「カリキュラム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カリキュラムとは

2022-05-26

個別指導塾に多くを求める親の多いこと。

T塾とかK塾とかにいる超人講師級の講師オーダーメイドカリキュラムを組んでもらい、みっちり指導してもらえる、なんてイメージ入学してくる人が多かったが、集団指導よりちょっといかな?ぐらいの学費でそれを求められても厳しいのよ。

個別指導講師はだいたいが学生アルバイト集団指導講師ほど採用時に指導力を問われないものから、質もピンキリ。しっかり授業できる子もいれば、ほぼ雑談宿題をちょろっと見てくれる程度の子もいる。でもそんなもん。

ただ、歳が近いぶんプロ講師よりも質問やすいとか、メリットもある。わかりやすプロ講師映像授業を見せて、わからないところを学生アルバイトフォローする、という仕組みは、ハマる子にはハマる。

でも、親に尻を叩かれて入ってきたものの本人にあまりやる気がない場合は、大抵が学費をドブに捨てることになる。そのあたりは自分のお子さんの性質をしっかり見極めて選んでほしいところ。

2022-05-23

anond:20220523103308

ぶっちゃけ教師という職業がチームで価値を生み出さなワンマン業務から、たとえそういうカリキュラムを組んでも理解してもらえなくて変な運用になって行くと思う

anond:20220523064736

ネイティブのだと速くて聞き取れん

渡辺直美Podcastゲストネイティブも出てくるけど渡辺直美に合わせてゆっくりだし

とりあえず聞き取れは・・・する・・・かな・・・

問題は余裕でスペル綴りわかりません、ありがとうございました😭ってとこやね

スペル綴り調べながら書くのそこそこ時間掛かりそう・・・

 

朝、目が覚めたら英語出来るようになってるのが理想なんや・・・でずっと現実逃避してきたので

とりあえず机に座る習慣をつけるみたいなノリで『とりあえず英語でなんかやったら合格!!!!』という

とても志の低い目標を設定したよ、効率とか身になるとかはTOEIC常識的な点取ってから考える

 

あと早速ユーキャン見に行ってきたんやけど、CDがアホみたいについてくるというのを見てげんなりしている

おすすめTOEIC講座とかある?下記が希望

2022-05-22

アメリカ学校って日本よりカリキュラムないのに経済大国になってるじゃん

それどころか、校内でレイプ麻薬なんでもござれ

べつに勉強内容減らしても平気じゃね。

anond:20220522165440

それを確認して殺処分でもしてくれるなら球技カリキュラムに入ることに意味があると言えるが、楽しめるやつは楽しめるというだけだと意味がないことへの反論にはなってないな

「体育の授業に球技はいらない」と語るのは勝手だが

体育の授業に球技不要という人たちが便利に暮らせている裏では体育の授業の球技が……役に立ってねえな。

本当にゴミじゃん。

サッカー野球世界的に活躍する連中は体育の授業でやってるからじゃなくて幼少期から勝手クラブに行ってやってるもんな……。

ちょっと待ってマジで価値じゃん。

あいう場で触れるからこそ凄い選手ムーブに対して感動する所はあるなんて言っても結局元野球部補欠のオッサンが当時の自分よりは遥かに凄い人に対してケチつけてるわけだから体育の授業程度じゃ無価値じゃん。

待ってくれ学校のギチギチカリキュラムに本当のゴミが入っているはずがないもっとよく考えろ。

たとえば音楽の授業や古典の授業は入り口としての役目を果たしていて彼処から入らないと敷居が高くて一生触れない文化がありそうだがサッカーなんてテレビでやってるから簡単に入れるよな。

おい待て考えるほどに状況が悪化するぞ。

そもそも知らない人が入るといっても大抵の球技はいきなりボール渡されてチーム分けして勝手にやれでストライクゾーンオフサイド管理は詳しい奴が独断偏見で決めてくるから割りとバラバラ教師もよく分からんから経験者任せの無法地帯

待て待て教育効果が一切期待できないゴミみたいな感じになってきたぞ本当に。

駄目だ……俺には擁護する手段が思いつかねえ。

誰か教えてくれ。

「体育の授業に球技を入れることに何の価値があるのか」ってことを

2022-05-21

専門家向けの統計の授業でさえ、ルベーグ積分からはじめようとする先生もいるわけで、

「何を教えないか」は「何を教えるか」と同じくらい重要だし難しい。

カリキュラム専門家があーでもないこーでもないと会議して熟考して作られている。

そこで専門でもない政治家が(功名心から?)いっちょ噛みしてなんか言ってやろうとしてるから、叩かれているんだろ。

あまつさえ三角関数が高さを図るのに使うのは知ってるけど...」なんて墓穴を掘るようなことしか言えないから、叩かれているというかバカにされている。

経済学位がお有りなら、そちらで政策立案されてはいかがかな?

2022-05-11

教員不足への対応簡単

残業を減らす。

やかわからないなら

アメリカなり、

オーストラリアなり

カリキュラムまんまパクれ。

アホみたいな授業内容でも何とかなってるから平気。そもそも指示に従う人間作れればいいんだから授業は簡単ものでいい。

給料アップもやりたいところだけど無理なんだからやらなくてよろしい。

とりあえず仕事時間を減らせ。

めちゃくちゃ簡単じゃね?精神病バタバタたおれてく職場普通じゃないんだわ

anond:20220511104542

まずカリキュラムに従わなければならない時点で恥なんだよな

2022-05-05

英語が難しいっていうやつの気が知れない

英語が難しいっていうやつって2通りいて

もうレベル高すぎて何が難しいかからないとこまで言っている人、この手の人はもうどうしようもないですね、っていう感じなんだがもう一方の

レベル低すぎて何やっていいかからないけどあほなのばれたくないから「英語が難しい」といっている輩だ。

英語レベルが低すぎるっていうのは要は現在から怪しいっていう感じのやつらなんだが、こういうやつらに少しアドバイスしようと思う。

まず、「日本英語教育は難しい」という点だ。

なぜ難しいのかを書いてみることにしよう。

  1. 文部省が設定したカリキュラム以外で教えてくれない
  2. 正解でもその時のカリキュラムに従っていない答え方なので不正解にされる
  3. 試験ではなぜか正解が決められている
  4. 英語そもそも格調高くて上品
  5. 教えている英語が最新のものからは少し遅れる

という点において現実世界で使われている英語とは違いものになっているからだ。

ここまで書いてみて勘のいいひとはわかるかもしれないが、「英語という言葉簡単だ、ある程度のレベルまでは」という事であり、そのある程度のレベルというのは、生きていく上で不自由しない程度の知識が身につくという意味だ。

当然ジャーナリスト政治家が使うような英語レベルが高い。一切の間違いは許されず、豊富動詞を使って文章を彩り、適切な長さでセンテンスを切っていく必要があるが、そんなのはネイティブ大卒とか日本国内のすごい奴らに任せとけばいい。

次に日本英語を難しくしているのが、ネットに出てくる「字幕なしで洋画が見れる」とか「辞書なしでニューヨークタイムスが読める」とかそんなのだ

俺は英語はそれなりにできるが、映画TAXI最後までフランス語だったことに気付かない程度の間抜けでもあることは先に言っておく。

なんだよこいつら酷い訛りだなといってみていて後日友人に「あれフランス映画じゃないの」といわれた経験は今も美しい思い出として胸の中にしまわれている。

というように、字幕なしで洋画を見るとか、辞書なしで英字新聞を読むというのは英語とは別のスキルが実は必要ものでもある。逆にそっちのスキルがしっかりしているとある程度検討をつけてみたり読んだりすることができる。

映画なら各キャラクターについてしっかり把握している、物語の背景や何やかやといったものであり、新聞ならその国の直近のニュース歴史文化常識といったものだ。

逆にこれがないなら映画新聞も無理だといっておく。それら抜き映画新聞も行けるならもうその人の言う英語が難しいは全然違うレベルで言っている。プロミュージシャン楽譜が読めないといっているようなもんだ。

英語が大してできもしないくせに難しいといっている奴らの言う英語がこういう英語から難しいんだということを言いたい。

多少支離滅裂だがこれでわかってくれるだろうか。

先ずは単語あほほど覚えれば実は英語はある程度いける。

べつにアイユーライクでも通じるといえば通じる。よくわからんかも知らんが言葉なんて言うのはそんなもんだ。

会話の世界ではテンスも三単現のsも複数形もなんもかもでたらめだ。俺が言うんだから間違いないぞ。

だが重要単語のチョイスさえ80点くらいをキープできてれば大体どうにかなる。まずはそこを目指せばいいんだよ。

海外に行くとわかると思うが、TOEIC200点台で英語普通にしゃべるやつらがいる。あいつらの英語は全くのでたらめだ。だが通じている。これは実は不思議でもなんでもない。

まず、持っている単語の使い方のセンスが異様に高い。

次に言い直すことを躊躇しない

そして聞き間違えてわかんない時も聞き返すスキルがすごく高い。相手不快にしないで聞き返している。

パードン?とか使わないんだよな。

たとえば勝手相手の言ったことを自分なりに理解して怒ってみて「ほんとあいつらショーがネーナ!」とか言ったりしたら行った側が誤解を与えているから言い直すし、それによって誤解が解けると緊張と緩和によって笑いが起きる、こういったよくわからないがコミュニケーションの極意のようなものを身に着けているか英語が喋れるし、上達のスピードも速い。

だが、おそらくTOEICをやっても400点台が関の山だろう程度には英語はでたらめなままだ。

だが、そこから学ぶべきは英語はそれでいいっていうことだ。

そもそもあいつらは人が好きだから何の躊躇もなくしゃべるという特技がある。

だが、俺が何度でも言いたいのは「英語のもの簡単だ」ということだ。英語の難しいレベルに入ってから愚痴ればいいよ。

お前らが「英語が難しい」っていうのは俺には「ぼくちゃん勉強したくないパープリンナンデチュー」くらいにしか響いてないから気をつけろよ。

そして最後にこの文章誤変換の多さを先に誤っておく。最後に謝っておく。俺のパソコン馬鹿すぎるのが悪い。

2022-04-27

人格意見は分離するよう教育した方がいい」っていうけど逆じゃねえかな?

教師自分たちの都合で意見封殺するために人格攻撃に頼るのをまずは辞めさせた方がいい」だと思うわ。

結局子供ってのは大人がやってることを真似してくから、身近な模倣対象である教育者が「コイツ意見は都合が悪いか人格攻撃で黙らせとこ」を連発した結果が今の状況なんじゃねえの?

教育によって正しいやり方を教えるってのはカリキュラムの再編が必要だけど、教育者の愚かな言動を止めさせるだけならカリキュラムそのままで世の中が良くなると思うぜ

2022-04-22

anond:20220422124001

それらをジェンダー用語だとは思わないな。議論を無にする発言咎める、議論する上でのタブー行為名前だと思う。

学校ディベートカリキュラムはあるのに議論の仕方は教えないの何なんだろ。勝ち負けじゃないっつーの

2022-04-19

anond:20220419220406

なぜ勉強放棄して落ちぶれて結果共通テストでそこらへんの公立高校生なみの点数叩き出して~

みたいな難関校の最下層にフォーカスを当てたトピックなのにカリキュラムの充実度やそのカリキュラムをこなしてきたタイプの生徒の話をしたんだい?

anond:20220419140308

ウン年前に東京女子御三家に通ってた理系大学学者だけど、勝負強さというよりは単純に中高一貫校カリキュラム問題だと思う。

追記数学定期テストで1度も50点以上を取ったことがない(というかだいたい30点台を低空飛行していた)ので、落ちこぼれとはまではいかないけどまあ底辺から見た感想です。その点数でなぜか理系受験する気になったのは今思うと肝が冷える。親もよく許したな。

自分のころは、

高校1年生までに数学IIBの範囲が終わる

今は数学Cがないんだっけ?詳しい範囲は覚えていないんだが。

うちの高校は2年生で文理選択させられる。それまでは芸術しか選択科目がなかった。

で、高校1年生の夏休み以降はひたすら数学の演習を繰り返す。数IAや数IIBで中学カリキュラムと被っている部分は飛ばすので効率よく勉強を進められる。

英語は得意だったので学校カリキュラムはあまり覚えていないが……高1時点で高校レベル文法学習は終わっていたと思う。自分高校時代単語帳だけでTOEIC900点とれたので(過去問演習はもちろんした)、単語帳もなにかいものを使っていたはず。

理系選択者でも文系勉強必須

高2までは古文テキストを全文ノートに写して品詞分解したものを提出させられたり、世界史地理でみっちり暗記させられた記憶がある。

特に中1時点で百人一首をすべて暗記させられた古文は役に立った。センター試験古文単語を覚えただけでほぼ満点が取れた覚えがある。

また、国公立大学理系学部受験者がほとんどセンター試験倫理選択していたのだが、世界史のおかげで倫理の流れはすごく頭に入りやすかった。

漢検英検を受ける風潮が皆無

大学時代家庭教師バイトをしてみてはじめてわかったが、公立中学高校漢検英検受験するのは、少なくない生徒にとって時間無駄であって、自分100%勉強できるのならよいが、特に中学生は、まだ学習リズムも整っていないのに、受験すると内申点が上がる?からといって、わざわざ塾で補修を受けたりする。

しろ問題形式や内容が高校大学受験と大きく異なるので、せっかくの勉強受験に生かせない。漢検はまだ少し役に立つかもしれないが。

で、試験が終わればせっかく覚えた英単語なんかは一瞬ですっぽ抜けていく。場当たり的なリスニング対策をするよりは毎日5分ずつでもディクテーションをしたほうがなんぼかましだ。

だいたい、難関私立中学を受験する子供小学生のうちに漢検英検を受けているものである……というのは偏見だろうか。

そもそも授業で求められるレベルが高い

高3の最初化学の授業で先生一言センター試験では90点以上取るのが当たり前です」。実際物理化学は満点付近を取るのが当たり前。

今でもよく覚えているが、センター試験英語記述で200点中198点取れたと喜んでいたら、その年、うちの生徒のほとんどが190点以上取ったらしい。ぬか喜びである

そもそもそもそも鉄緑会の存在がある

これについては説明するのが面倒だし、自分は中1の途中で挫折したので気になった方は各自調べてみてほしい。

書いている途中から飽きていったのが伝わる文章ですまない。あと科目選択の話とか受験選択の話とかいろいろあるがそこらへんを細かく書くと身バレしそうなのでやめておく。

2022-04-13

デザイナー志望という呪縛

この4月転職をした。

そして同期(女)と知り合った。

研修なんかは当然同じカリキュラムなので、俺と同期は基本、一緒に動く。そして同期とは家が近いのもあって帰りも一緒。

で、同期はデザイン学校を出た新卒だそうで。

ところで、デザイン学校ってのは就活(?)がすっごく早い。まだ大学1年目だろうと見所あるやつは片っ端からどんどん内定をもらう。

そして、同期はデザイナーとしての道を諦めているらしい。そもそも以前から限界を感じていて、大学4年の就活第一志望に落ちたのを契機に普通会社勤めを選んだそうな。

で、俺はというとデザイン学校等は全く行っていないにも関わらず、ウェブCM作成なんかを副業としてやっている。そのせいで同期からものすごく尊敬されている。クオリティとしては尊敬されるようなものでもないのだが。

そして一昨日、同期と体の関係を持った。相手は初めてだった。その後から楽しい交際が始まる、と思っていたがそんなことはなく、なんというか彼女自分が叶えられない夢を、俺に見出し始めていた。

俺の作った動画改善案意見を述べたりしてくれる。これは大変ありがたい、ありがたいものの、俺としてはそんなことより同期との関係性があやふやなのがどうしても気になる。けども、おそらく同期にとってはデザインに携わるというのは、決して「そんなこと」ではないのだろう。

今日話していたことと言えば、仕事の話と俺の副業の話。

はじめは俺は「同期が好みのタイプで、しかもその子副業話題で盛り上がれてラッキー!」程度に考えていた。

けれども彼女にとって俺は、諦めた夢に最後のチャンスを与える存在にでも見えているんだろう。

俺は同期のことをとにかく可愛い!とだけ思っているが、彼女が見てるのは俺の仕事を介しての自分の夢。このズレは、今は良くても後々おかしな方向に歪みを生む気がしてる。

そして、そのズレが(考えたくはないが)別れに繋がった時、彼女は何もかも嫌になっているんじゃないか、と感じる。

それほどまでにデザインにかける熱量というか、依存度が大きい。彼女が何もかも嫌になった頃には、同期という呼称不適切ものになっている予感さえする。

クリエイティブなことは楽しい。けど、クリエイティブなことがやらなきゃいけないことになり、いつしかそれほど得意ではないと感じ始めた頃には楽しかった分だけ苦痛になるのかもしれない。

そして、俺の副業彼女の介在を契機に、気ままな半分趣味仕事ではなくやらなきゃいけないことにすり替わっている。

まあ、全部嘘なんだが。

2022-04-11

anond:20220411124559

わかる。自分も昔発達連中の集まる職業訓練所みたいなの通ってたけど、

アラフォー敬語の使い方も理解してない元ホテルマン(よく働けてたな、、、いや働けてないからそんなところにいたのか)、異常にアンモニア臭のする異常に引っ込み思案の女(ホテルマンに食われてた)、宮台真司理屈っぽい喋り方にしたようなメガネ(宮台より更にという意味)、ようやくまともに喋れるやや脳筋好青年、、、と思いきやそいつは発達じゃないけどカリキュラムが向いてるからということで特別参加してるだけの健常者だった

え、俺こんなんなん?ってなったよ

2022-04-09

塾講単価が高いからっていう理由だけでやる人多いけど私の塾の先生もそうだったとか思うと心底腹立つ、私まじで受験人生かけてたのにそんな軽い考えの人を信じて勉強時間惜しんでバイトして100万払ってたとか意味わからん。なぁ1人の人生ぶっ潰してお金貰ってる気分はどうすか😁

https://twitter.com/5112_11/status/1508741063648849923

会社に入って、新入社員 (新卒) 研修も一生に一度しか受けられないけど、講師は単価3万から5万だからやってるだけで、別に「みなさんの成長が喜びです!」「社会人としてのスタートサポートします!」なんて思ってへんよ。自社で研修やってる会社は、先輩がいちおう後輩のことを考えてやってるやろうけど、外部の研修会社がやってるのは、同じこと (カリキュラム) を何回も繰り返して喋ってれば金になるからやってるだけやで。

↓あからさまに書いてた以下のサイトがなくなっていたのでアーカイブから

IT研修講師に対しての報酬一般的に「1日稼働(8時間程)で3〜7万※」くらいです。 ※フリーランスIT講師場合相場 だいたい新入社員研修シーズンだと、一つの研修についてはだいたい20営業日で行う事が多いので1ヶ月でいうと「60万〜120万」という報酬額が相場です。

2019年版】IT研修講師報酬相場について | IT講師.net

https://web.archive.org/web/20201124202412/https://it-trainer.net/usefull/it-trainer-fee/

「5年後の自分イメージして発表しましょう」とか「インターネットの仕組みを身近なものに例えてみましょう」とか、どうでもいいグループワークをやらせて、適当に褒めとけば研修が終わってお金がもらえるから、やってるだけなんやで。新入社員をワイワイやらせて、時々マナーがどうこう叱っておけば、人事にもいい顔ができて、リピートが獲得できるからやってるだけなんや

2022-03-31

修了しました

どうしてこんなことになったんだろう。ここ数年で何度も思ったことだ。

これは奇妙な巡り合わせで出会った私にそっくりの友人が大学卒業時に書いた文章の書き出しである。この鏡合わせの彼が書いた文章を何度も自分事のように反芻してきた私は今年大学院を出る。修了という立場に際して、私も少し自分語りをしてみようと思う。他人自分語りなど興味の無いという方もたくさんいるだろうから、そういう方はこの時点で引き返してほしい。思うままに書き殴っているので読みづらいし長いと思うが、それに我慢できる人だけ読んでもらえればと思う。

・生い立ち

私はごく普通環境で育ったと思っている。地方在住で金持ちでも貧乏でもない家で、両親は優しくて、友達もいた。小中学生のころの自分一言でいうと優等生気質だった。学校勉強はそこまで苦にしなかったし、危ないこともしなかった。先生の言うことには従っていたし、学級委員を務めたりするタイプ人間だった。強いて言えば両親が少し頑固だったくらいだ。

小学校では初めに陸上クラブに入った。運動は苦手かつ嫌いだったし、何よりブラスバンドのようなクラブがありそちらに入りたかった。父が無理にでも私を陸上クラブに入れたのは運動の楽しさを知ってほしかったのだと思っている。運動神経のいい父にしてみれば運動は娯楽だったのかもしれないが、運動神経が壊滅的な私にとっては純粋身体能力を問われる陸上は苦しかった。そのため5年生からブラスバンドやらせてくれと懇願した。タダで許してくれるはずもないので中学では運動部に入ると交換条件を付けた。5年生から始めたトランペットは本当に楽しくて練習した。6年生の途中からは1stトランペットを担うこともできた。

中学では周りの部員吹奏楽部に行くのを横目に約束通り運動部に入った。誤解のないように言っておくと別に部活動自体は楽しかった。ただ音楽から聞こえてくる音を聞くたびに自分もこの中にいたらどうだったろうと思うことは度々あった。中学では同学年内でいじめもあって、被害者ではなかったものの学年中を巻き込みつつも教師黙殺しているそれに優等生気取りの私は心を痛めたものだった。その頃の私はもっぱら公正世界仮説(当時この言葉は知らなかったが)の敬虔信者であり、親や先生にほめられている優等生自分はいつか報われるし、逆にいじめなんぞ加担している人間はその人間からどこかで破綻すると思っていた。

 高校は少し離れた進学校に入った。近隣の学校に行く人が多かったが、いじめの件もあり彼らと距離を置きたい気持ちも大きかった。流石にレベルの高い授業でもあったが、モラル教養を持った人が多く非常に楽しい生活を送った。高校部活軽音部と兼任しようかなと考えていたが、他方の顧問専任希望するような言い方をしたので諦めた。別に悪い人ではないと思うが、他人に機嫌を取らせるタイプ人間だった。高校では成績をぐんぐん落とした。周囲のレベルの高さもそうだが、私には2点の欠陥が見え始めていた。1つは努力中学生まであまり勉学に苦労しなかった私は勉強に労力をかける癖がなかったし。加えて苦手な運動は一向にできなかったし、好きな人アプローチしても付き合えなかったし、理論武装して親に頼み込んだことも結局許されなかったり、努力してできた経験と言えば自転車の補助輪を外すときくらいのものであったように思う。努力の数と成功体験の数なんて鶏と卵かもしれないが、努力をした経験もおそらく人よりは少なく、努力が実った経験もっと少ない人間だったように思う。もう1つは先天的能力限界である。これまでの自分は「丁寧に教えてもらえば理解ができる」という能力を有していたと思っている。中学生までの自分が苦労しなかったのもこれが原因だと思っている。しか高校3年生になると少しそれに陰りが見えているのを人知れず自覚していた。周囲の人間には見えていないようで、親や先生は褒めてくれるし、同級生から勉強ができるという認識をされていた。

 3年生になると嫌でも受験を考えなければならなくなる。私はどこに行って何をするのだろう。勉強は好きではない。高校では文芸部の本に部外から投稿してすごく評判が良かったし、文化祭の劇の脚本演出担当して最優秀賞を取れた。そのあたりの活動は楽しかったしクリエイティブなことがしたいかな、あと音楽。それとなく親に専門学校の打診してみたけど、4年制大学に行けといわれた。「いい大学に行けばいい企業に行けるからね」と言われてきていたし、親心としてはそんなもんだよねと理解した。自分としてもレールを外れることに恐怖はあったし、レールに従うことで周りと同じように大学に行って、就職して、結婚して子供を作って、今の家族のような生活が送れるならそれでいいと思っていたのでじゃあ普通大学に行くねとなった。

 問題になるのは何がやりたいかである。私がやりたいことって何だったんだろう。結局見つからなかった。そこで親がアドバイスをくれた。

「まだやりたいことが見つかっていないなら、ここに行けばいいんじゃない?」

親が指し示した大学は、入学時に専攻を決めなくてよいという特殊制度もつ大学だった。みなさん名前ぐらいはご存じの都内大学である。幸か不幸か、私にはそこを目指せるだけの能力はあった。

長くなったが、これが地獄の幕開けである

大学という場所

1浪しなんとか2年目で合格して大学1年目。はじめに学んだ格言がある。

大学では勉強サークル恋愛バイトのうち2つしかできない」

勉強は好きではないので、サークルバイトをやるんだろう、恋愛もあるのかななどと入学後の私は胸を躍らせていた。憧れのバンドサークルにも入った。周りは経験者なので食らいつこうと頑張った。大学から帰って仮眠を取り深夜の安いパック料金で明け方までスタジオ個人練、シャワーを浴びて大学へ。その生活をしていたら資金ショートした。親にバイト禁止されていたため練習交流のためのお金が足りず、実力もつかず人脈もできずにフェードアウトした。

 大学の授業はひどく不親切であった。大学レベルも相まって何をやっているのか理解できなかった。高校の時に疑問を持っていた内容が解決されるかと期待していたが、それらは大体1,2回目の講義解決してしまものか、もしくは深くがっつり専攻しないと理解できないようなもののどちらかで、学ぶモチベーションにはつながらなかった。教える側も教科書も「説明してはいる」「書いてはある」という感じで、高校までのようにわかやすくとはいかなかったから、「丁寧に教えてもらえば理解できる」タイプの私では太刀打ちできなかった。つまらないし時間無駄に思えて次第に講義休みがちになった。

 それでも、とりあえず大学を出れば何とかなると思っていた。ここで耐えている自分はきっと報われると思っていた。好きなもの大学で見つかればいいし、そうでなかったら高校までの勉強ができるから教師になればいい。これが1年目の私であった。

崩壊

 初めてショックを受けたのは成人式のことだった。新成人代表として何人かの陽キャ集団が壇上にあがった。式の前後に彼らと会ったがある人はバツが悪そうに私から目をそらし、ある人は肩を組んで話しかけてきた。どちらもいい気はしなかった。彼らはいじめの関係者である。なんで彼らの方が人生謳歌しているんだろうか。その時にふと思った。「結局彼らは世渡りがうまかったんだ」と。くだらない正義なんて捨ててその場で空気を読んで得なほうに回るっていうのが正解で、黙殺していた奴らもそうだったんだ、なんて自分は愚かだったのかと。そう考えてみると社会に明確な悪役はいなくて、したがって明確な正義存在しない。正義道徳立脚した自尊心のなんと脆いことかと思い知らされた。

 そして、もう一つ。親や教師というのもまた所詮人間だとこの年になって気づいた。この中の何人かが数年のうちに教師になって、親になる。はっきり言って話の通じない人だっているが、そんな人も年さえ取ればいつかは親や教師になりうる。だから黙殺した教師も、話の出来ない親もおかしくはない。じゃあ私が優等生してきた、私が正しさの根拠としてきたものは何だったんだろう。優等生であることを数字で示してくれるものは成績くらいしかない。世渡りが下手で運動などの技能も持たず、それでも私が公正世界仮説を信じてこれたのは、案外「勉強ができること」に依存していたのかもしれない。勉強しかできないやつだけど勉強ができるから何とかなる、そんな風に自分無能さを騙して生きていたのかもしれない。

 さらに拠り所の勉学さえ崩れ落ちた。留年が確定したのだ。受験でも足を引っ張った物理がとことん苦手で何も理解できなかった。2年目は学費負担を減らすべくバイトをさせてもらった。サークル活動事実上全部やめ、バイト勉強の日々が始まった。バイト先は学生が割と多かったため、みんなと仲良くなれた半面、繁忙期が重なった。私は試験前はむしろシフトが増加し、結果的に致命的な必修単位だけ落としてしまった。2留である。親に電話して事情説明した。単位くらい取れとストレートに怒られるかと思った。代わってあげる優しさを評価しつつもやりすぎだと注意されるかもとも思った。

あんた人にいいように使われてるだけでしょうが

人にやさしく優等生してきた自分生き方への批判自分が仲良くしている人たちへの非難ダブルパンチで頭に血が上った。怒りで何も言葉が出ずに何秒か無言の後電話を切って、壁を殴った。

数日すると気分が落ち込んできた。親はそれを「単位を落としたから」と解釈したようであるが、全く違う。私は他の人が当たり前のようにサークルバイト恋愛を掛け持ちして進級している中で、バイトしながら進級できなかった。私は当たり前のことすら満足にできない無能であると、薄々感じていた自分無能が隠せなくなってしまったのである

 3年目は再びバイト禁止した。クラスでの試験対策仕事もやり、その科目の勉強をしなければいけない状況を作った。サークルとしては冒頭の彼の紹介で新しいサークルに入った。サークルでできた友人とは本当に仲が良く、勉強を助けてもらったり、サークル関係なしに遊んだ大学での生活の基盤になった。助けてもらえる人も増え、自分学習するようになり、この年の上半期では単位の取得ができた。しかし、私が感じていたことは決してポジティブなことではなかった。私がこの年の経験でわかったことは「お前はやればできるが、環境サポートがあって自分勉強してもちゃんとできるのは2単位」ということである。私は2年で70単位以上取得する想定のカリキュラムを、半年で2単位しか取れない脳みそでやっている。無能すぎてもはや卒業が無理なのではないかと思った。

公正世界仮説評価軸としてきた大人たちへの信頼、自身の実力への評価の3つが音を立てて崩れて、この時私は確かに一度死んでしまった。このことに気づく前の自分に戻れなくなってしまった。中学いじめがらみで「死にたいけど死ぬ勇気もない」って言ったときに「死ぬのなんて勇気って言わねえ」って怒鳴りつけてくれた友人がいた。

・専攻決定

4年目にして2年生。この年は諸々の事情クラスから孤立した。喧嘩別れのようなものである。私としても仲良くする気はなかったので1人でどこまでできるかやってみようと思った。結果は惨敗だった。単位取得こそぎりぎりできたものの私はこの大学では人に寄生しないとやっていけないと気づかされた。

そして、4年前に選択先延ばしにしたツケの返済期限が来ていた。専攻の決定である。結局4年間でやりたいことは見つからなかった。勉強面白くないし、勉強以外の何かを思い切って始める余裕もなかった。教員になろうかとも思ったが、それもかなわないと思った。教職卒業単位には含まれないため、追加でいくつも講義を取る必要がある。通常のカリキュラムすらまともにできない私にそれは無理だろう。ちなみに私と同じく成績の芳しくなかった冒頭の彼は教職を志して単位を取得しに行ったが、弊学では満足に教職まで取り切れなかった。教職を目指した世界線の私もきっとこんなものだろうと思ってしまった。

理系科目はわからなかったので、唯一興味がわいた心理学を専攻しようと思った。しかし、成績が足りなくて進むことが絶望的だった。ここで初めて間違いに気が付いた。この大学システムは何をやりたいか不明瞭な人間を救済するシステムではなく、やりたいことや才能が複数ある人間選択肢を与えるシステムなのだと。私などがこの大学には来てはいけなかったんだと激しく後悔した。

このシステムでは通常、成績が足りなければ次の年に再挑戦することができる。しかし、私は4年目であったがために在学年限が迫っており、この年で専攻を決定しなければならなかった。そのため、当時人気の低かった化学を選んだ。化学は苦手で高校化学すらわからないが「とりあえず大学を出れば何とかなる」のであれば、と苦渋の選択をした。

実験異変

5年目、3年生。1限からの授業と週3回の実験があり、9時-18時のような生活になる。実験には予習とレポートがあるため、実際の拘束時間はこれより長い。何とか4月を乗り切ったところで、レポートを1つ残してしまった。GWに入ってレポートをやらなければと思って毎日机に向かおうとした。いや、向かったこともあった。だが、ペンを持っても何も書けない。そのまま時間が過ぎてごはん時になり席を外してご飯を食べる。そんな日が続いてGWの最終日、床にへたり込んで泣いた。書かなきゃいけないと思いつつも1文字も書けなかった。

 3年生の必修は実験だけだったので、他の単位犠牲にしてでも取ろうと考えた。1時間だけ講義を休んで...その1時間を何も書けずに終えた。これを繰り返してほぼ全ての講義を欠席した。次第にいろいろおかしくなっていった。頭痛もちでもないのに頭が痛みだした。文字が読めなくなり、教科書はおろかネットニュースくらいの簡単文章でも字が滑るようになった。1日にできることがゴミ出しと洗濯くらいになり、起きて寝る以外に食事、入浴、ソシャゲの周回くらいしかしてない生活になった。

 溜まりに溜まったレポート夏休み前に呼び出しを食らったことで、無理やり夏休みを使って消化した。歯を食いしばりながら全部消化したことは覚えているが、歯を食いしばればできたことがなぜここまでできなかったのかこの時は疑問だった。

 4年生になり、大学院へ進学することになったが、大学院の手続き入試勉強、足りなかった単位試験勉強などでタスクが溜まった瞬間、この症状は再発した。友人の勧めを受けて学生相談所に通うことになった。

能力環境

学生相談所のカウンセラーはいい人だった。いろいろお話をして気持ちは和らいだ。専門的なこととしてはWAISの検査を受けた。結果は処理速度だけが異様にへこんでいる格好になった。別に数値は低くないので大丈夫と言われたが、「問題の有無は環境によって決まりませんか?能力の高い人が集まる環境ではそれなりの能力要求されますよね?」という質問には満足のいく回答は得られなかった。

 親にも何度か愚痴を言ったことがある。そのたびに「あなた世間一般には優秀だから大丈夫」と返されるのである。何が大丈夫なんだろうか。”今の環境”が辛いと言っているのに”世間一般”という別の集団を持ち出して何の救いになるんだろうか。これ自体も言ってみたことがあるが「なんでそんなこと言うの」と言わんばかりの困惑した顔をするだけだったのでやめた。別に親以外でも同様のことを言う人はいる。世間一般評価邪魔をして、まともに助けを求めることすらままならない。内部の人間から見て無能で、外部の人間から見て有能な私は、共感を得られる対象がとても限られていて苦しかった。大学ブランドという呪いにかけられて苦しかった。

 やりたいことをやれていればよかったのだろうか。サークル作曲体験させてもらう機会があった。でも続かなかった。結局忙しいとかいろいろ言ってインプットから逃げている自分がいる。クリエイターにはなれなかっただろうなと思った。好きなことも頑張れない自分に「自分が勉学を頑張れなかったのは勉強が嫌いだからじゃない、努力が嫌いなんだ」という事実を突きつけられてまた悲しくなった。あれほどに信じてきた公正世界仮説は「お前が苦しいのはお前が間違ってきたからだ」と自分に牙をむき始めていた。

・進学と私

大学院へ進学することにした私だが、実は私は望んでいなかった。学部時代夜遅くまで研究に勤しむ先輩たちを見ていて「私にこれは無理だ」と実感していたかである研究への熱意はおろか、化学への意欲も知識もないのである。ただでさえ病む人が多く出る大学院という環境にこんな人間が行くのは自殺行為に他ならない。そのため、私は就職を強く希望した。しかし、親にそれを伝えると「今のお前に就職はできない」と言われた。就活を終えた今だから言えるが、これは正しかったように思う。議論は「就職はできないから進学しろ」「院でやっていけないか就職させろ」の平行線で、就職も進学もろくにできない無能をぼこぼこにリンチするだけで生産性はなく、結局「とりあえず進学はするがいつでも辞めてよい」という落としどころになった。

 私は院試に落ちるのが最適解だと思った。学力もないので真面目に受けても受からないだろう。院試を受けたけど落ちましたというのが親にも研究室にも一番角が立たない。しかし、筆記試験が思ったより点数が低かったのか通ってしまった。面接をすっぽかすことも考えたが、会場に研究室の先生方がいるかもしれないことを考えると気が引けた。面接では辞退の意思を伝えるつもりだった。面接官と私だけの秘密である。私は院試を受けて落ちたのだと周りに言えばよい。

 Permalink | 記事への反応(0) | 23:43

運動嫌いを無くす方法

体育でスポーツやらせない。

これだけで良い。

国語では百人一首を教えるが競技かるたは教えないように、競技をやめるだけでいい。

その上で採点の基準を成長度合いとする。

4月に体力測定を行う。

どの分野を鍛えたいか確認して、その単位ごとにカリキュラムを組む。早く走るグループ、力を鍛えるグループダンスがしたいグループなど。

7月にどのくらいにその部分だけ再測定する。

握力は増えたか、足は早くなったか、動きのキレが出たか

やりたくもないルールも知らない長時間拘束される野球サッカーマラソンはしたい人だけすれば良い。

俺はデッドリフトでもやってるから、走りたい奴はどっかに行って欲しい。

2022-03-28

anond:20220328003510

俺随分昔に地方旧帝大を出たけど、なんだかんだ行って良かったなあという人生の思い出になっている。古き良き大学らしい大学の姿が残っていたんだよな。キャンパス雰囲気からカリキュラムまで。今はどちらも失われてしまったのかもしれないけど。いわゆるMARCHみたいな都内大学を見ると、ビルが何本か立っててこれがキャンパスですみたいになってて、そういうことじゃないんだよなあと思う。もちろん東大はしっかりしてる。

2022-03-20

anond:20220310024603

文系コミュ力特化するようなカリキュラムなくて、

理系コミュ力低いとするならそれは日頃自然法則対話していて、人間もその一部のノリで対話しようとするとなんかおかしいぞってなるような

2022-02-22

プログラミング学ぶのに職業訓練

あそこは失業保険が切れた人などが生活を維持するために授業受けて金もらいつつ就職先を探すところなので

何かを習得できると思わない方がいいよ。そりゃあ学校なので本人次第ではあるけどけど。かなり難しい。

仮にクラス20人いて19人が完全未経験だったりする。19人は未経験から標準的カリキュラムすら最初から意味全然からない

数学の基礎さえあれば意味はわからなくてもカリキュラムが正しいこと自体は分かるけど、そんな人間教育訓練校にはほぼいない

 

から、19人が「こんなに意味不明なのは学校の教え方が悪いからだ!!」ってノリになって全く勉強しなくなるわけ。

そこで「いや、本に書いてあることは正しいから真面目に勉強しよう」って思えるかどうか。たいての人は大多数に流される。

 

基礎力がない人は教わる内容を正しいと思えないか勉強しなくなるんよな。

2022-02-18

anond:20220217145503

かに野球などの庶民スポーツ自由大会を開催できるということは分かる。しかし、自動車レースだったりバイクレースだったり、設備関係のあるものは多かれ少なかれ多くの関係者を巻き込み、利害関係を調整してはじめて成り立っている。お前のとこのレーサーはメーカー批判たからお前のチームにはエンジン供給しないよなんて当然ある。esportsゲーム業界を盛りたてようという人が泣き言いってどうするの。

>今話題業界プロになるために学びませんか?って言われて、お金時間つかって一生懸命学んで、いざお金儲け始めようとしたら「今まで学んできたもの私共著作物なので一切の商用利用は許可しません。」って言われたらどうする?っていう話なんだよ。

どうする?ではなく当たり前の話。株式会社マリカーが滅ぼされて当然だってまだわかんないの?彼等だってお金時間もつぎ込み、日本に来た観光客をよろこばせるために走り続けてきたんだぞ。任天堂裁判されたの他人事だと思ってるの?私的著作物に特化した練習をさせて汎用的な指導ができないのなら、企業と十分なコネクションを持つ必要があると分かるはずだし、できないなら潰しが効くように汎用化したカリキュラムをくまないといけない。そこまで分かってるならもうちょっとやろが。もっときばれよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん