「共同体」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 共同体とは

2018-09-25

anond:20180918135609

同情します。私も事あるごとに臭い臭い言われて生きてきました。

あなたもひょっとして、発達障害ぽいんじゃないですか?

健常者の連中はじつは精神共同体ですんで、なんの罪もない発達障害者を臭い臭いと言って追い出そうとします。

ま、不明理由で実際邪魔なんでしょうけど。

あるいはあなたプライベートで後ろ暗いことやってることを察知された可能性もありますが。

そこまで露骨にやられるんなら、もう修復不可能な所まで来てしまっているのかもしれません。

何かが破綻する前にやめてしまわれるのも、有力な選択肢かと思います

2018-09-19

友達の親を侮辱した俺が被害者として周りから同情された話

大学友達大人しくてボーッとした奴がいた。

格下と見なしていたから、機嫌が悪い時に八つ当たりしたり、代返させたり、説教したり、話してるときに「だから?」「それが?」「殺すぞ」とか言い続けたり、火ついたタバコをぶつけるなんてことも平気でやってた(他の人には死んでもやらない)。悪い意味で一切気遣ってなかった。

ある日、好きなアーティストライブ行くことがあって電車使いたくなかったからこの友達に送りだけしてもらおうと車を頼んだ。そしたら、親が使うから出せないと断ってきたから頭にきて「お前の親ほんとクズ。そういうのほんといいから説得しろ」と吐き捨てたらブチ切れられた。 

この友達が怒るのは初めてだったから本当に驚いた。同時に格下に歯向かわれてとんでもない侮辱された気がして俺もブチ切れてしまった。

友「謝れ」

俺「死ねカス

友「本当に自分は悪くないと思ってんの?」

俺「いや、きめえよ。死ね。親もクソだな」

友「親は関係ないだろ!!!

俺「wwwwwお前、彼女いねからこんなことも流せねえんだよ。俺に引っ付くしかないぼっちだもんな」

これで友達は病んだのか知らないけど大学来なくなってそのまま中退した。

で驚きなのが、この騒動を知った仲間たちが友達キチガイ、俺を悲劇被害者として扱っていたことだ。

もちろん、ことの顛末は皆ちゃんと把握してる。俺が吐いた暴言やひどい態度も知っていた(面白話として俺が臨場感たっぷりに皆の前で披露してたから)。

それなのに皆は友達のことを最低な奴として見なしていた。

騒動から5年以上経って思うけど、悪いのは自分だという自覚がある(謝る気は一切ないけど)。友達は完全な被害者だとも思う(惨めでダサいしか思わないど)。 

から、周りの連中が俺に同情して友達ゴミクズ野郎みたいに見なしたこと不思議で仕方ない。

周りの連中は学歴もあったし、今は公務員とか大企業社員やってるくらい分別がある。物の善悪くらい当たり前にわかっているはずの連中なのに。

これで実は俺がドン引きされていて〜、とかだったならわかるけど未だにみんなとは深い付き合いがあるし旅行とかしたりする。相変わらずめっちゃ仲良いし結束が強い。

から、周りの連中は善悪なんか頭から吹っ飛んで、好き嫌い共同体のなかでの格の上下のみを見ていたということになる。

これって凄いことじゃね?

顔がキモかったり、周りから軽んじられてたりするダサいやつなら金パクられてとボコされてもタコ部屋労働させられても一切同情できないってことにもなるじゃん。

人間ってもしかして善悪なんかクソどうでもいいと思ってんのか?

ちなみに「お前彼女いねから〜」のセリフがあまり辛辣ということで皆大喜びしてました。こういうキャッチーで酷くて面白フレーズを言えたってことも周りのみんなが味方してくれた要因になったのかも。

2018-09-08

就職氷河期世代はそろそろ開き直って老人福祉の充実を訴えるべき

自分は、数年前に嫁の年齢と持病から子供を諦めた者で、その時は子供がいない人生となったこ自体にはあまり苦しみは感じなくて、むしろ嫁と二人の生活を楽しめるようになったのだけど、そのうち、子供のいない老後は安楽死を迫られるんじゃないかという不安を抱えるようになってしまった。

今の日本は間違いなく老人優遇政策を取っているけど、おそらく俺たち就職氷河期世代団塊ジュニア世代)が老人になる頃に、いよいよ持たなくなって現役世代重視に反転するんだろうと予想している。

「人数の多い団塊ジュニア世代の老人を国はもう支えきれないので、老人福祉は削減して、老後は自分の子供か資産に面倒を見てもらうように、そして、どちらも持たない者には安楽死というオプションを与える。これで日本は復活する」

そういうことになるんだろう。

日本という共同体の持続可能性を考えるなら、資産形成家族形成に失敗したまま老人となった団塊ジュニア世代を切り捨てるのは正しいと思う。

自分が切り捨てられる側でなければ。

実のところ、生涯子なしが確定する前の俺は、自分自身も含めて次世代負債になるぐらいなら働けなくなったあたりで安楽死していいんじゃないか、と考えていた。

俺たち団塊ジュニア世代は、親世代団塊世代雇用を守るために就職氷河期に落とされ、団塊世代の老後のために今も毎月高い社会保険料を取られている、そういう被害を次の世代に繰り返すべきじゃない、という多くの同世代と同じ覚悟をしていた。

ところが、人間の脳の我が身の現状を肯定しようとする力は凄くて、もはや子供を育てる義務が発生することは無く、週末にちょっと良い外食をして、嫁の体調が良い時に年2回ぐらい休暇を取って海外旅行をして、それでも年に数百万は余裕で残り、それを全て二人だけの資産にできる嫁との生活が楽しくてたまらなくなった。

子供云々よりも、仕事が急に裁量が効いて楽しく働ける状況になったことと、ここ数年順調に昇給が続いていることの方が大きいかもしれない。

小学生の時以来かもというぐらい毎日生活を楽しむことができるようになった。

これから嫁の病状が悪化したり、俺の体にガタが来て多少不自由になったとして、それを負担することになる下の世代には本当に申し訳ないけど、手厚い年金介護を受け続けて、辛いことの多かった俺たち夫婦がやっと報われたこの実りの季節をできるだけ長く味わいたいという執着を二度と捨てられそうに無い。

そして、頭に書いた通り、子供のいない老後への漠然とした不安に取り憑かれてしまった。

どういうわけか楽しいだけの時間は長く続いてくれないようで。

そもそも、老後を待たずとも、嫁が動けないほど悪くなって、俺が介護のために仕事を辞めることになったら、今の生活はあっという間に吹っ飛ぶというどうしようも無さがある。

もちろん個人でできる対策として、子供がいない分資産を貯め込む努力はしているのだが、それだけではどうしても不安を鎮めることができず、統合失調症でも発症したんじゃないか心配になるぐらい、このまま黙っていたら殺される(安楽死に追いやられる)という焦りや怒りの発作に悩まされ続けた。

結局どうしたかというと、老人福祉の維持・充実を訴える政治活動を始めた。

具体的には、地元老健団体の賛助会員(年会費一万円)になって、その政治部門で週末に事務局ボランティアをしている。

その老健団体は、内規で不偏不党を掲げて政治活動には関わらないということになっているので、賛助会員の一部(実際は全員)が勝手にやっている「勉強会」という形の団体

そういう曖昧団体でも、わりと昔から活動しているからか、役所地元議員、たまに上京して中央官庁に行くと役人議員先生が向こうから頭下げて来るので、「いや、ああい人種有権者にはとりあえず頭下げる人たちなんだよ」と理性に囁かれながらも、所属欲求とか承認欲求のような感情簡単に満たされている。

こちらの○○さんが、若いのに手伝ってくれてるんですよ。長くお世話になりますので、どうぞよろしくお願いいたします」

先生最近うちに入ってくれた若い人です」

などと陳情に出向いた先で若手のホープのような紹介をされるとなにやら面映い。

60代後半から70代が主力の団体から、そりゃあ、比較すれば確かに若いんだろうが、組織に歓迎されるというのは良い気分だね。

60代後半から70代というのはつまり俺の親世代団塊世代で、「こいつらの雇用を守るために俺たちは就職氷河期を味わった、こいつらの老後のために給料から毎月高い社会保険料を取られている」とずっと憎んでいたのだけど、

実際に話を聞いてみると、こういう活動に熱心な人々は、当然ながら経済的にかなり期待外れな老後を過ごしている。

大企業で40年勤め上げたなら話は別なんだろうけど、自営業が長くて大した年金などもらっていないような例が多く、総じて俺と同じ不安と怒りを抱えている。

抽象的な理由で一つの世代を憎み続けるのにも疲れていたし、俺は彼らを許すことにした。

他人の子供やその親への感じ方も変わった。

以前は街中や行楽地にいる子連れを鬱陶しい連中としか感じなかったのが、

「ああ、この子が俺と嫁の(文字通り)尻拭いをしてくれるかもしれないんだな、そうでなくとも俺と嫁の尻拭いをする外国人介護士を雇う社会保険料を収めてくれるんだな。親切にしてあげないとな。お母さん、ご苦労様です」

肯定的に見れるようになった。

他人不安を分かち合い赦しと和解を与えて、ともに現状を改善するために微力とわかっていても行動する、

そういう前向きな姿勢でいることは俺の精神に良い影響を与えているように思う。

老後問題自分一人(と嫁)の解決不可能問題しか思えなかった時に比べて脳への負担が減って、頭と肩が軽くなった気がする。

そういうわけで、俺と同世代で老後に不安を抱えているなら、こういう政治活動セラピーとして効くかもしれないので試してみれば、程度の軽さでお勧めする。

こういう活動を、なんだフクシかサヨクオルグか、と毛嫌いする人が同世代には多いというのはわかっている。

だが、実際のところ老人福祉の拡充を訴える団体投票先で一番多いのは自民党なので、サヨク嫌いの人に向いた団体地元簡単に見つかると思う。

俺がいる団体がどの政党支持なのかは伏せるけど、与党系だろうが、野党系だろうが、老人福祉イシュー投票したり陳情しに来たりする有権者の数が増えて、政治家圧力になること自体重要から、みんな仲間だと思っている。

ひとつ人口統計予想として、数十年後俺たちが80歳になる頃には日本人口構造団塊ジュニア世代を唯一の頂点とする完全な逆ピラミッド型になる、という物がある。

この予想が当たれば、俺たち世代有権者の数が最も多く、つまり民主的には最強の世代になる。

さらに下の世代も同じく高齢になるほど人口が多いのだから政治家当選するには今以上に老人優遇にせざるを得なくなる。

俺は自分の現状を実りの季節だと言ったけれど、数十年後には同世代全てが実りを得られることになる。

から別に政治活動を始めなくていいけど、俺は同世代に老人福祉イシューにして投票することを考えて欲しいと思っている。

そして、何をしてでもいいからどうかあと数十年生き延びて欲しい。

2018-08-29

anond:20180829111343

ここ20年ぐらいは、倫理学がずっとこういう話してるね。

例えばブームになったサンデルコミュニタリズム

ある差別撤廃することは必ず別の何かを抑圧することになる

したがって絶対的正義はどうやっても不可能

何が正義かは共同体の話し合いでのみ決められる

という話。これなら、差別主義者が生きにくくなったとしても、その方向でいくのが共同体同意ならばそれが正しい、ということになる。(この方針には賛否両論あるのだが)

あるいは、進化倫理学とか言い出している人もいる。

もしも人間進化過程で、生まれつき差別をするような生き物として生まれているならば、倫理はそういう生き物である人間可能範疇で設定されねばならないという話。

この文脈では、増田の言う通り、差別を完全に禁止することはむしろ許されない。

2018-08-26

anond:20180826215744

規律問題

ルールルールから守らなくてはならないわけで、同じルールを守ることで共同体の中にいる人間は仲間と認識するから

2018-08-23

売買春は悪ではありません。

anond:20180820215858

結論から言うと悪ではありません。

長くなるので人身売買やら性病蔓延やら貧困層搾取問題を分けて考えると、成人女性が自らの自由意志で己の性を売り、それを男性が買うという行為は、本質的には他の商売となんら変わりありません。

サロンリンパマッサージサービスを売り買いするのと同じ事です。

しかし悪ではありませんが同時に、国によっては法律違反になります

これは何故かと言うと、多くの人が売春を「キモい」って思っているからです。

自分の春を売ることに拒否感がない女性もいますが、彼女らはマイノリティーです。

マジョリティー側の人間が「キモい」と思ったので、売春法律禁止されました。


このように悪ではないがマイノリティーの価値観理解されず、共同体感情によって禁止される行為を「被害者なき犯罪」と呼びます


被害者がいないのに非実在青少年性的描写ヨーロッパアメリカ規制される理由も、一言で言えば「キモいからです。

国や文化が違えば何が違法かということも違ってきます

少しLGBTの人たちと似ている状況とも言えますね。

ちょっと前までのキリスト教国家イスラム教国家では、「教義に反するキモい奴」という感情共同体が持っていたので同性愛違法だったわけです。

今ではその様な感情は薄れ、多くのキリスト教国家では同性愛者は罪に問われ牢獄に入れられることはなくなりました。

「いや、売春同性愛とは違い人身売買を防ぐために禁止したんだ」

売春合法だったら、借金返済できなかった際に「お前の体で払え」と言うのも合法化されてしまう」

という声もあるかもしれませんが、それであるならば人身売買の取り締まりを強化すれば良いだけで、売春自体禁止されないはずです。

職業選択の自由憲法保証されてますし、 お金がないなら自己破産も行えますさらに「お前の体で払え」というのは恐喝になるので録音すれば 恐喝者はブタ箱行きです。

人身売買はまた異なる問題です。

売春自体違法としたのは政治家が多くの女性票を取り込むためです。

マイノリティー側の売春婦は大多数の女性理解されず、売春差別肯定とも考えられる売春防止法が成立しました。

実際、当時の売春女性団体売春防止法の成立を阻止する為、反対デモを行ないました。

とは言え、実は日本でも不特定多数の人に対する売春違法ですが、愛人契約して一人の男性に対して春を売ることは合法なので、日本売春は完全には違法ではありません。

「悪ではない行為禁止する法律存在しても良いのか?」とあなたは考えるかもしれませんが、

私は法律人間人間を裁くために共同体の様々な意見を取り入れて作られるものだと思っているので、共同体の為「悪ではない行為禁止する法律存在しても良い」と考えています

なので私はバスケ選手売春問題の件は、多くの人が不快に思う、そして違法かもしれないグレーゾーン行為をしたという事になるので、選手は間違ったことをしたと思っています

あなたリベラリスト自由主義者)なら個人自由を謳い、売買春は悪くないと主張するのも良いかと思います

共同体感情を変化させるには膨大な労力と時間がかかるでしょうが、皆の意見が変われば法律を変えることは不可能ではありません。

私はリベラリストでないので個人自由は一番に重要視はしませんが、売春には人身売買やら性病蔓延やら貧困層搾取問題があり、なおかつ完全には撲滅できない「被害者なき犯罪」なので、合法化してしっかり管理し、売春を行う女性人権が守られるようになってほしいと思います

2018-08-21

私の父は神ではなかった

私の父は田舎模型店の店主であった。これは私が高校生の時の話だ。

ある日母が私に言ってきたのだ。

「お父さん、悩んでるみたいなの。うちで万引きした子がいて」

万引き。なんと言っていいのかわからなかった。犯行中学生グループで行われていたらしい。一人が気を引きつけておいて、あとの数人が盗む。複数回ののちに捕まったということであった。学校には連絡がなされた。その晩だった母が僕にそのことを言ってきたのは。父は警察に届け出るかでないかで悩んでいたらしい。万引き犯は中学生とは言うものの、通報すればそれなりの措置がとられる年齢だった。自分警察通報すれば、一時の過ちかもしれない彼らの一生が壊れてしまうのではないか。今ここで反省してくれるのなら、警察に言わないほうがいいのではないのか。父はと言っていたそうだ。

父は私がこの話を言い出すまで私に一切この万引きの話をしなかったし、何事もなかったかのように生活していた。そういう人なのだ。私は私でそういう機微に気づけないのだが。

そして後日、反省文を提出することで警察へは通報しない。ということでおさまった。しかし、私の胸中は穏やかではなかった。違和感が残った。被害者であるはずの父がなぜ悩み苦しまなくてはいけないのだろうか。

そのとき同伴したらしい教師は父になんと言っただろうか。どうせ「彼らの将来に傷をつけたくないか警察沙汰にしたくない」、というようなことを言ったのではではなかろうか。保身のために。よくない。想像物事非難しては。

いや、もうやめよう。私はただ、彼らが許せないのだ。必要のない苦しみを私の家族に加えた、彼らが許せないのだ。存在しなければよかったとすら思う。

私の父は田舎模型店の店主であった。彼らの行動を悪とする権利なんてないし、まして責任などないはずだ。しかし、そうなっていた。確かに警察電話をかけるのは父なのだ死刑執行ボタンは3つあってそれを三人が同時に押すらしい。少しでも死刑執行したという罪悪感を軽減するためだそうだ。しかし今回はどうだろうか。ボタンを押すのは父であった。僕と母と父、それと教師で同時に電話すればよかったのか?滑稽もいいところだ。数人の中学生万引き前科付きのシールを貼る責任なんてただの田舎模型店の店主に耐えきれるわけもないのだ。

でも父にボタンを握らせていた。犯罪とされる行為をしたもの司法に乗っ取った措置を受ける。これは私達の属する共同体ルールなのだ。誰がボタンを押そうとどうでもいいのだ。父はただの被害者なのだ執行人ではない。どうしてあのとき学校教師通報しなかったのか。彼らの親は通報しなかったのか。私は通報しなかったのか。勘違いしていたのだ。

私の父は神ではなかった。

からしまないでほしかった。

あの時この違和感の正体に気づけばよかったのだ。

しかし、これを言うには少し時間が経ちすぎてしまった。

2018-08-17

anond:20180817113633

個人が集まったら自動的に「国」になるんじゃない。

各人が役割を分担し、各々責任を負うことによってシステムとしての国がなりたつ。

常は分担した職務を全うし、非常時は団結して外敵に当たる。

お前みたいに非常時になったら逃げ出すような奴を受け入れる共同体はない。

共同体意思決定に従えないのなら一人で生きろ。

2018-08-15

anond:20180815233510

で、在日の人って(とはいえいろいろいると思うが)、アイデンティティ日本人でも朝鮮韓国人でもなくて「在日」なんだそうだ。

日本軍将校にもなった朝鮮韓国人などにとっちゃあ、戦争で負けたうえに、手のひら返して従米西洋かぶれで、バブル期には現をぬかして社会や国や共同体を自ら壊してきた日本人のことは、彼らから下に見られても然るべきかもな、とも思わなくもない。

で、そんな彼らが日本人以上に天皇に想いを寄せることも不思議ではないかな。

2018-08-13

高等教育

全部試験でいいんじゃと思う

自分法学士だけどほとんど学期末試験100%単位取ったし

高認とかセンターとか全部やめて、科目単元分野の基礎応用で問題網羅的に出題し

規定レベル取れたら高卒レベル大卒レベルでいいじゃねっと思う

ITで複雑さを確保したまま、どこでも運転免許並にいつでも誰でも受けれられるようにできるんじゃね?

そしたら落ちこぼれギフテッドにも有用だろ

大学というか教授陣はゼミからにして院主体にし、学部レベル講師TAレベル学生共同体が主

名門の存続云々とかは学位学歴プラスしてなんだから独自試験選抜すればいい

まぁこ公文式上級版だな

これって理想論だろうか、それとも理想としてもなんかツッコミどころあるだろうか

2018-08-08

山根会長みたいなオッサンは意外と社会に多くいて周りから許されてる

ビビられてるから何も言われない、というのが正確か。

ボクシング連盟ニュースを見て「とんでもない会長、とんでもない組織。見下げ果てる」なんて呆れてる人のなかにも、

自分会社山根会長に対しては服従したり、褒めそやしたり、尊敬ポーズをとったりという矛盾はらんでるタイプは少なくないと思う。

だいたい、山根会長みたいな人は周りから「話すと面白い人だよ〜」とか「優しい!いい人!」とか持ち上げられている。

山根会長たまたま内部告発者というまともな人たちの謀反に遭遇して、世間に見つかっちゃっただけであって、

本来的には山根会長系のオッサン会社共同体では持ち上げられる存在

少子化って問題にすべきなの?

少子化って問題にすべきなのだろうか?人間共同体って構成員の数が増えれば増えるほど共同体内の運営が難しくなると思うのだけど。国家の中で分断が起きて問題であるかいうけど、構成員の数が増えすぎて運営がうまくいかなくなってるのでは?人口増加が問題を発生させたという考えは成り立たないの?共同体運営がうまくいっていない状況で人口を増やしてどうするのか?と思う。

2018-08-04

アイマス界隈の同調圧力について

「俺は嫌な思いしてないから、担当じゃないアイドルが酷い扱いを受けていようがどうでもいい」

というのがアイマス界隈の同調圧力の正体である

同調圧力(どうちょうあつりょく 英: Peer pressure)とは、地域共同体職場などある特定ピアグループ(英: Peer group )において意思決定を行う際に、少数意見を有する者に対して暗黙のうちに多数意見に合わせることを強制することを指す。

少数意見を有する者に対して態度変容を迫る手段にはさまざまな方法がある。少数意見を有する者に対して物理的に危害を加える旨を通告するような明確な脅迫から、多数意見に逆らうことに恥の意識を持たせる、ネガティブ・キャンペーンを行って少数意見者が一部の変わり者であるとの印象操作をする、「一部の足並みの乱れが全体に迷惑をかける」と主張する、少数意見デメリット必要以上に誇張する、同調圧力をかけた集団から社会的排除を行うなどである。』


身に覚えないだろうか?

とくに『多数意見に逆らうことに恥の意識を持たせる、ネガティブ・キャンペーンを行って少数意見者が一部の変わり者であるとの印象操作をする、「一部の足並みの乱れが全体に迷惑をかける」と主張する、少数意見デメリット必要以上に誇張する』の部分である

2018年8月1日、SSA3のシークレットゲストが発表され賛否両論議論を巻き起こしているが、

常にシークレットゲストに備えて全通しない奴が悪いという自己責任論や

「SSA3のシークレットゲスト文句を言ってるのはライブに興味がない奴」などのレッテル張りは勿論のこと

元声なしアイドルゲストなのに「ゲストを気にするのは声優しか興味がない声豚」などという支離滅裂な叩き方をしてるPもいる。

botの件ではちょっとでも疑問に持った人が陰キャと罵られていたのも記憶に新しい

レッテルを貼り人格攻撃することによって意見を言っている人物クズであると印象付けることによって、その問題意見批判黙殺しているのだ。

また、明らかに同調圧力かける場合だけでなく、茶化しておもちゃにすることによって本来問題をうやむやにし、その話題をまともに話してる奴は馬鹿だ、変わり者だという風潮が出来上がってしま場合もある。

城ヶ崎美嘉ロリコン騒動佐久間まゆ百合の件はこのタイプ同調圧力だと私は思う。

からでも調べられるので是非、自分の目でその異様な光景を見て欲しい。

デレなら杏botSSR衣装使い回し、ツインテール

ミリならオリメン干し、詩花プッシュなど

ありとあらゆる不満や意見批判に対して同調圧力及び人格攻撃が行われている。

担当Pとその他大勢

ASであれば1/13、ミリオンなら1/39、デレマスだと1/188がそのアイドル担当Pで12/13、38/39、187/188のそのアイドル担当ではないPだ。

凄く当たり前の事を言ってるようだがそうではなく

多数派少数派という括りにした場合担当Pが圧倒的に少数派になり黙殺されてしまうのだ。

というかデレマス話題にも関わらず、みんマス厨がよく事情も知らないくせに首突っ込んでくるのがザラにあるので実際はもっと悲惨だ。

アイマスギャルゲーでありキャラ萌え系の作品であるアイマスというコミュニティはみんマス厨が支えてる訳ではない、無数の担当Pという個人集合体

「少数派だから」という暴論でそのキャラ担当Pの意見蔑ろにしていい訳がない。

ではなぜ多数派が少数派を叩くのかというと

苦しんでいる担当Pがそこに至るまでの背景や環境想像する能力がないから、安易に少数派、一部のP、マイノリティという言葉を振りかざし叩いてるのではないかと私は考える。(叩いても許されるサンドバッグが欲しいだけだろと思わなくもないが)

何も担当Pの気持ちになるですよ担当Pを思いやれとかとか高度な事を言ってる訳ではない、自分担当アイドルがそういう扱いを受けた場合想像くらいは余程の馬鹿でもない限りできるはずだ。

まあ、初期の方から声ありだったアイドル担当Pには声なしの気持ち理解できるとは思えないし 

ありとあらゆるコラボに引っ張りだこな圧倒的人気アイドルのPが不遇アイドル担当Pを察するのは不可能に近いが

少なくとも

「お前が不快な思いしてようが、アイマス文句つけんな。俺は嫌な思いしてないから」

という馬鹿げた理由人格攻撃していい訳がない。

余談

この投稿の為に増田登録過去記事を参考にしたが、はてなネガティブ話題が多いのは、Twitterネガティブな事言うとスクショで晒された挙げ句村八分にされるからだと思う。 

2018-08-01

anond:20180801050846

学校をさぼった増田の話で、自分学生時代を思い出した。

高校ときは、毎日遅刻していた。別に遅刻しても先生に怒られなかった。

自由校風学校だった。(毎年東大合格者がいる進学校

 

学校先生なんて、生徒をうまく管理して余計な仕事を増やさないようにしている人が多いんじゃない?

職場として学校を見ると、狭い村社会で、教員同士でもモラハラパワハラが横行してる。

学校教師なんて、別に聖人君子なんかじゃないよ。

 

高校生なら、英語一生懸命勉強した方がいい。

親が金を出してくれるなら、外国大学に行った方がいい。

 

今の自分が、高校生のとき自分メッセージを届けられるなら、人生軌道修正ができるけど、タイムマシンはない。

とりあえず増田には伝えられる。

ホリエモンは好きじゃないけど、彼の問題提起は参考になる部分もある。この本、読んでみて。(買うほどの価値はない。図書館で借りて1回読めば十分)

 

学校とは本来国家従順国民養成機関だった。

しかし、インターネットの発達で国境無視した自由交流可能になった現代国家名実ともに"虚構共同体"に成り下がった。

もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪しかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。

では、これから教育理想形とはいかなるものか?

学校はいらない」「学びとは没頭である」「好きなことにとことんハマれ」「遊びは未来仕事になる」――本音で闘うホリエモンの〝俺流教育論!

 

学校は、自分利益のために利用するもの

間違っても、学校に飼い慣らされて、先生命令に従うロボットに改造されちゃダメだよ?

anond:20180801012639

我が一君万民世界に類を見ない単一民族共同体の絆をDisるガイジンどもと裏切り者出羽守どもと日々戦ってるに決まってるでしょおおおおおお!!!!!

ダイバーシティに悩まされない日本の良さを褒めてくれるガイジンは今のところalt-rightアメリカネトウヨ)みたいな低偏差値連中ぐらいだけどさ、

ダイバーシティのせいで母国無茶苦茶になっているこの時代に多感な青年期を過ごした世代西欧世界の主役になるころには、

「やっぱ多文化主義は糞だわ、日本を見習おうぜ」という意見ナチ扱いされずにヨーロッパ政界・学界でメインストリーム一角を占めるぐらいの地位を得ると信じているよ。

2018-07-28

anond:20180728120014

生産性のないところに税金を使うのがコスパが悪いっつー話

から、その発想が優生思想のものなわけよw

それだと「老人や病人障害者死ねばいい」と同じ発想。

生産性がなくても、支援のために税金を使っても良いという合意がないと、国という共同体が滅ぶ。

 

目先の利益に目がくらまされると、第2次世界大戦アメリカ戦争をやって負けた日本の二の舞だよ。

そういう愚行はやめておこう。

2018-07-23

ところで日本ってアジアで一番ポルトガル話者が多い国なんだよね。ポルトガル語諸国共同体オブザーバー参加してるのもアジアでは日本東ティモールだけだ。

理由はもちろん在日ブラジル人

地理的な遠近が必ずしも重要ではないということの一例だと思うね。

2018-07-19

anond:20180719174732

まー奴隷もそうだけど、根本的に人口が維持できないということは、共同体が維持できないということと同義からな。

社会として永続性が保たれていない。

anond:20180719114103

おかしいのは、そのルール共同体構成員強制できない社会のほうだろ。

変えるべきは社会であって個々人を攻撃することは意味がない。

2018-07-16

50歳強制安楽死制度日本を救う

現在日本が抱える様々な問題は、国民を50歳で強制的安楽死させることでその多くが解決されることに気づいた。

50歳強制安楽死制度下での日本国民の一生は大体以下のようになる。

0~5歳

まだ若い両親の寵愛を受けて育つ。

後述の通り両親はまだ学生であるため時間も体力もあり、全面的な愛を受けて育てられる。

6~12

小学生

現行の小学校とほぼ同様だが、来るべき中学生時代に備え恋愛セックスに関する踏み込んだ性教育実施する。

13~15歳

中学生

男女ともに中学校にて婚約相手を見つけて婚約第一子をもうける。

妊娠中は女子生徒は学校に通えなくなるので、e-larningや家庭教師などで国が全面的学習サポートする。

子育てはまだ若い双方の祖父母のサポートの元で行う。

16~18歳

高校生

それぞれ配偶者と2~3人目の子をもうける。

学習に伴うサポート体制中学時代と同様。

19~22歳

大学生

子供かわいい盛り。

大学生活を謳歌しつつ子供と遊び成長を楽しむ。

学生であるため長時間残業子供と接する時間が取れないなどということもない。

23~39歳

社会人(あるいは大学院生)。

社会人時点で子供小学生。両親は40歳弱。

後述するが両親はすでに退職間近であるため、子供の面倒を全面的委託することができる。

子供の面倒に気を奪われることなく、全身全霊を仕事に注ぎ込むことができる。

1日最低15時間、週休1日前後で猛烈に働く。

40~49歳

退職

40歳以上の人間仕事パフォーマンスが下がるため社会には不要。早々にリタイアする。

40歳とまだ若いため、十分に余生を楽しむことができる。

孫(概ね10前後)とも仕事を気にすることなく存分に触れ合うことができる。

社会人時代は身を粉にして働いたため、遊びに使う貯金も十分にある。

第二の青春と言って良いだろう。

50歳

安楽死

病気に苦しむことなく楽に逝くことができる。

仕事に遊びに子育てに、充実した人生であった・・・

これによって何が解決するのか

純粋恋愛結婚回復

初恋をしたのは中学生の頃だった」という人も多いのではないだろうか。

この制度下では中学生時代結婚するため、現在のような30歳を過ぎて男女ともに打算で行う醜悪結婚とは異なり、若い純粋な恋情をそのまま婚姻という形で実らせることができる。

高齢童貞処女問題の解消

今日恋愛自由主義化はますます加速している。それに伴い男女ともに恋愛結婚から取り残される人間が多く出現するようになった。特に男性高齢童貞社会に対して抱いている怨念は凄まじく、その存在自体が人々や社会迷惑を与え、中には直接人々に危害を加える人間まで出現する有様である

この制度下ではかつて共同体企業果たしていた「お見合い」の機能中学校代替する。これにより恋愛セックス結婚から漏れ落ちる人間がいなくなり、それは即ち高齢童貞消滅意味し、治安においても精神衛生の面においてもこの国が安定することに繋がる。

万全なる労働力の確保

40歳以上になると体力も低下し思考も硬直化するため、労働力としての価値は低下する。

この制度下では40歳退職となるため、20~30歳の働き盛りを労働力の中心に据えることができる。

完全なる女性社会進出の実現

女性生物学宿命により、妊娠出産のために最低でも1年近くは前線から離れることとなってしまう。一方グローバル社会での企業間の競争は日に日に激しくなり、どの企業産休・育休による社員前線から離脱容認できる体力がなくなっている。女性社会進出の意義を企業理解していても、どうしてもこの事情があるために女性社員雇用や重役に任命することに二の足を踏んでしまうのだ。

この制度下では新卒入社時点ですでに女性は2~3人の出産を終えており、また祖父母による育児サポートを得ることができるため、産休・育休による戦線離脱がない。これにより企業安心して第一線の企業戦士として女性雇用することができる。

グローバル社会での競争に勝つための競争力を得ることができる

24時間働けますか」とはバブル時代象徴する栄養剤のCMキャッチコピーであるが、この言葉通り資源のない日本は粉骨砕身の労働によって世界トップ経済大国に躍り出た。企業間の競争苛烈さは日を追うごとに増すばかりだが、それに反するように労働者の育児に関する休職・早退の問題も増してきている。この制度下では前述の通り現役労働世代育児問題に悩まされることはない。気を惑わされることな自分の取り組むべき仕事100%のエネルギーを注ぎ込むことができる。これにより日本競争力は高まりグローバル経済戦争覇者となるだろう。

ネグレクトから解放

両親が仕事忙殺されるがためにネグレクトとは行かないまでも十分に愛情を受けることができない子供も多くいる。特に専業主婦が少なくなり母親フルタイムで働くことが多くなった今日においてはどうしても子供が両親と触れ合う時間が少なくなってしまう。

この制度下では0~7歳くらいまでは両親に、1020歳くらいまではリタイアした祖父母と触れ合うことができるため、多くの愛情を受けて成長することができる。

少子化問題の解消

この制度化では中学高校時代になるべく多く子を産むことが奨励される。

まだ学生身分であるから仕事を気にすることな産休・育休を取得することができる(休暇中の学習は前述の通りe-larningや家庭教師サポート)。

また、すでにリタイヤ済みの若い祖父母に全面的育児サポートを受けることができる(両親は仕事に集中しているためまだ孫の養育には参加できない)。

社会としても少子化が解消されるし、仕事に熱中するあまり出産適齢期を逃して涙を流す人も減るだろう。

不妊問題の減少

卵子精子も加齢によって痛み、男女ともに年を取るごとに妊娠能力が低下する。

この制度下では生物学的な妊娠適齢期である中~高校生の間に妊娠出産を済ませるため、不妊問題は大きく減少するだろう。

高齢化の解消

50歳で安楽死するからこれは自明

リタイア後の人生の充実

現在日本社会では60歳定年制度すらも無くなり、65歳あるいは70歳までも働かせようとする動きがある。

70歳でリタイアしたとして、その老体でどのような第二の人生を楽しむのか?

この制度下では40歳という若い年齢でリタイアするため、旅行スポーツを存分に楽しむことができる。

10年という余生は短く感じられるかもしれないが、まだ若い中年時代10年の密度は後期高齢期間の数十年に匹敵するだろう。

破綻した年金制度廃止

50歳で安楽死するため退職~死までの期間は10しかなく、現役時代苛烈労働によって十分な貯蓄を行うことができるため、年金制度廃止することができる。

苦しい死の可能性の軽減

日本人の死因の1位はガンである

ガンの終末は苦しい。

ガンに限らず年を重ねるごとに重い病気によって死ぬ確率高まる

そうなる前の50歳という比較若い時点で安楽死することにより、苦しみの果てに臨終するという悲劇可能な限り避けることができる。

2018-07-13

anond:20180713222022

創価なんか幸せそうだけどな

相互に励まし合ってるし、いわゆる共同体の一員になれたみたいな感じで

底辺で他の底辺呪いながら苦しむより、創価やら共産の疑似共同体で現世の苦しみを忘れてくれた方が、本人にとっても周りにとってもベターな気がする。

2018-07-09

anond:20180709142104

じゃあEUを真似してアジア共同体作ろっていうてうまくいくとおもうか?

2018-07-07

anond:20180707150628

演歌は創られた伝統」というのは要するに、「演歌はニセモノの日本の伝統だ」ということですよね。

「ニセモノ」というのは、「ホンモノ」があるから成り立つわけです。ホンモノが明確ではないのであれば、ニセモノも明確ではないということになる。

だとすると、

演歌はニセモノの日本の伝統だ」という主張をするためには、

「これがホンモノの日本の伝統だ」という主張が必要不可欠なはずです。

これは正しい。

まずそもそも日本」という単位自体ナショナリズムのものといっていい。

ゲルナーは『民族ナショナリズム』において"政治的単位民族単位を一致させようとする政治的原理"をナショナリズムと捉えた。

日本の伝統と言ってしまうと必然的にそうなる。

肯定する場合でも否定する場合でも主語日本にしてしまうとそうなる。

国家及び民族主語にして語る時点でナショナリズム的と言っていい。

演歌はもともと西洋音楽から日本の伝統ではない」

ということを自明であるかのように語る人がいっぱいいるけど、全然自明じゃないです。

もし仮に、日本は古来から文化的排他的海外のものを寄せ付けなかった、とかい歴史的事実存在するのであれば、

演歌はもともと西洋音楽から日本の伝統ではない」というのは正しいと思います

でも実際には、そんな歴史的事実存在しないんですよ。

箏も三味線も、もともとは海外ナウい楽器だったし、雅楽ももともとは海外ナウい音楽ジャンルだったわけす。

仏教インド発祥だということはだれでも知ってることのはずです。

ようするに、もともと海外のもの伝統になる、ということは日本では古来から普通のことだったわけです。

というか世界的に見てもそれが普通なんですよ。


この段落は非常に雑だし、前提がおかしい。

当該社会集団が何を選択的に残し、何を排除たか。何をナウいと考え、何をダサい判断たか

その価値判断は誰によるものか。どういう思想によるものか。

そういった当該社会集団による意図的選択連続としての受容史を単なる伝播、自然淘汰と読み違えている。

インド仏教日本仏教は全く違いますよね。

また、楽器で例えるなら韓国伽耶琴と日本の琴は全く違いますよね。

ダルシマーヤンチンは全く違いますよね。

文化は伝播してもそのまま伝わるわけではなく、ある種の選択判断が生じている。

雅楽だって日本韓国昔ながらのスタイルのままだと主張しているが、実際には微妙な違いがある。

その価値判断伝統の名の下にくだすのがナショナリズム的言説でしょ。

たとえばですよ、

正月によくかかる「春の海」という曲はたいてい「伝統音楽」の棚においてあります。この曲は洋楽邦楽ハイブリッドです。形式的には完全に西洋音楽です。

から

「春の海は形式的には洋楽から日本の伝統じゃないよ」

という意見もあります。でも同時に、

作曲者バリバリ邦楽演奏家なんだから日本の伝統じゃん」

という意見もあるわけです。

で、このふたつのどちらが客観的に正しいかということを実証することは不可能です。人それぞれ価値観が違う、としか言いようがない。

いやそもそも音楽学者で《春の海》をそういった視点分析する奴は今日びいないです。

伝統かどうかというのはもはや何の問題提起にすらならないんですよ。

なぜならその枠組み自体幻想だという前提で読むからね、まともな音楽学者は。

伝統」とはなんなのか、「日本」とはなんなのか、「音楽」とはなんなのか、

とういうような哲学的な問いにきっちり答えないといけないはずなんですよ、もし演歌はニセモノだと言いたいのであれば。

「創られた伝統」という概念と「創られたわけではない伝統」という概念は、どこがどういうふうに違うのか、

ということを哲学問題として、きっちり論理的説明しなきゃいけないはずなんですよ。でも、そんな作業してる音楽学者なんていないですよね。いたら教えてください。


とっくに議論されています伝統の創出についてはホブズボウムがまず前提。

ヘルダー、ダールハウスタラスキン、ヴィオラリーマン、リッサ、アドラーも読んでどうぞ。

特に19世紀ヨーロッパナショナリズム芸術関係が盛んに論じられていたので、

この分野の先行研究として学びがある。ロシアスペインフィンランドハンガリーなどなど。

繰り返すけど伝統って自然に生じるものではなくて、外と相対化されて初めて気づくものだし

伝統自体共同体による幻想なんだよね。

割と最近テレビラジオ地方地方性を駆逐したのではという話もあって面白い

北海道沖縄も、東京の発信する音楽文化に染まってしまったという話で、

それが国家音楽民族音楽だと大衆勝手に読み替えられているという話ね。

音楽って人間社会性そのものだよねってのはブラッキングの『人間音楽性』の指摘だが、

そういう純粋なる民族性の罠にはまってないですか。増田

あれ、演歌の話どこいった。

2018-07-06

anond:20180706101603

自分田んぼだけの話なら最悪後日でも良いですが、

よそにご迷惑がかかるといけませんので・・・

自分土地用水路自分管理するのが共同体ルールです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん