「武道」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 武道とは

2018-11-21

交通費計算の仕方について聞きたい

武道をしているのだけど、東京に住む師範が全国行脚するという話になった。

全国にちらばる弟子師範自分道場に招くという形になっているのだけど、交通費の支払い額について若干モメている。

というのは誰がどれだけ払うのか平等ではない、という風になったから。

師範

東京(自宅)→名古屋大阪福岡鹿児島東京帰宅

と移動し、各道場で教える。移動の基本は新幹線だ。でも別に飛行機ダメなわけではない。

名古屋道場 東京名古屋

大阪道場 名古屋大阪

名古屋東京-大阪中間なので名古屋大阪道場交通費の支払いに関しあまり問題ない。

しかし、問題福岡鹿児島だ。

福岡道場大阪福岡 までの交通費をうちが負担するのか、という話になっている。東京から福岡なら直通で飛行機があり、安いのに大阪を経由するおかげで新幹線になって高くなるという具合だ。

さらに、鹿児島福岡鹿児島交通費プラス鹿児島から東京までを支払うということになるのか?と言ってきている。

こういう場合、どうすればいいのだろう。全ての交通費を足して割れ平等だけどそうなると名古屋大阪文句いうのは目に見えている

こういう場合どうすれば平等になるか意見が聞きたい。

2018-11-19

暴れるのを止めるために腕を捻り上げるのは暴行なの?

警察や警備会社の人が犯人と思われる人にやるのは?

武道に心得がある人はだめ?

格闘家プロ絶対だめ?

相手をよけて加害者勝手怪我をした場合はどう?

プロはただサンドバッグになってるしかないのかな。

格闘技は恐怖の感情を管理する技術

塩田剛三

ある時、弟子に「合気道で一番強い技はなんですか?」と聞かれた塩田は、「それは自分を殺しに来た相手友達になることさ」と答えたという。

塩田自身は『日常、それ即ち武道』を信条としており、普段普通に道を歩いている時でも一切の隙が無かったと言われているが、生前弟子に対して「人が人を倒すための武術必要時代は終わった。そういう人間自分最後でいい。これから和合の道として、世の中の役に立てばよい」と語り、護身術としての武道の意義を説いていた。

2018-11-06

プログラマ高潔さについて

ここに書くのもどうかと思ったけど、吐き出したかったので書く。

技術を追い求めてできることを増やしていくこと自体はとてもいいことだけど、得られた知識能力を振り回して他者を傷つける人たちを見るとあまりいい気はしない。

プログラマ世界では、技術を持ってる人がとにかく尊敬されるような構造になっていると思う。人格性格等は重要な要素ではあるけど二の次だ。何を生み出せるか・何を生み出したか評価される。「こんなこともわからないの?」というようなマウンティングがありふれている。

技術を持つ人たちは容易に人をボコボコにすることができる。「そんな基本的なことも知らないの?常識だよ」とか「ここにこれを入れるな。バカか」とかい言葉にまみれた、ある意味野蛮な世界だ。一方で技術を持つ人たちは尊敬される。どんなに他のことが荒れ果てていても、技術があるという一点で崇拝される。技術を持つ人たちがめちゃくちゃ言うのは、今までボコボコに殴られながら自力で這い上がってきた上で言っているというのもあって、一種復讐ともいえる。

簡単に言うとパワハラ連鎖なのだが、おそろしいことに技術を持つがゆえに許されてしまっているので、下手なパワハラよりタチが悪いと思う。なにせ本当にパワーがあるので、下手に機嫌を損ねられると困るからだ。パワーがない人はその人の人格の歪みを許容するか、その人のもとを去るしかない。

「力さえあれば、自由に、ありとあらゆることを何でもできてしまう」というのはプログラマの利点であり、反対にデメリットでもあると思う。

そこまで性格が歪んでなかったとしても「みなさんご存知かもしれませんが…(知らないだろうけど)」とか「あぁそれはこれ使えばできますよ(こいつは格下)」とか見下したり軽蔑したり、そういう風に思ってしまう人もいると思う。

知識がない=ゴミ知識がある=すごい」と区別して人と相対するのは、権力者におもねることに他ならない。

ぼくとしては、相手知識量の多寡関係なく尊敬して接することができる高潔さがあった方がいいと思う。武道の心構えのように、強くなればなるほど、精神を磨くといいように思える。

そのために、精神修養の一環として最近.vimrcを魔改造している。vimは最高のテキストエディタだ。

2018-11-01

書道武道

筆は剣よりも強し

茶道武道攻撃としての毒と防御として解毒の技を極める)

香道武道(気体系の毒)

華道武道死体切断の技)

2018-10-05

キン肉マンウォーズマンに寄せて

息も絶え絶えにリングの上に転がりながら、ウォーズマンロビンマスクにこう尋ねた。

「だれかオレの顔を見て笑ってやしないか?」

ロビンマスクは彼を見つめ、力強く声をかける。

「だれも笑ってやしないよ」

から安堵すると同時にウォーズマンの全身から力が抜けていく。

それを抱きとめながらロビンマスクは涙をこぼす。



こんな感動的な場面から始めたい。

これは漫画キン肉マン」に登場する一人の超人ウォーズマンについての一つの考察である



ウォーズマンロビンマスク弟子として、漫画キン肉マン」の第8巻、

『第二十一超人オリンピック編』から登場する超人だ。

人間ロボットの間に生まれ、そのどちらにも属さない「ロボ超人である彼は登場時、

その残酷さによって読者に強烈なインパクトを与える。

針状の爪を発射する武器ベアクローを使って対戦相手を惨殺、

練習のためにグラウンドを走る死刑囚149人のうち148人を殺害

キン肉マンの仲間であるラーメンマンの側頭部を抉って脳漿に穴を開け、

植物状態にするなど、攻撃残酷さでいえば作中随一ともいえるだろう。



しかし、そのような残虐さに反して、転んだ子供に手を差し伸べて助けようとしたり、

前述した149人の死刑囚の中でも老人だけは見逃したりといった優しさが

時折垣間見えるのもウォーズマンの特徴である

性根は優しい彼を残虐な戦いに駆り立てたのは一体何だったのだろうか。


ロビンマスクは作中、「超人オリンピック」のリング上でキン肉マンへの攻撃の手を止めたウォーズマン

「また くうものもくえず きるものもろくにない すさんだ生活にもどりたいのか」と尋ね、

ウォーズマンはそれに応えるように激しい攻撃を再開した。

ここから想像されるのは、彼が故郷ソ連で置かれていた厳しい状況である

この後、キン肉マンとの闘いを通して彼は残虐さを捨てたクリーンな戦い方の大切さに気付く。

そして、対戦相手マスクを剥いだ方が勝ちというルールの中で、

みずからそれを脱ぎ捨てると共に自分過去を語るのだ。



ウォーズマン自身が単なる超人でもロボットでもない「ロボ超人であることを嘆き、

どこにいっても爪弾きにされ、いじめられ続けた日々を回想して「地獄生活」だったと称した。

そのような彼を唯一救ったものこそが格闘技であり、

いつしか自分超人ロボットを「血まつりにあげることがいきがいとなった」のだと彼は語る。


やがて雷鳴に照らされた彼の素顔は、人間でも均整のとれたロボットでもない、

極めて歪なもの、恐ろしいものとして描かれ、

それを見つめるキン肉マンとその婚約者ビビンバの顔も稲光の中で無言にこわばっている。

彼の素顔から受けた、誰も何も発せないような衝撃、

それが登場人物の表情のみを並べることで読者に鋭く突き付けられるのだ。

ウォーズマンの「素顔」は非常にドラマチックなやり方で我々に提示される。

醜い、恐ろしい、そう思ったとしても彼を気遣えば口に出すことができない、

いわば配慮リアリティとでも呼ぶべきものがこの場面には備わっており、読者ですら、

ウォーズマンの顔からどのような印象を受けたかをあえて言葉にしないように努めてしまうのである



彼の生い立ちや素顔についての問題はここで一度大胆に明かされたのち、しばらくはその影を潜めている。

残虐を捨て、キン肉マンら「アイドル超人」の一員となったウォーズマンは、

「七人の悪魔超人編」においては戦士として、

黄金マスク」編においては作品舞台として(「黄金マスク」を巡る戦いはウォーズマンの体内で行われる)活躍し、

仲間を支えながら友情を深めていく。

そして、もはや誰もが彼にまつわる悲劇を忘れ去った頃、冒頭の事件が起きるのである



コミックス17巻に始まる「夢の超人タッグ編」において、

彼は師であるロビンマスクとタッグを組み、共闘することとなった。

この時の対戦相手ネプチューンマンキング・ザ・武道の二人が結成した「ヘル・ミッショナルズ」であり、

ロビンマスク仮面をつけたネプチューンマンの正体がかつての好敵手、

喧嘩男(ケンカマン)」なのではないかと疑っている。

やがてそれは証明されるが、ネプチューンマンは正体を知られたことを理由ロビンマスクを殺そうとする。

ウォーズマンは師を助けるためにリングに上がるも技を決め損ね、ネプチューンマン仮面を外されてしまう。

彼の素顔を見た観客は衝撃を顔に浮かべ、ウォーズマンはなんとか仮面を奪い取って、再び顔に装着する。

彼が仮面を外され、再び装着するまでの間に挟まる以下のセリフは注目すべきだろう。



ネプチューンマン「(注:ウォーズマンに対し)醜い顔を隠すために覆面超人の道を選んだのであろう」

ロビンマスク「これ(注:仮面)をウォーズマンからとりあげることはあまり残酷だ!!」



ネプチューンマンウォーズマンの素顔を「醜い」と指摘したときロビンマスク特にそれを否定しない。

それどころか、仮面をつけずに戦い続けることはウォーズマンにとって残酷だと断定的に語る。

これはなぜか。ロビンマスクもやはりウォーズマンを醜いと感じ、

それでいて庇うこともせず受け入れているのだろうか。


当然そうではない。再び仮面をはぎ取られたウォーズマンロビンマスクに、

「だれかオレの顔を見て笑ってやしないか?」と問いかける。

そして、「だれも笑ってやしない」という言葉に安堵しながら命を落とすのである



この場面において我々が再確認しなければならないのは、

ウォーズマン自分のロボ超人としての素顔を見せること、

そしてそれを“笑われる”ことをいか忌避しているかということだ。


超人オリンピックのなかでロビンマスクウォーズマンに対し、

過去に過ごしてきた「くうものもくえず きるものもろくにない すさんだ生活」について指摘し、

ウォーズマンは当時の暮らしぶりを取り巻く貧困生活の困窮とを思い返し、それを恐れているかのように見える。

しかし、この時ウォーズマンが真に恐怖していたのは単なる生活苦ではなく、当時の自分が置かれていた立場

すなわち、周囲からいじめられ、疎まれ続ける「地獄生活」の中で精神的なダメージを与えられることだったのだ。



ロボ超人であることが理由で受けた誹りや嘲りは彼の心に未だ深く陰を落としていた。

アイドル超人として仲間たちと友情を深めようと、戦いを乗り越えようと、

その陰を完全には取り除けていなかったことが、この場面では悲しみと共に明らかになる。

彼の陰を知るロビンマスクウォーズマンから仮面を取り上げることを「残酷」だと指摘したのは、

仮面をつけずに生きていくことがウォーズマンにとって、自分がロボ超人であることを

突きつけられながら暮らすことと同義であると考えていたためではないだろうか。

彼はここで一度命を落とし、超人墓場で長く労働をすることになる。



それから少しの時が流れ、「キン肉マン24巻に始まる「王位争奪編」において

ウォーズマンキン肉マンとの再会を遂げる。

彼は超人墓場に追いやられたキン肉マン脱出させるために、

脱出必要な「生命の玉」と呼ばれる宝珠をキン肉マンに分け与えた後、

超人専門の医師であるドクターボンベに人工心臓をもらうことで生き返り、

自身墓場から生還成功する。

この時の手術のミスのせいで彼は一度ほぼ戦闘能力を失ってしまうが、

であるロビンマスク指導を受けることで戦闘技術回復

再び登場時のような残虐な戦い方へ、そこからクリーンな戦い方へ、と復活を遂げる。



この「王位争奪編」は、キン肉マンがキン肉星の王として戴冠する場面で幕を下ろした。

平和になった世界の中、ウォーズマンアイドル超人の一人として、

メディカルサスペンション」と呼ばれる特別治療を受けることになり、長らくの療養生活を送る。

そして順調に体力を回復した彼は、「完璧超人始祖編」で再びリングに立ち、

宇宙から襲来した「完璧超人」たちを迎え撃つことになるのである



しかし、ここで再び悲劇が起こる。ウォーズマンとその対戦相手

ポーラマンとの戦いの直前、ロビンマスクが命を落とすのだ。

対戦相手であった”完璧超人ネメシスロビンマスクを破った後、

塔状に組まれリングからその体を突き落とし、砂丘に埋めてしまう。

墓穴を掘る手間を省いてやったのだ」と語るネメシス言葉を聞き、

慟哭しながら懸命に砂を掘り起こすキン肉マンの姿は非常に印象的なものである



この場面において、ロビンマスクを失った悲しみをこれまでの感謝に代え、

続く戦いに向けて決意を固めていくキン肉マンと、

戦闘が始まろうとする中にあって敵に背を向け、

もはや姿の見えない師を思って涙をこぼすウォーズマンの姿は対置され、

ライバルとして出会ったキン肉マンロビンマスク

対して師匠弟子関係にあったウォーズマンロビンマスクとの関係の違いを示している。



その違いは続くポーラマンとの戦いからも読み取ることができる。

ウォーズマンはこの戦いの中でロビンマスクを失った悲しみから暴走し、自身の戦法を見失ってしまう。

テリーマンは彼を見て、普段の「計算され尽くしたクレバーな戦いぶり」とは逆の、

ガムシャラに向かっていくだけの戦闘本能の塊」のようだと口にするが、それも当然のことである


キン肉マンにとって、ロビンマスクあくま自分と共に成長していく超人の一人であり、

彼を失ったとしても彼はそれをバネに立ち上がって自分なりの戦いを続けることができる。

しかし、ウォーズマンにとってのロビンマスクは戦い方の土台や軸作りに大きく貢献した人物なのだ

結果として彼はここで師と共に育ててきた「計算」や「クレバーさ」を失い、

積み上げてきたものを一度壊すことになるのである



ポーラマンに追い詰められ、ウォーズマンは「オレの命などどうでもいい」、

「刺し違えてでもこの戦いに勝利しなければ…ロビンに合わせる顔がない」とまで言う。

ポーラマンは彼の様子を見て、恐怖心を持たず、

ひたすらプログラムとして戦い続けるだけの「ファイティングコンピューター」だと笑った。


その時、ウォーズマンリングロビンマスクの姿を見る。

実体のない、いわば幻影のような彼はウォーズマンにこう語りかける。

「お前はいつも自分のことをロボ超人だと気にしているようだが」

「私はおまえをロボだと思ったことは一度もない」


回想の中で、ロビンマスクウォーズマン攻撃の仕方を教えている。

森の中で木を次々と攻撃、倒していくウォーズマンだが、

もう少しで目標を達成するという時になってぴたりと攻撃の手を止めてしまう。

ロビンマスクは彼を叱りつけるが、よく見るとウォーズマン攻撃しようとしていた木の陰には子鹿がいる。

ウォーズマン意図に気付き嘆息するロビンマスクの前で、子鹿は森の奥へと駆けて行く…



そのような思い出を証拠に、ロビンマスクは続ける。

「おまえは血肉の通ったわが弟子だ」

「そのことに誇りを持てる超人になってほしい」



「オレハキカイナンカジャナイ」

師の言葉を聞いたウォーズマンは、こう言って立ち上がる。

彼の言葉はこの場面で、機械人間が何を基準として分けられるのか、

この場面において“機械である”ということが何を示すか、

そのような大きなテーマをも巻き込みながら読者の方を向く。



倒されかけたところからウォーズマンは再び立ち上がり、

普段のような冷静な戦いぶりを発揮するが、

その背後にある考えを、彼はこのように説明した。



「今までオレはロビンの恩に報いようとするあまり自分の命を捨てるつもりで戦っていた」

しかロビンはこんなオレに生きろと言った!」

「だからオレはもう死ぬために闘わない!」

「生きるために…ロビンがオレに託してくれた大事な魂を守るために闘う!」



この場面で機械人間の間に置かれるのは、

戦いの中にあって「生きる」ために奮闘することはできるか、

また相手を「生かす」ことを考えられるか、ということである

ロビンマスクとの練習中、子鹿を逃がし、

「生かす」ことを考えていた時点でウォーズマン

作中における「機械」の定義を脱していたことになるが、

自身が「機械でない」との自覚もつにはまだ足りないものがあった。



それが、ロビンマスクウォーズマンに伝えた、「誇り」である

彼は自分という存在に誇りをもって初めて、

体は機械であっても心までは機械でないと宣言できるようになった。

「オレハキカイナンカジャナイ」、

そう宣言する彼の言葉があえて機械的にカタカナ表記されているのは、

あくまでも彼の体は機械でできているが、“それでも”」、という

“それでも”の先、逆説のその先を読者に想像させるためではなかったか



ここで物語は、生まれ持った肉体の性質を変えることはできないけれど、

心は変えることができるのだと我々に伝えるが、

これは奇しくも「超人オリンピック編」の中、

残虐超人として現れたウォーズマン正義に目覚め、

アイドル超人に加わったときと同様のメッセージである



そして、「友情」と「信じる心」をもって自身の体の欠点

すなわち活動限界存在を乗り越えてポーラマンを倒した後、

彼は自分がロボ超人であることを以下のように語る。



ロビンはオレのなかで永久に生き続ける このオレが死なない限り

それが寿命のない 半分機械でできた超人のいいところだ」



幼少のころ、自身を「地獄生活」に追い込んだロボットの体に対する複雑な思い

――憎しみ、悲しみ、怒り――、

それをロビンマスクが与えた誇りによって乗り越え、肯定することに、

ウォーズマンはこの場面でついに成功するのである



最終決戦としておかれたネメシス戦の直前、

ウォーズマンは自らの師を倒したネメシス報復することなく、

その立場キン肉マンに譲る。



弱気キン肉マンの自信のなさに対してウォーズマンは一度、

「半分機械からオレにはわからないのか」と口にするが、

すぐにその発言を打ち消し、「生身である半分」では理解できると語る。

自分人間的な面と機械的な面の双方を理解した彼はここで、

ロボ超人である自分理解するとともにしっかりと受け入れている。



ポーラマン戦で彼は、「超人オリンピック編」を彷彿とさせる雷雨の中、

ポーラマンマスクをはぎ取られ、

「醜いツラだ」、「みんなおまえのツラをみて笑っているぜ」と嘲笑されるが、

彼はその言葉を「それがどうした」と打ち消し、師のために戦いを続ける。



自分の顔を見られること、

そして笑われることを臨終の間際にすら恐れていたあの彼はもはや存在しない。

ロビンマスクを失った代わりに自分のロボの体に誇りを持ち、

敵を「生かし」、自分を「生かす」ことに注力する。

ウォーズマンは変わったのである



キン肉マン」という物語においては、「人は変わる」ということが繰り返し語られる。

正義の側から悪の側へ、反対に悪から正義へ、

そしてそれを超越する新たな勢力へと超人たちはその立場を次々と転じ、

その度に誰かが喜んだり悲しんだりする。

それがウォーズマンにおいて特に顕著に現れるのは彼自身が、

自分の”機械的”な外見を誰よりも気にしていたからだ。



から敬遠されるのは嫌だ、疎まれるのも怖がられるのも嫌だ。

しかし、生まれ持った体だけはどうしても変えることができない。

そんな葛藤劣等感、「変わる」ということに向けた諦観交じりの強い欲求

ウォーズマンは常に抱えているが、

そのような「変わらない」ロボットの体が他方、

物語を通した彼の精神的な成長を浮き彫りにしてもいるのだ。



今の彼は逃れようのないものに対して抗うことをせず、

かに受け入れるだけの強さを持っている。

そして、その強さが一朝一夕に獲得されたものでないと知っているからこそ、

我々はウォーズマンという超人に、より一層強く魅きつけられるのではないだろうか。

2018-09-14

から逃げるな

金に正面から向き合えない奴は一生経済的成功できない。

経済的成功者以外の人間は敗者だ。

なぜ人々は金のことを真剣に考えないのか?それは怖いからだ。

自分社会階層の下の方にいるということを自覚したくないのだ。

お金よりも大事ものがある!」

「金がなくても幸せ!」

お金がなくても幸せな人は沢山いる!」

お金の話は卑しい!」

「金なんて関係ない!心が大事!」

金持ちは悪いことをしてる!貧乏人の自分たちは道徳倫理を守る善人で良い人!」

こんなのは逃げだ。現実を見れていない。

まるで加工なしじゃ写真を取れないJKのようだ。つまり、お前らはJKだ。

純資産一億円以上の富裕層ではないもの例外なく負け犬だ。

これは私見ではなく、資本主義社会ルールブックに記載されている事実だ。

現実直視するということは、虫眼鏡を通して太陽凝視するようなものだ。

下手したら失明してしまう。絶望して死んでしまう。

から大衆現実直視できない。これはとても残念なことだ。

少し考え方を変えるだけで、経済的成功者になるためのチケットが手に入るというのに。

巷ではホリエモンの多動力という本が流行っているようだが、あの本の内容は綺麗ごと過ぎる。

現代社会で大切な能力は多動力ではなく加害力だ。

自己中心的利己的で、人を人と思わずに使い潰せ、金を騙し取っても何ら罪悪感を抱かない共感能力の欠如した人間が勝者となる。

要はサイコパスだ。サイコパス現代社会では勝者となるのだ。

前述した能力に加えて、いざとなったら他人を殴り倒せる戦闘力筋トレ武道で身に着けておくと、なお良い。

心身共に加害力の高い人間になれば富を築き、幸福人生を送れる可能性が飛躍的に上昇する。


勘違いしている人が多いのだが、人格的に優れているか金持ちになるのではない。金持ちから人格的に優れているように見えるのだ。(いわゆるハロー効果ってやつだ)

金持ちになりさえすれば、質の高い有用情報や人脈、顔面偏差値の高い女、高級食材使用した高級料理、高級ブランドの服や時計、高級車、快適で広々とした部屋など、

世の中の快楽幸福に関するものなら何でも手に入る。

それだけではなく、札束をチラつかせれば大抵の人間は思い通りに出来る。人の心は金で買えるのだ。

以上を踏まえた上で君はどうする?

実名で書くと私の信用が地に落ちるため、匿名で書かせてもらった。参考になれば幸いだ。

2018-09-02

社長副業がバレ激怒。ちなみに社内規定では副業は認められている。

ただ今出張中のホテル社長上司出張なのだが、副業がバレた。

俺の副業はボディワーク系の教室運営している。開始する時は上司相談してみたのだが、上司副業は禁じてないし、就業時間外のプライベートに何をやっても自由からがんばれと言ってくれ、運営開始から約1年が経った。

うちの上司副業が上手く言っているか最近どういうことを教えているのかという話題になりちょっと動いて見せ、上司に軽く体験してもらっていた。俺がやっているボディワークは古武術系でハタ見ると技をかけているように見える。

それを社長に偶然見られた。うちの社長は元某武道選手還暦間近であるにもかかわらず、ムキムキのマッチョである。俺も一般人よりは筋量があるが社長と比べるとまったく大したことはない。

社長は「なんだそれは!?うさんくさい技やりやがって!」

上司かばうつもりで「彼は指導を認められるくらいの研究家で教えているんですよ」

と言うと「じゃあ俺に技をかけてみろ!」ということになったのだが、そもそも俺がやっているのは格闘技じゃないのでそう説明すると「言い訳はいいから早くやれ!」と怒鳴る社長

一応おれも格闘技経験者だが、社長に殴りかかるわけにもいかず困っていたら

「何もできねえじゃねえか!」と腹に一発パンチを入れてきた。もちろん効くほどではないが、

雰囲気は最悪に……

ほどなくして、今回の目的である取引先の会社社長から飲み誘いの電話があり、社長は出て行ったのだが去り際に「そんな胡散臭いことをやっているなら辞めろ。続けるならブチのめすぞ」と言われた。

そんな会社辞めてしまえということになるだろうが、家族とローンを抱えてそういうわけにはいかず、社長には以前の会社倒産した時に拾ってもらった恩もある。

2時間後に社長と顔を合わせることになるのだが、頭が痛い。

2018-08-12

現代日本で最強なのはサラリーマンでは?と思ったエピソード

部署飲み会解散になり家路につこうと、帰る方向が同じ先輩と一緒に駅に向かって歩いていた新入社員私。

この先輩、部署内で一番寡黙な男と誰もが認めるほど静かな方だったので並んで歩きながら「話がはずまないなあ…」と思いながらボーッとした。

そんなバカな私はこっちに向かって歩いてきた人と盛大にぶつかってしまった。

「あっ、すいませんでした!!」と咄嗟に謝り顔をあげると目の前にはタトゥー入りまくり筋肉ムキムキの某連合さながらの怖ーいお兄さんが。

タトゥーさんが放つ圧倒的な威圧感に半べそかきながらも

「(でも、こういう人ほど普段は優しいって聞いたことあるし……)」と自分に言い聞かせていたけど、

現実はそう甘くはなくメチャクチャ恐ろしい恫喝が飛んできて私は両足ガクガク……。

「(あーこれ私死んだわ)」と顔面蒼白でいると先輩がスッと近寄ってきて一言

「あっ、彼女に触らないほうがいいですよ?触った時点で暴行罪成立しまから。一応、お伝えしときますけど」

煽 っ て ど う す ん ね ん

先輩を見ながら絶句する私、怒りでみるみる顔を赤くするタトゥーさん。

そりゃそうだ。この先輩、ヒョロヒョロした色白でパッと見でもう喧嘩と無縁なタイプなのがわかるような人。

百戦錬磨の暴れん坊(推定)のタトゥーさんがプライドを傷つけられたとしても無理はない。

案の定、飄々とした態度を取る先輩に対してもメチャクチャに凄んで見せ、今にも掴みかからんばかりの勢いでブチ切れるタトゥーさん。

それでもこの先輩、一切怯える様子もなくポーカーフェイスでボーッと突っ立ってるままでいる。

先輩、ついに魂抜けちゃったのか!?

ことの行末を見守るしかない私。怒りのボルテージがどんどん上がっていくタトゥーさん。

さすがにこの頃にはもう周りを行き交う人たちが足を止めてざわつき出していた。

そしてついにタトゥーさんは先輩のネクタイを掴み上げた。

すると先輩は

「あっ、暴行罪成立ですねー。目撃者もいます警察呼びますねー」

ポケットからスマホを取り出し操作し始めた(この時も表情変わらず)。

唖然としている私を尻目に警察電話をかけようとする先輩。

するとなんとタトゥーさんは焦って足早に逃げて行ってしまった。  

緊張が解けて泣き出してしまった私を先輩は静かな場所に移動させ、泣き止むまで一緒にいてくれた。

ようやく気分が落ち着いた私が、どうしてあんな落ち着き払っていられたのか先輩に尋ねると(もしや武道格闘技の達人!?みたいな期待もあった)

「私さんね、この法治国家では無法は通らないんだよ。どんな大男でもどんな凶暴な人間でも法を破った瞬間に社会的制裁を受ける。

世の中の仕組みがそうなってるんだよ。警察も優秀だしね。

社会ルールを当たり前に守りながら生きてきた僕たちと違って、絡んできたあの男はルールを軽んじて生きている。自分から負けに行ってるようなもの。だから怖いなんて思わないよ」

と当然のことのように先輩は言ってのけた。

「まあルール範疇でやる気満々でこっちと闘ってくる競合他社や、こっちの生殺与奪を握ってる取引先のほうがサラリーマンの僕からしたら百倍恐ろしいね笑」

そう最後に付け加える先輩を見て、現代日本で最強なのはサラリーマンなのではないかと私は思った。

姉が帰ってくる。

姉の話をする

初めに、俺は姉と二人姉弟で、年齢差は3歳差だ。

俺たちは自営業の親のもとに生まれて、今は親父の仕事を俺が継いでいる(とはいえ親父もまだ現役である

田んぼに囲まれた片田舎で、通学はバス通学。

車はおろか車輪のつくものを持っていなければ街にもいけない。

近所の子供は両手に収まるくらいしかいない上に同級生は1人だけ。

そんな田舎で俺達は伸び伸びと成長した、と思う。

俺と姉は割と姉弟仲が良く、遊び相手としてはちょうど良かった。

姉はなんだかんだで弟である俺に甘く、喧嘩はすれど結局は譲ってくれることが多かった。

から俺も結構姉に甘えていたんだと思う。

ちなみに、反抗期対象は姉だった。

何かと姉の言動が鼻に付いたのだ。

姉は、弟の俺が言うのもなんだが、そんなに頭がいいわけでもなく(一緒に公文式をやっていた)、俺よりも字が汚く(同じ習字教室に通っていた)、俺よりも運動ができなかった(同じ武道をやっていた)。

言ってしまえば、姉が何かで表彰されるたびに、俺がその一段階上の賞をとってしまったり、身体能力を上回ったりした。

そして何より、姉は、ゲーム音痴だった。

から多分、当時の俺は見下していたのかもしれない。

姉の優しさに甘えて、姉の言動に一々噛み付いていた。

しかけてくる姉に、苛立ち、ドジをする姉に虫唾が走り、それでも朗らかに笑う姉にどうしようもなく腹が立った。

その頃の俺は中学生くらいで、生徒会をやったり、部活をやったりと忙しく駆け回っていた。

一方の姉はといえば、第一志望の高校に落ちて、県立の進学校へと通い、中学時代は学年10位以内をキープしていたのとは反対に、学年のワースト10から数えたほうが早いという堕落しきった学校生活だったのだ。

からそんな姉に、たぶん矛先が向いたのだろう。

そんな姉への反抗期は、俺が姉の落ちた高校に受かり、姉は短大へ進学したあたりで収まった。

気付けば、俺は高校サボりがちになり、姉は短大バイト自分で立ち上げたサークル活動と忙しく駆け回る。

まるで正反対だと思った。

姉は、本を読むのが幼い頃から好きで、小中高と多読ランキングに名を連ねており、姉が進んだ短大も、司書育成の短大だった。

そんな姉は今、東京にいる。

嫁さんをもらって、親父の仕事を継いで、地元に腰を据える俺と正反対に、独身の姉は東京派遣社員をしながら飲食店バイトをしている。

姉の部屋は色々あり、既に物理的に存在がなくなって、今は、年に一度、実家の手伝いに帰ってくる。

ばかで不器用で鈍い姉は、土産センスだけは、とても良い。

2018-08-09

武道武術熟達した人間

人の心が読めるようになるらしい。

古武道ちょっとかじった程度だけどなんとなくこれはわかる気がする。酷かった人付き合いが多少マシになった。

ネットだと演劇やってると人の心がわかるようになるって誰かが書いてたけど、これは試してないのでどうなんでしょうね。

2018-08-06

anond:20180806031544

昨今なぜだか幼少期に和の武道道場通いしてた若い女増えてるから

増田も反撃されて泣かないように気を付けろよ

キックオフミーティングで部下5名中4人が弓道だの剣道だのやってたのを初めて知った

中学高校の体育の授業で柔道受け身しかやってないおっさんより

2018-07-23

anond:20180723001424

話を単純にするため筋力と書いたが、より正確にスポーツへの適性と訂正する

とにかく、世の中には身体を動かす系がどうしても苦手な奴はいくらでもおるんや

そら体格が小さく筋力の小さい武道の達人もたまにはおるやろ、何万人かに1人は

俺が面識のあった日本拳法の有段者は「格闘技じゃ体重差が20kgあったらそんだけで勝敗は決まる」言うてた

2018-07-14

anond:20180713201353

校長来年から君にメイクの授業をしてもらいたいと思っている。教えられる人がいないので独学になるが頑張ってほしい」

教員「私は男ですしメイクなんてやったことがありません。家庭科先生に頼んでもらえませんか?」

校長「もう頼んだんだが…家庭科と保健・体育を兼任してもう手一杯だそうだ。それにもう50歳なので若い子のメイクは知らないということだ」

教員「……」

校長「新任・非常勤も考えたのだがどこも人手不足人員が確保できなかった。君は教師で唯一の20代だ。君しかいないんだ」

教員「……わかりました……」

  

一ヶ月後

教員校長メイクの授業ですが、男子にもやらせましょう。世の中は男女平等に動いています

校長「そう言ってくれると助かる。実は男子武道教員が確保できていなくて困っていたんだ」

  

10月

保護者A「うちの子友達女装してたんですけどどういう教育しているんですか!」

保護者B「うちの子女子用の服しか着なくなった!下着もですよ!」

保護者C「メイクの授業やる前はこんな事言わなかったんですよ!どうしてくれるんですか!」

保護者D「この女装ユーチューバーってメイク先生ですよね?なんでこんな人にやらせてるんですか?女の先生はいないんですか!?

校長「(どうしてこうなった……)」

2018-05-24

太ってる女性をどう表現すればよいのか?

男性場合は、「貫禄がある」とか「体格がいい」とか「何か武道やってましたか?」とかで太ってるとかデブかいストレート表現は避けられるし太ってること自体を(健康面はともかく)あまり気にしてない人が多いか問題ない。

しかし、女性に対して「貫禄がありますね」とか言ったら失礼な気がするんだよね。

そもそも女性に対して体格の話に触れなきゃいいってことなんだろうけど、あえて言うならば何かい表現があるだろうか。

2018-05-05

スポーツ政治を持ち込むなって建前なの?

世界卓球の件でモヤモヤしている。

スポーツ政治を持ち込むなってのは建前で、心の中では容認しろ歓迎しているんじゃないか

一度そういう目で見てしまうと、サッカーJリーグ地方別の戦(つまり戦国時代)のように見えてしまう。

球技武道陸上競技は国別の対抗戦のイメージが強く、政治色を感じやすい。

採点競技についても同様。知識のない人が見るとどういうルール基準で採点されるのか不透明で、不信に思うことも多々ある。

一方、eスポーツではあまり感じない。発展途上というのもあるだろうが、年配者が少なく若者が多いからだろうか。純粋プレーヤーも観客も競技を楽しんでいるように思う。

今後どうなるかわからないが。

はぁメディアが悪いよメディアが。

2018-04-17

anond:20180416110619

いやいや、助け舟来てるよ。まずは精神科医の言う通り武道でもやって心身鍛えてみろよ。武道じゃなくて格闘技でも球技でも筋トレでもランニングでもいい、ちゃん身体鍛えてみろって話よ。要するに運動不足をまず改善すれば精神状態も変わるよって事なんだよ。助言を素直に聞かずに嘆くから甘えてんなと一喝喰らうんだよ。

2018-04-16

悲鳴を上げるのにも才能が要るということ(追記 #1)


増田人生の悩みを打ち明けても、ブクマトラバに助けられる人ばかりではない。
多くの場合無視か、正論で殴りつけて日々の憂さ晴らしに使われるだけだ。

匿名で面識のない人を親切にも救おうとする人は少ない。
それでも救いたくなるとすれば、その悲鳴に聞き覚えがあったからだと思う。
きっと、たまたま過去自分や大切な人の叫び声に似た周波数だったのだ。
私も自分に合う悲鳴を耳にした時は、わざわざ長文で応えてしまったりもする。
他人様にアドバイスできるほど自分人生はうまくいっていないくせに。

このあいだ、増田悲鳴を上げた。
もう生きていられないと思って、
どうせ死ぬのなら最後に何か書き残そうと思いついて、
自分の状況や何がどう苦しいのかを書き殴った。
もう消してしまったけれど、吐瀉物のようで見るに堪えなかっただろう。

結果、数行のトラバで2発殴られた。
「甘え」「自己責任」「さっさと死ね
よくある内容だ。自分でもそう思う。
ブクマはなく、プリントアウトを勧められ、ログの深くに沈んでいった。
それ以上の声をあげることはできなかった。

しばらく前に精神科に行った時も同じだった。
対面で話すと匿名文章みたいに心の内を明かしきることができないから、
ずっとヘラヘラと笑いながら、他人事のように語ったと思う。

「こうなっちゃうんですよ、あはは
 こうしなきゃいけないのはわかってます、でもだめなんですよ、
 やっぱ自分発達障害か何かなんですかねえ?あははは。」

精神科として助けられることはない、と伝えられた。
武道でもやって心身を鍛え直してみては、と諭された。
渡された薬は特に効かず、3ヶ月でやめてしまった。

そういえば診察の席で、
過呼吸おかしくなって通勤電車から逃げ出したのを言いそびれてた。
自責の念に襲われて職場トイレシャープペンシルを腕に突き刺していたことも。

こんなことを繰り返すうち、自分には助けを求める才能がないのだと悟った。
本当に助けが必要とき、なりふり構っていられない状態では、
他人のことを考えないめちゃくちゃな文章になってしまうはずだ。
そんな状態でも誰かの心を射抜けてしまう、鋭い周波数文章が出せるということ。
悲鳴を上げる才能ってそういうことだ。

私にはそんな才能がないから、こういう取り繕った文章を作ってしまう。
自分増田で運良くブクマが伸びたケースは
自分語りをせずに最後まで取り繕えた文章ばかりだ。
悲鳴なんて伝わらないものだ、そう考えている。

結局プライドが高いのが悪い。
ネットでもなりふり構わず全てぶちまければいいのに、
下手にバズって過去の知人に知られたらだとか、
どうせ笑い物になるだけだとか、そうやってうやむやにしてしまう。
5chで相談できなくなったのも、増田で具体的な話ができないのも、
頭が悪い上に臆病なせいだろう。

いくら悲鳴でも、読みやす文章、伝わりやすい話し方でないと人は動かない。
構成をきれいにまとめて、小粋なレトリックを添えて、
読む人の共感を誘うように書かなければ助けは来ない。
でも、そんな風に整理できる状態なら、そもそも苦しんではいないはずだ。

から悲鳴を口の中で噛み潰してしまう。
噛み潰して飲み込むことに慣れてしまう。
そうしていずれ死んでいく未来がいつも網膜に小さく張り付いていて、
どれだけ顔を洗っても剥がせない。
崖へと続くトロッコに乗っていて、降りることができない。
いずれ落ちていく。

でも今日はまだ死なずにいられる。
今のうちに、悲鳴を上げるのが下手な人について残しておこうと思った。
いつか自分が他の誰かの悲鳴を聞き逃してしまわないように。

追記(2018年04月18日 00:51)


皆さん、聞いてくれて本当にありがとうございます
返信+αを作っていたのですが、
長くなりそうなので後ほど別記事にて失礼いたします。

まずお伝えしたいのは、今の私は大丈夫で、
この増田自体悲鳴ではないということです。
境遇自体はそれほど変わりないですが、気の持ちようとして堪えられる範囲です。
これは悲鳴ではなくどうにか取り繕いきれた方の文章です。
心配をかけてしまった皆さん、本当にごめんなさい。

また、主に時系列でいくつかフェイクを入れていました。
件の精神科には当時のつらさを箇条書きで書き殴ったメモ印刷して持ち込みました。
その上で「あなたが何をうちに求めているのか分からない」との回答を頂いております
(次の増田で後述しますが、メモの時点で不十分だったはずです)

医者に甘えられる問題ではない、自力でなんとかするしかない。
そう痛感して、今のところ平均して当時よりはマシな状態になっています

また、処方されたのはサインバルタでしたが
「しいていえばこの新薬だが、
 あなた状態が劇的によくなる薬などない」
と伝えられて、私自身もそうだろうなと感じております

喉が弱い体質のせいか飲む度に軽い吐き気があり、
その副作用の割に当時の症状の改善は見られなかったので、
自分の気の持ちようで生まれ変わるしかないと考えて、
通院をやめて現在に至っております

元増田は、伝わってほしくて、でも伝わらないだろうなと諦めてて、
それでもせめて未来自分を救えるようにと書き残したものだったので、
望外なほど通じてくれたことが純粋にありがたいです。
まずはこの感謝を伝えさせてください。

2018-04-04

anond:20180404095317

とある武道には「半眼」という概念があって、要するに視線を動かさずに視野の隅から情報を得るという手法なんだが、これがチラ見に役に立つんだ。

2018-03-29

男女問題での腕力

未だに男女の問題で「腕力」を持ち出すやつ、頭悪すぎ。

男は全員武道の達人とでも思ってんの?

私はセガールじゃないぞ。

吉田沙保里とかそういうレアケースを持ち出すまでもなく、女性より弱い男性もいるのだ。

腕力あるのが男性の標準ではない。

そもそも、これまでの人生で何回腕力振るうことがあった?

中学までならいざ知らず、社会人になってから使うことなんて全くない。


使いも使えもしない、望んでもいない「腕力」を持ち出されて一方的被害者ヅラされる、

これはもう男性に対する「暴力」ですよね。都合よすぎ。

女性が好きな言い方なら「ハラスメント」。

望んでない「腕力」にかこつけて、女性専用車両を通したり「守られたい」を押し通す女性は、

全員「ハラスメント加害者」。

というわけで、#metoo

2018-03-24

anond:20180323162850

必要かどうかじゃなくて、日本文化の一つとして維持する価値はあると思うよ。

歌舞伎とか、茶道とか、武道とかと同じ伝統文化だよ。

おれ自身天皇信者じゃないし、

途切れることなく二千年続く血筋とか信じてないけど、

「二千年続く本物の皇族」という体裁日本看板の一つとして維持する価値はあると思ってる。

2018-03-13

スポーツ健全精神を育む、というのは大きな嘘

相撲野球サッカーボクシング武道・・・選手ファン管理協会学生教師もくだらない問題起こしてばっかりだな?

いつまでも効率精神論根性論が幅を利かせるし。スポーツ新聞なんか低俗の極みだけど、なんだあれ。

 

競技事が駄目なんかな。

個人技で黙々と鍛えるみたいなのはあんまり健全な話を聞かない気がするが。

2018-03-05

何で金玉潰す技は発達してないのだろう

ラオウでも金玉攻撃されたら悶絶するだろうし、サウザーでも玉を潰して怯んだ所で首でも切れば勝てるのに何で狙わないのだろう。

拷問金玉を狙うのが一番手っ取り早いのでは。

金玉潰しに特化した武器武道が無いのも不思議だ。

2018-01-26

https://anond.hatelabo.jp/20180126113447

もし女だけの町があったとすれば、犯罪が激減するのは間違いないね

これは犯罪者の9割が男だからではなくて、男だけの町でも同じこと。

犯罪が「強い者が弱い者を襲う」ものである以上、女-女の関係や、男-男の関係では発生しにくく、男-女の関係で発生しやすいから。

女は腕力重要性を軽視しすぎている。そういうと女はすぐに「原始時代かよ」と嘲笑するけど、犯罪者原始時代文明もあるまい?

弱肉強食、ただそれだけのこと。

普通に考えればこれを是正するには、女が物理的な防衛能力を拡充させて抑止力を強化する以外にないのは分かり切った話。

なぜ被害者である女が努力しなければならないのかと女はすぐに言うけれど、被害者からしなければならないのではなくて、弱いから強くならなければならないのだ。

それで言うならば被害者である女でもなければ、加害者である犯罪者でもない圧倒的多数の男にとっては、なおのこと自分たちには関係が無い話である

てめえの無能のせいで関係のない俺たちを巻き込むなよ、というのが大多数の男の言い分であり、本音である

そもそも仮に本当に女だけの町があったとしよう。

犯罪者からすれば格好の標的である。入り込みさえすれば、通常の町のように、男たちから嬲り殺される危険性も少ない。

女だけの町があったとして、女だけの町が存続するためには外敵や侵入者から防衛する機能必要で、それは結局、外部の腕力、つまり原始的な男の暴力」に依存するしかない。

本当の意味で、男たちを滅ぼさない限り女だけのユートピアなんてものはあり得ないし、いざ殺し合いになれば男は片手で女を制圧できるし奴隷化もできる。

それをしていないのは、大多数の男たちの理性と人間性によるのであって、女はつまるところ、この大多数の男たちに守られている存在に過ぎない。

その保護者である大多数の男たちに喧嘩を売っている時点で、親に憎まれ口をたたいている中学二年生並みの未熟さが露呈するのだ。

男たちはその未熟さを指摘し、嫌悪しているに過ぎない。

本当の意味で一人前と扱われたいならば、マーシャルアーツを必修化して、抑止力を強化するしかない。

これは男内部でもよくあることなのだ。

アメリカ高校でどうしてアジア系男子はかなりの割合で、費用時間を潰して格闘技を習っているのか、その理由を女は少しでも考えたことがあるのだろうか。

抑止力重要性を言えばフェミニストは、「毛むくじゃらの熊男に日本人の優男が蹂躙されても受け入れるってことだよね?」とか頓珍漢なことを言うが、まさにそれが嫌だから武道を習うのだ。

むろん熊男も武道を習う可能性もあるし、いざ殺し合いになれば体格に劣るアジア系は勝てないかもしれない。でも、殺される前に相手の腕一本くらいは持っていく。

その気概があるから抑止力になって「犯罪被害者にならないで済む平和」が担保されるのだ。熊男だって腕の一本も持っていかれるのは嫌だからだ。

成績が悪ければ、成績がいい者たちを批判しても始まらないだろう?

自費で、学習塾に通って成績を上げるしかない。

それとまったく同じことだ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん