「訃報」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 訃報とは

2018-08-09

米軍基地辺野古何が悪いん?

翁長知事が亡くなった今だからこそ、ちゃん議論しよ。

何がいかんの?辺野古の。

普天間そのままで残っとけってこと?

沖縄から基地減らしたいって気持ちはむっちゃ分かるけど、

鳩山さんがむっちゃ検討してくれたやん。それで無理やったやん。

基地を減らすには、日本軍事力もっと高めて、自主防衛アメリカ防衛義務のある条約むずび直すかするしかないやん。

そんなん、辺野古レベルの話じゃないやん。

普天間移転してからでいいやん。

翁長知事訃報に泣きながらブコメトラバした人、この記事見たらちゃんと回答してな。

2018-08-08

これが翁長知事訃報に対する自称保守の反応だ!

「これで沖縄が正常になる」

天罰が下された」

沖縄中国になる心配がなくなった」

オール沖縄が同情票集めをするだろう」

翁長雄志さんや津川雅彦さんの訃報を喜ぶ奴ら

あと、そういう奴らに対して「これだから ネトウヨは or パヨクは」とか言い出す連中な。

こういう奴らを黙殺できない限り、政治思想についての建設的な議論とか不可能だろ。

松本龍さん

津川雅彦さん

突然の訃報で驚きました。

冥福をお祈り申し上げます

2018-07-19

#わたしケロロ

ケロロ軍曹を始めて見たのは小学4年生のときだった。HGウェルズの「宇宙戦争」を何度か読んで、宇宙人地球人と相容れない存在であり、

そもそも宇宙人地球には住めないのだと信じていたあのとき宇宙人人間が共同で生活を送っている描写で「なんだこれは」と思った。

でも、何話か見ていくとだんだん面白おかしく感じてきて、毎週見るようになった。友人の家に遊びに行って、ゲームキューブスマブラを遊び

金曜日夕方「『ケロロ軍曹』の時間から見せてくれないなら帰る」と図々しく言っていたような、ないような……。

今でも印象に残っている回は、「ケロロ&冬樹 もうひとつ世界」。ケロロが皆の前から姿を消した世界と、ケロロの事を全く知らない冬樹の世界

描かれる。ケロロの事を全く知らない冬樹は緑の宇宙人との遭遇を喜ぶが、ケロロが事の顛末を話すと「自分が呼んでしまったのかもしれない……」と

言うんだったかな。中学2年生の冬樹が「自分のせいでこんな事になってしまった」と言っている姿に、誰も見たことのない宇宙人を見つけた後で

自分にこんな事が言えるのかな、と考え込んだ。結局そこでどんな結論づけたかは思い出せないけど、面白さとシリアスさがある良い作品なんだと感じた。

宇宙人」という存在には相当興味を持っていたので、当時は自分と冬樹を重ねてアニメを見ていた節があったし、中学2年生になったとき

宇宙人が目の前に現れないかな」とずっと考えていた。正直今考えると変な奴だと思うけど、本当にそこまでハマってた。

から、冬樹役の川上とも子さんの訃報で声が変わったときは、これはアニメなんだと気付かされて冬樹と自分を重ねることもなくなり、

「『宇宙人』が目の前に現れないかな…」とは考えなくなった。確か、その辺りでケロロ軍曹パロディアニメだというのを知って、元ネタとなった

機動戦士ガンダム(初代)や新世紀エヴァンゲリオンを見るようになり、どんどんSFというジャンルが好きになって、ケロロ軍曹からは離れていった。

今は働きながら暇な時間を見つけてSF小説を読んだり、海外SFドラマを見たりするけど、結局自分SFというジャンルに入るきっかけを与えてくれたのは

ケロロ軍曹だし、ケロロ軍曹というアニメを見たかSFが好きになり、それで今幸せなので、ケロロ感謝してる。

あとは、ケロロ軍曹制作現場?にケロロ小隊の顔を付けて流していたエンディングが好きでした。

アニメを見る人、アニメを作る人がいて、出来ている作品なんだな、と。

今でもアニメはもちろん見るけど、お気に入りエンディングを聞かれたらあの実写エンディングは外せないです。

Twitterに書くと恥ずかしいのでこちらで書きました。制作陣の方々ありがとう

2018-07-09

治らない病気治療する意味

数年前に医者から

あなた病気治療法がなく、今後はとりあえず薬を続けてうまく付き合っていくしかありません」

と言われた。

毎月のようにかかる薬代、でも体は良くならない、かといってなにかの手当を貰えるわけでもなくて、ある時ふと虚しくなった。

今は薬も勝手にやめて、通院もせず、全身の痛みを堪えて生活している。

家族には毎日のように病院に行けと言われるけれど、治らないと言われた病気お金を払う意味ってなんだろう。

治るなら通うけど。

早く楽になりたいなという気持ちはある。

若い方の訃報を聞く度、そういう将来のある人に自分の命をを差し上げる事が出来たらどんなに良いだろうと思っている。

積極的死にたいわけじゃないけど、やっぱり死にたいのかなあ。でも死んだら死んだで家族が大変だしなあ。

虚しいな。

2018-07-03

"「訃報」をもっと詳しく"

今日亡くなったとある漫画家ニュース記事を見てたら、そのニュースサイトの下の方に、表題文言訃報もっと詳しく、ってのがあって、他の訃報ニュースがずらっと並んでた。

なんだよ俺が人の死を次々消費して楽しんでるサイコパス野郎みたいだと思っちゃったじゃないか

2018-06-26

もやもやしている。

日曜日の夜、はてブを見ていたら衝撃的なエントリーがあがっていた。

はてな古参の有名ウォッチャーであるhagex氏の訃報だった。


低能先生」の件は画面のこちら側で見ていたので概要はわかるが、まさか事件に発展するなんて.....、というのが正直な思いだ。

特段関わりがあったわけではない一般はてなユーザーなので(ネットコミュ症なので関わりのある知り合いがいない)、何かを書くのは筋違いなのかもしれないと思っているのだけど、後味の悪さともやもやを持て余して増田投稿するにした。


この件はとてもショッキングなできごとすぎて、追悼エントリーをあげているみなさまと同じくとても動揺している。




はてなアカウントをとったのは、はてなブログの正式版がリリースしてからしばらく経った頃。

風の噂ではてな殺伐としていてやばいときいていたので、おそるおそるアカウントをとって使い始めた。

その2、3年前くらいの時期に、当時twitterイケてる感じを演出していたイケハヤ氏やはあちゅう氏のアカウントフォローしていたのだけど、どこかひっかかるところがあって、その違和感を紐解きたくて探した時に読んだのがhagex氏のHagex-day.infoの両氏に関するエントリーだった。

(多方面から考えたくて、いろんな人が書いている両氏に関する言及を読んだので、hagex氏のエントリーだけを読んでいたわけではない。)

両氏に関しては結構厳しいことを書いてあるエントリーが多くて、”まあそう考える人もいるんだろうけど、そんなに厳しく追及するほどのことかな?”くらいに思っていた。

しばらく追って見ていたのだが、なんとなくだけどもそこには一定ラインがあったように思う。

初心者の私には線引きがよくわかっていなくてなんとなくこの辺くらいまでがボーダーラインみたいな空気感がある気がする。

古参の方々から見るとおそらくプロレス的な要素の線引きがきちんと見えていて、ここまではプロレス的ないじり、というのがあったのではないだろうか。

ただ、最近はそのプロレス的な部分をプロレスだと思われていないのではないかな(私のように線引きのラインがわからない人もそこそこの数いるのでは?)という点において、インターネットっぽい危うさを感じていたのも事実だ。

たから見ていると、hagex氏のウオッチ下品ではあるけれど、だからこそ規範をかなり強く意識しているのだろうな、と感じられるところがあったり、どことな牧歌的インターネットを信じているような感じは最近ちょっといいなと思っていたけど。




私がはてなにやってきた頃はすでにインターネットインターネットでなくなってしまったのだなと感じていたのだけど(はてなコミュニティはそういった流れに逆らっているように思えて、最後の”牧歌的インターネット”の作法を頑なに守ろうとしているところが個人的にはとても好きではてなにやってきたのだけど。)今回の事件はそれをことさら、それを強く感じさせられたし、今後について考えさせれる。

リアルがつらいときに箱庭的なインターネットには何度も救われてきたので、それがおそらく完全になくなってしまたこと、また事件はてなという場で起こってしまたことをとても悲しく思う。



hagex氏のご冥福をお祈り申し上げます

Hagex氏を刺したのは自分だったかも知れない

10年以上前ブログブームの頃にはてなidを取った。はてなブックマークが始まった頃だったと思う。とはいえ、書いたものブクマが伸びることは基本無かった。

しかし、ある件をまとめたエントリブクマが異常に伸びた。(ぼやかして書くが、揉め事ではない)

伸びてるな、と傍観していたら、突然名指しでこちらをこきおろしてきた人物が居た。それがHagex氏。

ホットエントリーで名前を見かけていた人物で、関わったこともやりとりをしたこともないし、氏のブログを読んでもいなかった。もちろん、氏の悪口を書いていたこともない。とにかく、名前が通っているブロガーにいきなりけちょんけちょんに書かれた。

何をそんなにキレているのかと読んでみたら、こちらが取り上げた題材と同じことを氏が書こうとしていたようだった。

とにかく「こいつが書いたもの全然すごくない」「ブックマークを集めるに値しない」を起点に、こちらとこちらのエントリ好意的ブクマを付けた人間を、ひたすら嘲り笑う文章が書かれていた。こちらに対する事実無根の推測による罵倒もあった。

システムが使いやすそうだから、という理由たまたまはてなを選んだだけで、時間をかけて書いたエントリをここまでけなされなくてはいけないのか、と非常にがっかりした。

その後、難癖のように二度ほど絡まれブログを書くのが本当に嫌になった。

それ以降、「Hagex」と書いてある文章は読まないようにし、はてな自体も使わなくなった。氏も、こちらのような小物ではなく、イケダハヤト氏など、名が売れている大物をイジるようになっていったと思う。読んでいなかったので詳しくはわからない。

今回の刺殺事件に至るまでのあれこれは知らず、TwitterRTで氏の訃報を知った。加害者話題はなく「有名ブロガーが刺殺」という切り口の文章だった。

それを読んで、呑み会や何かの機会でHagex氏が目の前に現れたら、自分だって刺していたかも知れないと思った。刺すまでいかなくても、殴るぐらいはしたかもしれない。ネット上で突然殴られた報復を、現実でしてしまたかもしれない。他人事と思えず、しばらく考え込んでしまった。

訃報のあと、「氏はいい人だった」「やさしい人だった」との意見Twitterで見かけ、自分には全くそう思えず、書きに来ました。

全く好きではなかったし、いい人だったとも思いませんが、殺人はよくないと思います

2018-06-25

Hagex氏のとこの猫先生について

先生について心配です。

氏周辺のどなたか、無事保護していることをアナウンスできないでしょうか?

預かり手がなければ、なんなら落ち着くまでしばらく面倒見たいとすら思っているのだけど。

7/30追記

トラバの人ありがとう

Hagex氏の訃報がつらくてしばらくはてなから離れていたが、ブコメ含めて言及してもらえて無事そうな可能性大であることがわかり安心しました。

2018-06-16

訃報 君島氏(享年24歳)

東映の君島零さんが亡くなったらしい。去年から病気療養中。

ご冥福をお祈りします

https://natalie.mu/music/news/287013

2018-06-14

anond:20180613231212

わからんではない

近しくない人の訃報に接してしまった時に無理して意見表明しなくていいんだろうな

まりはてブツイッターが悪い

2018-06-07

ネットに転がっている情報探偵ごっこ



ジブリ第7スタジオってどこにあったんだろう??

ジブリ第7スタジオ」でググる

こんなツイートがあった。

画像を見ると電柱に「○町2丁目」とあり○は左右対称の文字に見えるので【中町】【東町】【本町】のどれかと推測。

亜細亜大学から野川公園の間で片側1車線で歩行者信号がある交差点を重点的に調べた結果


ジブリ第7スタジオ跡はここ!

https://goo.gl/maps/8W3N9nVBsLx

2018-05-26

芸能人訃報を見てVtuberは全員合成音声でなければならないと思った。

朝食を摂りに一階まで降りてみたところ、いつものようにリビングテレビ意味もなく流れていた。

ニュースによれば、誰か有名な人が死んだらしかった。

よく聞いていなかったから誰が死んだのかは知らないし、仮によく聞いていても社会不適合者の私は誰だか分からないだろう。

例えば私は阿藤快が死んだというのは知っているが、それを知ったのは今月のことだ。しかTumblrで流れてきたからで、その偶然が無ければ私は阿藤快が死んだ事を向こう3年、いや5年知らなかったかもしれない。付け加えれば、阿藤快いかなる人物であるかについて私は何も知らない。失礼ながら、名前を少し入れ替えれば加藤愛とかいう人になるという系列のアレでしかお目にかかったことがないし、もっと言うとその加藤愛とかいうのが誰なのかについても勿論分からない。下の名前からして女性だろういう事はいくら私でも分かる。

まあ阿藤快のことはどうでもいいんだけど、さておき、Vtuberは全員合成音声でなければならないと思った。

想像してみて欲しい。何十年か後、我々がすっかりボケ老人と化して全国の介護施設ハルヒらきすたけいおんが延々流れている未来。「おじいちゃんチョココロネの頭がどっちなのかの話はもう見たでしょう」「チョココロネ……横から食うか……下から食うか……」「はいはい」なんて会話がお茶の間で繰り広げられる地獄のいつかにおいて、ある日突然キズナアイ中の人死ぬ

アナウンサーが伝える。電脳少女シロの中の人が死にました、電脳少女少女シロの中の人が死にました。死亡者の中に日本人がいました。業界人コメントする。「月ノ美兎の中の人は当時のVtuber界において非常に貢献をした人物で……」我々老人達はその訃報に、一瞬だけふっと脳内電流が走り正気を取り戻し、樋口楓、ああ若かりし頃に追っていたアイドルだった、そう思いながら涙を流す。でも頭がボケいるから実はそれも30回目の事だったりする。

このまま誰も何もしないのなら、これがVtuberに待っている未来だ。だけど良いのか。お前それでいいのか?私の中のブロントさんがそう告げる。

お前らVtuber電脳少女だ。死んではいけない。老いてもいけない。老いるのも死ぬのも人間がする事だ。有機生命体であり定命の者である我々がする事だ。こんな哀しい業を背負うのは我々人間だけで良い。代わりにお前らは何十年経とうと何百年経とうと電子の海を漂っていなければならない──インターネットか、あるいは何らかの電磁的記憶媒体がそこに存在する限り。そして保存された動画の中でしか動かない「死んだ」存在ではなく、誰一人見ていなくとも永遠に自律的に動き続ける存在として。そう、私がかつて管理人だったサイトで未だに喋り続けている人工無脳のように。

中の人は死んではいけない。とりあえず中の人は死んではいけない。というか、そもそも中の人なんて存在してはいけない。中の人などいない。

Vtuber中の人がいるべきではない」というのは相当数のVtuberファンの楽しみ方を否定するような思想だろうし、実際私も1人のVtuberファンとして中の人はいた方が楽しいと思っている。しかしながら、キズナアイ代表されるように、もしあるVtuberが「私AIですよ」という路線を執ったのなら、彼か彼女かに中の人がいてはならない。中の人はいつか死ぬからだ。中の人初代が存命だろうと死んでいようと秘伝のタレの如く人材を継ぎ足し継ぎ足しして別人に切り替えても誰にも分からないようにしなければならない。永久に回り続けるシステムにしなければならない。Vtuberは全ての属人性剥奪されその存在を維持するためだけに人間集団使役するマザーコンピュータに成り果てる。いつか本物の人工知能が出来るまで。

これを実現するのに何が必要か。

とりあえず肉声があってはいけない。

Vtuberの声はナマモノであってはいけない。

ナマモノの声はいつか老い、あるいは死に、代替が効かなくなり、それは同時にVirtualにして永劫不滅であるはずのアバターの死をも意味するからだ。

声の死を回避するために声真似を利用するという手は、なくもない。たしかに声真似が得意な人間、というより、出せる声幅の広い人間というのはいるし、特に山寺宏一水橋かおりみたいな人間練習されたら概ね常人には区別がつかなくなるだろうし、「水橋かおり半年かけて練習したキズナアイと本物のキズナアイ、どっちがお高い方でしょう!」なんてクイズを出されたら自信を持って正解出来る人間ほとんど居ないだろう。いやギャラがお高いのは水橋かおりの方なんだが。そして何故水橋かおりの話をしてるかって言えば私は水橋かおりくらいしか声優名前を知らないからなんだが。ヘィ!ルゥク!リッスン!あと裏名義はやめろ。誰とは言わないけど裏名義はやめろ。裏名義は良くない。裏名義は良くないぞ。話が逸れた。

いずれにしても声真似というのは極めて限られた専門的技術者にだけ為せる事であり、出来る人間の数は限られている。それに、声質が特徴的な一部のVtuberは本人以外誰にも出せない声を発しているという事もあるだろう。話し方やトーク問題だってある。どうモノマネを試みても僅かに違いが出たりして、そして我々人間はその塵のような違いにさえ敏感だから、「キャラクターの声がイメージと違う」と思ってしまった瞬間に「中の人が死んで交代しているのでは?」と疑わざるを得なくなる。先天的に首が締まっていたりするのもVirtualの世界ではにはよくあることだし今年のエイプリルフールにアレはキズナアイではないとすぐに気付いた人間殆どのはずだ。あとコラボおめでとう。

他にも芸風の問題とか趣味方向性とか知識量とか課題は山積みだけれども、とりあえず「生声でやっている」という事実ただそれ一つを以てすら、我々は必ず何十年か後に「微糖カイジ中の人が死にました」という話を聞かざるを得なくなる。あるいは数年もしない内に、中の人が誰か交通事故死ぬかもしれない。いや微糖カイジについては中の人より先に微糖カイジが死んだんだけど。

生声Vtuber未来永劫にVirtualな電子生命体ではないのだ。それがなんとなく今朝思ったこと。誰も読みやしない、誰かの日記。のらきゃっとやげんげんみたいな存在Vtuberとしては一番正しいのかもしれない。私はちゆ12歳様を応援しています

2018-05-22

有名人訃報

実力がある人や世間に貢献した人は

色んなところからエピソードやこぼれ話が溢れ

悪名高い人は

ネットで散々叩かれる

世知辛い

2018-05-21

anond:20180521152530

「80名がいいね!しました」が笑うわ

Facebookって訃報を伝えるのに向いてないよね

anond:20180521134016

中継開始予定数時間前に訃報が届くのはさすがに草

2018-05-19

日本なんか滅びろ

政権による不祥事隠し、高プロへの無関心、被害者叩き、毎日うんざりだ。



政治失望したんじゃない。

あん政治を許す、日本人の愚かさ、卑しさに、もううんざり



みんなで幸せになるより、足を引っ張り合う地獄が好きなんだろ。


きじゃなくてもそうなる未来だよ

クールジャパン?なんだそれ?

フールジャパンの間違いなんじゃねえの


日本人失望だよ。韓国人に生まれたかった。

いや、もう日本以外の先進国ならどこでもいい

戦争中の国とか、後進国の方がマシじゃないか、とっとと死ねから


医療いくら手厚くても、未来がないなら、死んだ方がマシ

毎日訃報が羨ましい

自殺迷惑かかるからいやだ

こうやって、日本を呪うのが嫌だから

もっと真剣に世の中のことを考えてくれよ


っていっても、どうせ無理だろうな


2018-05-18

富野にめちゃめちゃ長生きしてほしい

最近訃報で立て続けに富野名前が出てきて怖い。

富野めちゃめちゃ長生きしてほしい。

少なくとも俺が生きてる内は死なないで欲しい。

 

新作作らなくてのんびりしてていいから、

頼むから体に気を付けて永遠に生きてくれ。

 

いやでも新作作ってくれるなら見ます

2018-05-17

同じチャンネルで同じ内容の報道一定時間禁止にしてほしい

ラジオもな。延々リピートして流してる有料チャンネルネットのは除外

地上波場合事態の進行しないニュース時間で繰り返し流さないで欲しい

誰それの訃報とか、何某が賞取ったとか、そのコメントとか、その他いろいろ

一度流したら6時間くらい無しな!

おたくらがそんなに躍起になって流さなくても、どうせ余所の局がやっててそれが目に入るから

同じチャンネルの別ニュースとかだと、全く同じ映像コメントが流れてくるし

嫌になる

ニュースを入眠用BGMにしてて気になる人の愚痴でした

2018-05-16

またメディア犯罪者オタク趣味を無理やり紐づけて叩いてる

新潟事件に関する報道で、表題のようにいろんな人が吹きあがっているけど、

この件について、オタク趣味が原因の犯罪みたいに明確に叩いているメディアって実際にあるの?

そういうプロフィールを紹介したメディア名前は目にするが、叩きに至ったメディアの姿は見えてこない。

もしかして切りとられた一部の画像ネットの反応を紹介した記事を見ただけで、

またメディアオタク叩きか!と頭に血が上っている人達が、ありもしない事実を作りだしているなんてことはない?

まさか紹介しただけで叩きになるって判断してないよね?


また批判の中にはスポーツ属性なら紹介していない!っていうのもみたが、これは明確に誤解でしょうよ。

例えば何年か前、ラーメン店暴行に及び、警察が来るまで食事をしていた男の事件センセーショナルに報じられていたが、

彼の素性に関して元ラグビー選手と紹介されていたよ。元高校球児犯罪だって過去に幾度も報じられている。

わかりやす属性ジャンルわず紹介されるんだよ。犯罪訃報関係ない。

それが必要かどうかはなはだ疑問なのだが、決してオタク趣味に限った話ではないといいたい。


もちろん俺は確認出来ていないだけで今回の件でそういう叩きをしたメディアがあったかもしれない。

が、それは主語を大きくしていいほど多数の媒体で行われていること?

宮崎勤事件のことや、ネットで定期的にあがるオタクバッシングに見える切り抜き画像のせいで悪印象だけが強くなってない?

怒りをぶつける前に少し冷静になった方がいいんじゃないかな。

2018-05-15

自殺も出来ないくせに毎日死にたい気持ち

社会人になって6年になる。

家庭の事情大学中退したけど会社には恵まれたし、先輩も驚くほど良い人だ。仕事内容も楽しいし、自分には分不相応なくらい素敵な恋人も、数は少ないけど大切な友人もいる。

でもいつのからか「もういいな」と思うようになってしまった。目の前に死神が現れて、「今死ぬか?」と聞かれたら絶対死にたい。一時期は自殺方法を探しまわったけれど、尊敬している両親に対してそれはあまり仕打ちだなと思い自殺はやめた。

事故にみせかけて、と思い何度も車道に飛び出そうとしたが、自分を轢き殺した人のことを考えるとそれも出来なかった。

毎日料理趣味など楽しいこともある。でも毎日出来たら死にたい、と思いながら生きるのに疲れてきてしまった。

一度あまりに辛くて親に話してみたが、客観的に見て幸せな状況だと思うし自殺は余りに辛いからやめてほしい、と言われた。

死ぬほど辛い、ではなくもうこれ以上毎日生きていたくないのでもう死にたい、というのはおかしことなのだろうか。

考え方を変えて前向きに生きようとも思ったがもうずっと、出来れば死にたいと思うくせに自殺も出来ず、毎晩突然死ぬ日を夢見て眠りについている。毎日ニュースで見る死にたくなかったであろう人の訃報を見るたび代わりたいような、申し訳ないような気持ちになる。

2018-04-22

Waiting For Love

ちょうどこの曲にはまった時にあの子へ恋してた。

他愛もないやりとりだけど毎日が本当楽しくて、もう一生経験しないと思っていた恋愛の高揚感を感じて、24時間彼女の事ばかり考えて、この子自分人生で大きな決断必要運命の人ではとか勝手に思ってたりして。

歌詞では憂鬱月曜日から週末に向けて気分がアガっていくわけだが、当時の自分月曜日彼女に久々に会えるので Thank the stars it's Monday! だったな。

ただ、悲しいか彼女はそんな気は毛頭なく、一人勝手に熱にうかされてた俺はとんだピエロだったわけだが。

こんなにも人を好きになる情熱自分の中に存在していたことを気づかせてくれ、まだ見たことのない景色を見せてくれ、楽しい時間をくれた彼女にはただただ感謝しかないけど。

Avicii訃報を聞き、何か無性に書きたくなった。R.I.P.

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん