「日本国民」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本国民とは

2018-07-16

日の丸9条の会とは?

滝本弁護士の「日の丸9条の会」って、何を目指しているのでしょうか?

https://twitter.com/takitaro2

 

オウム事件とこの集団対応は、この「前例のない事件に対しては前例のない体制で」でやってきた。

で、今回の支援要請につき、国が応えられないなんてありえない筈、と確信しています

日本が、テロと闘うならば、そのテロ行為の背景などにも対応していくことによってこそ、「闘う」といえるのだから

助けてください。

 

テロ」といえば昨今の「テロ等準備罪」を巡る議論を思い出す。

滝本弁護士が、「テロと闘う」という大義名分の下、かつてない法的判断要求するつもりならば、日本国民に対する説明義務が伴う。

 

日の丸9条の会は、共謀罪テロ等準備罪)をオウム残党に適用したいと考えているのでしょうか?

anond:20180716211559

健康で文化的な最低限度の生活をしている真の日本国民ならもらってて当たり前だろ?

さてはお前B級だな?

50歳強制安楽死制度日本を救う

現在日本が抱える様々な問題は、国民を50歳で強制的安楽死させることでその多くが解決されることに気づいた。

50歳強制安楽死制度下での日本国民の一生は大体以下のようになる。

0~5歳

まだ若い両親の寵愛を受けて育つ。

後述の通り両親はまだ学生であるため時間も体力もあり、全面的な愛を受けて育てられる。

6~12

小学生

現行の小学校とほぼ同様だが、来るべき中学生時代に備え恋愛セックスに関する踏み込んだ性教育実施する。

13~15歳

中学生

男女ともに中学校にて婚約相手を見つけて婚約第一子をもうける。

妊娠中は女子生徒は学校に通えなくなるので、e-larningや家庭教師などで国が全面的学習サポートする。

子育てはまだ若い双方の祖父母のサポートの元で行う。

16~18歳

高校生

それぞれ配偶者と2~3人目の子をもうける。

学習に伴うサポート体制中学時代と同様。

19~22歳

大学生

子供かわいい盛り。

大学生活を謳歌しつつ子供と遊び成長を楽しむ。

学生であるため長時間残業子供と接する時間が取れないなどということもない。

23~39歳

社会人(あるいは大学院生)。

社会人時点で子供小学生。両親は40歳弱。

後述するが両親はすでに退職間近であるため、子供の面倒を全面的委託することができる。

子供の面倒に気を奪われることなく、全身全霊を仕事に注ぎ込むことができる。

1日最低15時間、週休1日前後で猛烈に働く。

40~49歳

退職

40歳以上の人間仕事パフォーマンスが下がるため社会には不要。早々にリタイアする。

40歳とまだ若いため、十分に余生を楽しむことができる。

孫(概ね10前後)とも仕事を気にすることなく存分に触れ合うことができる。

社会人時代は身を粉にして働いたため、遊びに使う貯金も十分にある。

第二の青春と言って良いだろう。

50歳

安楽死

病気に苦しむことなく楽に逝くことができる。

仕事に遊びに子育てに、充実した人生であった・・・

これによって何が解決するのか

純粋恋愛結婚回復

初恋をしたのは中学生の頃だった」という人も多いのではないだろうか。

この制度下では中学生時代結婚するため、現在のような30歳を過ぎて男女ともに打算で行う醜悪結婚とは異なり、若い純粋な恋情をそのまま婚姻という形で実らせることができる。

高齢童貞処女問題の解消

今日恋愛自由主義化はますます加速している。それに伴い男女ともに恋愛結婚から取り残される人間が多く出現するようになった。特に男性高齢童貞社会に対して抱いている怨念は凄まじく、その存在自体が人々や社会迷惑を与え、中には直接人々に危害を加える人間まで出現する有様である

この制度下ではかつて共同体企業果たしていた「お見合い」の機能中学校代替する。これにより恋愛セックス結婚から漏れ落ちる人間がいなくなり、それは即ち高齢童貞消滅意味し、治安においても精神衛生の面においてもこの国が安定することに繋がる。

万全なる労働力の確保

40歳以上になると体力も低下し思考も硬直化するため、労働力としての価値は低下する。

この制度下では40歳退職となるため、20~30歳の働き盛りを労働力の中心に据えることができる。

完全なる女性社会進出の実現

女性生物学宿命により、妊娠出産のために最低でも1年近くは前線から離れることとなってしまう。一方グローバル社会での企業間の競争は日に日に激しくなり、どの企業産休・育休による社員前線から離脱容認できる体力がなくなっている。女性社会進出の意義を企業理解していても、どうしてもこの事情があるために女性社員雇用や重役に任命することに二の足を踏んでしまうのだ。

この制度下では新卒入社時点ですでに女性は2~3人の出産を終えており、また祖父母による育児サポートを得ることができるため、産休・育休による戦線離脱がない。これにより企業安心して第一線の企業戦士として女性雇用することができる。

グローバル社会での競争に勝つための競争力を得ることができる

24時間働けますか」とはバブル時代象徴する栄養剤のCMキャッチコピーであるが、この言葉通り資源のない日本は粉骨砕身の労働によって世界トップ経済大国に躍り出た。企業間の競争苛烈さは日を追うごとに増すばかりだが、それに反するように労働者の育児に関する休職・早退の問題も増してきている。この制度下では前述の通り現役労働世代育児問題に悩まされることはない。気を惑わされることな自分の取り組むべき仕事100%のエネルギーを注ぎ込むことができる。これにより日本競争力は高まりグローバル経済戦争覇者となるだろう。

ネグレクトから解放

両親が仕事忙殺されるがためにネグレクトとは行かないまでも十分に愛情を受けることができない子供も多くいる。特に専業主婦が少なくなり母親フルタイムで働くことが多くなった今日においてはどうしても子供が両親と触れ合う時間が少なくなってしまう。

この制度下では0~7歳くらいまでは両親に、1020歳くらいまではリタイアした祖父母と触れ合うことができるため、多くの愛情を受けて成長することができる。

少子化問題の解消

この制度化では中学高校時代になるべく多く子を産むことが奨励される。

まだ学生身分であるから仕事を気にすることな産休・育休を取得することができる(休暇中の学習は前述の通りe-larningや家庭教師サポート)。

また、すでにリタイヤ済みの若い祖父母に全面的育児サポートを受けることができる(両親は仕事に集中しているためまだ孫の養育には参加できない)。

社会としても少子化が解消されるし、仕事に熱中するあまり出産適齢期を逃して涙を流す人も減るだろう。

不妊問題の減少

卵子精子も加齢によって痛み、男女ともに年を取るごとに妊娠能力が低下する。

この制度下では生物学的な妊娠適齢期である中~高校生の間に妊娠出産を済ませるため、不妊問題は大きく減少するだろう。

高齢化の解消

50歳で安楽死するからこれは自明

リタイア後の人生の充実

現在日本社会では60歳定年制度すらも無くなり、65歳あるいは70歳までも働かせようとする動きがある。

70歳でリタイアしたとして、その老体でどのような第二の人生を楽しむのか?

この制度下では40歳という若い年齢でリタイアするため、旅行スポーツを存分に楽しむことができる。

10年という余生は短く感じられるかもしれないが、まだ若い中年時代10年の密度は後期高齢期間の数十年に匹敵するだろう。

破綻した年金制度廃止

50歳で安楽死するため退職~死までの期間は10しかなく、現役時代苛烈労働によって十分な貯蓄を行うことができるため、年金制度廃止することができる。

苦しい死の可能性の軽減

日本人の死因の1位はガンである

ガンの終末は苦しい。

ガンに限らず年を重ねるごとに重い病気によって死ぬ確率高まる

そうなる前の50歳という比較若い時点で安楽死することにより、苦しみの果てに臨終するという悲劇可能な限り避けることができる。

anond:20180716010545

もう日本国民政治の責任を背負うことに疲れちゃったか

国がボロボロになって自分が酷い目に合わないと再度政治と向き合うことはないだろうね。

で、今ボロボロになっていく最中

もうしばらくは、下り坂が続くだろうな。

2~3世代ぐらい後には多少マシな空気になってんじゃない?

2018-07-15

野党グラブルコラボすればいいのに

そうすれば日本国民10%ぐらいから猛烈に支持を集められると思うんだが。

10%程度だとしても今の野党支持率と比べたらかなりのものでしょ。

なんでやらないのか不思議すぎる

2018-07-14

[] 弁護士法治国家否定

法治国家日本

法曹関係者には、いろいろな考え方の人がいる。

法治国家否定するラディカルな思想を持つ人がいても、おかしくはない。

しかし、日本が人治国家になったら法律無用法務を専業とする弁護士不要となり、自らの存在意義否定する「矛盾」に陥るのではないか

 

オウム事件とこの集団対応は、この「前例のない事件に対しては前例のない体制で」でやってきた。それだけの大事件であり、特異な集団であり、特異な思想だったからです。

で、今回の支援要請につき、国が応えられないなんてありえない筈、と確信しています

・その必要性があり、決して憲法違反するものではなく、法令違反するものでさえないのだから

日本が、テロと闘うならば、そのテロ行為の背景などにも対応していくことによってこそ、「闘う」といえるのだから

助けてください。

 

滝本弁護士の主張から、鍵となるキーワードを拾ってみよう。

  1. 前例のない」
  2. 憲法違反
  3. テロと闘う」

 

前例のない」

社会は常に変遷して行く。かつてない状況に出会ったら、新たな対処方法確立する必要がある。そこまではOKだ。

しかし、最初は手探りの試行錯誤ゆえ不具合が生じた場合、後でちゃん不具合修正できるのか?

ロールバック可能手段も用意されているのか?

 

滝本弁護士独断で、関係者の利害を調整することなく、物事を強引に進めてしまった場合、その結果重大な人権侵害などが起きても、ちゃん回復できる仕組みも併設されているのか?

新規対応で失敗しないためには、ちゃん保険もかけているのか?そこを注意深く観察する必要がある。

デリケート問題を扱うにしては、十分な議論を尽くすだけの「慎重さ」が欠けていないか

 

万一、間違った前例を作ってしまった場合、後戻りできなくなるのでは困る。

歴史を振り返ると、人類は多くの失敗を繰り返している。(同じ失敗を繰り返すのは、単なるアホでしかない。)

前例がない」場合こそ、十分に時間をかけて話し合い、慎重に対処すべきという「共通認識」が必要だ。

 

憲法違反

人々の利害関係の調整は、政治家法曹職務である

民事および刑事係争は、法律というルールに基づいて解決を図るべきだ。

なぜ、滝本弁護士は、他の利害関係者と対話の機会を持たないのか?独断偏見で話を進めていないか

司法試験勉強をしたなら、少なくとも一度は日本憲法を読んだことがあるはずだ。

1945年昭和20年)に、ポツダム宣言を受諾して連合国に対し降伏した日本政府は、そこに要求された「日本軍の無条件降伏」「日本民主主義的傾向の復活強化」「基本的人権の尊重」「平和政治」「国民自由意思による政治形態の決定」などにより、事実上憲法改正の法的義務を負うことになった。

そこで連合国占領中に連合国軍最高司令官総司令部の監督の下で「憲法改正草案要綱」を作成し、1946年昭和21年5月16日の第90回帝国議会の審議を経て若干の修正を受けた後、同年1946年昭和21年11月3日日本憲法として公布され、その6か月後の翌年1947年昭和22年5月3日施行された。

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種信条性別社会身分又は門地により、政治的、経済的又は社会関係において、差別されない。

 

なぜオウムだけは差別して、議論の輪から外しても良いと言えるのか?(言っていないなら問題ない。)

好き嫌い」という感情ではなく、「真偽」という論理、すなわち法律ルール)に基づく説明ができなければ、法曹としては失格だ。

パブリックコメントを発する以上は、他者から質問に答える義務がある。(質問を受け付けないのなら、それは単なる独り言しかない。結果、他者聞く耳を持たず、自身孤立する結果を自ら招くだけだ。)

滝本弁護士には、公開の場で質疑応答を行なうだけの「誠意」を見せて欲しい。

  

テロと闘う」

テロ」といえば昨今の「テロ等準備罪」を巡る議論を思い出す。

日本では犯罪を実行したことを罰するのが原則です。それに対して、共謀罪犯罪計画合意したこと自体を罪ととらえ、犯罪を実行する前に処罰しようというものです。深刻な犯罪を未然に防ぐことが狙いです」

 

「新々過失論」(危惧感説)

「過失」を巡る法理の分類は、歴史的に「旧過失論」「新過失論」「新々過失論」(危惧感説)などが挙げられる。

 

 

テロ等準備罪は、危惧感説に基づく新しいタイプ法律と言える。日本では、藤木英雄先生先駆者として有名だ。

藤木英雄1932年2月20日 - 1977年7月9日)は、日本刑事法学者。元東京大学法学部教授

戦後の数ある刑法学上の論争の中で、実務上最も重要な意義をもったのは過失責任を巡るものである

藤木は、高度成長期において非伝統的な犯罪が多発するという状況に際して、新たに企業側の過失責任拡張することで、被害に苦しむ市民を救わんと尽力し、新過失論を一歩進めて「新・新過失論」・「危惧感説」を提唱した。

危惧感説が登場する以前の新過失論は、逆に伝統犯罪交通事犯に対する過失責任限定意図していただけに、画期的な転換といえる。

危惧感説は、後に板倉宏らの一部の学者検察官の支持を得て、森永ヒ素ミルク中毒事件採用されるに至ったが、北大電気メス事件( 札幌高判昭 51.3.18 高刑集 29.1.78) では明確に排斥されており、学会でも一般的な支持は得られなかった。

 

日本ではまだ、危惧感説に基づく国民合意形成が十分になされている状況とは言えない。(テロ等準備罪も始まったばかり)

従って、滝本弁護士が、「テロと闘う」という大義名分の下、かつてない法的判断要求するつもりならば、日本国民に対する説明義務が伴う。

滝本弁護士が単なる思い付きや感情論で言っているだけなら、後世に悪影響を残す有害前例を作ってしまうかもしれない。

ハッタリではなく、滝本弁護士が藤木英雄先生の業績を踏襲し、発展させる意気込みがあるなら、一概に有害とは言えない。

 

この点については、オウム限定する必要がない。

なぜなら、日本国民全員の利害に関わる問題からである

従って、公開の場で議論を尽くされなければならない。

どのような方法で公開討論を進めていくべきか?日本国民全員で検討する必要がある。

(滝本弁護士には「オウム問題を風化させたくない」という思いがあり、さら法治国家否定しているわけじゃなければ、この結論に至るだろう。)

anond:20180714113453

なにか問題でも?

(1)外国医学校卒業し、又は外国医師免許を得た者であって、厚生労働大臣適当認定したもの 詳細はこちらへ

(2)旧中等学校令(昭和18年勅令第36号)による中等学校卒業者又は旧専門学校入学者検定規程(大正13年文部省令第22号)により専門学校入学資格を有するものとして検定された者以上の程度を入学資格とする修業年限3年以上の医学の教習を目的とする学校(医師法第11条第1号及び第43条の規定による大学及び専門学校を除く。)を卒業した者

(3)昭和20年8月15日以前に、朝鮮総督台湾総督樺太庁長官南洋庁長官若しくは満洲国駐剳(さつ)特命全権大使医師免許を受け、又は領事官の医業免許を受けた日本国民

(4)昭和20年8月15日以前に、朝鮮総督の行った医師試験の第1部試験合格し、又は満洲国の行った医師考試の第1部考試に及格した者

(5)沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令適用特別措置等に関する政令(昭和47年政令108号)第17条第1項の規定により医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣認定したもの

2018-07-11

anond:20180711120417

アホか

最初から法的な枠の中でしか話しないなんて言ってないのに勝手法律のなかで収めようとすんなよ

法的にどうかという話ならもうすでに世界中死刑法律の中で運用されてるんだから問題なんてないんだよ

死をもって償うしかない犯罪がある

これは個人感覚ではなく日本国民共通理解

お前みたいはアホは、死刑反対してれば理性的な振りでができるから反対してるだけのファッション死刑反対クソ野郎なんだよ

お前がガチむちにレイプされた上で家族皆殺しにされ大切な人を自ら殺すよう命令された上で同じ主張ができるならファッションじゃないって認めてやるよ

自分被害者立場になったことを想像してものを語れないクソ野郎低脳先生に殺されてろ

2018-07-09

anond:20180709193937

なんなんだろって言われてもキモくて金のないおっさんだって日本国民の一部なんだから出しちゃいけない理由なくない?

2018-07-08

anond:20180707223529

元増田です。いやあ、さすがにはてなの人々はよくわかっていますね。正しい論点を突いたブコメがきちんとトップに来る。難しくなるからあえて触れなかったところですが、ちょっと舐めすぎていたようです。

b:id:rascalrascal:20180708 会社法を出したとたんに会計用語を使わない意味がなくなっているよね。正しい命題は「BS内部留保が積みあがるほど利益がでるなら、PLの段階でもっと従業員に配るべき」で、その是非を検討すべきじゃないの?

この命題理解するにはしっかりと会計勉強する必要がありますが、ここでは会計概念を使わないで解説してみましょう。最初結論を書いておくと、

ってところです。

これからまれ内部留保の話

前の記事でも書いたとおり、会社がお客から受け取った売り上げから仕入れ先に原料の代金を支払い、従業員給料を支払い、営業必要な諸経費を支払い、銀行には利息を支払い、政府には税金を支払った後の、株主最後の取り分が新たな利益として未来内部留保に回ります。ここで支払われる従業員への給料を上げろ、という主張は共産主義でもなんでもなく、極めて真っ当です。会社が生み出したお金株主財産になる前に、もっと従業員へ分配しろという話だからです。結果として株主の取り分が減ったり、あるいは株主が損をしたとしても、労働者の知ったことではありません。正当な給与要求するのはもちろん、正当でなくてももらえるものはもらうべきです。「赤字上等。サビ残なんてとんでもない。」それが労働者としてのあるべき姿勢でしょう。もっとも、現実には会社が潰れたり、お客から受け取る売り上げが減ったりすれば従業員も損をするので、一定妥協はつきものしょうが

「ここ数年の企業業績は好調なんだから労働者にも払えるはずだ。もっと分配しろ。」至極真っ当な主張です。共産党がこのような真っ当な主張をせずに、内部留保論のような悪質な印象操作に走るのは理解に苦しみますが、真っ当なことを言うと効果的なアジテーション(扇動)にならないからでしょう。彼らは彼らの支持者のことをよくわかっています

未来内部留保株主のもの

ただし、残念なお知らせが一つあります既存内部留保も、これからまれ内部留保も、株主の持ち物であることに変わりはありません。内部留保の源泉が株主投資からです。労働者への分配を高めた結果株主が儲からなくなれば、株主日本投資をしなくなってしまうでしょう。前回、労働者に配るお金を作るために工場処分して、結果として従業員は職を失う、という滑稽な例をあげましたが、これはしばしば現実に起きています労働者お金を配った結果、建っていたかもしれない工場が建たなくなり、生まれていたかもしれない雇用が生まれなかった、という形で、ですが。

労働者に全く分配しないとなると労働者疲弊し、ひいては国が疲弊します。一方で、前回も言ったとおり、内部留保株主の持ち物であるという前提で経済は回っています無秩序に配ることはできません。どのような会社にどの程度分配させるのが現在未来日本国民全体にとって最良なのか、政策立案者の視点で考えてみると簡単選択ではありません。少なくとも、僕にはちょっとわかりません。

anond:20180707212052

平成30年7月

「麻原大御神の祟り

或いは

キリスト麻原による贖罪

 麻原大御神の死刑執行された7月6日未明から西日本に麻原の荒魂による豪雨が襲った。

 麻原大御神のアストラル界への旅立ちに際し、100人を超える人身供犠が日本国民から捧げられた。

 大雨は翌7日、七夕の夜にまで降りつづき、夜、遂に東日本千葉県沖で震度5地震が起きた。

これにより、首都圏の民にも麻原大御神の大怨が知られることとなった。(しばらくして天皇崩御世界にも知れ渡ることとなる)

 その後、麻原大御神の遺骨を納めた塚を築くことで荒魂を鎮魂した。

 現在では絞首刑時に空中浮遊を使わなかったのは麻原大御神が人類原罪を贖うためだったとも言われ、父なる神に使われしキリストであったともされる。

 クリスチャンの間では二千年来となる二度目のキリストの地上への派遣に際しても人類無知のまま彼を断罪してしまったと嘆く声も漏れ伝われている。

「彼が吊るされた時、天から雷と雨が降り、大地を地震が襲ったのだ これはキリスト磔刑のもの成就である

2018-07-07

麻原尊師は「神」となった

平成30年7月

「麻原大御神の祟り

或いは

キリスト麻原による贖罪

 麻原大御神の死刑執行された7月6日未明から西日本に麻原の荒魂による豪雨が襲った。

 麻原大御神のアストラル界への旅立ちに際し、100人を超える人身供犠が日本国民から捧げられた。

 大雨は翌7日、七夕の夜にまで降りつづき、夜、遂に東日本千葉県沖で震度5地震が起きた。

これにより、首都圏の民にも麻原大御神の大怨が知られることとなった。(しばらくして天皇崩御世界にも知れ渡ることとなる)

 その後、麻原大御神の遺骨を納めた塚を築くことで荒魂を鎮魂した。

 現在では絞首刑時に空中浮遊を使わなかったのは麻原大御神が人類原罪を贖うためだったとも言われ、父なる神に使われしキリストであったともされる。

 クリスチャンの間では二千年来となる二度目のキリストの地上への派遣に際しても人類無知のまま彼を断罪してしまったと嘆く声も漏れ伝われている。

「彼が吊るされた時、天から雷と雨が降り、大地を地震が襲ったのだ これはキリスト磔刑のもの成就である

2018-07-03

anond:20180701174111

立派だ!

法律をよく学び、社会貢献している。

東京オリンピックを目前に控え、日本人は全員、

について熟知して、日頃から実践するべきでしょう。

警察が主導して、日本国民私人逮捕無料講習会を開くべきでしょう。(消防署と協力してAED無料講習会と併設すればさらに良いかも)

日本国民一丸となって全員が自警団を組めば、日本治安は良くなるはずです。

日本リベラルの愚かさ

先日スピード違反で捕まった

かに40KM以上オーバーやばいんだろうが

だがそれらの軽い違反をいちいち捕まえることで

普通に生きる日本国民に対して犯罪者というレッテルを張ることになり、

結局は治安の悪化につながる

これは極めて悪影響である

そもそもこれらの不自由不寛容政策の多くが自称リベラルにより作られたという事をわれわれは忘れてはならない

いつまでたっても安倍のヤバさを理解しない日本国民文句たらたらなジャップサヨクだが

こいつらもいつまでたっても「裏切り者」をbetrayerなんて訳したテキサス親父ネイティブ扱いすることをやめない

頭が「にぶい」って表現意味を痛感する

機を見るに敏であることを心がけて初めて知性は知性たりうる

いくら物知りでも判断力がないのは無価値

2018-07-02

anond:20180702231146

今の世代富裕層子供30人こさえようと相対的貧困が下がれど日本国民の上流で居続けると思うけど

今の世代底辺子供30人こさえるよりナンボもマシじゃん

底辺労働力が欲しいんだってはっきり言えよブルジョア

医者不足ってさ

90年代くらいまでは医学部の枠多すぎ医者多すぎとか散々国を叩いてた癖に今更医者が不足してるとか医者ブラック化しててかわいそうって都合よすぎね?

医者全員がブチ切れてテロリストになって日本国民暗殺し始めても文句言えないくら自分勝手な話だよね

あ、学生運動とかそれが発端だっけか

2018-06-30

殺すし殺されるよ

例の事件に関する感想blogがいくつもあがっていて「殺すほどのことでも殺されるほどのことでもなかった」「理不尽すぎて納得できない」っていう声があって個人的には違和感はげしい。

いやいやいやいや。殺すし殺されるよ。「この程度の発言はたしかに君は傷つくかもしれんけれど殺すほどじゃないだろ?」って。それ決めるのは殺す決意をした側でしょ。どんな言葉が許せない弱点なのだか、エスパーじゃない人類には他人の内心はわからないんだよ。それでもなお「殺すほどの発言じゃなかった」と言い張りたいのならば、それは多数が少数の完成を多数決で封じ込めてるだけのことだよ。なにがいじめかといえばその構図がまさにいじめでしょう。

不倒城では「どんな人間も、「こういう発言があったから」という理由殺傷されてはいけませんし、そんな必然性もありません。」っていうけれど、それって法の、もう少し言えば秩序の話だ。不倒城さんの記事は日ごろ楽しんで読んでるし、大好きだけど、この件で法の話をするのはいかにも筋が悪いし、不誠実だ。

まず第一に、死んだhagexさんが死んだ瞬間、秩序は助けてくれたのかといえば助けてくれてなかった。虚空から次元警察が現れてナイフを掴み止めてくれたかといえば否だ。ってことは「発言殺傷されてはいけない」というのは、法側の出した空手形であって、結局言うだけ行って助けてくれなかったわけだ。「どんな発言をしても殺傷されませんよー」というのは事実じゃないし、それを盲信するとトイレで刺されて死ぬ。つまりそれを喧伝するのって不誠実だ。

第二に、先生側が(内面わからんけれど推察するに)苦しんでいたときに、秩序は別段先生を救済しなかったでしょ。このとき先生が前

善だとか悪だとかは問題じゃないんだよ。とにかく、苦しんでいてある種の助けを望んでいたときに、社会と秩序は救済しなかった。そして先生は、社会と秩序から脱退することを選んだ。犯行先生自首したっていう事実から殺傷行為がこの社会於いて犯罪であってつまりは反秩序行為であることを先生理解していた。そのうえで行為に及んだってのは、「この社会や秩序に見切りをつけた」ってことであって、つまりここでも秩序は力不足を露呈している。

秩序ってのは要するに僕らの都合だ。社会形成する上で反社会的行為が多発すると問題があるので抑圧してる形態が秩序だ。法はその規範だ。

別に俺は先生擁護しているわけでもないし、犯罪奨励しているわけではない。俺個人殺人事件を起こさないように起こされないように生きているし、この社会の秩序に参加してて、秩序側の人間だ。でも、だからといって、自分所属しているこの秩序を唯一のものだとか正義体現だって言い張るつもりはない。参加者である俺達の都合にすぎないもの正義だの善だのっていうことばですり替えるのが不誠実だっていう主張がこの記事だ。

秩序が都合だ、という話は、法が社会契約だってのと一緒だ。法は、社会的な弱者を含めて万民に対して利益提供していて、それを守る側が得だから参加してねというものだ。自由参加だと社会崩壊しかねないので強制参加になっているけれど、その歪みが例えば少年法という形であらわれている。俺は日本国民として、自由意志で法の側に参加しているつもりなので(その決断なく惰性で秩序側にいるのはすごく怠惰危険だと思っているので)、あたかもその参加が善であり正義であり、そこから外れるひとを悪だとするような論調は嫌いだ。そういう論は秩序とか法への参加意識を鈍らせると思うからだ。

から一方で、俺達の運用しているこの秩序に心底絶望してしまった人が、そこから脱退を決意することは十分に有り得ると思う。強制参加だから脱退できないだろう? っていわれても、現実はご覧の通り。秩序のもたらすデメリットと逸脱のデメリットを比べても、それでもなお耐え難ければ、人はそこから離脱するしか無い。そんなの歴史見れば山ほど事例が転がってるでしょう。先生の件で言えば、今回の事件は、あれは先生なりの自力自己救済だった。秩序が救済してくれないなら自分でやるしか無い。

もちろんそれは、俺達の秩序側からすれば大変、筆舌に尽くしたがたいほど不都合だ。だから否定するし弾圧もする。でもそこですり替えするのは不誠実だと思うんだよ。俺達の秩序はなるほど大人数で考えて洗練されてきたので、かなり良い出来だと思う。けれど、ミクロレベル完璧かっていったらそんな保証無い。冤罪事件で30年間投獄された人がいたとして、俺はその人に対して「俺達の秩序に参加したほうが君の人生ハッピーだよ」と胸を張って言うことはできない。

この世界は、無秩序なのが本来の姿で、気に入らないことを行ったやつや言ったやつは、すぐさま殺されて転がるのが自然な姿だよ。それだと困る多数派自分たちの方を作ってグループ化したのが現在だけど、別段、それは神の定めた法じゃない(宗教ではそういうことにしてるみたいだけど)。そういう都合の問題を、普遍的真実のように語る傲慢だけはやめてやれないものか。

自分たちの社会を守るためだってりゆうはわからんでもないが、不誠実がすぎる。

2018-06-28

anond:20180628081307

違う

グローバル化によって国際法を元に日本国法が定められ、日本国民が日本国法へ従うように、日本国民はグローバルアクセスするのに何らかのフィルタを通してアクセスしてる場合が多いんだよ

日本国民は国際法に従っているわけではない

日本国民が触れるグローバルは良くも悪くも日本社会向けに改変フィルタリングされたものであって、日本人グローバル認識グローバル標準でありつつも改変されているが故にグローバル標準でないということが起きえるんだよ

これは各国どこでも起きることであって真のグローバル認識なんて本当は存在しないんだ

もし真のグローバル人間存在すると仮定するならば、日本国の様々な主要取引相手国内事情精通し、平均を取った意見を言える人だろうな

2018-06-26

anond:20180626215945

だーかーらー

日本国民がそういうのには反対してるんだって

anond:20180626215500

そら逆進課税日本国民が望んでいるんだから政府としても変える必要性を感じないだろう

政府与党実際問題、なぜこれが望まれているのか結構不思議がってるとは思うけど

anond:20180626210458

日本国民は、自民党奴隷ではない。(日本国憲法に明記してある)

 

選挙で選ばれた国会議員が、国民下僕なのである

 

日本国民メリットがあることをするのが、自民党の当然の義務だ。

 

分かったら、サッサと日本国民奉仕しろ!!!

anond:20180626212556

いやなにいってんのよ

日本国民自民党奴隷であって、そもそも現状圧倒的に自民党支持なんだけれども

anond:20180626211032

自民党メリットがなくても、日本国民にはメリットがある。

 

自民党おまえら国民下僕だ。その立場を忘れるな!

 

日本人税金日本人のために使え!

 

分かったらサッサとベーシックインカムを始めろや!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん