「ミュージック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ミュージックとは

2021-05-10

アマゾンプライムミュージックPCアプリが画面スリープと同時に音が止まってしまうので不便

画面がスリープになると止まってしまうようなのだ・・・CO2に逆行してないかなぁ

2021-05-09

anond:20210509153948

うーん。自分は一つにブラックカルチャー覇権があると思ってる。

黒人女性のボリューミーな体がラップミュージックの隆盛とともに人々の目に触れそれがかっこいいという風になった。

2021-05-07

俺たちにも言葉の刃を握らせてくれ

拝啓ヒプノシスマイクくん。

ずっと君に伝えたかたことがある。どうか俺たちも、ラップでバトルをさせてくれないだろうか。

このことを言いたくて言いたくてずっとモヤモヤしていたので、今日匿名で吐き出せる場所をお借りして、ヒプノシスマイクくんへの思いを伝えたいと思います


ここ数日(いや数ヶ月)、ヒプノシスマイクオタク界隈はザワザワしている。バトルシーズンからだ。

今でこそ、界隈はそれなりにザワついている。けれどヒプノシスマイクくんはバトルシーズンの手始めに、高いクオリティと圧巻のパフォーマンス配信であることを生かしきった演出と、何より演じている方それぞれの魂がこもった素晴らしいライブを見せてくれた。

昨年3月コロナウイルスの影響によって配信にならざるをえなかったライブだって、もちろん素晴らしいものだった。でも今回のライブは、バトルであるという特性上「勝ちたい」という演者の方々の思いがビンビンに伝わってきて、その熱量とか気迫にグワッと心を掴まれものだった。画面越しなのに、こんなに熱くなれる、こんなに泣いて笑えるエンターテイメントがあるのか。そんな風に思わせてくれるライブだった。

この配信ではじめて聴くことになった新曲たちも、そのチームらしさが全開だったり、逆に今までにない曲調や歌詞だったり、心を鎮めないと冷静に聴けなかったり、逆に中毒になったように再生してしまったり、「待ってました!」と手を叩いて喜んだり、逆に「こんな風に来るの!?」と度肝を抜かれたり、どれも本当に最高だった。

それぞれのバトル曲も、言葉応酬と韻の踏み合いとそれぞれの信念のぶつかり合いを感じられて、どれも違う味わいながらも、たしかな満足の得られる仕上がりだったと思う。

視聴期間中、毎朝毎晩繰り返し観てもまだ足りないぐらい、プロフェッショナルによる最高のエンターテイメントを存分に味わわせてもらうことができた。関係者ご一同には、本当に頭が上がらない。早く円盤購入という形で感謝を伝えたい。

そしてここでは、観た人がどちらかのチームに一票を投じることができた。ひとつライブにつき一票。単純明快で、シンプルな仕組みだった。

「良すぎて選べない」という贅沢な悩みこそあれ、最終的に投じる票はひとつしかない以上、どちらかを選んでボタンを押すしかできなかった。

そしてこの時点で我々は、この一票が後に控えた投票形式での「一票」と同じ重みとして扱われるのかどうか知らなかった。(と、記憶している)いま思うと、それが不穏な空気前触れだったんだろう。

最高なライブの余韻の醒めないまま、現金投票券に換えてCDを積む形式のバトルが始まった。

前回のバトルでは、街からCDが消えたとか、相手チームのファンを装ったアンチ偽装工作をするとか、「〇〇のアニメイトにはもうCDがありません!」みたいな虚偽の情報が流れたりしたらしい。それは怖いな、と思っていたけれど、個人的な印象では、案外そうでもなかった。

から判明したところによると、「サイレント投票」といって、相手方に悟らせないように黙々と積むことが推奨されていたらしい。投票期間が終わると、「微力ながら〇票を投じました」というCDタワーの画像タイムラインに乱れ咲いていて、なるほどこれが令和のバトルか、と思った。

まあでも、外から見ている分には、比較的穏やかなまま過ぎていった期間だったように感じられる。

そのCD積みバトルが終わった段階で、中間発表をするのだと言われていた。

正直、なんでだろうとずっと不思議だった。戦いの火蓋が切って落とされた当時、我々は三次投票にあたる「VRバトル」の詳細を知らなかった。MAX一人6票らしい、というような情報はあったかもしれない。

とすれば、中間発表で僅差でも大差でも、ファンの母数が急激に変わらない以上、結果に大きな影響は与えられないだろうに。それなら、たくさんCDを積ませるためにライブでの投票が終わった時点でいちど結果を出せばいいのに。

不思議なことをするなあ、という疑念を抱きつつ、「VRで積めない可能性があるなら、実質CD勝負するしかない」と覚悟して積んでいる方々を見て、そういうものだろうかとアッサリ流していた。

で、中間発表があった。大差のついた戦いと、僅差の戦いと、逃げ切り/逆転を狙いたくなるような戦いがあった。(これ、あまりにも綺麗な分かれ方だったけど、ヒプノシスマイクくんの予想通りだったんだろうか)

そして中間発表と前後して、「VRでも積める」ことが判明した。しかも、一票あたりの単価が最もお得だ。(ライブはたしか四千円ぐらい、CDが二千円、VRは千円)そして、金額によって票の重みが変動することはないらしい。たぶん。

阿鼻叫喚、ってこのことか、と思った。タイムラインを眺めていると、めちゃくちゃに人間感情が乱高下していて、見ているだけで酔いそうな感覚になるほどだった。

すでに(単純計算で)十億円を超えるカネが動いていて、その上まだ、ヒプノシスマイクくんは人のカネと感情を動かすつもりらしい。

せめて少しでも巻き返したい、という気持ち

このまま圧勝したい、という気持ち

なんとか逃げ切りたかったり、猛追して逆転したかったりする気持ち

同じチームを応援する者同士の連帯感が高まる一方で、自陣への不信感を募らせたり、相手方への攻撃に転じたりする心情だってある。そして、今まで投じてきた票の意味を自問したり、疲れて何かが折れてしま気持ち

金銭によるバトルをはじめて間近で見る身として、ものすごい世界だなあと溜め息が漏れた。

中間発表の形式タイミングは、ここまできて振り返ると、それなりの合理性があったのだろう。

単に「VRも始めたからみんな観てね」って言うよりも、ずっと効果的に多くの人にアプリインストールプラットフォームへの会員登録をさせられる。

現金」や「CD」という物理空間での制約を受けない形式での投票は、よく言えばエコだし、わるく言えば金銭感覚をより麻痺させる。

中の人」を表に出して結果を発表するグロテスクだって結果的にはこの札束バトルを過熱させる要因のひとつになっている。

ごく個人的見解では、収益化のうまいコンテンツは見ていて信頼できる。そういう意味で、カネの集め方や人の心理誘導の仕方として、ヒプノシスマイクくんには一定の信頼を置いている。そのうえで、私は思うのだ。

ダッセーーーーー!!!!!

と。

ダサいあんまりにもダサい。やってることが格好悪い。ヒップホップってもっとイカした世界観じゃないのか?ここは昭和でも平成でもなくて令和、あるいはH歴じゃないのか?なんでこんなダサい商法を、君は性懲りもなく続けられるのか?答えてくれ、ヒプノシスマイクくん。

ヒップホップとか、ラップミュージック歴史にあまり明るくない人間でも、少なくともこのジャンルは「富める者によって独占されるべき音楽」ではないんじゃないか突っ込みたくなってしまう。資本主義が一番偉いから、カネや地位権力のない人間は虐げられて一生地べたに這いつくばってるべきだっていう世界に反逆できなくて、何がペンは剣よりヒプノシスマイクなんだ?教えてくれ、ヒプノシスマイクくん。

私には純粋に、それが疑問なのだコンテンツの維持にはお金必要なのは百も承知で、それでもなお、音楽(あるいは魂)の在り方と商法の相性が悪くて、これじゃああんまりにもダサいんじゃなかろうかと思ってしまうのだ。ダサすぎて仕方なくて、コンテンツとして廃れてしまうんじゃないだろうかと思って、そこに私はずっとヒヤヒヤしているのだ。


から、私は提言したい。せめて、俺たちもラップで戦わせてくれ!と。言葉がいまやマシンガンであるなら、ライムが脳漿をかき回せるなら、金銭以外のフィールドでも戦わせてくれないだろうか。

たとえば、CDを買ってシリアルコードを使って普通に投票すると、それは一票としてカウントされる。でも、リリックを添えて投票すれば、それが二票としてカウントされる。そういう仕組みはどうだろう。

こういう仕掛けなら、お金はあるけど時間のない人は、CDをたくさん買って黙々と投票すればいい。逆に、時間はあるけどお金のない人でも、リリックを練り上げることで力添えができる。今までたくさんヒプ生で学んできた知識も生かせるし、日本語母語としない人でも参加できるんじゃないだろうか。

日本語ラップ押韻判定が難しそうだけど、それを見極めるために人が雇われれば雇用の創出になるし、AI的なシステムを作ればラップの発展に貢献できるかもしれない。

今までプロとして歌詞提供してきた方々も、ひょっとしたら参戦してくれるかもしれない。それを見て、まだヒプノシスマイクに触れたことのなかったラッパーの方も、面白いと感じて参加してくれるかもしれない。総力戦である

こうなってくると、同じ「二票」になるのなら、CD二枚を買うのではなくてリリックを考えることを選択する人も出てくるだろう。演じている方への愛を伝える手段としても、体温のこもった一票を投じることができるというのは、悪い選択肢ではないはずだ。

それで、できれば、そうやって集まったリリックを選び抜いて、それを楽曲に使ってくれないだろうかと思うのだ。

それもまた、想像すら及ばないほど難しいものなんだろうということは、今まで世に出てきたヒプノシスマイク楽曲を聞いていればわかる。一連の曲の中で無駄フレーズなど一つもないほどに、リリックというのは緻密に組み上げられているのだ。

でも、たとえワンバースであっても、自分リリックが使われるかもしれないという可能性が見えていたほうが、ずっと張り合いがあるしドリームがあるじゃないかCD一枚、二千二百円に全身全霊をこめたリリックを乗せて票として投じて、それが「推し」のパンチラインになるかもしれない。そんなビッグドリームを抱けずして、何がヒプノシスマイクなのだろう。

ラップミュージックは、その人の人生を背負う音楽なのだという。だとしたらやはり、キャラクターへの愛やヒップホップへの造詣の深い人がより力を持つ投票の仕掛けとしても、リリックバトルをやってみてくれないだろうか。きっと面白いだろうから。それで盛り上がる世界を、私が見てみたいから。そんなムーブメントを巻き起こせるだけの力がヒプノシスマイクくんにはあると、私は特段の根拠もなく信じているから。

数年後には、「来たぜホンモノのDRB(絵文字) 燃やせ闘志入れてけよ気合い(絵文字) リリックバトルこれこそ新時代(絵文字)」みたいなフザけたお知らせとともに、本気でリリックバトルをブチ上げて欲しい。そういうヒプノシスマイクくんであってくれると嬉しいなと思っている、一人のファン気持ちでした。

なんだかんだ言いつつも、私はこのバトルシーズンをそれなりに楽しんでいるので、まずは今のバトルの結果を最後までキッチリ見届けたいと思います

2021-04-25

anond:20210419190356

亜空大作戦スラングル「亜空大作戦テーマ

何話か見た。80年代

 

ナースエンジェルりりかSOS「恋をするたびに傷つきやすく…」

見た。39話くらいで打ち切りだったような気がする。

ラストシーンCGグラデーション塗りだった。

OPコムロ、企画秋元康90年代

  

サイレントメビウス「禁断のパンセ

見た。EDは一枚絵のスクロールだった

90年代

 

快傑蒸気探偵団「君、微笑んだ夜」

2話くらい見た

 

ぱにぽにだっしゅ!少女Q

見た。動画クオリティも高いけどCDシングル買った

 

閃光のナイトレイド約束

みた

 

ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル「JUSTITIA」

3話くらい見た

 

ノラガミ「午夜の待ち合わせ」

1期は見た。外人が騒いだ為

OPは描き直しさせられた。ボンズ

 

ささみさん@がんばらない「Alteration」

見た。阿澄も消えたな

 

だから僕は、Hができない。Reason why XXX

見た

 

山田くんと7人の魔女「くちづけDiamond

再放送を見た。

A-sketchってランティスサクラレコード等、

avex pictures(MAD+PURE)みたいに

アニメ関連企業という訳ではなく

音楽レーベルアニメには関係ない・

興味無いけど曲のプロモーションの為にタイアップしてるのかな

  

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス風ノ唄

15話くらい見た。ゼステリアアニメは2種類あるんだよな

シャイニングティアーズもそうだったけど

 

RELEASE THE SPYCE「スパッと!スパイ&スパイス」

見た。BGMが尖っていていい。アマゾンミュージックでも聞ける

https://www.youtube.com/watch?v=rJ_rZB-AT5Q

 

プリンセスコネクト! Re:DiveLost Princess」

12話辺りまでみた。

 

なんでそんなにアニメ見てないの?

わけわからなーい

2021-04-21

なんで○○が入ってないの?に対する回答

ふと思い出して見てみたらブクマすごいことになってて草。元増田です。

あれとかあれとかなんで入ってないの?と言われてそうなのに対して言い訳というか補足というか。

中島みゆき

30挙げるなら入れてたかも。でも1枚選ぶとしてどうすんの?1st挙げてお茶を濁しそうな気がする。

あと中島みゆきユーミン以上に謎の存在で、後継者はいないけどルーツはなんとかわかるユーミンに対してどこからあの音楽が発生したのかもまったくわからん。なんか江戸時代にもいたし百年後も平気で歌ってそうな空恐ろしい時代超越性を感じてどこにも位置づけできなかった。

スピッツ

ハチミツは完成度も高いし当時の文系少年たちに音楽やってもいいんだって背中を押した点で歴史的意義もあったから入れようかどうか最後まで迷った。でもバンド社会的認知させたという面ではミスチルが、草食系スポットライトの下への道を示したという面ではもっと後年になってバンプがそれぞれより強力な役割を果たしたと考えると、惜しくも選外。30位までには絶対入ってたと思う。

X、LUNA SEAGLAY、L'Arcなど

これはBOØWYで全部代表できるから。全部BOØWYよりビッグになってるんだけど、それがまたBOØWYの偉大なところだよねって話になる。こんなバンド他にある?

ブルーハーツ

入れようとは思った。でもまずそんなに売れてないんだよな。社会的影響にしても、絶対俺は過大評価ちゃうな、という予感がしたんで、そっとリストから外した。

MISIA

単純に歌唱力なら女性アーティストトップ。売り上げも十分リストアップ級。でもガチブラックミュージック日本向けにうまく導入する下地はやっぱりドリカムが先にやってくれてたわけなので、歴史的に見るとちょっといかなと。

2010年代

あのですね、日本音楽史上最高のバンドONE OK ROCKです。イロモノとかオリエンタリズムではない、ガチ世界レベル勝負できるはじめての日本アーティストです。でも歴史的評価がまだ出てない。だから入れなかった。30年後くらいに俺がヨボヨボのじじいになり、増田がまだ続いてたとしたら、ワンオクがビルボードUSを制したアルバムを胸を張って1位にしてこのクソ記事の続きを書こうと思う。

じゃ、30年後にまた。

2021-04-17

anond:20210417094715

長過ぎワロタ。top3以降分割。

3. 川の流れのように ~不死鳥パートII / 美空ひばり

日本音楽昭和時代歌謡曲で長らく停滞し、さらには日本音楽史の盲腸ともいえる演歌派生して腐りかけていたわけだが、そういう否定的見方しかできない俺みたいな聴き手さえ、ひれ伏してしま歌唱力というものがたしかにある。美空ひばり(と、ちあきなおみ)だ。正直、全然好みではない。オーケストラアレンジとかダサすぎて吐き気がしてくる。自分で金を払って聴こうとは思わない。だがそういう趣味嗜好の問題など押しつぶすパワーがある。認めないわけにはいかない。

この曲はまた美空ひばりの遺作であり、昭和から平成に移り変わるまさにそのときに発売されており、昭和を看取るという象徴的な意味でもここにランク付けしておきたかった。

2. Atomic Heart / Mr.Children

歌も楽器も上手いやつがバンドを率いて自分で書いた曲を自分で歌い、ミュージックシーンのど真ん中で拍手と歓声を浴びて、レコードを何万枚も売る。当たり前の光景に思えるかもしれない。

しかミスチル以前にも売れていたロックミュージシャンはいくらでもいた。けれど、どこかしら闇の世界の話だった。スタジオの闇、ライブハウスの闇。桜井和寿小林武史ロックバンドという存在を光の中に引きずり出した。ミスチル成功をもって日本音楽業界はバンドを中心に回り始めたのだ。このアルバム聴くとき、俺は桜井和寿顔面の良さに感謝せずにはいられない。あれだけのイケメンが楽才も備えていて本当によかった。クレオパトラの鼻が低かったら~の話ではないが、もし彼が並以下の顔面なら日本音楽史は今とはずいぶん違ったものになっていたに違いない。

1. First Love / 宇多田ヒカル

最後は売り上げ、だ。一番売れたんだから一番良い。

馬鹿にするな、と思うだろうか?しかし考えてもみてほしい。もう何度でも繰り返すが日本人は音楽センスが壊滅的にない国民だ。これほどまでに、どんな下手くそが歌っても気にしない国は他にないだろう。TSUNAMIほどの名曲中の名曲ですら、ド下手くそSMAPに売り上げで抜かれる国である

でもFirst Loveは700万枚売れた。ぶっちぎりの1位だ。もちろん宇多田ヒカル可愛い女子高生という最強の付加価値をもって売り出されたから、700万のうちのかなりの割合はそれに依るものだろうが、だからといって音楽価値が色あせるわけじゃない。このどうしようもない音楽後進国で、宇多田ヒカルという奇跡の様な才能が世に出た瞬間を、史上最大の売り上げという形で祝福できた。俺は音楽を愛する日本人として、この不思議事実を誇って良いと思う。このアルバムを1位にしないのであれば、そもそも日本なんていう狭くて歪んだ範囲限定してランク付けする意味なんてないとさえいえる。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

※なんで○○入ってないの?に対する補足を書きました↓

https://anond.hatelabo.jp/20210421102653

2021-04-11

Amazon Music(7000万曲) と 楽天ミュージック(7500万曲)、どっちも980円

ポイントが欲しいので楽天ミュージック登録して二か月(一か月は無料)で解約しようと思う。

二か月980円で利用できるのだ。

普段ようつべで満足しているがショート曲が気に入ったのでフルで聞きたくなった。

2021-04-09

anond:20210409122019

自閉症傾向のやつらが、呼んでもいないのにオタク趣味に群がってくるから

客観視が苦手で自分の言いたいことだけ言う奴が目立つ。

撮り鉄とかが特にそんな感じ。

そのくせサーフィンとかクラブミュージックかには行かないか

たから見るとオタクが気狂いの集団に見られてしま迷惑

オタク大衆化してきたから、そういう迷惑者はそろそろオタクの括りから追い出したいところ。

2021-04-01

anond:20210401022141

物語体裁しているけど、ミュージッククリップ物語性を持った物に近いかもな

ストーリーアニメと言うより、当時地位確立した、ボーカロイドのオリソン歌う動画に対する作品みたいに

世界観理解より、世界観に心を委ねる楽しみ方前提だから、完全な答えは無いか

2021-03-27

anond:20210327174809

音が少ないと心に響くってのは賛成なんだけど、分かってないのは子どもじゃなくて制作者のほうだと思う。ゲーム音楽に限らず、ポップミュージックもそうだと思うんだけど、すげー無駄な音が多いっていうか、余計なオーケストラアレンジとか入ってて白ける感じとか。

まぁだからこそ、シンプルさの制約が生み出したゲーム音楽の良さが際立つとも言えるか。

2021-03-24

美園さくらミュージックサロン

在宅仕事終わらなくて最初の方メールとか打ちながら。

その後もまずまず適当に見たけど

よかった。

適当に見つつ、よかった。

今回腕のよいPAさんだったのだろうか、もしくは男役3人の実力もあると思う、とても歌のバランスがよかった。破綻ほとんどなかったのだ。

暁さんはほんと歌うまくなった。立派になって涙出そうだった。最上級生というのもあったのか。ダンス言わずもがなで、、これは実力序列としてはかなり上にきたんじゃないかいな…。

美園さんが歌うまく、暁さんはそこそこまあまあ、という印象だったけど、なかなかどうして美園さんより暁さんのほうが安定感あったぞ。

美園さんの小咄も面白くて声出して笑った。マルコムグラッドウェルとか、Y軸とか、お通のセリフまわしが外国ドラマ吹替とか。MCは少なめほぼ台本、寸劇と、というのも、美園さんらしさか。

最後めっちゃ泣いてたなぁ、がんばったんだなあ。美園さんと暁さんの話もっと聞きたかったなあ。少し迷ったけど見てよかった、ありがとうございました。

2021-03-20

anond:20210320183840

グッモーニントロピコ

増田大統領(プレジデンテ)になるやで

 

トロピコってどんなゲーム

カリブ海に浮かぶ島国運営する箱庭型のシミュレーションゲームです。

非道独裁者になるも良し、民衆の声を聴くも良し。どのような国家を築くかは、指導者プレジデンテ」であるあなた次第です。



かい紹介は電ファミでどうぞ。iPhoneiPadでも遊べるよ

https://news.denfaminicogamer.jp/iphoneac/190124

2021-03-18

anond:20210318120601

それお前だって同じこと言ってんじゃん。BTS知らない子が多いよねってくらいの話なのに「日本にいる若者がすべてがBTSを知らない」って極端な話に結び付けてしかしまいには人の事を嫌韓呼ばわりじゃん。

BTS存在自体知らない」って書いてるやん、「存在自体知らない」に無理があるって話してんだよ

観測してる若者の数が極端に少ないのに「若者BTS存在自体知らない」って言ってるんじゃなきゃ知名度的に無理あるって

 

それを言い出すってことはお前だって名前くらい聞いたことある」ってことは全員が名前を知ってるってことになるじゃん。そもそも好きか嫌いかの二択しかないの?

全員がなんて言ってないだろ、複数の「若者」に聞いたら「存在自体知らない」なんて書き方は無理があるって話

好きか嫌いとかどっから出てきたん?w

 

実際巷で話題にも上がらないようなアイドルが人気ってメディア押し付けられるって話をしただけなのにそれが嫌韓??

タイムラインがどうこうってのもお前がBTS大好きでそれつながりでフォローしてるからタイムラインに出てくるだけだろ

BTSに興味ない人のタイムラインにも出てくるなら人気って言えるけど、そうじゃないなら別に普通でしょ……。

オッサン相手アイドルの話振ったって盛り上がらないからしないだけだろ

嫌韓なのかアンチマスコミなのかって書いてるじゃん

俺はBTSなんかダイナマイトだかがアマゾンミュージックランキングに乗ってるから名前知ってるだけで、あとは変なPVがバズって流れてきた程度だからお前の言う「興味ない人のタイムライン」に当てはまるぞ

2021-03-17

昔のヤンキーがなぜ将来湘南で小さなバー開くなどと言い出すのか

子供の頃謎だったが、今考えるとアメリカ西海岸付近ムーブをパクッたもんだったんだろうな。

そのころのことを思い出すと、マイアミ・バイスアウトラン湘南爆走族わたせせいぞうなんてワードが浮かんでくる。

ついでにサザン竹内まりあ山下達郎。要するに西海岸ミュージックの人たち。

ただ、サラリーマン脱サラしてラーメン屋を始める起源は分からない。

2021-03-14

窓を開けると肌寒い空気とともに、

ラジオ体操ミュージックがどこからか流れ込んできた。

 

手足の運動大事だ。

ユニコーンで好きな曲:車も電話

すばらしい日々にはまらせようと思ってファン選定アルバムを貸したら相手がそれじゃないのにハマったという感想をどっかでみてわかるー!と思った曲

カセットテープミュージックって番組ビートルズオマージュ特集で聞いてはじめてしった

ふつうにぐぐってユニコーン名曲とか人気とかでぐぐって知った曲しか聞いてなかった

そのときにはこの曲はなかった

個人的にはどの曲よりもこの曲が一番好き

2021-03-10

NHK-FMPC録音していた日々

いや今ふっと思い出しただけで特に感想とかはないっす

ミュージックメモリーとか録音してたっぽいです

ラジオはかけっぱなしでLINE-IN繋いで定時に録音してただけだけど、あの頃のスクリプトいま書けって言われても書けないだろうな

2021-02-26

音楽と型

音を聴いているのではなく、音楽の「型」を聞いている。

概ねメディアや街でかかる音楽は、ポップミュージックロック、R&B、ヒップホップなどの型の中にあるし、大体の人はその中で好みの音楽に反応する。

ジャンルに対する好みの強い人は、ジャンル違いのものに反応しなかったり、下手をすると毛嫌いしたりする。

ジャンルというのは音楽の「型」に違いなく、テンポ使用楽器、奏法やコード進行リズムタイプなどで形成されていると考えると、紛れもなく「型」の中で楽しんでいる。

音楽の型は、意識しない段階から繰り返し聞くことでイメージ形成される。新しい音楽や、ジャンル違いの音楽を聞いた時に違和感があるのは、許容できる型を逸脱しているから。

音の全体領域の中で、音楽として楽しめる範囲は極めて狭いとも言える。何か少しもったいない

2021-02-22

anond:20210222170615

アリだと思う

ラップミュージックでは「Rap Geniushttps://genius.com/Nas-ny-state-of-mind-lyrics

というサイトがあって、歌詞を参照しながら事細かに「ここはこういう意味だ」というのを有志が寄って集まって解説してくれる。ラップ歌詞口語だし、言葉遊びが多いし、それに地域時代によるスラング内輪ネタなんかが豊富から歌詞を全部理解できてる人となると熱心なファンでもあまり多くない。だからこういうサイト必要とされる

2021-02-19

ファイナル増田

増田クエスト

MASUDA

マスダボーン

マスダソウル

糞便のマスダ姫

マスダの伝説 うんちおぶざわいるど

ますだとぅーん

タクティスマスダ

増田防衛軍

マスダハザード

マスダミュージック

マスダマスダレボリューション

マスダマニア

増田転生

ますメモリアル

マスダ

十三増田防衛

朧村増田

マスダキューブアゲイン

増田の屍を超えていけ

マスダショック

ボーダーマスダ

増田ドラキュラ

マスダマン

スーパーマスダ対戦

Mジェネレーション

2021-02-15

Q2Q2

ダイヤルQ2

請求請求

高額請求

 

というラップミュージックときたま頭の中でこだまするのだけれど、

待てよ?ダイヤルQ2って完全に昭和だろ、あの頃まだラップなんてなかったぞ。

なんの曲なのだ、これは?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん