰められて、死にそうな思いでクリアしたわけで。

あれからギミック効果は少しは分かりやすくなったのか?多少ダサくてもいいから、どんなバカ提督が遊んでも分かるようにしろっての。

とにかく、まさに阿鼻叫喚というか、理不尽まりない思いをした上に、その後程なく離脱し長期放置だったこともあって、資材がイベ前の状態まで回復したのはようやく先月という、当鎮守府に深い爪痕を残していきやがった。

んで、そんな鬼畜MAPを上回ると公言してきたやつが今回の最後なんでしょ?アホかー!って感じだわ。

そんなに難しくするならいい加減報酬信濃実装しろ、いつまで待たせんだよ。

まあ別にエンタープライズでもいいけど。

2017-08-13

https://anond.hatelabo.jp/20170813105913

高校生の頃,数学が苦手と公言する文系女友達に「なんで理系女子が少ないと思う?」と聞いてみたことがある

彼女は「自分体感で,男子にも数学が苦手だと思っている人は女子と同じくらいいるけど,男子数学できんとヤバイ!みたいな圧があってケツを叩かれているから何とか頑張ってるんだと思う」と答えた

個人感覚(まして高校生だ!)から出てきた話だし,この主張が正しいと言うつもりは全くない

しかし,現状の理学部女性の少なさは,彼女らが無用トラブルに巻き込まれる一因にもなっているという意味でかなりの問題で,その根本的な原因が理系に進む女子高校生比率が低いことにあると思うと,

まずはパイを増やすために理系女子高生を増やすにはどうしたら良いかについて,もう少しタブー無くいろいろな意見を交わして話し合うべきと思う

一方で,個人の興味に逆らってまで女子を無理やり理系に進学させるというのは感心しない

色々やってみたけど個人の興味はどうにもなりませんでした,ということであれば,男女比の差も,仕方ないかなと諦めようと思う

以上,「お前は女だから文系に行け」などと言われていたら死んだほうがマシとさえ思う,理学部出身の女の所感でした

2017-08-12

音楽趣味で○○と●●以外は何でも聴くというから、これは薀蓄すごそうと思いつつ

じゃあ演歌も?と聞くと

そういう意味では演歌は聴かない、とのこと

そういう意味ってどういう意味だよ

邦楽も一切聴かないとのこと

洋楽好きらしいけど

通を自称し、守備範囲の広さを公言するけど

世界認識範囲自体が狭い人なんだなとは思った

2017-08-10

https://anond.hatelabo.jp/20170809175911

貧乳好きを公言する男が、コンプレックス存在を前提にそれを公言しているはずだと勝手にみなすの

そんなに褒められたことではないと思うけどなあ。

まり関係いかもしれないが、一応別に身長男子好きな女がいたって、低身長男子コンプレックス勝手規定してるみたいに思わないし。

2017-08-08

https://anond.hatelabo.jp/20170806183053

諸悪の根源は、お前の会社レベルが低いことと、正社員の質が悪いこと。

そして、質の悪い先輩正社員と一緒に仕事をすることにやりがいを感じてしまうお前自身がとことん無能なこと。

っていうかさ、優秀な正社員を抱えているはずの自社だけでは回らないプロジェクトに来てもらっている人材に対して、

よくもそんな事が言えたもんだわ。そもそも、「自社は人手不足」は「自社はブラック企業です」って

公言しているのと等しいってことを自覚しなさい。

2017-08-07

リベラルであることとラディカルであること

1. リベラル自由平等

個人自由絶対なのだから恋愛対象結婚対象選択に関して、政府はもちろん、それ以外の何ものも、社会的圧力をかけるようなことは許されないという立場

・「リベラル」という原理原則を、個別問題適用するだけなので、異なる利害集団共闘可能。また、「リベラル」の立場から特定政治的主張をする人は、他のリベラル政治的立場を取る場合が多い。たとえば、「リベラルフェミニスト」であり、LGBT結婚に賛成であり、中絶に賛成であり・・・・といった具合。

常識的。ただ、常識的なので運動としては弱くなりがち。

・結果として、悪しき伝統を維持し、社会的不正義を許容することになるという批判を受ける。

2. ラディカル(平等自由

個人のパーソナルな領域絶対だと言ってしまうと、さまざまな差別是正されない。個人のパーソナルな領域に立ち入ってでも、人間平等という価値を守らないといけないという立場

・有名なところだと、「若くて従順女性を好む男性」を批判したり、「特定属性を持つ者との結婚を嫌がる人間」を批判したりする立場

・ラディカル・フェミニズムスローガンである個人的なことは政治的なこと」という言葉が良く知られている。

欠点は、あくまで「政治運動」にしかなりえず、一般化された思想運動にはなりえないということ。あくまで、特定の利害集団利益のための政治運動であることを自覚した主張であり、異なる利害集団の間での共闘原理的には不可能。「私は○○の利害を代表して主張する。お前たちは、お前たちの権利を主張するべきだ。そして敵として戦うことで社会をより良くしよう」という立場。「ラディカル」の主張に普遍性を求めてはいけない。

リベラルはラディカルを「政治的自由」の範囲擁護する。ただし、本来リベラル原理では、それぞれの政治的主張の是非には立ち入れない。

3. バランス自由平等

個人のパーソナルな領域は、絶対ではないが、個人のパーソナルな選択が、純粋にパーソナルな問題であるうちは、やはり尊重するべき。ただ、それをパブリックな場で発言するなら、それはパブリック問題として扱われるべき。「特定属性を持つ者と結婚をしないのは個人自由だが、それをパブリック場所公言するのはアウト」というような立場

・「ラディカル」な政治的主張に、「強きものは弱きを助けなければいけない」というような伝統的・保守的価値観が融合して、本来「ラディカル」な政治的主張に過ぎなかったものが、普遍的な「リベラル」の問題であるかのように扱われているケースがある。これは、本来リベラル原則と反する。(例:アファーマティブ・アクション

本来の「ラディカル」が「政治的主張に過ぎない」ことを明確にするのに対し、バランスに取り込まれた「ラディカル」では、「政治的主張に過ぎない」ことが覆い隠されてしまい、対立する利害集団からの反発を受ける。

保守リベラルから見ると、ぶっちゃけ原則なき本音と建前の使い分けに見える。ラディカルに取っては、「政治的運動成功」とも言えるが、一方で穏健的過ぎるという批判もある。

まとめ

最近ネットでの言論を見ていると、ラディカルな政治的主張リベラル混同が見られる。特にラディカル独自の考え方(たとえば、個人性的指向政治的批判対象になるという考え方)をリベラルとして批判するのは完全に誤解であり、間違いである。

ただ、今日、広く受け入れられている、「バランス」の立場は、リベラルとラディカルの両方に、保守の考え方も取り入れることで成り立っている、そもそも、内部に矛盾を抱える考え方である。これは「保守」「リベラル」「ラディカル」の全てから批判を受けているし、その批判はいずれも議論として正しい。「保守」は「バランス」や「ラディカル」を「リベラル」だと思って批判するし、「ラディカル」は「バランス」を「保守」だと思って批判する。「リベラル」は「ラディカル」や「保守」だとして批判する。

今日の「保守」「リベラル」「ラディカル」をめぐる問題は、こうした混乱を解きほぐすことから始めないといけない。

2017-08-05

7年ほど勤めてた会社のこと。

デザイン会社の一部署として、ネット小売の部署専属として入社した。

専属つっても二人体制の予定が、うち一人が速攻でやめたので一人になった。

2年目くらいまでは良かった。こっちから提案について社長も前向きに聞いてくれていた。売上も良かった。

だが3年目くらいから状況が変わる。同業他社が増えすぎて底だと思ってた値段の底が抜けたのだ。

市場売価は下がりに下がり、1万円のもの売ってロイヤリティカード手数料差し引くと、手元に残るのは10円切るとかそんな世界になった。

この辺からおかしいことになってくる。

コンサルとして、その人間意見をよく聞いて事業に反映させるようにと厳命された人間、実質上司に当たる、は

ネットでの買い物なんか絶対しない。そんな血の通わない買い物は買い物じゃない。ネットで買い物する人間心理理解できない」と公言する人間

ネット小売の部署上司が「ネット通販絶対にしない」とのたまうババァになったわけだ。

別にその人間が有能だったわけじゃない。ただ社長の旧知で、とりあえずすぐに回せる仕事がないから俺の上に据えただけの話だ。

こっからどんどん部署の軸はぶれていく。当たり前だ。ネットで買物をしない人間ネット小売の部署を仕切るのだ。

どうでもいい商取引法の細かい文面に茶々を入れたり、

サイトデザインを変えろと言ってみたり(上がってきたラフネット通販一般的フォーマットからかけな貼れていて最悪のUIだった)

とにかく言うこと、やること全てずれていた。

俺はそのババァ無視して、社長に直接他のもっと手っ取り早く売上を上げる方法提案しようとしたが、そのババァと通せの一点張りで話は全く進まない。

このあたりで売上は月一桁万円行けば御の字と言うレベルまで落ちていた。

ネット通販を毛嫌いしているババァを防壁に社長意見が通らなくなって、そこから2年耐えた。

この辺で仕事ストレスからうつ発症し、月に2~3回ぶっ倒れるようになった。

俺は社長に直談判の機会を作ってもらい、とにかくあの人を外してネット通販に通じた人を上に据えてくれと頼み込んだ。


結果は、タッチタイピングもできず一本打鍵法でメールをうち、ワードが固まると自分も固まり

野良WiFi会社パソコンを繋ぐことの危険性を説明しても「ただで使えるんだから悪いはずがない」と言い、

挙句の果てに「OCNお金払っているのに、通販サイトお金がかかるのはおかしい」と言い出すババァの更に下をくぐる人間だった。

補足しておこう。

彼には「アクセスプロバイダ」と「レンタルサーバー」と「ショッピングサイトレンタル」の違いがわからない。

2時間かけて説明してもわからない。

彼はITに関する仕組みを理解するための言語インストールされていないのだ。

スマホで見たGmailパソコンで見たら新着にない、メール勝手に消えたと騒ぎ立てて人の作業の手を止めるレベルだ。どれだけひどいかはここから想像して欲しい。

彼に分かるのは、その3つ全てにお金がかかっており、「アクセスプロバイダOCNからうちの契約だけでネットは全て使えます」と

言われたから、「レンタルサーバー代」と「ショッピングサイトレンタル代」は無駄な経費であると言うことだけなのだ

ここに来て、社長はもはや小売事業で売上を上げようと言うつもりはなく、

グチグチとうるさい平社員である俺に嫌がらせをして自主退社に追い込むことが目的なのだとようやく理解した。

そしてそれを理解して尚、踏ん張れる程もう気力は残ってなかった。

2017-08-03

ミュージカルヘタリア」は本当に神対応だったのか

交換でも定価譲渡でも入場できなかった、という疑わしきはホイホイ罰していくシステム

ヘタリア公式サイトにはこのような記述がある。

営利目的チケットまたは引換え番号転売を行ったこと、または転売を試み たことが判明した場合、弊社の判断で購入済みのチケット無効といたします。

この場合チケット代金の返金、及び入場は認めません。

また既に入場している場合には退場いただきます


しっかり「営利目的で」と明記してあるのだ。

スタッフからチケット譲渡は一切認めていない」というようなことを言われたとあるが、だったらこれは一体なんなのか。

最前列付近だけぼんやりチェックして、席番の幅を持たせた出品ページをそのまま鵜呑みにして全部弾くのは、あまりにも仕事が雑だと思う。

転売がなければこんなことも起きなかったというのは一理あるけれど、転売を殺すために普通の客まで巻き添えにする必要はないはずだ。

賛否はあるだろうけど、本人確認なしで記名なしチケットだったら友人からプレイガイドの名義を借りることもあるだろう。

営利目的での転売NGを謳いながら自分が締め出されるかもしれないのは恐怖でしかない。

今後は最前潰し狙いでチケキャン良席チケ架空出品されるだけだ。

今回だって結局転売した側は何も痛くないし、今後良席厨はチケット複数枚確保して座れる席の保険をかけるだけだろう。

そして当日券で最前を狙う。うまく当たればあとのチケットは捌いてもいいし、公演によっては紙くずになる。

どんな方法にも抜け穴はあって、結局良席厨は死なないと思う。

こんな中途半端なことやるくらいなら最初から身分証確認します、って公言して入場時に全員に本人確認するべきなのだ

それならまだ転売対策と言えるような気はする。あくまで今よりは、だけど。

無効チケットと当日券で運営チケット2枚分の料金が入る新しいライフハック仕事した気になるのほんとうんざりする。

交換とか譲ってもらったりとかもしない、100%自分名義のチケットしか舞台コンサートには参加しませんって人には神対応なのかもね、と思ったりした。

(ヘタミュのサイト、ページ移動するたびに素人ワードで作ったみたいなダサいお知らせが出てくるの本当に本当にうざったいからやめてほしい)

2017-07-31

https://anond.hatelabo.jp/20170731183258

公言しているような物」は物ではなく、ひらがなの「もの」にした方がいい。

https://anond.hatelabo.jp/20170731182428

ネット上で他人の論に関して誤字や脱字を攻撃するのは、「自分理論だけではこれに反論出来ません。だから相手を貶めて相手発言から信頼性を落とす小細工をします」って自分公言しているような物

2017-07-29

主人公になると決めた

 僕はずっと、自分人生傍観者だった。

 この感覚自体理解出来ないという人が多そうだ。と言うか、そうであって欲しい。僕という人間世界中に一人しかいないと理屈では分かっているが、僕に対する僕自身評価が「その他大勢」だったのだ。世界主人公は僕以外の誰かで、僕はそうではない有象無象の一部だった。

 キモオタコミュ障で、学生時代教室の隅でキノコを生やしながら本を読んでいた。イジメの標的にされなかったのは、比較的育ちのいい子ばかりの私立学校ゆえイジメ自体が少なかったからで、公立に通っていれば悲惨学生時代になっていたと思う。

 本や漫画の好きな、いわゆるオタ友達ならいたのだが、彼らとも時々隔たりを感じていた。「普通高校生が異世界召喚されちゃう、みたいな話あるじゃん。もし自分がそうなったらどうする?」なんて話をしていると、僕は野垂れ死にする自分しか想像出来なかった。ファンタジー世界に行ったらこ属性魔法が使えそう、とか、さすがに王族に見初められる自信はねーわ、とか、そういうバカ話をする友達が眩しく見えた。彼らは自分主人公である世界想像出来るのだと知って、羨ましかった。

 仮に最初からファンタジーRPG世界に生まれ落ちたなら、僕には名もなきNPCがお似合いだろう。世界を救う旅をする主人公に話し掛けられて、「夕食の材料を買いに来たんだ」とかのどうでもいい話をする人。ゲーム攻略の手掛かりを提供することも、プレイヤーの心に残ることもない、そういう存在

 頭も顔もよろしくない僕が、器用に生きるのは無理だった。せめて真面目に勉強して、それなりの大学に行き、手堅い職に就こうと思った。そして当初思い描いていたレールと比べれば、多少の紆余曲折はあったものの、最終的には建築系の企業入社図面を書く仕事に辿り着く。

 この仕事は僕に合っていた。PCに張り付いてCAD操作をするのは得意だった。雑談が苦手でも、最低限の挨拶情報交換さえハキハキとしていれば「自分作業に没頭できる人」としてプラス評価を受けられるのもありがたかった。休み時間にも図面を書いて練習したり、参考書を読んで勉強していれば、そっとしておいてもらえた。人間関係の苦悩も、当面は食いっぱぐれの心配もなく、収入は安定していた。

 顧客の「こういうものを建てたい」という注文や、上司の「法に触れないように調整しておいて」といった指示を、PC画面上に反映させていく毎日。僕は自分意思を持たない、人の言葉PCに受け渡すだけの変換機みたいなものだった。仕事自体は好きでも嫌いでもなく、ただ毎日が過ぎていく。それでいいと思っていたし、僕にはそれがお似合いだと思った。

 そこそこ経験も積んで三十歳になったある日、僕は小さな建築現場事務所に配属されることになった。

 現場事務所にも色々あるが、僕が回された先は労働衛生基準法に照らせば真っ黒な、およそ人の働ける環境ではないという最悪の部類である間取り関係上、空調の効きが悪く、夏は暑く冬は寒い。窓はないため無風であり、日光は差さず、機械音だけがうるさい。

 環境改善要望無視され続け、僕のメンタル一年でイカレた。それでも一年間は問題なく務めたのだから、この人事は正解だったと言うべきだろう。最初からいた現場長以外の、僕の後任として入った人たちは、ほとんどが数日でダウンするか逃げ出してしまったらしい。退職間際、現場長一人で仕事を回しているので大変そうだ、と人づてに聞いた。

 そんなことを言われても、発熱眩暈、圧迫感、何の刺激もない時に突然涙が出る。労働どころか外出もままならなくなった僕は、仕事を辞めざるを得なかった。休職も出来ると言われたが、回復後に同じ環境に戻される可能性を考えると気分が悪くなったので、丁重お断りした。

 変換機として生きて行くことは、もう出来なくなった。

 かような経緯から、今の僕は三十路過ぎのニートである。なんと切ない響きだろうか。結婚どころか恋人もいない上、肉体と精神も損なってしまった。あとは失うものと言えば貯金残高と寿命だけ、というこの状況にあって、僕は一つの気付きを得た。

 職と健康を失ったことで、親には心配を掛け、友人からは「無茶しやがって……」とオタクらしいコメントを頂戴し、必然的に世話を焼いてもらう機会が増えた。それはとてもありがたく心強いことなのだが、申し訳ないことに、施される親切が僕の欲求とずれていることがある。たとえば今はさっぱりしたものが食べたい気分なのに、友人が手土産としてベイクドチーズケーキをくれる、というような。

 当たり前だ。僕の親しい人たちは、僕自身ではないのだから。彼らは彼らなりに、良かれと思うことをしてくれるのであって、僕の漠然とした欲求を察してくれるエスパーではない。友人は僕が「チーズケーキが好きだ」と言っていたことを覚えてくれてはいても、僕が今なんとなく食べたいものまでは分からない。

 ましてや職場において、僕が本当は日の当たる綺麗なオフィスで働きたがっているだなんて、誰が想像出来ただろう。ぼっちが平気で本さえあればゴキゲンコイツなら、環境が多少劣悪な現場でも耐えられるだろう、と判断されたのに違いなかった。

 僕の欲求を察して満たしてくれるヒーローなんて、どこにもいないのだ。

 ならば僕自身が、僕の欲求を聞いてくれるヒーローにならねばなるまい。主人公の座に戻らなければ。次はどんな働き方をしたいのか、どういう生活をしたいのか、趣味だって好きなだけ増やせばいい。一つずつ確かめて実現させて行く必要がある。

 今までは周囲に流されながら、手の届くものだけを掴んでいたけれど、本当は自分で水を掻いて行きたい場所に行けばいいし、欲しいものに手を伸ばしたっていいのだ。

 そういう風に考えて顔を上げると、空が今までよりも広く見えた。ごちゃごちゃと続く街並みを眺めるだけで、心が躍った。

 世間には「誰もが主人公」というメッセージが溢れている。その言葉自分には当てはまらないと、僕はずっと思っていた。

 だが今なら、「誰もが主人公」という言葉を受け入れられる。主人公とは、舞台の上で華々しく歓声やスポットライトを浴びる人を指す言葉ではないと気が付いた。演劇よりもゲームイメージした方が分かりやすいだろう。僕は多くの人にとっての「その他大勢」だが、物語の中で果たす役割が何であれ、僕は常にその人物を通して世界を感じ取り、考え、行動する。使用するキャラクターカスタマイズは出来ても変更は出来ず、人に操作を代わってもらうことも出来ない。生まれた時から死ぬ時まで、ずっと主人公であり続ける。

 だから、僕は主人公だ。非力でいいとこなしで、ステータス異常「うつ」まで付いてる始末だけれど、装備やスキルを工夫しながら目的地に向かうことを許された主人公なのだ。設定された座標を往復するだけのNPCじゃない。

 今の僕は三十一歳。自分がやりたいことを見極め、がむしゃらに夢を追い始めるには微妙な年齢である。夢を叶えようとしても、たとえば警察官になるには既に受験資格を失っているし、俳優を目指そうにもこの年齢の未経験者を入れてくれる劇団を探すのは難しい。

 僕の場合は更に厄介なことに、そもそも自分のやりたいことが分からない。趣味と言えば読書ゲームジョギングくらいで、人に誇れるものは何もない。小学四年生くらいまでは作家になりたいと思っていたが、三十一歳になった僕が小学生自分を参考にするというのも情けない話である

 しかし、うん、作家か。今も昔も、本が好きなのは確かだ。文章が書ける限り何歳からでも目指せる、年齢制限のない夢があるというのは悪くない。故に諦めを付けるのが難しいという、泥沼のような側面には注意を払う必要がありそうだが。

 他にもきっと、意識するより先に諦めてしまった「好き」や「やりたい」が山ほどあるのだろう。中には既に、年齢制限に引っ掛かってしまって叶わないものもあるだろう。それでも今の僕は、それらを探しに行きたいと思う。仕事でも、趣味でもいいから、傍観者をやめて、僕自身物語に介入したいと思う。

 それにしても、まさか三十路を超えた後にやりたいこと探しをする羽目になるとは。作家になりたいです!と公言するのは匿名記事ですら気恥ずかしいのに、年齢がそれに拍車を掛ける。若い人は是非、若い内にこの恥をかき捨てておいて欲しい。

 僕の物語ハッピーエンドである保証はない。夢を一つも叶えられないまま死ぬのかも知れない。そうだとしても、ジタバタもがいた後の方がきっと安らかに死ねると信じ、決意を固めるべくこの記事を書いた。デスクワークしかしなかった日よりも、気力を振り絞ってジョギングに出た日の方がよく眠れるのと同じように。

 三十一歳、無職独身恋人なし、病身。見事な詰みの現状から、この先何が得られるのか、少しワクワクしている。



追記:

 コメントトラバともありがたく拝読している。僕は個別に返信出来るほどマメではないので、かいつまんで書く。

 とりあえず、今の僕は既に心療内科のお世話になっていること、療養二ヵ月目でそれなりに落ち着いていることをお伝えしておきたい。

 この記事では「主人公」という、誰にでも通じるであろう言葉を用いたけれど、意味としてはゲーム用語の「プレイヤーキャラ」の方が適切だと思う。僕の自意識主人公のそれになっても、他の人から見れば立派なモブのままだ。

 ブクマコメで指摘されている、「これといってやりたい事が無さそうに見える」は、本当にその通りだ。自分のやりたいことを考えてみた時、小学生の頃の夢しか思い出せないくらいには何もない。

 最初から主人公としての自意識がある人には分かってもらえないかも知れないのだが、「お前は主人公じゃない」「どうせ何も出来ない」と自分に言い聞かせ続けていると、やりたいという気持ち自体が起こらなくなる。出来もしないことについて考えるのは、不毛無駄なことだから。出来る人を羨むのはしんどいから。心を守るために、「別に自分はやりたいとも思わないし」と思い込むようになってしまう。

 ずっとそんな風に生きてきた僕は、まずやりたいことを探すところから始めなければならない。言われてみれば、似たような筋書きの作品はいくつも思い当たるのに、僕は今まで何を読んでいたのだろう。本で読むのと、体で理解するのは別のことだということか。

 実は僕の状況は、詰みというほど悪くはない。失ったものは大きいが、得たものもまた大きかった。この記事に書いた自意識の変化が一つと、もう一つは人に恵まれていると実感出来たことだ。

 別地方勤務の同期が突然旅行で近くまで来てくれたり(うつ患者観光案内させるとか鬼か)、元上司が飲みに連れ出してくれたり(薬の関係で僕は飲めないのに)、オタク友達はここぞとばかりにDVD押し付けてくる(全部観ているとただのヒキコモリになってしまうからやめて欲しい)。

 盛大に人生をスッ転んだ結果、それでも助け起こそうとしてくれる数少ない人、僕が大切にすべき人たちをハッキリと見分けられるようになった。今のところ僕のやりたいことリスト最上位は、「この人たちに恩返しがしたい」だ。自分欲求とのバランスを取りながら、頑張ってみたいと思う。

 今はチーズケーキの気分じゃないとか言ってごめん。今度は僕が、自分で選んだ菓子を持って遊びに行く。

2017-07-28

https://anond.hatelabo.jp/20170728201705

あー私って性格悪いんでー^^;って公言してるなら

陰で性格悪いわーって言われても「おっわかってんじゃーん!」て感じくらいで構えとこう

2017-07-27

gdgd


国会間中の 産育休を有権者批判するのは認められるべき(批判されるべきという意味ではない)

国会議員仕事政治家としての仕事は分けて考える

国会議員としての仕事本会議および、委員会出席

勉強会部会陳情処理なんかは政治家としての仕事

選ぶ根拠として政治家としての活動考慮されるが、その一票の投票国会議員の選出として投じられるはず

1票の価値国会議員としての仕事に拠るんじゃねーの

双子とかの大変な奴の場合5か月くらい休むことになる

これが1月から6月通常国会かぶると 8割以上休むことになる

休まなかった議員比較して 1票の価値が80%以上減損している

(人口比の一票の格差で5倍以上あれば確実に違憲判決がでるよ)

いつしこめばいつ頃休む必要があるかはおおよそ予想がつく

そのうえで、重ならないように特定期間避妊するなり、あらかじめ有権者にもし妊娠したら休むよって公言したら?

(会期延長や臨時国会はさすがに予想できないからしゃーなしとは思うけれど)

もちろん産休、育休以外の怪我や病気介護etcでも同じような批判は認められるべきだし

逆に 有権者があらかじめ納得できているなら、 ネトゲで忙しかったので国会全日休みましたってのも許されるべきじゃねーかな

https://anond.hatelabo.jp/20170727110934

いつもの妊娠で休んだ人がいても回るだけの人数を雇うべき!」とか

代替要員を用意して支障にないようにするべき!」も

議員は定数決まってるし、いつもは削減しろとうるさいだろとか

選挙で選ばれた訳でもない代替要員に任せられるわけないだろという事になるしね。

つーかここでの「政治的に正しい」行動は、一度辞職して有権者真意を問う、ってやつになる。

或いは最初から選挙の時に「私は当選したら妊娠します。議員妊娠の両立を目指します」と公言するか。

それでも当選するなら、有権者が認めたんだから何も問題ない。

難病だけど議員やってるような人はそうしてる。

それが日本議員制度なわけで。

当選した時と健康状態が変わっているのに、有権者真意を問わないで議員を続ける方が本来問題

まあ現実だと、そんなに選挙やって税金使ってんじゃねえよとなるが。

2017-07-26

https://anond.hatelabo.jp/20170726222001

健常者が知的障害者のふりをする映画があった

レストランで周りに迷惑をかけるんだけど、周りの健常者は「いえ、いいんですよ」というものの明らかに嫌悪感

その様子を「奴らは偽善者だ」というのだが、公言しないだけで、本音知的障害者煙たいわけだ

2017-07-24

https://anond.hatelabo.jp/20170724072533

よく「選挙カーうるさいから声が聞こえてきた候補には投票しない」とか公言してる奴いるけど

本当にそれを実践すると9割の候補が消えて、そもそも活動自体まともにしてなさそうな泡沫しか残らなくなるよね

候補選択させるのではなく一律禁止するしかない

2017-07-13

気持ち悪い『オタサーの女王様

割といい歳のおっさん・おばさんのグループなんで、世間でいうところの『オタサーの姫』とは少しちがうかもなんだけど

ある意味「オタサー」だし、彼女が、最近めっきり姫ならぬ女王様と化しているのを、気持ち悪く見てる。

====

半年くらい前に、そのサークル内で付き合ってた男Aと別れたんですよ。

所詮ヲタなので、やっぱりどうしようないな、、、って感じで。

まあ、付き合ってたのは、隠してもいなかったけど、特に大っぴらに公言してたわけでも無かったのね。

同じサークルだし、別れたことも、特に誰にも言わず

そのサークルに割と最近入ってきた女がいたんですよ。

なぜか、その男Aのことが気に入ったみたいで、

少しずつ、接近してったみたいでで。。。

奴もバカからフラフラと嬉しがってて。

そんな気配もあって、当時別れたんだけど(もちろん、原因はそれだけじゃない)

その後、その女の攻撃(?)も徐々に激しくなってきて。

趣味がおんなじだと、すり寄り

「私って、人見知りだから自分から声かけられないの」

と言いつつ。

いろいろ話を聞いていると、たいていの男には自分から声かけてる。

もちろん、男Aにも自分から近づいて行ってるw

雷鳴れば「こわーい」とアピール

竹を割った性格よ!と品のない下ネタを連発する。。。

で、最近とうとう男Aとデートにこぎつけたようなの。

それ、気がついたので、何気なくツッコミ入れたら何故か逆ギレされた。

男Aは、サークル内で中心的な位置にいるので、

彼女もすっかり地位が上がったような気分なのかな?

以前はLINEグループでも、ほとんど発言しなかったのに

最近は、我が物顔で、投稿しまくり!

何かあると、さりげなく自分かわいそう」アピールしたり

ホント、ウザいわ。私のことも裏で何言われてる事やら、、、

という訳で、彼女、すっかり『オタサーの女王様』に君臨してますわ。

彼女と、少し前まで仲の良かった別の男Bも立つ瀬ないね

私が、男Aと女王様デートツッコミ入れた時、

しろ私に逆ギレしてたのにw

いずれにしても、男Aはサイテーな奴だったので

女王様が今後どうなるのか、男Bの立場はどうなるのか

男Aは、実は気持ち悪い女王様の正体に気がつくのか

楽しみは尽きない。

高校野球マニアってすげー気持ち悪い

いろんなマニア全然許容できるんだけど

高校野球マニアだけは許容できない

もともと高校球児高校野球に詳しいっていうのは分かるけど

地元でもないのに地方大会まで見に行ったりするのホント気持ち悪い

なんていうか一般人人生に深入りしすぎ

ある意味ストーカー

こっそりやってるならまだしも公言してる奴が多くてそれもまた気持ち悪い

2017-07-11

はてなフェミがただのミサンドリストであることは

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170626132146

このブコメとかで明らかになってるからなぁ

yuhka-uno 高校時代初恋相手おっさんだったくらい、筋金入りのおっさん好きだけど、若い女が好きだと公言するおっさんって、大抵、若い女にも選ぶ権利があるという認識が足りなくてキモイんだよ。

こいつなんか"I have black friends"論法使いだしててテンプレ差別主義者をわざと演じてんのかってレベルで大爆笑

2017-07-09

はてな民は底の浅い偽善者差別大好き集団だよ

わかるわかる

処女には○○(なんらかの未熟や欠陥やマイナス示唆するカテゴライズ)が多い」

っていったら漏れなく大炎上だよね

逆に「非処女には○○が多い」も絶対ダメだし炎上する

・(二十歳こえて)処女にはブスが多い

・(十代で)非処女には母子家庭が多い

・あの歳で処女なんて絶対どこかに問題がある

・その歳で非処女なんていやらしい、だらしない

etc.


そりゃそうだよね、人間を性体験の有無でカテゴライズするなんて非知性丸出しで差別意識丸出しだ

そしてはてな民はそのような未開でけしからん言動を漏らした人間を決して見過ごさず

ピラニアのように飛びついていって火刑主催するタイプ人間の群れ


であるのに

lapk 童貞にはコミュ障が多いという当たり前すぎる話に童貞が反応しまくってホッテントリしているという構図

リンク2017/07/08

これは大量の星を集めたうえに誰にも咎められてないね


いつもいつものことだけどはてな民のあっさいあっさいポリティカルコレクトネスには辟易とする

ようするに質の悪い勉強法と同じで、「アウトなもの」を棒暗記してるだけなんだよね

から女性とか障害児とか外国人とか「いかにも」なものへの差別にはピーンて反応して「いーーーけないんだ!」の大合唱

でもそういう「いかにも」に登録されてない事例については全然反応できない


テストのためだけに勉強してて、一夜漬け暗記でなんにも身に着いてない奴の感じ

この場合テストってのは世間進歩的ポリコレ完備の人として感心して貰うこと」であり

何が身についてないかというと本来必要な公正さや知性や思いやり」


要は、差別的な心からはまるで決別できてないんだよ

ポリコレ的な部分に意識が高い割りにね

からポリコレ対応な分野の「怒られずに差別出来そうなチャンス」には涎たらして飛びつく

普段無理して差別反対の振りしてるから差別していいチャンスでは溜まってた本性丸出しになっちゃ


童貞だけじゃなくて

上手く誘導してやるといろんなものへの差別心まるだしのブコメ欄になって面白いよw

田舎者とかバカとか低学歴への侮蔑差別も大好きだし

あと「差別した悪い奴」と認定された人物クラスタへの攻撃も歯止めがなくなる


このわかりやすい2面性のある底の浅い偽善者集団よりは

ポリコレ嫌いを公言して差別的書き込みもする2chの奴等の方が清潔であるような気すらする

よいこぶるのが癖になっててよいこの仕草は板に着いてるけど内面全然伴ってない真面目系クズ

https://anond.hatelabo.jp/20170709080616

2017-07-07

ヨッピーはここまでショボかったのか

【速報】水分を取らずに30時間我慢してから飲む水が最高に美味かった件[PR]

https://travel.spot-app.jp/toyama_i-lohas_yoppy/

現在は削除されている。魚拓http://archive.is/5CDLd

という記事炎上していた。

読んでいなくても炎上した理由はだいたい分かってもらえると思うが、簡潔に言うと「PR記事なのに生命危険がある事をしている」為、ボーボーと燃え広がった。

記事を書いたのは「ヨッピー」というライターである

はてブ大嫌い」と公言するヨッピー氏を知らない人間増田にいるとも思えないが、去年のPCデポ記事や、welqをはじめとするキュレーションメディアに一石を投じる一連の記事記憶に残っている方も多いのではないだろうか。それらの記事を書いていたのがヨッピーである

この他にもバズっている記事は数え切れず、「今もっとも勢いのあるWebライター」と言って差し支えないだろう。

だが、「あの」ヨッピーがここまでショボかったのか?と思うと、俺は悲しい。

webライターの行く末を憂慮し、記事PRをつけるのかどうかでさんざん揉め、最近ではドヤ顔で「Webメディア発信のリスクを問う」 https://togetter.com/li/1126576 とか言ってたヨッピーが、ここまで考え無しの記事をアップするとは思っていなかった。


ヨッピーtwitterで「今まで炎上したことない」などと言っているが、最近でも物議をかもすエントリはあった。

ひとつは↑のtwitterにリプされている「ボードゲームってすごくおもしろいのに、そのおもしろさを伝えるのってめちゃめちゃ難しくない?」である

この時は「ゲームチップを本物の現金でやりとりする」という部分が批評やり玉に挙がった。「街コロのソシャゲPR記事なのに人狼をやる」「運要素強めの街コロの話なのに、『運ゲー人生ゲームと違って』と謎dis」等の雑な展開も併せて、アナログゲーム界隈では怒っている人がかなり多かった。(同時に、「これに怒る意味が分からない」「そうやっていちいち突っかかるから、面倒くさい界隈と思われるのに・・・」というヨッピー擁護意見も多数)

この件に関しての公開質問状まで出る騒ぎになったが、当の本人は「謝罪するがこれ以上は言及しない」としている。

http://b.hatena.ne.jp/entry/299892480/comment/yoppymodel


あとは、「タイムズの「カーシェア」が都会っ子には死ぬほど便利なのでわかりやす解説する」という記事でも色々と騒ぎになった。

記事中で色々と(タイムズとは関係のない)おすすめ商品が紹介されているが、「アフィリンクはありません!」と再三再四連呼されていて、それに違和感を覚えた人が結構いた。※現在は「アフィリンクはありません」という表記は削除されている。

これに対しては、「ヨッピー銭ゲバ裁判をやりたいので是非!」という声掛けをしているが、普通絶対行かないと思う。現時点で銭ゲバ裁判記事化されていないので、おそらく応答はなかったのだろう。

http://b.hatena.ne.jp/entry/329863886/comment/yoppymodel


で、今回も炎上してしまった当のヨッピーは何をしていたのかと言うと、信者酒盛であるヨッピー基本的に太っ腹なので、ここの会計は全額ヨッピー持ちだったであろうことは想像に難くないが、それを差し引いたとしてもいかがなものだろうか。

「SPOTは赤字!」「今後は上昇させていく!」っつって、ひとつ前のベビーカー米袋の話までは「イイハナシダナー」ってなっていたのに、当の本人が水をぶっかけて、挙句の果てにヤケ酒あおるとか、本当に「Webメディア発信のリスクを~」みたいな事を考えているのか、少々疑問に思った。


ヨッピーはもともとこの程度の人間だったのか、それとも、太平天国のように信者に囲まれて腐っていったのか、ちょっと判断できない。

個人的には色々楽しく(しか無料で)記事を読ませてもらっていた立場なので、できれば今後も楽しい記事をたくさん書いてほしいなあ。

(という雑なフォロー

2017-07-06

心が死んでゆく

最近何をしていても楽しくない。

すべてが義務に思える。

マイホームを建てて旦那と二人暮らし仕事家事の両立もおかげさまで自分に適したバランスでやれていると思う。毎晩、晩ごはんを食べながらバラエティ番組を見て2人で笑う。楽しい食器を洗ったり、洗濯物をたたんだりも、気づいたらときどきしてくれている。たぶん今までの人生で一番今が落ち着いている。自分にとって文字通りの「ホーム」があるのはこんなに心が安らぐことなのかとしみじみ思う。実家の両親とはいろいろあって何年も連絡を取っていない。法的には親子だが、気持ちのうえでは彼らの住む家はわたしにとってもはや「ホーム」ではない。今いるここが、わたしの帰る場所だ。ここを守らなければ、とわたしは強く思っている。ここを守らなければわたしは生きていけないだろう、という漠然とした恐怖がある。

でもいつもそんなことばかり考えていても息が詰まる。息抜きはたくさんしている、つもりだ。2人で飲みに行ったり、小旅行に出かけたり。お互い別の趣味を持っているので、旦那趣味の集まりに出かけるときなんかはわたしは家で自分趣味を堪能する。その逆もある。気楽すぎるほど気楽に生活している。感情の起伏が少なくなった。毎日平穏に過ぎていくことが何よりの幸せだと思っている。他者への共感とか思いやりの気持ちが減った。自分さえよければ、人のことが前にも増してどうでもよくなった。お客さんに、近隣の人に、友人に、そして旦那にも。関心が持てなくなった。

自分旦那のことをATMだと思うようになるくらいなら死んだほうがましだと前々から思っていて、そういうのを公言してはばからない女性を心底軽蔑していた。が、今の自分は結局そうなのではないかと思う。わたし自営業なので普通住宅ローン審査に通らない。会社員旦那がいたからこの家が建った。住む場所ホーム提供してもらった。そのことに恩義を感じている。だからわたし家族としての役割を果たしたいと思って、毎日ご飯を作って掃除洗濯に励んでいる。共働きわたし家計に貢献はしているが、稼ぎは旦那のほうが多い。それにも恩義を感じる。こういう恩義はたくさんある。逆に言えば、こういう恩義しかない。毎日平穏に過ぎていく。嫌いな上司や、体調不良や、神経質なお向かいさんや、いろんな面倒ごとはあるけれども、毎日がただ淡々と過ぎていく。大きな悲しみもなければ喜びもない、そんな明日が来るのがとても怖い。明日が怖くて仕方がない。わたし旦那に捨てられないだろうか。旦那に出て行けと言われたら、わたしはどこに行けばいいのだろう。2人で過ごす暖かさと安らぎを知った今、一人暮らしは恐ろしい。孤独に飲み込まれない自信がない。でも実際、わたしは今も孤独なのだ明日孤独な1日が始まる。髪は何ヵ月も切ってない。ネイルまつエクもずいぶん行ってない。外出することは別に難しくない。誰もわたしを制止はしない。朝が来るのがただ恐ろしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん