「失業率」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 失業率とは

2024-06-16

ここ数年の米国株市場おかし

経済指標が発表されると、予想より景気が悪いほど、具体的には失業率が高いほど、インフレ率が低いほど、利下げ期待で株価ぎ上がる。

国内国外もこんなグダグダなのにドルが強すぎる。

2024-06-12

anond:20240612210008

そして失業率がクソ上がって治安が諸外国並みにイッキに悪くなるんですねわかります

2024-05-30

anond:20240530223401

失業率が十分低い水準(3%前後)に到達すれば、金融緩和雇用者賃金自体の上昇をもたらすことで家計購買力さらに増加する。”

ちょっと? ってなってきました。

失業率3%が十分低い、っていう記述ちょっと面白いです。2008年はみんなそんな認識だったんでしょうか。

しかすると増田スペインとかトルコに住んでいたのかもしれませんね。(絶対違う)

anond:20240530223051

実質賃金の低下を通じて失業率は低下し、家計の平均的な購買力は増加する。”

 

実質賃金の低下はリフレの一丁目、失業率低下が二丁目です。

スタグフレーション

ここ数年で物価体感で1.5〜2倍になってる。

これだけえげつないスタグフレーションが起きててよく自殺者数が増加しないな。

自殺者数は失業率が上がらない限り増えないんだっけか。

2024-05-28

anond:20240528103833

アジア系って書いてるのに、なんで東南アジア系に限定したの?

東と南のヨーロッパなんて金ないのみんな知ってるし、西ヨーロッパニュース見てたら失業率給料に対する物価インフレがやばすぎて金ないのみんな知ってるだろ。

アジア系」って書いてるのに「東南アジア」の話してしまったり、「ヨーロッパ」って主語使ってる時点で常識も学もないバカであることが明らかなんよね。

2024-05-27

当時の日銀関係者がでてきて、異次元緩和は悪影響ばっかりだったみたいな動画をみてて、不愉快となった。

白川方明とかって金子勇みたいにとにかく適当罪状でっちあげて裁判ながびかせて過労〇させたらいいと思うが、

当時の失策代表例!

法律的には罪じゃないけど、日本経済復興妨害した道義的責任デカすぎる。いったいなにがしたかったのか?

三重野という巨大にそびえ立つクソ

平成鬼平かいってもちあげていたけど、けっきょく失われた30年の原因となっただけじゃん?お墓をほりかえして骨をミリングして

粉にしたほうがいいのでは?

2024-05-26

anond:20240526201252

トリクルダウンの経路で起こすはずのことが

全て起こらずに失業率改善だけ起きてるんだから

別要因(新規生産年齢人口供給不足による

労働力の希少化)なのは明らかなんだけどねえ。

コロナで一度攪乱されちゃったせいで

しわかりにくくなってしまったけど、

最近話題労働供給制約って、推移をグラフ

見ると2017年から始まってたからね

anond:20240526200849

物価は上がっていないけど、失業率改善たからいいのだと言いはる高橋洋一

2024-05-01

anond:20240501154309

それは、分別ある意識ある者たちが合意たから。

仕事がないと…みんな元気有り余って暴れちゃうね?

ちょっと仕事を与えましょう。ってね。


戦国時代、なぜあれだけ争っていたかと言えば食い扶持がないから。

自国内で争うよりも、他国領地を襲え、盗め、奪え、犯せ、ってね。

そうした紆余曲折を経て天下人刀狩を行い、参勤交代で牙を抜いた。

そうして平和になったとき幕府は何をしたか土木工事だ。

お前ら、そんなに元気有り余ってるなら集まれ治水するぞ!開墾するぞ!ってな具合に。


現代もそうだろ。無職ってのは余計な事しか考えないし、しなくなってしまう。

社会からも疎外された感じしちゃうし。

その点、日本人は勤勉だしその辺を弁えてるよな。失業率も低いし

宝くじ当たったからといって会社を辞めるような、社会承認の大切さの分かってないバカも少ない

2024-04-27

anond:20240427223252

滅びたらGDP低下、失業率増加しますがよろしいですか?

不景気って家計ダメージだけど

会社人件費対策社員斬り始めるんだよな

これやられると失業率が上がって社会不安定

しか年寄り無能じゃなくて若いから首になる

結婚子育てどころじゃないなって国ごと死ぬ~~~~~~~~~やば~~~~~~~~~~~~

2024-04-24

anond:20240424170556

2011年にはこうなっててもおかしくなかったんだけど

民主党政権世界的な円=安定の象徴だったか

円が不相応に高かった

なので東日本大震災と相まって若者失業率が半端なかった

スーパーとか小売り系とかすき家とかは変わらなかったか数字的にはそこまでもなかったけど

2024-04-16

anond:20240416181123

失業率犯罪率の関係については、実証的な研究が行われています。以下にいくつかの結果を共有します。

時系列データに基づく分析:

失業率が上昇すると、犯罪の発生率も上昇する傾向があります。ただし、この関係犯罪種別によって異なります

人口あたりの警察官数が増えると、犯罪の発生率は減少することが観察されています

都道府県パネルデータに基づく分析:

失業率の上昇よりも、貧困率の上昇が犯罪発生率を高める影響が大きいことが示されています

犯罪の発生率は、労働市場の状況や所得状況、警察などの犯罪抑止力と密接な関係を持っていることが分かっています

これらの研究から失業率犯罪率は複雑な関係にあることが示されています失業率の増加が犯罪発生率に影響を与える一方で、貧困率の上昇も重要な要因となっていることが理解できます

2024-04-14

anond:20240414090650

そうしないと会社がどんどん潰れて日本経済が終わるところだったからだよ。

たいして売上げもないのにコストのかかる正社員ばかり雇うわけにもいかんだろ?ましてや雇ったらクビにできないし。

若者からしたら今の日本経済にも不満はあるかもしれんが、派遣社員制度の導入がなかったら多くの会社が潰れて今より格段に景気が悪くて、今のような低失業率日本経済は無かっただろうよ。

当時でも良い効果はあって、正社員を雇えない会社でも派遣社員なら雇えたか若者がなんとか稼ぐことはできた。まあ、正社員になりたかった人が大多数ではあるだろうけど、限られたパイしかなかった中では最善だったんだよ。

派遣社員制度批判が多いけど、ヨーロッパなどと比べて若者の低失業率を実現した点は賞賛されるべき大英断なんだよ。

しかもその中でも競争を勝ち抜いた優秀な奴は正社員になれたし、そうでない奴も派遣社員になれたんだから正直文句言ってる奴の気が知れない。

文句を言うならがんばらなかった自分に対してだろうに。

2024-04-13

anond:20240413020030

労働者ってわがままだよね給料上がらないことに文句はいうのに解雇はされたくないんだから

給料が上がらない最大の理由解雇できないのと基本給を上げるとそれを下げるのが異常に難しい日本労働者保護にあるのにね

給料低いけど失業率も低い社会給料上がるけど失業率も上がる社会で前者を取ってるだけじゃん

日本失業率の低さは驚異的なんだからそれに満足しなよね

なぜベンチャー企業人事の投稿が荒れたか

「一度採用してしまうと企業から切ることはほぼ無理だから人間的には良くても経歴が悪い意味で気になる人を採用しづらい。労働者は法に守られすぎてない?守られるだけならまだしもチャレンジもしにくい」


このような内容の投稿結構炎上していた。(該当ツイートは削除済み)

ぶっちゃけ、内容自体全然間違ってないと思う。

企業正社員をクビにするには簡単じゃない。

なので、日本企業正社員採用をめちゃくちゃ慎重に行う。

その結果、


などなど、日本社会の成長だけでなく個々人の幸福度においても非常に良くない状態になっていると感じる

労働者を切りやすくなると、もちろん労働者にとっての不安には繋がるが、切りやすくなる分雇われやすくもなるわけで。

企業ちゃんと働いてくれる人に対して給料を上げやすくなるだろう

失業率も多少は上がれど、少子化が進んでいっているのもあり社会問題になるほど上がりはしないんじゃないだろうか

(注: 失業=職につく意欲があり能力もあるのに探しても職につけない状態

実際、引用を見ても、意見自体否定な人はそこまで多くないし、賛同している人も結構見る

じゃあなぜ荒れたかでいうと...なんでだろうね...?



あたりの条件が揃った結果、敏感な人たちに見つかってあれよあれよと炎上してしまったのかな...と

多分発言者ひろゆきとかだったら絶賛されてた Xだし

2024-04-12

anond:20240412201114

トルコは少なくとも観光業においてはリラ安の恩恵を受けているようだし、失業率先進国基準で見れば高いがベネズエラジンバブエと並べるほど経済状況がひどいわけではないように思う。通貨安にした結果、需要供給を上回ってしまインフレになってるようなので時間はかかるが国内産業の強化で改善出来るだろう。

実際にはインフレはまだ進行していますが、一方で、外国人観光客にとってリラ安はとても魅力的です。実際、トルコ周辺諸国からは買い物目当ての観光客が増加しています

トルコインフレにもかかわらず利下げ政策を取り続けています。この利下げ政策一定の成果が出ており、外国からトルコへ買い物目的で訪れる人が増えました。

ただ、買い物客が増えることでトルコ国内では全般的に品不足になり、さらなる物価高を招くという悪循環にもなっています

https://worldclub.jp/turkish/economy/

anond:20240412165128

暗数って無敵ワードだよなw

日本犯罪件数が少なくて治安が良い → でも日本には暗数があるから…… 【無効判定!!】

日本観光客数が多くて魅力がある国だ → でも日本には暗数があるから…… 【無効判定!!】

日本他国と比べて若者失業率が低い → でも日本には暗数があるから…… 【無効判定!!】

2024-04-06

[] 賃金価格スパイラル歴史的証拠

賃金価格スパイラル過去にどれくらいの頻度で起きたのか、そしてその余波で何が起こったのか?

驚くべきことに、そのような出来事の後に賃金物価さらに持続的に加速したのはほんの少数だった。

新型コロナウイルス感染症による急性ショック後の回復が勢いを増す中、2021年インフレ率は多くの国で約40年間見られなかった水準に上昇した。

労働市場の逼迫と賃金圧力の増大をもたらし、経済グループ全体で平均名目賃金労働者1人当たり)が上昇し、失業率が低下した。

こうした最近の動向を受けて、賃金を通じたインフレによる第二次影響や潜在的賃金価格スパイラル懸念している。

インフレの上昇と労働市場の逼迫により、労働者インフレに追いつく、あるいはインフレを上回る名目賃金の上昇を要求する可能性があると指摘している。

現在労働市場の逼迫が今後数年間のインフレ圧力に大きく寄与する可能性が高いことを示唆しており、インフレ期待が固定されなくなった場合、その関連性はさらに強まる可能性がある。

これらの議論総合すると、賃金物価インフレが互いに影響し合い、賃金物価の両方が数四半期にわたって加速するスパイラルを引き起こす可能性がある点。

しかし、そのような状況は過去にどのくらい頻繁に起こったのか?また、そのような出来事の余波で何が起こったのか?

エピソード分析

最近研究論文で、1960 年代に遡る先進国間の過去エピソードをまとめた経済横断データベース作成することで、これらの疑問に取り組んでいる人々もいる。

残念ながら、賃金価格スパイラルの正確な定義は文献にない。

賃金価格スパイラルを以下のメカニズムの結果として定義する者がいる。

このように、労働者企業賃金価格をめぐって数回に分けて交渉するため、インフレショックが消えるには時間がかかる。

対照的に、賃金インフレの上昇が企業にとって新たなコストプッシュショックとなり、したがって近い将来インフレが加速する可能性に焦点を当てているようだ。

具体的には、賃金価格スパイラルを、連続する4四半期のうち少なくとも3四半期で消費者物価名目賃金の加速が見られたエピソードとして定義

期間0(賃金価格スパイラル定義する基準が満たされる最初の期間) より前のすべてのエピソードでは、消費者物価インフレ名目賃金上昇率の両方が増加している。

もっと驚くべきことは、初期の動向は平均して、賃金物価さらなる持続的な加速には続かないということである

実際、インフレ率と名目賃金の伸び率は平均して、賃金価格スパイラル後の四半期には安定する傾向があり、実質賃金の伸び率はほぼ変わらなかった。

したがって、物価賃金の持続的な加速として定義される賃金価格スパイラルは、最近歴史的記録の中で見つけるのは困難。

実際、上記基準使用して特定されたエピソードのうち、8四半期後にさらに加速したのはほんの一部。

場合によっては、インフレ賃金の伸びが一時的に上昇した後、再び低下するケースもあった。

さらに、いくつかのエピソードの後に​​はより極端な結果が続いた。

たとえば、米国1973年第3四半期のエピソードでは、1970年代最初OPEC石油禁輸によって刺激され、価格インフレさらに5四半期にわたって急上昇し、その後1975年に下落が始まった。

しかし、名目賃金の伸びは上がらず、実質賃金の伸びは低下した。

賃金の伸びは物価失業の動向と一致している。

記述されたエピソードにおける賃金価格の動態を検討する際に当然の疑問となるのは、均衡経済を特徴づける予想される関係からそれらの動態がどの程度乖離しているかということである

賃金の動態をインフレ労働市場スラック生産性の伸び傾向に関連づける賃金フィリップス曲線の枠組みを使ってこの疑問を探ることができる。

分解すると、賃金上昇率の上昇はインフレ労働市場の逼迫の両方によって引き起こされ、どちらかの要素が増加し、その後、エピソードの開始時を上回るレベルで安定している。

対照的に、他の構成要素の挙動は異なり、賃金価格加速エピソードの開始時に急速に増加するが、その後は沈静化する。

平均して、ここで述べたエピソードでは、持続的なインフレの上昇と労働市場の逼迫から予想される賃金を上回る持続的な賃金の伸びは観察されていない。

現在局面における重要問題は、先進国経済賃金価格スパイラルに陥りつつあるのかどうかである

一部の国における最近賃金価格上昇の顕著な特徴は、労働市場が引き締まる一方で実質賃金が低下していることである

したがって、連続する4四半期のうち少なくとも3四半期が、

という特徴とするエピソード特定

こうしたエピソードの後に​​は、持続的な賃金価格スパイラルが続く傾向はなかった。

逆に、名目賃金の伸びが増加する一方で、インフレは低下する傾向があった。これにより実質賃金回復した。

さらに、失業率も低下する傾向にあった。

全体として、これらの同様のエピソードの後に​​は、上記のより広範な一連のエピソードよりも高い賃金上昇率が続いたが、賃金の伸びは最終的には安定した。

実際、2年後の名目賃金の伸びは、インフレ労働引き締めの動きとほぼ一致している。

今回は違うのか?

実質賃金が大幅に低下した今日と同様の状況を見ても、持続的な賃金価格の加速を見つけるのは難しい。

そうした場合名目賃金実質賃金の損失を部分的回復するためにインフレに追いつく傾向があり、成長率は初期の加速が起こる前よりも高い水準で安定する傾向があった。

賃金上昇率は最終的にインフレ労働市場の逼迫と一致するようになった。

このメカニズムは、賃金価格スパイラルとして特徴付けられる永続的な加速ダイナミクスにつながるとは考えられなかった。

近い将来にこれらのパターン再現されるかどうかを判断するのはまだ時期尚早である

イギリスには夢がない

EUを抜けた

ビッグベンとか言う大便みたいな時計

スコーン紅茶フィッシュアンドチップスだけ

料理の大半がまずい

古城は老朽化しており危険で維持もできてない

くっそ雨が降りやすくてジメジメしてる

失業率が高い

犬みたいな顔のジョンソンが辞めてしまった

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん