「判別」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 判別とは

2018-02-17

anond:20180217190611

横だけど看護学部なんて9割女子からこの増田女子じゃないかなあ

はい増田男性率も9割だから判別が難しいところ

anond:20180217182112

他の弱者危害不安を与えないタイプなら私は良いと思うのですが

自己申告制だと悪い人も悪用できてしまうので

性別や年齢などの属性判別するしかいであろうな…と感じます

難しいですよね。

2018-02-16

anond:20180216124230

逆に判別出来ないから、こういう嘘を付いて卒論完成出来ずに留年するやつがい

お前は、そういうやつが何故かいつも不条理出来事被害者なのおかしいと思ったことないの?

anond:20180216124122

ねーねーそういう人とほんとにデータ飛ばした人はどうやって判別するのー?

2018-02-14

anond:20180213110135

なんかのケアレスミスかと思って「返信不要」で報告送ったんだけど、昨日16時頃にサポートからメールが返ってきた。

ログインログアウトの状態クライアントサーバの間で齟齬があるかもしれないから、一旦ログアウトしてログインしてくれ」

と言われて、もちろんそんなものサポートメール送る前に試してたけど、

改めてログアウト・ログインしても治らなかったのでその旨返信した。

--

ところで「人によって表示していいページと表示してはいけないいページを判別する」ロジックって、思いつきで提案する人は多いけど、意外と実装テストも面倒だよな。

お気に入りブックマーク一覧なんていう自分個人情報ですらないもの、わざわざロジック増やして他人から隠すようにするなんて、はてな、力の入れどころが間違ってないかなと思った。

お気に入り隠すことでなんか新しいサービスでも展開したいのかもしれないが、何か面白い展開が出来るのかさっぱり思いつかない。

2018-02-13

自演かどうかの判別なんて願望でしょ

2018-02-12

底辺中年絵師愚痴

なんだか同人活動での苦悩の吐露が多いようなので便乗して。

はいえ誰も共感してくれない話になるだろう。ごめんなさい。

 

俺は昔からPCで絵を描く事を趣味にしていた。

昔は絵を描く趣味イラスト漫画普通だったが、俺はドット絵や16色CGを描いていた。昔のパソコンファミコン以下の絵しか描けなかった。使える色も少ないし制限も多い。しかしその制限の中で絵を描くのが面白かった。制限がその機種の個性にもなっていた。使える色は多いけど解像度の低い機種、解像度は高いけど16色をやりくりする都合でセピア風っぽくなりがちな機種、CG性能は良いけどFDDでは役不足な機種、簡易アニメが作りやすい機種などなど。FDDが普及してCGが保存しやすくなり、高級品だったマウスも安売りで買った。

 

イラスト漫画ではなくドット絵CGを好んだのは、何度でもやり直しが出来る事と、画材の出費が無いからだ。当時のCGソフトのアンドゥ機能は1回しか後戻りできないものが多かったが、そもそも解像度の低いCGなので時間さえかければ幾らでも描き直せた。実は紙のイラスト練習してカラーインクなどを買ったりもしたが、失敗すれば紙1枚が無駄になる事が大きなプレッシャーに感じた。ホワイトなどで修正するほど仕上がりは汚くなっていく。CGならばやり直せるしゴミも出ない。

 

就職先もゲーム会社を選んだが技量もなく不採用で、しかCGをやめるという発想はなく、同人CG集を買うようになり、俺も同人ドット絵CGを描くようになっていった。

…ここまでインターネットのイの字も無かった頃の話。

 

90年代の中ごろには「草の根BBS」というものも増えて、電話代を気にしながら上手い絵師CGダウンロードした。

恥ずかしながら俺も幾つのサークルさんにお声をかけて頂き、ドット絵CGや素材を作った。

 

90年代同人事情というと、絵柄には個性があって当然という時代だった。絵を見れば作者がわかる。芸風とも言えるほどだ。デッサンの歪みなどはさほど神経質ではなかった大らかな時代で、初心者がしばしば眉毛を描き忘れたアニメ絵を描いているのも微笑ましかった。当時の同人でのアニメ絵趣味性と個性を主張するアイコンだったように思う。

当時の同人での絵師はまだCGより紙に描くほうが普通で、マウスをカチカチ鳴らして絵を描く人は案外と少なかったようにも思う。上手い人はとんでもなく上手くて真似できないレベルだったのと、俺より下手な絵師も多かったので、俺は落ち込む事もなくCGを続ける事が出来た。

 

90年代半ば、Windows話題となりインターネット流行し始めた。この頃ようやく現在CGイラストの元となる環境が世の中に広まったわけだ。解像度制限が(殆ど)無いフルカラー(最低でも256色)のCGイラストが描ける環境が整った黎明期だった。FDDには圧縮しても10枚程度しか保存できなかった事もHDDが当たり前になった事で解消された。

当時ようやくスキャナ一般的になり始めた頃でもあったが、まだまだ高級品で、アナログ画材の出費も惜しんでいた俺には手が出なかった。ハンディスキャナを買ったが歪んで使い物にならなかった。

 

この頃からCGイラストを描く事の楽しさが薄れ、苦労が付きまとうようになった。

そもそもWindowsが動くPCが高級品だった。専用ソフトも高いし、フリーソフト殆どなかった。CGソフトイラスト専用のものは少なく機能も貧弱だった。

俺の個人的事情では同人での活動が次々とトラブルに見舞われる事が続いた。参加したゲーム制作の中止が複数重なったり、同人ゴロ被害にあったりした。

 

しかし一番の苦労のひとつは、理解され難い事だったのかもしれない。

PCで絵を描いてもPCが無ければ見れない。親からは1日中パソコンに向かっているうようにしか見えない。世間ではしばしばアニメオタク趣味悪者として魔女狩りが繰り返され、時代アニメ絵ではなくポリゴン絵に移り変わっていった。…自分以外の何かを言い訳にしたい気持ちも大きいが、理解されない事をする苦痛結構大きい事も事実だ。

そしてもうひとつの苦労は、他ならぬ俺自身の才能の無さだ。

16色とかの制限の多い時代には才能の乏しさはあまり目立たなかった。描ける絵には限界があり、その最適解を探し出す事がドット絵だった。カラーパレットをどのように振り分けるか、どの色をタイリングで済ませて色数を増やすか、1ドット未満の線をジャギー消しの手法で描き、ブラウン管の光度差で滲ませる、才能ではなく技術でどうにかできた。しかし色数がフルカラーになった事で俺は途方に暮れた。CG技術ではなく才能こそが全ての世界になった。インターネットがどんどん一般的になって、上手い絵師けが評価される世界になった。…それが当たり前だという事を認めるのに何年もかかった。

 

00年代になると、90年代に人気だった絵師の多くが姿を消した。フルカラー90年代彩度の高いイラストは古臭いものとなりつつあったし、個性もさほど求められなくなったからだろうと思っている。90年代に人気だったプロイラストレーターの苦労も時々目にするので、90年代に人気だった同人絵師が姿を消したのも必然なのだろう。

00年代の俺は才能の無さは自覚していたので、当時流行していた3D-CGを始めた。当時の宣伝文句は概ね「絵の描けない人でも出来る!」だ。貯金を切り崩して六角大王海外製3Dソフトを買い相当練習したが、結果は失敗だった。数年我慢してMMDを学べばよかった。俺は才能だけでなく時代を読む目もなかった。

 

2010年代ドット絵需要懐古趣味しか無くなり、CGイラスト毎日毎日物凄く上手い人が出現し、俺はCG-TIPSを検索しては真似をしてなんとか時代に取り残されないよう苦労し続けた。しかCG-TIPSを学んでいて気付いたのは、CGの塗り方の流行結構短いスパンで変わってしまうという事だった。俺がなんとか使いこなせるようにあった頃には他の誰もがもっと上手く使いこなしていて、なんとか追いつこうとしているうちに次の流行に変わっている。CGネット上に溢れかえっているから、目新しいものが求められ、俺のような才能の無い微妙な絵はネットノイズしかなかった。

 

最近では長年CGを見続けてきた俺には誰が描いたのかまったく判別できない絵が増えてきてゾッとしている。とてつもなく上手いけど他の上手い人の絵と見分けがつかない絵。これはテレビアニメの多くがそういった傾向なので誰のせいでもない事だが、。

そして物凄く薄く繊細な塗り。フルカラーなのに明度差が微妙しか違わない繊細なグラデーションは16色のカラーパレットCGを覚えた俺には到底無理だ。こんな絵を目指さなければ人目を惹かないのかと思うと心が折れそうになる。しか他人CGからスポイトでカラーパレット拝借なんて出来ない。絵の才能だけでなく色彩センスもない俺自身が恨めしい。

 

上手い絵師には嫉妬心もわかず、ただ自分の才能の無さを思い知らされるばかりだ。

真似をしたところで言葉通りの劣化コピーしかならない。

本当に絵の上手い人の特徴はとにかく早い事だろう。イメージを迷うことなく描画する才能がある人ほど上手い。

俺はイメージが貧相だしラフを描いている時も悩んで時間がかかる。出来上がるのはピンボケの絵にしかならない。

 

俺にとってCGは既に同人ではなく個人的趣味しかなく、楽しいという気持ちも無い。苦労であり苦痛しかない。しかしいまさらやめるわけにはいかない。色々な事を犠牲にしてきたのに、やめたら本当に何も残らなくなってしまう。同世代の人はみんな趣味はほどほどに、結婚したり出世してしっかりした人生を歩んでいる。いまさらCGやめたって人生で得られなかったものが手に入るわけでもない。歳を取って健康不安が付きまとうようになってきた。いつ死んでもおかしくないが、死ぬ前に下手糞な絵の制作データは消去したい。

 

最近は愚直にデッサン練習をしているが、デッサン固執すると絵の魅力が薄れる感じもあって苦労している。正直に言うともう絵を描く事が好きではない。そんな底辺中年絵師の俺が誰に向けて描けばいいのか。ネットには上手い絵が溢れすぎていて需要なんてない。上には上がいる世界では下の物は叩かれるだけの存在だ。自分の為に描こうにも、俺が見たい絵さえググれば出てくる時代だ。

じゃあやめろよと言われるだろう。やめたら俺どうすればいい? 他には何もないんだ。

 

いつか自分が気に入る絵を描けたらいいなと思う。おっぱい

2018-02-10

音楽系の反差別界隈の特徴

知ってる人は知ってると思う。

反差別というものを語っているのに、物事の考え方が「ダサい」「ダサくない」が基準なのがやばい

ダサい」「ダサくない」で判別するにあたり、そこで絶対的な線引きが出来ていると思っている節があるのだが、まずそんなひどく感覚的で漠然とした基準かつ詰めることも出来なさそうな定義で語ってるのが言論として脆いし危うい。

さらにここが一番大切なのだが、「ダサい」「ダサくない」がかなり差別的ニュアンスを含む価値観だと気付いてないのが一番マズイ。

政治的主張思想的傾向、それらを「ダサい」か「ダサくない」かで語るのが、真摯言論だとは到底思えないが、彼らは「ダサい」「ダサくない」でそれらが語れると思っている。

これは音楽系だからこその特徴がある。

音楽系の反差別界隈、政治的言論界隈の方たちは、ファッション音楽クラブなどの遊びといったもの最先端であることを求め、そこに価値見出している。

かにそれらの趣味問題先進性を求めて、「ダサい」「ダサくない」で語るのは許されるだろう。

しかし、彼らはそれを政治的思想的な主張においても適用してしまう。

たかも、思想にもモードがあり、「ダサい思想と「ダサくない」思想があるという見方物事を見てしまう。

界隈はよく反差別政治フェミニズムなどについて語るのだが、二言目に出てくる言葉は「ダサい」「ダサくない」だ。

よく思考し、言葉を尽くして肯定するなり否定するなりすればいいものを、「ダサいよね」「ダサくないよね」で済ましてしまう。

こんな感覚的でバイアスがかかりまくった基準で主張を切り分けている界隈の言論が真面目に受け取られると思っているのだろうか?

特にこの界隈は海外モードに先端性を求めるため、日本の大多数の一般人は「ダサく」見えている傾向にある。

そういった日本海外のシーンの音楽モードと全く異なる政治的思想モードを同じ価値基準で判定し、「ダサい」「ダサくない」と捉える希薄さ、そこに孕む差別性に無自覚なのだ

彼らにとって、J-POP日本音楽シーンはダサく海外ヒップホップブラックミュージックベースミュージッククラブミュージックがダサくないのと同様に、社会における、高齢者、おじさん、時代遅れ人物オタク特定思想、それらすべてが「ダサい」のである

そしてその感覚的に「ダサいものは「ダサい」ことが理由に拒絶され見下されることになる。

彼らは「日本もっと政治的話題が語られたらいいのに」とも言う。

ダサい」「ダサくない」で主義主張感情バイアスとともに切り捨て、一方に何ら言葉を尽くそうとしない状況で、誰が口を開くと思うのだろうか。

もっと政治的なことを語ろう」と言ったあとに、「○○○(政治的思想的論題)はダサい」と言い出す。それが「語る」ということなのだろうか?とてもそうだとは思えない。

そして、こういった状況だということに、かの界隈の誰一人として気づいてなさそうなのが、一番の特徴である

政治性、思想性を重んじるのは大変結構ではあるが、趣味に用いてきた「ダサい」「ダサくない」という感覚的で漠然とした基準万物の全てに当てはめて全肯定全否定しようとする差別性、攻撃性にはもっと自覚的になってもらいたいものである

私自身、反差別思想リベラルスタンス自体に一切文句はないということには最後に念を押しておきたい。

anond:20180207180139

男が介在する舞台設定にすることで、

同性間の友情が強調されるのかもしれない。

外的な規範に基づいて異性が排除された箱庭だと、

登場人物同士が能動的に交流はかる動機が薄くなる。

「様々な人がいる中で私はこの人たちと仲良くしたい」という意思を感じさせるところに読み手カタルシスを覚えているような気がする。

単純に描き込みが少ないから共学か女子校判別不可な作品きらら四コマに多いだけのような気もする

2018-02-08

野菜が「いつまで食べて良いもの」なのか判断できない

大根⇒葉っぱが黄色くなってきた… 食べるのOK?

キャベツ⇒葉っぱがシナシナしてきた。剥いたら大丈夫そうな見た目…大丈夫??

ナス⇒1週間放置しても特に変わらなかった。

野菜の腐りかけ見た目一覧表、または常温で通常何日持ちます表とかないんかな。

判別できずにとりあえず食べてる(胃が丈夫なので心配ない)

2018-02-07

リサイクルショップで服を高く売るコツを教える

今時フリマアプリで十分じゃん、という流れなのは百も承知だし、正直売れた時の利益フリマアプリ太刀打ちできないのだが、配送梱包不要で、すぐに大量の不用品を片付けられるという理由で、未だリサイクルショップ地方を中心に健在だ。

私は某大型リサイクルショップ店員だった。

既に離職しているのだが、当時は服を中心に買取業務従事していたので、少しでも服を高く売るコツをまとめようと思う。

当然ながら、リサイクルショップいくらゴミの掃きだめのように見えても、経営している店なので、在庫がないとまず話にならない。

リサイクルショップ場合、それをほとんどすべて個人のお客さんの持ち込みによって賄っている。

普通に仕入れをやっているとこもあるし、問屋通販サイトのB品なんかを流してもらってるとこもある)

買取商売の命がかかっているといっても過言ではない。

それなのに、なんで持ち込むとめちゃくちゃ安い金額で買い叩かれるのか?

1.店の性質の見極め

中古店は、大きく分けて4つに分かれる。

ブランドレアリティなどを重視して買う店

状態流行、『今使えるか』を重視して買う店

③店のテイストに合うかどうかを重視して買う店

個人経営古着屋などに多い)

④服の量り売り

(1キロ○円みたいな感じで、一枚ずつ見て買わない)

③に関しては詳しくないので割愛

④は、ノーブランドの古い服なんかを大量に処分したいときオススメ

おばあちゃんが着るような肩パットの入った服も、取れないシミや汚れのある服も、全部一律で買い取ってくれるので、手間も時間もかからない。

ただし、服を一点一点見て買い取ってはくれないので、高く売れるかもしれない服は事前に仕分けしておくことを勧める。

①②は同じように見える地方リサイクルショップでも、

結構分かれるポイント

もちろんすべてのショップブランド状態などは共通してチェックするのだが、価格を決める際に重視するポイントが違う。

それぞれ見極めるポイントとして、

ブランド重視の店は、まず商品価格設定が高い。

デザインいか時代遅れで古臭くても、だ。

こういう店は商品が古くても、とにかく名のあるブランド品を集めたがっているので、ブランド品であれば古くても高く買ってくれる可能性が高い。

逆に、置いてある服に安価ものが多く、流行デザインを追って商品を集めている店は、ブランド品だとしても形が今っぽくなければ安く買い叩かれる。

極端な話、めちゃくちゃ高いブランドの服でも、古くて流行らない形の服よりは、新品タグ付きで、流行デザインGUの方を高く買う。

特にレディース流行コロコロ入れ替わるので、一年前の服でも「古い」と判断される場合があるので注意。

2.季節感

結構軽視しがちな人も多いが、買取において季節感はかなり大切だ。

同じ品物でも持ち込み時期によっては、十倍ぐらい値段が変わることもある。

具体的には、春夏物は1~3月の間、秋冬物は8~10月の間に持っていくと良い。

これから秋冬物を売り出していきたい8月9月に、着るシーズンが終わった夏物を持って行っても、店側は、これから店頭に並べることなくただ在庫になって、一年近く店の倉庫眠ることになる服を高く買うことはない。逆に、短期間での即販売が見込める秋冬物は高く買う。

4.在庫状況

リサイクルショップはお客さんの持ち込みがほぼ全てなので、もちろん思ったような商品が入ってこない場合もある。

そういう場合在庫として足りない商品は、買い逃したくないので高く値をつけて買い取ろうとするし、店員が粘って買取価格を上げたり、交渉することもある。

この、店側の「ほしい!」のサインとして分かりやすいのは、「買取強化ブランド」だとか、「夏物買取強化」のような、店側がポスターのぼりなどで打ち出している品物。一定需要がある人気のあるブランド、これからの季節需要が増える見込みのある服だ。

ただ、多数のお客さんは当然ながら、「たまたまこタイミング不要になったもの」を持ってくるので、店側の需要と合わないことが多い。

しかし、基本的無料査定をやっている店は、客側が査定価格OKすれば、そのあと絶対買取しなければならない。

まり査定時に「売れない」、「在庫が十分にあるからこれ以上はいらない」と判断しても、絶対に買って在庫にしなくてはならなくなる。

これから季節感も合っており、綺麗な状態で十分売り物になりそうなのに、極端に安い査定価格を出された場合は、「多数のお客さんが持ってくるものと似たような品物のラインナップなので、これ以上増えても捌き切れないので買いません」という店側の意思表示だ。

こういう場合は、その店だけの問題可能性もあるので、もし価格に納得がいかなければ持って帰り、別の店に持っていくと存外値がついたりもするので、手間だが時間があれば、いろいろ回ってみると良い。

店の中の棚を見渡して、品数が少ない棚の商品も、在庫が足りていない可能性が高いので、買取強化してもらえる可能性あり。

一番は店員に聞いてみることだ。「どういう服を買取強化してますか?」と聞いてみると、案外教えてもらえたりする。

3.品物の状態

中古店においても、「新品未使用」っていうのはかなり価値を持つ。

フリマアプリと同じ感覚で考えてもらって構わない。

いくら美品で、本人が「新品未使用です!」と言っていても、タグが切られていると店員側では確認しようがないので、絶対タグ切らずに持っていくのがオススメ

ただ、新品の服ばっかり大量に持っていくと、盗品の疑いがかけられることもあるので注意。

その他

持ち込みのタイミングで最高なのは、新店舗プレオープンなどで買取のみの営業間中大金を投じてでも店に並べる商品が欲しいので、他のタイミングではありえないぐらい高値で買い取ってくれる場合がある。

また、アニメのグッズなんかは、オタク向け中古屋に持っていくと在庫過多で突き返されるものも、普通リサイクルショップでは買い取ってくれることもあるので、一度持っていってみてほしい。

ただし、フィギュアなどはともかく、普通リサイクルショップ店員プレミアがついているようなアニメグッズを判定する能力はまずないので、(というかまずそんな需要を見込んで買取してないので)オタク中古屋ではじかれたり、フリマアプリ等でどうしても売れない商品だけ持っていくのが吉。

あとこれだけは絶対

本物の真珠ダイヤモンド可能性がある貴金属は、絶対にその辺のリサイクルショップ持ってくなよ!宝石鑑定ができるスタッフが常駐してるとこに行ってくれ!

金とか銀はその辺のショップでも判別できるが、宝石ダメだ!

単純に処分したいだけで、少しでも高く売りたいという気持ちがないのであれば、いつどんな商品を持って行っても構わない。小銭程度にはなるだろう。

店側はきちんと高く買えるor欲しい商品提示しているので、それにある程度乗ってくれないとお金は出せない。できるだけ損したくない!と思う方は、今回紹介したコツをぜひ活用してもらいたい。

少しでも売る側、買う側双方が良い取引ができるよう祈っている。

2018-02-03

真似とパクリインスピレーション境界線

私は二次創作をしている文字書きだ。

今のジャンルには最近ハマったばかりで歴が浅いうえ、それほど面白い話も書くことが出来るわけでもないため、Twitterを中心に底辺で好き勝手作品を上げて活動している。

別に大手なわけじゃない。素晴らしい作品が書くことが出来るわけでもない。好きだと言ってくれる人はいものの、ファンがたくさんいるわけでもない。

それなのに、つい最近、ことごとくやることなすこと真似ばかりされていることに、激しく苛立ちを覚えたので吐き出したかった。

Twitter相互フォローをしているA氏がいる。A氏は文字書きだが、ROM専門よりであることを自分で言っており、あまり作品Twitterpixiv等に上げることはない。

私がA氏と繋がって長いのだが、近頃、A氏がやたら私の真似をするなと思うようになった。

きっかけは、私が上げたとある作品の数時間後にA氏も同じような作品を上げたことだ。

同じような題材、同じような書き方。

その時は「何だか似ている作品を上げているなぁ」としか思わなかった。

しかし、A氏はいつも私が作品Twitterに上げた後に、似たような作品Twitterに上げるようになった。

しかも、A氏はそれをいかにも自分が考えたようにTwitterに上げる。

【△△で作品作ってみました///】といったように、さも自分先駆者であるような言いぶりで、私のものに似た作品を上げる。

その時はA氏とは相互フォロワーであり、ミュート等の設定もしていなかったため、何度も自分作品に似た、A氏の作品を見ることになった。

ネタが被る。書き方が被る。

何度も続くと真似やパクリを疑いたくなったが、私は底辺文字書き。

私なんかを真似する理由もないなと思ったし、何よりも騒ぎ立てることで「自意識過剰すぎだろ」と言われるのが怖かったため、何も言わなかったが、作品を上げることを控えるようになった。

すると、A氏もTwitter作品を上げることがなくなった。

私が作品を上げていた時は数時間後に似たような作品を上げていたのに、ぱったりと作品を上げるのをやめたA氏を見て、自分が真似されている確証はなかったものの、すごく嫌な気分になった。

なんだか作品作りをする気力がそげてしまったため、一度息抜きをしようと私はフォロワーさんたちと会話を始めるようになった。

創作の話は勿論、フォロワーさんの日常生活等の話をしていたのだが、また、A氏が出てきた。

A氏は私がリプライ飛ばし相手にすべてリプライ飛ばしていた。しかも、リプライの内容が私とほぼ丸被り。

勿論、この時だって自分勘違いだろう、私は自意識過剰なんだと思おうとしたが、それにしたって内容が被りすぎている。

フェイクを入れるが、フォロワーさんのとある作品に対して「この作品、泣き出しそうな表情が素敵で堪らなくいいです…!」と私が、リプを送れば、その数時間後、早ければ数分後に「泣き出しそうな表情が素敵…!」とか、「●●さんの作品が素敵なのでフォローさせてもらいました!」と私が送れば「●●さんの作品が素敵でフォローしました!」いった感じで、リプライの内容まで被る。

間違い探しじゃないかと思うくらい似たようなリプライが続いた。

一回、二回であれば時間や内容が被っても変には思わない。そもそもA氏とは共通フォロワーも多いため、リプライ時間が偶々被っても物凄く違和感があるわけじゃない。

内容も被ってしまうことはあるかもしれない。

しかし、何度も何度も続くのはおかしいことじゃないのか。

さすがに違和感があるなと、腹に据えかねて、私はAさんに対し、メッセージを送った。

作品の件もそうだが、A氏と共通の私のフォロワーさんに対するリプライも似たような感じであまりいい気分がしない。

「なんだか私のリプライとか作品作りとかと被ってあんまりいい気がしないな~」というような軽いノリでA氏にメッセージを送ったところ、帰ってきた答えは【あなた面白そうなことをやっていたため、真似した】というものだった。

悪びれもしないが、いか自分が悪くないかという文章が長文でつらつらと書き連ねてあった。

ただ、私がやっていることが楽しそうだから真似した、それだけの理由だった。

今私のいるジャンルは、昔、大手サークル間のネタパク事件話題になり、ネタパクされた側のサークルが筆を折ってしまたことで有名なジャンルだ。

A氏はその筆を折ってしまったサークルさんが好きであったということもあり、以前その話題で話したことがある。

その時にA氏は「パクリは最低な行為だ」と言っていた。

それにも関わらず、自分は私の作品作りや交流を真似したのだ。

それを見て「はああ?」と思った。何を言ってるんだろう、こいつはと。正直ぶん殴りたくて仕方なかった。

少なくともどんなに底辺でもどんなに面白い作品が作れなくても、ネタ作りには必死になるし、ない頭を必死にこねくり回してどうすれば面白いのが出来るだろうかと逡巡する。

そうしてようやくできた作品を、【面白そうだから】という理由だけで真似されるのは腹が立って仕方ない。

いや、【面白そうだから】と理由だけで真似がされたことに怒っているというよりも、真似された挙句、【さも自分先駆者です】と言わんばかりようにツイートされたのが腹が立って仕方がなかった。

例えば、A氏が「●さん(私)がやっていたから、面白そうで真似しました~」という一言があれば、私はここまで苛立たなかっただろう。

さも自分で考えたように、自分で生み出したように言っていることに対してこんなにも腹が立っているのだと思う。

とある人は「作品作成された時間を見れば、どっちが先であるのだからわかる。パクリパクられは簡単判別がつくものだ」という。

しかし、作成した時間まで見る人は少ない。それが24時間以上過ぎてしまえばなおのことだ。

例えば、私よりもA氏の作った作品がより高い評価を受けたとする。それは私の技術不足であり、A氏の方が技術を多々持っていたため、沢山の人に高い評価を受けたということだろう。

しかし、先に作ったのは私であり、A氏ではない。それをA氏がさも自分が作ったように言いはればどうだろう。

私の作品がむしろパクリであるというふうに取られかねないだろうか。

リプライについても同様だ。

先に考えたのは、私なのに、なんとも理不尽な話だ。

今のところそのようなことはないのだが、そんなことが起きるのではないかと思い私はTwitter作品を上げることが出来ないでいる。

また、真似されるのではないかという恐怖が付きまとい、作品を作る意欲は多大に削られているのが現状だ。

真似とパクリインスピレーションの違いは何だろう。

A氏が「私の作品インスピレーションを受けました!」とでも言えば、私は許したのか。

答えはきっとノーだ。

なぜなら、インスピレーションというにはA氏の言動作品はあまりに被りすぎている。

この人の作品が好き!自分作ってみたい。自分も真似してより良いもの作ってみたい!

その感情を抱くのは私だって同じだ。

けれど、さも自分が始めたような言い草で、話を進めてしまえば、それを考えた人を傷つけることになる。

そして、そうやって傷付けられた人間創作意欲を失うことは身をもって学んだため、それだけはしないように気をつけたいと思った。

2018-02-02

anond:20180123200155

すげーなこれ

Aさんにとって、反応をくれない監視だけしてる非フォロワー存在してないわけで(閲覧数が見えるSNSなら閲覧者としてはカウントされてるかもしれないけどなんの接触も感想も飛んでこないなら好意による閲覧なのに悪意による監視なのか判別不可能

マイナーカプだとわかってるならなおさら1コメント、1フォローの重みはメジャーカプの比じゃないはず

メジャーカプに手を出せばある程度の実力がある人ならじゃぶじゃぶ感想が来てフォロワーも増えて、マイナーカプの時はつぶやいても誰も反応してくれなかった「〇〇はカプのイメソン」みたいな一言にも同意が飛んできたりそこから萌え話が膨らんだり……楽しいだろうね

承認欲求っていうけど、それすら満たされない趣味時間情熱を費やし続けることはそうそう出来ないと思う、求道者じゃないんだし

やったことに見合わない莫大な承認欲求を求めるのは論外としても、手間かけた相応の対価を欲しいと思うのは当然のこと

こっそり黙ってアカウントを変えたわけじゃなく元アカウントリンク貼って移動したんだから、元アカウントフォロワーがC×Aもいける人だったりカプ関係なくAさんと交流を続けたいと思えばフォローしに行けばよかったわけで、それをしに行く人が誰もいなかったからAさんの雑食垢にA×B時代フォロワーが皆無だったのでは?

だとすれば、AさんはA×Bにはなんの未練もなくて当然なんじゃないのかな

A×Bでギブアンドテイクが成り立たない状態で、感想フォローもこないのに与え続けてれば疲弊するのは当然

しかけなくてもフォローしてふぁぼ飛ばすだけでも支えにはなるのに、元増田はなんにもせず与えられるものを見てただけ

気づいたら移転した後っていうならともかく、ずっと経過を見ながら何にもしなかった人間に嘘つきとか絶対言われたくねーわ

かんこなが辛くて心が折れたなんて話は枚挙にいとまがないのに、自分(達)が何もしなかったからAさんの心がA×Bから離れたかもって視点が欠片もないことが怖い

相手に対して何にもしてあげる気がないなら相手がより自分をかまってくれる居心地の良い場所に移動しても自業自得だと思って諦めろよ

移動されて裏切られたなんて気持ち持って良いのは誠心誠意の感想送って支えてきたけど置いてかれた人間だけだろ

麦チョコレーズンチョコ識別する仕事がしたい

麦チョコレーズンチョコは同じ木に生る雄花と雌花みたいな存在から、収穫のとき区別されることはない

それを識別する仕事

あーでも自動化されちゃうかな・・・まず一定の重さがあるかどうかでレーズンか麦かを判別するの

誤差は多少でるかもだけど大方それでいけちゃう

その誤差を人が見ていくみたいな

あーでもX線とかあるからうそれあったら人の手いらないじゃん・・・

仕分け仕事したいのに・・・

たまにつまみぐいしたい・・

2018-02-01

夢をみるは変えたほうがよい。

夢をみる。

寝て見るほうか目標とかの夢か判別が難しい。

anond:20180201110252

「賃走」でも「予約車」でも

目視判別は無理だから手を上げて待っておくのがよいよ!

楽しいタクシーライフを!

anond:20180201110056

毎回Fカップって宣言してる訳じゃないだろうから

それ以後は文章の展開で判別するワケダロ

難しいことやってるねーぐらいの感想しかかば

2018-01-27

スクエニのサヴァスロがクソすぎてつらい

先ごろスクウェア・エニックスからリリースされたサーヴァント・オブ・スローンズ(以下サヴァスロ)があまりにも酷いのでヘイトの吐き出し場所としてここに記す。このゲームはいわゆるクローンゲーというやつで、Supercellクラッシュ・ロワイヤル(以下クラロワ)をベースにしているのだが、後発にもかかわらずあらゆる所が劣化していてクラロワユーザーとしては憤懣やるかたない仕上がりになってしまっている。

UI(画面)がひどい

全体的に装飾過多なのに説明文言は多く、見づらいの一言

特にデッキ編成画面の乱雑っぷりといったらまさに地獄。編成方法もクラロワとまるっきり同じなのにユニット並べ替え機能はついてなくて劣化感丸出し。特定キャラクター専用ユニット表示もユニットの絵に常にフェードインアウトしているため非常に邪魔。あの画面にGO出したアートディレクターは降格してほしい。またゲーム中では「ソウル」「アルカナ」「エーテル」「ゴールド」「サヴァスロポイント」などの単位が乱立しているにも関わらず個別説明はなく、アルカナなどは今の所持数も表示されないため何もかもが煩雑

UI操作性)がひどい

クラロワの優れているところは対戦スキームだけに留まらず、対戦準備画面を起点に、すべての機能ロードなしでスワイプ遷移できる極めて合理的UI設計にあった。にも関わらずサヴァスロはそこは踏襲せずいわゆる和製ゲームアプリ文法機能の配置を行ったため、本来スムーズな遷移は失われ、どこに移動するにもロードロードロード…。スクエニには二度とUXという単語を使ってほしくない。

テンポがひどい

クラロワのバトル画面までのステップ

『対戦準備画面→マッチング画面→(マッチング0.5秒以下)→バトル画面』

わずか2遷移しかないが、サヴァスロは

ホーム→レートバトル画面→出撃準備画面→(ロード)→マッチング画面→(マッチング1〜3秒)→VS表示画面→(長いロード)→バトル画面』

と5遷移もあり、圧倒的テンポの悪さを誇っている。VS表示画面はおそらく仕様書シャドウバースの対戦前画面のスクショでも貼ってあったと思しきレイアウトだが、解像度足りてないのに無理矢理拡大された小汚い「VS」の文字と安っぽい稲妻エフェクトのせいで本当に気分が萎える仕上がり。そもそもあの画面いる?おまけにバトル冒頭ではモーション・セリフが1パターンしかないリーダーキャラカットシーンをバトル前後で毎回見せられ、スキップもできない有様。ホントにクラロワ研究したの?

そもそもリリース直後だからか、通信エラーで対戦画面に行くことすらできなかったり、ショップ画面に遷移するとエラータイトルに戻されたり、クラロワに比べるとこのゲームには快適さという概念は1ミリたりとも無い。

バトル画面もひどい

では肝心のバトルスキームがクラロワに比肩しているかといえばそういうこともない。ここでも際立つのUIの悪さだ。手札をタップすると表示されるユニット情報パネルデカデカゲーム領域を隠すため、左側のタワーの状況がわからなくなる。また、フィールドに出たユニットタップすると攻撃範囲が表示されるという本家にはない機能があるが、これがユニットを設置する際の攻撃範囲表示とまったく同じのため、ユニットの設置ミスが頻発する。

クラロワはゲーム中のバフ・デバフ表現文字に頼らず配色とエフェクトだけでうまくデザインしていたにも関わらず、サヴァスロは「ATK」とか「SPD」とかの文字がうじゃうじゃと沸き、戦況把握を妨げまくる。ラヴァハウンドみたいなユニットが弾けたあとの表示はiPhoneでは文字が潰れていて認識できないレベルだった。

ユニットも似たような造形のものが多く、ベビードラゴンみたいなやつとインフェルノドラゴンみたいなやつや、ゴブリンと槍ゴブリンみたいなやつなどは攻撃されるまで判別は難しい。ユニットモデル解像度問題なのか全体的に小汚いし、キングタワー的な砦が攻撃されるとハリボテみたいなリアクションとるのもチープだし、ルックとしてクラロワに勝っているところは今のところ一つもない。だいたい「ブラウニー」と「槍ブラウニー」とか、「スケルトン軍団」とかなんでわざわざクラロワの日本語ローカライズされた名前に寄せてんだよ!もっと槍兵とか骸骨とかいくらでも避けようあっただろ!

かいところもひどい

クラロワはフレーバーテキストひとつとっても、特性説明だけでなくユニット個性に応じたユーモアが散りばめられている。

一方サヴァスロはどこかで見たようなテンプレ文言オンパレード。それだけならまだしも、国産なのにところどこど日本語おかしい所まであるのが腹立たしい。

例)

プリンスみたいなやつ「突撃威力特筆

→それ「特筆すべき〜」とか続けないといけない表現では?

墓石みたいなやつ「破壊されてもただでは転ばない」

→「転んでもただでは起きない」って言いたかったのかな?

他にもバトル画面中のスタンプ文言も丸パクリなのになぜか「グッドゲーム」はないとか、DRAW用のリアクションがなくて引き分けなのに毎回負けモーションを見せられて萎えたりとか、別端末でプレイする際は毎回引き継ぎの操作を求められる超前時代設計とか、このゲームユーザー満足度というもの存在しないのだと思う。

クソすぎて悲しくなってくる

いろいろ書いたが、とにかく後発で丸パクリなのに新しいゲームスキームを切り拓いたクラロワへのリスペクトが一切感じられないのが本当に頭にくるし、残念だ。LoVリソース流用して人気のスキームなぞれば売れるやろ的な浅はかな企画意図と、ただそれに従うだけでオリジナリティを一切発揮しようとしない開発側の思考停止が透けて見えるようで悲しくなる。愚直に本家トレースして同レベルのところまで磨きあげ、そこからアイデアを足せばよかったではないか。せっかくこんな面白いゲームをお手本にしているのだから

最近の例でいえば、中国が作ったアズールレーン艦これのコンセプトを踏襲しつつ、「顧客が本当に欲しかったもの」みたいな仕上がりを実現した。後発だったらあれくらいやって然るべきだ。日本企業がやっていることといえば、フィンランドの生んだあの美しいゲーム特許イチャモンつけたり(グリーの敗訴を心から願う)、劣化コピーを作ったりするばかり…そりゃ後進国って言われるよ…。

クラロワのファンであるがゆえに殊更クソに映るサヴァスロだが、ユニットフィールド特性に丸パクリでない部分もわずかにはあるし、ブラウニーとかママリリちゃんとか、かわいいユニットがいるという極めて少ないアドバンテージもあるので、ぜひ奮起して「面白いゲーム」になるか今すぐサービス終了してください。

2018-01-24

anond:20180124160821

すごい気持ちは分かる。

本屋とか町中で見た程度じゃ判別つかないよね。

女性イラストレーターでもテイストが似てる人がいて、その人は以前間違えるなってキレてた。

2018-01-21

右翼左翼がずっと判別出来ない(´°ω°`)

右翼左翼の見分け方とか具体例とかないですか?

保守革新とか言われてもわからない

辺野古とか徴兵やら原発やら北方領土やら韓国やらの話題でなんか右翼左翼とか書いてあるけど、どっち側??

自分右翼左翼に極端に偏ってる気は無いけど、どっち寄りかわからない

〇翼は馬鹿野郎の方とかではなく客観的に教えてください

2018-01-20

anond:20180120101421

 小室哲哉に対する記事から同情するべき部分があった.その同情から派生して「不倫=悪」と宣伝するのは不味いと言う記事があった.何か感覚が違うなと思っていたので,とりあえず不倫に対する認識を述べていく.

不倫に対する評価は「子どもの有無」で変化すると考えている.

子どもがいるのか.また義務教育期間を脱しているのか.18歳以上か.

 子ども権利的にも責任においても不完全な状態である.そのなかで,彼ら彼女らが不倫によって心身にダメージを追ったり経済的貧困に見舞われるのは避けたい行為である.またそれを助長するようなメディアの在り方も自粛すべきだと考えている.メディアが発するイメージ私たち価値観形成にも役立っている.

 子どもが18歳以上であり自立しているなら,親同士の権利責任による反中でとくに被害を被っていると考える必要もなくなる.

子どもがいない場合相手離婚申請をすでに行っているのか?

 すでに離婚申請を行っているが相手同意してくれない場合.この場合はすでに愛が冷めており契約本来意味合いがなくなっていると思える.したがって,これには特に罪だと規定する意味合いがない.子どももいないので特にかに迷惑をかけていることもない.

 離婚申請を行わず隠れて不倫を行うのは結婚契約意図に沿わないので原則として辞めるべきである.自信がないなら事実婚を選ぶべきだ.責任権利が発生する契約責任逃れは不味い.

さいごにメディアが行う.芸能人の「不倫報道の在り方」について書いていく.

過激報道で,事実を断片的にとった報道は許されるのか?

 許されないだろう.また市民メディア情報を疑って読むべきだ.だれが書いたかやどの会社出版したのかを考えて読む必要がある.情報は伝えられる際に必ず歪む.報道は「正しく事実を伝えること」にある.部分的に取り上げて印象を変えてしまうのはメディア本来意味をなしていない.

芸能人不倫問題についてメディアが口をはさむべきか?

 芸能人メディア露出して価値観イメージを変化させる主体である.そのため,結婚と言う「契約」を守れる信用できる人間なのかを判別するために必要である.そのため,彼ら彼女らが契約違反を起こしたことも交通事故を起こしたことも同じように,彼ら彼女らの意見を背景を持つと考えるために知る必要がある.影響力は権力であることを忘れてはならない.

メディア不倫についてどのように報道していくべきか

 不倫を減らすような告知はしていくべきだと思う.「子ども貧困」や「離婚」をせずに結婚契約違反を行うのは信用を失う.全体で見ても社会的な損失である

 また,不倫がどのようにして起こったのかを分解して,再発が起きないように周囲の変化に目を向けるのも良い.熟年離婚家庭内貧困にも目を向けるべきだし,不倫と言うより「愛情が無くなってしまった」場合の逃げ道が整備されていないのも問題である.このような家族人間関係の在り方を提案し,メディアの力で告知を行ってほしい.

 

子どもが成人したときに親の熟年離婚合理的であるし,何も咎められるものもなく互いにwinwinであると思っていた.

 わたしは「学校にいる人とは全員仲良くしなくてはならない」という考え方や「家族とは仲良くしなくてはならない」という考え方を,選択できる自由がない人間に言うべきではないと思っていた.また選択できない中で,「仲良くする=winwin」と考えている先生にも疑問を感じていた.彼ら彼女らが自由へと目を向けるように離婚に寛容な社会存在してもいいと考えている.

メディア報道されることの潜在的デメリットについて

 メディアの告知によって,相撲ボクシングなどの暴力的メディア放送されると同じような事件が起きやすくなる.自殺ニュースを挙げると増えてしまうという側面もある.そのため,不倫については「さわらぬ神にたたりなし」で見なかったことにしよう.という意見もあっていい.遠ざけて,わたしたちとは関係のない話だと蓋をするのも状況によってはありかと思う.

 余裕をつくって考えてみるといい.

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん