「ヤガ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヤガとは

2022-07-28

独り言が長すぎる

もうやだ、席変えてほしい。

メール見て「ナンダコイツバカジャネーノ」くらいはもう許す。

ナンダコイツバカジャネーノドイツコイツモフザケヤガッテナニヤッテンダオマエノセイデススマネージャネーカマタダヨチャントシロヨナニヤッテンダナニヤッテンダ」まで言い切らないと止まらない独り言ってなんだ。

途中で飽きろ。

相変わらず、呪いの投げキッスみたいな、

バカでけー音のキモい舌打ちするし……。

anond:20220720142857

2022-07-25

菅野完氏の女性への性犯罪は水に流すべきか?

統一教会の件で菅野完評価が爆上がりしてる

だが右翼どもはアメリカでの傷害罪の件でガヤガヤいってる

かにそれは悪いことかもしれないが統一教会をどうにかするため菅野完の力は必要不可欠

俺達は正義ダークヒーローとして打倒自民党のために菅野完のこれまでの行いには目を瞑るべきかどうか考えなくてはいけないのでは?

2022-07-24

NHKのど自慢大阪から生放送】(ワルキューレ回)

小田切千アナウンサー「さあ、続きまして34歳の会社員。友人の結婚祝いに贈る歌です。どうぞ」

34歳会社員11番、ワルキューレあきらめない!」

ジー、パッっ(ジャケットジッパー開陳)」

あきらめない あきらめない あきらめない ない ない ない ない どこまでもぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぅぅ(高音)」

「今ぁ 今ぁ 今ぁ 誰ぁかの声が聞こえるぅ」

「歌ぁ 歌ぁ 歌ぁ 星のちからに導かれてぇ」

「ちんぴの音色 はばたぁ fly to the」

「届けたい あのそら fly to the skぁ」

「恋焦がれた光に 寄り添う調べ yeah yeah yeah」

「手の書き物とぉ 産声をあげろぉ」

「巡りめぐる 時代の中 共に歌え」

覚悟保護ぉ まだっ まだっ まだっ まだっ」

あきらめないd…」

鐘「カーンカーン…」

小田アナ「いやっ(苦笑)…随分、高音がでるんですねー?(苦笑)」

会社員「あ、はいっ。練習しました!」

小田アナ「これ、何で、あの友達にこの歌を贈ろうと?」

会社員「いやっ、友達リクエストで(はい)この歌を歌ってくれと、言われまsh

小田アナ結婚式はもう終わったんですか?」

会社員「あっ、終わっちゃいました」

小田アナ結婚式で歌ったんですか?」

会社員「わ、歌ってないんですよ」

小田アナ「えっ、何で?」

会社員「あっ、盲腸なっちゃいましてhh」

小田アナ盲腸になって?」

会社員sss事前に、イっちゃいました」

小田アナ結婚式出られなかった?」

会社員「出られなかったんsss

小田アナ「そこで、ここで歌って?(はい!)恩返ししようと?ちょっと、お祝いの言葉、是非」

会社員「えっ、えっと…(ガヤガヤ)結婚mmhh、おめtとうnnn!」

小田アナ「(苦笑)大丈夫ですか?それで?」

会社員「あ、大丈夫です!」

小田アナありがとうございました!結婚祝いでした」

2022-07-19

投稿は甘え

同級生単独ヲチスレを立てられていた話

全く関係ない検索をしていてふと目に留まった

とあるスレッドの過去ログ

読み進めるとどうも見覚えのある顔が貼られている。

名前こそフルネーム本名ではないけれど既視感しかない。

これ、学生時代同級生じゃね???

文明の利器たるインターネットは日々進化

今日に至るまでに様々な個人や団から

コミュニケーション等のサービス提供されてきた。

それらは自己表現ツールとしても非常に有用であり

現代を生きる人々は通信機器さえ持っていれば

いとも容易く『発信者』となり得る時代が到来した。

しかし誰でも利用できる簡便性の一方で

リテラシーを持たぬ者には容赦ない現実が待っている。

何かしらの犯罪を犯したり、あるいは失言や失態、

燻りすぎて焦げ付いた自己承認欲求を爆発させたり…

そういった『イタい』事を『やらかして』しまえば

あっという間に食い物にされてしまうのだ。

増田から言える事だが、私は某クソ溜りを巡回しては

ニヤニヤとROMに耽る程度には性格趣味が悪い。

検索結果から冒頭のページを表示したのも

ちょっとしたゲス好奇心からだ。

そんな私にとって通称ヲチられる人』なんてもの

ネットしか見られないすこしふしぎな珍しい生き物

くらいの位置付けだったので

(※もちろん彼らが血の通った人間である事は

  理解しているが、現実身の回りにそんな風に

  香ばしさを丸出しにする人間がいなかったため

  ネット上でしか観測できないもの認識していた)

まさか自分リアルで知っている人が……

となかなかの衝撃を受けた。

しか思い当たる節はある。

私本人は彼女とそこまで親しくはなかったが

ただパンチの効いた人だった事はよく覚えている。

恐らく成長してさら破壊力が増したのだろう。

彼女暴走を諫めてくれる人は誰もいなかったんだなあ

と一瞬気の毒な気分にもなったが、

彼女と疎遠にしている、あるいは喧嘩し絶縁状態

という友人らの数はもはや片手では足りないため

起こるべくして起きた事だな……

と最終的には納得してしまった。

きっと彼女を諭す事ができる人間など存在しない。

彼女自分の見たいものしか見ない。

それくらい強烈な人物だったのだ。

友人からの伝聞ではあるが

思い出せる中で一番印象的だったエピソード

教室友達他愛のない話をしている最中急に

「ね、いま後ろの男子達……ウチらの事を噂してたよ」

男子ってホント、しょーがないよねぇ」

フゥヤレヤレクスクスと気怠げに小声で呟いてきた

という話。

その『噂』というのは要するに容姿や体型やそういう……

お年頃の男子のするフヮ〜オな話だったそうだが

正直言って、「エッ????」としか言いようがない。

この話を聞いた当時も今も全く意味が分からないし、

もしその『後ろの男子達』の耳に入ったならば

おそらく同じ感想を抱いた事だろう。

しかも後ろといっても彼らが話していたのは

教室の最奥のロッカー周辺だったそうで

彼女からロッカーまでは結構距離があり

休み時間でガヤガヤうるさい中でそれが聞こえたと……

そんな下卑た話を大声でするだろうか?

言いにくいけどそれたぶん何かの勘違いじゃないかな……

とは誰も言えなかったので華麗にスルーしたそうだ。

多感な年頃だったので無用対立を避けたのもあろう。

彼女はどうやら異性の一挙手一投足に

「この人は自分好意を持っている」

という熱を見つける特殊能力があったようだ。

グループ内に

大人しいけど実は美人なので密かにモテている子』

がいたので、その子に影響されてしまったのだろうか?

自分は異性からかに思われているタイプから

と自負しているらしき発言をしていた(要約)

と聞いたときは、言葉にこそ出さなかったが正直

「へえ、おめでたい思考してんね」

と思ったものだ。

というのも、彼女男子に人気があるとか

彼女の事を好きな男子がいるとかいう話は

ついぞ耳にする事がなかったし、

学校卒業するまでの間に

彼氏ができたとか告白されたとか

ういういわゆる浮いた話も一切なかったからだ。

容姿についての言及は避けるが

まあ……お察しいただければと思う。

ゆえに傍から見ればその

自分は異性からかに思われているタイプ

とやらは完全に見当違いか妄想の類か認知の歪み

といった所であろうが

そんな事はお構いなしに彼女は自信に満ち溢れていた。

当時のクラスメイト牧歌的人間が多かったのか

イジメ無視などの陰湿かつ重大な事態には

至っていなかったように記憶しているものの、

度重なる奇行珍妙発言によって

グループ内の友人らにすらやや一線を引かれ

ちょっとした腫れ物状態と化していたが

やっぱりそんな事はお構いなしに彼女以下略

「私って高嶺の花」くらいに思っていたのだろう。

実態が伴っていたかどうかはさておき

自己主張の強い人間文明の利器を手にしたのである

結果は言わずもがな

惜しげもなく大公開される癖の強い自画自賛の持論と

「我が辞書に包み隠すという言葉はない」

と言わんばかりの大量のキメ顔の自撮り

インターネットリテラシーisどこ……

こんな風に常に自信満々で大胆不敵な彼女だが

家庭環境はあまり良いとは言えないものだったらしい。

友人からの伝聞かつプライバシーに関わる事なので

詳細は伏せるが、私は確実にまともではないと感じたし

話を聞いた当時(卒業後)はそれなりに胸も痛んだ。

まあ彼女自身自分境遇に対して

(防御反応から正当化本心からかはわからないが)

全く悲嘆してはいないようだったので

ただの杞憂お節介なのかもしれないが。

そんな複雑な環境で育つ事になった彼女

今はもう立派な大人なわけで。

今の彼女の状況は自分で作り出したもの

呪縛から逃れた人を私自身何人も見てきた。

全てを家庭環境責任にしてしまうのは無理があろう。

だが思うところがないわけではない。

心理学世界ではアドラー博士

トラウマなど存在しない」と断言したが

私は

子供の頃の経験によって人格形成が歪む』

事は起こり得るんじゃないかと考えている。

そう、それは例えば深い怪我をした場所

そこだけもう毛が生えてこなかったり

逆に普通より濃い毛が生えてきたりするのと同じように。

本人曰く

自分は人並み以上の幸せを手に入れた勝ち組

らしいが

彼女のそれらの不遜な言動の数々はまるで

自分幸せだー!!!!」

と大声で叫ぶ事で、自分自身や周りに対して

無理矢理言い聞かせているようにも見えるのだ。

ヲチ物件としてはかなり優秀なプリマドンナだった。

なにしろ発言がいちいち面白すぎた。

「私が人から嫌われるのは、あまりに魅力的すぎて

 相手劣等感を知らぬ間に刺激してしまうせい」

やら

「その気がなくてもなぜか男性を虜にしてしまう」

やら

それはもう枚挙にいとまがない。

味わい深すぎて思わずスマホを握っているのと

反対の手で膝を打って唸ってしまった。

だがしかし、これらのイタい発言の数々が

前述の家庭環境と紐付いてしまうせいで

彼女の『痛々しさ』が別の意味に感じてしまう。

私自身はルッキストではないし

容姿が万人受けでなくとも魅力的な人がいる事や

これらの発言をなんの忌憚もなく堂々と発言してなお、

魅力的だと思える人も存在する事は理解している。

ただ、彼女はそれだけでは終わらなかった。

これらの自画自賛発言には必ずと言っていいほど

他人こき下ろす(本人曰くサバサバ毒舌)』

がセットとしてご一緒についてくる。

発言している本人だけが多幸感を味える

地獄ハッピーセットである

まるで今まで自分が受けた傷への復讐とも思えるまでの

苛烈言葉で過剰に罵るので、

そりゃ反発も起こるだろう事が容易に推察された。

お前さぁ……嫉妬とかじゃなくてそういうとこやぞ。

癖の強さは家庭環境のせいかもしれないにしても、

他者を貶めつつ自分を称賛するような言説をかましたり

自身ステイタスやあれこれを下品にひけらかしたり

していては人に嫌われるのは自明である

こんな事は教えられずとも自分で気付くべきだ。

私は心理学の分野に精通しているわけではないけれど

彼女自己肯定感や自己信頼感というもの

履き違えてしまっている事だけはなんとなくわかる。

ただ独善的刹那的快楽のために

何もかもに目を瞑って、自分で作り出した

夢の世界の中に閉じ籠っているだけに見えるのだ。

今のままじゃ何度ネット上で転生しようとも

永遠に滑稽な踊り子だろう。


私は心優しい人間とは程遠い

人の醜い所を煮凝りにしたみたいな性格をしているので

彼女が笑い者になっている事自体には

少しも心を痛めていない。

でもヲチられている事を正当化はしない。

あそこにたむろしているのは自分含め

碌でもない人間だという自覚は一応持ち合わせている。

革靴で丸一日歩き回った後の汗まみれの靴下

数日貼り続けた絆創膏ガーゼ部分のにおいが

臭くて不愉快だと分かっているのに嗅ぎたくなる、

そして「クッセェェェwww」と仲間内で騒ぐのに似た、

人を玩具嗜好品にする事に歪んだ快感を感じる集団

臭ければ臭い程、喜ばれて遊ばれる。

それが嫌なのであれば、言論統制よりもまず

原因となるにおいを洗い流すしか対抗手段はない。

これはあくまでも

ヲチられるのが嫌なのであれば』

の話であって、ヲチャ側としての意見ではない。

ヲチャで弗に改心しろとか糾弾せねばならないとか

そんな事を思っている人がいるとしたら少数派だろう。

多くは娯楽として消費しているだけだ。

中には言葉が過ぎる者もいたりするが

そういう輩は迷惑なので自重してほしいと思っているし

お触り厳禁を守れない者はひたすらに迷惑しかない。

ただ、彼女に限らず全てのヲチ対象に言える事だが

いつまでも踊り狂う姿を見ていたい気持ちの反面、

いつか自分自身の心と正面から向き合い

己の攻撃性や認知の歪みの根源に気付き

心が真に求めているモノは何なのかを知り

それを手に入れて心身に安寧が訪れればいいね

とも思う。

何様目線かと思われるかもしれないが、

別に綺麗事を言いたいからではなくて

物理的に彼女らの周囲にいる人間を気の毒に思うからだ。

彼女から受けた被害への批判や、忠告の類を全て

嫉妬で片付けられては堪らないだろうと思うし、

そんな人と毎日顔を合わせ続けなければいけないなんて

ただただ苦痛しかないだろう。

いまでこそこんなゲスの極みクズになってしまったが

子供の頃はまだ純真であった私、

当時は『こういう人種』を『面白がる』という

発想や嗜好がなかったため

弗の原石に気付かなかった事を

一瞬もったいなく感じてしまったが、

ヲチは身近すぎるリアル人間関係でやってしまうと

余程タフでもない限り精神衛生に支障をきたしそうだ

という事に気付き早々に認識を改めた。

ここに彼女が誰であるかを示すつもりもないし

当該スレはもうdat落ちしているため

燃料を撒きに行く術もない。

卒アルや友人からもらったプリなども残っているが

ウケ狙いでただの嫌がらせをするメリットもない。

超えちゃいけないラインを助走つけてどころか

ホップステップジェットパックで飛び越えてるまである

また、スレッドの内容等々を

彼女の元友人らと共有する気もない。

元々ヲチROMメインなのだ

ヲチ対象のアレコレを見てモヤモヤを溜めたところで

米を読んでカタルシスを得るタイプクズから私は。







こんなん内容が内容だけにリアル友人にも言えないし

増田に吐き散らして気持ちを整理したかったんだけど

恐ろしく長い上自分でも言語化が難しい感情だった。

別に悲しいとかは一切ない。

衝撃と面白さとほんの少しの哀れみと

アレとコレとソレが混ざって混乱してはいる。



ヲチの話なのにオチも何もない文章になってしまったが

彼女未来に幸あれ。

https://archive.ph/2022.07.19-044423/https://anond.hatelabo.jp/20220719103756

anond:20220719135226

https://anond.hatelabo.jp/20220719140540

想像の五倍長くて草

読めんわw

同級生単独ヲチスレを立てられていた話

全く関係ない検索をしていてふと目に留まった

とあるスレッドの過去ログ

読み進めるとどうも見覚えのある顔が貼られている。

名前こそフルネーム本名ではないけれど既視感しかない。

これ、学生時代同級生じゃね???

文明の利器たるインターネットは日々進化

今日に至るまでに様々な個人や団から

コミュニケーション等のサービス提供されてきた。

それらは自己表現ツールとしても非常に有用であり

現代を生きる人々は通信機器さえ持っていれば

いとも容易く『発信者』となり得る時代が到来した。

しかし誰でも利用できる簡便性の一方で

リテラシーを持たぬ者には容赦ない現実が待っている。

何かしらの犯罪を犯したり、あるいは失言や失態、

燻りすぎて焦げ付いた自己承認欲求を爆発させたり…

そういった『イタい』事を『やらかして』しまえば

あっという間に食い物にされてしまうのだ。

増田から言える事だが、私は某クソ溜りを巡回しては

ニヤニヤとROMに耽る程度には性格趣味が悪い。

検索結果から冒頭のページを表示したのも

ちょっとしたゲス好奇心からだ。

そんな私にとって通称ヲチられる人』なんてもの

ネットしか見られないすこしふしぎな珍しい生き物

くらいの位置付けだったので

(※もちろん彼らが血の通った人間である事は

  理解しているが、現実身の回りにそんな風に

  香ばしさを丸出しにする人間がいなかったため

  ネット上でしか観測できないもの認識していた)

まさか自分リアルで知っている人が……

となかなかの衝撃を受けた。

しか思い当たる節はある。

私本人は彼女とそこまで親しくはなかったが

ただパンチの効いた人だった事はよく覚えている。

恐らく成長してさら破壊力が増したのだろう。

彼女暴走を諫めてくれる人は誰もいなかったんだなあ

と一瞬気の毒な気分にもなったが、

彼女と疎遠にしている、あるいは喧嘩し絶縁状態

という友人らの数はもはや片手では足りないため

起こるべくして起きた事だな……

と最終的には納得してしまった。

きっと彼女を諭す事ができる人間など存在しない。

彼女自分の見たいものしか見ない。

それくらい強烈な人物だったのだ。

友人からの伝聞ではあるが

思い出せる中で一番印象的だったエピソード

教室友達他愛のない話をしている最中急に

「ね、いま後ろの男子達……ウチらの事を噂してたよ」

男子ってホント、しょーがないよねぇ」

フゥヤレヤレクスクスと気怠げに小声で呟いてきた

という話。

その『噂』というのは要するに容姿や体型やそういう……

お年頃の男子のするフヮ〜オな話だったそうだが

正直言って、「エッ????」としか言いようがない。

この話を聞いた当時も今も全く意味が分からないし、

もしその『後ろの男子達』の耳に入ったならば

おそらく同じ感想を抱いた事だろう。

しかも後ろといっても彼らが話していたのは

教室の最奥のロッカー周辺だったそうで

彼女からロッカーまでは結構距離があり

休み時間でガヤガヤうるさい中でそれが聞こえたと……

そんな下卑た話を大声でするだろうか?

言いにくいけどそれたぶん何かの勘違いじゃないかな……

とは誰も言えなかったので華麗にスルーしたそうだ。

多感な年頃だったので無用対立を避けたのもあろう。

彼女はどうやら異性の一挙手一投足に

「この人は自分好意を持っている」

という熱を見つける特殊能力があったようだ。

グループ内に

大人しいけど実は美人なので密かにモテている子』

がいたので、その子に影響されてしまったのだろうか?

自分は異性からかに思われているタイプから

と自負しているらしき発言をしていた(要約)

と聞いたときは、言葉にこそ出さなかったが正直

「へえ、おめでたい思考してんね」

と思ったものだ。

というのも、彼女男子に人気があるとか

彼女の事を好きな男子がいるとかいう話は

ついぞ耳にする事がなかったし、

学校卒業するまでの間に

彼氏ができたとか告白されたとか

ういういわゆる浮いた話も一切なかったからだ。

容姿についての言及は避けるが

まあ……お察しいただければと思う。

ゆえに傍から見ればその

自分は異性からかに思われているタイプ

とやらは完全に見当違いか妄想の類か認知の歪み

といった所であろうが

そんな事はお構いなしに彼女は自信に満ち溢れていた。

当時のクラスメイト牧歌的人間が多かったのか

イジメ無視などの陰湿かつ重大な事態には

至っていなかったように記憶しているものの、

度重なる奇行珍妙発言によって

グループ内の友人らにすらやや一線を引かれ

ちょっとした腫れ物状態と化していたが

やっぱりそんな事はお構いなしに彼女以下略

「私って高嶺の花」くらいに思っていたのだろう。

実態が伴っていたかどうかはさておき

自己主張の強い人間文明の利器を手にしたのである

結果は言わずもがな

惜しげもなく大公開される癖の強い自画自賛の持論と

「我が辞書に包み隠すという言葉はない」

と言わんばかりの大量のキメ顔の自撮り

インターネットリテラシーisどこ……

こんな風に常に自信満々で大胆不敵な彼女だが

家庭環境はあまり良いとは言えないものだったらしい。

友人からの伝聞かつプライバシーに関わる事なので

詳細は伏せるが、私は確実にまともではないと感じたし

話を聞いた当時(卒業後)はそれなりに胸も痛んだ。

まあ彼女自身自分境遇に対して

(防御反応から正当化本心からかはわからないが)

全く悲嘆してはいないようだったので

ただの杞憂お節介なのかもしれないが。

そんな複雑な環境で育つ事になった彼女

今はもう立派な大人なわけで。

今の彼女の状況は自分で作り出したもの

呪縛から逃れた人を私自身何人も見てきた。

全てを家庭環境責任にしてしまうのは無理があろう。

だが思うところがないわけではない。

心理学世界ではアドラー博士

トラウマなど存在しない」と断言したが

私は

子供の頃の経験によって人格形成が歪む』

事は起こり得るんじゃないかと考えている。

そう、それは例えば深い怪我をした場所

そこだけもう毛が生えてこなかったり

逆に普通より濃い毛が生えてきたりするのと同じように。

本人曰く

自分は人並み以上の幸せを手に入れた勝ち組

らしいが

彼女のそれらの不遜な言動の数々はまるで

自分幸せだー!!!!」

と大声で叫ぶ事で、自分自身や周りに対して

無理矢理言い聞かせているようにも見えるのだ。

ヲチ物件としてはかなり優秀なプリマドンナだった。

なにしろ発言がいちいち面白すぎた。

「私が人から嫌われるのは、あまりに魅力的すぎて

 相手劣等感を知らぬ間に刺激してしまうせい」

やら

「その気がなくてもなぜか男性を虜にしてしまう」

やら

それはもう枚挙にいとまがない。

味わい深すぎて思わずスマホを握っているのと

反対の手で膝を打って唸ってしまった。

だがしかし、これらのイタい発言の数々が

前述の家庭環境と紐付いてしまうせいで

彼女の『痛々しさ』が別の意味に感じてしまう。

私自身はルッキストではないし

容姿が万人受けでなくとも魅力的な人がいる事や

これらの発言をなんの忌憚もなく堂々と発言してなお、

魅力的だと思える人も存在する事は理解している。

ただ、彼女はそれだけでは終わらなかった。

これらの自画自賛発言には必ずと言っていいほど

他人こき下ろす(本人曰くサバサバ毒舌)』

がセットとしてご一緒についてくる。

発言している本人だけが多幸感を味える

地獄ハッピーセットである

まるで今まで自分が受けた傷への復讐とも思えるまでの

苛烈言葉で過剰に罵るので、

そりゃ反発も起こるだろう事が容易に推察された。

お前さぁ……嫉妬とかじゃなくてそういうとこやぞ。

癖の強さは家庭環境のせいかもしれないにしても、

他者を貶めつつ自分を称賛するような言説をかましたり

自身ステイタスやあれこれを下品にひけらかしたり

していては人に嫌われるのは自明である

こんな事は教えられずとも自分で気付くべきだ。

私は心理学の分野に精通しているわけではないけれど

彼女自己肯定感や自己信頼感というもの

履き違えてしまっている事だけはなんとなくわかる。

ただ独善的刹那的快楽のために

何もかもに目を瞑って、自分で作り出した

夢の世界の中に閉じ籠っているだけに見えるのだ。

今のままじゃ何度ネット上で転生しようとも

永遠に滑稽な踊り子だろう。

私は心優しい人間とは程遠い

人の醜い所を煮凝りにしたみたいな性格をしているので

彼女が笑い者になっている事自体には

少しも心を痛めていない。

でもヲチられている事を正当化はしない。

あそこにたむろしているのは自分含め

碌でもない人間だという自覚は一応持ち合わせている。

革靴で丸一日歩き回った後の汗まみれの靴下

数日貼り続けた絆創膏ガーゼ部分のにおいが

臭くて不愉快だと分かっているのに嗅ぎたくなる、

そして「クッセェェェwww」と仲間内で騒ぐのに似た、

人を玩具嗜好品にする事に歪んだ快感を感じる集団

臭ければ臭い程、喜ばれて遊ばれる。

それが嫌なのであれば、言論統制よりもまず

原因となるにおいを洗い流すしか対抗手段はない。

これはあくまでも

ヲチられるのが嫌なのであれば』

の話であって、ヲチャ側としての意見ではない。

ヲチャで弗に改心しろとか糾弾せねばならないとか

そんな事を思っている人がいるとしたら少数派だろう。

多くは娯楽として消費しているだけだ。

中には言葉が過ぎる者もいたりするが

そういう輩は迷惑なので自重してほしいと思っているし

お触り厳禁を守れない者はひたすらに迷惑しかない。

ただ、彼女に限らず全てのヲチ対象に言える事だが

いつまでも踊り狂う姿を見ていたい気持ちの反面、

いつか自分自身の心と正面から向き合い

己の攻撃性や認知の歪みの根源に気付き

心が真に求めているモノは何なのかを知り

それを手に入れて心身に安寧が訪れればいいね

とも思う。

何様目線かと思われるかもしれないが、

別に綺麗事を言いたいからではなくて

物理的に彼女らの周囲にいる人間を気の毒に思うからだ。

彼女から受けた被害への批判や、忠告の類を全て

嫉妬で片付けられては堪らないだろうと思うし、

そんな人と毎日顔を合わせ続けなければいけないなんて

ただただ苦痛しかないだろう。

いまでこそこんなゲスの極みクズになってしまったが

子供の頃はまだ純真であった私、

当時は『こういう人種』を『面白がる』という

発想や嗜好がなかったため

弗の原石に気付かなかった事を

一瞬もったいなく感じてしまったが、

ヲチは身近すぎるリアル人間関係でやってしまうと

余程タフでもない限り精神衛生に支障をきたしそうだ

という事に気付き早々に認識を改めた。

ここに彼女が誰であるかを示すつもりもないし

当該スレはもうdat落ちしているため

燃料を撒きに行く術もない。

卒アルや友人からもらったプリなども残っているが

ウケ狙いでただの嫌がらせをするメリットもない。

超えちゃいけないラインを助走つけてどころか

ホップステップジェットパックで飛び越えてるまである

また、スレッドの内容等々を

彼女の元友人らと共有する気もない。

元々ヲチROMメインなのだ

ヲチ対象のアレコレを見てモヤモヤを溜めたところで

米を読んでカタルシスを得るタイプクズから私は。





こんなん内容が内容だけにリアル友人にも言えないし

増田に吐き散らして気持ちを整理したかったんだけど

恐ろしく長い上自分でも言語化が難しい感情だった。

別に悲しいとかは一切ない。

衝撃と面白さとほんの少しの哀れみと

アレとコレとソレが混ざって混乱してはいる。

ヲチの話なのにオチも何もない文章になってしまったが

彼女未来に幸あれ。

https://archive.ph/2022.07.19-044423/https://anond.hatelabo.jp/20220719103756

anond:20220719135226

2022-06-27

anond:20220627113418

それは増田って人間特性っぽいからガヤガヤ避けた方がいいね

こうやって聞くと増田が悪気ないのちゃんとわかるけど、やっぱ会話してて話の内容そっちのけで急に有線の話されたらちょっとえぇ...ってなっちゃう。会話のキャッチボールできない人なのかな、みたいな。

仲良くなったら『ガヤガヤしてると話に集中できないんだよね』って前置きするだけでわかってもらえると思うけど。

anond:20220627113107

ワイはまわりがガヤガヤしてると周りの会話を聞いてしまって話に集中できない

なんなら有線で流れてるインストが気になって「この曲流行ったのって10年位前だよねw」みたいな話をしたら

相手は有線なんかいっこも聞いてなくて「私の話そんなつまんないですか」って怒られた

でも聞こえてきちゃうもんはしょうがないじゃんね

anond:20220627112717

そうなの?

自分はだけど例えば初めて会う人とシーンとした場所だと間がきつい。ガヤガヤしてる方が会話が沈黙しても不自然な感じがしない。

逆に喋ってても周りがシーンとしてると

『この会話、婚活か...?』とか『甘酸っぱい会話だな〜w』とか聞かれてるんじゃないかって思って会話の内容がめちゃくちゃ気になっちゃう。

あれだよね、おしゃれカフェデートできるのは

普段から十分コミュニケーションできてて、周囲がガヤガヤうるさくても

話してる内容を推察できるとか補完できるようになってからだよね

 

婚活みたいにお互いの話の感覚発言リズムもわかってない状態だと

ヤガヤしてところで話すのはマジで詰む。

慣れてないと相手の声って聞こえないんだよね…。

2022-06-21

言うてファミレスはガヤガヤしてうるせーし安かろう不味かろうだから行きませんわ

2022-05-31

居酒屋でお会計を頼むときに指ばってんしたら

同行者からおっさん臭いと言われた。ちな30代後半で、同行者は30代前半。

 

ヤガヤしてる店内で大声出さなくて済むし、わざわざ店員さんにテーブルまで来てもらってお会計って告げるより、効率的利便性高いと思うんだけどなぁ。

2022-04-21

3歳男子語録

とうもころし系

「エベレータ」 →エレベーター

「チッコペ」 →ちっぽけ

「デチンシャ」 →自転車

鉄道

「ナリタエクプレス」 →成田エクスプレス

「カヤガキ」 →かがやき

その他

「マジマジョダカラ!!」 →「マジョカパレット!マジョマジョマジカル!!」※マジマジョピュアーズの変身?台詞

3歳、色々と普通にしゃべるようになり、おもしろ言い間違いはあんまりなくてさみしい。

ASDの苦しみって空気が読めないとかそういうコミュニケーション障害よりも、光を眩しく感じる・匂いに敏感鈍感・肌触りに敏感・ガヤガヤした空間体調不良になる、とかの感覚過敏と鈍麻の方が基本的な体力を持っていかれて辛くないか

精神障害に加えて身体障害的な苦しみがある。

2022-03-25

anond:20220325141043

お気持ちは大切だ。

津波で街が破壊されていくのを映像で見るのは辛いか放送しない、あるいはテレビに写すときは事前に注意のテロップを入れる。

これは視聴者お気持ちに沿った対応だ。

じゃあ胸の大きな女の子イラストミニスカート活動するVtuberに対するお気持ちはなぜ叩かれるのか?という疑問なんだと思うが

まずそういう主張をする人たちの数が少ないからだ。

いや!あんなに大騒ぎしてるじゃないか!と思うかもしれないが、声が大きなやつが集まって賛成だ反対だと四六時中ガヤガヤ盛り上がってるだけで実は少人数だということを皆知ってる。

あと表現規制ジェンダー問題言及するひとは、何か1つ騒ぐネタがあればしばらくそれについて舌戦を繰り広げるけど、すぐに沈静化してその話題を忘れて別の話題でまた同じことを繰り返す。

これも旗から見ると「あいつら騒ぐのが目的からね…」と思われても仕方ない。

結局相手をしてくれるのはアンチフェミみたいなレスバトルを好む変な連中だけになってしまう。

なぜ私のお気持ち理解しない!と叫ぶ前に自分を省みてはどうか?

2022-02-17

たぬかな、「女性の中では強い」ではなくて「格ゲーマーの中で」強い奴だったから残念だな

女性プロゲーマーって基本的に「女の中では強い」レベルでなれちゃうのよな、はつめとかそこら辺の有象無象とか

ゲーマーとしてはちょっとうまい趣味レベルなのに、めちゃめちゃ持ち上げられてる中で

たぬかなは女として売り出すんじゃなく、「格ゲーマーの中で」強い奴だったのよ


まぁ女ゲーマーは周囲がチヤホヤしてくれて、強くならなくても周りが褒めてくれるから雑魚が多いと思うのだけれど

そんな環境の中でたぬかなが格ゲー強くなるってのは、これはもうたぬかな自身が異常にプライドが高く負けず嫌いなのが要因だろうから

性格ゴミなのはしょうがないと思うのよ

本人は「人権ない」はスラングって言ってるけど、あれ話の流れから考えても本来意味での「人権ない」の意味しか思えない

実際は「人権ない」というスラングがあって、その上で手術を勧めるとかして『「ガチ人権がない」の意味で使っている』、という高度なギャグだったんだろうけど

本人は「スラングで本気じゃなかった」というしかないよね


たぬかなは「女を売りにだす格ゲーマー」を馬鹿にしつつも、一方で「ゲーム内での女性差別が~」とかガヤガヤ言ってたのよね。

今回滅茶苦茶炎上したのも、本人が女性差別を語りつつ直球のジェンダー差別発言かまししまった事にあると思う。

数年前だったら「ミラーリング」だの言って道徳的優位に立てただろうけど、フェミニストTwitterから撤退してその力がどん底の今、たぬかなを擁護する人はいないよね。


たぬかながこの先どんな風になるのかわからないけれど、多分反省してないだろうし

まぁでも同じ口でゲーマー差別がどうのこうの言わないでほしいね、この先。ドンマイ

2022-02-16

ばかだねぇ、本当にばかだねぇ…

増田♂51歳の日常」だが、いまサイゼリヤで独り呑みしてる!

1100円のボトル発泡ワインと、羊肉串焼&ソーセージ牛肉煮込みでな!

警察前とかいイカつい店名のとこでスマホラノベ読みながらニヤついて

…おっと次に頼んだムール貝が来たゼ、なんだか焼き海苔みてーな味だな!

てか、

さっきからボディシャンプーみてーな香りがしてんのはなんでだ?喰うまえにトイレで使った便器クリーナか?それとも、衝立の向こうでガヤガヤしてる幼児連れのファミリーから発してんのか?

ボトルはあと1/3くらい、〆にいくか、イタリア風煮込みにするか悩むとするか!

ウィーヒック!(てのはウソ、でも手足が酔ってシビれてるぅ~♪)

2022-02-14

anond:20220214071534

めんどくせえなぁ   って思いましたまる

あ、増田さんじゃなくて、こういう話題にガヤガヤするのがっていう意味

他人がどうだろうが迷惑かけてなきゃどうでもいいじゃん

2022-02-09

虹色といえばゲーミングみたいな風潮になって嬉しい

数年前インターネットで虹というと、先鋭化したLGBT.*がTwitterやらでガヤガヤ言ってたり、非当事者フラッグ自分主義の主張の為とかなんか違う意味で使ってたり、

穏健なセクシャルマイノリティ当事者サイドからしてみれば、うーん、みたいなものをちょくちょく見かけた

虹が人の言い争いのために駆り出されてるのがいやだった

しかし今はどうだ、

ゲーミングPC虹色光る風潮こそ長いブームだが

あらゆる機器が「ゲーミング」の接頭辞をつけて光っている

意図せずレインボーになってしまったものに対してゲーミング○○と呼んだりする逆転現象まで起きている

虹は今や完全にゲーミングに乗っ取られた

でも多分これが一番平和だと思います

2022-02-08

anond:20220207144010

純粋理屈の話としては常に「何か」は交換されんだよね。常在細菌だか善玉菌だか病原体だか。微生物が移らなかったらセックスでも会食でも握手でもないんだわ。

ほんで生物としては営みとしてその病原体交換行為をするけど、する回数が少なくてかつ生き残ってる奴がいればそいつの強さの表れだから回数を抑えようとしたり、交換する病原体洒落なんなかったりするから回避しようとしたりするわけよ。

でも病原体の交換がなかったら接触ではないんだわ。これを文化人類学者だか考古学者だか知らねえけど文系がガヤガヤ言えねえのはダメだろと思うわ。理系も言っていいけどさ、どこの職掌か知らんけどさ。

あと「する回数が少なくてかつ生き残ってる」はお前ら正確に読めよ。ヤリチン童貞には等しく価値がないってことだぞ、両方を満たさなきゃカス

2022-01-26

見ないくせに意味もなくテレビをつける妻

ろくに見ないくせに、帰ってきたらとりあえずテレビをつける妻。

流れてるのはCMばかり。

音もうるさいし、電気代も無駄

テレビ見てないなら消していい?」と聞くと、「見てる!というか音を聞いてるの!」とか言われる。

「音が欲しいなら音楽かけたら」というと「テレビがいいの」と。

全く意味がわからない。音が欲しいのはわかるがテレビはないだろうと。

他人の話し声とかガヤガヤしたのとか聞いて何が楽しいのやら。

2021-12-27

鬱寄りの鬱

年末年始病院がお休みに入る&世間がガヤガヤするので、鬱の人間にとってはまさに「年を越せるかどうか」の危機の時期なんだけど、

鬱の時って、本を読むとか料理する、みたいな能動的な作業は出来なくなるので、ひたすら家の中でネットフリックス見てたりするんだけども。

内容がとにかく殺人ものとか、殺人鬼のドキュメンタリーとか、オチに救いがないってわかってる映画だったりに偏るのね。

そして悪夢を見たり、寝起きの気分が最悪だったり。

これって、まともに食事してなくて体が飢餓状態になったときに似ていると思う。すっごいお腹空いてるときって、かつ丼とかフライドチキン食べたくなる

けど、まずは消化に良いものにしておかないと胃もたれする。胃酸の分泌亢進してるからね。

からメンタルも同じように、弱ったときは消化の良いものを見た方がいいんだと思う。

孤独に目覚める話かと思ったら結局くっつくんかーーーーい!!!!」っていうのがいちばん胃もたれするから、「安定した黒さ」を摂取したくなる

んだろうけども。

個人的には「イントゥザワイルド」のラストいちばん病みました。

あれはない。

2021-12-23

沙也加ってだけ言われるとこっち思い出しちゃう

沙也加

出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%99%E4%B9%9F%E5%8A%A0

沙也加(さやか

日本に生まれ、後に朝鮮帰化した武将・沙也可の別表記

神田沙也加 - 日本女優歌手ユニットTRUSTRICKボーカルSAYAKA、沙也加の芸名も用いた。

沙也加 (AV女優) - 日本AV女優

沙也可

出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%99%E4%B9%9F%E5%8F%AF

沙也可(さやか、1571年? - 1642年[1]または1643年[2])は、文禄・慶長の役の際、加藤清正配下として朝鮮に渡ったが、投降して朝鮮軍に加わり、火縄銃技術を伝えて日本軍と戦ったとされる武将現代朝鮮発音ではサヤガとなる。朝鮮では金忠善(キム・チュンソン、ハングル表記:김충선)の名で知られ、字は善之、慕夏堂と号したという。韓国においては英雄扱いされているが、その活躍実態不明な点も多い。

2021-11-27

会話が苦手で死にたい

職場での飲み会上司先輩が盛り上がってる中自分だけ何もせず喋らず酒飲んでるだけ

周りが気使って喋りかけてくれてるのに返事が出来ない

賑やかな店だと尚更

周りがガヤガヤしてると頭が回らず輪にかけて会話不能になる

普段から気の利いた会話出来ないのに飲み会でも場しらけさせて、しかも帰るタイミングがつかめなくて最後まで居座ってしまった

まれてこの方ずっとこう

毎回死にたくなる

気遣えよって思われてるのは何となくわかってるけど頭が動かないんだよ

仕事以外で頭動かそうとすると頭が苦しくなる

こういう特性なのかな

病院行ったら治るのかなこれ

久しぶりにまたやっちゃった、どうしたらまともに頭動くようになるんだろう

楽になりたい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん