「整合」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 整合とは

2019-04-22

1人の春日未来Pから見た今回のMTG

結論から言うとクソイベです。

イベントスタート前の不満

覚醒前の絵柄がアホの子推しそもそもこれまで覚醒前の絵柄もその曲の世界観に寄せられてたのに今回は何故かレッスン着。

■演技に悩むシチュエーションそもそも未来バリボーミリコレから排出されるSRで演技経験あるのをカードイラスト指定した人間が忘れている。

■Princess(お姫様)の曲名Tiara(ティアラ)。ツイッターで「やばいエモい!」とか抜かしてるアホもいたし匂わせるだけでアウトだこんなもんは。オマケCDジャケットではみんなティアラ持ってるし。お姫様ティアラは好きな子に渡させろ。

■今まで色んなジャンルをやってきたのに何故か最後だけ現代舞台アイドルもの夜想とかはなんだったの?アイドルものだとしても舞台設定すらもいじれなかったの?帝国華撃団っぽい感じとか夜のヒットスタジオっぽい感じとかダメだったの?

イベントスタート後(主にコミュの不満)

プロローグの時点で唐揚げがどうのこうの。それに呆れるゲーム内のP。始まりからしてクソ。

■これまでの経験から琴葉が未来と可奈を引っ張ると思ってたら未来が1番出来なかったというまさか事実ミリシタ時空だと可奈も未来経験数は大差ないはず。可奈に関してはあれだけど少なくとも『未来が全く演技を出来ない』なんてことは無い。

■「琴葉ちゃんを嫌いになんてなれない」みたいなことを延々と言い続ける非暴力主義者感。でたとこ太閤(シタ実装済み)で嬉嬉として鉄砲を乱射してたのはなんだったの。

■役の作り込みができてないみたいだから1人で練習してみたら?って勧められてそれへの返事が「さびしい!いや!」だった。未来長所の一つは「目の前に壁がある時周りの意見を素直に受け入れてその壁を乗りこえれる事」。そもそも公式の紹介文で「天真爛漫なんにでもチャレンジ」って言っとるやないかコラ。

■最終的に言うに事欠いて「私まだ演技はへたっぴですけど」とか抜かし出す。ライターは何を考えとるんじゃい。時系列整合くらい合わせろ。

結論を言うとこのコミュに出てくる未来

性格も別人」

「経歴も別人」

「見た目と声は同じだけの春日未来の皮をかぶった誰か」

担当アイドルである春日未来よりもゲスト伊吹翼最上静香北沢志保、可奈や未来に比べて出番が少なかった田中琴葉の方が魅力的に見える異常事態

■恵美のエドガークリスカエレナTBだとキングウォーカーのような新しい春日未来の一面が見たかったのにご用意されたのは「現代アイドルをやる普通女の子」でした。琴葉のように威圧的みたいな一面すらなかった。

■100億歩譲って成長を書きたかったのはわかるけどこれまで得てきたものを全て無かったことにしてゼロからやる必要はあったのか?

総評すると「今回のMTG担当アイドルである春日未来シナリオの都合で動かされてるクソイベント」です。

個人意見からこれを絶賛してる未来Pに何か言うことはないけど僕はずーーーーーーーーーーーーーーーっとクソイベだって言い張ります

このイベントをずっと語るほどPを続けるかはわからないけどね。

2019-04-21

anond:20190420110101

増田さんは、「結果論」「自然科学」「統計」「証明」「論理」をそれぞれどう定義しているのでしょうか。読んでいて混乱してしまったので、教えていただけるとありがたいです。

自然科学」の一分野と多くの人が見なす医学は、機序(どう効くかの論理)は分からなくても効くという結果が確かなら薬や治療法を採用します。増田さんは詳細な作用機序不明アセトアミノフェン系風薬は「結果論」でしかいから飲まないのでしょうか。

逆に、理論物理学などでは、他の観測全てを論理的に整合させて説明できる仮説なら、それ自体観測されていなくても確からしいものとして扱います。こういった仮説は増田さんにとっては「証明」されていない「自然科学」ではない何かなのでしょうか。

統計」は数字にあらわれた「結果」を数えるという素朴な理解はいけないのですよね?

2019-04-08

anond:20190408152438

けもフレ2のメインテーマは「おうち探し」だと思ってました。

おうち探しの結論が「大好きなフレンズと一緒のここがおうち」であるなら、「人間フレンズにひどいことした」は、避けて通れないかと。

イルカアシカは芸のネタを与えてあげる、イエイヌは(他人ではなく)飼い主が戻ってくるのを待たせる、リョコウバトには「ひとりじゃないみんなが仲間」ということを教える

元々の話は、人間動物ねじ曲げてしまたことの悲劇、罪悪感、グロテスクサが表現されてるか、でしたよね。それらは一つの責任の取り方かもしれませんが、そうしたニュアンスは、存在しないかと。リョコウバトの場合、「君の家族は全員死んだけど他にも仲間はいるよ。殺したの俺の仲間だけど」というのが「責任」かと言われると、ちょっと。もちろん、絶滅動物に対して人間が償うべきなのか、どう償うのかは、大きなテーマであり、けもフレ2内の1エピソードとして処理するのは限りなく無理です。しかし、だったら最初からリョコウバトを出さなければ良いかと思うわけです。そのあたりが深く考えてないという話です。

余談ですが「おうち探し」がテーマで、「仲間と一緒のここがおうちだった」に落とすためには、通常、「おうちは見つかったが、その上で、仲間と一緒にいることを選ぶ」というプロットします。そうしたほうが「自分意志で選んだ」感が出るからです。「おうち」が見付かったけど、廃墟だったとか、「おうち」側から同胞と認められなかったとかでショックを受けて、その後、決心するとかが基本パターンですね。そこが全くないので響かないんですよね。

イエイヌ不憫感のある結末でしたが、あそこでキュルルちゃんが代わりの飼い主になってしまえば、視聴者は「ああ犬を捨てても誰かが拾えばいいんだ」と受け取ってしまいかねない、飼うことの責任を結果の悲しさを見せることで匂わせた、そういう意図だったのではと思います

キュルルが、イエイヌ孤独、寂しさを理解しつつも、「飼い主の責任」のために去って行く、と、取れる描写があればよかったですね。また飼い主の責任の話を強調するなら、イエイヌが「ヒトなら誰でもよい」と言ってしまってるのがダメでしょう。イヌは「ヒトなら誰でもよい」生き物ではないわけで、そっちのほうが誤解が大きいし、「イヌは人なら誰でもいいんだから、他の人に、あげればいいじゃん」という無責任に繋がりかねません。

私なら、最初イエイヌが、キュルルを、去って行った飼い主と完全に誤解している。キュルルや他のフレンズの助けで、イエイヌが元の飼い主のことをきちんと思い出す。その時、元の飼い主がイエイヌと別れた時に、安易に捨てたわけではなかったことがわかる。キュルルはイエイヌの寂しさを受け止めつつも、今の自分に出来ることはないので、別れる。一人のイエイヌの家に、他のフレンズが遊びに来る、などとします。

野生解放を明言しないの目的が引っかからないようにするため。

何歳くらいを対象に考えてるのかわかりませんが、「ヒーローがなんか技名叫んでパワーアップ」は、戦隊ものでもプリキュアでもアンパンマンでもあるので、そうそう引っかからないと思います

サーバルは対ビースト戦でも野生解放を使っているので、視聴者最終話のシーンでは引っかからないだろう、と考えたのでしょう。

あの時、サーバルの目が光ると、ビーストも同じように目が光るカットがあるので、「同じ系統のパワー」に見えるんですよね。一期の野生解放と同じものか、ちょっと混乱する。

内面世界の外への進出、この観点で二作品の差を論評するのはいささか無理があるのではないでしょうか。

念のために確認しますが、私の意見は「内面世界の外への進出自体は、多くの作品共通する、いわゆる「盛り上がる」部分です。ただ、その進出の仕方に、世界現実の仕組みに矛盾しない理屈がある場合と、理屈なしでイメージが直結する場合がある。ケムリクサは前者で、けもフレ2は、後者のように見えるという話です。

けもフレ1にくらべてもケムリクサは、伏線-回収のプロセスがかなり表面に出ており、しかも草や姉妹の周りで深く・複雑に織り込まれています。流し見していると、在りし日の姉達の思い出や、草の種類など、設定開示が多すぎて雑音が多い視聴感になると思うのですが、すべてに筋を通すべく没頭してみれば、極めて大きいS/N比を持っていることが判る。

通常、作品における伏線・回収は、プロット重要なメインの部分についてやるものだと思います。一つの作品で、画面に映ったこと全部に完璧説明をつけようとすると、かえって面白くなくなるので。それを理解した上で「すべてに筋を通すべく没頭」するのは一つの楽しみ方ですが、作品単体にそれを要求する必要はない。わからないことがあることを含めて楽しめば良いかと。もちろん、楽しめないほど大きな矛盾があれば別ですが、私はそれは感じませんでした。

他方けもフレ2では、けもフレ1の設定との整合意識しなくてはならなくて、キャラクターかぶらないようにしなければならない。ヘラジカプロングホーンは性格はごくごく微妙に違っています舞台装置の融通がケムリクサほどには効かない。遅いジャパリトラクターと海の二人のスピードの差、ホテル位置時代を重ねた末のキャラクター同士の関係性の変化。そういうことで破綻がないようにしなければならなかったわけです。

続編作品のほうが様々な制約があり、オリジナル新作ほど融通が利かないのはその通りだと思います現場の方々は整合性を取ろうとしたのだと思いますけもフレ2で、派手でない部分で、筋、整合性を通してる部分があるのも、もちろんだと思います

その上で、重要な部分で、フウチョウが出てきたりするあたりはファンタジーであるなと。「記憶ケムリクサが不自然に発動したこと」にご都合性がないとは言いませんが、「幻想だか現実だかもよくわからないフウチョウコンビが、どこにでも現れて説教する」は、後者のほうがファンタジー度が高いでしょう。

キュルルちゃん出自も明示的には解決されませんでしたが、一話中心にためつすがめつしてよく見直すと推測の材料が仕込んであり、最終話Cパートですべてが繋がるわけです。

肩すかしなのは、キュルルちゃん出自と、最終話に至るドラマキャラ動機等が、特に関連しなかったからです。キュルルちゃんがキュルルちゃん本人のフレンズで、疑似不老不死だったことを眼目とするなら、それが何かと絡む必要がありますベタなのは、それによってセルリアンを倒す助けになるとかですね。そうでなくても構いませんが、そういうのが必要です。けもフレ1で、かばちゃんミライフレンズ化だったというのは、「セルリアンに食べられたかばんちゃんが復活した理由」というドラマと結びついてるから意味があるわけです。

ワカバ場合ワカバリン関係性、ケムリクサの赤い霧の世界がなぜ生まれたか姉妹達とはなんだったのか、という、キャラ動機起源世界の成り立ちが解かれて、それが最終決戦の盛り上がりに繋がるところに意味があるわけです。ワカバが、宇宙人なのか、天使なのかの細部は、想像に任せるで良いのです。

牽強付会ですよ。囲まれた敵に立ち向かう描写は自ずとあのようなカットか、あるいは上空から俯瞰のような見せ方になると思います。まさに悪意をもって粗をさがそう、好意的にすべてを伏線ととろう、そのような態度の差が、けもフレ2とケムリクサの評価を分けた一因なのでは。

合理性があろうがあるまいが、1と2の共通するクライマックス部分で、似た構図の印象的なカットを出して、共通性を感じないわけがないです。そこは制作者は気づくべきです。

それを仰るなら、けもフレ2も優しい世界になるでしょう。センちゃんアルマーさんもペパプに暴行を働いたりキュルルちゃん誘拐したことはあったけど、基本的には裏表はなく素直で親切心が高く、イエイヌに貢献できたことを「善いことをしたね」と振り返る。ただその在り方がひたすらにストレートなので、視聴者視点では行動が横暴に見える。けもフレ2のジャングルメンバーは互いに本気で諍いしていますが、キュルルちゃんの仲立ちもあってか最終話ではツンデレ仲良し感を醸し出しています。”キャラ基本的な優しさ”や裏表のなさを実現するのは、恐れながら申し上げますが、難しくないでしょう。人数を絞ればキャラも立たせやすいのでは。そのうえで悪役を自意識のないモンスターにしてしまえばよいわけです。その程度で「優しい世界」とみなせるならそれこそ監督なんて誰でも良くてもできるでしょう。たつき監督が立ち上げた「優しい世界概念スピリットは、けもフレ2にもケムリクサにも息づいていますが、しかし全く道半ばだと思いますけもフレ1でも博士サーバル図書館来館時に背後から頭に蹴りを加えていますし(フクロウ能力表現としても蹴るまでは不要だった)、アニサマコラボ動画では大量のフレンズ酷使して、かばちゃんを、りょうり要員として使役しています視聴者全面的エンパワメントするというか、癒やしとしての芸術表現はここからもっと発展していくべきでしょう。監督名に自動的にくっついてくるラベルにしておくのはもったいない

視聴者視点では行動が横暴に見える」のであれば、それは「優しい世界」「癒やしとしての芸術表現」として失敗してるのではないかと思います

そして「”キャラ基本的な優しさ”や裏表のなさを実現するのは、恐れながら申し上げますが、難しくないでしょう。人数を絞ればキャラも立たせやすいのでは。そのうえで悪役を自意識のないモンスターにしてしま」うこと自体簡単かもしれませんが、その結果、出来上がった作品面白くなるか、評価されるかというと、それはまた別問題ですよね。「優しい世界」というのは、面白かった作品への誉め言葉として使われているように思えます

一般的エンタメ作劇論では低評価するしかない、というのは、納得できました。しかし不備があるというならそれを示していただけませんか。広義の悪意について考えたのですが「対抗心さえ悪意」のように考えると、あらゆる創作に悪意は入り込みます問題なのは「悪意が前に出すぎてて、作品として楽しみづらい」ことですよね。作品問題なのか・楽しめない理由が俺たち視聴者にあるか、判別するためには議論を重ねるしかないと思うのです(追記とはいえ、やり取りも長くなったので先は後進に託すとしましょうか?)。

不備について、いくつかは、これまでにも書いたと思います。この記事だと、イエイヌ周りとか、キュルルちゃんの「おうち」「正体」周りですね。

細かな不備はさておき、大きく重要なのは、おっしゃっていた「視聴者視点では行動が横暴に見える。」という点が、印象に残る点だと思います。作り手の意図として「視聴者に対して、キュルルを横暴に見せたい」と思っていたわけではないでしょう。だとするのなら、意図に対して演出脚本が失敗しているわけです。

初見ではわからいかもしれないが、よく考えるとわかる」部分があるのは作品に深みを増しますが、それは細部にやる話で、ドラマとして盛り上がる重要ポイントで誤解を与えてはいけない、というのが普通の作劇かと。

anond:20190408014023

広い意味調和し、繋がる必要はあります。さもないと単に、とっちらかった話になってしまます

けもフレ2の場合、キュルルが「みんなのことが~大好きなんだー!」と叫び、これが多分メインテーマなわけで、だとすると、「リョコウバトを絶滅させ、イルカアシカにショーをさせ、イエイヌ人間なしには生きられなくした人間の業」はメインテーマと真っ向からぶつかるアンチテーゼなわけで、その業とどう向かい合うかは、避けて通れない話でしょう。軽く触れるだけで終わらせるのは構成的に不備があります

けもフレ2のメインテーマは「おうち探し」だと思ってました。そうだとするとヒトの業はアンチテーゼとしては機能しないです。ただ、テーマについて、議論を受けて改めて考えなおしてみたのですが、それぞれ責任の取り方を示唆する決着にはなってたと思いますイルカアシカは芸のネタを与えてあげる、イエイヌは(他人ではなく)飼い主が戻ってくるのを待たせる、リョコウバトには「ひとりじゃないみんなが仲間」ということを教える。イエイヌ不憫感のある結末でしたが、あそこでキュルルちゃんが代わりの飼い主になってしまえば、視聴者は「ああ犬を捨てても誰かが拾えばいいんだ」と受け取ってしまいかねない、飼うことの責任を結果の悲しさを見せることで匂わせた、そういう意図だったのではと思います木村監督仕事受けたあとインタビューで「娯楽なので、ぶっちゃけ監督なんて誰でもいいんですよ」とお話したそうです。この言葉謙遜、およびプロとしての矜持だった、道具に徹するという意志の現れだったのでしょうが騒動で傷ついていたファンには「たつき監督への侮辱か」と受け取られてしまったようで、残念なことです。作劇のプロとしての基準がどのようなものか存じませんが、一般的エンタメ方法論の尺度では、(見得を切った割には)十分な水準に達していなかったということでしょうか。俺としてはとっちらかっているとまでは思えなかったです。

「野生解放と言わずに野生解放で急に強くなる」は、わかりやすさ優先ではなく、むしろ、わかりにくくなっています

野生解放を明言しないの目的が引っかからないようにするため。性格自己申告の目的がわかりやすくするため、と申しました。サーバルは対ビースト戦でも野生解放を使っているので、視聴者最終話のシーンでは引っかからないだろう、と考えたのでしょう。むしろ俺は貴方レベルでそれを見落としたことに驚いています。すくなくとも演出の目論見は失敗したと言っていいでしょうね。

ミドリケムリクサ自体回復できるのに、なぜ、赤を回復してしまわないか、は、複数の葉を重ねて作られた赤を「治す」ことで、元に戻してるのかもしれません。

いただいた他の論はあまり説得力を感じませんでしたが、この解釈は的を射ていると思います考察によって筋を通すことができる、それに耐えられる作品になっている。そういう信頼がたつき監督にはあり、木村監督には無かったのでしょう。見返しておられるとのことで詳しくは控えますが、あらゆるポイント伏線と回収があります。りんが記憶の草を触られて居心地悪くしているシーンは流し見るとなんかエッチ雰囲気に見えてしまますが、きちんと意味のある描写です。内面世界の外への進出、この観点で二作品の差を論評するのはいささか無理があるのではないでしょうか。俺はけもフレ2もSFアドベンチャーとして設定を考察していますしかし先に触れてらっしゃいますが、全体的な伏線-回収のスタイルには2つの作品は確かに大きく異なっています

「さぁとっとと野生解放するのです」… かの名言を忘れているとは。おっしゃる通りで返す言葉もないです。やれやれ咀嚼が足りてないですね。噛めば噛むほど味が出る、これがたつき監督けもフレ1以後の作品凄さでした。個人的には、けもフレ2もそのスピリットを色濃く受け継いでいるように思えます

ただケムリクサという作品は、全体を通して様々な伏線があり、矛盾意味不明に思えた描写が「なるほど、こういうことだったのか!」と思う瞬間が何度もありました。だからこそ、矛盾と思える部分についても「もしかして、これはこうなのでは」と考えたくなりますけもフレ2は、そういう作品ではないので、

これには異を唱えておきますけもフレ1にくらべてもケムリクサは、伏線-回収のプロセスがかなり表面に出ており、しかも草や姉妹の周りで深く・複雑に織り込まれています。流し見していると、在りし日の姉達の思い出や、草の種類など、設定開示が多すぎて雑音が多い視聴感になると思うのですが、すべてに筋を通すべく没頭してみれば、極めて大きいS/N比を持っていることが判る。他方けもフレ2では、けもフレ1の設定との整合意識しなくてはならなくて、キャラクターかぶらないようにしなければならない。ヘラジカプロングホーンは性格はごくごく微妙に違っています舞台装置の融通がケムリクサほどには効かない。遅いジャパリトラクターと海の二人のスピードの差、ホテル位置時代を重ねた末のキャラクター同士の関係性の変化。そういうことで破綻がないようにしなければならなかったわけです。ボスウォッチでキュルルちゃんを探すことができてしまうと、けもフレ1で海に落ちたボスラッキービーストは探せなかったのと矛盾が出る。伏線だけでなく視聴者の印象にも配慮しなくてはならない。最終話唐突ボートが出てくると、あれ? けもフレ1のかばちゃん出立でバスを使ったのはなぜだよ、というショックを与える可能性があるので、うみのフレンズ回で予め出しておく。”うみのごきげん”はそのタイミングで合わせて出す。パーク内でのボスウォッチの在り方は、けもフレ1では”脳みそソコについてんのか!?”というビックリ要素でしか無かったですが、バスハンドルディスプレイウォッチをかざせというようなGUIがあるところからみて、ウォッチボス形態の一つだったと考えられます。そして引き出しに大量の異型筐体のボスウォッチ。「コレを持っていって」っと手渡す。様々な疑問に筋を通す解釈を俺は見つけることができました。見逃してしまうような設定開示を考察で結ぶことができる、これはたつき監督お家芸だったはずですが、継いだ最初仕事再現できる手腕には舌を巻きます

このようにけもフレ2では設定が矛盾しないように、しかもそれを前面に押し出さず(制作が苦労している感が出ないように)背後で処理している。考察を進めると考える上でヒントになる(あるいは制限になる)情報があちこちにあるわけです。視聴時の情報の引っかからなさが、けもフレ2の優れたポイントです。キュルルちゃん出自も明示的には解決されませんでしたが、一話中心にためつすがめつしてよく見直すと推測の材料が仕込んであり、最終話Cパートですべてが繋がるわけです。キュルルちゃんがキュルルちゃん本人のフレンズなら、コレは擬似的に不老不死を実現していることになる。そうすると、けもフレ1の山頂の戦闘機にも理屈がつけられるような気がしませんか。よくある批判に、キュルルちゃんの正体が最終的には謎じゃないか、というものがありますがそれを言うと、わかばの正体も最終的には謎でした。俺から見ると、どちらも読み解くのが… とても楽しい貴方ほどのレベル視聴者にこの作品メルヘン扱いされているのは、勿体無いことこのうえないです。”義憤”や”同調圧力”などがそうさせてるとしたら… ううむ、最初の諍いのとき制作プライドを曲げてでも頭を下げて、互いに許し合うべきだった。残念です。

あのシーン(引用者注けもフレ1の全員集合シーン)を、フレンズセルリアンで再現した、けもフレ2は本当に何をしたかったのだろう……。

牽強付会ですよ。囲まれた敵に立ち向かう描写は自ずとあのようなカットか、あるいは上空から俯瞰のような見せ方になると思います。まさに悪意をもって粗をさがそう、好意的にすべてを伏線ととろう、そのような態度の差が、けもフレ2とケムリクサの評価を分けた一因なのでは。

「優しい世界」と呼ぶかは意見が分かれるかもしれません。ただ、ここで書いたようにキャラ基本的な優しさ、裏表のなさなど、けもフレ1とも共通してる作家性があり、だからこそ、全体として、けもフレファンの人にも人気が出た、くらいは言えると思います

それを仰るなら、けもフレ2も優しい世界になるでしょう。センちゃんアルマーさんもペパプに暴行を働いたりキュルルちゃん誘拐したことはあったけど、基本的には裏表はなく素直で親切心が高く、イエイヌに貢献できたことを「善いことをしたね」と振り返る。ただその在り方がひたすらにストレートなので、視聴者視点では行動が横暴に見える。けもフレ2のジャングルメンバーは互いに本気で諍いしていますが、キュルルちゃんの仲立ちもあってか最終話ではツンデレ仲良し感を醸し出しています。”キャラ基本的な優しさ”や裏表のなさを実現するのは、恐れながら申し上げますが、難しくないでしょう。人数を絞ればキャラも立たせやすいのでは。そのうえで悪役を自意識のないモンスターにしてしまえばよいわけです。その程度で「優しい世界」とみなせるならそれこそ監督なんて誰でも良くてもできるでしょう。たつき監督が立ち上げた「優しい世界概念スピリットは、けもフレ2にもケムリクサにも息づいていますが、しかし全く道半ばだと思いますけもフレ1でも博士サーバル図書館来館時に背後から頭に蹴りを加えていますし(フクロウ能力表現としても蹴るまでは不要だった)、アニサマコラボ動画では大量のフレンズ酷使して、かばちゃんを、りょうり要員として使役しています視聴者全面的エンパワメントするというか、癒やしとしての芸術表現はここからもっと発展していくべきでしょう。監督名に自動的にくっついてくるラベルにしておくのはもったいない

その上で、けもフレ2の設定や伏線に不備がない、とまでは私は言えません。

一般的エンタメ作劇論では低評価するしかない、というのは、納得できました。しかし不備があるというならそれを示していただけませんか。広義の悪意について考えたのですが「対抗心さえ悪意」のように考えると、あらゆる創作に悪意は入り込みます問題なのは「悪意が前に出すぎてて、作品として楽しみづらい」ことですよね。作品問題なのか・楽しめない理由が俺たち視聴者にあるか、判別するためには議論を重ねるしかないと思うのです(追記とはいえ、やり取りも長くなったので先は後進に託すとしましょうか?)。

2019-04-07

anond:20190407214014

しろ単にトラバ見てないだけと思われる発言に不整合とか文句言ってる側を良くないと思ってああ書いたんだが

anond:20190407213810

同じ人間発言じゃないなら不整合でも何もおかしくないのでは…

anond:20190407213254

単純に「選挙権がある時点で若者ではない」と言うのなら、若者選挙に行かないと文句をいうのは論理的に不整合というだけの話なのでは

2019-03-29

anond:20190329164753

白人女性着物舞妓さんのカッコするのは日本人文化の盗用だけど、スカーフは盗用に当たらず、むしろ賞賛される行為らしいよ(はてブアンチヘイトの人も称揚していた)。

日本文化より白人文化が強く、さらにそれよりイスラム文化が強い。

奇妙だが、日本人少子化で減りつつあり、また白人英語圏で少数派に転落しつつある現状と文化盗用理論整合している。

ゾーニングとか言ってるやつ

・その理由は何か(他のゾーニング要求され無いものとどう違うのか)

・(有害だというなら)どう有害で、どこで証明されてるか

・どういう基準でどういう形でルールを設定するのか

他人権利制限することをどう償うのか


これらの事をまるで考えてない、答えないから「お気持ち」って言われるんだよなぁ

常識」とか言うだろうけど、「常識的に考えて根拠もない事を他人押し付けないだろ」とも言えるわけで。

フェミありがちな不快に感じる人がいるかダメ」論は論外。誰も不快に感じない表現なんかないから、何も残らなくなる。

そもそもフェミ自体がそれなりの人たちに不快感与えてる事実とどう整合取るんだろうか?

2019-03-18

anond:20190318151751

最近インターネッツ環境では皮肉って急速に死につつあるよな 雑魚字面整合チェックした投票結果が最優先されるから人間性を押し込む隙がない

2019-03-14

話は面白いのにラノベ文体が気になって入ってけない

まあ読み進めれば慣れてくるんだけど、ひさびさにSAO最近のやつを手に取ったら冒頭からこんな感じ。

まるでおとぎ話に出てくるような美しくも微笑ましい光景からは、(略)最大級戦闘力を持つ《整合騎士》へと成長するであろうことがなかなか想像できない。

いやいや、美しく微笑ましいって誰の感想だよ、神視点にしても「おとぎ話に出てくるような」なんてたとえ使うか?神ともあろう者が。なかなか想像できない、ってなんだ「なかなか」って。お前にも想像つかないんか。

シリーズ最初からずっとこうで、まあ入っちゃえばお話とか設定とかは面白いんだけど。アリシゼーション編良かったです。

こういうラノベ文体ってやっぱり想定読者に合わせてるのかな。あるいはおれが知らないだけで、ラノベ特有でもなく一般文芸でもこういう感じの作品ってあるもんなの?おれはあん読書しないから、読書家がどう思うかちょっと気になる。

ラノベでも「狼と香辛料」とか、違和感ないやつも結構あった気がするけどどうだっけ。

なろう系とかだとより自由な感じだったりするのかな。

2019-03-06

anond:20190306030432

それでいいよ、親がなくなったら国家に頼るだけだし。

 

昔は親みたいな大家さんとか

親みたいな親方さんとか

親みたいな人がたくさんいたんだけど、

コンピューターだのスマホの登場で、

若い人のほうが親よりも知識を持ってたり、

あるいはだれももってなかったりするからな。

知識経験の不整合だな。

2019-03-03

anond:20190301221356

大体同意なんだけど、GATEの内容でも一度出したものを内容を理由に引っ込められたらそれはそれでなんだかなって思っちゃいそう

あと三女のクフィルはただのミラージュだと「欧米」に偏っちゃうからフィルなんかなって思ったけど、

単に劇中劇から他で出せないマイナー機出したかっただけな気もする(F-1とかも)

個人的にはクフィルも好きだけどJ-8IIとかもいいと思います)(三女の設定的に整合するかは知らない)

パレスチナからすればイスラエル軍人ってだけでアレってのはあんまり考えてなかったけどそりゃそうだとも思います

でもクフィル出したいよなー

2019-01-31

anond:20190131153020

熟練パイロットは腕が良いか燃費が良くて減速分の燃料を捻出できると捉えて整合しなくはないな

2019-01-30

プロトコルの不整合

一緒に仕事しててまったくもって話が合わない人いない?

能力だけで見たら、別にその人が能力がないわけでもないし、おそらく自分ダメなわけでもない。

ただただ情報を伝達する手段が合わない。


俺はこれをああ、プロトコルの不整合だ…どうしようもない…って思うんだけど、そんなことある

もちろんお互いが思う終着地点はだいたい一緒だから仕事自体は進むんだけど話が噛み合わない。

2019-01-25

麺類スープ残していい風潮

麺類だけはスープ残していいってなってるの不思議なんだよね。

丼物定食も皿の上に食材が残ってると「残した」になるし

さらおかしなことに麺なしのスープ単体だと「残した」になるのに、麺が入っただけでたちまち見逃されることになる。

逆にラーメンスープ全部飲み切ってるとむしろ周りから引かれるんだよな。

塩分がーとか言うんだったら最初からスープ少なめとか注文しろよ。


追記

鍋物ね。

締めに雑炊にするか麺入れるかして残さな努力観測できるし、鍋から椀に取り分けた後は残さないでしょ。

本体の方は本来台所にあるべきものテーブル出張しているだけと思えば整合しないかな。

小皿醤油とかソースは残さないように垂らす量を調整するでしょ。

さすがにワンコみたいにペロペロしようよって話ではない。

2019-01-24

毎月勤労統計調査等に関する特別監察委員会報告書における素朴な疑

https://www.mhlw.go.jp/content/10108000/000472506.pdf

5ページ下部に以下の記載がある。

○ なお、平成14(2002)年9月18日、平成20(2008)年2月29日及び平成23(2011)年8月4日に、毎月勤労統計調査の変更について、厚生労働大臣から総務大臣あて申請され、それぞれ、総務大臣から厚生労働大臣に「変更を承認する」旨の通知がなされているが、当該承認事項の中には、抽出率に関する記載はなかった。これらの手続に係る決裁は、大臣官房統計情報部長の専決により行われた。

これはつまり同調査は総務省承認を受けていたが、総務省には500人以上の事業所について全数調査するものとして申請していなかったということ(そもそも申請事項に含まれていない)。となると、「500人以上の事業所について本来全数調査であるべきだった(全数調査とするルールだった)」と報道されているのはどう解釈するのか。

2つ上のポツでは以下の記載がある。

○ その後の毎月勤労統計調査における指定事業所抽出替えの2年ないし3年ごとの実施に伴い通知された平成18(2006)年7月、平成20(2008)年4月及び平成23(2011)年4月の事務取扱要領においても同様の記載がなされ(なお、後述するように平成26(2014)年4月の事務取扱要領からは当該記述記載されていない。)、実際には平成16(2004)年1月調査以降、毎月勤労統計調査における東京都の規模500人以上の事業所については抽出調査となっており、年報における「全数調査」との記述と相違する取扱いがなされている。

まり、年報に「規模500人以上は全数調査」と書いてあるが、実際には抽出調査を行っていたということ。これを報道整合的になるように解釈すると、年報に全数調査と書いてるんだからそれがルールから抽出調査にするのはけしからん、という話らしい。しかし、年報って統計作成部局統計の結果を載せる報告書ではないのか。つまり、年報に東京都の規模500人以上は抽出調査と書いてさえいれば、何も問題ないように思われる。つまり調査方法おかしかったのではなく、年報の記載おかしかったという話。

何が言いたいかというと、そもそも報道されているような「規模500人以上は全数調査とする」というルールは、2004年当時は存在しなかったのではないか、という疑問。

報告書の15ページには、この部分の評価として、

東京都の規模500人以上の事業所について抽出調査にすることについて、調査計画の変更等の適切な手続を踏むことなく、担当課のみの判断として調査方法を変更したことは、不適切対応であったと言わざるを得ない」

とあるが、そもそも調査計画の変更等の適切な手続といっても、(総務省承認を受けている)調査計画には抽出率に関する記載がなかったのだから、どこをどう変更申請すべきだったのかわからない。ここの文章解釈としては、担当レベル判断するのではなく、それより上にまでその話をいれて組織として判断すべきだった、ということなのだろうか。

いずれにせよ、「規模500人以上は全数調査とする」というルールは、当初は存在しなく、2017年1月承認時に初めて承認事項に含まれたとのことなので、実際にルール化されたのはこのときからだと言えるだろう。といっても、今まで(特に問題なかったと思われる)抽出調査としていたのに全数調査ルールをあえてここで導入したのは気持ち悪すぎる。この承認時に、「※なお、東京都抽出調査とする」と記載さえしていればこんなおかし自体にならなかったのではと思うと、何とも言えない気持ちになる。

ちなみに、抽出調査をしたのに復元倍率が正しく設定されていなかった問題(今回の数値修正に直結)は別にあるが、ここでは取り上げていない。これは組織体制に基づく技術的なミスということのようだ。

2019-01-11

anond:20190111185234

あい綺麗事言う輩はロリコン人権を踏み躙ってる事とどう整合取るんだろうね?

多様性の一部である性的少数者なのにね。

2019-01-10

anond:20190110125204

この文脈で「あなた当事者なのか?」と問うこと自体おかしいと気付いてほしい。

当事者だろうが何だろうが、論理的整合論理的整合として存在する。

このツリーの流れはロリコン人権を求めてるんじゃないだろ。

君らの認める「弱者」と認めない「アナザー弱者」の間にある君らのマルチスタンダードを問われてるって分かれ。

anond:20190110121400

あのさぁ。君、自分差別に気付いてないの?

LGBTが求めてる権利って『「見る」こと「想う」こと』じゃないよね。フルスペック権利だよね?

それを児童権利と引き換えにせずに実現できんのかって聞いてんだよこっちは。

結婚年齢下げろ」とか「恋愛自由化しろ」とか言う声だけはよく聞くけど、それが「ロリコン当事者の声とは到底思えないんだよね。

で、こうやって論理的に返せないことは誤魔化すでしょ?

当事者じゃなかったら何なの?LGBT当事者けが語ってるわけじゃないでしょ?

俺は例としてアナザー弱者ロリコン提示し、人権派きれいごとにある嘘を喝破してるわけ。

この論理的整合に対してきみはどんな言い訳ができるの?

2018-12-19

anond:20181218200134

すいません。日本語警察ですが、それは説明として少し不完全であると思います

その説明なら、「ふざけろ」は「お前がふざけても私は意にも介しないぞ(平気だ)」という意味になるのでしょうか? あるいは「お前がふざけたら私はただではおかないぞ(脅し)」でしょうか? どちらにせよ「ふざけろっっ……!」と口走る福本マンガ主人公たちの雰囲気整合しにくい気がします。(彼のマンガで「ふざけろっっ……!」という台詞は、たいてい弱者が口惜しまぎれに口走っているように思います。それなら「平静を装う」というのもおかしいですし「脅している」というのも状況に合いません。)

個人の語感で言えば、「ふざけろ」「ふざけるな」どちらの言い方にも聞き覚えがある気がしております。その感覚で申し上げるのも恐縮なのですが、ご説明のような「~してみろよ(ただではおかないぞ)」の意味で使うとき「ふざけろ」は「ふ↑ざ↑け↑ろ↓」であり、福本マンガのようなケースでは「ふ↓ざ↓け↑ろ↑」と発音されるように思います(分かりにくくて済みません)。両者に込められたニュアンスはやはり異なっているのではないでしょうか。では、後者のように発音する場合、どういう意味が込められているのでしょうか。

この件については、まだ学者の方でも完全に説明されているわけではないことをお断りしておきます

(たとえば

https://core.ac.uk/download/pdf/43546097.pdf#search=%27%E5%91%BD%E4%BB%A4%E5%BD%A2+%E5%8F%8D%E8%AA%9E%27

この論文では「(嘘と思われる発言をした相手に対して)嘘をつけ!」という事例をあげ、「反語命令」と呼ばれて、これが議論されてきた過程に触れています。)

したがって確固としたご説明を申し上げることはできません。とりあえず、「既に起きた事柄についての言及であり通常の命令文ではない」「起きてほしいことの反対の意を込めているので反語的な用法か」等と論じられてきているようです。しかしながら、これらの説明でも、私個人の語感を十分には説明してくれていないように感じます


個人的には、このような例(たとえば「嘘をつけ」)の場合、あまり命令ニュアンスを感じないのです。どちらかと言えば「(お前は)嘘をついているよな」と確認するような意味と感じられますし、それは古語係り結びの形から来て、そういう用法ができたのではないかと感じています。つまり

「嘘をこそつけ(「つけ」は已然形)」=嘘をついているよな、嘘だと分かっているぞ、の意。

 ↓

「嘘をつけ(「こそ」が脱落し、命令形と誤認)」=嘘をついてはならない(命令形に反語禁止用法があるとの認識が定着)

ということで、個人的な語感としてはこちらの説明の方がしっくりきます。この説でいくなら、福本マンガの例「ふざけろ」も、「お前、ふざけているだろう。そんな理屈は通らないぞ」というニュアンスになり、これなら、欺かれようとする弱者が口惜し紛れに口走る台詞としてまだ理解できる気がします。つまり、これはややクラシック言い回しであり、その語感にはかなり世代間の差があるのではないか想像されます

なお、同様の事例として、愚かな発言をした人間に対する軽い罵倒語馬鹿言え(a)」があります。これも、「馬鹿(を言うなら休み休み)言え(b)」から連想で、(a)に仮定意味を読み取る向きがあるようですが、(a)の意味するところを率直に考えるなら「お前の言っているのは馬鹿な話だ」「お前は馬鹿を言っているよな」という断定であって、(b)とは少し異なるものだと思います

2018-12-13

anond:20181213153204

今まで相手に与えたものと得られたものが不整合だったから不整合な望みを持つんやぞ

今まで相手に与えた(と思ってる)承認愛情が少しでも報われてたらこうはならない

anond:20181213151629

あの話だと、誰でもいいって言いながら、相手自分を認めてくれることで精神的に承認されないとダメなんだろうし、単なる道具同士のギブ・アンド・テイクで、そういう承認にたどり着けるのかって考えると、彼の場合それは無理でしょ。ならば、後半省くのは欺瞞ではなく優しさではないかな。

もし、とにかくセックスというものがしてみたい、彼女というもの作ってみたい、って欲求吐露されたのであれば後半まで言うのが親切。自分が便利な竿になればいいだけの話だし。でも、精神的に承認されたいのであれば、相手に求めるもの自分が与えるものが食い違ってて不整合だって指摘するしかなくない?。モラル問題ではなく。

2018-12-10

anond:20181210163523

それが?だったらアメリカはいかないまでよ。

実際のところどの国も自国ファースト自国ファーストなのは間違いないわけで、

それを押してまでアメリカに行って「差別すんな」とわめくのは自己中だろ。

第一ポリコレが浸透したら世界から差別が一つ残らずきれいさっぱりなくなるとマジで思ってるの?

そもそもポリコレ規定サイドがその他大勢に対して特権的地位にいることとの整合はどうとるつもりだ?

「a群の人間の決めたルールに、b群の人間服従しなければならない」ってのは差別じゃないとでもいうつもりか?

俺は、そんな矛盾を抱えまくり綺麗事に俺の自由も俺の好きな表現者自由も奪われたくない。

2018-11-19

増田プログラマー養成講座 その22 データベース設計 概念物理

前回は、DB設計の(1)要件定義を学びました。

今回は、DB設計の(2)概念設計、(3)論理設計、(4)物理設計を見てみましょう。

 

DB設計の流れ

  1. 要件定義
  2. 概念設計
  3. 論理設計
  4. 物理設計

 

DB設計の教材

データベース解説本やWeb記事を調べてみた。

  1. 本「スッキリわかるSQL入門」 第12章 テーブル設計 https://book.impress.co.jp/books/1111101167
  2. Web記事「できるエンジニアになるためのちょい上DB術」 https://www.edifist.co.jp/lecture/dbdesign/

 

スッキリわかるSQL入門」のDB設計説明コンパクトにまとまっていて、分かりやすいと思いました。(是非一度読んでみてください。)

 

 

 

概念設計論理設計物理設計概要

スッキリわかるSQL入門」第12章の説明(p.374)を参考にしてみよう。(詳しくは本を読んでみてください。)

 

概念設計

管理すべき情報はどのようなものなのかを整理します。

データベースシステムに関することは考えず、要件に登場する情報だけをザックリと把握します。

たとえば、家計簿データベースであれば、扱うべき情報として「利用者情報」や「入出金情報」などがあることを明確にします。

また、情報間で関連がある場合、どのような関係があるかも併せて整理します。

 

論理設計

概念設計で明らかになった各情報について、RDBを使う前提で構造を整理し詳しく具体化していきます

論理設計では「どのようなテーブルを作り、それぞれのテーブルにどのような列を作るか」まで明らかにすれば十分です。

型や制約など、付随的な部分については考えません。

 

物理設計

特定DBMS製品(たとえばMySQL)を使う前提に立ち、論理設計で明らかになった各テーブルについて、その内容を詳しく具体化していきます

すべてのテーブルのすべての列について、型、インデックス、制約、デフォルト値など、テーブル作成必要なすべての要素を確定させます

この物理設計に基づいて、CREATE TABLE文などを含む一連のDDL文を作成し、最終的にデータベース内にテーブル作成することができます

 

本書の「図12-4 データベース構築のおおまかな流れ」も参考にして欲しい。

入力 お客様要件(全国の倉庫商品があって、その在庫管理したいんだけど~)

 

 

●処理 DB設計作業

 ・概念設計:(商品)(在庫)(倉庫) …ER図を作成

 ・論理設計:[商品][在庫][倉庫]    …正規化

 ・物理設計:[SHOHIN][ZAIKO][SOUKO]  …使うDB仕様に合わせてテーブル定義表を作成

 

 

●出力 DDL

 ・CREATE TABLE

 ・CREATE VIEW

 ・CREATE INDEX

 

 

 

(2) 概念設計

 

ER図とは?

ER図とは、「Entity-relationship Diagram」(実体関連図)の省略形だ。

 

ER図の用語

コンピューター用語英語ばっかりだから日本語にして欲しいよねw

 

ER図の書き方
  1. エンティティ―」は四角い箱で書く。
  2. 箱の中にエンティティ―の詳細な中身=「アトリビュート」を書く。
  3. 箱と箱を「リレーション」の線でつなぐ。
  4. 線の両端に「カーディナリティー」「オプショナリティー」の記号を書く。

 

ER図で使う記号は、「IE記法」や「IDEF1X記法」など、いろいろな規格がある。

情報処理技術者試験のデータベーススペシャリストの問題では、「UML」という図の記法も使われる。

 

 

 

(3) 論理設計

 

正規化とは?

正規化 Normalization」とは、データの形を「正規形」(Normal form)に変えること。

ざっくり言うと、テーブル(表)を分割して、データの重複や不整合を解消する作業だ。

 

テーブルの形を変えていくステップには、第1~第5まで5段階ある。

  1. 第1正規
  2. 第2正規
  3. 第3正規
  4. 第4正規
  5. 第5正規

それぞれの変形方法について理解しておこう。

実務では第3正規形まで正規化できればとりあえずOK

 

第3.5正規形(ボイス-コッド正規形)

第3正規形をより厳密にした「ボイス-コッド正規形」という形もある。

第3と第4の間なので「第3.5正規形」とも呼ばれている。

(ボイス-コッド形もカウントに入れたら、第1~第5、+第3.5で計6段階になる。)

 

非正規

正規化を進めると、SQLJOIN」の利用が増えてくる。JOINを多用する処理は遅い=DBの性能低下につながる。

第3正規形まで分割しても、実際に使ってみて遅い場合は、第2正規形や第1正規形に戻して使うこともある。これを「非正規化」とか「正規化を崩す」などという。

 

RDBでは処理速度が遅くなる場合、代わりに「NoSQL」を使う場合もある。

 

 

 

(4) 物理設計

 

時間がない場合、先にGUIDB管理ツールでデータベース作成してしまい、その後でテーブル定義表を作成することもある。

 

DB設計に慣れてきたら上記の各段階はすっ飛ばして、いきなりデータベースを作れるようになるだろう。

 

ここまで、SQLの使い方やデータベース設計について学びました。

次回は、その他のSQLに関連する話も見てみよう。

 


anond:20181015215004 未経験からプログラマーなんだが全然からない

anond:20181016015826 増田プログラマー養成講座 その1 パソコンの用意

anond:20181016164341 増田プログラマー養成講座 その2 プログラムデータ+処理、プログラム言語の種類

anond:20181016180059 増田プログラマー養成講座 その3 構造プログラミングの基本(順次、反復、分岐

anond:20181016193144 増田プログラマー養成講座 その4 子ども向け教材「Scratch」で構造プログラミング練習

anond:20181017161003 増田プログラマー養成講座 その5 オブジェクトとは何か?

anond:20181017191404 増田プログラマー養成講座 その6 OOPの種類、PHPの準備

anond:20181019181549 増田プログラマー養成講座 その7 OOPの仕組み(前半)

anond:20181020230044 増田プログラマー養成講座 その8 OOPの仕組み(後半)

anond:20181022232327 増田プログラマー養成講座 その9 MVCフレームワークを使ってみよう

anond:20181023184616 増田プログラマー養成講座 その10 OOP参考書

anond:20181024214133 増田プログラマー養成講座 その11 データベースを使ってみよう

anond:20181026145516 増田プログラマー養成講座 その12 データベース参考書

anond:20181028152656 増田プログラマー養成講座 その13 SQL文法

anond:20181031014212 増田プログラマー養成講座 その14 Webアプリの試作品作成

anond:20181101225335 増田プログラマー養成講座 その15 Webアプリの完成見本

anond:20181101230220 増田プログラマー養成講座 その16 Webアプリの完成見本(続き)

anond:20181104161900 増田プログラマー養成講座 その17 Webアプリの骨組み

anond:20181104233013 増田プログラマー養成講座 その18 SQLデータの追加と取得

anond:20181110120715 増田プログラマー養成講座 その19 SQLデータ更新

anond:20181110182445 増田プログラマー養成講座 その20 SQLデータの削除

anond:20181111205255 増田プログラマー養成講座 その21 データベース設計 (1)要件定義

anond:20181119224031 増田プログラマー養成講座 その22 データベース設計 概念物理 ←★今ここ★

anond:20181024214737 増田プログラマー養成講座 コンテンツ一覧

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん