「素行」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 素行とは

2019-04-04

人生事実上破滅したピエール瀧性的に惹かれる

ピエール瀧存在は知っていたが、あまり興味がなかった。

人当たりがよく、笑いをとるために人を傷つけたりせず、音楽だけじゃなくて俳優としてもすごいし、ラジオとか面白いらしいし、冠番組持っちゃってるし、人間的にまともで、完全に成功した人。

でも、コカインで捕まって、パトカーに乗せられているめちゃくちゃ顔色悪いピエール瀧ものすごくときめいてしまった。初めて彼に関心を抱いた。

その日からボロボロになって誰からも見向きもされず絶望している可哀想ピエール瀧性的妄想をするようになった。

あんなに華やかな人生を送っていたのに、そこから転落して、犯罪者として糾弾されて、たくさんのものを失って、可哀想だと思った。(ざまあwとかは全く感じなかった。)そして、とても可愛いなと思って、すごく興奮した。

犯罪者が好きなのだろうか?と思ったけど、今まで犯罪者ときいたことはないし、ガラが悪い人は嫌いだし、たぶん違う。あと、人を傷つけたいとかいじめたいという願望もない。(可哀想な人に興奮している時点で、ある意味傷つけたりいじめていることになると言われると何も言えないが。)

私は昔から、ふだんきちんとしている人が、酷い風邪を引いていて具合の悪さをがんばって隠そうとして隠しきれてない とか、ありえないミスをしてへこんでいるのを見てどきどきする人間だった。

日頃から具合が悪そうな虚弱体質の人とか、すぐ具合悪いよ〜という人とか、デフォルトで失敗が多い人には惹かれない。

今回のピエール瀧の件も、これに通ずるところがあるのではないかと考えている。

これは多分表に出すとまずい性癖だと思うので口にしたことはないが、同じように思っている人がいるのではないかという気がしている。

もしそういう人がいたら、ピエール瀧の他によさそうな例があったら教えてほしい。

追記

ホリエモンはすごいし正直だし頭の切れる人だと思いますが、もともと人当たりがよくなくて性格がきついので興奮できませんでした。

草なぎ

本件と類似性がありますが、興奮できませんでした。本人がもともと好人物という訳でないせいかもしれません。あるいは、ジャニーズからかも。私は、自分の外見的魅力を(他人から見てどうかではなく)自覚している「アイドル」という属性を持つ人間には興奮できない性質です。

山口達也

上で述べたようにジャニーズからかもしれませんが、それ以前に、人生破滅の原因が悪質な性犯罪であること、そして以前から素行が悪かったために興奮できませんでした。

市橋達也

人物であったとか、社会的成功があったかというと疑問があり、また破滅の原因が性犯罪ですし人が死んでるので興奮できませんでした。しかし、犯罪を犯してからの迅速な対応や、警察の目を長きにわたりかいくぐってきた知性と行動力はすごいと思います性的な訴えはありませんが。

・上祐

麻原が作り上げた帝国のパーツというか手足に過ぎないため興奮できませんでした。

矢口、のリピーモー娘

興奮できませんでしたが、彼女らがアイドル元アイドルという特徴をもつためかなと思いましたが、ここで、知性も重要ポイントであることに気がつきました。確かに草なぎ山口達也にはあまり知性が感じられません。

ホリエモン再考

ホリエモンについて再び考えてみると、ライブドアの件は出る杭は打たれるという感じであり、ホリエモンの内的な弱さのようなものにより破滅したという要素が希薄であるように思えます

カルロス・ゴーン

もともと興味がなく、事件が原因で知ったという点においては瀧と同じですが、汚職は興奮できませんでした。

例えば、今波に乗っている人物破滅した場合のことを考えてみる。例として、落合陽一氏を瀧のケースに当てはめてみましたが、興奮できませんでした。氏は知的ではあると思いますが、好人物ではないからでしょうか?結構難しいですね。

2019-04-01

普通とか貧乏レベルが違いすぎてビビる、這い上がれなかった底辺の話

親の年収は知らない。基本的には母子家庭で、父親が何回か変わった。

殴る蹴るはもちろんのこと、関節技を極められたり、食事も与えられず、家から追い出され公園などで寝ることもよくあった。冬はコインランドリーが温かいということを知った。

似たような境遇だった兄は絵に描いたようなグレっぷりでしょっちゅう警察のお世話になっていた。

私は生来コミュ障と本好きが幸いし、悪い友達とつるむようなことはなく、家を出されたときは、本屋立ち読みしていた。

小説はあまり読まず、リチャード・ドーキンスとかホーキング博士とかの科学読み物をよく読んだ。宇宙素粒子化学式哲学が好きだった。

中学生とき父親だった男は例にもれず殴る男だったが、教育には意味見出していたようで私は塾に行くことを許された。この点だけは感謝している。人生は運だ。

塾の先生の勧めで地域トップ公立希望した。学校での素行しか見ていない担任絶対無理だと言ったが、楽勝で受かった。

高校は楽しかった。高校入学時の父親とはすぐ別れていて、母親高校生になった私に腕力で敵わなかった。

進路を考える時期が来た。進学校なので普通大学進学なのだが、私には全くビジョンが見えなかった。塾や予備校には当然通っていなかったし、相談できる大人はいなかった。親はもちろんのこと、学校先生というのも信用できないものだと刷り込まれていた。今思うともう少し学校先生に頼るべきだった。高校先生は良い人たちだった。

奨学金も良くわからなかった。悪名高い奨学金ではあるが、少なくとも借りれば大学へ行っている間はなんとかなる。しかし、それを借りるというところにたどり着くまでにも大人の力は必要だった。奨学金の申込みはスルーされた。存在する、ということすら意識できていなかったように思う。

私はギリギリまで遊びながら受験料等を稼ぐためバイトをしつつ、なるべく勉強しないで行ける大学を調べ、早稲田文学部を受けた。現代文は学年トップ小論文にも自信があった。とりあえず英語古典を少し勉強したら受かった。よくわからないまま入学金ローンを借りて入学金を支払った。母はブラックだったので保証人は兄になってもらった。兄はやんちゃだけど良い人だ。

大学に入って私は、実家から通えて一番給料の良いバイト情報誌で探した。塾講師だった。サークルとかそういうものは考えられなかった。大学へは片道で2時間かかるし、金もない。周りとも話は合わなかった。バイトに間に合わなくなるから、遅い時間講義は行かず、他の講義休みがちになった。

夏は可能な限り夏期講習のコマを入れてもらい、ほとんど塾に入り浸っていた。30万を超える夏期講習の給料を後期の学費として振り込んだ後、大学に行くモチベーションが完全になくなり、行かなくなった。

次の学費は払えず、除籍となった。

その後はブラック企業に就職したり色々あったが、まあ楽しくやっている。普通の人なら同じ境遇ももっと上手く立ち回れたのかもしれない。ちなみに後に自分発達障害だということが判明した。無理ゲーであった。しかしこれ知り合いが見たら100%身バレするやつだな。まあいいや。

これでも底辺と言うにはおこがましい。私は少なくとも学力があり、一時期だが教育に金をかけてもらう幸運にも恵まれた。それでも無理だった。

まれている人の何が恵まれているって、情報だ。金だけじゃない。情報全然違う。金の使い方、稼ぎ方。教育がどのように必要か、あるいは必要でないか公的サービスの力。金を稼いでも節税しなければ税金で持っていかれること。その他あらゆること。

この世で生きていくための全てを、手探りでやらなきゃいけない。知り方さえも、知らない。そういう人たちがいる。馬鹿にしないでくれよ。スタートラインも、走るコースも違うのに。

あのとき自分に、教えてやりたいことがたくさんある。虐待されたら逃げられる場所がある。真面目に学校に行けば無利子で借りられる奨学金もある。何を学びたいのか考えて大学に行きなさい。

あー、宇宙勉強がしたかったなあ。

2019-03-25

anond:20190325100723

日本の人事は年齢とか、ブランクとか、まあ、そこから勤務態度、病歴、障害を隠していないか等、ねちねち素行調査したいんだろうけど

逆にそういう雰囲気が、働く環境精神衛生を寧ろ悪化させてるんじゃないかなあ

それは本当に性質の悪い人間とかかわってこなかったから言えること。

陰湿人間性格の悪い人間は経歴だけでは分からないけど、仕事サボる、できていないのにできた振りをするといったクズ系の人間は経歴をちゃんと見ていけばわりとはじける。

2019-03-05

バカみたいだけど、弟と俺は違う人間だと気づいた

自分語りしたくなった。

親共働きで、ベビーシッターの人によくお世話されてた。それが普通だった。お世話になるのだから行儀良くしなさいと言われてたし、実際他人だ。冗談も言い合うし頼りもする、無理も言った。でも、それなりの距離感を取って暮らしてた。

他人が家にいるのもそれほど苦じゃなかったんだな。

暫くして弟ができた。俺が小学校にあがってすぐ産まれた。その数年はホント幸せだった。帰ったら家に親がいて、色んな事を話したりした。

母のお腹がおおきい時は、一緒に名前を考えて、呼び掛けたりした。今の子はヒョンタなんて呼び掛けるのかな。俺の時代はそれが普通だった。

まれたらオシメも替えた。うんちだったとき俺もビビって泣いたよ。小学生にうんちのショックは大きかったんだ。

成長して、母も仕事に復帰した。シッターさんと俺と弟で夕方まで一緒にいて、遅くに両親がそろう日常に戻った。

俺には日常だったが、弟には違った。オネショをしたり、シッターさんに癇癪起こしたりしてた。親は特に問題視してなかった。夜グズっても構わず寝るし、躾たり叱ることはあっても、一度も声をあらげたことはなかった。もっぱら俺の役目で、いつも「お母さんたちこまるでしょ」と言って宥めた。

弟は小さいうちから、見てわかるくらい落ちこぼれた。それを咎める人は誰も居なかった。勉学もそうだが、素行が悪く、しょっちゅうシッターさんが謝りにいった。親じゃなかった。

夜更けになるとみんなそろう。そこで俺は幸せだった。でも弟はどうやらそれも耐えられなかったようだ。親の前でイライラした態度が増えた。

親は特に咎めもしなかった。「そう」とだけ言って不機嫌さを受け流してた。

俺には昔からの弟だった。自然体で接してたと思う。

俺も大学生になって、弟は中学生になった。俺にはずっとそのままの態度だった。オネショが止まったのを俺はからかった。

家で吠えずに、外で発散したらしい。家は一見平静になった。授業もサボるようになってたが、俺も含めて咎めはしなかった。自由にすればいい、彼の人生なんだから。ポツリと父が言ったのを覚えてる。

この頃は家政婦さんって呼ぶ方が正しいのだろうけど、俺にはずっとシッターさんのイメージがある。補導された弟の迎えはいつもシッターさんだったから、子供の世話をしてたと言える。親は来たことなかった。

弟の誕生日に、両親共早く帰れるから、皆で家族ご飯食べようと言った。弟は表情を押し殺して「気が向いたら」とだけ言った。

母は急な仕事ダメだった。弟は無表情に「そっか」と言って、俺のカレーと親父の買ってきたケーキ食った。

暫くして、大学友達と飲んでたら、電話があった。知らない番号だったけど。どこかの店舗らしい。弟が万引きしたと。

補導はされてたけど、深夜にうろつくとかが理由で、ホント犯罪って初めてだったとおもう。飛んでって、道中で親へ連絡した。

「知ってる、連絡が来たけどいけないから、シッターさん呼んで」怒りがわいたが、そんなもんかとも思った。

店に行くと、事務室に案内された。

「ご家族が来ましたよ」

弟の顔がパッと明るくなったのを良く覚えてる。俺の顔を見て、ばつの悪そうな顔になったが。

盗もうとしたのはガム一個らしい。今回だけはと言うことで、二人でペコペコ謝って済ませてもらった。

帰り道、店から出たら、即座に怒りに任せて一発かました。弟は痛そうに頭を抑えて聞いてきた。「怒ってる?」

当たり前だ、と怒鳴り付けた気がする。そっかぁと言いながらぼんやり俺の顔みてた。

「お母さん怒ったかな」と恐る恐る聞かれた。なんて答えたらいいかからなかった。

「怒ってないよ」と言った。「怒らないよあの人は」

弟は苦笑いしてた。「そうだよなぁ」小さな声で「ありがとう」と言った。俺は聞こえないふりした。

そのあたりから、急に弟の素行が落ち着いた。高校卒業して、家を出た。結婚して、この間子供ができた。

俺は全く作る気になれない。良い家庭が想像つかない。でも弟はたぶん違うっぽい。

なんか違って、たぶん良かったんだとおもう。

2019-03-02

きれいな徴兵制きれいごと

anond:20190302212941

反抗した士官素行不良の下士官嫌がらせ最前線に贈られるのがリアル

徴兵じゃない連中すらそれなんだから

左翼は40半ばだろうと竹やり事件のように徴兵される

戦争に行くまでもなく格闘訓練中にリンチ心停止するのだろうなあ

2019-02-24

anond:20190223150633

しか会社学校は非常によく似ている、上下関係同調圧力意味があるのかわからない儀礼義務……などなど、ほぼ同じだ。

しかし、決定的に違う点が一つある

利益追求」という考え方の有無だ

学校では、生徒は先生命令に従って行事に参加させられたり勉強させられるだけで、「学校のために利益お金)を生みだせ」とは言われない。

生徒が何かポカをやっても、たいていは先生または先輩に殴られるだけで終わる。

会社ではそうは行かない、何か所属組織利益損失になることをやると、自分給与から弁済させられたり、即座に組織から追放される

一定以上の勤続年数があれば、素行が悪くても利益を上げている人間なら許容される

学校運動部が勝とうとするのは利益追求に似ているが、直接お金に結びつく行為ではない。むしろお金がかかっていれば選手健康を重視して体罰や無理な練習制限するだろう

逆に言えば、会社では営利精神論を天秤にかけたとき経営者営利に反すると判断した問題改善される余地があるが、学校ではそれが改善されない

そーいう意味では、学校内で生徒に「そんなんじゃ社会通用しないぞ」とドヤ顔してる教師の方こそ、非合理的精神論に陥っている場合がある

・・・ただし言うまでないが、個々の会社ごとの差も大きい

経営者スピリチュアルにハマっている場合など、利益度外視して精神論を重視する会社存在するが、それは会社存在目的としては本道ではないね

2019-02-20

全国「精神病」者集団が分裂していた

何が起こっているか

発端

2016年8月17日に後の絆派である山本眞理がメーリングリストに以下の投稿を行う。

素行というから私が誰かを強姦したとかセクハラしたとかという話かと思った、Aさんみたいに

これに対して名指しされたAは

もう、10年以上のけんですが、私はセクハラは確かにしましたが強姦はしておりません

と回答、強姦はしておらず大阪では性暴力を起こしていないのでそれについて撤回を求め、また情報元の提示を求めるが山本被害者保護のためこれを拒否

これについて運営委員会は山本事実提示処分勧告を行う。

なお、Aのセクハラの件はその後一切の内部調査が行われておらず、事実無根のため撤回しなければ法的手段に訴えると憤っていたAも裁判を起こしていない。

事の顛末は全国「精神病」者集団ニュース2016年10月号(http://www.arsvi.com/2010/20161018zss.pdf)に掲載されている。

分裂

運営委員派と絆派の溝は埋まらず、2018年3月弁護士を交えた合意書を作成する。(https://www.jngmdp.org/news/4925)

このとき

1 山本眞理は、関口明彦、桐原尚之および山田悠平が運営委員会の構成員になっている集団(以下「甲集団」)には加わらず、別の集団(以下「乙集団」)として活動することとする。

2 甲集団および乙集団はいずれも、2018年5月1日以降、全国「精神病」者集団名称自己集団を称する名称として用いない。

としていたのだが、甲集団まり運営委員派は(https://jngmdp.net/wp-content/uploads/2018/07/20180619.pdf)

分岐、分離、分裂、解散合意した事実がないことを確認しました。あくまで別々に活動をすることのみを確認したこと再確認されました

として合意書を無効とし、絆派の一連の行動(分裂の報告)を風説の流布であるとして謝罪要求

運営委員会が率いる集団は引き続き「全国「精神病」者集団」を名乗ることとなる。

工作

そしてそれと前後してWikipedia全国「精神病」者集団の項目編集合戦が始まった。

編集履歴を見ると運営委員派の桐原尚之が項目を編集していることがわかる。

2019-02-18

あーあ、俺も黒人に生まれたかったなぁ

そしたら、見た目や素行が悪くても差別被害者として同情してもらえるんだろ?

何で俺の母ちゃん父ちゃんは俺を黒人に産まなかったか

本当糞だわ

2019-01-16

anond:20190114144857

興信所頼んで素行調査したほうがいいかも。夫さんが外注してて、妻側は悶々とするだけって・・・・・夫さんが黒の場合離婚したほうがいい。

自分自身経験から、激務でセックスレスってありうると思う。性処理はおそらく目を盗んで自家発電と思われ

2018-12-23

探偵になりたい🕵️‍♂️

数々の謎を解き明かすことに憧れ探偵になったがいつもいつも不倫調査などのつまらない仕事ばかり。

そんなある日、大物政治家不倫調査を依頼された。依頼主は彼女の夫だ。

調査開始後、妙な気配を背後に感じるようになった。

どうやらつけられているようだ。

私は直感的に、これは探偵を使った素行調査の訓練だと悟った。

私を尾行してるのは政治家お抱えの探偵で、どのように私が彼を調査するのか探っているようだ。

しか政治家不倫をしているのも事実のようだ。

そこから導き出される仮説、それはかの依頼主は私を殺すつもりだという事だ。

不倫は黙認する、ただし知った人間は口封じに始末するしかない。それがたとえ訓練用に雇った探偵であろうとだ。

死は突然にやって来た。

それが私の前世記憶です。

2018-12-07

派手な社風の一流企業って素行めちゃくちゃの社員普通にいるよな

完全に運で逮捕歴ないってだけのレベルのやべえやつとか。 

レイプ大麻窃盗飲酒運転とかノリでやっちゃうような奴。

2018-12-06

anond:20181206231319

まあ滅多に伺わなくて済む、って子は居るかもな

しかし、そういう子は本人も性格素行がよくて、あんまり怒られることしたりせんのやろなあ…

2018-12-05

anond:20181205161926

都民一世代前は地方民だった家庭は少なくない

自分の親の素行を見て地方者は粗暴という偏見が育つのかも

2018-11-26

「愛してるから浮気は許さない」って矛盾してない?

「愛している」というのは、相手のことをすべて受け入れ容認することなのでは?

たとえば「愛しているけれど相手に駄目なところがあるから結婚しない」とした場合、それが「愛しているとはいえない」と批難されなく相手否定できるのは金銭的もしくは相手素行の悪さに初めて気がついたときになされるものだと思う。

ここで重要なのが素行の悪さについて。

他人危害迷惑を与える場合、それは「いやな思いをする」という形で第三者を巻き込むので、夫あるいは妻に対しての愛のみでは第三者が救われないのでアウトだとわかる。

しかしここで、「よい思いをする」として第三者を巻き込む場合は、浮気もありなのでは?

例としては、浮気相手独身で一夜限りの関係など。

この場合であれば、第三者にも多大な迷惑はかかっておらず、さら重要なのは愛による「相手のことを受け入れる」ということ。

単純に「浮気するなんて酷い!」という場合、それではパートナー(夫の場合)の「ちょっとほかの女の人と寝たいな」という願望を、妻は受け入れていないことになる。

この「相手のことを受け入れる」という行為が愛であるならば、浮気願望もまた受け入れるうちに入らなければ真の愛と呼べないのでは?

それとも「迷惑のかからない相手との泥沼化しない不倫は愛の名の下に許される行為」ではないと否定して、許さないのはもしかして他の人と寝たことよりも、自分が捨てられるのが怖いから?

2018-11-24

劇団た組。第17回目公演『貴方なら生き残れるわ』を観た

高校教員をしてる。管理職でない限り、全員が何かしらの部活動を受け持たないといけない。私は男子バレーボール部だ。

バレーボールは体育の授業くらいでしか触ったことがない。指導は、別に専門の先生がしてくださってる。だから私は見てるだけ。

でも、楽しい

弱小だけど、みんな一生懸命で、中には練習サボる子もいるけど、みんなバレーが大好きで……。

6時半に練習が終わっても、そのまま体育館に残ってボールを触っているから、私はそれをぼんやり眺めて、7時半になったら、まだ物足りなさそうな部員たちを追い出して、体育館を施錠するのが日課になっている。

自分のよく知らないものでも、誰かが夢中になって頑張っているところを見るのはとても楽しい

と同時に、不思議でもある。

どうしてこんなに一生懸命になれるんだろう。

どうしてこんなに、こんなに…。


11月24日(土)

劇団た組。第17回目公演 『貴方なら生き残れるわ』

作・演出加藤拓也/音楽演奏谷川正憲(UNCHAIN

を観た。

好きな俳優さんのTwitterから、この公演のことを知って、劇団HPであらすじを読んだ瞬間、絶対に観に行こうと決めた。

――――――――――――

<あらすじ>

松坂は母校の体育館にやってきます

そのコートで、失った熱量を懐かしんでいると先生に会ってしまます

先生は言います。元気か。

松坂は言います。まあまあです。

そして松坂シュートを打ってみなと促されます

促された松坂シュートを打ちます。打って、それから、謝ります

バスケット辞めてごめんなさい。

松坂バスケットを何も言わずに辞めたのです。

誰も知らないまま、辞めたのです。

ただ、バスケットを辞めたのです。

たかだかバスケットを辞めたのです。

――――――――――――

何がそこまで私を惹き付けたのかわからない。

でも、心臓素手で鷲掴みにされたような衝撃があった。

から、観に行った。

客席に入って、まず目に入ったのは中央バスケットゴール。そして床に描かれたバスケットコートライン

フラット舞台の両脇には階段があって、まるで体育館ギャラリーみたいだな、と思った。

下手側の階段の踊り場にはギターを抱えた人がいた。「間もなく開演です」のアナウンスのバックで、静かにギターを弾き始める。音が重なって、重なって、そして静かに反響しながら消えた瞬間。

松坂が母校の体育館にやって来た。

自分の呼吸が邪魔に思えるほどの静寂と緊張感。

そしてそれを少しずつ切り裂くように、そこにある、松坂の肉体。

先生がやって来て、松坂シュートを打つように促される。高校時代が蘇る。

部活前の男子部員空気が、本当にリアルで驚いた。シューズの紐を結びながら、他愛ない話をするあの感じが、私が普段目の当たりにしているものと同じ温度でそこにあった。

物語が進むに連れて、少しずついろいろなことがわかってくる。

ずば抜けて上手いのはキャプテンの吉住だけ。彼は素行が悪くてバスケが強い学校には行けなかったから、この学校で一からバスケ部を作った。ちょっとやんちゃで、先生に口答えすることもあるけど、それは結局のところ本人が甘えたなんだと思う。

他の部員高校からバスケを始めたか、少しかじった程度。

主人公松坂は、もともと野球部だったが、部員と折り合いが悪くて部活を辞めた。バスケ部に入ったのは、クラスメイトに「楽だし、初心者でも大丈夫」と言われたから。

部員個性が見えてくるに従って、私は自分部活の生徒の顔が重なるような気がしてならなかった。一人一人は全然違うのに、「ああ、いるよな」「ああ、あるよな」が積み重なって、まるで自分の話のように思えてくる。

中でも胸に来たのは、顧問の沖先生が授業準備が忙しくて部活に来れなくなるシーンだ。代わりに来た外部コーチに、吉住は激しく反発する。

「俺らのバスケ知らないやつに練習メニュー指図されたくねえ!」「お前、顧問じゃねえのかよ!何で来ねえんだよ!授業が増えたとか知るかよ!部活時間部活に来いよ!俺の言うこと聞けば勝てるって言ったよな?じゃあ命令しに来いよ!」

私も、授業準備や他の生徒の対応部活になかなか行けない日がある。やっと体育館に行くと、もう終了の挨拶…なんてことも、何度もある。

生徒は部活に休まず来てるのに、顧問部活に来ない…なんて、不満に思っても仕方ないよな、と思うけど、授業準備も部活動指導も、教員にとっては両方とも「仕事」だ。私自身はかなり部活が好きな方で、沖先生もかなり部活が好きな方で、でも部活よりも優先しなきゃいけないことがある状況は、すごくよくわかる。

でも、それは部員には「わかってくれ」と言ってもわかるもんじゃないよな、というのも、すごくよくわかる。

コーチが来て、彼らの練習風景はがらりと変わる。活気が出る。それまでだらだら惰性でやっていた練習が、意味付けされて、みんなが「勝つために」練習をやり始める。

新入生が入ってきて、二年生になった松坂たちは少しずつ「自分武器」を身につけていて、チームは確実に強くなったことが肌で感じられる。

そして迎えたIH予選。

負けたら、三年生の吉住と當座は引退だ。

IH予選1回戦は、勝った。でも、ミスが多くて先生に叱られる。

そして當座が、「辞める」と言い出す。

大学受験マジでヤバいからバスケ大学推薦がもらえる吉住と違って、俺はバスケ頑張っても何にもならないから、勉強しないとマジでヤバいから

當座は序盤から勉強部活の両立に悩んでいるような描写が繰り返されていた。だからいつかはこうなる予感があった。でも、それは今なのか。三年生の、IH予選で、1回戦は弱い相手ギリギリ勝って、2回戦は相手も強いからこうはいかないかもしれないけど、でもとにかく負けたらそれで引退の、三年生の、今なのか。

そんな當座に、吉住は噛みつく。「何でだよ!」と詰め寄る。

そして溢れる當座の本音。「俺がいなくても、俺より上手い後輩がいるか大丈夫だよ。俺が試合に出るよりも、後輩が出た方がいいよ」

「下手でもお前出ろ!俺のパス受けろ!」吉住の激昂。二人きりの三年生。吉住と當座と、顧問の沖先生の三人だけでやって来た一年間。少しずつ後輩も育って、やっと勝てるようになった三年生の、IH予選。

でも、頑張ってどうなるんだろう。将来どうするんだろう。部活を頑張った、その先は?

私も、自分高校時代勉強理由部活を辞めようとしていた同級生必死で引き留めたことがある。結局、彼女は三年生の夏まで部活を続け、一緒に引退したけれど、今でもあのときの私は正しかったのかとたまに思い出す。もしかしたら、あそこで私が引き留めずに彼女部活を辞めて勉強だけに打ち込んでいたとしたら、彼女もっと上の大学に行けたかもしれないと、考える。まあ、最終的に決断したのは彼女自身なのだから、そこに私がとやかく言うことに何の意味もないのだけれど、私は最後まで彼女部活ができて、とても楽しかったのだけれど……。

教員になってからも、勉強と両立できないか部活を辞めようかと悩んでいるという相談を受けたことは何度もある。そのたびに、私は止めてきた。それが正しいかはわからないけど。

今でも、必死練習する部員たちを見ながら考えることがある。バレーを頑張ったからといって、進路の保証があるわけでもない。この時間を、補習やアルバイトに費やす方が有意義な生徒もいるかもしれない。でも、この経験はきっと、いつかどこかで、何かの役に立つんじゃないか…。

「これが将来にどう活きていくか」なんて、考え出したらキリがない。とくに教員仕事なんて、どんな指導をしたとしても、本当にそれが生徒にとって良かったかわかるのは、5年後が10年後か、何年先になるかわからないし、もしかしたら一生わからないままかもしれない。

それでも、今一番良いと思えることをやるしかない。

IH予選2回戦。

格上の相手に、チームは苦戦する。でも、全く勝てない相手ではない。今、自分たちにできる、最高のプレーを。

残り時間あと6分。点差はわずか。負けたら、ここで終了。勝ったら、もう少しだけバスケができる。

私はここでも、自分部活を彼らに重ねていた。

今年のIH予選。地区大会は勝ち抜いたけど、県大会は1回戦から格上の学校相手で、良いプレーはしたけど、負けてしまった。

バレーボール制限時間はない。先に25点取った方が勝ちだ。じわじわと、相手の点数が25点に近づいていく。

「ああ、このまま、このまま終わってしまうのか。もっと見ていたかった……もっと見ていたい……いや、まだ終わってない、希望はある……うちがここから○点取れば…………」

そんなことを考えながら祈るように試合を見ていたことを思い出した。

そのときの、バレーコートの中の選手気持ちはわからない。でも、今、目の前の、バスケットコートの中の選手気持ちは、客席まで伝わってくる。きっと、同じだ。彼らも、彼らも。そう思うと涙が出た。


舞台上の試合のシーンでは、本当にバスケ試合が行われていた。

もちろん、ある程度の段取りはあるだろうが、シュートが決まるかは打ってみないとわからないところは、試合と同じだ。シュートが決まればこう、外れたらこう、みたいなパターンはあるのだろうが、それも、試合と同じだ。

何のスポーツでもチームで行う競技すべてに言えることだろうが、上手いチームは「いるべき時に、いるべきところに、いるべき人が、いる」と感じる。

それは、演劇も同じだと思う。


舞台は、何が起こるかわからないライブ感が魅力だ。

でも、人生は何が起こるかわからいから、こわい。

何をやるのが良くて、自分は何がやりたくて、それがどう自分のこの先に繋がっていくかは誰にもわからない。

何かをやるにしても、何かをやめるにしても、自分が「良かった」と言えなきゃいけない。

いろいろなものが重なって、なんだかもうわけがからなくなって、最後の方はほとんど泣いていた。

泣きすぎて拍手ができなくて、それだけが心残りなくらい、泣いていた。

かに感想を伝えたいけど、あいにく私は友達が少ない。

からいつも感想Twitterで呟いたりするのだけれど、今回はあまりにも自分プライベート事象リンクしすぎてしまたから、匿名ブログに託すことにする。

観に行って良かった。

ありがとうございました。お疲れ様でした。

2018-11-19

韓国中国の自滅

中国は一対一路の失敗でジリ貧だしアメリカ貿易公益を受けて日本にすり寄っているような惨状だし、韓国なんて反日で自滅して北朝鮮へのすり寄りでアメリカに嫌われTHAAD配備中国にも嫌われて、結局日本いちばんマシなんですよね。中国は明らかにアメリカ軍事力自衛隊軍事力を恐れていますから

ただ、私としてはアメリカ軍に頼らず日本核武装原潜を複数所有して、相手国に致命的なカウンターを確実に与えられる態勢をゆくゆくは整えるべきだとは思いますが。

また、アメリカよりはるか暮らしやす日本という国があり、アメリカでは医療費での破産が極めて多く銃による犠牲も多い中、日本は本当に恵まれている。

歴史を見れば、朝鮮人日本感謝するべきなんですよ。縄文時代のような生活をしていたのを、日本が莫大な投資日本人による指導学問レベル医療レベルインフラレベルも飛躍的に高まったのですからね。韓国人のすべての基礎は日本人が作ったと言っても過言ではない。

それに、日本韓国中国侵略したのではなく、欧米列強から"保護"していた。白人植民地支配した土地黒人黄色人種をおおぜい殺害レイプしていた事実は明らかになっているのですし、イギリスなんて国をあげて中国に大量に麻薬を売りつけるというナチスもびっくりの蛮行をしている。

日本がしてきたことがいかにそれらと比べて穏やかで、むしろ原住民生活レベルを引き上げるポジティブものだったかなど、歴史客観的に見ればすぐにわかることでもある。

本来中国韓国日本感謝して、その恩を返すべきなんですよ。

朝鮮人日本人に恩を感じる筋合いはたくさんあるにも関わらずおかし反日教育洗脳を受けており素行暴力的なので、朝鮮人による放火、略奪、強姦等があったという話はとても現実的

実際、韓国治安日本より遥かに劣悪ですからね。その韓国治安反日洗脳プラスしたらどうなるか? 当時、日本人が暴力的朝鮮人を恐れ、敵視したのは当然のことです。

そしてもう2018年になり、もはや2020年ももうすぐ。中韓日本中韓欧米列強から保護していたことに恩義を感じながら、共に友好的な関係を築いていくのが本来の姿であり、目指すべき環境と言えます

2018-11-05

困った時だけ助けを求めてきて。

よーく思い出してごらんよ

以前ここの日記にも書いたが、、

あなたは正直者だ。

グループ雑談中も、

ご飯を食べに行った時も

帰る時、同じ空間に居るのに

グループみんなには名指しで

また食べに行きましょうと言い

毎回、人を茅の外にする。

一度わざとこちから

また食べに行きましょう!

と言ったら、

正直者が故に、社交辞令セリフは言えず

完全無視をした。

からあなたは賢くリーダーシップがあると言われている。

追加するなら

正直者でデリカシーに欠ける人だ。

今まで嫌な思いをさせられたのに

助ける気持ちにはなれない。

仮に他の事で少しでも補われていたら、

気持ちプラマイゼロで助けていたかもしれないが。

色々あるが気持ちの面は大きい。

本当に困ってる時、

普段素行大事だと再認識する

2018-11-04

うたプリについて今一度見つめ直そうや

うたプリおばさんの独り言です。

愚痴ばっかりですが一人の意見としての話です。ほぼマイナス意見しかありません。

最初はへヴの話ばっかしてますが後半はうたプリ全体の話してます

殴り書きのように書いてるので文めちゃめちゃ日本語めちゃめちゃですが許して下さい。

公式おかしいところは色々あるけどまず根本としてキャラ設定が本当にガバガバHE★VENSの売り出し方もガバガバなのに腹が立つ。うたプリオタクの中にはST☆RISHメンバー七海春歌に対する言動の数々が理由HE★VENSが嫌いな人も沢山いると思う。それをあまりにもテキトーに受け流しすぎではないか意味ありげキャラ設定過去設定をしたにも関わらず、それを全く掘り下げない、公開しないのはどういう事か。そのせいでHE★VENSメンバーの作中でのST☆RISHに対する素行発言オタクから見ると「可哀想」「不愉快」というものになってしまっていると思う。HE★VENSオタクはこの子は本当はいい子だからドラマCD聴いたら素敵な子だからって言えるかもしれないけどアニメを見てHE★VENSを嫌いになってしまったオタクドラマCDも聴かなければHE★VENSについてチェックも何もしないんだからそんなこと分かるわけないだろう。公式シャニドルオタクHE★VENSを徹底的に嫌わせたいのか?としか思えない。この問題声優さん達を使って解決させようとしているのか知らないけどそんなもの解決して欲しくない。なんでキャラ達の問題声優さん達の絆卍みたいなので解決されるんや、それはちょっと違うんじゃないか?(話逸れるけどだからリライ前のHE★VENSオタクはプリライ後に手のひら返ししてへヴ最高〜;;とか言ってるオタクが嫌いって人が多いんですわ。キャラを見て好きになって欲しいって意味なんですよ。声優さん達のわちゃわちゃを見て好きになられてもそれはHE★VENSを好きになったって事になるの?って話なんですよね。)もうHE★VENSは登場してから結構な月日が経ってますキャラにとって大切な過去や生い立ちが何もわかってないんですわ、すごい話だよね。私は毎日ゲームを出して欲しい、ゲームを出して欲しいって口癖のように言ってるけど本当にこれでしかない。このままズルズル彼らの一番大事なことを何も知らないまま推し続けていくのはとってもモヤモヤするし、シャニドルオタクHE★VENSを悪く言われ続けるのも悲しい。ドルチェどこいったんだマジで、覚えてっからな!時間が経とうが覚えてんだわこっちは!とにかくうたプリは本当にHE★VENSの売り方がクソ、マジでHE★VENSをどうしたいんだ。

・色んな人の意見を見たけど、なんとなく論点がズレてる気がする。カルナ単独が終わって気持ち単独につられてるかもしれないけど、私は「HE★VENS単独をやって欲しい」からこんなに腹が立っているわけじゃない。むしろ単独をやる前にゲーム出せやと思ってる。単独単独って言う前にどう考えてもキャラ設定の方が大事だと思うけど一般的には違うのか…普通に謎でしかない。

HE★VENSってなんかのおまけなんですか?って感じ。私は随分前からHE★VENSってうたプリにとって"小遣い稼ぎ"レベルしか思われてないんじゃない?って本気で思ってる。基本的な土台としてST☆RISHとQUARTET NIGHTを動かしながらまあたまにHE★VENSも動かしてやるかレベルしか見えない。ST☆RISHオタクが「カルナイばっかふざけんな!」「贔屓してんじゃねえ!スタリどうなった!」って怒ってるの私のTLでも毎日のように見るけど普通にこっちからしたらスタリも羨ましいことだらけやで。スタリのオタクはへヴなんて興味無いかもしれんけど新規絵もグッズも新曲も展開もイベントゲームも何にもぜんっっっぜん無い挙句、悪いようにだけ言われて公式からゴミみたいに扱われて終いには秋発売予定だったCDをもう秋終わるけど?っていうクソタイミングで「あ、そうそう!CDね!へヴね!秋って言ってたんだけど無理だわ!遅れてるわ!すまん!公式サイトと同じ日に詳細出すから!ごめんな☆あ、ちなみに秋に発売はむり!」って言われて(実際そんな言い方してないけど私には余裕でこれに見えた)んだけどどう?スタリ恵まれてるで、へヴ7人出てから3年以上経ってるやで。私も、いや色々とカルナイだけおかしいやろが〜いwwwwwとは思ってるけど何にもないへヴからしたらスタリは贅沢だと思うわよ。スタリやスタリのオタクを下げてる訳じゃないです。ただへヴとスタリをまとめて「カルナイはあんなに贔屓されてるのにへヴとスタリは…」みたいな言い方はあんまりされたくないです。スタリとへヴ間でも雲泥の差だし。お願いだからうたプリはへヴを小遣い稼ぎとかおまけとかいう扱いにしないで欲しいし売り出し方とかちゃんと考えて欲しい。

まあなんか話逸れるけど、こんなダラダラやってるうたプリオワコンって言われるのも仕方ないよなって思った。いくら声優さん達や上松さんが「うたプリ永遠だ!」と言ったところで傍から見たらオワコン要素しか無いよねって話。スタリファンミや今回のカルライを見て改めて「ここにキャラ存在しないのかな」って思ってしまったのは私だけじゃないって信じたい。取り敢えず声優さん達じゃなくてキャラもっと大切にして欲しい。声優さんしか大事にしてませんよね感がすごい。今一度HE★VENSだけじゃなく、もはやうたプリとしてあるべき姿をよく考え直してみて欲しいって思った。

そんでこの際だから言うけど声優色が強すぎてキャラが死んでるなって年々思ってる。(声優さんアンチじゃないから怒らないでね。)私がカルライとカルライ見た人のツイート見て1番感じたのは、みんなが感動してるのは「QUARTET NIGHTステージ」ではなく「QUARTET NIGHT声優さん達のステージ」でしか無いんだなってこと。本来QUARTET NIGHTステージなのだからQUARTET NIGHTとしてのパフォーマンスを見れるのが当たり前だと思ってるんだけどカルライでのMCとか見てて引っかかる点が何個もあったように感じた。特に鈴木さんの「年に一度のチャレンジ企画発言普通に違和感しか感じなかった。この人黒崎蘭丸じゃなく鈴木達央としてステージやってんだろうなって思った。その後の挨拶MCとかステージ段取りを見てもQUARTET NIGHTというより声優さんを感じてしまって私はかなりショックだった。段々"キャラステージ"から"声優さん達のステージ"になってるのにみんな違和感覚えないのかな?って心の中で思ってる。前回のカルライと比較してもMCばかりで曲数もかなり減ったし。スタリのファンミも思い出してみれば前半声優さん達のお楽しみ会を見せられてる感じでキャラ存在普通に忘れそうになったなあ、と。声優さん達が作品キャラを大切にしてるのもよく分かるけど正直ちょっと違くないか?と違和感を感じる点も多々ある。キャラ存在意識しながらライブ見ると発言とか行動謎なところいっぱいあるからみんな見てみて欲しい。

シャニロマやフォスライ雪月花でまたキャラ存在が色濃くなった気がしたけど結局声優さん達の存在に頼りすぎてしまってたらそこまでの作品になってしまうと思う。声優さんあっての、ということもわかっているけどキャラが主役なのを絶対に忘れないで欲しい。もっとキャラクター達それぞれを大事にして欲しい。

結局へヴの愚痴うたプリ愚痴やなんかごっちゃで意味わかんなくなっちゃったスマン、とにかくうたプリ頑張ろう。

2018-10-31

anond:20181031222605

ほんとに賛成

まれが良いだけで素行がクソだったやつの披露宴がどうのこうのなんて報道する意味なし

2018-10-21

anond:20181020235638

いやだからさ、そういう議論対象じゃないんだよアレは

パクリだとしても」じゃない

本人の素行デザイン業界風習含めて「パクリじゃない疑いが払拭できない」から没になったわけ

しかオリンピックロゴマークだよ

「これの作者、盗作の前歴あるんだって(笑)」「ああ、そういえばヤン・チヒョルトのアレそっくりだよねこ(笑)

わざわざ日本にやってきた世界中人間から影で嗤われる事になるわけよ

追記

たとえるなら、受験料どころか申し込みすらしてない不審者東大入学試験会場に潜り込んで全科目満点近い点数をとったとして、じゃあ東大入学を認めるのか?って話でさ、しかも後からこの不審者過去カンニングを何度もやらかし前科があるという、そういう状況なわけ

あのヤン・チヒョルトのモロパクリが没になった理由理解出来た?

デザインの善し悪し以前の問題ってわけ

2018-10-18

anond:20181018105409

だったら塾で出会った男とヤリまくっただの勉強がおろそかになっただの素行不良だっただのしょーもない言い訳する必要もないし、チンケなプライド守るためにとはいえ見苦しいなと。

anond:20181018104252

私立中高でいうところの御三家素行不良で中退した私でも東大いけたので、それは単純にあなた頭が悪いだけでは?

鉄緑入るのなんて指定校だったら入塾試験すら無いしね。

anond:20181018103320

うん。鉄緑会入ったけど、そこで知り合った男とヤリまくってたら、勉強がおろそかになりましてね。

学校でも素行不良の問題児でしたよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん