「明確化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 明確化とは

2021-05-10

anond:20210510212440

いやだからそれは社会から無視され、研究課題とされてこなかったためですよ。

からちゃん予算をつけて、定義明確化し、分析しましょ?これには反対しないでしょ?

2021-05-06

anond:20210506232432

それは導入する側の企業が非論理的制度運用をしていればするほど重たく面倒くさいから、簡素責任分界が明確化できてれば特に支障にならない。

そんな事になるようでは現状を疑わないといけない。え?そんな事にそんなもの必要なので?という次元から

業務が整理されておらず権限評価が適切に動いていないのであれば簡素フットワークの軽いシステムを導入するのは毒にしかならない。

2021-05-04

弱者男性」は絶対に聞かれたことに応えない

https://anond.hatelabo.jp/20210503230241

この一連のツリーを見てわかる通り「弱者男性」たちは

「お前は傲慢だ」

「お前の聞き方では答えたくない」

「お前の言っていることは間違っている」

「お前が俺に言ったことは〇〇に対して言ったことと矛盾している」

しか言わなくて

なぜ、自分たちが辛いのか

なにが不足しているから救われないのか

どんな手助けが必要なのか

絶対に口にしない

他人への攻撃ばかりに必死になって、

自分要求するものの掘り下げと明確化絶対にしようとしない

まあ、おそらく、「言ったら社会的にぼこぼこにされる」要望

正論でずたぼろにされることを恐れているんだろうな

たとえばあてがえ論とか

違うというならちゃんと話せばいい

2021-05-03

結局、自炊するようになったのは

健康上の問題明確化

郊外への引っ越し

うまいものを安く食べたい

理由だった

大人たるもの料理くらい自分ですべき、とか、誰かに作ってあげたいとかいうのはモチベーションにそこまで貢献しなかった

2021-04-26

内で実践した経験ノウハウを広く公開していきたい 従業員の働き方や意識についてはどうでしょうか。

ミレニアル世代以降を「目覚めた世代(Woke Generations)」と呼ぶことがあります。彼らは自分価値観会社提供する価値を考え、社会的に間違っていることがあれば明確にメッセージとして主張します。従業員はただ雇われるのではなく、例えばDEI(ダイバーシティエクイティインクルージョン)を重視し、おかしいところがあれば臆することなく指摘するのが世界的な潮流です。企業はこうした従業員とよいコミュニケーションを取るために、ビジョンや具体的な回答を明確に示す必要がでてきます

 ですから今後は、ジョブディスクリプションに基づいた合意の下で働く「ジョブ雇用」のように、企業従業員が対等な関係性の中で役割目的明確化するローコンテクストな働き方が増えていきます。こうなると「オフィスに行く」という行動は、カルチャーの共有やテキストだけでは理解できない経験を伝えるなど、極めてハイコンテクストコミュニケーション場所になっていくと考えられます

社内では部下の成長支援目的として1on1ミーティングを定期的に実施しています。一人一人の従業員未来を含めて、上司管理職経営層がどうサポートしていくかがこれまでより重要になってきたと感じます従業員真剣に向き合わないといけませんし、自分自身がジョブ型の人事制度シフトする中で、部下の一人一人に対して何をどんな役割で任せるかを明確にコミットしないと、働く姿が見えなくなる可能性があります。そこも含めて難しい環境になってきたなと感じています

その意味では、データ活用して一人一人の特性を把握したり、AIを使ってそれまで目に見えなかったスキルを見つけたりといった取り組みも進んでいるので、期待はしています

変わるオフィス意味

前述したWork Life Shiftには3つの実践が含まれます。固定的なオフィスに全員出勤することを前提とした勤務制度や手当、福利厚生IT環境などを全面的見直し時間や働く場所にとらわれない働き方の実践Smart Workingです。

 Borderless Officeは、オフィスの在り方を3つに分けて再設計する取り組みです。オフィス性質別にハブオフィス」「サテライトオフィス」「ホームシェアードオフィス」に分け、仕事の仕方を分類したのです。出社しなければできない仕事会社でやり、家でできることは家でやります。実は、オフィスにはコクヨ製のファシリティも導入し、従業員が使うことを誇らしく思えるように作っています。これらと併せて、Culture Changeとしてジョブ型人事制度の導入など文化を変えていく取り組みも進めています

――新しい働き方では「PCを設置したデスクに出向いて仕事をする」といった、従来の場所デバイス関係も変わり

ジョブ型、分散型の働き方が広がると未来学者フィリップ・ロスが言う「アプリ中心主義」の働き方(App Centric Work)になると言われています仕事場所や同僚を探す、休憩のためにコーヒーを予約注文するなど、仕事をするためにまずアプリを立ち上げ、アプリを中心に仕事をまわすようになると、端末の重要性も高まっていきます。常に手の届くところに置き、全ての起点になるデバイスへのニーズは大きくなってくるでしょう。

アプリ中心主義」の働き方は非常に良く理解できます感覚的には「モバイルPCオフィス」が近いのではないでしょうか。「PCを開いた場所仕事である」という体験テレワークを通じて多くの方が理解したのではないかと思います仕事をこなす場所としてのオフィスモバイルPC代替するようになるかもしれません。

 私たち富士通モバイルPCテレワークキーになると考えていますテレワークの普及をきっかけにモバイルPCニーズが高まったことを受け、現在テレワーク向けの機能強化を進めています。弊社モバイルPCLIFEBOOK U9シリーズ」は、コクヨさまにもご導入いただき、貴社従業員の皆さまにご好評いただいておりますが、このU9シリーズの最新機種では、エンドポイントセキュリティ対策機能を強化し、より安全に快適にテレワーク実践できます

今後は物理的なオフィス役割は見直されるでしょう。今までと同じノートPC仕事をするのであれば、わざわざオフィスに来る必要がなくなりますオフィスオフィスでなければできない仕事のためにチューニングされていくでしょう。例えば、複数ディスプレイ議論のためのダッシュボード、遠隔のメンバーを交えて議論ができるワークスペースなどが整備されていくのではないでしょうか。

山下さんがおっしゃるようなハイコンテクスト議論を求めてオフィスを使うとき従業員がいちいちモニターケーブルなどの周辺機器各自で持ち込むのは合理的ではありませんし、フットワーク軽く議論に出かける状況を作りにくくなります

 富士通場合オフィス据え置きで大画面の液晶ディスプレイポートプリケータといった新たな設備を設置することでこうした問題対処しています。小さな改善のように見えますが、ちょっとした気配りが組織の行動や発想を左右することがあります私たち富士通は、大規模なテレワークを通じた経験から、そうしたノウハウも含めて時代に合った提案をしていきたいと考えて

2021-04-06

anond:20210406130532

実際の話、女性上方婚をやめられないなら、弱者男性にとっても、この政策が一番救われると思う。

弱者男性の切り捨てが制度的に明確化するので、それなりの補償も期待できる。

今が一番中途半端自己責任で救われていない。

一夫多妻制にし、社会の持続のため、今生きている/これからまれてくる弱者男性犠牲にみんなが感謝して生きていこうじゃないか

人間動物としての本能だった一夫多妻制に戻るだけだ。

2021-04-03

統計的差別を亡き者にはできないよ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/gendai.ismedia.jp/articles/-/81804

饅頭さんやデヴィッド・ライスさんのことは応援しているけど、この記事フェミニスト男性学者が受け入れられるものにはまったくなっていないね

これは統計的差別という概念を正面から否定するものになっており、現代フェミニズム統計を駆使しながら戦ってきた歴史をも否定することになってしまっている。

例えば、女性専用車両合法的に成立させている基盤はなんだろうか。

統計無視できないレベル男性から女性に対する性犯罪が多く、その逆は圧倒的に少ない。

政策としてもこの統計的傾向は無視できないからこそ、最大多数の最大幸福を優先して専用車両を設けるに至ったんだよ。

加害性の強い属性強制隔離しない限り、電車内の性犯罪は防げないから。

実際に女性専用車両によって痴漢は防げるようになった。

別の例としては共同親権問題もある。

あれだけ世界各国から勧告されてもなお日本共同親権制度を拒み、主に母親親権付与する形で単独親権制を維持する理由は何か。

父親の加害性、妻や子に対する家庭内暴力モラルハラスメント発生件数母親によるものと比べても圧倒的に多く、共同親権にした時のリスク無視できないからだよ。

家庭どころか、未成年の時点で既に男子学生と比べて女子学生の方が交際相手からの加害(デートDVと呼ぶことも)を受けやすい傾向にある。

フェミニズムだけじゃない。

今は政策一つ考えるにも統計が重視される時代だ。

EBPMという概念があってね。

https://www.cao.go.jp/others/kichou/ebpm/ebpm.html

EBPM(エビデンスベースト・ポリシーメイキング証拠に基づく政策立案)とは、政策企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策目的を明確化したうえで合理的根拠エビデンス)に基づくものとすることです。

政策効果の測定に重要な関連を持つ情報統計等のデータ活用したEBPMの推進は、政策有効性を高め、国民行政への信頼確保に資するものです。

内閣府では、EBPMを推進するべく、様々な取組を進めています

有害人物排除一つとっても、十分な統計エビデンスを集めてきた上でようやく可能となる。

これだけ統計が重視されている中で、全体の傾向があっても個々の人間には問題がないなどと言っていては、専用車両アファーマティブアクションも成立させることなどできなかっただろう。

2021-03-25

もやもやするって言葉もやもやする

もやもやするって言葉を使う場合、ある気持ち言語化できないってことだと思う

なぜ言語化できないかって考えると、

言語化したい対象明確化できていない

対象明確化できているが、適切に表現する言葉がない

対象明確化だし、適切に表現する言葉もあるが、表現することが憚られるため言葉にせずに誤魔化す

言語化したい対象はないけど、なんかありそうな雰囲気を出したい

があると思ったんだけど、俺がもやもやするのはこの3つ目の用法

もし口に出すことが憚られることなのにもやもやって言葉を使って通じ合うのはすごく卑怯だと思う

必要なら言葉にするべきだし、そうじゃないなら口をつぐむべき

から俺はハッキリ言うよ

もやもやって言葉を③の意味で使うこと(④もだけどそれはまた別にでも)が嫌いだ

2021-03-19

anond:20210319120304

まさしくその点について書いた文章なのですが、伝わり辛く、すみません・・・

まず前提として、オタク達は「基準を明確にしないサイゲームズの言及には「どこからエロいのか」をわかって」いません。

何度か書いたように、またあなた言及している通り、Cygamesの出した基準不明確で、「どこからエロいのか」そもそも「どこからイメージを著しく損なうのか(エロを含むのか)」すら判断のしようがない表現です。

まり「どこからエロくてどこからエロくないか本当」に分かって居ないのです。

 

しかし、そのような基準が分かって居ない状態でも暗黙のままにしておける、特殊で異常な関係が成り立つ理由を私は先の文章で書きました。

そしてそのような異常な関係フェミニストオタクの間では成り立たないので、「どこからエロいのか」基準を明確にするという当たり前の認識あわせが必要になる訳です。

フェミニストオタクの間で必要になる明確化の方が「当たり前」だという事に注意してください。何度も書きますが、二次創作一次創作基準明確化しなくてもいい関係の方が異常なのです)

 

また、エロについては程度というものがある事を抜かしてこの件の議論不可能だと考えています

18禁にならないような表現についても人は「エロ」を感じることはあります

ウマ娘二次創作者の間では、ひとまずの目安として18禁が「どこからエロいのか」のラインとして少なくともオタク側の理解としては共有されている、と私は考えています

しかフェミニストオタクの間ではこの暗黙の了解通用しません。18禁でない表現でもフェミニストの方は「エロ」だと判断し得るし、

先程「18禁にならないような表現についても人は「エロ」を感じることはある」と言ったように、そのようなフェミニストの方の感じ方は間違いとも言えないからです。

18禁というラインを失った結果、「どこからエロいのか」の基準は再び分からなくなります

と言うより、本当に分からないのは「どこからエロいのか」ではなく「どのくらいエロければ規制されるべきなのか、どのくらいエロければ公共の場掲示に適さないのか、どのくらいエロければ広告に適さないのか」等の個別基準だと思います。「どこからエロいのか」という設問自体が既に粗すぎるのです。

仮にあなたがそうした「どのくらいエロければ~~するべきでないのか」を明確化することが可能だと考えるなら、それを示しさえすれば議論は一歩前に進みます

逆にその明確化不可能だと考えるなら、「どこからエロいのか線引きは出来ない」と考える人と、その点について見解の相違は無いという事に成ります

私が当惑するのは、双方が対立しているように見えない点です。どちらの立場の人も基準明確化を求めている気がします。

恐らく混乱の原因は「基準」というものに対する理解の相違なのだと思います

基準」は最初からある物ではなく、作り出す物です。「どこからエロいのか」は最初から決まっているのではなく、誰かが決めないと決まらない物です。

そのような意味で「どこからエロいのか線引きは出来ない」という言い方は正確ではないと私は感じます。線引きできないのではなく、誰かが線引きしないと、線は永遠に存在しないのです。

そして、私の様な規制を受ける側(一次創作者)がその線を決定することは出来ません。勝手に「私がやっているこれはセーフ」と出来ちゃいますから自分に対する規制自分で決められるなら何だってありになってしまます

から規制を求める側(フェミニストの方々)に明確な基準を置いてもらう他に無いのです。勿論その基準が適切かどうかの議論は別途必要になりますが、最初の一歩が無ければ何も進まないのです。

一次創作から見たウマ娘フェミニストの方にご理解頂きたい事 の追記

https://anond.hatelabo.jp/20210318200022

この増田について、ブックマークコメントで気になったものに返信させていただきます。(長すぎて切れてしまったので増田を分けることにしました)

 

碧志摩メグの件で不快感を示す海人さん達を叩き、映像研で作者を叩いた人達たくさん居たよね。権利者が言ってるのにそれはないだろうと思う。あと、オタクフェミニストも沢山いるので勝手対立させないでくれ

碧志摩メグさんの件は実はこの件に関して物凄く重要な例だと思っていますナマモノとそうでないもの境界からです。後程詳しく説明します。

映像研の作者さんはこの文章を書く上で念頭に置いていました(具体的には(ここにも例外はあり、明確な基準を出すケースもあります)辺りで)、ただ「叩いた人達たくさん居た」と言うのが自分の印象と異なっていて驚きました。恐らく観測範囲問題だと思うのですが、自分の見える範囲では大部分のオタクに受け入れられていたので自分の中では「一次創作者が基準を出し、受け入れられた例」として記憶していました。

あとオタクフェミニストが居るというのは文章中も書いた、と言うより結論部で強調したはずですが・・・・どういう意図コメントでしょうか・・・・・?

対立しているとも書いていませんし(集団間に信頼関係は無いとは書きましたが・・・・)、互いに信頼関係の無い集団の両方に属する人が居るのは当たり前の事です。

オタクフェミニスト存在するという事実は私の論旨にとっても非常に重要事実です。既に書いた通り、それは二次創作を取り巻く環境特殊性を知っているフェミニストの方が居るという事ですから

 

 

そもそもウマ娘に関しては騒いでる「フェミニスト」というのは最初から存在せず捏造デマ嘘松エア炎上だったで決着してたはずやがこの増田はいったいどこの「フェミニスト」に向かって言ってんのや?

誤解がある気がするので詳しく説明します。私が念頭に置いているのは以下の増田さんの冒頭で引用されているツイートです。(尚、この増田さんの文章フェミニストへの敵意が露わになって居る為、閲覧には注意が必要だと思います。内容としては似通ったことを言って居るかも知れませんが、態度に私は同意出来ません)

https://anond.hatelabo.jp/20210317235416

ここで引用されているツイート主の方は別の所で見た事も有り、フェミニストの方だと認識していますが、それ以前にツイート内で「フェミニスト」と「それに「どこからエロくてどこからエロくないか線引きなど出来ない」と言う人」が登場します。

この文章はこの2つの登場人物集団を想定して書いています

ここで質問なのですが「ウマ娘に関して騒いでる「フェミニスト」」とはどのような人を想定されているのでしょうか?

さっきのツイート主の方の事でしょうか?であれば存在します。そうではなく例えば「ウマ娘自体を(性的であったり、動物女性化しているという理由で)批判しているフェミニスト」という意味であれば、私はそのようなフェミニストの方をそもそも想定していませんし、文章内でも触れていないはずです。(もしそうであれば、どこからそういう発想が出て来たのか良く分からないです・・・・)

私が想定し、理解を求めているのは「オタク二次創作者)は一次創作者とフェミニストで態度を変えているじゃないか」と違和感を持つフェミニストの方です。そうした方の存在は先のツイートで居るのだと認識して書きました。

同様の誤解を与えてしまって居そうな方を挙げます。私の文章が分かり辛く、すみません

 

今のところ私は「ウマ娘を叩くフェミニスト」を見たことないんだが…なんか仮想敵作ってシャドーボクシングする案件増えてないかなあ…。

作品で「エロいから/女性性的消費だから引っ込めろ」的な「いつものフェミニスト」の過激主張ってそんなに大きかったっけ?エア炎上は有ったがまさかソレが既成事実化しててその前提であちこち話が広がってる?

フェミが焼いたみたいなデマを元にしてる時点で評価できない。そもそも自分たちがやってること、消費してることに対しての危険性を自覚しろ。開き直るな。それこそ同じオタとして迷惑だ。

ウマ娘は「『フェミ炎上させてる』は嘘だった」が知られているし女性にも人気なのでそっとしたいてほしい。オタクは嘘炎上でも構わないから女叩きがしたいんだ、とまとめて敵視されたくもない。テイオかわいいよ

恐らく同様の誤解を与えてしまって居ますね。申し訳ございません。

恐らく想定されているような「ウマ娘を叩くフェミニスト」はこの文章では元々想定していません。あくまで「オタク二次創作者)は一次創作者とフェミニストで態度を変えているじゃないか」と違和感を持つフェミニストの方向けの文章です。

 

一次創作者と二次創作者の信頼関係」に対して、「フェミニストオタク」を当てはめてる意味がわからないんだけど。せめて、「フェミニスト表現者」では? 「オタク」というのはどういう存在なの?

これは実は非常に重要な点です。実は先の元になったツイートで私も良く分からないのがこの点なのです。

ウマ娘における曖昧基準でも受け入れられる暗黙の関係は、ご説明した通り「一次創作者と二次創作者の信頼関係」で成り立つ特殊ものです。

一方でツイート主の方が想定されている「どこからエロくてどこからエロくないか線引きなど出来ない」とする人の大部分は恐らく一次創作者でも二次創作者でもありません。つまりそこに二次創作特殊事情で成り立つ関係が同様に適用出来るという発想が私には不思議なのです。(そのような意味で、「せめて表現者を想定するべきでは?」という疑問は私も共有します)

ただしこうした関係二次創作特殊事情に依るとそもそも知らなければ、おかしな発想ではありません、そこで私はそのような想定でこの文章を書こうと思った次第です。

また、勿論二次創作者とオタク兼任する人は居ますので、兼任する人だけを想定している、という考えはあり得ると思います。そのような想定も念頭に置いて書いたつもりです。

オタク」については「「どこからエロくてどこからエロくないか線引きなど出来ない」とする人」では長過ぎるので、言い換えています。「「どこからエロくてどこからエロくないか線引きなど出来ない」とする人」かつ「「ウマ娘エロ絵は禁止」の一声で「何がエロだと受け取られ、馬主不愉快にするか」をきちんと自分達で考え始めた人」の集合ですね。

 

増田あなたあなた自身二次創作者に向けて「自分作品に」配慮して欲しい旨を伝えたことがあるのだろうか。編集部などではなく自分自身二次創作過激エロを止めて欲しいような事を発言したことが?

私自身は自分作品二次創作自由に遣って頂いて構わないので、そういう発言をした事は無いです。

ただ、自分以外の方の例を見て、発言すれば意図を汲んでもらえそうだなと思う事はあります

あと映像研の作者の方の件は受け入れられた認識だったので(そうではない可能性が出てきましたが・・・)、そこでも一次創作者の意図は組んでもらえそうだと考えていました。

 

上っ面で敵意がないとか言いながら俺らは昵懇なので口出すなって言ってしま無能増田だ。都合よく選んだステークホルダ間に閉じたオレオレ信頼の話じゃなくて社会一般に開いた話をしようね。

対応の差は元々問題と思わないので異論もないが、表現においてOK/NG基準が暗黙裡に共有されるって相当特殊状態なわけで、部外者にそれを求めるのは無茶かと。オタク差別的な表現非難する時に基準などないでしょ

このお二方は私の文章と同じ趣旨の事を、反論という形で書かれています。つまり誤解を与えてしまって居るという事ですね、申し訳ございません。

私の文章はまさに「社会一般に開いた話」に「都合よく選んだステークホルダ間に閉じたオレオレ信頼」と同じ対応を求めるのは無茶である、と言う趣旨です。

また「表現においてOK/NG基準が暗黙裡に共有されるって相当特殊状態」を「部外者同士(フェミニストオタク)の関係間にも求めるのは無茶」という趣旨です。

本当に重要な事なのですが、「二次創作者と一次創作者」の暗黙の関係の方が特殊で異常なのです。だから社会一般殆ど関係でそれと同様の対応を求めることは出来ないし、「フェミニストオタク」の間にそれを求めるのも不可能、という事なのです。

うーん・・・・これでも分かりにくいかも知れませんね・・・ただこれ以上どう詳しく説明すれば良いのか、苦慮している状態です。表現者としてなっていませんね・・・・。

 

あとは最初に言っておいた碧志摩メグさんの件について書きます

実は碧志摩メグさんの件はこの話で非常に重要論点です。何故かと言うとウマ娘における馬主競走馬達と似た(しか微妙に異なる)立場海女さんの方々が置かれた例だからです。

まず重要なのは碧志摩メグさんはナマモノなのか」という事です。ウマ娘場合、限りなくナマモノに近い、と言うより個人的にはナマモノと言ってしまっていいと思います実在の馬に対し、個体識別できるレベル二次創作を行っています

対して碧志摩メグさんはと言うと、実在海女さんという職業対象にしていますが、個人識別できるレベル二次創作ではありません。海女さんという職業対象にした萌えキャラ化という認識です。

ただし注意しなければならないのは、「職業対象にした萌えキャラ」を全て同等だと考えるのは危険だという事です。

例えば駅乃みちかさんは恐らく鉄道スタッフ対象にした萌えキャラですが、彼女碧志摩メグさんを同等に考えるのは危険です。何故なら海女さんという職業に就く人の少なさに加え、「伊勢志摩」という地域限定もかかっている為、個人識別出来るレベルでないとしても絞られる人数の規模が異なるからです。

私の書いた文章では、まず第一法律レベル尊重されるのは一次創作者の様に作品権利を持っている場合か、ナマモノの様にその人自身肖像権等の権利を持っている場合だと考えていました。

通常、職業対象にした創作について、その職業の方が権利を持つ事はありません(例えば漫画家が「漫画家萌えキャラを描かないで」と言っても効力は有りません)、しかし単純にそれを碧志摩メグさんに適用するのは危険だと私は考えています

これは個人的な考えですが、碧志摩メグさんの例は、一次創作者やナマモノ対象者の様な権利者と、職業萌えキャラの間ぐらいに位置すると考えるべきだと思います

恐らく(素人なので分かりませんが)法律的に海女さん達が碧志摩メグさんに権利を持つ事は無いと思いますしかしだからと言って彼女たちの意志無視するのは倫理的問題がある、というのが私の考えです。

そしてウマ娘ではまさにこうした問題に対する対応が行われています法律的には競走馬馬主の方々やファンの方々はウマ娘について権利は持っていないそうです、しか権利を持っているCygames馬主ファンの方々の意思尊重する姿勢を明確にしています

こうした関係理想的ですし、碧志摩メグさんについても同様の対応がとられていれば良かったのではないか、と考えています

 

 

なんでフェミニストには一次創作者がいない前提なの?沢山いますが。

すみません、そのような前提では書いていません。

フェミニストの方の中にはオタクも、腐女子も、ウマ娘を愛好する人も、ウマ娘二次創作者の現在関係理解肯定する人も、二次創作者も、一次創作者も、その他色々な人が居る、という前提の下書いております

特にフェミニストオタク腐女子二次創作者や一次創作者の方は、私が説明するまでも無く二次創作を取り巻く環境特殊性理解されている、と言う認識で書いております

 

 

フェミニズムに親和的人間もそれぞれの趣味に傾倒するし創作もするよ。そのなかで誰かを傷つける可能性に葛藤も悩みもするよ。だからこそ不誠実な「何がエロかわっかりませ~~ん」に怒るんだよ

フェミニズムに親和的な人も創作する事、存じております。と言うよりも(隠していた訳では無いですが)私自フェミニズムに強く共感している創作者の一人です。

それ故、仰られている葛藤や悩みにも身に覚えがあります

ただ、それ故に「何が不誠実なのか」を論点先取する事には一定の躊躇を覚えます。「エロ」というもの定義困難性や明確化の困難への懸念や警戒を「何がエロかわっかりませ~~ん」へと翻訳することについてもです。

一人の創作者でありかつ創作受け手でもある人間として、「エロ」というものの難しさに向き合うことにも誠実でありたいのです。

「何がエロなのか決めることが難しい」事が本当に不誠実な態度なのか、まずはそこを決め付けずにもう一度詳しく検討したり、議論したりすることが誠実な態度なのではないでしょうか?

 

フェミが焼いたみたいなデマを元にしてる時点で評価できない。そもそも自分たちがやってること、消費してることに対しての危険性を自覚しろ。開き直るな。それこそ同じオタとして迷惑だ。

この方の後半についてなのですが、ここは私自身の立場がややこしいというか、難しいのですよね。

私自身勿論オタクでもありますが、同時にその「消費」を提供する作者でもある訳です。

創作者側としては、割と好きに消費して欲しいという思いもあり、この件に対しては複雑な心境です。

また私の描いたキャラクター特定属性の消費に繋がるか、という事についても・・・・余り私自身の情報で変な予断を増やしたくないので暈しますが、例えば私が女性で、女性キャラクターを消費し易い形で出したら、そこにはどのような問題が有るでしょうか?

これは女性自身自由表現してよいか、という女性自身自由にも関わる話であり、この議論はそうした様々なパターンを想定した上でなければ(つまり男性女性を消費すると言う様な典型的なケースだけ考えるのでは)意味が無いと思うのです。

しろこうした議論において女性存在こそ無視されてきたというこれまでの状況に強く懸念を覚えるのです。

2021-03-18

追記あり一次創作から見たウマ娘フェミニストの方にご理解頂きたい事

追記

ウマ娘フェミニストが叩いている」という誤解等について追記を別増田で書いたのですが、末尾に載せたため余り読まれずに誤解がそのまま広まってしまって居る様です。すみません

誤解やその他コメントへの返信は以下の増田で書いていますので、合わせてお読み下さい。

https://anond.hatelabo.jp/20210319115128

追記終わり

 

 

はじめに言っておきたいのですが、私にフェミニストの方やフェミニズムへの敵意はありません。

この件に関して他の方も説明はされていますが、なにぶんフェミニストへの敵意が露わになっている物も多く、理解が難しい場合が多いと想像しています

そこでこの件に関して一次創作者と言う立場からフェミニストの方への敵意無しに説明することで、理解頂けないかと思い、筆を執ります

 

この件と言うのはウマ娘に関する認識の祖語です。

ウマ娘では著作権を持っているCygamesから競走馬イメージを著しく損なう表現を行わないようご配慮いただけますと幸いです」という注意事項が出て、大多数のオタクはそれに従っています。(例外は居るようです)

しかオタク達は(という括りは中々大雑把ですが)過去に宇崎ちゃん献血ポスターなどの際に「どこからエロくてどこからエロくないか線引きなど出来ない」とし、フェミニスト基準明確化を迫っていた、

対応が違うのではないか、とフェミニストの方が違和感を持たれている、という話です。

 

一見して確かにそのようなオタク対応は異なっています(勿論こうした対応を行っていないオタクオタクの中には居ますが)

ただしここには「二次創作」を取り巻く環境特殊さが関わっているために、そう見えてしまっている面があります。それを説明したいと思います

 

二次創作は法的にグレーな行為です。その為二次創作者は一次創作者や権利者(アニメ制作会社出版社等)に「二次創作をやっていいか」と明確に問い合わせない慣習があります

また一次創作者側も二次創作を厳しく取り締まったり、明確な基準を出したりしない事が多いです。これは一次創作側も二次創作を歓迎している側面もあるからだと思います。(ここにも例外はあり、明確な基準を出すケースもあります

ウマ娘での具体的でも明確でもない注意事項が受け入れられている背景には、こうした二次創作独特の慣習と事情があります

(少し想像が入りますが)ウマ娘側は競技馬馬主ファンとの関係を重視する一方、二次創作の過度な委縮も望んでいません。そこで明確ではない表現二次創作者側に判断をゆだねつつ、馬主ファンとの関係性を悪化させるような二次創作については牽制を図っているのだと思います

 

こうした関係性は一般的ものではありません。いくつかの条件を満たした特別関係しか成立しないものであり、「一次創作者と二次創作者(やオタク)」の間ではそれは成立しますが、「フェミニストオタク」の間では成立しない。その為に対応が変わっているのです。

ではこうした暗黙の関係が成立する為の「いくつかの条件」とは何なのか。以下私に分かる範囲の2点を書きます

 

互いに信頼関係がある事

まず必要なのは信頼関係です。

一次創作者は「度を越えた表現はしないだろう」と二次創作者を信頼しているので、明確でない基準を出せます

二次創作者は「このくらいなら訴えてはこないだろう」と自分の中に目安があり、その点で一次創作者や権利者を信用しているので、基準が明確でなくてもそれを受け入れられます

ウマ娘ではまさにそうした信頼関係が成立している様で、(一部を除いて)ウマ娘達の性的二次創作をする者は少なく、また現時点ではCygames側に怒られたという例は聞きません(私の観測範囲問題かもしれませんが)

ではこうした信頼関係フェミニストオタクの間にあるかと言えば、残念ながらNOです。

ただこれは仕方が無い側面もありますそもそも個人間ならともかく、集団集団の間でこのような信頼関係が成り立つ方が異常だと思います

一次創作者と二次創作者の間にあるこの信頼関係は、これまでの歴史が積み重なって出来たものです。ファン活動同人誌コミケ、等々、長い時間を掛けて生まれ信頼関係を他の集団が持っていなくても、それはおかしものではありません。

また、不幸にもフェミニストオタクの間には信頼関係をむしろ壊すイベントも数多くありました。

オタクの一部はより過激表現を好み、その結果フェミニストは「度を越えた表現はしないだろう」とオタクを信頼することはできません。

宇崎ちゃんポスターキズナアイ騒動など、フェミニスト批判した表現不適切かどうか人によって判断が異なる微妙な物もありました、その結果オタク達は「このくらいなら批判されないだろう」とフェミニストを信頼できません。

互いに疑心暗鬼になっている状態では、ウマ娘のような明確でない基準では意識を合わせることができないのです。

 

Win-Win関係を築けること

二次創作についてとやかく言わない事は一次創作者と二次創作者双方にとって都合が良い事でした。

一次創作者側はファン活動からモチベーションを貰ったり、二次創作によりファンが増えたり、といった利益が見込めます

二次創作者は自由二次創作ができます

これは二次創作が法的にグレーである事も関わっています。細かいことを言うとそもそも違法である事に抵触してしまい、その作品二次創作全体が潰れてしま可能性も有る。

から一次創作者と二次創作者の現在関係は、双方に都合が良い側面があり、受け入れられる訳です。

対して、フェミニズム的な観点による批判基準が明確でない事はフェミニストオタク双方にとって利益が有る事でしょうか?

フェミニスト側は利益が有るかも知れません。基準曖昧なままにしておけば色んな批判ができ、その批判が適切かどうかを基準との適合性で検証される事もありません。

しかオタク側、というより表現批判される側(多くの場合一次創作者)としては、これは非常に困ります表現をする際に何がアウトなのか分からないままに表現をすることになってしまう。そして後でアウトだったと知って炎上し、表現修正撤回を迫られてしまう。

一次創作者の立場から申し上げますが、これが非常に怖いのです。次出すこの作品は、この話はアウトかも知れない。作品の出来不出来に対する批判はある程度覚悟がありますが、差別的表現だと批判される場合はその後の影響が全く異なります。今後作品を出せなくなったり、もしかしたら作家生命が終わるかもしれない。

私は幸いフェミニストの方に批判されるような表現は少ないジャンル創作者なのでそこまででは無いのですが、やはり恐怖を感じる事はあります

恐怖、そう、個人的な見解ですがオタクの一部がフェミニストに抱いている感情も実はこれだと思います

自分がセーフだと思う作品、好きな作品も、フェミニスト批判されて修正させられたり、降板させられたり、作品を停止されるかもしれない、そういう恐怖を抱えている訳です。

そうした恐怖は信頼とは正反対のものです。そのような恐怖が無い状態、「本当に不正場合批判されるだろうが、そうでない場合批判されないし、作品を潰される事もない」と双方が思える信頼関係が出来ればいいのですが、現状を見る限り難しそうです。

 

結論 

以上2つの条件をどちらも満たさないので、フェミニストオタクの間には基準曖昧なままにしておける暗黙の関係性はありません。だから対応が変わる訳です。

重要なのは二次創作者と一次創作者」の関係の方が特殊なのであって、暗黙の関係性はほとんどの関係で成立しない事です。

分かりやすい例えかどうか分かりませんが、一次創作者と二次創作者は恋人だと考えて見てください。2人はキスなど特別行為を行いますが、他人フェミニスト)とは行いません。

それはおかしなことではないし、恋人でない人が「私ともキスしろ」と要求することはできない筈です。

以上の事をフェミニストの方々にご理解頂く事は、実はそれほど難しい事では無いと思っています

何故かと言うと、フェミニストの中にはオタク兼任している人も居るからです。女性オタク腐女子かつフェミニストの方からすれば、これまで説明した二次創作を取り巻く特殊性は言われるまでも無く理解されている事でしょう。

特に女性消費者の多いBLでは二次創作は盛んですから釈迦に説法です。

オタク腐女子ではないフェミニストの方にはもしかしたら理解が難しいかもしれませんが、それでも理解頂けるよう、言葉を尽くしたつもりです。届いていれば幸いです。

 

余談

実はもう少し書きたいことが色々あるのですが、既に長くなってしまいました。論点を足早に述べます、後日詳しく書くかもしれません。

ウマ娘オタク配慮されるのは馬主社会的強者からだ、という意見がありますが、誤りだと思います

 というのも強者ではない私の様な一次創作者の意向二次創作者の方々の大部分は尊重してくれます。それは私がお金持ちだからではなく(お金持ちでは無いですし・・・)私が権利者だからです(作品への愛や誠意もあるとは思いますが)

・私は私の作品について「性的二次創作をしないで欲しい」と表明することは正当な権利だと思います。一方私のものではない作品(例えばドラゴンボールセーラームーン)について「性的二次創作をしないで欲しい」と言ったとしてもそこに効力は無いと思います

 ウマ娘も同様です。Cygames権利者だからその意向尊重されるわけで、それ以外の方の意見強制力を持たないのは私の「ガンダム二次創作をしないで」という発言に効力がないのと同じ、当然の事です

二次創作者が「一次創作者の意向には従うが、フェミニストにはそうじゃない」という異議は、他に少し奇妙な所があります。と言うのもフェミニストの方々が批判対象とするのは多くの場合二次創作ではなく、一次創作やその公式コラボからです。

 つまり二次創作者は一次創作者に対して法的にグレーな事をしている(だから曖昧基準でも従う)という負い目があるのに対し、フェミニストの方々は一次創作者の作品に対する権利者ではありません。

 勿論作品消費者である可能性はある訳で、フェミニストの方々の意見無視することはありませんが、それは二次創作者に対する一次創作者の様な特別地位ではない、という事が見逃されているケースが散見されます

・私がこの問題を知るきっかけの一つが以下の増田さんなのですが(この増田さんの語り口はフェミニストへの敵意が多い為、理解は得られないだろうと思い別の立場から書くことにしました)

https://anond.hatelabo.jp/20210317235416

この反応で気になるものがありました。

一生懸命正当化してるけど、勇壮表現自由戦士たちがコンテンツホルダー意向には簡単にゴロニャンする構図は変わらない。好意多寡じゃなく、自分たちからオモチャを取り上げる権利を持つ相手に屈服してるだけ

というものです(個人叩きになるのは本意ではないので、idは載せません)

二次創作者(やオタク)たちが明確では無い基準でも受け入れているのは双方に信頼関係Win-Win関係があるからで、「自分たちからオモチャを取り上げる権利を持つ相手に屈服してる」からではありません。

彼らと一定信頼関係を築けていると考えている一次創作者としてそのような言い方はフェアではないと感じます。(また、オタクには女性も含まれるし、腐女子も含まれる事を忘れていないか心配です)

ただ、この事についてこの方に理解頂くのは難しい事ではないと思います

何故ならこの方はガチャピンアイコンにされていました(今見たらアイコンが変わっていました・・・)。過去にこの方がそれが著作権的にグレーである事を自覚しているというコメントも見た事があります

ガチャピンアイコンがグレーである事を知りながらガチャピン権利者に「アイコンにしていいか明確にしてくれ」と明確化を求めなかったのは「自分たちからオモチャを取り上げる権利を持つ相手に屈服してる」からでしょうか?

私は違うと思います。「アイコンにすることで訴えてきたり止められる事は無い」と信頼しているからではないでしょうか?

だとすればそれは二次創作者と一次創作者の間の信頼関係と同じです。理解は容易い筈です。

 

以上だいぶ長くなってしまいましたが、フェミニストの方にご理解頂ければ良いなと思います自分なりに誠意をもって書きました。

 

追記

ブックマークコメントで気になったものに返信を追記しようとしたのですが、長すぎて切れてしまったので、別増田しました。以下です。

https://anond.hatelabo.jp/20210319115128

2021-03-15

コロナの長期的影響と「ワクチン打たない」について

https://anond.hatelabo.jp/20210315160051 について、ブコメいただきました。

id:dc42jk

ウイルス感染後数年の潜伏期間を経て発症する悲惨病気もある(麻疹のSSPE等)。ワクチンの長期的副作用が分かっていないのと同様に、新型コロナの長期的影響も分かっていない。新型コロナリスク過小評価しすぎ。

もっともだと思います

この点については、論旨に影響ない程度に文章簡単にするため、新型コロナリスク過小評価して文章を書きました。

当然ですが、より網羅的にフェアにいうなら、ワクチンの方にも同様に、既に統計エビデンス)のあるリスク存在します。こちらも文章から省いてあります

省略なしのリスク記述

同様に、

します。つまり

です。

R1R2なら、人はワクチンを打たないということになります。逆も然りです。

元増田で書いた際は、論旨に影響しないため、Y1とX2は無視して、

としていました。上記ブコメは、Y1無視するのはアンフェアだという指摘で、その通りです(実際にはX2も無視しています)。

論旨には影響しない

元増田で書いたのは、情報収集論理によって明確化できるのは、既知のリスクX1(とX2)についてのみであって、未知のリスクY2(とY1)については、個々人の主観的価値判断になるということです。

したがって、Y2を大きく評価し、結果として、R1R2評価する人がいたとしても、他者がそれを「論理的に」「科学的に」否定することは不可能だし、やるべきではありません。

当然、「R1R2ワクチンを打たない)と考えるのは、X1コロナ感染リスク)を過小評価しているからだ」などという指摘は非論理的です。その個人価値判断のもと、Y2(ワクチンを打つ場合の未知リスク)を大きく評価しているだけだからです。

この結論部分は、上記の省略の影響を受けません。

まりX1, X2, Y1がどの値であろうと、

  • Y2 > X1 + Y1 - X2

価値判断する個人にとっては、R1R2という判断合理的であることは変わらず、

結果として「ワクチンを打たない」という意思決定になります

また、それを他者が「論理的に」「科学的に」否定することは不可能です。

-------------

追記します。

yzkuma 「ワクチン接種ジレンマ」で数理的に議論されている問題リスク値のほとんどが不明なので個人的な正解はない。社会的には打つのが正解なので「自分だけ逃げ切る」という選択肢自分の心が許すなら打たなくて良い。

数理的なんて言われると照れちゃいますね。まぁ足し算も数理ですが。

この点は元増田に書いた通りで、

「全員が免疫を獲得する必要がない以上、統計がないリスクワクチン副作用)を低く、統計があるリスク感染重症化・後遺症)のリスクを高く見積もっている人がいるなら、その人が優先的に打ってくれたらみんなハッピーだよね」という考え方はあっていいと思ってます

flont 反ワクチン思想を持ちながら人には理性的に見られたいという両立不可能欲求が興味深い

元増田に書いた通り、「コロナワクチンを打たない」という意思決定は、いわゆる反ワクチン(既知の科学的なリスク評価自体否定する)と異なるよね、というのが議論の出発点です。

kou-qana 未知部分は掛け算で、その値は未知だから全部脳内妄想で、何を重視しても合理的ということ?うーん、未知部分はとりあえず掛け算しない態度と同程度に合理的…か…よくわからない。

掛け算というか足し算ですかね。

「何を重視しても合理的」というのは遠からずです。他人には口出しできないということです。それを合理的と呼ぶべきかどうかは微妙だと思いました。

frantic87frantic87 打ちたくないから打たないということ?内心の自由としてはそれで構わないけど、それで他者を納得させるのは無理では

極論すれば「打ちたくないから打たない」が認められるべきで、少なくともそれが「非論理的」「非科学的」だという非難おかしいという話です。

個人ワクチンを打つかどうかについて、基本的には、他者を納得させる必要はないと考えています。同居家族等を想定しているなら、そもそも議論がもうちょっと違う方向になると思います

mRNAワクチンについては作用機序科学的に考察すれば長期的副反応はそれほど大きいとは考えにくいけれど、嫌なら嫌で良い。アストラゼネカについては経験的に安全性が高いと考えられるけれど、嫌なら嫌で良い。俺は

まさにこういう議論がありがたいです。書いてある内容に異論はないです。

やるべきことは、未知リスクの部分をなるべく正確に推測するために、状況証拠には何があるのか、とか、リスク見積もりに想定外はないか議論する(または、専門家が適切にその議論ができるよう、社会的環境を整える・監視する)ことだと思っています

残念ながら、ブコメでは、「ワクチンの未知リスクは十分に明らかでないと考えるので、ワクチンを打たない」と表明すると、「コロナ後遺症リスクを低く見積もっている」「集団免疫が獲得できないことが理解できていない」等、別の論点にすり替わってしまます。「知っていることだけで議論したい」「知らないことは議論したくない」「自分意見を信じたい/変えたくない」からですかね。論点がすり替わるため、未知リスク見積もり自体ガバガバのまま議論放置されます

未知のリスク自体をなるべく正しく推測するための議論けが生産的だと考えています

2021-03-12

恋愛工学2.0ジレンマ 信頼のポイント化&ルール明確化弊害

女性を思いやる、寄り添う、フェミニズム理解を示す、など

これこれこうするとモテますよ、女性からの信頼ポイントが獲得できます

ってルールが明確になるほど、実践者が冷酷なソシオパスじみてくるような…?

「(あ、こいつ今マニュアルに書かれてるあの手法実践したな…)」って。

結局「そうやってセックスしたいんでしょう?」って打算にしか見えないっていう。

有効アップデートありえなくね?出発点からおかしいとみなされるというか。

恋愛において、ルールは人それぞれってことでボカシておくのが最適解なのでは。

2021-02-28

anond:20210228034845

単行本派だけどもう回収済みみたいなものじゃん

純粋エルフだとしたらエルフだけの学校にいくのがふつうからファリン最初から出会えてないよねっていう話でしょ

奇食マンやファリン夢魔との出会いでトラウマ明確化しそれを克服するという目標ができたのであってそれは血統だけによるものじゃないのでは

2021-02-15

結婚になにか特別意味を持たせていないかと思う昨今

婚活ツイート、まとめやニュースで度々見かける

結婚活動?という類の話。

夫婦って言っても今はもっとオープン多様性が認められていていると思っていて

一概に「夫婦」っていっても、

性別が同じかもしれないし別かもしれないし

子供いるかもしれないしいないかもしれない

例にあげられないほど多種多様から

よそ様の夫婦の形に文句を言うことはまったくないが、

夫婦になる、つまり書面上の契約をして戸籍を新たに作り人生パートナーとして社会的承認されることだけをゴールとして考えすぎな人が多い気がする。

決して批判をしているわけでもない、ただなんか血眼になって

自分理想が違うからって価値観が合わなかった人をこきおろすのは違うんじゃないかな〜といった意見

ぶっちゃけ結婚人生のゴール化している人もいる気がする

これは出産して子供が欲しいって言っている人もそう感じてしまう。

から価値観の相違やマッチングしなかった相手ボコボコにするのかなと思ったりしている。

しかしたら結婚した後、出産した後、のビジョンが明確になっているかもしれないけれど、

目標目的がごっちゃになっていませんかという話。

単純に心が痛いよね。

一応同じ「結婚」を目的として集まっているのに

理想目標が違うために、私は口論戦争をしているようにしか見えなくて

たまに見るコラム的なものも火に油注いでいるような記事ばかりだから、私個人の思いの丈をしたためてみました。

誰が奢るとか奢らないとか、大衆的な意見としてじゃなくて自分個人価値観要望として相手に話せばいいと思う。

大衆的な意見にするから炎上したり終わらないレスバトルで定期的に上がるんだろうな。と。

そりゃ私も常に奢られたい派ですけれども。

私の感想としては結婚は、結婚たからなんか特別何かあったわけじゃなかった。

本当にお互いの今後生きていくための手段としてでもあり、恋愛でもあり、家族になりたいって愛情もあり気持ちもあり、趣味の共有もあり、全てにおいて結婚することで解決するじゃんってなって結婚した。気がする。

からなんというか今婚活婚活市場で消費されて疲れている人がいたら

ふと方に力を抜いて、自分の成りたい作りたい家族明確化してみたら、それをアウトプットしたら変わるかもしれないし

そして新しい知見として別の人の理想家族も聞いてみてアップデートしていけばなにかまた新しい発見が見つかるのかな。

と思った次第です。

そして私はたくさんの理想家族を聞いてみたい。

これは完全興味です。どんな家族にしたくてどんなことを今頑張っているんだろうって。

正直私はもうゴールしています

人生における理解者及びパートナーがいる環境自分生活水準に達していればゴールなので。

前述で申していた通りの結婚人生のゴールタイプかもしれません。

ただ残りの70年くらい?は新しいことにもチャレンジしたいので新しい意見目標に触れてみたかったのがこのhatenaを書いた真の目的です。

今日会社をズル休みした

今日会社をズル休みした。

昨夜から決めていて、今朝方上司に連絡した。

ズル休みで得る背徳感のある快感自己嫌悪が混ざって複雑でなんとも言い表せないぐちゃぐちゃな感情がそこにはある。

仕事は大した内容は任されていないが

突然休なんてしたらやはり社内的には迷惑だろう。

私も前職ではそういう人を間近で見てきて

「ああ、迷惑だな」「非常識だな」なんて思ったりした。

まさか自分が思われる立場になるとはね。

理由は明確には表現できないが、

人間関係や社風が合わない のだろう。

決して周りの先輩社員上司倫理に反するようなことやハラスメントもしているわけではないし、むしろ人当たりもよくて働きやすいとも思うのに、何故か合わない。

こればかりは自分に非があると思わざるを得ない。

そう思うと自分のこれまでの人生を振り返って

結局は「何も努力しなかった人間の末路」になりかけている自分をただ受け入れるしかない状況になった。

高校生の時はただただ漠然大人になったら普通に社会人になって社会的評価されている人になるんだろうなって思っていた。アホな話、勉強もろくにしない奴がそんな評価されるわけないだろ、と。

だとしても気づいた時にはもう遅くて、仕事全然長続きしない。

もともと勉強習い事も年単位継続したこともない人間がなにも長続きしないわけだから

なにも身に付かないわけで結果、転職の繰り返し。

高校生まで進学できたのが奇跡だと思ってるくらい。

継続と習慣が壊滅的。

なにかしら仕事に飽きがでる。

やれ収入が低いだの、もっと上流やりたいだの、技術者になりたいだの、、全部言い訳

なのにほんの少し、多少のデスクワークとべしゃりができるだけで筆記・面接クリアはできてしまうし社会に若干の受け口がある。

いっそのことバッサリと社会不適合者だと切り捨てて

ブラックリストにぶちこんでくれればいいのに

何者かになれる可能性を感じているようで手を伸ばさないし挙句働くことを諦めかけて

どうやってパラサイトするかしか考えていない。

社会的な居場所立場を求めて、見つけては自分の手で破壊する。

馬鹿なのか?一体本当にわたしは何がしたいんだ。

何も利益の産まないただのゴミが、

働きたくないのに居場所地位と金が欲しい。

何者かになりたい。

こんな思いを心底願っている自分がすごい嫌いだ。

話を戻して、仕事をズル休みした理由を整理したい。

今回なぜわたしが今いる会社をずる休みしてしまたか

緊急事態宣言なかにもかかわらず基本出社

仕事が単調、もしくは合わない

・その上、仕事勝手に取ってやっていくだけなので謎の疎外感

仕事レベルが高い、能力差がまばら

組織としての統率感のなさ

・定時退社しない人多くて帰りにくい

明確化するために書き出してみようとしたが抽象化してしまった。

それに理由がどうも自分けが悪いような気がする。

もう働きたくないんだねきっと。

退職検討しよう。

せっかくいい会社だったのに、自分能力の低さをまざまざと感じた。

わたしはとても自分社会的人間的にゴミクズだと思っている

その上でゴミクズ社会に溶け込んで、または擬態して生きていける方法をさがすんだな。。。

2021-01-20

◆隠キャオタク声優専門学校に入るな

◆はじめに

私は声優専門学校に2年間通っていた。都内にある有名な学校だ。同期からデビューした人もいる。

「未経験の『隠キャ』オタクだけど、声優になりたい」

そう思ったが、無理だった。到底勝てる世界ではなかったし、そもそも学校生活が苦痛だった。

その反省点を踏まえ、

「未経験の『隠キャ』オタクだが声優になる」

という無謀な人に向けて、隠キャの私が感じた学校生活の現実を書いていく。


陽キャしかいないので苦痛

基本的自己肯定感の高い陽キャしか学校には存在しない。処女童貞殆どいない。

性交経験がない場合は、異性に抱きついたりボディタッチするのが日常の一部であるような人種である可能性が高く逆にタチが悪い。

未成年飲酒は当たり前、好きな酒はビールLINEアイコンは他撮りの自分

エロゲが好きとか、LINEアイコンアニメキャラとか、そういう人間もいるにはいるが、そういう人間声優を諦めたり、学校を辞める確率がとても高い。


恋愛や性の演技が苦痛

先程の話と少し被るが、学校では異性との接触は当たり前のことになる。舞台演技などで恋愛関係をやることも多いからだ。

その為、演技だと割り切ってどんな行為もやる覚悟必要だ。異性に抱きついたり、キス(をするフリ)をしたり手を繋いだり。

そういうのに恥ずかしさを少しでも覚えるなら向いていない。「今日(精子)溜まってんだよね」とか、「抱いてよ!」とかそういう台詞もある可能性があるし、少しでも恥ずかしいなら向いてない。

更に言うと、役で恋人しただけでドキドキしたり勃起したり好きになったりするヤツは迷惑で嫌われるし向いてない。


◆演技未経験はほぼ居ないか苦痛

声優専門学校は、大体が基礎から学ぶが、生徒の実情はそうではない。18年間もしくはそれ以上、全くの未経験割合はとても少ない。

大体が演技部や放送部、劇団所属趣味で何年も発生練習活動をしている、などである。そんな人たちと同じ学年で、未経験スタートして勝てるわけが無い。

過去学生時代、校外活動もなしに文化部帰宅部を選ぶような隠キャは入学から負けている。

まり入学から滑舌・声質は良くて当たり前の世界だ。今までの人生で一度でも

「ドブボ」「ブスボ」「滑舌が悪い」「なんて言ってるか分からない」

とか言われたことがある人は、向いてない。


◆ブスは苦痛

昨今では声優にも付加価値が求められる。声優志望が多すぎて、声の技術以外でも決めるしかいからだ。現時点で君の技術プロクラスもしくは唯一無二の声でない限りは、ブスだとゼロどころかマイナスである

ブスだとクラスでも浮く。人は同じレベル同士で固まりがちである

以下に1つも当てはまらない人は、自分はブスだと仮定して努力した方がいいだろう。

中学生以降、恋愛相手として告白された事がある。

告白をしたが振られた事がない。

・加工なし写真か対面で、友人や家族以外から容姿を褒められたことがある。

スカウトをされたことがある。(詐欺ナンパキャッチは含まない)

・「ブス」「キモい」と言われたことがない。


メンタル弱者には苦痛

教師から罵倒は当たり前だ。たまに優しい先生もいるが、あまりタメになってないと思う方がいい。金の亡者

ここでここまでの話も絡んでくる。ブスとか演技未経験とか隠キャで暗いとかだと、罵倒の的になりやすい。仕方ないよね、それは欠点から。そして、教師から罵倒の的になるヤツは、クラスメイトから罵倒の的にされる。

「俺がアイツだったら学校やめてるわ」

「あの子の演技見てられないキモい

とか平気で言われる。それを苦痛に感じるような人間は向いてない。ここで罵倒する側に回れる強さか、もしくは圧倒的な声優技術で上に立つことが出来る人間こそが声優になれる。

ぶっちゃけ体作りよりメンタルの強さの方が大事


尊敬する声優で、自分の好きな声優を答えるヤツは痛い

隠キャオタクありがちな事だ。好き≠尊敬である

声優志望において、

尊敬する声優は?」

と言う質問

貴方声優として売れたらどんなポジションになれると思う?」

と言う質問である

その為、基本的には同性かつ目指しているジャンル活躍している人を答えるものだ。

「水瀬い◯りが好きです!(男)」

とか、

「梶裕◯が好きです!(女)」

とかは御法度なのである。これは、

「好きなおにぎりの具は?」

と聞かれて、

「同じ米なら弁当のほうがいいです!(笑)

とか答えているようなものからだ。

しかしどれだけ憧れてても、ソシャゲの役しかないような声優を答えるのは好ましくない。最低でも地上波デビューをしている声優が好ましい。

審査員(教師)が知っている、技術を認めている声優の方がいいだろう。審査員(教師)が知らなかったり、知っていてもあの人は未熟だと感じていた場合プラス要素にはならないからだ。(たまに同業で嫌われていて…とかもある)

ファン活動に勤しむのもいいが、それとは別で自身の将来のイメージ明確化した方がいいだろう。


◆金がないのはハンデ

声優基本的金持ちのなる職業であるバイトしないと暮らしていけないレベルは、人より諦めなきゃいけないラインが低くなる。

そもそも声優専門学校学費が高い。更に、1番目指す人の多い進路、養成所でも金を搾り取られる。そこまで面倒を見てくれる家庭じゃない場合は、キツイバイトをしている人も多いが、授業から遅れることが多い。

だって金持ちはその時間練習に当てたりできるし、更には余った時間趣味もできる。そしてその分心の余裕もつくれる。

金のないヤツは練習どころか、ゲームしたりYouTube見たりする時間も作りにくい。ここで優先的に趣味時間使う人は向いてない。

君、1日何時間練習したの?


てかどうせなら、専門学校すっ飛ばし養成所行った方がいいからね。行けない時点で、血反吐吐きながら努力する覚悟をしないといけない。


◆さいごに

「俺の通っていた学校はそんな事なかった」

声優の◯◯さんはそんなことない!」

ネットで見た写真では全員ブスとかあるじゃん!」

「私は教師ですが、こんなことはありません!」

という意見があるかも知れない。

だが、これはあくまで私が苦しんだり感じたことであり、なんだったら私の通った学校での話である。でも多分都内学校は大体似たようなものだと思う。地方学校は知らん。

そして、ここまでこの記事を読んで

自分は向いてないかも……」

と悲観したり、

「こんなの自分には当てはまらない!気にしない!隠キャでもなれる!」

とムキになる人は

声優に向いてない隠キャオタクなので、将来の仕事を今一度考え直した方がいい。

陽キャそもそもこんな記事読まないし、読んだとしても

「へー、こんな人もいるんだ」

「筆者がキモすぎる」

くらいにしか思わないのでは、と私は思う。


そもそも

ここまで読んだけど、どうしても諦めきれない隠キャオタクへ言いたいことがある。

君の夢は本当に声優か?VtuberとかYoutuberとか歌い手とかネット声優ではダメなのか?

最近では収入を得る方法が沢山ある、わざわざ学校に通う意味はあるのか?何に拘っているのか?一般企業で働きながら自分時間活動するのではダメなのか?

そして仮に、君がコンプレックスの塊だとするならば愛される方法声優に限らないとは思わないか果たして声優になる事だけが、自信をつける行為なのか?

若者でいられる時間はとても貴重だ。金も貴重だ。願書を出す前に半年くらいはしっかり考えたほうがいいよ、マジで


P.S

私が声優専門学校に通って良かったと思っている事は、デビューした同期から正月挨拶くらいはしてもらえる事です。以上。

2021-01-10

anond:20210110161029

もっと言ってしまえばホームパーティーではバーベキューなんてのが定番だが、これは夫の仕事

妻は夫のサポートをするのがアメリカファミリー観、つまりジェンダーロールな

ここで妻が前へ出すぎると常識がないとみなされる

アメリカホームパーティーイギリス文化ベースにしていてホストゲスト役割明確化されている

そしてそのホストトップが夫である場合が多く、言ってみればイギリスアメリカ方式の家父長制だ

家父長制であるからこそ妻は夫のサポート役なんよ

これがリベラル先進国アメリカから

2021-01-02

anond:20210102185818

罰則基準明確化しないと

正直に従ったもの負けになると

前回でバレてしまたか

現実的に出せない

ブラック企業雑魚webベンチャーイスラム国とかショッカーを模範に人材募集テクニックを学ぶべき

ブラック企業イスラム国新人教育訓練では海兵隊の新兵訓練メソッド精神拷問洗脳技術採用して、個人プライドを粉砕し、幹部社長絶対服従と忠誠を刷り込む精神改造手術を行い

配置後は秒単位で行動を規定され、本社からカメラ監視されるとか軍隊のもので、飲食の深夜営業自爆テロワンオペだし、双方ともにブラック体質なのは言うまでもない

吹けば飛ぶようなカスみたいなwebベンチャーも、やりがいとか成長みたいな金出せない分、ふわふわしたお題目アルカイダとかイスラム国みたいに募集してるが、最近若者も賢くなったので、とっととくたばってなろう小説異世界か悪役令嬢にでも生まれ変わるしかいくらしか救われる道がないような、人生詰んでる低能人材若者くらいしか来ないので難儀しているという

ブラック企業webベンチャー自分の手足となって金を運んでくるショッカー戦闘員募集に難儀しているというわけだ

戦闘員不足で店舗を閉店せざるを得なくなったり、戦闘員技術レベルの低さで案件を諦めなければならないという企業活動に支障が出るレベルだ。

同じブラックでも、かたやイスラム国ポスター1枚、youtubeの数分の動画一個でショッカー戦闘員を確保している。わずか一本の「イスラム国宣伝してみた動画」一本で、一個中隊ショッカー戦闘員シリアに送り込めるというわけだ

なぜ、上記の糞企業たちにショッカー戦闘員が集まらないのか、それはお金とかでなくやることが明確でないからだと思う。現実逃避したい若者に対するアピールダメダメダメからなのだ

イスラム国ポスターにはただ一言仕事警備員 勤務地:シリアのみ。

イメージしかないし、その上、シンプル記述は美しいまでのWBSの様で安心感すらある。職種は同じワンオペありの戦闘員だ。どちらが現実逃避したい、導かれたいと思っている若者に対して訴求力があるか言うまでもないだろう

昨今の全体的な能力が低いために相対的意識が高くなってしまっている若者たちという各国からアレな人材が集まりグローバルに成長しているイスラム国と、ただブラックなだけで落日な日本の糞企業のどちらを選択するのか結果は目に見えているに決まっている

そんなわけでこれを呼んだゴミみたいなブラック企業webベンチャー経営者や人事担当には心を入れ替えてもらって、イスラム国プロモーションのように敵を明確化、「プログラミングスキルで打倒!リア充エリート!」「金持ち企業向けソリューション提供する富裕層向けの大手IT企業は粉砕すべし」とかわかりやすスローガンをぶち上げ、1人でも多く現実から逃げたいなろう小説主人公予備軍みたいな若者を確保してショッカー戦闘員に仕立てあげて働かせたら、日本生産性も上がると思うのでござる

2020-12-12

表現への批判公立中学動物園問題について

始めに言っておくと公立中学を「動物園」と表現するのは、それが正確かは兎も角許容される事だと思う

ただし普段表現にそれと同等かそれより厳しい基準批判を行っていないなら

 

公立中学を「動物園」と表現してそれへの批判燃え上がり、擁護する人も出る中で、

私が思ったのは「随分お優しい事だなァ」という事だった

私は表現者だ(ジャンルは伏せる)

現代において表現するという事はポリコレ等等様々な基準ジャッジされ、炎上させられる危険と隣り合わせという事、その基準から言えば「あんなの燃えて当然」というのが本音

例えば漫画アニメキャラクターが「公立中学動物園」と表現したり、作者やアイドルがそういう発言をしたら、当然燃えるだろう

今回擁護側に回ってる人の中にもそういうケースなら喜んで叩く側に回る人、いんじゃないの?とも思う

それがはてブコメントなら擁護する、というのはどういう事なんだろう?

 

今回批判槍玉に挙げられがちな「はてなリベラル」への反感は、そういう事なんじゃないだろうか?

普段は非常に厳しい基準表現ジャッジし、批判しているのに、いざ自分達がその対象に成ったら急に表現に寛容になる

例え自分当事者でも、特定人達動物に例える表現本来結構過激な部類に入る発言の筈だ、当たり前に人を傷付ける表現でもある

そこに寛容なのに、じゃあアレ(宇崎ちゃん)は?コレ(キズナアイ)は?ドレ(アツギタイツ)は?ソレ(ラブライブみかんパネル)は?

あなたはそれにどういう態度を取っていたんでしたっけ?

となる

問題なのは動物園発言やそれに☆を押した事では無い、普段表現に厳しいのに自分達だけには寛容、というダブルスタンダード

普段表現に厳しくないなら、動物園発言も、それを支持する☆も、問題ではあるが許容される範囲、なのではないか

自分に寛容、他人にも寛容」より、「自分(とその仲間)に寛容、他人に厳しい」人が非難されるのは当たり前の事だろう

 

同じ基準で裁いて欲しい

私が切にお願いしたいのはそれだ、「同じ基準で裁いて欲しい」

表現ポリコレ等の厳しい監視の目を向けられる事はもう、諦めている

かに表現は人を傷つけ得る、慎重にはなるべきだろう

けれど、裁かれる側として不安なのはジャッジの質と精確性だ

サッカーをしていて審判がぐでんぐでんに酔っぱらっていたら不安にならないだろうか?それでレッドカード出されたら納得できる?

私達表現者にとってジャッジあなた達だ、特にポリコレ支持者、リベラルが多いらしいはてなはその筆頭だ

まり私の不安は「あなた達は酔っぱらっていないか?」という事だ

現状、あなた達のジャッジが正確で、公正で、平等で、恣意的では無い保証は何処にも無い、ジャッジ飲酒検査完了していない

そこにきて動物園発言だ、「もしやジャッジ、酔っぱらって無いか?」となるのは必然だろう

裁く側であるあなた達の正気度を測る手段は少ない

ではせめて、同じ基準あなた自身や、その仲間、あなたが好きな表現好きな人を裁いて貰えないだろうか?

あなたあなた自身やその仲間の審判をゆだねて良いと思える基準なら、ある程度ではあるけど安心はできる

逆にあなたが「いや、自分対象成るのは御免だ」と思うような基準は、当たり前だがこっちだって御免だ

はてブコメントであろうと表現表現、同じ基準で裁くべきだ

そして同じ基準で裁く為に必要なのはそもそも基準明確化し、言語化する事だ、まずはそれすら覚束ないジャッジがとても多い(ルールが明確じゃないジャッジ程怖いものはない)

自分普段表現ジャッジしている基準は、明確に言語化するとどういう基準か?それは不自然な部分や可笑しい部分が無いか自分適用しても問題いか矛盾は無いか

そういう事を一度立ち止まって、冷静に考えて欲しい

 

あなた達にジャッジされる表現者より

2020-12-10

anond:20201210213535

差別は悪」というイデオロギーに無理があるんだよな。

大事なのは、「やってはいけない差別」を明確化して、最低限それだけは守らせる、という線引きを行うことだと思う。

2020-12-06

anond:20201206130748

細部は違うがだいたい同感

皆心のなかにふんわりと基準はあるはずなので、

それを明確化できずにイライラする人多すぎだと思う。

2020-11-25

anond:20201125102015

そもそも身体的性と主張する性の食い違いに戸惑う社会に対して

貴様差別主義者でなくば自認する性を尊重せよ!って激詰めしてきた結果がこれだよ

まぁでも課題明確化されたならこれから解決していく目もあるだろう

過渡期にかち合っちゃった女性アスリートには若干気の毒ではあるけれど。

2020-11-07

タイツキャンペーンがほどよくフェティッシュだった問題

https://anond.hatelabo.jp/20201107053636

今となってはあれを「タイツ屋のキャンペーンとして適切だった」と考えている人は少ないと思うし、元増田もセーフとは言っておらず批判するなら理論武装したほうがいいよと言っているに過ぎない。

それなのに「そんなことをしてやる義理はない」「理路など必要ない、ひとりひとりの言葉にできない不快感と向き合え」といった感じのブコメ散見されて暗澹たる気持ちだった。そういう人たちは「不快気持ちにさせて申し訳ありませんでした」という謝罪文が引き出せれば満足なのだろうか? 1件1件の炎上で都度スカッとしたいだけならそれでもいいんだろうけど、そうではないよね。

口々に好き嫌いという気分を述べているだけではただの人気投票であって、そんなもの何万票集まったところで「このキャンペーンはウケなかったな」「フェチ燃えるね」くらいの限定された結果しか導けないでしょう? 一企業の一通の謝罪文まりで発展性がない。

そうではなく、社会を変えたいならば、つまり女性社会的地位の向上とか生きづらさの解消とかを本気で目指しているならば、問題をきちんと一般化して「こうしたキャンペーン手法女性全体にとって、ひいては社会一般にとってマイナスである」というセオリー確立したほうが効果的(=説得力・影響力がある)だと思いますよ、というアドバイスなんだけど、大きなお世話なんですかね……。

説明されなきゃわからないのか」。

説得力を完全に放棄たこの手の言説をいわゆる「はてフェミ」たちが口にするのをしばしば目にしますが、自分には誠実な態度とは到底思えないんですよね。もっと女性意見を聞けと言うわりに肝心の対話は拒絶するんだから。たとえばブコメにもすごい境地に行き着いた意見あった。

なぜそんなに偉そうなの?討論するために声を上げた訳ではないのですが。

自分(たち)が上げた声は常にすべて正しくて無検討で聞き入れられるべきだという態度のほうが数万倍偉そうでしょう。せめて話し合いましょうよ。まあこれは極端な例でしたが、「お前は馬鹿なのでわかっていないようだが自分にはわかっている(説明はしないがな!)」というスタンスコメントはほかにもいくつもありました。

どんな議論でも同じだけど、たくさんの意見の中には問題の核心に迫るものから取るに足らぬくだらないものまで色々あって、種々雑多、玉石混交。その中からノイズをより分けてポイントを整理して論点明確化していくのは不可欠なプロセスだと思う。そこから全速力で逃げようとするのは「女には理屈が通じない」「論理的な話ができない」っていうジェンダーステレオタイプ自己強化してしまう結果を招きかねない思いますよ。余計なお世話かもしれませんけど。

一例だけど、様々な批判の切り口の中に「タイツエロアイテム扱いするのはけしからん」というテーマがある。この主張にも数々の派生バリエーションがあるが、その中には検討に値しないものもあると思う。

たとえば「これを機にタイツエロアイテムとして認識されるようになってしまったじゃないか! 日用品なのに!」という意見の、「これを機に」の部分とか。「これを機に」ではなく、もともとそうだったでしょ、と。

女性の着衣でエロアイテム化を免れ得ないものはない。男性の両脚の間にある妖怪レーダーは(個々人により異なる指向性を持つものの)総じて感度はたいへん優秀なので、どんなものにでも男は欲情するしタイツとて例外ではない。タイツとは厚みが異なるだけのストッキングの中には男の劣情を喚起することに機能を絞ったものすらあるわけで、今までタイツけが例外だったとする認識おかしい。セーラー服ハイヒールがそうであるように、みんな性的にまなざされていることは薄々知りつつ着用していたはずである

タイツエロさを感じる資質を備えた紳士であれば今回のキャンペーンなどなくともとっくに目覚めていたはずで、今回のキャンペーンによって「お墨付きいただきましたので性的まなざし始めます」みたいな男はおそらくいない。そんなことは内心の問題なので、まなざすやつはもうとっくにまなざしていたはずなのだアツギが種を撒いたことにはならない。

まり、今回のキャンペーンを契機にタイツに対して“新たに”注がれることになった性的まなざしは(考慮必要なほどには)増えてはおらず、強いて言えば「タイツ絵」という絵画表現の魅力に目覚めてしまう人はいたかもしれないが、そのことが今後「じろじろ見られる」「タイツ着用者の性犯罪被害が増える」などといったかたちで実社会に直接的な影響を及ぼしていくとはちょっと考えにくい。

ちょっと身も蓋もないことを書くけど、もともと男性が異性を見るとき、「審美的まなざし」と「性的まなざし」をきちんと切り分けてはいない。「素敵だなあ」と「そそる」の間はグラデージョンというか入り混じっていて、「ここから純粋、ここからスケベ」というきっぱりした線は引かれていないのだ。結果として、女性審美的な魅力を高めようとすれば多かれ少なかれ性的な魅力も勝手に高まってしまう。これは女性本人が異性の目を惹くことを意図していなくてもそうなる。オシャレとは本質的にそういうものではないだろうか?

追記

議論が深まっ太郎

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん