「隣の芝生」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 隣の芝生とは

2018-02-21

隣の芝生は青く見える

たとえお隣さんが"幸せに見えるだけ"でも、お隣さんを羨む側からすれば"幸せ"

そこからお隣さんの敷地にお邪魔して現実を知って落胆するのも

思い切って入ってみてやっぱり幸せだった!と喜ぶのも

自分の荒れ庭を隣の芝生風に整備して幸せな気分になろうとするのも

火を放ち自分の荒れ庭を結果的に一番青い芝生にするのも

その人次第だよ

2018-02-19

anond:20180219224525

そうだね隣の芝生は青いね

手入れしてみたら?

ただし、小競り合いは空気を最悪にするからね。

2018-02-15

anond:20180215203048

女同士に美しさなんて感じられない

男同士の恋愛見てたほうが楽しめる

それを元増田で「隣の芝生は青い」と表現したんだな

まじで男同士なんて毛は散るし臭いし勘弁なんだよな男としては

・・・ああまさに隣の芝生・・・

2018-02-14

女性社会進出とかまっぴらだ

大企業とまではいかないが、そこそこ大きな非上場企業管理職です。

ここ最近の流れで、女性役員やそこそこ御歳のいった女性社員も増えるんですが、正直困ってます

能力的な面では無く、主に精神的な部分。

既婚・未婚は問わず40代後半から一気に酷くなる。更年期や閉経とかあるのかもしれないけど、正直社内の空気を悪くするだけの存在

こんな事言っちゃ駄目だろうけど、その辺の自制の出来ない女性は、パートアルバイト等の責任の無い仕事をして欲しい。

会社に来て、訳知り顔で会社批判して、大した仕事もしないで帰る人に払う金は正直無い。働き方改革より先に、こっちを改革してほしい。

2018-02-12

百合漫画

×混ざりたい

○俺も女の子になりたかった

ところでBLを好む腐女子様はどうなんだろう

混ざりたいのか

自分も男として生まれたかたか

後者であるなら単なる隣の芝生は青い問題なのかもしれない

<追記>

「なぜ女x女でないといけないのか」という視点が無いブコメNG

混ざりたい男にすら「ファックできる対象二倍で嬉しいも二倍!」という女二人でないといけない理由があるのに・・・

2018-02-03

anond:20180203032751

よそはよそ

うちはうち

隣の芝生は真っ青

増田さんは十分ファンだと思うけどな。

気持ち悪いファンミュートやらブロックで楽しそうなとこだけ摘んだらいいと思う(これが冒頭のよそは〜ってとこ)

合法的に、できる範囲公式にもお金出してるんだし。

比べても苦しくなるだけじゃない。

そこら辺の折り合いが増田さんのなかでつくといいね

楽しくてなんぼのもんだと思うよ。

2018-01-17

anond:20180117154032

まあ気持ちはわかるけどな。

自分にないものがもしあったらどんなに良かっただろうと思ってしま気持ち隣の芝生は青く見えるってやつ。

実際塾で授業受けることでたいして意味がないとわかったし、そういうものでしょう。

童貞だったころは女の子と付き合うなんてすばらしいんだろうと思ってたけど、実際はめんどくさいことばっかり。経験してみないとじょぼさがわからないもんだ。

2018-01-15

ももクロファンモノノフ)を辞めようと思う。

夏菜推しだと自分でも誤解していたが、

5人の関係性が好きだったんだと今日確信した。

今までありがとうございました。

4人になった4人を同様の熱量応援できる気がしません。

見るたびに、欠けている幻影を見て寂しい気分を惹起することになるくらいなら、

すっぱりと忘れることにします。

普通生活に憧れる気持ちも痛いくら理解できます

隣の芝生は青いんです。

しかし、死ぬほど手に入れたかった平凡な暮らしを手に入れた後には、

全てを投げ打ってまで手に入れるものではなかったという気付きが訪れるでしょう、きっと。

そして、気付いた頃にはもう遅いのです。

手遅れになってからし人間理解できないのです。悲しいことですが。

Blu-rayCDも全部捨てます

明日からは、ばってん少女隊応援することにします。

2018-01-14

anond:20180114170747

隣の芝生は青いのかも知れないが、それにしたってそう思う

2018-01-11

anond:20180111174534

そんな事言い出せば、ニッポン放送で終わった番組だって「つまらなかったから」で終了だろう。隣の芝生が青く見えるだけだと書いている。

2017-12-05

婚期を逃した女と遊んでいるけど

そりゃ、一緒に居て楽しくないし、相手しか譲歩や改善求めないから結婚出来ないのは当然。

一流企業待遇給料の話したって、該当者居ないんだから面白くも無い。

でも、こういうのが結婚したら子供プレッシャー凄そうだし、こういうのが金持ち結婚するとプライドだけのテンプレママが出来るから、このまま独身で土に還って欲しい

年齢、顔やオッパイ重要だけど、結局は性格だよな。どう頑張っても、これじゃ愛人まり

2017-11-10

人生の器

その人個人に割り当てられた「器」ってあると思った。

大金持ちになる器、モテまくる器、大勢の友だちに囲まれながら生きる器、孤独に生きる器。

自分人生の器を早めに理解して、変にそこから抜け出そうともがいたりしないほうがいい。他人の器は全部羨ましい。

隣の芝生はなんとやらってやつだ。

まだ20代にして、自分限界意識してる俺、間違ってるんだろうか。

2017-11-07

anond:20171106204909

共感しかない。

家事育児もしない男を心の中で見下しておけ。

お前には見下す権利が十分にある。

厳しいことを言ってるトラバブコメのやつらは、所詮「手伝ってる」レベルのことを家事育児勘違いしてるエセイクメンだ。

ちゃんとこなせば、自分時間が作れる?

はぁ?ふざけんな。

お前ら本当に奥さんと同じ時間育児家事に割いてるんか?

今は、子供と一緒にいる時間家事をする時間自分時間として落とし込むしかない。

大丈夫子供が巣立てば自分時間はできる。

いつか来るその日を信じて、少ない小遣いからへそくりを貯めておく。

その日が来たら、20年貯めつづけたへそくりを全開放して音楽機材を買いまくって、好き放題やってやる。

イングレスW杯?酒? あほか。死ぬほどうらやましいわ。

大丈夫。そんなことしてる間にそいつの奥さんとの仲は冷え切ってる。

さみしい老後を過ごせばよい。

さみしく死ね

そういうのを比較するだけ時間無駄隣の芝生は大概青い。

大丈夫

友よ

未来は明るい。

2017-11-04

ゲイ同士のゆきずりセックスは対等で羨ましい

知人のゲイたちの話とか、セックス系を書いているゲイライターエッセイを読むなどして思った話

ゲイセックスカルチャーとして、ゆきずりのセックスというのが結構発達している。いわゆるハッテン場とかね

そういう文化で、もちろんイケメンとブスとかそういう上下関係みたいなのはあるし、入れるほう、入れられる方という上下関係などもいろいろあるんだけど

なんかすごく対等に見えるんだよね。男女と全然違うなーって

みんなセックスを楽しんでいて、妊娠リスクもなくて、もしものための面倒なピルなどもなくて

その気になれば入れる方と入れられる方を変わることができて、道具を使えばどちらも入れられる方にもなれて、性欲をもっている自分たち肯定していて

それがなんかすっごいうらやましかった

女が、性欲を楽しむってすごく難しいな―と思うからアナルセックスに比べたら経膣セックスのほうが楽だとは思うんだけど

なんか、すごく楽しそうでリラックスしてそうで。なんでだろうね。隣の芝生は青い的な?

2017-10-29

羨ましい

他人がしていることや他人が楽しそうにしている雰囲気を見ると、何でもかんでも羨ましいと思ってしまう性がある。そんな自分がとても嫌いだし、醜いと思う。

隣の芝生は青く見えるのだろうが、そんなの理解しているし分かっている。

多分、幼少年期に楽しみの当事者になれなかったことを、22になっても引きずっていることが原因なのだろう。

そんな羨ましいと思ってもしょうがないことや、原因も分かっているからにもかかわらず、羨ましいと思ってしまうからこそ嫌いなのだ

嫌気がさす。普段は寝て忘れられるのに、今日は忘れられなかった。朝から何も手が付かない。


羨ましい羨ましい羨ましい、、この気持ちに折り合いをつける方法を知りたい。

2017-10-17

anond:20171016010051

男の方がイージーモードとかのブコメあるけど、絶対こういうやつ出てくるのがやっぱり人それぞれなんだな感がある

男でも女でも今の自分しんどいってだけで隣の芝生は青い理論になってるだけなのに

一般化することなんてどだい無理なんだろうな

それなのに自分の苦境だけをソースにして異性のほうがよかったってそれ全然根本的原因じゃないから!みたいなアホな思考してる人間が多すぎる

2017-10-12

どうして、営業スポーツができる人とか、滅茶苦茶な提案する人は、「すごいね」と言われるのに、

実際にアプリつくれたり機械学習できる人は、「そんなの当たり前」とか、要件から逸脱した不平不満を言われるのでしょうか。

私のいた会社だけのことでしょうけど。たぶん。

隣の芝生が青いだけでしょうけど、おそらく。

きっと私のせいなのでしょう、きっと。

2017-10-09

初めて浮気した

叩かれる前に先に謝っておきます、ごめんなさい。

人生初めての彼女ができて1年ちょっと特に不満はないけど強いていえば倦怠感で新たな刺激が欲しかったの一言に尽きます。もう自分には彼女しかいないと思ったのに、やっぱり隣の芝生というやつなんでしょうか。風俗はやっぱり怖いし裏切ったような感じがするので、相手ネットで探しました。

会える日が決まると、凄くドキドキしてどうしようか、何しようかばかり考えていたことを覚えています

一人目は小柄な体型で、彼女とは全く違うタイプタイプの違いで物凄く期待してたのですが、正直、全然よくない…。何とか終わりはしたものの、完全に期待外れでした。経験値が足りない自分にお試しでの挑戦はまだまだ早いと思い知らされました。

タイプの違いがよくなかった可能性を考えて、二人目は彼女と同じタイプ。今度こそ、期待できると思ったのにやっぱり全然よくない。いや、よくないんじゃなくて彼女との違いがどうしても違和感、物足りなさと思えてしまうのです。やはり、何とかできはしたものの二度目はちょっと

浮気相手丁重にお別れした翌々日、彼女と久々にしてみたところ安心感というか帰ってきたみたいな安堵感に包まれました。

やっぱり自分には彼女しかいないのだと考え直しました。もしかしたら、いつか別れてしまうのかもしれないけどその日まで一緒にいたいと思います


参考リンク

一人目:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B005VLJ9BY/

二人目:https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06XDDR26V/

彼女https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00J2NOBGU/

購入経緯:https://anond.hatelabo.jp/20160818013029

2017-09-26

anond:20170926022143

同一視というか、近親憎悪みたいなもんでしょ

隣の芝生は青く見えるから叩きたくなるって気持ちも分からなくはないか

2017-09-18

離婚後の寂しさ

25歳位から6年付き合って結婚した彼女と、6年の結婚期間の末に離婚した。子供は一人いる。親権は元妻側。

面会交流は月一程度で会えるようになった。まるで会えない時期が一年ほどあったので子供と会えるのは嬉しい限りだ。

子供はパパと(も一緒に)住みたいと言う。これが辛い。

元妻はいわゆるボーダーというやつで、機嫌が悪くなった時の俺に対する攻撃性は尋常じゃなかった。自分が無くしたもの子育てに忙しいことにかこつけて探せよ!と叫んだり、俺が口答えしてしまうと、泣き叫びながらあんたのせいであんたのせいで!と叩いてくるのを繰り返した。極め付けは子供がいるのにも関わらず、睡眠薬を大量に飲んで半自殺行為をした。救急車を何回か呼んだ。子供は何が起きてるのか分かっておらず不安そうだった。もちろん元妻は浮気もしていた。浮気相手電話して警告したりして、俺は何をしているのか分からなくなり、あの頃は俺自体が深刻なう状態に陥っていた気がする。マインドフルネス仏道にはまって、諸行無常であったり一切皆苦であることを受け入れようとした。相手の男は俺と同じ会社(元妻も)で別の部署だったが会社を辞めた。いづらくなったのだろう。それは俺も変わらない。俺も色々ありすぎた会社にいるのがしんどくて辞めて転職した。表向きはステップアップで給料も二百万くらい上がったが、本当は現実逃避だった気がする。

一切皆苦であることを受け入れることはできなかった。人生がこうやって妻の激情にビクビクしながら生き、そんな妻をなんとかお茶を濁すが如くに喜ばすことだけが俺の人生なのかと思い悲しかった。それが何年も続いていた。どうにかしてこの終わりゆく世界から出られるだろうか考えた。世界は終わっていた。恐怖の中で奴隷のように生きる世界とはこのようなものなのか。隣の芝生は青いというが、私には現実に青かった。夫婦はお互い正直な気持ちを話し合えるのに、私は正直な気持ちは置いてけぼりだった。正直な気持ちで話すと私のことをあなた絶対理解しない!!と激怒されるだけだった。その割には腹を割って話したいと言われていた。腹を割って話すと激怒された。冗談でもなく、もうイヤァァァ!!!離婚するーー!!!と大声で叫ばれた。マンションなので恥ずかしかった。エヴァンゲリオンで言えばアスカみたいなものだった。そして一週間以上何も話してくれない、ということが何回もあった。

自殺することは実際にはないだろうと思っていたが、半自殺にかこつけて妻実家に頼ることにした。少し距離を作る必要があると思った。

ある日仕事が終わって夜遅くに家に帰ると泣いていて、理由を聞いても何も言わず子供には強く当たってしまうと言っていた。これはもう実家に頼るしかないと判断し、義母電話事情説明し「強制送還」した。強制送還された妻は激怒した。私のことをなんだと思ってる!!と言っていた。精神不安定だよ、心の中でつぶやいた。そして帰ってこなくなった。夫婦カウンセリングを受けた。カウンセラーも妻の圧力に困っていた。私のことを理解しない!そんなことでは結婚生活を続けられない!という主張から一歩も譲歩がなく話にならなかった。カウンセリングは妻側から突然打ち切りになった。

義母の様子もおかしくなってきた。明らかに私を攻撃しまくってきた。あんたのせいで娘はうつ病になった。あんたが根暗からこんなことになった。離婚しろ!と言ってきた。

離婚については子供のことを考えてするとは思っていなかった。でも心の奥では離婚たかったとは思う。幸せはここにはないと悟っていた。子供が生まれ子供からはたくさんの幸せがあった。お世話は大変だったけど一通り一人でなんでもできる。寝かしつけとかたくさん抱っこしてたからか分からないが子供は俺のことが大好きであるのは手に取るように分かる。

離婚すべきかは分からなかった。そして離婚調停が開始された。数ヶ月立って決心はついていた。だが中々離婚させてくれなかった。面会交流させないというめちゃくちゃなことを言ってきた。調停委員も奥さんが落ち着くまでは子供と会わないのも選択肢として良い、と言ってきた。全く許せない。完全に他人事だった。なぜ親子愛のうちにいる俺たちが、妻の精神不安定で会ってはいけない事になるのか。馬鹿げている。ずっと争った。普通は二、三回で終わるところが10回以上続いた。最終的には月に一度会えることになった。回数が少ないのが私には許し難いので、一年後に見直しとなった。

それからは元妻と三人で面会交流することになった。子供がいるとかであるのと月一ということもあり、妻の激情は発露せず、一見普通の親子三人のようになった。ただ面会交流の日時を決めるやりとりなどでは激情に駆られたメッセージが書かれており、俺をコントロールする意思をビンビン感じるので、実態は何も変わってないのだろう。そして今に至る。

一人暮らしして2年になった。妻と争っていた時はそればかり考えていたから寂しくはなかった。だがこうやって落ち着いてきて思うのは寂しいということだ。もしまたなんとかなるなら三人で暮らしたい。そんなことも思ってしまう。なんともならないと分かっているのに。子供には申し訳ない。一生つきまとう悲しみを与えてしまった。苦しい。だが俺が死ぬわけにもいかにい。

俺はこの先どうやって暮らしていけばいいんだろう。友人やお世話になっている人は自分を優先して自分人生を生きろという。でも子供を置いてけぼりにしてるようでそんなことできない。俺はどうすればいいんだろうか。子供言い訳にして現実を変えることを拒んでいるのだろうか。そんなことはない。仮に俺が新たな家庭を見つけてもしも幸せになったら、子供はどう思うだろうか。辛い。

2017-08-17

後輩の職場を好きになった

やっぱり隣の芝生は青いってことか。

今の環境で頑張ろう

2017-08-13

グーグル思想残響室(Google’s Ideological Echo Chamber和訳) 中編②

グーグルバイアス有害

私はジェンダー人種多様性を強く信奉している。またそのためにもっと努力すべきとも思う。しかしながら、ジェンダー人種平等な登用を達成しようと、グーグルはいくつかの差別的慣行を作り出した:

これらの慣行私たちバイアスが作り出した誤った仮定に基づくものであり、実際に人種とジェンダーの緊張関係を増加させる私たち上級管理職私たちのやっていることは道徳的にも経済的にも正しいことだと説明されてきたが、証拠なしにはグーグルにとって取り返しのつかないほど害となりうる左派イデオロギー[7]を覆い隠すものしかない。

私たちはなぜ盲目なのか

私たちは皆バイアスを持ち、私たちの内的価値に反する考えを却下するために動機付けられた推論を利用する。右派が”神>人間自然”という階層に反する科学否定するように(例えば、進化気候変動)、左派は人々の生物学差異に関する科学を否定する傾向がある(例えば、IQ[8]と性差)。感謝すべきことに、気候学者進化生物学者は普通右派ではない。不幸なことに、圧倒的多数人文学者と社会科学者は左派寄りである(およそ95%)。このことは莫大な確証バイアスを作り出し、研究されてきたことを捻じ曲げ、社会構築主義ジェンダー賃金格差のような神話を維持する[9]。グーグル左派的傾向は私たちをこのバイアスに対して盲目にし、その結果に対して無批判にさせ、また高度に政治的プログラム正当化する。

女性弱者とみなす左派との親和性に加えて、一般人間女性保護すべき対象とみるバイアスがある。前述したように、これはおそらく、男性生物学的には使い捨てであり、女性男性に比べ一般協調性があり、同調性があることから進化したものだ。私たちには広範な政府グーグルプログラム研究領域女性保護する法的、社会的規範があるが、男性男性に影響するジェンダー問題について文句を言うと、ミソジニストで泣き言を言う人間とのレッテルを貼られる[10]。ほとんど全ての男女の違いは、女性の抑圧の一形態として解釈される。人生における多くのことと同じように、ジェンダーの違いはしばしば”隣の芝生は青い”の一ケースだ。不幸なことに、納税者グーグルお金は芝生の片方だけに水をやることに費やされている。

この弱者とみなされる者に対する同じ同情が政治的正しさ[11]を作り出す。それは議論を制約し、それらの原因を増やすために暴力と恥を利用する極端に敏感なPC権威主義者自己満足であるグーグル大学でみられるような暴力的左派の抗議行動を抱えているわけではないにしても、TGIFミーティング私たち文化における頻繁な恥辱は同様の沈黙、つまり心理的安全でない環境を作り出した。

----

さらに分割。

グーグルの思想的残響室(Google’s Ideological Echo Chamber和訳) 後編

2017-08-04

隣の芝生

結婚当初、妻はよく友人の話をしてきた。

最初は、お互いの事を知りあう為だと思って聞いてあげてたが、ある日それが溜まらなくストレスだったと気付いた。

友達は毎年バリ島に行くの。誘われたんだけど行かない?」(いわゆるDINKS一流企業に働く旦那は元鬱病で束縛系。自分大好きで一度会ったがメンドクサイ)

友達の新居、凄く大きかったの。良いよね~」(2周り以上年上のジジイ離婚歴あり)と結婚した女。金目当てじゃないだろうけど、散々楽した世代ナイスミドルの自慢とか面白くない)

こんなのが続き、適当に聞き流していたがどうしても残ってしまい、それが心の奥底に溜まっていた。これは甲斐性無しの自分への当て付けなのか?と

で、ある日キレた。

「そんな子無しで遊びたいんだったら良いぞ、でも子供欲しいんだったら難しいぞ。お前は遊びに行く時に、いちいち連絡や付いてくる夫が良いのか?」

「そんなどこの誰かも知らないジジイの糞みたいな家の話聞いてもなんも面白くないわ!地方新聞記者適当な事書いて金稼いでたんだろ。今60過ぎならな。」

気持ちを吐き出した。もちろん妻は泣き喚いたけど、そんなの知らない。夫婦とは言え、会話の話題のチョイスが絶望的に間違っていたのだから

それ以来くだらない話は出なくなった。その友達話題は出てくるが、深くは話さない。

隣の芝生をうらやんでも良い事は何もない。本来自分が聴いてあげつつ、気にせず心のゴミ箱に捨て去れれば良いんだろうが、性格いつまでも気にしてしま性質なので無理だった。結果、荒療治だが大元を断つ事にした。

たぶん人の話で勝手に気分悪くなったり、いつまでも気にする人多いと思う。相談すると「そんなの気にしなければ良いじゃん」と自己努力解決しろと言われるのがほとんどじゃないか。でも無理だと思う。自分もあのままだったら間違いなく鬱病になっていた。とてつもない自己嫌悪に陥ってたし。それこそ相手からは「なんでそんな事で?」レベルの話で。

もし、同じように困っている人が居たら、話が通じる相手には話止めるように言い、無理なら付き合わないようにしてほしい。考え方の変更より逃避の方がはるかに楽で確実だ。夫婦みたいな今後何十年も付き合うなら尚更だ。

キラキラしたリア充世界が妬ましいだけだろ!」と言われたらそうなのかもしれないけど、こっちにだって見たり聞いたりする権利がある。「奥さん、話せなくて可哀想」って思われるかもしれないが、相手不快に思う話を夫婦なら許されるってのもおかしい。

と、ここまで書いて、自分も妻に日々不快に思わせる言葉を言っていたことを思い出した。自己嫌悪半端無い。謝ろう、そしてもう言わないようにする。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん