「公共」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公共とは

2020-06-04

anond:20200604130012

マスクなしのジョギングが嫌がられるのはハアハア大きな呼吸でウイルスを撒き散らしながら公共のスペースで人の間を高速で移動していくから(と思われているから)だろ。

家の敷地とか公園の隅とかで壁に向かって縄跳びするなら移動もしないし、あえて近寄ってくる奴がいない限りウイルス拡散されないかマスクする必要ないと思うよ。ていうか縄跳びしてたらそれだけで半径1mくらいの物理バリアが回してる縄でできるから、あと1m向こうが近寄ってこなければ人に嫌がられることはないと思う。

2020-06-02

公共交通の混雑

Twitter満員電車の話がトレンド入りしていた。

利権の汚さに触れているのかと思ったら、感染症絡みの話題だった。

馬蹄形便座はなぜ消えた?

かつて20世紀後半の日本には馬蹄形の便座があった。

この便座に腰かけると、そこには何の問題も無かった。男性にとってもノーストレスだった。

しかし、温水洗浄便座が我が国に普及し始めた頃、馬蹄形便座は姿を消し、円形の便座によって天下統一が為された。

温水洗浄便座の普及は確かに人民への福音であった。しかし、その影で馬蹄形便座が消えたことを忘れてはならない。

円形便座に腰かけると、我が男根の先端が便座に触れてしまう。これは何を意味するか?

これはつまり公共トイレで便座に腰掛ける時、我々はそれ以前にそこに座っていた不特定多数男性達と男根による間接キッスをしているのだ!

馬蹄形便座の復活を我は心より待ち望む。

6/3追記

手で押さえるべし、という意見があるが、勿論押さえている。座ってから押さえるまでの間に触れてしまうのである

深く腰掛けよ、という意見もあるが、時々「深く腰掛けすぎる」利用者のせいで便座の後部に便がついているのを見かける。ノロウィルスなどの感染危機性を考えると、深すぎる位置には座りたくないものである

2020-06-01

anond:20200601125642

各種統計は男が社会にとって危険有害存在であることをはっきりと示している

本来は例の電車のように公共空間から排除されて当たり前の存在だが、

金を稼ぐ有益個体もいるので一応社会に受け入れられてる

KKOみたいな社会に益をもたらさな存在には、男由来の危険性のみが残る

公共安全を守るため排除されてもしかたがない存在なんだ

2020-05-31

anond:20200531020713

企業はいっても、実質的公共インフラだし、仮に「左巻き」の連中が一斉退去したらあっという間に日本会議信者マンセーで埋め尽くされて日本終了する

2020-05-30

anond:20200530062157

日本犯罪少ないとか言ってるけど、傘と自転車公共物ですみたいな感じで持ってかれるよね


2020-05-29

公共設備キレイにしようとするのはケガレ忌避宗教

感染症対策としては、自分の顔を触る前に自分の手指を消毒していればよい

2020-05-27

ニセ科学や反ワクチンへの対策を、陰謀論者は「検閲」と受け取っているらしい

知人に陰謀論者がいるので生暖かく見守っているのだが、

以下のようなページをシェアしていた。

どうすりゃいいのかね。

検閲が酷すぎて役立たずのGoogle時代は終了:安全検閲のない検索エンジン上位12

最近YouTubeFacebookVimeoなどから、これまでのレベルを遥かに超える勢いの検閲・削除が行われていることは多くの方もご存じのとおりです。

またそれに加え、Google検索もまったくの使い物にならないレベルで結果表示に手が加えられ、例えばコロナに関して検索してもマスコミ情報ばかりが上位に延々と並ぶ始末。

以下略

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12598156674.html

In DeepGoogle から有害サイト」として認定されたようで、多くのページが検索から除外されちゃいました。その上での多少のお願い

(ここまで略)

たとえば、「健康に関しての情報」を以前から求めていた方は、

2019年から自然療法系のページが極端に検索上位から消えている」

ことにお気づきではないでしょうか。

昨年以来、病気や症状などで検索しても、医者病院西洋医学けが検索上位に表示され、自然療法系のページは、ほとんど検索の上位に表示されない状態となっています

私が数年前に救われたような、安保徹さんや東城百合子さん、野口晴哉さんなどのような情報は、2019年以降のインターネット検索で探すことは難しくなっているのです。

私のサイト場合、それに加えて、もとより、ビッグバン理論否定や、進化論否定なども書き続けていまして、それに加えて、最近は「ロックダウン有害性」を記していましたが、どうやら、「どれも公共的には有害情報」ということのようで、

以下略

https://indeep.jp/in-deep-is-going-on/

痴漢OK娘が仮に実在してても電車という公共空間でやったらダメだろ

どっちみち頭おかしいんだよなあ……

脳に精子でも詰まってんのか?というフェミ煽りは完全に正しいんだよなあ

2020-05-25

anond:20200525132816

税、公共の考え方から少なくとも理解はできるのでは。

自由主義個人主義はその対だろうからあなたが納得しないとしても不思議はない。

社会合意はその間に(俺は前者に同意する)

2020-05-24

SNS交通道路に例えるならその運転免許は何なの?

ある芸能人自身noteSNS法規制を求める内容を記載してた。

そこに挙げられていた例えに「交通事故を起こした運転手免停になる」というものがあった。

まり彼はSNS交通道路見立て著名人誹謗中傷リプライを送るアンチ交通事故加害者見立てていることになる。

ここで高卒ニート24歳の俺に1つの疑問が生じた。

――SNSにおける運転免許って何だろう?

暫く考えてみたが自分には適当存在が思い当たらなかった。

ネットでは古くからネチケットと呼ばれる公共マナー提唱されているが、これは人によって定義が異なる抽象的な概念だし、個別具体的な行為規定してるわけでもなく、ネチケットを広く包摂する法律存在しない。

限りなく妥当に近いのはSNS利用規約だろうかと思ったが、例えばTwitter利用規約にはこの様な一文がある。

――利用者は、本サービスの利用により、不快有害不正確あるいは不適切コンテンツ、または場合によっては、不当表示されている投稿またはその他欺瞞的な投稿に接する可能性があることを、理解しているものします。

字義通りに素直に解釈すれば、TwitterユーザーTwitterを利用することでいわゆる″アンチ″ の投稿によって不快な思いを受ける可能性さえも理解して利用すべき、となる。

仮にこれをSNS(この場合Twitter)の運転免許とした場合、「アンチ行為をしたユーザーからSNS発言権を奪うべきである」と唱えるユーザーから言動免許所持者として適切な言動と言えるのだろうか?

もちろんTwitter利用規約に関して言えば

―― 当社は、Twitterユーザー契約違反しているコンテンツ著作権もしくは商標侵害その他の知的財産不正利用、なりすまし不法行為または嫌がらせ等)を削除する権利留保します。

という一文も記載されており、具体的には各々のユーザーが「このツイート/アカウントユーザー契約違反している」と考え運営に報告し、その都度Twitterの各種ポリシーに照らして個別具体的に判断されて、仮に違反が認められた場合にはアカウントの凍結等々の判断が為される、というプロセスになる。

ちなみにTwitterユーザーなら既知の事実だと思うが運営判断杓子定規的ではなく現状ケースバイケースでかなり判断に幅のある恣意的ものになっていると思う。

なので仮に運営判断運営免許とすると運営に尋ねるまではユーザー免許の所持/不所持が判然としないシュレディンガー運転免許になってしまうのではないだろうか。

そして当然のことではあるが、仮に利用上でユーザーによる触法行為が行われた場合には、それこそユーザーの報告やTwitter運営如何に依らず捜査機関による捜査逮捕起訴等が行われることもあり得るわけで、このケースを例に準えるとSNS運転免許違反ではなく日本国運転免許違反妥当するのだろう。

正直な気持ちを書くと俺はSNS法規制を与えるべきではないと思う。

名誉毀損著作権侵害児童ポルノ投稿等の触法行為に関してはこれまで通り国内法で対処可能であるし、個別具体的な暴言等の″マナー違反″に関しても運営に報告してその判断を仰ぐプロセスが用意されているわけで、仮に運営裁定に納得がいかなければSNSの利用を停止する自由もあるわけである

SNSの利用が強制されたものでない以上始める自由も辞める自由行使できるわけである

自分にとって気に入らないSNSを取り巻く環境法規制を求めるのは自由だが俺は上記理由から全く賛同できない。

なおメディアを賑わせている自死された女子プロレスラーの方に関して書けば、彼女は出演されていた番組プログラム犠牲者なのではないかと思う。

リアリティショーだか何だか知らないが生放送でない以上当然事後に編集が加えられているわけで、そのことを思えば脚本台本が全く用意されていないとも考え難く、言うなれば彼女製作陣の指示に従って喜怒哀楽の演技をしていたら視聴者から嫌われ悪辣言葉を投げかけられて精神病み死を選んでしまったリアリティショーの犠牲者なのではないか、と思う。

赤の他人どの面下げて冥福を祈るんだ?という従前からの疑問があるので「ご冥福祈ります」と書くのは気が退けるが、一方で強い社会規範に締め付けられているのが俺という人間なので、ここは素直に「ご冥福祈ります」と書き込ませて頂く。

当たり前だが本当に死者の冥福を祈る気持ちはある。

俺は死者を差別しないポリシーなので麻原彰晃の死にも同様に冥福を祈ったわけで、木村花さんのご冥福祈ります

2020-05-23

結論ありきが許される仕事の条件

目的とゴールが明確

評価基準が明確

評価プロセスが透明化されている

評価が一巡するまで目的とゴールを変えない

第三者(最低でも利害関係者)による客観的評価可能

公共的な職務場合利益相反がない

上記を破った場合はなんらかのペナルティがある

これらが厳密に守られているのが科学

多くのケースでこれらすべてを満たさないのが日本行政

2020-05-22

黒川検事賭博について

今日昼食後の皿洗いしながら、ひ○おびっていう番組MCの人が、

「頭いいのに!いい学校でて、難しい試験合格できるのに、なんでこういう事やっちゃいけないっていう問題は解けないの?」

高卒の俺でもわかるよ!」と顔真っ赤にして言ってるのを見た。

このMCは、いい学校に入る時も(出るのは簡単)、難しい試験合格するのも、どちらの試験も全ての問いに想定解ってものがあり、それさえ答えることができれば合格できてしまうということを知らないのだろうか。性格がいいかとか、理性的かどうか、犯罪を犯さないかどうか、等ということは一切審査されないことを知らないのだろうか。知らないか高卒から

あと、高卒の俺でも、とか自分から言いだしちゃうところを見ると、学歴コンプレックス持ってると思うんだけど、公共電波で恥ずかしくないのかな。恥ずかしくないか。そういう姿見せて大金もらってるし。

でも、高卒の俺でも、とこのMC卑下する事によって「高卒は卑しい」っていうメッセージ公共流れるわけだけど、そこんところはどう考えてるのか。考えてないか

2020-05-21

https://anond.hatelabo.jp/20200424123040

11

あの日、この国のリーダーは、世界が二度ともとに戻らないことを宣言した。緊急事態宣言の解除。それが新しい時代の合図だった。

彼は“新しい生活様式”という言葉を使った。今後も人との適切な距離を取ること、通勤や通学をなるべく控えることを人々に求めた。

サタはその“号令”を聞くまで、この国がまた元の不合理な世界に戻ることを懸念していた。そのせいか彼女はやたらと胸を踊らせてその言葉を聞いていた。私たちはこの国の盛衰を見てきた。サタの懸念も当然だった。

工業分野で一度成功を収めたこの国は、その後、情報通信分野で他国に後れをとっていた。その理由はいくつもある。成功体験を手放せなかったとか、政治家特定産業癒着のせいだとか。権力者たちが発想のバージョンアップを怠ったせいだとか。

しかし本当のところは、工業分野での成功をもとに社会システムが構築されたため、新しい分野を受け入れる余地がなかったためだ。

たとえば子どもたちが義務教育間中に学ぶのは、国語算数だけではない。集団として生きていく術の習得さえ、教室という閉じた空間に一任されていた。彼らはやがて満員電車通勤し、この国の経済に貢献することを期待される。これが古いシステムバックボーンだった。

集団を前提とした教育から労働までの一貫した流れ、それに特化したかたちで社会システムは構築されていた。これまでの経済的な成功には、集団での活動が不可欠だった。

そこにリモートワークやオンライン授業が介入すればどうなるか。このシステムの、“集団での生産活動”という基本理念崩壊することになる。つまり“それ”にとって、その手の技術障害しかなかった。通勤や通学ありきで敷かれた公共交通無駄になってしまう。

本当は、誰もがその集団を前提とした古いシステムに疲れていた。柔軟性のなさに飽き飽きしていた。もっと本質的なところで効果的なやり方があるはずだと、みんなうすうす気づいていた。

しかし(本当の意味で)より合理的システムに作り変えるには、既存のものを一度壊さなければならない。壊すということは、そこ(特定産業など)に深く携わっている人が犠牲になるということを意味する。

安定を好むこの国の人々にとって、その選択は難しかった。誰かに起こる悲劇自分にも起こりうる。明日は我が身。共感性の強い人々のそういった思考習慣が、それを阻んでいた。そしてそれは、最終的には、為政者政治判断に反映される。

政治家特定産業癒着や、国家予算といった表面的な問題のその底に、この国に住む人たちのそのような集合的意識がひっそりと流れてた。ほとんど気づかれることなく。

実は一度、この古いシステムを再構築する試みがあった。しかしそれは犠牲を生んだだけで、何の成果も得ることなく中断された。多くの求職者自殺者を生んだだけだった。

失敗の理由は明白だった。それぞれの人間の思惑が介入しすぎたためだ。古いシステムには当然のことながら、長年のしがらみが複雑に絡みついているが、新しいシステムの構想もまた、一瞬にして誰かの思惑に取り込まれる。

そして中途半端に壊れ、(一部の人意図に沿って)中途半端機能する、中途半端システムが完成した。完成したと言っていいのかすらわからないが。

ともかくこの国の人々は、その生殺しシステムの上で、前にも後ろにも行けずに30年、止まった時を彷徨うことになった。

それに終わりを告げたのがSARS-CoV-2だった。そこに人間の介入はない。ただ、自然の摂理、あるいは不可抗力共存するためのシステムモデル、そして本当の意味での合理性の追求があるだけだ。

それだけが、完全なる破壊遂行できた。特定意図の介入を阻むことができた。

破壊の後の自由の上で、それぞれの技術本来能力を発揮することを許された。呪縛は解かれ、初めてリミッターが外された。為政者たちは、もう古い理念、古い技術による古いシステムに場を提供し続ける必然性がなくなった。逆に言えば、それらを護るために新しい可能性は制約されていた。

場は、新しい技術に明け渡され、ウイルスやその他の脅威から人を護るため、都市全体の空気清浄化するシステムや、生体情報管理調整を担うウェアラブルデバイスの開発が加速した。

変化は、テクノロジーだけではなく、人々の精神においても加速した。今まで科学社会通念の“外”にあるとされていた物事が、“内”に組み込まれることになった。

2020-05-18

まともなフェミニストちゃん箕輪さんに対してきちんと怒っている。一方岡村の件で番組降板署名までして暴れまわってたのに今回ダンマリな奴はかなり多い

少なくともこれはフェミニストの人たちも認めろよ。それが問題である問題でないか解釈はその後だ。

この事実を認めたくないのかどうか知らんけど、話題そらしみたいなブコメばっかり並んでるじゃねえか。

フェミニストじゃなくて君たちが反論すればいい。フェミニストに頼るなみたいなのが反論になると思ってる人もいるみたいだけれどそれは文章読めませんって言ってるようなもんだろ。

いつも雰囲気とノリだけで動いてるからわかんねえんだよ。

元増田が言いたいのは

箕輪の件に反応しないというだけでフェミニスト全体が批判されるのはおかしいが、岡村の件で暴れまわってたのに今回ダンマリな連中はクソダサスネ夫だってことだ。

こういうやつらは岡村のように反論できない弱い立場人間いじめるのを楽しんでるだけで、箕輪に対しては手を出したら反撃が怖いから黙ってるっていうクソダサスネ夫だ。

あれだけ岡村の件で騒いでたのに現時点でまだ箕輪に対して文句言ってないやつはどれだけ言いつくろおうが信用はできんよ。

周りの顔色をうかがいながら発言してるだけのキョロ獣にすぎないのだから人間のフリして人間人権の話とかすんじゃねえ。まず人間になってから出直してこい。

ラブライブポスターの時もそうだったが、この手の人の「広告」とか「公共」に対する批判の時だけやたらとノリノリでしかも声がでかくなる理由ってなんやねん。

現実被害より失言問題のある広告ばかり叩く理由が全く納得いく説明がない。

公共を盾にしやすくて反論されにくいから?

解釈問題からって、事実関係が間違ってても言い逃れできるから

・単純に箕輪が怖いから?

・実際の被害者がいる場合抽象的な被害者と違って梯子外される可能性があるから

こういう情けない理由箕輪忌避してるくせにしょうもない言い訳してんじゃないよ。

行為の程度問題として、強く批判されるべきなのは箕輪さんの方であることはだれも否定できないだろ。

なら、箕輪さんは山ほどテレビ出てるんだから

少なくとも岡村さんに対して番組降板署名運動までした藤田孝典・勝部元気およびその周辺の人はちゃん署名活動しろよ。なあ?

お前ら行動に一貫性がなさすぎんだよ。 なんでも雰囲気とノリだけでやってるからそういう意味不明なことになるんだよ。

ラブライブポスターで傷つくときは明確に被害者がいて、加害者オタクやら男社会がーということにしたいみたいだけど。実際の事件では自分たち加害者でも被害者でもないという顔をしだすのは何なの?なんでそこだけ急に理性取り戻してんの?お前らラブライブポスターで傷ついたっていう具体的な被害者を提示できず自分たち気持ち悪いしか行ってなかったしその逆に批判で傷ついたって言ってた人の声全く無視してたじゃん。実際の事件でもそのあーあー聞こえないぶりを発揮すればいいのになんで急にまともになってんの? オタクなめてるからだろ? そういうところがオタク差別だって言われることに気づけよ。 なんでも雰囲気とノリだけでやってるからそういうことに気づかないんだよ。

こういう「全然からない。俺たちは雰囲気フェミニズムごっこをやっている」なバイブスで盛り上がってるだけの連中はいい加減そのことくらいを認めたら?

2020-05-17

関東から地方に戻って振り返る関東の良し悪し

ただの感想


イベント開催の多さ。博物館美術館等の施設の数と規模。非チェーン店専門店の充実。

そこからくるマイナー趣味運営やすさ。

現在居住している地方都市博物館美術館都市の規模的には十分に立派だし小さな趣味サークル活動しているが、こういうところはやはり首都圏が強い。

東京大都市圏というものの強さを見せつけられた思い。

公共交通の充実。地方は車無しでは活動範囲が大きく狭まる。

老人になっても運転をやめられない理由であるインフラ面だけれ見れば首都圏は間違いなく老人にやさしい。

あと飛行機利便性が強い。地方からだと一度関東に出て羽田or成田になる。

飲み会が多い。職場にもよるので一概には言えないが。

工業団地勤めでみな車通勤のせいか飲み会首都圏の前職より大幅に少ない。送迎バスもないし。

せいぜい帰りにラーメンとか食べるくらいでアルコールは無しが基本。

人が多い。これを嫌と見るかは育ちによると思う。

地方都市育ちの自分にはどうにも窮屈だった。満員電車苦痛以外の何物でもなかった。地方に戻ったら血圧が正常値に下がった、あの血圧満員電車のせいだったと思っている。

家が狭い、壁が薄い、断熱概念希薄、それで家賃が高い。

まあ、狭いのは理解できるし我慢できる。単身向けの住まいなどどこもそんなもんだろう。人が多いのだし家賃も上昇するのは不満はあるが理解はできる。

しかし、壁の薄さと断熱の弱さだけはどうにかならなかったのか。冬など暖房を止めると室温がみるみる下がる感じがあった。

昼も夜も暑い太陽、熱せられた路面、建物四方から熱せられる夏の東京オーブンに突っ込まれピザトーストの気分だった。

学校がたくさんある。選択肢が多い。

なんか中学受験もあるとかテレビ雑誌で見た。首都圏の子育ては大変そうである地方育ちで地域で一番いい公立はいれりゃご立派という地域育ちの私はこの選択肢の多さに対応しきれる気がしなかった。

配偶者もいないうちから悩む話でもないんだが。

ラジオ増田蛇足

これを書いた増田です。https://anond.hatelabo.jp/20200515125641

かいろいろな感情が沸き上がって超長文なウンコを投下したのだがブコメがついてうれしい。友よ

くりぃむANN面白かったよね!、知ってる24時も好きだったよー知ってるとかその前のくりぃむラジオとか、あとスクールオブロックとか割と中高生女子リスナー多かったし深夜ラジオも女リスナ―結構いるよね。

ハライチのターン、たくさんの人が聞いてるんだから企業様はキギョックスフレンドから恋人に昇格させてあげてほしい、ブタメン会社さんとかぜひ。

そして許可局員の方もちらほらいらっしゃって嬉しい限りです。

クリーピーナッツも気になってたから今度聞いてみる、その他おすすめを記してくれた方ありがとうダイアン気になる…エリアフリーは禁断なので悩む…。でも色々聞いてみます

友よ。本当にありがとう

そうよね!と思ったのは、伊集院さんの後輩へのうっすら臭うパワハラ感、というブコメです。そうなんですよ、ちょっときついなと思うときが今も確かに、たまにあるんですよ。たまにだから気になるのかな。

伊集院だけ「さん」付け、というのはなんでだか分からない。圧倒的ラジオ先輩感があるからかもしんない、伊集院さん。

id:ifttt さんのブコメの『後ろめたさと救い』、大人になってる今は、この感情昇華されてしまったのか忘れていたけど、子供の頃に深夜ラジオを聞いてた時は、確かにこんな感じの、複雑に青い感情とともにウツウツラしながら聞いていたのを凄く思い出しました。どうもありがとう。「あまり正しくない」ことにゲラゲラ笑う不良ぽさへの喜びと、後ろ暗さと、小さくて少し歪んだ優越感とか、確かにあった。今となっては何に鬱々としていたのかは覚えてないけれどなんだか全然眠れない時に、いつもばかなことばかりを言うてるラジオパーソナリティがたまたまマジメな話をしているのを聞き入って何となく気持ちが楽になったりしてたなぁ…と懐かしく思い出しました。

ナインティナインANNにも、そうやって救われた時間が、増田にもかつてはあったのです。聞いている私の日常の忙しさと変化と、喋っているあちらも忙しさや色々の変化なんかに取り紛れて、いつの間にか何となく、離れていった。同じように別のリスナーたちは、許容したり、歓迎したりして。そしてその結果、一線を超えたことを言っちゃった、というのが今回の岡村さんの発言だと思う。

蛇足追記を書いているのは、『今回の騒動ゾーニングは嘘だとはっきりしたと思ってる。炎上に乗っかった人、誰も深夜ラジオ聴いてないだろ。』というブコメを見かけたからです。

ひとつ確実に間違っていることは、増田は割と重度に深夜ラジオを聞いていた(いる)し何ならナイナイ時代から足掛けでいえば10数年は間断的・断続的に聞いているということです。それでも、私は今回の岡村発言炎上して当然だと思ってるし、あちこちブクマに「こんなんあかん」ともブクマった記憶がある。そして、そういう人はそれほど少なくもないと思う。元(現)リスナーがっかりしょんぼりした人もいたと思う。

ゾーニング、と言うのなら、これはそもそも「深夜だろうが公共電波にのせること」が、まったくもってゾーン外だったのでは、と感じています放送電波の外で、家族や友人に言っても、割とドン引きされるでしょう。Youtuberとかが言ってたのを見つかったら炎上するんじゃないか

エロ風俗通い、だからゾーニング上でダメだということじゃない、それ以前の人倫レベルで一線を超えちゃってると思うのです。そもそもAMラジオって風俗通いとかうんことかちんぽ程度の話だけなら、朝以外の、どの時間帯でも出てくる可能性がある媒体だけど(たまむすびとか、何なら赤江さんが言いたがる時が頻繁にある)、炎上してないでしょう、放送禁止用語にひっかかってないんなら。

深夜ラジオ特にエロ下品に関して解放区ではあるし、疑似いじめ的な構造で「いじり投稿」が延々と続く流れの時もあったりする。まぁしょーもない空間だ。

例えば、大好きだったくりぃむしちゅーのANNで言えば、確か初めの頃は「知ってるが終わっちゃって晋也じゃない要らない子の有田が入ってきた」みたいな文脈のイジリ投稿結構あった。もちろん二人&リスナーのすべて”共犯関係下”にある遊びだ。けど、ひょっとしたら何か聞きづらくなって聞かなくなった人とか腹を立てた人もいるかもしれない。このお互いのいじり・いじられはくりぃむしちゅーの芸風でもあってTVで今でも有田上田をいじって、上田が憤慨しつつ納得して受け入れる笑い、となったりしているんだけど、嫌だなと思った人もいるだろう。でも炎上はしなかった。馬鹿が聞かなかったから?いや当時の人気番組聴取率も高かったしPodcast配信数でも常にトップクラスだった。

くりぃむANNは、「有田上田に謎の質問むちゃぶりを展開して上田嘘八百トーク強要する」くだりが流行った時があって、それをスポーツ紙が「ラジオ有田むちゃぶりを仕掛けることがストレスになって上田血尿を出して倒れた」みたいなゴシップ記事にされたりしてた。この辺はスポーツ紙記者も含めた共犯関係の「お遊び」だ。

ただ、上田有田リスナーの「共犯関係の内側」にいる人だけで作られた「疑似いじめ構造」ではなく、「対象外」の人を巻き込んだ遊びだとしたら、当時10数年前でもネタの内容によっては炎上したんじゃないか

で、今回の岡村の「お金に困った子が風俗に入ってくるから」は、「対象外」の第三者である「金に困った女性」を巻き込んで「疑似いじめ構造」を作っちゃったのだ。そりゃ悪目立ちもすると思う。

更にもっと言えば、例えば「共犯関係が作れる身内」であれば炎上せずに「あぁ岡村さん相変わらずこじらせてるなぁ…」とため息をついて終わり、になったんだろうか、と考えてみても…、例えば、女性リスナーに「誰か癒してあげてー」と呼びかけるとかだったら?、番組スタッフとか芸人の後輩とかにコロナの影響で番組制作が減ってしんどいだろうからラジオの手伝いも安くやってくれる?」とか?

増田想像力貧困からあんまりいい代替が思いつかないが、登場人物を「共犯関係の身内」に絞っても、なんかこれ割と笑えなくね?ダメじゃね?となるんじゃないかと思う。番組スタッフとか若手芸人なら、例えばそのあとにオチで「これをチャンスにお前らが出世できるしな!」とかも、言いようがあるだろうけど…、足元を見た残酷な言い方だな、さすが芸人さんシビアというかパワハラなんやな…とは、やはり思う。

ネタ構造として「知らん第三者いじめられサイド」に置いたネタであったこと、で1アウト。

ネタの内容が、風俗で女を買い叩く(安く良い子が抱けるというのはそういうことでしょう?という、まぁ倫理観的にかなり際どいネタだったことと、で、2アウト。そりゃ炎上するよ。

これで岡村および番組サイドが次週にすぐごめんなさいせず矢部氏が公開説教してなかったら、多分3アウトで、番組も、場合によっては岡村本人も色々終わりだった可能性もあったと思う…。現に岡村さんは「フジテレビ嫌なら見るな」の時は強弁して後で後悔してるし、かなりヒヤヒヤしてたよ私は。

もうradikoタイムフリーも聞けないから水掛け論になってしまうかもしれないが、矢部氏・公開説教の回で、矢部氏はリスナーファンへの配慮もあって強くは言ってなかったけど、「岡村にモノ言えなくなっていたスタッフ問題と、「リスナー岡村を(悪い意味で)甘やかしてた」問題に触れていた。

岡村さんは、背が小さいとか、出会いの不幸とかいろいろあって女性観がいささかアレな感じだとか、実は根が真面目だとか、あとはお父さんから売れっ子になってもしばらく芸人になったことを認められてなかったとか、まぁ色々「こじらせそうな」条件が揃っている人だ。自分に対して真面目な人は、人にも同じ真面目さや同じ考え(自分が正しいと思ってること)を強要するパワハラの罠に落ちやすいし、容姿に自信がなくて真面目な人はチャラく軽く女の子と接するのが上手じゃなくて女の子苦手になっちゃう人もいるよなと、リアルライフを観察していて感じることも多い。

同じような悩みを一つ二つ共有している多くのリスナー岡村さんの間で「共犯関係」であれば、双方がワルぶってイキっているラジオとしてアリだと思うのだ。でもいつの間にか「共犯関係」ではなくて「嫌な女を嗤う正義の同志」みたいになっちゃってる時間が、岡村単独番組になってからどんどん増えてたんだよね。矢部氏は公開説教回で、岡村さんが「頭パーン」になっちゃたから遠慮をしてしまってたのかもしれん、と言うてて、私も番組を聞きながら、何か傾いていく岡村さんのトーク投稿に一つ一つにぬぬ?と眉根が寄ることが増えて、頭パーンの影響なのか相方がいないからかなとか、違和感を溜めつつだんだん番組を聞かなくなっていったんだなぁと、今になって思う。

岡村さんが藤田ナントカいう人に絡まれてる件は、悲しいけど岡村さんには自業自得かなと思ったりはしています。正直私は藤田ナントカ全然キライですけど、一方で「岡村と俺たち」vs「藤田フェミ」、みたいな意味わかんない「敵・味方」にしてる一部のオッサンたちは、岡村サイドだろうが藤田サイドだろうが、藤田ナントカと同様にキモイキライです。藤田ナントカ胡散臭い奴だからって岡村が言うた下衆な発言の下衆さが変わるわけではないですし、岡村相棒と一緒に再びラジオを続けます代理闘争にこれ以上巻き込まんといてほしいです。別にいいけど、あなた方こそリスナーでも何でもなくない?って感じの人が女憎しで勝手に怒ってる気もするし。

矢部氏が戻ってきた新生ナイナイオールナイトは、旧ナイナイオールナイト時代からのお題を半分以上カットして新コーナーができました。別の記事ブコメにそれに対して不安を感じている様子のものもあったけど、個人的にはブブカとか点取りとか、もうずっと惰性というかネタ面白ものあんまりなかったと思うんですよね…書き割りの風景みたいになっちゃってたというか。だから個人的には良い潮時だと感じています矢部氏が卒業する時に無くなると思ってたぐらいなので…。なので、リスナーさんたちは頑張って新コーナーにたくさんメール送ってはどうかと思います増田ネタゼロなので無理。投稿は一度だけ、昼間のたまむすびしたことがあるっきりで、その1回が何故か読まれて瀧切手が送られてきたのに満足してそれ以来全く。でもなんか頑張ってみようと思うよ。

anond:20200516180803

こいつ白痴じゃねwwwと思ったけど、よく考えたら自分も初めてやるときまで服の買い方とか公共交通の乗り方とかわからなかったわ。裾上げとか整理券とか所見殺しだろ...

2020-05-13

うんちといえば、公共トイレの大便器はもう少し多くしてほしい

駆け込んで空いてないときの…

2020-05-09

お隣の韓国も性に関する問題で揺れに揺れている

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/05/09/2020050980029.html

それだけセンシティブ話題ということだ。

軽々しく風俗嬢の話を公共放送ですべきではない。

つくづくそう思う。

イルミナティカード2020年5月11日について(東京の没落)

恐らく東京の落日を象徴する事件ではないかと思われる。

新型コロナの影響で都市部空洞化懸念(在宅勤務で公共交通利用が減少していて労働者都市部に来ていない)が全世界的に問題視されている。

この日に東京を直撃する巨大災害が起きるとも、死人を伴う犯罪事件が起きるとも考えられない。

あるとすれば、東京東京以外の力関係が逆転する報道が起きることぐらいだろう。

2025年に始まるとされている東京の衰退が新型コロナで大幅に早まったのは想像に難くない。

ポスト東京都市首都圏以外の日本のどこにあるのだろうか?

2020-05-08

anond:20200508173225

そりゃお前が増田でブチ上げるのと

岡村金持ち)がラジオ公共電波)つかってニヤニヤしながらいうのとでは影響力がちがうから

増田はいものことでもそのまま金持ちの口から出て通用すると思うなというご簡単な話

店舗物件オーナーは、3分の2ほど補償されないとやっていけないのか

店舗家賃3分の2を補償税金補償しようという話がある。

物件オーナー側は通常の収入が得られるわけだが、どうも違和感がある。

不動産収入生活費に当てているオーナーもいるだろうが、東京だと家賃100万で足りないとか言っているわけで、それを全て生活費として消費しているのか?

仮に消費しているとして、それを税金補填するのか。

もちろんしなければ、やの付く人にオーナーはお願いしてでも取り立てようとするのだろうが。


問題根本は、東京不動産高すぎということじゃないだろうか。

デフレ時代もずっと上がってきた。東京オリンピックまでは上がるという神話を作ってまでだ。


家賃が高くなりすぎて、チェーン店以外の新しいことを始めようとするハードルは高くなった。

駅ごとに特色があったのがなくなった。

東京に住む魅力は緩やかに減少しているわけだが、実際に人に会うための公共交通の利用のしやすさで補ってきた。

一番実際に会わなくてもやっていけるWeb企業がこぞって東京に集中したことからも、結局コロナが終わっても、元のようになるんだろうな。

2020-05-06

ほんっと声優には甘いよな

NHKラジオ声優が内輪の暴露話とか下ネタとかしまくってるらしいじゃん

こいつらは「暴露大会なんて不快なだけでつまらない」「価値観アップデートが~」「公共電波が~」なんて全然言われないんだろうなあ

anond:20200506123347

イオンシネマが遠いのは分かる

うちの場合は近いところで、自家用車で40分、公共交通で1時間

他館なら半分の距離のとこにある・・・

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん