「まどマギ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: まどマギとは

2018-01-18

近視眼的業界分析オタク

ポプテピピック流行れば「ストーリー不要」と言い

FGO流行れば「ストーリー勝利」と言い

君の名は流行れば「監督の好きに作らせてはいけない」と言い

シン・ゴジラ流行れば「監督の好きに作るのがいちばん」と言い

けものフレンズ流行れば

おそ松さん流行れば

ガルパン流行れば

艦これ流行れば

デレマス流行れば

ラブライブ流行れば

進撃が流行れば

タイバニ流行れば

まどマギ流行れば

2018-01-17

anond:20180117114224

そこは仕方ないんじゃない?妥協妥協

買ってきたお惣菜でもいいし、毎日掃除しなくても死にはしない。今日はここだけって、少しずつやれば大丈夫

どうしても面倒なとこは、安い家事代行サービスに頼むとか。

いっそ男性の方がそういうの得意なら、思い切って任せちゃうのもアリかも。男女逆転。まどマギのお父さんみたいに。

2018-01-14

化粧オタクアニメオタクの100年戦争

実際はここ最近起きていることだと感じているけど、この両者の本質理解できない限り100年戦争になると感じている。

第一に、化粧とは誰もがしていいものである。その自由がある。

第二に、化粧とは現代日本社会では女性マナーとされている部分がある。

アニメオタクは…そもそもアニメオタクとする表現は正直間違っている。この場合は使いやすいだけで、そして圧倒的に数が多いだけでタイトルに使ったが、実際は『化粧にあまり力を注がない系のオタク』のことである謝罪

上記の一、二に反論する形で「限界オタク」などという言葉を使い「限界コスメ」などといい

さすがに化粧にはどうなのかという商品日焼けニキビを増すだけのニベア下地とか)を薦めたり、

化粧オススメ画像パロディとする形でアニメゲーム食べ物を紹介する画像を作るのがバズっている(この言い方は古いか)。

このパロディはどのネタを見ても、奥底に感じるのは化粧おすすめツイートに対する皮肉である

単純に「化粧なんぞめんどくせぇわ」勢オタクと言ったほうが良いかもしれないが。

なぜこの皮肉パロディが起こったかというと、単純に化粧品が売れているかである

昨今プチプラコスメというものが勢いを増している。数年前には無かったような商品格安で手にはいる。

そしてインスタ流行もあり、デパートで買う高いコスメ。つまりデパコスも売れている。

ググればいくらでもこのニュースは出てくるだろうから、いちいちここには書かない。

そこで問題なのは流行ってるのが≪化粧≫なことだ。化粧というもの上記一、二という問題を抱えている。

流行ると色んな人が出だす。本当にハマる人…検証する人…考察する人…陰謀論を展開する人…金をかける人…そしてミーハー…。

Twitterオススメコスメ流行りだしたのは、いつだったか。筆者の増田はわりとTwitter自体テレビで取り上げられたりする前の初期からTwitterをしている廃人だが、もう覚えていないくらい前だと思う。5年どころでは無い。

おすすめ化粧品画像最初に作ったのは、間違いなくミーハーではない化粧オタクだったと思う。

世の中には色んなオタクがいるもんだ。どこの界隈とも同じく、化粧オタクも闇が深い。

こんなことを言ってしまった人も居るだろう。

「化粧をしない人、絶対化粧をしたほうが良いよ。人生変わるから

この声が、昨今のコスメブームと共に「化粧なんてめんどくせぇ勢」に届いてしまった。

筆者増田は、この問題に対して中立的立ち位置をとらせてもらう。

少し前まで化粧には興味も無かったが、年齢・環境・心境の変化で化粧をするようになった。凝り性なので化粧界隈に近い発言をすることもある。

しかし化粧をしないとダメとまで思ってもおらず、お肌に大敵の深夜アニメを見まくる日々だ。俳優アイドルオタクもしている。

両方の界隈を知っているものからすれば、化粧オタクも、その他オタクも、なにも変わらない。

オタクは、オタクである。それ以上でも、それ以下でも無い。

何故なら、上の話は【化粧】を【おそ松さん】にしても通じるからだ。

こんなことを言ってしまった人も居るだろう。

おそ松さんを見たことない人、絶対見たほうが良いよ。人生変わるから

化粧オタクはこのテンションコスメを薦めているでしかない。

必修アニメ履修しないでここまで来たの?原作読まずに語るなよ、とかい煽りとなんら変わらない。

CCさくら見ずにまどマギ語るなというのは、デパコス知らずにプチプラ語るなという話に過ぎない。多分半分は冗談で、半分は本気だ。

ただこの「化粧オタク」というのがあんまり認識されていないのも事実だ。

【化粧といものは着飾るためのもの】という概念が強いため、その裏に収集癖や別人整形願望(コスプレと何が違う)が隠れていることに気付かれにくい。

まり、こう考えてほしい。

おそ松さん特集するネット記事に「下ネタアニメ時代的にアウトじゃない?ただただ寒いだけ」とか「ミーハー腐女子乙」とか

わざわざどうでもいいガヤをしにくる層。

これと「化粧とかどうでもいいw」や「化粧なんてしなくてもいいよ!なんで女は化粧しろとか言われんの」と化粧オタクにまるで脅迫されたかのように煽ってくる層は

受け取る側からすると、やられてること、やってることは一緒なのだ

きっとそのことに気付かぬまま、化粧しない勢は「綺麗にするのがなんなのさブスはブス」と思いながら、そこをつつかれる化粧オタクは「化粧しねぇと顔男女かわらねぇだろうがブス」と思いながら、軋轢を作っていくのだろう。

どっちもオタクだしどっちもブスなのだが、多分分からないまま…悲しいとは思うが…まぁ…ここまで書いたけどどうでもいいことだな。

この派閥を両方から見つめていて思うのは、やはりオタクはお互いの分野に立ち入らないことだと思う。

みんな仲良くなんて無理だし、何かに特化したオタクっていうのは基本面倒だし、何を言ってももう取り返しがつかなくなってる。

これは化粧オタもアニオタ漫画オタも俳優オタもアイドルオタもそうだと思う。昔は芸人も好きだった。本当にクソオタク増田が見ても、オタクってクソだと思う。

でもクソはクソなりに、学ぶことがある。

人は人、自分は自分。人のやること、犯罪以外は口を出さない。

これが私の生きる道世渡り術だ。

画像ネタに乗ったけどそんなつもりは無かった…って人も居るかもしれない。居るだろう。居てほしい。

バズったあとはそんなもんで、元の構図なんかどっかに消え去っているものだ。

そういう話をしてるんじゃなくてね……とりあえず、話が長いね。まとめるとね…

リンメルの新作アイシャドウラメ少な目でイエベ向けオフィス向け、チョロ松事変でカーストはどうなるのか気になる。って話だよ。

2018-01-13

anond:20180113151602

CCさくら見たオタクあーやっぱ暗くなりすぎない魔法少女アニメいいわ!こうでなくっちゃ。まどマギ以降ダーク系魔法アニメ流行ったけど、女の子はこれくらいゆるい世界がいいわ。CLAMP分かってる。なかよしに合わせて書いてるのが良いのかもな」

光「せやろか」

海「CLAMPなかよし…」

風「うっ…頭が……」

湯浅デビルマン面白かったけども

原作当時はまだしも、今更終末モノってのもエヴァ時代に逆行してる印象にしかならないなあ。

まあ平成が終わるこのタイミングでやるのには相応しかたかもしれないけど。

思えば意外とアニメ業界トレンドはこの20年できれい進化してきてて、

個人物語世界物語につながるセカイ系の終末モノから、完全に個人日常恋愛の話のエロゲきらら系が流行って、

それが増えるとこんどは終わらない日常ループものまどマギ

そしてその次はようやく終末に向かい合うかのように、けもフレ少女終末旅行の様なポストアポカリプスもの流行りだした。

そういう視点で言えばフレンズデビルマンジャパリパーク人類絶滅して悪魔がはびこる地球なのかもしれない。

その地球人類未来は未だあるのか?という結末が、醜い人間同士の争いでもう見れないというのは皮肉だが……

2018-01-03

2000年代前半のエロゲがやたらと凝ってた時期は確かにあった

正直葉鍵世代とはずれててあそこら辺もやってないしきのこ作品は分量が多いし避けてたからここにくっつけていいのか解らんけど年末に当時の物を見返してたりして思う所あったのでざっくりと書く

田中ロミオは完全にラノベ作家なっちゃったし、まあ人類は衰退しましたの出来には満足してるし他作品を見ても上手くゲームからスライド出来た方かなあとは思う。

虚淵玄あんなに出世したのは一番以外だったけど、まどマギ反逆で「凄え上手くなってる、構造は変ってないけどもこれと比べれば沙耶の唄は習作だ」って思ったからまあ納得してる。

大槍葦人はlittlewhich解散してほぼ同人作家なっちゃったし(画風も変った、変わる事は仕方がないけれど白詰草話のころの憂いのある少女の絵はいまでも見るとヤバいクラウドファウンディングかなにかでお金集めてあの頃の画風に近付けてフルFFDでゲーム作ってくださいよって言えばやってくれるんだろうか??)

元長柾木(ちょっと時期的にはずれてるか)はエロゲ世界に帰ってきた(ギャングスタ・リパブリカ)けどそこまで思い入れのある作家ではないのでやってみようかなとは思うけれど結局手をつけてない。

で、型月なんだけどさ、月姫リメイクもそうだけど個人的には星空めてお企画Girl's Workを一応期待して待ってるんだけど……どうも最近の彼の作品を見てると元増田と同じように自分が好きだったのは腐り姫Forestの頃の作風と名作を作ったあとに怪作を作ったっていう勢いなんじゃないのかって不安は拭えない。

まあ型月ならいつかは出てくるだろうし新規コンテンツ供給出来る能力もあるのでまだ安心出来るかなとは思ってるだけどね。

なんか(おそらく)完成してるのに出てこない末期、少女病からくえんPB2とかの方が残念だ、あいつらが日の目を見る事はあるんだろうか……

まあ全部いまさら出てこられてもどんな態度で見ればいいのか解らないという気持ちのほうが今は強い、あっと言う間に15年も過ぎてあそこら辺のゲームはなんか青春のいい思い出みたいになりつつある。

anond:20180102130531

ヒロインて頭に何かつけてるの多くね?

ヒロインて、帽子だったりリボンだったりヘアバンドや髪飾りつけてるの多くない?

90年代同級生桜木舞同級生2鳴沢唯、藤崎詩織神宮寺さくら月野うさぎミスマル・ユリカホシノ・ルリセイバーマリオネットJライム惣流・アスカ・ラングレー

あとリナ・インバースバンダナからちと違うか。

00年代だと天海春香ハルヒ禁書インデックス高町なのはラクス・クライングレンラガンのヨーコ・リットナー、けいおん!の唯、戦場のヴァルキュリアアリシア・メルキオット

10年代だとIS篠ノ之箒イカ娘まどマギ暁美ほむらラブライブ!高坂穂乃果花咲くいろはだと松前緒花、リゼロのレム

もちろん、そうでないヒロイン90年代なら天空のエスカフローネ神崎ひとみ 00年代ならルナマリア・ホーク10年代でもファランギースみたく特にもつけてないヒロインもいるけど。

それなりの長期間続いてる傾向っぽいけど、定量的に調べたらどうなんだろう。

キャラデザ的に、頭に何か付いてるほうがシルエット的にも目立つからかな?

追記 やっぱり識別性かー。あと頭につけるものキャラ性を出せるってのもあるのか。実写だとあんまりないよね?ぱっと浮かぶのは少女鉄仮面伝説くらいかな。

女性作家はあまり明るくないけどCLAMP木之本桜あたりは結構色々つけてたよね?

あとマクロスFとかもステージ衣装ということか色々変えてたね。

そういうのじゃなくて継続的ヒロイン髪型が変わるというとらんま1/2エウレカくらい?ハルヒはさすがに違う気がする。

https://anond.hatelabo.jp/20180104110550

ん?20年来の坂本真綾ファンから以上の理由はないよ!

2017-12-21

ゆゆゆ見終わった

当時は女の子が変身するアニメがいっぱいあって食傷気味で見てなかったけど

こんな良作だったとは……!続編あるっぽいので追いかける 

女の子たちが変身して戦う作品ってすごい数あるけど、ViVidstrikeとゆゆゆが好きだな

 

ゆゆゆも幻想カケル~も放送するタイミングが悪かったなあ

私は結局今更どっちもアマプラで見ることとなった

当時はやたらとまどマギと比べられて可哀想だったのを覚えている

2017-11-02

anond:20171102074252

実際の所巨人やらまどマギやら以降、とりあえず導入に感情移入させたキャラ犠牲にしてつかみを作る話が増えたのは確か。

その延長でデスゲームモノも増えたし、話の結果や流れとして死ぬんじゃなくて、導入やギミック死ぬ話は明快に増えてる印象。

終わりに死ぬかいろんな人が犠牲になってから始まるみたいなのは昔ながらの映画とかからの傾向だけど、

それとは今のトレンドちょっと違うんだよね。個人的には別に嫌いじゃないけど、そればっかだと嫌ね。

2017-10-17

anond:20171017150542

成る程。

虚淵玄氏が脚本〜みたいな事聞いてたかまどマギサイコパスレベルの鬱が待ち構えてるんだと思ってた。

ちなみに切嗣氏が師を葬る所までしか見てないのでネタバレはご勘弁下さい

2017-10-05

日本ウケる美少女キャライラストって必ずしも美麗なわけじゃないんだな

艦これだとしばふ絵なんて果てしなく芋臭いがなんか艦これイメージに合ってる気がするし、

Fate武内社長の絵も決して上手いわけではない(色塗りは他の人にやってもらってるし)

まどマギけものフレンズも決して美麗ってわけじゃない

意匠アイデア世界観大事なのかな

なんかふわふわしてて何がキモなのかはわかってないんだけど

anond:20171005023425

元増田の話を要約すると

「今、ほのぼのふるゆわアニメ好きは少数派なの!?私がおかしいの?」「世の中のメジャーはバトルアニメなの?」ってことかなと思う。

これについては、なんともいえないが、ランキングサイト統計うんちゃらはいうなよ、あくまで参考だから)は一つの見方にはなるだろう。

https://www.anikore.jp/chronicle/2017/summer/ac:all/

パっと見る限り、2017夏アニメに限っても、かなりバランス良く散らばっていると思う。なのでそんな極端に偏ってはいない。

その上で、自分意見を言うならば、オタクに受ける作品とは「ほのぼのかわいい世界に、緊張や若干のストレスを加えた作品」だろう。

そのストレスの加え方のさじ加減は非常に難しく、そこは好みが分かれるところだが、グロまでいくと拒絶反応が出て来るが、その加減しだいで大ウケする。

まどマギ」、「がっこうぐらし」の虚淵作品なんかまさにそうだ。グロも一部効果的に使うことで見事にヒットした。「メイドインアビス」もそうだ。

元増田が褒めている「サクラクエスト」も暴力はないにしても精神的なストレスは多少加えてスパイスになっている。

大ヒット「けもフレ」も、基本ほのぼのだが、微妙世界の不穏さやセルリアンを加えている。

ガルパンだって、基本ほのぼのに砲弾飛び交い手に汗握るバトルを加えて大ヒットした(スポーツということにしてグロ身体的痛みは排除した)

これらを完全に排除した作品として「きんモザ」などはあるが、ここまでいくとやはり人を選ぶ。

まとめると

元増田おかしくない。やや少数派ぐらい。

・近年のランキングバランス良くバラけている。

オタク的にはその中間、さじ加減が大事。(さじ加減の好みに正解はない)

ぐらいかな?

anond:20171005023425

個人的には、血自体はそれほど好きでもないが

ほんわかを強調するために血がほしい

まどマギのほんわかドラマCDとか大好きなんだが、それは全員にとって過酷な本編ありきで、

それがなかったらおそらく俺はどうでもよかった

FateUBWの0話とかさっき見てたんだけどニヤニヤが止まらなかったがこれも全部過酷な本編ありき

ほんわかオンリー日常アニメは正直あんまり乗れない

メイドインアビスは見てなかったから見てみるね

anond:20171004124224

しかメイドインアビスはそこからが本番とでも言うように冒険の熾烈さが増していってショッキングなシーンも増えるわけだけどさ、

序盤の平和な感じやキャラクターの柔らかい感じや能天気さは、むしろ最後の壮絶さを強調するための「ため」だと思って見ていればいい。

ちょうどまどマギの「マミった現象と同じようなもので、あの柔らかいから想像できない「死」が突然リアルに描かれたときの衝撃と似ている。

なんて言われると、はあ~?ってなる。

この感想に、このアニメに限らず、さも壮絶な描写意外に価値はありませんみたいな評が世に溢れててまったくもって嫌気がさす。

かにそういうのは目を引くよ、魅力の一部だろうさ。つくしだって楽しんで描いたろうさ。でもさ、そこだけじゃないだろ。

3話の孤児院の仲間との別れのシーンは?

オーゼンの伝える残酷真実大原さんの怪演も相まってぞくぞくしなかったか

二人を送り出すマルルクたちのシーンの切ない美しさを感じなかった?

11話以前だって実に魅力は詰まってる。作者やアニメスタッフは魅力を詰め込んでる。

それを言うに事欠いて「ため」だとか。不感症ですか、あなた。どうせぼんやりしか見てないんでしょう。

そんなんだから

特に、なぜ主人公たちは命をかけてまで危険冒険をするのかの動機説明が不十分で、視聴者気持ちが追いついていかない。

一応、主人公たちの親や生まれに関する真実を知るために冒険するという説明はあるが、なにしろ情報があまりにもない。親との思い出の回想シーン1つたりとも描かれることはなかった。

だなんて得意げに書いてしまうんだわ。

2017-10-04

なんか似たようなイラストが流れてくると思ったらまどマギ誕生日なのか

メイドインアビスは11話からやばくなるので絶対途中で切らないほう

途中で切らなくて本当によかった。正直序盤はやや退屈で切ろうと思うところがあったが、最後はとにかくやばかったので絶対最後まで見たほうがいい。

序盤の平和な感じやキャラクターの柔らかい感じや能天気さは、むしろ最後の壮絶さを強調するための「ため」だと思って見ていればいい。

ちょうどまどマギの「マミった現象と同じようなもので、あの柔らかいから想像できない「死」が突然リアルに描かれたときの衝撃と似ている。

ただし、そこに至るまでに強い引き要素があまりないので途中で切りたくなるかもしれない。

特に、なぜ主人公たちは命をかけてまで危険冒険をするのかの動機説明が不十分で、視聴者気持ちが追いついていかない。

一応、主人公たちの親や生まれに関する真実を知るために冒険するという説明はあるが、なにしろ情報があまりにもない。親との思い出の回想シーン1つたりとも描かれることはなかった。

根幹の動機が不十分のまま、とにかく冒険クワクするよねとか探掘家って憧れる~みたいな雰囲気で進もうとするので、ますます気持ちが離れていく。ワンピース海賊王の定義もないまま、海賊王に俺はなると言い出してとりあえず冒険に出るくらい漠然としている。

しかに、描かれている世界はかなり独特かつ緻密なので、それだけで魅せられる人もいると思うが、そういう独創的な世界観だけをひたすら見続けさせられるアニメなんだろうかと心配になる。

が、そんなことどうでもよくなるくらいの展開になってくので切らずに最後まで見ることをおすすめする。

2017-09-28

anond:20170927170641

カラフィナはもともと人気なアニソン歌手だったわけだけど、まどマギMagiaでとりわけアニオタに知りつくされた。

一方、アイドルアニメゲームが大流行りの現代アニオタの主流層は何かしらアイドル作品に手を出してることが多く、その文化の伝播によりアニオタのノリがドルオタに近づいてきている。

更には現実アイドルが嫌いだったアニオタも、アイドルアニメを経由することで抵抗感が薄れ、現実アイドルを嗜むようになる例が俺の見える範囲でもかなりある

ということで、歌手としてアニオタに人気になる=ドルオタ文化の影響を受けた人々に人気になる、なのでドルオタっぽいファンが増えたんじゃないっすかね。

あとまあKalafinaファンアニオタアイドルコンテンツに触れてドルオタっぽくなったってのもあるか。

2017-09-22

今のオタク婚活イベントって魔窟なの?

anond:20170920231138

話盛ってない?

プロフィールシート、知ってる作品名ほんとうにひとつもなかったの?

オタク向け婚活イベントにやってくる女子はヤリ目にちょろいと思われてるから

紛れ込んでるそいつらが女子向けタイトルねじこんでるのが常態だよ

進撃。

進撃は多い。

あとコスプレに食いついてくるやつ。

ヤリ目じゃない本気で婚活してる男だってそれなりにオタ女向けにチューニングしたプロフィールシート出してくるから

話題がない人間でもガンダムとかエヴァとか無難なの挙げてるよ

やばいのはせいぜい三割だよ

それに女子でも男オタ向けにまったく興味ないとかむしろレアでは?

ちょっと前ならまどマギ、ずいぶん昔ならCCさくら、今期だったら異世界食堂女子にも人気じゃん

増田がそういう方向に一切興味がないんだったら、どっちもどっちって話では? 覚悟しててもあなたママにはなれないのでは?

2017-09-21

anond:20170921205044

まどマギ作品内容を批判したいのかと思ったら、「いや見てないから、セリフの内容は別にどうでもいいから」

じゃあまどマギ関係なく議論がしたいのかと思ったら、話に乗ってきたお前(20170921205044)とも前提が共有できず、的外れな返事しかできずに話がまるで噛み合ってない

結局、元増田は誰かとレスを交わして暇潰しができればそれでいいってだけのやつなんだよ

anond:20170921202812

そういう議論がしたいだけなんだったら、まどマギをダシに使わず最初から自分言葉問題提起しろ

てめえのオナニーのために作品内の会話を捏造して冒涜するな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん