「労働時間」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 労働時間とは

2017-06-30

寂しい時のやり過ごし方を知りたい

30代後半の独身女です。

昔は仕事が忙しくて、毎日深夜に帰宅し、

休みも少なく、連休もだいたい休出していたのですが、

ここ数年労働時間短縮の動きが加速し、

毎日22時には退勤し、土日や連休休みになってしまいました。

おかげで、毎日寂しくて仕方ありません。

特に週末や休日が恐怖で仕方ありません。

土日は誰にも会わず(会う人がいない)

ずっと1人で過ごしています

休みの日にやりたい事は色々あるのですが、

とにかく誰にも会わず誰とも会話しない週末が来るのが怖いのです。

から恋愛結婚も難しいですし(もう子供が産める年齢でもないので)

もう何年も男性と触れ合っていないのですが、

男性と一緒に過ごしたいと思う気持ちがとても強いです。

そこで週末だけ風俗で働こうかとも考えましたが、

容姿も悪く会話も苦手なので、そういう選択肢も無いと思います

仕事非正規で、いつ解雇されるかもわからないですし、

生活するだけで精一杯で、お金がかかる趣味を持つことも難しいです。

このままだとどんどん鬱になって病んでしまうような気がします。

私はどうすればいいのでしょうか。

2017-06-21

労働環境トリレンマ

労働環境改善について、次の3つの目標は同時に2つまでしか実現できない。

(1)ワークライフバランス有給休暇取得促進、男性育児休暇など子育て支援長時間労働抑制等)

(2)サービスの質・量の確保(企業官公庁提供するサービスの手厚さ、迅速さ、正確性 等)

(3)人件費削減(正規職員の定数抑制非正規職員への置き換え)

育児休暇の取得促進や一人当たりの労働時間を減らしながら、必要サービスの水準を保つには、労働者の数を増やさなければならず、人件費は増大する。

また、必要サービスの水準を保ちながら、人件費を削減するには、労働者長時間労働必要サービス残業休日出勤)。

人件費抑制ワークライフバランスを実現しようとすれば、サービスの質・量の切り下げが必要

最近話題の「働き方改革」も、正社員数を増やすか、サービスのある程度の「あきらめ」がなければ実現しない(逆に言えばどちらか一方を選択すれば簡単に実現する)のだが、

業務効率化」という精神論に頼る状況では永遠にファンタジー世界から抜け出せないだろう。

2017-06-18

https://anond.hatelabo.jp/20170618074143

一日の労働時間を8時間(実質11時間)で週5よりも、一日の労働時間を7時間(実質10時間)にして週6の方が良いのではないだろうか?

なんで?

平日の疲労と休日の退屈さを相殺してバランスを見直すべきだ。

休日が退屈なのは君だけじゃないの?

君だけが休日出勤すれば解決じゃん。

はい記事消して今日も出勤しなね

週休二日制廃止しようか

一日の労働時間を8時間(実質11時間)で週5よりも、一日の労働時間を7時間(実質10時間)にして週6の方が良いのではないだろうか?

平日の疲労と休日の退屈さを相殺してバランスを見直すべきだ。

しかしたんじゅんにこれをやると可処分時間現象が加速して景気が縮こまってしまう。

なので、土曜日の出勤は2週間に1度にしてみればいいと思う。

時計算で1日7時間労働、2周間に一度土曜日出勤。

このスタイルを一度日本人は試すべきだ。

2017-06-16

労働時間」と「死にたい」の相関について

死にたい度は、労働時間に比例しないと思う

死にたい度は、自由時間に負の比例をすると思う

 

なんやかんや時間を14時間/日とする(睡眠生活+移動+休憩時間+週イチでやらないといけないタスク

 

労働時間

週     週/5  週/7   週の平均自由時間/day

35時間   7時間  5時間   5時間   死にたい度0とする

40時間   8時間  6時間   4時間   死にたい度1

45時間   9時間  6時間半  3時間半  死にたい度1.5

50時間   10時間  7時間   3時間   死にたい度2

55時間   11時間  8時間   2時間   死にたい度3

60時間   12時間  8時間半  1時間半   死にたい度3.5   休日出勤の壁

65時間   13時間  9時間   1時間   死にたい度4

70時間   14時間  10時間   0時間   死にたい度5   生活に支障が出る壁

75時間   15時間  11時間   -1時間   死にたい度6    

80時間   16時間  11時間半  -1.5時間   死にたい度6.5

 

ここでポイントは、労働時間死にたい度の関係だ 

 

週    死にたい

35時間  0

40時間  1    週40時間×1

45時間  1.5

50時間  2

55時間  3

60時間  3.5   週40時間×1.5

65時間  4

70時間  5

75時間  6

80時間  6.5   週40時間×2

 

週の労働時間ではなく、自由時間に対し死にたい度が比例すると考えれば

週の働く時間を増やすと、指数関数的に死にたい度が上がるわけだ

 

まり、40時間→60時間 と、60時間→80時間 は同じ意味ではない

死にたい度は加速度的に上がる

2017-06-13

いつだって死にたいマイルドに感じている

私はそんなに深刻なうつ病ではないが、いつだって「あー死にたいな」とマイルドに感じながら生きている。

ときどき口に出して「死にてぇ〜」と口癖のように言ってしまう。

辛いことがなくても、仮に嬉しいことがあっても死にたいという気分が消えることはない。

実はこどももいるが、抱っこをして「かわいいなあ」と思っても、それとは関係なく「あー死にたいな」と思ってしまう。

それは自殺未遂をするという激しいものではなくてただ自然欲求としてある。

たとえるなら、三大欲求ひとつ死にたい欲があるという感じだ。

まり健全ではないとわかっている。ただ、どうすれば死にたいと考えずにいられるのかわからない。(薬は飲んでいる)

思い返せば小学生の頃からぼんやりと「死にたいな」と思いながら生きてきた。

先日、会社がつらくて転職をした。労働時間も減り、やりがいもあり成功した転職だと思うが、やっぱり死にたいというおだやかな考えは日々ついて回り続ける。

なにかきっかけがあれば、違う薬を飲めば変わるのだろうか。

それとも、死にたいという気分とおだやかにつきあって行くべきなのだろうか。

よくわからずに、今日マイルド死にたい日々を過ごしている。

学生時代の友人が鬱になって人との距離のとり方がおかしくなっていた話。

先日、夜1時頃急にラインが送られてきた。迷惑なやつだ。

増田久しぶり!相変わらずタバコ吸うてんのか??笑笑

自分学生時代ヘビースモーカーだった事を差し置いても約4年、連絡すら取っていなかったのにこの下手くそ話題の振り方はなんだと思った。もしくはヘビースモーカーだった印象しか無いのかもしれない。

その友人自体学生時代の大きなグループの内の一人で、大勢で遊ぶことはあれど少人数で一緒になることは無いし2人で出かけるなんて以ての外。一緒にコンビニ行くぐらいはあったが。

それでも仲が良いかいかで言えば間違いなく良い部類に入るわけだし、学生時代と変わらないノリで返事をしたら急に電話が掛かってきた。


友「今どこで働いてるん?東京だっけ?」

増「東京だね。急にどうした」

友「そっか、そっか。東京のどこ?」

増「会社新宿だけど」

友「新宿のどこらへん?」

増「それ聞いて意味ある?笑 どうしたん?」

この時点でなんだか違和感があった。距離のとり方が下手くそすぎる。冒頭のラインも久々に連絡する一言目とは思えないので、宗教の勧誘とかアムウェイ的な話をされるのかとすごく身構えた。

自分最後卒業したのは所謂専門学校で、今振り返るとゴミの掃き溜めだった。掃き溜めの中でも意識の高いゴミが敗者復活を目指すような2年制の学校

友人は卒業後に環境省で働きだし近畿事業所だったかその辺で勤務していたが、2年後に東京本部的なところに行かされたという話は他の友人伝手で聞いた。

一方自分はまともな就職先が無くダラダラと数ヶ月送っていた後、実家から離れないと怠け癖は消えないと使命感に駆られ上京東京フリーターを1年続けた後にベンチャー正社員へ。

当時は公務員になった友人が「勝ち組」で、フリーター自分は「負け組」の図式が出来上がっていたと思う。


そんな勝ち組負け組だった自分仕事について根掘り葉掘り聞いてくるわけだ。

労働時間や月収、会社の住所や社員数まで。

流石におかしいと思ったので「どうした?この4年ぐらいで人との距離の取り方わからんようになったか?」とズバッと聞いてみた。

すると

「実はちょっと前に鬱って診断されてな。今実家帰ってきてるんや。」

理由を聞くと給料が少なすぎるという。

労働環境自体ホワイトホワイトで9時半-17時半、仕事も辛くない。辛くないが残業で稼ぐタイプなのに残業が出来るほど仕事がないそうだ。

月収に関しては手取り自分の1/3以下。飲みにも行けないし自分趣味も辞めないとやっていけないレベルだとか。

因みに増田はさっきも書いたがベンチャーでそれなりに貰っているが、毎日みなし残業で週の労働時間は60~70時間ぐらい。

ボーナスは出ないので、年収にすれば同年代より少し多いぐらいだし、バリバリ残業する奴には追いつかれる。

それを伝えると初めは月収の多さに羨ましがっていたが、労働環境で軽く引いていた。もう慣れたということもあるが、実際このぐらい世間では結構普通だと思っていた。公務員の中でも特にゆるい場で働いてきたからか辛く見えるらしい。

友「そっかーいっぱい貰ってるのな。お前アホやったのにな。」

増「今でもアホは変わらんけどな。気張るとこ気張ったからかな。」

友「で、ちょっと折り入って話があるんやけど」

増「金か。貸さないよ笑 うちの会社入っても多分きつくてやめるからおすすめしないよ。」

友「いや違う最後まで聞いて。」

増「ごめんごめん。はいどうぞ」

友「仕事復帰してまた東京戻ったら・・・ラーメン奢ってくれん?」


飯に行くのは問題なかったので適当にあしらって電話を切ったが、人との距離のとり方がおかしくなったのはマジみたいだった。鬱か原因かどうかは分からないが昔はそれなりに面白いやつだったと記憶している。

給料こそ少ないが、恐らく金に困ってるから奢ってくれとかではなくてただ会って話がしたいだけだと思うんだけれど、もっとストレートに言ってくればいいのにと思う。

電話しててもずっと退屈だったし、自分の話をするために回りくどくこちらの仕事をこれでもかと聞きまくる。まず導入が長いし不審

最終的には久々に会って話をする誘いをとんでもなく鋭角から攻めてくる。今がそんな状況なら周りから避けられてないかなあと心配すると同時に少し哀れに思う。

仕事会社人間関係楽しい収入面では楽させてもらっているので今だけでも少し勝ち組の自負はある。独立も見えだしている。

一方、安定コースを歩むかと思えば理想現実ギャップに悩み、精神的にも変わってしまった現在負け組側に片足突っ込んでる友人。

お互い20代も半ばを越え収入面での世間的な体裁も気になりだす時期だと思うが、彼はこれからどうするのだろうか。今のままだとどこにいってもやっていけなさそうだ。



7月休職から明けて東京だそうで、その時に会って話すとなると逃げ道がないので自分も鬱になりそうである

2017-06-11

監視社会恐ろしい恐ろしいっていうけど

残業過労死とか見てると国はもっとちゃんと監視しろって思う

市民にできるのは、ドコモモバイル空間統計でも買って

門前仲町在住の20代女性が22時を過ぎてもまだ新橋にいるな」って調べたり

SNSやらの投稿時間位置情報からまだ会社に居るなって推測するくらいで

otuneみたいにツールで広域展開する人は少ないし(たぶん)

幕張町4丁目付近労働時間は1日20時間です」って晒す人はほぼいない

昔はもっと密告しあっていたのに、儀礼的無関心が進んだ結果

人民相互監視力が低下し、ブラック社会になってしまった

嘆かわしい

2017-06-05

有給って取ってもいいんですか

とあるサービス産業の一部上場企業で働いている。先日、労働組合の人と飲む機会があったので話した内容の一部分を書く。

残業を無くす方向性はあるんですか。

残業は無くしたら困る人が多いと思う。月に2,30時間残業代を込みでみんな生計立ててるだろうから減らすつもりはないよ。超過労働問題だと思うけど。

理想は所定の労働時間(月160または168時間)に近づけるべきではないんですか。事業所ごとのコスト面で言えば時間当たりの給料が高い社員労働時間は極力減らした方が良いかと思うのですが。

実際に社員労働時間をそこまで抑えられるだけアルバイトを確保できている事業所ほとんどない。同じ地区内の人手不足のところに人を回すから社員労働時間を減らすことはできないのが現状。社員残業代必要としている人が多いから今の労働時間から減らすのは難しいかな。

アルバイト採用が全く捗っていません。アルバイト社員の時給は上げられないのでしょうか。

アルバイトの時給を上げて採用が上手くいくならそうしている。でも我が社の実績からも、同業他社の実績からもいい結果は出ていない。時給を一度上げたら下げることはできない。そして、時給を上げたら一時的採用数は上がるかもしれないけど、離職率は変わらない。人件費も育成コストも増えてなかなか思うようにいかないのが現実だよね。

有給って取ってもいいんですか。

うちの会社では有給は取れないのが現状。社員有給休暇ほとんどの人が取れていない。今の仕組みを変えていかなければいけないよね。(具体的な仕組みの話は割愛)

有給付与されてから2年経つと消滅しますよね。私は現在入社2年目の社員ですが来年には1年目に付与された有給消滅します。どうしたらいいんですか。

そのままいけば、納得できないかもしれないけど有給消滅して終わりになるね。申請すれば会社義務から取得はできるよ。ただ有給をとっている間には誰かが働かなきゃいけない、その確保ができないからみんな有給をとれない。社員全員が有給を取得すると会社が成立しなくなる。だから仕組みを変えていかなきゃいけない。実際に社員の中で労働基準監督署に飛び込む人もいるしね。

大企業として、そうした問題を抱えていながらも改善しないことには何か理由があるんですか。同業他社も同じ状況だからでしょうか。

同業他社に合わせているということは絶対にない。どうして改善しないかと聞かれると難しいけど、今後は少しずつ改善していくつもり。

ここ数年、新卒採用の数が伸び悩んでいます大丈夫ですか。

不人気産業から就職状況が良くなってる昨今は採用数の確保は難しくなってる。でも新事業の立ち上げや事業所数の拡大で人はもっと必要なのが現状。ここは今の課題だな。

なお現在増田長時間労働の過労とストレスにより休職中。

多少の記憶違いはあるかもしれないけど、内容にフェイクはない。休んでて暇だから書いた。

2017-06-01

http://anond.hatelabo.jp/20170601145416

しろそんな誰でもできるような仕事をなぜ(育休を取る権利を持ってるような高コストな)正規雇用人員やらせてたんだという話になりませんかね。

派遣社員よりコストが安い正社員も多いと思うけど。

女性活躍している職場です」ってな宣伝文句求人される職種の多くがそうでは?

そういう所は下手な非正規より安い待遇だけど産休育休は取れるし育児との両立も楽々、をウリにして女性を集めてるわけで。

(一人当たりの人件費が安い分、多少多めに雇って穴空けられても支障がないようにするという事も出来るし)

子供産み終わったおばちゃんをパートで雇った後に正社員登用を持ち掛けるも

給料低いのに労働時間ばかり長くなって損だから」と断られる、なんてのもよくある話。

企業任せにすると、こういう「女性向け」正社員を増やす方向にも行くだろうね。

マミトラックとか叩かれてるけど、男や子なし女並みに仕事出来ないなら待遇が悪いのは仕方がない事だと思う。

2017-05-31

働き方改革労働者へのパターナリズム

2013年安倍晋三総理に就いた後、アベノミクスと呼ばれる大規模な金融緩和と機動的な財政出動によって、名目GDPは47兆円増加した。2017年第一四半期の経済成長は年率で2.2%と、潜在成長力の0.7%を大きく超えている。失業率も2.8%まで下がり、ほぼ完全雇用状態だ。20年間のデフレによる経済停滞で錆付いていたギアが徐々に回りつつある。ここ数年の日本経済政策成功を収めつつある。しかし、アベノミクス第2弾の中心にある働き方改革成功しそうもない。

1.働き方が問題

そもそも長期的な成長力を示す潜在成長力は、土地労働力資本ストック生産性の上昇率からなる。日本人口減少社会突入しているので、土地労働力資本人口減社会投資が集まらない)は停滞かダウントレンドにある。つまり成長戦略には、生産性を軸にするのは極めて正しい。ここで、具体的な課題として取り上げられてるのは、以下の問題だ。

a.正規非正規処遇の差(同一労働同一賃金

b.長時間労働

c.単線的なキャリアパス

お分りだろうか?働き方改革は、日本生産性の低さを主にミクロ労働現場に帰責している。例えば、人も金も突っ込んでいるのに儲からないのは、社員身分制のように正社員パートに分かれており、テキパキ働かず、無駄残業をし、ずっと同じ会社に勤めているからだという話だ。スタートアップが「日本生産性を上げたい」など言い、単なるSaaS提供するのとノリは近い。

2.日本のテキパキ度と生産性

実は日本労働時間は、「24時間働けますか?」と言っていたバブル時代と比べても20%ほど減少している。つまり20年間経済停滞したものの、単位時間あたりの付加価値は上がっている(テキパキ度上昇)。しかし、OECD生産性ランキングは落ち続けている。生産性購買力平価ベースGDP就労人口で割って出す。つまり分子の売上が一定なら、いくらテキパキ働いたところで全く影響がない。有名な話だが、日本祝日は16日あり諸外国よりも多い。テキパキ働き、休みを取らせることを強制すると、使用者労働コストが上昇するので、結果的給与が減額されるのを恐れたサラリーマン有給を取らないどころか、休日返上で働き出す(パソコンの電源を切って働く、退勤打刻をした後に働くなど)。結局、今の労働環境の延長線上にある光景ではないだろうか。※もちろん、労働法的な論点重要だが、成長戦略とは別途取り扱うべきだ。

3.責任があるのは雇用者産業政策

当たり前だが、高い生産性というのは、同じ労働力でも、より高い付加価値を生み出す。つまりビジネスモデル問題で、ここで帰責されるべきは、個々の労働者ではなく、労働集約的なビジネスモデルを維持している雇用者と、うまく生産性競争する環境チャレンジを促進するセーフティネットを用意できない行政にある。マクロ的な(ケインズ的な意味ではなく)産業育成構造問題があるのに、ミクロ労働者責任転嫁してきたのが、バブル崩壊以降の日本現場だ。ワークライフバランス議論は定期的に盛り上がり、クールビスだの、プレミアムフライデーだの国辱的な施策が残る。日本人ビジネマン自分で着るものも、働く時間自分管理できない。そのような古い産業を残しているのは誰?

何故、このような労働者に帰責する生産性議論が延々と続くのかと言うと、政労使に、社会を変えるインセンティブがないからだ。

政治家:大企業との繋がりが深く、新興企業との競争を促進することが難しい。労働者に飴を与えれば票が入る。

労働者:企業の中にいるうちは、新たな競争に晒されることを望まない。労働時間短縮の飴がもらえる。

使用者:略

これでは、全く自浄作用が働かない。

興味のある方はこちらもどうぞ。

不安個人、立ちすくむ国家違和感の正体

http://anond.hatelabo.jp/20170521174022

2017-05-30

どうせ全部ダメなんだから労働時間が短い国がベストですよ

国を良くしたいとか考えてるエリート側じゃないならこの考えで間違いない

2017-05-27

社畜ども

生産性が低いのを労働時間カバーしようとしてる

手を抜くことで売上が下がることを過剰に恐れてる

多分、5割のパワーで仕事しても売上は10%も下がらないにしてもね

下は下で売上下がった全責任自分だと思うようになってるし、

上は上で経営戦略の失敗なんて考えずに現場責任押し付け

社員家族」とか綺麗事いってもパワハラしてる自覚がないだけ

から年間休日85日が少ない自覚なんてないし、

それでいて「なぜ年休とらないのか」とか言ってるし

休日出勤してる社員がたくさんいるのは解ってるのに何の対策もしない

その上、「休日BBQするから集まってね」とか言い出しちゃう

「俺って良い管理職だよな」とか勘違いしてそう

2017-05-22

働き方改革格差を作るのは本当だと思う

額面月給30万円・仕事が遅いため残業帳尻を合わせるしかない人材を雇うとする。

所定労働時間は月160時間として時給にすると1875円。

定時が8時から17時として、22時まで5時間残業20日間やると月100時間

過労死ライン超えてるし残業代(25%割増)だけで23.5万円。給与は53.5万円になる。

割高だし労基署からは突っ込まれる。居て欲しくない人材だ。

だったら額面月給60万円で募集かけて良質な人材を確保して、

時給3750円で定時に仕事を終わらせてもらった方が会社としては良いのでは。

労働集約的なビジネスでは倍の月給の人間が倍のパフォーマンスを出すのは難しいが、

デスクワーク頭脳労働では従業員個体差によるパフォーマンスの差が3倍4倍はザラ。

働き方改革でまずいのは、時給換算すると非正規レベル金額になる仕事の遅い労働者が、

残業して会社ブランド毀損しうる存在として行き場が無くなることだと思う。

そして定時内に仕事を終わらせることができる人材給与が高騰するのでは。

需要が上がる割に供給が少ないから。

それに少数精鋭になったほうが管理コストが下がる。

働き方を改革して一人ひとりに手厚い労働環境を整えるなら優秀な人間に絞って採用し、人数を減らす以外なくなる。

2017-05-18

ヒール問題

昔の仕事場ヒール必須だった。

私は身長が低いので、8cm程度のヒールが望ましいとされた。

どうしても無理で5cmのものを履いてたけど。


1日の労働時間は13時間を超えていたと思う。

その間、ほとんどずーっと立ちっぱなしだった。昼休憩は20しかないようなブラック環境だった。

とにかく足が痛くて痛くて毎日辛かった。

結果的半年ほどでこの職場を辞めた。



見た目的にはヒールが好きで、学生時代も長時間歩いたり立ったりしないときは履いていたけど、長時間勤務は物理的に不可能、くらい無理だった。


当時は気付いていなかったけど、私の足はギリシャ型というらしく普通の人と足の形が違う。

人差し指が長く、横幅も広い。ついでに甲も高い。

普通の形のヒールを履き続けていると5本の指が靴の中でおかしな形に圧縮され続け、薬指と小指にマメができる。

人差し指てっぺんは擦れて皮がむけ、血が出る。

そんな状態の足で立ち続ける日々が続いた。

とにかく何もせず立ってるだけで足が痛いのだ。


当時は他の人と足の形が違うという事実に気づいてなかったので、何故みんな平気な顔をしてヒールを履いているのか不思議だった。

(職場の同僚はヒールが好きと言っている人が多かった)

足が痛い、のレベル自分だけ違うような気はしていた。


今は足の形がおかしいと分かったので、ヒールを履くのをすっぱりやめた。

オーダーメイドで作ったり、ギリシャ型向けの靴もあるようだがもういいやと思って履いていない。

スニーカーブームには感謝している。

今の仕事ヒールだろうがスニーカーだろうが何も関係ないし、誰も何も言わないのでありがたい。


ヒールって本当に辛い。

履きたい人だけが履けるような社会になるといいと思う・・・けどまだまだ難しいだろうな。

2017-05-17

就活ぐらいで折れてたら社会に出て行けないなんてわかってる

社会に出たら理不尽なことがもっとある。覚悟してる。嫌な取引先がいたり高圧的な上司がいるのも当然のことだと思っている。

実際にそういうのに遭遇したら感覚を鈍らせて対応しようと思っている。飲食バイト理不尽に客にブチ切れられたり塾講のバイトで長に労働時間外に延々と説教くらったりしたときも、ただただ頭を下げ、これからどう改善していけばいいのかと必死で頭を回らせた。

社会に出たらバイトの何百倍も責任は重くなるからもっと耐えなければいけないだろう。それも覚悟している。

私が疑問に思うのは理不尽なのが当たり前の社会にどうしてなってしまうのかということである。「社会は厳しいよ」とか「理不尽なことばかりだけど耐えなさい」とか言われるし、実際そうなので社会人としての処世術はきちんと身につけようと思う。しかし、どうしても避けられない理不尽以外に、人の傲慢で生み出されるしょーもない理不尽だって多いんじゃないのかな。社長必要以上に偉そうだとか、意味のないものじゃないか仕事ができない人が怒られるのは当たり前だけど、いじめられたりするってのはどうなんだ。

社会人として、学生気分は捨ててねって言われるけど、無駄に偉そうにしたり、人によって態度を変えたり、いじめたり、セクハラしたり、そんな大人大勢いるのを見てると、社会人らしくなんてしたくないと思ってしまう。

立派で謙虚大人もいると思う。でも自分傲慢なところを見て見ぬフリして覆い隠して立派に見せかける偽善者も多いと思う。私は自ら理不尽を生み出している偽善者社会は厳しいとか言われてもなんの説得力もないと思う(「社会は厳しいんだよ甘えんなとか言ってくる人たちはだいたいこれだと思っている」)。社会人になるにあたっての考えが甘いと言われるくらいなら私は野垂れ死ぬしかないみたいです

2017-05-14

最低でも三交代確保できないとつらい保育になるだろうなぁ

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/10/unicharm-cm_n_16524060.html

ムーニーのおむつCMに「ワンオペ育児を賛美しないで」批判

ムーニーのCMを見て泣いたと専業主婦の妻から言われて、ふと思った。

自分場合比較的恵まれている職場で、平日でも12時間程度は家に居られたし、その分家事も育児もしているつもりだったけれど、それでも二人ともつらかったというのは何だったんだろうなと。

イクメンもどきだったの?

本当にきついとき夜泣きをガン無視して寝続けたこともあったけれど、比較夜泣き対応もしていたと思う。

3時間ごとの授乳の頃、妻は赤ちゃんの鳴き声で起きられない体質だったので、ちょっとの物音で起きられる自分ミルクをやってた。仕事をしながらのこれは本当に修行だった。

離乳食を食べるようになってからは、1週間分の冷凍離乳食作りを毎週末にやってたし、週末の食事は当日に自分が作って食べさせていた。妻は自分が作った離乳食レンジでチンするだけで与えられるようにしていた。

平日は朝晩の食事洗濯子供沐浴おむつ換え、寝かしつけくらいをしていて、睡眠時間が4から5時間だった。「昔の受験生かよ」と自分自分突っ込みを入れながら眠い日々を過ごしていた。

妻は専業主婦でしょ?

育児労働時間は何時間なのかという疑問がわく。

即応できるように待機しているという状況は労働時間カウントするようで、そうすると育児は1日中になる。

保育園を使えると、即応できる状態である必要は無くなるので、育児労働時間からその分減らせそうな気がする。

妻は何がきつかったと思う?

夫が出かけて帰ってくるまでの昼間は完全にワンオペで、この時間がきつかったのでは無いだろうか。

その時間事故があれば自分のせいになるという心理的プレッシャーはかなり大きいと思う。

初めての育児で、他に教えてくれる人が居ない状態というのは、泣いている理由を探るのも一苦労だったのではないだろうか。

何か提案は?

ワンオペ育児がきついというのに大抵出てくるのは夫の協力を得られるようにするという話なのだが、夫の協力が得られても所詮ワンオペが1.5オペになる程度で、大きく改善はしないと思う。

リフレッシュ目的での保育サービスもっと使えるようになって、使うのがある程度社会的に認められるようになってくるとかなり楽なのではないかと思う。

2017-05-13

労働時間260時間は、いくら貰えば納得できるのか

昔、マグロ漁船で1000万円、みたいな都市伝説あったよね

対価として1000万の価値があるのか、よく議論になった(実際はそれほど稼げないそうだが)

じゃあ月残業100時間の納得できる年収はどのくらいなんだろうなあ

 

「月残業代100時間だけどサピ残です」とかいう悲しい話は置いといて、納得できるラインの話

 

俺は1200万円、ギリで1000万円。じゃなきゃ辞める(実際辞めた)

2017-05-12

結局どの国もクソなら庶民労働時間が短い国がベストなんじゃないですかって思いませんか?

韓国労働時間は週52時間らしい

その分定年退職も早いとからしい

ソースがどうなのか分からん

まあ時間当たりの労働強度が

どれくらいかにも因るが

効率効率うるさい日本とはまあ違うのだろう

働き方改革で案としてさあ

なんで週の労働時間原則として35時間とする。がでないんだろ。

と5時あがりをしながらおもった

2017-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20170508211030

ヤマトもそうだけど、なんで末端で搾取されてるやつって見当違いの敵をでっち上げるの

労働時間は君の会社問題でしょ

2017-05-07

不休災害度数

ハインリッヒの法則を考えると、ひと桁おかし

厚労省は本気で調べる気あるの?

平成27年 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/saigai/15/dl/gaikyou.pdf

度数1.61
不休災害度数3.42

度数率:100万延べ実労働時間当たりの、休業1日以上及び身体の一部又は機能を失う労働災害による死傷者数

不休災害度数率:100万延べ実労働時間当たりの、医療機関等で医師の手当てを受けたもので、被災日の翌日以降1日も休業しなかった傷病者数

2017-05-06

http://anond.hatelabo.jp/20170506121759

自分出会いがない。

マスコミ関係デザイナーだけど、媒体女性向けなので同僚も取引先も全員女性。もう1年以上、男性社長と父と弟としか会話してない。

出社は11時、会社を出るのは0時すぎ。徹夜も月5日くらいは。年に40日くらいしか休暇はない。

合コンや友人の紹介にあずかる時間がないので、大手お見合いアプリ登録してみたけれど、みな労働時間を聞くとドン引き。その後連絡が途絶え、まだ一人も会ってないよ!当然だよね。平日に夕食の支度も子供のお迎えも不可能なんだから

なので、ほぼ諦めてる。

2017-04-29

年休105日企業は土曜を休むために有給を使う

なので、ゴールデンウィークを作るために有給を使うとか酔狂なことはできません。

あと、辞めろとのことですが、みんな辞めてますよ。

企業を辞めることと違うのは年休が少ないので使える有給が少なくなる上、

年間160時間以上労働時間が多いのでみんなネジが飛んでて転職しにくいですね。

最初になぜそんなところに入るのかと言えば、休みが少なくても気楽な中小だと勘違いすることと、

求人の条件が数カ月後に発覚するような嘘になってることですね。

http://anond.hatelabo.jp/20170429223429

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん