「バリエーション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バリエーションとは

2021-05-13

anond:20210513001900

日本語入力バリエーションによって位置が違うがフェイスマークを押す

グローバル意味勘違いした絵文字が出てくるが無視して最下段の☆マークを押す

グローバル記号文字が出てくるので好きなのを押せ

従来の感覚で迂闊に英語入力qwertyキーボードモードにすると詰むので注意だ

2021-05-12

anond:20210512132350

実際のところ時代劇よりはバリエーション豊かだし、まあ飽きられつつも作られ続けていく気はするな。

時代劇だって別に死に絶えたわけでもなく、むしろトータルの市場規模はいまでも「なろう系」を超えてたりするんじゃないのか?

anond:20210512100850

バリエーションがつけにくいよな

クビになるが最初にあるわけだから

実は有能って展開にするしかなく

そうなると、クビにした側が苦労する

までがテンプレ

2021-05-11

「キモい」にも2通りあると思う(容姿の「キモい」と行為の「キモい

誰かの容姿風体生理的気持ち悪さや嫌悪感を感じることから発する「キモい」という言葉と、誰かの行為に対する嫌悪感の表明としての「キモい」という言葉は、個人的にはだいぶ意味が違うと思う。

88cmと8kg氏が挙げてる徳島事件犯人が、コンビニの前にいる見知らぬ女子高生を突然自宅に誘ったとき女子高生に言われた「キモい」も、その女子高生を追いかけて暴行した犯人批判するときに「フェミニストのみなさん」が使った「キモい」も、後者の、行為に対しての「キモい」じゃないだろうか。

だけど、88cmと8kg氏はこの言葉に対して強いトラウマがあることもあって、誰かが後者意味で「キモい」を使っていたとしても、本人や、彼と同じように「キモい」と言われ続けてきた男性たちの容姿に対する攻撃差別と受け取っている。そこがフェミニストに対する批判の原点になっている。これって不幸なすれ違いのように思う。

…それとも、88cmと8kg氏が考えるように、容姿への「キモい」と行為への「キモい」は、実際には別物じゃなくて、同じひとつ差別言辞バリエーションなんだろうか。たとえば「コミュ障」といわれるようなコミュニケーションの困難さを抱える人が「キモい」と言われるとき、その「キモい」というは言葉の選び方、発し方、間の取り方、喋っている時の様子や表情、醸し出す雰囲気など、言動挙動をひっくるめた「全体的なありかた」に向けられてて、その点では容姿行為の間にあるんだろうか。

本人には責がないことで、誰かの容姿言動挙動について「キモい」と直接言ったりするのは明らかに攻撃だし差別だと思う。徳島事件犯人女子高生フェミニストやその他の人々が「キモい」と言うことは、どうだろう。「その言葉で傷つく人がいるなら、差別意図がなくても使うべきでない」という考え方が正解なのかな。

anond:20210511091241

2021-05-10

「壊れてしまった人間」を救える思想運動など存在しない。

https://note.com/mefimefiapple/n/n7d700fe79960

正直、このアカウントかなり釣りくせーな―と思うのだけれど、仮に釣りだとしても

わざわざ釣り道具一式を揃えて釣り堀にルアーを投げ込むその情熱の根源はやはりこの note に書かれてあるとおりなのだと思う。

幼少期・思春期トラウマ

自分が圧倒的に破壊されてしまった経験

こういう経験をしてしまった人間は男女や時代を問わず多い。どうも多いらしい。

ネットでたまにどうしもようなく負のオーラを放っている人間を見かけるだろう。見た瞬間に一生関わらないでおこうと誓い、ブラウザのバックボタンかその機能もつショートカットキーを押させる恐怖。あれだ。

あれらのひとびとが「壊れてしまった人間」だということを俺は知らないでいた。

それは幸運であり、幸福なことだったのだと思う。

少なくとも半径五メートル範囲では深刻ないじめ尊厳蹂躙を見聞きせずに育って(本当に存在しなかったのかは別だろうが)、フィクションで描かれる凄惨いじめ描写や「男子いじめ女子」などは完璧想像産物だと思っていたし、ネットでたまに見かける悪意と憎悪の塊のような人々を我々の生活とはまったく関係ない、外宇宙から来た得体のしれない何か、天災じみた純粋悪みたいなものと考えていた。


きっかけは大学オタクサークルを選んだことだった。

そこには二三人、「壊れてしまった人間」がいた。

「壊れてしまった」という言い方が正しいかどうかはわからないが、当時の俺の直感と語彙では「壊れてしまった」としか言いようがなかった。

まず挙動が明らかにおかしい。

オタクサークルに入る人間は大なり小なりオドオドしているものだろうが、その人たちのオドオド加減は度を越していた。

日常の問いかけにまともに応えられればいいほうで、なかにはまともなやりとりすら成立しない人間もいた。

極端に大人しい人なのかな、と思えば、時々冗談なのかなんなのか、突拍子もないことを言い出すこともあって、そのたびにこちらは面食らった。

何の連絡もなく一ヶ月も二ヶ月もサークルに来なくなったので、心配して連絡しようとしても全然返信が返ってこない。やめたのかな?と思っていたら突然何事もなかったかのように復帰する。

大学もまともに行ってるんだか行ってないんだか。

大学とは色々な人がいるのだなとその頃は思った。実際、田舎では出会わなかったバリエーション豊かな人々と遭遇していたので「壊れてしまった人たち」も「色々な人」のカゴに雑に突っ込んで適当に過ごしていた。

「壊れてしまった人たち」という認識を得たのは、ある日の飲み会のことだ。

深酒をした同期のAくん(仮名)が珍しく高校以前の過去語りを始めた。

いじめられていた、という。そのいじめの内容というのが、朝登校すると机に花を活けられていただの、机に「死ね」とほられていただの、トイレに入っていたら水をぶっかけられただの、とそんな感じ。ほぼクラス全員から標的にされていたらしく、女子にもいじめられ、かなり性的いやがらせもされたという。

直前まで全然そんな陰惨な話をする雰囲気ではなかったところにいきなりぶっこまれたのもショックだったが、それ以上に衝撃的だったのは、

「そんな『マンガに出てくる典型的いじめっ子のやるいじめ』を行う人間がいるのか!?

という事実だった。

だっていじめっ子って悪いやつであるフィクション世界においては極悪人バカで愚かな人間しか描かれているのである。それをあえて模倣するバカが世にいるのか。しか女子にも。空想上の生き物じゃなかったのか。信じがたかった。

そして、納得もした。

「ああそうか、だからAくんは”こう”なってしまったのか」と。

Aくんは基本的大人しい人物でまあいいヤツだったのだが、ネットでやっているブログでは稀に普段の彼から想像できないような憎しみを発することがあり、内心ちょっとヒイていた。かなりの部分、女性蔑視的なところもあった。Aくんはおおむね良いやつなのだけれど、そういうところはよくないな、と思っていた。


だが、彼の過去を聴いてしまたからはうかつに「よくないな」とは思えなくなった。いや、不特定であれ他人攻撃性を向けるのはよくないことはよくない。けれど、俺にはAくんを責められないな、と思った。俺もきっと同じ環境にいたら「壊れてしまった」だろう。

そして、ネットでみかける”純粋悪”たちの正体もわかった気がした。

どこかでいつか誰かから「壊されてしまった」人たち。

そのせいで(おそらくはネット限定で)呪い言葉しか吐けなくなった人たち。

そういう人たちのなかにはたまに特定思想運動に乗っかってるひともいて、まあ陰謀とか宗教とかもあるんだけど、ともかく、最初noteの人はそれが「男性としてフェミニズムを支持すること」あるいは「男性フェミニストを装うことでフェミニズム攻撃すること」だったんだろう。この際どっちでもいい。


社会に出てから、他にも「壊れてしまった」男女に少なからず会った。

少なからず。意外と多く存在していることも知った。壊れ具合の結構差が出ることも。

そういう人たちに危害を加えられることもあった。まともな人間関係を築けることもあった。

でも常に共通して、互いに一線を引きあっている感じがあった。俺とあの人たちは違う。どこかでそう思ってしまっていた。


Aくんは大学卒業した後、縁もゆかりもない地方都市就職して、しばらくそこそこに暮らしていたらしい。

直接にやりとりすることはほとんどなかったから具体的に何を考えて生きていたのかはわからない。

ただ社会人になるころはブログでの攻撃性は薄れて、あのアニメヒロインは良い、声優かわいい最近Vtuberにハマっている、といったようなことしか書かなくなっていた。学生時代週三ペースだった更新頻度も隔月更新みたいなゆるやかさになっていた。漠然と、いい兆候のように思えた。俺にも俺の生活があり、彼のことは漠然しか心に留めていなかった。

Aくんが自殺したと聞かされたのは、サークルOB連絡網を通じてだった。サークルの現会長に親御さんから連絡があったらしい。息子がそのサークルに属していたことだけは知っていたから、もしかしたらそのツテで友だちをたどれるかもしれないと。

葬式に行くと案の定親御さんに捕まり、「大学時代の息子のことをきかせてほしい」と頼まれた。

良いやつでしたよ、楽しかったですよ、よく笑っていましたよ。

やさしいウソをつくつもりでそういうことを言ったのだが、よくよく思い返してみれば、たしかに彼は良いやつで、サークルでは笑って楽しそうにしていた気がする。

まあしかし、その程度では救われなかったのかもしれない。

どうすればよかったのか。どうしようもなかったことも、自分がどうする気もなかったこともわかっているのだが、その疑問がどうしても消えない。

anond:20210505221201

ファッションへの怒りで思い出したことがあるので書く。当方173cm73kg。

「服を着るならこんなふうに」|ヤングエースUP - 無料で漫画が読めるWebコミックサイト

という漫画がある。男性向けファッション指南モノだ。既刊11巻、女性向けのスピンオフも出ている。

「服を着るならこんなふうに for ladies’」|ヤングエースUP - 無料で漫画が読めるWebコミックサイト

(が、こちらは後述する怒りのため読めてもいないので内容の如何は他に任せる)

さて。これの1話を読んだときの怒り……

おいまてコラ。ふざけんなと。

スキニージーンズなんか物理的に履けるわけないだろうが!

冒頭にも書いたが173cm73kg、デブのつもりはないがBMI的にはちょいデブ定食らうこの体型、中高と運動部に打ち込んできた関係で、ふとももは片方で周囲60cm弱ある。ふとももに合わせて選ぶと、いわゆるスキニーといわれるサイズ感のズボン選択肢から消えるし、せめてそれっぽいのをと探しても、ふとももに合わせると膝から下はスカスカだし、逆にそっちに合わせるとふとももが入らなくて物理的に履けない。

もう、この1話を読んだときの怒りで以降ずっと触れられずにいたが、既刊がこれだけ出る中堅どころ以上の漫画になっていると方々で目には入ってくるし、スピンオフ存在も知っていた。今回この増田を書くにあたって調べたところ、「スキニーだけじゃない」云々の文字が目に入ったので、ひょっとしたらそれ以降でバリエーションがつくのかも知れないという意味で少々怒りは緩和された。

元増田理解とは違う気もするが、本人の資質によって(すぐには)どうにもならない部分で努力を強いられるのは、これだけ尾を引く怒りになる。

何となくだが、無印男性向け指南として描かれながら女性読者を掴み、それならばと女性向けを出したはいいが、当方同様の怒りを買い、打ちきりを食らったのではないかという気がしてならない。

anond:20210510130203

その女装男子にとっての「女装」って、特殊イベントにおけるコスプレだよね

それと日常生活で着る服とを比べたら、後者の方がずっとバリエーションが少ないのは当たり前だと思うんだけど

女装男子から見る男女格差

https://note.com/nishino_fumi/n/n211a226c12db

 

今回の弱者男性noteから流れて読んだんだけど、

三年前に書かれたこ記事なんかかなり面白かった。

 

この記事では

女装男子女子合コン」見に行ったら

女装男子の考える「女性像」ってのにかなりバリエーションがあった。

ということが書かれている。

これに対して「男装女子」の例が載っていないのは少し残念だけど、

Twitter等のSNSで調べてみればわかるけど、女装男子に比べると

男装女子パターンはかなり限定的

 

要するに一般的な「男性像」のバリエーション

女性像」のバリエーションに比べるとかなり狭いということだと思う。

幅広いバリエーションを持つ女性でさえ「女性らしさ」に悩むのに、

限定的バリエーションしかない男性が「男性らしさ」に悩まないわけがないと思う。

 

もろちん、これは外面的なバリエーションにすぎないけど、

外見というコミュニケーションで8割を占める部分でこう、というのは

全く参考にならないということはないんじゃないかな。

2021-05-09

anond:20210508074026

パウンドケーキは分量も覚えやすいし(卵と小麦粉バター砂糖を全部同じ量)多少手順や温度管理ミスってもひどい失敗にはならないし、ドライフルーツとかチョコレートとかナッツとか入れてその家特有バリエーションもつやすい。

高度成長期食の安全問題もあって手作りおやつブームがあったし、たまたまその地域講習会とかあったんじゃないのかな。

2021-05-06

男性の大変そうなところ

女の私から見ても以下のことについて男性は大変そうだなあと思うんだよね。

弱者男性」が流行ってるみたいだけど、別にスペックどうこうじゃなくて普通に生きてて嫌だなあ不便だなあと感じればドンドン断っていけばいいと思うよ。

男性同士の変なノリ、遊びに参加しなければいけない(漢気ジャンケンとか意味わからんよね。フツーに割り勘しろよ)

公的な場では一人称を「僕」か「私」にしないといけない

権力能力人間関係順位けがされやすいこと

恋人配偶者がいないとイジられやす

男性同士で仲良くしていると「ホモなんじゃないか」的に揶揄われる

母親大事にしているだけで「マザコン」と揶揄われる

・朝勃ち等自分意思とは関係なく勃起する現象(シンプルに不便そう)

飲み会では多めに払わないといけない

アルコールに弱いと馬鹿にされる

タバコを吸えないと仲間外れにされる

身長が低いだけで恋愛対象から外される可能性がかなり高い

PC機械類に詳しいと思われがち

地図は読めて当たり前と思われがち

女性といると重いものを持たされる

女性といる時は車道側を歩かされる

・理数に強いと思われがち

・体力があると思われがち

・冷静、論理的であることを求められる

男性産婦人科医は敬遠されがち

産休、育休が取りづらい

長男は両親の介護をするものというプレッシャーがある

・髭を剃らなければならない

ファッションアイテム服装バリエーションが少ない

スキンケア商品が少ない

2021-05-05

から思えばヒカ碁も転生チートみたいなもんだろ

チートの方が転生してきてるだけでさ

から自力で戦う程度のバリエーション本家の転生チートの方にもあるだろう知らんけど

2021-05-01

4月使ったCoke ON Passの感想

コカ・コーラ飲み物味うっす!

清涼飲料水のお手本のような味でマジパフォーマンス低い。5月継続無いです

交換履歴

4/12 リアルゴールド缶190ml これは味が濃くてうまいスタンプ目当て

4/13 再)リアルゴールド缶190ml 同上

4/14 紅茶花伝贅沢しぼりピーチティーPET410ml 味薄い。うまさを感じる濃度に至らず

4/15 ジョージアカフェラテPET500ml 薄いオブ薄い。これでカフェラテとか冗談じゃない

4/16 紅茶花伝ロイヤルミルクティーボトル缶270ml スッキリ皮肉

4/17 欠席。23:57に気づいて家を飛び出し走るも間に合わず

4/18 コカ・コーラPET500ml うまい。薄い気もするけどコーラはこんなもんかなと

4/19 再)ジョージアカフェラテPET500ml 量が多い味付きの水としては悪くない

4/20 リアルゴールドウルトラチャージレモンPET490ml しっかり美味しい。最寄りの自販機バリエーションが乏しいので遠征した

4/21 再)紅茶花伝ロイヤルミルクティーボトル缶270ml 味付きの水は飲み飽きた

4/22 ジョージアカフェオレニューテイスト缶250g スッキリしてて美味しい

4/23 ファンタプレミアムオレンジPET380ML 薄くて柑橘類特有のエグみがなくて飲みやすい。遠征

4/24 再)紅茶花伝ロイヤルミルクティーボトル缶270ml なんだかんだ言って美味しくないわけじゃない

4/25 再)紅茶花伝ロイヤルミルクティーボトル缶270ml 消去法であることは否めない

4/26 病欠 凄まじい高熱との戦い

4/27 再)コカ・コーラPET500ml アクエリアス風邪ときに良くないと聞いてコーラをチョイス

4/28 再)ジョージアカフェラテPET500ml 薄い

4/29 ★未飲 綾鷹カフェ抹茶ラテPET280ml 味のある飲み物疲れたので飲めてない

4/30 ★未飲 ジョージアLATTE NISTA Cafe LattePET280ml 同上

ちなみにこの時期は上記飲み物意外はずっと麦茶を飲んでました。

麦茶最高!

贔屓枠のないソシャゲを知ってたら教えてほしい

FGOをやっていたのだが、とにかく贔屓がキツい。

今回のイベントで霊衣(簡単に言えばスキンやお着替え要素)が全部で12個追加されたのだが、このラインナップがゴミのように酷い。

まず1着も持っていないキャラの方が大半であるにも関わらず、2個目3個目になるキャラが多くを占める事だ。

残りのキャラクターも水着などの何らかのバリエーションキャラ別に実装されていたり、過去ガッツリフィーチャーされた記憶のあるキャラばかりで、目新しさのあるキャラは本当に1人か2人といった所である

大半のキャラクターが放置されている中、そして自分の好きなキャラもそこにいる中、この始末はかなりきついものだった。

知り合いも贔屓がきついから辞める、水着実装する気配がないので辞める、推し概念礼装が何年経っても増えないから辞める、と次々に消えていってしまい正直ここでモチベが尽きてしまった。

「そんな嫌なら早く辞めろ」と言われるだろう。

そう、辞めるつもりなのだ

そこで表題に戻るが、贔屓枠のないソシャゲを知っていたら教えてほしい。もうこのような思いは二度とごめんなのだ

主人公メインヒロインヒーロー重要キャラがある程度前面に出てくるのは必然だと思うが、露骨な「運営お気に入りw」感がなく、100か0かではなくある程度は均等に出番が回ってくるようなものに移動したい。

どうも自分の好きになるようなキャラ優遇キャラにならない傾向があるので、均等なソシャゲがいい。

どうぞよろしくお願いしたい。

弱者男性12年前の最前線から語る

 男性が常に強者で勝者であるとするならば、あの真夏なのにエアコンなんてものはなく巨大扇風機が生ぬるい風をだらだらと放出し続ける倉庫で、全員時給1000円で集められた日雇い現場で、女性にはビール段ボールベルトコンベアの上で景品を貼り付ける仕事があてがわれ、男性にはびろんびろんに伸びきったまさに言い訳程度のコルセット安全靴を装着させた上で、ビール350mlが2ダース入った段ボールを上げ下げする仕事があてがわれた思い出はどう処理すればいいんですかね(挨拶)。

 むろんこの場合女性を憎む……のではなく、日雇いという弱者同士で連帯してそこでボーッと突っ立ってる監視役の倉庫社員をぶん殴る……のでもなく、倉庫社員とも連帯してサントリーを誅して社会主義革命を起こすのが唯一の正解であることは皆さん御存知の通りである

 さて、この増田では2009年出版された澁谷知美平成オトコ塾―悩める男子のための全6章』の内容を紹介する。澁谷は上野千鶴子ゼミ出身であるようだが、いわゆる「フェミニズム」的なテーマではなく、『日本童貞』『立身出世下半身』などを出版している、個人的に信用している書き手である

 目次は次の通り。

第1章 その「男の友情」は役に立つか?

第2章 「僕がキミを守る!」と思ってる?

第3章 非モテはいかにして生きていくべきか

第4章 暴力はなぜ、いけないか

第5章 包茎手術はすべきか否か

第6章 性風俗に行ってはダメ

 2009年の本で、いま論じられているテーマの大体が既に出ていることに驚くだろう。我々は弱者男性問題それ自体だけでなく、議論12年でほとんど進んでいないこともまた嘆くべきだろう。というかこういう話になると非モテ論壇とか言って侃々諤々やってたのが昔のはてななんだよな今の新参は昔のはてなを知らないから困る。失われた10年……。

 それはともかく正直、456章はそれまでの言ってきたことと関連性が薄く、また前の章ほど爆発的に面白いわけでもないので、言いたいことはわかるのだがこの本にいるか?という感じはする。なので、とりあえず3章から見ていくことにする。

 3章の冒頭でいきなり研究者としての特大のお気持ちドロップされていて面白いので少し長くなるが引用しておこう。

ヘテロ男性非モテ現象だけを扱うというと、必ず来るのが「ヘテロ女性非モテの方が、あまり苦しみが言語化されないだけに問題が多い。なのに、なぜあなたヘテロ男性非モテを扱うのか」という反応です。世の中には、Aという現象を扱う人に対して「A以外も扱え」と指摘することがエライのだ、これこそ目配りというものだ、と思う方が多数存在するみたいで、かなりの確率で前述のような発言出会います

が、そういう発言魚屋に対して野菜を売れと主張するに等しい。非モテ女子の話がそんなに重要なら、重要と思う人がすればいい〔澁谷注:私もいつかはしたいと思っていますが、「非モテ女の話の方が重要だ!」って言う人はどうぞお先に。止めませんよ。〕。それに、その手の話が見当たらないということは、苦しみがそれだけ大きいことを表しているのかもしれませんが、苦しみの不在を端的に表しているだけかもしれません。有力な傍証でもないかぎり、言語化されていないということから苦しみの有無を推定することはできないという、当たり前の事実も指摘しておきます。(p.75-76)

 「女性問題を扱え」といちゃもんつけられたことが一度や二度ではないのであろうことが怨念の籠もった書きぶりからわかる。まあ、それは12年後のネットを見ていてもよくわかるところで。

 男性について語れば女性の方がつらいか女性について語れと言われ、女性について語れば男性の方がつらいか男性について語れと言われる。もういい加減そういう「やってる感」を出すための100字ですら余るようないちゃもんはやめにしませんか。お前がやれ。俺もそいつもやったのだから

 澁谷は非モテを3種類に分類する。

[a]恋愛したくてもできないタイプ(内発的非モテ

 a-1 性的存在としての異性との関係性を欲しているタイプセックスをしたい、「女性」の存在に癒されたい)

 a-2 とにかく他者承認を欲しているタイプ(オレを認めてほしい!)

[b]「恋愛」をしたくないタイプ(外発的非モテ

 「恋愛」を押しつけてくる世間や、いま現在恋愛」と呼ばれている行為の中身や、それを統制するルール等々に違和を感じているタイプ(p.90)

 この分類に対して何か意見を言うことは誰にとっても容易であり、それは分類表の絶えざる細分化を招くだろう。むろんその行き着く先は完全に無意味な、総人口分のパターンである。だから、ここでは非モテ男性に最低でも三種類ある、という点を強調しておくことが必要だろう。

 男で、かつ非モテ、という狭く見えるテーマに絞っても最低これだけのバリエーションがある。そのことを非モテ男性当人達ですら大抵わかっていない。aのタイプ非モテ男性が「今すぐ女をあてがうべき」とまでは言わなくても「女をあてがってくれると嬉しいのは確か」ぐらいに思うことは自然であるが、bのタイプ非モテ男性から見ればまったく話が合わず、「非モテの中でも過激野蛮人」と感じられることだろう。それをきっとaは「すかした奴だ」とか「きれい事を言っている」とか感じるだろう。まして女性受け手場合さらに混乱が深まるだろう(男女の非対称性については後で論じる)。

 澁谷は当時の主流であった「経済的問題解決すれば結婚は増える」「機会をつくれば結婚は増える」といった主張を論駁し、「フリーター論壇」が経済について述べたフレームワーク非モテ問題スライドさせることを試みている。その過程で澁谷は「あてがえ論」について、2009年の時点ですでに考察している。

非モテ問題場合、これ〔若年労働者問題におけるベーシックインカム〕を「ベーシック異性」によって解決する発想がありえます女性をもれなく男性に分配する制度です。(p.95)

 澁谷はこの論が全くの荒唐無稽でないことを、19世紀半ばの宗教的コミュニティ、オナイダコミュニティを例に挙げ示すが、結局現代においては不可能であろうと言う。

当然のことながらこれを現代日本でやることは不可能です。「分配」される側の女性の中には、どうしても相手のことが好きになれない人が出てくるでしょうし、男性つがいになりたくない人だって居ることでしょう。そうした女性男性との共同生活セックス強要するのは、現代日本常識においては、「人権侵害」となります

もちろん、男性にとっても全く同じことが言えますあなた好みの女性あなたのもとに「分配」される保証はありません。〔…〕「なんであいつには美人が来て、おれのとこにはそうでないのが来るんだ!」なんていう新手の「格差問題」も生じるかもしれません。(p.97)

 この「格差問題」という未来予測面白い。「チェンジ」なんて贅沢は、限られた資源女性)をやりくりしないといけない政府が許すはずもない。チェンジOKをうたう風俗でも2回目以降は有料だったりするのだから

 個人的にはこの例示こそ「あてがえ論」に対する何よりのカウンターであると感じる。仮に「あてがえ」とガチに主張する人がいたとして、その人に人権を説いても馬の耳に念仏だろうが、こっちの懸念は聞いてくれるような気がするのである

 澁谷は続いて、経済問題における社会保障にあたるものとして、思想セーフティーネットの構築を提唱する。まあそれ自体は正しいと思うのだが、本田透電波男』における主張ほど面白いものではないのでここでは省略する。『電波男』を読め。

暴力的だったり、女性にたいして思いやりがない場合のぞき、ある男性女性から選ばれないのは、その男性のせいではありません。女性にとっての「よき男性像」が特定の偏り――収入学歴一定以上あり、ある水準以上のルックスをしていて、会話が続く――を見せている限り、そこに当てはまらない人や当てはまろうとしてもできない人が出てくるのは当然のこと。それは、男性陣が特定の偏りを持った「よき女性像」を持っており、そこに当てはまらない女性非モテ女性)が出てくるのと同じことです。(p.100)

 おそらくこの記述で多少救われる人もいるに違いない。KKOは来世に期待するしかないが、それはあなたのせいではない。

 ただここで考えたいのは、「暴力的だったり、女性に対して思いやりがない場合」をしれっと除外している点である。そんな男でも「女をあてがわれた」のがかつての日本社会であったことは、澁谷も指摘している。

とはいえちょっと脇道にそれますと、「分配」の方法は問わずに「男性にもれなく女性がくっついた」という現象だけを切り取ってみれば、それに近いものを一九五〇~六〇年代日本に見出すことができます。当時の男性生涯未婚率(五〇歳時点で一度も結婚したことのない人の割合)はわずか一%台でした。九八%の男性が一度は結婚したことがある、つまり女性を「分配」されたことがあったのです。

何故これだけ広範囲の「女性の分配」が可能になったのか。「男女とも結婚して一人前」という社会規範が強かったこともありますが、なにより男女の経済格差が今以上に大きかったことが上げられます

この時代、一部の職種を除いて、女性が一生続けられるような仕事はありませんでした。有名企業就職できたとしても、当時は、女性にの適用される「三〇歳定年制度」によって追い出されてしまったのです。一方、男性には安定した仕事がありました。給料は毎年上がり、先の見通しも明るい、なんといっても高度成長の時代です。(p.97-98)

 ちなみに本書では2005年男性生涯未婚率15.4%という数字を引いているが、2020年には23.4%になっているらしい。

 それに加えて、上で述べた加害性が必ずしも本人の責任ではないということも、90年代以降の精神医学社会学が明らかにしてきたのではなかったか

 とすれば、KKOのみならず、KKKOキモくて金が無くて加害性があるおっさん)もまた、必ずしも本人のせいとばかりはいえず、社会包摂すべき、という話になってくるかもしれない。その際には「ラベリング」「過剰包摂」など、社会学障害者ホームレスなどについて積み上げてきた知見を生かすことができるだろう。というか、福祉現場の人たちはいまもKKOだけでなくKKKO社会の内側へと復帰させるべく頑張っているのではないか

 なぜ、おっさん問題なのだろうか。あるいはより学術的な言い方をするならば、非モテはなぜ男性問題になるのか。本書はその問いに直接的に答えてはいないが、ヒントは与えてくれる。以下は1章のはじめの方の記述である

皆さんは、なーんか気分が晴れない、ってことありませんか? あるいは、漠然とした不安があるとか。原因不明の体のだるさがあるとか。そういった不快状態、つまり精神的に健康で無い状態を「ディストレス」といいます。そのディストレスが、独身男性と既婚男性とで、どちらが高いかを測った調査があります。〔…〕結果は〔…〕二八歳から七八歳まで、どの年齢層においても既婚男性のディストレスのほうが低かったのです(稲葉昭英「配偶関係精神健康」『日本男性心理学』二〇〇八)。男性にとって、そばに異性(=妻)がいる人生は、いない人の人生にくらべて、ハッピーなようです。(p.15)

 澁谷はディストレスと妻帯のどちらが原因でどちらが結果かはこの調査からは分からないと述べるが、続いて妻に感情を見せることによって、夫が精神的に健康になっていくことを示す調査引用し、「つまり女性と一緒に暮らすことがディストレスを低くすると考えるのは、間違っていないようです」と一旦の結論を置く。そして次のように続ける。

ならば、男性女性から精神的なケアを引き出している、といえる。「女性だって同じことでは?」という反論に答えておくと、女性独身か既婚かでディストレスに大きな差はありませんでした。〔…〕統計的な傾向でいえば、男性精神健康女性存在は欠かせないが、その逆はない、ということです。(p.16)

 この下りはまったく読んだ記憶がなく、今回読み返して一番驚いた部分である増田の実感としては「男がいないと鬱病になって死にそうな女」はよくいるが、その逆はあまりいない印象であるが、それはどうやら必ずしも正しくないようである(むろん男がいる=結婚ではないとか、ディストレスが高い=鬱病になって死ぬではないとか、そもそも元の調査やその読解がどうなのか、とかは考えなければいけないだろうがそれはそれである)。

 上の論述は、女性強者弱者フェミニストフェミニストを問わず)による「女に頼らずに男同士の友情で満足すればいいじゃん(私であればそれで満足するのに)」という主張が、必ずしも的を射ているとは言えない可能性を示唆している。もちろん逆もしかりで、「男性夫婦になれば女性だって幸せになるはずだ(俺のように)」という男性の主張が間違っている可能性も同時に発生している。

 ここに性にまつわる問題の隠れた難しさがある。「相手気持ちになって考える」ことと「相手気持ちになって考えたつもり」を区別することは、専門家であっても難しい。さらに加えて、先に述べた非モテ男性の三分類といった差異も隠れている。とにかく、話題への参入障壁が低い(男もしくは女であれば誰でも一家言持っている)わりに、トラップが多すぎるのである。これが2009年から今に至っても議論が終わらないし前に進んでもいない一因だろう。

 こうした非対称性が発生する原因として澁谷は、現在社会において女性男性より相手の話をよく聞くように育てられており、それに対して男性競争的に育てられていることを挙げている。その結果として男性女性に癒やされているし、女性女性に癒やされているのだろう。

 一応言っておくとここで澁谷や増田は「男性と違って女性は人を癒やすべきだ」とか、まして「男は働いて女は家にいるべきだ」とか主張しているわけではない。ただ、そういう傾向がいまの社会にあるようだ、と言っているだけである。それを望ましいとか望ましくないとか考えるのは社会科学の領分ではない。「〈こうであるから〈こうであるべし〉を導くことは不可能である」(ウェーバー)。

 12年後のいま、澁谷の主張に触れると、多くの部分はそのまま現在に流用可能であると感じる。しかし、目配りが足りていない部分もある。おそらく澁谷は包茎手術と高須クリニック関係よりも、男性における経済的問題について語るべきであっただろう。「女はホームレスにならなくて済むからいいよな」「いや危険から女はホームレスになれないのだ」「それでも事実として死ぬでもホームレスになるでもない選択肢がある女は恵まれている」云々のあれである。むろんそれは今だから言えることであるのだが。

 それでも増田が望んでしまうのは、そうした議論が両者ともにマジでクソだと考えるためであるホームレスと実地で接しろとは言わないからせめて、ホームレス女性は本当に少ないのか、少ないだとすればホームレスになるはずの女性はどこへ言っているのか、それはほんとうに「恵まれている」といえるのか、といった事実についての認識は両陣営ともに共有すべきであるし、その時点で認識差異があるならどの点で異なるのかを明らかにすべきである

 そうした仕事を澁谷が12年前に済ませてくれていたら、と思う。思うのだが仕方ないことなので、現在を生きる我々がやるしかあるまい。というところまでは澁谷の背中に乗って増田が到達させたので、ここから先はお前の仕事だ。頑張ってください。たまに手伝いに行くかもしれない。

 

===

 

追記

 バズったので宣伝します。狐火という、この記事や通念における弱者男性というカテゴリーからはみ出す部分はありながら、それでも弱者男性であることを納得せざるを得ないリリック10年以上紡ぎ続けているラッパーがいます。売れろ!

27才のリアル狐火(2010

https://www.youtube.com/watch?v=tmJBGEFXOvU

勇気が欲しい

特に上司が活発で生意気な年下でも

余裕で頭を下げられる

勇気が欲しい

月給25万以上社保険出来ればジムの割引券も欲しい

採用面接から働いている自分想像してネガティブにならない

勇気が欲しい

けど、本当は1つの事を信じて続ける勇気が一番欲しい

31才のリアル狐火(2013)

https://www.youtube.com/watch?v=MRLXZGylQRg

チューチュートレインの一番後ろでしゃがんでるだけの人生でいい

絶対こんなはずじゃなかった

オレこんなはずじゃなかったんだよ

上司に怒鳴られトイレで叫んだ

あんたらステージ上じゃ無力だ」

36才のリアル狐火(2019)

https://www.youtube.com/watch?v=loWcv5VEObM

よく聞かれる

「もし音楽成功したら、サラリーマン気持ち

歌えないんじゃないですか?」

サラリーマン気持ちを歌いたくて音楽を始めていたならどれほど楽だったか

37才のリアル狐火(2020)

https://www.youtube.com/watch?v=z1J8BbnBLyQ

27才までに見ていた夢は全て叶った

生意気な年下の上司はオレのファンになった

2021-04-30

anond:20210430195510

詳しく説明すんの面倒臭いからめっちゃ端折る&パチスロしか詳しくないかパチスロの話するけど、台の出玉とかってのは業界団体による自主規制ルール(以下内規)によってルールが決まってんの。

で、主に射倖性の煽りすぎによってその内規がたまに変更されるんだけど、その切り替え時期ってのは射倖性の高い台と射倖性の低い台がホールに混在することになる。当然スロカスはカスから射倖性が高い台を喜んで打つので、射倖性の低い新しい内規の台は客付きが悪くなる。ホールとしては新台バリエーションとして少量入れてもお金かけて大量導入までする意味はあまりないわけ。古い台は一定期間経ったらパチンコ屋に置けなくなるので、その期限切れまではホールは客の付く古い台を大事に使う、これが新しい台が売れない理由その1。

そんでもって、新しい内規が決まったらルールに従ってるか検定団体試験するんだけど、新しい内規は当然厳しいルールになってるので、検定を通すさじ加減が難しい。その辺のノウハウ構築も一からやり直し。この検定に通らないとホールに設置できないので、せっかく開発した台も検定通すために足踏みして売ることが出来ない、これが新しい台を売れない理由その2。売りたくても弾がない。

これらの現象は4→5号機のときにも発生してるのでメーカーは織り込み済だし、増田が指摘している急激な販売数の落ち込みは5→6号機によって同じ現象が発生してるだけ。ただ、あまりにも6号機がつまらなすぎたので色々少しだけ緩めた6.1号機って新しい内規作ってまた色々開発してる。

もちろん斜陽産業ではあるので、このままダラダラ衰退していくのは間違いないけど、こんだけバカかい産業警察利権も絡んでる商売がそんなに急激に無くなるわけねえだろって話。店舗数については町中の小規模店舗が潰れてロードサイド店が大型化してる影響も大きい。

2021-04-28

anond:20210428111130

おっさん、というのは「おじさん」の「じ」がつまった言葉なんだろうか

おじさん

おっさんおっちゃん、おいちゃん

バリエーションある

おばさんの「ば」は、何故省略されないんだろう

O-I-AとO-A-Aの差?

雲英の魔術

読了積読消化中

主人公お下がりバーベル筋トレとか男らしすぎるやろ

言動は男らしいのにモノローグ思考のはしばしはちゃん乙女なのおもろい

あと脳筋一家の力こそパワー感がすごい

靴のバリエーションスニーカー登山安全靴編み上げブーツってどこの戦闘職種でしょうか脳筋一族教育の賜物って感じ

服を買いに行く服がないを地で行ってる感じ

それなりに面白かった

2021-04-25

動画サムネバリエーションが乏しく、目障りな感じが多いのは視聴者に合わせているからなんじゃね?

凝ったサムネよりも分かりやすイメージ、分かりやす暴力的なクソデカ文字が多いのは

小型スマホ用の小さい画面で並んでいる小さいサムネから選んでみている奴らにアピールしないといけないか

プロはわざわざスマホサムネ一覧と自分作成中のサムネを並べてちゃんと読めるか、目立つか確認するらしい

動画サムネタブレットユーザーPCユーザー、大型サイズスマホ向けでなくて、

スマホは小さいサイズがいいよな」「片手操作がいいよな」とか嘯(USB)いているユーザー、こいつらに最適化されているんよ

アイホ~ンだとXsシリーズだっけ?画面の斜め丈が4インチ台だっけ?まあともかく

 

まり本来もっとバラエティに富んだ色々な趣向の表紙を作る事は可能なんだけど、

見る側の都合でダウングレードしなきゃならないワケ

最大公約数」に合わせなきゃならないワケ

もちろん既に固定客がついていて、人気がある人は2秒で書き殴った落書きサムネでも十分

 

まとめ。ゲームで例えると、PS4でもSWITCH用に作ったスカイリムを遊ばなきゃならないみたいな状態なワケェ

2021-04-19

anond:20210419144800

じゃあ弱者男性にあてがうんじゃなくて知能とか身体能力に秀でた男の種を撒くべきでしょ

人口1億いるし上位20%ってすれば遺伝的に十分なバリエーションが維持できるよ

2021-04-18

コンビニおにぎりバリエーションなすぎない?

おにぎりの具なんて基本何入れたってそれなりにおいしいんだからもっと増やしてもよくない?

ああこうでもないこうでもないって試作くり返すより適当に作ってすぐに店頭に出して駄目だったのは引っ込めれば良いのに。

2021-04-17

おいしいレトルト合わせ調味料が知りたい

肉や野菜を切って火をつけるぐらいしか料理ができない。

なんかいいのないかなぁ。

今ハマってるのは

S&Bの参鶏湯スープ鶏肉長ネギ突っ込むのと

どっかのチューブタイプペースト調味料で肉野菜炒めを作ること。

素材は一緒でいいので味のバリエーションが欲しいよねぇ。

2021-04-15

そりゃランドセル付加価値を増して値上げしないと儲からないよ

少子高齢化需要が少ないんだから

バリエーション増やして付加価値つけて値段を上げないと儲けが少なくなる一方じゃん。

でも安っぽいランドセルをみて「うわ、あいつビンボーじゃん」って子供はならないから。

そうやって格差があるとか言って無理やり格差をつけて遊んでいるのはマスゴミからね。

「うわ、あいつビンボーじゃん」って大の大人が本気で言うならそいつ思考や心が貧しいわ。

2021-04-13

雑誌映画秘宝』の記憶(48)

ロックの魂とは?】

 コメディ映画スクール・オブ・ロック』(03年)が公開された当時、この映画肯定的評価するか否か、「有りか無しか」を巡って賛否両論となったこから映画秘宝』誌面では、少しばかりの論争が起きました。

 ご存知ない方のために粗筋を説明すると「ロックバンドをクビにされた主人公が、ひょんなことから坊ちゃんお嬢ちゃんたちばかりの通う小学校にニセ教師として潜り込み、生徒たちに『ロック音楽スピリッツ』の教育を施した末に、筋が良い生徒たちをバンドメンバーに従えた主人公が再びステージに立つ」という、ファミリー層向けコメディ映画です。

= = =

 当時の否定派の論調は「『反逆精神』が拠り所であるロックが(たとえニセ教師によるものとはいえ)、学校教育で身につくわけがねえだろ」とか「コメディとはいえ大人が『ロックは素晴らしい』と、特定価値観子供押し付けるのは正直いかがなものか」とか「ガキごときロックができてたまるか」とか、まあ大体そんな感じだったと記憶しています

 しかし「ひょんなことから『未知のカルチャー』に触れた子供若者が、その魅力に思いがけず目覚めて『カルチャー担い手』として育っていく物語」あるいは「大人側の視点で、色々な思いを抱えたり紆余曲折がありつつも『カルチャーの教え手』として年下の人間たちを育成していく物語」は、良くも悪くもありふれたものに過ぎず、そこまで腹を立てることだったのかと今でも疑問です。例えば、労働者階級の家庭に生まれ子供バレエの魅力とか宇宙ロケット打ち上げの夢に目覚めるといった物語が「有り」なのに、この映画がそんなに否定される必要はあったのでしょうか。それとも学校以外の場所舞台だったら許されたのでしょうか。こうして考えると、論争と呼ぶにも非常に掘り下げ不足であったように思えます

= = =

 そもそも否定派の気持ちの根っこには、特定カルチャーの愛好家が陥り易い「選民思想」が有ったのではないでしょうか?何しろ「女『子供から映画を取り戻せ!」が旧体制の『映画秘宝』の合言葉だった訳ですから否定派には「『ガキ風情』しかも『裕福な部類のお坊ちゃんお嬢ちゃん』が『オレたちの』ロックに手を出すこと自体我慢ならない!」「ファミリー向け映画ロックをイジるな!」という気持ちも有ったことと思います

 もう既にお分かりのように、ここに見られるのは要するに、いい歳したオッサンたちが、いつまでも上の方に居座って「このカルチャーはオレたちだけのモノだ!」「コレは『本物』ではない!」「それが理解できん若い者たちは、まだまだオレたち(=オッサンたち)に及ばんな!」という態度をとることによって、若い世代から敬遠されてジャンル全体の衰退を招くという、非常にありふれた「『本物の✕✕』とは何か論争問題」「サブカルチャーにおける老害問題」の1バリエーションです。

 しかし、この映画が公開されて長い年月が経過しました。今や音楽活動を始める若者たちの中で「バンド形式から/ロックから始める人」が占めるパーセンテージは、昔のように多くはないだろうと思われます外国でも事情は似たようなものです。今ではおじいちゃんになってしまった外国の大物ミュージシャンたちと、日本アイドルBABYMETALが共演した際には、馬鹿にされたり嫌がられたりするのかと思いきや「孫みたいに若い子供たちが、ワシらの音楽に興味を持ってくれた!」と、むしろ喜ばれたと聞き及んでいます若者子供にとって、この映画に出てくるようなロックが既に「何だか知らないけど、お年寄りたちが聴いている懐メロ」となってしまった今日では「映画スクール・オブ・ロック』は有りか無しか論争」をしていた『映画秘宝』編集者ライターたちは、実に贅沢な悩みに基づいて議論していたと言えます

= = =

 無論、あの頃に「ロックカルチャー担い手ファンの『高齢化』が問題になる」などと未来予測ができた人間は少なかったでしょうから現代人の立場で彼らの論争を「贅沢な悩みだった」と批判するのは酷と言われるかもしれません。

 しかし、未来予測とは違い、当時の人間でも『映画秘宝』の関係者や読者であれば、容易に気づくのが可能だったはずのことが有ります

 それは「当時の旧体制映画秘宝』と映画スクール・オブ・ロック』の主人公は、していることが『悪い意味で』五十歩百歩だった」ということです。

 旧体制の『映画秘宝』が「切り株映画は、世界真実を描いている!ヌル作品なんか観るのを止めて、切り株映画を観ろ!」とアジテーションする姿と、この映画主人公が「ロックが最高の音楽だ!ヌル音楽なんか聴くのを止めて、ロック名盤を聴け!」と生徒たちを『洗脳』する姿との間に、果たして本質的な違いが有ると言えるでしょうか?

 そうです。この映画主人公がしていることは「洗脳」です。もちろん「何らかのカルチャーの愛好家が、非・愛好家に対して自分の好きなものを紹介する」という行為は、大なり小なり「洗脳」の側面を持つものです。だから、単に「ロックは良いぞ」と他人に薦めるだけならば、何も批判される謂れは有りません。しかし、もしも「ロックを知らないのは不幸だ」とか「ロック以外のツマラナイ音楽聴くやつは馬鹿だ」とか説教をかまされたらどうでしょうか?そんなことをされたら「うるせえ」「布教するために他人価値観を踏み躙るな」と言いたくなりませんか?そもそも「『反逆精神』を拠り所にしてるくせに、上からモノを押し付けるんじゃねえよ」という話です。

 実際、この映画には、生徒たちが普段どんな音楽を聴いているのかを質問した主人公が、その回答を聞いて嘆息するという場面も出てきます。これを単に作品を彩るギャグとして軽く受け流すのか、見過ごせすに腹立たしく感じるのか、それは観る人によって受け取り方が異なるでしょう。しかし、仮に主人公批判する感性の持ち主ならば、同じことをしている旧体制の『映画秘宝』にも批判的な感情を抱くのが当然と言うか、それが「知的な誠実さ」というものではないでしょうか。仮にも批評活動生業にしている人間たちが雁首を揃えて「この描写は、自分たちみたいな(=若者世代に『本物のカルチャー』とは何かを教えたがる)オッサンのことを風刺しているのではないか?」という可能性に思い至る「内省視点」を少しも持たなかったのでしょうか。そうだとすれば『映画秘宝』関係者は「知的怠惰」と言わざるを得ません。

 まあ、可能性としては「映画主人公の行動と『映画秘宝』の行動は五十歩百歩」という事実に気づいていたけれども、センパイの機嫌を損ねるのを畏れて忖度して言わなかったというのも考えられますね。

 馬鹿なのか、忖度体質なのか、どっちにしても「批評活動を行う人間」としては「致命的な欠陥」だと思うのですが、そういう人たちでも業界デカイ顔をしていられる現状は、いかに本邦の映画ライター業界人材不足なのかを如実に物語ると言えるでしょう。

= = =

 ちなみに映画スクール・オブ・ロック』には、主人公が「ロックの反逆精神とは何か」を生徒たちに実地に教えるために「『権威』に逆らえ!教室では教師、つまりオレが『権威』だ!オレを罵ってみろ!」と命令する場面が出てきます。すると、生徒たちは素直で良い子ばかりだから、色々と頑張った末に「デブ野郎!」という火の玉ストレートを投げてしまい、自分で反逆を命じたのに「オイお前、後でちょっと職員室に来い!」と主人公がマジ切れするというギャグ場面が出てきます。(なお、主人公を演じるのは、ぽっちゃりコメディアンのジャック・ブラックです。)これは「『反逆精神』を『教育』する」という根本的な矛盾表現した、秀逸な場面と言えます

 町山智浩高橋ヨシキてらさわホークも、一度「権威に逆らえ!オレたちを罵ってみろ!」と若手ライターたちに呼びかけて「反・権力/反・権威精神とは何か」を教えて上げたら良いのではないでしょうか。パワハラ説教マンスプレイニングかますよりも、よほど後進の育成に寄与できると思いますよ。

 まあ、センパイの機嫌を取るためにパートナーの肉体を献上する人間、それを享受して面白おかしく語る人間嘘八百解説を書いて間違いを指摘されたらそそくさと逃げる人間には、到底「権力に逆らうとは何か」を若手ライターに教えることなんて無理な話でしょうけど。

 この投稿は以上です。ヘイル・サタン

2021-04-11

anond:20210411145304

ガイバリエーションは多いけどまったくの新型なら100年ぶりくらいの大発見じゃないか

2021-04-10

酒とみりん小麦粉と爆発的な何か

anond:20210410000944

なぜ酒みりん小麦粉がそんな位置なんだ。酒は旨味、みりん甘味にもなる優秀な調味料グルテンフリー信者なら米粉でも良いが、小麦粉はほぼ必須食材やぞ。なんと言っても薄力粉有用性よ。料理に慣れてないやつほど小麦粉をうまく使うことで、よりうまい物が作れる。

みりん

旨味と甘味

みりんを入れる意味として、旨味、特にみりん甘味がある。

酒は醤油関係のものに入れておくとだいぶ醤油カドを取ってくれる。初心者料理するとき醤油が勝ちすぎた煮物とか作りがちなので、酒みりんを入れて煮切ることを覚えるだけでグッとおいしくなる。少なくとも、醤油の味しかせん茶色煮物、みたいな悲惨なことになりにくくなる。

みりん食材を締める効果があるからじゃがいもとか煮崩れして欲しくないやつの入った煮物とか煮魚とかに使うと完成度がかなりあがる。まあ砂糖でも代用できないことはないが、みりんはあったほうがいい。

酒蒸し

貝類の酒蒸しが思いつくかもしれないが、肉も魚も酒蒸しは美味いぞ。表面だけ焼いて酒だばぁして蒸せ。

かえし

煮返しを作れ。雑でいいぞ。醤油カドが取れて、かえし(と出汁)だけで味が決まる。

小麦粉

味の糊

肉や魚に小麦粉はたけば味が乗りやすくなるし柔らかく仕上がる。焼いたあとにソースを作ると、片栗粉のような粘り気ではなく、ソースらしい適度な粘度、とろみが付く。まあこれは片栗粉でも代用できんことはない。

食材の糊

じゃがいも細切りにして並べて焼く、餃子並べて焼く、そんなときに水溶き小麦粉。綺麗に焼けるぞ。これを拡大解釈するとお好み焼きになる。お好み焼きはいいぞ、自炊の悩みトップ3に必ず入る「古くなってきた野菜」、そんなのを全部突っ込んで焼いて食える。

揚げでも揚げ焼きでも焼きでも。スパイス混ぜたりするといつもの焼いただけの肉魚にバリエーションが増える。

この3つはさしすせそ級に必須だと私は思ってるぞ。もったいない!せっかく自炊始めるなら、さしすせそにこの3つを加えてさしすせそみさことして覚えといて損はない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん