「一部の人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一部の人とは

2018-04-26

anond:20180426081855

これは「オタク差別」だけではなく「LGB差別」にも同じことが言えるんだよね。

私たちはLGBTがキモいと言っているわけではなく、「LGBTの中の一部の人キモい」と言っているだけ。

筋肉モリモリマチョマンの変態に対しては、そいつがLGBTだろうが健常者だろうがキモいと感じるもん。

GB差別ではなく、キモい差別なのだと言うべきだと思う。

2018-04-25

TOKIO山口達也の件

イケメン金も持ってて女にもモテて、それでも性犯罪ってやりたいもんなんだなーという雑感

痴漢犯罪で、痴漢は性欲関係なく普通の人がストレスの捌け口に行う、みたいな記事を読んだことあるけど↓

https://m.huffingtonpost.jp/2017/10/18/sexual-molester_a_23248308/

アイドルだ何だと10から持て囃されてるイケメンタレントとか、

まれた時からずっとエリート街道を歩んできて地位名誉権力も手にしているナントカ省の事務次官とか、

こういう人たちは自己肯定感に満ち溢れて承認欲求なんて満たされまくってるだろうし、

立場あるゆえにストレスも溜まるだろうが、お金をたくさん持ってるわけだから

高い買い物で好きなものを買ったり、豪華な旅行食事や女遊びだってし放題で、あらゆる合法的ストレス発散法を選べる立場にいるのに、

それでも性犯罪しなきゃいられないのね

なんでだろうね

こういうことするのは一部の人だと分かってるけど

その一部の人たちに軽い気持ちでそういうことができるっつー、社会にそういう土壌があるとしたら、それって何故なんだろう

やっぱ性教育の敗北なのだろうか

根本女性蔑視があるのか

anond:20180425182820

俺もお前も乗ることが可能で、お前は乗ってる。名前問題ならそれは司法で決着がつくし勘違いじゃなく言ってくる人間も同じ。お前はなんで自分主観では名前おかし一部の人強制的に移動させようとするを、男性が乗れないに言い換える?

オタク男性だけ」っていう話について汲み取るべき部分

多分皆色々思うところはあるだろし

結論から言うと彼(ちょこっと調べたけど"彼"でいいよね?)の

女性オタクとは認めない」

っていう立場は俺は基本的には取らない。


ただ、彼の気持ちについて一定程度汲み取るべき部分はあるのかなとは思う。

要するに彼のいいたいことは

オタク苛烈差別されていた1990年代女性オタクオタクであることを隠して事実上男性オタク差別に加担していた」

と言いたいんでしょ?


当時を振り返る時によく女性オタク

女性オタク社会からの抑圧が激しかったので男性のようにオタクと名乗ることは出来ない人が多かった」

って文脈で語る人がちょくちょくいる。

でもこの"言い回し"は社会的な批判を受ける役回り男性に肩代わりしてもらって自分は影に隠れて利益享受してたようにみえるんだよね。


いじめを見て見ぬ振りをした人は共犯者です。」っていう言葉がある。

その前提を踏まえた上で例の"言い回し"をする人について考えると

オタク差別共犯者でありながら、現在自分ポジション男性オタクより更に弱者に置こうとする卑怯な人」

っていうあまり褒められない行為をする人に見える。

当時学生だった人が友達グループの中で「クラスの中の気持ちわるいと言われてる男性オタク」の話になってやむを得ず、特定の人の悪口・陰口に付き合わざるをえなかった人はいるはず。


もちろん俺個人としては、そもそもあの時代でも女性かつオタクと名乗っていた人はいたと思うし、そもそも実際に差別行為主体となっていたのはオタクではないんだから身内で争うのも馬鹿馬鹿しい。

それに、一部の人が隠れていたからと言って全ての女性オタク全体に適用するのは範囲を広げすぎだと思う。

社会全体としては女性は隠れて男性オタクと名乗っていた傾向にあったとしても、局所的には逆パターンもありえた。

まり女性オタクオタクと周りからまれていた状況で男性オタクが鳴りを潜めていたパターンは極普通に存在するだろう。


なので上記文脈を踏まえると俺は

女性オタクになりえない」

という主張はしないし、ちょっと理屈でいってもありえないかなとは思う。


ただ

女性オタク社会からの抑圧が激しかったので男性のようにオタクと名乗ることは出来ない人が多かった」

という"言い回し"をする人(女性というわけではなく)に関して若干もやもやした感情を抱くことは俺もあるかなとは思う。


まぁ被差別層におけるあるある話っぽいけどね(笑

2018-04-22

anond:20180422152426

それただの一部の人予算案

ベーシックインカムに反対したい人は、それを広めることに熱心だよね。

だって、そうすれば反対票が集まるから

2018-04-20

anond:20170729042247

まりにもテンプレートな「男性叩き」であきれてしまった。

日本では女性男性賃金にかなりの差があるのはもうご承知の通り。

世代専業主婦等の名残。20代ではほぼ差はない。

能力の差だと思われるだろうが、子持ちの女性議員が結構バッシングされているのをはてブでも見たのでは。

子持ちの女性議員がバッシングされたのは、「子持ちの女性」だからではない。

有権者から託された貴重な在任期間に産休を取ろうとしたり、夫をペット呼ばわりしたり、

公の議場に乳幼児を連れこもうとしたり、あまつさえ女性であることを利用して人間の壁を作ったりしたから。

この国の有権者数・投票者数は女性の方が多い。単に立候補者が少ない=女性自信の問題

妊娠すれば仕事はなくなり、母になれば正社員に就くのも難しい。

これも旧世代の名残である身体上致し方なく発生する休職対応できない経営者問題であることは間違いない。

ただし、男性と同じように社会進出することを選んだ以上、男性にないクールタイムは許容されない。

映画館などのレディースデーとかはそれを見て女性でも来やすいようにっていう配慮だったけど性差別との声があったのか今ではほとんど見ない。

誰でも割メンズデーが併設されているのが大体だろう。

毎週水曜日レディースデーメンズデーなど見たことない。

あれは痴漢が多すぎるから出来たものであって、本来ならそんなものない方がいいに決まっている。こんなやり方でしか解決できませんなんて恥ずかしすぎる。

かに恥ずかしい。男性と同じように自衛すべき。

人の(男性の)善意にすがっておいて、根拠もなく追い出すなど恥を知るべき。

女性ホームレスはいないじゃないか。そりゃレイプ危険性があるからだよちょっと考えたらわかるでしょう。

男性レイプホームレス狩りの危険はある。しかし、それでもホームレスせざるを得ない立場に追い込まれてる。

要は女性甘ったれ

男性の方が自殺率が高いのは。これも印象だけで語ってはいけないと思うが、

やはり今までの価値観だと男性が家や社会を支えなくては、というような世界からではないか。その価値観を壊したらもっと生きやすくなるかもしれない。

社会進出し、男性相当の収入を得ても上方婚を維持している女性が、この価値観を維持する元凶

エマが付き合うのはみんないい男の金のある男だ!ってそりゃ彼女がいるのは俳優界なんだから同業者やそれに近い人間とどうしても付き合いが増えるからでしょう。社内恋愛と同じと誰かが言っていたが言い得て妙だと思う。わざわざお恵みでまったく知らない男と付き合えセックスしろと言う主張はさすがにみっともなくないか

これは、「俺とセックスしろ」と言ってるとの曲解

単に、「ジェンダーロールから解放」を主張しているエマのチョイスがジェンダーロールそのままなことにより、

彼女の論の説得力がなくなることを指摘されている。

いわゆる勝ち組男性(とされる人たち)が饅頭三個、弱者男性饅頭二個を持っているとして、その他の人は饅頭なかったから少しずつでいいから一個ずつ分けてね、というのが現在や少し前の話だと思う。勝ち組男性がそれでも二個持ってるの変だからそこも改善していきたいね、という話をしているのに、弱者男性と叫ぶ人たちは、不当だ!俺たちの饅頭なのに!ずるい!ひとかけらだってやるもんか!と駄々をこねているように見えているんだ。

弱者男性は、元から饅頭1個しかもってない。

女性は1個の人と2個の人がいる。なのに女性であるというだけで饅頭を奪う。

キモくて金のないオッサンとやらが嫌がられているのはキモいからでも金がないからでも年を取ったからでもなく、充分権力を得ているのに自分弱者ですと哀れっぽく叫び、まだ自分権利は足りてないんですくださいと言っているからではないかしかも大体の場合こういうことを言う人は自分たちより弱い人間のことを口汚く罵っていることが多いので嫌気が差しているのだと思っていた。

キモ金は権力など全く得ていないし、なけなしの権利すらフェミ攻撃さらされている。

キモ金はフェミへのカウンターであり、この論は順序が逆。

多数の怪我人が出てる時の災害時のトリアージを思い浮かべてね。より重傷の人から治療するのは道理ではないかあなた方のやってるのは、血まみれで死にそうな人間治療している時に、ほんのかすり傷の人間が「こっちが先だ!こっちの方がつらい!お前が痛かろうがこっちだって痛いんだよ!どうせそんなの詐病だろ!」とわめく行為だと思うよ。

そのトリアージのつけ方に問題があるんでしょうが

なんで、フェミ等の一部の人間が勝手に、キモ金を後回しにできるの。

それこそが問題本質しょうが

文句言うべきは社会であってフェミニスト(を名乗るのはとても恐れ多いくらいだし自称したことは一度もないが)にいちいち絡みに行ってお前らは俺たちのことを無視してる!攻撃してる!って被害妄想すぎてみっともない。

文句言うべきは、フェミを含む社会

その中で、男性攻撃の先鋒であるフェミが反撃を受けるのは当然。

被害妄想もほどほどにしてほしい。

2018-04-18

努力と才能

「(適切な)努力をすればなんでも可能」論について。

結論)こういう言い方はしない方がいいと思う。

思考実験)適切に努力すれば、誰でも陸上100mで五輪メダルを獲れるのか?

論理的には、間違っている。なぜなら「全人類が適切に努力したとしても、確実にメダルを取れるのは3人だけ」であることは明白だから努力が叶う確率3/70億、それは限りなくゼロに等しい。少なくとも「誰でも」でないことは明白だ。

しかし、現実論として考えれば必ずしもそうではない。全人類競争に参加するわけでもないし、全員に「適切な努力」をさせるためコーチなどのリソース提供する資金はどこにもないから。つまり現実的には、「一部の人間が、おおむね不適切努力をしている」世界存在するだけであるから「適切な努力」の適切さの度合いを厳しくすれば、「適切な努力をすれば誰でも」ということは不可能ではないかもしれない。まあ、極端な場合、それはドーピングなど非合法手段を含む「適切さ」であるかもしれないが(あとで剥奪されても「取った」ことは実現できる…という意味においてだが)。

(本論)

大抵の夢は「五輪メダル」ほどハードルが高くない。たとえば「音楽家になりたい」くらいの夢なら、世界中で毎年数十万人がかなえているくらいのレベルの夢ではないだろうか。そう考えれば、現実論として、「適切な努力をすればなんでも可能」論はそれほど的外れでもないだろうことは認めよう。実際、遺伝子レベルの優劣それ自体が、どれほどその人の人生に決定的な作用をもたらすかというと、そりゃ大したことはないとは言えるだろうね。だが、実際は、生まれ落ちた瞬間から全ての「努力」はスタートしているのであり、ときにその差は「才能」と言うしかないほどに絶対的な差となることもある。

たとえば絵を描くことを例にとれば、日常のもの見方、感じ方、興味の持ち方…など24時間全ての時間が絵を描くためのトレーニングに直結するような(それこそ夢の中も含めて)生活を送ったAくん12歳と、まったくそういう興味をもってものを見たことがないBくん12歳が同時に画塾に入塾したとしたら、いろいろな技術を両者とも初めて身に付けるとしても、描く絵の質は数ヶ月のうちに天と地ほどの差ができるだろうし、そこから得られる賞賛などの成功体験と逆に受ける劣等感…など周囲からフィードバック、それによるモチベーションの差なども含めて考えれば、いくら後者が「後者なりの適切な努力」をしてもその差を埋めるのはまあ不可能だろう。そういう現象が世の中にあふれているのに、Bくんに「才能じゃないよ、後天的努力努力の質の問題だよ」と言っても、納得させるのはなかなか難しいだろう。

Bくんに対してAくんのことをどう説明してあげればよいのだろう? 「Aくんの方が努力してる」と言えばいいのだろうか? 現実には、Aくんは一日2時間しか絵の練習をせず、それ以外は、普通に景色を見たり興味のあるものを読んだりして暮らしているだけで、Bくんはその間一日6時間も絵の練習をしているとしても。それでもAくんの絵の方が圧倒的に「うまい」のだとすれば。その場合、Bくんに「君の努力の仕方は適切ではない」というのは、本当に適切だろうか。Bくんに、生まれからの10数年間を全否定して、もう一度

赤ん坊ものを見るその見方、感じ方から(神経回路の形成自体をやり直させる勢いで)修正して…という教育を施すのが適切な努力というものなのだろうか。赤ん坊が数年で実現することを大人になってから行おうとすると十年以上の時間がかかるかもしれない、しかも、十年以上たってやっと、Aくんの12歳にようやく追いつくだけだというのに? 私なら「Aくんには絵の才能があり、君にはない。人の才能をうらやむのは意味がないからやめなさい。」と言うだろう。

何かをあきらめる言い訳として「才能」という言葉はとても便利だ。人生時間というリソースは、誰にでも平等で有限だ。苦手な分野にそのリソースを投下するより得意な分野に投下する方が、本人も社会も得る利益は大きい。今のままのBくんにも別の「才能」がある可能性を否定するべきではないだろう。「才能」という言葉言い訳にすることを、大人にも子どもももっとカジュアルに許した方がいいと思う。

(参考)

作曲家渡辺崇氏、中学生から助言を求められたので「夢は叶う」という旨を伝えると返ってきた答えが物哀しかった→様々な意見とそんな人々へのエール

https://togetter.com/li/1218942

2018-04-14

無言ブクマスターってどういうこと?

無言のブクマスターがついてることがあった

テスト的な意味なのか操作ミスなのか

それとも一部の人しか後悔しないコメントというのが存在するのか

プライベートブクマだとそもそもブクマ一覧にならぶこともないだろうし、よくわからない

シリア内戦報道何だかなぁと思うのは、昨年から池上彰番組とかでアサド大統領解説をするのに「アサド大統領は少数派の出身で、シリアでは少数派の人たちが多数派スンニ派を押さえて独裁している」とか言っていて、別に池上彰も他の解説者もその賛否を明確にしているわけではないが、番組の作りは視聴者に「アサド独裁者で一部の人たちで富を独占して一般民衆の敵である」と思わせるものになっている。しかし少数派と多数派が逆転したらどうなるか。普通に多数派政権による少数派の粛清虐殺が始まるだけだろう。この見方では「アサドは悪い敵から弱い少数派を守っているヒーロー」となる。起きてることは侵略でもテロでもなく内戦である無辜一般民衆市民の敵は表裏一体だ。

シリア軍事攻撃時系列でわかる|NHK NEWS WEB

https://www3.nhk.or.jp/news/special/timeline/military-action-syria/

つのまにか一部の人脳内ゴールデンカムイがすごい作品になってる

カムの一番すごい所は、差別的になりやす文脈があるゲイネタギャグ絶妙差別にならないようにギャグにしている所であるにも関わらず「ゲイ描写されているのでダブスタぁ」って人らはマジで差別脳なんだろう

2018-04-11

映画感想トゥームレイダー ファースト・ミッション

トゥームレイダー ファースト・ミッション』を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでそういうの嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向け。

総評

点数で言うと80点くらいだろうか。サービスデーやレイトショーで見ると満足感があるという点数。

ぶっちゃけると、平均的なアクションB級映画であってそれ以上でもそれ以下でもない。ごくごく個人的事情により「ちょい俗悪なレベルのB級アクション映画」を見たくてわざわざ選んで見に行ったので、そういう意味では120点だった。

というのもそれ以前の視聴ログが『ドラえもん のび太の宝島(点数をつけるに値しないここ数年で最底辺映画)』→『リメンバー・ミー(どうしてここまで作り込んじゃったんだろう、子供向けをぶっちぎった文芸映画だぞ高得点すぎて意味わからん)』という履歴であり、次は『ジュマンジ』を見に行く予定もあったので、口の中をすっきりさせるというか、程々の映画期待値リセットたかったのだ。程々で大変素晴らしかった。

最近ハリウッド映画らしく、CGレベルはもはやCG臭いとか臭くないというレベルは遥かに飛び越えていて、「どういうワンダーな画面を見せてくれるか」になっている。その基準は十分に満たしているし、アクションも、期待のB級謎解きも、おおよそ期待通りだった。

B級のお手本として

古代日本邪悪女王ヒミコが残した宝」というぶっ飛びネタからスタートする本作であり、一部の人はカチンとくるかもしれないが、いいのだ。これがB級なのだ

トゥームレイダー』はたしか歴史あるIPなのだが、だからといってその歴史上級であるとか本格であることを全く保証しない。むしろトゥームレイダー』こそがトンチキB級アドベンチャーですよ。

超古代文明のつくりあげた謎の遺跡トラップ宝石の色の重ね合わせで罠解除とかどこのどんな技術だよ! とか突っ込むのは序の口であり、むしろ、おいおい光る宝石の色を混ぜ合わせるのに青+黄色で緑って絵の具じゃねえんだぞ。光の重ね合わせはむしろ引き算だろう! とか、そういうレベルで胡散臭くアホっぽいのが『トゥームレイダー』であり、トンチキは正義なのだ

直径10kmもないような絶海の孤島に幅25mの激流が流れてて10階建てよりも高い滝があるとか、水源地全くわからないけど、良いんである。その場その場が盛り上がって格好良ければいいのだ。B級ってそういうものなので、批判に値しない。っていうか、むしろポップコーンを食いながら指差し爆笑するのがふさわしい映画なのだと思う。

ここらへんは(あくまでこの感想全部と同じく私見なのだが)減点要素ではなく加点要素であった。そんなのより安易クリフハンガーに頼って、やたらと高いところで鉄骨渡りやらせればスリルが出るだろうみたいな安易さのほうが減点である

B級になりきれなかったララ

トゥームレイダー ファースト・ミッション』は映画版『トゥームレイダー』のリスタート作品として、このシリーズ第一作にあたる。主人公はこのシリーズ看板であるララ・クロフト(演アリシア・ヴィキャンデルである

――のだが、このララ・クロフトが今回いまひとつだった。

冒険アクションゲームであるトゥームレイダーシリーズ主人公ララ・クロフトはひとことでいえば、女性インディ・ジョーンズであって、タンクトップ一枚で二丁拳銃を構えて、荒野、密林、砂漠洞窟、地下洞窟に飛び込んで、古代生物だろうが邪神教団だろうが謎の殺戮機械だろうがお構いなしにバカスカぶっ殺しては遺跡を漁る天才的『トゥームレイダー(墓荒らし)』である

はっきりいって彼女はキチ○イなのだ

軽装備で密林の現地部族の槍にぶっさされても、錆びた鉄骨が脇腹を貫通しても、瓦礫に生き埋めになって両腕がおれても、不敵な笑いを浮かべて古代の謎に飛び込んでいく頭のちょっとおかし女性。それがララ・クロフトである。B級だからそれでよくて、それが良かったのだ。

でも今回の映画トゥームレイダー ファースト・ミッション』はそこが失敗してしまった(もしかしたら制作側は失敗ではなく計画通りだと思ってるかもしれないけれど)。

今回のララ・クロフトは、行方不明になった父リチャード・クロフト行方を追い求める「成人にはなったけれど心はまだ傷ついた少女のまま」という造詣がなされている。身体能力知的能力は確かに卓越しているけれど、キチ○イではない、真人間なのである

(キチ○イ度が下がった結果おっぱいサイズが小さくなってしまったのも悲しい点だ)

その結果なにが起きたかというと、ララピンチになって撃たれたり首を絞められたりするシーンで、スカッと爽やかに画面を見ていられない、なんだか辛いような気持ちになってしまったのであるちょっと残念。

今作においてララ・クロフトの動機は「行方不明の父を探す」であり、今後シリーズ動機は「父を殺した秘密結社トリニティとの対決」になっていくと思われるのだが、でも、だとすると「超古代文明遺跡に挑んでロマンだ! 不思議だ! 財宝だ! いいいいーやっふーぃーーー!」という爽快感は(あるていどのところ)諦めなければならない。

B級アクションアドベンチャーの女主人公として、脳みそハイになりきれなかったところが今回映画最大の泣き所だと思う。

てなわけで『トゥームレイダー ファースト・ミッション』の感想おわり。B級映画なのでBな感じで感想書いてみた。

2018-04-08

本来の「差別がない社会

たとえば「俺ってゲイなんだ」というカムアウトがあった時に「へー、珍しいね」くらいのテンションで終わって、特に接し方が変わらないってのが「差別のない社会」とかいものじゃないのかな。

でも今って接し方が変わらないどころか、逆に神格化してることがあるよね。LGBTに限らず「障害者=素直」みたいなイメージ押し付けとか、24時間テレビみたいなのもそう。

結局「反差別に取り組む私カッコイイ」みたいな一部の人のせいで、当事者負担かかってるだけなんじゃないか

2018-04-07

 本気で税金、納めるのがイヤになってきた。

作家室井佑月氏は安倍晋三首相の数々の振る舞いに、国の行く末を危惧する。

安倍首相が好んで使った「美しい国」とか「日本を取り戻す」とかい言葉意味が、未だもってよくわからない。美しい国とは、なにをもって美しいというのか? 日本を取り戻すとは、誰からなにを取り戻すことであるのか? そこを突っ込んで聞いた人っているのかな?

 今更、そんなこと考えても仕方ないのか? そういうフレーズ日本国民はみんな好きでしょう、という感じで使った言葉だったり? 電通あたりに、「この言葉、ウケますよ」っていわれて。

 まあ、その言葉はなんとなくウケた。一部の人は大喜びした。その言葉だけで顔をしかめる人はいなかった。

 でも、今こそその言葉意味を考えてみたい。安倍政権がつづいて、みんなが感じる、美しい国になったのか、日本を取り戻せたのか?

 先日、米軍三沢基地から飛び立ったF16戦闘機が火を噴き、燃料タンク小川原湖に落とした。

 米軍漁業者謝罪したが、油漏れの後始末は、自衛隊がやっているという。

 日本を取り戻すどころか、安倍政権になり、この国を米国差し上げたんじゃないかと思うことが多々ある。

 ほかにも、国会で虚偽答弁した官僚を、「適材適所」といって国税庁長官に据える。嘘データを使って、我々を過労死寸前まで働かせようとしていることもあらわになった。

 自分の仲間には便宜を図り、我々、国民財産簡単プレゼントする。そのくせ、邪魔な者は排除していく。籠池夫妻がここまで長く勾留されるなんて異常だ。

 思い返せば、籠池前理事長経営していた塚本幼稚園2015年運動会で、

安倍首相、がんばれ!」

 と園児にいわせたあの教育を、安倍首相昭恵夫人は当初、「素晴らしい」と絶賛していたのだ。

 ひょっとして安倍首相のいう日本とは、安倍首相自身ことなのではないか最近は思う。

だとすれば、彼がいっていることと、これまでやっていることは一致する。

 平昌オリンピック金メダルを取った選手へ、なぜカメラがまわっているところから電話をかけたのか?

 安倍首相からすれば、ユニホーム日の丸を掲げて栄誉を勝ち取った選手は、自分のために頑張ってくれたように思えたのかも。

 国会官僚たちが嘘を連発するのも、安倍政権を守るためだ。

 安倍さんにとっては日本安倍なのだから、そんなこと当然だと思うのかもしれない。そう考えれば、国会での悪辣開き直りも納得できる。

 そうそう、4月から小学校の授業で道徳が成績評価される教科となる。

 そのうち、日本安倍さん、っていうのが当たり前になったりして。テストでそれが模範解答になったりして。

 本気で税金、納めるのがイヤになってきた。

週刊朝日 2018年3月16日

2018-04-04

作家室井佑月氏は安倍晋三首相の数々の振る舞いに、国の行く末を危惧する。

作家室井佑月氏は安倍晋三首相の数々の振る舞いに、国の行く末を危惧する。

安倍首相が好んで使った「美しい国」とか「日本を取り戻す」とかい言葉意味が、未だもってよくわからない。美しい国とは、なにをもって美しいというのか? 日本を取り戻すとは、誰からなにを取り戻すことであるのか? そこを突っ込んで聞いた人っているのかな?

 今更、そんなこと考えても仕方ないのか? そういうフレーズ日本国民はみんな好きでしょう、という感じで使った言葉だったり? 電通あたりに、「この言葉、ウケますよ」っていわれて。

 まあ、その言葉はなんとなくウケた。一部の人は大喜びした。その言葉だけで顔をしかめる人はいなかった。

 でも、今こそその言葉意味を考えてみたい。安倍政権がつづいて、みんなが感じる、美しい国になったのか、日本を取り戻せたのか?

 先日、米軍三沢基地から飛び立ったF16戦闘機が火を噴き、燃料タンク小川原湖に落とした。

 米軍漁業者謝罪したが、油漏れの後始末は、自衛隊がやっているという。

 日本を取り戻すどころか、安倍政権になり、この国を米国差し上げたんじゃないかと思うことが多々ある。

 ほかにも、国会で虚偽答弁した官僚を、「適材適所」といって国税庁長官に据える。嘘データを使って、我々を過労死寸前まで働かせようとしていることもあらわになった。

 自分の仲間には便宜を図り、我々、国民財産簡単プレゼントする。そのくせ、邪魔な者は排除していく。籠池夫妻がここまで長く勾留されるなんて異常だ。

 思い返せば、籠池前理事長経営していた塚本幼稚園2015年運動会で、

安倍首相、がんばれ!」

 と園児にいわせたあの教育を、安倍首相昭恵夫人は当初、「素晴らしい」と絶賛していたのだ。

 ひょっとして安倍首相のいう日本とは、安倍首相自身ことなのではないか最近は思う。

だとすれば、彼がいっていることと、これまでやっていることは一致する。

 平昌オリンピック金メダルを取った選手へ、なぜカメラがまわっているところから電話をかけたのか?

 安倍首相からすれば、ユニホーム日の丸を掲げて栄誉を勝ち取った選手は、自分のために頑張ってくれたように思えたのかも。

 国会官僚たちが嘘を連発するのも、安倍政権を守るためだ。

 安倍さんにとっては日本安倍なのだから、そんなこと当然だと思うのかもしれない。そう考えれば、国会での悪辣開き直りも納得できる。

 そうそう、4月から小学校の授業で道徳が成績評価される教科となる。

 そのうち、日本安倍さん、っていうのが当たり前になったりして。テストでそれが模範解答になったりして。

 本気で税金、納めるのがイヤになってきた。

週刊朝日 2018年3月16日

anond:20180404003923

派遣エレベーター使わせない会社とか、

こういった話を聞くと、なんで一部の人っていい歳して

「このエレベータは僕んのだから使っちゃヤダ!」

って思想なんだろうね。脳みそ子供のまま大きくなったんだろうな。

2018-04-02

女性専用車が要らなくなるのが一番いい

理不尽一方的性的搾取されること」への腸煮えくり返るような悔しさや劣等感なんて当事者しかからない。

女ですら、そういう状況に陥ったことが無い人には実感がない。

女性専用車」は“一部の人”に理不尽性的搾取されたことによって日常生活不自由をきたしている人たちへの応急処置

いつかは要らなくなった世の中になればいいけど、今すぐ廃止しろなんて実感がない人たちだけが騒いでいる感じ。需要の外から言われてもね。

2018-04-01

実際のところストーリー死ぬどころか価値が上がり続けてると思います

コンピューターゲームが難しすぎて、ストーリー最後まで見れるのが一部の人だけみたいなデザインだったら非難対象になったり

一部の人しか読み解けないような難解な小説を楽しむ人も少なくなり

教養主義には価値がなく、とにかく皆が豊かに物語享受できるのが当たり前である、という価値観が支配的になったわけです。

しか質的進歩たかというと何も進歩していないわけで、それが仮想通貨のような虚無を人に感じさせ、ストーリーは死んだと言わせているのだと思います

2018-03-27

ツイッターシスターアイコン

「ぬ○」よく見かけるあのアカウント

高校生の娘がバカな周囲の人間スカッと言うアレ。

ツイッター一部の人間はすき好みそうな言論のヤツ。

すげー嘘っぽいっていうか、創作実話構文っぽいんだけど、みんなそういうもんとしてRTしてんのかね?

佐原某みたいな。

2018-03-26

anond:20180324230804

そうです元増田ですっていったら信じるの?

逆に違いますっていったら信じるの?

その質問意味ある?

で、ディベート的にどうこう言ってるの読んだけど、

そもそも元増田の冒頭で

このストーリーから想起されるのは、……

インターネット上で一部の人間が得意気に語っていた「誘拐監禁ではなく同棲である」という説だ。

っていってるのにそれ無視してる時点で文章読めてないのでは。

元増田の主張関係なく自説開陳したいだけならトラバつけずにやれば?


実際の事件への誹謗中傷酷似したマンガを、該当事件からすぐに描くというのは

例えていうのなら、2011年9月

天罰※によって、大地震大津波が起きて何万人も死ぬ話」を

誰でも見られる場所に発表するのに近い。

その悪質性は、

東日本大震災後に自然災害を描くこと」の難しさとも

自然災害を描くことが実際の被害者を傷つけるかもしれないこと」とも別だよ。

出発点に悪意があるのだから

※念のため、石原都知事発言より。

作者本人が「これはフィクションです、現実とは切り離して読んでください」と言ったか批判を免れると思うならそれはバカではないの。

2018-03-25

anond:20180324234857

抜け出すための仕組みとして、安倍首相失業率改善し、最低賃金の引き上げ、学費無償化など従来政権が成しえなかった事を実現している。

労働者には賃金を、資本家には株価上昇によるゲイン提供している。全てとは言えないかもしれないが、多くの国民恩恵があったはず。

貴公の言う「一部の人」とは何のことを言っているのだろう?


また、念のため言っておくと、我が国社会制度の基本は「自助」。

自民党過去にそうした発言をしているが、個人的な考えを付け加えるなら「家族助」が正しいのだと思う。

キリスト教圏のようなコミュニティがない日本場合公助や共助は機能しづらいため、家族助をどう発展させるかが重要となる。

そのため、(首相の正確な考えはわからないが)父親が働き、母親が支え、祖父母が教え、子はその精神を受け継ぐ。

これこそが「日本を取り戻す」事の意味であり、現在日本の停滞を打破する唯一の方法と考える。

不幸にも欧米流の核家族一般化してしまったため、こうした本来家族についての説明理解には時間がかかるのだろうけどね。

2018-03-24

anond:20180324233006

人が持つ選択肢が広いかいかは、少なくとも他の人に決められるべきことではない。

それに選択肢が狭いことで一部の人一方的しわ寄せが行き、選択肢の狭さ故にそこから本人の努力で抜け出すことができないというのが「古き良き美しい日本の姿」。

とても文明人の発言とは思えないね

ロシア革命前くらいの価値観の人かな?

anond:20180324193608

上の増田じゃないけどデビュー曲タイトル被りはさすがに酷いと思う

そういう判断をしたジャニーズ担当のことを本当に嫌いになった

ごく一部の人しか好きではないアニメから少数者のオタクから踏みにじっても構わないという傲慢

アイドルには罪はないのかもしれないがハッキリ言って憎悪している

二度と目に入って欲しくないが、ジャニーズが売り出す以上そうもいかないのだろう

そういう扱いをされるアイドルたちも可哀想

anond:20180323162850

言わんとするところは分かる

分かるのだが、今はまだ無理だ

皇家は日本人ナショナリズム、言い換えれば同胞意識に、古代の頃から根を張って生き延びてきた家だ

考えなしに引っこ抜けば、日本人同胞意識簡単崩壊する

同胞意識を失うという事の怖さを一部の人達は甘く見過ぎている

anond:20180321152456

『幸色のワンルーム』についてさわりしか読んだことないし、ほうっておこうと思ってたんだけど、ドラマ化で叩きが再発というのが本当に残酷だと思ったので、書いてみる。

まず自分小説家志望の人間で、クリエイター側に寄った意見になりがちになってしまうことは予め書いておく。

(なお自分作風は『幸色のワンルーム』のような「危ない」ものではないため、作品へのバッシングについては正直に言うと他人事だった。ただ、だから「見捨てよう」と思ったとき、それは残酷なことではないかと考えなおした)

まず対象作品の発表またはドラマ化が悪である理由として挙げられそうなものを考えてみる。(この他にもあれば教えてほしい(⑤はほかの方に教えてもらって追記したものです))

事件被害者作品を見た場合セカンドレイプとなり深く傷つけてしま可能性がある

事件被害者以外の類似した事件被害者作品を見た場合セカンドレイプとなり深く傷つけてしま可能性がある

誘拐という犯罪を美化しており、誘拐を触発してしま可能性がある

誘拐という犯罪を美化しており、(家出している未成年など)被害者となりうる者の正当な警戒心を阻害する可能性がある

事件に対するセカンドレイプ正当化するもの解釈されたり、助長するため

上記可能性を検討する前に、まず罰について、確認しておきたい

罰について

確認する。

あなたがたは当該作品の発表またはドラマ化が悪であり、それを罰するために下記のような罰が適切と考えている。

上記の罰は作者の人生破壊するに充分なものであることはきちんと認識しておいてほしい。

小説は正直に言って仕事をやりながらでも書ける。けれど漫画創作の手間から兼業でやっていくのはかなり難しい。人生時間のうち多大な時間を消費し、途中で別のルートを選ぶことも困難になる。

そういった覚悟はもちろん創作者の側で用意しておくべきことだろう。けれど作品の発表中止を求めるのであれば、それがどういった影響を他者人生に及ぼすのか――特に同様の観点で作者や作品批判するのであれば――認識しておくべきだろうと思う。

誰かの人生破壊するから批判はやめろと言いたいのではない。逆だ。あなたには絶対に、「これはだれかの人生破壊してでも中止させなければならない」と確信してもらいたいし、たぶんそうあるべきだ。でなければ、ほんとうに残酷すぎる。せめて覚悟をもってください。

セカンドレイプ可能

さきに挙げた①、②はもっともな批判だと思う。そういう可能性は実際にあるし、そうやって被害者の方が傷付くのはまったく看過できない

意外かもしれないけど、この点について少なくとも自分はまったく擁護の術を持たない。

(一点だけ気になる点があるとすれば、多くの場合批判自身はこの「被害者」に該当しないこと。被害者セカンドレイプバッシングを受ける可能性を考えると、こうした「代弁」は非常に重要なことであるのは確か。

けれど例えば(正直に言ってかなり考えにくいと思うが)当の「被害者」に該当する人が作品ファンであったり、または発表の中止までは求めない場合、こうした処罰の代行が被害者を苦しめてしまうことにならないか、ということが気にはなる。

ただ、「代弁」をしない場合デメリットや上のような事態可能性の多寡を考えると、やはり代弁をやめるべき理由にはおそらくならない)

というわけで、①、②の理由から作品の発表やドラマ化の中止を求めるのは不当だ、という結論は少なくとも自分は導けない。

ただしその場合、お願いしたいのは、絶対に①、②のような可能性を真剣に考えて、真剣に徹底してください、ということです。

当たり前のことですが、①、②は誘拐に限りません。あらゆる犯罪災害被害者にありうることです。そしてこの基準に触れている作品は世のなかにかなりあります

もちろん時代もあります。いまほど創作物に求められる倫理的水準が高くなかった時代作品には残念ながらこうした危険はらもの存在します。

そして注意してほしいのは「この作品犯罪を描いているが、悪として描いており、美化していない」というエスケープは後述する③、④には適用できても①、②には適用できないことです。

作品が悪として描いていようが、美化していなかろうが、フラッシュバックや、被害者が傷付く可能性はなくなったりしません。

お願いですから、①、②の理由作品批判するなら、ほかの作品に対しても(もちろんあなたの好きな作品に対しても)徹底してください。その方法はお任せします。作品クズだと思うのでも、ゴミだと思うのでも、発表中止を求めるのでも。作品によって対応が変わることももちろんあるでしょう。けれどお願いですからあなた自身絶対に正しいと思えるやり方で、徹底してください。あなたが正しいと思えない基準によって、ひとつ作品が消し去られ、作者の人生が崩れてしまうのが、いち創作者として本当に耐えがたいのです。

犯罪の美化

③、④の可能性についてはいわゆる「ゲーム脳」などの「創作物が犯罪を誘発する」タイプの言説を抜け切れていないと感じる。

ここでもう一度確認しておきたいのは、あなたがやろうとしているのはだれかの人生破壊する可能性があるということ。推測によってだれかの人生破壊して、あとで(あるいは永遠に結論はわからないのかもしれないが)「間違ってました」では済まないということ。

③、④についてはできれば科学的あるいは統計的根拠があった方がいいと思います作品擁護のためではない、だれかの人生破壊しうることを実行するなら、その根拠となる推測が正確であることを確かめからやるべきだと思うからです。

不正確な推測を根拠にだれかの人生破壊するというのは、残酷なことだと思います

そしてもちろん、③、④についても①、②と同様、真剣に考えて、真剣に徹底してほしい。

「この作品犯罪を描いているが、悪として描いており、美化していない」というのも、ただ自分の好きな作品だけ免罪させるための言い訳として使うのはやめてほしい。それは不当なことです。なにかを罰するなら、お願いですから、その正しさを信じ抜いて、貫徹してください。お願いします。

セカンドレイプ助長(追記分)

⑤についてはほかの方(anond:20180324003900から指摘を受けたので追記した。

ただし正直なところ、単純にディベート的な命題の強弱のみを考えるなら、⑤は①、②の下位互換しかないように思える。

作品セカンドレイプをエンカレッジしたり助長するものであるより、作品のものセカンドレイプであるほうが、より悪であるということになるだろうし、より強い批判ということになるだろうから

加えて⑤の場合は①、②よりも批判者(つまりあなた)がより際どい位置に立たされることは意識しておいてほしい。

⑤の場合作品のものあくまセカンドレイプ的言説に利用・悪用されたに過ぎず、悪いのはあくまセカンドレイプを行う者たちであり、作者はそこに含まれない可能性があります

その場合あなたは作者本人は悪くないにもかかわらず、人生破壊しうる処刑をくだすことになります。わかりやすく言えば、あなたが逆に「加害者」となり、悪側の立場に立たされる可能性もあるということです。(もちろんこうした可能性は①~④にもあります

もちろんこれは仮定の話です。だからこそ、何度もお願いしますが、絶対に正しいと確信して作品の発表中止等を求めてください。それはあなたが悪や加害者にならないために必要努力であるし、同時に不当に消し去られる作品やだれかの人生をなくすための手順です。

そしてもちろん、その正しさを真剣に信じて、真剣に徹底してください。お願いです。

結論

言いたいことはだいたい以上です。長くなってしまいました。すみません

創作者あるいは創作者志望にとって、創作は往々にして、人生をまるごと賭け金にした、自分人生のもの価値を左右する重要なことです。(もちろんそうでない人もいますが)

ただしそうしたある種ヒロイック比喩でもってして、だれかを傷付けることを正当化することはもちろんできません。

けれど、そうした重みをもっている物事を、そうと知らずに軽い気持ちゴミ箱に捨て去られるのは、正直にいって、耐えがたいです。

現在ある『幸色のワンルーム』への批判がそうした軽々しいものであるというわけではありません。ただせめて、「そうでない」ことを確認させてほしいと、思いました。

ドラマ化というのは、作者の方にとって本当に嬉しい知らせだったと思います。そうしたときにやはりまたバッシングを受ける。

ならせめて、そのバッシングだけは正しいものであってください。お願いです。本当にお願いです。正しくないバッシングによって、ドラマ化の知らせを受けた矢先に中止になるなんて残酷なことは(ありがちなことなのかもしれませんが)本当に起こってほしくないんです。

余談

ふたつ、蛇足を加えます

まずひとつ、私は個人的な考えとして、あらゆる創作物に対して、その客観的価値をだれかが決められるとは思っていません。

したがって anond:20180321152456 の方の下記の記述は正当ではないし、余計だったと思っています

というのも、この作品漫画としてのレベルは決して高くないからだ。

まずこの方は上記の文に続いて作品欠点を挙げられていますが、作品欠点を列挙することが作品の「レベル」の判断になるとは自分は考えません。作品欠点を美点が凌駕することは往々にあることだし、その美点は「自分にはわからない部分にある」のかもしれないと常に感じるからです。

またご本人が「持て囃された理由」として「「家族からの逃避と二人だけの世界への耽溺」というテーマが、思春期少年少女一部の人間に心地よいものだったから」を挙げられています。程度の低い理由として挙げられたのかもしれませんが、個人的意見を申し上げれば、これは充分にすごいことですよ。

蛇足ふたつめ、

私はどこかで『幸色のワンルーム』の作者の方が女性で、若い方だと見たような気がします。(今回その情報を探してみましたが、見つかりませんでした。正確な情報ではないかもしれません)

そうした先入見が本件への自分姿勢に影響を与えた可能性は否定できません。当然ですが、そういうことはあるべきではありません。もしそうだとしたら、反省点です。

女性が守られるべきであるかいった考えは、フェミニズム的でないというよりその正反対だと考えるべきでしょう。もちろんそれはわかっているのですが、若い女性漫画家としてデビューし、その後バッシングによって漫画家をやめることを余儀なくされた場合、その後の困難さが男性場合と比してより困難であるというような「想像」が、今回の筆致に影響を与えなかった確信が持てず、そしてそれを隠すのは誠実な態度ではないと考えたため、蛇足ながら書いておきます

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん