「還元」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 還元とは

2020-05-23

キャッシュレス還元の駆け込み需要来てるね。ある意味、大型還元くるかもね。かねがあるやついいなぁ。消費も落ち込んでるし、買い時だろうな。キャッシュレス還元が延期になるかどうかはちょっと。。

様子見

キャッシュレス還元

そういえば来月で終わるらしいじゃん

コロナ経済がー とか言ってるのに実質値上げってどうすんの

自分最近まで現金派だったのよ。

もちろんクレカも持ってるけど、洋ゲー買ったりAmazonで買ったりスマホ料金払う程度。

何で現金派かって先ずどこでも使えるし、クレカは売り上げから手数料差っ引かれると考えると悪魔所業だと思ってる。

あとメガバンに生き血吸われるのが気に入らんかったから。

これは店舗カード会社契約問題があるんだろけども

ガソリンスタンド現金リカ以外に値引きとか全くないし、

クレカポイント1~2%つくけど、現金は全く何も帰ってこない。

まあ気持ちくらいでええから返してくれや、位に思ってたら若干の値上げしやがって

店舗挙句の果てにキャッシュレス決済に対してケツ振りやがった。

もうどうでもいいわ。

一生キャッシュレス決済で生き血吸われてろよ。



キャッシュレス決済が代

作詞:俺 作曲:星野源

映像:楽天カードマン 監修:PayPay

キャッシュ決済が代は

飲食小売りに

セコい還元キャンペーン

現金払い奴の

気遣い無視しやがりて

現金コケにしやがってっと

売上から手数料取られてろボケが代

ーー

頭ブチ切れててカードレス決済って書いてた、キャッシュレス決済やん

2020-05-21

アリはキリギリスを養ってやらにゃならんのか

おかしいだろ。

冬に備えてなかったんだぞアイツは。

どれほどバカでも、冬が来ることくらい想像できるだろ。

っつーか、蓄えがないんじゃ、冬が来なくても怪我したり不況で日々の糧が得られなくなったりしたら終わりだろ。

アリはそれがわかってるから地味でつまらない生き方我慢して続けてるんだよ。

キリギリスはそういう綱渡り生き方自分で選んどいて、

いざ困ったらアリに助けを求めて、アリは真面目に働いて築いた蓄えを切り崩してそいつら養ってやらなきゃならないって、

そんなバカな話があるか。

自己責任ってワード批判される事も多いが、自分意思で選んだ生き方で行き詰るのが、自分以外の誰の責任だってんだ。

だいたい、仮にキリギリスが一発当てて大金持ちになったとして、それをアリに還元するか?

しねえだろ。

自分で使うだろ。

キリギリスハイリスクハイリターンの人生生きてるつもりかも知れんが、

いざ困った時にアリに健康文化的生活を支えてもらおうなんて思ってる時点で、リスクをアリに押し付けてんだよ。

キリギリス最後まで自分の選んだ道に責任取れよ。言っとくが、アリが無情なわけじゃねーからな。

勉強しなかった奴が大学に入れないのが不公平じゃないのと同じで、

リスクに備えなかった奴が降って湧いた災難で死ぬのは、何も意外でもなければ不公平でもない。

そんなもんをアリが支えなきゃならない方が不公平ってもんだ。

2020-05-16

ハガレンのタッカーさんのエピソードって

人体実験という業を個人レベル狂気還元していて逃げだと思うわ

家族人体実験とかするわけないし

人体実験を行うのは国家的な組織的狂気暴力であって

そこから目を逸らして

ありえないケースで業を描くのは問題あると思うわ

2020-05-15

anond:20200515124933

どっちかっていうとお金を吸い上げた先が還元するべきやろ

2020-05-13

anond:20200512190122

スキルアップするだけなら消費活動なんだよな

勉強するって体験を金と時間を対価に得てるだけ

その分を享楽労働に費やせばどんなものが生まれていただろうってことを人間は考えてしまうし

その悔いに自分や周囲の人間は耐えられないんだよね

スキルアップしようとする人間そばにいる人は自らの教育資源を彼らに受け渡す場面も多くなるから

その上がったスキルちゃん社会還元されるという保証がないと当人以上に苦痛だろうしさ

からスキルアップ挫折したり、スキルアップする人間迷惑がってみんな邪魔したりするんだよね

スキルアップたからって社会活躍できるとは限らないか

2020-05-10

人生

30代。若いころから恋することもなく、セックス快感を感じたこともなく、最終的に生活料理筋トレ仕事だけで完結するようになってしまった。

生活以外にはガジェットと住環境くらいにしかお金の使い道が無いので、貯金は貯まっていく一方。人並みに恋愛ができていれば家族お金を使えたんだろうなと思うと悲しくなってくる。

コロナ前まではパパ活っぽいことをしていた。若いの子適当スイーツを食べてもらってそれを眺めているだけなのだけど、存外楽しい。あと、「世間お金を回す」という貢献ができてる気がして満足感もあった。

しかコロナ騒ぎで外に出ることがなくなり、パパ活もどきも中断。暇なので料理筋トレ仕事により打ち込んだら、パパ活モチベーションは消えていった。緊急事態宣言が終わったとしても、しばらくそういうことはしないだろう。

友人からは女嫌いなのかと疑われるが、そんなことはない。パパ活もどきをしていたように、他人が楽しそうにしてる姿を見るのは好きなんだ。ただし、恋愛的に、性的に興味が無いのだけど。

10代で初体験したときゴムにモノが入らずに悪戦苦闘し、最終的に生で致したが何十分経っても達することができなかったことを思い出す。

経験を重ねていくうちに、どうも国内では自分のモノが入るゴム生産されていないことと、手でも口でも達することができないくら感覚が鈍いことが分かった。

20代中盤で性欲はほとんど無くなった。生まれ20年以上少しも満たされたことがない欲なのだから、量が激減したことには納得している。

人物のものを愛せればそんなことは対した問題ではないのかもしれないけど、残念なことに生まれてこの方他人に対して愛着とか独占欲みたいなものを感じたことがない。

こういうのって動物本能の一部なんだろうか? 個人的にはそう感じないのだけど、他の人間自然にそういう感情を覚えるものなんだろうか?

ザっと前提を書き殴ってきたが、本題はそんな人生にどんな社会的意味があるのだろうかということ。最近そればかり考えている。

個体としては自分の好きなように生きていけばいいのだけど、社会構成員としては「他人と関わり合う活動をせず」「自分のためにしか金を使わず」「子孫を残さず」みたいなのって失格なんじゃないかと思っている。

社会なんか知らんと開き直ってもいいのだけど、今自分が衣食住に困らず好きなものを好きなだけ買えるような生活ができているのは社会のおかげなわけで。社会価値還元しないライフスタイルを続けるのにうしろめたさがある。

どうしたもんかね。

2020-05-09

生きてるのに誰も投げ銭してくれな

いやめっちゃ働いてるわビックリした〜自分自分時間を金に還元してたわ〜やば〜呼吸してるだけで褒めてもらえるほどのことしてないし良い声もしてないからやっぱ労働して金にしちゃお

でもなるべく労働せずに金欲しいかもっと働かずに金稼いじゃお〜

国債って多いと国が破産するんか?

誰かが貯金したりすると社会に回るお金が足りなくなって、必要なのにお金が行き渡らない人がいる。

から銀行お金刷って国債発行するし公共事業として社会還元する。



これって足りない人に輸血するみたいなもんやろ?

血(お金)が余ったら回収すれば良いけど、必要でもないのに輸血した分返さなきゃって考えはアホみたいじゃね?


困るのは物が足りなくなってインフレになる場合

お金が余ってるから働かなくていいやってサボる奴が出てきたとき

それらふまえると、借金から消費税増やさないといけないは正直嘘だよね。



余裕があると働かない奴がいるか消費税で尻を叩かないといけないって本当のこと言えば良いのにw

まあさすがに言えないかw

過去パチプロの1日

パチプロという生き方を全肯定するつもりもないし、

普通仕事しろ」と言われたら

そのとおりだなとも思うけど、

ここ最近自粛ムードの中で開店するパチンコ店や、

そこに並ぶ客が批判される空気の中で、

ラクして儲けようとしているくせに」みたいな、

おそらく未経験者であろう人の気持ちが、

パチンコ店とその客だけが過剰に批判される裏側に

あるように感じたので、

(感染リスクで言えば、飲食店など、他にも沢山ある)

パチンコパチスロ生活してる人間

全然ラクしてないよ、という、

夢も希望もない話を、

過去パチプロ経験していた立場で、

書きたいなと思った。

パチプロの1日

自分説明

コロナ以前の話で今はパチプロはやめてしまった

リスク分散のためパチンコパチスロ両方を打っていた

・主にパチンコメイン

都内一人暮らし

・今は趣味程度でコロナ以降は自粛

8時:

起床。

朝食を食べながら各種情報をチェック。

8時半:

イベント日など(今は規制イベントができない)

還元に期待できる店があればそこへ向かう。

この場合、他の客も並ぶ可能性があるので、

早めに家を出たりする。

(9時頃に抽選を行う店と並び順入場の店がある)

特にそういう理由がなければ、

手元の情報で打てる可能性のある台候補が多い店へ。

(打てる台候補については後述)

この場合は9時過ぎまで

家でのんびりしていることもある。

10時:

開店

候補台をとりあえず押さえてから店内を見て回り、

目視確認できる範囲で他に有力台がないか確認

絞りきれない場合は、

台を押さえずに試し打ちをして状況を確認する。

満足できればそのまま続行するが、

最近はせいぜい「不満がない程度」のことも多い。

その場合、近隣の店をある程度回って、

良さげな台を探すこともある。

(その間に取られていることもあるので判断は難しい)

「不満がない程度」なら

最近は諦めて本格的に打ち始めてしまうことも多いが、

候補台も有力台も取られていた場合

そのまま店回りをして情報収集。

夕方くらいまでにどうしても候補台が見つからない場合

そのまま一旦帰宅

21時頃、

閉店チェックのためにもう一度家を出るまでは自由時間

12時:

自分場合

打っている時は基本的にお昼休憩は取らないし、

お昼も食べない。

お昼までに打てる台がなかったり、

打ってみたものの手応えがなかった場合は、

できるだけ食べるようにしている。

17時:

夕方時点で確率以上にプラスの結果が出ていた場合

ほとんどはその時点でやめて勝ち逃げしてしまう。

理論上は打ち続けたほうが良い台だったとしても、

最近勝ち逃げのほうが良いと思うようになった。

しかし、この時点でそうではなかった場合は、

夜8時半くらいまでは続行。

そこまでに当たりが取れなかったり、

それ以降、当たりが終了したらそこでヤメ。

(パチンコパチスロどちらも1度当たると

連続で当たるシステムがついている台がある)

候補台でも、結局は運なので、

自分の引きが弱くて負けることも珍しくない。

20時半:

閉店まで打ち切らなかった場合

残り時間で閉店チェックを行う。

台の出玉状況、回転数、やめた状況などの情報

翌日以降の候補台を絞る情報になる。

時間に余裕がある場合複数の店を回る。

23時:

帰宅

パチンコパチスロを打っている時間は、

長かったり短かったり毎日変動はあるが、

実働時間としては最長12時間くらいか

土日は混雑しているので、

朝イチで有力台を取れなければ、

閉店チェック以外は休みにしてしま場合もあるが、

前述のとおり、基本的には打てる台が見つかるまで、

夕方くらいまでは店を回る。

収支:

これで純粋プラスになっているお金は、

1年で270万くらいだった。

単位で見たら

マイナスの週もあったうえでこの年収である

自分はヘタクソで、

運がないとも思っているし、

複数台を押さえたり、

からさまなぶっこ抜きをしたり、

マナー違反してまで勝ちたいという強欲もないので、

もっと稼げる人、

しか効率的に稼げる人もいる(いた)のかもしれない。

最後

単なるパチンコ依存性の人間は、

運だけで勝ってる人もいるかもしれないけど、

基本的にいずれ金が尽きて勝手に退場していく。

自分場合も、

仕事のように一日を書き起こしてみたものの、

実情は単なるパチンコ依存性で、

たまたま運が少しだけ続いていただけかもしれない。

確率上勝てる台は確率上勝てるというだけであって、

100%ではない以上、

常に悪いほうに偏る可能性もあったと思う。

それでもやっぱり、基本的に勝ち続けている人間

ラクなんてしてないことは間違いないと思うし、

(もし運だけで勝ってる人がいたら、それはもう才能だ)

それぞれみんな生きるのに必死なんだということが

伝わればと思って書いてみた。

2020-05-07

公務員だけど10万円はもらっとくよ

どうせ公務員のくせにと批判する奴が圧倒的だと思うけど、そんなもの無視だ。

今のところ、公務員は通常どおりに給与は出てるし、夏の一時金(ボーナス)も普通に出るだろう。

しかし、民間企業給与ボーナス悪化すれば、人事院勧告(県・政令市は人事委員会勧告)に反映されて給与・一時金ともマイナス勧告が予想されるし、そうなれば4月に遡って冬の一時金から減額分をカットされる。しかも、それだけでは足らないし市民への示しがつかないからと、首長議会自由裁量条例化して、上乗せで給与の何%かをカットされる可能性もある。これは、いまコロナ最前線で戦っている保健所医療関係であっても、全体が同じ条件で苦しんでいるのだからと容赦はないだろう。(但し、コロナ対応した職員に対する特殊勤務手当が国で決まったから、地方公務員も国にならえで支給されるはずだから少しは報われる)

というわけで、とりあえずもらっておくことにした。

減らされなかったら、そのとき経済還元できるようになにか考えるさ。

叩く人も多かったキャッシュレス還元だけど

コロナっていう完全に予想外の外部要因ではあるが、結果的に神政策になってるよな。非接触決済の重要性がここまで言われる事態になってるわけだし。

anond:20200507113541

4と5の両立はとにかく、言い方の割に他は緊急事態宣言キャッシュレス還元で用意した小売も多そうな優しい内容でわろた。

2020-05-05

コロナ時代に自らゲシュタポへ志願するみんなへ

コロナ陽性判明後に、保健所に嘘をついた上で山梨から帰京した人がはてブ匿名掲示板等でぶっ叩かれている。

Twitterでは「山梨20代女性」なんていうワードトレンドになっているらしい。検索してみれば、早くも特定しようという動きがでているのが垣間見える。

今朝TVをつけたときにやっていたワイドショーでも、この女性の行動の「身勝手ぶり」について逐一「報道」していた。

個人的に見れば、この人の行動は徹頭徹尾、愚かな判断だと思う。東京へ帰るという選択がまず百害あって一利なしに思えるし、そもそも保健所に嘘をついたってバレるのは時間問題だ。10秒くらい考えればわかりそうなことがわからなかったのは、賢明ではなかったと言わざるを得ない。

でも私たち人間はそういうものだ。不安なことがあると衝動的に愚かな判断をしてしまう。子供の頃、同級生がどうして先生に「宿題はもうやった」「ほうきを折ったのは僕じゃない」とすぐバレるウソを付くのかさっぱり理解できなかったが、いざ親に「メガネを壊したのはお前か」と聞かれて、なるほど追い詰められた人間は愚かな選択をしてしまものだと合点がいった記憶がある(そのあとどうなったかは、あまり思い出したくない)。

実際、同じ人であっても、金銭的に不安定な状態にあるときは、そうでないときに比べてIQが大きく下がることが研究でわかっている。お金の不足は自らの先行きに対する不安に直結する。コロナへの感染もまた、社会自分生活がどうなるかわからない、という不安に直結するものだろう。

先行きへの不安は、衝動的で、非論理的な行動を招いてしまうのだ。

もちろん、この女性が一体どういう心境でこの判断に至ったのか私にはわからない。もしかすると一片の不安のかけらもなかったのかもしれない。でもそんなことは実はどうでもいい。なぜなら、社会人間ほとんどは衝動的で非論理的判断をし、「失敗」するものからだ(そうでなかったら、今ごろ人種差別とか性差別とか、もっとマシな状態になっているはずだ)。多くの場合それは、友人に窘められたり、上司に叱られたりする程度で済む。でも中には、人生を大きく変えてしまうような「失敗」もある。スピリチュアル100万円の壺を買ってしまったり、消費者金融につられてしまったり、交通事故に巻き込まれしまったりといったたぐいの「失敗」だ。

でもそうやって「失敗」してしまう人を救うために、行政社会システム存在している。バカな買い物をしてしまった人のためにクーリングオフ制度や、財政的「失敗」をしてしまった人のための(あるいは多くの場合、「失敗」した家庭にうまれてきた人のための)生活保護、そして事故って骨を折っても破産してしまわないための健康保険、というように、社会システムには「失敗」した人のためのセーフティネットが組み込まれていて、それを行政運営している。健康保険がないとどうなってしまうのかは、米国を見れば明らかだ。

また、「失敗」がある種意図的ものであったり、他の人の人権侵害したりしかねないものに対しては、法律によって罰則が設けられている。たとえ「失敗」でも人を殺してしまえばそれ相応の罰則を受け入れる必要があることに(罰則の程度について議論があるのは当然として)今更異議を唱える人はあまりいないだろう。

「失敗」の種類によっては、これら「救済」と「罰則」両方の性格を併せ持つ対応をするのが必要なこともある。例えば違法薬物使用などは、周囲への影響を考慮して法的な罰則が設けられているが、実際に必要なのは依存症治療であるという点で、その顕著な例だろう。

こういったシステムは、非論理的で愚かな私たちが、一つの失敗で社会的・物理的に死んでしまうようなことなく、円滑に生活していくための、社会の「バッファ」としてそこに存在している。「バッファ」のないシステムは、すぐバランスを失って崩れてしまう。人類が長きに渡ってありえない量の二酸化炭素大気排出し続けて炭素サイクルをめちゃくちゃにしても、地球生態系がまだ大量絶滅経験していないのは「バッファ」のおかげだ(それも、サンゴの大量白化を見れば分かる通り、もう崩れつつあるのだが)。

はてブ匿名掲示板で「山梨20代女性」を叩き、特定して吊るし上げようとしている人々は、衝動的な判断をしているという点に於いて本質的に「山梨20代女性」と全く変わらない、オロカモノだ。あなたいくら懸命に彼女の行動を叩き、牽制したところで、「失敗」する人は絶対に出てくる。それどころか、「失敗」するのはあなたである可能性もある。それでも叩くのは、叩けば「失敗」をする人はいなくなるだろうという誤認か、あるいは自らの先行きの不安を叩くことに向けたいという欲求によるもので、どちらにせよ非論理的で愚かな選択といえる。

ただ一つ違うのは、「山梨20代女性」の行動が、既に感染してしまった彼女自身への悪影響はあまりないのに対し、「山梨20代女性」を叩く人々の行為は、自らの首を絞めているということだ。

考えてみて欲しい。感染経路を把握して感染拡大を防ぐのは行政役割であって我々には特に何もできないのに、この「山梨20代女性」の行動を逐一報道させ世間に知らしめることに一体何の目的があるのか?

その「目的」は、はてブ匿名掲示板で「山梨20代女性」を吊し上げ、特定しようとするみんなの動きが、雄弁に物語っている。

私たちが「山梨20代女性」を叩くとき、そこには「行政対応に落ち度はなかったのか」という疑問は存在していない。

この女性は陽性が発覚したあとなぜ移動できたのか?感染者の隔離行政仕事ではないのか?最初から検診・検査が迅速にできていればこうはならなかったのではないか?症状が出てから4日放置するという検査要件自体感染の機会を大きく広げていないか?症状が出ていても、生活が苦しくて実家に帰らなければならないような人は、一体どうしろというのか?そもそも日本では大きく広がらない」「4、5月頃には収束している」なんて言って対策を怠っていた人が、本当は一番無責任ではないのか?

こういったシステムとそれを運営する行政に対する正当な疑問は、「身勝手な行動をしたオロカモノがいました」という行政からの発表とそれを広報するメディア、そしてそれに乗せられてオロカモノを断罪する人々によって、巧妙に隠蔽される。

この一件だけではない。自粛を「要請」されても、明日生きていくために店を開け続けたり、満員電車に乗り続けたりしなければならない人に対して、「人殺し」と吐き捨てたり張り紙を貼ったりして自粛しない者たちをリンチする社会は、生活補償保障なく自粛を「要請」されるという構造欺瞞に気づくことができない。

愚かな我々を、救済にしろ罰則しろ本来受け止めるかべきバッファ機能していないという問題は、愚かな行動をしてしまう我々個人問題還元され、それに対し我々は反発するどころか自ら自警団へ志願して、我々自身の首を絞めている。

それを知った上で、みんなは「山梨20代女性」を吊るし上げる勇気があるのだろうか。自らの知性に絶対の自信を持てるのだろうか。

私は持つことができない。

社会の中からオロカモノ」を探し出しリンチする一方で、何も考えずに愚か者為政者として選出し、その愚か者扇動されまた「オロカモノ」を探しだしまリンチする……というループを繰り返す社会にしたいなら、好きにすれば良いと思う。個を喪失し、考えることをやめた日本社会に、ある意味お似合いの帰結だ。

ただ、私は参加したくない。私は時々オロカモノになってしまうことが許される社会に住みたい。

それは今のうちに、はっきり言っておこうと思う。

まあミーム的なものが残るでしょ本当に数字還元されない影響力があったものなら

anond:20200505051303

わすれてたけどもうすぐ6月

キャッシュレス還元終わるのキツい…

悪いとすればそれは全て政府なんだ

山梨県の女がコロナ感染していてそれをまき散らしてしまたことは実は何も問題が無い。

何故かと言うと、女にも事情というものがあったからだ。それを考慮せずに叩くことのほうが問題だ。

問題なのは緊急事態宣言にある。

強制的会社等を休業に出来ない。強制的に自宅待機を制限出来ない。強制的に移動に関する制限が出来ない。

国がここまで出来ないのであれば、ただの「お願い」でしかない。そんなものほとんど意味を成さない。

また、国民不利益を被るような事を「我慢しろ」などという国は言うが、

それに従っている国民というか会社馬鹿を見ている状態にある。

飲食店は、店頭弁当販売を行うようになるなど、休業要請に従っていないところも多い。

何故なら国が休業補償をしないから。政府は無利子で金を貸し付けるとしか言わない。

しかし、結局は借金なので返済義務がある以上それを支払える能力が無ければならない。

先行きが見えない状況下で借金をするということに不安を覚えて廃業する飲食店などが多いだろう。

このような中途半端な状況を作り出しているのは政府だ。

それを国民自己責任だとばかり批判するが、自分たちのやり方に問題があるとは考えない。

謝罪がないのがその証拠である

  

今回の問題は、山梨県の女だけに限った話ではない。

散々言われているが本気で自粛を促すのならば、休業と補償をセットにし、無利子での貸し付けなどと言わず

休業期間中補償を国が率先して行うこと。今回の場合は、3か月分の休業補償をすることが重要だ。(3月5月分)

飲食店だけでなく、全国の全ての会社に対して、休業要請を行わせる事。これもするべきだ。

どこかの会社が働いているから他の会社も結局休めないといったことになっている。

当然インフラ食料品やそれらに関係したどうしても休めない会社に関してだけは営業しなければいけないので

それらを国が厳選し、一部の企業以外は強制的に休業させる。

更にその期間中働けない国民に対しての収入補償として、国民一人あたり50万円を支給。(10万円とは別)

ここまで徹底的に政府がやった上で女が身勝手な行動をしたのならばそれは叩かれるべき案件かもしれないが

そうでもないのだから叩く要素など一切ない。

政府国民を守ろうとしない。

当初は30万円の支給限定的にしようとしていたし麻生財務大臣10万円を支給することに手をあげたひとだけ

なんて、国民を救済しようなどと考えていないように見える。

6月からキャッシュレス還元が終了し、消費税はほぼ全てで10%が適用される。

今の日本阿鼻叫喚地獄である

この状況を生んだのは、ダイヤモンドプリンセス外国人入国させた国の、日本政府の全責任である

悪いのは政府である

から個人を叩いてはいけない。叩くのならば日本政府である

2020-05-04

スーちゃん祭の真相

33年前、中部地方で当時の社長効率性重視の方針を打ち出し、ラーメンフォーク廃止しようとする動きに信者たちは反発、スーちゃんがそのリーダーとして反対運動を展開、6月非暴力による実力行使を行い、ラーメンフォーク廃止されずに済んだが、会社ほとぼりが冷める利益還元祭の後にスーちゃんを抹消したということだった。

しかし、スーちゃん会社側の処分を恐れる反対運動メンバーたちから名目上のリーダーに持ち上げられていたこと、運動最中炊き込みご飯炊き出しをした際に炊事場で火事が発生したこと、その後消防車の水圧で炊事場が半壊してしまたこと、文化祭終了後に名目上のリーダー・スーちゃんがその責任を負って抹消に追い込まれたことを告げる。そしてその話から「スーちゃん祭」の語源がスーちゃん名前から取られたことが明らかになる。

しかし、スーちゃん命名した『氷菓』の意味だけは誰もわかっていなかった。ただ一人その意味に気付いていたラーパパは、『氷菓』の読み解き方を教える形で、その意味を伝えていく。ようやくそ真意に気付いたメンママは幼少期にスーちゃんから「強くなれ、弱いままなら悲鳴を上げられなくなる日がくる」と言われ、生きたまま死ぬ恐ろしさで泣いたことを思い出した。

氷菓』はスーちゃん駄洒落を通じて自身の想いを託して命名していた。『氷菓』=「アイスクリーム」→「あんみつおいしい」と。

試論 風俗嬢カツオの話 差別の話

https://anond.hatelabo.jp/20200503121929

https://anond.hatelabo.jp/20200503204026

風俗嬢カツオ比喩がよく話題に挙がっているが、話がなかなか深まらないのでずばりいいたいと思う。

風俗業とカツオ漁師の端的な差は、賤業かそうではないかです。

先ず、カツオ漁師需要減に依って不利益を被る中で価格の低下を喜ぶことは悪なのか?ということについてですが、私達の社会における自由競争の中では、誰かの損益と誰かの利益がつながっているというのは当たり前の話です。

何処かの会社画期的な新商品を開発して売上を大きく伸ばせば、同業他社不利益を被ります廃業ということもあるかもしれません。

からといって、その事に心を痛めて利益の追求をやめるという選択馬鹿げた話でしょう。需給ギャップによる価格の低廉化というのも極当たり前の市場原理であり、いち消費者倫理的問題として考えるのは馬鹿げています

ただ、この新型コロナウィルス禍に於いては少し事情特殊で、そのような不利益配分が単なる損失というだけでは済まず、数多くの人が経済的困窮に陥り生活破綻する恐れがあるという事を皆が漠として思い描いているのでしょう。

その結果として多くの人が「健康で文化的な最低限度の生活」をすら保てなくなるのではないか?という問題ですが、それは憲法保障された国民権利問題になります

民主主義国家於いて主権者国民ですから、その範囲では国民には国家に対してそのような自体に陥らぬようにさせる政治的責任があるとは思いますが、

市場活動の中での商取引一つ一つに於いてその倫理に基づいて感傷的になるべきだ、というのはかなり筋違いの話であると考えます


では本題ですが、性風俗業についても上述のカツオの話と同等にただの自由競争の中の話と言えるのかということですが、これは言えないと多くの人間が思っています

なぜなら性風俗業が賤業だからです。

性風俗業は賤業です、理由は多岐にわたりますがいくつか挙げてみましょう。

性風俗業は性倫理に反する

地域時代ごとに文化は異なると思いますが、現代本国於いて不特定多数人間に体を委ねる女性というのは性倫理に反すると思われています

そのような考えは女性差別で前時代的な産物だという考えもあるとは思いますが、そうは言ってもそのような倫理性が各人に植え付けられているというのも一つの事実ですから

業としてそのような行為を行うことには躊躇があって当然でしょう。

性風俗業は被差別的な職業である

1つ目の理由と地続きですが、そのような反道徳的な行いに身をやつすことは被差別的な眼差しを向けられることにも繋がります

そもそも風俗業というもの自体管理売春であり、法律的にも限りなく黒に近い灰色と言っても良い業種です。

そういった業に就いている事実は、通常あまり公にして得のあることではありませんから、そのような業への就業が寿がれることはないでしょう。

性風俗業は就業者の心身に対するリスクが多大である

性風俗業には健康リスクがあります不特定多数の客と粘膜的に接触することはエイズに始まって多種多様病気への感染リスクを齎します。

業態に依っては妊娠というリスクもあるでしょう。そういった身体的なリスクがまずある上に、精神的なリスクもあります

個人差はありますが、汎く言って不特定多数と望まず性的関係を持つという事は当人精神に負の影響を与えるものです。

そのような統計があるのかは知りませんが、多くの風俗嬢が何らかの精神的な問題を抱えているものと私は感覚的に思っていますし、そう大きくは外れていないでしょう。


このようなリスク性風俗特有リスクであって、カツオ漁師とは比較にならないことです。それを理由として皆は岡村隆史氏の発言に憤りを感じました。

ですが、前段で挙げたような種々のリスクというのは風俗嬢に対して差別的なんじゃないか?という疑問があると思います

はい差別だと思います

どれも事実として存する事柄ですが、別に風俗嬢個人還元して良い話ではありません。

倫理なんてもの自体絶対ではないし、それを破ろうがどうしようが他人がとやかく言う話ではありません。望まず性倫理を破らなければならないのならそれは貧困問題です。別の手当が必要でしょう。

また、その当人差別的に扱うなんてことは言語道断であってはならないことです。法的にグレーだというのならきちんとそれを整えるべきなのであって、当人非行のように言うのは欺瞞です。

心身のリスクについても出来る限り低減させるような取り組みがもっとあって然るべきだし、当人健康リスクがあることを以て当人忌避されなければならない謂れは全くありません。

この社会では、差別は許されないということになっていますが、差別を語らないことが差別を許さないことになったと誤解している人が多いように感じられます

本来差別が許されないことであるのと、差別存在することは両立します。

差別は許されないが、差別現存しており、被差別的な扱いを受け(させ)たくないという感情もあるので、人は差別を遠ざけようとする為、差別再生産されます

カツオ風俗比較という話に対するレスポンスの多くが、体表を撫で回しているだけで終わるような表面的な話に終始し、風俗業の被差別性という本質に全く切り込まないことの理由がこれで、でもそれでは駄目なのです。

この社会性風俗というものをどう位置づけるかを考える良い機会ではないですか?単に岡村隆史バッシングしていればいいという話でもないと思うのですが。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん