「隣の芝生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 隣の芝生とは

2020-10-28

anond:20201027203138

考え方は人それぞれだが、現代日本人類として生まれただけでもかなり恵まれてるとは言える。

戦後すぐの世代だと東京大阪に行くと言うのは外国に行くのに等しい状態だったとも聞くし。今はすぐ行ける。

世界が百人の村だったらってあったっけ。上を見たらキリが無いが下を見ても果てしない。難民として生まれる子も多い。

それはともかく、ど田舎偏差値60無くてもトップ高校に通えると言うのはある意味まれているとも言えないだろうか。都会ど真ん中に生まれ偏差値70でもトップ高には行けず、2番手以下の高校に行くことになって僻んで捻じ曲がったと言う例もあるだろう。両方を同時に経験するのは不可能なだけに、どっちが幸せなのかは比較が難しいね。「隣の芝生は青く見える」

主さんは両親には感謝しているそうな。それだけは幸せなことだね。大都会に生まれてもろくな親に恵まれず恨んでる人間も多いだろうから

両親を大切にね。

2020-10-05

anond:20201005091600

隣の芝生は青いのね。

そんなに羨ましいなら性転換したらいい。

2020-10-01

お前は俺の任天堂への気持ち理解していない

から俺は元増田に負けているからアホだって書いてるだろ。

お前はわざわざ負けているって書いているが文章を読めば俺が元増田に敗北したなんて一目瞭然だろ。

なぜ百も承知ことなのにそれを理解せずに可哀想にとか書いている。

そんなことも分からんお前の方が頭が可哀想だろう。

俺が書いた増田任天堂就職できなかった敗北から生れ出た愚痴嫉妬だと言うのが何故理解できない。

何度も繰り返し元増田への怨念を吐いていたら俺が敗北しているのは明らかだろう。

なぜそんなことも分からない。学校教育国語の点数が低かったのか。それともお前には協調性が足りないか理解できないのではないか

お前は俺はアホだと言ってる人間に、アホだなってまだ言い続けて何がしたい。俺に同意してもらいたいのか。

任天堂就職できなかったアホに今更何を望んでそんなくだらないトラバをしたんだ。俺にはお前が理解できん。

俺を罵っているとでも言うのか。

仮にそうだったとして俺はお前に罵られるようなことをしたとして、お前のは罵っているとは言えないぞ。

俺はアホだと自覚しているからだ。自覚しているアホに今さらアホと言って通用すると思うのか。

批判非難をしたいのか。いや、それもなってない。

俺は批判非難をされるのは当然のような辛口しか嫉妬をむき出しにしてこの増田を書いた。

悔しい、なんでこいつは任天堂を辞めたんだ。悔しい。俺が欲しくて手に入らなかったものを手放しやがってってな。

そんな醜悪感情をひけらかしたら批判非難もされるなんて当然だろう。

ゆえに今更批判非難をされたところで一向に構わんが、お前は俺が既にお前の言う事を理解しているのにまだ同じことを繰り返している。

お前は俺が言ってることをただ跳ね返しているだけだ。

お前はマホカンタか。

俺の人生は確かに惨めで哀れで身体障碍者しかも頭が悪くて大変悲惨だが、ゆえに俺は任天堂就職した元増田激情嫉妬をした。

文章を読めばそんなこと容易に伝わるだろう。

頭が可哀想な奴とも簡単に受け取れる。

そんな誰にでも分かる事を、今さら繰り返してどうなる。お前は本当にマホカンタだ。

俺は任天堂就職できない。しかしそんな俺が任天堂就職できたら人生安泰だったのになってことを書いた。

見苦しい嫉妬なんて誰が読んでも理解できるだろう。

なんてことだ。あんまりだ。あの憧れの任天堂を辞めるなんて。そんな気持ちでいっぱいだった。

気が付けば俺の心が叫んでいた。悔しい!悔しい!悔しい!悔しい!悔しい悔しい!ってな。

こんな許しがたい事を増田に書きやがって。許せない許せるわけがない!こんな惨めな気持ちにさせやがって!ってな。

人間はな、こうやって感情が揺さぶられるんだ。

お前がもしそれを否定するならお前は人間なんかじゃねえ。

お前は本能に理性と言う皮を身に纏ったロボットだ。しかもその皮はとても分厚い。まるでダウンジャケットのようにな。

俺は理性という皮を剥いで本能晒し人間だ。

本能いかに醜く、それが例え悪と言われることであっても俺は我慢ならなかった。

なんで俺はこうなんだ!畜生元増田任天堂退職するなんてあってはならないんだ。

そしてキーボードをひたすら打ち続けた。

ああ、これを読んでいるのはトラバ先のお前だけじゃない。当然お前にだけ言ってることでもない。

これを読んでいる奴はきっとなんだこいつ統合失調症かとか、こういうの知ってる、鬱病とか頭の病気だとか言い出すんだろう。

そうやってなんでもかんでも否定しやがって。

お前らはすぐに俺みたいな頭の悪い奴を叩き、そして頭の悪い俺みたいな奴が嫉妬したことを更に叩く。

俺のような不出来な人間は、剪定され、そして地に落ちる。

俺は地の底から、立派な枝として輝いている元増田を見ている。そして俺は誰かにまれて折れていく。

まぁとっくの昔から折れてほとんど原型をとどめていないようなものだがな。

元増田は選定された。厳選された木の枝だった。それなのに自分から落ちていこうとした。許せるものか。

俺が欲しかった幸せを軽々しく捨てやがって。

こういう時、隣の芝生は青く見えるとか言い出す奴がいる。

からなんだ。俺だったらその芝生にいたら最高に幸せなんだ。元増田とは違う。

大卒定年退職するまで37年。いいか37年だ。37年間、一生くいっぱぐれない安心感をお前らは分からない。

俺のような非正規はいつ切られるか常にびくびくして、安定した生活が送れない。一寸先は闇だ。

しか任天堂正社員なら37年という長い年月安定した生活を送れる。

37年間安定した生活が出来る任天堂就職したら簡単結婚ができるだろう。

それなのに元増田はそれを捨てたんだ。

さしずめスーパースターを取って無敵だったのに自分から穴に落下したマリオだ。ふざけるな。

底辺非正規の俺は、今回はクビにならなかった。契約を延長して貰えた。まだこの先も続けられる。良かった。

こんなことで毎日毎日とても不安だ。正社員には無縁の感情だろう。

おっと、ここでだったら転職して正社員の所に行けばいいなんて言うのは駄目だ。それは絶対に許さねえ。

そんなことが出来るならとっくの昔にやっているだろう。

ここまでこの文章を読んだお前らが俺を正社員で雇いたいって思うか。思わねえよな。俺だってそうだ。

悔しいがそれを認めるしかない。だからこそ、そんな俺だから元増田嫉妬しているんだ。

例えば劣等感を持っていたとして、君は馬鹿だねえとかこんな企画が通ると思っているの?とか言われたところで

37年間人生安泰に暮らせるしこんな発言どうでもいいってなるだろう。

非正規でクビになって金が無く、明日が見えず自殺すら考える毎日と比べたらどっちがいいか分かるだろ。

俺が仮に任天堂就職したら37年間人生安泰!って気持ちドーパミンアドレナリンが通常の21010倍出るだろうよ。

任天堂名刺を渡せば、相手は思わず脳内スーパーキノコを取った時のBGM流れるか、ゼルダアイテムを手に入れた時のBGM

流れてくるだろう。そんな事を考えるだけでテンションが上がってくる。

会社名を聞かれた時に任天堂ですと答えたとき相手は全身にPKサンダーほとばしるだろう。

合コンとかで女と話すとき、ハッハッハッハ!とカエルの為に鐘は鳴るキャラみたいに高笑いをするだろう。

更にスプラトゥーンを一緒にプレイするような関係になれるだろう。

だが!

俺は任天堂社員ではないんだ。そんな未来は永劫に訪れないんだ。

親に生活大丈夫ちゃんと食べてる?なんて聞かれ、仕事大丈夫なの?今コロナで大変なんでしょ?なんて言われる。

いつまでもいつまでもこうして親に不安を持たせ、そして親は俺の事を心残りとして死んでいくだろう。

祖父祖母大丈夫?と常に俺の事を心配していた。そして気が付けば亡くなっていた。

どうだ、この気持ちが分かるかお前らに。

任天堂正社員だったらこんな気持ちにならずに威風堂々と正々堂々と前を向いて歩いて行ける。

それを捨てられたらこいつ、こいつこいつこいつこいつ!ってなるだろう。いいやならなきゃおかしいんだ。

37年間任天堂正社員でいられればもう何も恐れるものはないんだ。

まだ身体障碍者になる前のガキの頃みたいにバスタオルを持って押入れからジャンプしてマントマリオだぞーわはははー!

なんて馬鹿みたいなことができるくらいに元気にはなるだろう。

俺にはもうその明るさがない。根暗になってしまった。

俺の人生破滅まっしぐら。そんな最中それを捨て去る増田がいたらそれはもうこいつふざけるな馬鹿

折角の37年間をたかが先輩とか上司とかより輝いてないからって台無しにしやがってってな。

絶対終身雇用。この魅力を何もわかってなかったのか。

任天堂絶対破産しないというのが分からなかったのか。

俺なら絶対に37年間退職しない自信がある。

それほどまでに任天堂は最大最強の企業であり無借金経営の無敵の世界的な企業なんだ。

お前らはそれを理解しろ

任天堂正社員になれれば悲しいことも辛い事も苦しい事も絶望する事もなく、ただ前だけ向いて行ける。

だって任天堂から

悩み事なんか一つもない。

だって任天堂から

明日死ぬかもしれないなんてことを考えなくていい。両親に心配をかけなくていい。

恋人だって簡単にできる。結婚だって簡単にできる。子供だって二人以上いても楽な生活が出来るだろう。

それが任天堂なんだ。

そういう風に思っているのが俺なんだ。そして負け組が俺なんだ。

分かったかお前。お前はわざわざ可哀想とか言い出したが、最初からそんなこと分かっているって事が。

誰にでもわかる事をお前は今更俺に言ってきたが、俺は分かっているんだ。分かって分かって分かっているんだ。

それをまだ言うのか。言い続けるのか。

なら自分から言ってやろう。

俺は頭が悪く可哀想人間任天堂正社員になりたかったがなれなかった哀れな身体障害者で頭も悪い高卒の男だ。

これで満足か。いいや満足しろ。俺のことをきっちり理解しろ

そして金輪際俺に同じような事を言うな。

こっちはもう分かっている事なんだ。分かっていることを改めて言うな。

任天堂に憧れて元任天堂社員嫉妬して任天堂社員になりたかっただけのアホな話なんだ。

そのはちきれんばかりの感情さらけ出しただけのアホな増田なんだ。

そしてこれを読んでいる奴ら。

任天堂正社員がどれだけ偉大なのかを知れ。

任天堂正社員になればもう最強だったことを知れ。

分かったな。

anond:20201001101535

2020-08-29

anond:20200829011230

それじゃあ増田立ち位置は「食べず嫌い」とか「隣の芝生は青い」とかじゃないか

いざ、女の子と仲良くなったら180度反対のこと言ってそうw

2020-08-20

この半年

この半年でこんなに世界が一変するなんて誰も想像もつかなかった。ちょっとした歴史の転換点にいることは、多くの人が薄々感じている。

新型コロナは他の流感とはあきらかに違う(医学上の話ではない)。確かにインフルエンザは毎年、経済に影響を与えるほどの感染症ではあるが、新型コロナスペイン風邪ペストと同じく歴史を変えたひとつに数えていいのでは。死者の数では比較にならないが、人類への影響力という点ではインフルエンザ以上であるはずだ。


ところで、新型コロナ対策で本当の意味成功した国家自治体があるのだろうか。

日本政府海外も含め、どこも対策により一定の効果がありつつも、別の側面でダメージを受けているのが現実。やらないよりマシだったというのが本音じゃないかな。

いろんな批評家素人が各々の自説で、事情も知らない遠くの成功例を挙げながら内閣首長批判している。逆に日本政府対応を絶賛している海外の論評も見受けられる。大抵が当事者でもない外部の人間が、ある一面の成果だけを見て褒め称え、自身が住む地域非難するパターンだ。

それにまだ半年ぐらいしか経ってない訳だし、短期的・局所的な戦術と長期的・大局的な戦略はやり方も効果も違うでしょうに。


ま、どこも少しずつ成功して少しずつ失敗しているのが本当のところであって、みんな隣の芝生が青く見えてるだけだよ。

仮に今の内閣が崩れて政権交代し、対策がガラリと変わったとしても、似たようなことが続くと思う

2020-08-14

anond:20200814234404

元増田マーチに進学したとて「私ほんとは千葉大蹴って来てて〜」とか言ってたろ

隣の芝生は青いんだよ

2020-07-19

今後の目標

子供を産んで就職してから5年ほど。

学歴もなければ子持ちなので500万円も稼げれば十分だし、そこを目標に頑張ってきた。

キャリアプランはしっかり立てて、目標に向かって着実に頑張ってきたと思う。

有難いことに就職してすぐは300万円無いぐらいの年収だったのに、転職して600万円になった。

会社レベルも小さな会社から大企業と呼ばれるところにいる。結構奇跡かもしれない。

目標を達成したあたりから燃え尽き症候群なのか、何を目標に頑張ればいいのか分からなくなった。今で十分なんだけど、それが面白くない。

年収700万円とか欲しいかと考えてみると、責任が伴うのであれば遠慮したい。

やりがいのある仕事ってなんだろう。

仕事は好きなほうだと思うけど、あくま仕事仕事別に自己実現みたいなものは求めてないし、しんどくなければ何でもいい。

家族子供のためにというのも少し違う。私は私のために働いている。

やりたいことはもうない。ルーチンワークはつまらないのに、新しくやりたいことも、働いてみたい所もない。

隣の芝生は青く見える症候群なので、また転職したいんだけど、きっと今と変わらないんだろうな。

趣味仕事育児みたいな生き方を数年してきた。

少し時間に余裕の出来た今、やりたいことがないのが辛い。

2020-07-02

anond:20200702051047

個の努力大事ですが、100%これらを覆すのは難しいと思います

隣の芝生は青い

2020-06-30

anond:20200630003044

ありがとう

ブラックカンパニーからなんとか今の会社に潜り込めて、運良くポジション

得てしまい(分不相応)、隣の芝生が青く見えてしまってるのは否めない。

自分みたいなポンコツが運ベースで今の位置たまたまいるのは理解してる。

からこそ、この心苦しさを払拭するためにも自分マッチした企業にいけたらと

思ったんだ。

2020-06-18

転職していった元同僚と飲みになんて行くもんじゃねぇな。

給料安くて残業も多いけど、1年目よりも2年目、2年目よりも3年目になって仕事楽しいとようやく思える、あるいはそうだと自分魔法をかけらるようになってきたのに、他の業界はこんなに苦労しなくていいなんて話聞いたらさぁ

それは事実であろうと、元同僚の強がり自慢であろうと、毒にしかならい

隣の芝生は青くみえるっていう人間心理から照らしてみれば、自分が選ばなかった道を選んだ人間と会っちゃいけないんだ…

2020-05-07

anond:20200506233736

じゃあ夢を追って悔いがないかというとそうでもなくて「なんであんとき堅い商売に進まんかったんだろう」と節々で思うんよな。

隣の芝生は青い。

2020-04-25

クリエイティブ系の仕事を目指すな」という言い分は正しいけど…

安定重視でつまらない仕事して、それで食べるのに困らない状況だと「好きなことを仕事にする」っていうのに憧れちゃうんだよ。

大して忙しくもないのにこれだけの給料もらえて有難いとは思うんだけど、とにかく仕事を選り好みできないし、ちょっとつの仕事に馴染んできたと思うとすぐに異動させられてしまう。そんな生活に飽き飽きしていると「好きな仕事で食べてゆく」ってワードに心動かされてしまう。

まぁ今はコロナ渦でフリーランスが大変な思いをしているのを目の当たりにしているし、自分には金に換えられるような特技がないので、とにかく今の職場にしがみつくしかないんだけど、「旅ブロガーになろう!」とか「副業カメラマン高収入!」みたいな謳い文句を見るとちょっと心が疼く。

たぶん好きなことで月2~3万稼ぐことを目標にしつつ、今の仕事を続けるのが正解だと思うけど、うちの職場副業禁止なんだよね。あと、副業禁止されていなくても、自分営業から経理まですべてをやらなければいけないフリーランス仕事自分には無理な気がする。

結局今の仕事から離れられないまま、クリエイティブ系の仕事を指をくわえて眺めている。上手くいく人ばかりではなく、苦労して挫折する人も多いのだろうとは思う。でも安定重視で、そこそこの給料をもらえることだけ考えて選んだ仕事って何でこんなにつまらないんだろう。同業者に「この仕事を好きか?」と聞くと、もはや好き嫌い以前に「給料もらってるんだから当たり前」みたいな模範解答が返ってくるのだが、本当にみんなそう思っているのか不思議だ。

貯金はそこそこしているけど、今仕事を辞めて、老後まで心配せずに暮らせるほどの金額ではない。今の給料だと、ほとんど自炊しなくても何とかなるけど、「好きな仕事」を重視して収入が下がったら別の苦労をしなくちゃいけないんだろう。こうやって悩みながら隣の芝生を羨んで、それでも今の仕事を定年まで続けることを思うと頭痛がする。

2020-04-01

防御力の高い増田マスク寿真田住まい方のくょりょ義烏簿(回文

おはようございます

増田で声に出して読みたいでお馴染みのパンティー!

そのパワーワードを文中に含めておけばアクセスUP間違いなし!って感じなんですけど。

例のさ、

マスクマスクよ!

私が使ってるのは白色マスクなんだけど、

ちょっとメディカル雰囲気漂わせている緑色とか青色とかのマスクってあるじゃない。

なんかそっちの方が効果高そうな気がするのは、

きっと色を塗られた茶色い鶏の卵のように、

茶色い方が栄養あるんじゃね?って発想なのよ。

なんか色つきマスクの方が防御力高そう!って。

そう思うでしょ?

でね、

ウソでしょ!って冗談茶色い鶏の卵を洗ってみたら、

茶色いのがとれて白くなったので本当にこれ色塗ってるの?って逆にビックリしたわ。

色塗るコスト価格に上乗せしてる問題もあるじゃない?

でもまあそんなに白と茶色価格差はないような気もするので、

私たち雰囲気玉子を選んでいるのかも知れないわね。

でも雰囲気で選べないのがマスクよ!

やっぱり色つきのメディカルチックな方が防御力高そう!って

あと、

人の飲んでいるお茶の方が美味しそうに見える問題

よその人が飲んでいる緑茶か何かが美味しそうに見えちゃって、

隣の芝生は青い!ってうらやむほどよ。

なんか緑茶なのか芝なのか上手いこと言えてるのか言えてないのかは定かではないけど、

たぶん言えてないわ。

そんな感じよ。

人の物の方が良く見えちゃう問題あるわよね。

まあ、

マスクの色や鶏の卵だけに

色を付けるとはよく言ったものね!

うふふ。


今日朝ご飯

タマサンドしました。

久しく食べてなかったタマサンドも改めて食べてみると玉子の美味さが際立って旨みを感じるわ。

要は美味しいってことよ。

デトックスウォーター

イチゴ積んできたいところだけど、

あのビニルハウス暑いから苺狩ってる場合じゃなので、

苺買ってきました。

といってもデトックスウォーター用の苺なので

半額苺ちゃんでもぜんぜん問題ナッシングよ!

美味しいイチゴベリーウォーラーになぁれ!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2020-03-04

自画自賛隣の芝生

日本政府(保守)「我が国ちゃんコロナ対応できてる!すごい」

左派政府五輪の為に感染者数を隠蔽してる。全数検査する韓国すごい」

韓国政府(左派)「全数検査してる我が国すごい。日本アメリカ五輪大統領選の為に隠蔽してる」

保守「全数検査で軽症者に医療リソースが奪われ(コロナ及びそれ以外の)重症者が十分な治療を受けられなくなって死んでいる。医療はすでに崩壊しかかっている。アメリカ日本のやり方が正しかったんや」

2020-02-11

隣の芝生は青い。

どちらの芝生もきれいならいいけど、実際にはどちらの芝生も枯れているのです。

2020-02-03

日本ディスってる奴が嫌いな理由

自分が上手く行ってない理由とか、周りの人間がクソである理由を「日本が悪く、他国もっと良い」と思っているところ

並びにそう思ってる割に他国について調べないところ

隣の芝生は青く見えてるだけなんだけど、それを臆面なく喚き散らすところ

 

これは国以外にも存在する

「他の家では」「他社では」「あの県では」上手くやってるのにどうしてウチはダメなのか

2020-01-11

就職氷河期突き破って闘ってきたけど、もう疲れた。泣きたい。

40代も半ばに入る。

若い頃は、就職できないのも低所得なのも自己責任だとなじられ、中年になれば親の介護によって、人生失いそうな危機が迫る。

間の悪い時期に生まれた運のなさと言えばそれまでだが、もうなんかいろいろ酷くて泣けてくる。

…実はものすごく辛い。ここ20年、ずーっとその気持ちを抱えてきた。

なのに、涙さえ出ない。

泣くこともできないので、自分の心の中で、いろいろな苦しみが渦巻いたままになっている。

自分20歳の時、両親が離婚した。

大人になっていたから、どちらに付く・付かないみたいなこともなく、便宜上、持ち家の父と暮らしていた(5年後には家でたけど)。

この時失ったもの

今でも忘れられない。

真冬の雪の降る夜。

突然、発熱が始まって、家には解熱剤がなかった。

通勤していた父が帰宅したので、具合が悪いので近くのスーパーに連れて行って欲しいと頼んだが、テレビを見たまま無視

仕方ないので、40度近い状態で、雪の降る中、徒歩でスーパーに向かった。

通常なら、往復20分くらいで済む道のりだったのだが、体調が悪く、途中で足を取られて転んで動けなくなった。

田舎だったので、人も車の通りもなく、道路にひっくり返ったまま、夜空からかに降る雪を見ていた。

痛みと具合の悪さでしばらく動けなかったので、家に戻ってくるまで1時間以上かかってしまった。

もちろん、体調が悪化したのは言うまでもない。

から心無い仕打ちをされたのはこれだけではないが、去年、そんな父が倒れた。脳梗塞だった。

今は離れて暮らしているため、こちらに連絡が来たのは病院搬送されてから1週間経っていた。

当初は軽く済んでいたものの、治療を行なった後に脳内出血を起こして症状が悪化

一人暮らしは無理なので、今は施設にお世話になっている。

私は兄弟姉妹もおらず、父方の親族も亡くなっているか音信不通だったので、自分一人でどうにかせねばならなかった。

父の親族と母はあまりうまく行っておらず、赤ん坊の私が入院した時の揉め事きっかけに、ほぼ行き来がなくなっていた。

祖父母が亡くなった時にお葬式をしたので、2度ほど会ったことがあるのだが、母はもちろん、唯一の直系の孫である私も、親の目がないところでいじめられた。

当時、私は小学生だったのだが、いい歳したジジババが寄る辺ない小学生いじめるという、なかなかシュールな状況だったよ。

そんなこんなで父方の親族音信不通。確実に生存しているいとこの存在も知っていたが、私自身が名前を覚えていない…。 そのくらい馴染みがない。

父は定年時に多額の退職金をもらっていたのに、気がつけば年金でかつかつの生活をしていた。

資産も貯蓄もないので、病院費用をどうしようかと思ったが、ソーシャルワーカーさんのあたりが良かったのか、病院が用意している制度を利用する事ができ、無料治療入院をする事ができた。

これはもう、運が良かったとしか言いようがないが、共産系の病院だったので、後日、メモ用紙の裏を見て仰天する事になったけど…まあ、貧乏人としてはありがたい対応を受けたし、看護師さんが、皆さん明るくて優しい人ばかりだったので、搬送先が市外だったのは驚いたが、運が良かったと思う。

1.5ヶ月〜2ヶ月ごとに4、5日の有休を取って、帰っては病院やら役所やらを行ったり来たりしたので、金銭・体力的にかなりしんどかった。

以前は持ち家だったのだが、数年前に支払いきれずに手放してしまっていたので、泊まるところもない。

医療費はかからなかったが、私の移動費や宿泊費、田舎なのでタクシーバンバン使ったので、かなりの諭吉さんとさよならした。

懐は氷河期も真っ青なブリザード状態だ。

そのうち、一人暮らしには戻れない事が確定したので、部屋や車の処分もせねばならず、また諭吉さんは消えていく…。

また、持ち家の負債が残っていたので、月々細々と返済していたのだが、手動で振り込んでいたらしく、ばんばん督促がくる。

曰く「資産差し押さえ」するだの、不穏な文字が連なるアレだ。

一時期、意思疎通が全くできなくなっていたので、振込先がわからない。

先方に確認しようとしても、個人情報保護で、本人が「子供に教えても良い」と意思表示しなければ教えられないの一点張り

から、本人は意識不明だと言ってるでしょーよー…。

かくして、毎月定期的に不穏な督促状が送られてくる。

本人は錯乱していて、話ができない。

支払いたくても支払い先がわからないのに、督促状は送られてくる。

退院したらどうする。

賃貸どうやって片付ける?

お金は?

去年の年末、運良く施設に入所する事ができたが、そこに来るまで、毎日こんな感じだった。

そして、今も続いている。

施設には種類があって、今いるところは長期間いられない。

次の施設をさがすために、数十件の施設に申し込みをしたが、待機人数を見ると数年単位勝負になりそうだ。

もちろん、その間も真面目に仕事もしていた。

かなりしんどい。すべてがしんどい

それでも。

ひとつだけ、無理やりいいところを見つけるとすれば。

両親が離婚した時、母方の親族とは音信不通になってしまったのだが、父が倒れたことを知って20年以上ぶりに連絡をくれたこである

子供の頃は行き来をした親族だったので、私を心配して車を出してくれたり、お見舞金やお小遣いをくれた(お小遣いをもらう年齢じゃないんだが、「おじさんには内緒ね。取っておきなさい」と叔母がにぎらせてくれた)。

私は免許を持っていないので、車の移動や売買も、この親族が手伝ってくれた。

この時さ。本当にありがたかったんだよ。

父方はあてにしていなかったけど、母方の親族とは、私が子供自分は行き来もあって、色々助けてくれていた。

母方の親族がいてくれればな、って思ったことは過去に何回もあるけど、母の離婚によって、かなり長い間、音信不通になっていたのだ。

実際に手伝ってくれなくても良かったし、お見舞金もお小遣いもいらなかった。

ただ、心配して声をかけてくれたことだけが素直に嬉しかった。

離婚した母親心配はしてくれたのだが、父への不満が大きいのか、「なぜお金を貯めておかなかったのだろう」と私に文句を言う。

私に言われても非常に困るのだが、ともかく父への不満を口にする。

だってそう思ってるが、言ったところでお金は出てこないし、過ぎてしまってしまったもの文句を言っても虚しくなるだけだ。

父親の肩を持つわけじゃないが、こちらも疲れているので、私に文句を言うのはやめて欲しかった。

言われるたびにがっかりして、疲れてしまった。

からこそ、深い事情を知らないためか、そういった話をしない親族存在はありがたかった。

ただ、私を助けてくれる人たちだと感じられたからだ。

母親は年を経るごとに文句を言うようになり、父はもともと助けてはくれないし(他人は助けるけど)、今は病気のため正常な判断ができなくなっている(私の職業も知っていたはずなのに、いつの間にか、看護師ホテル従業員という、共通点がまるでないものにすり替わっていた)。

教育を授けてくれた親とはいえ、連絡をとったり、会うたびに精神力を削がれ、正直、かなり会いたくなかった。

こちらの相談には全く乗らず、言いたいことばかり言うからだ。

その証拠にと言うか、10年くらいは父と会っていなかったし、母とも数年間連絡を取ってなかった。

大人になってから、親から助けてもらったことは一度もない。精神的にも金銭的にも。

就職氷河期だったので、新卒で入った会社は、正社員入社したにも関わらず、景気が悪いだの何なのと理由をつけて、正社員になるまで3年近くかかった。

最終的に正社員になれたのも、その会社で一番大きいクライアント担当になっていたからだ。退職してやる!って喧嘩になったが、結局、会社正社員にすることで、一旦収まった(そして1年半後に辞めたw)

時給700円。手取りはいい時で13万円、悪ければ10万円を切る。だから、すごい貧乏だったんだよね。

それでも、当時は実家暮らしだったので、家賃がないだけマシだった。

いつ解雇されるかわからないので、かなり頑張って貯金していた。月10万とか。今考えればよくやってたよ。

そういう貧乏していたけど、親にお金を借りたことはない。お金がなければ、食べ物切りつめたり、買いたいもの控えたりした。

パジャマシーツビリビリに破けていたけど、買うお金なくて、そのまま使ってたことあるしw

でも、親にはそれぞれお金を貸した事がある。20万ずつ。

半分くらいは返ってきたけど、全額は戻ってこなかった。

他人の家を見れば、子供を助けてくれる親も多いのになあ…周囲はそんな人が多いのに、なぜ自分は違うのだろうって思ったよ。

隣の芝生は青いだけなんだろうけど、大人になってから、頼る人はまったくいなく、しか自分が苦境になった時に限って、親が頼ってくるという最悪パターンが多かった。

過重労働で鬱になりかけたことも何度もあったけど、

「鬱になっている暇はない。助けてくれる人は誰もいない。自分自分を助けずして、誰が助けると言うのか」

そう思って、歯を食いしばって頑張った。

暗くなる心を奮い立たせて、仕事では、いつもニコニコ平常心でいるようにした。

から、人に八つ当たりしたこともない。

苦しいのは自分だけじゃない、自分以上に苦しい人はたくさんいる。

就職氷河期で、理不尽書類選考面接があり、圧迫面接なんて当たり前だったけど、まだ頑張れる!まだマシだ!って思ってやってきた。

パワハラにもセクハラにも、絶対に負けなかった。

そこでくじけてしまったら、自分に意地悪を仕掛けてくる人に負ける事になるから

自分は、運良く困窮するところまではいかなかったけど、そんなのは薄皮一枚の差で、周囲を見渡せば、誰よりも努力をしていたのに、ほんの少しの運に恵まれず、望みを叶えられなかった人がたくさんいる。

どちらかといえば、望みを叶える事ができた自分は、頑張る義務もあると思うんだ。

私が今いるポジションは、努力しても叶わなかった人たちが欲しかった椅子だろうから…。

去年はそんな感じでプライベートがゴタゴタだった。諭吉さんがたくさん旅立ったのも痛すぎて死にそうだった。

プライベートだけならまだよかったが、職場でもゴタゴタが数年続いている。

どうしたことか。

会社初の女性管理職になる羽目になり、その上、同じ役職の中でも数人しかなれないポジションにいる。

本当は管理職になりたくなくて、自己評価を下げまくっていたのだが、管理職じゃないのに管理職と同じ権限を持たされるようになり、会社制度上、色々不都合ありまくりだったので、仕方なく管理職になった。

はっきりいえば、部長自分の使いっ走りが欲しかったんだろうな。

なぜ、管理職になりたくなかったのか。

当時、配属された部署の内部がごちゃごちゃだったかである

私自身、その部署には配属されたくなかったし、好きな部署があれば、どこでも受け入れると言われていた。

ただ、どの部署も引き取らない部下がいて、私のバーターとしてなら受け入れると言ったのが、唯一その部署だけだったのだ。

部下の名誉のために言っておくけど、仕事ができなかったわけじゃない。

新卒2年目くらいで、実務経験不足だっただけだ。

実務経験を積ませなかったのはオマエらなのに、配属拒否かい身分だよね。

普通に経験積ませれば、仕事ができるようになる人材だった。物覚えも良かったし、キラリと光るセンスもあった。

配属部署がなければ宙ぶらりんになる。いろいろな不利益も生じる。

本人に落ち度もないのに、そんな立場に落とすわけにはいかない。

自分新卒だった頃、不当に扱われ、嫌な目にたくさんあった。けれど、周りは助けてくれなかった。優しい言葉をかける上司日和見主義者で敵だった。

そう言う経験をしたからこそ、見過ごすわけにはいかなかった。

からものすごく嫌だったけど我慢して配属された。

予想通り…というか予想以上にごちゃごちゃで、管理職として配属された最初仕事が、部下に突き上げ食らってノイローゼ寸前のリーダーとの面談たっだ。

業務内容知る前に、人間交通整理とは…。

そして、それは今でも続いている。

この部署は、売上だけはいいので、若手の頃から野放図になっていたところがある。

そのため、メンバーはかなりスポイルされていて、私から見るとわがままな奴ばかりだ。

同じ社内で、クライアントに苦労させられている社員が数多くいるのに、その社員らを無視して、自分意見を無理やり通そうとする。

自分就職氷河期世代で、上からガッツリ押さえ込まれる割に、仕事ノウハウは何も教えてくれない環境にいた。

まともな教育もせず、仕事ができなければ、信じられない方法で首を切られた。

最近の若手は恵まれているなと思う。

きちんとした教育を用意され、言いたいことを言い、けれど会社立場保証され、守られている。

まれているのに、もっと福利厚生を拡充しろ給料が安いだの評価が不当に低いだの文句ばかりだ。

うちの会社パワハラセクハラに敏感で、若手社員ストレスがかからないよう、特に管理職言動に注意するよう指導されている。

そのためか、逆パワハラと呼ばれる状況に陥りやすく、守られた若手社員突き上げられてリーダーが病む、ということが珍しくない。

とくにうちの部署には「ぜったい部下にしたくない」ナンバーワン若者がおり、こいつが部署の癌になっている。

さすがに管理職にまで上がる人間は、下から突き上げられることがあっても負けないので、病むところまではいかない。

私も「絶対に部下にしたくない」ナンバーワン逆ギレされて怒鳴られた事があるが、あまりにもわがまま言動すぎて「自分に甘く、素直に生きていると、本当に楽だよなあ」と思いながら右から左に受け流した。もちろん病まない。

自分は病まないが、他のメンバーは病む。

その片鱗が見えると、メンバー個別面談を設定しなければならず、かなりしんどい

私は仕事に来ているのであって、お守りしに来ているのではないのだが…。

自分若い時は守られなかった。

中年になった今、若手は守られるのに、自分会社から自分で頑張ってね」と言われる。

本当に、生まれた時期が悪かったよなあ。

2年上はベビーブーム子供の数が多く、受験も大変な世代だった。

私のころも余波があって、浪人中のベビーブーム世代との戦いがあったので、まあまあ大変だった。

最後に楽しかったのはいつだったんだろう。

悲しくて辛くて泣いたのはいつだったんだろう。

外も内も辛くて嫌なことばかり。

死にたいとは思わないけど、辛くて苦しくても涙も出ないから、逆に苦しいものが心の中に堆積する。

苦しい時に泣く事ができれば、発散する事ができるのにね。

頑張り過ぎて泣き方をわすれたのかもねー。

大人になってから頑張ったよ。

学生の時なんか、目じゃないほど頑張った。

不当な扱いにも耐え、戦った。

就職氷河期も突き破った。

多分、就職氷河期世代の中では、恵まれている方だと思う。人によっては「勝ち組」って思うのかもしれない。負けてもいないが、勝ってもいないのにね。

でもさ。

プライベート仕事も頑張るには、もう、息切れして動けないんだよ。

20年以上頑張ったんだから、もういいよね。

ばらばら書いたから、話が飛び飛びになってる。

支離滅裂なのは疲れているから。この苦しさを誰にも訴えてこなかったから。

これだけ頑張っても、誰からも認められないのが中年ってことなのかなあ。

自己責任を強く求められてきたけど、全然褒められないんだよね。

我々世代はそれが当たり前で、他は守られる世代ってことなんだろうか?

ほんと、運悪いよね。

2020-01-09

病気になると、普通の人が異常に羨ましくなる

持病持ち。死ぬまで薬を飲み続けることが確定している。

また、鼻炎持ちで花粉症、原因不明のじんましんも出るようになった。

普通の人がうらやましい。

普通ってそこまで大変なものだったのか。

人の事を羨ましいと思ったことが無い人は素晴らしい。

でも、大抵の人間は人と比べるのではないだろうか。

隣の芝生を見たところで環境栄養が違うんだから、違う育ち方になって当たり前なのにな。

2019-12-26

違う業界への転職ってどうなん?

転職活動中。悩んでいる。

全く違う業界に飛び込むか、

今までとほぼ同じ仕事比較ホワイト給料上がるところか、

少しハードそうだけど仕事内容的には今までと同じで週休3日勤務給料据え置きなところ、か。

全く違う業界仕事は、やったことがないので想像がつかない。想像がつかないからだろうか、面白そうに、刺激的にみえる。

今までと同じ仕事内容でしか給料が上がる職場があるとは思わなかった。でも、同じことばっかりしてきたので、飽きそうな気もする。自分の成長がみえなくてボケそう。

週休3日の常勤も、本当よい条件でありがたいと思う。でもやっぱり飽きはくるだろうなあ。

今の業種は嫌いではないが、新卒から10数年やってきて得られた成長とそれに伴うワクワクが、これから10数年で同じように得られる気がしない。のびしろってやつ?がもうそれほど自分にはないと思うんだよなあ。今までの10年間と同じ努力をこれからしても、今までの10年間で得た能力10%くらいしかもう伸びないと思う。しかもある程度できるようになってしまってからは、がむしゃらに頑張る楽しさを感じなくなってしまった。

家族自分にかける時間を得るためには、今の業種でありがたく提示してもらったホワイト職場か、週3職場転職するのがいいんだろうけどなあ。

全く違う業界に飛び込むのは、きっとわからないことだらけでたくさん努力しなくてはならないだろう。

でも、できないことができるようになっていくあの楽しさを、また味わうことができる気がする。

若い時と比較して明らかに体力も気力も落ちているから大変だろうけど、成長していく自分を感じることができる、あの刺激的な喜びをまた得られるんだろうか。

隣の芝生は青いだけ、なのかなあ。

RPGレベル上がるとつまんなくなるってやつ?新しいソフトやり始めてみたらクソゲーだっとしても、まあそれが人生ってやつなのか。

全く違う業種に転職したけど、やめときゃよかったって人、結構いるもの

隣の芝生は青く見え、その青さに心は嫉妬でどす黒くなる

そんなことを考えていると、ネットによる他人人生見える化にはなかなか辛いものがある

2019-12-03

anond:20191130234558

ないものねだり、というか、隣の芝生は青く見える、みたいな感じなのかな。

2019-11-20

anond:20191120192026

隣の芝生は青いみたいなもんだぞ

どこの国もおいらの国ルールだらけだ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん