「訃報」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 訃報とは

2019-07-18

特に付き合いのなかった人の訃報に反応してお悔やみツイートするの、どういう動機なんだ?

ただの自己表現

2019-07-15

中年ロリコンジャニーさんについて語る

三連休の最終日であるし、書きたいトピックの旬も程よく過ぎ去った気がするから

どさくさに紛れてネットの海に恨みを放流する。気づいてくれた人だけ見てくれ。

先日、ジャニー喜多川氏の死去が報道された。

個人的に今までジャニーズアイドルを追っかけていたわけではないけれど、

テレビに勢いがあったひと昔前まで、お茶の間でおなじみとなるアイドル冠番組を見たことがある身としてはそれなりに驚いた。

テレビ黄金からアイドル定義を拡げるような才能を発掘してきたジャニーさんの目は確かなんだろうと思う。

(※個人的にはマネージャーの育成努力が一番重要だと思うが。)

まぁ、改まって書くと仰々しいが、自分としてはジャニーズ特別思い入れは無く、

いくらでもある著名人訃報の1つとしてニュースを消化した。

…それだけのつもりだった。

訃報を知った翌日、ツイッター何気なく見ていると下記の記事RTされていた。

ジャニー喜多川氏、87歳で死去 男性アイドル市場で長年圧倒」https://www.bbc.com/japanese/48932441


記事タイトルは数ある訃報の1つでしかないように思えるが、

私はこの記事で初めてジャニー氏の性的虐待過去を知った。最高裁判所にも事実認定されている。

今回ジャニー氏の虐待に触れた訃報記事BBCのものしか見当たらない。

虐待をした事実が認められているにも関わらず、なぜ死ぬまでバッシングが続かず放置されていたのか。

そういう真っ当な怒りとともに、直接ジャニー氏とは関係ないが個人的な恨みが胸の中からふつふつと湧きあがった。

いきなりだが、私はロリコンだ。

本当はロリコンなんていう、大衆化され、スティグマを負わされた、政治的に正しくない呼称は使いたくないけれど、

一番分かりやすいからそう書いた。

もちろん現実に法を犯したことはないし、児童ポルノをやり取りしたこともない。

ただただ、今は新規発売が限りなく規制された"その手の人が喜ぶアイドルDVD"を鑑賞し、ネットで"同士"と繋がっていた。

将来が見えない日常を過ごす中で、"同士たち"とはかつての美少女アイドルを画面越しに一緒に楽しむとともに、

自分たちはたとえLGBTへの理解が進んだ社会であっても死ぬまで理解されることは無いという悲しみを共有していた。

"同士"と繋がり、美少女を語らうことは救いになる。

自分は1人の単なる犯罪予備軍ではなく、ごまかしながらもなんとか平和に生きていけるんではないか

SNSで同士と繋がってからそう思えるようになった。絶対的マイノリティ孤独癒してくれた。

数か月前、スマホで「アイドル趣味用」のツイッターアカウントを開いたら、凍結されていた。

理由は分からない。

児童ポルノなんて一度もやり取りしたことはなかった。しょうがないと淡々と凍結の異議申し立てをしたが、

運営側からは「規約違反だ。具体的にどの規約が該当するかは回答できない。」などとふざけた回答が来た。

数年間続いた同士との交流はあっけなく潰えた。

アカウント新規作成しようとしたが、凍結されたアカウントには携帯番号が紐づいていたため、

新規作成はできなかった(最近アカウント作成後に携帯番号の認証を求められるらしい)

私はツイッターで作った繋がりを取り戻すのを諦めた。しばらくは何もしたくなかった。

市場に出回っているアイドル画像(もちろん法に触れていない)を収集をしているだけのアカウントが凍結されがちなことは理不尽しかないと思っていた。

まさかそれが自分に降りかかるとは思っていなかった。

少女愛好家なら一度は思ったことがあるかもしれないが、他に潰すべき巨悪がいるだろうという気がしてならない。

そういう思いを少し前から抱いているときに、ジャニー氏の訃報を聞いた。

「なぜ、ジャニーズファン性的虐待のことを知らないんだろう?」

そう思っていると、テリー伊藤ジャニー氏の訃報を伝える番組の中で「ジャニーズライブに来る女性は顔しか見てない」と発言して

ジャニーズファンがプンプン怒っていた。

どういう文脈での発言だったかというと、ジャニーズアイドル舞台ライブ演出は故ジャニー氏も非常に拘っていて

見ごたえがあり、男性でも楽しめるよ!ということらしい。今更だが余計なことを言うおっさんである

ファンの大多数である女性たちは「女性でも舞台演出は分かります!」などと怒っていた。

一般人間から言わせてもらうと、ファンなら老害タレントよりも怒りをぶつけるべき事柄があるだろうという感想しかない。

私たちアイドルステージを丸ごと楽しんでます!」などと女性ファンは怒っているけど、

小児性愛者で性的虐待をした事実最高裁で認められているジャニーさん過去は知らない。またはスルーしていることが全く理解できない。

ファンの間でジャニーさんジャニタレ夜這いしてあんなことやこんなことをするのは常識なのだろうか?

そちらの方がよほど怒るべきことなんじゃないのか???

なんというか、見てる世界があまりにも違うんだなという印象を持った。

普通グラドルと変わらないようなジュニアアイドル画像収集するSNSアカウントは、通報されたり凍結されたりする。

ジュニアアイドルDVDはむやみやたらに自主規制がかけられ、新作発売が殆どなくなった。ノイジーフェミニスト団体政権表現規制のためだ。

翻って、巨悪であるアイドルグループのドン性接待は厳然として存在し、おそらく当事者死ぬまでそれらは看過され続け、

気持ちの悪い見た目の犯罪者予備軍としてロリコンだけはスケープゴートにされたままだ。



どれだけ"お前ら"は不感症なんだ?

こっちがどんな思いで生きているか知っているのか。

犯罪なんかする気もなく生きているのに迫害され続けて、異性に報われることも存在を認められることもなく、

ただただ"お前ら"のために税金を払って、慎ましく生きて・・・

本当に、いい加減にしろ

ジャニヲタから見たジャニーさん

はてブコメントだとほとんど性的虐待についての事ばかりで、「ジャニヲタはどういう気持ち応援してるわけ?」みたいなものも多かったので、書いてみる。

たまにジャニ関連記事が上がっているとチェックするが、ほとんどジャニーズには全く興味がないかアンチ気味の人のコメントばかりで「わかってないなあ」と常に思っていた。

多いのが「ジャニーズはSMAPTOKIOしかわからん」的なもの

これって今流行ってるアニメ関連の記事に「アニメガンダムトトロしかわからんからなあ。最近のは駄作しかないだろ。」とコメントするようなものだよ。

でも死去のニュースヒステリック犯罪者!とコメント付けてるのは、アンチフェミ的な人が多いのかな?違ってたらすいません。

 

話が逸れたのでジャニーさんについて。

彼がゲイなのはもちろん知ってる。過去暴露本が出た事も、裁判になった事も知っている。

ジャニーさんが若い頃はセクハラ的な事もあったのかもしれない。

でも少なくとも暴露本を出され、合宿所がなくなってからはないんじゃないの?というのが私の推測。

(ちなみに合宿所にいたのはV6くらいが最後世代か?)

 

あの暴露本も金に困った北公次村西とおるにそそのかされて書いたものだし、よくサイゾー引用してる生々しい描写無名ジュニアのものなど、かなり眉唾だと思ってる。

なぜそんな風に思えるかって?現ジャニーズ、元ジャニーズジャニーさん話を常によく聞いてたから。

今回の訃報に際しても色んな人がコメントを出していたが、事務所を辞めた人達も皆一様にジャニーさんを慕っていたのがわかる。

圧力で言わされてるんだろうと思うかもだけど、みんなそんなおとなしいタマじゃないよw

嫌だったらとっとと辞めてるし、告発もしてると思う。

岡本健一植草克秀森進一京本政樹など息子をジャニーズに入れている人もたくさんいる。

40年も50年も昔の事は全くの潔白とは言わないが、少なくとも平成に入ってから暴露本のような性的虐待日常的に行われていたとは思えない。

昔の話なら許せるのかー!と言われても、実際問題被害者の話を聞いてないから何とも言えない。

 

自担アラサーデビュー組だが、嵐より下くらいの世代は皆ジャニーさんが関わるのはデビューの頃まで。

特にここ10年くらいは「ヒロムはショタしか興味ないから」がジャニヲタ共通認識だったかと。

入れ替わり立ち代わりお気に入りジュニアゴリ押しされていたけど、枕的なのじゃなくもう「孫目線」なのかなーという感じ。

おじいちゃんのトンチキワールドに付き合わされる今どきの中高生、おつかれっす!と生暖かく見守っていたw

(多分みんなEDMとかかっこいいのやりたいのに美空ひばりとか歌わされる)

5年前は「ジャニーさんにもしもの事があったら終わりだろ」と思っていたけど、SMAP騒動以降色んな事があって、ジャニーさんもここ最近はすっかり隠居モードだった。

ジュリーへの世代交代も結構進んでるようなので今はそこまで心配してないかも。

ちなみにタッキージュニア管轄を引き継いだだけなので、デビュー組の仕事には全く関係ないです。

あとアンチジャニ媒体にやたら無能扱いされているジュリーだけど、嵐や関ジャニをここまで大きくしたのは彼女からね。

飯島さんはSMAPだけやってた人。

その辺りも誤解が酷くてなんだかなあと思っている。

2019-07-11

anond:20190711182357

ジャニー暴露本を出した人とかも

ジャニーを恨んでないどころか

今回の訃報に際してこれまでの感謝を表明してんのな。

どういうあれなの? 

ジャニヲタから見たジャニー喜多川性犯罪

5年前ぐらいまで頭おかしジャニヲタだった者です。訃報話題になっているので、当時ジャニヲタとしてどう考えてたかなーと思い返してみた。

こんな感じで、自己矛盾自然に同居してる状態で安定していました。

ここまで書いて思ったが、好きなタレント世代によって捉え方はすごく変わるのかもしれない。じいさんも流石にここ1020年ぐらいは精力尽き果てていたのだろうし…

とにかく、今でも大概のジャニヲタはこんな感覚なんじゃないかなと思います

タレントの口から聞くジャニーさんネタ、全部面白かったです。青春しませてもらいました。ご冥福をお祈りします

2019-07-10

社長訃報に際し

「~ということがあったので簡単に悼むことは出来ない」とかはてブに書いている人がいるけど、

人が亡くなったのにお悔やみの一言も言えない人ってなんなの?しかソースは怪しいネット記事

まぁそりゃ公式には認めないだろうし、忖度して大手メディアは書かないだろうけど。

2019-06-06

通夜に喪服で行くのはマナー違反

何故なら葬儀ならともかく、通夜訃報を聞いて急いで駆けつけるものなので

そこに普段着ることのない喪服を着ていくのは「もうすぐ死ぬと思ってたのであらかじて準備しておきました」となるので非常に失礼

なので通夜に行く際は喪服の準備をしている暇があるなら、急いで銀行にでも行って香典用の新札を用意するべきなのである

2019-05-07

anond:20190507003634

訃報は何人かいるし

報告してないだけで死んでる人もいるのでは

2019-05-06

ばーーかと言いたい話

ラインで友人の訃報を聞いた。

いきなりすぎて今でも信じられない。

その事実を受け入れた瞬間、すべてが過去になるから受け入れられない、みたいな屁理屈をこねている。

だってもう死ぬまで会えないとか全然信じられない。こーやってぐちゃぐちゃ言ってたら、おーごめん、そんなに心配かけた?とか平気でメッセージ送ってきそう。

だってついさっきまでそこにいたし。ちょっと長い旅に出てるだけで。携帯水没させたとかなんかで連絡取れないだけで。

ふだんべつにいつもその人のことを考えたりしてない。むしろまったく。(ごめん)

たまに会う時、連絡する時、フェイスブックで見かける時とかそのくらい。

からこんなに考えてる今が、おかしい。

でも、他のことも全然考えるし普通に笑えるしごはんも食べれるし夜も寝れる。テレビ面白いラインだって返せる。

私の日常にはほとんどなんの支障もない。

から。考えるだけ考えて、悼んだら忘れちゃう。それが嫌だから認めて過去のことにしたくない。

過去のことだいたい覚えてられないもん。もう会えなくなる君のことをいつまでもちゃんと覚えてられないと思う、私のちっぽけな脳みそと心じゃ。だってそういう冷たい人間だもん。薄情な友人でごめん。

でも勝手だけどいきなりいなくなった君に責任があると思ってる。いなくならないで欲しかった。おじさんになってお腹出てハゲたりしていくのを見るもんだと思ってた。結婚してこどもの話とかしたりさ。たまーに会って仕事愚痴とか言って、俺はこう思うよとかさ、まじめに言ってくれたり。バカなことして周りを笑かしたりしてるのを、しょーもないなって笑いながら見てるはずだった。

ずっとそこにいると思ってたから、ただただわがまま言ったり愚痴言ったり振り回したりとかしかしてない。

思い出すのはいつも私が自分勝手なことしてるときそばにいてくれたこと。

不安な時自己嫌悪に陥りまくってる時、無理すんなよとか頑張れ!とか俺は信じてるよ、とかいつもどストレートに言ってくれた。私はただただ自分のことしか考えてなかったけど。そんで、照れ隠しで、いつもまともに受け止めることすらできなかったけど。ありがとう、とか、どれだけ助けてもらったか、嬉しかたかとかちゃんと伝えたこと一度でもあっただろうか。

結局今もなんでかわからない、全然理由も聞かなかったけど、いつも気にかけてくれていたと思う。

適当なやつに見えて、めちゃめちゃ懐が深くて、人に優しくて。案外かなり面倒見が良くて。どんな人でも、なんだかんだまっすぐ向き合ってて。結構いいやつだった、一本筋が通ってて結構かっこよかったの、本当は知ってたのに。面と向かったときは、からかうようなことしか言えなかった気がする。

付き合わない?って言われた時、なんか意味不明理屈をつけて、ばっさり断ったことがある。

あの時私はそれがお互いのためだと思った。

自分に向けられる好意に戸惑って、調子に乗って、自分が良いように利用する姿しか思いつかなかった。付き合ったりしたら自分が嫌な人間になると思った。好きかどうかわかんなかったけど気になる人もいた。

今でもたぶん出す結論は変わらないけど、それを言ってくれた彼にそもそもちゃんと向き合えてはいなかったんじゃないかと今は思う。自分の恥ずかしさいたたまれなさとか謎のプライドが勝ってて、真正から気持ちを聞けてなかったんじゃないか。そのあとも、ずっと気づかないふりしたり、向けられてる優しさも誤魔化してはぐらかしたり乱暴な言い方したり。

ずいぶん前のことだから今は付き合ってる人とか好きな人がいたかもしれない。そのあと、付き合っている人がいたのは聞いたし。

でもだからと言って切り捨てたり、気にかかるのをやめたりはしてなかったんじゃないかな。自意識過剰上等。

そう考えてみると、ほんと、実は甘えまくってるよな、としか思えない。

なにひとつ返せてないよ。そもそも返すつもりも、こんなことになるまでなかったけど。

なんかよかったところしか思い出せないのも癪にさわる。

べつに聖人君子でもなんでもなく、普通の生身のただの男の子だったのに。

もっとダメなとこ迷惑かけられたこと思い出すでしょ、ふつう、生きてる人間なら。美化してしまってるとしたら、もう会えないことを認めてるからなんじゃないのか。

恋愛的な意味で好きだったわけではないと思う。でも別に好きな人とか友人とかそういうカテゴリ以前に、君の場所にいれるのは君しかいなかった。しいて言うなら、めちゃくちゃしても最後まで味方してくれる戦友、感情表現が苦手な私が下手くそに甘えられる人、というか。本当、都合のいいことばっかり言ってて自分が嫌になるけど。

あーー生きててお互いもっといろいろあって、そんな過去ことなんてうわーそんなことあったよな、なんでそんなこと言ったかもはや思い出せないわとか言えるくらい風化してどうでもいいことになっててほしかった。むしろお前そんなん気にしてたのかよ、意識しすぎ、今俺めちゃめちゃ好きな人いるし、くらい上から目線で言われるくらいでよかった。

こうやって整理することですっきりなんかしたくない。穴を埋めたりなんかしたくない。

でも吐き出さないとこの複雑な気持ちごと忘れてしまいそうだ。ほんと、薄情な人間すぎるな。

ばーーーか。

早く帰ってこいよ。聞きたいこと話したいことたくさんあったのに。良い話なんかにしたくないんだこっちは。

2019-04-26

小出義雄氏が訃報をきいて

晩節を汚しちゃって残念だったなー」と思ったけど、その後のニュース全然聞かないので、何かと間違っていたみたい。

きっと同じことを思った方もたくさんいらっしゃると思いますが、そんな事件なかったですよ。何と間違えていたんでしょうね。

冥福をお祈りいたします。

2019-04-19

Avicii一周忌に寄せて

Aviciiを初めて知ったのは、アルバムTrue」が発売されて半年後くらいだったと思う。きっかけは、Twitterフォローしていた誰かの呟きだった。Aviciiに関するニュースだった気がするけど、詳しいことは覚えてない。

でも、YouTubeでWake Me Upを初めて聴いたときの衝撃は、今でも鮮明に思い出せる。これまでの概念が完全に崩れた瞬間だった。EDMに似つかわしくないカントリー調の演奏、どうしたって印象に残る力強い歌声と、一度聴いたら離れられない旋律。その全てが初めて経験する音楽だった。

とにかく率直に思ったのは、こんな音楽とまだ出会えるのか、ということ。これでも一応30年近く生きてきて、大抵の音楽は知ったつもりでいた。もう音楽で心を揺さぶられることなんてない。明確に決めつけたつもりはなかったけど、無意識に、でも確実に諦めていたと思う。

からAviciiファンになるのは、曲が終わるよりも早かった。むしろ遅すぎたくらい。Wake Me Upをきっかけにリリースされた曲は全て、何百何千と聴いた。特にAvīci (01)」は新婚旅行で行ったモルディブで一晩中流して、今でも聴くと必ずあの美しいエメラルドブルーの海が蘇る、妻との思い出のアルバムとなった。

***

Avicii引退すると聞いたとき、そしてその理由があまり前向きな理由ではないと知ったときは寂しかった。でも、今振り返るとそれは大したことではなかったように思う。昔ほど精力的ではないにせよ活動はしているようだったし、不意打ちのようなタイミングで発表されるリリースは嬉しくもあった。

ただ、突然の訃報はそんな細やかな楽しみも全て打ち消した。確か休日の朝だった。眠気が一瞬で覚めて、大声をあげて飛び起きたのを覚えている。でも、心のどこかでこれは現実だと冷静に受け止める自分がいて、驚きは波のように引けていった。その後はただただ悲しみだけが満ち溢れた。

今でもこの悲しみを表現する言葉が見つからない。

***

今でもあなたのことを思うと何も考えられなくなる。偉大な才能だったのに。大切な存在だったのに。なぜ多くの人にとって希望だったあなたが、この世から場所を失う必要があったのか。もしこれまでの作品が、あなた尊い命を削ることで生み出されたものだとしたら、私はそれを聴く権利があるのだろうか。正直分からない。

ただ確かなことは、私含め残された者はあなたのいない世界を生きていくしかない。そのとき、きっとあなたが残してくれた作品人生の大きな支えになるということ。これまでも、仕事で辛かったとき人間関係で悩んでいたとき、「Wake Me Up」がどれほど心強く響いたか。どれほど勇気付けられたことか。

あなたのおかげで、また前を向いて頑張ろうと思えた。その事実は決して否定できないし、きっとこの先も変わらない。だから私は、あなたが投げ出してしまたこ世界を、あなた作品と共に生きていきたいと願う。

Avicii、今までずっとありがとう。これからもどうか、安らかな眠りが続くことを心から祈って。

2019-04-17

好きなミュージシャンが亡くなった。

好きなミュージシャンの一人が亡くなった。

ツアー中止が発表されてそれっきり2、3日アナウンスが無かったので何が起こってんだと気にしていていたらボーカルが亡くなったことが発表された。

はいずれ死ぬ

テレビ有名人が亡くなろうがいつも思うことは一緒だったけど、今回は違った。

公式サイト訃報文章を読んだ時、信じる信じないとかではなくハテナマークが頭を埋め尽くした。

亡くなった。ただそれだけのことを理解するだけでいいはずなのに、文章を読み返してもなかなか脳が情報を処理できずにいた。

グランドセフトオートサンアンドレアス主人公カールジョンソンが母の訃報を聞き故郷に帰って母親写真を見たときに似てる。なぜかそんなことを思った。

凄いバンドだった。

時代を先取るとか懐かしむとかではなく、そのバンドが一つの音楽ジャンルとして存在しているようだった。

最近出したアルバムはこれまでの音源と桁違いに良くて寝る前に毎晩聞いていた。

こんな凄い音楽を作れるなんてと一人で勝手に感動してはこれからもっと凄い音楽を聴かせてくれるんだろうと勝手に期待していた。

亡くなってから一週間くらいは「死にかけました」とか「実は生きてました」とか言ってまた活動が始まるんじゃない?なんて考えては、でもそれだとあまり不謹慎すぎるから上手いことやってくれよな。なんて考えたりもした。

Twitterを見ればまだ体温があるように感じるし、なんだかんだ曲作ってんじゃないかななんて思っていた。

あれから10日余り経った。

思うのは、 バンド音源聴くたびに「でももういないんだな・・・」くらいだ。

時間というのは人それぞれ差はあれどそういうものなんだろうと思う。

ずっと覚えていられるだろうか、こんなに凄いバンドがいることを。忘れないうちにいまの感覚を残しておこうと思った。

2019-04-12

うちの代表 有給取得の云々

早く死んでほしい。たぶんあいつの訃報を聞いて0.2秒でナイスゥー!っていう自信ある。

有給取得5日云々って他の会社どうしてるんだろう。

うちはこれまであった夏季休暇を有給に置き換えるっていう方向性で話をしていたんだが

いきなりそれを一般社員に周知してもいろいろ問題あるし

というか、労使協定をまず変えないといけないっていう認識だったか

あれこれ議論してやってて

んで、結果的代表者シニアマネージャー間の会議確認し決定する事がある

という認識でいた。

うちの会社

代表者シニアマネージャー で行われる会議

そこで決定した事項を実際どうするかみたいな事を実務者レベルで話あう会議

2種類あるんだが

とにかく代表者シニアマネージャー間の会議が糞なんだ。

ただ代表者の良くわからん考えや思いつきをそっくりそのまま実務者会議おろしてきやがる。

挙げ句自分達が言ってるんじゃなくて代表者が言ってるから…」みたいな事も言ってきやがる。

お前らの役目はなんだ。そんなんでまとめてるつもりか。

そんな半端なもんが降りてくるから、実務者会議でまた揉める。

基本的に目立ちたくもないし、音頭をとるような事しても別になんのメリットもないからやりたくは無い。

でもあまり悲惨な内容に、社会人としてそれは見逃せない。

こんな生卵みたいなレベルの話を下の社員に落としていいわけ無いだろうと。

んで、そんな生卵必死に半熟ぐらいには固めていくんだが

最終的にその半熟が、やっぱり代表者シニアマネージャーで決めたり確認しないといけない

そうしないとかたゆで卵には絶対ならない

っていうのが見えてくんだよ。

んで、実務者レベル会議で、シニアマネージャー達に投げ返すんだ。

「これが問題から決めてくれ。そうしないと次に行かない」

そこまでやって返すんだ。


今回の有給取得義務化の件もそうだった。

これは社労士意見を交えて、「確かな方向性」を決めた上じゃないと、下のメンバーには落とせない。

有給というデリケート問題から、後々大変な事にならないよう、コンセンサスを取っていくことが重要だ。

そういった事で返したつもりなのに

そのやりとりをグループウェア上で見ていた代表者

自分が決めた方向性にまた何か文句を言っているマネージャー達がいる」

という被害妄想をしてきやがる。

んで、本件がまとまらない事をマネージャー達のせいにしてきやがった。

『7つの会議』で社長が部下に責任なすりつけるシーンがあったが、まさかあのレベルなすりつけをされるとは思わなんだ。

もっとマネージャー達がしっかり話すべきだ」

とか抜かして来やがった。

から、お前らがテキトーに投げてきたやつの問題点を洗って、一番最短、かつ違法で無く、各社員達が受け入れられる案を

考えて、それらを実務者間でコンセンサスを取って、最終確認をてめぇに投げてたんじゃねーかボケッが!!

しかも結局話しの内容は実務者マネージャーが出した内容を

あいつが、それらしく自分が言った風に言っただけじゃねーか。

おい、その案は3週前の会議で、マネージャーが出して、お前に投げてたやつだぞ。

それをお前は勘違いして『批判されている』と思い込み、ぐっちゃぐちゃにしたんたぞ。

ここまでなったのに、シニアマネージャー達はだんまりを決め込んでやがった。

本当に何なんだよ。意味がわかんなすぎて、俺もまとめきれてねーよ。

本当はこの話の10はいろいろ意味不明な事があって、それが絡みに絡みまくってこうなってんだよ。

音頭を取ったやつが損をするだけじゃねーか。

他の奴らもただ、自分から動こうとはしなかったじゃねーか。

何なんだよ。意味わかんねーよ。

最終的に、労使協定も変えずに行くらしい。

ここに至るまでに調べてきたが、それが問題あるっていうのが事の発端だったんじゃねーのか?

2019-04-09

wowaka氏の訃報土曜日アナウンス以降ずっっと5chに張り付いていた。実は訃報を待っていたんじゃないのか。何かが起こるかもしれない現場居合わせたくて、あわよくばポエムでバズったりでもしたかったんじゃないのか。ふと思った瞬間に一気にバランスを崩してしまった。他人の死すらエンターテイメントとして消費するつもりだったのか。この愚か者は。

2019-03-30

ありがとうDJポン太

2ちゃんにあった実況板にあったskypeで知らない人・国に安価突撃リレーラジオ

2007年そこで私はラジオDJとして学生時代に遊んでいた。

DJ名はひろしの嫁で、

安価で決まったハンドルネームはきこえなくなっただった。

しばらくしてねとらじ自体過疎化して、

繋がりも薄くなってしまったけれど基本はPCを使ってインターネットをする時代で。

2019年の今と違って、youtuberなんかいなくてUstreamちょっと出てきたくらいで、

米津玄師もまだいなくて、ツイッターラインもなくて。

あのころインターネット匿名性が高いようで高くなくて、

今みたいに実名ありきでなくて、

世界中の知り合いでない人とも繋がることができる世界だったのかと思う。

そんな時代に知り合った仲間が急逝した。

DJポン太。出会った時は35歳。まだ40代だ。

だいぶ長くなるかもしれないけど、今日のことは記しておきたくなった。

2019年3月23日心不全で亡くなったと彼のお仕事仲間の方から

facebookメッセージを通して3月28日の夜に連絡がきた。

3月30日の13時から火葬場に行く前に斎場お別れの会を開催しますと。

12年前のリアル世界では、プロデューサーとして一流な仕事人と聞いていた。

でも、Skype上では酒、タバコ、女、鉄道アニメが大好きで

すぐに下ネタに走るし、ド変態だし、セフレいるし、すぐにヤろうとかいうし、

お金持ってるはずなのに、たまに本当に金欠お金貸してとか言って踏み倒すし、

強引でくずだなあwだと思っていた。

本名も知っている仲で、オフあったのも数える程度だったけど会っても同じ感じで

でもなぜか、嫌いになることができなくて、

猫が好きで、酔っ払ってすぐ仕事とはこういうものチャットで語り出して

しろ仕事姿勢の話はほんと尊敬していて不思議な魅力のあるナイスミドルだった。

ここ5年くらいは全く連絡していなくて、

こないだつい3週間前に偶然facebook誕生日ポップアップが出てきて

おめでとうとメッセージを入れたぐらいだった。

そんな彼が亡くなったと。

リアルあんまり知らないけど、仕事と遊びには本気を出す人。

しかしたら名前を語った嘘かもしれないし。

昔の交友関係だし、ましてやネットの中での友達だ。

そんな彼の訃報が本当だったら?

12年前に、俺を呼べるくらい仕事成功するいい女になれよ、と口癖のように

チャットでも、通話でも、オフで会った時も言っていた姿がよぎった。

嘘だったら、嘘でもいいし。

本当に最期なら挨拶したいと思って、今日、3月30日に横浜斎場に足を運んだ。

もし本人が生きていてちゃんとした喪服で行かなかったら、

お前、こういう時はちゃんとした格好しないとダメだろと、

怒られるなと思って喪服も昨日急いで10着ぐらい試着して1着買った。

今日の空はどんより鈍色で、少し寒くて。

電車の中で、もしかしたら生前葬かもしれないとか考えたりしていたら目的駅に着いた。

斎場までの道のりで同じように黒い格好をした女性にあった。

しかけると目的地は一緒で、彼に仕事を頼んでいたクライアントさんだった。

彼女も先日これからお願いしますと挨拶したばっかりで、びっくりなんですと。

そんな話をしていたら、斎場に。

斎場は少し寂れたこじんまりとしたところで、

受付して10mもしない先に彼の棺と思い出の品々があった。

お線香の匂いがして、棺の右隣にお母様とご親類の2人立っていて。

女性が2人泣いていて。

お焼香の仕方もおぼつかなくて、きたよと挨拶したけれど本人と顔をあわせるのが怖くて

棺の中は見れなかった。

棺の横にはサッカーユニフォーム写真や猫を抱っこしている写真もあって、本人だ。と思った。

仕事仲間で今回の会をお手伝いしている方が

時間になったら献花とお見送りに向けて声をかけますと言われて待機することにした。

お別れをしにきた人数は30人いるかいないかぐらい。

同じように待機している人20代くらいの2人組に話を聞くと、

4、5年前に知り合ってスポーツ関連の仕事を紹介してもらったんです。

お酒タバコがだいすきで、仕事オンオフがはっきりしていて熱い人でしたよ。と。

もう一人同世代の方とも話したら、

仕事に厳しいけど、認めてもらえるのが嬉しかった。

仕事に熱く、クライアント先で話し出したら10分ぐらい一人ノンストップなんですよ。と

笑いながら話してくれた。

12年前に私が思った印象とあまりリアルも変わらないんだな。と思った。

私も正直にネットで知り合った友達と伝えると、みんな意外そうな顔をしていたけど、

彼らしくいろんなことに手を出してるね。と笑っていた。

そんなことを話していたら、時間になってお母様のご挨拶があった。

お母様に挨拶させるなんて。

彼のお父様が若くに亡くなって、形見結婚指輪をはめて大事そうにしていたことを思い出し、

なにやってんだと悲しくなってしまった。

親族がお棺を開けてYシャツネクタイ上着、彼の苗字が書いてある日本代表の青いユニフォームをかけてあげて。

マルボロだったり、ミニカーだったりを入れて献花の時に最期に顔を見て挨拶した。

昔と比べて白髪しわが増えていたけれど安らかな顔をしていた。

ぽんさん、

さぶりにあったけど、怪しい風貌あいかわらずじゃん。

相変わらずスーツが似合うね。

なんでか涙でちゃうなあ。

スカ凸のDJさんたちもきたがっていたよ。

リアルの人の話きいたけど、あいかわらず若い人への応援が熱いね

喪服6万円のなんだけど、もっとちゃんとしたやつ買ったほうが長く使えてよかったかな?

昔、服を買うなら一流のやつを買って長く使えって言ってたもんね。

お母さん悲しませちゃダメだよ。彼女さんも泣いてるよ。

ちゃん仕事できてるかな。ぽんさんがいういい女になれてるかなあ。

ねこちゃんどうするの。

ありがとう

そんなことを心の中で思いながら最期のお別れをした。

霊柩車に乗って彼の棺はお母さんと、弟さんと彼女さんの3人と斎場を離れて

お別れの会は終了した。

どういった人選をされたかからないけど、この場に来れてよかったと思う。

なぜかと言ったら失礼だけど、意外と彼が亡くなったことが悲しくて、

亡くなっても、なお人の死に慣れろよと、勉強させてもらっている気がする。

笑いながら、俺職場でも私生活クズだけど仕事尊敬できますよねって言われんだよね。と

語っていたのを思い出した。

当時も学生だった私に社会の仕組みを色々と指南してくれた。

彼と色々12年前に話した思い出の中で一番印象に残っている言葉がある。

会社歯車になれ」

歯車は、その機能必要から付いている部品なんだ。

会社歯車ってことは、必要人材ということだからな。

よく聞く「俺は会社歯車だ」と愚痴るやつは歯車じゃねえ、会社にとっては埃なんだからと。

ネットで知り合った人だし、彼の一部しか知らないけれど、

いま社会人として仕事をしている私の礎になっている言葉でもある。

実行できているかはわからないけど、これからもこの言葉を大切に仕事人として歩んでいこうと思う。

ありがとうDJポン太。

先に逝った飼い猫のポン太を撫でられているかな?

落ち着いたらまた、お墓に会いに行くね。

明日からもまたぽんさんに言われたこと思い出して仕事するよ。

安らかにねむってね。

きこより。

2019-03-23

anond:20190323170358

俺が遺族の立場なら不慮の訃報に接してスルスル言葉が出てくる方が信用ならない

そういうときはしどろもどろになるほうが自然

少なくとも通夜に持ってくる不祝儀だってピン札ではなくしわしわの札にしろとか

完璧な礼装で来るよりガチャメチャの恰好のほうがまだマシというマナーが厳に存在するんだから

増田のしどろもどろが正解

2019-03-19

訃報政治世界でもロッケンロール貫く」って意味わからん

裕也「矢沢も怒るよ」って、自分意見じゃないのかよ!?

ロッケンロールは、どこへ言った?

報道も、もう少し考えろよ。

冥福をお祈りいたします。

2019-03-08

有名人とかの訃報で「妻と子供に囲まれ」みたいなの見ると

自分は4.5畳のゴミだらけの部屋で孤独死して腐敗、みたいな死なんだろうなぁと思う

2019-03-05

最近ちびまる子ちゃん(アニメ)

さくらももこ訃報があってしばらくしてなんとなく懐かしくなって

原作読み返してみたり新しかったり古かったりするアニメ見たりしてみて

(再放送も沢山してるから結構観られる機会が多い)

さくらももこ脚本に関わらなくなってだいぶたった後のアニメ版観てると

まる子がただエキセントリックな直情型のクズ愚か者の子供すぎてビックリした

一期からそりゃ愚か者おっちょこちょいでずる賢い子供、みたいな描写だったけど

の子供そのものの発想と俯瞰して周りを見てるシニカルな発想のバランス絶妙なところがあって

たまに慧眼を感じさせたりするところもあったりあとなにより一話ごとにきちんと話の展開と結末があったんだけど

最近のやつ続けて観てみたら普通にオチがないとかまる子のクズっぷりが

最後までどう回収されるでもなく落としどころのないまま終わってたりして

すごい投げっぱなしジャーマンみたいな話が多くて長寿アニメの大変さっていうか

長寿故にキャラクターエピソードの持ち味や人格だんだん変形していく現実のようなものを目の当たりにして

作る側も大変だろうなって思ってしまった

それぞれの人物の特徴的な部分だけを強調して終わるパターンエピソードが凄く多い

言ってみれば「公式二次創作をしている」ような状態になってるエピソードなんかもあるんだろうな

かつてこの手の体験ドラマ相棒」でもしていて

まりにも長くシリーズを続けているうちに脚本家が登場人物の来歴や人格を把握しきれずに

そのキャラクターの芯の部分すらぶち壊すようなエピソードを堂々発表してこれはウソだろ!と思ったものだった

もちろん個人的感想しかないのだけど

(片山雛子先生はそんなこと言わない!!!)

2019-02-20

訃報にかなしむわりに、早く死にたいと考えてる。

10年経ったことについて

昨日、とある人の訃報が流れた。

SNSを使い始めた最初の頃に遊んでもらった人だった。

亡くなったくらいの頃にちょうどそのひとのブログを読み返していたのに気付いてしまって、もういなかったんだということがどっと来てしまった。

とても不義理をしていて、2、3回会ったきりだった。

それでもいろんな話を聞いて、その頃会った他の人たちとも話題になったひとだった。

インターネットで人と会うと、本当にいろんな人がいるということを生の存在として教えてくれたひとだったのだと思う。

時が経って何者にもなれていないのが残念極まりないというのもある。

ふつうに、数ヶ月前まで、何なら近所に来ていたという記事まであったのに。

ああ元気そうだなと思っていたのに。

向こうにとっては記憶にも残らない程度の自分だったろうけど、どうにも泣けてしまってこの時間

オフでもオンでも仲良くされていたひとが発信されたから気付いたくらいの距離しかないのに、すごく悲しいのは、なんなんだろう。

その後もたくさんの人たちとネットを通じて出会い交流し、途切れたり、またつながったり、危ない目にもあったりしながら、今、出会ったネット訃報に触れて。

多くの人が悲しんでいる様子に、大して仲良かったわけでもない自分が悲しむのもおこがましいだろうけど。

こういうのってどう向き合ったらいいんだろう。

という吐き出し。

そのうち、ダーツやりに行きますね。

初めて教えてもらった遊びでした。

一緒に連れてってもらった友人たちとは離れてしまったけれど。

そのうちに。

ご冥福をお祈りします

2019-02-10

コードギアス 復活のルルーシュ

※本文には「コードギアス 復活のルルーシュ」のネタバレを含む。

10年前のR2放送物語が終盤に差し掛かり最終回というもの意識した時、本当に比喩ではなく毎週の楽しみであり、

生き甲斐だったコードギアスが終わるという切なさを感じつつ、その分素晴らしいものをみれるのではないか

という期待感もあった。

早くこの物語の結末を知りたい、観たいという気持ちと、

この素晴らしい物語が終わってほしくないという気持ちが重なる、そんな期間だった。

  

最終回放送された西暦2008年9月28日

ルルーシュスザクと行った本当のゼロレクイエムナナリーフレイヤでやろうとしていたこ

この二つの類似性に打ち震え、あの悲しい最後のシーンはルルーシュスザクナナリー物語を終わらせるにふさわしい、

素晴らしいもので、それまで見てきたどんな作品最終回よりも美しいと思った。

  

それまでの話数は放送後何度も見返したが、

R2最終回は、その後しばらく見返すことができなかった。

私にとって不可逆で不可侵の素晴らしい思い出だった。

      

最終回放送から8年後、西暦2016年にそのコードギアスが、ルルーシュが復活するとの特報が出る。

    

思い返せば亡国のアキトシリーズの放映や、パチンコ化などのメディアミックス情報は、

アニメ放送後も途切れることはなく、コードギアスは死なないコンテンツになったのだと気付くべきだったのかもしれない。

    

情報は少しずつ鮮明になり、総集編としての劇場版3部作が放映されたのちに

完全新作エピソード劇場で公開すると発表がある。

    

総集編はテレビシリーズとの小さな、だが物語に大きく影響を

与える変更点を加えつつ次々と公開していく。

  

そしてルルーシュが死んでから10年がったった昨日、西暦2019年2月9日平成最後の冬に

コードギアス 復活のルルーシュ」が公開された。

  

タイトルからして復活である

ルルーシュは死んだのに。

美しく、そして気高く世界から憎しみを無くすために文字通り命をかけた主人公

もういないはずで、それでも世界は続いていたのに。

  

復活

  

実は復活と銘打ってはいるが、概念的なことだけで

肉体が蘇るわけではないよ。

ルルーシュがいない世界必死に、彼が求めた願いを実現するために

戦う残された者たちが一生懸命戦う。そんな物語だよ。

それでもよかったのではないかと考えた。

  

だがし復活したのだ、

嘘つきのルルーシュは大切な約束を守るために。

  

復活してルルーシュは、まぎれもなくルルーシュだった。

味方が、特にナナリーピンチの時には全身全霊をもって、

策を練り、有無を言わせぬ迫力で味方を鼓舞し、指示を出す。

  

私が10年前に美しいと感じたルルーシュがそこにはいた。

あれがルルーシュだということに異論を唱えるファンはいないだろう。

それほどまでに素晴らしくルルーシュだった。

  

そして、物語はこれもまたまぎれもなくコードギアスであった。

国の陰謀、計略する首謀者、そこかしこに仕掛けられた罠、

激しく火花を散らし戦闘するナイトメアフレーム

世界の理を変えてしまうほどの強大な力、ギアス

  

コードギアスという作品に込められているものすべてが

詰め込まれており、それでいて色褪せない、新鮮さも感じることのできる、素晴らしいストーリだった。

  

この作品コードギアスであることに間違いはないが、

賛否両論あるということも間違いないのである

  

  

論点は一つ、ルルーシュの復活である

  

  

コードギアスという作品ルルーシュの死をもって

完結した作品であるはずという思いが強い人が多いのではないか

実際私もそうであったからこそこの「復活」にずっと懐疑的

感情を抱いていた。

  

だけれども、観て、楽しんでしまうのだ。

どんなに抗おうとしていたとしても、

観終わった後に私がどんな感想を抱こうが、

劇場で金を払ってみたという事実があるのならば、

コンテンツとして、興行としては大成功だ。

それは全くもって否定できない。

10年前に完結した物語の続きなんてみたいに決まっている。

観ないわけにはいかない。

  

観終わった後、自分感想賛否両論のどちらかなのか

すぐに決めることはできなかった。

この「復活」はあまりにも消化に時間がかかると感じた。

少しでもこの胸のつかえがとれないか

「復活」に関する評価感想ネットであさっていたところ、

監督インタビュータイトルに「批判覚悟制作に踏み切った」とあった。

  

この文言に納得しかかった自分もいたが、

冷静になってみればそれはそうだろうという感想だ。

物語を美しく終わらせるのではなく、

死なないコンテンツとして継続し続け、興行として成功する。

素晴らしいことだが、コードギアスというコンテンツを死んだと

解釈する私の様な人間から批判が出るのは覚悟していただかなくてはならないだろう。

  

10年の歳月コンテンツ評価に対する指標も変えた。

もはや視聴率はその指標としての能力を失い、

配信ツールの普及はいわゆる円盤の売り上げを

抑制するものになった。

  

からネット感想が正しいというつもりはないが、

例えばツイッター等のより個人、とりわけ趣味嗜好を

把握しやすSNSにはおおむね好意的にこの「復活」を

とらえている人が多いように感じる。

  

また、劇場でも終幕後に涙を流し、

良かったと感想を漏らす人も多くいた。

  

これだけでもこの興行成功であったと言えるであろうし、

どんなに賛否両論意見が出たとしても、「賛」の意見が出続ける限り

今後も興行収入を伸ばし続けるであろう。

  

否定というものさらなる否定を己に

向けられる覚悟がないといけない。

ルルーシュ言葉を借りるのであれば

「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけ」だ。

より情報を発信した個人特定されやすいこの環境では、

批判否定という行為は行いにくいだろう。

  

しかし、「復活」でルルーシュはこのセリフ否定するかのような言動を行う。

  

C.C.と同じ、撃たれてもその命を失うことがない

L.L.にはその覚悟がない。

いや、人ならざる力を持ち、さらには死すらも乗り換えたもの

人とは違う理で生きている。その悲しさを物語っているのかもしれない。

  

思えば10年前は視聴率を上げるために放映時に見る、

円盤を購入するという行為に我々は「支援」という意識を持って行っていたと思う。

  

大量のコンテンツであふれかえる世界から

自分の「好き」を少しでも延命させるために。

  

それはコンテンツというものが、傲慢かもしれないが

我々の支援なしには生き続けることができないと、

その支援が乏しく、延命繁栄をすることができずに死んでいったコンテンツ

観ていたからこそ、そうした感情が行動させていたのではないか

  

私が「復活」を劇場で鑑賞した際に

最も涙腺を刺激されたのは、お調子者だが愛されキャラ

本作でも重要役割を担う「玉城真一郎」のクレジットを見た時だ。

  

ご存知の方もいると思うが、「玉城真一郎」をTVシリーズで演じていた、

田中一成」さんは、西暦2016年に亡くなった。

  

もちろん総集編の劇場版で「玉城真一郎」を演じた演者の方の演技は

素晴らしく、引けをとっているだとか、優劣があるといいたいのではない。

  

私は「田中一成」さんの訃報を聞いたときしかった。

その悲しさは、当然のことながら亡くなった人はもう「復活」しない

ことを理解していたかである

  

10年の歳月があれば、悲しい別れを経験する人も多いだろう。

実際私もそうだった。こんなことを書くと現実フィクション理解していないと

否定されそうではあるのだが、私が10年前に愛した「コードギアス」には

壮大で近未来的なSFとしての要素もありながら、リアリティがあったのだ。

ルルーシュが何度もシャーリーギアスをかけようとしても、

にゆ人間を救うことはできない。そんな現実を突きつけられるような、悲しい物語だったのだ。

  

からこそ私たち最終話ゼロの剣に貫かれたルルーシュを見たとき

そこにリアリティを、死んだ人間は蘇らないという現実フィクション

コードギアスの中に見出し、涙したのではなかったのだろうか。

  

もしこれらを強引に、好意的解釈するとすれば、

私は10年前の最終話ルルーシュの死によって完結した素晴らしい物語

味わうことができたこと。

そして感情胃もたれしそうなほど甘い、

デザートのような続編を味わえたと、いうところだろうか。

  

それならば、一度飲み込んでしまったものは、咀嚼して

何とか消化吸収に努めないといけないのだろうか。

  

私がどれほど批判否定インターネットの海に

吐き出したところで、何にもならないのだから

  

批判覚悟で」

  

私の批判という弾丸は、放ったところで制作側には届かない。

コードギアス」というコンテンツは「復活」したルルーシュ

同じく「死なない」コンテンツに「復活」した。

  

私の撃つ弾丸は、もうルルーシュを殺せない。

  

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん