「サボり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サボりとは

2021-05-13

生活すること

生きることの大変さって人によって全然カラーが違うと思う、健康面、経済面自尊心愛情などなど、いろんな大変さがあるだろう。

自分の大変さは、生活することの大変さが大きい、大きすぎる。

一定時間に寝て起きて決まったとおり暮らすというのがまず苦痛。それと同じで、物を定位置に戻すのもできないし、同じ教室の同じ席に座り続けるのも、90分黒板や教科書を見てるのも、決められた敷地内で半日以上何年も過ごすのも、ごわごわの制服を着てるのも苦痛だった。ゴミを決まった日に出すのも無理。料理なんて無理すぎるし、すぐ包丁落とすし、冷蔵庫のものを腐らせないのも無理。でもこれらの一つ一つ、本人的にはめちゃくちゃ努力している。ルーティンを紙に何回も書き出して頭に叩き込んだり、効率の良いやり方とか動線を考えたりすることに莫大な時間を使った。家事の本とか数十冊読んでノウハウ理解した。冷蔵庫内の配置とかね。でもできない。結局ぐちゃぐちゃになる。訳がわからない。とにかく、気づけばぐちゃぐちゃになっている。それが自然の理だ。人並みになんかできないんだ。人が3秒で叩き込めるルーティンを3年かかっても叩き込めない。家に帰ってから先に風呂なのか飯なのかみたいなところからルーティンにできない。飯を食いたいときしか食えないし風呂に入りたくないときは入れないんだよ。

同じことを決めたとおり続けるのが自分にとっては不自然で、そのときそのとき、目に入ったものに気を取られてしまう。雲が綺麗なら雲に見惚れてしまう。

思えば学生の頃は良かった。サボりたいときはサボって、ぎりぎりで集中的に単位を取り、浪費したりバイトで稼いだり、時には外で遊び時には引きこもったりしていた。アパートは薄暗く宇宙みたいにぐちゃぐちゃで床が見えなかったけど心地よかった。計画的なことは全くできないけど、計画するのは好きで、そのとき頭に浮かんだことを集中して形にしたり、一気に文章にしたり、「気が向いたときに過集中して一気にやる」というやり方ならできることは多い、受験とかもそれで乗り切ってきた。まともな人間になろうという欲と引き換えに何かが変になっちゃったんだ。

無理して、人の真似をして、普通っぽい顔をして普通暮らしをして表面的には適応してるけどいわゆる注意欠陥多動傾向があると思う。仕事をまともにこなすために私生活全然ダメでくたくた、家に帰ったらのびてる。自分に言わせればこれが当たり前だよ。どうしてみんな分刻みに間違えられない管理状態の「まとも」な生活を平気な顔してできるんだろうか。はあ。

2021-05-11

やっぱり持ちつ持たれつは強いよなあと

V豚の汚い考察です。

興味ある人だけ読んでください。


昨夏のほぼ同じ時期にデビューしたホロライブ5期生と、にじさんじ女性ライバーユニットである世怜音女学院

両者についてはデビューから1年もしないうちに、事務所マネージメントの違いで大きく差がついてしまったと感じる。

ぶっちゃけ、全員ではないものセレ女はかなり健闘していると思うのだが、一軍ライバーと絡めないことが大きく響いているなあと。

売れっ子な先輩の胸を借りようにも、ライバー以前にリスナー数字欲しさにシュバるんじゃねえ」って感じでしょ。

そら伸びるもんも伸びないわ。


結果、一番伸びてる西園チグサでもAPEXやるたびマシュマロで煽られ、ツイッター脊髄反射レスかましから謝罪という繰り返し。

次点につけている北小路ヒスイは、人気男性ライバー女性ファンの一部から執拗に叩かれ続けて、どん詰まり感が半端ない

番手の周央サンゴは得意のお芝居と歌を武器に好きなことを続けた結果、TRPGの姫という誰得な閉じコン化。

朝日南アカネは色々頑張っているものの、マジで存在感空気

とどめの東堂コハクはMela!一発屋から立派なサボり魔に。


一方のホロ5期生は、売れっ子ロメンとのコラボにもそこそこ呼ばれてきたのをはじめとして、バッチリ箱推し誘導」に組み込まれて今があると。

結果、初配信10万銀盾達成の獅白ぼたんがもうすぐ登録者数80万人。

尾丸ポルカ再生ミリオン超えの歌動画が3本も。

雪花ラミィはスパチャ総額ランキングが堂々の世界13位。

ランキング29位の桃鈴ねねはチャイナリスクとばっちりを、衣装変更→3D披露目でのガチアイドルムーブにより見事プラス昇華し、これには谷郷社長も賞賛

これ全部デビューから1年未満の人らって、すごくね?


しかも4人は決して順風満帆ではなかったわけで。

上に書いた通りねねちは中華騒動3D披露目が同期に3ヶ月も遅れたばかりかライブ出演も見送りで、一番の強みのダンスを発揮できず正月衣装もお流れ。

他の3人は清掃員での炎上で当時は「カバーは人選を誤ったな」と言われるくらい、相当なイメージダウンに。

そもそもメンバーだった魔乃アロエデビュー直後の大炎上引退したことで、事実上ほぼ最初から「同期の結束」という重要精神的支柱に、大きな傷を負ってしまったわけで。

それらを乗り越えてきたのは、出世払いマネージメント売れっ子ロメンがコラボに快諾するなど、周囲が積極的に「貸しを作った」ことが一番大きいと感じる。

てか同期の引退炎上チャイナリスクも、当事者に対し有能な協力者が寄り添って、丸腰にさせないことが大事なんだなあと実感させられたよ。


それに比べると、にじさんじは「皆で幸せになる」みたいなインセンティブが全く働いてなさそうなのが特徴とも言えるし、それが強みになっていた時期もあったのだろう。

しかしながら、今はそれが自身への逆風の原因になっているのだから、世の中の流れはわからないものだ。

ちなツイッター脊髄しがちなチグちゃん最近犬山たまきを味方につけた結果、明確にツイッター戦略が変わったけど、これがにじのマネや先輩から出てこないのはおかしいでしょ。

てか、セレ女風が吹くときは来るのだろうか?

2021-05-10

今週末も楽しかった〜

また明日から平日や

昼間は仕事サボりながら弱者いじめて遊ぶからまたよろしうな〜

2021-05-06

鏡像を覗き込む

ある人間類型を眺めていて、一体何が起こっているんだろう、と考えている。

何人かいるのだ。「絶対的自分が正しい」と他人を排撃する人間が。そして共通して、正しい、正しくない以前のところでバッティングしていることに気づかない。そのため、彼らの言葉他者に受け入れられない。そして次々に居場所を失う。

どこがバッティングしてくるのか。自他の境界、他他の境界。そんな感じだろうか。

彼らの言動を観察すると、すぐに他者を括る。そしてそのカテゴリ内の人間思考を同一視する。この段階では、自分自分以外と言う形で、世界がくくられているのかな、と思っていた。

が、よくよく言動を追うと、違う。彼らは他者思考を断定する。その断定の基準を見ていると、驚くほどこちから見るその人物思考基準のようなものしか見えない。

サボりたいんでしょ?

→いや、あんたがまさにサボりたいように見えますけど?

有名人にでもになりたいの?

→まさにあなたの行動だよね?

ちやほやされたいんでしょ?

→まぁ、あなたそれ自分で断言してらっしゃるしね?

そうすると、彼ら彼女らの中には、そもそも「個々人の感じ方考え方は違う」と言う発想すら存在しないのではないか、と思えてきた。

思考の内容はともかく、思考なすルートは自他で同一。自分だったらどう思うか、のみが他者に対する判断基準となる。

となると、人間判断はこうなるだろうか。自分自分YES他人自分にNOの他人。あとは、自分認識していない他人だろうか。彼らが自分認識していながらYESもNOも抱かない他人をどう評価するのかはわからない。ただ「人間の発想方法が同一」という推論から引けば、ニュートラル、という評価は生まれづらそうな気もする。

なにがしか議論を前に語り合うのであれば問題はないだろう。問題フリートークだ。彼ら、彼女らの発想に自分が興味を示すことと、他人が興味を示すことの差異を、どれだけ見出し切れるのか。

そういった人たちの話に出てくるのは、とことんが自分のこと、自分のこと。他人の話は、「自分意向に沿う」か「自分拒否反応を示す」の両極端になる。真ん中を聞くことはめったにない。

他者交流は、事前によほどのバイアスを受けない限り真ん中スタートとなるわけだが、彼ら、彼女らには、どうにも真ん中が見えていないのではないか。見えていないものは見ない。見れるはずがない。当たり前のことだ。だから彼らにとっては、会話の中で見えてくるYESやNO「だけ」が極大視されていく。

一方、見られていない人間にとっては、自分の関心の外の話をされても、YESもNOも言えない。そうなんですかととりあえず相槌を打つか、興味ないですと断じるか。そのどちらかしかない……いや、知的好奇心の高い方であれば、「お、そうなんですか?」と食いついていけるかもしれない。

そしてこれは、順番に「小YES」「小NO」「特大YES」と認識されるだろう。基本的にはすべてニュートラルな反応に過ぎないのに。

彼らは、「見聞きしたYES/NO」(本当はどちらでもない)に基づき、こちらにさらなる話を展開してくる。YESであれば自分の味方なのだ。NOはこちらに対する敵対行為なのだ。このくらい単純化されているのかもしれない。

彼らは概して、語る場数を踏む。躊躇しないからだ。それは特有の雄弁さを生む。テーマトークでさえあればいいのだろうが、フリートークにおいても話題が彼ら自身と、彼らに対してのYES、彼らに対してのNOしか手札がない。つまり彼らの言葉には、どこまでも「彼ら」しかいない。聞き手たるこちらは存在しない。できない、とすら言っていいのではないか

故に彼らの批判こちらの芯を食うことは、ほぼない。彼らにとって聞き手とは「彼らの方を見る鏡像」であり、その鏡像を彼らは「他者」として認識する。聞き手たる自分は、以上のように彼ら、彼女らの語る内容を認識せねばならないように思う。

批判自己紹介乙である、と言う。ならば彼らをこう語る自分自身他者を見る目も、少なから勝手鏡像押し付けて語っているのかもしれない。やらないでいられるのか? 自信を持ってうなずけるはずがない。彼らがこちらに彼らの鏡像押し付ける、と言う考え方は、そのまま自分がまさしく彼らに自分鏡像押し付ける振る舞いに他ならないのだ。

次に出会う「彼ら」には、これまで出会ってきた「彼ら」とは少しでも違った対応を取れるようになりたいものだ、と思う。そのための端緒をテキストにあらわした。では、どう振る舞おう。そこをさらに考えていきたい。

2021-05-03

尊いという言葉を使うときTPOを考えろ

オタク全般に言えることだが、腐女子に多い気もする。

話し相手が知らない作品キャラクターについて会話するとき、「尊い」を始めとした言語化サボりワードを使うな。

同好の士の間で共通理解を示すために「ヤバい尊い…」みたいな会話をするなら好きにしたらいい。それはギャルの使うようないわゆる「わかる~」という純粋共感を示すコミュニケーションだろうし、そうやってお前らはグルーミングしてるわけだから別にそれを邪魔しようとかは思わない。マジつまらなさそうだしそういうコミュニケーションはしたくないなとは思うけど。

だけどジャンル知らない人間とかそもそもオタクではない人間に対してそういうワードを使って会話しようとするな。聞いてるほうには、お前が対象に尊さを感じていることしか伝わらないので、それ以外のことは何が何だかからねえんだよ。感情を伝えるだけの発話が悪いわけではないが、それが続くとめちゃめちゃつまらないんだよね。なんなら「私がこう感じた」っていう内容は、単なるスノビズムしかならないからな。まあ聞いててうっとうしいんですわ。

もしそういうオタク会話をするときがあったら、キャラクターストーリー概要面白い/萌え/燃え等のポイントかいつまんで、わからない人でも共感できるようにわかやすく話してくれ。

要求しすぎ、って思うかもしれないけどコミュニケーションに慣れてる人や、人を小話で笑わせることに長けてる人はこれをほとんど無意識にやってるんで。ちゃんとそういう風にしてくれるとこっちも話を興味深く聞けて会話を展開できるのよ。

「ハァ…尊い…」って言われても「へえ、そうなんだー」としか返せねえんだわ。別に質問でその話題を掘っていってもいいんだけど、なんで誘い受けみたいな事させられてるのかちょっと腹立つから、会話のフックくらい用意してくれや。王侯貴族じゃねえんだからよ。

よろしくな!

2021-05-01

会社にいながら仕事しない奴が憎くて、それはたいてい引退間際の高齢者なんだよね

会社役員だけど、仕事しない奴が憎い。

別に成果第一主義ではないので、数字が出なくても頑張ってる人はそれでいいし、

死ぬまで全力で働けとは思ってないので、休憩もしっかり取ればいいし、有給休暇だって取ればいいと思う。

でも会社に来ていながら努力もせずたらたらと時間つぶしのように仕事をぐずぐずやってるやつはほんと腹立つ。

 

若くてもサボり気味のやつは確かにいるが、上司が飴と鞭で適切に導けばけっこう改善するんだよね。

こっちがわからないほどに上手くサボってるやつもいるだろうし、どうやっても改善しないからやめてもらった人もいる。

でも改善しないのは引退間際の高齢者

定年2年前ぐらいからそういう傾向が強い。

うちみたいなゴミ零細企業は、60歳超えても戦力として数えている。

給料だって減らしてない。

それなのに「俺ももうそろそろ引退からさ」とか言い出して勝手仕事量を減らしていく。

勝手に他の若手に仕事を投げて、自分は楽をしている。

注意しても直らない。というか、あの年齢は一度そっちに傾くともう戻ってこれないのかもしれない。

とにかくそうやって「働かない中高年」だの「妖精さん」だの言われる存在が出来上がる。

真面目に働いてる他の社員申し訳ない。

叩き出したい。

でも人をやめさせるのって難しいんだよなぁ。

2021-04-28

首を吊ってる母親を、自分の手でドアから降ろした話。

これも結構前の話になる。

「そういえばあの時、どんな気持ちだったっけ?」と思い返す機会があったので、折角なので文字に書き残しておきたい。

そうすれば胸に落ちるものも、もしかしたらだけど多少はあるんじゃないのかな?って感じで。

内容が内容なので、少し長くなるかもしれないけど、お暇な方がいらっしゃいましたら読んでやってください。

あんまり仔細に年月日を狭めすぎるとアレなので、時期は今から7年ほど前。

ちょうど今のような、若干寒さも落ち着いてきたかな?ってぐらいの春頃のお話だと思って下さい。

当時の俺は大学入学したての、ピカピカの一年生でした。

兄の方がとても優秀だったんで、随分と見劣りはするけれど、俺の通っていた高校レベルからすれば「まあ頑張ったんじゃないの?」程度の大学へと入学

その筋のマニアには結構有名な、二郎インスパイアの名店が近くにある登り坂の長い大学ですね。

あれは本当に数少ない良い思い出です。メチャメチャ美味かったな。店狭いし、オッサン怖いし、汚いけど。

オススメは小ラーメン・麺少なめ・ニンニクマシ・アブラシマシです。

しか高校まではチャリ通で10分だったところが、電車を乗り継いで1時間半になったのは本当によくなかった。

職場学校は、絶対に自宅から近い場所を選びましょう。近い場所にないのなら、あなた引っ越ししまいましょう。(経験則

そんなこんなで深夜までゲームやらアニメうつつを抜かしては、中途半端時間に目覚めて、一限は余裕でアウト。

気付いた母親に叩き起こされて、仕方なく起床。もそもそと着替えて、遅刻前提の移動。

それで素直に大学まで向かえばいいものを、「途中で行くのも面倒くせえな」と地元カラオケで朝割フリータイムしてたり、本屋立ち読みしてたり。

入学当初からそんなんだから、とにかく授業内容は良く分からないし、眠くて眠くて仕方なかった。

何よりも人見知りだったもんで、良くも悪くも自由大学形式の授業とサークル活動に、いまいち馴染めずにいた。

大学は少中高と違って、能動的に働きかけないと友達はできないもんなんです。あの頃の俺に教えてやりたい。本当に。

夢見ていた大学生活は、俺にとってはただの眠気との闘いに成り代わっていたのである……。

そんなんで仲の良い友達全然いないもんだから、授業サボりまくって、図書施設ビデオ設備で「ロード・オブ・ザ・リング」とか「戦場のピアニスト」とか見てたな。

いや、完全に余談でした。すみません

とにかく、こんなカスの具現化みたいな大学生活を送らないよう、新入生の皆さんは頑張ってください。

話を戻します。

俺が小学校に上がるぐらいの前に、うちの母親は一度離婚している。だから俺は種親の顔をほとんど覚えていない。

自分ママとパパと話すけど、ふたり全然しゃべらないなぁ」とか「やたらと関西実家に行ったり、親戚の子がうちに来るのはなんでだろ?」とか。

そんなことを子供ながらに思ってたんだけど、今思い返せばそういうことだったんだと。

そんなこんなで気付いたら第一父親が消えて、俺が小学校二年生ぐらいの時に、新しい父親が来た。

第二の父親は、俺は子供ながらに「良い人」だと思った。

そりゃ向こうも腹を据えて、血の通ってない兄弟二人を抱えるわけだから、多少の上っ面は確保してくるには違いないんだけど。

一緒にお風呂に入れてもらったことが嬉しかったのを覚えてる。そんな第二のお父さんの背中には、ご立派な龍のモンモンが彫られていたけど。

仮初でも、その人は優しくて良い人で、色んな場所に連れていってくれたりした。なんかホテルが多かったな。海ほたるとかもよく連れていってもらった。

多分これまでの人生25年、その人が来てからの数年が一番幸せだったんじゃないかな?

中学に上がる前ぐらいの、それぐらいの間。ホント幸せだったと思う。ボンボンボンボンで、当時Xbox360COD4ネット対戦してたの俺だけちゃうレベルで。

母親も、その時が一番楽しかったんじゃないかな?

俺も兄貴母親父親も、心から「家族」を感じてた最後の瞬間だったと思う。

で、俺が中学に上がった頃に、第二の父親が手掛けていた事業が一気に傾いてしまったと。

これは直接見たわけでもなんでもないけど、父親の元同僚の方に聞いた話なんで、間違いないことだと思います

首の回らないレベル借金も抱えることになったと。

そっからの酒乱っぷりたるや本当に凄くて、中学生ぐらいになると俺も兄貴も(特に俺は)夜更かしをするようになってるから

ベロンベロン状態で帰ってきた泥酔親父に、子供相手に何を言い出すねんみたいな絡み方をされだして。

うわぁ、イヤやな……って、毎日夜になる度に鬱になってたのを思い返します。寝てたら寝てたで起こしにくるし。逃げようないやん。

そんな紆余曲折を経る中で、第二の親父が俺に放った言葉

「お前なんて、オレの本当の子供じゃねえんだからな?」

この一言が本当に忘れられなかった。シグルイのあの人ばりに、(この傷は二度と戻らんな)と泣きながら感じたのを覚えてます

しかもこれ確か、母親の目の前だった気がするんですよ。なんか二人で揉めてて、俺が仲裁に入るじゃないけど、間に入ろうとしたらこうなったみたいな。

酔うと貯め込んだ本質が出るタイプの人っているじゃないですか。つまりはそういうことだったんだな、と。

それ以降、父親と心を通わすことは一切なくなった。もちろん話したりってことはあるけど、他人みたいなことで。

そんなこんなで、それでも気付いたら中学生になって、高校生になって。

第二の父親は家からはいなくなって、お金だけを入れながら、たまに連絡を取るぐらいの関係になって。

こっからはもう蛇足なんで、ちょっと飛ばし飛ばし

小中校まではすごい楽しかったんですよ。面白い友達もいたし。なんで急に大学ダメになったのか、不思議だなぁ。

母子家庭あんまり余裕のある生活じゃないけど、塾にも行かせてもらって、奨学金も出る。

大学にも行けるんだと思えば、ちょっとぐらいの家庭内のゴチャゴチャがあるぐらいで不幸ぶんなよ、俺よりひどいやつなんて山ほどおるぞと自分自分を戒めたりもして。

そして母親の様子がおかしくなりだしたのは、このあたりだったと思います。ちょうど俺が大学受験を終えたぐらいの時分。

深夜、お腹すいたなーと思ってリビングに行くと、母親ワインと大き目なビニール袋みたいなんを用意してて、一人で黙々と飲んでて。

で、ちょっとなんか変な感じがして、母親の目から。据わってるって言えばいいのかな。とにかく、明らかに普通じゃないけど、普通を装うとしているのが伝わってくるような、そんな感じで。

無言でいるのも変なので、「なにこれワイン?家での飲んでるの珍しいね、いいやつなの?」みたいなことを訊いた覚えがあります

うちは父親の件もあったので、母親とはすごく仲良しだったから。

思い返せば、極度のマザコンだったんだと思います特に兄貴が遠方の大学にいってからは、実家には俺と母親の二人だけだったから。

とにかく変な雰囲気だったから、「お酒家で飲むの初めて見たかも!俺もひとくちもらおっかなぁ」みたいな、おどけてなんとかしようみたいなムーブをした記憶があります

「いいよいいよ。飲んでみな」と、母親が余裕で許可をくれたことも結構意外でした。酔ってたのかな?分かんないけど。

ド深夜、テーブルライトだけつけたリビングの机、ワイングラス、謎の大きなビニール袋。

なんかすげえヤバイことになってんのかな?と。

なんでだろう、このあたりから薄々感じ取り始めたというか、そんな気がしました。今までにこんなことなかったよな?って。

そして寝て起きたら、横に母親がへたりこんでるんです。体育座りを右斜めに崩したみたいな恰好で。

俺は一瞬、本気で死んでると思った。でも慌てて抱き付いたら、ちゃんと体温も呼吸もしてたので、本気で安心したのを覚えてます

えっえっ?ってなって、どうしたん?って聞いたら「いや、ちょっと……」みたいなことで、手元を見たらスカーフ?とハンカチを束ねて作ったような、首吊り用の縄?があって。

正直ワインときから厭な予感はしてたから、メチャクチャ驚いたし、なんで?ってなった。

「それはだめだって、それだけはだめだよ。これからどうすんの?」って泣きながら問い詰めた記憶があります

人間、本当に近しい人であれば、ちょっとした行動から、「なんとなく自殺しそうだ」というのが分かるものなんだって思いました。

マジでここらへんの記憶が、ずっと頭からこびりついて離れない。身体を下ろした時よりもキツかったかもしれない。

未だに良く分からない。要するに母親は、部屋のドアノブに縄を引っかけて、首吊り自殺をしようとしたんだと。

しかも俺の部屋のドアノブだった。誰のだったらいい、ということじゃないけど。この時には、兄貴はとっくに外に出ていたはずなのに。

首元を見たら、真っ赤っていうか、うっ血したようなアザになっていて、「失敗しちゃった」みたいなことを半笑い、作り笑いで言っていたような記憶があります

未だに後悔しています

あれだけ明確に希死念慮を見せていたにも関わらず、なにもできなかった。

母親がこのとき、俺に助けを求めていたのかは分からない。あるいは本当のショックを与える前に、「私は死ぬからね」という予告をしたのかも分からない。

兄にも周囲にも連絡をしなかった自分の愚かしさ。せめて身内だけには言うべきだった。

でも、言ってもどうにもならないんじゃないか、言われた側に負担を強いるだけになるんじゃないかと、どこかで想ってしまっていたのも事実です。

母親自殺をするかもしれない。どうか助けて下さい。」この言葉を俺はいったい誰に伝えればよかったのか、いまでもわからない。

救い方があるとしたら、それは俺がどれだけ母親が好きで、愛していて、感謝しているかということを、心変わりするまで何度でもいうことしかなかったんじゃないかと。

ある日、大学に行った。四月の上旬。はっきりと覚えてる。

ちょっと早めに授業が終わったのか?サボったのか。正直どっちでもいいけど、俺は家に帰った。

なんだかすごい胸騒ぎがしてた。兄も俺も家にはいない。家にいるのは母親だけ。

ただいまとドアを開けた瞬間、やはり自分の部屋の前で、足元に椅子を置いて、スカーフで作った縄を首にかけて、うなだれて扉にもたれかかる母親を見つけた。

凄まじい衝撃と同時に、「やっぱりこうなった」とどこかで思う自分がいた。

首にかけているスカーフ素手では取れなかったので、キッチンからハサミを持ってきて、片方の刃で切り落とした。

抱き抱えた母親身体は、思い返せば想像よりもずっと軽かった。

「誰か、誰か助けてください」と今までにいったことのような言葉を金切り声で叫びながら、居間の上にあおむけにさせて寝かせた。

そして震える指でスマホをうって、まず兄にコールした。

兄は大学二年生で、本来なら学生寮にいたはず。この日はたまたま里帰りをしてきて、何かを読みに本屋にいってくるといっていた記憶がある。

しかすると母親は、この日を待っていたのかもしれない。兄弟が揃う日じゃないと死ねないと思ったのか。分からない。

ママが首を吊ってた。いま俺が下ろしたけど、意識がない。救急に連絡するから、すぐに帰ってきてほしい」

と言って、すぐに電話を切った。兄は「わかった」とだけ言っていたような気がする。

家の場所を伝えて、どうか助けてくださいというと、すぐに救急車と救助隊の方々が来た。

俺は人命救助の方法とかがまったく分からなくて、もしかすると心肺蘇生とか、胸骨圧迫とか、本当はいろいろなやりかたがあって、

待っている間にそれができていれば、母親を助けられたんじゃないかと思う。

でも本当に現実現実として受け止められてなかった。頭がヘンに冷静だったのは、「こんなことになったけど、きっと助かるよな」と無根拠に信じ込んでいたからだと思う。

ここではどうにもならないから、と救急車に乗り込んだ。

ハサミで深く切った指から血が流れていることに気付いた。痛みはまったく感じなかった。

俺「こんなんなっちゃったな」

兄「俺、これからどんな顔して顔あわせればいいかわかんないわ」

俺「そうだなぁ」

こんな会話を、兄弟で悠長に会話していたのをハッキリと覚えています

ここまではすごくハッキリ覚えているのに、ここから先があいまいなのが不思議で、不思議で。

確か夜の病棟に運ばれて、「自意識が戻る可能性はない」と言われたこと以外は、実はほとんど覚えてないんです。

翌日の病室の面会で、意識のない母親を前に過呼吸になるぐらいに泣いてしまたことを覚えてます

そして「自意識が戻る可能性はありませんが医療を続けますか?」というような旨を医師の方に伝えられて、「もういいです」と伝えたことは覚えてます

そしてずっと病院に居るわけにもいかいから、家に戻って、母親のいない家で過ごして。

三日後か四日後、電話の連絡で「お母さんは亡くなりました」と同僚の方から連絡をいただきました。

母親の死に目に会わなかったのは、自分にとって幸運だったのか、不運だったのか、未だに分からずにいます

からない、本当に今でもわかりません。

あのワインの日から自分に何が出来たかをずっと考えています

間違いなくサインとなっていたあの日ちょっとでも行動を起こす勇気自分にあったのなら、もしかすると母親は今も生きていたのかと。

2021-04-25

[]4月25日

ご飯

朝:ビジホ飯。昼:なし。夜:ピザ

調子

むきゅーはややー。お仕事は「地獄」の四日目。

ピザのおかげでパワーを充電できた。あと三日、頑張るぞいや。

○ワーフリ

ゲーミング羊羹の使い道を考えてた。

普通に考えると星詠み武器なんだろうけど、どれもリソース使い切る価値があるか悩ましい。

うーん、貯羊羹かなあ。

○プリコネ

地獄仕事中のクラバトはつらつらなのだ……

団長なのでサボるのもサボりづらいし……

(そもそもなんか代打代打みたいな流れで団長就任たから、団長意識が薄いんだよなあ)

○プリコネ

ブレグラの20ターン、僕が一番好きなクラウディアさんが活躍できる機会では!? と思い色々試行錯誤するもダメだった。

いやでもこれクラウディアさんは悪くないな、俺のグラブル力が弱いだけな気がしてる。

2021-04-21

ウマ娘やってると運動部時代の精神地雷がちょくちょく発動する

ウマ娘基本的に楽しくやってるんだけどたまにものすごくイライラしたりカッとなったりする瞬間がある。

これはもう完全に自己解析出来ていて、高校までの運動部国体レベル経験で培われたものだ。

「は?」と発作が起きそうになる自分と(お、発作だ)と抑える自分がいる。

 

運動部出身者絶無のはてなブックマークでは共感ゼロだろうが

まあこういう脳回路の人間もいるという見物気分で読んでくれ。

 

 

1.実力を出し切らずに負ける

滅茶苦茶仕上がっててぶっちぎりの一番人気なのに負ける。

死ねと。

帰ってきたところにモノぶつけたくなる。

一通りものつけまくってからじゃないと落ち着いて話できないぐらいボルテージあがる。 

 

ウマ娘だとなんか励まし方2パターンから選ぶだけで、ただ励ますんだけどさ。

極論するけどあん指導者一人もいねえよ?絶対ピキピキしちゃうから

エルコンドルパサー選択肢だけ何故か尖ってて「53点」て吐き捨てる選択肢があるんだよね。

いつもそれ選んじゃう。 

 

いやこれはガチ運動指導してたら誰でもなるって。

勿論抑えなきゃいけない衝動だけどね。

 

培ってきた実力の、自分限界まで出し切って欲しいわけよ。

それが出せなかった言い訳とか要らないのよ。

それは全部ちゃんと準備してないとか集中してないっていう自分ちゃんとやってねえってことじゃん。

言い訳できる点なんか一個もないですから。 

熱が出たから?それお前が悪いじゃん。

熱が出てるぐらいでパフォーマンスを落とすな。

それが出来ないんなら熱が出ないように生活をきちんと整えて競技会に向けて体調上げて行く取り組みをしろよ。

 

 

2.同じミスを繰り返す

これウマ娘仕様なんだけどさ。

もうみんなもうんざりするほど見てるよね、「他のウマ娘ブロックされて~」うんたらかんたら。

 

適当なことしか言わねえお姉さんに「もっとパワーが必要です」って言われるんだけど

スピードと同等ぐらいにパワー付けてても全然変わらずそれが起きるわけ。

絶対パワーじゃ防げない。 

ウマ娘で変な負け方するの全部これ。

 

まあこれは、同じミスをしてるのはプレイヤーだという言い方も出来るんだけどさ。

けど作戦差し」「追い込み」やってると高確率でこれが起きるんだよね。

解決法はって言うと戦法を「逃げ」にするしかない。

 

ずっと先頭走ってれば邪魔されることがないって言う。

まあウマ娘リアル競技だったら俺は絶対「逃げ」一択だけどね。

ブロック惨敗を避けるためのコストデカすぎるクソ競技から

出遅れは逆におかしいぐらい勝負に影響しないのでなおさら

 

でもゲームだしせっかくだからウマ娘ごとの得意作戦を生かしたいじゃん。

ゴルシで「追い込み」しないでどうすんだって話だし。

でもそうやって楽しもうとすると「逃げ」が圧倒的に楽ちんで他のは常にブロック負けストレスが付きまとう。 

 

それで1にも通じるんだけど、圧倒的なスピードとパワーにスタミナもそこそこで、

前が空かなくても大外から余分に走っても十分勝てるぐらい強くしてんのに

ブロックされて抜け出せなかったでちゅー」って負けて帰ってこられると本当にもうね。

エルコンドルパサーの「53点」ぐらいパンチきいた選択肢を全員に実装してほしい。

 

一言暴言吐いたらそれで落ち着くからさ。

何度も何度も同じ負け方して工夫しない奴を何もなしで即励ますことは出来ない。

ウマ娘トレーナー菩薩過ぎ。 

 

 

3.やる気が低下する、サボり

これがもう一番ダメ、。

だってやる気あるの大前提じゃん?

 

一回でも「やる気ない」って言われたら

はいやめましょう!お疲れー!」って全部投げ捨てて帰るよ。

やる気ねえならやらなくていいから。

 

これは本当に。他のと違ってこれは正当性あると思う。

やる気ないって言われたらさ、もう終わりなのよ。

練習サボりいから来ませんでした、これももう終わりなのよ。 

 

別にそれならレースなんか辞めて他のことやればいいじゃん。

からそう思うから

こっちだってそんな奴に付き合わないから。 

 

休みをやったのに夜更かしして調子落として来るとか論外でしょ。

それで真面目にやってますって言われても「どこが?」ってなるし

レースで負けて泣いててもバカじゃねーかとしか思えないのよ。

一緒に泣けない。

 

から具体的に言うとキャラdisになるから言わんけど

設定なのか俺がやってる時の偶然なのか、やけにやる気ダウンイベント発生が多いウマ娘

ぎゅんぎゅん潜在意識下での好感度が下がっていっちゃうのよね。

下手すると嫌いになっちゃう。 

 

せっかくやってるのにキャラを嫌いにさせないでほしいし、

なんていうか「やる気が下がった」以外の表現にしてくれないかなあ。

バイオリズムが下がった」とかさあ。

やる気って言うと当人姿勢心の問題から

やる気ねえって言われたら「じゃもういいよやめちまえおつかれー!」ってなるの。

俺の中の運動部指導者が。

 

シャニマスやってたときも甜花ちゃんにむかついてむかついてどうにもならなかった。

なかなか上達しないけど頑張ってる、ならいいんだけど

そんなに帰りてえ帰りてえって言われたり態度に出されたりされると、体力満タンで何度も休み要求されるとさ、

「じゃあアイドルなんかやらないでいいし君は一生家でゲームしてればいいじゃん?誰も頼んでねえよはい終わり!」ってなるのよね。

 

 

4.まとめ

これらは書いてても血圧上がるぐらい腹が立つポイントなんだけど

運動部時代指導者に刷り込まれ価値観そのまんまなんだよね。

口調も脳内再生できるレベル

いね運動部って。

 

好きなウマ娘はゴルシです。

イカレ過ぎてて何が起きてもムカつきが発動しにくい。

逆にシリアスムードウマ娘は…

真面目に思い詰めてる風なのに何度もブロック負けしたり一度でもやる気ダウンしたりされると「は?」になる。

 

そういうことをしたとき指導者からモノ投げつけるぐらいのキレがあるのは正当なコミュニケーションだと思ってしまうんだよなあ。

指導者だって本当に必死メニュー考えて心血注いで見てるんだから(俺の指導者はそうだったよ)。

 

まあはてなから死ぬほど嫌がられる感性価値観なのはわかってるけど。

anond:20210421153020

自称なら対外的にはただのサボりなんだから問題ないんじゃない?

「たぶんADHDなんです~」で、そうかと納得する会社なんてないだろ

2021-04-20

サボりたいって、何欲求

仕事をしていて、サボりたいなって思うのは、何が原因で思うんだろう。

休憩したいなって思うのは、疲れから来ると思うんだ。

教えてほしい。

何もやる気にならない大学生の話

どっかの大学生自分の心を整理する為と承認欲求を満たしたいが為に投稿します。ただのチラ裏戯言です。



なんでやる気が出ないのか、という問いの答えが分からない。本当は働きたくないから、職に就きたくないから、とかなのかもしれない。それを認めたくない自分がいるのかもしれない。

毎年4月はやる気になる。よし今年はちゃんと頑張るぞ、1年間しっかりやり切るぞ、という風に自分に言い聞かせる。でも毎回ダメ。どうも自分はやる気が続かずに、休みがちになってしまう。1週間の5日間の講義のうち4日は休んでいるのが今の状況。どうやら大学行きたくないらしい。

よく親に問われる、本当に大学を出て働く気がある?なくはない。ちゃんと働いて親に恩返ししたいし、さっさと自立して誰にも迷惑をかけずに扶養から抜けて生活したい。働くのは嫌いじゃない、大学に入りたての頃は勉強がそこまで忙しくはなかったので飲食店バイトをしていた。その時の自分はわりとやる気に満ち溢れていたし、元気もあった。自分で働いて手にしたお金を通帳で確認するときは何とも言えない喜びを感じることが出来た。

では、今専攻している分野に興味がない?そんなことはない。大学在学中に色々実習をしたりしたが、どれもやりがいがあったし、何よりも楽しかった。あの頃は興味と探求心のおかげですんなりと勉強に身を入れることが出来てたかもしれない。自分の将来を見据えて行動が出来ていた気もする。今はどうか?正直なところ、自分の将来が見えない。自分が働いている姿、まるで想像がつかない。個人的にこれは少しマズい状況だな、と思う。


去年、自分精神的によろしくない状況なんじゃないか?と感じて精神科を受診しようと思った。予約しようと病院HPから予約カレンダーを見るとなんと2ヶ月先まで予約がいっぱいだった。話に聞いてはいたが、世の中には精神不安定な人がたくさんいることが分かって少しだけ安心した。朝一で行ったら診てくれるかと思ったが現実はそんなに甘くなく、「2ヶ月先まで予約がいっぱいで・・・」と門前払いされた。ああそうか、と思って帰ろうとしたら一瞬呼び止められ、「電話でも相談出来るので、いつでも相談して下さいね」と言われた。あの時自分はどんな顔をしていたんだろう、受付の人の憐みの顔が忘れられない。これは何の話?脱線たかもしれない。


もしかして自分うつ病の類じゃないのか?と思う反面、自分うつ病ではなくて単純にサボりたいが故に色々と理由を作って目の前の事から逃げ続けている臆病者だと思う。というか、大学に行っていない間は何も考えられずにぼーっとしていたり自分があまりにもゴミすぎる現状を嘆きながらベッドで悶々としていたりすることもあるけれど、大半は動画を見たりゲームをしたりして過ごしているからだ。自分視点で見ても、「甘えんなバカ野郎大学行け。」これに尽きる。本当にうつ病の人はもっと苦しんでいる訳で、こんな自分うつ病な訳ないでしょ。うつ病の人、ごめんなさい。

最近毎日自分という存在世界からまるっと消え失せて、自分存在証明するものが何一つとしてなくなって、家族からも友人からも忘れられたら良いのにな~とか考えながらぼーっとしている。本当に何してるんだ自分大学行けよ。

自殺を考えたときもあった。病気実家に帰っている時に、スマホメモ帳遺書を残して、その時治療していた病気の薬に睡眠薬的なものがあったのでそれを全部酒で流し込んで寝た。その後の事はよく覚えていないが、どうやら深夜に起き上がって真っ暗なリビングで立ち尽くしていたところを母親発見され、その場でぶっ倒れたらしい。目が覚めたら「自殺なんかするな」と涙ぐんだ顔と大きな声で怒られた。実家でやるあたり本当に死ぬ気がないし、もっと確実に死にたいなら首とか吊ればいいのに、母親迷惑かけてるし、今考えると本当にバカなことをしたんだなと思う。真に死にたい人はもっと確実な方法を選ぶだろうに。自殺成功する人は、こんな文章も書き連ねないし誰かに気付いて貰おうともしないだろうな。



自分の心の思うままに書いたつもりだったんだけど、結局のところ何が言いたいのか本当に分からなくなってきた。多分、自分はどうしてこんなにやる気にならないんだ?どうしてこんなに甘えた生き方をしてるんだ?こんな人生で恥ずかしくないのか?という問いの答えを誰かに出そうとしてもらっている。この時点で誰かに甘えているな、根本的に終わってた。格好つけた文章書いて、つらつらと長文垂れ流す自分に酔っている哀れな大学生自慰行為に付き合わせてすみません

自分の事は自分が一番よく分かってるから、最終的には自分で考えろやって話なんですけど、参考にくらいはさせて欲しい。


皆さんはどうやって人生にやる気を出していますか。

2021-04-19

anond:20210419164034

負担平等にしてしまったら、「じゃあみんなでサボりましょう」ってことになって、少子化が加速するんだよ。

根拠のないことを断定して言ってるw

馬鹿の極みだなw

anond:20210419163818

それは根本的な勘違いだ。

負担平等にしてしまったら、「じゃあみんなでサボりましょう」ってことになって、少子化が加速するんだよ。

負担を女にすべて押し付け、男が無責任子供を孕ませる形でしか出生率回復は望めない。

anond:20210419151605

そうはならんやろ。

それは女がサボりすぎ。

2021-04-17

女はイッたあと余計に感じやすくなるというのは嘘らしい……

風俗のお姉さんから聞いたとき仕事サボりたいだけだろと思ったが、どうやら本当らしい

イクと緊張が解けるので、確かにイクと余計に感じやすくなって快感地獄というのは道理に合わない。リラックスしてしまってチンポがたたない状態になるようなもんだ

イカせたあともガンガンついて快感地獄を味あわせたいという夢はここで終わった

2021-04-15

クッソむしゃくしゃしている

絶対上司に話しても無駄だと思っていた事をお局に報告しろってめっちゃ言われたから言ったらやっぱり無駄だった。

は?俺が馬鹿な奴なだけやん、すぐ近くでお局聞いてたのに何も言わずに帰りやがった。ふざけんじゃねぇよ。ゴミ

上司上司で君がその子をどうにかするのが仕事でしょ?その子仕事やらないから君がやるんでしょ?と言われた。お前もどうにかするんだよクソが。

からサボり魔のアルバイトがいて辞めていった先輩とかが注意しても直さん奴につい仕事をお願いしてしまった。とは言っても15分弱で終わるやつ。それをやらずにサボって俺が呼び出された。

これをついお局に愚痴ったのがいけなかったんだな、言っても無駄ですからって言えばよかったな〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!

俺がサボり魔のアルバイトに頼んだのが行けなかったんだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!

は〜〜〜〜〜〜あああああ!!!!!!!!!!!!!!!クソ会社

お局まじうぜぇし憎しみしか沸かん。

当たり前だが会社で信用してる奴なんて誰1人おらんし休みの日はお出かけしなきゃ損!な陽キャばっかなんだよな。

俺みたいな休みの日に引きこもってニコ生に入り浸りクソみたいな下ネタを聞いて草とかコメント打って1日を過ごす気持ち悪い陰キャと分かり合える訳ないだろ。

愚痴が止まら

上司大卒媚び媚び野郎

1年前大卒の子が入ってきたがその子オールになったとき「あ、じゃあ僕朝から出てきてあげるね」と言ってたらしい高卒の俺もオールなんだが?

今も1人大卒の子がいるがいやー俺と態度がまるっきり違うね、気持ちいね

俺に対しては仕事しない無能、話が通じない奴と思ってんだろうなぁ〜〜〜〜〜〜思われてるわ、絶対だって俺だけ他の職員仕事の内容違うんだもんな、俺に仕事押し付けてくるもんな。

明日仕事なんだよなぁ、上司いるんだよなぁ、行きたくねぇよ。

今は人手が足りず入社してすぐパワハラ受けた部署応援行かないと行けねぇし明日も行くんだろうなぁ

ハロワ行ってみたがいい仕事なんてなかった、そりゃそうか。

あとこんな陽キャだらけの職場はてな見てる増田いたらリアル声かけてくれよw絶対いないがなw

2021-04-07

テレワークのコツ

テレワーク生活になってほぼ一年がたった。

たぶん、コロナの状況に関わらず、この先ずっとテレワークだと思う。

俺はテレワークに向いていたと思う。心がけていることは以下。

・朝はちゃんと起きる。出社していたときとほぼ同じ時間に起きるようにしている。雨じゃなきゃ、近くの駅まで歩いて往復して気持ちを切り替える。

仕事は机と椅子でやる。最初の頃、ちゃぶ台みたいなとこでやってたら、腰痛がヤバかった。

・昼もきっちり12から1時間休む。

休みたくなったら遠慮なくゴロゴロする。とはいっても最大5分くらいまでにする。よく、テレワークサボりまくりヤバい、っていう話を聞くけど、やるべきタスクがあるのだから、最終的に帳尻があってりゃいいと思う。

雑談したくなったら同僚にチャットを投げる。相手の状況がわからないので、返事がこなくてもめげない。逆に、こちらがチャットを投げられても、対応できる状況じゃなきゃ無視

仕事が終わったら、仕事のころはきれいさっぱり忘れる。もともと、出社していた時も、オン/オフ結構はっきりさせていた。

意識高いことをしない。時間に余裕ができるので、なんか有益なことをしたくなるけど、長期間意識高くなんていられない。

まぁテレワークからといって、そんなに構えることなく、淡々仕事をするのがいいと思う。

たまに出社したりすると、刺激がすごくて、いか普段刺激のない生活を送っていることに気が付かされる。

この刺激のすくなさが、精神にいいのか悪いのかはよくわからない。

正直20代の人は、テレワークじゃないほうが今後の人生かに過ごせるような気もする。

2021-04-06

クリスチャンですが日本人無宗教だって言うと違和感がある

私はクリスチャンです。といってもカトリックのような懺悔だとかミサがあるわけではなく、割と自由な感じのプロテスタント教会クリスチャンです。日曜礼拝とかあるけど、サボってもそんなに怒られないし、私自身日曜礼拝サボりまくりダメダメクリスチャンなんですが。だいたい神様を信じたら、だいたいの「やってしまった!でも悔い改めるわ!」で神様は許してくれるのでな?ゆるいぜキリスト教プロテスタント

こういう感じで、ゆるふわ神様信仰しています教会宗派によっては厳しいとこもあるみたいですが。

で、なんとなく、増田にでも書いて、すっきりしようと思って書くのです。それは、日本人宗教観についてです。日本人無宗教だといわれますが、私にとっては違和感しかありません。

というのも日本人って、なんとなく神を信じていてなんとなく信じていいないだけなんじゃないかって思っていて、それは無宗教でもないよねというか。

しかに私のように一つの宗教を信じているって日本人は少ないと思います(一つの宗教を信じている中にも私のようにゆゆるふわふわ信仰している人もいれば、ガチ信仰している人もいるんですが)。

でも全く宗教を信じていないってわけでもないなって感じます。それはよく言われるように「初詣神社に行ったり、お葬式に出席したり、結婚式チャペル」みたいなことをするけど、「宗教を信じていない」というのから来ています

私にとっては意味が分かりません。矛盾しているのです。本当に宗教を信じていないならば、神社に行ったりなんかしないはずです。

また、アニメ漫画を見ていても、「神様」みたいなキャラクターが出てきたり、神話みたいなもの抵抗なく受け入れているのを見て、それって無神論者であれば受け入れられないと思います

それが古くから伝統から?慣習だから?みんなやっているから?と答えられますが、それこそ私にとっては「宗教信仰」なんですよ。

私の家も古くからキリスト教信仰しているから家の慣習で私もクリスチャンやっているだけなんですよね。

神様も「ぜったいいる!!」みたいな感覚というか「ああ、なんかいるよね~」って気分で信仰しています

ずっと解消されない疑問で、つまり、「無宗教」「なんの信仰もしていない」ってのになんで、みんな神社言ったり、お寺言ったりしてるでしょうか?という疑問が未だに解消されないので、ここに書いてすっきりしたいと思っていますがすっきりしないな。と。誰かすっきりさせてください...


追記

みなさんのコメントを見て、なんとなく理由が分かってきました。ありがとうございます。ですが、同時に私の疑問をもうすこしはっきり言語化すると、

例えば、みなさん、神社にお参りに行きますよね?その時に、手水で手を洗って、2回お辞儀して、2回拍手するらしいですね? それでお賽銭?というお金を投げ込んで、なにかお祈り(願いごと)をするらしいですよね?(実際には私は一度もお参りをしたことがないので実態が分かりませんが、人から聞いた話によるんですが)

これって、まさに何か信仰していないとできないことだと思うんです。でも、日本人は「無宗教」だというのがよく分からないのです。無宗教なのに、お祈りしてしきたり守って挙句の果てに献金(お賽銭)までしてる。

お葬式なんて、仏教行事で、なにかお坊さんがお経を唱えるのを訳も分からず、ずっと聞いているらしいのですが、僕らからすると牧師さんのわけのわからない説教を聞くのと同じようなもんじゃいかと。(ちなみに、余談ですが「教会に行くと洗脳されそうで怖い」って言われたりするんですが、「お経を聞いて洗脳されないの?」というのと似たような疑問を持ったりします。あと話が逸れますが、お坊さんのお経って日本語じゃないらしいのですが、なんで日本語で唱えてくれないのでしょうかね?だれも文句いわないんですか?)

でもコメントをみる限りそういうのを信仰と思っていないとか、「信仰自覚的ではない」んだなと理解しました。もしくは、「他の熱心な信者に比べると、信仰していないので無宗教」という感じですかね?

2021-04-03

新社会人に教えたい車のルール

新社会人の皆様就職おめでとう

労役を手に入れた皆さんは仕事運転することも多くなると思うのでアドバイスをしたいと思う

1.タクシーの後ろは走らない

理由:タクシーは客を探していたり客の指示で急に止まったりするので気をつけよう。後ろを走らないのがベター

2.トラック割り込みしない

理由:トラックは急には止まらないので割り込んでも止まってくれない場合がある。それは積み荷と人の命を天秤にかけて積み荷が高額品であれば止まらずにそのまま進めと習うから、命が大事なら割り込みしないように。

3.車の休憩は見えないところでする

理由:サボりたい時もあるだろう、そんな時は公園や見えない場所で休憩しよう。

間違っても営業ルートで休憩しちゃダメだぞ。取引先が見かけて相手職場あいつサボってたぞと言われるからな。

4.運転中に電話を触らない。

理由:危ない。

ハンバーガー食べながら運転しながら電話しながらメモ取ったりすることは出来るがそんな運転は危ないからやめよう。

5.眠い時は休め

理由:事故になる。

眠い時に限って事故を起こすので信号待ちのたびに目を瞑って休憩するようなレベルになったら大人しく休もう。目を瞑ったまま前進して前の車にぶつかるぞ。

以降、飽きたので誰かアドバイスあれば書いておいて

2021-04-02

「俺はもう年だし、引退も近いからさ」と言ってサボりだす高齢者

いやいや、定年退職まであと2年はありますよね??

給料泥棒を2年続けるつもりなんですか??

2021-03-31

生きるのって辛い

私は20代女、公務員だが休職中。復職絶望的だろうと医師から見解。診断はADHD気分変調症。そして回避性パーソナリティ障害

休職とは関係ないが持病で脳血管疾患(難病)とハウスダストアレルギーと成人アトピーがある。

両親や親戚はおらず、精神障害を持つ年の離れた兄がいる。

まり詳しく書くと身バレが怖いが、時々辛くなって自分語りをしたくなる。

正直現状めちゃくちゃに生きずらい。薬がないとまともに生活を遅れないが、目に見える形の障害がないため健常者として生活を無理やり送ってきた。くそ長いけど私の人生を知ってください。

まず小学校中学年まではそれなりの生活を送ってきた。一軒家で両親健在。収入はそれなり。

問題子どもへの愛がなかったことくらい。衣食住に金をかけてもらえず、幼稚園のころから同じ下着をずっと着ていたり、朝食は8枚切りの食パン半分だったり(朝食が出るだけ良いかもしれない)したが、その年頃の子どもは家庭内世界の全てなのでそれが当たり前だった。

父親仕事ほとんど帰らず家は母親の天下だった。帰宅すると宿題をやった後、母親マッサージ。兄が帰ってきたら交代して、両親が買ってきた教材をやる。母親の機嫌を損ねるとヒステリックに怒られたあと無視され、ご飯を抜かれる。テストの結果が100点以外でも似たようなことになる。たまに甘えたくなり母親に近づくと「ウザいから近寄るな」と突き飛ばされる。触れ合った記憶は機嫌が良い時に耳掃除をしてくれたことくらいしかない。なので父親が帰ってきたとき必死父親に甘えていた。母親はそれを冷ややかな目で見ていた。

両親は外聞を気にするタイプだったので、私たち下着ボロボロでも服はそれなりに綺麗なものを着せられていた。外での母は優しかったが、そこではしゃぎすぎると帰ってから調子に乗るな」と怒鳴られ叩かれる。いつも母親の顔色を伺っていた。

ある日の夜、私は全身麻痺を起こして倒れた。前々から半身麻痺の症状が出ていたが、両親に話してもまともに取り合ってもらえなかった。私は救急車を呼んで欲しいとお願いしたが、「救急車を呼ぶと近所で噂になる」という理由拒否された。結局麻痺が収まら呂律も回らなくなり、父親の車で救急病院に連れていかれた。1週間ほど入院したが、病院生活がとても楽しかたことを覚えている。

半年後に手術をする予定ですすめていたところ、母親くも膜下出血で倒れる。私の病気母親から遺伝だった。この際、母親我が家貯金を全額実家横流ししていたことが発覚して両親が離婚する。私たちは両親のどちらにつくか選ばされたが、こんな状態父親以外選べるはずもなく兄妹ともに父親について行く。手術は無事に終わった。

父親と兄と3人で暮らすことになり、平和になるかと思えば、父親母親と似たような人間だった。特に父親プライドが高く、少しの意見も口答えも許さなかった。まだ小学生だった私には生きるためにも父親の顔色を伺いながら生活を送るしか無かった。やはりテストの点は満点しか許されなかったし、褒める時は「俺の娘は他のバカとは違う」貶す時は「こんなの俺の前に出して恥ずかしくないのか」と常に父親が中心の声掛けをされた。そのうちテスト学校で捨ててくるようになったが気が付かれなかった。週に1回父親と家の掃除をやり、週に2回父親に連れられて買い物に出かける。父親は「年頃の娘と仲の良い父親」像に固執しており、出かけることを拒否したり、外で不満を口に出すと家に帰ってから怒鳴り散らされた。少し抵抗するような態度をとれば「俺にそんな態度とっていいとおもっているのか」と怒鳴られ、物をぶちまけられて脅された。この頃には自己主張ができなくなっていた。おまけに父親は娘を育てる知識がなく、極少ないナプキンしか買って貰えずしょっちゅう服や寝具を血まみれにしたし、ブラも買って貰えず膨らんできた胸が目立つのが嫌だった。生理ショーツや胸パット付き下着存在もこの頃は知らなかった。

兄は父親に反抗し帰宅が遅く、部屋に閉じこもりがちだった。父親は兄に興味がないようで成績以外で構うことがなかった。だが、お金ほとんど渡していなかったようなので兄の生活は苦しかったと思う。(進学校バイト禁止だった)父親からは兄の愚痴を聞かされ、兄から父親愚痴を聞かされた。

父親地域の人との関わりを嫌い、学校行事にも一切顔を出さなかった。保護者ありきの授業参観運動会はとても惨めな気持ちになって辛かった。周りに頼ることは恥ずかしいことだと教えこまれ、誰にも何も言えなかった。自己主張ができない私は友だちも少なく、地域との繋がりも希薄で家が世界の全てのようなものだった。中学生の時は部員との交流はあったが、土日に友だちと遊ぶことに父親が良い顔をせず深い仲にはならなかった。小学校高学年のころいじめあい学校行きたくない父親に打ち明けたが、「ゲームを買ってやるから行け」と言われてちゃんと行った。ゲームは年に1回誕生日にだけ買って貰えるものだったので、いじめに耐えるだけで新しいゲームができるならそれでよかった。これ以降父親になにか相談することはなくなる。

中学生になった私はADHD特性が顕著に現れるようになった。遅刻したくないのに遅刻してしまう、授業に集中したいができない等のストレスから解離症状が出るようになり、色々な場面で意識を失うようになった。他にも色々と要因はあった(父親洗濯を正しく行えず体操服がいつも生臭かったり)(家庭内でも意識を失うようになり起きていられなかったり)で不登校気味になっていった。その頃には父親学校に行かないことに文句を言わなくなっていた。それだけはありがたかった。

そんな最中父親会社をクビになる。私が中学生の時のことだ。パワハラモラハラサボりが原因だ。父親会社営業本部長で実質No.2(本人談)だったが、母親離婚してからどんどん帰宅時間が早くなっていった。職場まで車で2時間かかるのに最終的には朝は9時に家を出て、17時半には帰宅していた。あまりにも出勤時間が短いので大丈夫なのか聞いたことがあるが、営業先に口裏を合わせてもらって出張扱いにしているらしかった。とんでもないことだがさらに、「俺は他のやつらより効率よく仕事をしているから早く帰っても問題ない」と言っていた。今思うと頭がおかしいとしか思えない。そして女性社員気持ち悪いメッセージを送り、新人愚痴を言いふらす……典型的なとんでもパワハラクソ上司だった。そんなだったので部下から告発を受け会社を即日クビになったのだ。本人は「不当な解雇だ。裁判を起こせば俺が勝つ」と何度も言っていたが、自分に非があることはわかっていたのだろう。裁判は1度も起こさなかった。

クビになったタイミングが悪く家を立替えた直後だったため、収入必要だった父親コンビニ店長をやると言い出した。しかし、コンビニ経営するには連帯責任者としてもう一人人員必要になる。父親には友人が一人もいなかったし、親戚も一人もいない。そのため、他社に内定が決まっていた成人したての兄を連帯責任者として引っ張りこんだのだ。今まで見たことがないくら必死拒否をする兄を力で脅して内定辞退させ、結局二人でコンビニ経営することになった。

その後研修のため2週間家を空けるとの事で、私は児童養護施設一時的に預けられた。そこで、我が家生活が異常だったことを知る。皆が好きなように時間を過ごし、ルールをこっそりやぶって笑いあったり、ご飯がまずいと文句を言ったりのんびり団欒を過ごしたりする。私はそこで初めて家庭の温かみを感じた(違うかもしれないが)、家庭の会話に温度を感じたのが初めてだったのだ。予定は2週間だったが、直前で兄が家出をしたため結局1ヶ月をそこで過ごした。兄は警察保護され、父親研修を受け、私は最終日に家に帰りたくないと大泣きした。そしてコンビニ経営スタートする。

そこから半年ほど私は廃棄のコンビニ弁当だけで生活をした。父親と兄はローテーションでひたすら無休で働いていた。生活リズムはめちゃくちゃだった。兄は父親への反抗で風呂に入らず出勤したりしていた。4日風呂に入っていない兄は汚くて臭くて嫌だった。これでコンビニ接客してるのは今考えてもやばい。私は父親に捨てられることが怖くて、反抗はできなかった。食器を並べる時、父親の箸を少し崩して置くのが小さな抵抗だった。父親メニエール病発症していたがそれでも休むことはなかった。「このままじゃ破綻すると思う」と声をかけても「私への誕生日プレゼントとして休みを取ってほしい」と声をかけても「俺の仕事に口出しするな」と怒鳴られ物を投げられて終わった。いつか父親死ぬだろうなと思った。死んだ。

中2の冬のある日。父親が死んでいた。

その頃の私は起きられている時に父親学校に送迎してもらっていた。その日もいつも通り学校へ乗せていって貰おうと思っていたが、寝室に父親がいない。トイレにもリビングにもいない。家中探してもいない。けど、外に車はある。そうして車を覗きに行くと、眠るように死んだ父がいた。最初普通に眠っているのかと思ったが、こんなに寒いのに白い息が出ていなかったため何かがおかしいと思った。大声で何度も父親に呼びかけるがピクリとも動かない。何度も何度も呼びかけても動かなくて混乱した私は中学校の先生電話をかけた。

それからはあっという間で先生が来て、警察が来て、救急車も一応来て、警察の人に「恐らく煉炭を使用した一酸化炭素中毒による自殺事件性はない」と説明を受けた。兄はコンビニに出勤していたので、事情聴取は私が受けた。警察の人に色々教えて貰って、家族葬の予約をとって父親を骨にした。

父親のために生きていたようなものなのに捨てられたんだなぁと思った。私と兄はみっともなくあがいて生きてまでどうにかしてあげたい存在ではなかったんだなって。

この時から私の内側の時間は止まっている気がする。

ちなみに母親は、父親の死を知り家に押し入って来て、殊勝な態度で「また一緒に暮らしたい」と言ってきた。どの口がと断るのだが断った途端に豹変し、ズカズカと家の奥へ踏み込んで家探しをして貴金属を持ち去っていった。

兄は対人恐怖症で私以外とまともに会話ができないので、来客や自治体等の対応は今も昔も私がしている状態だ。

なんか思い出してつらくなってきた。

この後のことは簡単説明する

・しばらく兄妹で生活する

精神科入院する(半年ほど)

退院と同時に児童養護施設入り(中3)

・入れ違いで兄が入院

高校進学。兄、就職

・兄が家事できず家がゴミ屋敷になる

・またも解離症状が出るも施設から理解がない

施設に馴染めず入院から退院

・安定して通学できず単位が危うくなるも担任先生サポートでなんとか進学

ADHDの診断を受けるがやはり施設から理解がない

・薬でなんとか通学できるようになる

公務員を目指す

・なんとか内定をもらい高校卒業する

施設を出て家に戻る(ゴミ屋敷)

公務員就職

パワハラやら元々の特性やらでぐちゃぐちゃになり休職

半年くらいの入院生活人生で1番楽しかった。

ゴミ屋敷支援員の方々の協力で脱却した。別に綺麗ではないけれど。

休職して半年ほど経つけれどいまだに無気力で何も出来ない。人とのコミュニケーションが怖いし、他人を信用できない。体調が良くなっても性格が、性格が良くなっても、特性人生邪魔をする。

目の前のことに必死すぎて友達ほとんどいないままここまで来てしまった。というか人の頼り方がわからなくて信頼関係が誰とも築けない。誰と話しても気を張ってしまう。相手不快にさせないようにと顔色を伺ってしまうし、自分自分を大切にできない。

兄は給料が少ないことと友達がいないことを度々気にしながらも、趣味ゲーム息抜きしながらなんだかんだ楽しそうに生きている。今はウマ娘にハマっているようだ。よく私に育成の楽しさを語ってくれる。

現状生きてれば良し、面倒なことは後回しで良くも悪くも細かいことは気にしない性格なのだ。私もそうなれたら良いのだが。

なんか今まで色々、色々あったけど社会に出たら一人の人間しかない。親ガチャの失敗のせいにしたいけど、毒親持ちでも立派にやってる人はたくさんいて、自分を褒めてなんてあげられない。

これからどうしたらいいのかビジョンも何も浮かばないよ。死ぬのは怖いから生きたいけど、生きるのは辛いよ。

2021-03-25

大学普通に卒業してるやつはFAKE

友達A、ゼミサボりまくって無事留年していて、君こそスターだと思った

友達B、さんざヤバいヤバい言ってたのに卒業しやがって、着飾った姿をSNSにあげてすらいた

卒業できると思ってなかった」って言葉に嘘がないであろうことはわかる

だってそうだから

でも俺は、卒業できる可能性もある以上、留年だの何だの言うのはFAKEかもしれないと思って、だから黙っていたんだ

結果としてFAKEにならずにすんだ

そもそもREALだっていうフリをしてなければ、FAKEもなにもねえんだ

ビニールシート見て「これはフェイクファーだ」なんて言うやつがいねえのと同じ ポリ袋みて「これはルイヴィトンの偽物だ」って言わねえのと同じ

最初から名乗らなきゃいいんだ

REALさが足りないな、足りてない可能性があるなと思ったら、REALのフリすんじゃねえよ

テメエはなんだよ カス

卒業可能性を少しでも感じてんのに留年を匂わしてんじゃねえよ

ガッカリするだろうが

俺は……ガッカリした

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん