「蠱毒」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 蠱毒とは

2020-04-08

コロナ入場!!

人殺しは生きていた!!更なる改竄を積み人間不信が蘇った!!

内閣!! 安倍政権だァ――――!!!

密閉・密集・密接はすでに我々が完成している!!

現代奴隷船 満員電車だァ――――!!!

嘘つき次第稼ぎまくってやる!!

転売ビジネス代表 トイレットペーパー・ショックだぁッ!!!

素手の触れ合いなら我々の歴史ものを言う!!

素肌のプロレス ベッドインコミュニケーション セックス

真の誤診を知らしめたい!! 複製連鎖反応 PCRだァ!!!

いつもなら3連休程度だがコロナなら毎日日曜日だ!!

コロナ底辺 リストラクチャリング)だ!!!

コロナ対策完璧だ!! 全日本柔道連盟 !!!!

病原菌ベストディフェンスは私の中にある!!

品切れの紙様が来たッ マスク!!!

怠慢なら絶対に敗けん!!

暴走族聖地見せたる 神奈川県 横浜港だ!!!

バーリ・トゥード(なんでもあり)でも今年はやめろ!!

インターネットハロウィン エイプリルフールだ!!!

韓国宗教団体から炎の病が蔓延だ!! 新天地 イエス教会!!!

ルールの無いステマがしたいかスポンサー広告代理店)になったのだ!!

プロステマを見せてやる!!100日後に死ぬワニ!!!

めい土の土産に道連れとはよく言ったもの!!

老人の身勝手が今 路上バクハツする!! 巣鴨商店街 歩行者天国だ―――!!!

国家首脳級感染者こそが史上最悪の代名詞だ!!

まさかこの男がたおれるとはッッ ボリス・ジョンソン!!!

仕事があるから職場にきたッ キャリア一切不明!!!!

風邪気味のブラック法令違反ソルジャー ミツビシ・エレクトリックだ!!!

オレたちは世界保健機関ではない世界物乞機関なのだ!!

御存知WHO ダブリュー・エイチオー!!!

感染の本場は今やニューヨークにある!! オレを止められる奴はいないのか!!

アメリカ合衆国だ!!!

チッチャァァァァァァいッ説明不要!! 0.1μm!!!

コロナウイルスだ!!!

風俗は本番までできてナンボのモン!!! 超濃厚接触!!

本場歌舞伎町から感性経路の登場だ!!!

マスクはオレのもの 売り切れる前に思いきり買い思いきり漁るだけ!!

ホーリーシット情報弱者 コロナ・ショック!!

自分を試しに日本へ来いッ!!

インバウンドバブル崩壊 クール・ジャパン!!!

迷惑に更なる磨きをかけ ”テポドン北朝鮮が煽ってきたァ!!!

今の自分仕事はないッッ!! テレ・ワーカー在宅勤務!!!

中国四千年の蠱毒が今ベールを脱ぐ!! 武漢から アウトブレイクだ!!!

ファンの前でならオレはいつでも全盛期だ!!

日本喜劇王 志村 康徳 本名で登場だ!!!

医者仕事はどーしたッ 疑惑の炎 未だ消えずッ!!

治すも壊すも思いのまま!! 厚生労働省だ!!!

特に理由はないッ 若者が悪いのは当たりまえ!!

責任転嫁はないしょだ!!! 諸悪の根源!

若年者層がわるいんだ―――!!!

暗黒街で磨いた実戦コロナ!

ブラジルスラムギャング 自主隔離だ!!!

実害だったらこ話題を外せない!! 超A級懸念事項 経済崩壊だ!!!

超一流老害への超一流の忖度だ!! 生で拝んでオドロキやがれッ

森喜朗の墳墓!! オリンピック!!!

不謹慎はこの男達が完成させた!!

神奈川県切り札!! コロナファイターだ!!!

俺たちの税金が帰ってきたッ

どこへ行っていたンだッ 公共支援ッッ

俺達は君を待っていたッッッ布マスク2枚の配布だ――――――――ッ

加えて重症者発生に備え超豪華なリザーバーを4名御用意致しました!

風評被害 コロナビール!!

不要不急 桜見物!!

歩きスマホ! ポケモンGO

……ッッ  どーやらもう一名は到着が遅れている様ですが、到着次第ッ皆様にご紹介致しますッッ

2020-03-16

マナー蠱毒

12人のマナー講師会議室に集める。

マナー講師任意相手マナーの不備を指摘できる。

不備を指摘されたマナー講師は即退室しなければならない。

最後まで生き残ったマナー講師が勝ち。

2020-03-01

anond:20200301175200

使うだけならまだ良いけど、

蠱毒場合説明まで始めてしまパターンも多くてね。

ダーウィンゲームも「古代中国で~」とか言い始めて壺の絵出てきちゃったんでゲンナリして一時停止中。

総理大臣って単語出しても総理説明を始めたりせんだろ。

もう「みんな知ってる」前提で使ってくれても良いと思うんだ。

anond:20200301175336

蠱毒が好きな俺さ気にしないで逝っていいよ

anond:20200301173034

劇中で「蠱毒」って単語出す作品が多くてなあ。

出て来ると、またかって気分になるんや。

2020-02-21

anond:20200221223050

こいつの下にはみたところ、当の字下げ元増田は1つもレスつけてないじゃないか

トラバ亡者蜘蛛の糸みつけるとこぞってすがりついてくる芥川作品そっくり

蠱毒降臨していいのは観音様くらいじゃないのかねしらんけど

2020-02-13

anond:20200213142358

初心者以外がいない場合はやむなし。でも最終的には蠱毒メソッド初心者でない化物は出来上がるぞ。

2020-01-14

anond:20200114231913

ジャニファンにとっては本尊毎日蜘蛛の糸垂らしてるから、だれがそれをつかむのが正当かで蠱毒ワイワイ

増田はだれもつかんだことのない蜘蛛の糸幻想をつくりだすためのクソミソトーク蠱毒ワイがワイが

似たようなもんだなぁ

ジャニーズオタクって何でお互いに叩き合うの?

グループ間のみならずグループ内でまで叩き合ってんの意味を見出せない。

蠱毒でもやってんのか?

2019-12-29

死んだエロ漫画雑誌Girls forMを振り返る

Girls forMとは?

ガールフォーム(G4M)は逆転無し女性上位を謳ったエロ漫画雑誌不定期刊で高くてページが分厚い割に中身がペラい。LO編集が同じ?なので煽り文がウザい。クソ雑誌だった。

……クソ雑誌ではあったけど、M向けという点においては唯一無二の雑誌だった。

G4Mは12月27日発売のVOL.20をもって休刊した。

これからはもう二次マガ(これも電子オンリーになった)に女性上位小説紛れこんでないかな……とか、マショウで逆転の無い童貞いじりものいかな……とか、どっかそれっぽいアンソロねえかな……とか、そういう探し方をするしか無い。どれも特殊な嗜好で蠱毒やってるやつじゃねえか。ふえぇ……そんな打率低いとこから自分好みの作家探すの辛いよぉ……。

以下個人的な印象。期間を分けたが、刊行間隔が不定期なので必ずしも巻数と一致しないし、あくまでも印象なので期間も正確ではない。

初期

豆(作家名)を中心に玉蹴り・去勢跋扈し、果ては殺害に至る作品もあった。ゲスト的にあかざわRED黒龍眼(当時はこくりう名義?)といった作家も参戦してたり。一方でこれはただの騎乗漫画では?というものも多数あり、良く言えば幅がある、素直に言えば的を絞りきれていないクソ雑誌感丸出しだった。

そもそもM向け漫画を描ける作家の発掘がまるで足りておらず、編集部手持ちのLO作家らしき作家のクッソ雑でどこで抜かせたいのかハッキリしない漫画や、ただの甘々ロリ漫画でページを半分くらい埋めていた。

これは初期じゃないけどLO作家単行本発売宣伝LO向けロリ漫画をG4Mに載せたのなんだったの?ただのロリ漫画なんかお呼びじゃなかったんだけど。あんものに金払ったのかと思うと怒りさえ湧いた。今でも許せない。

中期

看板作家だった豆が単行本発売と共に離脱。G4Mはこの単行本1冊出してサヨウナラタイプ作家が非常に多く、cloverサークルハイパーピンチ」の人)や紅維まと(ゲームking exit」の作者)らも単行本発売と同時に載らなくなった。辛い。この二人は特に良い作家だったので本当に辛かった。もっと読みたかった……。

編集部的には大嘘作家名)を豆の次の看板にしたかったのか、凝った設定(というか女尊男卑社会もの)の連載やらせようとしたりしてたけど、あれスベってたな。どうせ大嘘はJCJKの脚と尿にしか興味ないんだし、そこをじっくりやらせればいいのにな。

プレイに関しては豆離脱と同時に玉潰し・去勢ネタが減り、逆アナル作品が非常に増えていった。本番やるなら騎乗位か逆アナルって法律編集部にあったとしか思えない。

結局騎乗位を毎回やってた丸居まるが中期から末期の事実上看板だったんじゃねえかな……「女性上位なだけでM向けでもなんでもないやつ」って一般需要あったしな。なんで他社から出た単行本の方がキツめのプレイしてんだよ。あと宮元一佐も甘々だったけど一般ウケはかなり良かった。ニッチ雑誌一般ウケとは?

本番以外も含めると赤ちゃんプレイやBDSMいかにもSMクラブっぽいの)、ニャンガースなどネタの幅は増えた一方で、同じ号でのネタ被りも散見され、編集無能説が俺の中に湧き上がっていった。既に逆アナル作家がいる中で複数人が逆アナルネタやるとか、社会疲れたサラリーマンにローションマッサージというシチュまで被るとか、そこは調整できなかったのか?と。

キツめのネタは捕食系の死亡エンドが主。描写自体残酷さはかなり抑えられている。

末期

離脱する作家が多い一方で同人作家からの発掘もあり、女の子に弄ばれるマイクローンいいよね!とか、水着みたいなピッチリした衣服大好き!とか、ヤバげな一芸に特化した作家も集まってくる。そういうやつに限って抜き所がハッキリしていて、新人作家ぼんやりした作品よりも出来が良いから、余計に明後日の方向に先鋭化していく。

ただプレイのものは全体的に丸くなったというか、男にそこまで酷いことをしなくなった(去勢はほぼ無い)ため、初期の読者からプレイヌルいかダメだという指摘もあった。この雑誌は逆転無し女性上位だけは徹底していたけれど、その結果彼女の尻に敷かれるのか、そのまま顔騎で窒息死させられるとこまで行くのか、という指針を刊行初期に示せなかったのはマズかった。

結局読者に全部求められたまま、一般ウケ狙いの甘々と特定作家ニッチ属性責めの二極化で突っ走ってしまった。甘々の対極が玉潰しかニッチ属性に変わっただけだこれ!

まあヌルいと言っても、シュガーミルクあたりは男が縛られてカッターで切り傷付けられたりするの描いてたりしたけど。あとおねショタでもcloverのきっずすてーしょんをちょっと緩くしたような、ショタ人生捻じ曲げて壊しちゃう系も多くて、絵面の過激さとは別にこれはこれで残酷だったり。

そんなこんなで、個人的には憎みきれないものの、雑誌の死は当然みたいなところがある。死が結果なら過程も死ばかりだった。エロゲブランドコラボして同じ世界観の元で作家に描かせるみたいなのもやってたけど(前々号だっけ?)、そのブランド担当者退職でこないだ潰れた……。

最終号(Vol.20)は

薄い(物理的に)。これで税込1100円はボッてるでしょ。しかも再録2本って。正味200ページぽっち。内容も薄い。絶対ボッてるって。

漫画漫画の間のページは全てG4Mレーベル既刊の広告。その作家が今号に載ってるかどうかも関係なく、とにかく広告。あ、もう終わるんだなって感じの構成をしている。

しかし薄い。ペラい。読者プレゼントディビ単行本9月発売)サイン入りはともかく、販促品セットは在庫放出しかない。

見てて辛い。最後花火というよりも、絞り滓みたいな最終号だった。

感想

何度も書くが、G4Mは死ぬべくして死んだ。愚か者の当然の宿命だ。

これ二次マガみたいに◯◯特集でくくりを作るしか無かっただろうな。

玉蹴り特集前立腺責め特集!とか。半分くらいそのくくりでやって、あとは自由(連載とか)って感じにすれば、まだ指針を示しやすかったのでは?……でもお題無しだったのにネタ被りさせまくってた編集部だし、同じことか。エレンシアコラボは被らなかったというか、各人が己の趣味嗜好に走っただけ……。

宮元一佐丸居まるの甘々な騎乗漫画が求められちゃうのはパイを考えたら当然なので、逆にここを看板にして売りつつ、過激めなのを裏の看板にしていく方向性は……無かっただろうな。編集趣味か、女尊男卑社会ネタやたら多かったしな。最後までやってたし。

カップルでキツいSMプレイみたいな方向性でやってる作家も少なかったし、というかキツければキツいほど付き合う方向の話自体が少なくて、だいたい道具のように使い捨てられてた。やっぱり編集趣味では?

そのため作風の幅は広いようで狭かった。なので毎回シチュプレイも違うのになんでもハイレベルで描けたclover離脱は本当に痛かった。ヤリマンに辱めを受けたい需要はあったのに供給されなかった哀しみ。

それにしても作家集められてないし逃がしてるの本当にクソ。

あとふたなりアナル作家にふたチンポ描かせないとか、編集脳味噌腐ってんじゃないのかな?まあぴりりねぎすたーきーも良い作品ばっかだったけど、やっぱり可愛い女の子巨根でヒイヒイ言わされたかった。ディビ単行本同人から(だと思う。G4M本誌で見てない)ふたなり入れるなら、この二人にも描かせれば良かったのに。

今となっては陵辱の言い換え語になってるNTRもM向けでやれただろうに(というか寝取られ・寝取らせはマゾッホもやってた定番プレイ)、これやってる作家もほぼ居なかったな。まあこういう精神的な責めはダメって読者もネット見たらめっちゃ多かったし、これは妥当か。ダブルエスサイズ最終話は最高だったのに、めっちゃ批判されてたもんな。

いやそれでもclover無償の愛みたいなやり方はできるだろ!あと高に載ってたヤリマン彼女自分以外とヤりまくってる漫画とか、あれG4Mでやれよと思ったよもったいねえ。

商業でM向け雑誌やってるのが唯一の美点だったのにな。休刊でその美点も消えて、もうクソな部分しか思い出せねえ。これ以上何を言っても貶すことになるからお礼を言って終わる。

好きな作家単行本出してくれてありがとう

2019-12-28

2010年代アニメ総括(個人の感想です

個人の感想です

アニヲタ歴は22年くらい?

 

魔法少女まどか☆マギカ

私はアニヲタとしては00年代世代で、攻殻機動隊ハルヒが印象的だったんだけど

その様相がガラッと変えたのがまどマギだった

とは言えあそこでどっぷりハマったのは当時学生だった子達だと思う

90年代00年代経験してきたアニヲタ的には多分「なんかバズったね」程度だったのではないか

 

まどマギは色んなものをもたらした

オリジナル深夜アニメでここまでいけるという前例

・3話で驚かせるとか、10話でひっくり返すという構成

・絵柄とストーリーギャップ

百合

映画資金回収

 

珍しく企画勝利した作品であり

それを当てにして上手くいかなかった作品も多く生み出した

個人的TV版は非常に熱狂したんだけど、映画版をまだ積んでると言う程度ではある。見なきゃ・・・

 

ただこういう衝撃系作品って類似作品を出しても上手くいかないイメージが有る

実はエヴァもそうなんだよね、20年に1個くらい爆発する感じ?

 

化物語シリーズ

調べたらアニメ化一発目が2009年夏らしいが、そのブーム2010年代を彩ったと言って良いと思う

実はこれも途中で止まってるので語る資格がないんだけど、ふれないわけにもいかない作品でもある

といってもこれは西尾維新新房昭之節が極まった作品であって、他のアニメへの影響はほとんどないかもしれない

オンリーワン

普通に世界が完結してて普通におもしろ

 

主人公がひたすら語る作品といえば、ハルヒ物語シリーズが思い浮かぶけど他にあるかな

 

そういえば、ネットでの話題性に比べて円盤の売上がかなり高かったのが特徴的だったね

 

進撃の巨人

これもオンリーワン系だと思う

大変面白いけどそんな売れると思わなかった系でもある

2010年代は「面白いけどそれマイナー系だよね(ジャンプでやるようなタイプじゃない)」というのが正当に売れた10年だと思う

私の趣味に近づいた感じなんだけど、私みたいな奴が買ってるのかもしれない

 

鬼滅の刃

面白い上にアニメクオリティが非常に高かった

2010年代はとにかくクオリティ向上が目についたと思うが、その集大成のように思えた

 

あと2010年代らしいと思ったのは主人公性格

とんでもなく善良なあたりが現代日本っぽい

昔はもっと「根はいいやつだけどヤンチャ」とか「根はいいやつだけどスケベ」とかそういうのが多かったと思う

 

プリパラアイドルアニメ

本当はアイドルアニメでまとめるべきなんだが私がちゃんと見ていないせいでまとめられない

 

アイカツ! 2012年(みてない)

ラブライブ 2013年(みてない)

ろこどる 2014年(見た)

プリパラ 2014年(見た)

デレマス 2015年(みてない)

SHOW BY ROCK!! 2015年(見た)

ゾンビランドサガ 2018年(見た)

バンドリ 2018年(みてない)

Re:ステージ! 2019年(見た)

まだまだある!

 

2010年代は確実にアイドルアニメブームになっていた

もちろんAKBという文脈があったからではあるんだけど

アニメフォーマットが作りやす

3DCGの強みを最高に活かせる

スポ根文脈があるから、いい話にもできるし女子ウケも狙える

声優アイドル化、産業構造の変化

 

みたいないろんな絡みで猫も杓子もアイドルアニメだったと思う

私はドルオタではないしライブには興味がなかったが、最先端3DCGで踊るアイドルには目を奪われたし

それに負けじと手描きで挑むのも面白かったし

スポ根要素が強いストーリー結構楽しめた

というかプリパラで何度か泣いた

 

探偵オペラ ミルキィホームズ

調べたら放送2010年だった

何気にこれもいろんな影響を撒き散らしてる気がしてならない

2010年のシュールギャグと言う感じのアニメでした

 

このアニメ声優アイドルの方で影響が強い気がするが、私はそこら辺疎いので語れない

個人的には「森脇監督ふでやすかずゆき」という最狂タッグがプリパラという女児アニメミルキィホームズ再現したのが衝撃だった

ちなみにふでやすかずゆきはゴチうさもやってたりする

10年代で崇拝するスタッフの一人になったのは間違いなく

ふでやす脚本回ではコメントで「ふでやすwww」と草をはやしている(これは私だけではない)

 

シドニアの騎士宝石の国BEASTARSなど

2010年代3DCGアニメーションが普通に放送される時代となった

ようやくと言う感じ

3DCGを省力化のためにつかうというよりは、表現の幅を増やすために使っていたのが印象的だった

場合によっては一部を作画にするというのもあったらしい

楽をすることなど考えておらず、クオリティをがるために戦略的に省力をしているようで、頭が下がる

 

そもそもアニメ業界全体で、気づかないうちに3DCGが使われているらしい

3DCGは旧来の方法と融合したようだ

 

gdgd妖精sてさぐれ!部活ものけものフレンズケムリクサ

「誰が」と言う部分を語るとわけわからなくなるので、手法について語ると

一見すると品質の高くないように見える(MMDのような)3Dモデル使用してアニメを作る手法

2010年代はこれがかなり伸びた(広まったわけではない)

この手法の強みは何より制作期間の短さにあって、できるだけ少人数でアニメを成立させるならどうするかの局所最適解のように見える

素早く作れることで何度も内部でバージョンアップを重ねることができ、面白さ向上に繋がってると言う話はなるほどと思った

アジャイル開発だ

 

こういう少人数制作の流れはあまり無いんだけど

異世界かるてっとの制作所も最近注目している

あれはソシャゲアプリキャラを動かす手法と同じだよね?

 

けものフレンズ

上のラインからやはりけものフレンズは浮いてる

SNS考察し合う前提で色々仕掛けておくたつき監督流には唸った

 

ちなみにけものフレンズは私が2010年代にハマったアニメ5指の中に入ると思う

初動で増田に5つくらい日記を書いて伸びたのが懐かしい

 

ゆるい百合アニメきらら

けいおん2009年初出、ひだまりスケッチ2007年初出、ゆるゆり2011年初出らしい

その流れを組んだゆるい百合アニメは明らかに2010年代全盛期だったと思う

もはや一つのジャンル文化形成してしまった

 

2014年にご注文はうさぎですか?が出た前後あたりから、明確にきらら系を意識されるようになったと思う

おおよその雰囲気として

ほとんど女キャラしか出ない

・故に男女間の恋愛話に発展しない

友情や行き過ぎた愛情はある

・緩めのギャグ

・落ち着いた雰囲気

 

みたいなものがあると思う

見ているのは9割くらいが男性で、どうやら癒やしを求めているらしい

かくいう私も難民だけど

 

2010年代特に流行ったのはここあたりか

ゆるゆり2011年)

きんいろモザイク2013年)

のんのんびより2013年)

ご注文はうさぎですか?2014年)

NEW GAME!2016年)

ゆるキャン△2018年)

 

実際にはこの3倍位の数にはなる

 

桜Trickcitrus

ゆるくないガチ百合アニメもちらほら出てきた

緩いほうが人気らしいが、私はガチ大好物

 

ゆるキャン△ふらいんぐうぃっち三ツ星カラーズ

女だらけのアニメと聞くと、普通はお色気路線だと思うだろうが、それだけじゃ説明がつかないアニメがちらほら出ている

重要なのはもっと別のところにあるのかもしれない

こういうのを並べてみて気づくのは、大抵何か趣味地域の紹介アニメであることが多いと思う

たまたまかもしれないけど

 

テコ入れ回って果たして本当にテコ入れ回なのか?

 

侵略!イカ娘

イカ娘2010

面白くないけど可愛い」などと揶揄されて結局成功したので

かわいいは正義だということが証明された

 

私に天使が舞い降りた、うちのメイドがウザすぎる!

これだけポリコレが極まった2010年代において、真正からロリコンアニメをやる流れがあってちょっと笑った

ただ昔と違って、一個メタ構造になっていて、1人大人がいることが多い

ロリアニメではなく正しく「ロリコン(でギャグやる)アニメである

ただ可愛いとかじゃなくて構造的に成立してるのがなるほどと思った

示し合わせたわけでもないのに、この2作品構造がかなり似ているのも面白い

 

ここにロウきゅーぶ!天使3Pを入れるかどうかは迷う所

 

ヤマノススメゆるキャン△ダンベル何キロ持てる?といった趣味アニメ

話を作るに当たって下地にするものというのがある程度戦略的パターン化されて行った

その中で趣味フォーカスをあてた作品が目立ったと思う

10年以上前ならアニメの主役は「世界を救う」みたいな話で、趣味雑学アニメでは脇役だったと思うが

2010年代は明らかに主役のポジションにそういう趣味雑学作品があったと思う

おっさんがやってそうな趣味女の子がやるだけでおっさんは喜ぶようだ

(ちなみに「世界を救う」から趣味アニメ」の間に「部活アニメ」が挟まると思う)

 

そしてこういうのが流行るとどうやら世間でもプチブームが来るらしい

これはアニメ火付け役なのか、火がついたかアニメをやったのかどっちなんだろうか?

 

ガールズ&パンツァー咲-Saki-

咲は初出が2009年だった

 

両方とも大ヒットしたために単体で文化っぽくなっているが

これらも「主に男がやってる趣味女の子やらせよう」の系譜

  

いろんなマニアック知識スポ根に落とし込んでいったのは非常にうまかった

 

ソードアート・オンラインアクセル・ワールド

xRを題材にしてるあたり2010年代らしい

類似品がかなりあったなかで一番成功したのでは?

私は2期までしかみてないんだけど

00年代ラノベ系譜を受けているので、今見ると少し懐かしい感じがする

2012年頃の中二病の受け皿になったのは間違いない

 

なろう系、Web小説系、Web漫画

触れるには荷が重い、そして私に語れる気がしない

特になろう系

 

ジャンル内で色々なアイディア蠱毒をやった結果、驚くほど面白い作品が出てくることもある

 

魔法科高校の劣等生最初楽しみ方が全くわからないまま見ていたが、ニコ動で見ていたら最終的になんか楽しくなっていた

 

この素晴らしい世界に祝福を

腹抱えて笑った

確かこれでなろう系の印象が変わった

色々な出来事イレギュラーに思えるんだけど、コメディとしてみれば割と基本を踏襲してたりするので異世界転生に先入観を持っていたのは自分のほうだと気づいた

 

オーバーロード転生したらスライムだった件

これだけじゃないんだけど

主人公魔王サイドとか、悪役というのが目立っていたと思う

そんなの昔からあると言われそうだけど、精神レベルで悪役というのは昔はそんなに無かった気がする

 

(ここにはたらく魔王さま!や、まちカドまぞくを入れるとよくわかんなくなりそうだけど)

 

シュタインズゲートゾンビランドサガ

宮野真守が演じるだけで面白い

2010年代声優の影響力も強く感じた

 

キルラキル

TRIGGERすげーってなった作品

すごい爽快感だった

 

ピンポンモブサイコ100ワンパンマン

これ一緒に語ると怒られそう

漫画だとこういう描き方あるけど、アニメのようなチーム制作ではきついでしょっていう作品結構すごいクオリティで仕上げてきた年代だと思う

愛と執念と労力を感じた

 

メイドインアビス、ゾンビランドサガ

2010年代死生観まで考えさせるアニメが目についた

そしてここらへん、題材としてはマイナーになりそうだったのに一個突き抜けて人気作になったのが意外だった

視聴者の年齢が上がってるのかも?

 

死生観の流れで行くと少女終末旅行なんてのもある

 

ジョジョの奇妙な冒険魔法陣グルグルおそ松さんセーラームーン

2010年代は、リメイクアニメ成功した10年だったと思う

昔はリメイク作品がそこまで成功するイメージがなかったんだけど、2010年代はかなり安定していた

おそらくスタッフの中に純粋に少な人がいたから?

といっても上手くいかなかった作品もチラホラあるんだけど

 

その他、触れていないもの

SSSS.GRIDMAN

非常に面白かったけど、特撮が一ミリもわからないので何も言えん

 

プリキュアアイカツなど 見ていない

ロボ・メカガンダム系 ほぼ見ていない

映画系 ほぼ見てない

BL ほぼ見てない

ソシャゲ系 見てない

 

他にも触れていないものが多いな、触れたいけどどう捉えるか難しいもの

ゴールデンカムイ

Dr.STONE

いぬやしき

悪の華

魔法陣グルグル

ワンパンマン

監獄学園

本好きの下剋上

てーきゅう

弱虫ペダル

銀魂

・斉木楠雄

約束のネバーランド

神のみ

・僕ベン

 

2010年代の特徴まとめ

クオリティの向上

3DCG実用

アイドルアニメブーム

百合アニメブーム

SNSオンデマンドという時代背景

 

こんな感じかな?

クオリティの向上により「背景が主役」みたいな落ち着いた雰囲気アニメも作れるようになったと思う

女性向け・BLアニメも台頭したはずなんだけど追ってないかわからん

あと個人的にはニコニコ動画アニメが見れるようになったのが大きな変化だ

コメントを見ると伏線の取りこぼしや背景の遊びなどに全部気づくことができるので楽しい(代わりにネタバレを踏むが)

 

2010年代に縮小したもの

ラノベ

ギャルゲ

 

2020年代の予想

なろう系、百合系、部活系は結構食いつぶしていると思うのでそろそろ縮小しそう

アイドル系はもう少しで食いつぶしそうな感じがする

流行り廃れはあっても全体的にボリュームが全体の変化は感じないかもしれない

  

3DCGが使える会社が増えてきたので、そっちはまだ伸びそう

というか半分くらい置き換わるかもしれないね

 

中国から何か予想外の動きが来そう

2019-12-18

弱くても愛し合いされて生きるのさという人もいるのに

無神経に強さだけを求めて喧嘩してる増田どもは今日も元気かな

増田蠱毒を覗いてみたい気もするけど年賀状書くからやめとこ

2019-12-08

ヴィパッサナー瞑想教科書なんかないかな、独学はやめといたほうがいいのかな

でも瞑想サークルって大体人間関係イカれてるような蠱毒から関りたくないんだよなあ

こんなのにもはてなキーワードついてるんか、よさげな本見つけたから買ってみるよ

2019-11-17

anond:20191116233818

使役バトル」か

そうかカードゲームとかFateとかもそうか、そっちも苦手なんだ

 

同じかなあ

そのキャラが戦う理由他人から理由づけされてる状況ってのが苦手というか

ポケモン側に感情移入ちゃうんだよね

何で俺戦ってんだっけ?みたいな

 

あ、でもそれで戦う対象悪の組織とかなら分かるんだけど、相手ポケモンから

何で相手攻撃しなきゃならないのかという疑問がふつふつと沸き起こる

やっぱり虫相撲とか蠱毒文脈だと思う

2019-10-24

anond:20191024000751

君ら一部のキチガイフェミが暴れたせいで女性一般の印象が悪くなるようなもんかな?

君らが女性一般から切断処理されるように俺も(実在性も危うい)彼らを切断処理しますわ

申し訳ないけど現実社会迷惑かけずに蠱毒の壺の中で煮詰まっててもらえないかな?

2019-10-14

会社とかで部下を持った経験の無い主婦って子育てときに実子に対してパワハラまがいのことしがちだよね

教育学部を出てすぐ教師になった連中が民間企業基準ではありえない規範を持ってるのとかもそうだけど、蠱毒っぽい。

2019-09-19

anond:20190918220405

もっともだと思うね。でもさ、本来、そういうサラリーマン的に投資が見えるものしかVCは狙わんものよ。

投資がどういうものかを考えたら、期間と費用と想定顧客収益を元に、想定収益を期間、費用で割って求める。

得た収益を元に次の投資につなげていく。

ただ、「ベンチャーブームが起きている産業」だと、想定収益がよくわからなそうだけど高そう。だから投資する。

本当のところは誰も本当の収益なんかわかってないのにね。

さらに、そういうイメージで高い収益を上げられる!というのが口八丁の大言でできるから起業家を名乗る詐欺師も横行する。

むろん、本当に儲かる技術になる可能性があるんだけど、起業家なんて食い詰めてるもんだから足元を見て嫌なことを押し付けたり、騙して低い額で奪う、あるいは、全部奪うことを念頭に入れた金を出す側の詐欺師も横行する。

詐欺師詐欺師というが、詐欺なんてのは騙す意志があったっていう立証と証拠必要なんだが、そんなのしっぽを掴ませなければいいだけ。

若い起業家というけどさ、騙しもテクニックからだんだん本業より騙しのほうがうまくなっていくから若いしか求めてない」というのも相当あるんじゃないかな?

年寄り起業家候補詐欺師が増えてくるから

まあ、実際やってる人間もこういう商品ができれば儲かるだろうというのがあったとする。だけど、顧客側か、商品側か技術的に全部固まってなければ、「騙し」になるなるんだろうけどね。

から起業家出身詐欺師も多いという。まあ、起業家なんてものが大言を持って出来てないものを出来るという職種なのだうからね。

VCが絡むような案件だと、大きく儲ける見込みが必要。とすると、相当な参入障壁もいる。

海外特に中国だったり、すでに成功して財を成した本人の投資であれば参入障壁関係なしに正面から力技でレッドオーシャン投資して総取りで回収みたいな蠱毒みたいなのもありえるかもしれん。

けど、一回の失敗でキャリアがパーになることを考えたらサラリーマンには無理だろうね。

よって、VCなんてベンチャーブームが起きている産業しか存在し得ない。せいぜい、アカデミックポストで先にプロダクトマーケットフィットが満たされるぐらいまで技術顧客を整えた案件か。

起業側も、動き出して数ヶ月で儲けるものしかできない。ハイテクなんか一般市民にはまず無理だ。先にアカデミックポストを得る方法を考えたほうがいい。

まあ、アカデミックポストで有望な技術を開発している先生になれるのならずっとアカデミックで生きていくか、待遇いい大学に移ったほうがいいのかもしれんけどね。

また、儲けが見えてきた段階で適当な産学協同案件で組んでる企業のものになって、アカデミックポスト自分自身は儲からないってこともあるかもしれない。交渉次第だが、大学意向には逆らえないのかもしれないがね。それでも飯を食えるだけマシだ。

必死でやってりゃ、周りも見る余裕がなくなる。騙して他人欲望のために捻じ曲げようなんて奴が平気で湧いてくる。

世界を変えるとか言うよりさ、安定して飯食えて、嫌な人間からは逃げることができて、好きなことと共有できる人間と、好きなことをワイワイ楽しんで、疲れたら休めるぐらいの人生のほうが遥かに幸せだろうさ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん