「あまちゃん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: あまちゃんとは

2018-09-17

田舎は合わない

自己肯定感がなかった頃に合わない環境を選んでしまって、日々その環境ストレスだったけど、「主語自分ではない悩みは捨てる」(自分のために)と決めたので、捨てるために、嫌なところを書いて、悩むのはやめる。

嫌なところ、合わないところ

年寄りばかり

他律的で他人の目を気にする人間ばかり

(職場でも、周りの人間がチラチラ見てくる。狭い世界しか知らない=同一視が激しいから、他者への干渉が激しい人間が多い。自分他人関係ないという意識がある人間が少ない。他人の目を気にして、他人言動自分言動を変える人が多数派気持ち悪い)

民度が低い

(車のマナーは悪いし、トイレは汚いし。駅のトイレは定期的に誰かが詰まらせてる。都会で暮らしてたとき、そんなに頻繁にトイレの詰まりを見かけなかったので、田舎はいかにマナールールを守るつもりがない人間ばかりなのか、と思う。

都会でも規範意識が強すぎて、自分の抑圧を他者押し付けてくる人間が多い環境は避けたいけど。田舎みたく民度が低すぎず、かといって規範意識に縛られて抑圧が強い人間ばかりでもなく。この中間がいい。

暮らしてるようなド田舎でもなく、東京みたいな中心でもなく、程よい都会。

中心にいけばいくほど、規範意識が強くなり抑圧も強くなると思うから。(東京でも、規範に縛られた人間ばかりではない地域もあるのかもしれないけど

職場も、低学歴DQNの集まりみたいな環境高学歴規範意識の高い大企業官公庁のような環境中間、程よい規範意識環境を目指す。

今は、極端な環境いるから、ストレスなのかもなぁ。

地域民度の低さに偏ってて、職場規範意識の強さに偏ってて。

個人的に、同一視が激しい人間が苦手なので、田舎はそこが一番嫌だ。

他者自分を比べるのが当たり前、察するという領域侵害をしてくるのが当たり前で、気持ち悪い。

必要なことがあればこっちからうから、察してこないでくれたらなぁ。(これも、自分の期待ではあるけど

常に周りを観察してて、他者ニーズ忖度するという領域侵害をしてきて、それを良かれと思ってる不健全人間たち、気持ち悪い。

自分にもそういう時期はあったけど。

言ってもないことを先回りしてやるのが良しとされてる、同一視が当たり前の国、気持ち悪い。

おもてなし」とか迷惑しかないし。少なくとも私は、マニュアル至上主義チェーン店で誰に対しても同じな画一的接客をされて、望んでもないサービス押し付けられて、迷惑しか感じない。

自分ニーズ無視されて、相手勝手に先回りした相手が良かれと思う接客押し付けられ。それを海外に堂々と美点としてアピールしようと思うのって、忖度する・されるのが当たり前になりすぎてるからだよね、怖い。

そうやって自他の境界線がない人間が大多数で、そんな人間たちは、勝手他者に期待して失望して、文句を言ってくる。自分の期待が大きすぎるのが、問題なのにね…

勝手に期待して失望してくる人たち、うざい。

自分の抑圧を他者押し付けてくる人たちも、うざい。

田舎で生まれ育ったからなのか、周りの目を気にし過ぎる高校生を見かけて、痛々しいなぁ、と思った。

ワンマン列車(あまちゃん世界かよ。ド田舎ドラマで見るにはいいけど、暮らすのは合わない)で目の前にいた高校生グループが、カレーを持ち込んでるのは周りからひんしゅくを買うのではないか心配して、「私のではない」と何回も言ってみたり、「ツイッターに書かれてたらどうしよう」と心配してたり、挙げ句の果てには全て食べてみたり。

自分世界の中心と考えるのは思春期だと自然なのかなと思うけど、それに他者の目を過剰に気にするところが入ってくるのが、不健全だな、と思う。

同一視が激しくて相互監視社会みたいな日本で、更に同一視が激しい田舎に生まれ育ったら、周りに監視されてるのが当たり前というマインドになるのかもしれないけど、そういう考え方では生きづらいよなぁ、と思った。

私もそういう時期はあったけど。

自分がどうしたいか、何をしたいか、より、他人からどう見られるかという他者の目を気にする他律的な行動をする人が多くて、怖いなぁ、気持ち悪いなぁ、と思う。

都会に行ってもそういう人間は多いんだろうけど、田舎は更に、そんな他律的で自意識過剰人間ばかりだよな、と感じる。

日本のなかでも更に相互監視度合いが高いのが田舎(自分他人人間が多いから)

似たような境遇と見た目に囲まれてるとそうなるんだろうから単一民族国家日本人は同一視に陥りやすいんだろうけど、それが当たり前になってる社会は、怖いなぁ、気持ち悪いなぁ、不健全だなぁ、と思う。

テレビネット大手や、主流のメディア価値観は「他人からどう見られるか」だから

自分の頭で考えられない教育を受けた人間たちが、メディア鵜呑みにして、他律的な価値観で生きてて、抑圧を押し付けあってて、気持ち悪いなぁ、と。

自由自律的に生きてる人間を叩くから、そういった他律的な人間は。

病む国には病むシステム価値観があるんだな、とわかったから、健全な国のシステム価値観を真似るか、健全な国に住むのが自分のためだな、と感じる。

国にいくら文句を言っても変わらないから、自分が出て行くしかないし。

まずは田舎を出て、その後、日本以外で生きていけるスキルを身につけて、海外暮らしてみて、どっちが合ってるかを判断したいなぁ、と。

田舎職場について悩むのは終わり。出て行くためにどうするか(貯金計画など)、に、意識を向ける。

2018-08-01

anond:20180801130300

今までの朝ドラでも多々あった「興味なくなったからやめる」という行き当たりばったり感と、「半分、青い。」の漫画家編終盤の描写は、自分が見るかぎり全然違うと思う。鈴愛の挫折は完全に気持ちが折れてる、すっきりしてない。

あまちゃん」も「まれ」もヒロインが手当たり次第にいろいろチャレンジして全部なんとなく形にしちゃう作品なんだけど、まれは芯のある初志貫徹型という扱いだったか物語に綻びが出来て視聴者が消化不良を起こしたんだよね。

増田の言う通り「あまちゃん」はみんなバカで、バカ故の軽薄さがなんでもありな雰囲気を作っていた。

anond:20180801125529

いや単なる純と愛まれの延長線上でしょ

行き当たりばったりな女の人生を無理やり朝ドラフォーマットに乗せて、ドラマからといちいち中途半端に腐したり美化しようとしたりして、結局いろいろ無理が出てきてるあの感じがそっくりじゃない?

同じ行き当たりばったりなら、あまちゃんみたいにバカに振り切れてればまだ救いもあったのに、中途半端に小賢しくてダメなんだわ

anond:20180801082004

北川アンチ執拗に叩いてるけど、半分、青い。朝ドラオタに向けた10年代朝ドラオマージュであり、創作者のブルースだよ。

エンタメ界の下積みを描くという点で共通する、ゲゲゲの女房やらあまちゃんを熱心に見ていた人は見たほうがいい。半分、青い。ゲゲゲあまちゃんと同じくクリエイターの歓びを主題に置いている。しか主人公が中盤でがっつり挫折するという独自性もある。

朝ドラ全史の中でも稀有な、挫折するヒロインをこのドラマが抱えたことは、なぜ創作者は物語を紡ぐのかということを脚本家真摯に答えようとしているかであるように見える。

そして鈴愛が真正から挫折したことは、挫折を認めないことがヒロイン呪縛になっていた「純と愛」や「まれ」のアンチテーゼでもある。

思い返せばゲゲゲあまちゃんも昔から朝ドラ見てきた年配者にはあまり評判が良くなかったんだよね。朝ドラテンプレートから導き出されるカタルシスは今作にはないかもしれないけど、ドラマ好きは結構楽しめる作品だと思うんだけどな。

2018-07-01

anond:20180630233747

結構朝ドラ見てる人多いんだな…あまちゃん以来見てない

そのあまちゃん話題になってからの後追いだったし

2018-06-14

仕事を8ヶ月で辞めた話

私は新卒入社した会社を8ヶ月で辞めた。

理由簡単人間関係

地元に根ざしたスーパーマーケット

ゆくゆくは本社勤務になって商品開発に携わりたい。

期待を胸に入社した。

新人研修昭和のど根性スタイル。辞めろ、使えない、死ね罵倒は当たり前。人格否定無駄に大きな声を出させて社訓唱和。社歌斉唱上司の言うことは絶対

そういうことを1週間叩き込まれた。

研修をなんとか乗り越えた後は店舗に配属。研修よりよっぽどマシだった。

しか仕事に対する期待や情熱なんてものはとっくになくなっていた。それでも仕事を覚えようと頑張った。

全く仕事は出来なかった。

効率よく動くことが出来ない。時間通りに作業が終わらせられない。入社してすぐにいきなり出来るわけがないのはわかる。それでもアルバイトをしていたのだからこなせると思った。

今思えば人目を気にしすぎていた。

仕事の早い先輩社員、先輩社員より長くいるお局パート、中途入社ながら売上の良かった主任

叱られることが怖かった。人格否定されてるように思えていた。どんどん自信をなくしていった。毎日辞めたいと家で泣いていた。

ある日、大量注文の特注品を作る関係早出することになった。前日は休みだったが緊張でなかなか寝付けず。起きたら出社時間だった。

急いで主任に連絡した。「終わりの目処が付いたからいつも通りの時間で」と言われた。新人は居ても居なくても一緒なんだな、そりゃそうか。居なくても仕事は順調なんだ。上司の言うことは絶対。いつも通りの時間で出社した。結局は遅刻に変わりなかった。

この日からお局パート無視され始めた。

主任からは「いつも通りの時間でと言ったけど、早く来るもんじゃないの?」と言われた。研修では「上司命令に逆らうな」と言われ続けた。何を信じればいいのか分からなくなった。

潮時だと思った。

ことが起こった月に退職届を提出。表向きは「仕事を続けていく自信がない」として押し切った。他の部門の人には鬱病で辞めたと噂されていたらしい。翌月末には退職たから伝聞でしかないが。

自分が大きなミスをしたということを頭の中では理解している。

正社員というプレッシャーに押しつぶされてしまったんだと思う。

それを踏まえた上でも劣悪な環境分煙がなく副流煙が漂う共同休憩室、サビ残サビ早出セクハラパワハラの横行、人手不足のために半休でしか休みが取れない主任接客業にも関わらずガムを噛みながら店内で作業する副店長雀の涙程度のボーナスなどなど)に長く身を置かなくて良かったと心底思う。

その後、短期アルバイトをいくつか経験したが、そこでの仕事というか作業については評価して貰えていた。覚えも早いと褒めて貰えた。 今は小売業量販店フルタイム勤務のアルバイトをしているが、そこでもバイトリーダーのような立場になっている。バイトから仕事作業をこなせているのかもしれないが、正社員としてもう一度頑張りたいという思いは消えない。現在職業訓練受講を視野に入れて再就職を目指している。

時間を戻せるなら就活をやり直したいとさえ思うが、そんなことは出来ない。新卒失敗したら終わりだとネットで散々見てきたけど、転職再就職のための方法は必ず何かある。

あまちゃんな私も生きていけるのだ。

仕事をしている人全て、無理をしないで仕事をして欲しい。

2018-05-14

朝ドラが途中でつまらなくなる問題

朝ドラが、やっぱりいつもの展開になってしまって、どうにも寂しい気持ちです。

主人公故郷を離れたり、学生時代が終わったりすると、それまでのみずみずしい雰囲気が一気に失われ、見てるこっちの気分も落ち込むような展開になる。

「半分、青い」もそうだ。主人公上京してから、まったくおもしろくなくなってしまった。なぜ、朝っぱらからいじめられる主人公を見ねばいかんのだ。日本の朝を元気にするのが朝ドラではないのか。

あまちゃんも、東京編になったとたん暗い気持ちになるような展開になった。まれも、トト姉ちゃんも、あさがきたもそうだった。

だいたいいつも、3週位すると明るい話にもどってくれるのだが、それまでがきつい。

ヒロイン応援されながらがんばってる姿が見たいのだ。永野芽郁とぼけた顔や笑顔がみたいのだ。早いところそうなってくれ。鬱屈した気分にさせないでくれ。

2018-04-29

anond:20180429152953

ダンコーガイとかあまちゃんとかはまちや2とかござ先輩とか知ってる人ってもうオッサンなのかなー。

かに最近ホッテントリで全く見ない。いやー、本当時が流れるのは早い。

2018-03-30

anond:20180330205058

と言ったところでまだ2年生じゃん

まだまだあまちゃんなので精進してください

2018-02-16

テレ朝昼ドラ越路吹雪物語』が面白いからみんな見て!

みんなが求める昭和大河

宝塚がメイン舞台女の子同士のキャハハウフフ

主演も朝ドラやってた瀧本美織から安定の演技

この手の女の子同士のドラマってはてなでもあまちゃんとかひよっことか中心に朝ドラはよく話題になるが今回は余り目立たないテレ朝昼ドラから見てる人が少なすぎる。

もう中盤だけど絶対おもしろいから見てみて!

テレ朝サイト過去放送も有料だけど全話配信されてるから!(最新話は無料配信だよ!)

 

ドラマ劇場越路吹雪物語』|テレビ朝日

http://www.tv-asahi.co.jp/koshiji/

2017-12-27

未熟者、クリスマスに振られる。

28歳にして、初めてのちゃんとした彼女だった。



相手はかなり高嶺の花だった。同い年だが、かなり格上だった。


今年の5月ごろにアプリ出会い8月から付き合い、落語バレエミュージカルと楽しく過ごした。

クリスマスイブも楽しくデートして(正確に言うと、したつもりだった)、翌日のクリスマスの夜に振られた。

年末にかけてあまり会えずにいて、予感はあった。

付き合う前に、相手Amazon Primeおすすめ映画として「(500)日のサマー」をあげてしまった。まぁ、その辺りからそんな結末の予感はあったのかもしれない。

絶対にうまくいかないなぁ、などと考えてしまっていた部分はあり、自分自分で嘘をついてしまっていたのかとも思う。

とまぁ、強がってはみたが「振られた」と言うショックは自分の生きてきた28年間の中で初な訳で、尋常ではないダメージを受け、かなりボロボロな感じである。(仕事には支障をきたさぬようにせねば)


しかし、そのショックを受けたことで、改めて自分自身を気付かされた。

中途半端で幼稚であまちゃん」な自分を。


改めて生まれてこのかた、なんとなくで大体であったんだなぁと思う。


幼少期にヴァイオリンを仕込まれ、好きでもなくなんとなく続け、ヴィオラになんとなくたどり着く。なんとなくなので、結局のところさほど上達もしていない。速いパッセージ日和るし、音程も外すし、そもそも読譜尋常じゃなく苦手だ。幼少期の指番号で弾く感覚のままなので、弾いててすぐにお手上げになる。

どこかで、歩みを止めて変えなければいけなかった。ただ、してこなかった。


中学受験に塾に通わされ、ドリルなどさほどやらなかっったが、なんとなく慶應入学した。しかも補欠合格だった。それから、何か究めんとすることもなくただなんとなく過ごした。

中学自由研究では賞をもらったし、高校の時には論文が全校生徒から選ばれ冊子に載った。すごく頑張ったと言うか、なんとなくやって、グータラして乗り切れてしまっていた。

そのままエスカレータで、大学に入った。経済学部だった理由は多分明確にはなかった。なんとなくカッコ良いかである。そのまま、普通に進級した。3年になった時、就活を目の前にして自分の中に迷いが生じた。このままで良いのかと。そして、留年した。


留年したら、何か変わるか。

そんなことはなかった。


元来の自分の人付き合いの苦手さが増し、ゼミもなんとなく抜け、授業にも一切いかなくなった。

2回目の3年は、多分一切単位を取らなかったと思う。当然また留年した。

そして、3回目の3年は卒業しなくちゃと言う気持ちで通った。なんとか4年になった。

ただ完全に人とは話してなかったと思う。コミュニケーションがとにかく苦手なのだ


心配した母親セミナーに連れ出し、そこでの恩師との出会いから多少元気になり4年の後半社会復帰し、人との交流もする様になった。

ただ、就活をしていなかったため、独学で公務員を目指すと言う名のもと空白期間をし、試験の落ち着いた夏就活をしてみた。公務員試験勉強の数的処理がIT親和性が高そう、なんかITかっこいい。そんな感じで、面接を受け、今の会社へ入った。小さい会社だが、社長が魅力的な人だった。


そして、社会人生活が25歳の秋から始まった。


ITと言うと聞こえは良いが、SIer下請け孫請けと言う様な会社だった。クラウドシステム構築を行った。1ヶ月目にはテスターとして駆り出され、4ヶ月目には大手SIerに常駐した。

駐中コミュニケーションが苦手で、人に聞いたりするのは苦労した。

1年がたった頃、常駐を終了し、自社での持ち帰りの開発案件に参画した。

とにかくがむしゃらに働いた。

10から24時、土曜・日曜日も出たし、徹夜作業もした。


開発は楽しかった。

ただ、その中でもやはりコミュニケーションは苦手だった。人に聞く、相談するのは苦手だった。

開発の他に、テスターマネジメントを頼まれたが十分に期待に応えられたとは言えなかったと思う。


結局自分自身マネジメントできていない。なんとなく辿り着いて居るやつには、人を管理すると言うのは荷が重かった。遅延させ、徹夜&増員で事態は乗り越えた。


その後、去年27歳の秋、とある大企業に常駐する様になった。

常駐先の男性のチームリーダーがとにかく魅力的だった。パワフルで、カッコよかった。

緊張しながらも、意見をしていき、そのリーダーに認められ、案件としても拡大していき、自社の仲間も一緒に常駐するまでになった。


そのリーダーは色々教えるのが好きで、本当に色々教わった。

自分も成長した気でいた。


そして、今年の5月彼女出会った。

ちょうど自分に自信がついてきていたし、付き合うとこまで行ったのだろう。


そんな5月、憧れのリーダー転職を決めて去って行ってしまった。

ショックだったが、仕事はそう言うものなのだろうと思い、自分がそのリーダー役割をと思ったが、所詮は成長した気だけであり全然ダメだった。

要件定義マネジメント能力・育成・ロジカルどれもこれも未熟者半端者だった。元来のコミュニケーションの苦手さが原因かもしれない。

プロジェクトがポシャったり、遅延したりした。


とまぁ今まで大体が、なんとなく流されてたどり着き、失敗してもそれで良しとしていた。

中途半端でちゃんと継続して地肉になっていない、変わっていないそんなまま、今になっていた。


プロフェッショナルとしてとことんやっていたのか。

ちゃんと成長してきたのか。身につけてきたか

ダメだったのだろう。不十分だったんだろう。


自分ダメさが、彼女に振られることへ繋がったのだと思う。


職場が元リーダーがいなくなり刺激的でないとかは言い訳だろう。

自分が至らない部分が多いのだろう。

自分自身に甘えて居るのだろう


しっかりと目標を立てて、考えて計画して行動する。成長する。


来年クリスマス、その時もおそらく彼女はいないと思う。ただ、ちゃんと成長した大人になった自分になっているはずだ。そして、振ってくれた彼女にも感謝できるくらいの器量はありたい。

20代もあと2年弱。もう時間はない。

2017-11-02

anond:20171102212805

男の権利がどうこう言って議席取ってる政治家なんてまずいやしないもんな

みんな自分性別以外に持ちネタなり地盤なり知名度なりを確保して選挙を勝ち抜いている

ただ女が女の権利を主張するだけで政治家になれるなんて考えるのがそもそもあまちゃんということ

2017-07-15

朝ドラヒロインのウザさ

おひさま ややウザイ。たまにある自己主張困惑

カーネーション うざい。芯が通っているので不快感はない。

梅ちゃん先生 ややうざい。でも堀北かわいい

純と愛 忘れた。

あまちゃん うざくない。主体性がない。

ごちそうさん うざい。性格が濃い。

花子とアン ややうざい。濃いすぎる。

マッサン 夫婦ともにうざい。

まれ 忘れた。

あさが来た ややうざい。が、かわいいのでよい。

とと姉ちゃん うざい。

べっぴんさん ウザイ。何を考えているかからない。

ひよっこ うざくない。

自己主張があると見てて疲れる。

[]

今回はやわらかスピリッツ

ダンジョンほとりの宿屋の親父 第22話

自分理想イメージ)を他人押し付け挙句、それを大義名分にして批難する内は同じ穴の狢ってことなんだろうね。

美醜をネタにするというのは時代錯誤とも取られがちだけれども、実際問題として今なお人間評価する上で重要視されるほど根強い価値観

みんな自分良心の部分では、社会通念上それがよくないことだとは勿論分かってはいても、そう簡単気持ちを割り切れない要素であることも分かっている。

から、そこを誤魔化して尤もらしい理屈を述べても意味はない。

その点、自分言動自覚してちゃんと謝っている登場人物たちはどこか憎めなくもあり、それがちゃんとギャグとしても昇華されている今話は割と好き。

ただ何が悲しいかっていうと、ギャグ漫画相手にこんな真面目に是非を語って、善悪と好悪の分別もちゃんとできない私自身の愚鈍さよ。


人魚姫のごめんねごはん10

パロディは私も嫌いじゃないけれども、それは演出としての意義があるからなんだよね。

意義のないパロディは親父ギャグ並のナンセンス

パロディから面白いってわけじゃない。

から犬神家のパロディしている箇所は正直なところ思考停止気味というか、こちらとしても何の感情も湧いてこない。

反面、あまちゃんの部分はこれぞパロディの使いどころって感じた。

茶番部分はくどいような気もするけれども、作り手も受け手もそのつもりなわけだから多少はね。

必要以上に茶化さず、本筋そのものはむしろ大真面目にやっているが故にしっかりとコメディとしても機能しているから、これ位の案配でいいと思う。

2017-07-13

ロジック物事を進める。

決められたルール(ある特定役割をこなす)をもってサボり、それ以上のことをしないというのは、

本人にとってはルールを忠実にこなしているのだからサボってるつもりはないんだろうし(実際そう言うしその通りなんだろう)、

仕事をする人のために仕事を残しておいてあげるというのは対価をもらう機会を与えるという点では優しいといえば優しいのかもしれない。

しかし、仕事を分け合い協力して集団としての意識(帰社精神)を高めるという点ではあまりよろしいことではなく(日本においては)、

ここが日本的な良いところであり、集団主義であり、安倍首相の言う美しい日本理想なのだろうと思う。

職能給の場はどうなのかは知らない。海外も知らない。帰社精神もあるのかどうか知らない。


しかしながら、

美しい日本企業内ではよく見受けられるが、

家庭内で見られないのが残念である

企業内では分業をとらない、家庭内では分業である

自分に任されたこと以上のことをしても給与に反映されない。

家庭の家事育児などは任された以上のことをすればリターンが大きいのに。


ロジックで固めたルールをそのままやると、不都合なことも多いので、情緒は大切だ。

しかしながら、情緒を発揮すべき場所企業内ではなく家庭内へと少しスライドさせてみてはどうなのだろうか。

あまちゃんになるかな。会社給料出せないから。

2017-05-05

朝ドラひよっこ視聴率

下がってる。視聴率と言う指標曖昧ものなので別に良いんだけど

ろくに視聴率下がってる理由(暗いから、展開遅いからなど考えればいやほどあるのに)を語らずに

前作の視聴率が下げ終わったからと言ってるやつって玄人ぶる資格無いよね。

あまちゃんも低かったとかいうけど、数字見比べてみると良い。あまちゃんは一時ジジババが脱落しただけで水準としてはかなり高いよ。

視聴率自体は「べっぴんさん」以下の「まれ」並みになってきたし、このままだと「純と愛」に戻りそうなくらい低い。

視聴率を気にするなら他の作品のせいにするのやめたらいいよ。

気にしないならそんなこと言わないべきだよ。

にしても視聴率も盛り上がらないしネットも盛り上がらないし

まれ」並みの状況…。純と愛ネットは逆の意味で盛り上がったぞ(朝ドラでなく昼ドラ展開で)

多分こういうやつは再放送ないので、好きな人録画しといたほうがいいかもね

2017-05-01

今更「あまちゃん」見たんだか

ミズタクPのアキユ養成アイドルマスターじゃねぇか

NHKなに放送してたんだ…

結局Pが一番萌えるところとかソックリだ…

2017-04-28

http://anond.hatelabo.jp/20170428084321

あれって「地方から見た梅ちゃん先生

もしくは「ちゅらさん梅ちゃん先生あまちゃんのいいとこ取りをしようと企んでみた」ドラマだよな

二番煎じというのか保守的というのか

2017-04-20

http://anond.hatelabo.jp/20170420041027

あまちゃんはね

頭いいんだか悪いんだか

サブカルなんだかオタクなんだか

若いのかおっさんおばさんなんだか

よくわからない掴みどころのない

そんなまっとうに働いていてちゃんと友達もいるんだろうけど

twitterブログで実況めいたことばっかしやってる人たちにウケてた

最近でいうカルテットはてなtwitterでの盛り上がり方と

あまちゃんの盛り上がり方は似ていた

てかさ朝ドラ復活はゲゲゲの女房から始まってて

カーネーションあたりでなんか意識高いちょっとオタクちっくな人も注目しだしたりで

なんとなーく朝ドラみてそのままあさイチ見る習慣がご婦人方に定着しだした

という下地ができてからあまちゃんブレイクだよ

その勢いはあさが来たピークを迎えたように今のところみえるけれど

さてさてこれからどうなるんだろうね

朝ドラ視聴率なんてこだわってるのはNHKだけだが

あまちゃん」以降は全て初回20%を出していた視聴率が「ひよっこ」で落ちた。なお3週間経つが上がる気配は今のところない。

あまちゃん自体視聴率ドラマでは無い。むしろ年寄りが頭のおかし登場人物たちに驚いたのか、初期は下げたし乱高下していた。しかデータをとれば朝ドラを初めて見るor完走する新規年齢層を開拓し、通常落ちがちの視聴率東京篇~終盤にかけて数%あげたということは特筆する項目で

ちゃんと物語の波と視聴率が連動してたのも印象的だった。

なお関西視聴率は悪いかクドカンボケ関西では受けないとか適当なこと言われたが、関西の数値も世間の盛り上がりと共にあがっていった。

佳作朝ドラ、は以降もちょくちょくあるのだが、世代を超える大ブームや「明らかに異質な朝ドラ」はあまちゃん以降無い印象だ。(視聴率低迷期の再放送朝ドラカオス面白話題になることはある)

そしてここ近年定期的に「これはどうなんだ朝ドラ」が放送されていたことによって

あまちゃん」で開拓した新規層がついに心くじけ離れて行ったのかもしれない。

とのことで、あまちゃん前の視聴率とすると低くも無く普通朝ドラと言える「ひよっこ」。

端々の演出キャストあまちゃんの影響を感じるが、内容はザ朝ドラであり、ザおひさまであり、かけ離れている。

それでもNHKは会見によれば視聴率がまだまだ上がると踏んでいるらしい(実際には徐々に下がっている)。

そもそも「あまちゃん」と、それに「純と愛」のあの1年ってNHK朝ドラへの開拓期だったのだが(古いイメージを変える挑戦の1年)

うそのことをNHKは忘れてしまったらしい。

視聴率をとるようになり、大御所俳優や売出し中、すでに売れっ子役者を使うことが必然となったのが、勢い消失の原因なのか。

それとも視聴率固執しているのか。

よくわからないが、あの頃「朝ドラ純粋面白いものを」と意気込んでいたNHKスタッフは、どうやら幹部連ドラ映画に行ってしまったようだ。

現行朝ドラ脚本家も振り幅がある人なので、「SF朝ドラ」「ファンタジー朝ドラ」を企画提案していたら傑作が生まれる気もするのだが

今のNHKが求めるのは「朝ドラらしい朝ドラ」なんだなぁ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん