「深読み」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 深読みとは

2020-06-30

弱小同人女感想を貰いすぎて筆を折った話

くっさい独り言です。

自己紹介

絵が下手。

一次創作BL活動している。pixivブクマ数は平均3。質より量派。

■はじめての感想

Twitterで繋がったばかりのフォロワーから長文の感想を貰った。

まりの嬉しさに跳び跳ねた。ありがとう気持ちの半分も伝える事ができず悔しかったのを覚えている。

私は2日に1回のペースで絵を投稿するのだが、毎回長い感想を頂いた。

■突然の疑心暗鬼

ある日、頭を空にして描いた創作キャラ落書き投稿した。

フォロワーはすぐ反応し、色合いやポーズを誉めてくれた。

いつものようにニヤニヤしながら返信すると自分のへたくそ落書きが目に入り

ふと思った。

この絵のどこが良いんだ?、と

二次創作活躍する神絵師ですら感想を貰えないと聞く。

それなのに一次創作メインの弱小絵師の私が、毎回毎回感想を貰うのは、よく考えなくても可笑しいのでは…?

面白いらしいのだが、毎回面白い話を描くわけではない。というか描けない。

私はフォロワーを信じられなくなった。

人の善意曲解するのは失礼だと頭ではわかっていたが、疑心はつのっていく。

弱小絵師を誉めて"あげて"、優越感に浸りたいだけに違いない!

そう決めつけた私は、感情的な返信をやめ「感想ありがとうございます」の一文だけで礼を済ませるようにした。

これで私に飽きると思った。

しかし変化はなかった。

ポジティブオタクなら

本当に私の作品ファンだったなんて!と涙して謝りそうだが

ネガティブモンスターは違う。

なんで?どうして?何が目的なんだ?

フォロワーがわからなくなる。

お断りする

感想を読むのがストレスになったので、勇気を出して断った。

私「多忙につき返信ができませんので、感想等は受け付けません」

フォロワー「そうなんですか、わかりました」

数日後

フォロワー「●●がすごく良かったです♪■■で~という展開はまさか~(長文ツイート2つ分)」

イラスト投稿たから暇そうに見えたのかと思い、再挑戦。

私「感想は受け付けておりません」

フォロワー「あ、忘れてました!すみません!」

数日後

フォロワー「●●が◇◇とくっついたのが意外でした!直後の~(以下長文)」

( ノД`)

この展開が3回ほど繰り返され、腹が立ったのでブロックした。

ブロックして数時間

pixivメッセージが届いた。恐る恐る読むと、お願いします、ブロックを解除してください、みたいな事が書かれていた。pixiv上でもブロックする。

から一週間後くらい。

以前のようにTwitterイラスト投稿したら、知らないアカウントからフォロー&リプの通知が届いた。

「これ○○くん(創作キャラ)ですよね!?いつもと感じが違って~(以下長文)」

こ、この文面は…、まさか…。

無視していると再びリプがきた。

「△△(フォロワー名前)です!繋がらなくても良いので追わせてください!」

えぇー!マジかい

再びブロックして鍵をかけるという発想は当時の私になかった。

フォロワーの強メンタルに感動したのと、もう勝手にしなよという諦めがあった。

フォロバもせずリプも全て無視して、流れに身を任せた。

■自滅する豆腐メンタル

絵を描こうとペンを持つたび、フォロワーのリプが頭に浮かぶ

「いつも楽しみにしています!」が「面白い絵を描け!」に見える…。

中身のない落書きは全てゴミ箱へ。

頑張って自信作を描きあげても

投稿したらリプが届くと思うと憂鬱になり、やっぱりゴミ箱へ。

相手意識するお前が悪い!と幻聴が聞こえる。

■筆を折る豆腐メンタル

絵が描けなくなった。

筆が止まっている間もリプは届く。

私の作品が読めなくて寂しいらしい。

からなんだよ。

ネタ帳は捨て、一次創作に力を入れるため購入した液タブは押し入れの中へ。

そして私はTwitterアカウントを消した。

■想いは伝えよう

感想深読みして筆を折る自滅系絵師は十億人に一人しかいないと思う。

なので「感想を送りすぎるな」とは言わない。好きな絵師にはどんどん送ろう。

ただ、いりませんと言われたらやめよう。

ファンから好かれてるとか、きっと強がってるだけとか思い込んではいけない。

いりませんと言われたらやめよう。(二回目)

反省

早めにマシュマロを設置すれば良かった。

感想マシュマロに集中させる。これで目に入らない。

心が落ち着いてる時に読んで「マシュマロは全て目を通していますありがとうございます」と呟く。

もしも感想を苦に感じている十億人の一人がこれを見ているなら、参考にしてください。

長々と失礼しました。

おわり

2020-06-26

anond:20200626185534

相手が望む物を与え代わりに自分が欲しい物を手に入れる、互いの需要供給バランスが崩れたら離れる、って人間関係基本的な在り方だと思うけどなあ

そんな自責的にならんでもよくね?

誠意に拘り過ぎると、とりあえずエサを投げた方が上手く回る曲面でも(これは自己中では…?)って深読みし過ぎてしまって、かえって人に疎まれる原因になったりするよ

2020-06-18

なんでもいいか感想が欲しいなんて言わない

感想欲しい、何でもいいから作ってるものに対して感想欲しい。

昔はそんなこと思ってたけど、今は絶対思わない。

感想という名の自分語りだったり、よくわからん斜め上からアドバイス批評みたいな?

お前それケンカ売ってんのか?みたいな口調だったり

最悪なんか生理的にこいつの語る言葉のすべてが不快とかもある。

明らかな悪意を持って書かれてるのなら無視するけど、善意だと思ってる、いや、本人に悪気がない。

から余計にたちが悪い。長文で長々と書かれてるけど1.2行でそっけなく返す。

向こうが飽きるまで、なんとなく嫌いになって離れてくれるまで様子見てる。最近は軽く無視している。めげてくれ。

好かれても嬉しくないなんて、思えば何度かあったけど、ほんと嬉しくないし、何なら歴代そいつらに似てる気がする。

とにかくなんか受け付けない。お前は悪くないし、正直私も悪いと思わないけどほんと無理だからどっか他の人好きになってくれ。

まず重い。自己投影激しいお前のキャラとなんか恋愛妄想されても困る。ははは、愉快な妄想ですね。お前の頭が。

百歩譲って褒めてくれるのはいいけどそのあとに自分なんて~ぐちぐちぐち。いや、お前の絵上手いけど全く惹かれない。

上手いんだからほんともっといい人と付き合え。私はやめろ。

この前の絵はあんまりですけど、この絵はすごくかっこよくて~~~。一言多い、削れ。

こっちがちょっと呟いたらすぐ捕捉してくんな、なんでいつもTwitterにいるんだ、こわいよ。

補足するのはいいけど文字にない事深読みしてわけわかんないこと言うな。

直接言いたいけど、狭いジャンルだし、もうお前に不信しか持ってないから下手なこと言って別れたら、愚痴満載で他の人巻きこみそうだから言わない。

万が一この愚痴見られても、というか見ることがないと思う。

これ見て私…?なんて思うくらいなら大丈夫。お前じゃない。

つらい

2020-06-13

印象に残る相打ちシーン

ネタバレ満載なので未見の人は見ないように。


バジリスク甲賀忍法帖

甲賀弾正×お幻

バジリスク」という名称自体が、死んでも殺す的な意味合いで付けられたものと思われるので最終的に壮大な相打ち物語なのだが、

その初戦を飾る戦い。

かつて愛し合った二人の戦いであり、物語ラストシーンとの対比となる名シーンである

とはいえ、ここでお幻の鷹がいなければ勝負は恐らく一方的甲賀勝利に帰したであろう事を考えると、実質的にお幻の勝ちに近い気もする。

甲賀弾正は巻物をスリ取った上に不意打ちでお幻を倒して、かなり甲賀有利の状況を築いたにも関わらず、一瞬の油断から相打ちに持ち込まれた上に、結果的に巻物は鷹の翼によって先に伊賀方に届いてしまい、その後長きに渡る伊賀イニシアチブを許すという、踏んだり蹴ったりな結末であった。


FF7

ダイヤウェポン×シスターレイ神羅カンパニー

FF7ストーリー上、クライマックスと言っても良い名シーン。

ここでの神羅カンパニー社長退場と、その後のシスターレイを巡る一連の戦いによって、物語最初からストーリーを牽引してきた神羅カンパニー組織的な統率力を喪失し、物語舞台から退場する事になる。その引き金となった戦い。

神羅カンパニー社長ルーファウスの最後の見せ場でもある。

超長距離での大火力の撃ち合いによる相打ちだが、シスターレイの標的がダイヤウェポンではなくセフィロスの張ったバリヤーであった事や、ダイヤウェポンが倒れた後にその攻撃ミッドガル破壊するなど、超長距離での戦いゆえの見せ場がカッコいいシーンである

一方、本来ジェノバセフィロス)を攻撃するはずのウェポン達が、神羅カンパニー攻撃したり適当にウロチョロしてるだけでイマイチ仕事してない感がある事や、

北の大空洞とミッドガルの直線上にダイヤウェポンが重なる偶然(神羅側はそのタイミングを狙ってたのかもしれないが)等、ややストーリー上の強引さを感じるのがマイナス要素である

結果的に、サファイアウェポンやダイヤウェポンは神羅カンパニー攻撃してセフィロスアシストしてたようなものだし、アルテマウェポンルビーウェポン・エメラルドウェポンはあの有様なので、ウェポンは使徒を出したかっただけやん感が強い。

新世紀エヴァンゲリオン

アルミサエル×零号機

前半でせっせと株を上げて、後半で一気に落としたTVエヴァンゲリオンエヴァ使徒の実質最終戦最後のシ者は、エヴァ使徒って感じじゃなかったし)

前話でみんなのヒロイン惣流明日香ラングレーさんがアレな感じで退場した直後、嫌な雰囲気全開の中で行われた戦いの中で、やっぱり嫌な展開で発生した相打ちである

レイ2号機の最後の回想が我らが主人公碇シンジくんではなく、ネグレクト総司令碇ゲンドウ氏であった事も含め、視聴者への嫌がらせが頂点に達した瞬間でもある。

思えば第一から「勝てなきゃ自爆」がデフォ使徒戦だったので自爆では死なない印象があってもおかしくなかったのだが、黒ジャージ戦以降、物事が悪い方向にばかり進んでいたので、もはや出撃しただけで死にそうな感じが漂っていたのが印象的である

しかもこの辺の戦いは、ゼーレやゲンドウが暗躍しまくってるせいで、初期の「使徒に勝たなければ世界が終わる」という背景が形骸化し、なんか消化試合みたいな雰囲気すらあった。

という事で、視聴者嫌がらせするために行われたと思われる壮絶な相打ちシーンである

FSS

KOG×ジュノー

ストーリー重要な相打ちのはずだが、なんか全然重要じゃない気もするワンシーン。

設定変わっちゃってよく分からんけど、MHレッドミラージュだけあればいい気がするんで相打ちになった二機が割とどうでもいい感じがしてるのと、

パイロットも割とどうでも良くて、重要なのは2人のファティマのはずなのだが、

それもなんでそんな所で相打ちになってるのか良く分からない感の漂う、良く分からない相打ち。

なんの意味があったのか。


ドラえもん

バギーちゃん×ポセイドン

わずとしれた名シーン。ドラえもんの道具を使えば簡単に直せそうな気がするが、それは言わぬが花というやつである

22世紀から来たドラえもんがいる以上、世界が滅びるはずがないのだが、それも言わぬが花である

>相打ちはお互いに攻撃を仕掛けてお互いに致命傷を負うことであって、バギーちゃんみたいなのは自爆やろ

↑まあ、そんな気もするけど、鉄騎隊はポセイドンが操ってたみたいなんで、一応両方攻撃したよ、という体裁で一つ。

バギーちゃんしずちゃんの涙の雫に反応して奮起する名場面、水中では雫ができないはずだが、それは言わぬが花というやつである

↑言われてみるとそうやな。まあそこは、おいらの心の胸は、お空の月の星の涙よおいらの胸の心の切なさよ、雨が降れば胸の心の頭もぬれるよって事で一つ。

カウボーイビバップ

スパイク×ヴィシャス

涙なしには語れないカウボーイビバップラストを飾る戦い。

戦闘開始時点ですでに疲労してボロボロかつ腕に被弾していたスパイクと、無傷で座って待ってたヴィシャスではフェアな戦いとは言えない気もするが、

まあ殴り込みをかけたのがスパイクである事と、拳銃使いのスパイクに対してヴィシャスは日本刀使いというハンデがあり、更にスパイクはヴィシャスの部屋に爆弾投げ込んでるっぽいので、その辺込みで「堂々たる一騎打ちであった」と評して良いだろう。

かつての親友同士だったが女を巡って争った挙句、女は雑な感じで死亡済み、という背景もハードボイルドで良い。

最後、お互いの武器を押さえあった状態から相手武器を渡しての相打ちであった事も、救いのないはずの戦いに花を添えている。

ラストシーン入り口スパイク待ち伏せしていたマフィアが、既に戦える状態にないスパイクを見て銃を下ろすシーンがお気に入り


今際の国のアリス

ダイヤのJ×北家

2位以下は全員死亡というルールの中、逆転できるわけでもないのにアガって(しか国士)そのままゲームオーバーとなった北家に対する、

「どこで運使っとんじゃあああああ」というダイヤのJの最後叫びは、この作品一のお気に入り

まあ、既に勝ち目が無いに等しかった北家と南家は、良くても東家のチシヤをトップにしてダイヤのJを道連れにするしかできない状況だったので、

そういう意味では北家は良くやったと言えるのだが、あんまりそんな雰囲気ではなく単に当たり牌が来たからアガった感の漂う北家の空気も良かった。

追記

BANANA FISH

ゴルツィネ×フォックス

同作の組織戦としては最終決戦のクライマックスに起こった名シーン。

共に野望と権謀術数に生きたオッサン二人の最期である

致命傷を負いながら裏切り者のフォックスを倒したゴルツィネの最後の心境はどのようなものだったのか、

その重点が裏切り者を許さなマフィアプライドだったのか、自分の手に入らないならばアッシュを誰にも渡したくないという執着だったのか、

色々なもの想像させ愛憎入り混じったBANANA FISH最終ボスを飾るにふさわしい男であったと言えるだろう。

片や主人公陣営を散々に苦しめた大ボス・ゴルツィネを用済みとばかりに軽く裏切って片付けたフォックスも、

その悪役らしいあっけない退場の仕方も含めて途中出場でありながら存在の軽さを感じさせない名悪役であったと評価したい。

なお、同作で相打ちといえば、言わずと知れた最後の名場面があるわけだが、ラオの存在ちょっと軽いので、相打ちというよりは「アッシュ最期」という印象が強い。

あと余計な事ではあるが、ふつーに考えると腹刺されて失血死する場合、床は数リットルの血でグチョ濡れで魚市場のようなムッとした臭気が立ち込めている上、顔はゾンビのような土気色のはずで、良い夢見てるようには多分見えないのではないかという疑いが強い。



ブコメを見て

知らないのもあるけど、知ってるのもあるなあ。


幽遊白書

飛影×時雨

あったなあ。解説の躯さんがいるので野暮な解説はしたくないが、

この時点で飛影と互角だった時雨がなぜトーナメントで蔵馬といい勝負ができたのか、原作読んだだけだと疑問しかない。アニメだと何か説明があったのだろうか・・・

なお、このトーナメントの逆トーナメント覇者は俺たちの柘榴であり、「自分に勝った奴は許さねえ」という柘榴の執念を感じる。

ハンターハンター

テロ×メルエム

あった。勝てない相手に対してでも、何が何でも殺すというネテロの執念の一幕だった。

あの一撃でメルエムだけでなくユピーとプフにも致命傷を与えており、「当初はネテロの負けに見えたが、実は勝ってたのはネテロで、後からその凄さがわかる」という冨樫先生演出の妙が光る。

一方、ネテロ立場自爆選択しただけで、一武術家として戦っていたならそのような戦法はとらなかったのでは、とも思わされる。

北斗の拳

ファルコ×名も無き修羅

あったあった。修羅の国への期待値を爆上げして、後からパワーバランスが良くわからくなる原因を作った一戦。

砂時計アルフがあれより強いという事は無い気もするのだが。

それだけファルコが弱っていたと言えなくも無いが、刹活孔注入してからも一発喰らわせてるし、ケンシロウにも一応かすらせてるので、紫光のソリア程度の強さはありそうな気がする。


□マヴァール年代記

あった・・・。確かに最後相打ちだった。

しかしあの一戦のせいで、あんまり英雄と知将の戦いという読後感がなくなったのも惜しかった。

孫子曰く「凡そ用兵の法は、国を全うするを上と為し、国を破るはこれに次ぐ。軍を全うするを上と為し、軍を破るはこれに次ぐ」というやつで、

お互い全滅するまで戦って最後大将同士で一騎打ちして相打ちって、お前ら何やってんだという感が強い。

しかし今にして思えば、アルスラーン戦記最後の相打ちに比べればまだマシだったかなーという思いもある。

相打ちすりゃ良いってもんじゃないんやで。


■BASARA

揚羽×夜郎

最終決戦の裏側で、敵方の暗部夜郎組を一手に引き受けて散った、タタラ軍の縁の下の力持ち揚羽。

敵も倒し、崩れる城も支え、友人の太郎ちゃんの仇も討ち、と八面六臂の大活躍だったのだが、その最期は崩れた城の下敷きであり、見届けた者はいない。

物語最初から更紗を救い続けたものの、その更紗は敵将朱理とできてしまい、それでもBSSとか泣き言を言わずに支え続けた男の中の男である

なお、この物語にはもう一幕の相打ちシーンがあり、作中最強の暗殺者である柊と朱理・今帰仁コンビによる一戦。一交錯で決着がつき、双方死ななかったものの双方片腕を失うという痛み分けの結果となっている。

まらない深読みをするなら、作品として物語前半で悪逆非道をなしている朱理を無罪放免というわけには行かず、華を持たせつつも贖罪的な意味合いで片腕を落としたのであろうと思われる。


テラフォーマーズ

ドルフ×頭良さそうなゴキブリ

テラフォーマーズはこの頃が一番面白かったなあ。

早期にマーズランキング2位が退場した戦いであり、読者に絶望的状況を知らしめた。

レーダーよりも遠くから敵を察知するアドルフさんの謎能力ヴェールを脱ぐとき説明文のカッコよさに加え、

雷で倒す→避雷針で避ける→側撃雷で倒す→心臓マッサージ→銃を電磁場で防ぐ→電磁場の通じない投石で殺害自爆

という二転三転する状況が、希望を見せてはまた絶望に落とすという、一筋縄では行かなさを演出した良い戦闘だった。

なお、状況的には相打ちというよりアドルフさんの負けであるが、多くのゴキブリ殺害及びボスに重傷を負わせ、結局何も渡さなかったという点と、

数話後にこの時のボスゴキブリが討ち取られた際に、すでに側撃雷で内臓に重傷を負っており、生き延びたけど長くはなかったであろう、という説明が入ったので、相打ちと判断したい。

余談だが、単行本には収録されていないが、YJ連載時の『雷帝戦闘体勢(アドルフ・スタンバイ)』という煽りはかっこよかった。

アニメ版など無かった。

anond:20200613014554

まらなかったとは思わない。

ただ、面白かったかといえば微妙

シナリオ自体バイオハザードリベレーションズ1・2のほうが良く出来てる。

特にクソゲーとして名高い2はクソゲーにはもったいないくらい比喩が優れている。

深読みしすぎるくらいでちょうどいいほど。

2020-05-08

バンクシーの絵が皮肉とか言ってるの日本だけってのを見て、ほんまかいなとtwitterでironyとかcynicalとか少ない知識検索かけたら、まあほんと皮肉だと言っている人の少ないこと。皮肉だと思えないこともないけど、感謝する手紙ついてるし。

日本ツイッターには深読みを得意とする野生のフロイト先生が多いこと多いこと。

2020-05-07

anond:20200507153936

ちょいと違和感が。バンクシーパンク野郎だってことは伝聞で知ってる程度だけど、イギリス公衆ゴミ箱あんな形してないし、大衆馬鹿にするのならなぜ子供オーバーオール(もともとはブルーカラー作業着)を着てるのかと。

まず履歴を見てみると、メッセージ自体ストレートものが多い。特に動物園系には「飽き飽き」というキーワードが見られる。これって今作に変換すると、ただ単に子供じみたブルーカラー層は医療従事者以外の、本当に世界を支えてる人たちを見ていない、とも取れるわけ。もうちょっとひねりなく見ると、エスタブリッシュメントな人々ではなく、肉体労働者に焦点があたったという絵にも見える。そして深読みするなら、オーバーオールペインターパンツという別称派生存在することも踏まえて、塗替え(主役の交代)とも取れるし、妊婦が愛用することから単純に看護婦賛美とも取れる。

ちなみにああいう人は概してひねくれものなので、当人から解釈がもたらされることはないんじゃなかろうか。

もう一つ追記

子供の表情が楽しげじゃないんだよね。とても不満そうにしかたなく遊んでる。本来看護系が注目されなくても良い社会が正常だ、とでも言いたげな。

2020-04-08

ホームセンター

ゾンビパニックものネタをふまえて例として入れたら、

別の人がこの名指しには特別意図があるのかと深読みして

そのまま質問として通っちゃった系にもみえるなあ

なにかを「一例として挙げる」ときは気をつけようね

2020-03-24

手洗いうがいは全般的な予防対策だよ

新型コロナをめぐる誤情報拡散専門家否定

https://www.cnn.co.jp/fringe/35150992.html

拡散するのはウイルスだけじゃない!デマ拡散にも要注意!

http://j.people.com.cn/n3/2020/0219/c95952-9659411.html

当たり前。

そもそも手洗いうがいは全般的な予防手段であって、ウイルスのものをどうこうする手段ではないよ。

しかしこの記事うがいそのもの否定してこれじゃあ全くうがい自体しないで良いと言う印象操作にもなっている時点である意味では問題記事だよね。

日本医師とかの医療従事者も手洗いうがいを推奨していたり、逆にこんな記事を出している中国米国惨状を見ればどういう事か良く判るとも言える。

ある意味では何とか抑え込んでいる日本方法を意地でも認めたくないからこんな記事を出しているのかもね。

流石にそれは深読みしすぎだがw

しかコロナウイルスについては今だどうにかして一部の思想悪用しようとしている人達も見受けられるのがね。

あの中国との関係で失墜しまくっているWHOが今だコロナを利用して禁煙させようと言う印象操作に利用しようとしていたりするのをみて何だかなーと思う。

2020-03-21

物語理解できない人ら

Youtuber配信を見てたら「100日後に死ぬワニって詐欺だよね。最後死なないってww」とか言ってリスナーから「死んでる」と反論殺到したら「え?死んでるの?ああ、読者に解釈を任せるってやつね」とか言ってた。

タイトルが「100日後に死ぬワニ」で最終回花見に遅れてやってこないって、逆に変な「深読み」とかしなかったら死んでる以外に解釈しようがないと思うけど。

これに限らず、漫画映画話題でびっくりすくらい違う解釈してる人を見ることがあるね。

俺の死んだ奥さん映画感想で「あのシーンはいくらなんでも唐突すぎるよねwww」とか言っていて、映画の冒頭でめっちゃわかりやす伏線があったから「いや唐突じゃないでしょ」とそれを説明してもまったく理解してもらえなかったとかあったし。

国語の、登場人物の心情を説明させる問題とか、ばかにされてるのをよく見るけど、物語を読んで常識的解釈する教育って必要なんじゃない?(読解力って教育で伸ばしにくい学力らしいけど)

2020-03-14

anond:20200314012437

俺も上司一言一言深読みちゃうタイプなんだけど、

変っていうワードは明らかにおかしいと思うぞ。

そんなやつが上司になれる会社おかしい。

2020-03-11

anond:20200311102749

ここは書き間違いを深読みしてくださる方が多くておもしろいですね。4人でした笑

2020-03-10

(答え合わせ)100日後に死ぬワニ分類

・ワニくんは死んで終わるよ(直球表題宗)

 →[当たり]事故死するよ(事故派)

 →病死するよ(病死派)

 →自殺するよ(自殺派)

 →殺されるよ(他殺派)

 →全部走馬灯だよ(1日目に死んでる派)

 →悪魔契約してて魂取られるよ(あん簡単彼女できないよ派)

 →爆発するよ(爆発オチなんてサイテー派)

 →世界が滅亡するよ(全滅派)

 →寿命死ぬよ(日数は連載開始から現実時間であって劇中は数十年後になるよ派)

 →死ぬ終わり方もあるし死なない終わり方もあるよ(100日目マルチエンディング派)

 →死ぬけどすぐ生き返るよ(ハッピーエンド派)


・ワニくんは死ぬけど続くよ(輪廻宗)

 →生き返るよ(福音派)

 →残機が減るだけだよ(ゲーム脳派)

 →異世界転生するよ(なろう派)

 →別の誰かが100日後に死ぬ話になるよ(呪い派)

 →過去に戻り死を回避する話になるよ(タイムリープ派)

 →生き返らせる話になるよ(ドラゴンボール派)

 →幽霊になるよ(100日後に成仏するワニ派)

 →[半分当たり(書籍版で掲載予定)]友人たちのその後の話になるよ(スピンオフ派)


・ワニくんは死なずに終わるよ(一転宗)

 →死を逃れるよ(死亡フラグ回避派)

 →死を超越した存在になるよ(神化派)

 →死ぬのは彼女ワニだよ(救われない派)

 →死ぬのは別のワニだよ(釣りタイトル派)

 →神みたいなのが出てきて何とかしてくれるよ(デウスエクスマキナ派)

 →夢オチだよ(ハイスクール奇面組派)

 →ワニくんの名字が「100日後に死ぬ」で、彼女名字が「死」で、結婚して婿入りするから「死まであと〇日」なんだよ(深読みしすぎ派)


・ワニくんは死なないし終わらないよ(新宗天邪鬼)

 →100日目は投稿されないよ(未完派)

 →[一部当たり(書籍化はする)]ウェブ版は99日目までで、100日目は書籍版にしか載せないから、読まなければワニくんは死なないし終わらないよ(あのね商法派)

 →死まであとマイナス〇日になって続くよ(しょぼんのアクション派)

 →死まであと〇時間、〇分、〇秒となって無限に続くよ(アキレスと亀派)

 →その前に我々人類が滅亡するよ(MMR派)

 →ワニくんの死を待ち望む我々こそが醜悪なワニなのだよ(錯乱派)

2020-03-09

頭の悪いひとが面倒

自己紹介ときに「●●会社の▲▲です。SEしています。」と言われても意味が分からない。

当然、SEとはIT関係仕事でその中でも比較プロジェクト全体を見たり上流工程をこなす奴らのことをそう呼ぶことは知っている。

基本的製造はしないため管理側に近いが、製造側でもあるという中間的な位置であることも知っている。

●●会社というのも、コーポレートサイト程度であはるが存じ上げている。

じゃぁ何が意味が分からないのかというと、自己紹介を受ける前段階で、そういうことが出来る人間であることの前情報を得ているのである

まり、私はお笑い芸人風俗嬢と打ち合わせをしている覚えはないのである

ならば、「SEしています」という自己紹介無意味すぎて逆に何らかの意味があるのかと考えてしまう。

しかもだ、「SE」は会社によって定義が違いすぎる。取り敢えずSEという役職にしている会社だってある。

自己紹介の一発目にして打ち合わせ以前から得ている「IT関係従事していてシステムを作れるか調達できる人」以上の情報こちらに渡していないのである

ここまでくると、5歳児以下かもしれない。「今日ね、パパの絵を描いたの〜」って言われるほうがまだ背景が推測できるだろう。

さて、相手が本当に5歳児であれば可愛げがあり児童労働法律禁止されていると嘆くところだが、今回の相手は見た目で40歳ぐらいのおじさんである

倫理上や道徳上、人を見た目で判断してはいけないとは思うが、どうあがいても40歳ぐらいのおじさんである博士課程に進んでいないと仮定した場合、成人して20年程度は働いていないとまずいはずであるため、20前後業界経験があるはずであることを期待している。

まり、もし、おじさんが自分の同じ考え方や脳みそを持っているならば、おじさんからは『20経験したうえで、今、自己紹介をしている相手は、自分が分かっていることを再度いう必要がある人間である』という謎の見下し姿勢が読み取れる。

バカにされるには構わないし、バカを演じた方が良いことを充分に承知している。

しかし、もし相手バカを演じているのであれば、相手によれば失礼な発言すぎるということで怒らせかねないと思う。

更に、SEといえば何とかなる程度の相手しか仕事をしてこなかったという深読みすらできるため、相手に信用されにくくなる恐れがある。

では、逆にベスト自己紹介は何だったのだろうか。

おそらく、「やっていること」と「やってきたこと」を具体性を損ないすぎない程度に簡易的に説明することだろう。

まり「●●会社の▲▲です。システム要件定義RFP作成の手伝いなどしてまして10年ぐらいの経験があり、その前はコードを書いてました。」ぐらいだろう。

「●●会社の▲▲です。SEしています。」ではないはずだ。


SNSテレビ番組、身内を初めとして頭の悪い人間散見され、ただでさえイライラしているのに、

面倒だと感じさせるような、頭の悪い人間目的の打ち合わせをしなければならないことが非常に腹立たしい。本当に、面倒だったし、私のハゲがより進行したことだろう。

まずは、怒ったりしないで冷静に打ち合わせができた自分を褒めたい。

そしてそんな境遇に陥ることにいたった自分の頭の悪さを嘆きたい。みつお

2020-03-07

無題


これは、私がとある彼女」について抱いていた鬱屈した所感、

薄汚い感情吐露するとりとめのない文字列である

とは言ったものの内容は全く大したことはなく、

彼女」をだしにした自分語りみたいなものだ。

あと、あの時の気持ち文字にして、自分がすっきりしたい。それだけ。

私は、普段ツイッター活動しているオタクだ。

腐っている。腐女子だ。

BLも好きだけど、NLGLも大好きだし時折夢も嗜む。

好きな作品で、好みの展開があればキャーと黄色い声を上げ、

勝手深読みをしては一喜一憂し、

原作のしんどい展開には打ちのめされて体調を崩す。

しかしたらちょっと繊細かもしれない、どこにでもいるオタクだ。

彼女も、おそらく私と同じような腐っているオタクだった。

少し違うのは、彼女は私と違い、

素晴らしい作品を生み出すオタクだったことぐらいだ。

彼女の描く絵が大好きだった。

わたしは当時ハマっていたジャンル彼女作品を知り、感動した。

ツイッターリンク先に飛び、すぐにフォローした。

当時から今に至るまで、大抵鍵垢で過ごしていた彼女は、

同じジャンルでちまちまと小説もどき書いていた私にフォロー許可をくれて、

フォロー返しもしてくれた。優しい。

そこそこに交流もした。お互い、特に仲の良いという訳では無いけれど、

それぞれの作品ハートを贈り、時折は会話もした。

まり内容を覚えていないけれど、もしかしたらSkypeとかで

したこともあったかもしれない。

私たちがいたジャンルは、当時アニメ化していた事もあり

結構盛り上がっていて、男女共にファンの多い界隈だった。

共通しているフォロワーも多く、わいわいと楽しくやっていた。

本当に楽しかった。

それは嘘じゃない。彼女やみんなと過ごした記憶は、今でも私の宝物だ。

盛り上がりがあれば廃れもある。アニメも終わり、

少しずつ勢いが下火になってきた頃、私は少しずつ、

彼女のことが目に留まるようになっていった。

今だから思い至るし素直に白状できる事だが、

おそらく、私は彼女嫉妬していた。

素晴らしい絵を生み出すだけじゃなく、彼女は皆に好かれていた。

私が尊敬してる絵師も、作家も、彼女リスペクトしていた。

実際、それだけの力が彼女の絵にはあった。

ただ、彼女はよく自分の絵を消していた。

ピクシブにあげられていたものもあるが、いつの間にかサイレント

全削除していた時もある。当然、彼女作品が好きな皆は突然のことに戸惑った。

大袈裟に泣いていた人もいた。

どんなに「好きだ」と言われていた作品であれ、

その扱い方が変わることはなかった。

そういう一貫してるところは好き。

だけど、私は変にプライドだけは高かったので、

「私が自分作品を消したとしてもこんなに惜しまれることは無いだろうな…」

という自分勝手妄想で傷ついていた。惜しまれるどころか、

から相手にされずスルーされていく光景が目に見えるようで、

しかったのだと思う。

これ、全部被害妄想なんです。

なんだこいつ。自分で書いてて引いた。

ブロックブロック

1度出した作品を消す。それは全く悪いことではない。

だって時々消す事はある。

自分が生み出した作品を煮るが焼こうが、作者の勝手だ。

1度ぽんとインターネットという広い海に出してみたものの、

ありがたいことに良い反応を頂けたとしても、

「後から思うところがあったので消しました!」というのは誰しにもありうることだ。

からいくら「神」と呼ばれることもある彼女作品が消えることに

嘆く人が多くとも、彼女作品なのだから、どう扱うのかは彼女自由なのだ

前々から、それこそフォローした当時からその傾向があった彼女なのに、

何故後になって目に付くようになったのだろうか。

これは、当時彼女嫉妬していた私だからこそ思ってしまたことだから

からいうことは事実とは異なることを承知して欲しい。

私は、彼女自分作品を消した後の皆の反応を楽しんでるように見えた。

どうして、と崩れ落ちる人がいた。悲しい、と嘆いてる人がいた。

仲がいいからこそ、どうしてと本人に詰る人もいた。

それに対して、彼女は軽く、「バレるの早いなw‪w」といってのけたのだ。

完っっ全に私の僻みだが、当時の私は、それを見て不愉快になった。

自分作品に思うところがあったから、作品を消したんじゃなかったの?

周りの阿鼻叫喚する様が楽しいから作品を消すの?

自分作品武器にして、他人感情を振り回すのがそんなに楽しいの?」と。

画面の向こうに、他人の反応を見ながらほくそ笑む彼女が見えた気がした。

繰り返すが、これは私の妄想だ。彼女へ歪んだ目を向ける、私の歪んだ解釈だ。

そもそも彼女は、何一つ悪くない。

周りの反応を楽しむことは、決して悪じゃない。

二次創作をする人が何を理由にして作品を書こうがその人の勝手だし、

生み出された作品が素晴らしければ、同様に作者も愛されるものだと思う。

とりわけ、彼女普段仲が良い人に対してはとても面倒見がよいタイプで、

事実彼女にお世話になっている方は何人もいるようだった。

決して悪い人ではない。少なから交流もしていた私もそれは承知している。

彼女の絵自体は、相変わらず好きだった。

それでも、彼女自身を好きだとは思えなくなってしまった。

私は彼女から徐々に距離を取るようになって、

相互フォローこそすれ、やがて会話はほとんどしなくなっていった。

しばらくして、私は個人理由アカウントを変えた。

その際、私は彼女フォローしたが、

フォロー許可こそくれ、彼女は私をフォロー返しすることはなかった。

私は彼女から距離を取っていたし、彼女もそれを感じ取っていたのだと思う。

彼女の視界に入らない人間になったことに、少しほっとした。

思うところありながら、それでも私が彼女フォローしたのは、

彼女と、他の皆が楽しそうにしているのを見ていることが好きだったからだ。

彼女ジャンルに向ける愛は本物で、それを表現するとき

語彙力の広さは尊敬するし、魅力的だ。絵も相変わらず素晴らしい。

それでも、彼女に抱いてしまったものは、

今までずっとしこりとして私の中に残っていた。

「私とあなた友達じゃないけど私の友達あなた友達

みたいな、現状大体そんな感じだ。ブロックされているわけではないので、

彼女ツイートは今でも拝見させてもらえている。ありがたい。

当時ほどのもやもやはもう無い。

距離を置いて、時間が経過して、その時の感情ほとんど薄れていった。

それでもなぜこれを書いたかというと、

最初に書いた通り、自分がすっきりしたかたからだ。

薄れてもなお残る彼女のしこりを、きれいさっぱり無くしておきたかった。

それと同時に、「お前はこんなにも自己中で自分勝手なんだぞ」と、

私は私自身に釘を刺しておきたかった。

「人の振り見て我が振り直せ」とかいう前に、

オマエ、自分のこと、ちゃん客観的に見えていますか?

私は、私を好きでいたい。

自分のことを認めながら、悠々自適オタクライフを送りたい。

そのために、今、私は彼女を利用している。

きっとこれから、私と彼女交流することはないと思う。

彼女からブロックされる時がきっと本当の終わりになるし、

私も二度と彼女を追いかけることは無くなるのだろう。

一方的にTLを拝見させていただいて、

新たな作品が上がれば心の中でこっそりハートを送るような、

そんな感じで、今後ともゆるく、その時までは宜しくさせていただきたい。

なお、別ジャンル彼女が私のド地雷を踏みぬいた時、

私は彼女を反射でブロックしようとした。

ブロックは思い留まって、その後一年以上ミュートしていた。

我が振り、いつ直せるだろう。

某学を学ぼうかな

28年の人生で1番好きになった人とお付き合いさせてもらい一年弱が経つ。

好きだと押して押して押しまくりラッキーで付き合ってもらえた。

彼は私にとって世界最強の人である

一方私は、認知の歪み、優柔不断感情優先、不器用依存傾向、自己肯定感の低さetc. 良くない要素てんこ盛り。

彼は、私の歪みの矯正に根気強く付き合ってくれている。

正直、今の自分のまま彼を全力で好きでい続けることに自分自身疲れた

幼すぎて彼の力になれた試しがない。

何もできないのだからせめてと彼の気持ち深読みしては、彼の望まない見当違いの方向へ。

甘えてばかり、自立心が足りない。

友人に会った。本を読んだ。ガンプラを組んだ。映画を観た。SNSをやめた。事務作業をやった。それでも気持ちコントロールできない。

好きで仕方ないからこそこれ以上間違えたくない。

私はずっと憎んできた、許せなかった。

今なら分かる。

変わりたいけど変わらないんだよなぁ。

前向きに地道に自分を変えることから逃げたくなっちゃったんだよなぁ。

手っ取り早く自分は変わったと実感したいし、相手に実感してもらいたいんだよなぁ。

他にも素敵だと思う相手を増やせたら彼のことばかり考えなくて済む。

分かってるけど嫌だ。嫌だ。彼以外は嫌だ。嫌だ。嫌だ。嫌なんだよ。分かってる。

2020-03-05

カップルがミッドサマーを観に行った話

最近Twitterでやたら見掛ける映画がありますね、そう、ミッドサマーです。

カップルが観ると死ぬ」「観て別れたらセラピー保証して貰える」など、カップルで観るなランキング2020の1位を独走中の映画ということで、観に行くことにしました、カップルで。

とは言え監督も「固い絆があれば大丈夫だよ!」と言っているみたいですし、これで観た後に破局となったらと思うと興奮しますね。ちなみに両者共にアリ・アスター監督作品初見です。

と言うわけで、カップルでミッドサマーを観に行った感想文です。知識が無いので有用で目新しい考察とかは全く無いです。

このご時世ですが国内旅行を嗜んでいる中、ミッドサマー鑑賞会を決行しました。ロケーションは某県市内、上映している中で一番行きやす映画館を探してみるとミッドサマーともう一種しかやっていないという中々に硬派な劇場経営大丈夫?)でした。

上映後即入れ替え制でしたが、観覧後らしい女子大生が得意げなドヤ顔で「えーこれくらいのグロ余裕だよぉ」「ヘレディタリーもっと凄いよ〜笑」みたいに語っていた為、この映画はひょっとすると『そういう』層ばかりが観ているのではないか不安になりました。勿論、鏡の中の私もその一人だからです。

ですが昔の人は言いました、人の振り見て我が振り直せ、そんな訳で襟を正して場内へ。

私は映画館に行ったらポップコーンを頼むのは様式美映画館に対して表するべき敬意であると常日頃から考えているクソデブですのでポップコーンを購入。二種類あったので当然二種類頼みます。ミッドサマーは上映時間が2時間を超えるらしいので、お茶コーヒーの類を頼み膀胱への刺激は最小限に抑えます

さて、開始早々にメンヘラ不穏メンヘラ不穏不穏メンヘラヘラヘラ不穏みたいな流れに困惑しかしこれはきっと明るく楽しい狂気下地なのでしょう。分かれる寸前のカップルか?(そうです)みたいなカップル不和を堪能し、こういうのがじわじわ来るカップルもこの中に居るのかなぁって思ったらなんだかとってもドキドキしちゃいましたね。

随所にグロテスクな映像ホラー的な表現はあるものの、概ね「まぁそうなるよね」と予想のつく流れが多い。なのでこう、ビックリしてドーンがバーンでギャーみたいな感じはない。そういう面で言えばドッキリ系ホラーが苦手な人でも安心して観れるんじゃないでしょうか。

から公式解説ページを読んでみたのですが、「あーやっぱりそうかぁ」もあれば「ホァ!?」ってなった部分もあったので、全体の雰囲気に流されて細かい狂気を見逃したり、一瞬の狂気をきちんと理解できていなかったりする部分があるんだろうなぁと思いました。

個人的に血の鷹は後からヒョェって感じです。ただ、なんで彼がそんな拷問のような仕打ちを受ける役回りになったんでしょうね?立ちション白人がやられるならわかるんですけど。細かく描かれていないだけで、儀式的な必然性があるんですかね。

あと結構セックスが云々って話題になってたので、もっとセックスシーンがエグいと思ってた、予想してたのは「あの緑の傘みたいなのは子宮メタファーであの木の下で大乱交素ファック(ゴム無しの意)ブラザーズ(穴兄弟の意)」とかだったんですけど。

本当に申し訳ないと思っていますミッドガル花屋の登場シーンみたいだなって思いました。

さてラスト差し掛かって、熊が炎上するじゃないですか。そこで「あーあの子せっかく種貰ったんに15分でパパ居なくなっちゃうんだなぁ」って思っていたのですけれど。これ、そもそも違うんですよね。異邦人ホルガコミュニティの一員ではないんだから父親ではない、アメリカからやって来たデリバリー精子しかないと気付いたのは半日位経った後でした。

この感覚の違い、普段うんこちんちん面白おかしく生きているつもりになっている自分いかに平凡な一般人であるかを思い知らされる大変に良い経験だったなぁと思います。この映画の色んな部分に「?」を感じている時点で私もあなたホルガの民ではないってことなのでしょう。安心ですね。

普段から物語に(特にホラーに)触れている人間なら絶対に「最後にこの女は死ぬな」って予想すると思うんですよ。スタッフロールの後、この黒い画面が転換したら次はこいつだろうなと、でもそんなものは無くて、ミッドサマーはここで終わる。

観賞後に「最後絶対死ぬと思ったのに」「ねー」なんてやり取りをしていたけれど、そりゃ死ぬわけないんですよね。

ミッドサマーちょっとグロ理解不能な演出が多いだけで、きっとホラー映画サスペンス映画じゃないんですもん。

老人も異邦人も村人も死んだ、けれどそれは必然で、必要から死んだっていうだけなんですよね。死んだ、殺した、そういう観点ですら無いんでしょう。だからダニーは死なないんだなぁって、それが凄くこの映画らしい終わり方だなぁって思いました。

私はミッドサマーホラー演出が多いだけでホラー映画ではないとはっきりと言い切りたい、ちょっとトラウマを刺激する可能性があったり観ている人間不安定にさせたり不快にさせたりグロテスクな表現があったり理解が難しかったりするだけの、ホルガドキュメンタリーなのでは?って感じ。

映像は物凄く綺麗で、狂気は往々にして美しいものだよなぁとひしひしと感じました。

ところでペレの親が炎に巻かれて死んだって言うのはかつて供物に捧げられたってことですかね?って思ったけどこの祝祭90年に1度しかやらないんでしたっけ。この点と点を結ぶ発想も一般的思考だなぁと感じます

深読みして考察して理解しようとするのもまた、意味の分からないものに飲み込まれないようにするための防衛方法なんでしょうね。

解放カタルシスハッピーエンド、というのは本当にその通りだと思います

最終的に二人で感想を分かち合った所、「いや流石にクリスチャン可哀想では……?」で意見が一致したので、どうやら我々はミッドサマーのせいでは別れずに済みそうです。鑑賞日が29日で肉の日だったこともあり、この後二人でホルモン焼肉に行きました。完全な悪ノリですね、美味しかったです。

さて、メンヘラ女とはなる早で別れろ、というのが総まとめの映画でした。

なんなら皆が死んだのは一年前の時点で別れておかなかったクリスチャンのせいとすら思います。この映画の隠されたメッセージは「やるべきことを先延ばしにし続けると取り返しのつかないことになるぞ」ではないでょうか?いやぁグズには刺さるメッセージですね。だからインターネットランドも含めて爆発的に流行ったのかもしれないですね!

瞬間最大恐怖で言うと、CATSの方が怖かったです。

おわり

2020-03-04

anond:20200304115720

文章矛盾してるってところには一切反論無しで「深読みして解釈したらつじつまがあるだろ」系の指摘しかいから、矛盾があるって部分はみんな完全合意してるって察してあげました。

2020-02-21

anond:20200221214321

当人SFファンとして自分でも(あくまでふんいきレベルで)シュールもの書きたくて、彼流のリリシズムのっけて、別にアート志向じゃないかロリコンばやりに乗って砂糖まぶして

はいできあがり、ってなもんだろ

深読みしなきゃダメなのか?という以前に、どう見ても構えて読むようなもんじゃないだろう。

作者もべつにそんなハッタリこいたりしてない

アホなオタク勝手祭り上げてただけ

吾妻ひでおって深読みしないといけないの?

今ちょうど『ネオ・アズマニア1』で吾妻ひでおを初読みしてるところなのだが……。

今のところの正直な印象は、ただのロリコンポルノを照れ隠しでナンセンス調に仕立てているだけ、といったところ。

宇宙宗教を無根拠にただのこけおどしで用いて読者を煙に巻いているところなんか創作者として無責任に見える。

もしかして幾原邦彦吾妻ひでおエピゴーネンなのでは)

こういうのって、遅くとも60年代の時点ですでに小説映画普通に見られた作風であり、吾妻ひでお特有個性ではないと思うの。

2020-02-11

うんこ描いて「これはソフトクリームです」と言い張れば勝手に読者が深読みする

ゲームって今そんな状態だよね

2020-01-21

anond:20200121183228

えええ~ネット文脈難しすぎない?深読みしすぎじゃない?

どうでもいいことを書いてるってーならスルーしてくれたらええやんか。

2019-12-31

さよなら







推し、めちゃくちゃ好きで超会いたくて会いたくて気づいたら五年くらい経っていたんですが、ついに今年推し名前事務所から消えてテニパにもメッセージ無くてテニミュも全国立海後編始まったしこれ以上ないタイミングなのでさよならブログを書こうと思って書いています

かなりとっ散らかった文章ですが、読んで頂ければ幸いです。

大好きなので、大好きなのは辞めないと思うんですが、思い出にして前に進みたいのでさよならします。



さようなら岡崎寛くん



私が岡崎寛くんを知ったのは高校三年くらいの時でした。当時、テニミュを好きな友達がいて、テニプリ原作が好きだった私はものの見事に引き摺り込まれました。

高校三年生は受験遠征もできず(地方貧乏学生だったこともあり)、短大一年生になって初めてテニミュに行きました。最初に行ったのは公演ではなくて大運動会2014だったけれど。

そこで初めてテニミュを浴びて、目の前で動く推しを見て、岡崎寛くんが好きなフォロワーとも会いました。幸せだったな〜〜楽しかった!障害物競走でビリになってみんなに見守られながらゴールする岡崎寛くんの深司めちゃくちゃ可愛かった。本当に可愛かった。夜公演の前にブロマイドが売れ残っててフォロワーと落ち込んだのはいい思い出(よくないけど)(公演後は売り切れてた)

運動会神尾が欠席で、公演の後に神尾のスペースを空けて不動峰写真撮っててすごいほっこりしたなぁ。

その後、セカンド国立海が始まって、岡崎寛くんが好きなフォロワー友達と観に行きました。実はその全国立海の公演期間中に私を岡崎寛くん肯定される出来事が起きてしまいました。確実に身バレするから書けないけど。

私は親やクラスメイトにずっとずっとそれを否定され続けていて、それをすること自体はすごく好きなんだけど、時々ものすごく嫌気が差すことがありました。しかもその出来事の直前に、ショックな事があったので余計にきつい時でした。

うーん、ぼかして書こうとしているので訳の分からない文章になっていて申し訳ないです。でも、とにかく自信がなかったとだけ分かっていただければ大丈夫です。

 

そんな時に推しに"それ"を肯定されてしまったんですよね。今考えればそりゃやばいですよ。ずっと否定され続けていたことを推し肯定されたんだから




それからはなんかもうすごくて、超しんどかったけど何とか立ち直ってそれを続けられて、今でも続けられています。こんな幸せなことあるか〜〜?!ない!

そのきっかけで不動峰オタクフォロワーができたし(それまで岡崎寛くんが好きなフォロワーリアル友達くらいだった)なんなら今でも超仲良いフォロワーがいます

高校個人ホムペを見ていた頃、好きだった方と繋がれたりとかもありました。いや〜〜すごいな?!

岡崎寛くんのおかげで、好きなことを続けようと思えて、狭いインターネット世界がすこし広がって友達ができました。





国立海の公演期間中、ほんとうにほんとうに幸せハッピークソ野郎でした。

所詮行く公演も少ない在宅オタクだったのですが、日替わりレポをチェックしたり、かずくんとゆうきくんの差し入れ合戦を見てニコニコしたり、体調を崩してるらしいかずくんを心配したり、バルズのお揃いのキャップに湧いたり、全部新鮮だったので在宅でも楽しかった。



俳優オタク一年生だった私は何もわかっていなかったので、金を出すべきとか、公演沢山入るべきとか思いつきもしませんでした。周りにもそういう人がいる訳でもなかったし。本当に何も知らなかったしわかっていなかった。



今思えば沢山公演入っとけって思うけど。結局こうなってしまったんだから




いやでもかずくんの日替わり天才だったよな〜〜〜〜本当に大好きなんだよなぁ。日替わりで日吉や裕太と仲良くなっていく過程をやって最後には友達になれたりとか。『深司信じられない』もかずくんはゲーム元ネタって知らなくて、偶然思いついて使ったらファンレターゲームネタだと知った、みたいなのとか。日替わり毎日考えなきゃいけないのに、全国立海終わった後は楽しかったです!の一言で終わらせてるんだもんな。

やっぱ天才だよなぁ

国立海の大千秋楽をライビュで観て、最後の日替わりで泣いて(本当にあれはずるいけど天才だと思った)、映画祭があって(ドラキュラのかずくん会いたかったな〜〜行けばよかったな………)、ドリライがありました。



ドリライライバルズの出番が鎬だけで謀反……って気持ちだったな。ソロ聴きたかったな。でもはじめてのドリライしかった。

ゲイ術的なテニスのしんじくんバカみたいに可愛かったな………

ドリライでは初めて岡崎寛くんハイタッチして驚きすぎて腰抜かした。いやだってまさかできると思ってなかったし俳優オタク一年生だったし。同行者の方にちょっと心配された(それはそう)

あの時通っていった岡崎寛くんの深司、綺麗だったなぁ。

大好きだなぁ。



でもまさかドリライ2014が最後岡崎寛くんに会える機会だと思わなかったなぁ。



いや普通思わないよな?それで終わりだなんて。

かにドリライの後に仕事決まってなくて不安だった気はするけど、元々仕事が多い人ではなかったし(書いてて悲しくなってきた…)そのうち決まるだろうと思ってたな。能天気だなその時の私。決まらいか安心しな。


ドリライが終わって、かずくんの仕事が決まらなくて不安で、サードキャストが発表されて、そのなかに健人とまちゃがいて二人とも全国立海のアンダーやってて、サードのお披露目が近づいてて、かずくんの誕生日が近づいていった。

かずくんの誕生日アメスタ配信が決まって、喜んで見た。すごい酔っ払ってたな笑 でも楽しそうでかわいかったな。

仕事と言える仕事はそれが最後だったな。

多分アメスタの次の日か前の日のどっちかだったんだけど、サードのお披露目にかずくんが行って、サード不動峰キャストに囲まれててああもう先輩なんだなって思った。

健人とツーショット撮ってて嬉しかったけど複雑だった。多分まだいまいち健人を受け入れられてなかった。





それからサード不動峰公演が始まって、チムライがあって、やっと健人の深司が受け入れられて、ルドルフ公演があって、ドリライがあって、サード不動峰が一旦テニミュから離れた。

かずくんはたまにツイッター更新して、その度に私はひっくり返るような気持ちになったりフォロワーからリプ飛んできたり、インスタ始めたり、インスタのお陰で数年ぶりに動いてるかずくんを見れたりした。

Love's by keyパーカー買ったりもしたなぁ。まだ家にある。捨てられない。

なんか五年ってすごく長い時間のはずなのに、アメスタからかずくんのことで何があったかが数行で終わってしまうの、とても悲しい。数行ぶんくらいしか私は知らない。

当然といえば当然だ。その時から岡崎寛くん俳優仕事をしないつもりでいたのだろう。むしろ気まぐれでツイッター更新したり、インスタを更新していたことが奇跡だったのかもしれない。

インスタのタグ付け?で岡崎寛くんが何か他の仕事してるんだろうなっていうのを知ったもんな。





岡崎寛くんが今何の仕事をしているのか、結婚しているのか、してないのか、なにもわかんないけど、わかんなくていいけど、幸せ暮らしていてくれればいいなと思います





話がすっ飛びますが、12月19日からサード国立海後編が始まりました。ライバルズ、つまり健人の深司くんが出ています

健人にとってはセカンドでアンダーで出ていた公演にようやく出るってことなんだなと思うと本当にエモすぎて死んでしまう。

ここまで長いようで早かったなぁ。いや長いか

私の取れたチケット12月23日の公演でした。あれだけの倍率で取れたチケットがこの日ってもうめちゃくちゃ笑ってしまった。だってこの日岡崎和寛くん誕生日だよ、私早くこの日をなんでもない日にしたかったよと思った。軽い気持ちで申し込み出すもんじゃないなと学んだ日でもありました。(あとでにちかちゃん誕生日だってことも知った。おめでとう)

今年もまた12月23日特別な日になりました。きちんと岡崎寛くん誕生日ケーキも食べました。テニミュを観ました。凄かった。

もうね、私絶対これ岡崎寛くんに観て欲しい。絶対絶対観てほしい。健人の中に岡崎寛くんが生きているよ。本当だよ。でもそれを伝える手段が無いに等しいんだから笑っちゃうよなぁ。

から少しネタバレなのでまだ全国立海後編を観ていない方は数行飛ばしてください。

まさかスポットをねらえが聴けるなんて思ってなかった。メドレーがファーストのままだからだろうけど。

あとやっぱり一番は日替わり………かずくんがセカンド国立海で日替わりやってたシーンと同じシーンで健人も日替わりやると思わないじゃん。ビックリしすぎてひっくり返るかと思った。そんなのエモすぎて死ねるじゃん。それにまさかGMKKもやるなんて思ってなかったし。

健人が。セカンドでアンダーで出てた健人がサードの全国立海でGMKKやってるの、マジでマジでエモい以外の言葉でどうやって表せばいいんだ。こんなことってあるか。

とどめはGMKKのコールだった。深司だった。

都合のいい深読みしすぎなオタクから岡崎寛くん誕生日から深司がコールだったんだなと思ってしまった。

本当にこんなの死んでしまう。

チケットはその日の公演一枚しかなくて、まあ実際観たらもっと観たくなるだろうなと思ってたけど、とんでもなく満足してしまったので今のところその欲があんまりない(いや、チケットがあれば行きたいけど………)

最高の公演をありがとうテニミュ…………

あと、色々見てて気付いたことがあるんだけど、健人のなかに岡崎寛くんが生きている。どうとか具体的にはあまり書きたくない…………けど確実にそうだと思う。

健人にかずくんの深司がどう写ってたのかずっとわからなくて、正直かなり不安だったけれど、健人のなかに岡崎寛くんが生きてることが分かってすごく嬉しかった。本当にうれしい。

よかったな〜〜本当に良かった。





いや、いや〜〜!岡崎寛くん、会いたいな!

さよならします!思い出にします!って言ってここまで書いた癖に会いたくて仕方ないな。かずくん、本当にキモくてごめんなさい。

私はずっとずっと岡崎寛くんに直接会って、私を肯定してくれたことにお礼を言いたくて5年も引きずっていました。もうここまできたら呪いだよ。どうしてこの程度のことぐらいが叶わないんだろう。不思議だなあ。

つくづくオタク推しを繋げているものって脆いなものなんだなと思う。推し行方くらましたらもうオタク推しが何をしているのか、生きているのかすらわからないままなんだよ。

改めて考えるとめちゃくちゃしんどいな。当然のことだけれど。

推しにはオタクことなんて気にせずに生きていてほしいと思う反面、推しのことが知りたくて仕方ない生き物だから仕方ないのかな。矛盾しかなくて本当に面白い


岡崎寛くんサード国立海後編に行ってくれたらもう思い残すことがないので、安心して死ねるなぁ。人生短いけどできるだけ思い残すこと無い方がいいじゃないですか。自分ではどうにもできないけど。

どうにか行ってくれないかな〜〜そしてそれを教えてくれたらいいな………

だらだらと色々書いてみて、とんでもなく短い間だったけど私は岡崎寛くんにいろんなものを貰ったんだなと思いました。

テニミュがめちゃくちゃ楽しいと思えたこと、付き合いが長くなるフォロワーと知り合えたこと、自己肯定感幸せな思い出、沢山沢山貰いました。岡崎寛くんがいなければここまで沢山幸せなことがあったかどうかわかりません。本当にあの時は幸せでした。岡崎寛くんにはどんなに感謝してもしきれません。

岡崎寛くん、本当にありがとうあなたがいなければ私は今どうやって生きていたのかあまり想像ができません。多分今よりもっと死にたかったと思う。

直接会ってお礼を言うことはもう叶わないので、届きもしそうにないところからお礼を言わせてください。

本当に本当に、たくさん幸せをくれてありがとうございました。これからも大好きです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん