「女性差別」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女性差別とは

2021-06-15

男性採用・昇進で優遇されるのは当たり前だと思う

女性男性に対して自分以上の経済力甲斐性を求めるのだから、それに応じて男性側を経済的社会的優遇するのは当然だよね。

フェミはそれを女性差別と批判するかもしれないが、そもそも男性側が「女から経済力を求められる」という無理難題を突き付けられている。

それを解決するために、男性側を経済的社会的優遇していることの一体何が悪いと言うのか。

恋愛結婚個人同士の問題から、それを理由男性優遇することは別問題だ、という意見もあるかもしれない。

しか少子化がここまで深刻化していて、それが男女間の非婚化がトリガーになっているのだとしたら話は違ってくるよね。

非婚化は「社会問題化」するのも時間問題だし、コロナ禍によって現在進行形で深刻化しているではないか

それがおかしいというなら、女が男に経済力求めない状況にしてから出直してこい。

女性差別の是正を訴えている劣化フェミ自身が、男性側に自分以上の経済力を求めている時点で破綻している。

2021-06-14

立原透耶「拡散希望」の問題点拡散希望

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E5%8E%9F%E9%80%8F%E8%80%B6

立原 透耶(たちはら とうや、1969年2月8日[1][2] - )は、日本小説家翻訳家中国語)、北星学園大学文学部准教授中国文学)[3][4][5]。2000年までは立原とうや名義を使用していた。本名山本範子[6]。

大阪府まれ[2]。奈良県で育つ[2]。父の山本稔は数学者大阪大学教授を務めた[7][8][9]。

1991年、『夢売りのたまご』でコバルト読者大賞を受賞する[2][4]。翌年コバルト文庫からデビューファンタジーホラー怪談などを執筆日本SF作家クラブ会員。王晋康など中国SF翻訳も行う。

いま話題中国SF『三体』の日本語版監修でも知られている。

立原透耶『拡散希望』|北海道ミステリークロスマッチ|note

北海道ミステリークロスマッチという企画の内の一作らしい。

ネタバレ前提で語るので、できればリンク先の作品を読んでから進んでもらいたい。短編なのですぐ読めるだろう。



























猫かと思ったら人間で、人間かと思ったら猫(又)だった、というミステリとしてのオチ部分は別にいい(正直この叙述トリックもそんなに上手くハマってない気はするが)

俺が気になったのはこの小説で、犯罪加害者家族イジメ被害者でたぶん軽度の知的障害もある引きこもり動画配信者の独身男性による女児誘拐監禁レイプ殺人が描かれていることだ。

犯罪加害者家族イジメ被害者でたぶん軽度の知的障害もある引きこもり動画配信者の独身男性による女児誘拐監禁レイプ殺人を描いて何か悪いのか?ただの小説だしヒョーゲンのジユーだろ!?という声もあるかもしれない。もっともな意見だ。

しかに、犯罪加害者家族イジメ被害者でたぶん軽度の知的障害もある引きこもり動画配信者の独身男性による女児誘拐監禁レイプ殺人なんてものは、これまで小説でも漫画でも映画でも腐るほど描かれてきた。現実でも実際にこのまんまな事件存在するかどうかは知らないが世間一般感覚では、犯罪加害者家族イジメ被害者知的障害引きこもり動画配信者や独身男性犯罪を犯して当然の存在であり、フィクション内で描かれる彼らの女児誘拐監禁レイプ殺人も、何の違和感もないごく自然イベントの一つでしかないのだろう。

からもし作者が、大衆感覚迎合するようなスカッと露悪エンタメとしてこの作品犯罪加害者家族イジメ被害者でたぶん軽度の知的障害もある引きこもり動画配信者の独身男性による女児誘拐監禁レイプ殺人を書いたつもりなのであれば、それはまあそういう需要もあるよねと納得はできる。売文稼業も大変ですねと労ってあげたいぐらいだ。

しかし、作者である立原透耶氏のTwitterを見てみると、過去にはこんな発言をしていることが分かった。

ttps://twitter.com/ttouya/status/987722368012316672?s=19

テレビに出ている人が、ご自身セクハラ被害など様々な不快な事を不快だと宣言された。しかしその方の発言により多くの方々が不快であると表明されている件についてはどう思われるのだろうか?間違った知識を広めたり、差別助長する発言をされたりとか。被害意識はわかった。次は加害意識をぜひに

ttps://twitter.com/ttouya/status/988930817454784512?s=19

以前、わたしと同年代独身女性が亡くなったとき彼女を悼んだある女性が、あの人はちゃん彼氏もいた、いわゆる結婚できない女ではなかった、まともな、素晴らしい女性だった、と言った。一瞬、悼む気持ちが吹っ飛んで目が点になった。判断基準が謎すぎる。

ttps://twitter.com/ttouya/status/988931421300375552?s=19

自称フェミニスト女性が、わたしに対して、何かあるたびに、結婚してない人にはわからないわ!子供を産み育ててないあなたには理解できないわ!あなたはしょせんその程度の経験値なのよ!と仰る。独身なら独身の、子供がいないなら子供がいない、そういう経験値を積んでいる。互いに尊重すべきでは?

ttps://twitter.com/ttouya/status/988932416608780288?s=19

わたし年代独身子供なしだと、そりゃうもう罵詈雑言浴びせられまくっているわけで。若い頃は独身から手頃に遊べる相手とみなされたセクハラが多く、一定年齢越えると、結婚できない哀れな人、問題のある人扱い。いやまあ変わり者だけどね、実際。でも言っていいこと悪いことはありますよ。

ttps://twitter.com/ttouya/status/988967869395316738?s=19

あー良くありますよね。独身男性にはゲイだろ!発言。側で聞いても不愉快です。その発言の中に何重もの差別が含まれていることに、なぜ気づかないのか。

ttps://twitter.com/ttouya/status/1004857467312922624?s=19

亡くなった父は昭和7年まれで、子供の時に戦争体験して、周辺に死が当たり前のように蔓延していたのをいつも語ってくれた。だから戦争反対で言論思想の自由を唱え、教育の大切さを常に主張、あらゆる差別に対しても猛然と憤っていた。さら禁煙権も主張していた。つくづく新しかったと思う。

ttps://twitter.com/ttouya/status/1004857961670250496?s=19

うっかり差別的な発言をしようものならこっぴどく叱られ、お前が言われる立場になったらどう思うんだ?と考えさせられた。専業主婦の母に給料を手渡す時には必ず、君が家庭をしっかり守ってくれているから稼げた、半分は君の稼ぎだ、と伝えていた。当時は本当に珍しいひとだった

ttps://twitter.com/ttouya/status/1045864270565539840?s=19

生きてたら87歳になる父は、わたしが幼い時から、娘さんをください、とか売れ残り、という言葉テレビなんかで聞くたびに激怒して、俺の娘はモノじゃない!俺の妻もモノじゃない!女性はモノじゃない!こんなこと言う奴がもし来ても絶対結婚認めないぞ!と吠えていましたが、父よ安心したまえ。

ttps://twitter.com/ttouya/status/1045864786842374144?s=19

娘、ずっと独り身だからw

折に触れて思い返すけれども、亡き父は本当に差別とか大嫌いだったし、人はその人個人判断せよ、という一本筋の通った人はでした。頑固な面もあったけれど、思想的にはとても柔軟で進歩的わたし大学院生の時に急死してしまったのが、本当に悔しい。

ttps://twitter.com/ttouya/status/1048772034803560449?s=19

家庭内女性差別がという書き込みをよく見るんですが、我が家は父と弟がたこ焼きやらすき焼き担当し、さらに蟹とか面倒な食べ物はぜんぶ身を取り出す役目で、母が一番に、そのあとで姉とわたしがもしゃもしゃ食べていた。なので、一人暮らし始めたら、結構確率で何もできないことに気がついた

ttps://twitter.com/ttouya/status/1048776023209197568?s=19

ちなみに生きてたら、今年87歳ですよ、うちの父。差別が嫌いであらゆる差別に敏感だった。私たち子供の何気ない一言にも、それは差別意識がある!傲慢だ!と叱ってくれた。こういう大人になりたかったけれど、わたし自身はかなり抜けてるので、頭がいい人にはなれず、器用な人にもなれず。

ttps://twitter.com/ttouya/status/1099938651717300224?s=19

https://t.co/Ffge9Zecm9

『ヒョンナムオッパへ』読了作品として楽しめたのは後半二作でサスペンスSFもっとも激しい衝撃を受けたのは「更年」で、女性差別を実感しながらも男の子母親として女の子差別する、娘がいるのに!その娘にはこれからの苦難を思って涙するという激しい矛盾

ttps://twitter.com/ttouya/status/1099939185115320321?s=19

韓国社会における根深女性差別実態が正面からぶつかってきて、息ができなくなった。読み終えてしばらく息ができなくなり、かなり精神的に落ち込んだほど。これは韓国だけの問題ではない。日本の、世界が抱える問題で、私の、私たち問題だ。

どこかでちゃんとした長い感想を書きたい一冊。

ttps://twitter.com/ttouya/status/1165136503548203009?s=19

タクシー運転手さんがいろんな意味差別的な発言を繰り返すので、1つ1つ丁寧に反論した。一番ムカついたのは理由のない嫌韓嫌中で、思わず中国人の親友韓国人の尊敬する友人もいます。どちらの文学も素晴らしいですよ!ご飯も美味しいし!中国わたしにとって心の故郷なんです!」て言った

ttps://twitter.com/ttouya/status/1206575439310770177?s=19

そういや高校の時の人権作文の宿題で、古事記日本書記における差別意識について書いたら、社会科先生に呼び出され、同時はそのような考えだから仕方がない、それを差別というのはおかしいと懇々と説教された思い出が。もちろん当時も今も納得してませんw

ttps://twitter.com/ttouya/status/1247098426510036992?s=19

すごくファンだった方が、「武漢ウイルス」とか書いておられて、泣きたくなった。つらい。

ttps://twitter.com/ttouya/status/1247104386179821568?s=19

おっしゃる通りです。そしてそれを差別意識されてない方も多いように感じます



なるほど、作家基準で見ても、差別問題特に女性差別外国人差別には普段からかなり敏感な方らしい。「あらゆる差別に対しても猛然と憤っていた」御父上の薫陶のたまものだろうか。



いやいやいや……

ここまで差別問題に敏感なはずの作家が、高菜、食べてしまったんですか犯罪加害者家族イジメ被害者でたぶん軽度の知的障害もある引きこもり動画配信者の独身男性による女児誘拐監禁レイプ殺人なんていうステレオタイプを、何の注釈留保も無しにストレートに書いてしまったんですか!!!!????

それは、なんていうか、さすがにマズくない?

この作品の中に何重もの差別が含まれていることに、なぜ気づかないのか!!!そしてこれを差別意識されてない方も多いように感じます!!!!!ってなもんよ。

敢えて最大限好意的解釈するなら、加害の連鎖がより弱い方に向かう問題や、たとえ弱者であっても成人男性女児では決定的な非対称性存在することを強調したかった可能性はある。しかしそれで「犯罪加害者家族イジメ被害者でたぶん軽度の知的障害もある引きこもり動画配信者の独身男性による女児誘拐監禁レイプ殺人」の差別性が、完全にチャラになるような書き方をされているとは到底思えん。

ここまで露骨で極端なケースはなかなかないだろうが、反差別リベラルフェミ寄りな人々が、自分たち認識できる「差別」の範囲から外れたところでは差別に加担していること自体は実はありふれている。たとえば、イジメ被害者根性ひん曲がって凶悪犯罪者・悪役になるというような展開は、「拡散希望」に限らず反差別リベラルフェミ的な作家でも平然と(しばしば揶揄的に)書くことが多いし、反差別リベラルフェミ的な読者も抵抗なく受け入れているようだ。

現実で実際そういうことがあるからそれを反映して書いているだけ、といった反論が予想されるが、それを言うなら外国人による凶悪犯罪なんかにしたって、現在日本でも(件数割合はともかく)普通に存在するし、世界全体を見ても一般的に移民が増えると治安悪化する傾向がある(とされている)。それでも、外国人犯罪の脅威を煽るような内容は差別的であり軽々しく書かれるべきではない、という認識反差別リベラルフェミ勢力の間では共有されてるんじゃなかったのか。俗悪なステレオタイプタダ乗りすることで対象を追い込みただでさえ巨大な生き辛さをいっそう加速させるという点で、イジメ被害者、そして犯罪加害者家族知的障害者や引きこもり凶悪犯罪展開は、外国人犯罪と何が違うのか。

こういうことを指摘すると、反差別側だけが一方的に高い義務を課される不公平さが語られたりするが、さすがにこれは本当に反差別の側に立ってるつもりなら当然非難されてしかるべきレベル瑕疵しかないでしょ。守られるべき弱者と思う存分石を投げていい弱者の間に恣意的に線を引いておいて、反差別もクソもないだろう(まさか犯罪加害者家族イジメ被害者知的障害者や引きこもりが「弱者であることまでは否定しないよね?)

もしもここまで言われても自作問題に全く気づけないとしたら、立原透耶氏は二度と差別について語るべきではないし、作家としても筆を折るべきだとすら思う。自らの加害性に無自覚人間プロ作家立場で無邪気に反差別ゴッコを続けるのは、社会にとっては無益を超えてはっきりと有害からだ。

立原透耶氏および「拡散希望」を無条件に公開した北海道ミステリークロスマッチには、猛省を求める。

(猛省を求めるというのは猛烈に反省してくれというだけの意味であって、作品の公開停止などを要求するものではない)

(この増田は、犯罪加害者家族イジメ被害者で軽度の知的障害がある引きこもり動画配信者で独身男性女児誘拐監禁レイプ殺人犯によって書かれました)

2021-06-11

弱者男性本質的に救うには男女平等を徹底的に推し進めるしかない

弱者男性論はフェミニズムへのカウンターミラーリングからまれ概念で、だからこそカウンターミラーリング以上の社会的意義を持たないし目的もないというのは正しいと思うし、そのカウンターとしての意義すら見失ってしまった「あてがえ論」や「女性教育社会進出制限」などという時代錯誤意見は論外だと思う。

そういった過激思想を取り除いたとしても弱者男性論は結局の所かわいそうランキング向上運動しかなく、弱者であるから優遇されるべきだ、弱者なんだから強者女性)への攻撃正当化されるといった外部への責任転嫁に終止してしまい、その「成果」を得るためにますますかわいそうランキングを向上しようと自身弱者性をアイデンティティにしてしま矛盾に苛まされることになる。だからこそ、弱者男性論に解決すべきイシューはなく救いようはないという意見反論もわかる。

そうは言ってもフェミニズムという性別による差別に戦ってきた先輩の方法論に学び、弱者男性という階層集団発見され名前がつけられたことは意義があったんじゃないだろうか。名前があることで初めて対象考察できるようになる。弱者男性存在を頑なに認めない人もいるが、課題があることを認めることはそれを即時解決しなければいけないことを意味しないし、ましてや解決していないからと咎められることもない。人間できること・やれることには限界がある。まずは「弱者男性」という概念があることだけでも認識されれば十分な気がする。

そんな非モテ弱者男性を本当に救うのは、あてがえ論や女性社会進出制限など女性の権利を押さえつけることではなく男女平等を実現することではないかと思い至ったので簡単に書き下してみる。この増田では上でも書いたとおり特に非モテフォーカスした非モテ弱者男性論について書くので低収入等については考慮しない。一般弱者男性モテの話が切り離せない理由弱者男性論が女性に向けられる理由も同時に書こうと思う。

男女の所得格差

フェミニズムや反女性差別本丸の一つは間違いなく所得格差だろう。具体的な数字もありわかりやすく、女性社会進出指標としてよくあげられる。実際のところ、正規雇用社員において女性所得男性の75%程度に留まると言われており、男性と同一の労働でありながら女性であるからという理由所得格差がもたらされているとすればそれは差別的と言える。

たとえば、統計的女性20代後半から30代の離職率が高いので女性という属性によって雇用を渋ったり昇進を阻んでいるとしたら、それは犯罪率が高いという理由男性保育士雇用を渋るのと同様に差別的だ。

グラフデータはほしい結論仮定して読むと見誤る。女性所得が低いのは女性差別されているからというのは本当だろうか?女性自体が高い所得を望んでいないとしたら?日本女性幸福度男性幸福度に比べて著しく高い。目的手段を取り違えてはならない。大金を手にすることが目的ではなく幸せに生きることが本質的であり金はそのための手段に過ぎない。日本女性は稼ぐ必要に迫られずとも幸せになれるからそもそも稼ぐ必要がないということはないだろうか?逆に男性は「稼がされていて」それゆえに不幸で、女性労働から解放されていて「稼ぐ必要がない」ゆえに幸福なのではないだろうか?

仮に実際に稼ぎたかったとしても女性は稼ぐ努力をしているだろうか?非モテ弱者男性悲鳴を上げているとき真っ先に投げかけられる「モテ努力をしていないのでは?」「だからモテないんだ」という言葉、そのまま返ってくることは考えなかったのだろうか?まさかキラキラ文系キャンパスライフみたいなことをしてなんの学も積まずそれゆえに「パンプスを履かされる」ような労働しか選択肢がないことを差別などといっているのだろうか?低い職業能力しかいか容姿が問われるような目にあっているというぐらいの想像力もないのだろうか?女性性を求めず、責任に伴って高い給与を与えてくれる仕事なんていくらでもある。

シンプルな話として、そんなに稼ぎたいならなぜ女性理系を選ばないのか?少なくとも稼ぎたい女性であれば実際的に稼げる能力やそういったキャリアパス投資すべきだろう。理系修士博士女性の知人友人なら年収1000万程度かそれ以上も珍しくない。

成果物を求められる仕事成果物こそが全てだ。愛想笑いでは機械は動かない。そういった世界では性別なんてものは些末で、結果を出す人間こそが正義だし高い対価も支払われる。なぜそれを目指さないのか?「稼げる努力をしていないのでは?」「だから稼げないんだ」と言われても仕方ないのではないだろうか?

女性性的客体化

フェミニズムや反女性差別文脈で特徴的な表現女性性的客体化や性的消費というものがある。性的客体化はものすごく簡単にいえば「女性をモノとして扱うこと」「女性主体性を認めないこと」である

女性に限らずだが同じ人間人間として認めずモノのように扱うのはまったくもって不当であるし、そういう風景を見るのも不快に感じる。そして女性がそのような人間的でない、男性の性欲を満たすためのモノ扱いを受けるといったシーンは見たり聞いたりする。そういった加害者と戦うべきだ。書くのも嫌だがいわゆる「ヤリ捨て」といった言葉などにもあるように、モテ強者男性女性をモノのように扱うような話は枚挙にいとまがない。ではフェミニスト女性モテ強者男性と戦っているだろうか?

これはトートロジーではあるがモテ強者男性女性モテるのだ。すなわち、なぜかフェミニスト女性は自らを性的客体化するモテ強者男性攻撃しない。それどころかモテ強者男性に群がっているのだ。つまり女性性的客体化を積極的に支持しているのは女性自身という矛盾が生じる。そしてなぜか女性には触れることも会話することも早々にかなわない非モテ弱者男性攻撃するのである

フェミニズム文脈ではこの性的客体化の不自然適用がしばしば行われる。いわゆる二次元女性に対して「これは女性性的客体として扱っており、そのような表象女性の累積的な抑圧経験の強化につながる」と。たしかにこういった表象男性ATMに例えたり年収評価するようなことを公の場で発言することで直接的な男性経済的客体化・モノ化と同様抑圧的かもしれない。

このような過激な言説は一部の極端なフェミニストの行動であり大半の女性はそのような攻撃的なことは行っていないと思うかもしれない。しかし様々な研究で明らかになっている通り女性男性の上位2割程度にしか魅力を感じず、そして魅力を感じない非モテ弱者男性8割についてはその行動の如何に関わらず不快だと感じる。席替え非モテ弱者男性が隣の席になったからと泣く女性がいた場合加害者はどちらだろうか?

このような非モテ弱者男性積極的排斥しようという女性本能欲求が、相手を求める男性の「正(+)の性欲」に対して相手排斥しようとする女性の「負(-)の性欲」と表現されたことは記憶に新しい。

この負の性欲と「女性不快と思ったら加虐」とされるセクハラ性的消費という概念の組み合わせは非常に強く、何をやっても女性不快と思われかねない非モテ弱者男性女性の気分を少しでも害したらセクハラだと指弾され社会的抹殺されかねない。

女性男性に対して身体的に弱いため男性が近くにいると恐怖を感じるという話と同じように、非モテ弱者男性女性から中傷セクハラ指摘ナイフによっていつ刺されるか常に怯えながら生活しているのだ。悪いことに、暴力を振るえば逮捕は免れないが、セクハラ指摘なら非モテ弱者男性社会的に殺してもなんの罪にも問われない。

これが弱者男性論が非モテと不可分であることの理由であるモテの量は女性感情的加虐からの盾であり、非モテであることは女性から加虐を受けることを直接的に意味する。そしてその意味において現代日本男性ほとんどが弱者男性であり、結婚していても「本当に結婚たかった男」にはなれずATMとして扱われたり旦那デスノート罵倒されたり托卵されたりなど被虐される立場にあるのだ。あてがえ論は女性人権制限するという意味でもまったくもって荒唐無稽であるが、同時に弱者男性の救済にも値しない。

男女平等弱者男性を救う

ここまでだらだらとフェミニストの主張や女性差別について考察してきた。端的にまとめると現代日本では一般的に女性理性的に行動ができず本能を抑えることができない野蛮で怠惰状態にあるということが言えるかと思う。そしてそれが非モテ弱者男性という女性加虐される被差別階級を生み出している。

しかしここで短絡的に「だから女が悪いんだ!女はダメなんだ!」と思った方々は少し落ち着いてほしい。これは上記あくまでごくごく僅かな例から一般化した話であり、女性のすべてがそのように振る舞うということを意味しない。今短絡的に怒りに飲みこまれあなたより遥かに理性的で、高い成果を上げ人類に貢献してきた女性はそれこそ星の数ほどいるだろう。すなわち「女性であること」は「理性が弱く本能を抑えることができない野蛮で怠惰状態」の必要条件でも十分条件でもない。つまり弱者男性論に散見される女性叩きではなにも解決しない。そうではなく、現代日本女性がそのような野蛮で怠惰な振る舞いをしてしまいがちな構造的な問題があると考えるべきだ。

そしてその構造問題を解消できれば、女性理性的主体的になり男性同様本能を抑えられるようになることが期待できる。そしてそれは非モテ弱者男性にとって本質的な救いになりうる。

社会男性本能抑制するように要請することで近年の社会秩序の発展と女性地位向上がなされてきたように、女性本能を理性によって抑制できるようになれば女性による非モテ弱者男性への中傷排斥加虐が抑えられ、何度も訴えられてきた非モテ弱者男性の消耗した自尊感情社会とのつながりの回復も期待できるだろう。

では、女性本能を理性で抑制できず野蛮になってしま構造問題とはなんだろうか?おそらくそれは男女の不平等だろう。

男女平等を推進するには

未だに「女性高学歴だと結婚できない」「男性自分より所得の多い女性結婚したがらない」「女性家事愛嬌」といった女性に対する社会的抑圧は残念ながら存在する。そしてこのような女性教育社会進出を推奨せず結婚して扶養されることこそが幸せだという価値観の押しつけは女性教育社会進出を阻害するだけでなく、そういった過程で培われる理性的思考主体性女性から奪ってしまう。同時に女性に「私は社会から抑圧された」という言い訳を与えてしま努力するモチベーションを失わせて堕落させてしまう。こうして本能のままに弱者男性攻撃排除被害者面をしながら強者男性に媚びを売る怠惰女性構造的に発生してしまう。繰り返すが彼女らにその責任はない。構造問題構造的に解消されるべきだ。

ではこれらの慣習を打破し、男女平等を実現して女性理性的になってもらうにはどうしたらよいだろうか。高度化した現代では教育の水準がある程度強く所得に影響しており、経済的事由によって教育を受けるインセンティブを設定できる。すなわち女性が「稼がねば」と自ら思うような状況を生み出すことで、必然高い教育を受け理性が鍛えられ本能抑制できるようになることが期待できる。

ではどうやったら女性が「稼がねば」と思うようになるだろうか?わかりやすいのは婚姻制度にメスをいれることだ。しばしば「女性婚姻制度で楽をしている」「理解のある彼くん」と批判されるように、女性男性収入依存する構造女性怠惰堕落させ社会進出を阻んでいる。ひいては最初に上げた所得格差などを温存する結果となっている。

そのため女性男性収入依存できないようにし、女性自身必死に「稼がねば」と思うように法律修正するのが効果的なはずだ。たとえば

このように、女性男性収入依存するための多くの法律制度存在する。基本的にこれらの法律修正をしたとしても「一人暮らしが二人」の経済状況とは変わらないため、女性がきちんと社会進出労働し稼げている限りにおいて女性が極端に不利になることもないはずだ。にもかかわらずこれだけ「女性男性収入依存せよ」というシグナルが法律にまで入り込んでいるのはグロテスクに感じる。女性社会的制度によって強く婚姻男性依存して堕落することを動機づけられてしまっているのは異常だし、社会活躍たかった・できたはずの多くの女性にとって悲劇と言えるだろう。フェミニストとしても解決したい課題のはずだと思う。

もちろん女性出産に伴うフォローのための法改正も同時に必要になるだろう。これだけは男性にはどうしようもない。1年間の法定産休・育休と休職間中給与保証などの大胆な支援策もあるべきだと思う。フェミニストのいう結果平等はこういった形で強力に推進されるべきだろう。

出産後に男性経済的支援があるならとパートタイム等の責務の軽い・時間の短い仕事に移ってしま女性も多いと聞くが、上記婚姻制度改革によって男性依存を断ち切ることで改善が期待できる。男性のように「働かなければ・キャリアを失ったら死ぬ」という緊張感があれば成長意欲も刺激されるだろうし離職率も下がって「女性は30代になると離職するから」などという理由採用・昇進を渋られることもなくなっていくだろう。

このような先進的な男女平等の実現・婚姻制度解体によって女性男性同様社会に参画し、男性に求められるよう女性も理性によって本能を抑え他者への加虐性を抑制することで、弱者男性は初めて「弱者男性」としてではなく「弱者」として男女平等な救済の道に進めるだろう。弱者男性本質的な救済は男女平等推し進めることにあるはずなのだ

2021-06-10

anond:20210610144359

今は、それらの語が果たして差別的言い回し表現であるかどうかを議論しているのではないの?

「『そういう文脈じゃねぇ』なら差別的言い回し表現が許されるのかいって話だべ」

いやそうじゃなくて、セレブバイト("キャリア志向のない"でも"妻として迎える"でもいいけど)という言葉はまだ差別的表現である認定されてないの。

認定もされてないから、許す許されるという段階の議論にも至らないの。

もしあなたの中で勝手認定されてしまってるなら、ここで議論する意味はないの。分かる?

で、辛うじてあなた論理を読み取ると、「そういう言葉の端々から偏見侮蔑を読み取って、女性差別だとした一派がいた」という極めて他力本願的な内容が、それらが差別的表現であったことの根拠となるけど、それでいいのかな?

anond:20210610143252

からさぁ

セレブバイト」やら「キャリア志向のない」やら、そうした女性を「妻として迎える想像」やら

そういう言葉の端々から偏見侮蔑を読み取って、女性差別だとした一派がいたか炎上したのに

それに対して「そういう文脈じゃねぇ」って反論になってねぇだろって

「そういう文脈じゃねぇ」なら差別的言い回し表現が許されるのかいって話だべ

別にオッカム氏が女性嫌悪してるとは思わんが

ジェンダー問題は別」って発言もあるんだから、多分に自覚的だろ

2021-06-07

anond:20210607181048

凄い頭悪いのがいた。

自己紹介かな?

フォーカスした後、ちゃん本来文脈に戻ってくるって信頼がない。

瑣末なことからはじめてしまう時点で、正しい論点からずらそうとしているのでは、って疑念は当然わいてくる。

弱者男性が「女性差別存在はおいといて」自分の辛さにフォーカスして語ろうとしたときお前らさんざん抗議したじゃん

そのハテナを書くときに感じる気持ちが、まさにそれなんですよ。「論点をずらすな」

anond:20210607181048

弱者男性が「女性差別存在はおいといて」自分の辛さにフォーカスして語ろうとしたときお前らさんざん抗議したじゃん

anond:20210606000447

オッカム氏が気の毒で仕方がない。

まりに酷い。

「そう読み取れる」「そう感じた」だけで言ってもいないことを言ったことにできるのならば、もはや何でもありになってしまう。

女性差別が解消されなければならないことは論をまたないが、こんなことを繰り返してもかえってゴールから遠のくばかりか、誰も幸せにならない社会を生み出してしまうのではないだろうか。

anond:20210607081222

ネットで男に対するヘイトぶちまけてるネットフェミ奴らにそんなこと言っても無駄無駄

あの連中は男叩いて気持ちよくなりたいだけだから

しろあいう連中はポリコレに守られなくなるから女性差別なくなったら困るんじゃないか

女子教育害悪」「レイプ泣き寝入りしろ」「レイプされた女は死刑」とかいう奴らが支持される理由

島本「女が良い学校行って金稼いで一体何をしたいの?せいぜいブランドバッグ買って高級化粧品塗りたくって海外旅行に行って、自分より劣るオスを見下して生きるだけの人生でしょ?しょーもな」 https://togetter.com/li/1725395

「緊急避妊薬が托卵に悪用される!!」という人達 https://togetter.com/li/1636448

わかり手、島本秋、わいずのようなミソジニー論者は「女に教育必要ない」「レイプ泣き寝入りしろ」「レイプされた女は死刑になればいい」だの直球の女性差別かましながら、フォロワーが何万人もいるし多数の信者を抱えている。

ポリコレ社会に抑圧された真実()を突いてくれる素晴らしい人!!」と絶賛し、反論すると「クソフェミ図星つかれて発狂してる!」と言うところまでがセットだ。

行くところまで行ってしまったな、と思う。

どうしてこんな奴らが凍結もされず野放しで、支持されるんだろう。

フェミがみんなこうではない。

性犯罪を許さない、女子教育に賛成する反フェミもいる。

だがその人達も彼らを非難することはない。フォローRTしていながら!そしてフェミばかりを執拗に叩き続ける。

一人のフェミバカなことを言うと、「フェミはこう言ったぞ!!」と全てのフェミ発言であるかのように何年も取り上げられる。

だが、フォロワーが何万人もいるアンチフェミバカなことを言っても「これだからアンチフェミは」とは言われない。どころか、そいつは支持される。

それなのに「アンチフェミレイプ泣き寝入りしろと言っている」と言うと嘘つき呼ばわりされる。

レイプ冤罪場合のことを言ってるんですよね。フェミはわかってない」と忖度しまくってくれる人もいる。

どうして「レイプされた女は死刑」とか言う奴を支持するところまで来てしまったんだろうか。

2021-06-06

女性は「被害者」,男性は「加害者」の社会男性はどう振る舞うべきか

女性性の被害者性を訴えることは社会に受け入れられて,

男性性の被害者性を訴えることは受け入れられず,

ややもすれば「女性差別だ」,「男性優遇されてるのだから甘受しろ」などという外した批判に晒される。

 

これは一例に過ぎないが,一般論として男性潜在的加害者なのだから声を挙げるべきではないという風潮が社会にあるように思う。

こういう状況は極めて不健全なのだが,ツイッターインテリ気取りは "あちら側" に迎合するばかりで(少なくとも表向きには)本音を語らず不健全性を煽っているようにみえる。

これはこれで当人勝手にすればいいのだが,

さて,このような社会一般論として男性はどう振る舞うべきなのか。

やはり黙っておくのが最適解なのだろうか。

2021-06-04

anond:20210604194611

女性差別文化インターネット上で広まる現状。

社会活動家科学者らが署名活動や団設立により警鐘を鳴らしたのに、日本インターネット利用者聞く耳を持たず、この指を止めようとしない。

池江選手大坂選手が相次いで誹謗され、今日男性誹謗対象となった。

マジで実際に海外暮らしてみろよと思う日本DIS

日本同調圧力が強い

普通に海外同調圧力が糞強い。方向性が違うだけ。スカラでは大差ないどころかむしろいか自己主張をせざるを得ない。

ジョックナードが有名だが、それに限らず場に応じて集団行動できないとはぐれ者扱いされて人生詰む。

日本では相対的貧困が酷い

相対的貧困なだけマシ。大抵の海外では日本より絶対的貧困が酷い。日本日本人が餓死とか1件でもあればニュースになるレベルでそうそうしないが海外ではザラ。

国によるが、普通に公園とか道端とかに死体転がってることもある。さすがに先進国ではそのレベルは少ないが。

日本コロナ対策が悪い

政府コロナ対策ゴミクソうんちっちなのは確かだが、他の国と大差あるほどに糞かというと微妙

そして重要なのは政府がなんもしなくても日本人は精神病レベルで潔癖なので病気全般に関しての危険性がそもそも低い。

たとえ先進国首都であろうと、海外トイレを一度でも使ってみれば理解できる。小便後に手を洗う奴とかそれだけで感動ものウンコはみだしまくり。便座あげずに小便ぶちまけまくり。座れねえ。

あとあいつら往来でマスクしねえから。マジ風邪移されて死ぬかと思ったわ。精々留学身分じゃ病院もそうそういけねえからな。

日本女性地位が低い

は?とっととビザ取って出ていって自分で確かめこいや。と思うが大抵はビザを取るほどの知識能力も行動力もない奴の意見

動力のある女が、大好きな白人男性結婚して絶頂しながらアジア人へのレイシズム交じりの国内DISを垂れ流していることもあるため勘違いを生みやすい。

お前の旦那言動アジア人がやったら女性差別って言うだろ絶対。頭がおかしい。

日本外国人障碍者LGBT(その他任意差別対象)への差別が酷い

は?とっととビザ取って出ていって自分で確かめこいや

以上。

海外ではこんなことないのに

まず旅行で良いか海外出ろ。

日本高齢化が酷い

これは本当。日本マジでジジババしかいねえ糞みてえな国だ。成長性ゼロ。他の先進国より数段悪いと思う。

あと他の国ではジジババはもっと早くくたばってる。外にも出てこないし、富裕層以外は介護とかないので家で死んでる。

中流以下は動けなくなったら死が基本。そういう意味では優しいんだろうな。

日本会社投資対象として質が悪い

これも本当。ジジババしかいねえ糞みてえな国で糞みてえなビジネスやって儲かる訳が無い。

成長が見込めないか投資されず、投資されないから成長しない。終わってる。

2021-06-03

anond:20210603001548

ポリコレ女性差別の号令に当てられて

こうやって「本当は嫌だった、自分を守るための鎧だった」って過去改ざんしてくるから信用ならないんだよな

お互い様だったはずなのにいきなり被害者ぶられて加害者にされる方はたまんないよね

anond:20210601200250

出遅れた。

ワイの3年間は「僕が一番子育てをうまくできるんだー」という謎のいきりで終わった。

「お母さんのために」は全く考えたことがなかった。

子供かわいい」はたまに考えたことがあったけれど、あんなに頑張ってやってたのはすべて「俺すげー」のためだったと告白しておく。

...まあ、そんな俺すげーをやっていたころ、子育てを頑張ってやっているお父さんたちほど女性差別がすごいという記事を読んで納得した記憶がある。

ぶっちゃけ、男の俺のほうが女どもよりも上手なんだよみたいなことを見せつけるためにやってたなと。

そういうことをやっていると家庭内マウンティングしまくりで、家庭ではいつも不穏な空気が漂っていた。

3年たったあの日、なんか、そういうのから降りた。

育児ポエムはいまだに理解できないが、元増田の言いたいことはなんとなく共感した。

ついでに、保育園使える分だけ共働きのほうが楽だろうねと最後に不穏なマウンティングかまして筆をおく。

2021-06-02

anond:20210601173956

もちろん権力層に訴えかける必要があるんだけど、

そもそも根本のところで、反差別権威であるフェミニストによって、反男性差別正当性が脅かされてるのよ。

「それは無意識特権意識によるもの

「それは本質的には女性差別だ」

「それは差別コストだ」

所詮フェミニズムへのカウンターバックラッシュに過ぎない」

みたいな言説でね。

権力男性が握ってるけど、そんな男性でも犯したら首を切られるくらいの権威が「反女性差別」とその旗手であるフェミニストにある。

フェミニストは自らの強者性を自覚してほしい。

フェミニストフェミニズム正当性を元に社会と戦っているが、マスキュリストはそれ以前に「反差別を訴える人」の批判を乗り越えて正当性確立する必要に迫られてる。

圧倒的な発言力の差や社会受容性の差を乗り越えてね。

結局「正当性」が感じられないと運動なんてできないんだよ。感覚的にもわかるでしょ。

2021-06-01

精神疾患人種差別女性差別かいポリコレ3種の神器

このいずれかに該当する人は漏れなく無敵の人から相手にした時点で負け。相手にしないのが1番・・・なんだけど、こいつらに限って全力で正面衝突してくるんだよね。

2021-05-31

なぜオタクネトウヨミソジニーなのか

オタク趣味女性差別保守的思想本来全然関係ないように見えるのに、オタクは全員ミソジニスト例外なくネトウヨなのが不思議だ。

オタク趣味を楽しむとき女性差別をするとき愛国心ペニスを立てるときは、たまたま、偶然、脳の同じ部位が発火するってこと?だからこれらが常に3点セットになる。

弱者男性問題は、男性福祉の未発達によって起きている

アメリカで、The Red Pillという映画がある。

https://www.youtube.com/watch?v=h2_HjymM-FY

簡単に言えば、「男性権利拡張運動バリバリフェミニストが話を聞きに行く映画」だ。

フェミニストである女性が、マスキュリスト男性権利拡大活動家たちにインタビューを行うという映画なのだが、まあ相当内容がエグそう。

女性差別があることは間違いないのだが、男性差別も間違いなく社会存在することを予告編だけで突きつけてくる。

「私達だって人間です。助けが必要です」「競争社会により、男性酷使され、使い捨てにされてきた」と訴えてくる。

戦争危険地帯に送り出されるのは男性兵士

DV被害者は4人に1人が男性であるしかし、男性シェルターを探しても男性は援助しないと断られる

レイプ被害を訴えても信じてもらえない。

労働災害の死亡者93%は男性

自殺者の5人に4人は男性

などなど。

「強いのは男性女性は弱い」という常識が、もうすでに崩壊しているのは間違いなく、「強い男性社会にNO」という過程で、弱者男性を余計に締め付けてきたフェミニズムという存在現代は厳しく問われるんだろう。

考えてみれば、「現代社会弱者に厳しいのは当然であり、弱者男性という存在男性から得をする」などということはまずない。

劣悪なブラック偽装請負労働低賃金で、40℃の気温の中、汗だくに鉄の塊を運んでいたのは、大体男性だった。

男性男性という立場社会から搾取されている。

なぜ男性福祉の発達が遅れたかと言えば、「強い男性を求める社会」によって男性の弱さを救済する必要を認めなかったんだろうな。

ミサンドリーというよりはマチズモなんだろう。

NIKEが「女性が生まれたら生涯年収が低いのよ」とかいCMを作っていたが、「日本自殺率の68.6%は男性よ」とかCM作ったら面白いのになと思う。

欧米はじめ、大体の国では男性自殺率は女性を大きく上回っている。

まあ、そういう切り捨てられた問題が、人権思想の発達によって、「あれ? 男性社会差別的な扱いを受けてるよね」と省みられてるのはいことなんだろうな。

追記 https://www.youtube.com/watch?v=3WMuzhQXJoY

   なぜフェミニストがでてくるのかっていうと、こういう男性特有の社会問題を語る際、必ずと言っていいほどフェミニズム価値観において、男女の競争すり替えられるからですよね。

   自殺者の数が男性が多いという話に、「自殺未遂は女性の方が多いとカウンター反論する監督」の話が出てくる。

   いつの間にか競争し、男性に偏在する社会問題告発無効化してしま問題

『Stand by me』は二度と地上波放送しないで欲しい

主演が男の子4人のホモソーシャル女の子役にはそもそも活躍の機会そのものが与えられていない。内容も徹底して『冒険に憧れた少年時代』への懐かしさを煽る男性視点映画しかも全員が白人

このような映画が持て囃されることで、『白いハリウッド』ひいては『男性中心のエンタメ業界』が拡大再生産されていくのだと思うと悲しくて涙が止まらなかった。

別に俳優の演技や演出音楽文句があるわけではない。レンタルビデオ配信個人自分意思で見ることまで止めさせようとは思わない。

でも、人種差別女性差別に対する視点を持ち合わせていないこのような映画を、地上波放送するのは止めて欲しい。地上波テレビというのは、『なんとなくテレビをつけて偶々やっていた番組を見る』人も相当な数がいると想定される公共性の高いものなのだから地上波放送する映画ドラマは、もっと女性少数民族性的マイノリティエンパワーメントする作品にして欲しい。

2021-05-29

都立高校受験

都立高校の男女定員における合格最低点の格差話題になっていますね。

私は(どちらかと言えば生徒が荒れていたような)市立中学校出身で、高校多摩地区の上位ランク高校へ進学いたしました。

現在大学生ですので(多摩地区の上位校と明言すると高校も絞られてしまうので学年は隠しますが)受験をしたのは3~7年前ということになります

性別女性と言いたいところですが、MtFトランスジェンダーで、当時は当然オペもホルモン治療もしていませんでしたので男の子として受験したことを明らかにしておきます

問題となっているのは、都立高校の多くで女子合格最低点が男子より高く、同じ得点を取っているのに落ちる女子生徒がいるという点です。

この問題について賛否両論あると思いますが、私はこの問題は一刻も早く是正されるべきだと考えます

女の子はもちろんですが、男の子らにとっても、望んでもいないのに女子の最低点数より低くても合格できるというのは好ましくないことです。

真面目な子であればあるほど、めいっぱい頑張ってきた受験の結果がそんな忖度だったと知ればその後の学校生活、はたまた人生で罪悪感や不安かられ続けることになるでしょう。

事実、私も当時受験を頑張った身ですので、この問題最初に知ったときは膝から崩れ落ちるようなひどい虚無感を感じました。(結果としては私の高校男子生徒のほうが割を食っていた高校である可能性が高かったですが)

この問題を語る上で、都内では女子高が男子高に比べ多い点、内申点における男の子への差別は外せません。

女子高の問題については、女子高ばかりで男の子選択の幅が狭いのは間違いなく男性差別です。

それが入試問題を温存する理由になってはいけませんが、入試問題解決と同時にこちらの解決を行うのは必須だと考えます

また学費問題や、全体数の割に偏差値が偏っていることなど、それが男性差別であることとは別に女子高の問題がたくさんあることは留めておくべきでしょう。

一方「女子高はかつて男子教育が主流だった時代男女差別撤廃象徴から男性差別ではなくむしろ性差別解消の象徴だ」などという主張は、過去がどうあれ男性差別につながっている現代で主張するのはお門違い甚だしいです。

内申点における男子生徒への差別について。

中学時代にひしひしと感じていました。

女の子でも同じことを感じた子もいれば、そんな事に気づきもしなかった子もいたかと思います

私は高校受験の時の内申点は42点。運動能力が低かった体育はともかく、音楽は少し苦い思い出です。

ペーパーテストですべて95点以上を出し「口を開き声を出し一生懸命歌えば実技テストはA評価を与えます」と伝えられた音楽の授業で、出したくもない男声で皆の前で笑われながらも大真面目に歌い切ったのに、結果として4をつけられたのは納得がいきませんでした。

もちろん私が壊滅的な音痴だった可能性はありますが、口がまるで開いていない、ペーパーテストの点数も70~80点の女子生徒らが何人も何人も4、5をもらっているのを見て、その先生に不信感を抱くのは当然でしょう。

その先生男子生徒に対して異常に当たりの強い女性教師でした。

理科男性先生は逆に女子生徒に対して異様に甘い先生で、テストでアベレージ95点を超えてノートの提出など完璧にこなした上で4の評価しかつけてもらえなかったのに、私より点数の低い女子生徒が5をもらっているのは見るに堪えませんでした。

こちらはあまり露骨だったので皆薄々気づいていて、(こちらの先生については女子生徒からも不評でしたが)男子生徒は特に不信感を募らしていたと思います

他の科目においても、「男子を毛嫌いするタイプ女性教師」と「女子に甘いタイプ男性教師」のせいで男子の内申が下がることは多々ありました。

そうでないタイプ先生でもやはり男子に対する成績は厳しくつけている印象が強かったです。

私は色々な先生に媚を売って仲良くなってなんとかほとんどの教科でいい成績をもらえましたが、私よりペーパーテストも実技テストも取り組んでいないのに同じ内申点女子生徒がたくさんいました。

その一方で、不良グループ・不真面目な集団男子が多いのも事実で、内申点のために精一杯頑張っていた女子いたことも当然知っています

内申点平均が男子のほうが低いのが全てが全て不当な性差別だとは思いませんが、頑張って真面目にしていた男の子が報われないのはあまりにもかわいそうです。

私の時代は実技科目の内申点は1.3倍でしたが、現代は実技科目は2倍です。ペーパーテスト純粋な実力勝負が減り教師主観的判断が生まれる分男子生徒にとっては不利になったと考えられるでしょう。

内申点が9科目1ずつ落とされた場合学力テスト:内申点=7:3の学校では55点失います。6:4の場合73点、5:5の場合92点も違うのです。

男子生徒の内申点差別は、間違いなく高校受験に影響しているでしょう。

他に、入試問題を考えるにあたって無視してはいけないことは、男子生徒のほうが割を食っている学校一定存在していることです。

私が受験した学校男子の倍率のほうが高く激戦区でした。

これは偏差値問題や傍にある私立高校との兼ね合い、地域性などで大きく異なるとは思いますが、見落としてはいけない点でしょう。

女性差別について話しているときに「俺は差別なんかしていない・利益を得ていない」と話す男性の事を「ノットオールメン論法」などと非難することがありますが、この問題については、学校によっては女子生徒と同じ差別を受けている男子生徒もいて、また男子生徒と同じ利益を得ている女子生徒がいることを明確にしておかなければいけないでしょう。

…最も個人的には、「不当に点数を上げられている側」よりも「不当に点数を下げられている側」のほうが気が楽で、逆境のほうが「やってやる」という感じで燃えるタイプのですので、必ずしも制度上有利のほうがその子幸せだとは断言できませんが。

私は制度上有利になった子の心情もきちんと汲みたいです。

また一般入試の話ばかりで推薦入試の話が置き去りになっていますが、推薦入試に関しては一般的に女子の倍率のほうが高いことが多いです。

単純に学力試験を好み推薦を受けない男の子が多い点や、先述した内申点差別も影響していると思いますが、それらの是正と共に推薦の男女枠の廃止も行っていくべきだと私は考えます

結局入試問題解決するには女子男子高の数の均一化(ただし、各校の偏差値バランス考慮すること)、男子生徒の内申点の不利の是正(もしくは一般入試における内申点制度のもの廃止)と男女別定員の緩和を同時に行っていくしかないのではないでしょうか。

そこまでした上で女子生徒・男子生徒の偏りが起こる事は想像がつきますし、トイレ更衣室では人数の多いほうが割を食うのは致し方ないことですが、それはそれで別の問題として解決していけばいいのだと考えます

少々楽観的でしょうか。

少々話は脱線いたしますが、「男女の能力は体力・妊娠機能を除けばすべて一緒」というのはフェミニズムの考えに則った思想ですが、いざ女子の成績が上がってきたら「女子のほうが優秀だ」は理屈として通りません。

男子生徒の学力不足は教育の段階で男子生徒が不利益差別を受けているから」と考えるのが元来のフェミニズムのはずです。

実際、席で勉強してただけなのに巻き込まれたくもない争いに巻き込まれたり、先生にやたら厳しい目で見られたり、そういう不利益を被るのは男子生徒のほうが多いでしょう。暴力沙汰に巻き込まれるのも圧倒的に男子生徒のほうが多いです。

それを引き起こしているのも女子生徒ではなく大人や別の男子生徒であることが殆どなのは事実ですが、争いに巻き込まれずに済むポジションにいた人間がそれを遠巻きに冷笑したり「情けない」と暴力に巻き込まれ男の子バカにするのは、性差別撤廃を掲げる活動家の行うことではないのは明白です。

もちろん、女子生徒が多く被る性被害などについてもきっちり考えていかなければなりませんし、今言ったこれらが都立入試の現状を放置していい理由にもなりませんが、そういった学力差の是正もひっくるめてあらゆる格差を減らしていかないと、いつまでも性差による問題は起こり続けると思います

そういった男女間の問題是正されないと男女別定員の別の問題——例えばXジェンダーの生徒やトランスジェンダーの生徒の疎外感や違和感問題――に言及しようとも別の大きな声でかき消されてしまうので、一日も早くこうした問題解決される日を望みます

最後に、受験当事者中学生がこの文章を読んでいた場合、「あいつは男だから」「あいつは女だから」と争うような真似は決してしないでいただきたいです。

悪いのはすべて私たちと、私たちより上の世代大人です。性別わず受験生の皆さんは歪んだ制度に巻き込まれ被害者なのです。

それでもどうしても納得がいかない場合は、結局有無を言わさず合格できるほどの得点力を身に着けて前へ進むしかありません。

そうすれば「お前は下駄を履かされて受かった」と嫌味を言われても堂々と言い返せるし、同じ点数なのに落とされることも起こりません。

どうか手を取り合って、このおかし世界是正するべく動くような、そんな大人に成長していただきたいです。





[追記]

いくら反論、ご意見などありましたのでお答え可能範囲で回答いたします。

俺は男女別枠定員のままでいいよ派だけど

読みやすくて全部読んでしまった。

おつかれさまでした。

ありがとうございます

様々な意見があるのはとてもいいことだと思います

今後もっと子供らが公平に勉強できる世界がくればと思います

ひとっことも言ってねえ~!!!

入試の点数ではA<Bなのに、Aが受かってBが落ちるのはおかしい」「それが何件も何年も続いて起きている」「AとBの違いは性別という属性によるものしかない」じゃん

別に属性の優秀さを競ってる訳じゃなくて、個人個人の優秀さが性別という属性だけで貶められているのを批判してるだけなんだが

「男は実力不足でもあとから伸びるから合格!!!」とかを社会(男性優位)の側がやってるから非難されてるんだよなあ

そして元来のフェミニズムって「女性解放思想・それに基づく社会運動」だからそれ全然関係ないんだよな

コメントありがとうございます

仰る通り問題性別により別々の得点ラインが敷かれている点で、性差による優秀云々の話は本題ではありません。

いかなる理由であれテスト当日の結果の平等は確保されるべきでしょう。

それを理解した上で男子学力不足の問題を出した理由は、記載した通り、こういった教育における性差別の諸問題についても同時に解決していかなければならないとものだと考えているからです。

試験において大事なことはもちろん当日の公平性でありそれが大前提ですが、それとは別にそれに至るまでの道程も公平にしていかなければなりません。

本文では男子生徒の例をあげましたが、当然女子生徒に起こりうる問題解決するための取り組みも広げていくべきです。

20世紀女子教育が広まりきらず成績が男子よりも低かった時代、当時の女性活動家の方々は「女子男子に成績で劣るのは、女子勉強に意欲を持てない・集中できない社会的な背景・差別があるのが原因である。男女の能力平等であり、決して女子が劣るわけではない」と強く主張してきました。(そうでない考えももちろんたくさんありましたが)

その結果現在日本(及びいくらかの先進国)では多くの分野において勉学の平均点は女子の方が高い傾向にあります

これは当時の女性活動家活動の結果であり功績と言えるでしょう。

そういったフェミニズム文脈を辿るな

ら、男子生徒の学力不足問題についても同等に考えるのが当然ではないでしょうか。

もちろん過去の考えを否定することが間違いだとは思いませんが、私はそういった成功例を元に男子生徒の問題を考えるべきだと思っております

また、ここまで言及したいがために少々突拍子もなかった点は自覚いたします。

男性の話したいならマスキュリズムメンズリブじゃろうがい!!

もっともです。

この問題フェミニズムだけでなくマスキュリズム問題でございます

というより、この記事は全体的にマスキュリズム的な視点入試問題を見たものになります。まだまだそういった視点男子生徒の問題を見る人が少なく憂いますが、これから少しずつマスキュリズムを学ぶ人が増えていくことを願うばかりです。

マスキュリズムにはフェミニズム肯定する場面もあれば、一方で否定する場面もあります

昨今の暴走気味のフェミニズムへのマスキュリズム批判が一部この記事に含まれていると考えていただければと思います

もちろん私の考えが絶対とは考えません。批判などあれば議論を重ね、子供らの苦しみを少しでも減らすのがポジションを問わず正しい性差別撤廃運動のありかたでしょう。

そもそも私は元来受験やそれに付随する戸籍制度でのトランスジェンダーXジェンダーの子らの苦しみについてなにより主張したい身であります

そんな中フェミニズム視点ばかりが議論されている現状をみて、マスキュリズム視点についても持ち出しました。

SDGsジェンダー平等の項目見ると、女性がどれだけ教育でも差別されてきたか理解できると思うよ

言うまでもなく大きな差別歴史的に行われてきて、現代においても多くの国で(日本でも大学不正入試がありましたね)女性への教育による差別が起こっているのは言うまでもありません。

その一方で先進国の多くでは大学の進学率は男性より女性の方が高くなっていたり、学力面で女性が秀でていたり、職に繋がりにくい学部・専科への男子生徒の進学が困難になっていたり、日本においても高等教育機関への進学率は短大を含めれば既に女性の方が高いです。

そういった中でそれらの問題蔑ろにしてはいけないというのがマスキュリズム的な考えであり、この記事で主張していることの一つです。

あと、「私は別に差別されても問題ないですけど?」って差別されてこなかった側が言うのは差別される側への抑圧行為から

これもその通りです。私の考えは一切関係なく、大事なのは問題に巻き込まれている子らの心情でしょう。

ひとつ誤解がありますが、私は男子の方が割りを食らっていた側であろう高校受験いたしました。(もちろん確証はなく断言はできませんが)

そしてその場合であっても私は決して下駄をはかされていたと言って共に受験をした女子生徒を非難したいとは思わないし、思いもよらず下駄をはかされていたことに罪悪感を覚える人がいたらそんなことに罪悪感を覚えないでほしいと願います

そしてこれは大人立場として、受験を受ける子供らには場外で嫌な思いはしないでほしいと思っています

心の底で下駄をはかされていた側でなくて良かったと思ってしまうのは、多分フェアな勝負を求める子であればあるほど、そう思ってしまうのではないでしょうか。

再度申し上げますが、私のこの意見がこの問題を軽視していい理由には決してなりませんし、主張の妨げになってはいけないでしょう。

ただ、当事者でそういう考えをもつ子を否定してはいけませんし、その気持ち尊重すべきす。

ただし、おっしゃる通り軽はずみな発言であったと自覚いたします。

うそ

フェミニズムとは差別思想から

差別主義者であるフェミニストはこの世から根絶しないとね♪

あなたみたいな無責任扇動するだけの方が一番性差別問題をややこしくします。

あなたフェミニストを名乗る誰かに差別的な発言をされたのなら、万が一仕返しをするにしてもその人にだけすべきでしょう。




最後に、私この手の場所に書き込むのは初めてだったのですが、思いのほか強い口調や暴言等に慣れていないみたいで参ってしまいました。

こういったときインターネットからしばらく離れるに限りますので、以降返信など途切れるやもれません。

少々無責任となり申し訳ございません。

2021-05-28

anond:20210528061155

女性差別なんてしてないんだぞ

男性差別した結果なんだぞ

都立高の女性差別

女子が全員心は男って言えば解決すんじゃね

頭のいい「男」と頭の悪い男競争になるから公平だよな

2021-05-27

誰も差別の解消を望んでいない。

今、Twitter話題になっている、都立高校入試の男女別定員。

多くの学校で、女子のほうが男子より合格最低点が高くなっている。

他の県では、男女一緒の合格判定が普通で、男女別に定員を設けている公立高校東京都だけ。

NHK記事によると、この理由には、東京都には私立高校が多いという地域特殊事情があるらしい。

しか私立高校には女子校が多い。

都立高校で男女別入試を止めると、どこにも合格できない男子生徒が大量に出て、

今まで都立高校に入れなくて私立女子校に進学していた女子受験生が少なくなるので、私立女子校の経営が苦しくなる。

なので、私立学校団体が男女別定員を無くすことに反対している。

まり、この件における、女性差別には、構造的な問題があり、それは私立女子校の経営という経済的問題である

から差別の解消方法は割と単純で、その経済的問題解決すればよい。

経営の苦しい私立女子校が共学に変更するための設備投資を都が支援するとかだ。

経営が立ちゆかな私立女子校は精算し、その分、都立高校の定員を増やせば良い。

結局、これはお金解決できるタイプ差別なのである

だが、ツイッター上でこの、都立高校入試女性差別についての、問題解決方法提案している人はごく僅かだった。

社会学者も含め、ほとんどは怒りのツイートをして、RTを稼ぐだけ。

基本的Twitterでの差別告発は、「意志を持って差別している悪人」をギャフンと言わせて、スッキリしたいというもの本質

から差別を生み出す構造を解消して、差別を無くすことには興味がない。

だって構造が変化して、差別が無くなっても「悪人反省しているわけじゃないから」。

「下部構造が上部構造規定する」というマルクス主義とは正反対で、これは別に左翼的立場ですらない。

差別告発し、怒りを共有して、悪人を倒してスッキリしたい。

ただそれだけの反差別フェミニズム運動ばっかりなのが、Twitter世界

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん