「フェミサイド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フェミサイドとは

2021-10-11

モノ言う女性がたたかれない社会に 安全オンライン空間を求めて

https://www.asahi.com/articles/ASPBC636DPBCPTFC00Y.html

運動名称は「オンラインセーフティーフォーシスターズ」。呼びかけ人は、ライター石川優実さん(34)、市民運動家の菱山南帆子さん(32)、コラムニストの伊是名夏子さん(39)。同日、記者会見を開いた。

職場での女性へのヒールパンプス強要反対を訴えてきた石川さん

菱山さんは8月にあった小田急線車内での刺傷事件に関連し、女性であることを理由にした殺人意味する「フェミサイド」を許さないと発言したところ、

車いすユーザーの伊是名さんは今年4月JR無人駅で降りたいと申し出たら、乗車拒否されたやりとりをブログでつづると

すごいラインナップだw

2021-10-07

anond:20211007151458

なぜ上級男性リンチしてストゼロが飲めないのか?

上級男性命令されて

犬のようにフェミサイドしてしまうのか?

いか

フェミはそろそろ恨まれてることを自覚した方がいいよ

フェミをみな死んで欲しいと思ってる

女にまでその憎悪が波及していっている

俺も早くフェミサイドが流行って、フェミサイドのニュースをツマミにストゼロきめるのを楽しみにしてる

2021-10-05

無職男(40)「女性を殺してあげようと思った」

無職久保一紀容疑者(40)は、4日午後7時ごろ、川崎市路上で、20歳女性包丁で切りつけるなどして、殺害しようとした疑いで緊急逮捕された。

久保容疑者は3人と面識はなく、「女性を殺してあげようと思った」と供述していて、警察動機を追及している。

https://news.livedoor.com/article/detail/20975139/

まーたジャップオスのフェミサイドかよ…

本当に女にとって地獄だこの国

2021-10-04

【速報】川崎住宅街男の子ら3人切られる、殺人未遂の疑いで男逮捕

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4374827.html

警察によりますと、48歳の女性とその息子の5歳の男の子が腕や脇腹を切り付けられ、さらに、そのおよそ15分後、現場からおよそ50メートル離れた路上で19歳の女性が腕を切り付けられました。3人はいずれも軽傷だということです。

フェミ女性の方が先にかつ多く刺されているのに見出しが『男の子なのはフェミサイド隠しだ。政府意図を感じる」

anond:20211004014909

フェミサイドと言われようが、俺も自分では絶対やらんなぁ。

人を呼びに行く。

AEDは服脱がさなくても処置できるように進化して欲しい。

今のAEDの応急処置リスク高い。

養ってる家族もいるので赤の他人のために人生台無しリスク踏むのはキツい。

女性へのAED拒否フェミサイドっていうけど

フェミニズム運動の結果だと思うんだよね。

自分は倒れてるのが一般女性だったらAED使うつもりだけど、それがミサンドリー女だと分かったら絶対に助けない。

2021-10-02

アメリカはもう一度内戦をやらないのかな

フェミニズムvsインセルみたいなのが激化しないのかなー

韓国の方がヤバそうだけど戦争と言えばやはりアメリカ歴史の一ページが追加されるかもなー。日本インターネット軍師様と良い子ちゃんしかいないかフェミサイドはあっても内戦までは行かなそう。まあフェミサイドもないまま良い感じに海外ウォッチするのが理想ではある。

2021-09-22

anond:20210922175347

フェミサイドやめろって言ってるご婦人たちもフェミニストと一派として数えられるのか

2021-09-19

登校中の女子高生、顔を突然殴られる事件相次ぐ…「自転車男」の無差別襲撃か

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210919-OYT1T50089/

同署によると、8月31日朝、同市北区西長瀬横断歩道信号待ちをしていた高校生に男が後ろから近づき、突然顔を殴りつけた。高校生は鼻の骨を折る重傷を負い、男は自転車で逃走した。また、今月15日にも、同区西古松西町で、信号待ちをしていた別の生徒が顔を殴られ、軽傷を負った。

男は50~60歳代くらいで、身長は1メートル65~1メートル75。15日は上下紺色のかっぱ姿でフードをかぶりマスクを着けていた。銀色自転車に乗っていたという。

またフェミサイド

2021-09-07

死ねずにパニックになった」カプセルホテル女性従業員刺す 男(57)を逮捕

https://news.livedoor.com/article/detail/20828472/

相楽容疑者は、女性と面識はないとみられ、調べに対し「死にたいと思い、果物ナイフ自分の腹を刺したが死ねずにパニックになり、目の前にいた女性を刺した」と供述し、殺意否認しているという。

フェミサイドですね

JR大宮駅付近繁華街カプセルホテル女性刃物で刺される

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210907-OYT1T50125/

7日午前10時20分頃、さいたま市大宮区宮町カプセルホテルで、60歳代の女性従業員刃物で刺されたと119番があった。女性従業員救急車搬送されたが、命に別条はないという。現場JR大宮駅に近い繁華街

フェミサイドじゃ、フェミサイドの発生じゃ~

2021-09-03

anond:20210903141712

間接的フェミサイドwwwwwwww無敵かよwwwwwwww

それなら女は間接的ジェノサイドだわwwwwwwww

ちゃん弱者男性セックスして子供残せよ

間接的ジェノサイドだぞ

anond:20210903115605

それは間接的フェミサイドだよ

いじめ問題傍観者いじめを黙認する環境に加担しているのと同じ

広島フェミサイドを許さな

もう一発落とさないと分からない?(怒)

商業施設女性が刺され死亡、逃走した男の身柄を確保 広島・呉

https://www.asahi.com/articles/ASP933RNQP93PITB005.html

県警によると、女性は40~50代くらいで、背中など複数箇所を刺されていたという。現場では凶器とみられる刃物押収された。逃走した人物上下カッパを着て、現場から北方スクーターで逃走していた。

女が殺されたら全部フェミサイド

2021-09-01

anond:20210901181758

しつこく言い寄る男を拒否してブロックしたら、待ち伏せされて硫酸かけられた

実質フェミサイドだな

2021-08-31

anond:20210831102457

https://mainichi.jp/articles/20210831/k00/00m/040/134000c

フェミサイドではないし「いじり」の報復でもなさそうだな

これがまさか大正解とは

拒絶されてブチ切れたんだな

リンク集

anond:20210204104014フェミニズムが死すべき理由
anond:20210714204405牟田和恵がTERFと連携してんのやばすぎ
anond:20210807233230ネットおかしフェミニストたちを肯定的に捉えるなら
anond:20210808111707いつもこの人達だよね・・・
anond:20210808113307フェミサイドを無くすために何が出来、何をするべきなのか?
anond:20210808162302やっぱりこの人たちで草
anond:20210810002154日本フェミサイドは起きているのか
anond:20210813013009牟田和恵が本格的にトランス差別に参戦していて笑えない
anond:20210825220226国語増田じゃないけどはてなー国語力が心配
anond:20210826145519読みにくい文章を書く技法について
anond:20210901124233もっと会話や読書したほうが良い
anond:20210903110658はてな蔓延バカの壁問題
anond:20210903184406性的ものが表にあることで起こる被害の話」に賛同して表に出すなと言ってる人って
anond:20210903215430難しい文章を読むとき対策方法
anond:20210904092201性的ものが表にあることで起こる被害の話」に賛同することの拙さの補足
anond:20210904121946これに限らずはてなフェミ垢って
anond:20210904123746maruX氏への質問
anond:20210905114839はてなーのみんなは高市早苗氏とアファーマティブアクションについてどう考えているのか知りたい
anond:20210905200701はてフェミもツイフェミと同じぐらい迷惑
anond:20210905212819【削除】高市氏の総裁選立候補をうけて
anond:20210906115332ゾーニングという言葉を軽々しく使うのを止めて欲しい
anond:20210906125831表現の自由戦士とそのアンチのための10質問
anond:20210910031736VTuber理解せず女性主体性否定する全国フェミニスト議員連盟
anond:20210911180311quick_pastとle_cinemaって同じ穴のムジナだと思ってたら敵対してたのか!
anond:20210912075351時代遅れフェミニスト議連老害キモい
anond:20210912205539yas-mal国士「どういうつもりで「民主党」と言ってるんだろう。」
anond:20210913114314議員の抗議は表現の自由侵害ではない、がはてサ認識でいいんだよね?
anond:20210914120429ねぇはてサ君達、言ってる事おかしくない?
anond:20210919124053女性自己表現TPOをわきまえろとか、公に配慮しろとか、フェミニズムからしたらどうなの?
anond:20210919193910表自オタクが1ミリも見てない山田太郎議員戸定梨香問題動画のまとめ
anond:20210919195238フェミニズムって女性一人ひとりの自由意志よりも、女性全体の権利拡充を目的にする社会運動なんだね
anond:20210920092539フェミはてサタリバン論法
anond:20210920132912全国フェミニスト議員連盟の思惑を語るよ
anond:20210920134105表現必然性を求めること自体が抑圧でしょ
anond:20210920141122もうフェミニスト議連は完全に負けムード入ってるね
anond:20210920163330擁護するつもりでフェミニズム議連に「権力」はないと抗弁するのは筋が悪くない?
anond:20210920171114ネットフェミニストって馬鹿だよね
anond:20210920190013フェミ議連代表者である増田かおる議員が"いいね"したツイート
anond:20210922000102何で勝手に乳揺れとTPOの話してるんだっけ
anond:20210922061816表現の自由戦士はなぜ桶ダンスを守らないのか
anond:20210922205818全国フェミニスト議員連盟に関する整理
anond:20210922124606はてフェミさん達の議論スタイル凄すぎ
anond:20210923010950フェミ議連代表者、戸定梨香の中身が男というtweetいいねしてしま
anond:20210923022833フェミニスト議員連盟の件で援軍が少ない理由
anond:20210922092349乳揺れ論議疑似科学との討論トラップに陥っている
anond:20210923101303仰る通りだと思う。
anond:20210923102036田豊としてのtikani_nemuruさんへ
anond:20210923110357反差別で名高い有力ブクマカによる反論が続々と寄せられて来ているが?
anond:20210923133555Vtuber誹謗中傷
anond:20210924003556およそ4割の女性の胸は揺れている
anond:20210924121153映画好きはゴミの集まり
anond:20210924153050最後の望みのTPO
anond:20210925095728VTuberの件ではてなフェミカスが学ぶべきたったつのこと
anond:20210925111711vtuberの件ではちょっとはてサが見苦し過ぎる
anond:20210927002332フェミニズムはいい加減クレクレちゃん卒業すべき
anond:20210927150424フェミニストゆるキャンを燃やそうとしている」の件のメモ
anond:20210904134756【削除】anond:20210831180800 なんやこの気違い
anond:20210904141903【削除】anond:20210904134756 そりゃフェミキチさんだろう

2021-08-25

フェミサイドに関するメモ

EU文書フェミサイド定義を書いていると言っている人がいるので、そのメモを書いておく。

まず話に上げられていたフェミサイド定義が書いてあるとされる文書こちらのこの箇所。

Official Journal of the European Union/ISSN 1725-2423/C 227 E/Volume 51 4 September 2008/149page/E.

URL:https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=OJ:C:2008:227E:FULL&from=EN

抜粋したもの

“E. whereas the term feminicide emanates from the definition of violence against women which is laid down in Article 1 of the Convention of Belém do Pará as follows: any act or conduct, based on gender, which causes death or physical, sexual or psychological harm or suffering to women, whether in the public or the private sphere; whereas the punishment and eradication of feminicide is an obligation and must be a priority for any state based on the rule of law,”

↑を翻訳したもの

“E. フェミニサイドという用語は、ベレン・ド・パラ条約第1条に規定されている「女性に対する暴力」の定義に由来するものであるが、その定義は次のとおりである。すなわち、性別に基づき、公的領域である私的領域であるかを問わず女性に死または身体的、性的心理的危害苦痛を与えるあらゆる行為または行動である。”

ベレン・ド・パラ条約第1条を引用していることがわかる。

ベレン・ド・パラ条約はここに載っている。

URL:https://www.wikigender.org/wiki/convention-of-belem-do-para/

↑を翻訳したもの

ベレン・ド・パラのコンベンション

女性に対する暴力の防止、処罰及び根絶に関する米州条約

1994年6月9日採択

所在地 ブラジルベレン・ド・パラ

エントリー 1995年3月5日

条件 第二次批准書の寄託から13日目

パーティ 32 (全リスト)

預託先 米州機構事務局(General Secretariat of Organisation of American States

女性に対する暴力の防止、処罰及び根絶に関する米州条約通称ベレン・ド・パラ条約)[1]は、米州機構OAS)内で締結された国際人権文書であり、米州において女性権利保護擁護するためのメカニズム確立し、公私を問わず女性身体的、性的心理的な完全性に対する暴力と闘うことを求めている。

この条約は、1994年6月9日ブラジルパラー州州都ベレンで開催されたOAS24回総会で採択され、1995年3月5日に発効しました。2012年8月現在OAS加盟国35カ国のうち32カ国が批准していますカナダキューバアメリカ合衆国男女共同参画は未加盟)。90年代半ばにベレン・ド・パラの条約が採択され、広く批准されたことは、女性権利を守るための闘いにおける画期的出来事です。特に、この条約は半球の人権に関する他のどの条約よりも多くの批准を得ており[2]、女性に対する暴力問題を具体的に取り上げた歴史上初めての条約です。[3)条約の遵守を監督する機関は、OAS機関である米州人権委員会(IACHR)と米州人権裁判所である

目次を見る

1 背景

2 実質的規定

2.1 定義保護される権利

2.2 各国の義務

3 米州における保護の仕組み

3.1 ベレン・ド・パラの条約に見られるメカニズム

3.2 条約実施フォローアップするメカニズム(MESECVI

4 参考資料

5 参照

6 外部リンク

7 フィードバック

背景

ベレン・ド・パラ条約は、米州女性委員会(Comisión Interamericana de Mujeres:CIM)によって起草されました。1928年設立されたCIMは、女性人権認識保証するために設立された最初政府機関であり、OAS内の各加盟国代表者を置き、アメリカ大陸における女性権利ジェンダー平等について議論し、政策策定する主要なフォーラムとなっている[4][5]。

条約はその前文で、女性に対する暴力は「女性男性の間の歴史的に不平等な力関係の表れである」と述べ、すべての女性暴力から自由である権利には、あらゆる形態差別から自由である権利も含まれると認識しています。これは、女性に対する暴力問題の深刻さ、女性歴史的に受けてきた差別との関連性、そして暴力を防止し、罰し、撤廃するための包括的戦略採用する必要性について、アメリカ大陸全体で感じられている一様な関心を反映しています[6]。 この条約のもうひとつの注目すべき質は、米州人権システムの他の文書に含まれ規範創造的に組み合わせることで条約の強度を高めることができるという意味で、国連宣言提供する領域を超える広範な戦略執行メカニズム提供していることです[7]。

実際、2011年欧州評議会CoE)で「女性に対する暴力及び家庭内暴力の防止及び対策に関する条約」が採択されるまで[8]、ベレン・ド・パラの条約は、女性に対する暴力問題を具体的に取り上げた世界で唯一の国際条約でした。

しかし、2004年アムネスティ・インターナショナルが指摘したように、この条約女性に対する暴力の根絶に向けた国際的コミットメントであり、アメリカ大陸で広く批准されているにもかかわらず、条約採択から10年経っても、この地域女性に対する暴力行為は根絶されたとは言い難い状況にあります[2]。

実質的規定

定義保護される権利

ベレン・ド・パラ条約の第1章は「定義および適用範囲」と題され、女性に対する暴力を「性別に基づいて、公的領域である私的領域であるかを問わず女性に死または身体的、性的心理的危害苦痛を与える行為または行動」と定義し(第1条)、身体的、性的心理的暴力を含むと理解されています(第2条)。保護される権利」と題された第2章では、「すべての女性は、暴力から自由である権利を有する」(第3条)--あらゆる形態差別から自由であり、女性劣等感または従属感の概念に基づく固定的な行動様式および社会的文化的慣行から解放されて評価され、教育を受ける権利を含む(第6条)--、および「地域的および国際的人権文書に具現化されているすべての人権および自由承認し、享受し、行使し、および保護する権利」(第4条)を定めています締約国は、女性に対する暴力が、女性市民的、政治的経済的社会的および文化的権利自由かつ完全な行使を妨げ、無効にすることを認識する(第5条)。

国家義務

第3章では、この章のタイトルに沿って、「国家義務」を概説し、必要国内法や行政機構の導入に特に重点を置いて、「あらゆる適切な手段により、遅滞なく、このような暴力を防止し、処罰し、根絶するための政策を追求する」ことを締約国義務としています(第7条)。しかし、それだけではありません。続いて、プログラムを含む「漸進的に具体的な措置を講じる」という締約国義務概要定義が述べられています

a. 女性権利についての認識と遵守を促進すること。

b. 教育プログラムを通じて、男女の社会的文化的な行動パターン偏見、男女の劣等感優越感の考え方に基づく慣習や固定観念修正すること。

c. 司法行政に携わるすべての人々、特に警察官やその他の法執行官の教育・訓練を促進する。

d. 暴力を受けた女性に対し、シェルターカウンセリングサービス被害を受けた子どもケア保護を含む適切な特別サービスを、公的機関および民間機関を通じて提供すること。

e. 教育を通じて、女性に対する暴力問題とその救済策に関する認識を促進すること。

f. 暴力を受けた女性が、公的私的社会的生活に完全に参加できるように、効果的な再適応プログラムや訓練プログラムへのアクセス提供すること。

g. あらゆる形態女性に対する暴力の根絶に貢献し、女性尊厳尊重を強化するために、メディアが適切なガイドライン作成することを奨励すること。

h. 女性に対する暴力を防止し、処罰し、根絶するための措置有効性を評価し、必要な変更を策定し、実施するために、女性に対する暴力の原因、結果、頻度に関連する調査および統計その他の関連情報収集を確保すること。

i. アイデア経験の交換、および暴力さらされている女性保護目的としたプログラムの実行のための国際協力を促進すること(第8条)。

これらの措置採用するにあたり、締約国は、特に人種民族的背景、または移民難民避難民としての地位理由とする女性暴力に対する脆弱性、および妊娠中に暴力を受けた女性障害者未成年者、高齢者社会経済的に不利な立場にある女性武力紛争の影響を受けた女性自由を奪われた女性脆弱性特別考慮することが求められている(第9条)。

米州における保護の仕組み

締約国条約に基づく義務を確実に果たすために、特定保護メカニズムが設けられている。すなわち、(1)ベレン・ド・パラの条約自体に見られるメカニズム、(2)2004年に別個の法律によって創設された「条約実施フォローアップするメカニズム」(MESECVI)と呼ばれる追加メカニズムです。

ベレン・ド・パラの条約に見られるメカニズム

ベレン・ド・パラ条約の第4章「米州保護メカニズム」に基づき、各国が条約を採択または批准すると、OASはこの引き受けた義務を、人権の促進と保護に関する2つの活動分野で監督します。1)米州女性委員会(CIM)、2)米州人権委員会(IACHR)と米州人権裁判所構成される米州システム

CIMの監督役割は、2年ごとに発行される定期報告書[9]を通じて、「女性に対する暴力を防止及び禁止するために採用された措置、並びに暴力の影響を受けた女性支援するために採用された措置、並びにこれらの措置適用する際に観察されるあらゆる困難、及び女性に対する暴力の要因」(第10条)をCIMに更新する締約国条約上の義務の結果である。このような報告書に基づいて、CIMは、そのマンデート目的に沿って、女性権利ジェンダー平等の分野で政策策定し、締約国勧告を行うことができます[10]。

米州システム監督機能には2つの側面がある。第一に、このような機能は、締約国およびCIMが条約解釈に関して米州裁判所勧告意見を求めることができる限り、米州裁判所能力の下にある(第11条)。第二に、このような機能は、締約国条約第7条で定められた義務違反しているという苦情を受け取り、送信する権限を有する限りにおいて、米州機構能力に該当する。このような苦情は、OASの1つまたは複数の国で法的に認められた個人グループ、または非政府組織が提出することができます。「米州人権委員会は、米州人権条約および米州人権委員会請願書の提出および検討に関する規約および規則によって定められた規範および手続きに従って、かかる主張を検討するものとする」(第12条)。

司法国際法センター(CEJIL)が2006年に発表したポジション・ペーパー[3]によると、条約の発効以来、CIMは条約に基づく締約国報告書を受け取っていたが、限られた資源報告書に関する十分な議論の欠如、報告書独立した検証と詳細な評価不実施などの理由により、条約から生じる国家義務に対するフォローアップの影響は制限されていたという。この論文では、ベレン・ド・パラ条約の採択は、IACHRの機能に属する苦情処理手続きに関しても、最初10年間でIACHRに提出された事例の数が限られていたこと、IACHR事務局長のリソース不足、米州システム機関構成などの理由から、期待されたほどの影響を与えなかったと述べている。以上のことから、CIMとIACHRは、その任務遂行し、ベレン・ド・パラの条約批准した多数のOAS諸国が引き受けた公約の実現に貢献する上で、大きな困難を抱えていました。

このことは、条約発効後5年以内にCIMが調査を行い、条約目的が達成されていないことが明らかになったこから[11]、ベレン・ド・パラ条約フォローアップ・メカニズム設立必要措置を講じることが委任された。

条約実施フォローアップするためのメカニズム(MESECVI

2004年10月26日、OAS事務総長締約国会議招集した際に、ベレン・ド・パラ条約実施フォローアップ機構(MESECVI)の規約承認されました[12]。 MESECVIは、条約目的達成に向けた進捗状況を検証するための、独立したコンセンサスベースシステムです。MESECVIは、条約地域への影響、女性に対する暴力の防止・処罰・根絶における締約国の成果、関連する公共政策実施における既存課題検証するために、条約締約国専門家委員会(CEVI)との間で経験技術協力を交換する場を通じて、体系的かつ継続的評価を行うための方法論を提供しています[13]。”

↑のベレン・ド・パラ条約は”女性に対する暴力”の定義であって、フェミサイド定義ではない。

また、”Official Journal of the European Union/ISSN 1725-2423/C 227 E/Volume 51 4 September 2008/149page/E.”はフェミサイド定義説明しているのではなく、ベレン・ド・パラ条約第1条を引用して”女性に対する暴力”にフェミサイドも含まれるということを書いている。

さらに、”Official Journal of the European Union/ISSN 1725-2423/C 227 E/Volume 51 4 September 2008”の中でもフェミニサイドとされているのは女性殺人事件のみである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん