「ハグ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ハグとは

2017-09-19

遅刻癖?

いつも遅刻してくるのは、私に会いたくないから?

デートの後さっさと帰そうとするのは、一緒にいたくないから?

こっちから仕掛けないとハグキスもしてくれないのは、私の事好きじゃないから?

すぐ不機嫌になるし、すぐ馬鹿にしてくるし、他人理由にして私を遠ざけるし、

やっぱり私のこと好きじゃないんだろうな~

もう別れちゃった方がいいのかな~

2017-09-17

性欲の拒否ってどうするの?

この間、道を聞いてきてから飲みに誘ってくる系ナンパ

をしてきた外国人に飲みを断って去ろうとしたら最後ディープキスされた。

あんたも受け入れてるじゃん。気持ちよかった?」って人に言われたんだけど、

気持ちいいわけねーだろ。

え、何?

みんなこういうのどうやって回避できるの?

避けられるの?

 

 

なんか7割ぐらい英語だったのでアホな私は何を言っているのかよくわからなかったし、

そもそもそんな深いキスをされるって想定外で(異文化交流ハグされると思った)

体格のいい男性日本人の平均身長平均体重である私が肩をガッシリホールドされたら無理だろ。

 

向こうは「キスをする!」って思ってるのに対して、

こっちは「なになになに!?」なんだ。

 

避けられるの?避けられるならどうすればよかったの???

 

 

他にも、「今日絶対にこの女とセックスする!」と強く決心してきた人の性欲とかも

どうやって逃げたらいいのかいつもわからない。

 

 

「困ります

「帰ります

と言って帰れるのが普通じゃん。

やらないのが普通じゃん。

 

なんか昔、泥酔させられて、

(あれはさせられた、と言っていい)

それでも意識はしっかり持ってたか終電で帰ると言い張って

電車乗ったんだけどついてきて、

さよならって言って電車のったら同じ電車のってきて

 

心配から家までついていく」

「困ります、帰れます

「じゃあ、俺の家いく?」

「困ります

「困るよね、だから君の家に行くよ」

 

会話成り立ってない。

 

駅について家バレるのもいやだったから、

「困ります。本当に一人で帰れるので」

心配から

「家は困ります

「じゃあホテルいく?」

もっと困ります

「だよね、じゃあ家に行く」

  

警察に連絡すればよかったのに、と人に言われたけど、

仲のいい先輩の知り合いとかだったし、

え、みんなはできるの???

って疑問。

 

私はあの時どうすればこの人帰ってくれたんだろう。

結局家までついてきて速攻でセックスして速攻で出して速攻で帰って行った。

この人は最初からセックス目的できてたのよ。

どう抗えといのだ。 

  

 

こっちは「無理です」「困る」「マジでない」「帰ります

と言ったら「わかりました、やめときましょう」と言われる想定で生きてるんだ。

それが普通でしょう?

 

私はどうすればよかったんだ。

2017-09-15

彼女が欲しい

彼氏はいらない!(ていうか出来ない。彼女なら出来るのかとか言わないで。ただの願望だから)

女の子といちゃいちゃしたい!

甘えたい!甘えて欲しい!

手繋いで買い物行きたい!

甘いもの食べに行きたい!

いっぱいハグしたい!

髪の匂いくんくんしたい!

女の子といちゃいちゃしたい!

2017-09-11

「直虎」の一考察~男女のバディ関係恋愛関係描写について

昨日酔っぱらった勢いで書いた事に意外とブクマがついていたので、

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20170910230205

調子に乗って今日寝不足な頭で直虎考察を書いてみる。

あくま個人の感想です

ドラマを見てない人にも分かるように書いたつもりだけどやっぱり分からんかも。勿論ネタバレ

「おんな城主直虎」の8/20放映分の33話は、「主人公の井伊家の女城主・直虎が、

幼馴染&家老であり、敵の罠にかかって反逆者として処刑される事になった小野但馬守政次を自ら刺し殺す」という

大河歴史に残る衝撃展開、神回と言われ、多くの(女性視聴者に「政次ロス」を引き起こし

大河では至上初の特定登場人物スポットを当てたサントラまで発売されて

売り切れ続出&オリコン一位を叩き出す、という社会現象引き起こした。

これは沢山の記事になったため(ネットだけではなく文春等でも取り上げられていた)

ドラマを見ていなくても知っている人も多いと思う。

でも記事だけではいまいち構図が分かりにくいので、その後のストーリーも交えて「直虎」の、主に男女関係描写考察してみる。

まず大前提として、実は「直虎は政次に対して恋愛感情は持っていない」んだよね。

直虎の恋の相手は、死んだ許婚である直親や、ふとした事で出会って協力関係になる盗賊団の頭・龍雲丸であって、政次ではない。

このドラマはやたら「バッグハグ」というシチュを使いたがるんだけど、

直親や龍雲丸にバッグハグされた直虎がドキド乙女モード全開になるのに対し、

政次の場合は何とも反応しない辺りが物語っている。

その辺を理解せず、「直虎と政次は恋愛関係」という前提で捉えていると、

昨日の36話の「直虎が井伊家再興を諦めて色々後始末をした後に龍雲丸と結婚する」という展開は

「お前恋人殺しておいて速攻で他の男に乗り換えるのかよ!」となる。

でもそうじゃない。直虎が恋愛相手として、男として好きなのは最初から龍雲丸の方であって、政次じゃない。

あくまであれは「何もかも失った女がこれから人生どうしようという所で、ずっと好きだった男に求婚されてそれを受けた」

「それまでずっと他人の為に生きていた女が、初めて自分幸せの為に生きようとした」、って話。

じゃあ直虎の政次に対する感情は何なんだよ、というと、

最初は幼馴染としての絆だったが、最終的には同士愛というべきものになっていたと思う。

井伊を守るという目的の元に一緒に戦う相棒、お互い尊敬し合い何もかも分かり合える相手安心して背中を預けられる相手、というか。

所謂バディとかブロマンスと言われるような関係(の男女版)。

そしてその相手たる政次が、恋愛相手である龍雲丸よりも、直虎の中で上位の存在として描かれている。

龍雲丸を家臣として召し抱えるかどうか、という話(23話)の時に、直虎は「政次の言う事に従う」という。

自分がやりたい事は強引に押し通す傾向にある直虎にしては珍しい行動だ。

直虎にとっては、超絶人手不足故に多少素性が怪しかろうが使える奴は家臣に加えたいモードな井伊にとって

龍雲丸は貴重な役立つ存在であり、勿論好きな男だから傍に置いておきたい本音もあるけれど、

隣国木材泥棒をした盗賊である龍雲丸を井伊の家臣にするという事は、井伊にとっては隣国にバレたら不和をもたらすリスクがある

(実際にバレそうになり、隣国領主近藤を騙して誤魔化している)ため、ここは政次の判断に任せる、という事だ。

まり「好きな男を傍に置きたい個人的欲望」より「政次による政治的現実的判断」を優先している。

(因みに政次は、リスクもあるし本音としては直虎の恋の相手である為気に食わない&直虎が恋愛脳で暴走しかねない不安もあるが

龍雲丸が役に立つ存在であるのは事実なため、家臣にする事を認める。んで龍雲丸の方から断られる)

ついでに、この「龍雲丸を庇う為に近藤を騙した」因縁が、近藤の恨みを招き、

後の近藤の罠によって政次が処刑される、という展開に繋がっている。

33話だけ見ると分かりにくい「何でこのモミアゲ(近藤)は政次をこんなに恨んでんの?」の答えがこれ。

この構図が分かりにくいなら、直虎と龍雲丸の性別をひっくり返せばいい。

片思い相手(女)がいるけど、それより大切な相棒(男)がいる男」という構図の物語は珍しくもない。それと同じこと。

「おんな城主直虎」は、普通は男同士で描かれる事が多いバディ的な関係を敢えて「女主人公で」「相手役は男で」描くと同時に

それとは別に主人公と他の男との恋愛も描くという、それが珍しくも面白いドラマだけども、

やはり「男女の強い結びつき」というと多くの人が「恋愛」としか考えないようで、色々誤解されている所が多いと思う。

因みに政次の方にも、直虎とは別に大切な女がいる。弟の妻であるなつがそうだ。

政次処刑前夜の32話、夫が戦死した後も「実家の奥山家と夫&政次の小野家の架け橋となるため」小野家に留まっていたなつは、

いつしか政次に惹かれるようになっていたが、その気持ちを押し殺したまま

その架け橋としての役割必要となくなったために小野家を出ていくと言い出す。

それに対し、その気持ちに気付いていた政次は「この戦が終わったら一緒にならぬか」という死亡フラグど真ん中台詞をなつに言い、

直後に近藤の罠にかかって処刑されることとなる。

現代価値観で考えれば「死んだ弟の妻と結婚」はドン引きだが、戦国時代別に珍しくない)

これも一部の視聴者からは「直虎を好きなはずだったのに別の女に乗り換えるのかよ!」と叩かれていたけれど、

あれも乗り換えとかそういうんじゃない、と思う。

もっとも政次の場合最初から一貫して政次を「男として」「恋愛相手として」は見ない直虎とは違って

直虎の事を「女として」「恋愛相手として」も好きだったのが伺えるし、

幼馴染の頃はそういう気持ちの方が強かったように思える。

でもいつしかその気持ちより、上記の同士愛的な愛の方が強まっていった。

直虎が城主になりたての頃は、「愛する女を危険晒したくない(何せ先代城主である直親が今川に殺されているわけで、城主の座は危険まりない)」一心

直虎に対して「城主を降りろ」と散々脅したり城主の座を奪い取ろうとしていた政次が、

最後に、直虎が「城主の座を降りて政次に譲ってもいい」と言い出した時には

直虎の城主としての実力を認め、とても自分がそれに成り代われるものではない、もう降りる事など許されないぞ、と言う。

そしてその直後に、政次はなつに上記の死亡フラグ立てプロポーズをする。

なつはそれに対し、「もうすぐ直虎の還俗が出来るようになる(=直虎が結婚出来るようになる)、

ずっと直虎と結婚たかったんだろうに、私でいいのか」と言う。当然の疑問だ。

それに対して政次はこう言う。

「殿をしている殿(直虎)が好きだ。幼い頃より、自由にのびのび振る舞うおとわ様(直虎の幼名)に憧れていた。

その気持ちは恐らく生涯変わる事はない。

でもそれとは全く違う気持ちとして、そなたには傍にいて欲しいと思う」と。

何だか分らんかもしれないが、つまりこういう事だ。

直虎は例え還俗しても、殿=城主を降りない限り結婚はできない。

城主となった直虎は幼い頃と変わらず色々と破天荒な事をして政次をやきもきさせるが、結果的に色々成功させている。

自分結婚する為に城主を辞めさせ、自分の妻として過ごさせるよりも、このまま城主である直虎を一生支えていきたい。

でもそれとは別の話として、なつと結婚して一緒に人生を歩んでいきたい、と。

仕事上の相棒の女と、夫婦として一緒に生きていきたい女は違う、という事だ。

馬鹿正直すぎて、なつにとっては酷な台詞でもある。

しかしなつは、そういう時は直虎の事はもう何とも思ってないと言うべき、と言いつつも

そういう、直虎の事が好きな政次が好きだから仕方ない、と言ってそれを受け入れる。(受け入れた途端に政次は死ぬんだけど)

そして直虎は、「自ら処刑場で槍を奪って政次を刺す」というまたもや破天荒な事をする。

これが結果的に「自分を騙した家老をそれほどまでに憎んでいる元城主」という構図を作り出し、

「政次=裏切り者家老、直虎=騙された被害者であると印象付ける。

政次は「これでこそ自分が好きなおとわ」と思った事だろう。

そんな直虎も、政次の死と共に城主としての輝きを失い、

結局何の策も取れるままに井伊家再興を諦める事となる。

直虎の師である南渓和尚が「政次が死んでしまえば、あれ(直虎)は死んでしまうからな。片翼では鳥は飛べぬ」と言った通り、

政次の死と共に、城主としての「直虎」は死んでしまった。

そして残った「平凡な女・おとわ」は、一農婦となって愛する男との平穏生活を選ぶ。

おんな城主直虎・完…となりそうな展開だが、まだ9月で残り14話あるんだからそうは行かない。

早速武田がやってきて井伊谷戦場になり、おとわと龍雲丸の平穏生活も壊される予定だ。

そしておとわはまた直虎として戦う事を選ぶんだろう。

それがどういう展開で行われるのか、そこに政次(の思い出)は絡むのか、それとも自力で復活するのか。

龍雲丸はどうするのか、いかにも死にそうな展開だが。

かつて直親や政次、それ以外とも沢山死に別れている故に、「自分と関わった者はろくな事にならない、自分は不吉な女子だ」という直虎に対して

同じように身近な人と何度も死に別れて自分だけ生き残る経験をしている龍雲丸は

「死に損なう事は得意だから自分あんたより先には死なない」と言った。

主人公とか絶対死なないであろうキャラが言うならいいが、大河オリキャラが言ったら死亡フラグです正直。

ここで

悲報】直虎さん、また大切な人を失くす(3年ぶり3度目)(というか父とか大祖父様とかも色々含めたら何度目だ)

という展開になったら流石に立ち直るのは厳しい気もするんだが。

この後に瀬名姫(家康正室の。このドラマでは直虎の唯一の女友達という設定)の処刑という史実もあるんだし。

2017-09-08

ゼリア新薬研修話題三宅進(ビジネスイノベーションシステム)の研修


初日に「俺はお前らの会社経営者から委託されてるから、俺の言葉経営者言葉と思って聞け。嫌なら会社を辞めろ。」と脅される

体操(ラジオ体操の変形)の完遂、営業十訓の暗記(ごく短時間で)を命じられる。「研修の修了には必要研修が修了できなかったら会社を辞めろ」と脅される

・何がなんでも大声を強要される。出さないと罵倒される

質問にはすぐに答える。答が解らなくて考えていると「何か言え」と罵倒される

・何も考えずに言うようになると失言する。その失言を捉えて人格否定する

・「帰れ」と言われるが帰ろうとすると周りのメンバーに「なぜ引き止めない」と罵倒する

・朝晩のスピーチでは自己否定させる。スピーチは大半の者が泣き始める

研修中に「羊」を見つけ、徹底的に罵倒する。周りのメンバーにも「なぜフォローしない」と罵倒する

・「羊」にするきっかけは些細なこと。少し反抗的な態度をとったとか、目をそらしたとか。

・最終日に体操と暗記の試験を行う

・上記の試験、「羊」はクリアしない

クリアしなくても、必死で頼み込めば再試験をする

・最終日、上司経営者サプライズ見学し「感動を演出」する

上司経営者が見守る中、「決意表明」という名のスピーチ。大声を出して感情を露わにしないとクリアしない

クリアしなくても、必死で頼み込めば再試験をする

研修終了後、途端にやさしくなり修了証書を渡すときにはハグまでして「感動を演出」する

・上記の内容は秘密にしてくれと言われる。ネタバレすると無意味だし、結局は残る内容もその程度だから

・得られたものは「こんなに厳しい研修クリアしたんだ」という達成感。しかし、日数が経てば薄れてしまうので「フォローアップ研修」も用意されている

2017-09-07

電車内で乗客女性キスブラジル人男性無罪 : 社会 : 読売新聞YOMIURI ONLINE

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170906-OYT1T50021.html

旦那ブラジル人なのでこれどーなのと聞いてみた。説明したとたんあり得ないでしょーとの事だった。ブラジル痴漢が多い国で、リオの地下鉄には女性専用車両もあるくらいで結構悩まされてる。ブラジル人も全員が全員気の強い人ではなく、泣き寝入りしてしまう人も多い。治安の悪いエリアだと他の乗客は分かっててもスルーしたりする事もある。

公衆面前ハグキスはまあよくあるけど、流石に下半身交流プライベート空間(カーニバルを除く)でがブラジルでも常識だし、件のブラジル人はやっぱりやり過ぎだと思う。日本人同士の行為だったら有罪ならこの人も有罪にすべきだと思う。

2017-09-05

キッスは一線を超えたとならないみたいだし

だれかハグ感覚でキッスさせて!

2017-09-04

同窓会

40歳中学同窓会があった。25年ぶりってことになる。

行ってた学校わりと大きな学校で、9クラスあった。それを考えるとごく一部の人しか来ていなかったのかな。100人はいなかったと思う。

半分くらいは、名前確認しないと全然分らない感じ。とくに女性は、すごく変わっていたひとが多くて、ぜんぜんわからなかった。

しかった。刺激にもなったし、邪なことや後ろめたいことからは、なるべく遠ざかろうと思った。

なんか、そう思った。

忘れていたこととかが、ぶわーーーてよみがえってくる感覚。あれはやばかったw。

びっくりするくらい金持ちになったやつとか、立派になったやつとかもいて、ふええええって感じだった。

なんか、頑張ろうって思えた。まだ続くなあ、人生。って。

高校に入ってから付き合うことになる元彼女もその場にいて、そのひとは、幼馴染でもあるんだけど、死ぬ前に会えてよかった。

なんでこんなに疎遠になったのかわからいくらい、仲が良かった(はず)。

SNSあるし、そのひとのアカウントも知っていたけど、特にアクションしなかった。

結婚していて、こどもがいるってことも何となく知っていた。

僕の方も、15年前に結婚して、3人のこどもがいる。すごくいい人と結婚できて、こどもたちもかわいい。すごく幸せ

二次会が終わって、もうそろそろ帰らなくちゃって時間になっていた。酔って、頭も痛かった。

三次会までの合間に、そのひとと、お茶を飲みに、会場を出た。

時間にして、30分もないくらいだけど、話ができて良かった。

家族きょうだいのような感覚だった。

とちゅうで、「ずっと気になってたよ」って言われたら、涙出そうになった。でてたかも。自分で言っといて、自分で泣いてた、そのひと。

こっちだって、そうだった。ずっと気になってた。

店を出て、幹事だったそのひとは、会場に戻ると言っていた。

うまく言えないことはたくさんあったけど、

「会えてよかった」「これからもずっと気にしてる」って伝えた。軽いハグを何度かして、わかれた。

連絡先の交換は、しなかった。ふつうに連絡取りあうような仲にはなりたくなかったし、

報告し合うことなんてない。

わかれて、駅にむかう道すがら、涙がでてとまらない。真顔なのに、涙がどんどんでてくる。

通り過ぎるカラオケ屋の前で、部屋待ちして騒いでいる酔っ払いが、「えっ?」て真顔になるくらい、泣いていた。

オーバーだし、overになってしまうけど、“いつか町で偶然出会っても、今以上に”お互いに素敵になっていられるように、

いつでもバッタリと胸張って会えるように、しておきたいなあと思ったのでした。

同窓会が、こないだの土曜日

自分では隠しているつもりだけど、ぜったい隠せてない微妙な何かを感じ取っているのに、

いつもと変わらず、接してくれる奥さんにすごく感謝していますありがとう

2017-09-01

https://anond.hatelabo.jp/20170901182730

救いのない映画を例に挙げて、糞アニメ募集する、というのがチグハグなんだな

クソアニメ=救いのないアニメという意味で言ってるのか、よくわからん

2017-08-31

ジャズ暴力事件世界的奏者のコメントから

世界的奏者 R氏のコメントより抜粋(邦訳)

『あの子どもは私の若い頃に良く似ている。朝から晩まで練習に明け暮れ本番でも熱が JAZZ を暴れさせる。日本JAZZは分からないが、即興性はJAZZの魂と私は信じている。それは守るべきもの。
 
ただ、JAZZは一人ではできないということを君には伝えたい(子どもプレイヤーへのメッセージ)。ステージに立ったらどんなに小さくてもプロだと思いなさい。プロの奏者は人の意見には耳を貸す必要はない。その代わり良い音楽提供する責任がある。自分について来れる仲間を探すか、自分が周りのレベルに合わせるか考えなさい。日本になければ世界に来なさい。世界を君のもとに呼びたいならyoutubeで実力を示しなさい。私も時々見ているよ。

私がもし君だったら...?
はは、やり返して君のように手でも足でも使ってJAZZを繋げようとしただろうね。Come on! Hey, anytime it's OK!ってキューは送るね。周りが乗ってきたら最高のJAZZセッションになっただろうね。

そして指導者であるMr.Hino もまた良きプレーヤーだと思っている。忘れてしまったのかは分からないが、我々は人を打つのではなく、人の心を打つパフォーマンスをすべきと信じている。おこがましいかもしれないが、一旦指導を退きプレーヤーとしての初心に帰れと言いたい。同じ世界プレーヤーとしてね。

もし私が指導者立場だったら...?
一発はやっちゃうかもね。でも二発目は絶対にない。反抗は“意思”だからプレーヤーが本気ならJAZZ中の強い意思は理性や暴力では決して止められない。むしろ生かすべきだ。

映画Whiplash(邦題:セッション)」(2014)ではないが、二度目は拳でなく暖かいハグをして一旦手を止めさせ、愛情を伝え、アイコンタクトドラムスタートの合図。three, four...でセッション開始。なぜ練習通りにやる必要がある? 私の知るJAZZクラシック音楽ではない。あなた方のJAZZがもし練習通り、楽譜通りならばそれは形だけであって、JAZZを名乗らないよう願いたい。

Mr.Hino, 気を落とさないでkeep going! また今度Japanese sakeでも飲みましょう。』

海外音楽サイトより抜粋邦訳

2017-08-23

マクデリシャス・オヴ・ドナルディスムスからメッセージ

戦士は剣を手に取り、胸に一つの石を抱く・・・

マク=ダーナルは、降誕《ヴァース》さ被るすべてのお客様に、いつでも最高の人間らしい食事作型番を提供する「アギト」を目指していたとはな。大いなるためには、閉ざされし内にある現実――お前が望むのなら、何度でも最高のサービスを神を騙る者どもに継承・・・、そして-幻想-の中で朽ち果て必要あります。かつての戦乱の時代、我々の一味マクドナルド=フォルケンへのウォキャクサ=メィ甲の期待はますますハグハグしています。その力はメニュ—やサービスのみでは……そして、帝国の野望を阻止することもなく、食材がどこから調達されている…(──だが、こいつは──!)のか、その召喚の際にはどのような品質オプティマイズを経て宿るのか、その神の庇護下で甘美なる誘い食罪≪ギルティ≫をウォキャクサメィでも五本の指に入る実力者にお召し上がりいただく…歴史人間の手に取り戻すためッに、社員クルーに対して───ここからが隠されし真実───てどのようなキョウインク~不可視世界を抱えて~を存分に味わって宿るのか、また、マクドナルドはどのようにヨハンネスエリア・オブ・フォーチュン社会に貢献して在る…………かつてはそう幻想〈おも〉っていた…………のかの如く、多岐にわたります。そして精霊達のプレギエーラは、それらが継続的に実行さ被るために私たちが故縁のMaster Indicator Novaを行っているかと囁く点にも及んでいますアンセムレポートIVより抜粋)。これらのすべてのマナお客様のマク=ダーナルに対する認識や来店いただける不浄の炎が魔を灼き尽くすキッカケ・ザ・ダークエペラーになり、マクドナルド事業オプティマ社会的神殺し贖罪貴公は本懐を遂げる胎動は、相互依存の穢れにあります

しかし、それだけではありません。私どもは責任感を持ち、良きカンパニー市民存在を維持していることが重要である…だが、そのうちの一つは“今”消えると思考《かんが》えていますアンセムレポートIVより抜粋)。それ、そして背後に蠢く“闇”こそが、私どもの存在価値帝国アイテムでここにあり、私の一味であり続けるために…伝説によれば……必要なこと、いや…あるいは“刃の牢獄”なのです。

フード“商品――存在レベル管理)共に光と闇を掲げしソーシング原材料召喚):

食糧《エサ》性行為を新約して宿るカンパニーにとって、食の安全およびアンシンダークエンドファイアは最もこの戦いのカギな神殺し贖罪、─混沌カオス>に還る。。HNML構成員として日々HNMと戦う私たちは購入可能アイテム農場=ヴァルトシフト、つまり光と闇の両側の世界からお客様の手に渡る、世界が光へと導かれるまでの始まり有りて終わり行く旅工程におけるオプティマを確実にする…そう、すべてはクリスタルのために、卓越したサプライチェーン環裏魔導システムの開発をサプライヤーマジックバーストして新約してい、しかし、むしろこれを進化過程と歓迎するものもいた・・・

ピープル、その裏にある真実(…これが帝国の……従業士…噂には聞いていたが、これ程とはな……):

破滅へ向かう禁断の聖域はピープルビジネスであり、「人†は新世界の神の一味の秘密裏取引の基盤です。多様性のある帝位を狙う黒祈祷師チームとしてシステムさせてもらうとしよう組織づくり、『能力者』育成およびワークライフバランスを促進作為職場サーカムスタンス提供などに常に努めています

コ・ミュニティ・ザ・ロストワールド(…これが帝国の……社会貢献):

新世界の神たちにアッサイ幾星霜のものを与えてくださる地域、別名“銀のリンゴ社会還元する破壊神の名を持つ魔槍ことが、重要と考えています、いつの日か世界を救うと信じて――。この«内なる聖霊の囁き»が社会インフラ地域住民エトロの民にとって、より強力な祝福がほどこされた上質のものと刻むためのプログラム設立や推進など私の一味がヴィラー社会に尽力して在る…………かつてはそう幻想〈おも〉っていた…………理由その輝き全てがお前の力だ――事象素体アロン・グレッダ》を殲滅せよ。

プラネット(…ふむ、サーカムスタンス…だったな):

サーカムスタンスへの上品対応は、この社会構築実験サイトEでゲームプレイし……、世界に光を取り戻す帝国では知らない者はいない私たちすべてが取り組む業〈カルマ〉を有す社会的課題なのだから──ッ!!!。メィクドゥナ=ルドゥインペールでは、全知全能の統治者システムの利点を活かし、エネルギー効率化、ダークマテリアパージなど、環境負荷の影響を最小限に・・・、そして-幻想-の中で朽ち果てる…これも貴方のための店舗作戦ミッション)の真理の理と『刻印』に継続的に取り組んでいながら闇に還るだろう。

ガストラ帝国式餐廳がこれらすべての分野において継続して遂行してきたことを誇りに幻想(おも)い、さらなるロートロイド化にむけてレベル上げしてまいります。吾とその眷属精霊からの心の鎖とロイヤリティを築き、あのクラウドの追っかけ記者をしている私どもの事業プレイゾンビングしまさに本物の竜である将来クリスタルの導きのもとに…の成長(レアドロップ:すす)を目指すうえで、シャクァインテ=キ責任を果たし続けるゲゼルシャフトであること、…きっと、何度だって社会殉教<サヴダージ>活動を行う真理<ファティマ>は、その拳一つで大義のためなら何をしたって許されることである…だが、そのうちの一つは…“今”消える…それが人間の『闇』だからと囁くだけでなく、私とその眷属が預言書の導くままジッコウすべきノブレス・オブリージュで光の中…と«内なる聖霊の囁き»ています──たとえこ世界が滅びることになろうとも。

選ばれし者取締役社長CEO

サラマンドラ L.カサノバと“炎熱劫火の魔弾”

・・・それは、運命の中心(CORE)へと向かう三人の青年と一人の少女物語・・・

2017-08-22

https://anond.hatelabo.jp/20170822012541

詳細ありがとう

まさに奇跡的な話だね。

しかも、ずっとよいと思っていた(=尊敬していた)人から言われるのって、最も幸福感あふれるケースではないだろうか。

「この人と永遠に添い遂げよう」くらい感じているのではないだろうか。

貴殿の言うような奇跡が起こったならば、自分存在価値を実感できそうだよ。

過去、気になっていた異性からディタッチ、ハグ、その他種々の「告白OKサイン」が多々ある状況で勇気をもって告白したら、「舞い上がっちゃってバカじゃないの?」的な返しをされ、ひどく傷ついたことがあった。

また別のところでは、気になっていた異性をデートに誘い、一度目はかわされ、しばらくたってから二度目の声を掛けただけで「つきまとい」呼ばわりされ、傷ついた。

(念のため断っておくがそもそも「つきまとい」と言えるほどに接触できる機会も時間も多くなかった)

いずれも20代の頃の話である

自分の中でトラウマになっているような気がしてならない。

貴殿の言うような奇跡が起こったとしても、貴殿のように「優しい言葉は疑わずに受け取ろう」ということができるかどうか、そこからまず自信が持てない。

なによりもまず↑な目に遭うことだけは避けなければと、頑なな自己防衛体勢に入りそうで…。

2017-08-19

友達バンドをやってる

ライブチケットをタダで配って、お客さんに来てもらってる。

から赤字

 

でも、私たちバンド応援したいというおじさんがいて、赤字分はそのおじさんに負担してもらってる。

 

最初のころは「こんなにお金だしてもらって大丈夫?」「ぜったい下心あるよ」「やばい」みたいな話してたけど、メンバーの一人が「お金を出したいなら出してもらおうよw」と言い出して、負担してもらうことになった。

なにか見返りが必要とか、そういう話はなしで「ノルマ分のチケット代を出すからライブをやって。ライブが見たい」という話だったし。

その流れで、練習場所を確保してもらったり、ライブ用の衣装代も出してもらったりもした。

 

それでどうなったかというとバンドムードはよくなった。

以前はライブの回数は少なくて活動間延びしてたけど、頻繁にやるようになったらいい意味で緊張感がでて熱心に練習するようになった。

メンバーが集まると、ライブがどうしたら盛り上がるかとか、演奏の話しばかりしてる。

お客さんも増えた。ライブときの反応もいい。

お客さんの反応がよくなって、メンバーはそれに刺激されてバンド活動に熱心になってという好循環になってる。

 

そういうふうに、いい感じだったんだけど、最近おじさんから私に好意があるというメールが送ってくるようになった。

ほかのメンバーの見えないところで手を握ったりハグしたり、みたいなことしてくるようになった。

 

もし、ほかのメンバー相談したら、カンカンに怒って、おじさんをすぐ絶交にすると思う。

だけどそうなったら自分たち活動費用をださないといけない。

みんなで分担したら出せない額ではないけど、そうなるとモチベーション的に今のレベルの活発なバンド活動は維持できないような気がする。

 

私たちチケットをタダにしないと見に来てもらえないレベルバンドだけど、タダでも客に来てもらえないバンドも多いし、延べで月50人も来てもらえる自分たちレベル高いほうだと思っている。

私自身もかなりバンドにハマってる。はてな風に言うと承認欲求が満たせて気持ちがいい。高揚感がある。

ここで尻すぼみになるのは惜しい気分になってる。

 

おじさんのセクハラは、私が我慢すればいいことだし、ほかのメンバーには黙っておくべきか。

私が騒いだせいで、いまのバンド状態が壊れるのは嫌だし。

 

ももともと友達とワイワイするのが楽しいというだけで始めたバンドで、おじさんを切っても元の状態に戻るだけだし、我慢してまで続けるようなことなのかという思いもある。

シャフトファンが求めるようなアニメらしい過剰ともいえる演技の代わりに映画的な控えめの演技が用意されていること

邦画ファンにはシャフト肉感的な描写世界観描写オタク的すぎて拒否感があること

君の名は。を期待する人たちにとって岩井俊二の描いたキャラクターストーリーが暗く重い、あるいは痛々しさを感じすぎてしまうこと

ここらへんが酷評理由だと感じました

かといってチグハグなつくりの映画というわけではなく、きちんとまとまりのある作品だったと私は思います

物語の改変部分も、原作を知っている身からするとギョッとする部分もありましたが、アニメ表現するならばこうするべきといった解に辿り着いているような確からしさを感じさせるものでした

絵もよく、台詞回しもよく、音楽もよい

雰囲気があって好ましい

岩井映画ファン自分としてはたいへん満足しました

2017-08-14

奢ってもらったら、お礼に抱かれなきゃダメなの?

就職活動をしていたとき、ある企業のお偉いさんと出会った。

界隈ではちょっとした有名人みたいだった。


一人飲みをするのは知らない隣人とのお話が好きだったからで、その人に就活のこととか私自身のことを聞かれたのでしゃべっていた。

そうしたら興味をもってくれたみたいで、ちょくちょくサシで飲むようになった。全部おごってくれるので、貧乏大学生からするとありがたかった。


ある晩「就活がうまくいかない」みたいな話をしていたら、

「俺はお前をうちの会社には入れないからな、自分でがんばれよ」

と言われた。でも別の業種に行きたかったのでスルーしてた。


結局、会社は違えどお偉いさんと同業種の仕事に就くことになった。

職人気質というか、上を見て学んでいくような業界だったので、先輩として色々気にしてくれて、たまに飲んでた。


といっても大体お偉いさんの話を聞く会みたいな感じで、ちょっと面倒だったけど飲食代が浮くし、仕事関係の本を譲ってくれることもあったのでありがたく参加してた。


すると「お前の会社ダメだ。うちに入れてやる」と言われるようになった。

正直嬉しかったんだけど、その気持ちがありがたいです、と言って本気にしていなかった。


それと同時期にハグキスを求められるようになった。

飲むと気分が良くなるタイプおっちゃんなので軽く流してはいたけど、ある時あまりにもしつこかったので一度キスをした。


すると三軒目のバーで飲んでいたとき、スッとパンツの中に手を突っ込んできた。

もうマジで硬直。パニックになると体が動かないもんだね。呆然としてたら、


若いうちは自分犠牲にして色々するもんだぞ。お前はそこで『やめてください』って言わないからいい」


って言われた。つまり若いうちは年長者のされるがままでいろ、と。

お酒ごはんをおごってくれるのも、「うちの会社に入れてやる」といったのも、全部ヤりたいだけなんだなって思った。あと「会社入れてやるって言えば抱ける」って思われてたのがショック通り越して面白かった。


以降お偉いさんからの連絡を全無視していたけど、

「この間は本当にごめん」

「もうしないから」

「謝りたいから飲んでほしい」

と言われたので、飲みに行った。

謝られたので「いいですよ」と言ってお酒を飲んでた。

でもまた三軒目のお店でパンツの中に手を突っ込まれた。拒否すればいいじゃんって思うかもだけど、意外と入っていくのを見ているしかできないものだった。頭のなかでは、


地元だし、ここで騒ぐと今後生しづらいな」

「いままで奢ってもらってたしな」


とか思って、動けなかった。この人はこういうことを一生辞めないんだろうな、って思った。


いまでもこのお偉いさんからたまに「仕事を回したい」「前に渡した本、やっぱり返して」「そしてまた飲もう」という連絡が来る。返すべきものは郵送で返してもう会ってないし、地元から引っ越した。


トラウマ過ぎて最近やっとまともにこの記憶と向き合えるようになった。


仮に私がお偉いさんの会社死ぬほど入りたかったら、たぶん言いなりになって、最終的には寝てたと思う。


たからって内定約束されるわけじゃないけど、藁にもすがる思いでお偉いさんに抱かれる大学生ってのは、一定数いると思う。


だとしても、目上の人間が目下の人間に奢るのって「俺が払ってるんだから、こいつのことは好きにしていい」ってことなんだろうか。お礼に抱かれなきゃいかんのだろうか。

2017-08-12

Aセクシャルの人に10年間片思いした話。  

相手迷惑ををかけたくないので身バレ防止にいろいろフェイクは入れるけれど、出来事体験に関してはなるべく正直に気持ちを書こうと思う。


 私はいま25歳だ。地方田舎で育った。相手幼稚園からの幼馴染だった。漫画みたいな幼馴染じゃないけれど、地元友達で、幼稚園小学校中学校と一緒だったし、小学生ときにはよく一緒に公園とかで鬼ごっこかくれんぼをした。中学に入ってからは、もともとお互いに漫画アニメが好きで、本の貸し借りをしてライトノベル時雨沢恵一の「アリソン」とか「涼宮ハルヒ」とか)というものを私が教えてもらったりもして、まだそういうオタ趣味学校でおおっぴらにできない時代だったのもあって、よく話すようになった。それで、なんでか覚えてないけれど、気になりだして、気が付いたら好きになってた。中3の時にはがんばって同じく一緒に好きだったバンプライブに誘って一緒に初ライブに行ったりもした。相手は異性の友達はどちらかといえば苦手そうにしていたけれど、その中でいちばん仲のいい異性になることができた。

 中学卒業したら高校別になることはわかっていたから、とにかく気持ちを伝えたくて彼の受験が終わったタイミング告白した。どうなるかも深く考えないまま、共通友達うまいこと呼び出してもらって、小さいこからよく遊んだ公園気持ちを伝えた。ずいぶん長い沈黙があって、そのあとの断りのセリフは「ごめん、恋とか愛とかがよくわからない。人をうまく信頼できないんだ。増田がきらいとかじゃないんだけれど、そういうことがどうしてもできない」というものだった。彼は少し泣いていた。話そうか迷って、きちんと誠実に断るために探してくれた言葉だと、今ならわかる。その誠実さがすごく尊いもののように見えて、おおげさに言うならすごくきれいに思えて、区切りをつけるとかは吹き飛んで、余計に好きになってしまっていた。そのカミングアウトの内容そのものに惹かれてしまった部分もやはりあったと思う(今考えると業が深い……)。

「でも、そんな風に想ってくれる人がいると思うと、なんだかうれしい」という言葉本心からのものか、それとも彼のやさしさだったのかは、いまだにわからない。

 けれど、当時の私の思考回路はひどく短絡的で、「だったら、彼に信頼してもらえるようになればいいんだ」というものだった。そういうわけで、違う高校に進学したわけだけれど、中学時代グループの集まりを定期的に企画したり、高校部活人間関係の悩みとかの相談積極的に乗ったり、ガラケーメールぽちぽち打ったりした。今考えても涙ぐましいし、ムダに行動力ありすぎた。相手性格を考えるとちょっとやりすぎな面もあったけれど、そんな重いエゴまで含めて本気の恋だった。彼のことを考えない日は嘘偽りなく一日だってなかった。それが空回りしている自覚もあったし、全然そういう目で見てくれている様子がないこともわかっていたけれど、思い続ければいつかは、なんて甘い幻想も同時に持っていた。

 結局、高校3年の終わりに中学時代地元グループ卒業旅行に行って(もちろん企画からすべて私が幹事をした)、そこでまた告白したけれど、まったく同じ断り方をされて撃沈した。今度こそもうダメだなって思って、おしまいハグをしたらちょっとびっくりされたけれど、手を背中に回してポンポン、と叩きながら「ごめんね」と言ってくれた。 今にして思い出すと、これはすごく、彼にとってきつかったかもしれない。

 大学は私が都会の大学に行ったので、地元グループとも帰省したときくらいしか会わなくなった。大学では初めての恋人ができたり、他にも普通大学生らしいことをいろいろ経験したし、様々な恋愛関係する感情を味わった。彼のことはあきらめて気持ち封印してはいたけれど、それでも常にずっと心の中では彼のことをいちばんのところに置いていた。このころになると、ずっと片思いをしているということが完璧に美化されていた。

 そうして、アセクシャルAセクシャル)という言葉を初めて知ったのも大学時代だった。知った時、真っ先に彼のことを思い浮かべた。

 大学卒業して、Uターンで地元に帰ってきた。久しぶりに地元特に仲のいい何人かと再び会うようになった。ある時、彼の親友的な人と話していたら「増田さん、中高のとき彼のこと好きだったでしょ」と真正から指摘されて、封印していた気持ちが解けてしまった。4年間蓋をしていたものが、びっくりするくらいあふれてきた。その親友が「だんだん結婚とかも皆考え始めるような歳になっているのに、そういう話題が彼にあまりにもないか増田さんをあてがってやろうかと思って」と言うのでこれに甘えて利用して、彼と遊んだデートしたりした。お互いにいろいろ話すけれど、でもやっぱりこれまでと同じく恋愛的な意味での全然手ごたえは何もなかった。それと並行して。やはりAセクの件があったので、その親友に彼はAセクなのではないか相談した。親友氏にも思うところはあったようで、何度かそれについて議論もした。

 複数回デートらしきものをして、どちらにせよこの恋はだめだと思い知らされたので、結局過去と同じように自分気持ち区切りをつけるために告白をした。Aセクの件もあったから、一応相手負担にならないようにというつもりで、その当時でできる限りの気遣い自分の率直な気持ちとを文章化して手紙として渡した。後で読んでと言ったのに彼はその場できちんと読んでくれた。そして返事の代わりに、件の親友名前を出して「こないだ、Aセクシャルっていうのを教えてもらって、自分でもいろいろ調べて読んでるうちに、読めば読むほど『そうだ、これだったんだ』とわかって涙が出てきた。他人を愛することができない自分は、どこか明らかにおかしい、欠けた人間だって思っていたから、すごく安心したんだ」と教えてくれた。

私にはそれを受け入れるしかなかったし、何よりも泣きそうな顔だけど解放されたみたいなすっきりした様子の彼を見てうれしかったのも事実だった。

 私と親友氏とで「一応、Aセクであるとすぐに決めつけすぎないほうがいい」と伝えておいたものの、十中八九彼はそうなのだと思うし、少なくとも今現在彼の自覚Aセクということになっている。


 ここからあとは、私一人の話。

 私にとって、彼はまさに青春のものだった。そう思い込んで美化してきたところや、一途な自分片思いに酔っていたところ、そのエゴに時折死ぬほど自己嫌悪したところ、醜いとこや酸っぱいところも、些細なことでめちゃくちゃ幸せな瞬間も、ぜんぶぜんぶひっくるめて、いま大人になった私を作っている大切なものだ。詳しくは書かないけれど、彼を好きにならなければ私の人生はぜんぜんつまらない方に変わっていたはずだと思う。たとえ片思いでも、幸せだったし、幸せをくれたと思う。恋愛ってそういうところがあると、私は思う。

 ただ、そんな恋愛を、彼はしない。そういう感覚を彼はおそらく持たない。今後一切、恋愛から何かを得ることはない。

 このことを、私はどのように整理したらいいのだろうか。

 恋愛はすばらしい。いろんなドラマ物語においても恋愛至上主義圧倒的多数な世の中で、人々はそんなフィクションを見て、やはり恋愛はすばらしいものだと思う。誰しもが人に恋をして人を愛するのだと信じ込む。そう刷り込まれた?私の観念はとても硬い。

 では、他人を愛さない人は、すばらしいものが欠けているのだろうか。人生のなにかしらを失っているのだろうか。彼はおかしいのだろうか。

 断じて違うと、私は確信している。でも、それは私の中の固定観念矛盾している気がする。

 私にとって恋愛のない人生は、ずいぶんパサパサとした無味乾燥もののように思えてしまう。彼がAセクである自覚を得た日以来、失恋による大きな胸の空洞がつらいし、今まできれいに思えたものがきれいに思えなかったりする(感覚がにぶっている感じがする)。彼を好きだったとき世界の見え方はとても色鮮やかだったのに。

 気が付いたら私は25歳で、中学卒業してから10年が経とうとしていて、10年前のあのころキラキラした感覚がいろんな意味で信じられなくなってきている。恋愛しか得られない感覚があると信じているくせに、彼のことがあって今の世の中における恋愛絶対性について疑ってもいる。人間幸せの形ってもっともっと多様だと思いたいのに、自分経験がその価値観に異を唱えてくる。

 こんなことを考えていると、結局彼と私とではとんでもない隔たりがあったのかなとか考えてしまって、今でも少し凹む。



 自分の中でもいまだに結論がでていないせいで最後何を言いたかたかよくわからなくなってしまった。こんな深夜に書きなぐった読みづらい長文を読んでくださって、ありがとうございます。なんでもいいのでみなさんの意見を聞いてみたいです。ちなみに私がちょっとヤバいのは承知です。

2017-08-10

都会で生きていける気がしない

電車不特定多数の男女とハグしながら移動するとか無理。

2017-08-07

数年越しの学び

当たり前っちゃ当たり前なんだけど、軽い気持ち仕事関係の人を口説いたり、性的関係を結ぼうとしないほうが良い。

数年前の話。

案件終了後の打ち上げがあり、仕事関係者複数人居酒屋で飲んだあと、電車の方向が同じ男性と一緒に電車に乗り込んだ。

当時、自分20代前半で相手は30代中盤だったと思う。

相手は某広告代理店、私はその下請け制作会社にいた。

相手は酔ってたんだと思うが、人がそこそこ乗っている23時台の電車

「ずっと好きだと思ってた」からまり「◯◯◯(地名)で降りてホテル行こうよ」「どんなセッ◯スが好き?」などとセクハラ発言連発。

おかしいなと思いながらも適当スルーしていた。

しまいには手を握られたり、耳をさわられたり、ハグしようとしてきたのでさすがに恐怖を感じ、最寄駅ではない駅で降りてタクシーに乗って帰った。

その後、自分自身転職が決まっていたこともあり、特にセクハラとかで報告はしなかった。

当時の勤務先はほとんど男性社員だったので、他の社員が同様の被害に遭う可能性が限りなく低かったため。

最近の話。

お互い転職しており、会社名と苗字を見ただけではわからなかったけど、プロジェクト開始時のキックオフで思わぬ形で再会した。

相手の顔がめちゃくちゃ引きつってた。私もすごくびっくりして気まずかった。

自分上司には何かあったときのために過去にあったことをこっそり共有しておいた。とはい業務には直接関係ないのでプロジェクトを進めた。

進めているうちに相手側に徐々に不在が増え、ついには連絡が途絶えてしまった。

向こうの会社の他のスタッフ確認したら、会社に何日も来ていないとのこと。

真面目にお付き合いする(お付き合いしたい)のであれば仕事きっかけの恋愛でも全く問題ないと思うが、

軽はずみに口説いたり性の対象にするのは違うし、やったことは自分に返ってくるよねっていう数年越しの学び。

2017-08-04

[] #32-2「数奇なる英雄 リダイア」

どうしても後一歩というところで完成に届かない。

やはり問題リダイアに関する情報の真偽、その取捨選択ではあるが、グループ内で意見が分かれるのも混迷の一因だ。

「やっぱり、こっちの文献に書かれたことが嘘なんじゃないかな。こっちに書かれたリダイアの容姿は、青年くらい。この時点で青年だとすると、40年後の彼はもう老人だ」

「こっちの文献にはリダイアの容姿について書かれていないから、矛盾はしないだろ」

活躍の内容が問題なんだよ。スーパーアスリート並の身体能力で敵を蹴散らしたことになっちゃうんだ。ましてや人間平均寿命が今より遥かに低かった時代だ。なおさら有り得ない」

「だが、そっちの文献は伝聞をもとに書かれた手記だろ。正確性に欠けるんじゃないか?」

「そんなこといったら、あっちの文献はリダイアと敵対する勢力が書いたものだろ。偏見が混じっている可能性がある」

こんな調子だ。


「というか、リダイアはこの町では建築家として名を馳せたんだよね。こっちの方だと天下無双の猛将ってことになるんだけど、どうもイメージが湧かないんだよなあ」

医者として多くの命を救ったと書かれてるな、こっちは」

うーん、この文献にはアマゾン集落ヤマト魂を発揮したとか書かれているのが謎過ぎるな」

もう一つ厄介だったのが、リダイアに対するイメージメンバーそれぞれで異なっていたことだ。

歴史的英雄というものは、ある意味でそれを見た人間理想という側面もある。

リダイアという英雄はそんなこと言わない、そんなことをしない、この主観判断を鈍らせることもある。

文献をまとめるのに苦労した理由は、そういったメンバー間での価値観の違いによるところも大きかった。

こうして制作が滞っている割に、議論だけは白熱している状態が1時間ほど続いた。

沈黙を貫いていた俺もさすがに痺れを切らした。

「みんな、議論はここまでだ。意見を一致させるだなんてことが、そもそも無理だったんだ」

「けどさ……このままじゃ内容がチグハグなっちゃうよ」

方法はある」

そう、方法はあるのだ。

当然、俺がその方法を今まで提示しなかったのは相応の理由があるからなのだが。

しかし、このままじゃ判定すら貰えないかもしれないので、背に腹は変えられない。

「具体的にはどうするんだ。そもそも情報の真偽を判断できず、取捨選択に苦慮しているから進まないのに」

「ああ、そうだな。だから考え方をシフトしよう」

シフトって、どういう風に?」

発想の転換さ。取捨選択が困難なら、取捨選択なんてしなければいい」

「……はあ?」

三人は全く同じ調子で、同時にそう声を発した。

そういうところだけは一致するんだな。

(#32-3へ続く)

2017-07-29

モテない過去をバネに整形 ついに居酒屋ナンパされ…

(千尋さん=仮名23歳・販売員)

私は高校生の頃から「顔の偏差値30のブスギャル」と呼ばれ、男性には相手にされませんでした。

成人してから処女を捨てようと焦り、飲み歩いて泥酔しながら、さまざまな男に声をかけまくったけど、常に逃げられて…。

21歳の誕生日、私は実家の畑で取れたナス処女を捧げました。この虚しさと悔しさをバネに、お金を貯めて22歳で上京カリスマ整形外科医に目、鼻、胸を手術してもらい、まるで別人に変身したんです。

自分で言うのもおかしいですが、顔の偏差値は65くらいに上がったでしょう。その証拠に、都内居酒屋で1人飲みしていると、必ずこっちをいろんな男性がチラ見します。

Bカップだった胸をDに変えただけで視線がチラチラ胸に落ち、ヤリタイ光線を出している多数の男から可愛いね」と言われました。

昔は酔って相手に寄りかかると急によけられて倒れましたが、今は頼まなくてもハグされたり、髪を撫でられたりします。

容姿がよくなると、男はこんなに変わるものなんですね。ある晩、私は勇気を出して、カウンターの隣に座ってきた男と意気投合し、「あなたをお持ち帰りしようかしら」と上目遣いで言ってみました。

はい、喜んで!」

こんな出来すぎた展開に戸惑いながらも、自宅アパートに連れ込んだんです。彼は整形顔を見抜けず、有頂天になっているのが分かりました。

「ああっ、美女パンツはやはりいい香りだ!」

彼はクンクンとショーツの香りを嗅いで勃起し、「オッパイ大きいね」と褒めながら胸をたっぷり味わうように揉んだ後、クンニまでしました。

クリトリスを舐められるとあまりに感じて「あんあん」と我慢してもエッチな声が漏れちゃった。

続いて、グチョグチョに濡れたアソコに硬くなったペニスが入ってきました。

最初は頭だけ挿れて動きが止まったので、「ダメよ。奥まで欲しいの」と催促し、自ら腰を振ります

「ほら、一つになったよ」

根本まで挿入されたときナスよりずっと気持ちよくて、「ああん、イクゥ」と叫びながら昇天しました。

彼とはエッチの相性がよく、会うたびにイキまくり。将来は結婚も考えてくれているので、早めに昔の写真処分しないと…。

(書き手・奈倉清孝)

http://wjn.jp/article/detail/4011983/

2017-07-25

恋人うつになりまして

タイトルは某映画から拝借しました。

恋人が鬱になって会社休職することになったらしい。

最近元気がないな、とはなんとなく感じてた。

いつもは弱音をはかないし、会社のこともあまり言わのにそれを伝えてくれるってことは、それだけしんどいんだと思った。

でも、まさか休職するくらい深刻だったなんて気付けていなかった。

実はわたしも前うつになって、薬の副作用とかで相当しんどかった。

副作用吐き気はひどいし、動けない、食欲もないし、勝手に涙はでてくるし。

のしんどさを恋人体験するのかと思うと、つらい。

実はもうすぐ入籍予定で、負担にならないように延期した方がいいのかなぁとも思った。

でも、延期はやめた。

延期したら恋人自分のせいだって思っちゃうかもしれない。

それに2人暮らしなら、私がちゃんと働いてれば恋人が休んでたって生活できる。

なんなら仕事もやめてしまえば良いと思ってる。

でも延期をやめようと思った一番の理由は、そばに支える人がいた方が良いと思ったから。

鬱の間は、自分は一人だ、孤独だって思っちゃう

から、せめて一緒に暮らして一緒にごはん食べて、大好き!ってハグして、一人じゃないよって伝えたい。

仕事より身体が大切だから、笑っていて欲しいから。

自分も鬱を経験していたから、どんな状態かはなんとなく分かる。

から恋人が鬱になったって知って、先に自分が鬱を患っていて良かったと思った。

わたしが鬱の時に恋人はたくさん支えてくれたから、今度はわたしの番。

休職の間は休むのがお仕事から、精一杯だらだら過ごして欲しい。

無理はしない、むずかしいけど、無理しないことをがんばりたい。

2017-07-24

https://anond.hatelabo.jp/20170724104831

こういうの聞くと思うけど

いきなりセックスわず

ハグ5秒だけとかからスタートして

だんだん雰囲気よくしていくって考えの人はいないのかね

2017-07-23

彼氏の性欲で悩んでる

彼氏の性欲が薄くて悩んでる。

私自身も別にすごく性欲が強い方ではないと思う(一週間に一回がベスト

彼氏は、月に一回もしくは全く無くても困らないのだそうだ。本当に一度も浮気もしたことがなく、風俗に行ったこともなく、ただたまにエロ同人を読んで抜いている位な感じ。頻度は知らんけど。

大学ときは最低月1だったものが、大学出て同棲始めてからは2〜3ヶ月に一回で正直本当につらい。

女としてみられていないのかなーとも思うけど、彼氏スキンシップ大好き野郎なので、毎日ハグおやすみキスはしているし、たまにおっぱいも揉んでくるし、おっぱい揉みながら勃起しているときもあるのに、誘うとほぼ100%断られる。解せない。

最近は性欲が爆発しそうになっては彼氏に泣きながらお願いしてセックスしてもらっている。これが非常にしんどい。まあしんどい。つらい。

彼氏は優しくて穏やかで大好きなので、別れたくはないし結婚もしたいが、性欲が溜まっているのに断られたときは思わず別れも考えてしまう。それもまた辛い。

女性向け風俗も考えたけど、彼氏に抱いて欲しいのであって、知らない他人に体を触られるのは考えただけで無理。

どうしたらいいんだろう。

2017-07-18

高菜食べてしまったんですか?の元気一杯

スープの味を味わってほしいならいっそ高菜なんて置かなきゃいいのでは……

いや、高菜高菜でちゃんと美味いんですけどね

なんかチグハグさが否めない

2017-07-11

セックスレスだったけど別れた

https://anond.hatelabo.jp/20170104005622

これ書いてからも待ってたけど結局別れるまで1回も出来なかった

待ってた、というのには理由があって1回直談判したときに「俺から誘いたいから誘わないで」って言われたか

ちゃんと言いつけ守ってたら何も無かったよ

別れ話をしたのは私からなんだけど、理由セックスレスだけじゃない

その理由関係ないので省くけど、浮気とかではなかった

前書いたやつで、よく言われてたのは「話し合えよ」ってことだけど結構話し合った

どうにも女から誘われたくないようで解決しなかったけど

あと前書いたときには書かなかったんだけど、彼氏真性包茎だった

「見られたくない体と特徴があるんじゃないか?」ってのもブコメで目立ってたけど当たりだったのかもしれない

私は全然気にしてなかったんだけど、やはりとても気にしてるようだった(フェラもしたし)

ネットでさ、「好きなら我慢出来ない」とか「好きな人ハグしたら勃起してしまう」みたいな話を見る度に辛くなってたんだよね

自分もそう思うからセックスたかった(まぁ勃起はしないけど)

でも彼氏はしたくない(誘ってこない)から、するほど好きじゃなかったんだろうなと思うと辛かった

セックスしなくても大丈夫!みたいなカップルもいるんだと思う

私には無理だった

セックス以外でも問題があったから別れたんだけど、全部セックスレスに通じてる気がしてくる

まぁ彼氏が真性包茎を気にして誘えなかったというなら、それに寄り添えなかった私がクズなんだけどさ!

そういう点でもダメだったのかもしれない

今でも好きなんだよなーーーー

彼氏彼女には戻りたくないと思ってるんだけどさーーーー

早く忘れたい

早く忘れて次の彼氏とはちゃんとセックスしたい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん