「オオカミ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: オオカミとは

2019-09-20

anond:20190919095508

君子危うきに近寄らず。

敵を知り己を知れば百選危うからず。男はオオカミなのよ気をつけなさい。

お父さん、友達彼氏結婚相手は、我慢しているのですよ。

お父さんは本能的に……養父危険

2019-09-19

anond:20190919095241

男の全てが無軌道オオカミ性犯罪者なわけでもないし、すべての女児が、早熟友達に誘われてネットAV動画見せられたら白目をむいて気絶するほどの潔癖なわけでもない。

そもそもエロシーンを見せる=性教育、というのは、むしろ増田が嫌っているであろうエロで無軌道オオカミ男(まぁそういう男性存在するのは仕方がない、にんげんだもの)と同じ発想だと感じる。

合わせ鏡だ。

追記であれやこれや注文を付けているが、性的マイノリティについての言及が全くないのも残念だなと思う。繊細な性質女児への配慮は当然必要だが、同様に、繊細な男児もいれば、自分はどちらにも感情移入できないと不安抱える性的マイノリティ児童もいるだろうに。

ミサンドリーやなぁ、と邪推はするものの、増田男性セクシャリティにどんな感情を持っているか以前に、性別関わらず、自分以外の人間存在感情をすべて踏みつけて当然、といった様子なのがとても気にかかる。

もし、増田男性から何らかの性的トラウマを植え付けられた被害者だったとしても、いや、だったとしたら尚更、自分以外の人間(性別わず)の感情も、増田自身感情と同様に、大切に尊重するのがスジなのではと思う。

女子児童に「男の性」を考えさせるワークショップ授業もあってほしいね

いや無理だから!「女子のための射精(男の性)の教室」とかセクハラから絶対気持ち悪すぎてトラウマから

小5小6の女の子講師が「射精って何?」とか聞くのすらかなり無理だわ

そのうえ「射精関係して衝動的な性行動が起こるのは知ってるかな?」とか

「こんな風に射精については困りごとが多い。だから君たちが射精について知っていることで周りの男性、お父さん、友達彼氏結婚相手が困っていた時にサポートできるかもしれない」とか言うの?

いやいや何をサポートするのさ?必要なのは女性サポートじゃなくて男性の自制心だろうに

性欲なんて我慢すればいいんだよ汚らわしい、って気分になるけどこれも今どき無理解って言われちゃうの?

男子のための生理(月経)の教室

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/acrosstone/n/nce591c44b6b3

追記)実際の運用では「女子サポート」=「男性の性加害や性的言動をニッコリ笑って受け流すこと」になりそうじゃない?それが無理だけど他に想像つかなくて

追記2)「性加害から身を守るため」が目的ならまだ理解できる(「男はオオカミ」ってやつ)

     ただそれって同時に「気を付けない女も悪い」という論理になるからそこがどうしても嫌な感じだ

     令和にもなって夢いっぱいの小学生女子を「女は夜道を歩くな」「女は酒場に行くな」「女は服装に気をつけろ」と抑圧するなんてさ

追記3)もしワークショップやるなら男性向けのエロ本とかアダルトビデオとか性風俗をどう受けとめるかって話もやんわりと盛り込んでほしい…見てしまったとき女の子は物凄いショックを受けるから

追記4)「避難所男性向け個室を設けるミッション女子たちが射精のしくみを学びながら話し合う」…悪いけどそんなワークショップ悪夢しか思えないよ

     まあちゃんとした監修がされてプロ講師がやるならまともなワークショップになるんだろうけど自分にはどんなもの想像がつかない

2019-09-16

anond:20190916133644

弱肉強食」と「自然淘汰」は関係ないぞ。

弱肉強食」は食物連鎖の話であって、その中で淘汰されがちなのは、むしろ食物連鎖の頂点の方。たとえば、オオカミやトラやライオンオオワシ絶滅したり絶滅危惧種だったり。一方、食物連鎖の下の方にいるウサギネズミなんぞは一向に自然淘汰されそうな気配すら無い。

あと、よく勘違いされがちなのは強者生存法則」とかいう言い方。そんな法則は無い。あるのは「適者生存法則」。環境に最も適応したものが生き残る。

強大な恐竜たちは滅び、環境適応したウサギネズミの仲間の哺乳類たちは生き残りましたとさ。

2019-09-08

アニメ映画おおかみこどもの雨と雪」の感想ネタバレあり)

アニメ映画おおかみこどもの雨と雪」を見て感動したので、その感想を書いてみます。(ネタバレありなので注意)


2012年に「魔法少女まどか☆マギカ」にハマってからアニメをよく見るようになりましたが、最近ほとんど見なくなってしまいました。他のことで忙しいというのも理由ですが、アニメ場合心情描写が少なく、表面的になってしまって面白いと感じることが少ないためです。

もちろん、まどマギエヴァ例外ですが、それ以外ではやはり面白味を感じる作品は少なかったです。たまにドラマ映画を見るとその心情描写の深さに自分人間ということを思い出させてくれるような気分でした。

そんな中での「おおかみこどもの雨と雪」でしたので、心情描写にドキドキさせられっぱなしでした。小学生気持ち特に高学年の淡い恋心にとても共感できました。

主人公(花)は二ホンオオカミ末裔のおおかみおとこ名前不明)と恋に落ちます

姉(雪)と弟(雨)の2人の子宝に恵まれますが、雨が生まれた直後に夫は死にます。冒頭の見せ場であるはずの夫の死がほんとあっけない。。。花はおおかみの姿で川で死にゴミ収集車処分されるところを発見します。

夫の死の理由は全く不明ですが、雪の予想では「赤ん坊のために狩をする本能がはたらいたのかもしれませんし、産後すぐの母に需要のあるものを食べさせたかったのかもしれない」とのこと。つまりは、おおかみの死に人間に非はないということ。捕まって殺されたわけでもなく、車とぶつかって事故死したわけでもなく、おそらく鳥を取ろうとして誤って川に転落して死んだということです。おおかみの死が人間無関係に生じていることが、野生で生きるということの厳しさを物語っていると思われます

また、その死んだおおかみを人間はあっさりとゴミとしてゴミ収集車処分するという無機質さ。人間動物特別視していないということ、人間のみが尊いと考えられているというが分かります。愛する夫が目の前で死んでおり、ごみとして処分されても何もできない無残さが自然世界を表しています

その後は女手一つで2人の子供を育てることになりますが、2人ともおおかみの資質を持っていておおかみに変身できるため、その育て方に花は奮闘します。花の設定が、東京のはずれにある国立大学社会学部社会学科の学生だったというのは、異文化理解し、本などから知識を得る向学心があるということを端的に表しているためでしょう。普通の人なら異文化(おおかみおとこ)を受け入れるのは難しく、さらにはおおかみこどもを育てようとはならないでしょうから

花は最終的に田舎移住し、自然の多い中、子供たちに人間として生きるのがいいのか、おおかみとして生きるのがいいか、その道を考えさせるようになります

田舎での自給自足生活は不便で大変ですが、花は本で農業動物について勉強したり、周りのお年寄りに支えられることを学びながら2人を育て上げます

その後2人とも成長し小学生になりますが、雪は自分がおおかみであることを隠すようになり、人間としての生活を選ぶようになります。一方、雨は小学校に行っても馴染めず、「先生」と呼ぶアカギツネ師事し、おおかみとしての生活を選びたいと思うようになります

まあ、花がバイト自然観察指導員として雨を仕事場に連れていかなければ、他の動物と会うこともなく、雨が山でおおかみとして生きることを選ぶことはなかったかもしれないですが、それもまた人生ですよね。

最終的には、雪はクラスメートで恋心を抱く同級生藤井草平に自分がおおかみであることを明かしますが、人間としての生活を選び全寮制の中学に進学します。一方で、雨は10歳のとき先生の死後役割を引き継ぐために山に入り、おおかみとしての生活を選ぶようになります人間での10歳はまだまだ子供ですが、おおかみとしての10歳はかなりの大人なのでそのような選択ができたのでしょう。

以上の通り、2人は全く正反対生活を選びますが、これは花が子供に好きな道を選んでほしいと考えたためです。花は決してどちらの方がいいと強制したわけではありません。雨に「山に行ってはいけない」と止めていたのは台風中山に行くことは危険というためでおおかみの生活を選んではいけないということではなかったわけです。

かに何かを教えるとき自分理想の姿になってほしいと考えてしまっていましたが、どのような姿になるかは人ぞれぞれであり、その人の気持ちや適性から自分判断するのがよいと考えるようになりました。

2人の名前の雨と雪はそれぞれ生まれた日が雨の日・雪の日だったためですが、同じ水でも全く違う方向になるということのメタファーなのでしょう。このタイトルの深さが分かったときは本当に考えさせられましたよ。

ということで、いろいろと感じることが多い作品でした。みなさんも見てみていろいろ感想を感じてください。細田作品特におすすめ作品となりました!!

2019-08-19

anond:20190819161206

「男と2人きりなのに警戒しないお前が悪いんだぜ」とオオカミなっちゃう男が何か言ってる

そんな事実はないが。

anond:20190819160505

「男と2人きりなのに警戒しないお前が悪いんだぜ」とオオカミなっちゃう男が何か言ってる

2019-08-12

あんぱんち」がダメなら、桃太郎とか昔話も全部禁止

あんぱんち」が教育上よくないというニュースを読んで驚いた。

そういうことをいう人は

かに

このあたりも完全にアウトってことなのだろうか。

他にも子供が見る可能性がある時代劇とか、戦争映画も全部ダメってこと。

花畑のなかで生きたらいい

2019-07-20

ホラー映画

オオカミ男が「オレに満月を見せるな」とか、ラノベ漫画で眼帯したり包帯巻いたりして自分意思では制御できない魔力・超能力封印している系あるじゃないですか?

何も知らないザコがその封印を解いて、解かれた方のキャラクターが「やめろ!大変なことになるぞ」てなるの。

ホラー映画見ていたら

謎の殺人鬼執拗に狙われている主人公

駐車場でのサスペンスシーンを切り抜け、車でようやく「逃げ切った!?」とほっとしたらパトカーに止められて…

てあったんですよ。

最初は「運転免許は不携帯だけど許して下さい」て警官懇願するんですけど途中でピン!とき

「お願いいたします。現行犯逮捕して下さい」て言い出すの。

留置場なら殺人鬼が襲ってくることもない、守られる…って発想なんですね。

精神病罹患している人による犯罪報道記事に、今日社会規範からすると問題とされかねないレベル表現コメントがしばしばつけられるじゃないですか。

キチガイ犯罪を実行する前に社会から隔離しておけよ」的な。

前後ブクマ読むとそのブクマカ本人が犯罪を起こしそうなレベルで思いつめてる感じだったので。

自分犯罪を起こす前に予防拘禁してくれ」っていうメッセージなのかな…

2019-07-17

本当のことしか言っていないのに、オオカミ女になりそう

会社員として働いている。

社会人になってからストレスのせいなのか橋本病のせいなのか体調が悪くなり

ここ2年は体調を崩しがちになってる。

大体、休むのは「休み明け」だ。仕事行く日となると急に体調が悪くなる。

休みたくなくても、物凄く体調が悪いのだ。

昨日も休んでしまった。

昨日は、外耳炎による眩暈やふらつき、吐き気リンパの痛み、食欲不振微熱、耳から首のリンパが痛いため、片側のアゴの痛みがあった。

今日もできることな休みたかった。

気持ち悪いし、吐き気は止まらないし、頭グルグルするし、食欲ないし、ポカリすら2口くらいしか飲めないし……。

でも会社に来た。

去年も同じように体調を崩し、月4回くらい休んだことがある。

今月も4回休んでる。

図体が大きく、丈夫そうな見た目をしているのに休みがち。しかも「休み明けに必ずと言って良いほど休む」となれば

もう周りの人は「ズル休み」と思うんじゃないだろうか。

本当に体調が悪くて休んでいるのに、信じてもらえない気がする。

オオカミ女だ。

あぁ、気持ち悪い。吐き気が。

2019-07-15

anond:20190715132735

うちの母親(発達気味+皮膚疾患の三人育てた)なんかは結構感動してて、母性美化してるとか批判あるらしいよーって話したらなんで?って反応だったよオオカミこども。ちょっと巣立ちが早くて進路がファンタジーなだけの、普遍的幸せ母親の話とだって言ってた。夫が死んだのは可哀想だけど、子育て幸せはよく描けてるし共感できたってさ。

お母さん可哀想って意見はわからない、子供自分で進路決めて出てくのは嬉しいことだし、やりたくて始めたこと(子育て)やりきって晴れやかにしか見えない。これから人生?次のやりたいこと自由にやれるうえ、子供のこれからも楽しみに見守れるなんて最高じゃん!だとよ。子育てに費やした苦労を犠牲ととるか、やりがいあったととるかでだいぶ視点が違うと思う。

2019-07-14

細田守オオカミこどもの方がヤバいでしょ

あれ意味わかってないやつが殆どから話しても無駄だと思ってきたけど元増田なら話通じそうだ。


オオカミこどものあの母ちゃん人生はなんなのか、意味わかんねえ、設定がシュール(それは細田映画全部そうだぜ)。

なんなのかってわかりきってるだろ。あれは細田守の母ちゃんだよ。映画舞台になったあの田舎で一人で子供育てたのに大きくなった息子は東京行って仕事しっぱなしで母親をそのまま死なせたんだ。

オオカミ子供ラストで子離れするけど母ちゃんまだ三十過ぎだぜ。その後どうするの?母ちゃん人生なんだったの?

母親を鄙に孤独死させた息子にはそこに何の答えも出せないかあん幻覚エンドを捏造したの。

自分が死なせた身内」との向き合い方において蛍の墓とかと比べるのも面白いよな。

話の要素がガチャガチャしまくりでこれはいったいなんなのかと深く考えるほどワケわかんなくなっていく映画だけども、

やむにやまれぬケモ衝動母親を見捨てて去っていく息子とひたすら子供犠牲になる暮らしから突然息子の上京でその人生も絶ちきられた母親の「それでも幸せでした」という人生捏造する男、

そういう男の全編言い訳の作り話であることに映画見終わったくらいで気づく、ユージュアルサスペクツみたいなの映画なのよね。

あそこで過去家族を葬ったところが犯罪者としての細田守の絶頂であって、オオカミ後の細田は心が安定してるんだよ。

自分の話だけをするようになってきてるだろ。これは細田守のような人間にとって心の安寧なんだ。

anond:20190713004919

2019-06-03

ゴジラ観たんで感想

ネタバレもあるんで一応注意)

すっごい良かった。一点以外は。

どこが良いって、怪獣リアリティ、迫力が凄い。安っぽい部分が全くない。

シン・ゴジラ別に安っぽくは無かったが、あれは別物というか、生物というより無機質なキリンマシーンみたいな存在だったから、生物としての怪獣では本作が頂点と言える。ちょっと顔がブッサイクでくしゃみ我慢してるような顔つきがダサいけど、それは細かい話。

キングギドラとか、着ぐるみじゃない怪獣は良いよねえ。日本怪獣二足歩行型以外はもろ人形だもんな。

パシフィックリムと同様、ちょいと画面暗くない?辛気臭くない?全般的灰色過ぎない?という部分は無いでも無いが、これはゴジラに限らず最近ハリウッド映画の傾向なので大目に見る。

監督ゴジラ大好きを自認するだけあって、ゴジラのブチ切れ方も割と出てて良かった。

特に良かったのが、ラストバーニングな放射熱線で、それまでの青い放射熱線がイマイチ迫力ないというか、せいぜい波動拳程度の位置付けだったのが、一気にファイナルサイコクラッシャーくらいの火力に上がってて、ゴジラの放射熱線が何かというのを監督分かってる感が大きかった。

そう。あれは飛び道具じゃなくて「おんどりゃあ」って感じの怒鳴り声のような位置けが正しい。怒鳴るついで殴る。これがゴジラの放射熱線。

とりあえずぶん殴る。怯んだ所に放射熱線をぶち込む。面倒臭くなっても放射熱線。急いでる時も放射熱線。イライラしても放射熱戦。ジャブから黄金の右ストレートのような放射熱線。

それを監督はよく分かってた。

で、不満点なんだが、あれこれ綺麗にまとめちゃダメだと思った。

観るまではそんな事思ってなかったけど、観終わってから思った。ゴジラ映画(というか怪獣映画)は綺麗にまとめちゃダメだわ。

当事者の都合とか考えずに、何もかもぶっ壊す。後は野となれ山となれ。それくらい他人迷惑を考えないのがゴジラの魅力であって、ラストシーンみたいに頂点に君臨しちゃダメよ。

かい家庭事情とか人の感情とか回収しなくて良いから。そういうのが馬鹿馬鹿しくなってしまうのが怪獣の良いところだから

希望としては、人間の出番は野球場での放送くらいで終わりにして、後は怪獣プロレスでギドラ爆破してラドンも爆破して、世界中から集まってきた怪獣も片っ端から爆破して、人間秘密兵器もぶっ壊して戦意喪失した軍隊無視して海に消えていく、みたいな無責任な展開の方が良かったんでないかなー、と思った次第。

ゴジラって基本的バカで一匹オオカミで誰彼構わず喧嘩売って買ってぶん殴る不良なんだよ。間違っても王の器じゃねーから

そんくらい破綻させる事ができるようになれば、もう完全にゴジラ本家ハリウッドになるんだがな。

anond:20190603210508

男はオオカミだと教えなかった親を恨んでも仕方ないか催涙スプレーを買って常時携帯しとけ

2019-05-13

なぜ人間オオカミを毛嫌いするのか

童話世界敵役ナンバーワン

毎回ひどい蛮行とひどい応報としての末路を迎えている

ゲームでもジャンルを問わず定番雑魚モンスターとして採用

狼男は狼になると知性を失い凶暴になるという設定だ

人間オオカミへの恐怖と憎悪はなぜなのか

2019-04-23

anond:20190423090819

獣人獣人の生まれによって変わるんじゃないのか

両親が人と獣なら、自分の姿を見て人でもない獣でもない獣人だ。って思うだろ。

猿が進化したのもオオカミ進化したのも同じ人間。ってならお互い見た目の違いがあれど人間。みたいな感じ。

違うか、獣人どうしで猿!犬!って呼び合ってるかもしれない。

anond:20190423082126

現生人類20万年歴史では、身体の大きなオスが野生動物とか隣の群落と戦って勝つほうが自分たち集団生存に有利だった時代のほうが圧倒的に長いから。

オオカミみたいに丈夫な牙もなければチーターみたいな俊足もない現生人類が野生で生きぬくのは生半可なことじゃない、ってこったね。

2019-04-09

anond:20190409181521

オオカミ少年心理 でしょう。

この俺様が、社会正義のために 悪(オオカミ)を見つけたぞ~

と叫ぶことで、自分社会の役に立っているんだと思い込みたいだけ。

2019-03-15

anond:20190315120030

イエイヌデザイン

イエイヌデザインについては、なんか理由があるなら知りたいな。

なんでシベリアンハスキーフレンズっぽい見た目なの。これオオカミフレンズとの差別化ができなくない?

「おうちにおかえり」

これは本当に駄目。

ストーリーの展開上仲間を増やせないにしても、キュルルが一緒に行かないかと誘った上でイエイヌから家を守らなければならないからと断らせる事もできただろうがよおおお!

2019-03-12

anond:20190312130640

「熊VSオオカミの群れ」だったらオオカミのほうが勝つし、勝ち目がまったくないわけではないよ。そのうえ銀河は絶天狼抜刀牙を使うからな。

2019-02-22

姫ちゃんのリボンと懐かしいつれづれ

姫ちゃんのリボン」、最近アニマックス放送が始まって

な な 懐かしい~~~!!!って気持ちで思わず録画して見ている

最後まで見たような見なかったような結末がどうなったか全然覚えてないんだけど

懐かしさのあまり正確に記述しがたいヘンな気持ちになっている

小学校中学年くらいの頃の放送から記憶がおぼろげでも全然不思議ではないな

コミックス最後まで読んだか読まなかったか覚えてない 結末はいったいどうなったのか

それよりアニメ版姫ちゃん(主人公少女)の憧れの先輩役の声優草薙剛だった

OPEDSMAPだ よく覚えてないけどこれはもしかして森くんがまだ所属している頃のSMAPでは

当時中学生だったねーちゃんが友だち数人と森君の追っかけしてたことを同時にありありと思い出す

SMAPファン向けの映画かなにかでなぜだかメンバーがみんなオオカミ族?みたいな設定で

誰かが鶏生きたまま食べて口元から血が垂れてくるみたいなみたいな描写映像を観た記憶ぼんやり思い出す

(何度思い返してみても設定が特殊すぎるのでこれは疑似記憶かもしれない)

当時この枠の女の子向けアニメって必ずジャニーズアイドルタイアップしてたような記憶がある

赤ずきんチャチャ」も確か香取慎吾声優やってて曲もSMAPだったような気がするし「こどものおもちゃ」はTOKIOだったろうか

思えば夕方6時台のアニメ枠は大抵少女誌「りぼん」の掲載作だったけど、

(「なかよし「ちゃお」も次いで多かった気がするが)

私は「りぼん」には縁のない子供で、というかその頃からコミックス派で素敵な表紙の漫画を買うのが好きで

コミック雑誌を定期的に買って読むという習慣に縁がなくアニメで観る以前は上記作品原作を読んだことがなかった

全部中学生以降に少女漫画オタクになってからはじめて読んであれっ面白いじゃんとなったものだった

りぼん」よりは花とゆめコミックスぶ~けコミックスサンデーコミックス等の方に馴染みのある子供だった

絵やお話の傾向もそれぞれの雑誌でかなり違っていて私は花とゆめ系の絵が好きだった 特に星野架名の絵が好きだった

 

なんとなく子供心に「王道」に通ずる要素を好きになれなくて毛嫌いしていたところもあったと今となっては思うけど

アニメになるとなんでだか普通に見ていた アニメになると何かが急にキャッチーになって受け取りやすくなる気がする

そんな感じで全体的に好みじゃないな~と当時思っていた作品でも

こんなに懐かしくてこんなに愛しい気持ちになるのがなんだかふしぎだし面白い

単に懐古や感傷だけじゃなくて色んな作品のそれぞれの魅力が今やっとわかるようになったのかなという気がする

花とゆめ」や「ぶ~け作品りぼんよりは対象年齢が高かったのかあまりアニメにはならなかった印象

少女にとっての「りぼん」は少年にとっての「少年ジャンプ」のような王道立ち位置雑誌だったのだと思うけど

それにしてもたまに岡田あーみんとか彩花みんとか破天荒作家も堂々掲載している結構ヘンな雑誌

でも「ジャンプ」にもうすた京介とか漫☆画太郎かいることを思えば別におかしくはないのか

ちょうど鏡写しのようではないだろうかと最近思う アニメ化される頻度の高さという点に置いても

姫ちゃんのリボン、当時のおぼろげな記憶の中で唯一鮮明に残ってるのが

主人公ライバル?役ともいえる高飛車エキセントリック少女日比野ひかるの事である

茶色くるくる髪にヘアバンドの女の子空気読めない意地悪な女の子だけどかわいくてなんだか好きで

今見てもやっぱりかわいい女の子じゃんってなる 昔っからライバル役の女の子の方をすごく好きになってしま

子どもの頃「らんま」も見ていてシャンプー!なんてかわいいんだろう!!!って思っていた

今でもラブコメに出てくる女の子の造形でいちばんかわいいのはシャンプーだなって思ってる 声も動作も服も全部かわいい

もう何度目だよという再々再々再々再放送くらいのものを見て「らんま」だとうっちゃんかわいいしなびきは昔から大好きだし

とにかく気の強そうな暗い髪色の女の子が好きなんだな~というどうでもいい好みを発見したりするのだが

太刀は前髪も好きじゃないし性格も嫌いだったんだけど今見たら か か かわいいじゃねえかよ~~ってなってしまって

アニメのだいぶ空気読めない性格に難のある(と設定されている)女の子ってなんだかわからない普遍的な魅力があるなと思った

そんな感じで日々野ひかるもやっぱりかわいいなーと思いながら懐かしいアニメを見ている 時々名状しがたく泣きたい気分になる

そして90年代アニメを見ているとファッショントレンドが今の感覚に近いというか

今のファッション90年代トレンドを模しているのかなという感じなのでキャラクターが着ている服が普通にかわいい

過去のもの大人になってから見るとあれこれ楽しいフックがあってというか見る側の自分の方にできていて

懐かしむ以外の楽しみ方が増えたことがなんだかすごく面白い

はー姫ちゃんかわいい 当時リボンを模したグッズとかも発売されてたのかな こういうのリアルタイムで買ってみたかった

 

2019-02-16

シャイニーカラーズは全てを駆逐するか

SideMは除く

シャイニーカラーズがサービスインしてもうすぐ1年が経とうとしている。

もうすぐライブもある。

アイマスシリーズということもあるが、アンフィじゃ会場が小さすぎて、落選ばかり。

LVですら落選している人も多く(LV地域で難度が違うけど)、人気の大きさを伺える。

でもまだ1年。

まだまだこれから新曲イベントアニメ化等のいろんな展開でファン(P)を増やしていくのだろう。

ゲームプレイできない。または下手なPにもアイドルたちを知る機会も増えて

アイドルたちの虜になっていくのだろう。

私はデレマスから入ったPでメインはモバマスデレステ

時間がないので、なかなかシャニマスプレイすることができない。

しかも育成下手なため、いまだ推しアイドルすらTrueEndを迎えられない弱小Pで、

アイドルたちのことをまだまだわからないけれど。シャニマスには好感を持っている。

そんなシャニマスだが、やはりいままでのアイマス駆逐していくのだろうか?

他のアイマスコンテンツは長く続きすぎ、新興のシャニマスと比べて、それぞれ問題を抱えている。

声優ファンともに高齢化が進み、コンシューマの失敗が続く765AS。

そして人気の低さ。

TC選挙近未来アウトサイダーのみ強さを見せたが、他のシナリオではほぼ惨敗しているし、

他のシナリオで取ったオオカミ役も最低投票数での役の獲得である

アウトサイダーは765ASのPがそこだけは守りきろうと票が集中した結果であろう、

765ASアイドル単体での人気はもうほぼなくて、765ASという塊でしか人気が取れなくなっている。

何歳までもライブをやると演者たちは言ってるらしいが、演者にやる気があっても、収益的にはどうなるのであろうと思う。

おそらく狂信的な765ASファンとともに勝手に滅んでいく。

近未来アウトサイダー次第ですこしは息を吹き返すかもしれないが。

声付き声無し、声付き内ですら格差が広がり、どこを歩いても地雷を踏んでしまシンデレラガールズ

加えて賛否ある新アイドルの投入。

5年も追加しなかったアイドルを、周年ライブで発表し、トップページバナーに大々的に出す。というのは優遇していると思われても仕方がない。そのせいで新旧アイドルという対立構造ができてしまった。

エリア追加しました。でこっそりやるかミリシタ見たくデレステ開始時にやればよかったのにと思う。

そして待遇格差SSRアイドルコミュカード数、イベント、ボイス付与新曲。どこを見ても格差がある。

そのことでP間の諍いが絶えない。売上云々、人気云々、選挙結果云々。

あと、こじらせているP達が運営との解釈違いを起こして、炎上するとか。

地雷原まっただなか。全てのアイドル地雷になりうる。

声付き声無し両方担当しているというPたちもいるからまだなんとかなっているかもしれないが、

もう割と限界が近づいていると思う、新アイドルの扱いによっては、一気に崩壊してしまう。

765AS組とシアター組の間でバランスを取り続けないといけないミリオンライブ

765ASの後輩として、アイマスの正統後継者として全員声付きと鳴り物入りで登場したミリオンライブ

でも、その結果はおそらくバンナムが期待したほどではなかったであろう。

765AS原理主義からはいらない子扱いされ、デレPの一部は移動し、そのままPになったりもしたが、

好みのアイドルがいないとデレに残っているPも多かった。

50人の固定人数というフットワークの軽さから、旧来のソシャゲプラットフォームを捨て、新プラットフォームに完全移行し、

ミリシタでは、しっかりとアイドルたちのローテーションを作り、うまいことやってはいる。

しかし、765AS組Pとシアター組Pの確執結構根深い。その確執が一番明らかになったのがTC選挙

ミリシタは続く限り、765AS組とシアター組の両輪のバランスを取り続けないといけない。

あと、765の後輩として出てきているため、アニメ化は非常に難しい。

信号機トリオを主役に据えたところでアニマス、アニデレの焼き直しにしかならない。

まりミリシタとライブ漫画以外のコンテンツの追加が難しいということ。

デレのように新アイドルやボイス付与のようなカンフル剤も射てず。

このままを維持することしかできない。

そして話は戻るが、シャイニーカラーである

アイマス勢と一切のしがらみがなく、新しく始まり16人というミリよりも軽いフットワーク

デレのように出番の格差なんていうものなんて存在せず。

スマフォアプリという環境依存すら関係ない上に、初代を意識したゲーム性。

他のアイマスキャラクター産業をずっと続けているバンナムが生み出した設定を練りに練られた珠玉アイドルたち。

765AS組Pも、765ASが絡まないならと、そして初代をリスペクトしたゲーム性で好感触もらい。

デレPから我慢できなくなった声なしPたちが移動してる。

ミリPのことはよくわからないので、ミリPがどれだけプレイしてるかは知らないが、移動してる者もいるだろう。

そして、まだ1年目という若さ、他のアイマスシリーズ駆逐する可能しか有していない。

どんなコンテンツにも始まりと終りがある。

ラブライブのようにちゃんと終わらせなかったせいで続く765からのしがらみ、シャイニーカラーズで終わらせてほしいものと願う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん