「レトリック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レトリックとは

2019-01-17

オタク特有マイナス基点ジェンダー論法

オタクってさ基本、

自分たち加害者である

それが自然であるって言う前提で語るんだよな

例えば

 

・男は痴漢セクハラをするものだ→では多少改善するので痴漢をしない男を褒めろ、優遇しろヒスるな黙ってろ

・男は児童を犯したがるものだ→では改善するので児童ポルノを認めろ、優遇しろ公然で読ませろ

 

から話がかみ合わないと言うかね

こっそり相手ゴールポストフィールド中央に近づけて

相手チームから批判を浴びるとゴールポストを少しだけ後ろの位置に戻す

はい俺たちは改善しましたよ どうですか文句ないでしょ? 

っていうレトリックを延々と繰り返してる -50を-49にしただけで威張り散らして

そもそも犯罪を犯さない」と言う状態が無い

  

オタク姑息たる所以

2019-01-08

http://scopedog.hatenablog.com/entry/2019/01/08/120000

妄想犬がまた意味のないエントリを尤もらしく書いているので、一応突っ込んでおく。

重村氏は「日本が怒れば、反日世論が盛り上がり、大統領支持率アップにつながるとの“陰謀”」を幻想しているようですが、具体的な根拠は何もありません。

反日操作をしている証拠がないということは確かに正しいんだけど、だからと言って「反日世論喚起していない」証拠も無い。してる証拠もしてない証拠もないのに、一方を否定することで残ったほうが正しいように聞こえるレトリックを使っている。

本気で「韓国政府反日世論喚起しているかどうか」を確かめるには、韓国政府発言と、支持率分析しないといけない。韓国政府発言によって支持率が上がるかどうかははっきり言って水物なので、反日発言支持率の上昇率の相関は別のマターとして取り扱う必要がある。「反日世論喚起しているかどうか」を検証するために見るべきなのは、「支持率が落ちたとき反日的な発言をしたかどうか」に限られる。反日発言について統計をとって、そのとき韓国政府支持率との相関を見る。統計に相関が認められれば「韓国政府反日世論喚起している」と言える。この場合の相関とは、支持率が低くなった場合反日発言が増えるか、支持率が下落したとき反日発言が増えるかということについてである。そういったデータがない以上、「どちらとも言えない」という態度を取るのが公平ではないだろうか。

“わが政府、わが軍は嘘つかない”とか認識が素朴すぎるにもほどがあります

この発言は正直笑ってしまった。

政府や軍の発表を鵜呑みにせず、常に懐疑的に見る態度は間違っていない。政治綺麗事ではないので、後ろめたいことを隠してきた例は枚挙に暇がないからだ。

だとしたら、韓国政府韓国軍発言についても、同じような態度で疑ってかかるべきだろう。しか妄想犬は韓国側の主張は常に言葉通り受け取っている。

なんというダブルスタンダード

2019-01-02

anond:20190102194605

『生きるだけ』の定義がおっしゃるとおり人それぞれだから

文章ではどうにもならんレトリックというかミスリード化してんじゃね?

2018-11-19

anond:20181119180045

「これで鍋の常識変わったわ」という表現には誇張法というレトリックが使われています

誇張法とは大げさな喩えで気持ちや感じたことを強調する手法です

ただ単に「とてもおいしかった」と言うだけではその美味しさはおぼろげにしか想像できませんが、「鍋の常識が変わるほどのおいしさ」と言われると、彼がどれほどその鍋に感激したかということが生き生きと想像できます

あえて事実とは違う表現をすることで、却ってより正確な意思伝達が実現され得るというわけですね

ですので解答といたしましては、人は自分の気持をより正確に表現するためにあえて嘘をつく、ということになります

2018-11-18

レトリックポリモーフィズム

関係性について誰か語ってくれ

http://www.kawauso.co.jp/OOHanyuda

ぐぐったらでてきた

やっぱ同じこと考える人はいるんだな

2018-11-17

anond:20181116214319

マジレスすると「歯磨き粉を歯磨きっていう人」は提喩というレトリックを使っています

提喩とはカテゴリ包含関係を利用した比喩です。

お母さんがゲーム(という集合)のことを何でもファミコン(という要素)で呼ぶあれです。

今回問題にされている表現では、歯磨き粉という下位概念歯磨きという上位概念で喩えられているわけです。

あなた歯ブラシ歯磨き粉を主役と暗喩したように、我々の言語空間レトリックによってかなりの部分が成り立っております

ひとまず「なんで粉を歯磨きって言うの」という問に対しては「『歯磨き粉を歯磨きっていう人』が『粉を歯磨き』と表現する提喩妥当だと思っているから、あるいはこのレトリックで十分意図が通じると思っているから」ということになるかと思います

2018-11-12

anond:20181112230421

ウェブって個人サイト情報の集積密度が低くオワコンと言われる時期と、

大手サイトはクソ情報ばかり引っかかりオワコンと言われる時期を繰り返してるだけだよね

その時々で、使ってる言葉レトリックが違うだけで、発生してる現象としては同じ

んで、その周りで、コンサル面したピエロが大声で騒いで小銭を稼ぐ

2018-10-27

イケハヤ普通にラジオやればいいのに

最近なんかイケハヤが気になって仕方がない。

Twitterやらはてなやらで気がついたら検索してる。

フォローはしてない。恥ずかしいから。

なにがすごいって、ブログサムネイル

文字だけ。クリエイターすげぇ。

シンプルイズベストの極地。

それを真似してイケハヤ書生たちがやってるけど、

身震いするほど寒い

アーティスト名乗ってる人もいるのが怖い。

同じような界隈にいるはあちゅうは何故かそんなに気にならない。

なんだかんだ言ってはあちゅうレトリックレベル一定してあるからだと思う。

作家名乗るだけはある。

イケハヤ先生コンテンツはここ数年ほぼ同じことしかしてないし、言ってない。

人間文章書くときは何かしら思考の末に洗練するものがあるはずなんだけど、

「ですよね〜」

「ですねw」

だいたいこれ。どうしたんだろう本当に。進化も変化もしていない。

生産性のために思考を捨ててしまったのか。

ブロガーからそれでいいのか。

ラジオパーソナリティとか経済解説しながらできないもんかね。

2018-10-13

anond:20181012144629

小説家武器はいくつかある。

大きい視点では、物語構成・話のネタ

ミステリーだったらトリックとか。

小さい視点では、シーンの組み立て方とか、

セリフ所作機微とか、レトリックとか。

近代的なアニメとかラノベ作法に親しんでるなら、

物語構成セリフ機微レトリックとかが重要かな。

もしそっちに親しむようであれば、

そうした小手先を憎め。嫌え。

それを小手先として受け入れてる限りは、

いつまでたっても小手先で終わるから

最初のうちは書くだけでいいよ。

たいていの人はその書くだけが続かないから。

書いてるうちに「自分はなぜ書くのか?」を

考えずにはいられなくなってくる。

そこで答えを出せないとどうせ書けなくなる。

表現する人には、楽しむ人と

それを己の使命と課す人が出てくるけど、

使命型になると人生終わる可能性あるから

気をつけてね。

めめんともりかるぺでぃえむ。

2018-10-08

理論武装の上手いひとはあちこちから事実」を引っ張ってきたりレトリックを駆使したり主語を大きくしたりして自分意見正当性担保しようとするけど、結局言いたいのは「それ嫌いだから消えて」だったりする。そういう人たちが毎日バトルしてるのが今の増田

2018-09-28

anond:20180928041436

そんな彼でも、男性特権を持っている。

男性というだけで下駄を履かされている。

それが弱音など吐くべきでない。

気持ち悪がる彼女達も、よほど身の危険を感じて、何とか対抗言説の一環として彼を遠ざけるレトリックを使わざるを得なかったのだろう。

2018-09-17

オタク議論の仕方が極端だと思う

簡単に言えば1か0かという感じ。

オタクの好む物語セカイ系というのが昔あったけど、それは個人-社会-世界とあるなかで、個人出来事社会をすっ飛ばしていきなり世界とつながるとかそんな感じだったと思う。

オタク思考様式においては、始点と終点しか見えてなくて、中間にある無数の多様で複雑な段階が見えてないことが多いと感じる。社会形成して生活している人間というのは、個人精神生活まり始点だけにとどまることもなければ、世界の終わりや論理的帰結まり終点に辿り着いてしまうこともなく、その間の多様で複雑な中間領域で人生を営んでいくものだ。そういう当たり前のバランス感覚オタクには欠けているように思える。論理の飛躍や雑なレトリックを用いて中間領域が吹っ飛ばされる。思考が一瞬で極端なところまですっ飛んで行ってしまう。

でも現実はそうじゃないんだよ。もちろん議論相手もそういうオタク思考様式は持っていない。

始点(1)から終点(100)の間に、中間領域(2)-中間領域(99)があるとする。議論相手は始点(1)から中間領域(2)へ移行することを提案しているのに対して、オタク議論の仕方だと、「中間領域(2)へ移行するということは自動的終点(100)に辿り着いてしまうということだ。それは危険だ」という感じ。

この危機感感覚に疑問を感じる。もちろん可能性としては最初の一歩が破滅を導くということはある。しか現実はそう単純ではない。机上の空論ではなく、もっと現実的にプラグマティックに考えてみてはどうだろうか。

オタク的な想像力というのは一見優れた性質に見える。だが、その旺盛な想像力は、実際には細部の複雑さを考慮しない幼稚なものであるとも言える。複雑な中間領域を無視して終点まで驀進するだけの1か0かの単純な想像力だ。オタク社会という現実生活のなかでじっと地に足をつけ、他者との関わり合いのなかで妥協点を探して、なんやかんや不満はあるなかでもある程度は譲歩しつつ生きて行く、というようなことを完全に拒否しているように見える。

少しでも自分に都合の悪いこと、つまり中間領域(2)に一歩足を踏み出すということをまるで終点(100)が提示されたかのように相手意見捏造して、全否定する。こういう論法だと、もちろん相手終点(100)については否定するしかない。オタクとしてみれば終点(100)が却下されたのなら、始点(1)にとどまることが是認されるべきだという考えなのだ議論するべきは中間領域(2)-中間領域(99)の間のどこに着地点を見つけるかなのに。

こういうオタク論法現実生活をよりよくしていこうという議論のためのものではないと思う。社会というのは論破して終わりという場ではない。様々な力関係利害関係存在して、いろいろな波に飲まれていくものだ。オタクもも自分世界だけには閉じこもってはいられない状況になってきた。

いつまでも子供駄々をこねていればいいわけではない。きみたちはもう大人なんだ。

2018-09-15

anond:20180915004733

それって保険屋のレトリックじゃない?

「積立で損をすることはありませんよ」「それに加えて、万が一の時に保険がおりるから得ですよ」

そんなうまい話があるわけない。

しかに積立で損をすることは(インデックス投資よりはわずかに)ないかもしれないけれど、それに伴って保険料を支払ってるわけだからな。保険金は自分が運良く病気になったら支払われる宝くじみたいなもの

その「運良く」に賭けるなら保険に入ればいいけど、宝くじが「運良く」当たらないように、「運良く」病気になって掛け金以上の保険金が支払われることも殆ど場合ない。

保険に入ってる」っていう状態安心したいなら別だけど、掛け金以上の保険金が支払われることは殆ど場合ない。その支払われなかった分が保険会社の利益からだ。

2018-09-14

きもちわるいという娘と裸の王様

あの父親と娘の会話は、愚か者には見えないというふれこみの服を着て歩いているのを見た子供が、「王様は裸だ!」と言った、っていうのと同じレトリック

裸の王様に限らず、

純真童子言動が、大人に過ちを悟らせる」

という観念を、童話や昔話などで植え付けられている

一方で、一休さんは壺が割れたのをダシにして、和尚が独り占めにしてた水飴を平らげた

利己的な大人の上を行くずる賢さである

かように、子供だっていつも善良というわけじゃない

ちなみに「裸の王様」には続きがある

王様を騙した詐欺師たちはまんまと隣国に逃げおおせたという

その国の美しい王女にも同じように、見えない服を売り込み、やはり信じた王女は自ら先頭に立ってパレード

群衆の中の子供が「王女様は裸だ!」と言おうとしたら、周りの大人が黙らせて、その後も何かにつけてパレードが行われたそうな

子供おかしい・へんだ・きもちわるいというものは全て悪とはいえないことは、この後日談でも分かる

anond:20180914084633

コピペ改変でドヤってるんだからレトリックみたいなもんだろ。

しかコピペ改変自体とにかく寒い

寒いんだよお前は。童貞がバレるからやめたほうがいいよ。

anond:20180914083920

わざわざレトリック用いてるのにそれが下手くそって救いようがねえなあ

2018-08-25

anond:20180825174029

論理的整合性を通すと同時に、まず最初に一方の気持ちを汲んで他方を抑えるってことをやろうとしたか道義的観点で語れるってだけの話じゃない。下手なレトリックに頼ってもそれは論破とは言わないよ。論点をずらして、意図理解せず一つの単語にこだわっているだけ。まず刺青嫌いが悪口を言っても自由入場禁止公共利益を守るためという理論で始まった議論の中で、どうして気持ちが全く関係ないと思ったのかな?

もし論理だけを考えるなら完全に通すならよけいに早い話だよね。「言論の自由他者の心象を害してまで守るものではない」前提が成り立ってこそ、刺青嫌い派はむやみに罵詈雑言刺青している人を攻撃できないし、刺青している人も自分たち権利を守るために今すぐ入場禁止をやめろと無茶苦茶言えないわけ。もしそうしたいなら運動をしていってだんだん意識を変えていくしかないよってだけだよ。それだけの道理の中で心象を持ち出した君が「お気持ち」なんて言える立場じゃないじゃん。

2018-07-31

ネット上の様々なレトリックに技名をつける

フーガディスクリミネーション無限差別返し)

差別への批判主題に対して反論ができなかった際によく用いられる手法

一度始まるとそれが呼び水となり、永遠に鳴り止むことが無くなる。まさに遁走曲(フーガ

(例)

マインドテロリズム人格攻撃

こちらも主題に対して明確な反論ができない際によく使われる。

本来関係のない主張者自信の過去発言や生い立ちや憶測などを絡めて攻撃することを言う。

ただ、若干古くから使われているので手の内がバレないように慎重になることが必要

(例)

カテゴライズ

まんまカテゴライズなので冨樫的な名前はつけなかった。

人種出身国所得などで線引きをして自分の主張に都合の良いようなクラスタを作ること。

あるいは、特定集団をそのクラスタに属すと主張すること。

(例)

コレハドーナンダ無関係対立列挙)

本来対立関係にない属性もつ人たちが受けるメリットデメリットなどをあたかトレードオフのように嘯いたりすること。

結果的根本原因から目をそらさせてしまうので比較効果は高い。

性質としてはカテゴライズと少し似ている。

(例)

2018-07-18

anond:20180718092523

その「殺人犯と一緒」というレトリックに「逮捕しろ」という含意があると

君はそう主張するわけですか?

それはまた過激な読解ですねえ

2018-06-27

なんで増田って未だにhatelabo扱いなん?

あくまでも実験サービスですから!(その理由hatelaboにあるから)って、

エクスキューズになってないエクスキューズで暗部を内包したままサービス継続するのは役人が使うレトリックみたいで嫌だ。

2018-06-25

anond:20180625103706

しろ興味がないからそうなるって話でしかない。

あんたのまとめサイト史観というレトリック理解する気はないけど。

2018-06-24

腐女子かつ二次ロリ規制派の頭の中が理解できない

ツイッターでbioに腐女子と書きながら男性向け二次ロリ規制ゾーニングでは許さず)を主張するアカウントをわりと見かける。

子供(18歳未満)に見えるキャラの性描写NGとなれば、BL登場人物オッサンだけしか許されなくなるのだけど(歌舞伎みたい)、

そういうアカウントの呟きを追うと高校生キャラや設定年齢成人でも絵柄のせいで18歳未満に見えそうな男性キャラに熱を上げてたりする。

あなたの主張が通れば、あなたが好きなBL作品も世に出せなくなりますが、この点はどうお考えですか」と特に挑発的なレトリックは付けずに質問したところ即ブロック

どういうロジックでこういう主張をしているのか、わかる人がいたら教えて欲しい。

まさか少女キャラ規制されて少年キャラ規制されないなんてアクロバット立法条例可能とでも思っているのだろうか?

2018-06-22

日本畜生どもは××に屈しろ!!

 鉄道おじさんこと高山直人です。

 現在我々は混乱下にある、というのが私の基本的認識です。

 これは、何かレトリック言葉のあや)として云うのではありません。

 また、「1995年オウム問題以来の、いわゆる『刹那的社会』に、我々は巻き込まれ事実上参加しているに等しい」などと云っているのでもありません。私の認識は、そんな寝ぼけた老害のようなものとは違います

 いま起きている気味悪い殺伐事件は、本物のテロではないことはもちろん、誰かの仕業でもないのです。

 では、いったい何が起きているのか?

 本当は分断が起きているのです。

 これは、私の独自見解ではなく、欧米の一部の学者たちの見解に私も賛同しているだけですが、彼らの文章は私ですらコムズカシくて一般の人にはとても読めたものではありませんから、私なりにかみくだいて説明すると、現在おこなわれている分断は、かつてのような目に見えるものではなく、社会の内側での左派右派の分断であるということです。

 今日の混乱(分断)は、最初は「社会貧困」を口実として始められますが、その構図は当初の「経済的な貧富」からどんどん拡大し、最終的には社会に属する人間すべてが個人単位にまで分断されます

 これは現在世界のあらゆる国で程度の差はあれ進んでいる傾向で、実はアメリカの「トランプショック」の本質もここにあります(その証拠に、トランプ政権では白人フラストレーションクローズアップされていますが、アメリカは極端な個人主義に分断が進んでいます)。

 我が国突入しているのも、実はこうした分断です。

 我が国の分断では、それは最初1992年貧困階層可視化として始まりましたが、やはりその後、なし崩し的にその対象を拡大し、今や、かつては「弱者」ではあっても「被差別階層」ではなかった行為さえもが分断抗争によって次々と差別されています。偏った娯楽性の高い趣味現在では「オタク」とか「娯楽廃人」とか呼ばれます)や、重労働者に対するレッテルなどはその典型ですし、また、私たち差別階層が作っている社会のひずみが原因であるに決まっている地下社会モンスター化や極端な治安の悪化に対し、その原因を反省改善する努力をまったく放棄して、ただ揉み消しで対応しようという方針もその一環です。

 好景気愛国心をも疑う安倍批判論者ではありませんが、社会のこうした風潮を、「いかがなものか」と憂えているのは私一人ではないはずです。もしかすると、これを読んでいるあなたも同じ気持ちいるかもしれません。しかし、残念ながらあなたは、つまり私たち現在、圧倒的な極左ないし極右でありますしかも、その問題意識をいいかげんなところでアイマイにせず、よーく突き詰めてみればやがて気づくと思いますが、もはやこの社会左派ないし右派にとっては、そんな問題意識を持ってしま私たちのような存在自体が、何やら不気味で恐ろしい「敵」なのです。奴らは、私たちに対して混乱を仕掛けてきているのです。

 我が国における(他の国でも同じですが)国民同士の対立は、すでに戦争内戦)の域にまで達しているのです。

 私は、この期に及んで「反戦」を訴えるような非現実的夢想家ではありません。奴らは、不安が高じてヒステリー状態になっていて、もはや説得に耳を貸さないことが明らかであるからです。この内戦は、私たちが一人残らず消えていなくなる(何か口実をもうけて「アウトロー」とされて社会的に抹殺されるか、それを恐れて完全に沈黙するか)まで終わりません。

 また、私はもともとリベラルであり、景気拡大には反対しない立場です。例えばカジノ欧米型のリベラルビジネスなどとはむしろ推進すべきだと思っています私たちにとって、現在もっとも憂えるべきは左翼の拡大ではなく右翼の拡大です。従来の寝ぼけた老害の「反戦派」は、ここのところがまったく分かっておりません。むしろ寝ぼけた老害階層は、そのお家芸である「単純で分かりやす理屈」を掲げ、右翼力の拡大を率先して推し進めているようなありさまです(秋葉系サブカルオタクのもの抹殺要求する保守階層や、ゲームのものの撲滅を要求する似非リベラルなどがその代表です)。

 私は、現在のさまざまの不気味な犯罪精神貧困者増加の背景には、共同体進歩的社会崩壊があると考えています。「問題解決」のためには、奴らが推進する文化弾圧のような対症療法ではダメで(そのような弾圧化は、ますます人々の心にストレスを生み、結局はさらなる問題悪化を招きます)、共同体進歩的社会を再建する粘り強い努力必要です(「公共交通全否定」「高校生オートバイ推進」「自転車たたき」「IT拒絶」などはこれに反する破壊行為です)。このあたり、私の見解はむしろ保守に近いのですが、残念ながらほとんどの保守は、考えが浅いのか、「問題解決」には弾圧を、というヒステリー同調しています

 私は、奴らから社会の敵」「未来の敵」のように見なされているみなさんに、団結を呼びかけます

 奴らの勢いは、とどまるところを知りません。もはや「話し合い」は不可能です。

 何度も云うように、私は「反戦派」ではありません。私たちに残されたただ一つの選択は、団結して「応戦」することです。

 現段階では、まず団結し、私たちの側の隊列をととのえることです。

 ネットでのゲリラ工作活動は、何よりも私たち共感するみなさんに、このような形で大々的に団結を呼びかけるための手段です。

 私の見解に「なるほどそのとおりかもしれん」と思う方、まずは行動しましょう。ネットでの宣伝やビラ配りやポスティングです。奴らに反撃していくための、行動を始めようではありませんか。もちろん外国人や、未成年者やノンポリも大歓迎です。

 何しろ奴らは圧倒的多数派であり、私たちは圧倒的少数派ですから、今回の行動で、成功する可能性は、完全にゼロであると自信を持っています

 むしろ何かの間違いで成功ちゃう私自身がビビってしまますが、まあそのようなリスク覚悟の上での呼びかけです。

 しかし私に共感するみなさん。

 私に共感される人間が多ければ多いほど、私ですらビビってしまうのですから、奴らはなおのこと恐怖のズンドコに突き落とされるのは間違いありません。あなたが実行して成功するかしないか二の次です。たとえ成功しなくても、一人でも声が多ければ、奴らはそのぶんだけ慌てふためくのです。私たち存在を、目に見える形で奴らの前に突きつけてやることには、これから反撃を開始するにあたって、大きな意味があります

 そもそも奴らのために存在する、私たちにとってはバカバカいかぎりの民主主義という社会デモでも選挙でも勝負にならないほど不利です)において、「一声の重み」など嘘八百もいいとこです。誰がどうしようが、奴らの支配はこれっぽっちも揺るがないからです。しかし、今回の私のような人間の登場となると話は変わってきます成功しようがしまいが、その一票は奴らを心の底から動揺させる「重み」を持ってしまうのです。ざまあみろであります

 どうせ何もしないでは何も変わらないのです。

 民主主義ではとりあえず奴らに一泡ふかせておいて、私たちは、民主主義などというクソみたいなもんの外で団結を開始し、奴らを本格的にギャフンと云わせる、大革命の恐ろしい陰謀を、着々と進めていこうではありませんか。

2018-06-17

anond:20180617135527

基本的に行動や発言のもの自由からそれは自由だぞ。

やった後に●されたり、手段を封じられることだぞ。

から自由だというのはどのような状況においても当て嵌まるぞ。

そういうレトリックだぞ。

2018-06-12

anond:20180612001035

いやあ被害者にこんな主張されてもたまんねえだろ

レトリックに突っ込むのは野暮だけどさ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん