「食堂」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食堂とは

2021-06-20

相席食堂おもしれーなぁ

お笑いメタ的に見るのは前からあったけど、お茶の間でも受けいられるようになったのは最近ですね。

YouTubeTikTokで誰もがクリエイターになれる時代

四千頭身の「前半に畳みかけんな」ぐらいから、お茶の間でも受け入れられるようになった兆候ですね。ぺこぱもそう。あとは大晦日ガキの使いマンネリ化というか、風物詩として定着してきたことも。水曜日のダウンタウンも出てきてだんだん先鋭的になっていったことも。

そんな中、千鳥含め、よくロケを止めて突っ込むというシステムを開発したなぁと思う。

ロケはこれまでいちいち止めなかったわけで、あるまとまった情報をワンパッケージとして送られてきた。その構造をひっくり返し、千鳥ツッコミ(ボケ)力で成立させる。ツッコミツッコミだが、ちゃんと振ってるし、何に突っ込むか?というボケも成立させてる。写真一言大喜利をずっとやってる。

千鳥M-1キングオブコントなど元々上位で出れる実力はありながらも、テレビでは若手や身体を張る枠の扱いだった。

そんな中、Abema TVやらロケやらも含めて地道に実績を重ねて東京進出成り上がりをを完了した。

良かったのう。

2021-06-19

唐揚げ太郎

むかしむかしあるところにおじいさんとおばあさんがいました。おじいさんは大分に殴り込みに、おばあさんは北海道ザンギ修行に行きました。

おばあさんが川で鶏を捌いていると、大きな大きな唐揚げがどっぷりこどっぷりこと流れてきました。唐揚げに目がないおばあさんは鶏を放り投げると一抱えもある唐揚げを拾い家に帰りました。

おばあさんは大分から伝説唐揚げをかっさらってきたおじいさんと大きな唐揚げを分けようと半分にすると、中から元気な男の子が出てきました。おじいさんとおばあさんは唐揚げ太郎名前をつけて唐揚げを与えて大切に育てました。

その頃、白いひげを蓄えた南蛮人が異国の唐揚げを広めていると噂がありました。白ひげの南蛮人唐揚げ店を始めると周囲の唐揚げ店はもちろん地方飲食店バタバタと店を畳むことになると恐れられていました。大盛り食堂の息子は「うっせーなKFCでダチが待ってるんだよ」と異国の黒い汁を飲みながら母親を蹴り飛ばすという鬼の所業をするようになったとのことで、かの店は零細飲食店からは「鬼ヶ島」と呼ばれるようになりました。

唐揚げ太郎の家も唐揚げを作っていたので、この鬼ヶ島には大変困りました。成長して唐揚げの申し子と呼ばれるほど美味い唐揚げを作っていた唐揚げ太郎鬼ヶ島の白ひげを退治しに行くことにしました。

「これを持っていきなさい」

おばあさんは道中腹が減ったときのためにコンビニ唐揚げを買ってきました。

ありがとう、行ってきます

唐揚げ太郎は勇ましく出かけていきました。

唐揚げ太郎KFCに向かっていくと、犬が現れました。

唐揚げ太郎さん、唐揚げ太郎さん、そのからあげクンひとつ私にくださいな」

「あげましょう、これから究極の唐揚げを作りに行くのについて行くならあげましょう」

唐揚げ太郎おやつからあげクンチーズ味を与えて犬を仲間にしました。

唐揚げ太郎と犬が歩いていくと猿が現れました。

唐揚げ太郎さん、唐揚げ太郎さん、そのファミチキくださいな」

同じように猿が仲間になりました。

唐揚げ太郎さん、唐揚げ太郎さん……なんでもありません」

しかけてきたけど逃げようとした雉を唐揚げ太郎はスナイプして、落ちた雉を犬が拾ってきました。

「雉も鳴かずば撃たれまい」

唐揚げ太郎唐揚げ棒を食べながら雉を背負うとKFCに向かいました。

「いらっしゃいませー」

たどり着いたKFCでは犬と猿を連れて雉を背負った男が現れたので大騒ぎです。

責任者を呼べ、唐揚げバトルをするぞ」

唐揚げ太郎厨房へ飛び込むと、持ってきた飛び切りの鶏肉を出しました。

「なんの騒ぎですか」

から噂の白ひげが現れました。

「俺が勝ったらこの街から店を全部撤退しろ

「良いでしょう、GSで鍛えた私のチキンを甘くみないでほしい」

厨房では白ひげが秘伝のスパイス唐揚げ漬け込みます

「俺はそんな小賢しいことはしねえ」

唐揚げ太郎醤油と酒、生姜ニンニクというシンプルなタレを作りました

「そんな貧相なタレで味が出るのかね」

唐揚げはタレで決まるわけじゃねえ」

唐揚げ太郎は犬と猿に鶏肉を揉み込むよう指示を出しました。野生のパワーで犬と猿はあっという間にふかふかの鶏肉に仕上がりました。

「な、なんと……!」

「骨があったら食べにくいだろう、唐揚げの命は柔らかさなんでい!」

唐揚げ太郎の揚げた唐揚げはまるでマシュマロのような柔らかさでした。柔らかさがシンプルな味を引き立て、なんとも言えない懐かしさがある夢のような唐揚げでした。

「ぐっ……負けた……」

白ひげは膝を着きました。

「でもお前さんの唐揚げGJだぜ」

唐揚げ太郎は白ひげと手を握りました。

「同じ唐揚げを志す者同士、切磋琢磨しようぜ」

唐揚げ太郎は白ひげの店と提携することになりました。唐揚げ太郎唐揚げを認めた白ひげは唐揚げ太郎唐揚げを異国でも売り出すことを勧めました。

こうして唐揚げ太郎唐揚げは「雉印の唐揚げ」として世界に広がり、団子のように串に刺した姿と雉の色をモチーフとした緑とオレンジロゴで愛されたということです。めでたしめでたし

2021-06-16

anond:20210616181549

故宮博物院青銅器クオリティビビれ。肉石とか白菜石を見ろ。

士林夜市。なんでも美味い。

・そのへんの食堂で現地の人々と同じ朝飯を食え。

足つぼマッサージ。安いから朝晩いけ。

・中正記念堂。クソデカ建造物はいいぞ。

2021-06-12

太ってるパティシエって説得力ある

美味しいと思えるお菓子を何度も作っては食って確かめて、ってのを文字通り身を以て証明している感がある。

・・・そこでふと思ったが、太ったパティシエールって見たこと無いな。

食堂のおばちゃんで太ってる人はいくらでもいるし、そういう食堂も大抵美味しいが。

2021-06-11

お母さん食堂の反対署名とかもさー、別に女子高生から批判されているんじゃなくて

内容それ自体に反発されてるんだよね

多分、中年女性がやってたらそっちの方がもっと叩かれてたと思うよ。結婚出来ないブスの僻みとか何とか言われて。

なんで、女子高生政治主張するのは生意気だと思われてるからって理由で叩かれてると思うかね

関係ないし、どちらかというと女子高生という理由で過剰に持ち上げてる人の方が多いと思うんだけど

フェミ若い女嫉妬しているという認定を避けるため、過剰に女子高生を持ち上げる人が多い気がする

2021-06-06

デリバリー代行業が理解できない

田舎に住んでいるためデリバリーを利用したことがないが要するに蕎麦屋食堂の出前と同じだよな。出前の外注胡散臭い手数料を払うのも馬鹿げてると思うけど商売として成り立っているのはなぜだろう。そこまでして食べたい物なんてあるか?

オッカム(@oxomckoe)氏への誹謗中傷

追記0】

誹謗中傷批判の違いは「事実に基づいているかどうか」で判断されるべきだと考えます

氏を「ミソジニー(女性嫌悪)」「女性蔑視」と断言する批判事実に基づかないもので、かつ人格否定するものです

b:id:nitino 氏、事実に基づいていないのにミソジニー女性蔑視レッテルを貼って回る行為、それも正当な批判だと言えますか?

重要なのは「それが事実かどうか」に尽きる訳ですよ。

で、反論するなら下の追記1に書いた、その理路について反論してほしいと思う。

ちなみに「〜から明らか」とか「〜以外には受け取りようがない」と主観依拠したり、

氏のツイートにない文脈(大学非正規職員ガーとか)を勝手付与したりしても、それは反論の体をなさない。

(ちなみに「専業主婦」「同時通訳仕事は安い」はオッカム氏が同時通訳の方本人から聞いた言葉です。お間違いなきよう。

https://togetter.com/li/1725725?page=8 )【追記ここまで】

看過できないものをいくつか。

b:id:vanillayeti

意図は違ったとしても気づかずに女性蔑視してますし、気づかないのもやばいですよという指摘なんですけどね。

https://b.hatena.ne.jp/entry/4703593191158935938/comment/vanillayeti

三毛招き @mikemaneki

ジェンダーは専門ではない」というのをミソジニーを垂れ流す言い訳にすんなよ。通訳仕事をやってる時点で「専業」主婦じゃない。

https://togetter.com/li/1724936#comment

フラクタルな煮凍り @ribsleftrurs

何度でも書くが氏の文章ミソジニー女性蔑視トロフィーワイフのような背景思想がなければ書けない文章であり、読解力云々以前に氏と同じ色眼鏡をかけていなければそのようには読めない文章しかなってない。 本当にそれが内在していないのであれば壊滅的に日本語が下手糞という目も当てられない結果に落ち着くだけ。 むしろ自称するように海外価値観で物を見れるだけの環境教育仕事をしているのにも関わらずここまで根深く染み込んでいる「田舎価値観」というのは本当に恐ろしいなと思うよ。

https://togetter.com/li/1724936#comment

b:id:cleome088

打ちのめされ余裕のないときにこそ、人間の本性が現れるという話もございましてだな。女には俺より無力であってほしい、俺よりできる女を「モノ」にする都会の男が羨ましいって話は充分に浅ましく差別的だよね

https://b.hatena.ne.jp/entry/4703593191158935938/comment/cleome088

cleome088氏の「俺よりできる女を「モノ」にする都会の男が羨ましい」は酷すぎるな。

オッカム氏の発言のどこに、そんな話があった?

読解力のなさは、誹謗中傷免罪符にはならないよ?

追記1】

研究者としては、彼女らの旦那(が研究者だった場合)を凌ぐことができるかもしれない。しかしあの高学歴語学力キャリア志向のない妻を迎えることは想像もできなかった。つまり僕は絶対に勝てない」という氏のツイートを、

「俺よりできる女を『モノ』にする都会の男が羨ましい」、

あるいは「自分はどんなにがんばってもこんな嫁をもらえない」

曲解して憚らない人がいることが、驚き。

高学歴語学力キャリア志向のない」女性をそれまで知らなかった、衝撃と畏怖だったと書いているの、敢えて見落としているのかな。

能力では分からないけれど、そうした女性と知り合うことすらなかった『環境』を比較して「旦那に勝てない」と思っただって、分からないものかなあ。

何のために「東京は恐ろしい所だ」から書き始めてると思ってんの?

そもそも存在を知らないのだから「妻に迎えるなど想像もできなかった」という発言は当たり前の感想で、トロフィーワイフと全く無関係だよね。

追記2】

araikacang氏、でもさ、たったこれだけの昔語りでも、もし「大学教員Twitter女性蔑視発言」とか間違って報じられたら、本人は職を失いかねない訳でね。

そうでなくとも、もう十分名誉毀損レベルだと思うのよ。その指止めようはとっとと仕事しろよと思う。

最近の、お母さん食堂炎上なんかを見ていても、ジェンダー議論が『消毒』の方に向かってるの、リベラリズム観点からは相当やばいと思うんだよね。

お母さん食堂のネーミングがジェンダー固定化をもたらすなんてエビデンスはどこにもないのに、「その可能性/恐れがある」って理屈でやめさせようとする(ファミマがやめてないのはあっぱれだが)。

その可能性に触れたらアウトってのは、リベラリズムの対極にある発想なんだが、どうしちまったんだろう。

追記3】

take-it氏、「強姦された女性が『男は獣だ』と発言」て、そんな犯罪性の高い案件ですか?

本気で言ってます

その雑な例えが通るなら、主席批判したら「お前は強姦魔だ」と紅衛兵に吊し上げられてる様の方がよほど近いと思うけど。

「その批判は過剰攻撃ですよ」という批判は成立しませんか?

ポジションの話だけに持っていくのは、やめましょうよ。

追記4】

b:id:aquatofana

元ツイは「自分はどんなにがんばってもこんな嫁をもらえない」で終わってるので、やはりミソジニーど真ん中なんだよなあ。加えて性別故に安定キャリア拒否された女性の苦しみに無頓着無意識差別

https://b.hatena.ne.jp/entry/4703692319054135618/comment/aquatofana

自分はどんなにがんばってもこんな嫁をもらえない」と氏は言っていない、ということを追記説明しているのだが、読んだ上で反論してほしいものですね。

高学歴語学力キャリア志向のない」女性をそれまで知らなかった、衝撃と畏怖だった

能力では分からないけれど、そうした女性と知り合うことすらなかった『環境』を比較して「旦那に勝てない」と思った

という解釈おかしいということなら、具体的に指摘してくれませんかね。

「やっぱりミソジニーど真ん中!」では、主観による印象論以上に、何も言ってないのと同じですよ。

追記5】

(突っ込まれたので補足)

https://anond.hatelabo.jp/20210607231624

2021-06-04

続 自衛隊のメシ

昨日書いた日記にたくさんの人がコメントをしてくれて嬉しかったです。ありがとう

平成の米騒動あたりは記憶曖昧だが、たしか食堂タイ米を食べてました。

多分、入隊してすぐくらいだったか…この辺りは、半年以上教育期間だったので、

TVも見られず、もちろんスマホも無い時代なので、世間がどうなっていたのか全く知りません。

知らないうちに総理大臣が変わっていたことにはびっくりした。

米騒動は終わっていたかもしれない。

マズかったメシ以外にも、自衛隊の楽しみだったり、心に残ったメシをつらつらと書いていこうと思う。

20年間で5回くらい転属してあちこち臨時勤務等もあったので、ひとつ食堂の話ではありません。


① テッパンオブテッパン 「カレーライス

カレーライスは間違いなくアタリの日だった。どこの駐屯地でもうまかった。

ただ、訓練後のカレーは午後がむちゃくちゃ眠くてキツかった。

だが、午前中の訓練のモチベーションを上げてくれるのもまたカレーだった。

新人の頃は午後、ウトウトして先輩からよくどつかれたものだが、

先輩になると、どつく側になった。

そしてまたそれを超える年になると、どつきどつかれしている後輩達を生暖かく見守る立場になった。

昔、料理長に聞いたカレーの隠し味「焼肉のたれ」は、今でも家でカレーを作るときに入れている。


② 自分ひとりじゃない 「クリスマスケーキ

12月24日だか25日の昼には可愛いクリスマスケーキピースが出た。

恋人がいない隊員はあえてこの日に当直を入れ、寂しさを紛らわした。

もちろん自分積極的に勤務についた。

この日あたりから年末休暇が始まるので、ウキウキと帰隊する既婚者がなかなか憎たらしかった。

ケーキはうまかった。


③ しんみりと故郷の母を思う 「おせち

元旦の昼はおせちが出た。大皿に少しずつ黒豆とか、なます田作りなんかが適当な感じに盛り付けられていた。

まあ、おせちは出来あいなので大してうまくはないし、おかずになりにくい。

数年に1回は元旦勤務があったが駐屯地にはたくさん人がいるので寂しくはなかった。



④ 全員平等の 「チョコレート

バレンタインデーには昼飯にチョコレートがついた。不二家ハート形のチョコレートが多かった気がする。

男女関係なくみんなにもらえるチョコレートはなんだか嬉しかった。


自衛隊女性モテるというが、頭が良くて優しくて素敵な、妙齢独身の先輩はたくさんいた。

自衛隊の男の目が節穴だと思っていた。

自衛隊イケメンはなぜか民間女性とばかり結婚していた。

少し年を取るとWACモテなかった。常にすっぴんだし、男女平等階級社会なので言葉遣いも荒くなることもあった。

女性とみなされないのかもしれない。

WACですぐ結婚する子は新人ばかりでした。


⑤ 3月ボーナスステージ 「ステーキ

3月になると、予算に余裕が出るのか使い切ろうとするのか、メニューがわりと豪華になった。

ステーキの日は朝から駐屯地中の営内者が浮足立っていた。

なんせ隊員数百人分のステーキなので、朝から焼き始める。

午前中から匂い駐屯地中に漂ってくるので仕事にならない。

料理長が大きな鉄板で手のひらサイズの肉をジャンジャン焼き上げ、横にうずたかく積んでいく。

外で焼くパターンもあった。

もう焼きあがっているので熱々とまではいかないが、本当に美味しくて年に一度のパーティタイムだった。


その他、創立記念日には紅白饅頭が出ることもあったし、節分には小袋の豆が出た。

夏にはスイカが出たしアイスも年に1回くらい出たかな?

美味しいメシは本当に訓練のやる気に直結していた。


ただ、唯一不満があるとすれば、白米がまず出てこなかった。

健康留意してか、常に玄米とか粟とかヒエとか謎の穀類が混入していたので、ただただ真っ白な白米が食べたかった。

同期なんかは「また鳥のエサが入ってる…」と、よくぶつぶつ言っていたことを思い出す。

あと、駐屯地食堂では目玉焼きが出ないので、外で食事をするときはひたすらベーコンエッグ定食を食べていた。

生の卵は出るので玉子かけご飯は出来るが、半熟目玉焼きに飢えていた。

あとはなぜかクリームシチューが出てこなかったなあ。


自分除隊する前の数年で糧食班がなくなり、民間業者が隊員食堂を切り盛りするようになった。

団塊の世代だった古い栄養士糧食班長も定年を迎え、若くて新しい世代栄養士さんに代替わりした。

男性若い栄養士さんは、自衛官の心をグッとつかむ旨いガツメニューが上手で、とても人気がある。

辛くて悲しい出来事任務もあったけど、仲間と自衛隊メシを食べれば元気になれた。

自衛隊メシよありがとう

2021-06-03

anond:20210603161335

民間ですら立地のおかげで顧客自動的に途切れることがない食堂って大抵クオリティが維持されてないんだから小学校なんて努力するほうが馬鹿って環境だもんな

自衛隊のメシ

5年前、訳あって20年勤務した自衛隊退職した。

高校卒業後即入隊してずっと営内だったので、実家の母の手料理より自衛隊のメシを食べた回数の方が多いかもしれない。

思い出深いマズかったメシをつらつらと書いていく。

自分新人だった平成初期の話です

① 某巨大駐屯地で出た「とんかつラーメン

当初メニュー誤植ではないか(よくあった)と考え、とんこつラーメンを楽しみにしていたのだが

やっぱりとんかつラーメンだった。

場末サービスエリアで食べるようなしょうゆラーメンに、わりとデカとんかつスープたっぷりとすいこんで

しっとりと鎮座していた。

カラッとした揚げ物が好きな自分にはラーメンスープに浸ったとんかつは辛かった。

この某巨大駐屯地食堂天井がめちゃくちゃ高くて、天井ででハトスズメが数羽いつも飛んでいた。

今思えば衛生的にどうなの、という感じだが当時は誰も何とも思っていなかった。

今はもうありません。


② しつこく喰わされた「うなぎ

これは多分何年か前TV話題になった、とんでもない衛生管理の中パックされた中国製の輸入うなぎだと思う。

本当にまずかった。週2くらいで食わされいた。

TV問題になって、とたんにメニューから消えた。

多分とんでもなく安く仕入れていたのだろう。


③よく分からない「だちょうの肉」

これは一度だけ出た。ただただ硬かった。

どういうルート仕入れたのか謎


平成コメ騒動時のタイ米

ひたすらパラパラしていて箸ではつかめなかった。

でも当時は本当に日本米が無かったから、メシが出るだけありがたかったです。


⑤ひたすら薄い「味噌汁

平成初期の減塩ブームにのっとり、うっすらと味噌色のお湯がよく出された。

減塩ブームには本当に恨みしかない。

いつも自由使用できた卓上ふりかけ撤去されたときは本当に泣きたくなった。

どんなマズイおかずでもふりかけさえあれば、メシが食べられたので。

しかし、時代が進むにつれ肉体労働時の塩分接種の重要さが浸透したのか

味はまともになっていった。


他にも、おでん白飯を食うのはつらいなあ、とか

風の強い日に外で食べる缶飯は、砂が入ってジャリジャリして嫌だなあ、とか

5分しかないとおかずしか食べれらないなあ、とか

そういう小さいことはたくさんあったけど、今思い出すのは

一緒に食べた先輩、同期、後輩と楽しくメシを食べたことだけです。

イヤだったメシの思い出がこれしかないということは、大概美味しく食べていたんだろうなあ。


栄養士さんが考えてくれたメシを20年も食べて健康であった自分

無事、高齢出産に耐え健康な子を授かることができました。

自衛隊のメシ、ありがとう

2021-06-01

親友を失ったかもしれない


好きな女性がいる。互いのステータスは長いこと「親友」だったが、僕はどこかで彼女のそれを「恋人」にアップデートたかった。


最初彼女のことが好きだという僕の気持ちに気づいたのは高校生の時だが、女性告白したことやされたことがなければ、当然お付き合いもしたことのない当時は何をすればいいかからず、友人に相談もできなかった。僕は彼女を好きだったが、結局何も動かぬまま、長いこと自分本心を押し殺して、彼女と会っていた。その間に彼女「同級生」から友達」、そして「親友」になった。とても良い関係の、絶対に失いたくない親友になった。


「私はいくらかおしゃべりが過ぎるんじゃないかなって思うんだけど、どう思う?」

「僕は君のおしゃべりを聞いているのが好きだからそのままでいいと思う。」

「ありがとう」


いくら経験のなかった僕といえど、大学生になったら若干はデートのようなことや出会いはあった。同じ大学女性はもちろん、マッチングアプリで何人かの女性とも出かけた。そういうのはそれなりに楽しかった。いい人だった、付き合いたい、もう一度会いたいなどと思うが、その次には大体彼女が思い浮かぶ


今日のあの子はあのお酒を呑んでいたが、彼女は残していたなあ。あの時あの子はこれが嫌いだと言っていたが、多分彼女は好きなはずだ。彼女はどう思うだろう。彼女はどう言うだろう。彼女はどう笑うだろう。


いやでも待て、彼女は単なる親友だ。僕がここで恋愛感情を持ち出したら全てが終わる。彼女彼女なりにうまくやっていると思うし、彼女は僕のことを親友しか思っていないだろう。こんな感情を抱くだけ無駄だと思い、自分本心を押し殺して、沸き上がってきても抑えていた。それに僕は恋愛が下手だからおかしなことはできないとも思っていた。


「思ったことをすぐに言うのをやめたいんだよね。」

「僕はそんなことを感じたことがない。君のアドバイスはいつも的確だし、不愉快に思ったことはない。」

「君とは親友から、もうそういう私に慣れてしまっているのかもね。」

そうかもしれない


彼女はいろいろなところに行って、いろいろなことをした。うまい洋食屋に行ったり、逆にそんなにうまくはない食堂に行ったり、水族館に行ったり、日帰り旅行に行ったり、2泊3日でキャンプをしたり、彼女の家でバック・トゥ・ザ・フューチャーを観たり、逆に僕の家でガールズ&パンツァーを観たり、火気厳禁の公園キムチ鍋をして警備員に怒られたり、大学合格祝いのピクニック彼女ケーキを作ってくれたり、彼女が履いていたドクターマーチンがかっこ良かったので高2の時の初めてのバイト給料で買ってみたり、彼女の勧めてくれた音楽を聴いたり。


ある時僕はこの好きな思いに耐えられなくなった。というよりも、LINEでのやり取りのうち、彼女に対する好意自然漏れしまったのだ。多分これが僕の本心だ。彼女は僕のことを本当に親友だと思っているからこの関係絶対に壊したくないが、でも僕は僕で自分気持ちに正直に生きたい。もう苦しむのは嫌だった。


その後彼女に会った時、手を繋ぎたいと言ってみた。当然断られた。あんみつを食べに行く途中だったが、その後食べたあんみつの味はもはや覚えていない。味のことだけ考えれば、せめて食べてから言えば良かった。行ってから時間は一緒にいたが、彼女が歩くのはいつもより速かった気がした。


その夜彼女からLINEが来た。「手を繋ぎたいということに他意はないよね。」ああ、親友の明らかに特殊ムーブだしな。当然おかしな気分になるだろう。「こういうのを文章でやりとりするのは避けたほうが賢明じゃないか」「わかった。明日家に来て。」


彼女の家へのアクセスは車が一番だ。彼女を乗せたのは数日前で、彼女を乗せるたびに僕は車の中も外も綺麗にするから、まだ泥汚れひとつなかった。不安のうちに若干の希望を含ませてハンドルを握った。窓を全開にして、彼女最近勧められたフリッパーズ・ギターを流しながら、父親ウィッシュエンジンを唸らせていた。いつも彼女と遊びに行く時と同じように。


「それで、君は私のことが好きなんだね。」家に着くと、彼女はこう問うた。「そうだよ。君のことが好きだ。」昔から好きだったけどどうしていいかからなかったこと、好きな気持ちに気づいた時には彼女とは既に親友で、恋人になりたいけど友情は壊したくないと思っていたこと、ある時その好意が抑えられなくなったこと、そして手を繋ごうと言ってしまたこと。彼女は時々口を挟もうとしたが、僕は喋り続けた。たまには僕のほうがおしゃべりだっていいじゃないか


「まあ、とりあえず、ありがとう。驚いたけどちょっとしかったよ。」僕が喋り終わると、いつもと同じ口調で彼女は僕に語りかける。

「でも私は君を友人としてしかたことがなくて、恋愛対象としてみたことが無かった。今後は君のことをひとりの男性として見るようにしてみる。もしかしたら気が変わるかもしれないからね。」案の定だった。想定の範囲内

LINEでのことも、私はそれは友情としての好意だと思ってたよ。」


「ああ。これを先に言っておけば良かったね。」

「なんだろう」

「何日か前に恋人ができたんだ。」


何を言っているのか理解できなかった。僕がやっと絞り出した「こいびと」の4文字はひどく霞んでいて、彼女には聞こえなかっただろう。


「私は彼のことをまだそれほど好きではない。なんなら、人間的には君の方が好きだよ。それでも、人を雑に扱ってしまうのを治したくて、自分を変えようと努力してみるから、すぐに別れるみたいな選択肢はないかな。別れるというのも、結局は彼を雑に扱ってしまうことと同じだから。」


数日前なんて、僕が告白しようか、どう手を繋ごうか考えていた時じゃないか。僕の人生は全くタイミングの悪さが連続している。僕は思ったことをすぐに言ったほうがいいと思った。そこに勝算がなかったとしても、世界は変わっていたかもしれない。少なくとも僕は楽だったかもしれない。


何よりも大切なこと彼女が呟いた。

男女の友情って成立しないのかな。」

その時の彼女の瞳は、普段のような明るさを一見保ちつつも、その奥には微かな憂いを感じさせた。これを見て、僕は大きな間違いを犯してしまたことにやっと気がついた。恋愛感情よりももっと大切な友情が全ての前提にあったのだ。彼女親友に牙を剥かれ、さぞかしショックを受けたことだろう。言おうと思ったことを言ったが、やはり言わないほうが良かったのだ。


「言いたいことはもう言ったかな。悪いけどひとりになりたいから帰ってよ。」

「わかった。またどこかいこう。」

「うん。」

帰り際に目に入った彼女の灰皿は、昨日今日で吸うには明らかにおかしな量の吸い殻が潰されていたように感じた。


よく運転して帰って来れたと思う。かなり曖昧精神状態、もしかしたらどこかをぶつけているかもしれない。


左手腕時計バック・トゥ・ザ・フューチャーで出てきたものに似ているデータバンク。靴はだいぶ古びてきたドクターマーチン。車のスピーカーからフリッパーズ・ギター。今履いているボトムスも、助手席にあるサコッシュ彼女に褒められたことがある。目薬を入れたポーチも君らしいと言われた。彼女は僕の人生に大きな爪痕を残しすぎている。


恋愛感情を抜きにしても、大切な親友であり、僕の10代後半と20代前半を形成した、彼女という重要人物をひとり失ってしまたかもしれない。僕はとんでもないことをしてしまたかもしれない。彼女が僕と付き合いを続けてくれたのは、男女のあれこれが「何もない」というある種の安心感ゆえだったのかもしれない。そう思うと涙が溢れてきた。嗚咽を漏らした。


最初彼女への想いを伝えようと躍起になっていた。伝えた直後は彼女恋人存在絶望した。今は僕を親友としてみていてくれた彼女を、僕が厄介な感情を持ち出したせいで、永遠に失ってしまたかのような気持ちだ。彼女はもう僕に会ってくれないかもしれない。人を雑に扱っていたのは僕だったのだ。


別に彼女とのステータスなんてどうでも良かったんじゃないか。また河豚蕎麦サザエ焼肉ピザあんみつを一緒に食べたい。河豚は値段のわりにそんなに感動しなかったし、蕎麦最近2人で当たりの店を見つけた一方で、そんなにうまくない蕎麦屋に入ったこともある。いつか蕎麦の有名な神代寺にも行こうと話していた。サザエは始めて彼女をのせてドライブに行った江ノ島で食べて、気持ちが悪くなった。焼肉高校生の時一緒に行った。ピザ彼女美容師に勧められたピザ屋に行ったし、ガールズ&パンツァーを観ながら食べたこともあった。あんみつは僕のおかしな行動で味を思い出せないからもう一度行きたい。


またキャンプにも行きたいし、古着屋を巡って彼女のうんちくを聞きたい。散歩して雑貨屋を見つけるのもいい。またそんなにおいしくない中華料理屋にも行きたい。ただ昼間にコーヒーを一杯飲むのでもいいし、LINE他愛のないことを報告しあうことだけでもいい。また一緒に歩いて、僕が取り止めのないことを言うと目までしっかりと笑う彼女を、僕から25cm低い位置で笑う彼女を見たい。そんな何気ない日常は、僕のおかしな、友情恋愛感情を混ぜてしまった思考回路によって、遠いところに消えてしまった。


こんなに後悔するとは思わなかった。


料理に例える必要ある?

個人的に気づいた絵師さんの違い


オリジナル向きのマンガ家

→ひねった性癖世界観を作るのがウマい人

二次創作向きのマンガ家

→「ちょうどいい」を作るのがウマくて、基本に忠実な人

Skebなどで活躍するイラストレーター

自分or目の前にいる人にとって最高の逸品を仕上げる人

なんだろうね





料理に例えると

オリジナル向きのマンガ家

創作性を求められる高級店・人気店のシェフ

二次創作向きのマンガ家

→お弁当屋食堂料理人。メニュー王道でも、コストや食べる状態に合わせた丁度いいモノが作れる人

イラストレーター

料理YouTuber家庭料理で最高に美味しいものを作る人

どれが一番という話ではなく、

「得意なところも目指してるところも違うけど、それを言葉にしようとするとこうなる」

という話。

異論は認める


料理に例える必要ある?というか自分絵描きを目指してないのにこれ何がしたいの?バカなの?

それよりダイエットに向いてる人間の分類でもして自分いかダイエットに向いてないか自覚しとけ

2021-05-31

コロナで思い出す番組

相席食堂SP村上ショージ氏が故郷墓参りする回

ワクチン打って、いつか故郷に帰ろう

食堂で隣のお姉さんが箸を1本ずつ両手に持って生姜焼きをちぎってるのを見てギョッとしてしまったんだが、

しか普段自分がやってるように食いちぎるのとどっちが行儀が良いというか、他人に与える印象が良いかというと、どうなんだろうな

魚なら箸で身をほぐせばいいが、生姜焼きでそれは無理だしな

2021-05-30

未亡人転生[0002]~ギルド

anond:20210529175725

ギルドに着きました。

元々そんなに人が居ないのか、時間帯のせいなのか、すいていたので、受け付けカウンターのようなところへ行く。

受け付けの女の子ちょっと顔を引きつらせながら、

「お、お貴族様……じゃないですよね?」

そうじゃない旨、身なりについてはあまり触れてほしくない旨等を説明すると快く話を聞いてくださった。

果物屋の親切な人に聞いたらここでお仕事斡旋してもらえるということでしたので」

「まあ、そうですね。なんでもかんでもあるってわけじゃないですが。それで不躾ですが、御職業のほどは?」

 職業? ちょっと悩んで、

主婦でした」

主婦……?」

「ええ、家事全般ならなんでもこなます料理もそんなに凝ったものでなければ」

「あー、じゃあ駆け出しってことですね」

「かけだし?」

「まだ冒険者として職業に就いてない方をそう呼んでます

あんまり冒険とかする気はないんですが」

「そうなんです? ちなみにどんなお仕事希望されてます?」

「家政婦……メイドさんとか、そっち系ですかね。お掃除とか。それかレストランでのウェイト……給仕とか……」

「なるほど、こちらでは希望に添えませんね」

「そうなんですか?」

 ギルドの子の話では、家政婦のような人を雇うのは貴族か余程の大商人しかない。

 貴族に雇われるのは下級貴族とかの人で一応貴族社会にゆかりのある人に限られているそうだ。

 最下級の貴族さんは人を雇う余裕もないか、あったとしても同じ最下級の貴族さんとかを雇うとか。

 大商人的な人達が雇うのは、コネのある人が多いらしい。商会で働く人の家族とか親戚とか、精々その人に紹介された親しい人で枠が埋まる。

 レストランもそんなに大規模なものこの街にはなく、家族経営食堂とか一人でやってる半セルフサービスの店しかない。

「困りましたね。ここに来れば何とかなると思ったんですけど……。お恥ずかしながら一文無しなんですよ」

 そう正直に打ち明けると、ギルドの子は少し考えて、

「一応そういった駆け出しの方への救済措置として、1週間の宿泊施設と、お食事代は御貸しする決まりにはなってます。あとは簡単お仕事あっせんと」

「そうなんですか。ではお願いしたいんですけれど」

「といっても……。最近利用者が居なくて、お部屋のほうが凄く汚いですし……。簡単お仕事といっても……その女性活躍してる方は多いですが……その……なんというか」

 言いにくそうにしているが、ここは押し切りましょう。

 なんとなく勢いでなんとかなるのが異世界という認識なので。

「これでもそれなりには体力あるんですよ。なのでぜひ宜しくお願いします。お部屋も掃除道具を貸してもらったら自分掃除しますので」

「……そうですか……じゃあ一応見てみます?」

 というわけで、ギルド宿泊施設に案内されることになりました。

2021-05-28

anond:20210528111135

寮生だと特定できなくて全員接触者扱いだと思うが

風呂とか食堂とか共同だろ?

誰が誰の隣に座ったとか同時間帯に風呂入ったとか管理できてないだろうし

2021-05-26

anond:20210524181047

別人では?

食堂にいた人はそろそろ50くらいのはず

2021-05-24

腹減ってるときに一人だけ隣で食べだす奴

俺が今はなにも食べられない状況だとわかってるのに隣で食い出す奴

ここは食堂じゃないんだから食堂行って食ってろや!!

anond:20210523234113

京大食堂にいた「日立」さん、どうしてるんだろう

2021-05-21

濃厚接触者になったがPCR陰性だった

ちな陽性者=発症者は同じタイミング仕事してた人

15分以上の同室における対面会議、同じ車の同席。マスクと換気はできる限りしてた

マスク外してたのは食堂での30〜1hのみ。ただし発症した人とテーブルは別で、2m以上は離れてたはず

とりあえず陰性なら一安心と思いきや、14日経つまでは安心できず

今は健康のものでも数日後・来週には発症しているかもしれないと言われてもうドキド

今日で5日目になるんだけど、今夜いきなり具合が悪くなるんじゃないか、朝起きたら動けなくなるくらいの高熱が出るんじゃないか毎日不安な日々を過ごしてる

毎日検温しステイホームを徹底する予定だけど、まだ9日間もある。。。。。。

こわいよう。。。。。。

マンボネットルームから出られない

ネカフェメディアカフェポパイ

あそこ、プラン自動切り替えじゃないから「覚悟」がいる。

時間ネカフェに居座るかの「見積もり」を前もって出さなきゃいけない。


これがしんどい

勝手に最適なやつに切り替わってくれよ。

延滞料金めいたやつが高すぎるよ。


3時間かな? って思うと6時間ちゃうし、6時間だけ寝ようって思うと10時間寝てしまう。


から結局常に12時間コース(2400円ちょい)にするしかない。

それ以外で寝過ごすと速攻3000円越えてしまう。


そりゃホテルよりかは安いさ。しかシャワーは別料金だし、ご飯がタダで食べれるわけでもない。


シャワーコース料金に含まれる、もしくは格安、あるいはご飯食べ放題というネカフェはある。


池袋マインスペースはシャワーがとにかく快適。30分~1時間使ってOKだし、天井もふさがった完全な個室が選べる。


新宿マンボネットルーム漫画が一切ないしシャワーコインシャワーだが12時間2000円ちょいでご飯牛丼カレーコロッケ)が食べ放題


ご飯食べ放題って狂気の沙汰だ。僕はあそこを「ブロイラー」と呼んでいる。一度入るともう出る気にならない。そもそもご飯を食べて寝る為に生きているんだから貯金尽きるまでここで暮せばいいんじゃないのかってくらい不満がない。栄養偏って死ぬと思った。


マンボネットルームだけはヤバい。あそこは本当にヤバい

「出る根拠」ってものが見つからない。


ネカフェにずっといても飽きるので「コンビニ行くかー」ってなるじゃん?

でも食べ放題フロアがあると「その前に飯・・」ってなるじゃん。

最上階の食堂フロアへ行って、鍵を渡すと食券がもらえるから、それを持っている間は無限におかわりができる。


まあ、なんとなく最低2杯はご飯食べて、味噌汁も飲んで、コロッケも食べて。最上から新宿の殺風景景色ぼんやり眺めて。


「戻るか」ってなるでしょ。

自室戻るでしょ。


そりゃあんた、寝るでしょ。

もうコンビニとか行かない。起きたら夕方ですよ。


最悪の場合、ここでまた食堂行くから。そしたらもうおしまい

ジ・エンド。


日食って寝てるだけで終了。


から、怖ろしい事に食べ放題「使わない」ってのが一番正解。


「囚われる」


僕それで一週間出られなかったから。


もう牛丼カレー食べない! ぜったい外食する! って覚悟決めて外出ない限り、抜け出せない。


しかもハンパな牛丼チェーンより美味いんだわ、マンボネットルーム牛丼自分いくらもつゆだくにできるんだよ??

もう、美味いっしょそんなの。福神漬けちゃんとあるし。


ああ、今すぐあの殺風景食べ放題フロアに行きたくなってきた。

店員も常に手持ち無沙汰で。二人くらいでずっとだべってて。

客も3人くらいしかいない。


なんなの? あの完璧世界コミュ力低い人間楽園でしょ。

あれで畑仕事とかしたら賃料タダになるとかだったら、畑仕事するし。


宗教施設化できるでしょ、マンボネットルームちょっとなんか足すだけで。

2021-05-20

お母さん食堂を買ってみた

お母さんわりと高いな!

anond:20210519025307

無料食堂に対して「何度並んでも何個でもお弁当がもらえた!これはシステム上の脆弱性!これでは本当に困っている子供が救われない!問題!」

問題提起しろAERA

anond:20210519025307

でも、本来食事提供したくない人たちにも食事提供しないと本当に必要な人たちも救えないんじゃないかなとも思う。

貧乏な子しか行けない施設だったら、そこに行ったらその時点で貧乏な子とみんなに教えることになる。

たとえ、服装や髪形、普段雰囲気がそうだったとしてもそれを認めることは子どもにとってそれなりに苦痛なんじゃないかな。

それに、周囲の大人子供たちがそういうもの理解がある人とも限らず、いじめ対象になる可能性もあるよね。

そう考えたら、本当に支援必要な子ほど怖気づいて食堂に行けなくなってしまうかもしれない。

それより、100人本音を聞くためのスイッチみたいな方式がいいよね。

その人にしか見えないランプが点灯したら無条件にスイッチを押す。質問にたいしてYes場合スイッチを押す。

そしたら、スイッチを押したことがばれたところで、ランプが点灯していましたと言い訳ができる。

同じように、みんなただで飯が食えるからと言っている飲食店なら、貧乏からじゃない、タダだから食べに来たんですよという顔をして食べに行ける。

で、無料食堂の人は、困っている人を助けたいの?

それとも、困っている人を犠牲にしてでも、タダだから来ている連中を排除し、自分正義を貫きたいの?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん