「心理学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心理学とは

2018-06-16

[] 他人との比較自分確立する習慣が一因?

自分の知り合いで、性転換手術を受けて、男から女へ変わった人がいた。

彼(現在彼女)は、一般社会では頭の良い部類で、仕事でも優秀な人だった。

頭が良い代わりに、普通の人は気にしないような些細なことも思考対象にしていた。

考えすぎることで、悩みが増えていたようにも見える。

 

彼の幼少期から体験を聞くと、

  1. 美人姉妹に囲まれて育った。
  2. 見た目が女っぽかったので、学校では「オカマ」と揶揄にされて、いじめられていた。
  3. 他人との比較自分存在価値確立する環境にあった。

 

LGBT仮説

上記の一つ一つを個別に見れば、よくある話だと思う。

しかし、この3つが融合すると化学反応引き起こして、LGBTになるのではないか?と考えた。(仮説)

 

特にこの3つ目が問題だ。

自分他人比較して、自分存在価値規定する」という習慣は、自分を含め多くの人に当てはまる条件だと思う。

ここでは便宜的に、自他を比較して、自分存在価値規定してしま思考に対して、「相対的自己評価」と名づけよう。(文字数節約のため)

 

相対的自己評価

受験勉強洗礼を受けると、高得点を取って順位偏差値を上げる「ゲーム」にはまってしまう。

他人比較して、優位な自分をほめたり、劣等な自分卑下したりする。

 

他人との比較によってもたらされる自分存在価値の創出は、性的志向にも影響を及ぼす場合がある。

男は、女に対して「自分は女とは違う。自分は女ではない男である」という自認を形成する。

もしも、この世の中に女がいなければ、自分を「(女とは別の存在である)男である」という認識は生じない。

 

女との相対的差異により男を規定していると、比較対象が女ではなくなった場合自分性的自認が揺らいだり、変更されるほど大きなチェンジが生じる場合もあるだろう。

心理学でいう肛門期や、第2次性徴を迎える前の低学年のときは、同性同士の友情と異性に対する愛情境界線曖昧で、混同してしま場合もあると思う。

性的知識がないときは、キスセックスをしようという発想は伴わないが、同性の親友と一緒にいたい、仲良くしたい、という思い。

 

男が、他の男を比較対象として、自分存在価値確立する習慣を身につけたら、どのような影響が生じるだろうか?

男と男の比較は、男と女比較ほど大きな差、ギャップはないにしろ、同じ男同士でも同じ人間は2人といないので、やはり自分他人は違うと思うはずだ。

他の男と比較して、優劣を見出し、他の男の中に長所見出ししまった場合は、どうなるだろうか?

男でも、他の男を見て、「この男はカッコイイ」「この男は好きだ」という具合に、尊敬の念が膨らんで、好意愛情に発展しま場合もあるのではないか

自分が男だという性的自認が揺るがなければ、バイになるかもしれないし、自分は男だという性的辞任が揺らげばオカマになるかもしれない。

 

まとめ

読み返すと、うまく言語化説明できていない部分もある。

長くなったが、要点をまとめると、

  1. 受験勉強など学校での活動を通して、「自分他人比較して、自分存在価値確立する」という習慣が身につく。
  2. 自分性的自認を、異性と比較している場合は、ノンケのままでいられる。
  3. 何らかの契機によって、自分を同性と比較して、自分存在価値規定し始めると、自分性的自認が揺らいで、LGBT転向してしま場合もある。

という3ステップがあるのか?ないのか?ということが気になった。

 

俺の専門は、心理学医学ではないので、LGBTに関する研究論文はあまり知らない。

上記について、研究したレポートや参考情報があれば、教えて欲しい。

 

anond:20180616191232 他人気持ち理解すると、自分も同じになる恐怖

anond:20180616202224 Gだけど

anond:20180616201336

[] 全ての人にLGBTの要素が備わっている?(仮説)

理論現実には、ギャップがつきものですね?

からLGBTだった奴がきっかけがあって実はノンケじゃなかったって気づいただけだよ

ノンケLGBTになってるわけじゃない

この理論だと、ノンケ異性愛者)には2種類あって、

  1. 純粋ノンケ大人になってもノンケのまま
  2. LGBTノンケ:途中でLGBTに目覚めて、LGBT転向するノンケ

という分類になっている。

 

問題は、ノンケに見えていた人が、なぜ「自分LGBTだった」と思うのか?

この点については医学心理学などの研究が待たれるところだろうが、

  1. 遺伝子などの先天的要素による影響なのか?
  2. 生育環境などの後天的要素による影響なのか?
  3. あるいは、その両方なのか?
  4. 上記パターン以外もあるのか?

検討すると、潜在的LGBT先天的要素だけに限定することはできないだろう。

=つまり、アホ増田が指摘した通り、後天的要素でLGBTが発現しているパターンもあるのではないか

 

純粋ノンケノンケモドキ(潜在的LGBT)の違い?

本当に自分ノンケだと思っていたのに、LGBTに目覚めてしまったパターン存在し得ないのだろうか?

純粋ノンケ潜在的LGBTノンケモドキの差異はどこにあるのか?

=実は全ての人に、LGBTの要素が備わっていて、何かのきっかけで発現するのではないだろうか?

医学的、プロテオミクス的な研究必要だろう。

 

anond:20180616193633

心理学エビデンスってよく使われてたわ

主に医学にドヤされる側で

2018-06-13

心理学だの行動生理学だの人に対して一歩引いてマウント取る事だけ発達して

じゃあどうするんだよって問いには答えられない

2018-06-07

anond:20180607062415

この事件再婚で連れ子を虐待死させたケースですね。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180606/k10011466491000.html?utm_int=detail_contents_news-related_002

この件に限らず、連れ子を虐待するケースは多いので何らかの対策必要ですよね

つのルートとしては虐待兆候があるとき離婚やすくすることだと思うのですけれども、母親の心情がわからないので難しいなぁ

ブコメ北九州監禁事件を上がっていますが、まさにそんなかんじで

暴力支配している場では被害者洗脳されて従ってしまう傾向があるんですよ

我が子を虐待されているのに従ってしま母親心理

反抗したら自分が危ないとか、離婚されたら露頭に迷うとか、たぶん色々あると思うのですが

その辺りを全部調べて心理学に詳しい人にも加わってもらって

どんなケアがあったらDVシェルターなり離婚なり逃げることができるのか新しい対策を練れたらいいですね

それから報道を見ていると2度も保護されてまたすぐ何で返してしまうのか

その後通報されても動かなかったりでこの辺りなんとかならなかったのかと悔しく思うところです

児相職員やすなり予算やすなりなんとかできないものでしょうか

こんなこと増田で言ってもしょうがいかもしれませんが。。。

2018-06-05

anond:20180605164632

本上げた増田だけど、一般教養心理学概論っぽい授業で出てきたよ。だから一般教養じゃないかなぁ。

アリエス文系現代文学とか社会学とか心理とか歴史やってる人だったら知ってないとだめなレベルだと思う。自分は某語学科。

2018-05-31

プータローだけど親のクレジットカードで本を買ってしまいそうになった

今回は未遂で済んだが今後親のカードで好き勝手に本とか買ってしまいそうで怖い。

こういう物欲を鎮める方法を教えてくれ。

産経新聞に出てきた130万円を浪費した御仁と同じにはなりたくない。

でも二の轍を踏んでしまいそうだし、自分も似たようなことをやっていいんだと思ってしまいそうで怖い。

 

 

ついでに頼もうとした本は以下の通り。

2018-05-30

自信のある人ない人

ここも社会にも人を不快にさせることが趣味の人がいる

心理学的には上から目線の人って自分コンプレックスを持っている人らしい

そんな人にならなくて本当によかった

生きにくいだろうなあ

2018-05-28

anond:20180527190259

心理学的には、人が浮気をする条件は「現状の相手に満足できないこと」ではなく、

「(現状の相手満足度を問わず)それよりも良いと思える相手が現れること」らしいのよね。

政権も同じ。「今の酷い恋人の何処が良いの?」と言われても「だってなんだかんだ長く続いてるし」という腐れ縁が恐らく理由の大半で、

その前に付き合ってた恋人もっと心象が悪過ぎたり、全然長続きしない関係連続で続いてうんざりしていたり、

「そんな恋人とは別れろよ!」と言ってくる人は批判ばっかりで暴力的全然魅力的に映らなかったり、だから浮気しないというだけの話。

『北風と太陽』で言えば、対抗勢力が揃いも揃って北風ばかりだから、むしろ頑に現政権にしがみつこうという心理が働いてるのよ。

まして「恋人を持たない」という選択肢存在しない恋愛依存症を患っているから、後のことを考えると「取り敢えず別れよう」なんて気には到底なれない。

故に、現政権より「もっと良いと思える相手」が現れたら、あっという間に浮気すると思うよ。

実際、これまでで現政権が最も危うくなったのはスキャンダルでも何でも無く、小池劇場希望の党という、別の太陽…のように見えた存在の出現だったと思う(途中で化けの皮が剥がれたけど)。

逆に言えば、現政権ですら『腐っても鯛』と思われる程に、他の、政治全体の信用・信頼が落ちて、これまで裏切られてきて、辟易されてるのよ。

2018-05-24

anond:20180524110719

立場によって悪に染まっていく素養があるやつが居るって事。

看守と囚人心理学実験?みりゃ分かる。

2018-05-22

anond:20180522161335

人間の大半は友人より自分のほうが少しだけ頭がいいと根拠なく思っているという心理学実験結果があったな

2018-05-19

心理学ってアテにならないよな

昇華・・・

社会的に実現不可能(反社会的な)な目標葛藤や満たす事が出来ない欲求から、別のより高度で社会に認められる目標に目を向け、その実現によって自己実現を図ろうとすること

例えば、満たされない性的欲求攻撃欲求芸術スポーツ学問という形で表現することは、昇華と言える。

wikipediaより

スポーツ選手のレイプ事件なんていくらでもあるじゃん

2018-05-16

心理学専攻に進学したら

もともと工学部志望だったのだが、

イラスト美術が好きで、特にエッシャーとか。

その流れで錯視に興味が出て

文転して心理学を目指し、入学したら

メンタルやられている人が多すぎて、連休明けですが早くも失敗した感がつよい。

自分がやられている人は、心理学専攻とかへ行く前に病院に行った方が良い。

2018-05-15

anond:20180515001824

女性評価される基準って若さ容姿が8割ぐらい占めるわけで、女性側もそれを理解して育つから価値観ベース容姿になるのは仕方がない。

残りの2割は気の利いた従順さとか愛嬌特に日本では。

顔立ちだちは微妙でも男ウケがいい女はいるし、

顔立ちは整っているのにそれを活かすことができない気質や知能の女はいるが、

基本的に女の評価は外見。

社会学文化人類学研究に、世界2ケタ国、つまり文化が違う国々での男女別異性の何を重視して評価するかを調べた物がある。

文化が違っても男が女の何を評価するかというと「若さと美しさ」で、美しさにはオッパイかオシリが大きい、とか入るわけ。

女は男ほど異性の容姿重要視しない。

まり男の金と権力に相当するものが女にとっては容姿

その上女には心理学で言う成功恐怖っていう心理がある。

要するに金と権力を手に入れても女としての幸せ、端的に言うと繁殖寄与しない。

それどころかむしろ遠のく。

コンプレックスについていえば、そこそこの金と社会的地位がある男でも

 「学生時代青春できなかった」とか「他の男ほど女を自由セックスできない」というところをこじらせてる人は見かけるな。)

2018-05-03

ガチ恋勢になって苦しんだけどBL書くようになって救われた話

とある男優ガチ恋してました。

してたっていうか現在進行形でまだしてるのかな。

ほんとに好きで理屈じゃなく好きで、無理だと分かってるんだけどすごく好きでお近づきになりたい、付き合いたい。

リアコっていうのかな。ガチ恋がいか無駄無益不毛かは言うまでもないと思うんだけど、だからって諦めきれないよ~こんな気持ちになるんだったら彼の事を知らなければ良かった~という感じでしんどいですよね。ほんと好きなんだよ、だってあんな素敵な人なんかそうそういるもんじゃないし。

いままで二次元しか興味なかったツケが回ってきたのかな。

でもある日ネタで彼の事をナマモノBLを書いたら、苦しさがすっと消えた。

好きだって気持ちそのままでガチ特有の苦しみだけが消え去った、ファンとリアコのいいとこどりって状態

これ心理学的になんか意味というか論法として存在する療法なのかな?

BL書くことによって無理なく自然ガチ恋が辞めれそう……かな?辞めれたらいいのになぁ、という感じです。

2018-04-25

性の目覚めって地元みたいじゃない?

投稿、下書き無しなので文に乱れがあったり読みにくかったりすると思うけど許して欲しい。

友達と「彼女がいるのにエロ本を買うのはダメか?」と言うことを話していて考えたこと。

個人的な性と半生の話が出てきてあまり公には話せないのでここに書くことに。もしかしたら似たようなこと考えている人がいるのかなって希望も少し。

性の目覚め

最近、どうもエロいので自分の中にあるエロのかたちを一つ一つ考えている。

そのなかで自分の性の目覚めの体験まで遡って考えてみた。

その体験っていうのが幼い頃見た夢なんだけど、その説明のために一応当時のことを書いておく。

当時保育園の年長組だった僕は、おゆうぎかいで確かダンスを踊ることになっていた。男女別で、女子モーニング娘。の「ラブマシーン」だった。衣装黄色いフリフリの服だった。

夢の内容は、その「ラブマシーン」を自分女の子に交ざって踊っている夢だった。

そしてそれを見る両親を僕が見ている夢だった。

「あれ、○○(僕)じゃない?」と母が言い「そんなわけ無いだろ。○○は男の子だよ。」と父が言う。それを僕が見ている。

そんな夢。

まりに強烈だったので起きてからも夢の内容を覚えていて、そしてその事を考えているとなにかドキドキすることに気がついた。

何となく床に下腹部を擦り付けると言い様の無い快感があって、そこから特に話すこともない。

ともかく、学校性教育を受けるまで、僕のエロのすべてがその夢だった。というわけでもない。『ぷよぷよ』の「アルル」も、『ワンピース』の「ナミ」もエロい!と(感覚的に)思えたし、事実それらの女性キャラクターオナニーもした。なんなら同人誌を調べるために新しいマンガに手を出した。乱暴だがその辺から性教育を受けたと言えるだろう。行為言葉意味はわからないけど何となくおっぱいエロかった。

自覚

小学生のころ「オナニー」とか「セックス」の意味辞書で調べるノリがあった。自分の「オナニー」とは違ったのでピンと来るのに時間がかかった。自分のしている(た)「オナニー」がおかしいと感じ、“あの夢”は悪夢になった。

時は流れて大学生の頃の話。

親元を離れて独り暮らしを始めた僕は、おそらく多くの童貞がそういう道を通っているように、ただれた性生活を始めた。片端からエロサイトを見て、pixiv2ちゃんねるTwitterを行き来した。エロ本オナホールを買ってきては友人たちにレビューを聞かせた。よくいるエロいやつだ。多分普通と少しだけ違ったことは、いくつかの特殊性癖にも精通したことだと思う。

ケモノ男の娘ペドフィリア、みたいなある程度メジャー特殊性癖でヌけるようになったところで、大学の先輩から「なんでそんなもんでヌいてんの?」と聞かれた。

キツネ娼年ロリと俺がエロいからです」とふざけた。

しばらく先輩の「なんで?」が引っ掛かっていた。先輩には悪いが、遅効性の毒みたいだった。最初はただの好奇心ちょっとした虚栄心だったと思う。自分の知らないエロ世界に触れて、粋がりたかったのだろう。男の子世界には「面白いやつとエロいやつが強い」という不文律がある。特殊性癖は「エロくて面白くなる」上で大きな武器だった。

「なんで?」の毒が回りきった頃、自分性癖分析を始めた。その性癖を初めてエロい!と感じた画像動画を覚えている限りもう一度インターネットから探してきた。そしてそれらの要素を抽出して、どこがエロいのか?を考察していった。

すると大学に入ってから意図的に開発した性癖に関して興奮のポイントに二つの共通点を見つけた。

・犯される側に感情移入している

・弱さ、危うさを無意識に感じている

心理学とかはやってないので精神分析とかではないけれど、当時はただドMなだけだと思っていた。

ふと思い出すと“あの夢”は女装と両親との関係崩壊を“エロく”感じる夢だった。

女体化」にであったときに強い憧れに似た興奮を覚えたのも、露出赤面した少女画像ばかり集めていたのも、当然の成り行きみたいにMに目覚めたのも多分深いところであの夢に繋がっているような気がした。

今思えばエロくなろうとしたのは仲間内地位をあげるためじゃなくて、あの夢から逃げていたんだと思う。でも結局お釈迦様の手のひらの上で飛び回る孫悟空みたいに、僕は“あの夢”に囚われていた。良くも、悪くも。

まとめ

性癖故郷があるなら僕は女装とか羞恥とかの村に生まれたんだと思う。少し一般から外れてはいるが“なんとかなる”部類だ。

これが食人とかスカトロの村だったら、多分とっても大変だったんじゃないかなって感じる。

最近同性愛が認められててうれしいけど、性的指向と比べ性的趣向は未だに犯罪者枠だ。

被害を受けた人や性癖を持たない人が訳のわからない性癖気持ち悪く思うのも理解できるし、特殊性癖をもろ手をあげて歓迎しろ!なんて言うつもりはない。だって気持ち悪いし。

でも痴漢の村に生まれたおじさんはお金を払ってイメクラに行くべきだし、ネトラレの村に生まれた兄ちゃんエロ本を買うべきだと思う。それだけじゃなくて彼らが村から出ようとするなら恋人がそれを助けてあげてもいい。でもその努力って絶対隠れてするし、なんなら持ってることすら気づかれたくないから「エロ本を買った」「風俗に行った」だけが表面に出て崩壊ちゃうんじゃないかな。

普通グラビアおっぱいで目覚めて、部活マネージャーと付き合って、大学の後輩と結婚するタイプ友達には理解されない話だけど、僕みたい(いわゆる「普通」の)異性愛者の村に上京することができた、そこ以外の村の人ってけっこういると思うし、「彼女がいるのにエロ本を買うのはダメだ」という人は一夫一妻の異性愛者村に生まれた人の価値観なんじゃないかなぁ。

自分の性の目覚めと今の性癖って意外と(もしくは当然)近いものだと思う。

性癖が変わるって前提も変だけど、地元から出る人もずっと住んでる人もいるし、たまに帰省するくらい許してあげて欲しい。

2018-04-24

心理学の人がやろうと思えば

妥当性のあるオタクチェックリストは作れると思う。

たとえばサイコパスみたいなの。

2018-04-23

読書趣味っていうと小説だと思われるのむかつく

読書趣味っていうとだ。フィクション前提で「好きな作品は?」とか「好きな作家は?」とか聞かれるわけだよ。

俺はねぇ、フィクションには基本的に興味がないんだ。だからねぇ、好きな作品を聞かれても困るわけだよ。

で、そのことを伝えると「じゃあ何読んでるの?」とくるわけだよ。それがまた困るんだ。

エッセイも読むし、ノンフィクションも読むし、一般向け科学本も読むし、心理学も読むし、哲学も読むわけだよ。

俺の読書目的知識欲を満たすためのものであって、フィクション成分を補給したいわけではないんだ。

世間では読書小説みたいな風潮あるでしょ。あれなんとかしてほしい。

ついでに言っておくと好きな作品グレッグ・イーガンの「宇宙消失」で、好きな作家は「舞城王太郎」だ。

2018-04-22

anond:20180421135702

1991年以降は博士哲学)、博士史学)、博士心理学)、博士言語学)というようにちゃん学問分野別になりましたので

博士文学)で文学に詳しくない人はあんまり居ませんよ。

2018-04-21

法律に詳しくない法学博士別におかしなことではない

三浦瑠麗の件。

https://buzzap.jp/news/20180420-lullymiura-law-knowledge/

東京大学大学院法学政治学研究科 総合法政専攻博士課程を修了し、法学博士を取得しているものの、三浦瑠麗さんは農学部出身で自らの肩書きも「国際政治学者」。実は政治学が主分野で、法律についてさほど知識がないのかもしれません。

なんか「法学博士なのに法律知識がないの?」って言ってる人がそこそこいて、Buzzap! までその認識なのは流石にどうなの、って思ったのでちょっと書いてみる。

まず、日本大学の多くでは政治学法学部で教えられている早稲田大学明治大学には政治経済学部があるが、東京大学京都大学慶應義塾大学北海道大学名古屋大学、など有名どころの大学はたいてい法学部の中に政治学科あるいはそれに準ずるものを持っている。

まりそれらの大学政治学を専攻した人は、法学について詳しい知識がなくても「法学部卒」になる学位も「博士法学)」とかになる。そういうところは学部の内側で法学専攻と政治学専攻に分かれていると思うので、法学部に入学たからといって法律教育を受けているとは限らない。

なので、法学」の学位を持っている人が全て法律専門家とは限らない。ひょっとしたらアメリカ政治研究者かもしれないし、ドイツ近代史研究者かもしれない。あるいは政治哲学を講じているかもしれない。そういった人たちが日本実定法について一般人よりは多少詳しいよね程度の知識しか持っていなかったとして、それはまったく不思議ではない。

学部学位名称と専門分野がリンケージしないというのは割と多い。たとえば歴史学哲学心理学なんかは多くの大学では文学部で教えられている(社会学なんかもここに入るかな)。結果として、博士文学)」(ただし文学のことはよく知らない歴史学者)なんてものが量産される。文学知識がないのに「博士文学)」を名乗っているのは別に彼らの責任ではなく、日本大学学位授与のシステムがそうなっているんだとしか言いようがないし、三浦瑠麗の「博士法学)」も同じことだ。

もちろん、デタラメな法知識知ったかぶってひけらかすのは恥ずかしいことだし、著名人twitterでそんなことをやったら炎上するのはしごく当然であり、その点で三浦瑠麗擁護余地はまったくない。存分に恥をかくべきだ。

だが、法学博士なのに法律について無知なのか、というような責め方あるいはあげつらい方をするのはおかしい。東大政治学を専門に学んだ者の学位が「法学」になるのは彼女責任ではなく単にそういうシステムだというだけの話であり、政治学について多少なりとも学術書を読んだことのある者なら経験的に知っている知識のはずである。そのような責め方は許容することができない。

あと農学部卒なことをあげつらうと小熊英二に返ってくるぞ。彼も学部農学部出で修士から文系の院に入り、現在ではちゃんとその分野の学者として認知されている。学部まで理系として過ごしても、その後文転して良い業績を挙げているのなら何ら問題はないはずだ。もちろん学部教育というのは専門知のベースになるものであるから、「違う学部だったの? ああ、道理で……」みたいな事例が多々あることは否定しないが、三浦瑠麗憎しのあまり理系から文系に移ってきたという経歴を叩くなら反対する。似たような経歴を持つ別の学者のために。

なんというかもう、お前ら、流れ弾やめーや。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん