「藤子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 藤子とは

2019-08-18

テレビアニメ原作者...作品は毎週のように見られるってすごいよな。

長谷川町子 「サザエさん

藤子F不二雄 「ドラえもん

さくらもも 「ちびまる子ちゃん

サザエさんに至っては、サザエ○○というコラボTシャツまであったしな。

2019-05-02

セワシ問題その他の疑問に対する仮説、セワシエージェント説まとめ・2

ドラえもん秘密道具は「未来デパート商品」などではなく、政府機関軍隊・TPなど、公権力だけに製造・所有・使用許可されている非買品であるドラえもんがその所持を許されているのは、前述の通り英雄特権であり、その使用はTPによって絶えず監視されている。

そもそも未来デパート」というブランド名おかしい。22世紀の人間にとって、22世紀は「現代なのだから。余談だが韓国には現代グループ資本現代百貨店というのがあるそうだ。

危険秘密道具の民間所有、特に個人所有が許されているはずがない。特に時間犯罪可能にするタイムマシン製造・所有・使用が厳しく制限されているはずである

ドラえもんが道具を「注文」をすると、TPによる審議を経て許可された道具だけが未来デパートから配送された」という体裁をとって送られてくるシステムだろう(許可されなかった場合在庫切れとかなんとか口実をつけて購入できない)。ドラえもんも騙されている可能性が高い。

そもそもセワシの家が貧しいならそういくつも道具を持っているのはおかしい。

ドラえもん危険秘密道具の所有が許されているのは、前述の通り、それが歴史の安定に必要判断された故。

→他の未来人が秘密道具やタイムマシンを利用しているような描写もあるが、ドラえもんたちほど無制限には使えないはずだ。

ドラえもんの道具使用についても、TPよる24時間監視があり、深刻な影響(少数人命の被害程度は容認)があると判断された場合は道具の使用停止か、TPによる被害の修復・隠蔽工作が行われるはずだ。

→おそらく、ドラえもんの道具は遠隔操作強制停止できるような機能がついており、いざというときはTPが使用停止できるようになっているはず(壊れた・電池切れという体裁をとって)。

時間犯罪者達の道具は違法開発・違法改造したのだろう。

→気になるのは「ドラビアンナイト」で船乗りシンドバッドが助けたというタイムトラベラー。彼はただの旅行者ではなく、任務中に遭難したTP隊員か政府職員、あるいは時間犯罪である可能性が高い。もしTP隊員だとすれば、彼がシンドバッドに多くの道具を与えたのは単なる謝礼ではなく、シンドバッドもまたドラえもんのび太と同じく、歴史の安定に必要な因子と判断され、利用されているのだろう。そう考えれば、絵本世界に入ったはずのしずかちゃんが、現実世界バグダードに現れたのも、怪奇現象ではなくTPの差し金だろう。四人はしずかちゃんという餌に釣られて、まんまと呼び寄せられたということになる。その目的はアブジルの打倒。アブジルはいわゆる時間犯罪者ではないが、歴史の安定にとって危険存在なのだろう。

→「地球破壊爆弾」はさすがにジョークグッズの類だろう。

ドラえもんの耳と体色と声が修理できないということになっているのは、それらの欠損がドラえもんにとっての「英雄因子」であるとTPに信じられており、修理すると歴史に悪影響があると判断されたから。

正史には「耳を失い、体色が変わり、声が変わってしまったネコロボット」としてのドラえもん活躍が書かれていたのだろう。そこを改変すると歴史全体に何かマイナスの影響があると判断したのだろう。

→なにかしらのトラウマ体験、肉体的な欠落など、人生負債を背負っていることが英雄の条件と考える発想は古代からある(例えば英雄ヘラクレス女神ヘラに気を狂わされ我が子を自分の手で殺してしまった)。耳をかじられたトラウマこそがドラえもん英雄因子であるとTPや政府要人判断しても不思議はない。

→修理工場の修理工達や製造メーカーはTPから工作で「修理できない」と嘘をつき、全員で口裏を合わせている。非協力的な人間には抹消(TPぼん参照)処分があったかもしれない。

→賢いドラミちゃんは事の真相に気づいているが、TPの報復を恐れてドラえもん真実を話せないのだろう。悲しいね

アンチ新ドラじゃないけどやっぱり大山ドラは味があっていいよね。

セワシエージェント説が正しいとすると、「ドラえもん」は「SF(少し不思議)生活ギャグ漫画」の皮をかぶった「時間旅行系ハードコアSFサイエンスフィクション漫画」ということになるだろう。

→作者・藤子F不二雄の大人向けSF短編集の内容や、彼の幅広い文学に対する造詣と関心を考えれば、そういう背景設定があったことは想像に難くない。

2019-04-19

昭和の大物漫画家ってフェチが明らかすぎるよな

手塚治虫はどう見ても人外っ娘好きだし

藤子F不二雄はどう見ても露出羞恥好きだし

横山光輝はどう見てもホモ

2019-03-21

ヒトラーヒットラー最近言わなくなった

ヒットラーの小さい「ッ」が薄れていくのは、国名から「ヴ」が消えたのにもちょっと似てる

こどもの頃は断然「ヒットラー」で、「ヒトラー」なんて書き方はこまっしゃくれているように感じていた

でも何度も何度も目に耳にするうちに慣れてくるんだな

藤子マンガに「ひっとらあおじさん」なる作品があるが、作品名が古びるスピードをより一層加速させているようにも思う

今じゃ俺も「ヒトラー」としか言わなくなった

まあまだ「ナチス」を「ナチ」と普通に呼ぶまでにはなっていないけれども

2019-03-03

藤子F不二雄のまんが技法読んでるけど

マンガって描くの大変なんだな

2019-02-07

anond:20190206153236

それよりも、イタコ作家とか言われてる、絵柄コピーして金稼いでる奴が嫌い。

手塚のアレとか藤子のアレとかね

2019-01-12

anond:20190112170520

死ぬ直前くらいにメディアがいきなり神神言い出したけど、本当の神は石ノ森某とか横山某、藤子ペアとか萩尾望都だよな。HOTEL、めちゃくちゃ面白くて何故!せめて完結してからなくなってくれなかった!!となったしいまだにライダーレンジャー大人気。

手塚治虫影響はあちこちから継ぎ接ぎしただけだしコマ割りだってからとり入れてる

っていうと読んでない勢にぶっ叩かれるから増田で便乗して言う。

2018-11-12

anond:20181112194657

普通にもしもボックスのない世界」に分岐した後にパラドックスによりもしもボックスが消えていくだけじゃないの?

藤子ならそう処理する

2018-09-17

人名の入ったマンガ賞が少ないのはなぜなの

手塚賞赤塚賞藤子賞、ちば賞、せいぜいこれくらいでしょ。

石森すら無い。なんでだろう。

2018-07-18

anond:20180717214249

筒井道隆夏目漱石藤子F、等々触れていればって、さすがはてな村教養を問われるわけだ。

2018-07-15

マンガ家マスコットキャラ一対一対応

手塚治虫のヒョータンツギ、尾田栄一郎チョッパー赤塚不二夫ウナギイヌ臼井儀人のぶりぶりざえもん、空知英秋の定春。このへんが定番か。

どの時代にもいるけど、最近のはわざわざ出してきている感じがして好かん。昔のマンガ家のほうがしれっと面白キャラを使ってたイメージ

意外と石森や高橋留美子や両藤子に良さげなキャラがいない。(ラムドラえもんオバQ主人公扱い)

2018-06-06

anond:20180606223217

衣食住足りて礼節をしるだね 藤子Fの漫画にも書かれた

2018-05-24

栗城史多名誉ある生贄の心情だったのではないか

自分には彼が何を考えていたのかサッパリからなかったし、みんなどう理解すればいいか分かりあぐねている様子だけど、

この断絶は藤子F不二雄の短編ミノタウロスの皿に似ていると思った。

宇宙飛行士主人公が不時着したのは人形生物が牛型の生物家畜にされている星。

その星で出会った祭典での栄誉ある最高級食材に選ばれたヒロイン

主人公はそれを止めようとするが、ヒロインは食べられることを心から喜んで受け入れており、その価値観の断絶を主人公最後まで受け入れられなかった。

個人的にはこの話はインカやアステカの生贄の文化モチーフにしたものじゃないかと思っている。

そして栗城史多と、彼の支持者達のもっていた世界観というのも、これに似ていたんじゃないだろうか。

冒険の共有」を掲げた彼の支持者は口々に勇気をもらったと言う。

雨乞いや豊作を願って神に捧げられた少年少女達も、その共同体の人々に勇気を与えたことだろう。

みんなのために、死ぬ根拠はないけど、死ぬ。みんなはその尊い死を称える。死んで本望だったろうとすら言う。

その価値観はなかなか理解しがたいが、人の弱さが生み出す普遍的システムであるのかもしれない。


だが死の恐怖はそうやっても誤魔化しきれるものではない。

標高6739メートル火山で見つかったインカの生贄の少女は、

豪華な食生活一年以上の準備期間の後、死ぬ前にコカを齧っていたという。

標高7400メートルで一人息絶えた登山家は、その瞬間に、何を考えていたのだろうか?

anond:20180524094801

経団連のじいさんは藤子F不二推みたいなもんなんだから望み通りにゃ適いやしねえよ。

ってかお前、面倒臭いからってgoogleに任せ過ぎ。

こっちはちゃんと各個対応する構えはあるんだからちゃん論点投げてこいや

そういうとこだぞ。

2018-03-19

えびはら武司先生が語ったことについて

BUBKA吉田豪氏によるえびはら先生インタビュー藤子・F・不二雄先生について語ったことが

一部界隈で話題になっており、遅ればせながら私もそれを読んだ次第。

BUBKAの各コラム陣だけをまとめた「コラムパック」で読みました http://www.ebookjapan.jp/ebj/438945/volume201804/

録音・録画等記録が残っていないため証拠を出せと言われると困るわけでそのへん了解してほしいと思いつつ私が思ったことを書いておきます

2015年7月阿佐ヶ谷ロフトAえびはら先生主催したイベント先生ここだけの話にしてほしいと語り、

イベント参加者所謂共犯関係」を求めたが、このインタビューではそれを自分自身の手で反故にした。

えびはら先生の「藤子スタジオアシスタント日記まいっちんぐマンガ道~」には当初、

ジャンクハンター吉田氏による当該の件の文章が載る予定だったらしいが配慮により立ち消えに。

インタビューで語ってしまたことはイベント参加者だけでなくジャンクハンター吉田氏に対しても裏切り行為なのでは?

大元ジャンクハンター吉田氏の体験談で、えびはら先生の談は伝聞あり、吉田豪氏は当人ジャンクハンター氏に確認を取るべきだったのでは?

以上。

私自身はここに登場したどの人物とも利害関係はありません。

いち藤子ファンとしてえびはら先生の行動・言動に疑問を持ったため書いた次第です。

ちなみに、ジャンクハンター吉田氏によるこのエピソードは、真偽を確かめようがないため、ファンタジーとして受け止めたほうがよいでしょう。

2018-03-13

anond:20180313144041

藤子F不二雄を超える知性を持ったクリエイターが今の邦画アニメ界隈にどれだけいるのか疑問

一人も居ないんじゃないかとすら思う

子供向けならこういう感じにしとけばいいんだろ」的な意識の低さが見え隠れする

ドラえもんは当時の科学知識を十分に抑えたうえで表層を子供向けに仕立てたガチSFだという認識が足りない

川村元気みたいなのは要らない、原作やるなら福井晴敏にしてくれ

2018-03-11

ドラえもん映画が復活した理由

ネット見てたら週刊ダイヤモンド記事で「ドラえもん映画が復活した理由」というのがあった。

内容は、声優作画主題歌脚本など常に変化に挑戦してきて今のヒットがある、というもので、それに特に異論はないけど、復活した理由を語る前に、落ち込んでた理由を考えなければならないはずだと思った。

作者が生きていた頃の旧ドラ場合でも、確か日本誕生辺りをピークにして後は落ち込んでいくばかりだった。90年代映画ドラえもんは、とにかく「子供向け」アニメ映画しかなかった。その「子供向け」でも、ジャンプ人気の勢いに押されて、コロコロコミックを中心に展開する映画大長編ドラえもん子供の興味の脇に追いやられていた。今から振り返ると、作者が長生きしていた場合、いつまで大長編ドラえもんが描かれ続けていたか、と考えてしまう。どっちにしろ声優交代した辺りで、藤子氏も大長編原案を考えるのを止めていたのではないか

 

そんなドラえもん映画が復活したのは、トヨタCMなどいろんな展開をすることで、幼児児童向けの映画から若者大人も見に行くコンテンツに変化させて客層を広げたこととともに、ジャンプ漫画が高年齢層向けにシフトして小学生離れを始め、ライバルがいなくなったところをコロコロ勢力ドラえもん繁栄することとなった。

2018-03-02

anond:20180301213311

星野スミレってパーマンキャラだったのか

なんかドラえもんそいつが出てくる話のコミック持ってて、やけに意味深なこといってるけど誰だこのかわいい子?と思ってた

藤子F作品女の子ってデフォルメされてるのになんであんなにかわいいんだろう

2018-01-19

ハシヅメユウヤ氏について思うこと

ハシヅメユウヤ、という方の名前最近SNSで頻繁に見かける。シェアされている内容は彼の作風に対する是非が主だ。

私も気になったので個人的に色々と調べてみた。その上で思ったことを記録に残す。

ハシヅメユウヤ氏の作風特性上、著作権法がよく議論に持ち上がるがそれに関しては私より10000000000万倍詳しい方が既に散々解説していると思うのでここではあえて触れず、別の視点から彼の活動を論じていこうと思う。

また、ネタ元側が何かアクションを起こさない限りは外野いくらしのごの言っても正答が出ないことは百も承知だ。

以下、全て私の主観です。


●みんな激オコ

ツイッターを見ると、何らかの創作活動をしている人は割と高確率でハシヅメユウヤ氏を批判している。激オコである私自身も細々と作家活動をしている身であるが、彼の作品を見て「これは確かに一部の作家にとってはオコ案件だな」と思った。

●なんでオコなの?

暗黙の了解」というものがこの世には存在する。「わざわざ言わなくても、それはNGってもんでしょ」というものである

単刀直入、ハシヅメユウヤ氏の作品は「モラル問題でみんなが暗黙の了解としてやらずにおいたことをシレッとやってのけてしかもそれが案外大衆に歓迎されてマネタイズ成功した」っていう事案なのだ。そのあたりがすごく他の作家の反感を買っているんじゃなかろうか。

まりハシヅメユウヤ氏を批判してる作家たちの本音を総括すると「他人の絵柄をパクって上手いことやりやがって、チクショーー!テメーー!恥知らずーーっ!!こんなのアートじゃねぇーー!」ってことなのだ。(※私の主観です)

モラル重要視する作家たちと受け手のズレ

ここでいうモラルは、作家の信念や作品への思い入れと密接にリンクしていることがままある。

そのためか、時として作家たちは「作り手に確固たるモラルがあるか否かを」非常に重要視する。

昨年話題になった「ブラックボックス展」も運営側モラルの点においてかなりバッシングをされた。

しかしながら、結果としてブラックボックス展には長蛇の列が生まれていたし、足を運んだ人々によるSNSでの拡散も目を見張るものがあった。

そう、モラルある作品か否かということは、作品大衆に受け入れられブームになるかということとあまり比例しないのである

作家の信念や誠実さなどは可視化しづらく、受け手となる大衆過半数にとってはどうでも良いことである場合ほとんどなのだ

先述した通り、モラルを重んじる一定数の人の中には「暗黙の了解」が存在しており、それらを共有している一部の人のみが「モラル存在」に着目して作品評価しているに過ぎない。

ブラックボックス展の会場内で起きた痴漢に関しては厳重に罰されるべきだと思いますが、偶発的に起きた事件についてまで述べると少し論点がずれるのでここでは割愛しました。


作品への矜持必要性とハシヅメユウヤ氏のインタビュー内容

私自身、作品に対する矜持に関しては「有っても無くてもいい」と思っている。

極端な話だが「矜持が無ければ良い作品は生まれない」というのはただの幻想であって、大した矜持が無くてもカッコいいものを作れちゃう人は割とこの世に存在しているからだ。(要するにずば抜けたセンスがある人)

ただ、「矜持が有るフリ」、これはいけない。

矜持が有るなら有る、無いなら無いと一貫性を持たなければそれはそのまま作家活動のほころびになると私は思っている。

ここでハシヅメユウヤ氏のインタビューを読んでみてほしい。

https://tabi-labo.com/285835/me_exhibitionw

「で、矜持有るの?無いの?」となんだか首を捻ってしまうフンワリした内容だ。

私はこれを「矜持の有るフリ」だと解釈した。

しかしながら、先述の通り作家自身モラルには無頓着な層にとって、このインタビュー内容すらも何の疑問もなくすんなりと「へ~、藤子先生が好きなんだ」程度で流されてしまうだろう。

村上隆氏が新聞取材を受けた時の話がしたい。

委細に相違はあるかもしれないが、彼は自身作品について確かこう言い放っていた。「途中の工程アシスタントがやって、最後自分サインを入れるだけで高値がつく。」と。

私はそれを読みこんなことを言い切ってしまえる潔さに感心してしまった。「これはこれでアリだな、カッコいい。」とまで思ったものだ。

村上氏作品マネタイズ化に積極的作家であり、しばしばその点を批判される場合もあるが自身矜持の有無について何ら嘘っぱちは語っていないのだ。


●「恥知らず」も才能のうち

実話を元にした映画ビッグ・アイズ」でも非常に分かり易く描写されていたが、「作品を生む才能」と「作品を売る才能」は全く別個のものだ。

「とにかく作品を売る」という点のみに着目すれば、恥もモラルも捨てて大衆に受けることをやってのけるというのは才能の一つだろう。それが善か悪かはもうぶっちゃけ法によって裁かれるか裁かれないかくらいでしか客観的判断は出来ない。(ちなみに「ビッグ・アイズ」ではバッチリ法で裁かれました)

冒頭で「ネタ元側が何かアクションを起こさない限りは外野いくらしのごの言っても正答が出ない」と言ったのはそのためです。


最後

色々と駄文を書き連ねてしまったが、私個人の感想としては以上である

あとこれは非常に何とな~~~~~くの直感だが、ハシヅメユウヤ氏の作品を購入している人は、ネタ元側が同じようなものを作って売ったとしてもそれは買わないんじゃないかな、多分。

2018-01-03

うまみちゃん

初めて知ったんだけどうまい棒マスコットうまえもんじゃなくなったんだね

藤子先生は怖いけどとしあきならパクってもええやろってことなんかな

2018-01-01

のび太問題藤子Fがナードに夢を与えようとしただけだから

真に受けちゃいけない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん