「逝去」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 逝去とは

2019-09-05

なんとかイチローがゴロに使えそうな歴史上の有名人

616ごろ聖徳太子 (622聖徳太子逝去

716ごろ藤原不比等 (718養老律令

816ごろ空海 (816政権検非違使設置の様子)

916ごろ醍醐天皇 (927延喜格式(967施行))

1016ごろ藤原道長 (1016摂政1017太政大臣

1116ごろ白河上皇 (1098源義家昇殿許可

1216ごろ北条義時 (1221承久の乱

1316ごろ後醍醐天皇(1317文保の和談)

1416ごろ足利義持 (1619応永の外寇

1516ごろ大内義興 (1523寧波の乱)

1616ごろ徳川家康 (1615大坂夏の陣、1616家康没)

1716ごろ徳川吉宗 (1716~45享保の改革

1816ごろ杉田玄白 (1815『蘭学事始』)

1916ごろ大隈重信 (1915対華二十一か条要求

2016ごろイチロー (2016MLB3000本安打

2019-08-09

2019-07-18

anond:20190718101231

はー? 3の直後? ウッディがボニーに遊ばれなくなってからだいぶ経ってるのにー?

その間にアンディが「死んでる可能性がある」等とは考えられないのか。

ウッディやバズ等がウッディとその間わずかでも再会しているシーンが存在していないことから生存していない可能性もあるし、ウッディらはもうアンディとは関係性が無い=(物語上)アンディは逝去している」とも考えられんのか。

そんなんだから適当レビューに騙されるんだぞ。

anond:20190718093230

真面目に聞くけど「衝撃的」と言えるほどのインパクトがある話か? アレ。

ウッディのウッドボールがいくつか無くなろうが別にCVが唐沢敏明から大谷育江になるほど変わるわけでは無し。

既にアンディが逝去した後の時代の話なんだし、別にあれはあれで少し違和感はあっても自然範疇だと思うんだが。

2019-07-01

喜多川右府薨去の事

天下布武を唱え、腹心であった飯島摂津守及び家臣団五人衆、すなわち中居弾正、木村内匠、稲垣五郎右衛門、香取金吾、草薙武蔵らの離反も、その強大な力により押し潰し、今や鳥を落とす勢いであった喜多川右府が、突如、京にて薨去されたとの噂が、日の本じゅうを駆け巡った。

ある者は流行病によるものと噂し、またある者は家臣による毒殺とも噂しあったが、果たしてその真相は、右府の生死も含めて杳として判らなかった。

マスメディアが十分に発達した現代とは違い、当時は、重大な事件は全て人々の口伝えに頼らざるをえない。戦国武将達は、不確かな状況の中で自らの去就を決めねばならず、その対応如何によって、ある家は栄え、ある家は滅びるといった悲喜劇が、絶えず繰り返されたのであった。

ところで、右府のもとには、二人の有力家臣がいた。木村内匠と滝沢左近である

木村内匠については、飯島の乱において仲間の謀議を主君へ密告した功により取り立てられ、右府からの覚えもめでたく、非常に権勢を振るったことは、既に述べた。(https://anond.hatelabo.jp/20160119162624

もう一人の重臣滝沢左近は、元は一介の素浪人であったが、右府に仕官すると俄に頭角を現し、今や右府の最側近として大いに活躍していた。

さて、両者ともに、この悲報に接したのは、京から遠く離れた土地であった。

その時、木村内匠は、右府の命を受けて城攻めを行っていた。梅雨空の下、城の周囲に幾重にも堤を築き上げ、増水した川の水を中へ流し込む「水攻め」を行うこと約1ヶ月、もはや天守は湖の中の孤島と化していた。

「ってゆーかさぁ、もうそろそろ落ちるんじゃね?」

そんなある晩のこと、勝ち戦への楽観が広がりつつあった木村陣営に、突如、右府逝去の激震が走った。京からも離れていたため情報錯綜し、いつしか町奉行である東山越前守により弑逆されたとの誤報にすり替わっていたのだった。

突然の悲報に接し、大声を上げて悲嘆する木村内匠に、その妻、静御前冷徹言葉を投げかけた。

「殿さま!今すぐ京へ引き返して、逆賊越前守を討ち滅ぼし、御館様の無念を晴らすのです!」

「よく言うた。それでこそ我が妻よ!」

木村は電撃を受けたように飛び上がると、すぐさま敵方講和を取りまとめ、全軍を京へ向けて引き返し始めた。

一方、滝沢左近は、遠く関東にてこの悲報に接した。ただし、右府の側近中の側近であったことが幸いし、在京東山越前から直接、正確な情報書簡で受け取ることとなった。滝沢左近は、俄に活発化した敵勢と対峙しつつも、手堅く京へ軍勢を引き返した。

実際のところ、この時点では右府はまだ逝去してはいなかったが、今で言うところのクモ膜下出血により、ほぼ危篤状態であったらしいので、死へ向かいつつあったというのが真相であろう。だが、意識を失う直前、右府は「余の影武者を立てて、死を三年間、隠すように」との遺言を、側近の東山越前守へ伝えていたため、先のような虚実入り混じった噂話を生む結果となってしまったのだった。こうして、両者が接した情報の確度の違いが、やがて両家の命運を全く違うものにしてゆく。

まずは木村内匠であるが、弔い合戦のつもりで軍勢摂津山城国境山崎まで進めたところで、東山越前守の軍勢対峙することとなった。

東山越前守は単騎で進み出ると、大音声を上げた。

「やれ、賊軍ども、なにゆえ京へ攻め上った!御館様に楯突くものは、尽く成敗してくれる!」

木村内匠、答えて曰く、

「傍ら痛いわっ!お前こそ、御館様の亡き後、政を私しようとする賊軍であろう!」

「何をたわけたことを!ここに、御館様はおわすぞっ!」

銅鑼の合図とともに東山軍が左右に割れると、その間から見覚えのある輿が進み出てきた。そう、それは右府の豪奢な輿であった。

「やばっ!御館様!」

突然の状況に、木村軍は戦わずして敗走を始めた。更に間が悪いことに、関東より引き上げてきた滝沢軍が退路を断つ形になり、木村軍は徹底的に殲滅されることとなった。

ちなみに、東山越前守の機転によって引き出された輿であったが、その中には、既に意識のない主人が乗っていようとは、木村内匠は知る由もなかった。

こして敗退した木村内匠は、ひとり戦場より落ち延びると、ある禅寺でひっそりと出家して生き延びたという。一時は、かつて裏切った自分主君であり、既に出家して名を改めていた飯島摂津守の元に、弟子として身を寄せていた時期もあったようであり、何とも皮肉人生である

2019-05-05

anond:20150611172736

・易簀されよ

逝去されよ

・閉眼されよ

・絶息されよ

・登仙されよ

入滅されよ

物故されよ

・西への旅路を歩まれ

・永く隠られよ

・永く眠られよ

貴方バケツを蹴りたい

貴方香典を支払いたい

貴方戒名で呼びたい

貴方に神になって欲しい

貴方の名をエピタフに刻みたい

貴方冥福祈りたい

貴方を供養したい

貴方過去帳で見たい

貴方パスアウェーしますように

・魚と寝ていただきたい

2019-04-28

人生フローチャート

誕生保育園幼稚園小学校中学校高校大学社会人結婚子育て→両親逝去子供育つ→老後→死亡

一部順番があれだけど、大体こんなもでしょ?そんでもって、ここに趣味だとか転職だとか病気だとか色々あって

最後は何をどうしようが絶対死ぬわけだ。

どれだけ最大最強究極無敵かと思えた奴がいても最後死ぬって考えると気分が良くなるよな。

スティーブジョブズだって死んだし、金持ち貧乏人も最後は等しく死ぬというのが最高の仕組みだと思う。

俺よりずっと幸せな奴が、あるとき、老人が運転する自動車に轢かれて死ぬという最後を遂げるかもしれないし。

死が平等にくるってこれが良すぎる。

2019-04-08

2019年今日までにyoutubeで起きた事柄

・Shamu事件2018年末より継続

MEGWIN TV事件2018年末より継続

アバンディーズエイジさんご逝去

・VAZ給与未払い・いじめ事件

ヒカル、悪くないのに文春砲直撃。

ゆりにゃまた浮気

中学生youtube研究家、有名youtuberにもトーク力を認められるも、特定された事により惜しまれながら「義務教育終わるまで」活動休止

・毒を盛られたSEIKIN流行

・コレコレ/よりひと等googleジャパンから釘を刺されて動画大量削除

・AAAJoken、大麻持ってて逮捕

東海オンエア、そろばんDIS炎上。ついでにそろばん講師がキレてこっちも炎上

youtube活躍してるyoutuberにキャリーバッグをプレゼントするも、まぁたそ宛にふくれなの名前入り、スカイピース宛に東海オンエアの名前入りを送りつける大失態

ねこてん、体重やばい

ラファエル、メインチャンネルBAN

・「動画無しで登録者10万人チャレンジ」のチャンネル、2年弱で10人達

・おっP、未成年強制猥褻

ヴァンゆん、ビッグマックポテトをぐちゃぐちゃにしておにぎりにして炎上

ヴァンゆん、10いいね来たら付き合う動画を出す。10いいね達成するも時間がかかった事を理由拒否。何も無しってのは悪いからと特別企画の代案を3つ出すが、どれにするかはいいね数で決めるという事で露骨評価稼ぎで炎上

ヴァンゆん、10いいね来たら結婚する動画を出す。時間反故にされた前例があるため今度は3時間で達成。しかしその後ウソでしたという動画をアップして炎上

ゆきりぬ、クロちゃんセクハラされる

・わかにゃんの暴走、VAZ事件掘り返し

和田さん。、イベントの告知をするも場所を「まだ秘密」にしていた事を忘れてそのまま受付終了。テンパってその後の対応グダグダ活動を一時休止。現在は再開。

・コレコレ、「家出少女で男を釣る」生配信が「嫌がらせいじめ禁止」に抵触して生配信強制終了される

・フィッシャーズパークで流血事件

・たっくーTV、ついにゆゆうたを通じて水溜りボンドのカンタコラボ燃え尽きて活動休止現在は再開。

・イワマン活動再開

・ぷろたん、丸の内OLレイナ交際

えっちゃんねる悦子、編集のオルハと交際

レペゼン地球、四月いっぱいで活動休止

・へきトラハウス解散

ゲーム部、パワハラ事件

カリスマブラザーズ、解散

デカキン、ついにヒカキンに会う。号泣

松居一代ニューヨークで超高級マンション購入

・よりひと、「女は男よりも下の人間」「ガキ利用して金儲けて何が悪い発言炎上謝罪して活動休止を発表→休止期間5分、活動再開

・よりひと、通信制高校バカにして炎上

・よりひと、キャスでしょへーの害悪ファンを煽る。害悪暴走して不仲説を流されたり、よりひとと縁切った方がいいとしょへーにDMを送るなどする。ちょうど動画をあげていなかったため病んで休止したと勘違いされる

テーマパークに来たみたいだぜ

2019-04-01

なぜ捻くれ者はイチロー引退ときも、新元号発表のときも、水を差すのか

イチロー引退の折、一部の日本人が「イチロー韓国に対して差別的発言をした」ということを主張した。そこにはインテリで売ってる芸能人もいた。

イチロー引退して、世間の人が注目していることはイチローの去就と輝かしい軌跡であって、他国に対する侮蔑的感情を知りたいわけではないし教える必要もない。

新元号発表の今日も、やはり一部の日本人典拠が実は漢籍にあったのに意図的に外したとか首相人格批判政権批判を行っている。

新しい元号とはなんの関係もない批判である元号に「安」の字が入っていないことで正面切った批判を行えない連中は転び公妨を狙う警官のようにアチラコチラとつまらない言いがかりを続ける始末。

彼らの共通点は「左巻き」という点で一致しており、左巻きは捻くれ者の巣窟なのだなあと納得する。

国民がすべきことはこのひとつきで気持ちを新たにし一丸となって成長することであり、秀でた人、頭に立つ人の足を引っ張ることではないのだ。

これは予言だが、某国民的RPG作曲家逝去されたときも奴らは政治信条に則って個人攻撃をするだろう。死体蹴りをしてニヤニヤしている様は想像に難くない。

令和元年、左巻きの面々がネットから何らかの形でまとめて消えることを願ってやまない。

2019-02-21

anond:20190220202245

介護はその身にならないと難しさがわからないおじさまがたは本当におおくて、しかしおじさまがたに限らずおばさまがたにもおおくてあれは心荒んだ。

楽だった方の祖父祖母自分たち用立て認知症が進む前に自分で墓まで用意して、かつそんなに長くなかったけど、実のところそれでも五千万出してったし、あれだけ払えたから楽しく頼めたのであって、あれが自分とき絶対に出来ないなとおもった。

金がかかる限り、どこかで折り合いをつけるしかないし、それは、自分生活介護の終わり、つまり介護者の逝去まで維持出来るところに置くべきだよ。

十八年もやってきたのは本当に凄いし、その程度のことなんかじゃない。いまから若い頃を取り返す、のはムリだから、むしろから楽しくできるように、すこしずつでも自分人生とのバランスを取り直していいんだ。いいんだよ。

2019-02-09

咲夜先生 ご逝去のお知らせ

https://www.tugikuru.co.jp/2019/02/post-1.html

2019年1月27日、「カットペーストでこの世界を生きていく」の著者・咲夜先生がご逝去されました。

ここに心より哀悼の意を表し、生前の弊社レーベルでのご貢献に深く感謝を申し上げるとともに、

謹んでご冥福をお祈り申し上げます

ツギクル株式会社

冥福をお祈り申し上げます

2018-12-06

SNSメンヘラ

私は自称メンヘラだが、おそらくメンヘラという字面を見て皆様が想像したメンヘラとは少し違うと思う。

リストカットを図った時は人生で一度もないし(だって痛いのはいやだ)、自撮り晒して「かわいい?」と聞きまわった時もない。

彼氏から電話がくるのは面倒くせえなと思うタイプだし(一人の時間の方が好きだ)、別れたら別れたで多分一人を満喫することもできる。

ではどのようにメンヘラかというと私はTwitter愚痴や弱音をクソほど垂れ流すタイプメンヘラなのだった。

恐らくこれを読んでいる皆様の中にも該当する人がぱっと思い浮かんだのではないだろうか。いやあるいは皆様がSNSメンヘラなのかもしれないけども。

仕事疲れた時やわけもなく夜落ち込んだとき人間関係に行き詰った時に脳内もやもやをそのまま特にフィルター掛けするわけでもなく

みんなのTLにこんなの流したら迷惑かな……と理性で押しとどめることはなく、そのままドバっとTwitterに吐く。迷惑

「私ってなんの為に生きてるんだろう…」「みんなに必要存在なのカナ…」「こいつどんだけ無能なんだよ…」「取引先ご逝去遊ばさないかな…」

と言ったまぁ見るも不快文章をなんの躊躇いもなくTLに垂れ流しである迷惑

愚痴用のアカウントとか作ろっかな!なんて思ったが多分私は『誰かに私は今辛いんだぞということを知らしめたい』という謎承認欲求を持っているので

フォロワーもいない愚痴垢なんかで愚痴を吐いたところで全然満たされないのだ。迷惑

まぁ迷惑なのはとってもよくわかっている。見て気持ち良いものじゃないしね。

いいねとか押していいの?って悩むし、励まさなきゃいけなかな?って思ったりする人もいるかもしれないし

そもそも悪口とか愚痴とか聞くためにSNSやってるんじゃねぇよ!って人もいるし。

でも私は逆に上司や同僚や彼氏に会話とか電話の中で愚痴言われると「いやTwitterで言えよ」って思うんですよ。

だって直接聞いたら絶対リアクションしなきゃいけないじゃん。Twitterだったら最悪見て見ぬふりできるじゃん。

愚痴の取捨選択権くらい与えてくれ。

話が逸れた

別に吐き出した愚痴に対してのリアクションは正直求めてない。

あなた必要な人だよ」とか「仕事お疲れ」とか言ってほしいわけじゃない。まぁ言われたら嬉しいけどそれは必須じゃないし。

ただ「誰かの目に触れている」事実があれば概ね満足なのだ

あーこいつ疲れてんだなー。ドンマイ。くらいの意識を誰かに抱かせることができればSNSメンヘラ私としては本意気だ。

なんて控えめな承認欲求

ってさっきまで思ってたんだけどね、twitterで「愚痴垢作った方がいいカナ…」ってかまってちゃんツイートしたら何人かからふぁぼが付いた上にそのあと

「よかった…」って呟かれたわ

悪かったな!!!!!!!!愚痴がな!!!!!!!うるさくてな!!!!!!!!!!!!

もうリムーブしてくれ別にいから。

いや「よかった……」が私に向けたツイートなのかとかは全然知らん。

そこはSNSメンヘラ特有エアリプは全部自分に対して放たれてるって思いこむ事象しかない。

SNSメンヘラはいとめんどくさき存在なのでそういうとこ微妙に繊細だ。

SNSでメンをヘラっている代わりに、SNS愚痴を吐き散らかしてスッキリしたリアルの私は友人にけっこういつもにこやかに接してると思う。

約束眠いとかゲームしたいとかい理由キャンセルされても、貸した金帰ってきてなくても、

「いいよ、あなたも疲れてるもんね」とかそういうセリフがいえちゃう私だ。すごいぞ!書いててちょっと腹立ってきた。

何が言いたいかというと、私のようなSNSメンヘラをTLに抱えている人は

見られながらじゃねえと痰を吐けないクソメンヘラもいるんだなと生暖かく見守ってほしい。

別に嫌ならリムーブしてくれたってかまわない。リアルで仲良くしているからってSNSでも絶対仲良くしなきゃいけないわけじゃないし。

SNSではさようならしてもあなたが私の友達であることは変わりないので、気軽にリムーブしてほしいと思っている。

この文章を私のフォロワーが見てくれればいいのにとは思うが正直TLで話す勇気はない。

これでこそSNSメンヘラの本髄ともいえるのではないだろうか。(?)

2018-12-03

はてブヘッドライン

長谷邦夫さんご逝去夏目房之介の「で?」

http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2018/12/post_6335.html

というのがあって、

人が亡くなってるのに「で?」はないだろ房之介と一瞬思ったが、もともとそういうコラムなのだろう。

こういう名前で誰かに言及するのはあまりよくないような気がする。

「正直どうでもいい」という漫画レビューブログがあった(確認したら移転してほんのちょっとだけ名前が変わっていた)。

そこもなにか漫画感想を上げると

>『秒速5センチメートル感想。 - 正直どうでもいい

てなことになるので、ちょっとなあとか思いながら特に指摘や口出しなどはしなかったが、そんなこともふと思い出した。

2018-11-19

ツイッターで擬似的な死を楽しんでいる

ツイッターアカウントをいくつか持っていた。

どれも五年以上前に作ったものだ。それぞれに繋がりはなく、名前も違うしツイートの毛色も違う。趣味で切り分けた独立アカウント。そしてそれぞれによく話す仲の良いフォロワーがいる。

半年前、仕事生活上の様々な不安小学生の頃から持っていた希死念慮がぐちゃぐちゃに混ざって、その中の一つのアカウントで死亡宣告をした。

遺族になりきって、「〇〇の親族です。〇〇は先日逝去いたしました。生前〇〇と親しくお付き合いいただいた皆様、どうもありがとうございました」

というふうに。亡くなった芸能人ツイートを参考にしてそれっぽい文面にして、葬式など様々なドタバタを暗に臭わせるために死亡設定日より期間を開けたりなんかもして巧妙に。

ツイートした直後、後悔した。なんでこんなことしたんだろう、意味がわからない、でももう呟いてしまたから消すわけにはいかない。

でも、そのアカウントで仲良くしていたフォロワーの一人がそれを拾った途端、後悔がぞくぞくとした快感に変わっていった。

「〇〇さん!? 嘘だ......」「そんな......よく話していたのに亡くなるなんて......」

私のために悲しんでいる。リツイートが増え、私の名前を見たことがある程度の人までご冥福をお祈りしている。彼ら彼女らにとって、私は死者になったんだ。

すごく気持ちが良かった。私が死んだだけなのに、こんなに多くの人がその死を悼んでいるのだという快感

私の冥福を祈っている人たちのツイートを見ながら、私はにやにや笑っていた。

以来、私は一定の間隔をあけながら、私自身を死なせている。何度も死なせていたら当然アカウントが足りなくなってくるから、新しくアカウントをつくってまた別の関係を構築し直す。タグをつけているツイートを探してその人の作品趣味共感してあげたり、まめにいいねリツイートをしてあげたり、「おもてなし」をしてあげさえすれば、ツイッターで人と仲良くなるのは簡単だ。もちろん、悼んでくれるような人を作るまでは時間がかかるから簡単といっても短期間ですぐに作り上げられるというわけでもないけれど。

ともかくそうやってコミュニティに参入したら、頃合いを見計らって私は死ぬ。死因は様々だ。事故死、病死自殺はうまくやると本当に気持ち良い反応が返ってくる。

何で気づいてあげられなかったんだろうとか、そういえばあの時のツイートは、とか、まだ若いのに、とか色々好き勝手に私の自殺の要因を想像している。愉快でたまらない。そういうツイートを見ているときがたぶん私にとって一番幸せ時間なんだろうと思う。

この前もまた私は死んだ。平成が終わるまでに、あと何回死ねるか。次はどんな死因にしようか。どんな訃報の文面を作ろうか。今日もそんなことを考えてわくわくしながら、私は呟いている。

追記

こんな日記なんて早々に流れに飲み込まれて消えると思っていたから、反応があって驚いている。賛否はともかくとして自分の書きなぐったものに反応してもらえることは、ご冥福を祈られるのとはまた違った嬉しさがあると知った。

趣味の悪いことだというのは自分でも重々理解しているのでそれは脇に置いておいて、私がアカウントを作る際に心がけていることとして、「ヘイトを溜めない」ことがある。

ツイッターにおける人間関係は、実社会よりはるかに作りやすいことはすでに書いたが、同時にそれはきわめて脆くもある。

ミュートやブロックという形でその人をいなかったことにできる機能があるし、訃報に触れる心持ちにしても、ネット上だけで関わりがあった人の訃報は、実際に対面したことのある人の実感的なそれより軽い。

からこそ、人が(本当に)死んでいるというのに、その人に対してヘイトを持っていた人は、ネット上においてはその死を平気で喜べる。実生活でそんな態度を露骨に表に出す人はほとんどいないことを考えれば、この点は了解してもらえると思う。

そして、そのような反応は、私の求めているものではない。

良質な冥福は、良質なユーザー死ぬことでしか起こりえない。私が平穏に悼まれるためには、関係悪感情を挟んではいけない。

から私のアカウント平和ツイートばかりだし、センシティブ話題には触れないよう心がけている、ということを追記しておく。

消されたら嫌だから取っとく

anond:20181118011243

2018-11-18

ツイッターで擬似的な死を楽しんでいる

ツイッターアカウントをいくつか持っていた。

どれも五年以上前に作ったものだ。それぞれに繋がりはなく、名前も違うしツイートの毛色も違う。趣味で切り分けた独立アカウント。そしてそれぞれによく話す仲の良いフォロワーがいる。

半年前、仕事生活上の様々な不安小学生の頃から持っていた希死念慮がぐちゃぐちゃに混ざって、その中の一つのアカウントで死亡宣告をした。

遺族になりきって、「〇〇の親族です。〇〇は先日逝去いたしました。生前〇〇と親しくお付き合いいただいた皆様、どうもありがとうございました」

というふうに。亡くなった芸能人ツイートを参考にしてそれっぽい文面にして、葬式など様々なドタバタを暗に臭わせるために死亡設定日より期間を開けたりなんかもして巧妙に。

ツイートした直後、後悔した。なんでこんなことしたんだろう、意味がわからない、でももう呟いてしまたから消すわけにはいかない。

でも、そのアカウントで仲良くしていたフォロワーの一人がそれを拾った途端、後悔がぞくぞくとした快感に変わっていった。

「〇〇さん!? 嘘だ......」「そんな......よく話していたのに亡くなるなんて......」

私のために悲しんでいる。リツイートが増え、私の名前を見たことがある程度の人までご冥福をお祈りしている。彼ら彼女らにとって、私は死者になったんだ。

すごく気持ちが良かった。私が死んだだけなのに、こんなに多くの人がその死を悼んでいるのだという快感

私の冥福を祈っている人たちのツイートを見ながら、私はにやにや笑っていた。

以来、私は一定の間隔をあけながら、私自身を死なせている。何度も死なせていたら当然アカウントが足りなくなってくるから、新しくアカウントをつくってまた別の関係を構築し直す。タグをつけているツイートを探してその人の作品趣味共感してあげたり、まめにいいねリツイートをしてあげたり、「おもてなし」をしてあげさえすれば、ツイッターで人と仲良くなるのは簡単だ。もちろん、悼んでくれるような人を作るまでは時間がかかるから簡単といっても短期間ですぐに作り上げられるというわけでもないけれど。

ともかくそうやってコミュニティに参入したら、頃合いを見計らって私は死ぬ。死因は様々だ。事故死、病死自殺はうまくやると本当に気持ち良い反応が返ってくる。

何で気づいてあげられなかったんだろうとか、そういえばあの時のツイートは、とか、まだ若いのに、とか色々好き勝手に私の自殺の要因を想像している。愉快でたまらない。そういうツイートを見ているときがたぶん私にとって一番幸せ時間なんだろうと思う。

この前もまた私は死んだ。平成が終わるまでに、あと何回死ねるか。次はどんな死因にしようか。どんな訃報の文面を作ろうか。今日もそんなことを考えてわくわくしながら、私は呟いている。


追記

こんな日記なんて早々に流れに飲み込まれて消えると思っていたから、反応があって驚いている。賛否はともかくとして自分の書きなぐったものに反応してもらえることは、ご冥福を祈られるのとはまた違った嬉しさがあると知った。

趣味の悪いことだというのは自分でも重々理解しているのでそれは脇に置いておいて、私がアカウントを作る際に心がけていることとして、「ヘイトを溜めない」ことがある。

ツイッターにおける人間関係は、実社会よりはるかに作りやすいことはすでに書いたが、同時にそれはきわめて脆くもある。

ミュートやブロックという形でその人をいなかったことにできる機能があるし、訃報に触れる心持ちにしても、ネット上だけで関わりがあった人の訃報は、実際に対面したことのある人の実感的なそれより軽い。

からこそ、人が(本当に)死んでいるというのに、その人に対してヘイトを持っていた人は、ネット上においてはその死を平気で喜べる。実生活でそんな態度を露骨に表に出す人はほとんどいないことを考えれば、この点は了解してもらえると思う。

そして、そのような反応は、私の求めているものではない。

良質な冥福は、良質なユーザー死ぬことでしか起こりえない。私が平穏に悼まれるためには、関係悪感情を挟んではいけない。

から私のアカウント平和ツイートばかりだし、センシティブ話題には触れないよう心がけている、ということを追記しておく。

2018-10-31

警察クビ漫画チラ裏感想

初老教官諸悪の根源指導方針なのか本人の教育観か知らないが、どちらにせよ人として死んでいる

加害者全員本名曝せばいいんじゃないかな☆

見て見ぬふりも加害者と同じだけど、徹頭徹尾見て見ぬふりで陰口すら一切加担しなかったのならまあ環境的に仕方ない

バカッター特有(いやどこでもそうだけど)の描いた本人叩き。そもそも叩く所は本人じゃなくない?

客観性に欠けるとかそんなの読み手は織り込み済。読み手客観視するだけの話だから。それで警察迷惑が掛かるって?

本人を叩く人と警察全体を一緒くたに叩く人は同じレベルバイアス馬鹿から、それは結局鏡に向かって言ってるのと同じなんだよ。安心して自分の頭を心配しろ

自分はナー、腕力に物を言わせて魂を刈り取りたいとまでは思ってないけど

あい加害者には、生涯孤独で貧しい生活を送って欲しいし社会的意味でご逝去してくれるといいな

子供がいる場合はその子供が将来引きこもりになって学歴職歴なしで親本人が死ぬまで脛の骨まで齧っててくれたらいいなってくらい

できればまじであいつの本名曝したいんだけどなぁ

初老警官最後演出とかあいつと全く同じことをしてるから、見えない根っこで繋がってるんじゃないかSFホラー?とぞっとした

社会弱肉強食ではなく適者生存なのに、アレを正当化する頭の人間がいて市井正義気取りとかおぞましい冗談にもほどがある

国会野次飛ばす議員とかと同じで、極端に社会から乖離しててああい人間が生まれ

書くの飽きた

2018-09-21

がんの代替医療についてがん患者として思うこと

気のせいかもしれないが、最近著名人ががんで亡くなるニュースが多い。

私は30代で乳がんにかかってしまい、現在休職してがん治療を行っているのでそのせいもあるとは思う。

 

がん治療中の身としては、正直逝去ニュース自体シャットアウトしたい気持ちが強いが、テレビスマホで見たくなくても目に入ってしまう。

ニュースへのコメントなどでいろいろと考えさせられてしまうことが多くなったので、すっきりしておくためにここで書いておきたい。

 

きっかけとなったのは、さくらももこさんが乳がんで亡くなられたニュースだ。

詳細は不明であるが、彼女は一旦病院での治療を行い、最終的には代替医療でがんを治療しようと試みていたようである

そのニュースに対し「お悔やみ申し上げるが、怪しい根拠のないインチキ療法を行うからこんな目にあう。

病院ちゃん治療をすることが必要だ」といったコメント散見された。

私もがんが発覚する前、小林麻央さんのニュースを見てそのような感想を抱いた記憶があり、

がんを患ったことがない人、がん患者が周りにいない人にとっては一般的感想になるのかもしれない。

ただ、がんを患う身となってから勉強体験をするにつれて、若干考え方が変わるようになった。

 

そもそもがんは進行具合によって、治療方針が大きく異なる。

がんの種類にもよるが、まだがんの腫瘍局所しかみられないステージ0~3のケースにおいては、

がんを根治することを目的病院は手術や抗がん剤放射線といった科学的根拠に基づいた標準治療を行ってくれる。

ただし、がんは標準治療が終わっても、必ずしも治ったと言い切ることができない。

寛解状態を維持できる方もいる一方、一旦治療が終わって寛解状態となっても、他の臓器に転移して病状が進む方もいる。

 

患者としては、ステージ0~3の場合抗がん剤治療などの辛い治療を耐える気力もあるかもしれない。

私は現在乳がんの根治を目的として抗がん剤治療を行っているが、正直結構辛い(副作用が軽い人もいるが)。

最近はい吐き気止めがあるので吐いたりこそはしないが、抗がん剤をうって1週間は寝たきりで起き上がれないし、

白血球の数が大分減り細菌ウイルス感染をおこしやすいため体調が回復しても行動はある程度制限される。

 

髪の毛はなくなってハゲになってしまった。

抗がん剤治療が終われば生えてくるし、カツラがあるから大丈夫と人には言ってはいるが、やはりショックだったことは否めない。

薬によっては手足がしびれてペン包丁を持ったりすることができなくなる。

肝臓腎臓の数値も悪くなるなど、高齢の人や持病がある人は身体的に耐えられないこともある。

私が使っている抗がん剤副作用上記のようなものが中心だが、他にもいろいろなものがある。

また、手術で体の形はかわる。健康な体とはやはりどう見ても違うし、リンパ節を切除することもあるから後遺症も残る可能性がある。

 

「治る可能性がある」と医者に言われているから、憂鬱ではあるもの病院に行き、

我慢して標準治療を受けているような状態だが、がんが発覚してもこの治療を受けたくないといって拒む人の気持ち理解できる。

副作用自体仕事価値観として耐えられないこともあるだろうし、

頑張って標準治療を受けても、まれとはいえない確率で再発・転移して一気にステージ4の病状へ進むことがあるからだ。

 

ステージ4は、がんの腫瘍局所のみならず、他の臓器や部位に遠隔転移をしているような状況を指す。

このような病状では、基本的にがんを根治することを目的とせず、抗がん剤治療を中心とした、延命QOL向上を目的とした治療方針をとる。

現代医学限界として、ステージ4のがんの根治は難しいようだ。

延命といっても、寿命を迎えるまでというわけではない。

樹木希林さんのケースのように転移を起こしても10年程度生きられるといったこともあるが、早期に亡くなってしまうケースも多いようだ。

 

自分ががんを患うようになって、ステージ4に進行した場合代替医療をやってみる選択肢否定できないな、と思うようになった。

 

病院治療をしたとしても数年以内にはおそらく死ぬとわかったときに、

患者として副作用てんこもり抗がん剤治療をやる気力が残っているのだろうか。

ステージ4の場合原発巣の治療とは異なる薬剤を使うようだが、どうしても前に受けた治療の苦い記憶が思い起こされてしまう。

治らないとわかっている延命治療お金を使うくらいなら、インチキかもしれないが奇跡的に治ったという人もいるという代替医療をやってみてもいいんじゃないか。

こんな風に代替医療選択する人がいたって、おかしくないと思うようになった。

 

もちろん法外なお金をとったり、標準治療は間違っているなどと言ったりしている代替医療に関しては、

それを提供するクリニックや団自体問題だと思うが、患者判断問題といった物言いはできない。

代替医療選択したいと思う気持ちフラットに聞いてくれたり、下心なく相談に乗ってくれたりする人はなかなかいないと思う。

がんは日本人の2人に1人がかかる病気なので、病院外来待合室はいつも患者とその家族で大盛況だ。

医者看護師は忙しく、話を聞いてくれる余裕はなさそうで、「治療を受けるのはあくま自己判断です」とオブラートにつつんでいわれるのが関の山だろう。

 

代替医療科学的根拠はない、それ自体は間違ってはいないが、代替医療を選んだことを責めるのは心苦しいと思うようになった。

だって科学的根拠のある治療とやらでは、ステージ4のがんを治療したいと思う心はなぐさめられないのだから

 

がんが発覚してからステージ4まで進行したら、と考えない日はない。

自分がこんなにも生きていたいと思っているとは、今まで思いもよらなかった。

もしステージ4に進行してしまったら、気楽な代替医療にすがってしまうかもしれない。

そんな時、「あなた選択肢おかしい、科学的根拠のある治療に切り替えるべき」なんて訳知り顔で言われてしまったら、本当に腹立たしいだろうな。

 

(補足)乳がんを前提として書いているので、他のがんの種類ではいろいろかみ合わないところもあるかもしれません。

2018-08-06

anond:20180806071735

増田と似たようなことを長年言っていた友達が昨年の春、10年以上同棲していた彼女と突然入籍しました。

「なんでまた今更?」ってみんなが首を傾げる中「いや~なんとなくね~」としか答えてくれなかったんですが、先日飲みに言った時にぽろっと教えてくれました。

友人の両親は揉めに揉めた挙句離婚をしており、それを見ていた友人と、友人のお姉さんも結婚には懐疑的でした。なのでお姉さんも彼氏と長年同棲していました。もう殆ど夫婦みたいな感じだったそうです。

ところが、お姉さんの彼氏帰省先で急性心不全になってしまって、そのまま逝去。お姉さんが彼の死を知ったのはお通夜が終わった後のことでした。

同棲相手の死に目に会えず、お通夜にも出れず、お葬式にも「ただの友人の1人」としてしか参列できない。お骨も拾えない。

更に、お葬式ときに彼の両親からあなた同棲していたせいで、私達は孫に会うことも叶わなかった」と責められたらしく、家に上がらせて貰えず。お仏壇に手を合わせることも未だできていないそうです。

そんなお姉さんの様子を見て、即、結婚を決意したと友人は話していました。

心身ともに健康で、金銭時間に余裕があるとき、人は他人生き方に寛容になれるし何か起きてもどうとでもなります

しか時間金銭的に余裕のない状態で、万が一のことが起きた時、人は他人の心まで思いやることはできなくなるし、トラブルを防ぐために杓子定規対応しかできなくなってしまうと思います

法律というのは「最悪の中の最悪」を回避するためのセーフティネットであり、杓子定規の最たるものです。

増田が、それが無くてもなんの問題もなく、心を壊すことなく生きていけると確信できるか、ちょっと考えてみてもいいかもしれません。

ちなみに法律婚をしても心が壊れることは沢山あります。でも時間が味方してくれことが多いし、基本的に「配偶者」として、第三者から意思表示を認めて貰えます

これってとても大きいことですよ。

2018-06-25

Hagexのような事件はこれからもまだまだ続くと思う

氷河期世代社会に切り捨てられた被害者意識の強い集団が、

親も衰弱したり逝去していよいよ追い詰められた時に何を考えるか。

この事件はまだ序の口だよ。

2018-06-12

**先生

***の母でございます。***が昨日逝去いたしました。

休学中は何かと**先生にはご心配をおかけしたと存じます申し訳ございませんでした。

本人は、生前には先生感謝している旨を話しておりました。***に代わりまして、これまでのご厚意に感謝いたします。

また後日改めてご連絡を差し上げます。急ぎ用件のみご連絡いたしました。

*****

2018-04-13

逝去」の読み方ミスってた

「いきょ」って読んでた。

anond:20180413142816

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん