「機微」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 機微とは

2017-11-10

男はもうちょっと女の辛さを分かってやるべきなんだよなあ

男だから分かんねえけど女は男よりも筋力少ないし体壊すと病気になりやすいってのを前提に生きてるんだから

その辛さを分かってやるべきなんだよ

男だからズルしてるみたいな感覚でなく普通に助けれるような、

男ならできないようなことをしてもらう、

そういう関係性が正しいと思うんだよな

いくらジェンダー問題してもやっぱ男がやると気味悪がられる行為ってあるじゃん

でも女がやると男のテンションは上がっちゃうわけ

女は男をもっとだまし続けて欲しいし、男はそれに乗っかるべきだと思うのよ

男は体が強いかもしれないけど心は情けないほど弱い

機微が分からないとかどう傷つけてしまうのかとか分からん

分からん上に打つ手がないことには心底臆病になるのが男っていきもんよ

そんなときに女がちょっと肯定しただけで舞い上がるチョロさ

女は男にとって女神

もっと女を大事にしていかないと社会健全化していかない

2017-11-09

リテラシーの高いアニメ

電撃 - 『プリンセス・プリンシパル』橘正紀監督インタビュー。6話の悲劇に隠された意外な事実も明らかに

――プリンセスもそうですが、基本的にあのメンバーは察しがよくて、頭の悪いキャラクターがいないのも特徴的ですね。

 アンジェやドロシーはスパイとして優秀だという理由もありますが、心の機微をいちいち説明してしまうとチープになるんですよ。そこは、当初からリテラシーの高い作品にするということをキーワードにしてきたので、必要以上に言葉説明しなくても、ちゃんと表情から読み取ってもらえるということを信じて作りました

 相手が察すれば、本当にどう思っていたのかを言葉表現しなくても行動に移せるじゃないですか。そういう感情キャッチボールがしっかりできていれば、「私は傷ついた」とか「怒ってる」と口に出して言わなくてもチームが回っていくだろう、と。

 実際に友人たちと付き合っていても、怒ったとか悲しいというセリフ相手には言わないじゃないですか。言った瞬間に、“だからこうしてほしい”と見返りを求める言葉になってしまって、自分本位セリフになってしま場合があります

 そういった描写はやらないようにしつつ、それぞれがチームの中で相手を思いやる部分を描いていこうと考えていました。なので、察しがいいと言われれば、その通りですね。ちゃんと相手を見ている良いチームだということを描けたと思っています

――普通アニメだと説明的になりがちですが、本作は説明せずに絵の中で演技をして、それを読み解いていく形になっているということですね。ファンも、そうした方法についていける人が多かったので、だからこそ余計に登場人物の頭がよく見えたのだと思います

 絵で描いている以上、表情は記号なのですが、そのなかで表現できるものに挑戦したいと思っていました。だから表情が変化する瞬間はできるだけ顔を映していますし、それができない場合は顔を隠しています

 アニメを見ている視聴者側に判断を委ねていたのですが、結構言葉説明しなくても察してくださる人が多かったので、そこは自分の中の課題としては1つ成功したと思っています

プリンセス・プリンシパルインタビュー記事面白いことが書いてあった。

リテラシーの高い作品

自分がこのアニメを見ていてぼんやりと好ましいなと思っていた部分について具体的に言及されていて、妙に納得した。

こういうアニメは好きだ。感情をちゃんと言葉説明するアニメが悪というわけではないのだが、物事機微演出から読み取るのが好きな性分なのだろう。

自分が思うリテラシーの高いアニメを挙げてみる。

SHIROBAKO

放課後のプレアデス

ゆゆ式

有頂天家族

ガンダム Gのレコンギスタ

けものフレンズ

ふらいんぐうぃっち

アイカツ!

亜人ちゃんは語りたい

……ん?なんか偏ってるな。

ゲーム脳の治療法

イメージ世界現実の制約がないので一見楽しそうだけど、対象希薄でそのうちに飽きるのでは?

実在人間と向き合って、心の機微を学び、女の子に優しくできるようになった方が成長につながると思うよ。

エロゲは金儲けのためにキモいオッサンが作った妄想しかいから、エロゲで抜いてたら制作者の性癖コピーされて最後廃人になるよ。

ゲームを買ってプレイして抜く度に、その背後ではキモいオッサンが「俺の思う壺にはまって作戦成功」とほくそ笑んでいる現実を見ようよ。

 

第2次性徴を迎える前の小学生の頃はエロ抜きでも女の子普通に話せていたでしょ?

貧困家庭の子供に無料勉強を教えるボランティアとかお勧め。真面目な同世代女の子JKJCいるから、性欲抜きで会話して相手をよく観察すれば相手自分と同じ人間だってきっと分かるよ?

ボランティアじゃなくても良いけど、アバズレやアホの女じゃなくて優しくて賢い女の子がどこにいるか?よく考えて行動しよう。

 

ゲームのやり過ぎで女を性欲の対象しか見られなくなった脳を、正常な状態に戻せるように頑張ってください。

2017-11-07

カカカカ面白い

「理性・低温」の3人が共同生活してるところに、「感情・高温」な主人公が放り込まれることで

関係がゆるゆると変わっていく様子が良い。「理性・低温」組は全体的に、君らアスペルガーか?というぐらい、

感情機微に弱くてあたふたする。

彼らが、自分感情にも相手感情もついていけずにむずむずするたびに、少女マンガを読んでるわーという充実感を感じる。

それと、主人公が好きになる男が、いかにも女性向け漫画にいがちな女(読者)に都合のいい王子様、という感じではなく

いや、もちろん女(読者)が読んで良い気持ちになる程度に(ストーリー上)都合のいい男ではあるのだが、

職業が、中二病全開の小説を書いていたけどスランプ中の男、という設定なおかげか、

都合のいい男感を、設定が乗り越えている感じがあって、都合が良いわねーと鼻白まずに済むのも良い。

あと、中二病全開の小説が読んでみたい。ちょっと面白そう。

あー、あと、長谷くんの病みっぷりが気になってしょうがない。

表紙のイラスト妄撮モチーフになってるのも、理性vs感情からなのかなーとか。

2017-10-22

宝石の国感想心理面が良い

3話までの感想

 

映像美や3Dにすごく惹かれる

というのはもちろん分かるんだけど

個人的にはそれより心理面が面白いと感じた

どうしようもなくポンコツのフォスが、悩んだ末に何か解決するわけでもないのに

何故か少しだけ良い方向に進んでいくのが面白い

そして本人はまるで気づいていない

 

そもそもキャラの間に圧倒的な能力差があるんだよね

個人差というより種族からして違う感じだから、これはもうどうしても埋まらない

そういった、どうしようもない溝は、工夫とか気の持ちようとかレベルアップとか修行とか

よくある漫画メソッドで中々解決できるものではない

 

あるとすれば苦悩の末の慟哭叫びが、お互いの関係に少しだけ風を吹かせる程度

フォスはやさぐれしまっているが、散々喚き散らすお陰で周囲を引っ掻き回している(良い意味でも悪い意味でも)

結局大したことは解決しない気もするし、硬度3.5がどうにかなるわけでもないが

それでもほんの少し何かが変わって、それぞれの悩みへの向き合い方に変化がある、と言う部分が愛おしいと思う

こういう話って中々書くのが難しそう、安易解決でしてしまえないし

 

そういった心の機微3D表現してるのがまたすごいし

それが美しく仕上がってるのはなお凄い

心の躍動が映像に現れてるのは、ピクサーとかあそこらへんを彷彿とさせるね

2017-10-05

https://anond.hatelabo.jp/20171005131419

薄味だろうがアレルギー配慮しようが、美味しく作れば美味しいが

そういう味の機微無頓着な舌という人のことを言い表す単語日本語であったはずだけど思い出せないや

anond:20171004211302

こいつをボコボコにしてるやつはさぞご立派な恋愛をしてきたんだろうな

最初から男女関係機微完璧ミスなんて何もなかったんだろうな

こうしてしまった気持ち経験(まったく同じ経験ではないが)がある人間としては、とても叩けない

anond:20171004211302

昨日かな?Aさんと会話が続かないってエントリとも絡めるとなかなか身につまされる思いがする・・・

俺も映画カラオケ誘って両方ドタキャンされて、そこでようやくこれは脈なしなんだなってわかったし

よほどのことがない限りは相手好意あれば相手からなにかしらポジティブものを感じられるはずだから、こっちが全部誘ったりしないといけない時点で脈なしなんだよな

でも大人になてから出会い最初から相手もこっちに興味もってくれてることなんてないし、そうするとどうしても誘うの難しくなるし

結局大学生までで一通り男女の機微経験できなかった、しなかった時点で無理ゲーなんだよな

ブコメで誰でもこういうことあるでしょみたいなのがごく少数あったけど、元増田も大多数の叩きブコメに負けずに反省すればこれからなんとかなるよ

俺はあきらめたけどね

2017-10-04

たぶんドMなんだけど風俗に行きたい

自分大人になって気付いたADHDなんですけど、結婚もしたし、仕事も誤魔化し誤魔化しギリギリ食いっぱぐれることもなく、周囲と距離を取りながらなんとかやっております

人の心の機微があまりからないので、観念的で、強い倫理観があり、常に自分を正しい側に置きたいというプライドの高さがあります

おそらく、世の中の人間は誤ってることが多く、自分のほうが正しい ということを自意識担保としています

妻とは上手くいっているのですが30も後半になりまして諸々がマンネリ化というかルーティン化してきている最近、ふつふつと湧いてきたのが表題の「風俗に行きたい」でした。

性欲は人並みながら、倫理観邪魔をして女性をただの性の器として扱えないし、浮気不倫などはもってのほかソープなどの類いにはあまり興味が持てないというか、楽しみ切れる自信がありません。

目的は「抑圧されている自分解放すること」です。

そこで思い浮かんだ活路が「女性に面と向かってしっかりと否定されたい、虐められたい」です。

虐められた経験はないものの、家族社会へのコンプレックスいつまでもあり、妻は肯定してくれるが自分社会的地位能力の低さを痛感しているし、周囲に生きさせてもらえていることに後ろめたさを感じている。

その感情を日々の忙しさに有耶無耶にして生きている

今まで、正しくあろうと自分を抑圧して格好をつけていましたが、

自分は謝りたい。生きていることを。本当はダメで最低でゴミであるということを認められ、泣きながら謝りたい。

辱められ、自分という人間の情けなさを全て出し切りたい。

こんなことは日々支えてくれる妻には頼めません

自分でも何を言っているのかわかりませんが、そんな私にオススメ風俗教えて欲しい

2017-10-01

https://anond.hatelabo.jp/20170930045332

そりゃあ「KADOKAWA憎し、たつきを返せ」で炎上するよ。

『冴えない中年男性が、痩せこけてハゲ散らかすほど命削って掴んだ成功なのに、成功した途端金目当てに集まってきた連中に掠め取られる』ってさ、

自分人生ゆとりだのキモオタだの陰キャだの否定され続けるにも関わらず、夢を諦めるなと煽られつづける』というダブルバインドを強いられて

下を向いて現実迎合するしかない今の若い連中』には自分とこととダブりやすいんだよ。

怒っているファンたつきみたいな生き方がしたかったんだよ。

増田KADOKAWA担当も、時代の変化と機微に鈍感すぎて、

これが『クリエイターにも顧客にも細心の注意を払わなければならない案件』ことに最後まで気付かなかったのだろう。

2017-09-28

LGBTになりたい

私は20代の女だ。

私は自分セクシャリティが分からないことに不安を感じている。

男でも女でも人に恋愛感情を抱いたことはないので無性愛者かもしれないと考えたことがあるのだが、無性愛者の人はドラマ小説などの恋愛機微理解できないと聞いて、私は無性愛者とは違うなと思った。(NLBLGL問わずラブストーリー大好きなので)

性自認は女だけど人から女として扱われることに軽い嫌悪感はある。

どこのジャンルにも属していない感じが不安なのでどこかしらに属したい。

2017-09-24

anond:20170924200909

本人がリスクを背負うつもりがあっても

傍観者含めた関係者精神安寧や、生産的か否かが問われる実社会では

お前が物に当たることで揺れる他者の心の機微にたいする責任は取れない。

であるのなら、人か物かの二択ではないもっと巧い選択肢を見つけろ。大人ならなっていう話なんだが。

それが理解できないのなら病気だよ。

2017-09-11

世の人間すべからく勤勉で有能であるべき

妻と夫の、互いへの思いやり。普段からしっかりと相手を慮っていれば問題は起こらない。

相手感情機微を互いに充分に把握し、そしてその場にふさわしいふるまいで相手自分の意を伝えなくてはならない。

さらに言うなら、結婚するのであれば当然そうした問題は出来するわけで、事前にそういう事態に対して充分に予習しシミュレートしていなければならない。

そもそも、家庭生活においては金銭的余裕や、会社福利厚生がモノを言うことがある。

から立派な企業就職したり、堅調な個人事業主にならなければならない。

そのために、良い大学に入ったり専門技術を学んだりして勤勉に努めなくてはならないのは当然だ折る。

そして困ったとき夫婦間だけで問題解決を図るだけでなく、両親親戚、あるいは町内会会社の同僚や同業者趣味であう人々など人的ネットワークをしっかりと構築しなくてはならない。




理想を言えばきりがないが、お前らの言いたいことはこういうことだろう。私もそう思う。

個々人がしっかり多種多様ディシプリンを積んで有能でなくてはならないのだ。

その割にはのんびりと生きられる社会を、とか、逃げたっていいじゃん、とか言う意見もよく見かけるが、まー折り合いが難しい。ネットでは個々の事象に対して理想を言いやすいが、実はその個々の事象は裏側では綱引きをしている。あるいはシーソーの両端にある。

それにどんなに努力をしたってダメときダメだ。

なんだか書いててどう着地していいかからないんだけれど、色んな出来事があって相手に不満があったり、あるいは自分の至らない点を自覚したりしても、それは仕方がないことだ。

ディシプリンを積むのはもちろんだけれど、それでダメだったときちょっと相手を許したり、あるいは自分の至らない点をま、仕方ないかと許したり。

甘えではないんだけれど寛恕の精神というか。

まれ時代に生きているから、何もかもがうまくいくような幻想を抱きがちだ。

それに実際上手くいっている人も目に入りがちだ。

でもそうじゃない。

2017-09-08

婚活が順調すぎて不安

最近婚活なるものを始めた。年齢的にもそろそろだったし、歴史の浅い家ではあるが俺は本家の長子だ。将来的には、墓を管理しないといけないし、相続やら介護やら親族間での揉め事の調整やら、きっと色々あることだろう。今まであまり意識してこなかったが、祖父が死んだ辺りから漠然と「子孫を残さねば」という思いに駆られるようになった。そこで婚活である

男側の婚活は、非常に厳しいものだと聞く。俺は街コンなどには参加せず、とある婚活SNSひとつ登録しているくらいなので、その中での閉じた話ということになるのだが、女性には雨のようにメールが降り注ぐが、男のもとには待てど暮らせどメールなど一通もこない。果敢に女性メールを送ってみるも、前述のとおり女性には大量のメールが常に降り注いでいるため、大抵が無視される。結果、男は数打ちゃ当たる作戦メールを送り、わずかな望みに賭けるのだと。俺は、その情報を信じていた。

しかし、現実全然違った。

女性からどんどんメールが飛んでくる。さばいているだけで精一杯で、とても自分から新しい人にメールを送る余裕はない。俺は向こうの言われるがままメールのやりとりをし、言われるがままデートを共にする。エスコートは俺が主導しているが、そんなに難しいことではない。女性側が協力姿勢なので、何が正解なのかは大抵彼女たちの態度に書いてある。俺は、彼女たちの誘導に乗っかる形で昼食の店を決め、彼女たちのほしい会話をし、魅力に感じた部分を誉め、誘い待ちする彼女に次回デートする約束をとりつけ(どこに行きたいかも事前情報にヒントがすべて揃っている)、改札の前で別れる。そんなことをもう何回も続けている。まるで、ゲームを、常に矢印が表示される初心者モードプレイしているようだ。婚活とは、こんなにイージーなものだったろうか。思わず、ドヤ文と共に増田供養してしまうくらいのイージーさだ。

そういうわけで、婚活自体は順調なのだが、順調なこと自体不安を感じる。

サクラではないかと思ったことさえあるが、今はサクラではないと思っている。サクラにしては、サクラ特有の「男にとっての都合のよさ」みたいな影を感じない。要は向こうもいっぱいいっぱいなのだ。拙いのだ。慣れないことをがんばってやろうとしている雰囲気を感じるのだ。子ども声を出す声優演技力はすごいが、本物の子役による声は、拙いがゆえに圧倒的リアルだ。同じように、俺は俺の婚活相手に、拙いがゆえの圧倒的生々しさを感じている。

もしかして、俺の仕入れた事前情報が古く、今の婚活は男側が売り手市場なのかもしれない。あるいは、市場での俺の商品価値が意外に高かったのかもしれない。給与は低いし、肥えているし、本家長男だしで、その辺りは諦めていた。なので、勤務地は渋谷、一応役員貯金そこそこ、養ってほしいなら不自由させない等と、自分なりのアピールをしてきた。それがいい具合に女性に刺さったのかもしれない。または、女性経験はないものの、俺には女兄弟が多くて、女性との会話には意外に慣れているというのも地味に効いているのかもしれない。バンドボーカルをしているという情報も、響いているのかもしれない。自分にできるアピールはすべてした。そのどれかが功を奏したのかもしれない。そうでも考えないと、現象説明できず、俺が怖いので、勝手自分努力を誉めている。

一方で、俺がもうひとつ感じている漠然とした不安は、これでいいのだろうかということだ。今おつきあいのある女性は全て向こうから積極的アプローチによって成り立っている。俺は彼女たちの機微を読み取り、彼女たちの敷いたレールの上をなぞって歩いているにすぎない。つまり自分意思がない。もちろん、それぞれ魅力的な女性だ。だが、配給されたカードの中から一枚を選ぶ行為は、選んでいるといえるのだろうか。同窓会の中にしか結婚相手選択肢がない地方的つらみと、構造的に大差ないのではないか

婚活は、理想妥協の終着点という。しかし、一方で結婚は一生を左右する選択だ。妥協しないで、とことんフィーリングの合う相手を探すべきだという意見も聞く。少なくとも、俺の意思がないというのは、相手にとっても失礼なのではないか理想妥協云々の前に、まず俺自身理想と向き合っているだろうか。

などといいつつ、選んでいられるような立場かというセルフツッコミもある。そんなことを考えていられるほど余裕があるのかと。市場での商品価値というのは、市場に出た瞬間から下がっていくものだ。どのみち、俺は選択しなければならない。

要は、思いのほかトントン拍子にことが進み、気持ちが追い付いていないのだと思う。俺の中でのプランとしては、最初半年は様子見のつもりだった。どうせ俺からメールを送ったところで反応は芳しくないだろう、ダイエットでもしながら、外に行く機会を増やしたり、ファッションや身だしなみについて勉強したり、ゆっくり婚活に対する気持ちを盛り上げていくつもりだった。婚活を始めてみたのだって、まずはお試し感覚だ。先にとにかく第一歩を踏み出し、現実を知ると共に、半年後の第二歩を踏み出しやすくしようとする意図にすぎなかった。半年ROMれを愚直に実施しようとした。結果として、部屋着のままホノルルマラソンに参加する羽目になったサラリーマンのような状態で、今に至っている。

もう少しがんばってみようと思う。俺はどうしたいのか。俺自身理想とは何か。そもそも、そんなものあるのか。人を愛するとはどういう感情なのか(大げさか)。こんな話は人にはなかなかできない。自分の醜さや虚栄心が1/1スケールだ。こんな話人にはなかなかできないにもかかわらず、どうにも誰かに話さずにはいられないような話を、いつも増田に書いてしまっている気がする。ありがとう

(あと、うまくいっていること自体はうれしいので、単純に惚気たかったというのもある)

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170828132548

垢抜ける。三省堂大辞林より

姿・芸などがすっきりと洗練される。しろうとっぽさや野暮(やぼ)なところがなくなる。

洗練。大辞林より。

優雅品位の高いものにみがきあげること

野暮。同じく大辞林より

世情に疎く、人情機微を解さな

グラビアタレント品位が高いとは言い難いし、世情に疎い=流行に敏感じゃない=垢抜けない、というのも、字義にはかなり近いと思う。

2017-08-26

https://anond.hatelabo.jp/20170826033104

ちょっとだけ分かる

てか、自分は「ここは言いたくても普通(あるいはオレだったら)言えないよな」って感じで納得出来れば許せるし、昔の作品はそういう心の機微を細かく伏線や前置き的に事前に描写していたのに

最近は『もうこれはお約束から』と言わんばかりにそういう描写を省くもんだから登場人物の行動や大切な発言のしなさ加減に、説得力を全く感じられなくなっている自分がいると

2017-08-23

白飯の美味さがわからない奴

聞いたら「白飯は味が無いから好きじゃない。」そう。あの白飯の美味さの機微がわからないというのは障害だな。味覚という意味じゃない。感性というか人間的に終わってる。

2017-08-10

吹奏楽部エンジョイ派だったがガチ勢に嫌われて辞めた話

吹奏楽部エンジョイ派だったがガチ勢に嫌われて辞めた。ただ、嫌われることはやっていたと思う。

まず、真面目に練習をしていなかった。メニューは一応こなしていたけれど、メニュー以外に好きな曲を吹いたりしていたら嫌われた。

次に、意識の違いがあった。私は部活動学校生活のおまけと思っていたけれど、ガチ勢的にはその発言は許せなかったらしく嫌われた。

それに、余計なことに口を出しすぎた。私とガチ勢は同じパートだったのだけれど、ガチ勢ガチの割にはリズムをよく間違えていた。気づくのは、同じパートの私か先生だけだ。先生にも注意されていたが、たまに私が注意するとすげー嫌な顔をされた。当たり前だ。向こうにとって私はろくに練習もしない、歴も短い素人なのにそんなこと注意されて嫌な気持ちにならないわけがない。しかし、当時の私はそういう機微に気がつかないくらい鈍感だった。

他にも色々あっただろう。鈍感な私でも気づいたのは上記の3点だったが、時すでに遅し。ガチ勢はのちに部長になり気がつけば私はいづらい空気になっており辞める他なかった。

でも、今でも楽器は好きだ。楽器は高いし練習場所の確保も難しいけど、いつかまた楽器をやりたいと思っている。

2017-07-24

ちきりん氏がいい事書いてた

勝手失望し、勝手裏切られる人たち - Chikirinの日記

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20170708

 

この話、本当に分かる。

こういう人たちはネットのあちこちで見かける。

ちょっとキチったアニオタはこうやって怒り出す事が多いし、途端にアンチになったりする。穏やかじゃない。

ネットゲームで妙に馴れ馴れしい人はこうやってキレてトラブルを引き寄せ、周りにたしなめられる事が多い。

増田政治やらフェミやらでマウントしあってる人らも素性もしれぬ他人品性に期待しすぎて勝手ストレスを溜めている。

大人になれない人にとって、ネットはまさしく地獄の沙汰。

世の中は、人間は、もっと複雑で繊細なバランス感覚をもちあって社会構成しているのに、

大人になれない人はそういう機微を汲み取れないが故に、物事立場単純化しすぎてしまっているように見える。

 

「お前も迷惑かけて生きてんだから俺が迷惑かけるのも許容しろ」なんて論法喫煙者が昨日いたが、これも同じ類型に思える。

なぜなら「迷惑」という複雑なもの単純化しているから。単純化して、自分と同じか、違うかくらいの差しか感じ取れていないから。

迷惑一言で表されるものだって、あまりにもたくさんある。

迷惑の量や質や程度、時、場所、誰が相手か、何について、どんな言い方・やり方でそれが起きているのか。

それらのパラメータの複合的な組み合わせによって、何万とおりものから「こういうのなら許容できる」「これはダメ

というきめ細やかな判断を誰もがしていて、そういう判断相場社会的にある程度は共通認識があるものだ。

けれど大人になれない人は、そういう細やかさを全部ぶっちぎって、ローラーでおしなべたような感覚で物を言い、

それが人が嫌がることを平気でできる幼稚さだとか、勝手失望、過度な同質化(自分との同レベル化)を求める言動に繋がっていくのではと思う。

 

世の中のほとんどの人は、社会的に許容されるレベル迷惑の中で生きているのに、大人になれない人は、自分が許容外のはみ出した域にある事を自覚しない。

きっと育ちなどの影響もあって、周囲も同じくらいはみ出し者の集まりだったりするせいで観察眼が養われないのかもしれないが、

とにかく自覚できないので、自分は人並みだと主張する。他人もそんなにレベルが高くないと主張する。

その上「お前が言うな」的な観念をなんにでも適用しようとして、よほど立場が上の人に注意された時以外は、注意を聞かない。

建設なのだ。その場ではわかったフリをしても、何度注意しても直らないし、直さない。

表面上はそう見えないこともあるが、その内面謙虚さに欠け、他人をいつもどこかで見下そうとする人達だ。

テレビを見ながらよく否定的ケチをつける傾向もあるかもしれない。ネット上の他人に対してもテレビのヤジ感覚なのだ

私の父親もそんな感じで、生活上のマナーや道具の使い方を何度言っても直せないのだが、プライドの高さとASD傾向が重なるとそうなるのではと思っている。

彼らはいわば「低みに導こうとする人」で、一方の勝手失望する人たちは「高み(=自分感覚)との差異を許せない人」と言えそうだが、

その根底共通していて、ものごとの認識・受容についての相場感覚が著しくズレており、人間社会の複雑さについて柔軟に想像できないということだ。

 

ネットでもリアルでも、こういった人に遭遇した時、しかも既にコミュニティに入り込んでいて付き合いを避けられない時、

どうしたらいいものか、困るとき結構ある。

面倒なので、ネットリアルオフラインにして、しばらく引きこもっていたい気分になる。

増田の諸兄はこういった人たちとの付き合いをスマートに乗り切れるのだろうか。

2017-06-26

https://anond.hatelabo.jp/20170626134206

当方女ですが同じようなシチュエーションで「付き合えてたかも、もしかして結婚してたかも」と考えて、その男性との間にあり得た未来想像することはなくはない。

でも「やれたかも」と「付き合えてたかも」の差分、重なるようで重ならないのが男女の機微という感じ。

2017-06-23

数年前に女友達数人で集まったときによくある美容の話になったんだけど

そのときに1人が「そんなことより内面磨いたほうがいいよ。」って言ったのね。

彼女は軽口で言ったんだろうけど、それからずーっと内面磨くってどうしたらいいのかわからなくて心に引っかかってる。

読書しても、勉強しても、仕事を頑張っても、人間関係機微に気をつけても内面を磨いたことにはならないような気がする。

仏教用語でいうような徳を積めばいいのだろうか。

寄付をするのだろうか。

困っている人に対して施しをすればよいのだろうか。

何日か寺にこもって読経をすればよいのであろうか。

徳の高そうな人で思い浮かぶのは杉良太郎だろうか。

でもわたし杉良太郎のように私財をなげうって炊き出しをしても内面は磨かれないどころか

ボランティアしてる暇があったら周りの人を大切にしたら?」と言われそう。

そもそも磨くって物理的には元々あるものを研磨することじゃないだろうか。

わたしの持って生まれた大したことのない内面を磨いたところでどうってこと無いんじゃないのかな。

ってことは内面を磨くって己を知るってことかな。

2017-06-14

若い子に気を遣わせるようなおっさんになりたくねえ

まだ20そこらだけど、話がつまらない、話がやたら長い、説教臭いおっさんにはなりたくないと心底思う。

女友達などからたまにおっさん愚痴を聞くことがあるんだけど、上述した様なことがだいたいの理由だ。

実際にそんなおっさんらと話してる彼女達を見たことがあるが、不快な様子を欠片も見せないどころか、普段自分に見せてくれるような「あなたと一緒にいて、私は今、とても気分がいい」と言わずとも心に訴えかけんばかりの笑顔(ここまで書いてなんだか自分不安になってきた)を振りまいている。

そしておっさんが立ち去った後、少し疲れた顔でポツりと愚痴をこぼすのだ。

彼女曰く、

1.女の子に対して、知識をひけらかす欲求のはけ口にしている人ははっきりと感覚で分かる。

2.彼らに共通する特徴は、ニュアンスとしては「こちらが喋り終わる前に『もう既に出す答えを決めている』ような」空気を醸し出てしまっているような人、つまり会話の中身やリズム、表情の機微相互性がないということ。

3.自身無意識にもあるかもしれず注意しているが、見た目がイケてないおっさんというだけでコミュニケーションシャットアウトする女の子一定数いるということ。

4.逆に過度に謙って、相手の表情を伺い過ぎて逆に気を使わせてしまったり。自虐をしてそれを否定してもらうことで自尊心を満たすやり方をする人もよく見るが、「そんなことないですよ〜」と言ってもらいたいという圧も感じてしまうし、いい歳をして安全地帯から石を投げるようなことはすべきではないということ。

大事なのは、身を整えて、ヘンに見栄をはったり、へんに謙ったりせずに、等身大のまま相手の話を聞いてそれを1度自分の中で噛み砕いて発言すればいいのだということ(相手がその言葉を欲しがっているかどうかを考えられると尚良い)

そこからコミュニケーションが始まり、それで合う合わないはもうおっさんからとかは関係ないのだと

2017-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20170608171125

何がダメって、この話をしてから一度も妻に夜這いかけてないってことだよね

話し合ってから合意してもらえないと手を出しちゃダメだと思ってる

うその時点で妻は夫に絶望してるよ

夫婦セックスなんていつやろうって話し合って決めてたら萎えるだろ普通

ダメダメ言ってるけど本気でダメなのか、本当はしてもらいたいのに強がっているのか、

その辺を見極めていくのも夫婦生活だろうがよ

そんな機微も知らずに仲良し夫婦のつもりになってたなんて間抜けすぎて笑っちまうね

2017-06-07

日本最高の純文学

CROSS†CHANNEL

なのではないか仮説

そもそもエロゲとは純文学である

純文学とは純粋芸術及び人間本質を描く物だ。

二次元美少女とは純粋芸術であり、彼女達のような存在青春を過ごしたいと願うこと、そして最高の仲間と青春を過ごすなかで人として成長することこそ人間本質である

まりエロゲ純文学なのだ

18歳以上を登場人物としながら高校生恋愛を描くという矛盾は、純粋芸術を描くためなら他の事は放っておけという純文学精神の現れだ。

CROSS†CHANNELはその中でも最高に純文学だ。

思春期の揺れ動く少年少女の心を描くと共に、現代人が抱える社会適応の難しさとそこから来る複雑怪奇な心の有り様を描いている。

社会適応できない事に悩み、社会を避けようとし、だけども社会と共に歩もうとする二律背反が織りなす、掴みどころのない心の機微こそ現代人の精神活動においてとりわけ芸術性を宿す部分だと私は考える。

そして、その悩みの果にある答をCROSS†CHANNELは描く。

人間必要としながらも、人間と関わらない生き方を求める姿は、インターネット社会の果てにある一つの答えのように私は思う。

ラストで絵が書き出される、主人公なりの、作者なりの答、それに対する各登場人物なりの色とりどりの反応。

そして、受け手もまた1人1人がそれをハッピーエンドと捉えるか、バッドエンドと捉えるかを迫られる。

答を用意しながら、その答に対する答を読者に投げる事で、この作品読み手がこの作品に心揺さぶられるうちに何を思ったかを浮き彫りにして物語を終える。

純文学が、その芸術性により、人の心を揺さぶり、人間感情の持つ複雑な味わいを想起させる存在ならば、CROSS†CHANNELこそが最高の純文学だというこの仮説も、ただの妄言以上の意味を持ちうるのではないだろうか。


以上、CROSS†CHANNELの「生きている人いますか」の言葉が無ければ今頃この世界から居なくなっていたかも知れない男より。

ミキミキ桜庭があのラスト肯定してくれたから、そのシナリオロミオが描いてくれたから、今の自分自分存在を許す事が出来ている。

少なくとも、フィクション作品の中で自分人生に最も大きな影響を与えたのはCROSS†CHANNELだ。

あの作品があり、あのラストを同じくハッピーエンドだと感じた誰かがいる事を知ったから俺は今生きている。

1人だけど1人じゃなくて、1人だからこそ1人じゃない(同じく1人を求める誰かがこの世界にいるのだから!)ことに気づけたから俺は俺を肯定出来るようになれた。

2017-06-04

自己犠牲の話

昨夜彼氏に再三指摘されたことを頭の中で整理している。ので、散文するかもしれない。

私は身近な人に自分がしたことで楽しくなってほしいと常日頃思っている。そのためなら面白い話題だって提供するし、女でちょっといかもしれないけどピエロっぽい役にもなれる。人に変と思われても、笑ってもらえるならそれでいい。笑顔が見たい。

逆に私のせいで悲しくなったり、心配させたり、気を揉ませてしまうことは極力なくしたい。

私が相手マイナス感情になるのは別。相手が怒らせて来たり悲しませて来たりしてもそこは別に気にしない。ただ、自分がそうさせたくない。

でも、彼氏場合はありがたいことに色々心配してくれているようだ。帰りが遅くなったりすると心配する。なまっちょろい身体なので健康面も気にしている。電車ホームに立つと倒れて線路に落ちてしまいそうという。

冗談100%でなくまあまあ本気のにおいをはらませているので、私はそれが申し訳なくなって、もっとしっかりしないとなあと思う。

昨日、痴漢にあった。昨今冤罪で巷をにぎわせているが、お尻を触る短絡的なものでなく、なかなかにタチの悪いタイプ痴漢だった。言い逃れできる要素を男は十二分に用意して痴漢していたので、久しぶりに恐ろしかった。

彼氏は何か本当にヤバいことがあれば連絡しろと言っていたので、痴漢だと確信した時から彼氏に連絡をする選択肢は浮かんでいたが(というか誰かに連絡するとなると彼氏しか思い浮かばなかった)、

彼氏が非常に心配することは想像に難くなかったし、お互い直ぐに会える距離でなかったので彼が行動できないということに気を費やしてしまうのではないかと考えた。

それで彼氏SOS連絡するのは遅れたのだけど、いやまあ結局連絡しちゃったんですけど、想像以上に彼氏心配させてしまったようで、それが私には本当に申し訳なくなった。ただでさえいつも心配させているのに、これ以上心配させる要素を増やさないようにしようと思った。

その日の欠点は、私が申し訳なくなった気持ち彼氏に話してしまったことだ。

彼氏は「心配することがいけないことか」「心配するのが迷惑と思っているのか」(電車の中で話したのでちょっと文章が一部おかしいけどこんな感じ)とやはりいい顔をしなかった。

また、彼氏に言わせると、私は自己犠牲の気が強くて、相手迷惑をかけるのをことさらに嫌うのだろうけど、それとこれとは話が違うとのこと。心配するのは当たり前だと。

から他人を巻き込んで助けを求めたり、解決策を実行するべきと言ってくれたが、先にも書いた通り他人迷惑をかけることがストレスに感じてしまうので、彼氏提案がどうしても受け入れられなかった。

私に言わせれば彼氏に助けを求めたことは、最悪自分で抱えて消化できることを問題発生時に他人に伝えられた初めての出来事で、正直今回はそれでいっぱいいっぱいだった。

これらの意見彼氏に伝えられたけど、その時間の帰りの電車はずっと考え込まれしまった。

結局相手が私より大人で、最後笑顔で帰れるように尽力してくれた。

私の考えが極端すぎるのは自覚できている、筈。助け合い世界で、自分だけ迷惑をかけないなんてことはできない。だからこそ、自分ができる範囲心配迷惑の種は自分解決できるようにしたい。

彼氏はよく心配してくれるので尚更。100%冗談で行っている時ももしかしてあるのかもしれないけど、そこら辺の機微は私には判断つかない。

彼氏安心して私と過ごしてくれるにはどうしたらいいのか私には今のところ分からない。

あと、彼氏が帰りしなに言っていた「そんなこと言うなら別れる、なんて言うわけない」みたいなこと言ってたけど私普通の人なら別れるような失言してたんだろうか。

彼氏は考え込んだ末整理できたと言って話してくれるそうなので、それを少し不安に思いながら聞くのを待っている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん