「センチ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: センチとは

2018-06-22

「痩せたい」と思っている人は本当は痩せたくないのではないか

女性の友人で10年くらいずっと痩せたいと言っている人がいる。

その人は知り合った瞬間からデブだが、未だにデブである。160センチ自称70キロ(たぶん嘘、90キロはありそう)

10年間ずっと痩せたいと言っている気がする。

大抵のことは10年あったら成し遂げられると思うのだが、彼女はずっとデブのままだ。

たぶん彼女のなかでの痩せたいは「何が何でも痩せたい」ではなく

運動はしたくないし、食事制限もしたくない、なにもせずに楽して痩せたい」なんだと思う。

それはもはや「痩せたい」と思っていないのだとおもう。

自分半年10キロ増えてしまたことがあったが、2か月で7キロ痩せて、見た目は完全に元通りで、ちょっと筋肉がついた細マッチョになった。

2か月週6でジムに通ったし、一日1500kcalに計算して摂取カロリーを抑えて生活してた。

「なにがなんでも痩せたい」と思っていたと思う。

ちなみに彼女は顔がはかわいいので、あと50キロくらい痩せたら付き合いたいと思っている。

2018-06-20

はぁ

凄まじくイケメンじゃなくてもいいか清潔感あって、服から柔軟剤のにおいがする感じの

身長180センチぐらいの男性キスしたい。とりあえずキスしたい。はぁ。

839 :名無しさん@おーぷん:2017/04/26(水)17:51:19 ID:Hz7

大規模災害時に避難所物資管理担当した

ありがたいこと大変なこと嫌なことたくさんあったがここで言いたいことはひとつ

「衣類は個人から募る(個人で送る)べきではない」

はいろんなところで言われてるがあまり浸透していないようなので

自分体験した修羅場を書いてみたいと思う

被災者のためにと衣類を送ってくださった方々の善意まで否定する気は毛頭ない

ただ現実的被災地で何が起こったかを知ってもらえたらありがたい

災害直後から届き始めた衣類の寄付

マスコミの「冬用衣類が足りない!」(ちょうど季節の変わり目だった)という報道を受けて爆発的に増加

あっという間に狭い体育館を埋め尽くした

四方の壁にうずたかく積み上げられる段ボール

床が見えないほどの服、服、服の海…

もちろん食料品生活雑貨など衣類の他にもさまざまな種類の物資も続々と届く

しか個人から送られてきた衣類ほどスタッフを苦しめる存在はなかった

まず仕分けの手間。普通物資を1とすれば衣類の箱は10というほど手間がかかる

男性女性子ども上衣下衣・肌着・上着。そしてサイズ

せめてこれだけでも分類した状態で入っていれば御の字だがそんな箱はほぼない

箱を開き一枚一枚手に取って確認する

これは女性のセーター、Mサイズ。こっちは子どもズボン、140センチ

見た目ですぐに判断できる服ばかりではない。

これは紳士婦人?どっち? サイズタグはどこについてる?

畳んである服を広げて基本情報確認し、また畳んで分類する

これが想像以上に膨大な時間と手間を要する。やってもやっても衣類は減らない

それどころか次々に新手が送られてくる

840 :名無しさん@おーぷん:2017/04/26(水)17:51:50 ID:Hz7

そして需要に合っていない服も想像以上に大量だ

被災者が泥だらけで復旧作業をしている状況で

ひらひらワンピースタイトミニスカートスーツ礼服。誰が着るだろう

さらに、見るからに古くくたびれた服、汚れが目立つ服

こうした需要のない服、人には勧められないような服の割合は実に3~4割にも達した

しかしすぐに捨てることはできない

ゴミひとつとっても災害の片づけで不足している上、マスコミの目もある

善意」をゴミとして捨てていると報じられたらどれだけのバッシングを浴びるか

結局「使えない服」として分類された大量の衣類が少なくない場所を占拠していく

また、被災者に衣類を選んでもらうのも一苦労だ

場所がない中でぎゅうぎゅうに並べた服を、被災者自分サイズを探してかき回す

せっかく分類しても、衣類置き場はすぐにカオス状態になる

ぜいたくを言うなと怒られるかもしれないが被災者にもプライドがあり

特に発災から日がたってくると、服も「着られれば何でもいい」とはならない

しか個人から送られてくる衣類というのは大半が「うちではもう誰も着ない」服だ

気に入っていて今よく着ているという服を送ってくる人はいない

しかデザインが古いとか何度も着て色が落ちてきたとかそんな理由で着なくなった服は

たとえ被災者だってできれば着たくないに決まっている

結果的に選ばれるのは数少ない、本当にわずかな新品や新品同様の服

それ以外はいつまでも山となって残る

841 :名無しさん@おーぷん:2017/04/26(水)17:52:57 ID:Hz7

具合が悪くなるほどの服の海に溺れているにもかかわらず

ほとんど見つけられないのが肌着と靴下

この二つは中古で人にあげるということがまずないので

送るとしたら新品になるが、わざわざ新品を買って送ってくれる人はほとんどいない

いても個人レベルなのでせいぜいが5セット、10セットといったところ

これが本当に苦しい

肌着や靴下の不足は本当に深刻で、服と一緒に並べようものなら数秒でなくなる

そこで避難所内に不公平感が出ないようなるべく平等に配布したいのだが

数百人の被災者から5人、10人をどうやって選べばいいのか

高齢者、持病のある人、どんなカテゴリー分けでも難しい

冬用肌着と靴下はかなり最後の方まで不足したままで

肌着がない、肌着がほしいという被災者要望にはほとんど答えられなかった

もっと効率的だったのはだいぶ経ってから実現した企業から支援

衣類メーカー、肌着メーカーが「新品」を「大量」に送ってくれた

一人〇点限りとはいえ全員に行き渡る新品

さらにひと箱に同じサイズの同じ製品が入っているため仕分け不要のありがたさ

正直涙が出た。そのくらい仕分けはきつかった

服の山に埋もれているのに肝心の被災者の求めるものはないという状況もきつかった

こうした状況は自分の居た避難所だけで起きたことではない

各地から応援職員、大震災経験したボランティアに話を聞くと全員が同じ事態に直面していた

842 :名無しさん@おーぷん:2017/04/26(水)17:53:23 ID:Hz7

しか支援を受ける側の立場

「新品しかいらない」「同じものを大量にほしい」「古いの汚いの送るな」「需要考えろ」「仕分けして詰めろ」

などとはなかなか公言できないもの

なので、結果として同じことが繰り返されているのだろう

被災地では、特に発災直後はスタッフ不眠不休で働かねばならない

そんな中で衣類の仕分けはあまり過酷であった

多くの人員が割かれ、貴重なスペースを奪われ、他の業務に支障をきたすことも多々あった

箱を開き、服を取り出し、サイズ確認し、誰も着ないと判断した服を再び別の箱に詰め、積み上げる

手間をかけても最後被災者の手元に届くならまだしも

言い方は悪いがゴミを捨てるまでの手順をわざわざ増やしているようなものから

災害直後の極限状態の中では徒労感も一層激しかった

自分の実感としては、衣類に関しては個人から中古品の寄付は受けるべきではない

被災地の人手を奪った上に誰にも利用されず最後ごみとして処分され処分費用がかかるのは

寄付してくれた方の善意にも沿わない結果だろう

例えばこれまでの災害で寄せられた義援金などをどこかにプールしておき

新たな災害が起こった時にそれを財源として企業から新品を供出してもらうような形が最適ではないか

これはただの思いつきだが、災害列島日本では次の災害は近い将来必ずどこかで発生する

その時、被災地で働く人たちが自分と同じ苦しみを味わうことのないよう祈るばかりだ

anond:20180620084251

ガタイの良いやつは無自覚に避ける!と主張したバカはおまえだぞ?

お前の理屈で言えばなりゆきでも立ち向かってくるやつを避けて女をおっかけるわな

マッチョは避けて勝てそうなやつを狙うんだから

あとちなみに被害者身長185センチスポーツマンから

引きこもりは知らないだろうけど世間一般的にはガタイの良い方だよね笑

2018-06-18

anond:20180618190928

何が男性シンボル

チンポだろ

太すぎるって、フル勃起時に幅何センチなんだ?

2018-06-17

207センチ コンゴ出身15歳、報徳バスケ部

バスケットボール男子の報徳高兵庫県西宮市)に今月、中部

アフリカコンゴ出身デイビッドコンゴローが加入した。

昨春に来日して西宮市高須中に通い、この春卒業した。

海外で生まれ育った外国籍選手が同県内スポーツ強豪高校でプレーする例は珍しい。

207センチ長身で注目を集める15歳は「みんなといっぱいコミュニケーションをとって、

試合で優勝したい」と全国制覇に照準を定める。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201804/img/b_11156675.jpg

https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201804/img/b_11157314.jpg

https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201804/img/b_11157315.jpg

んっ!キャラ

男性差別的な絵ってどんなのだろう

セカオワステージセットが女性差別だと話題らしい。本当に女性差別的な表現なのかどうかは知らんが(実物見てないんで)、ふと、男性差別的なステージセットってどんなのだろう?と思った。身長160センチ代の男って生きてる意味あるのかよwみたいな言葉表現はいくらでも思いつくんだが、絵で表現って難しい。恥ずかしい部分を開示か?と思ってお珍宝を開示してる絵を検討したが、そういう嗜好の人にしか見えん……男性への差別が透明化されてるのか?

2018-06-09

子育てする親の最大の敵は他の子育てする親

本日、数少ない休日を使って2歳の息子が最近ハマっているアンパンマンショーを観に行った。

アンパンマンショーは人気だという事前情報と、外で働いている父親の俺は貴重な親子の触れ合いのため、息子がいつ起きても良いように朝5時から起きて朝食を作り、着替えからオムツ熱中症対策の水分などを用意し準備万端で迎えた。

今回は父と息子の2人だけの日だ。男同士の楽しい1日が始まるのだ。

妻は今日1日お母さんをお休みしてもらうのだ。

アンパンマンショーの開始は午前10時半、会場に到着したのは9時で、会場入りすると既に会場が用意した最前列が埋まっているというアンパンマンへの熱意に驚きつつ、最前列から1つ後ろの2列目を確保という、なかなか良い結果を得られたと満足していた。

ステージ

―――――――

○○○○ ←会場が用意した最前列

○○○○ ←会場が用意した2列目(この列の1席を確保)

○○○○ ←会場が用意した3列目(以降、列が続く)

開始まで1時間半もあるが、アンパンマンショーに喜ぶであろう息子を想像しつつ、アンパンマンの歌を歌いながら、時には持参したアンパンマンぬいぐるみあやしつつ、三十路男は久々に父親らしいことができると笑顔で待っていた。

アンパンマンショー開始30分前に俺には到底理解できないことが起き始める。

俺は目の前で起きていることが本当に信じられなかった。会場が用意した最前列の前にレジャーシートを敷き、先に会場入りしていた最前列の方々よりも前で席取りする連中が現れ始めたのだ。

ステージ

―――――――

□□□□ ←最前列よりも前でレジャーシートで席取り 

○○○○ ←会場が用意した最前列

○○○○ ←会場が用意した2列目(この列の1席を確保)

○○○○ ←会場が用意した3列目(以降、列が続く)

歌って踊れるというアンパンマンショーのテーマもあって、比較的に席同士の間隔は広い。狭かったら踊れないしな会場の設営は正しい。

だけど何故あの連中は踊るためのスペースで席取りしてるんだろうか?しかも先に会場入りしている方々を差し置いて当たり前のようにレジャーシートを敷いているんだ?

あれよあれよと言う間にレジャーシートを敷く輩は増えていく。

アンパンマンショー開始15分前にもなればレジャーシートで会場は一杯になった。

ステージ

―――――――

□□□□ ←最前列よりも前でレジャーシートで席取り 

○○○○ ←会場が用意した最前列

□□□□ ←レジャーシート

○○○○ ←会場が用意した2列目(この列の1席を確保)

□□□□ ←レジャーシート

○○○○ ←会場が用意した3列目(以降、列が続く)

俺か確保した前にもレジャーシートは敷かれ始め、絶句していたところ、息子の前にベビーカーが鎮座する。

今日の俺は父親で、まだ2歳の小さな息子を連れている。穏便に指摘しなくてはとニッコリ「大変申し訳ありませんが、息子はまだ小さくベビーカーで息子はステージを見ることが出来ません。畳むか、そちらの方に移動をお願いできますでしょうか?」と話しかけた。

すると父母娘3人の5人家族は「一番小さな子がまだ歩くのが下手なので無理です」と返してきた。

この父母が俺の前に居るのはまだ良い。別にアンパンマン固執する年齢でもないかステージが見えないのは全く問題がない。俺が興味あるのはアンパンマンショーを楽しむ息子であってアンパンマンショーじゃない。

こんなイベントなのに無駄に5センチ以上は靴底あるだろうサンダル(?)に頭の上へ大きなお団子を作って背を高くし、周囲の小さな子の視界を遮る母親ファッションセンス理解不能だが、返ってきた言葉に俺の思考は一瞬思考を停止せざる得なかった。

俺はハッと気付いて事を荒立てないように「ハハハ、奥さん、ご主人そりゃ無いでしょう。ボクたち会場が用意した席へ先に早く来て座ってるんですよ?お願いしますよぉ」と言った。

すると「は?なんで?ウチの1番下の子よりもそっちの子は大きいでしょ考えてよ」と更に理解不能な返事が。

おかしいな、俺は息子が十分にアンパンマンショーを楽しめるように早起きして準備をする努力をしたはずだ。後から来た輩が何故こんなにも態度が大きいんだ?

レジャーシートを敷く前にも「前にレジャーシート敷いてもよろしいですか?」の一言もなく、ベビーカーを指摘したら俺が常識無いように言われている。

俺はどこから間違ってたんだ?

今日は任せとけ!」と言って息子と一緒に妻へバイバイし家を出たときまさかこんな沸々とした心持ちになるとは一切思わなかった。

俺は何のために努力してたんだ?この目の前にいる親子のために努力してたんだろうか?

俺はこのレジャーシートを敷いている理解不能な連中を眺めるためにアンパンマンショーへ来たんだろうか?

おい、今日はな?数少ない息子との休日なんだよ。

子育て本にも、ネットにも、俺の両親や、保健師先生、先に親になった兄弟と友人そして先輩上司、色んなところで言われたよ「子育て助け合い」だとな。

それは嘘じゃねえと思うし、道を譲ってくれる自動車ドライバーや、オマケを付けて頂いた商店の方々、親切にして頂いた近所の方々も居る。

でもその好意に甘え過ぎちゃいけねえとも思ってコッチは考えてんだよ。できれば同じように子育てする親を応援しようとも考えてる。

何だお前ら、本当に同じ親か?

息子が居なかったら本当にステージに上がって罵倒の限りを尽くしてやりたかったわ。

だが俺は小さな息子を抱える父親からココに書くだけで留めておく。

息子はあまりアンパンマンショーを観ることができなかったんだよ・・・本当に悔しい。

追記(2018/06/11/10:12)

これが会場が用意した2列目の視界

https://i.imgur.com/Yv0L4En.jpg

2018-06-06

ブクマカのみなはん、助けてください…

当方、47歳の超後期高齢者♂、LGBTのB寄りのGの発達障害者です。

四肢はあります

あと、身長は239センチあります

早速、相談です。

最近オルチャンメイクはまっているのですが、

どんな下着をつけたら37歳アイルランド人♀と付き合えるでしょうか?

あと、どこの職場に行っても浮いてしまうのも悩みです。

レビテトを覚えるのに必要経験値を教えてください。

追記:そこのあなたパンティー!とか答えるのはやめてください。

本気で相談してるんですこっちは。

リクスー着てるときだけ人とぶつかる

女の人にぶつかりに行く人の流れをみて思ってたこちょっと前の話かもしれないけどずっと改めていやなんなんだ?ってなってるだけ

大学四年 女

就活生だからリクルートスーツを着てる。ずっとスポーツやってて体格がいい。171センチで5センチくらいのヒールを履いてる。

普段歩いてて人とぶつかることはほとんどなくて、わざとぶつかりにくる人間がいるってことも経験がないから考えたことがなかった。それがリクスーを着始めてからいやどういうこと?くらい人にぶつかる。

就活用に買ってから初めてスーツを着て証明写真を撮りに渋谷に行った。あの長い通路を端からハチ公口まで歩いてひたすらサラリーマンとぶつかった。ヒールで歩くことには慣れてるし自分のペースで歩けないような混雑でもないのになんでかなって気持ちとうわっごめんなさいって気持ちで歩いてたのが四人目くらいであっこいつらわざとだ!ってやっと気づいてイラつきながらモディまで歩いた。

完璧に肩を入れてぶつかりにきた自分より小さいおっさんの頭頂部と追い抜きざまに鞄の角で刺してきたおっさんの後ろ姿をびっくりしながら見るんだけど、この明らかにリーチで負けてる相手によくそんな思い切ったことできんなって感想とこいつらも就活してたことあるだろって気持ちが混ざり合ってはあ?って顔して見るしかなくてただ腹が立った。

リクスー着てるとぶつからますってだけの話なんだけどこの初回の渋谷ときパンツスーツだった。

そのあとスカートと合わせて何回か着て明らかにパンツスーツのほうが下からカチ上げて肩をぶつけられることを学習した。

長々書いてて結論はない。今日はこれが連鎖して横にいた中学生に当たりそうになったからいつもより腹が立って書いた。

なにがそんなに気に障るんだって疑問と比較的視界が開けてる自分とは違う150センチくらいの女の子自分より高い位置からこんなんされたら怪我しない?って知りもしない150センチくらいの女の子への心配

追記

お前私にぶつかってきたことあるやつだな!!!

2018-06-01

anond:20180601052604

明かりのついた部屋にいない

 次に江美子が麻子に電話をかけたのが1週間後の4月17日。出ない。それから数日間にわたって何度も電話をかけても呼び出し音は鳴るが、出ない。今度ばかりは心配が募り、麻子のアパートを直接たずねることにした。当時住んでいたアパートは「B」からクルマで数分のところの、庄内川がわにほど近い住宅街にある。隣の民家とぴったりと付くように建っていて、麻子が住んでいた2階に上がってみると、廊下は70~80センチの幅しかなく、玄関ドアを開けると廊下がふさがれるほどだ。

 4月28日の夕刻6時すぎ、江美子が一人でアパートをたずねると、留守のようだった。ドアの新聞投函から、連絡がほしい、電話がつながらない、ということを走り書きしたメモ用紙を投げ入れた。

 しかし、連絡は返ってこない。麻子の両親の心配は募る一方だった。これまでも連絡が途絶とだえたことはあったが、今回ばかりは何か様子がおかしい。

 次にたずねたのは翌々日の4月30日。江美子と、江美子のいとこが同行した。時間帯は夜8時半ごろだった。玄関ドアの新聞投函から室内をのぞくと部屋には明かりがついていることがわかった。前々日に入れたメモはそのまま玄関の内側に落ちていることも確認できた。今度は大きめのA4ぐらいの紙に同じようなメッセージを書き、投げ入れた。近隣の住民に江美子が様子をたずねると、このところずっと部屋の明かりはついたままになっているらしかった。やはり、おかしい。何かがおかしい。麻子の身に何かが起きているのではないか

 5月1日には夫婦で午後3時すぎにアパートをたずねた。新聞投函から部屋の中をうかがうと様子は変わっていない。管理会社から鍵を借りて、中に入った。もしや麻子は倒れているのではないか。部屋に入り見渡すと、とりあえず部屋に荒らされた様子はないことはわかった。しかし、かすかな異い臭しゅうがした。その原因は放置され、腐くさった食事だった。調理途中の料理フライパンに残り、テーブルの上にも一人分の食事が用意されていた。フライパンに残っていたのは、ウインナー玉葱を炒めたものだった。テーブルの上にあった炊飯器の中に残されていた茶碗一膳ほどの白米には青色のカビが発生していた。ラッピングされた3食分ほどの炊いた白米もあった。冷凍するつもりだったのだろうか。

 そして、やはり部屋の電灯は灯ったままだった。相当の時間、ここには麻子はいなかったことがわかった。夫婦はきつねにつままれるような気持ちになりながらも、とりもなおさず腐敗した食べ物や、置いてあったペットボトルなどをゴミ袋につめこみ、クルマに運び入れた。

 その足で近くの派出所にむかうと、愛知県警中川署へ行くように促された。その途中で麻子がはたらいていた喫茶店「I」が視界に入った。すこしでも手がかりを得ようと立ち寄ると、「I」の店長から、4月13日に出勤したのを最後に連絡がとれなくなっていることを知らされる。そして、4月10日の出勤日には顔に2カ所ほど目立つ痣があり、客がいるホールには出ることをとりやめたのだという情報を得た。次のシフトは4月14日だったが、顔を出さなかった。店長が何度も携帯にかけてもつながらなかったこともわかった。

 その日の江美子と義太郎記憶は鮮明だった。江美子が言う。

「この部屋では何も争ったあとはなくて、誰かに呼び出されて、急に出て行ったままになっているのだなと思いました。フライパンに残っていたウインナー玉葱を炒めたものは、食べる寸前という感じでした。流しの三角コーナーのゴミはありませんでした。ただ、シーツや毛布、タオルがなかったんです」

 あきらかに自然生活用品のなくなり方だった。あるはずのものがない。

 娘の部屋で感じた不吉な違和感は義太郎も同じだった。

「これは何らかの事件に巻き込まれたに違いないと思い、中川署に届けたのです。そのとき、もう一度、麻子のアパートの鍵を管理会社さんから借りて部屋を見ようとしたんですが、夜になっていたせいか管理会社さんに連絡がつかなかったんです。なので、中川署の警察官が麻子の部屋のバルコニーに入り、サッシのガラスを割って施錠せじょうを外し、入ったのです。部屋の中を警察官が調べたところ、やはり、とくに荒らされたような痕こん跡せきはないということでした」

 警察行方不明者や交通事故記録等も調べたが、該当者はなかった。その当日、クルマに積み込んだままになっていた「ゴミ」を警察は地面に広げて撮影警察は鑑識チームも室内に入れた。血痕の有無など事件性がうかがえるようなものがないかも調べたのだった。

 血痕やルミノール反応はでませんでした、と両親は報告を受けた。歯ブラシや箸はDNA検査のために使う可能性があると、警察が持ち帰った。翌日、警察から夫婦アパートの部屋に立ち会ってほしいという要請があり、義太郎と江美子は麻子のアパートへと再びむかった。

2018-05-29

今日カメを道端で見つけた

なんか20センチくらいのでかいやつ

車を運転してたら道路にいたので降りて拾った

そのままだったらひき肉になること100%って感じだったか

でも拾ったら

ビビったのかおしっこジャーしてた

こっちもびびった

で、拾ったはいいけど近くに池とかないし車に乗せたら汚い気がするしで

どうしようかと悩んだ

そしたら後ろからトラックが来て人が下りてきた ヤンキーちゃん

やばい殺されると思ったが

親切にもそのカメを引き取ってくれた

ありがとーね

anond:20180529002017

自分かと思った。

アカフォローする勇気いから毎回検索している。

普通にストーカーだよね。センチになるだけだから、やめようと思ってる。アカウント忘れるくらい時間が経てばいい。

2018-05-24

性犯罪被害者が思ったより多い中で思い出した自分の話

最近ツイッターアンケートでも話題になっていたけれど、性犯罪被害者って男性だって多いし、女性に至ってはとんでもない割合でいる。多少選択バイアスなんかもあるだろうけど、女として生きていて実感としてある程度確かだと思う。

女子校に通っていた頃、痴漢とか盗撮とか覗きとかよく聞いた。盗撮犯が捕まったとき教師に「お前らスカートが短すぎる!」って怒られた。隣の共学のブレザー共のほうがスカートみじけぇだろうがよ!セーラーじゃなんぼ短いつっても膝上数センチだぞ!そもそも女子校なんてオタク巣窟8割がスカート膝下喪女じゃねぇか!短いからされてんじゃねぇしそもそも短けりゃあ盗撮していいってことにもなんねぇよ!なんてことは置いておいて、性犯罪者なんて絶対に許せないって思ってた。一方自分被害者になり得ると思ってなかった。我が校生徒を狙った盗撮だってスカート関係なくたって、変態の好物女子校制服を纏っていたって、痴漢にとって顔の美醜も露出関係ないと理屈は知っていたって私みたいな喪女には関係のない話だって思ってた。件のアンケート被害にあったことはないって答えた。

けど答えた瞬間思い出したんですよ。昔、猥褻ないたずら電話を受けたことがある。

猥褻電話って『はぁはぁ、パンツ何色?』みたいなイメージ強いけど、そんないかにもなヤツじゃなくて。

学校で行った尿検査で、君に性病可能性があることがわかった」みたいな電話

尿検査性病がわかるか!!!って今なら思うけど、当時中学生になりたて。大昔のことだから詳細は覚えていないけど、このままだと学校や親に知らせたり、学校で再検査をしなければならない。それは恥ずかしいでしょう?みたいなことを言われた。

いや学校にも親にも連絡しろや!再検査病院しろや!恥ずかしいとか言ってる場合か!って今なら思うけど、当時は性に関することってやっぱ恥ずかしくて、威圧感のある口調に言いくるめられて相手のいう事をうんうんと聞くしかなかった。

確か自慰頻度とか、オリモノの色とか、初潮時期とか聞かれたと思う。

自分病気なのかもしれないって怖くて素直に答えていたら、最終的に誰もいない所でクリを触ってみてって言われた。気持ち良ければ病気の疑いは晴れるそうだった。

そこでようやく私もこれはおかしいと思って、とにかく気持ちが悪いを連呼した。それから強い口調だった電話主が、え、でも、多少は気持ちいいよね? 気持ちいいなら問題ないんだけど… うーん…多分大丈夫だと思うんだけど… みたいに徐々に語気が弱くなって電話は終わった。

それでもその時点では本当に病気なのかもしれないという不安もあって、いたずらにしても気持ちの悪い電話をしてしまったという不快感もあった。

それから半年後、また同じような電話が来た。この時は以前より相手の口調がたどたどしくて私も強く「前もこんな電話きたんですけど、いたずらですか」なんて言って、割とすぐ切れた。以前のものもいたずらだったんだと確信できたのはそのときだった。

今になって検索してみたら同じような電話を受けたことがある人が結構いるんだって大人になってからって人もいた。

思い返すといたずらだとわかっててもあの頃はそれがすごく気持ち悪くて、尿検査が嫌だったり、電話に出るのが嫌だったりした。怖くて誰かと共有したかったけど、そんなこと言えるわけなくて一人で何とも言えない不安を抱えていた。

でも、いたずら電話じゃ実害もないし、直接それを規制する法律もないか性犯罪被害者かっていうと違うかな。当時は気持ちが悪くて怖かった記憶はあるけれど、今の私はそれを忘れて元気に健やかに育ったわけだし。って思い出した瞬間は思った。でも例えば我が子が同じような電話を受けて怖い思いをしたらとぞっとする。

っていうか次々思い出した。もっと直接的にお尻を触られたこととか、女子トイレまでおじさんについてこられたこととか、親戚のお兄さんに体をまさぐられたこととか。怖いとか嫌だとか思ったはずなのに、大したことじゃないと自分に言い聞かせて忘れた。いや恐ろしすぎるでしょ。

私も性被害者からどうだってわけじゃない。ましてや忘れるくらい大した話じゃないなんて言いたいわけでもない。

被害って本当に当たり前にある。そしてそれが確実に軽んじられている。

私は自分への被害に対してすら、自分への被害からこそなのかもしれないけれど無頓着だった。

私はどちらかというと被害者の味方のつもりでいた。被害者叩きや謎の上からアドバイスにキレ散らかす側の人間だ。それなのに理解度があまりにも低すぎる。

被害者は本当に思っているより多い。潜在的被害者もっと多い。物や命や、具体的な何かが失われるわけじゃないから、人からどころか自分からだってわかりにくい。被害者側が大したことないとか、これくらい仕方がないとかで片付けてしまったりする。でもそんなの絶対おかしい。

自分には関係のない事じゃないしどうでもいいことじゃない。他人におこる深刻な問題でもない。もっと真剣に向き合う必要がある。

海外出張中に考えて、自分経験を忘れていたことがショックで、痴呆ってやつかな…と現地職員何気なくこぼしたらえぐい地方料理に連れていかれたりもしたけれど、強く生きたい。

2018-05-23

俺は非モテだけど

フェミニストとヤッてやってもいいと思ってる。

竹内涼真似で平均しんちん長よりも10センチ近くデカい。

セックス多種多様AVで予習済だ。

多幸感あふれるセックスをすればフェミニスト文句なんて出てこなくなるはずだ。

YESMeToo

anond:20180523174050

2018-05-22

https://twitter.com/YoWatShiinaEsq/status/998666953819676672

性犯罪被害は「顔見知り」や「相手権力がある」場合が多い。名乗り出た時に社会的抹殺されるリスクは深刻。

私も保身の為に何も言わなかったことがある。相手会長だったし、食事の誘いから始められるとなおさら断りづらい。

70近いおじいさんだから下心もないかも、もしものだって自分は170センチ女性の中では大柄だから大丈夫かも…と甘く考えていた所もある。

結果終電がなくなるまで連れまわされ、酔った会長見送りとしてタクシーに引っ張り込まれ当然のようにホテルに誘われた。

そんな状況になっても会長権力が怖くて媚を売りながらへらへらと奥さんに怒られちゃいますよ、帰りましょうよなどと言ってたけどそんなの本気の抵抗に思われる訳ない。

普通は俺の言うこと聞くもんだとすごまれ、いやですいやですと訴えても怒られてタクシーの中でずっと胸をもまれていた。70歳の自分より小さいおじいさんがとても怖かった。

見られてますよってタクシー運転手さんに助けを求めてみても運転手さんは何も言わなかったし、渋谷付近ラブホ前で降ろされた。

もう会話の詳細は覚えていないけどとにかく『合意の上』を強制されると言うか、レイプだと言いづらい状況にもっていかれると言うか。

結局私はそのまま会長のをしゃぶらされて、ゴム無しで犯されながら嬉しいと言えと強制されて、妊娠は困る勘弁してくださいと訴えるとアナル中出しされた。

会長一休みしてからじゃあ俺帰るわ~と三軒茶屋の家へ帰っていった、午前三時くらいだったと思う。

私は渋谷から電車で1時間以上掛かる所にすんでいたので一晩そこにいた。とんでもなくむなしくかった気がするけど何を考えてたかも覚えてない。翌日お尻が切れてて血が出たことは覚えてる。

結局そのことは訴えもしなかったし周りの誰にも言えなかった。

イヤなら本気で抵抗すればいい、と言うけど『命がけの抵抗』をするのが怖くて出来なかった、私みたいな人間結構いるんじゃないかなって勝手に思ってる。

2018-05-18

博多でワニの目撃情報ニュース

50センチ程度のワニがそんなに大騒ぎするほどのものか。

2018-05-14

きょう整骨院性器を見られた話

当方20代後半、女、既婚、子ども2歳、デスクワーク

最近肩こりがひどく、背中が痛むし、吐き気まででてきたので、きょう整骨院ににいってきた。

これまで整骨院整体?)というものほとんど行ったことがなく、予備知識もほぼない。

とりあえず徒歩圏内で、評価星4.5くらいの整骨院を予約した。

▪️来院

昼頃来院。

さな町の整骨院って感じで、いたのは院長一人だった。

40代くらいの男性で、いかにも優しそうだ。

平日は基本ひとりで回しているらしく、私が帰るまで整骨院には彼だけだった。

▪️着替え

予診表をかいて、症状をつたえて施術の大まかな内容を説明受ける。

から背中、そして骨盤

内容は、施術ストレッチ整体?)、電波筋肉をほぐす)、電気治療(血行をよくする)。

下半身施術必要ですので、こちらでご準備したものに着替えていただいても大丈夫ですか?」と促され、もちろん承諾。

カーテンを閉めたあと、受け取った着替えを見て焦った。

勝手ハーフパンツ想像していたのだが、ショートパンツだった。しかも思ったより短い。

完全に一分丈。しかスパッツのようなタイプではなくて、ゆるゆるタイプ普通に横たわっているだけでも足が全部出ていて、ちょっとでも膝を曲げると下着が丸見えだった。

しかも最悪だったのは、今日はTだった。Tバックだったのだ。

Tバックはお尻部分だけが状態になってるのが特徴と思う方もいるかもしれないが、そうではない。

多くのTバックは前方から後方にかけてだんだんと細くなるため、フルバックのそれと比べて、陰部部分も布面積が小さいのだ。

から今日の私は外陰唇が左右から半分くらいはみ出ていた。

念のために書いておくが、整骨院に行くからコレにしようとか一切考えなかった。ラインが出るスカートからかいうわけではなく(今日デニムだったし)、ただ単にタンから適当に手にとっただけだ。ただ何も考えずに履いてただけ。

そんなTバックにゆるゆるショートパンツ

膝を曲げただけで外陰唇が見えるスタイル。なんだこれは…と思い直した。

女性のお客さんも多いわけだし、ここが見える施術をするわけがない。そんなことしてたら大問題だ。何かで見えなくしてくれるんだろう…」となぜか思い込み、着替えが終わったと声をかけた。

▪️施術(整体)

うつ伏せになりタオルをかけられて施術開始。やはり下半身隠してくれるじゃないか。よかった。

からふくらはぎ、太もも、腰、背中…とグイグイ押されはじめた。

ところが中盤から、そのタオルを腰あたりまでまくられてしまった。足が丸出しだ。

恥ずかしい、恥ずかしいが、「いや、ちょっと、あの」と声をかける勇気は出なかった。

そして膝を曲げてそのまま上へ持ち上げ、前ももを伸ばすストレッチ

ベッドの横に立ち膝を持ち上げているであろう院長。いやもうこれ完全に見えているのでは….いや、でもまさか、目をそらしてるだろ。

きっとそんなやり方していたら他の患者に訴えられるだろうし、そんなわけはない…。なるだけ何も考えないようにした。

今度は仰向けに。顔にタオルをかけられたので様子は見えない。

今度はうち太ももを直接マッサージ

違和感。なんで直接触るの?タオルの上からじゃダメなの?太ってるし恥ずかしいし、なんで旦那以外の人にうち太ももやら足の付け根の肉を触られないといけないんだろう?しかも足の付け根をやる時、ちょっと指が外陰唇に触れたりしている。どうしたらいいんだ。怖い。

正直もう帰りたい気分だった。

しかし、密室、初めての場所男性と二人、というのは普段意識しないけど、結構怖い状況だ。

大抵の男性には全力を出しても腕力でかなわない。「もう帰ります」と言って、もしニコニコした顔が一転して、怖い形相で腕を掴まれたらどうしよう。言えなかった。

▪️電波治療

「際どいところまでやりますけど、大丈夫ですか?」

「えーと……はい…」

コレより際どいことやんの?マジで?という気持ちでいっぱいだったが、そのまま電波治療へ。

どうやら手では強くマッサージできない筋肉であるももから足の付け根までを、電波の出る器具で優しくマッサージするというものらしい。

両足を曲げて足の裏同士をくっつけるように指示された。

引き続きタオルで目を隠されているため自分では見ることができないが、

お察しの通りすでにショートパンツのゆるゆるの隙間からパンチラどころかマンチラしているはずだ。外陰唇が見えているはずだ。泣きたい。

ももからローションのついた美顔器みたいなやつ(施術前に見せてもらった)をくるくるマッサージされる。

恥ずかしさも頂点というその時、

足の付け根へ続いていき「ちょっと浮かせますね」と言われた。

ショーツの前部分を数センチ浮かせたようだった。

かろうじて隠していた小陰唇部分が空気に触れ、あらわになっているのがわかった。

私は何をされているのだ。それ浮かす必要あるのか?そのTバック、足の付け根部分まで布ないよね?そのまま下着に触らなくても治療できるよね?浮かさなくてもローションつかないよね?もう嫌だ、どうしよう。パニックだった。

にも関わらず、「痛くないですか」と聞かれ「大丈夫です…」とただ普通に返事をしていた。

その後10分程度低周波機器をつけられて終了。

院長は変わったそぶりもなく、丁寧に保険説明会計をしてくれて、整骨院をあとにした。


▪️これは一体なんだったのか

モヤモヤとはしていたが、午後から普通に出勤した。

が、さっきお風呂に入る時、下着を下ろすときに手が震えている自分に気づいた。

どうやら自分が思っているよりも傷ついてたみたいだ。

足を広げて妊婦健診も触診も出産経験した私でも、

不本意性器を見られたことがショックだったみたいだ。

モヤモヤする。

本当に純粋治療だったんだろうか。

多少性的な想いがあってやられたことだったんだろうか。

いや、いやいやいや。

改めてサイトを見ると、口コミはどれも星3.5以上で、ざっと見た感じ、誰もそのようなを書いている人はいなかった。

院長はおおよそ口コミ通り、親切で優しく丁寧な人物なのだと思う。

実際会話した印象もほぼその通りだった。

そんな院長だからこそ、私が何も抵抗しないので、院長も「見えてるからやめます」とは言えないし、そのまま続けざるを得なかったのだろうと思う。

そうか、こんなにつらいのに、私が悪かったのか。

あーあ。

あんな下着履いていかなければよかった。

ショートパンツに履き替えるの、断ればよかった。

そこ触らないでください、って断ればよかった。

ちゃんと断ればよかった。

言えばよかった

こんなの夫に言えない。

きっと、そんな格好で行ったことや、途中で拒否しなかったこと、すごく怒ると思う。

ごめんね。ごめんなさい。

かに聞いて欲しくて書いたけど「お気の毒だけど自業自得」とコメントがついて終わりなんだろうな。情けない。つらい。

ベンチはわかりませんがチ○コは17センチです。

朝っぱらから

幸せだった学生時代と好きだった子のこと思い出しておセンチになってる

2018-05-13

わざとぶつかる人にぶつかられたい

わざとぶつかる人が最近巷で話題になっていた。

経験がないので俄には信じられない。

しかし、これだけの人数が声をあげているのだから、全くの嘘とも言えなさそうだ。

このトピックを知った時、私が思ったことは、純粋にぶつかられたいということだ。

というより、ただただ他人に触れたいのである

されど、私は小学生の時分より黴菌の如く扱われろような平均よりも極端に容姿の劣った人間である

そんな人間他人に触れ合うのはなかなかに難しい。

から、例え悪意に基づく触れ合いでも私にとっては貴重なのだ

というわけで、通勤帰宅の途中でわざとぶつかる人を探す日々が始まった。

今まで他人の目が気になっていたので俯いて歩いていたため気がつかなかったが、わざとぶつかっていると思しき人は本当に存在していた。

心が躍った。

わざとぶつかる人にわざとぶつからせよう。

向こうはぶつかれて目的達成だし、こっちも他人に接触できて大いに満足のwin-win関係だ。

わざとぶつかりそうな人が視界に入る。

私はドキドキしながらぶつかる瞬間を待つ。

3メートル、2メートル…、距離は徐々に縮まっていく。

そしてあと僅か数センチというところで目が遭った。

嫌悪の色を宿した瞳。

自然体制で避けたためか、わざとぶつかると思しき人は、よろめいて私の斜め後方を歩いていた人と派手に衝突した。

感情がぐちゃぐちゃになってトイレに駆け込んでひとしきり泣いた。

2018-05-07

たった数センチの段差

何年か前に田舎から両親が東京観光しに来た。飛行機で1時間ちょっと距離

父は脳卒中で倒れてから半身不随で遠出の時は家から車椅子を持ってくる。

航空会社の方が非常に親切にしてくれて楽々来れたわよ~と嬉しそうな母。

東京の人の多さを私はよく知っているので平日休みを取って

なるべく人が多い時間帯を避け、車椅子邪魔になりそうな場所は避け、

念入りに計画したおかげで順調に観光スケジュールをこなしていた。

(もちろん途中で駅員さんはじめたくさんの方に親切にして頂いた。ありがたい。)

夜は母憧れの某オシャレエリアでお高めのお店を予約していた。

事前に「バリアフリー対応」で条件を絞り込み店を探していたことと

お店にも車椅子で来店する旨をお伝えしていたので安心していたのだが…

いざ店に行ってみると入口に3~5cmほどの段差が存在していた。

スロープにはなっていない。他の入口ももちろんない。

店の前で立ち尽くす私達家族店員さんは目を合わせてくれなかった。

記憶ちょっとおぼろげだがその段差は足が悪いうちのばあちゃんでも

私の肩にでも捕まってよいしょっと上がれるほどの些細な段差だったと思う。

それでも車椅子にとっては途方もない高い壁に思えた。

言語失調の症状も有り言葉は話せなくなってしまったけど、

家族観光している間楽しそうだった父が申し訳なさそうにしていたのがつらかった。

あの時“障害者様”という言葉が頭をチラついてお店には何も言えなかったが

お店が「バリアフリー対応」って書いてた意図はなんだったのだろう?

今まで困った人は居なかったのだろうか?

最高の家族旅行だったのだがあのお店のことがいつまでも気になってしまう。

車椅子の人に親切にした大阪の素敵なおっちゃんがいたという記事を見てまた思い出してしまった。

レオパレス入居メモ

レオパレスに二ヶ月住んですぐ退去した。

次に同じようなところに住むときにあったらいいものメモ

型によっては違うかも。

遮光カーテン

特に夜勤の人は必須。3500円でアマゾンで買える。

電気ケトル

ハンガー

100均で5つまとめ売りを3セット買った。

浴室に乾燥機能があって、温風みたいなのが出るので、浴室に吊るして乾かす。

靴下タオル、下着

洗濯こまめにするの面倒なんで5セット以上買った。

コンセント延長コードマルチタップ

部屋中央に机があって、その周辺1メートルにはコンセントがない。2メートル以上の要る。

100均の重ねるストッカー、かさばらない収納

メタルラックに置いてたけど、そんなに使い勝手よくなかったけど、撤収するときは小さくなって楽。


必要なかったもの

メタルラック

備え付けの机が狭くて、デュアルディスプレイの台と収納スペースを兼ねると思った。

デフォルト収納スペースが多くて、使い切れないのにメタルラックものをポイポイ置いてて散らかって見えて不釣り合いになった。

炊飯器

徒歩3分のところに、8時すぎると半額のものぽんぽん置いてるスーパーがあるうえ、めんどうで自炊しなかった。

スーパーはいいわけで、自分スタイル理解できてなかった。

次があれば欲しいもの

・ベッドの下に収納スペースに置ける棚

そこをぜんぜん活用できなかった。

高さ50センチくらいの、棚なり小物入れなりカラーボックスなりが欲しい。

・洗った食器の水切りの台

ザル付きボウルで代用したら面倒すぎ。

・いい布団

安物は駄目だ。寝にくい。

まあすぐ引っ越したので、結果オーライか。

2018-05-06

生きづらいしお金がかかる

今日スーツを買いに行った。なんでこんな時期にとか聞かないでくれ。

とにかく安く買いたかたからググったら西友でめちゃくちゃ安く売ってると書いてあったので行ってみたらサイズがない。

あ、僕のサイズは165センチ44キロウエストが66なんですけども。

結局青○まで行って買ったんだけどもそこでもいろいろあった。

首が細くて腕が長いかシャツサイズほとんどなくて色柄が選べない、ウエストは6センチ詰めなきゃだから形が変になるかも、靴が24センチでもあまり合わないから詰め物したり絆創膏貼ってください等等……

ついでに言うと左利きからいろんな物が高いし発達障害からストラテラ代も高いしなんやねんこの体~~~~!!!!!!

生きづらいだけならまだしもお金が余計にかかるの、この世向いてねぇ~~~~~~!!!!!!

追記

僕はトラバ書いてないし一人称くらい見た方がいいと思うぞ。>トラバのなんか診断してる人

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん