「旧姓」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 旧姓とは

2019-08-14

anond:20190814003453

自分結婚してAV女優と同じ名前になったのが10年経ってもムカつく。AV女優は人とかぶる名前つけないでくれよ・・・迷惑だよ〜

転職の際に 旧姓仕事したい旨を人事に伝えたら「戸籍名でないと無理」と言われたので「AV女優と同じ名前キャリアを続けたくない」と伝えたら受理された。 

とはいえ技術なのだ特許は(2017年まで)戸籍しか通らなかったので、自分特許検索するとき 結婚前の旧姓と新姓で他人みたいになってるのとかはやっぱりムカつく。

個人的には銀行名義変更とかは長期休み時にやったからそこまで負担ではなかった。他のムカつきに比べればね。

じゃあなんで苗字を夫の方に変えたかというと 惚れた弱みで、夫の苗字に変えたがらない自分に対して夫が悲しんでるように見えるのが嫌だったからです・・・

とっても仲の良い幼馴染を「名字呼び」していると驚かれる

私   「増田 京子

幼馴染 「富田 真美」

小学生の頃からの仲だけど

社会人になった今でもお互い「名字呼び」をしている。

高校生になった友達のことも名字で呼んでいる。

10年以上も長い間名字で呼んできて、今更名前呼びに出来ない。

一度試したことあるけど、二人とも照れてダメだった。

特に呼ばれる側が耐えられなかった。

お互いに結婚して名字が変わった今でも、名字呼びは変わらない。

旧姓が「あだ名」のようなものになっているのかもしれない。

友達とは、いつまでも増田で居れる。

そのことに妙な安心感がある。

友達のあまりいない旦那に話したら

名前呼びとか、あだ名しろよ」と言われたけれど、断固拒否

子どもはまだ居ないし、別に良いじゃんね。

anond:20190814003453

今の会社を辞めたら、私は名実ともに増田ではなくなる。

ここすっごいわかる。

私も社内では旧姓で通してるけど会社辞めたら「旧姓増田の私」は死んでしまうんだよな。

anond:20190814003453

そう、“思ったよりも”なんだよね。

面倒だろうけど一回のことだし、と軽く考えていたら何から何まで本当にめんどくさかった。

銀行行脚に免許証クレジットカード保険通販系でも住所を変えるだけならいらないような書類を求められるし医療従事者は資格免許保健所戸籍謄本と提出してなんと3〜4ヶ月(!)待ってまた取りに行く。

えっ、この間転職したくなったらさらにめんどくさいのでは。

名字愛着は無いつもりだったけど相手名字にはもっと無いので面倒さも相まって「なんで命名したわけでもないなんの愛着もない名字に変えるためにこんな手間を」と制度に腹が立ってきた。

アイデンティティ違和感より、アカデミック面での不利益より、手続き煩雑さより、改姓で既婚/未婚が広く周知されるのが本当に嫌だった。

職場旧姓利用が認められなかったので挨拶程度の人や取引相手や客にまで「結婚したの?」と聞かれたりそうでなくても「結婚あるいは離婚したのかな」と推察されることへの気持ち悪さが強かった。

離婚たらこれをもう一回か、と思うと抑止にはなるだろうか。

でもその抑止は片側だけに働くのか、と不公平感が募る。

夫婦同姓じゃないと、というなら二人揃って変えたらいい。

これなら私の気持ち悪さはどうにもならなくても手続きは今より絶対簡略化されるでしょ。

そして仕事では通名を使わせてくれ…。

夫婦別姓になったら、「親の旧姓は?」って秘密質問が使えなくなるから困る

思ったよりも夫婦同姓に抵抗があった話

追記タイトルを盛大に間違えてたのでさっそく訂正

誤:思ったよりも夫婦別姓抵抗があった話

正:思ったよりも夫婦同姓に抵抗があった話

とんでもない間違いだぁ…こんなの零点だ零点

【また追記

すっごいブコメが伸びてておののいています

すべてのコメント言及エントリにお返事はできないけれど、少し追記したいです。

同じように結婚後の姓に馴染めない、みたいな既婚者先輩の声も多数聞けて、私だけじゃないんだー、と思えてよかった(小並感)。

n年経っても慣れない、みたいなのを読んで、逆に覚悟が決まったのかむしろ気が楽になりました。ありがとうございます

あとこれは是非言いたいんだけど、ちらほら夫を責めるというか、夫が悪いみたいなコメントが見えましたが、それは違います。やめていただきたい。

世間体は、そりゃありますよ…

現状は女性側が姓を改めるのが「一般的」とされていて、よって私がエントリで書いたような有形無形の負担女性が負うってケースのほうが件数としては多いのだろう。でも、いざ男性側が姓を変えるってなった時には、(有形の負担は大差ないと思うけど)無形の負担女性の比じゃないんじゃないかと思う。「なんで?」って話になる機会も断然多そうだし。そりゃ特別な主張がなければ夫側の姓にしますって。

妻側が姓を変えて負担を負いがちっていうのの裏側には、夫側が姓を変えた場合の、馬鹿にならない負担の大きさがあると思うんですよ。だとすればこれは女性差別だ!男が悪い!っていう話ではないですよね。

追記ここまで】

少し前に結婚した。どちらの姓を名乗るか決めるにあたって、ごく普通に、夫の姓を名乗ることに決まった。

私は夫婦別姓制度については、まあ別姓にしたい人は別姓を名乗れるようになればいいんじゃない?そのうち制度ができればいいよね、くらいの考えで、言ってみれば「他人事」として考えていた。自分がもしも結婚したら、「普通に」夫の姓を名乗ると思ってた。そこまで生まれときの姓に執着がある訳じゃないし。

しろ夫婦別姓のために事実婚とし、子どもが生まれる時だけ入籍、その後離婚する、みたいなスタイルを取っている夫婦の話をテレビで知ったときには、すごく率直に言って引くというか、白けたような気持ちになったりもした。

ラディカルに夫婦別姓を主張する勢に対しての評価は5ch(2ch)なんかでは私が観測する限りではまあ辛辣で、「姓が変わるとか別にノーダメ名前変わるくらいでそんなに影響があるとか大げさすぎる、旧姓にそこまでこだわるとか頭おかしい」みたいな意見が多勢に思えた。私はそんな論調スレを見るたびに、「でも別姓も選べたっていいじゃん?」と思うと同時に、自分に関しては「まあ普通に相手の姓でいいけど」と思っていた。すごく率直に言えば、「姓が変わるとか別にノーダメ名前変わるくらいでそんなに影響があるとか大げさすぎる、旧姓にそこまでこだわるとか頭おかしい」と、うっすらと思っていた。

そんで時は流れ、結婚するということになり、じゃあ苗字どっちにする?という話になった。

(現)夫は、「俺はどっちでもいいけど」と前置きした上で、夫の姓を名乗ろう、と提案した。養子でもないのに妻の姓を名乗るということになると、夫側に何か名前を変えたいような疚しい背景があるのではとかあれやこれや勘繰られるからと。

私もせやな、と至極納得して、我々夫婦は夫の姓でやっていくことに決まった。

私は夫の姓でやっていくことに決まった。

言っておくと、私は元の姓と夫の姓どっちがいいか比べた時に、純粋に夫の姓の方がいいなと思った。まあまあよくある私の元の姓に対し、夫の姓はちょっと珍しい姓であった。なんなら「レア苗字ゲットだぜ」くらいに思っていた。もっと言うと今でもたまに「かっこいい苗字やん…」としみじみしたりする。

という訳で私は姓が変わることが決定し、あと結婚もまず間違いなく決まったと判断し、会社結婚の予定を報告した。「名前は某に変わりますが、業務上では引き続き増田でお願いします」と伝えた。

私は一介のしがない事務員だが、いくつか特定取引先を担当していたので、取引先それぞれに「結婚しましたので名前変わりました☆」と言って回るのがめんどくさかったのだ。

ずっと前になるが、今の会社ではなく、新卒で一番最初に入った会社の先輩社員離婚された女性がいた。同じ頃に別の女性社員結婚して「名前が某になりました」と通達があったので、私はおそるおそるその離婚した先輩社員に「名前どうなるんですか…?」と聞いた。先輩社員は「いや、苗字は変えない」と答えた(離婚してもそれまでの姓を名乗れる制度があるのはその少し後に知った)。

大して親しくしていていただいた訳でもないのに、今考えるとなかなか不躾な質問に、わりとさっぱりした表情で飄々と答えてくれた先輩の、その後に小さく「最悪だよね…」と呟いたその声を、上司結婚を報告しながらなぜだか思い出していた。

婚姻届を提出後、私は一日有給を取って名義変更の行脚をした。

パスポートを変更し、銀行を4行回り、思ったよりも時間がかかって携帯電話名義変更はその日はできなかった。

何枚も書類を書いて、慣れてないので(あと私が大変粗忽者なので)名前の欄を旧姓/新姓で書き損じまくり最初の何枚かは窓口のお姉さんも私も新婚に免じてって感じで「あらあらうふふ☆」ってノリだったのがいい加減私の表情も死んだ。

家に帰って夫に一日の苦労を愚痴ったら、「でも俺が苗字変えたらなんか疚しいことあるのかって思われちゃうからね」と姓を決定した時の理由を繰り返した。

まあ確かにな、と私も思い、とはいえ一日で(仕事休まなきゃ行けない所は)ひとまず手続き済ませられた訳だし、これでおおよそ済んだ訳だし、と、それ以上愚痴を言い募るのはやめた。携帯名義変更は済んでいない。

ここまでですでに長いが、私が本当に言いたいことはまだ書けてない。

こんなに書いて本題に入れてないのに自分もびっくりしているが、私が言いたいのは、「思ったより生まれ育ってきた苗字アイデンティティー持ってました」ということなのだ。

結婚後もそのまま何も変わらず仕事をしていて、業務上名前変えません宣言をしているので、私は平日の昼間という日常ほとんどを「増田さん」として過ごしている。新姓を使うのは、クレジットカード署名(名義変更してるから)と宅配便受領署名(クレジットカード名義変更たか通販アカウント変更したから)くらいだ。

で、それ以外のふとしたタイミング名前を使う機会があると、いまだに逡巡する。逡巡した結果、旧姓を使ったりもする。飲食店の順番待ちで名前書くときとか。

新姓を使ったっていいはずなんだけど、「クレカ身分証と紐付く場面でもなし、新姓使う必要ある?」と思うと旧姓を書いてしまうのだ。もっと言うと瞬間的に「私増田だもん!!」と思っているのに気づく。

きっと会社旧姓使ってるから慣れてないんだ、と思う。私はわりと転職してきた人間なので、きっと今の会社もずっとはいない。転職活動の暁には新姓で履歴書を書いて、新しい会社では新姓で活動する。

でもそう考えると、なんか、胸が締め付けられるのだ。

今の会社を辞めたら、私は名実ともに増田ではなくなる。

という事実に、怖じ気づいている。

姓が変わるのは自分自分でなくなる感じ、という言い方は、かつて私が引いていたラディカルな夫婦別姓論者さんたちの言い分ではなかったか

でもその「感じ」は、今の自分の偽らざる気持ちだ。

結婚すると名前が変わるってのは「普通」のこととして広く受け入れられてきている訳だけど、しかしよくよく考えてみれば、名前アイデンティティー抱くってのもごくごく普通ではないですか?

自分当事者になってやっと分かったというのも至極トロい話で恥ずかしいけど、このアイデンティティー抱いてる対象が変わるっていう衝撃が「普通」の名のもと受け入れられてきたってのはちょっとすごいと思う。

名前変わるなんて別になんてことない。って言ってる人たちは、一度本当に変わってみて欲しい。って正直ちょっと思うけどこういう論法は反発を感じるよね。分かる。私もそうだし。っていうか私だって当事者にならなきゃわからない気持ちだったし。

まとまらないけど疲れてしまったため急だけどそろそろ終わりにします。姓を変えるってのは、有形(手続き煩雑さ)無形(アイデンティティーの揺らぎ(こう言うと大袈裟に聞こえるけどそうとしか端的に表現できない))の負担があるんです、っていうのを吐き出したかった。

2019-08-06

アウティング禁止条例により

色恋沙汰を本人の意に反して公表することが禁じられたので

旧姓山口百恵安心して活動できる世になった

2019-07-25

嫁が旧姓仕事している

なんだかもやもやした。いまどきそういうもの

anond:20190725181100

旧姓使用って学校内での運用みたいなものかと思ってたけど違うの?

辞令旧姓で出るの?

苗字が変わった

会社員になって5年目。

苗字が変わった。理由は親の離婚だ。

表向きは旧姓を使っているが時々は社内で新しい姓の入った書類が回るので、察した周囲は口々に結婚おめでとうという。

そうだな。ほぼそれしかないもんな。

父と母は不仲と言うほどではないがふつう雑談してたか普通の家だと思ってた。が、ある日突然母がキレた。

母が若い頃相当苦労させられた事、DVも受けていたこと、働きすぎたりDVのせいで死産した3人の姉と兄のこと。

自分はどちらかというと父に懐いていた。父がとんでもないクズだと知って、自分より父親に懐く子供を母はどんな目で見てたんだろうと思うと、頭がぐわんぐわんする。過去自分嫌悪したが何にもならない。

それから離婚手続きを手伝って、弁護士のところ行って、泣いたりキレたりする父親の姿をみてたら結婚意欲が0になった。

それからちょっとして転職した。すべて苗字を新しいのに変えたから、たまに届く旧姓DMを細かく破って捨てている。母の目に入らないように。母への罪悪感が全く消えない。人生の足取りがずっと重い。押しつぶされそうだし、解決法が多分一生わからない。

2019-07-22

anond:20190722164430

現状がそうだからそう思うんじゃない?

例えば今母親旧姓聞いて、そっちの苗字のほうがかっこよかったな~なんて

全員思わないわけはないだろ。まあ理由としては不純かもだが。

子供が選ぶことにしても良い。子供に選ばせたくない親は子供苗字を決めても良い。

これじゃダメなんか?

anond:20190722162042

あなるほど

でも団塊の世代じゃ別姓希望の人ってあんまし多くないよねえ

別姓認めてって裁判起こした人がいたりキャリア女性旧姓名乗れないと不便だって主張しだしたのって団塊世代より世代的に後じゃん

2019-07-18

最近巷を騒がせている夫婦別姓

うちの父は婿養子である

昭和50年代に結婚した人としてはかなり珍しいんじゃないかな。

父は末っ子だが長男、母は一人っ子

結婚に当たっては相当揉めたようだ。

しかしそんな事は当然知らなかった子供時代の私。

親というどでかいサンプルと周りのお友達情報想像していたのは

男性側の姓になる夫婦女性側の姓になる夫婦は50:50くらいかな…というイメージ

なので、いつまで経っても「名字を変えなきゃいけないなんて女は損」という感覚がない。

だってそれぞれの事情に合わせてどっちにするか考えればいいんじゃない?くらいの気持ちからだ。

大人になって、大半の女性が「結婚=嫁に行く」感じだと知った。

夫と結婚する段となって、夫の実家にそれを報告しに行ったとき

わりと嫁にもらう前提で話が進んで「あ、こーゆーもんか」とふと思った。嫌に感じる人はたしかいるかも知れない。

自分実家はクソ苦手で出て行きたかったし、(すでに生活実態としては出て行っていたが)

自分の姓が嫌だった私は迷いなく嫁に行く方をもとから選んでいたのだけど。

名字を変えるのは悔しい、という人が結構いることが最近ネットを眺めていてわかった。

でも気持ちはよくわからない。そういう人がいることは否定しないけど。

(もちろん名字を変えることで過去の実績が引っかからなくなるみたいなやつは不憫だと思う)

私が自分旧姓にそんなに執着がないからか。

私が女は損だと思ってないからか。

それとも「女だから損してる論」が流行っているからか?

2019-07-17

姓の変更をした。

みんな、人の姓についてあれこれうるさいと思う。

離婚をして数年経ち、子供小学校に上がる前に姓の変更手続きをしてきた。

弁護士には依頼せず、①離婚時に姓の変更を行わなかった(元配偶者の姓を使い続けた)理由、②姓の変更が必要理由及び、①で述べた理由現在では考慮外になることを書類に書き出したものを一緒に提出した。

裁判所に呼び出しされることもなく、暫くして姓の変更を認める判決が出たと書類が届いた。

元夫の姓を名乗り続けたのは「疲れていたから」が大きな理由だったからのように思う。

離婚からずっと仕事育児に追われ、離婚を切り出してからは更にやることが増えて、ぎりぎりだった。

実家の助けも借りながら、幼子を守りながら、生活を切り開きながらの離婚調停は精神的に辛いものが多かった。

離婚理由は単純なもので、「性格の不一致」といってしまえばそれまで。

今にして思えばいわゆるモラハラ夫だったのだけれど、当時はそんな言葉は知らなかった。

元夫に情も何もない状態離婚は成立したけれど、ボロボロだった私には、もうそれ以上事務的に何かをする気力はなかった。仕事でも責任者から役員へ、という佳境に立たされていたのもあり、姓の変更はマイナスに働くのではないか、なんていう考えも後押ししていたように思う。

ただ、いい加減実家に戻った時に婚姻関係や姓について探りを入れられたり、子供に対して父親のことを問われることが苦痛で、子供入学に合わせて、という大義名分もあって、旧姓に戻した。

それまで探りを入れてきていた人達がぴたりとそういった話題を私に振ることが減り、親戚への探りもなくなった。代わりに何を言われているのかわからないけれど。

子供ランドセルが届く頃、私には付き合っている人がいた。

当時の私の姓が元夫の姓であることを知ると、その人は激昂した。気持ちは分からなくもないけれど、そこまで怒ることか?とわだかまりを抱えた。苗字なんてただの記号なのに。姓の変更がどれだけ気力を削ることなのか、この人には想像ができないんだろうな、と思った。そんな態度が透けて見えたのだろう、その人の友人から糾弾された。糾弾した本人も離婚経験があり、旧姓に戻せた人だった。「私だったら絶対嫌だよ!」なんていう価値観押し付けられたのが苦しかった。"あなたはできる人だったんだね。"と苦しかったのを覚えている。

参院選を前に、夫婦別姓だとか、同性婚合法化だとか、いろいろ騒がれているけれど、当事者が生きやすくなるならそれが一番だとおもう。少なくとも私は、姓の件で無駄に気力を削り、傷つき、疲弊した。最初から夫婦別姓が許される世の中だったら、こんなことにはならなかったんだろうなと思う。同じように、同性婚合法化も、当事者にとってはとても切実な問題だと思う。だから、こういう人達も生きやすくなってくれたらいいなと思う。

話がそれた。

結婚したら夫の姓を名乗り、戸籍に入らなくてはならない、みたいな今の状況は、私にはとても苦痛だった。

そして姓の変更=婚姻関係の変化ととらえる人が、やじうま精神で探りを入れてくるのも、つらい。

話題がない田舎からかもしれないけど、いい意味でもうちょっと他人に興味をなくしてほしい。

2019-07-10

anond:20190710190446

はてなーとしてまったく新参者の私が言っていいのかどうかわからないけど、元増田の考える政策だと、もしかしたら日本維新の会も一考の余地がある可能性が考えられるけどどうなんだろう。

文章力がないからうまくまとめられないけど、既得権益と戦う方針だし、憲法改正については内容が自民とはまったく別の方向。

以下、元増田の挙げた政策について、関係しそうな事項(ホームページより)。

経済政策・・・消費増税凍結。規制緩和による経済成長

教育・・・機会平等社会を実現するための教育完全無償化

育児・・・保育士給与官民格差是正による保育士待遇改善

世代間格差・・・高齢者雇用創出、年金支給年齢の段階的な引き上げ等年金制度の再構築。賦課方式から積立方式に移行。医療費適正化効率

最低賃金・・・(直接触れてはいないが、地方分権姿勢なので地方で決める方向ではないか?)

夫婦別姓・・・旧姓使用に法的効力(同一戸籍・同一姓の原則は維持)

LGBT・・・同性婚を認める。

研究・・・(「研究」という項は特にないけど、AIブロックチェーン暗号資産に注力というのはある。元増田の知りたい内容でなかったらすみません

職業教育・・・労働市場ニーズを踏まえ、公的職業訓練時代に即したもの

メディア・・・周波数オークションの導入。NHK改革公共性の高い分野は無料化、有料部分はスクランブル化)。

原発・・・脱原発依存体制の構築

警察司法腐敗・・・ジャストで該当する記載は見当たらない)

外交防衛・・・現実的外交安全保障政策を展開する。集団的自衛権行使要件厳格化日米地位協定見直し弾道ミサイルサイバー宇宙空間防衛体制を強化。

とはいえれい新選組日本維新の会政策がかなり違うから元増田の好みには合わないかもしれない。

どちらもチェックしたうえで好みのところに入れてはどうだろう。

2019-07-06

anond:20190706171756

研究者場合旧姓の利用があまり認められてないそうで、改姓によって、仕事で生み出した成果や知名度などがゼロになってしまリスクがあるらしい。まったく詳しく無いので、突っ込まれても何も答えられないけども。

個人的には、パスポートとか口座とか、一通り手続きし直すと思うと面倒だろうなと思うくらいかね。

2019-07-02

anond:20190702125259

別におかしくないと思うよ。

子どもがいる状態離婚とか再婚とかを経由すると夫婦同姓であってもどっかで姓の不一致は発生するんだし、別姓にしても実質変わらない。

元増田の例で夫婦同姓だったとしよう。

結婚の時に山田姓になった元鈴木母は、離婚の時に鈴木姓に戻すか山田姓のままにするか選べる。

娘のほうは、母が鈴木を名乗ろうが山田を名乗ろうが、その時点では山田父の籍に山田の子として残るんだ。そして、鈴木姓に戻した鈴木母が自分戸籍に娘を入籍させてはじめて鈴木姓になる。これは本人たちの話し合いで決めることになる。子ども苗字を好きに変えられることには変わりないよね。

その後、母が高橋再婚して母が高橋姓を名乗ったとしても、娘の姓は変わらない。山田父の戸籍に入ってる場合はもちろん山田のままだし、母鈴木戸籍に入ってる場合であっても、母が高橋と新しい籍を作ってその籍から離脱したら、鈴木家の戸籍には母が不在で鈴木子だけが残ることになる。高橋自分の子どもとして養子にするか家裁入籍しない限り高橋姓にはならない。

ただし、この段階で高橋鈴木母の戸籍に入ることはできる。その場合高橋が姓を変えて鈴木になり、鈴木母と元高橋鈴木子が同じ鈴木家の戸籍に入ることになる。

入籍手続き面倒なので、離婚しても山田を名乗ってる母が山田父の戸籍に入ってる子どもを養育してる例は多いと思う。そこで高橋プロポーズされると一気に面倒になる。なので山田母の戸籍に入って山田に改姓する高橋も多いと聞く。傍から見ると親子3人山田なのだけど、実は戸籍が別れている上に、そもそも、この夫婦どっちも山田家とは一切血の繋がりがないんだよね。家系図の上でまったく関係のない苗字を名乗ることになる。これすごく不思議事態で、昔はこういうややこしいことを防ぐために婚氏続称が認められてなかったんだろうね。

もちろん、母は旧姓に戻して鈴木子ども山田父の戸籍のまま山田って親子はあり得るし、さらに、その状態で母が高橋結婚して高橋夫妻の子どもが山田籍に入りっぱなしというのもあり得るし、これは、夫婦同姓でも別姓でも同じなのよ。夫婦同姓論者が思うほど今だって離婚の子もの姓の問題って単純な話ではないし、当事者判断で選んで決める余地がすごくある。

同姓でも別姓でも、結婚した最初の段階で誰が戸籍筆頭者になるかが決まれば、子どもの姓はそれに基づいて決まっていくのが原則選択別姓なら、同姓にするか別姓にするかは個人の考えで選べるのだから別姓は不都合だと思うなら同姓にすればいいし、別姓にしたほうが助かる人に同姓を強制する意味もない。全然戸籍制度のこと調べずに気分で「子どもが可愛そう」「複雑すぎる」とか批判してる人たちが多すぎると思う。

anond:20190702120855

離婚によって子ども戸籍筆頭者の籍から離脱しないので、現行と変わらない。戸籍筆頭者が佐藤、その配偶者田中だったら、その子もの姓は佐藤になる。離婚しても同じ。

田中がその子どもを佐藤の籍から抜いて自分の子どもとして育てる場合、その子どもは田中の籍に入って田中姓になる。これは家裁手続き必要で、これが本来意味の「入籍」ということになる。この戸籍関係は実際の親権とか養育権とは無関係なので、佐藤の籍に入ったままの佐藤の子田中が親として育てるのもあり。

今は夫側が戸籍筆頭者になって妻の姓を変えるほうが多いけど、夫婦別姓になったら特にどっちが戸籍筆頭者でも実質変わらないから、それなら別れた時に子ども親権取る側が戸籍筆頭者になるってのが普通になるだろうね。事前に同意して結婚できるのでむしろもめなくて良いかもしれない。

ちなみに、昔は離婚した場合、改姓した配偶者旧姓に戻すルールがあったので、子どもは筆頭者側の籍に入ったままで苗字が親子で違って困るとか、さらに筆頭者の実家が孫の籍を抜くのを拒んで揉めるとかが離婚ハードルになってたけど、法律改正されて離婚しても結婚で変えた姓のままで新しい戸籍が作れるようになった。これ、子どもと親の籍が違う状況であっても、同じ姓のまま暮らせるようになってすごく助かってる人が多いんだよ。

このロジックとしては選択夫婦別姓と同じだと思うので、そっちも早く法改正してほしい。

元増田の例の場合

山田娘が離婚して母親についていき母が高橋再婚した場合

結局、全部当事者が決めることになる

2019-06-26

戸籍を辿ってみた

https://note.mu/harahiroshi/n/n867cb9ecdb4e

このハラヒロシなる人の記事に興味をもって戸籍を辿ってみたんだが、いきなり行き詰まったので聞いてくれ

まず俺と親父の名字増田としよう。

親父は、生まれた時は名字が違っていたらしく、これを加藤とする。

産みの親は加藤家なわけだが、小学生の時に養子縁組して増田になっていた、

さて、この時家系図として正しいのは、なんなんだろう?

俺は「増田」という「家系」に生きているが、親父の生まれた時点では「加藤」なわけだ。

どっちを辿ればいいと思う?

ついでに、母親の事も取り寄せてみた、母親旧姓田中としよう。

田中家も、ちょっと辿ると養子縁組しており、母親の親父(俺の祖父)は生まれた時、鈴木だったようだ。

鈴木の家に生まれたが、あるとき養子縁組して田中になっており、こっちもまた、辿るとするとどれを辿るべきなんだろう?

人間は生まれるために両親が必要なんだなぁ、と痛感する出来事ではあったが。

なんだか出鼻をくじかれた気がして、うーむ?どうすべきだと思う?

2019-05-18

結婚などで、苗字が変わったら

登録いただいたお名前は、ヨドバシ・ドット・コム上では変更できません。

ヨドバシ・ドット・コム お問い合わせ窓口まで、下記3点をご連絡ください。

1. 旧姓漢字)、旧姓フリガナ

2. 新姓(漢字)、新姓のフリガナ

3. ヨドバシ・ドット・コム会員ID(ご登録時のメールアドレス

面倒くさい。

しかし、姓はネットで変更できないのに、LGBT配慮してか、性はネットで変更できるという。

ビックカメラは逆に、姓変更可・性変更不可だった。

2019-05-08

今年結婚したが離婚宣告される

早速うまくいかないことばかりだ。

結婚することにそこまでメリットを感じていない人をなんとか説得して結婚したけど、やっぱり難しい。

もちろん今の時代結婚することは生き方の正解だとは言えない。しないという判断も悪くない。

でも自分個人としては結婚たかった。

画数の多い自分旧姓と早くさよならたかった

早く子供も欲しい

安定した精神状態を確保できると思った

子供を育てるなら2馬力必要不可欠

そんなような理由だった。

増田旦那は、エンジニア畑の人間で、かなり仕事に対して熱いし、アグレッシブだ。

一方で増田自体は、仕事は嫌い、楽して過ごしたい、安定志向医療人だ。

ある程度考え方の差異は埋められると思って5年くらい思考を擦り合わせながら一緒に生活してきた。

おかげで結婚するところまで漕ぎ着けたのだが。

しか最近増田は稼ぎが少ないから、副業をやって、忙しくなる前に稼ぎを増やして行こう。と。

楽な仕事選んで自分時間大切にして来たのに

自分時間削って本業とは別に副業??

いや、正直やりたくない。

でも旦那のいうことは正論だ。

子供が欲しいのだから子供養育費必要だし、

結婚式やりたいのだから結婚資金必要だ。

それを増田だけで稼ぐことは今のところできない。

でも自分自由時間を削ってまでそこまでやらなきゃいけないのか?

旦那増田の夢を叶えることに自分お金を投入するのは嫌なのか?

出来ないなら、子供は無理だと思う、向上心のない女なら離婚も辞さない。と。

まだ結婚して半年も立たないのに離婚の話までされて増田は心が折れそうだ。

将来成長するだろう有望株と結婚すると、自分も成長しなければ一緒にいることは難しいのだろう。

成長痛を感じる。

追記

寄生虫的な発想である増田の考えは確かにクソなのだと思う。

実際は旦那の夢を叶えるため、増田生活費を出して増田実家生活させているので、金銭的に寄生出来てない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん