「機微」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 機微とは

2022-05-26

まれ変わるなら男か女か

前提条件:実家経済状況、教育投資環境は同じとして。

男はもういいやという意味では女かな。可愛い服を着られるのは羨ましい。でも幼少期から美少女気遣いできる・頭がよい・太ってないが揃ってないと虐められそう。しかも女だけじゃなくて男にも虐められるし。社会人になったらなったで外出るのに1時間掛けて準備するとかも無理そう。

じゃあ男の方がマシか?いや暗い・運動できない・頭も悪いだと存在を抹消される、かといって路傍の石になりきれなかったらやはり虐めの対象になるんだよな。こんな暗黒の学生時代を過ごすと交友関係はよくて同性数人、悪くて同性すらゼロ。当然付き合ったこともないので異性との交友の機微なんて全く分からず、学ぼうとしても相手方はそんなことも知らないのかと言わんばかりの態度を取られて嫌になる。もうそんな人生は沢山だ。

男女どちらに生まれるかは実はどうでも良くて、顔や性格運動神経だけで決まっちゃうんじゃないのかな、人生って。

2022-05-21

anond:20220521011739

この手の話を聞くといつも「女なら誰でもいいのかね?」って思っちゃう

女性パートナーを求める男の機微って、繊細かつ強欲なものだと思うんだよね。そこには「誰でもいい」という考えは成立しないと思う。

どれだけ目をつぶったら「女なら誰でもいい」という境地に達するのか。俺には理解できない。

2022-05-18

アニャ・テイラージョイって表情でかいなって観るたびに思う

演技が大げさと言いたいわけじゃなくて、目がでかくて、鼻も大きくて、口も大きい

その顔の特徴と彼女演技力が合わさり、一番小さい表情と一番大きい表情の幅がすごく大きく感じる

でけえ目で睨むような仕草だけで迫力があって、その眼のまま口元を少しゆがませるだけで感情機微が伝わってくる

演技のことなんて全く知らんから、顔がすごいのかその表情をコントロールしている能力がすごいのかよくわからんが、顔を見るたびに役者になるための顔だなと素人ながら思ってしま

2022-05-14

めっちゃネタバレ注意】ウルトラマン処女によるシン・ウルトラマン感想

本当に浅い。そしてウルトラマンをぜんぜん知らない人間感想

めっちゃネタバレしているので注意。

■筆者のウルトラマン知識(※間違っているかも)

昭和の人気特撮。白黒テレビ時代からやってた。

・Mなんとか星雲からやって来た正義宇宙人で、怪獣と戦ってくれている。

怪獣も倒すけど、足元の町並みもガンガン壊す。

日本怪獣対策室(地球防衛隊?)みたいな組織に在籍している隊員がウルトラマンに変身する。

必殺技スペシウム光線と八つ裂き光輪(うろおぼえ)なんかギザギザの輪っかが飛ぶやつ。

・水で戻す前の春雨っぽいバリアーも張れた気がする。

3分経つと戦えなくなるので、それを知らせてくれるカラータイマーが胸についている。

・ジュワッ! と言う。

兄弟がいっぱいいる。父と母もいる。タロウもいる。(でもウルトラマン性別男性なのかはちょっとよくわからない)

バルタン星人カネゴンは知ってる。

 

■『これは原作初代ウルトラマンリスペクトなのかな?』と思ったり、よくわからなかったところ。

最初ロゴくるくる回るやつ → ”懐かしのアニメ”みたいな番組ウルトラマンOPとして見たことある気がする。

銀色ウルトラマン → 白黒時代オマージュなのかな?

・「怪獣が以前のものと似ていてパーツ挿げ替えみたい」……的な発言 → 怪獣スーツを使いまわしていた的な話を聞いたことがあるのでそれかも。

・Y軸固定でビュンビュン回転するウルトラマン → 人形っぽいのでそういう特撮撮影技法があったのかも。

・手が痛い素振りを見せるウルトラマン → 妙に人間っぽい仕草なので、原作でそういうシーンがあったのかな?

・顔のアップが妙に近い → 意識してそういう撮り方をいているのはわかる。

戦闘シーンがもっさりしている → 特撮戦闘シーンを意識しているんだと思う。中に人間が入ってる感をわざと残しているのかも。

カラーターマーが無い → そのかわり3分というリミット提示されないが、活動時間が短い旨とその理由は語られていたので納得できたし違和感はなかった。

・なんで緑になるの? → エネルギー不足なのか、カラータイマーが無い代わりなのか?

 

エンドロールで気づいたこ

原作(昔のウルトラマン)の音楽がたくさん使われていたこと。 → 当たり前ですがぜんぜん気づきませんでした……が、違和感みたいなものも無かったです。

庵野監督名前がいろんなところにあって(ありすぎて)笑ってしまった。色々な意味でこだわりを感じた。

 

■好きだった演出

・変身モーションをした神永の下からウルトラマンの巨大な手のひらが現れ、ぎゅっと握りこぶしに包まれウルトラマンが登場するところ。めちゃくちゃかっこいい。

・車の座席の隣から怪獣の手がにゅっと出てくるところ。びっくりして声が出そうになった。なんかほかにもドッキリシーンがけっこうあった気がする。

・やっぱり情報戦アナログ最強なところ。

 

セクハラ? とネット言われていたシーン

映画を観終わってTwitter感想を漁るまで、そんな可能性には思い至らなかった。

そもそもウルトラマン外来生物宇宙人)という認識なので男女の機微があるとは思えないし。

個人的には浅見が神永に対して「(コーヒー入れないなんて)気が利かない」というめちゃくちゃ古風なパワハラムーブをしている方がよほど気になったかも。

サバサバ女子が苦手なだけかもしれない。

 

■全体の感想

めちゃくちゃ面白かった。地球を愛し、人類のために身を粉にして戦ってくれるウルトラマン最高。好き。かっこいい。劇場で泣いた。

人間めちゃくちゃ脆弱だし情弱だし、移り気で強欲で未熟だけど、それでもそんな人類希望見出してくれるウルトラマンマジ天使だし、そういうウルトラマンに胸を張って愛してもらえる人類でありたいと思った。

 

ちょっと残念だったところ

ウルトラマン人類をこんなにも愛してくれるようになった原因(要因)の部分があんまり描かれてないところ。

たぶん融合した神永さんがめちゃくちゃ良い人だったからなんだと思う(子供助けてくれてるし)んだけど、禍威獣特対室の面々との絡みがあんまり無いのも相まって、自己犠牲にしてまで人類を愛してくれた理由ちょっと薄いように思えた。

でも監督的にわざと省いたのかもしれないとは思う。

 

■その他感想

斎藤工さんの表情があまり動かない感じが宇宙人っぽくて良かったし、そんななかでも要所要所で内に秘めた心を映す正義の瞳を感じ取れた気がした。

・それに対してめちゃくちゃ表情豊かなのに、その表情に見合った感情を一切感じさせない山本耕史さんの怪演が凄かった。

・割り勘する宇宙人かわいい

・観終わってから「そういえばジュワッ!」て言ってなかったかも? と思った。

高層ビルにぶつかるウルトラマンを見ると、意外とサイズが小さい気がした。昔はあんまり高い建物無かったからかも。

CGの安っぽさみたいのはあんまり感じなかった気がする。

宇宙人さんにはもうちょっと「鍵」とか「ドア」とかの存在尊重してほしい。

・グッズが大人男性向けなのか、わりと普段遣いできそうで品が良いと思った(でも売り切れてた……)

シンゴジのときも思ったけど、怪獣が出ても会社に行くし、学校にも通う日本人。でも実際そんなもんなのかもしれない……と昨今の世界情勢も踏まえ感慨深かった。

ウルトラマンファンのひとだともっと小ネタが拾えて面白いんだと思う。なにか「これを観とくと良い!」という作品があったら教えてほしい。

・また観に行きます

2022-05-12

ベテランキャラが若年キャラに奢られて笑う演出が好かん

アニメとかでなんかベテラン風のキャラに接近するとかで、主人公格の青年とか少年とか少女とか、そのくらいの人物

なけなしの金を使って安いけど相手のことを思いやっておごるシーンとかあるじゃん

でその流れで、年梅キャラが笑うのが気色悪い。

その手のやつって、まあそうやってキャラ同士の交流で仲良くなることを描いているシーンなんだよね。

ムッスリしてたりとか、気難しい風の年配キャラが、可愛げのある年下キャラに奢られて、「あー、オイラはこんな年下に気を使わせてしまっていたんだな〜。わるいなー」みたいな感情を含めた苦笑いだったりするんだけどさ。

キャラによってそのへんの動きって機微が違ってくるはずなんだけど、どれもこれも半をしたふうに同じ動きと同じ笑いしかし無いんだよなぁ。

お前誠実キャラで動いてきてたのに、なんで若年者のなけなしの金で買った缶コーヒーを笑うんだよってなる。

普通、若年者相手に気を使わせてしまったらもっと申し訳ないとかの感情のほうが先に立つし、その心遣いを汲み取って微笑んでありがとうくらい言うものじゃないのか。

いやキャラによるんだけどさ、この手のシーンに出てくる年配キャラなんて、気むずかしいやつとか、神経質だったり誠実性の高いキャラなことが多いわけじゃん。

そういうキャラが、若年キャラに奢られて、笑うって動き。やっぱりしっくりこねーんだよな。

普通に微笑んでありがとうで良くないか。なん、あっはっはっは。とか笑うんだよ。笑い事チャウで。お前が年配者のくせしてコミュ障炸裂して仏頂面引っさげてるから若年キャラが身銭切っておごっとるんやぞ!

っていう、腹立ちが全面に出て、ほのぼの交流を描いてるつもりなんだろうけど、はなしがはいってこないんだよな。

あれなんなん。シナリオ作ってるほうはなんも考えてないだけなんだろうけど

2022-05-08

男がスカート履くだけの漫画に使って良いページ数は5Pまで

50Pとか200Pとか1000Pとかかけて「俺、男だけどスカート履くぜ!かわいいぜ!俺!」みたいな事言ってハッピーエンドにするのは話薄すぎて辛いわ……

なんかLGBTQ持ち上げる流れでブームになってるから社会派で高尚っぽく勘違いしてる人もいるんだろうけど、こんなの夕飯なににするか選んでる程度のもんだろ?

全然中身ないからな。

もしもこの世界に「レンタルするAVや買っていくBLを毎回50Pかけて吟味する者たちの心の機微を描いた漫画」があったとしたら皆「いやいやページ使いすぎでしょ……」と思うだろうけど、なぜか「スカート履こうかな……どうしよっかな……」だと50P使っても普通って扱いなんだよね。

これちょっとおかしいと思う。

なんならスカート履くか悩むのに5P使うのはおかしいけど、AVBL選びなら20P使ってもギリギリ漫画としてイケるとさえ思ってる

2022-04-29

anond:20220429094349

土下座というのはよくわからんがかわいければそのへんの機微okだった

2022-04-23

anond:20220423062300

ん-まあそのあたりの作品に男女の機微を認める、ってんなら一つの仮説として、

昔はアニメ以外のコンテンツから教養を接種してお話を作ってたけど、

最近お話の作り手はアニメしか見ずにコンテンツを作ってるから現実の男女の機微に疎くなってんじゃない?

エロ漫画しか読んでない童貞エロ漫画描かせてるようなもの

2022-04-20

anond:20220420072624

面接の場で鼻で笑われるってのはまぁつらいわな。

けど、本当に鼻で笑ったのか?

どういう距離感でやったかからないが、こういった時勢だし、普通以上に距離を取ったりリモートで行ったものと思う。そうであれば表情の機微ニュアンス齟齬はある程度発生するだろう。

それに鼻で笑ったのではなく、緊張を解こうと笑顔を見せようとしたが、何かうまくいかず鼻で笑ってしまったようになっただけかもしれない。

例えそれでも嫌な気分になったというのは、まぁわかる。自分増田立場でもきっといい印象は持てないだろうし。

しか面接官と言えど、面接時には緊張する人もいるし、些細なミスが不幸な思い違いを産むこともあるだろう。悪気はなかったものだと思っておくといい。

2022-04-11

例えばゆらぎ荘の幽奈さんかに対して

主人公は良い男だしちゃんシリアス恋愛模様を描いているかエロ漫画扱いするな」とか言うならまだ分かるんだが

月曜日のたわわってそういう感情機微すらなく

もうただただひたすらに狙いは『それ』しかないじゃん…

何処からどう見てもエロ漫画以外の何物でもないじゃん…

それ以外の何も見る所ないだろ

2022-04-05

anond:20220405163149

狭い人間関係感情機微をずっとごちゃごちゃやって二人だけのこじんまりした関係に収まったNARUTO…。

2022-04-03

SPA的な手法コストを決定するのはスキルではなくIQ

https://foo-x.com/blog/is-spa-high-cost/

ぐうの音も出ない論駁だと思っていたら、はてブコメントがクソ煮込みうどんになっていてワロタ

IQの高い起業家に対しては、自分コードを書くことを薦めている。

そのときに明らかに学習コストが低く、当面のスケーラビティに困らない方法は、SPA(というか、NextJS等のSSG)+BaaS(Firebase等)。

Railsなんぞ使ったら、あらゆるレイヤ戦線が広がって、労働集約的になってしまって、IQゴリ押しできない。

正直、最近サービスは高IQ人間にとっては極めて快適だと思う。いわゆる文系の人でも、セキュアかつスケーラブルなサービスを容易に開発できると思う。

足を引っ張っているのは、低IQで声がでかい人間とそれが快適でぬるま湯に使っているサイレントIQ層だと思う。

anond:20220403040228

書かないと、知る人にも知らない人にも機微が伝わらないんだけど…

具体的な地名があることで、知ってる人にも伝わり、知らない人にもそれなりに伝わるから

書く意味があるってのわからんかな?

anond:20220402105857

中目黒東京では、ぎりぎり生活感のあるオシャレタウンとして有名(例えば原宿とか代官山は住むのはイマイチ現実感ない、中目黒家賃バカ高いがそれでもね…)

中目黒あたりから戸建も増えて、大型犬が増えそうなのはありそうな話

・オシャレタウンなので、良くも悪くも、普通犬種でなく、スタンダードプードルとか、大型ドゥードゥルとか、ボルゾイとか目立つ犬がいそうではある

・ここから西の方4-5kmに駒沢公園があって、そのあたりはオシャレ犬ゾーンとして有名

・大きな犬いるかもと小さな期待をもって出かけたら、期待が叶って嬉しかったという機微がある

なのだが、中目黒を知らなくとも、そういう機微は伝わるから意味あるじゃん

2022-03-29

anond:20220329160649

逆に別人扱いされるとめんどくさいから同一人物だと分かるように書いてやってんのに

文体同じだからバレバレ自演乙w」とか平気で言ってくる奴いるんだよな

なんかそのへんの機微が伝わらない奴も多いっつーか

anond:20220329055903

アメリカクリスに同情的な意見が多いらしいのはこの辺の権威勾配を感じてるからなのかね。

日本人は二人の立ち位置機微なんかわからないもんな。

2022-03-20

芥見下々女性説ってのは基本的褒め言葉な訳よ

呪術読んでれば小沢エピソードとか野薔薇の名台詞とか知ってると思うけど

キャラの心とセリフがキチンとしていて女性機微を捉えてるという評価な訳

2022-03-17

追記あり痴漢について思うこと徒然吐き出しながら整理したい

痴漢に遭った、股間をべたべた触られたので手を掴んで下りた。

調書も取り終わってひと段落して出社するときには本当にくたくたになっている。

中学生ときから電車通学で、酷い時期は週に何度か遭っていた時期もあった。

ずっと警察に言ったりもできなくて泣き寝入りしていて、でもここ2年くらいでようやく警察に行こうって思えるようになった。

ただ、会社に注意をされるようになって困っているので一旦ここで吐き出したい。


泣き寝入りしていたわけ

泣き寝入りというか、「自分はされても大丈夫だし、このひとにも家庭があって届け出たら哀しむひとがいるんだろうな」と普通に思っていた。自分は傷ついていないからまあいいか、と。

他の女性が哀しむくらいなら自分が引き受けるよ、という気持ちだった。

こう思うひとがタゲられるんだろうなって今なら思うよ。


警察に行くようになったきっか

2年前のその日も痴漢に遭っていた、その上犯人特定できた(誰にやられてるかはわからないのがほとんど)ので現行犯逮捕した。

その頃、ちょうど酷く哀しい出来事が続いて参っていたということもあって、初めて怒りが湧いた。

結局痴漢トドメになって、電車に乗れなくなりしばらく休職

そこでようやく、今まで本当は傷ついていたのを無視してきたんだと気づいてしまったんだよね。

過去自分と、何よりいま同じ思いをしている女性のために、痴漢を減らすのに貢献したくて、犯人特定できたら現行犯逮捕をして被害届を出すようになった。


しかしながら困った

被害届を出してふらふらに疲れて出社したら上司と偉いひとに呼び出された。

電車内でトラブルに」と言って遅刻の旨を伝えたはずなのに、「痴漢の件だけど」と切り出された。

ようするに、

「君が悪くないのはわかっているが回数が多い、なんとかならないのか」

といった内容だった。

かにこの半年で3回、朝の通勤中に警察に行っている。

それでも昔と思えば遭う頻度も減ったし、多少は自衛ができるようになったんだと思っていた。

だけど、結局君は遭いやすいのだからと言われてしまう。

「他の女性陣にも聞いてみたがそもそも被害に遭ったことはないらしい」とのことだったけれど、

いやまずそれを他者に聞くようなデリカシーどうなの!?

私のことも、痴漢くらいでいちいち騒ぎやがって、くらいに思ってるんだろうな。

いわゆる現場系のガチガチ男性社会中小企業

基本的にみんないいひとなんだけれど、

「これはセクハラにあたるかもしれないんだけど~」という常套句がとびかう低モラル環境ではある。

若手はそうでもないのかもしれないけれど、呼び出された2大上司はそういう感じ。


改善策案(改善ってなんだよ、いまが悪いのかよ)

女性専用車両

使ってる駅のホーム構造上、女性専用車両ちょっと使うのがあまり現実的でない位置にあるのでちょっと保留。

追記

もちろん使えるときは使うんだけど、

ただ乗車駅で専用車両に行くまでのホームゲロ混みだし、

降車駅で降りたところでひとが多くて全然ホーム階段まで辿り着かないのよ。

ただでさえ毎朝止まりがちな電車で、車両間の遅延によるリスクは変わらない。

だったら、「専用車両まで行けなくても多少空いている車両に乗ろう」というのが落としどころにはなる。

普通に考えたら遅延リスクのほうが高いんだし。

満員のホーム、誇張じゃなく歩けないんだよ……。

・使う車両の移動

実行してる、一定の効果はあるけどゼロにはならない。

・身なり

いやどうしたらいいんだ????なんでどうにかしなくちゃいけない??????

背は170cm近くあるから小柄で舐められやすい方だとは思わないのだけれど……。

どちらかというと大人顔だし、でもベースメイクしかしてないからナメられるのかもしれない。

なにか思い当りがあったら教えて欲しいです。髪色?黒だよ これか???

痴漢に遭う確率が下がるらしいので髪色を明るくしたいと会社に行ったら秒却下だったけどね!私の髪色で下がる作業効率なんてゴミ(ただの悪態です)


金銭的な補填ってできないの?

さて、休職をしていたわたしには有休がない。10月まで付与されない。

というわけで欠勤として身銭を切って警察に届け出をしているわけなんですが、

損害賠償を求める裁判を起こさないと原則金銭補填されない。

示談を持ちかけてくるひともいるけれど全員じゃないし、そこを目的にしているわけでもない。

欠勤分の、ほんの1万とかそれぐらいでいいんだけど…

届けたことで金銭不利益が生じなかったね、って額でいいんだけど…

インターネットにもそういう少額の請求って例がないんだよね、得がないからしないんだろう。

ちなみに被害届を出してその後のことって知りえなくて、相手弁護士がついたときしか進捗はわからない。

犯人が加害を認めていたら請求裁判余地もあるのかもしれないけれど、どうしたらいいんだろう。

こちらも弁護士をつければ?が正論なのはわかるけど、「とりあえず知りたいそのあと考えたい」みたいなさ。

~余談~

示談を持ちかけられたことが2回ある。

無職ないしフリーター常習犯で、きわめて悪質とのことでそのまま裁判でも有罪になってた。

話を聞くと絶句ちゃうんだよね。片手では足りない回数刑務所に出入りしているとかさ。

そんなだからお金もなくって国選弁護人が私相手にキレ散らかしたこともあった。ある意味痴漢より辛かった。

痴漢するために電車乗ってるのかな、やだなあ。本当にやだなあ。


会社は悪くない、私も悪くない

もちろん会社は悪くない、急に半日欠勤する社員申し訳ないとも思う。でも自分も悪くない。

社会貢献したよねって扱いで会社も私も誇らしくあれたらいいのに。

でも自社の利益が優先だもんな、当然だよな、営利団体だもんな。

利益をもたらさない私が会社咎められるのは仕方がないよ、わかるよ。

でもなんだろう、この腑に落ちない感じ。

悪いのは犯人なんだから補填しろよっていう思考自然だと思う。でもそれが難しい。どうして?

あと、一応休職するくらいには傷ついているのでもう少し優しく対応して欲しいって思ってしまう。これは自己都合のわがままだよね、わかる。

追記2)

何度も追記してごめんね。

変な言い方だけど、痴漢に遭うこと自体はある程度諦めてはいるんだ。ちょっとした災害みたいなものだと思ってる。

もちろん傷つくし極力遭わないようにって考えるけど、ある意味声をあげられるようになった自分からまだよかった、と思ってる節もある。いや断じて遭いたいわけじゃないけども。

それよりも痴漢に遭ったあとのことでもやもやしてるのかもしれない。会社対応だとか、自分の心の行き場のなさとか。

営利団体としてはごもっともなんだけど、傷ついてるときにいろいろ言われてしんどかった。デリカシーがないというか…なんか……。

なんかこの機微を上手く伝えられないものかなーと思う。

結局会社での対応に哀しくなっただけなのかもしれない。自分のどこが落ち度だと思う?とか聞かれてさあ。


男性

届け出たらハイ有罪!とはならないみたい。

すごく丁寧に状況証拠揃わないと話は進まない、「そんなこと覚えてるわけない」ってことばかり聞かれる。

「してない」の証明は難しいけど、込み合った中「してる」の証明も同じくらい難しい。

もし本当に冤罪だったら相手との位置関係や、自分の手の位置なんかをその場で記憶したらいいと思います

あと捕まえた女性も人違いしてるだけで、被害には遭ってたって場合が多いと思うから…恨まないであげて……いや巻き込まれた側からしたら無理か。変なこと言ってごめん。

未だに「一緒に降りてください」って言うときは膝めちゃくちゃ震える。

今日は近くにいた男性が「お手伝いできることありますか」と声を掛けてくれた。

駅員さんを確保できるまで一緒にいてくれて、本当に嬉しかった。誰かが助けてくれたの初めてだった。

お仕事前にどうも有難うございました」と声を掛けたら、「こちらこそ、気づけなくてすみませんでした」と頭を下げて去っていった。

わたしもこんな風にひとを助けたいなって思えた。

実のところ静かに男性が怖くなってしまって、もう恋とか全部無理だろうなって諦めてて、本当にすごく哀しく過ごしてて。

こういう男性がいてくれるんだなって思えたこと、すごく嬉しかった。

そう、嬉し泣きしながらいまここを書いてる、泣くほど嬉しかったんだな。

近くにそういうひとがいたら、少しでいいから協力してあげて欲しい。私もそうする。

今日の方、見てらっしゃらないと思うけど本当に本当に有難う。


マジの余談

痴漢に遭ってるときってマジで孤独なんだよ、自分が悪いんじゃないかって何回も考えて、落ち度を考えて、なんかすごく疲れてるんだと思う。

ひとに大事にしてもらえないとか程度の低い女だからいけないんだとか考えて、無意識のうちに自分を責め続けてきたんだけど、しかも朝だから身なりも酷いしさ、思い上がってるブスとか思われてるんだろうなって都度思いながら声をあげてる。それでも野放しにするよりマシだし。

今日、そんなふうに助けてもらえて、なんか人として尊重してもらえた気がして嬉しかった。

正直こうやって声をあげることにも疲れてるんだと思う。

それで会社にも咎められて、気持ちが折れそうというか、野ざらしのまま守ってもらえない感じというか。


すごく長くなってしまったんだろうな。

ここまで読んでくれた方はどうも有難う、皆さんが被害者にも加害者にもならない世界でありますように。

こういうのを読んでどんな気持ちになるのかわからないけど、うちの会社はこうだよとか、痴漢に遭ったときはこうしてるとか、なんか他のひとの意見を聞きたかったんだ。

最後に、通勤電車に乗る女性は一度は目を通してもいいと思います。このまとめも大変便利に使わせてもらました。

https://anond.hatelabo.jp/20210409113808


(21:59 追記

増田増田に長文投稿したの初めてなんだ。はてブ5つですごい!って言ってたのに3桁行って本当に驚いています

トラバブコメも目を通しています、いろいろな意見どうも有難う。

今まで遭った体験談含め、違う記事を立てようと思っています

そうしたらまたここに追記させてください。誰かの役に立てたら幸いです。

(25:38 追記

かなり長ったらしいですが、続き記事を書きました。

でも中身薄くなっちゃった、ツリーからどうぞ。

2022-02-15

anond:20220215205448

うーん、なんというか、料理しない人だとその辺の機微が分からないんだろうな。

お姫様扱い

サイゼ騒動は一旦落ち着いたみたいだ。皆それぞれに納得を得て帰っていった。

そんな中で私はひとり、モヤモヤを抱えて立ち尽くしている。

渦中で人気になっていたコメントが、どうしても頭から離れないのだ。それは確かこんな意見だった——…

「男が女性をもてなすべき、という考え方は払拭されるべき古臭いセクシズムだ」

でも twitterガールズちゃんねる を眺めていると、相変わらず、「恋愛なんだから女をお姫様扱いしないでどーする」「安い女だと思われたくない」のような意見が広く支持されている。

困惑した私が はてなブックマーク に救いを求めていると、こんな感じの意見が目に留まった——…

大人の女性としての関心を寄せ、敬意を持って相手に誠実に向き合っていれば、同じ時間を過ごす選択肢としてファミレスのような手軽で安易手段に頼るなんてことはできるはずがない」

大人であることにはコストがかかる。大人の女性であることにはもっとコストがかかる。男性のように髭を剃るだけのスッピンデートに出掛けるわけにはいかないし、女性恋愛的な気分を着火させるにはそれにふさわしいムーディーな場所必要だ。雪が降るだけではしゃいでいた単純な子ども時代から遠く離れ、年齢相応に成長した大人の女性には、複雑な心の機微がある。それを無視し、踏みにじり、理解しようともせずに思考放棄して便利なテンプレートに押し込める、そんな態度をコメント批判しているのだろう。おそらく。私はこれに反論できない。

だが両者はハッキリと矛盾する。

個人的なことが二人の関係性だけに閉じず、集積されて社会に影響していくのなら。社会全体の「まとも」観が翻って個人にも影響していくのなら。この問題には解く意義がある。

女性特有の文化と、女性生理的な仕組みそのものは、もちろん性差別ではない。だけど男がそれに合わせた振る舞いをすると直ちに臭いセクシズムが出現してしまう。かと言って、目をつぶって男と同じように扱うのにはミソジニー的な横暴さがある。どうすればいいのかわからない…

セクシズムか/ミソジニーか。

男がいて、女がいて、彼は彼女お姫様扱いすべきか/するべきじゃないのか。

お姫様扱いしている誰かがいたとして、彼は自分の態度を誇るべきか/誇るべきでないか。周りはそれを持ち上げるべきか。あるいは、距離を置くべきか。

2022-02-14

作画面白い

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1845067

作画ってもともとは「アニメの真髄は作画にあり」っていう派閥用語だったの。アニメ制作にはざっくり

絵コンテ原画動画→彩色→特殊効果撮影→完成

っていう工程がある。アニメの持つ快楽の源泉は「動き」にあって、その「動き」を決定づけるのは「作画原画動画」という工程にある、って思想ね。

物理現象の美しさを、人物の芝居と感情を、二次元三次元として表現する奇跡を、カメラワークの妙を生み出すのは作画マンなんだ。

この芸術に取り憑かれた人間映像研の水崎であり、作画スレの住人である

だが作画という言葉は「作画崩壊」というトレンドと共に、本来意味から変わった形で普及した。

一般的作画上記工程の「完成」の部分を指す言葉になった。そして静止画としてのクオリティを示す言葉になってしまった。

アニメからワンカットワンフレームを切り抜いて、その画面の華やかさや造形のクオリティを指して「良い作画だね!」なんて言ってるのを見るとムズムズしてしまう。その画面、全然動いてないじゃないか、ってさ。

もちろん静止画イラストとしての完成度は作画クオリティをも左右する。だが本来本質は「動き」なんだ。どんなに素晴らしい絵でもそれが「アニメーション」していなければ価値は低い。それが作画クラスタ価値観。

この辺の機微花村ヤソの「アニメタ!」が上手く書いているので興味がある人は是非読んで欲しい。

上手く伝わるだろうか。ブクマざっと読む限りはてな民もこの辺理解してなさそうだったので書いてみた。

2022-02-07

南極料理人を見た

年末年始に録画していた地上波放送をやっとみた。

ごらんのように私はあまり映画に入れ込んでいない。詳しくない。ほとんど地上波しか見ない。なのでカットシーンがあってもあまり気にしない(シャドウゲームは流石にダメだった)。

そんな私も見る前はちょっとわくわくしていた。面白いらしい映画だとふんわり耳に入ってきていたし、料理映画がいくつか好きだったからだ。

フードトラックシェフも好きだしレストランシェフも好きだし、まあレミーのおいしいレストランも嫌いじゃない。同じく南極観測所料理人シーンがある大統領料理人も面白かった。というかああい雰囲気を期待していた。

閉じたシチュエーションドラマというなら王様のレストランも好きなのさ。本気だぜ。

ところが、だ。

今私は悪態をつきたいががためにこうして筆を取っている。珍しいことだ。つまらない映画なら録画から消して終わりが常なのに、この映画は私の貶したい心をくすぐってきた。だから以後は批評でもなく単純な文句を書くのである

なお原作があるらしいことは知っていた。しかドキュメンタリーではなくしっかりとフィクション映画として味付けしていることを期待していたので、原作がこうだったから。は考えない。

協調も衝突もしない空虚でよく嫌えるかのようにかかれる登場人物

観測所に居る人物は計8人。男だけというのはヒロイン(恋愛要素)が好みではない私には好印象だった。

しかしいきなり全員の紹介をナレーションで済ますのにはガッカリきた。これだけで長い共同生活の中でキャラクターを深掘っていくという期待はもてなくなった。裏切られることも期待したのだが…。

彼らはほぼ所属役割も異なるメンバーであり、その中の一人、調理担当西村がこの映画主人公だ。

そんな彼らが南極で何をするか。

…何をしてたんだろうな?

こいつら、まあそろえば喋るし一緒に騒いだりもするのだが「一緒に何かしている」シーンか「一緒に居るがすごい無関心」なシーンばかりが記憶に残っているのだ。

「一緒に何かしているシーン」、野球豆まきのの場面はそこだけを切り取られているから、誰と誰が仲がいいとか、趣味が合うとか関係性が見える会話がかなり少ない。ほぼ全員好き好んで南極に来たわけではないのでゼロフラット関係から嫌い・好きに振れていくはずがそういう機微が無い。

じゃあ既に仲がいいのかと言われれば会話の節々で間があったりかみ合わなかったり意を汲まれなかったりととにかく思いやりが無い。

特に主人公なのでピックアップされる西村君には

暖かい料理の前で朝礼を行う(冷める)

面会を拒否するが置かれた飯だけは直ぐに取る

頼んだ調理法に文句をつける

盗み食いによる欠品を何とかするように夜に起こして懇願する(盗み食いが発覚してもまず食べ物の不味さを告げる)

などなど、見ていていじめしか思えない気分が悪い展開が続く。これ、後々のための伏線などではないからね。

会話が空回る空虚時間はわざと大量に作られていて誤用共感性羞恥が襲ってくる。監督の頭がおかしい。

じゃあ逆に仲が悪いのかというと大して衝突や大きな騒動も描かれない。無関心か?後半、長期の閉鎖環境ストレスから数名が暴走するが、錯乱範疇人間関係が主要因ではない(要因ではあるが)。

そしてその騒動とばっちりを受けるのは当然無実で何も悪くない西村である脚本によるいじめか。

閉鎖環境であるにも関わらずキャラクターに魅力がない。キャラ同士の相互作用が生まれない。絡んだと思ったらかみ合わなさを見せ付けられる。

中盤からはなんでこんな中年男性を見させられているんだろうと至極うんざりしていた…。

それぞれの職域のスペシャリスト性が出ていればまだ性格に難アリの低関心職人集団と見ることもできそうだがそれらのエピソードも取ってつけた薄っぺらものだ。

(あと早く帰国したいとか来たくなかったとかもまあ分かるのだがそこはサバイバル刑務所内のドラマと比べれば格段に自由なので分かるは分かるが刺さらないんですよね)


数少ない女性陣についても貴重な遠距離通話でとにかくギクシャクした会話が続き、ついに一人は好きな人ができたと捨てられる。

西村君の家族の妻と娘は大根役者とはとても言えない明らかに演技指導として不快演出がなされている。単身赴任の打ち明けや任地をあざ笑うシーンなど、ここにも思いやりがなく自己中心的キャラクターだ。

娘に対して元気が無い母親料理を作ってあげたらと提案したシーンにはなぜこんなものを作ったのかとかなり泣きそうになった。ハートフルな部分を見せるのかと期待を持たせ一瞬で叩ききる名シーンだと思う氏ね

エンディング帰国した西村一家のシーンだが、まったくもって意図がわからなかった。なぜ私をこんなにラストラストまで不快にさせるのだ?混乱するほどわけがからない。わかるのはラストセリフぐらいだよ。


あと、先述した騒動とばっちりを受ける無辜西村君。そのショックで引きこもってしまます料理人が居ないかしかたなく残りのメンバーで作るしかないのだが…

って書くとドラマが生まれそうじゃん?揉めあって失敗するのか、西村君が手助けしてハッピーエンドなのか、西村君にはどう謝罪するのか…。罪悪感をどう表現するのだぁ。

いからね。そんなの。

今までの描写を見るにコイツら、腹が減って料理人が居ないか自分でただ作ってるだけだからね。悪気も無いよ。当然謝罪も。調理現場見てあまり反応もない西村君含めてなんだよこいつら。西村君が風邪で寝込んでしまたから代わりに料理してますでも成立するからね。これ。風邪引かないんだけどさ。南極からさ。

そんなわけで完成品のマズい(映画冒頭に妻が作ったのと同じ)から揚げを食って西村君が感極まるシーンも理解できなかったよ。

好意的に頑張って考えれば妻を思い出してホームシックな涙なのかなー。それとも自分の代わりに頑張って作ってくれた仲間への感情なのかなー。とは思うんだけどさ。

妻へも仲間へも視聴者の私の感情は冷え切っているから「被害を被ったうえに勝手調理場を荒らされ謝罪もなくクソ不味い料理を食べさせられてそれが雑に扱ってくる妻を思い出させられて心が折れた」と受け取ったね。素直に。

もしこれが地上波放送によるカット弊害であったとしたら編集人拍手を送りたい。もし映画全体を見れば大いなる勘違いだったとしたら、まあ、その、すまん。

これは料理(人)映画ではない

よい料理(と食べる)描写とは何かはわからない。孤独のグルメなどは独特に良いと思えるが、詳細な言語化・対比は難しい。

だがそれでも、観測所最初食事シーン。私はそこでかなり拒否反応がでた。

きたない。

ガツガツしたややオーバーな食べ方やすする音。それらは私には美味しそうに食べる場面には写らなかった。

しかしそれは我慢できるのである。なぜなら舞台1997年。人は中年男性。汚らしさはそういうものと受け入れられるまだ。

ロクにうまいとも言わない無反応な男たちもそうそう居るよね。と受け入れられた。

ただ、続くエビフライのシーンで心は折れた。

伊勢海老をどう調理するかでなぜかエビフライ激推しされ、もったいないという西村君は自分を殺し創意工夫も施し伊勢海老エビフライにしたて上げた。

先述したが、その自分たちが押し通したエビフライという調理法を現物を前にして違ったとぼやくほかのメンバー。ままま!それもすごく効果的に私にストレスを与えられている!と解消への前置きに受け取れたのだが…

いただきますのあと、(西村君を除く)全員が同時に皿に乗せられていた伊勢海老の頭をテーブル上に退けた。

はぁ?

はぁ?なにそれ?は?面白いと思ってやってんの?監督?他の自由に食べるシーンと比べて明らかにタイミングを合わせた演出としてのギャグシーンだよな?は?何も面白くないんですけど?

調理法に折れた西村君にさらに完成品に文句を言って追い討ちをかけた上でのギャグ?まじかよこれがうれしい観客がいるのかよ。

この登場人物たちには、否この監督には料理にも料理人にもリスペクトがない。この映画は「南極料理人」ではあるが、料理にも料理人にもスポットが当たってなどいない。

これは私が悪いのか?ちょうど今話題になっている「大怪獣のあとしまつ」。絶対見ないだろうが、これも私も「怪獣のあとしまつ」がテーマだと思っていたので感想を読むにもし映画を見ていたら同様の怒りを覚えていたこ必死だ。

これを予告や監督から予期できるのだから批判的外れ(not for you)だとする向きもある。南極料理人というタイトルだけで見始めた私にも同様のことが適用されるのだろうか。

だとしてもこの怒りは収まらぬわ。せめてこんな映画の何を事前に期待して見ろというのか。原作未読者がよぉ!

盛り付けられた料理は美味そうだが作る経緯も食べるキャラも気にくわねぇぇぇ!

何が食べたいかに雑に肉と言われて作るローストビーフにも!

自分が夜な夜な勝手に食ったせいで切れたラーメン懇願して作らせた手作りラーメンにも!

作る!過程に!食う!姿に!私の!心を!入れられ!ないんだよ!

どんなに美味そうに食おうが!お前の目の前の料理人が毎日頑張って作ってくれている料理を尻目にお前が勝手に作って切らしたラーメンの尻拭いを!料理人を差し置いて勝手に作って食っていたモンの尻拭いを!その料理人にさせてんだからな!

料理映画なんて視聴者は実際に料理を食えるわけねぇんだよ!

私は!情報を!食ってるんだ!

こんな!クソ胸糞悪い!情報を!食えるかっ!!!!!!!!!!!!


あとですね、付け加えるとですね。閉鎖環境での食事ってめちゃくちゃ大事だと思うんですよ。実体験はないですけども。

毎日何が出るかウキウキ。代わり映えしない毎日の唯一の楽しみ。刑務所の中の描写とかでもみる話です。

一年以上の長丁場で、料理のそういったありがたみが(受け入れらないラーメンのくだり以外)ぜんぜん感じられないのがなんかもう見事に物語料理関係してなさすぎてなんのドラマティックさもなかったですはい

料理西村キモい

ふぅ。ここまで大体ひたすらないがしろにされる料理人の西村君の姿にヘイトをためてきたわけだが…。

中盤を過ぎたこから西村君もキャラが掴めなくなって気持ち悪くなってくる。

まずコイツ、怒らない。

家族に無碍に扱われても大事ものを失っても料理が冷めそうでも仮病で面会拒否されてさらっとメシだけ掻っ攫われてもラーメン盗み食いされてもバター丸かじりされても夜中に起こされても怒らない。大事ものは寝込んだけどさ。

会話がかみ合わなくて空虚時間流れる半分は彼のリアクションが無いせいでもある。

そんなこんなで彼のキャラクターが掴めない。

さらいしておくと、彼は海上保安庁所属で同僚のアクシデントで急遽望まぬ南極行きを無理やり承諾させられた人物だ。

南極では料理は丁寧に仕事をこなし、あまり我を出さずニコニコ仕事文句も言わない。

はて、彼のスタンスはなんだろうか。

料理人といってもいろいろあるだろう。

たくさん食べてもらいたい人。お残しは許しまへん人。自己満足できる料理を作りたい人。美味しい料理を美味しく食べて欲しい人。調理場に入ってほしくない人。材料にこだわりたい人。解説したい人。食事コントロールしたい人。美味しいといわれたい人。

まだまだあるだろうがいろいろな属性を少しずつ持ってたりするものだ。

劇中の彼はどうか。料理は冷めて欲しくないし伊勢海老刺身にしたい。うん。まぁ、それぐらい、かな。(後半につれながら見なのでかなり怪しいのだが)

あとおにぎりに当たりを入れるちゃめっけも見出せるかな。なんか普通の人の感性内じゃないですか。

料理人としての面がそんなに料理にも会話にも出ない。ま、まともな会話のキャッチボールができる人物も居ないのですが。

不本意な任地で作り甲斐の無さそうな人たちに料理を振舞っている彼の内心が見えてこないのだ。

では本国に居るとき南極に居るときの対比を見てみようとすれば…彼は南極以外で料理をするシーンがないのだ…。

あるのはただ妻のから揚げに文句をつけるシーンだけ。家族ゆえの気軽さを差っぴいても職業料理人の夫が妻に食事を作らせて事前にアドバイスもせずに文句をいうというのはあまり性格が良いとは言えない。

そして南極食卓では黙ってニコニコ。彼がわからない。わかります

普段料理人の彼がわからないので南極の彼の心境が、あるいはあの打たれ強さ我慢強さがすとんと腹に落ちない。

私の怒りとシンクロしてくれない西村君。料理が好きなのか誇りを持っているのかもわからない西村君。あんな妻や娘が好きな理由がわからない西村君(嘘。家族から好きなんでしょうね)。

そんな理解不能な彼も他の登場人物同様好きじゃないです。わけわからなくてキモい

総じて監督が嫌い か?

いいところが見つからないキャラクターを作った監督

わざとぎこちない時間をたくさん描写してくれた監督

それと、わざと無言で間や動きで伝えようとする描写が好きそうな監督

なんか、あなたが好きそうなもののことごとくが私は嫌いでした。

奇跡的に感性が真反対だったということでしょうか。

まあ、この作品は賞をとってますし聞こえも良い。次作のキツツキと雨も同様。

なんかい作品なんでしょうね。わからんけど。

あとあれですね、半年以上一緒に暮らしているのに朝のおはように返事をしない奴に執拗に返事を要求する奴とか、子供二人居る家庭の妻のから揚げに文句をつける夫とか、いまさらかよって描写も鼻につきました。

あ、書いていて思ったけどから揚げは単身赴任するから妻が料理勉強中だったのかな。見落としていたらすいません。

監督で傾向を判断するというのは監督チャレンジがなく作風が固定されるきらいがありあまり好きではないのですが、まあそんな感じなので今後は避けようかと思います

堺も生瀬も好きなのにこうなるのかぁ。という点は新鮮でした。

ビバ邦画

この個人的エンターテインメント性も低い。コメディ・笑いも低い。ドラマティックさも低い。カタルシスも感動も低い。クライマックスの盛り上がりも低い。だけど評価が高い。そういった映画、いや邦画を私は知っています

そもそも私は地上波オンリーでもさら邦画はかなり見ない方なのでなにも語れないのですが…。

数少ない視聴経験から強く連想できたものは是枝作品でした。

是枝作品は賞を取ったりでなんどか地上波で拝見したのですが、これのどこが面白いんだ?が続き、これのどこが賞を取ったんだ?(だけど心にちょっと残りごくごくたまーに見たくなる)で終わるものでした。

私自エンタメ作品しか愛好していないことは重々承知しておりますが、まあ是枝作品評価されるならこの作品評価されるわな。とは思いました。是枝作品嫌いだし、ならこの作品も嫌いだわな。

それぐらい、上手く言葉にできませんが私が嫌いななにかしらの邦画要素がたっぷり詰まった作品なんだと思います邦画らしい邦画を久々にうかつにも見てしまったと言う点はよくないけどよかったです。

ただ是枝作品ほど心には引っかかりませんでした。大統領料理人もすっきりしない作品でしたが、あれは面白かったです。やはり料理人のこだわりの有無でしょうか?あれは面白かったけどこれはダメでした。あとチョコレートドーナツ(映画)も好きですしお辛い非エンタメ映画全般ダメというわけではないです。これはダメでしたけど。


あーだこーだ書きましたがもう二度と見ない映画にこれほどの時間を捧げさせたのですから、名作と言ってもいいんじゃないでしょうか。しらんけど。

ああそれと帰国シーンだけは結構すっきりして好きでした。

2022-01-27

関係萌えの源とキャラの作りこみ方

創作を嗜む友人の「恋愛主題の魅力的なキャラを作れない」という悩みを聞いて、恋愛系で重要関係萌えの源と、ついでに聞いた作りこみのテクニック有効性を考えてみる。

  

これまでは、いわゆる両片思い代表される、価値観認識の相違や思いの非対称性などを伴う「コミュニケーション不全」だと思ってきた。

しかし、最近取り沙汰される「実在推しアイドルグループなど芸能人)達が仲良く戯れる様子」から感じる関係萌えには、一見して当てはまらない。

一般的にはむしろコミュニケーションが十全に働いているからこそ仲良くできていると捉えられるからだ。

  

だが、視点を変えて掘り下げたい。

推し達にもそこへ至るまでの「経過」のストーリーがあり、戯れているのは創作で言えば「後日談」の段階ではないだろうか。

様々な困難を乗り越え絆を育んだ彼らの、ハッピーエンドのその先を覗く。

完成された関係性には、もうハラハラはいらない。

ドラマ性=関係性の変化を排するという点では、ボーナストラックと表すほうがしっくりくるかもしれない。

私はやらないのだが、おそらくゲームなどフィクションアイドルコンテンツファンからすると同様の楽しみがあるのではないだろうか。

商業BLでなら読んだ覚えがある。

  

もう一つの捉え方として、2つは共存できる要素であると言える。

コミュニケーション不全は、いわゆる「すれ違い」の状態で、ドラマ関係性の変化を生み出すためのキーであり、内面の話だ。

一方、「仲良く戯れる」は外から見た印象のみでも成り立つ状況である

仲良くしていても実は誰かあるいは複数の者に隠し事があるかもしれないし、誰も気づかないうちにコミュニケーション不全が起きている事態もありうる。

こちらは、本編とアフターストーリーいずれにも使え、コミュニケーション不全単体の描写より複雑な展開が期待できる。

  

それを踏まえて、友人がプロからアドバイスされたというキャラ作りのテクニック効果検証したい。

キャラ同士の言動シミュレーション」という方法一般的な発想として納得できる。

ただし、指定シチュエーションが「旅行先」というのは疑問だ。

  

というのも、旅行普段生活から離れる非日常体験からだ。

作品にもよるが、恋愛系はそもそも主人公相手役が出会った時点から舞台地元であろうと非日常である

キャラを作りこめていない状態で、非日常に非日常を重ね掛けしては、余計なバイアスがかかってシミュレーションが混乱するだけだろう。

一定の親しい関係性ができた後日談のほうが使いやすシチュエーションだ。

  

恋愛系は、(少なくとも友人の描こうとしているジャンルは)成就までの経過を魅力的に描くことに主眼がある。

せめて、「旅行にどうやって誘うか」といった準備シーンからシミュレーションしたほうがキャラ作りは捗る

純粋に「そこまで仲良くない2人がなんで一緒に旅行!?」って気になって仕方ないし。

旅行当日までに、魅力的な主人公相手役の機微が詰まっていると思う。

  

キャラ作りに限らず本編も、キャラ関係性が最も生きるシーン・シチュエーションを設定することが勝負と言っても過言じゃないのでは。

場合によっては、最初出会から説明する必要ないこともあるし。

パターンはもう色々な作品から吸収するしかないのかな。

私も改めて好きな作品の第1話シチュエーション分析し直してみようと思う。

2022-01-25

雁琳(がんりん)の引用RT欄が面白い

雁琳の以下ツイート

そら、「女の敵は女」を潰さないと気が収まらない人達ですもんね……この前ガルバに飲みに行った時、ガルバの子が「あれ好きだったのに……潰した人達ほんまうざい」言ってましたが、まあ、オベンキョばっかしてる「やさしい」人達にはそういう機微分からんのでしょうなあ。

https://twitter.com/ganrim_/status/1485625493890428928

についた引用リプ

女嫌いなのにガルバには行くインセルの鑑

https://twitter.com/megodonto/status/1485900790900441094

 

雁琳の以下ツイート

僕の数々の発言、僕が「マジ」で「文字通り」に言ってると思われてるのか…………ということにいつも割と驚くんですよねえ。そういう野暮な話をいつ何時でもしないといけない世の中にしたいんだなあ、「彼等」は。

https://twitter.com/ganrim_/status/1485624584686948353

についた引用リプ

雁琳の過去ツイートスクショ「僕のツイッター垢とかリアルの知り合いが見るとすると(まあ今でも普通にいるんだがね)好き嫌いがハッキリ分かれるだろうな、という気がする。まあ一つの指標にはなりそう。本音自分に対してどう思うのか、ということを調べるための。」を無言で貼付

https://twitter.com/AtTheBlackLodge/status/1485766223497334785

 

雁琳の以下ツイート

これだけマンコの権利だけ特別扱いしてマンから発せられるお気持ちすら「人権」と言い張るような輩が幅を利かせば、女は全員夫に三つ指ついて傅く方が寧ろ正しい、それどころかレイプ泣き寝入り結構、という意見反動として出て来ても何もおかしくない。そういう風に弁証法的に歴史は動く。

https://twitter.com/ganrim_/status/986524820190851072

についた引用リプ

最近騒動で初めて知った人やけど、白饅頭師匠と崇める福岡出身甲南大学教授なんや

甲南の校風に合わへんのちゃうかな?

あの界隈のマダム達が見たら絶句しはるで。

https://twitter.com/misia76423155/status/1485086112301592576

すげーな『正論』ってこんなのに執筆させてんだ。

さすが『正論』としか言いようがないですな。

https://twitter.com/tacowasabi0141/status/1485188489402466304

チンコから発せられるお気持ちすげぇな

https://twitter.com/myceliumR/status/1485072859068207105

女を「マンコ」って呼ぶのも人文系の知なの?

https://twitter.com/henohen62544972/status/1485187618325536771

常連であることをシステム化されたく無い

学生さんの頃からよく通ってたとんかつ屋

チェーンではなくおっちゃんと奥さん家族経営

それでありながら家庭的というよりはジャンキー寄りな味付けが好みだった。

多いときは週3くらいで行ってたのでまぁ自然と顔も覚えられて常連扱い。

「おっ、いらっしゃい」「大盛サービスしとくよ」的なイベントもあったがそれには特に何も感じず常連を続けていた。

ある日会計の時に店主のおっちゃんが紙切れを差し出して一言

「これ、スタンプ集めたらサービスから。ヨロシク」

1回来店でスタンプ1つ、15個集めたらとんかつ定食無料みたいな内容だった。

それを見ながら、その店への愛着が急に冷めていく自分を感じた。

なぜ冷めたのかはハッキリとは言えないが。

その客が常連かどうかの判定は店主のさじ加減で、常連へのサービスもなにか特定のもの提示すれば自動で受けられるようなものでなく、

あくまで店主のきまぐれで行われるような、そんな曖昧関係性を求めていたのかもしれない。

スタンプ集めというシステマチック行為の結果で受けられるサービスの無機質なところに嫌気が刺したのかもしれない。



いったんは冷めた店への愛着

ただ店主はその後もスタンプカードに関係なくサービスしてくれた。

食べっぷりが見てて楽しいとのこと。

スタンプはせっせと集めている。




(追記)

デブのふとした感情機微に思いのほかトラバブクマ集まったな。みんなサンキューな。

特別扱いされたいってのがあったけどそういうことなのかもな。

そういえばその店って、テレビ雑誌でよく特集される人気の料理店……のすぐ隣にあって、

とくにそういうバズりも無く淡々営業してる店なんだけど、

内装は小奇麗な反面外っ側がけっこうボロくてヘンな豚の絵が描いてたりして謎な空気感出してんのよ。

これを綺麗にすればもっとお客さん入るのに……とは思うけど絶対店主に言ったりしない。

俺、他の客が来るようになるのが嫌なんだろうな(笑)初恋(笑)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん