「インプット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: インプットとは

2017-12-11

なぜだろうか体が動かない

やらなければならないことがあるのに全く手につかず、朝になってしまう、

そんな生活をもう何十年も続けている。

高校大学とそういう鬱々とした悩み、間に合わない恐怖と付き合い、

そしてとうとう就職しても変わらず、延々この身体と心を苛む行動に悩んでいる。

大学まででもつらかったのだが会社員になってもから

例えば下痢を催すような身体に及ぶストレスにまで発展した。責任を鑑みれば当然だ。

それと、異常に仕事の速度が遅いのだ。単純作業ならまだしも、

例えば何かの企画を考えるだとか、アイディアを出すだとかそういうことに関して

本当に人より物事が出来上がらない。よその人間が一日で6つ考えるもの

自分が3日で2つしか考えつかないのだ。到底良い歳のオッサンがするそれではない。

様々な資料を当たってみたり思考法をインプットしてみたりもした。

だがそれで何かが良くなったということがない。

普段インプットが足りないのかもしれないが、人並みにはしているつもりだ。

インプットの質がよくないのかもしれないが

それを精査してくれる人間がいるわけでもない。

では手に付かない時間があるから遅いのだろうか?それもあるが

たまに全くすべてをシャットアウトしてある時間だけ仕事に取り組んだとしよう、

そこで単純に自分のペースが遅いということが分かる。

なので今こうして日曜提出であった仕事

やりもせずに眠れずにいることがとてもつらい。

やり始めても終わるだろうか?疑っても仕方がない、やるしかない。

だが出来ないのだ。何故だろうか?精神疾患だろうか?

病名がつくならついてほしいと思ったことが何度かある。礼を失した考えだ。

ときどき仕事をしていて物笑いのたねになるような、

指を指して陰で物言われる人間がいる。

多くはないが一つの職場に1人はいかいいかという、

仕事のできない人間というのがいる。それが私だ。

なぜ余裕をもって「普通に仕事をこなすことが出来ないのだろうか。

大した負荷のある仕事ではないのにそれが出来ないのだ。

よほど難しい仕事ならともかく。なぜだろうか。

とてもつらくてしかたがない。いつかよくなるとおもっているけれど。

2017-12-06

外資系転職して自分が正しかたことがわかった

外資系転職して自分が正しかたことがわかった

外資系転職した。結果として自分としては大正解だった。

前とも環境が劇的に改善し、ストレスなく良い状態で働けている。

今の会社評価されていない、働きにくいという人は転職というのも1つの選択肢として検討するのは良いと思う。

前の会社ではあまり評価はされていなかった。

それでも自分がきっとダメなのだと思い、何とか頑張ってみたが、周りの評価がずっと変わらなかった。

職場環境もかなり良くなかった。

どうでもいい一言で、キレる同僚。

意味が分からいくらい、ただただ敵対するパートナー。。。

自分ができると思い始めて、暴走し始める3年目。。。

このままこの環境にいても、まったく感じる必要のないストレスを受け続けて仕事するのか?

ということを考えると限界に達し、転職をしてみることにした。

結果的に、某外資系内定をいただくことができた。

転職してよかったことは・・・

 ・評価が上がった

  きちんと評価をしてくれるようになった。

  前の会社では最初の印象からずっと評価が変わらなかった。

  自分がどう頑張って、どんなに成果を出そうが、いつまでたっても、

  あいつはできないやつ。という感じだった。

  現会社アウトプットがしっかりしていればきちんと評価してくれる。

  結果主義で厳しい反面、目標への過程についても考慮はされるため、

  評価制度がそれなりにきちんと機能している感じ。

 ・話が通じる

  前の会社では当たり前にコミュニケーションしようとすると相手

  「何言ってんだこいつ?」という顔をされてしまい、全然意思疎通ができなかった。

  結局いろいろとかみ砕いて話をしたり視点を変えて話をしたりしてやっと何とか通じるという感じ。

  転職先では同じように話をしても「そうそう、そうですね」と話が

  通じてちゃんと話が進むのでコミュニケーションが圧倒的に楽になった。

 ・村社会じゃない

  やはり中企業くらいの1事業部だと、村社会的になる。

  事業部トップに気に入られるかどうかとか、そういうのが関わってくる。

  上と下の距離が近いのはメリットでもあり、デメリットでもあるわけだ。

  大きな会社では、よっぽど上に行かないと、社内政治に関わらないので、

  非常に個人としては過ごしやすい。

 ・年収上がった

  言わずもがな日系の中企業と、大手外資系では違うよね。

 ・普通にみんな自己研鑽する

  自分の中では本を日常的に読んでインプットを増やしていくことは当たり前だし、

  自分人生においても大切なことだと思っているが、前の会社ではそういう価値観の人は少なかった。

  本をおすすめしても読まない、無関心、すごいですね!いや、読めよ。ということがあったが、

  今の会社はみんな普通にインプットしているし、そういう話題普通にする。

  価値感が同じ人が多いのは環境的にいいことだ。

特に話が通じるという部分においては、自分は何も変わっていない。

実は自分コミュニケーション力がなくて、理解力が高い人じゃないと理解できない話し方なのかもしれない。。。

相手理解力そもそもに今と前で違うのかもしれない。

それでも、自分が言っていることがちゃんと普通に通じるというのはストレスがなくていい。

評価に関しては前会社部長面談転職すること、転職先を伝えたときに、如実にわかった。

面談前に上司にはおそらく別経由で転職先は大まかに伝わっていた状態だったようだ。

    部長退職ですよね。で?どこ行くの?〇○(転職先)ですよね?子会社ですか?」

    私「は?いえ、本体です。」

    部長へぇ!そうなの?面接頑張ったんだね。」

    私「は?はぁ、まぁそうですね」

このやり取りで、自分がどれだけ評価されていなかったのか?ということが分かった。

君程度では本体へは行けない。面接ウソついて頑張らないと入れない。(お前に入る実力はない)

と思われていたわけだよね。何様だろうね、ほんと。

自分評価が正しいと思いたいのはわかります・・・

そのうえで面談最後

「いつでも戻ってきてね」

と言われた。

上のやり取りした上で、戻ろうと思うやついるのか?

評価するのもされるのも人なのでそれなりに個人フィルターがかかるということで、

最初にどんなフィルターをかけるかで、その後が大きく変わるということをかなり実感した出来事だった。

ということで、評価されてないのは自分に原因があるとばかり思ってないで、

環境を変えてみるということも大事かなと思う。

自己責任だけどね。

2017-11-30

経験が増すと小説面白くなってきた

やっぱり何を楽しむにしても、経験するってインプットはすごく尊い

自分がその主人公キャラクターと似たような経験をしてないと、共感感情移入もしにくい。

いや、共感とかできなくても楽しい小説はたしかにある。羽田圭介メタモルフォシスとか、映画だけどナイトクローラーとか。

でも、自分進歩とか、見えるものが変わる意味で、何事も経験だな。

でも経験が増えるにつれて、若い頃の純真感性は鈍っていく感覚がある。これは、希望とか明るい未来への期待とかが裏切られる「諦め」によるものかもしれない。

人生っていうのは諦めの連続だな。でも諦めの連続の中にしか楽しいとか幸せもないのかもなあ。

2017-11-29

何者にもなれなかった

フロントエンドエンジニアにもデザイナーにもなれなかった.


HTML/CSSリファレンスなしで書けるし, WAI-ARIAを用いたアクセシブルなコーディングもできる.

CSS設計意識した保守性を大切にしたコードを書いているし, CSSアニメーションインタラクション操作できる.

SVGを一から書く方法やいくつものブレイクポイントを持ったページのコーディングスキルも身につけた.

Gitバージョン管理をしたりWebPackでscssコンパイルリントを通したりする能力も得た.

インプットが大好きで, 毎日毎日様々なWebに関する知識を頭に詰め込んだ.


だけどJavaScriptは書けない.

JQueryコピペして簡単DOM操作を行うのが限界だった.


然しながら, 昨今のフロントエンドエンジニアJavaScriptが書けて当たり前だし,

JSフレームワークWeb Assembly, Web Componentsをバリバリ使いこなして開発している.


サーバーサイドレンダリングが主流のこの時代, 生のHTMLを書いているような人種は淘汰され,

数年後には食いつなぐことが厳しくなる未来しか見えない.

両者の間には旧石器時代現代程の格差を感じる.


デザイナーなら道はあるかと思い, UIデザインにも挑戦した.

バーティカルリズムや8pxルール, 配色理論意識した整ったレイアウトSketchIllustratorで作れるようになった.

でも'整ったレイアウト', '小奇麗なレイアウト'は作れても, その壁を超えることはできなかった.


全ては自分怠惰性が招いた結果である.

だけど, 藻掻き続けても道が拓けない.

もうこの先, どのように歩み進めればいいのかもわからない.


助けて欲しい.

何者にもなれない自分は嫌だ.

2017-11-25

anond:20171125075832

男子向けのヒーローもの戦隊ものロボットものなんかは、公のために私を投げ打って、自己犠牲的な精神美徳とする古臭い感覚がどうしても残っている。

から男子はもう、そういうものに素直に憧れられない。

男児にとってはそれが最初に触れる価値観なのになんで古臭いと思って憧れられないことになるんだろう

それは年十年も生きて経過を見てきた大人感覚のはずなのにな

親や世間価値観から影響されるのか遺伝子インプットされてしまうのか

2017-11-20

anond:20171120045415

若いころからいろんな作品を大量にインプットしてると、年取って感覚が鈍くなるというより、

この作品のこのパターンは見たことあり、ありがちだな、と感じるようになるよ。

そして、この手の作品ターゲット層に年齢的になくなって、ちょっとさみしく思う。

でも、好奇心さえ強くて年齢による変化を受け入れられれば、まったく別な分野のもの

面白く思えるから大丈夫

anond:20171120104539

あと超高性能な弱いAIが強いAIに至るかどうかは分からん

今の弱いAI最初インプットをある程度必要として…というのも

囲碁ソフトルールだけ教わって自分で編み出した答えの方が強かったりしたので

人間の持つアイデア自体最初法則性だけで実現可能領域なのか

それとも忘却機能必要なのかはまだ判明してない

忘却機能が追加されるなら弱いAIはむしろ弱いAIの持つ機能は悪くなるので明確な線引きができる

2017-11-14

AIスピーカースマートLEDライトについてまとめる

自分用で2017年11月上旬の時点で。

AIスピーカー

ネットに繋がった音声インターフェイス端末。AIサービス側が持ってるので、単なるスピーカーの端末。日本語対応してないため発売してなかったりするのでややこしい。

Google

Google Homeシリーズ

起動は「OK Google」。Googleアシスタントアプリ開発できる。

https://developers-jp.googleblog.com/2017/10/google-assistant-app-ja.html

Amazon

Amazon Echoシリーズ

起動は「Alexa」。Skillでサービスを増やすことが出来る。

https://developer.amazon.com/ja/alexa-skills-kit/training/building-a-skill

https://dev.classmethod.jp/cloud/introduction-of-alexa-skill-kit/

LINE

Clova?知らない子ですね

ココまでのまとめ

https://qiita.com/tochi/items/7baf2451a9085cf4c972

スマートLED

インターフェイスとして、光量やON/OFFのアウトプットの他に、マイクセンサーとしてのインプットインターフェイスとしても使えるのがあったりして、色々と調べておかないとめんどくさい。

また、独自インターフェイスhackしてAIスピーカーとして使えたりもするので、安くあげたいためには知識量が必要

フィリップス

Philips Hueシリーズ

Hueブリッジnetとのインターフェイスとなって証明コントロールする。

お高い。

IKEA

IKEA TRÅDFRI

古いファーム版をつかむと書き換えないとAIスピーカーで使えない。

新旧は外見から見分け不能。ファーム書き換えキットは日本未発売。でも安い。

中華

MatchdorとかSMFXとかWizLEDライト

Bluetoothwifiコントロールするライトスピーカーも付いてたりする。

安い。BT機器hackできるなら色々楽しめるんじゃないだろうか。

IFTTT対応していたら、上記のAIスピーカー比較的容易につながる。

おまけ

赤外線家電コントローラー

上記AIスピーカーで動かせると赤外線で動く家電コントロールできる。

「【レビューNature Remoの設定方法と利用した所感。Google Homeとの親和性は非常に高い」

http://benrilife.hatenablog.com/entry/natureremo-review

スマート家電コントローラRS-WFIREX3」

https://www.softbank.jp/corp/group/sbcas/news/press/2017/20171108_01/

でも、音声インターフェイスって使うかなぁ。PC操作していないときスマホを常に握ってるし。風呂ぐらいか

2017-11-09

絵と音楽

アウトプットを前提にしたインプットじゃないと勉強練習ってあまり集中できないですね?

自分のやりたいことをやってみて、楽しめなければいったんやめて、他のことをやってみたらいいと思う。

絵のうまいへたは他人評価じゃなくて自分評価で決めたらいい。自分の描きたい絵が描けるようになるまで何度でも描き直したらいい。

数学は高等なパズルみたいなもんだから時間があれば没頭したいと思ってるけどなかなか時間が取れなくて趣味程度で終わってる。

絵を描いてみて飽きたらDTMをやってみよう。どちらも中途半端だったとしても絵と音が作れたら簡単動画を作ってYouTuberになれるんじゃない?

数学AIを作ったりしたら面白いかも。

まあ、趣味で始めて、高じたら仕事に活かせばいいんじゃないかなー。

趣味でも仕事でも活かせなくても、同好の士友達にはなれるだろうし、まるっきり無駄にはならないと思うよ?

2017-11-08

anond:20171108103630

あのへんは「母子擁護されるべき」みたいな単純法則だけ頭にインプットして

あとは相手も何も全く考えずにぶん回して気持ちよくなってるだけだな

気持ちいいので無駄にイキってしま

2017-11-07

土木技術者不足と先鋭化問題

数年前から日本中土木技術者の不足が。

そんな話はどこででも聞けるのだけど、現実問題として技術者及び職人の不足と公共事業の増加でミスマッチが起こっており、どうにか現場をやっつけないといけないということで日本中で奮闘と徒労、場当たり的な対策が積み重ねられていく。

最近はもっぱら省エネ化に技術が特化しているのだけど、例えばドローンを使った測量、簡易化された積算方法無人で動き、あらかじめインプットされた計画図に合わせて土工を行う重機群なんかがどんどん広がっている。

これらの機能自体は意外に簡単に使えるので、初期投資さえできれば(リースでもいいが)技術の発展に伴って回収も可能だろうとは思う。

が、この新技術群は簡単はいってもやはりそれまでの技術を追いかけてきた人材にとっての話である

からいて、作業員と一緒になって汗をかくことが仕事の名ばかり代理人や基礎のない新人にとっては仕組みがさっぱりわからないらしい。

なんというか、この最新技術の先鋭化が、今まで土木業にいた人間の半分くらいを振るい落としそうで恐ろしい。

もっと進めば僕もおいて行かれるかもしれない。

人手不足を解消するための技術革新ではなかったかハードルが高くなっていることで新規参入が減り、戦力外が増える。

結局、技能を身に着けた人が日本中現場を駆けずり回って、対処し、一人だけ経験値を貯めていく。

初期のコンピュータもそうだったのかな。

インプットの改善

勉強のやり方を改善したら、記憶に残せます

何をしないよりもなんかしたほうがマシだろうとチュートリアル動画とか見てても、全然あたまに入ってこないの。20分も見てると眠くなってきちゃう

インプットのやり方に問題がありそうですね?

参考

意欲や集中力の高め方、ノート術・読書

【1】1科目につき、以下の2冊のノートを用意する

1. まとめ準備ノート

雑記帳。丁寧に書くという発想を捨て、その科目に関することなら、何でも、どんな風に書いても良い。

2. まとめノート

自分言葉を用いて、まとめの精度を高めるノート。「つまり、どういうことか」を自分言葉で確かめるように記していく。

「まとめ準備ノート」と言えば、聞こえは良いですが、ぱっと見はほとんど雑記帳です。講義の内容をメモしたページがあったり、思考過程を走り書きしたページがあったり、頭に思い浮かんだ図を描いたページがあったりする。

メモ書き → 要点まとめ

受験勉強じゃないので、ノートを2冊用意しなくても良いですが、インプットを2段階に分けると記憶に定着しやすくなります

  1. チラシの裏やA4用紙などでも良いので、本や動画を見ながら、気になったことを箇条書きにする。
  2. 理解たことを自分言葉説明し直して、ブログなどにまとめる。

 

人間自分が分かっていないことは言葉にして他人説明するのは難しいんですよね。

この方法を試してみて、1か月後効果があったら報告してください。

2017-11-05

座間9人連続殺人事件Twitter

長文なんてここ数年来書いていないので見苦しい点も多いと思うがご了承願います

どうしても、ここ数日心に重くのしかかる思いを吐き出したくなり、いてもたってもいられず文を書きました。

座間9人連続殺人事件(ざまくにん れんぞくさつじんじけん)は、2017年10月神奈川県座間市で発覚した複数死体が遺棄された事件

神奈川県座間市は、東京都から約50km離れたベッドタウンだそうで。名産品や観光名所はあったのだろうか?

関東在住ではない私には、座間という地名は、推理小説タイトルさながら、目と耳を覆いたくなるような猟奇的事件が起こった場所、としてインプットされてしまった。

3ヶ月で九人。本当にその”一人目”が初犯なのかと疑われる。

生首の入った複数クーラーボックスのそばでの衣食住など普通なら考えられない。

間違いなく、コイツシリアルキラーであり、サイコパスだ。

事件が発覚したのは、被害者の兄が行方不明になった妹を必死に探したからなんだけど、

どうして、身近にこんなにも頼りになる兄がいながら、SNSで怪しい「首吊り士」なんていうアニメアイコン野郎なんかに引っかかってしまったのか。

そう思う人はすごく多いと思うし、私だってそう思う。

でも、あまり存在が近すぎて、見えなくなっちゃってたのかもしれないね

当たり前にあった優しさだからこそ、視界が曇ってると気付けなくて。

気がついていたとしても、心が鈍ると、何も感じなくなってしまって。

結局は、何かのせいにしながら、何かに寄りかかって生きようとする。

そうしないと生きていけない子だったのかもしれない。

肉親でも友人でもないのに、自分の心の叫びを聞きつけてどこからともなく現れる自分を救ってくれるスーパーヒーロー

そんなものを求めて、そして殺された。

この事件を受けてか、Twitter規約が一部変更されて、自殺自傷行為助長は明確な違反行為と定められた。

この変更に怯え、反発しているのは、皮肉にも恐らく被害者たちが持っていたものと同じようなアカウント所謂病み垢”の住民たちだ。

病み垢Twitterには以前から存在していた、所謂メンタルヘルスを病んでいる人(またはそう思い込んでいる人)が己の心の苦しみやリアルでは吐き出せない気持ち吐露するアカウントだ。

病み垢病み垢同士繋がって、傷の舐めあいをする、そんな独自コミュニティ形成されていた。

自分たちの居場所を奪われるかもしれない、危機感を持った彼らは、#病み垢凍結反対 というハッシュタグを使い、抵抗活動をしている。

そもそもTwitterWEB上でのいちサービスに過ぎず、Twitter社が彼女らのインターネット上の居場所を確保してやる義務必要性もないんだから

いくら権利を主張したところで、運営マイナスとなる危険性が高ければ非情に冷静に事務的自動的にそのアカウントは消されて終わる。

だけど、そんな時少しでも、被害者の兄の事を思い出して、自分たちにとって、その兄のように必死に助けようとする存在が意外なほど近くにいるのかもしれない。

そう思えることが出来たら、少しは、被害者も浮かばれるんじゃないか、そう思った。

この文章最後に、この事件については新しい情報仕入れないようにしようと思う。SNSでもこの話題は避け、ニュースで流れ始めたらテレビを消そう。

暗く暴力的なこの世界が、思った以上に自身のそばにある気がして。近づきすぎたら引きずり込まれるような気がして、すごく、怖いから。

2017-10-31

ほら俺って基本えろくて妄想力すごいタイプやん

それなのに何もネタを思いつかないってよっぽどインプットしてないってのと妄想力落ちてるってことになるやん

疲れてるんだよ

から今日はもう帰る

2017-10-23

最近よくきくこと

「こんな○○の授業を受けたかった!」

「こんな風に教えてもらえば、もっと○○が好きになったのに…」

学校で教えない○○」

…よく聞く言葉だ。こういう世の中の風潮を受けてか、文部科学省も「関心・意欲・態度」を評価せよ、学ぶ意欲をかき立てるような授業を、ということを言う。だがちょっと待って欲しい。本当に「そういう授業」を受けたら、学習意欲が高まり学習効果は上がるのか?

PISA調査に見る日本の生徒の学力ユニークな点は、【「学力点」は高い/「学習意欲」は低い】…である。つまり外国』の生徒は「やる気バリバリあるが、頭はそれほどよくない」。対して『日本』の生徒は「いやいや勉強やらされてて、テストの点だけはよい」というわけだ。これを見て、何でも「低い」ことが許せないお役所の方々は「もっと意欲を高めろ」と指示するわけ。だがこれらが逆相関している可能性について彼らは真剣に考えているのだろうか? つまり、【やる気は学力反比例する】という可能である


これは、直感とは相違するので違和感があるかもしれない。やる気のある生徒が勉強できない、とはどういうことなのか? 東大などに行かれた偉い方々には、すとんと落ちないのだと思う。だが、データは正直だ。そして、現場指導を通して感じる実感としても、上記の可能性は十分に考慮すべきだと考える。なぜなら「指導リソースは有限」だからだ。

教員にはとにかく時間がないし、生徒も同じく時間に追われている。その中で、限られた授業時間必要指導を行う。もし、いまだに時間リソースが十分にあるならば、「やる気のある子が自主学習読書に取り組む」ことも、あるいは期待できるかもしれない。だが、部活と塾に追われ、空き時間スマホでのコミュニケーションに追われる現代の生徒たちには、そういう余裕はない。ひたすらアウトプットを強いられてインプットする時間がない。つまり、「やる気の出る指導を受け、やる気を出す時間」はあっても「出たやる気で他を圧するほど学習に取り組む」余裕がないので、結果、「やる気は出ても学習成果は上がらない」ことになる。もし、短期的に「学習成果」をあげたければ、「やる気」とは無関係に、授業時間に絞って「詰め込み」をさせる方が効果的かもしれない。これが、「やる気」と「学力」が反比例する理由となる。つまり時間などのリソース定量だとすると、やる気に時間を割くほど学力は下がり、学力時間を割くほどやる気が下がる。

実際、現場指導して「受けたい授業」的な授業をしても、「そのおかげで」生徒の学力が上がったという実感は驚くほど薄い。強いて言えば、「教え込み」をしないにも関わらず生徒の「自主努力」によって、なんとか「教え込み」型の授業を受けている生徒からギリギリ離されない程度の成績を収めているな、という感じがある程度である。大変忸怩たる思いがある。

まあ、教員としては「面白い授業」をした方が楽しいのは楽しいのだ。だが生徒には負担をかけているという思いが否めない。もちろん、こういう苦労をした生徒の方が「将来伸びるだろう」という確信はある。だがその「将来」というのは、たとえば浪人したとき、あるいは大学に入ってからの伸びとかそういう意味になる。浪人をするほどの余裕がない家庭の多い公立高校で教えている限り、現役入学にこだわる生徒たちは、結局力を伸ばしきらないまま本人の行くべきレベルより低めの大学に入っていく。

まあこれは極端な話で、結局のところどちらかに振り切ることなく、どちらもそこそこにお茶を濁す感じで手を打っているのが現状だ。それで、生徒の評判はそれほど悪くない。だがもう少しうまいやり方もあるのではないかという気もして仕方がない。文部科学省の方々には、もう少しそのあたりを考えていただきたいものである。やる気も学力魔法のように上げる方法というのは、残念ながらない…それが現実なのではないだろうか。

2017-10-21

anond:20171021123332

知人はfacebook退会したよ。

あれ、上司に勧められて始めたけど何が面白いのか全く分からない。

Twitter自己中なキッズがのさばってるから大半はミュートしてるし本当に飽きた時はアカウント削除してる。

1ヶ月以内なら復帰出来るんだよね。ネットなんて馬鹿が使う物なんだからインプットに期待しちゃダメだよ。

使うならアウトプット用に。

2017-10-18

anond:20171018181741

仕事は辞めた。けど案外創作には金がかかる。

図書館で調べ物をする為の電車賃インプットを増やす為に契約するメディア

使った分は元を取りたい自分は、お金を使う程に創作時間を当てようとする。でもその内底が見えてくる。これは実力じゃない。人気にあやかっているだけだ。それでもファンは増える。一歩、二歩、踏み出す。イメージを固める。

まあ、次に要望があれば頑張ってみるよ。実の所ファンの数に比例するように否定的言葉も聞いてきたんだ。どちらかというとその声の質量創作意欲が潰れた。

2017-10-17

anond:20171017221010

絵描きじゃなくて、絵を発注する側の意見自分イラストレーター目指すならこうする。

①まず売り方を明確に絞る。漫画家めざすのか、ラノベの表紙とか書きたいのか、一般書の装丁に使われるようになりたいとか、壁サークルになって稼いだるとか。そしたらインプットすべきこともルートも明確になる。場合によっては会社勤めを続けるという結論になるかもしれない(たとえば会社員エッセイコミックが描きたかったりした場合とか)

②売り込み先が決まったら、辞める前にとりあえず今ある絵をもって営業行ってみる。漫画なら持ち込みかな?発注側の反応を見てみる。

③それでもやっぱり絵に集中したいなら、25で3年経験あればまだ再就職できるし一回辞めてタイムリミットつけて集中してみる。27過ぎると企業の反応が変わるから、26って履歴書に書けるうちに転職したいがどうかな。

都心の人ならだけど、学校行っても発見がある(コネもできる)。どこでもいいわけではない。

画力より、熱量大事って部分が結構あると思う(発注する側からするとスケジュール感も重要から熱量も一つの才能だし、大事にしてほしい。再就職は若ければ有利だからチャレンジは早いに越したことない。

絵以外のインプット大事

ただ、8時間勤務くらいならフルタイム会社員しながらイラストレーターやってる人もちょこちょこいるよ。

孤独

大学生

友達がいないので孤独を感じないように講義を取りまくってる。

はっきりって4コマ目くらいから疲れてくる。

インプットばかりしてバランスが悪い。

今時ならTwitterコミュニケーション代替するのだろうけどそれも馴染めない。

2chに書き込んでも必ずレスが貰えるわけではないし、意味不明中傷されることもある。

増田に書き込んでもそのまま流されていく。

しんどいな。

2017-10-14

インプットアウトプット割合とは?比率は2対8が黄金比なのかを考えた

スキルアップブログのinoueです。

あらゆることでそれなりの結果を残すためには、インプットアウトプット必須

けれども、インプットアウトプット割合比率が、いまいちからない人も多いのが現状。

黄金比といえば8対2の法則が有名ですが、このインプットアウトプット割合比率も2対8が黄金比なのかを考えてみることにします。


インプットとは?




インプットとは簡単にいいます勉強するということ。

ブログ運営でいえば記事を書くために様々な体験をしたり、ネタ集めに読書します。

このインプットをすることで、人生での方向性も変わっていく大切なことですが、このインプットという行動は基本的には楽です。

からこそ、インプットに掛ける時間アウトプットよりも長くなりがちなのですが、インプットばかりしていても結果は出ません。


アウトプットとは?



アウトプットとは、インプットたことを伝えたり、ブログなどで発信していくこと。

このアウトプットの量で結果がほぼ決まるといっても過言ではありません。けれども、さきほどにも書いたように、このアウトプットインプットよりもかなり疲れます

インプットとなるブログサロン等で勉強することは普通に楽なことですし、好きな分野の勉強読書楽しいものです。

からこそ、アウトプットに掛ける時間インプットよりもしていきたいのが本音。このアウトプットを誰よりもすることができれば、振り向いたときには誰も追いついていない状況になっています


インプットアウトプット割合比率




このように考えると、アウトプット重要性が痛いほど感じます

頭ではよくわかっているつもりですが、なかなかアウトプットよりもインプットを優先してしまう人がほとんど。

私も初心者ブロガーの頃は、アウトプットよりもインプットばかりに時間を掛けていました。

もちろん、最初空っぽなのでインプットは大切です。大事なのはインプットしながらアウトプットするということ。

具体的には少し勉強たことをすぐにブログ記事に書いては、また読書なり、他人ブログ等を読んで感じたことを記事にする繰り返しですね。

その割合比率インプット2のアウトプット8。

現在の私はその割合インプットアウトプットに励んでいます


インプットアウトプット割合とは?比率は2対8が黄金比なのかを考えたのまとめ



とにかくブログ運営に限らず、満足する結果がなかなか出ない人は、今現在インプットアウトプット割合比率を考えてみることです。

大半の人達インプット時間を使いすぎ。

ツイッター上のタイムラインを眺めたり、気になるキーワード検索しては無駄ネットサーフィンをするのもインプット

同じような自己啓発本を読んで、少し賢くなった気がするのも立派なインプットです。

このようなインプットが悪いということではありません。インプットをしたらしたままで、その状態で何もしないことが危険ということ。

インプットたことがくだらなくて、別に記事にするまでもないと感じても、とりあえずはアウトプット(記事)にしましょう。

まらなくて、くだらないのかは書いてみないとわかりませんからね。

悩んでいる時間があれば、ドンドンアウトプットすること。そしてまたインプットの繰り返しで、人間ブログサイトも成長していくということです。



この記事インプットたことを今すぐアウトプットしましょう!

2017-10-05

整理能力

仕事ができる人間は整理能力が高い人が多いということに気づいた。

脳内情報の整理がついているから、スムーズで分かりやすアウトプットが出来るんだろう。

インプットも整理しながらしているから、正確に理解できているんだろう。

よくわからないものをなんとなーく聞いて覚えたりしているのではだめなんだな。

理力をあげるにはどうしたらいいんだろう

2017-09-28

anond:20170928001053

マジレスする。

その手の知見を短期間で身につけることは不可能と知ってほしい。

ある程度あきらめてしまい、これからゆっくりと身につけてゆけばいい。

知らないものを知らないと言い切れる明晰さ、知りたいと思ったらつきつめる好奇心をもっていてほしい。

知らなくてもいいものは知らなくてもいい。

知るに値しないものを知る必要などない。

調べればわかることは後まわし、調べてもわからないことに挑め。

感性ナイフを研ぎ澄ませ。

行動を起こせ。

上を前提に、読むべき本があるとしたら、まずは古典原典おすすめする。

ただこれらの本に即効性はない。

考えること、知ること、よりよく生きようとすること、それらが世界を切り開くことを記憶の基底にインプットしてくれる。

おやすみなさい。

2017-09-22

PCが重いのはマルチタスクのせい?

スマホってPCに比べたらすごく安定してる

最初Windowsがクソなんだと思ったが、Macを数年使った結果、PCそもそもクソ動作やすいという結論に至った

でもPCでも最小構成で起動した直後は安定していたりする

 

結局、多くのソフトウェアを立ち上げたり、多くのデバイスを繋げたり

そういうマルチ部分でどうしても不具合が起きているのではないだろうか

 

と思って

じゃあ安定させるには1PCー1機能とか、多くても2,3機能にすればいいんじゃない

と考えたが、もちろん物理的にやろうとすると厳しい

インプットアウトプット特に厳しいことになる

部屋の中がグチャグチャになる

 

それなら仮想環境でやれば、とも思うが、仮想環境も単機能を割り当てるにはちょっとヘビーな感じがする

でもヘビーなのは主にUI部分だ

スマホアプリのように、気軽に切り替えられたらいいんじゃないか? とも思うがどうすればできるだろう

それにマシンパワーは足りるかとか、複数仮想環境立ち上げるのはそもそも重いんじゃないかとか色々出てくる

なんか上手いこといかないもんかな

 

例えば、ブラウザみたいなタブベースインターフェースで、中が全部仮想環境とか

2017-09-19

anond:20170912103426

新卒でちゃんと会社入れたっていうステイタスは今後の転職活動にも役立つ気がする。ちょっとうらやましい。

人生でいっぱいインプットできる素敵なチャンス。楽しんで!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん