「自己嫌悪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己嫌悪とは

2019-05-20

若者が死ななかったのは不幸中の幸いであった

そんなこと匿名じゃないと書けないが、

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190520/k10011922331000.html

これを見て被害者年寄りだらけだったので少しホッとしてしまった。

マジで自己嫌悪だわ。

2019-05-15

癇癪持ちやめたい

電車の乗り換え失敗したりとか

乗る予定だった電車に間に合わなかったり

予報されてなかった雨に急に濡れてしまったりとかすると

自分でも意味が分からいくらい一気に頭に血が上ってしま

プラン通りにいかないことが嫌なのかめちゃくちゃ苛立って周りにひどいときは当たってしまうし 後から自己嫌悪してつらくなる

今さっき乗りたい電車に乗れなくて、仕事先がクソ田舎のお陰でなんか意味のわからない回数まで乗り換え増えることになるしホームでやたら電車待つことになるし、なんかもうだんだん意味分かんなくなって泣き出して地面にへたり込んでしまった

電車乗ってぼーっとしてたらなんか落ち着いてきたんだけど

コントロールできない瞬間発火する自分感情が嫌い 止められない やめたい 馬鹿らしいのは分かってるのにやめられない

泣くのもアホくさい でももコントロールできないこと自体が無理で泣いてんのかな 分かんねえ この癇癪どうやったら直るんだろう

全部プラン通りにやる完璧人間になるしかないのか

世の中の人ってこんな風に癇癪起こしたりするんですか?起こさないのかな

なんか原因があるのか、単純に自分性格が終わってるだけなのかどっちなんだろうこれ 3歳児かよって思う つらい

2019-05-14

医療クソリプをすべきかどうか

ヲタ垢のフォロワーが、セラミック矯正やろかなーとか、ワクチンって危険って聞いたしやらないでいいよね?とかツイートしたときにクソ真面目にリプしていいものかどうか。自分歯科医なので少なくともセラミック矯正なんかについては警鐘を鳴らす責務はあるだろうと思ってて。エビデン示すリンク付けて、なるべく柔らかい口調で……とか考えてるうちに他のフォロワーが「いいじゃんいいじゃん」と盛り上げてて本人も乗り気だったりして言いにくかったり。つか求められてない?ほしいのは同意?とかぐるぐる考えてリプの機会を逃して自己嫌悪っていう

2019-05-12

動画サブスクリプション鬱(選べない)

Netflixやってるんだけど、映画を選べない。

動画を見ている時間より、選んでいる時間のほうが長いと思う。



①見たいものが多すぎる。全部見るのは不可能だ。終わった・・・

②今このコンディションでこの名作と呼ばれているものを見るのは違う。もっとメンタルが落ち着いたときに見よう。

③二時間・・・長いな。

④この映画を見るとこういう風に感動するだろうなぁ。その感動をするためにこの映画を見ようとする俺気持ち悪すぎだろ。。

⑤この映画を見たい理由って有名ってだけじゃねーか。ミーハークソ野郎死ね




だいたいこのどれかになる。映画は見たい。全部見たいし、逆に全部見たくないのかもしれない。

そして自己嫌悪パソコンを閉じる。

2019-05-11

性欲がつらい。助けて

マジで苦しい

妻とは不仲では無いがセックスレス

オナニーすればいいじゃんと言われるかもしれないが

既婚子持ちの男には驚くほど落ち着いてオナニーできる時間はない

今の住まいは狭い賃貸なので尚更だ

性欲がたまることの何が辛いって

なかなか寝付けなかったり夜中に目が覚めたりして慢性的睡眠不足になっていることも辛いが

なにより妻以外の女性欲情してしまうということがつらい

俺は風俗含め浮気絶対に許せないタイプで、妻やパートナー以外に性的感情を抱いてしまうこと自体が許せない

でも気づいたら通りすがり露出が多い女性の胸や脚に目線が行っている

性犯罪をする奴はクズだと思ってたし、その考えは今も変わらないけれども、やっちゃう奴の気持ちがわかっちゃう

性欲によって自分の中に自分が許せない行為への欲求が生まれていることに激しく自己嫌悪して辛い

勇気を出して上記のことを妻に伝えてもセックスレスは続いているので、もはや解消することはないだろう

妻は二人目は産みたくないようなので、もはや俺には性欲は不要なのだ

なので、なんらかの外科手術や投薬治療によって性欲を消し去ることができればいいのだけれど、調べても性欲を増やす方法ばかりが出てくる

性欲を抑える方法に関する情報は驚くほど少ないので泌尿器科に行けばいいのか心療内科に行けばいいのか保険適用されるのかもわからない

さらにどうも男性にとって性欲の抹消と身心のバランストレードオフ関係にあるらしい

(余談だが性欲がつらいのでなんらかの医療機関にかかり性欲を抑えるようにしたいと妻に相談したところ「そこまですることないんじゃない」とあっさり否定された。でもセックスレスぐぬぬ…)

こんなこと書くと、特に女性には、俺が性欲魔神のように思われるかもしれないが

おそらく若い健康的な男性としては平均的、もしかすると平均を若干下回るくらいの性欲の強さだと思う

なのでそもそも正常値の人間が性欲をどうこうしたいと医療機関にかかってなんらかの処置が受けれるのだろうか

いったい世の既婚子持ちセックスレス男性たちは自分の性欲とどう折り合いをつけているのだろう

ちなみに大豆食品死ぬほど摂ってます

2019-05-09

男が憎い男の自分をやめたい

男が憎い。俗に言うミサンドリーというやつだろう。

最近はましになったが、酷かったときツイッターに男はみんな死ねばいいと本気で呟いていた。

携帯の変換予想に、男といれれば死ねとか殺したいとかが出てくるような、そんな感じ。よくいる酷いツイフェミ言動だと思えばいい。

しかしよくいるその人たちと違うところがある。私は男だ。

多分、自己嫌悪がそのまま世の中の男に向いているのだと思う。

性犯罪ニュースを知ったり、セクハラ現場を目撃したりすると、「自分もこの加害者になるかもしれない、男だから」と感じてしまう。

自分を慰めるためにジェンダー論もあれこれ勉強した。それこそ学生の独学としてはかなり本格的に。

もちろん、そうやって勉強している以上、「男が加害者となる性別である」と論じることがいか馬鹿げてることなのかは理解している。理屈として。

まあ、酷いツイフェミと呼ばれる人たちはそれを理解してないのだろう。普通に怖い。そもそもその態度はフェミニストの立場から大きく外れる。

少し話がそれた。とにかく、自分理屈おかしいことは当の昔に理解している。それでも、自分性別を憎むことをやめられない。

性器を切り落としたいとよく考える。ひげが生えてくると気持ち悪いと感じる。

幸い、そこまで男性ホルモンが分泌されない体質なのか、一般的男性に比べて体毛は明らかに薄いし声も高い。

これで体毛が濃かったら毎日それを剃りながら狂ってしまうだろうと本気で思う。

救いを求めて仲間を探すこともした。ミサンドリーという言葉を初めて知ったときは感動したのをよく覚えている。これ以上私のことを適切に表現してくれる言葉ない、と。でも、そこに仲間はいなかった。希望絶望へと成り変わる。

ミサンドリー検索して出てくるものはいつも、男VS女の構図ばかり。男を嫌う女はいても、男を嫌う男の話はほとんどしていない。

そんな私にも、最近救いがあった。パートナーができたのだ。女性の。

彼女はすごい。僕の昔の言動を知った上で一緒にいてくれる。

じゃあなぜこんなものを書いているのか、というとそのパートナーともミサンドリーが原因で大喧嘩してしまった。別れる寸前だ。

もちろん、他の原因もたくさんあるのだけれど、ここでは都合よく脇に置きたい。これはネットの海にほおりこむ都合のいい懺悔から

交際をするにあたって、とにかく私はオラオラ彼氏になることを恐れた。DVするようなあんなやつになりたくない、マンスプするようなあんなやつになりたくない。

なりたくない像はたくさんあったけど、こうなりたいというものが思い付かなかった。

その結果、何かあるごとに相手にどうしたいか聞くようになった。恐らく、かなり過剰なほどに。

「男である自分意思は罪であり、「女である相手意思尊重することが良いことだとどこかで思っていたのだろう。

こんなことで上手くいくわけがない。

いつも私に聞くばかり、お前はどうなんだと泣かれるまで、そんなことにすら気づけなかった。

一番差別っぽいものに敏感で、憎んでいるであろう自分が、酷い差別をしていた。

私は、このあまりにも稚拙で極端な二元論的な思考をどこに置いていけばいいのだろう。どうすれば満たされるのだろう。

パートナーに対して申し訳なく思いながら、それをよく考えている。

2019-05-08

anond:20190508062531

これ自分もあるかも

この話題を出すと右(左)の人怒るんだろうなとか勝手忖度?して躊躇することある

そしてそういうことを考える自分思想が歪んでるんだろうと自己嫌悪自分の中でダブスタっぽくなってるのでどう転んでも自己嫌悪

anond:20190507121709

コミュ障の話と宴会で片付け手伝えないのは別の次元の話だと思うけどな。

俺は超絶コミュ障な上に酒も飲めない人間なんですが、宴席に出向くと必ず気を使ってご飯お酒持ってきてくれたり話かけてくれる人が大勢いる。

でも人前で初対面の人と話しとなると声も言葉も上手く出にくく、ほとんど会話が成り立たないのが常で自己嫌悪に陥る。

「いつも周りがせっかく気を使ってくれているのに非常に申し訳ないな」という気持ちがある。

から片付けぐらいは、皆さんのお手を煩わせないようにと、率先して何でも先回りしてやってしまう。

コミュ障宴会活躍できるのはこういう所しかないと感じています

あいつらは子連れ主婦グループあいつらは社交的な人間グループって人を勝手に分類するのが、そもそも苦痛の源だと思います

あなたがひたすら食ってた肉だってだって、誰かがせっせと料理したり買ってきて運んだり冷やしたりしてきたんでしょう。

あなた自身が全部用意した物だったら誰も文句は言えませんけどね。

宴会は盛り上がればどうしようもない人間一定数出てくるのは折り込み済みですし、宴会の終わり頃なんて酔っ払ってて、周りの事なんてどうでもいいと思ってる人の方が多いはずなんですけどね。

ここに書かれているように、旦那さんが「うちの嫁が申し訳ありません」と必要以上に恐縮したり、それに対して呆れてる様子をあからさまに出すような人間現実にいたのだとしたら、あなたに負けず劣らず、旦那さん含め、そのBBQ参加者はほぼクズな部類の人間の集まりだと思います

僕は、旦那さんの恐縮する様子も、周りがあからさまに呆れた様子も、すべてあなたの酔っ払った脳が作り出したネガティブ認知の歪みが作り出した幻影であるように思います

本当にクズの集まりだったかあなた自身認知のクセに問題があるかどちらかでしょうね。

2019-05-07

産後うつなのか

赤ちゃんのお世話は楽しくやってる、疲れてしんどい時もあるけど慣れてきた、かわいい

最近、昔やった恥ずかしい事をよく思い出しては後悔する。

自分はなんて恥ずかしい人間なんだろうと思う。

職場に戻っても歓迎されないだろうな、と考えてしまう。

職場復帰が怖くなる。

本を読めない、頭に入ってこなくてえらく時間がかかる。

仕事勉強もせずに日々が過ぎていくのが辛い。

昼間は話し相手も居ないので無性に寂しくなる。

毎日夢を見るので疲れる。

25歳、まだ若い部類なんだろうけどもうハタチ前後の無敵感は無い。時間が経つのが怖い。

が、赤ちゃんのお世話は楽しいのだ。

元々落ち込みやす性格で、夜になるといつも自己嫌悪が酷かった。だからうつとかじゃなくて性格なんだろうな。

2019-05-06

anond:20190506091154

いや、あんなので承認欲求みたされるのかなって思って

上位のレイヤーみて自己嫌悪してメンヘラ化して整形とかそんなパターンもあるだろうなと思った

ばーーかと言いたい話

ラインで友人の訃報を聞いた。

いきなりすぎて今でも信じられない。

その事実を受け入れた瞬間、すべてが過去になるから受け入れられない、みたいな屁理屈をこねている。

だってもう死ぬまで会えないとか全然信じられない。こーやってぐちゃぐちゃ言ってたら、おーごめん、そんなに心配かけた?とか平気でメッセージ送ってきそう。

だってついさっきまでそこにいたし。ちょっと長い旅に出てるだけで。携帯水没させたとかなんかで連絡取れないだけで。

ふだんべつにいつもその人のことを考えたりしてない。むしろまったく。(ごめん)

たまに会う時、連絡する時、フェイスブックで見かける時とかそのくらい。

からこんなに考えてる今が、おかしい。

でも、他のことも全然考えるし普通に笑えるしごはんも食べれるし夜も寝れる。テレビ面白いラインだって返せる。

私の日常にはほとんどなんの支障もない。

から。考えるだけ考えて、悼んだら忘れちゃう。それが嫌だから認めて過去のことにしたくない。

過去のことだいたい覚えてられないもん。もう会えなくなる君のことをいつまでもちゃんと覚えてられないと思う、私のちっぽけな脳みそと心じゃ。だってそういう冷たい人間だもん。薄情な友人でごめん。

でも勝手だけどいきなりいなくなった君に責任があると思ってる。いなくならないで欲しかった。おじさんになってお腹出てハゲたりしていくのを見るもんだと思ってた。結婚してこどもの話とかしたりさ。たまーに会って仕事愚痴とか言って、俺はこう思うよとかさ、まじめに言ってくれたり。バカなことして周りを笑かしたりしてるのを、しょーもないなって笑いながら見てるはずだった。

ずっとそこにいると思ってたから、ただただわがまま言ったり愚痴言ったり振り回したりとかしかしてない。

思い出すのはいつも私が自分勝手なことしてるときそばにいてくれたこと。

不安な時自己嫌悪に陥りまくってる時、無理すんなよとか頑張れ!とか俺は信じてるよ、とかいつもどストレートに言ってくれた。私はただただ自分のことしか考えてなかったけど。そんで、照れ隠しで、いつもまともに受け止めることすらできなかったけど。ありがとう、とか、どれだけ助けてもらったか、嬉しかたかとかちゃんと伝えたこと一度でもあっただろうか。

結局今もなんでかわからない、全然理由も聞かなかったけど、いつも気にかけてくれていたと思う。

適当なやつに見えて、めちゃめちゃ懐が深くて、人に優しくて。案外かなり面倒見が良くて。どんな人でも、なんだかんだまっすぐ向き合ってて。結構いいやつだった、一本筋が通ってて結構かっこよかったの、本当は知ってたのに。面と向かったときは、からかうようなことしか言えなかった気がする。

付き合わない?って言われた時、なんか意味不明理屈をつけて、ばっさり断ったことがある。

あの時私はそれがお互いのためだと思った。

自分に向けられる好意に戸惑って、調子に乗って、自分が良いように利用する姿しか思いつかなかった。付き合ったりしたら自分が嫌な人間になると思った。好きかどうかわかんなかったけど気になる人もいた。

今でもたぶん出す結論は変わらないけど、それを言ってくれた彼にそもそもちゃんと向き合えてはいなかったんじゃないかと今は思う。自分の恥ずかしさいたたまれなさとか謎のプライドが勝ってて、真正から気持ちを聞けてなかったんじゃないか。そのあとも、ずっと気づかないふりしたり、向けられてる優しさも誤魔化してはぐらかしたり乱暴な言い方したり。

ずいぶん前のことだから今は付き合ってる人とか好きな人がいたかもしれない。そのあと、付き合っている人がいたのは聞いたし。

でもだからと言って切り捨てたり、気にかかるのをやめたりはしてなかったんじゃないかな。自意識過剰上等。

そう考えてみると、ほんと、実は甘えまくってるよな、としか思えない。

なにひとつ返せてないよ。そもそも返すつもりも、こんなことになるまでなかったけど。

なんかよかったところしか思い出せないのも癪にさわる。

べつに聖人君子でもなんでもなく、普通の生身のただの男の子だったのに。

もっとダメなとこ迷惑かけられたこと思い出すでしょ、ふつう、生きてる人間なら。美化してしまってるとしたら、もう会えないことを認めてるからなんじゃないのか。

恋愛的な意味で好きだったわけではないと思う。でも別に好きな人とか友人とかそういうカテゴリ以前に、君の場所にいれるのは君しかいなかった。しいて言うなら、めちゃくちゃしても最後まで味方してくれる戦友、感情表現が苦手な私が下手くそに甘えられる人、というか。本当、都合のいいことばっかり言ってて自分が嫌になるけど。

あーー生きててお互いもっといろいろあって、そんな過去ことなんてうわーそんなことあったよな、なんでそんなこと言ったかもはや思い出せないわとか言えるくらい風化してどうでもいいことになっててほしかった。むしろお前そんなん気にしてたのかよ、意識しすぎ、今俺めちゃめちゃ好きな人いるし、くらい上から目線で言われるくらいでよかった。

こうやって整理することですっきりなんかしたくない。穴を埋めたりなんかしたくない。

でも吐き出さないとこの複雑な気持ちごと忘れてしまいそうだ。ほんと、薄情な人間すぎるな。

ばーーーか。

早く帰ってこいよ。聞きたいこと話したいことたくさんあったのに。良い話なんかにしたくないんだこっちは。

2019-05-04

友人に風俗をすすめられた

もうすぐ37になるけど未だ処女

自己肯定感が低すぎるせいと言われたけど、性格に難があるのでこれは仕方ないと思っている。

自虐ネタとして使わない臓器には申し訳ないわーwwwと話していたら昔からの友人(既婚女性)に風俗をすすめられてしまった…。

その時はまあ普通に話してたんだけど、ご丁寧に解散LINEでそういうサービスURLまで送られてきちゃったよ。

本気でどうしても経験したいなら黙って行ってるよ…と思いながら調べてくれてありがとうとか返しちゃってる自分自己嫌悪

これが意外とショックだったみたいで胸にずーんと重い何かが沈んだように残っている。

GWももうすぐ終わるし早く忘れたいんでチラシの裏ということで書いた。

――早々にスマンの追記

友人は恋愛や人の性生活についての話をよくする人なのでそういう追求を終わらせようと発言したんだけど、爆笑してたから私が困っていると考えているとは思わなかった(行ったら絶対感想教えてねとも言われている)。

そうか、真剣に悩んでると思うならそうくるよなぁ…ありがとう

相談所すすめてくれた方もその他の方もありがとうございます。おっちゃんもありがとうやで。

――最後追記

一人に返事をしましたが後にも先にも行くつもりはないです。

2019-04-30

自分婚活遍歴を語る

現在33男性で、28歳のころから婚活を始めた。

GW時間があることと、少し落ち着くことがあったので、婚活遍歴を語りたい。

なお、特定を避けるために、ところどころフェイクを織り交ぜているし、昔のことで、だいぶ記憶あやふやなところがあるがご了承いただきたい。

現在スペック

男性

現在33歳(婚活開始時は27歳)

年収740万円(額面)

ルックスは悪くはないと思う(自称

身長171センチぐらい

20代後半までコミュ障婚活するまで彼女いたことなし。友人少なし。

風俗に行ったことあったのと、ピンサロで仲良くなった女の子プライベートで3か月ほど体の関係はあったので童貞ではないが付き合ったことはない)

なお、2年ほど前に名古屋から転勤して東京に来ており、活動地域による大きな成果の違いがあったのは有意義データーかと思う

個人的主観ではあり、さらに経年による婚活行動スキルレベルアップを差し引いてもなお有意な差があったと個人的には感じている)

名古屋時代(27歳~)

主な活動婚活パーティー、、街コンマッチングアプリ合コン

周りの同年代会社の同僚や知り合いがどんどん結婚していくことに焦りを感じて婚活を始める。

最初はとにかく合コンに行きまくった。とにかく知り合いに合コンに呼んでもらい、合コンつながりでさらに別の合コンに呼んでもらうという感じ。

といっても、これまで合コンなど行ったこともなく、どのように会話していいのかも全く分からず、全く会話に参加できず、空気で終わることもあり、

このころは本当につらい時間を過ごした。でもめげずに何回も何回もお金時間をどぶに捨て参加し続けた。

合コンのあとラインを送るのすら心臓がもげそうになっていたのは今から思えばほほえましい。しながらラインを送るも既読スルーが続いた。

運よくその後、食事に行っても飯をおごるだけで終了し、継続した関係にはなれなかった。

このころから婚活パーティー街コンにも参加し始める。

婚活パーティー街コンは1対1で短い時間に話し、マッチングを図るので、比較マッチングやすく、後日食事に行ったりも多々あったが、

コミュ力の低さが露呈してしまい、つまらない男認定され、音信不通になるのが常だった。

本当に辛く、自分はなんてダメ人間なんだろうかと家でよく泣いていた。

これは本当に悲しく、きつい時代だった。

本当は女性合コン食事になんかこれっぽっちも行きたくなかったが、自分にムチ打って、挑み続けた。

諦めが悪いのと不屈なのが自分の唯一のとりえである

何より、彼女というものが欲しかったし、結婚して一緒に人生を歩んでいけるパートナーが欲しかった。

合コン婚活パーティーも、何回やってもダメで、これを最後に、自分には革命的にセンスがないのだと、

彼女結婚も、もうあきらめよう、一人で生きていこうと決意した合コンで初めての彼女ができる。

当時自分28歳、彼女が一つ上の29歳。単純にすごく相性が良かったのか、コミュ障自分にしては会話が弾んだ。

4~5回ほど食事に行ったり、お出かけして、彼女の家に行ったときに付き合ってほしいと言って承諾を得た。

そして彼女に初めてキスをした。その後数回会って彼女の家でセックスをした。

このころは本当に幸せだった。休みの日に一緒に手をつなぎながら近所のスーパーに買い物に出かけ、

ご飯を作り、セックスをして、映画を見て、またセックスをして、一緒に抱き合いながら眠った。

生きていて本当によかった、あきらめなくて本当によかったと思った。

また、年上の彼女にいろいろなことを教えてもらった。デートプランニングやお店の選び方。男女が付き合うとはどういうことなのかといった事を。

彼女はすごく良い人で、本当に感謝してもしきれないぐらい自分を変えてくれた人だと思う。

一方でどうしようもなく金銭感覚が合わなかった。自分ケチだが、彼女結構すぐにお金を使う。

ブランドものの服や、数十万するバッグをポンと買ったりする。自分にはどうしても理解できなかったし、結婚したら家計は回るのかと不安がよぎった。

結局彼女とは些細なことでケンカし別れてしまった。きっとお互い、相いれないところが積もり、ケンカきっかけにはじけてしまったのだろう。

彼女と別れた後、再度婚活スタートする。

しかしながらなかなか厳しい戦いは続く。このころ同僚に教えてもらった、マッチングアプリなるものに手を出す。

自分がやったのは大手のPairs。婚活パーティーが一回5000円~8000円するのに対し、1か月4000円ぐらいというのは非常にリーズナブルに思えた。

顔写真をアップするのはどうしても抵抗があったが、実際に周りにこれで結婚した人もいたのでやってみることにした。

マッチングはするし、根気よくメッセージをやり取りすれば、実際に会うこともできる。

だが、将来のコミュ障・人見知りが顔を出し、暗黒時代に逆戻りしてしまう。

そもそも待ち合わせの初見の際にめちゃくちゃ緊張してしまい、第一印象が悪いのだ。

10人以上と会ったと思うが、付き合うことはなかった。

来る女の子はみんな普通女の子で、結構かわいい子も多かった。でもだめだっった。

そんな折、並行していっていた婚活パーティーマッチングした女性と何回か食事し、

4、5回あった後で、彼女の家でなぜ手を出してこないのかと怒られ、彼女の家でそのままセックスをして付き合うこととなった。

しか彼女とは3か月ほどで別れてしまう。彼女の気性が激しく彼女と会うのがすごくしんどくなったのが原因だ。

でも、気性の激しさを除けばほんとにいい子で、頼りない自分そばによく一緒にいてくれたものだと思う。

そして、再度婚活スタートマッチングアプリ大手OmiaiとPairsを併用。

ここでも修行スタートし、多くの女性と会い、ただ飯をおごる日々が続く。

自分主観ではPはマッチング数が少なく、Oのほうがマッチングやすいが、

会える確率はPのほうが高く、かわいい子はOのほうが多い印象。

このころ同僚と一緒に行ったハブバーナンパを知り、自分も手を出す。(名古屋では名駅前の大名古屋ビルジング横のハブナンパスポットになっている。)

といっても、最初はなかなか声をかけることができなかったが、毎週末に繰り出すたびに感覚がマヒしてきて、女性が入ってきたら自動的に声をかけられるようになる。

また、ここでの周りの男たちの会話を聞き、修行を積み、女性いかに楽しませるか、いい気持にさせるかといったスキルを体得する。

ラインを交換し、後日食事に行き、その日のうちにセックスをした。このころには、とりあえずセックスするのが目的と化しており、

当初の婚活趣旨からは大きく外れていたのだが気づく由もなく、ひたすら、マッチングアプリハブ等でナンパした女性と会い、

女性を楽しませて、いい雰囲気にし1回か2回目で、とりあえずセックスをするということを続けた。

さらに、ライト系のマッチングアプリtinderにも手を出し、初めて会ったその日にセックスをするという、今思えばどうしようもない事をしていた。

ただ、こういう関係は長続きしない。せいぜい数回会ってセックスをして、お互いなんか違うなって感じでフェードアウトするのが常だった。

でも、女の子食事に行き、いい感じで楽しませてセックスをしなければ関係を構築できず、ただの飯をおごるだけになってしまうので、懲りずに続けていた。


そして東京に転勤で移動し、東京婚活を続けることになる。

だんだん書くのがめんどくさくなってきたがもう少し続ける。

東京は、名古屋比較して本当に素晴らしかった。自分東京ではマッチングアプリと、合コンしか手を出していないが、

女性と次に会える確率が高いし、名古屋よりかわいい子も多い。反応も性格もよく変にスレてなく、食事に行ってもきっちり割り勘にしてくれることが多かった。

でも、懲りずにとりあえずセックスする出会いを繰り返した。みんないい女の子たちばかりだったが、せいぜい数か月で長くは続かなかった。

セックスしても相性がいいかは分からないのだ。

しかし、ここらで、30代にもなり俺は何をやってるんだと自己嫌悪に陥る。俺が欲しいのは彼女で、結婚パートナーではなかったのかと。

自分が今しているのは婚活ではなくセク活ではないかと。

そこで、とにかくセックスすることはやめる、女の子をちやほやするのはやめる、食事基本的に割り勘にするなどということを徹底した。

当初厳しい戦いが続いた。マッチングアプリメッセジーでも女の子に媚びることはやめたので、会える確立が、がた減りした。

それでも何人の女の子デートをし(セックスはしていない)、婚活を続けた。

そして今の彼女と、あるマッチングアプリ出会う。

一つ年下の女性で決して美人ではないが、すごく頭がよく、優しい女性だ。

最初カフェお茶をして、気づいたらあっという間に3時間過ぎており、お互いびっくりした。

その時、自分彼女をちやほやせず、自然体で臨んだのにも関わらずだ。

何回か食事をして、デートに行き、お付き合いをしてもらう承諾を得ることができた。

そしてさらに数回デートを重ね、セックスをした。

彼女と過ごす時間は素晴らしい。彼女自分と一緒にいることを楽しんでくれているようだ。

自分の悪いところも理解し受け入れてくれ、慈愛に満ち溢れている。

彼女は本当に素敵な人で、なぜ、こんな人が自分と一緒にいてくれるのかと、不思議に思う。

こんないい人に自分みたいなのが彼氏で本当にいいのかと不安になることも多い。

ただ、今は、時に身をゆだねたい。彼女結婚出来れば素晴らしいが、どうなるかは分からない。

もうすぐ付き合って1年になるが、結婚を打診する予定だ。うまく承諾を得られればいいのだが。

一連の婚活を通じて思ったのは、まじめな男性はやはり、婚活は厳しい戦いになるということだ。

まず、女性と会っても好かれないし、ぱっとしない男という烙印を押されてしまい、飯をおごらさせられるだけだ。

それに比べ、婚活ではなくセク活が目的な男はいくらでもスペックを盛れるし、嘘もつける。

女性をちやほやして、いい気分にさせ、セックスをする。

そりゃ、女の子だってぱっとしない男より、一緒にいて気持ちいのいい気分にさせてくれる男を選ぶだろう。

やはりセク活男性にはマッチングアプリは素晴らしいフィールドになっている。

でも、まじめな婚活男性あきらめないでほしい。きっとあなたちゃんと見て、理解してくれる女性絶対にいる。

現に自分は素晴らしい女性出会うことができた。

また、たくさんの女性と会ったが基本的によい子でかわいい子が多い。あとは相性だけの問題だ。

何かのきっかけさえあれば、とんとん拍子に関係は進んでいくと思う。自分に初めて彼女ができた時のように。

きっと、今、自分への自己嫌悪や自信喪失、耐えられないさみしさに陥り、女性不信になっている男性も多いと思う。

でも、きっとあなたを見てくれる人は絶対にいる。あきらめなければ彼女絶対にできるとは限らないが、

自分絶対あきらめなかったから変わることができたし、彼女ができた。

あなた婚活が上手くいき、素敵なパートナーを得ることができますように!


以下、個々の出会った女性の初回デート概要を連ねていく予定だが、気づいたら1時間もたっていたので、省くことにする。

気が向いたらもしかしたら追記するかもしれないが、たぶんしないと思う。

大学卒業ニートになって約1ヶ月経った

就職率95%を超える大学出て即ニートになった。

家に金を入れる取り決めになっているのでニートしてる場合じゃないんだけど、なし崩し的にニートになった。

就職できなかったのは、元々就職しようという意識ほとんどなかったのが一つ。就職したら今まで以上に自分のためだけに使える時間が減り、今も生きるのが辛いのにもっと辛くなると思っていた。そこまでして生きる意味が分からなかった。

そして就職活動を「会社奴隷になる権利を得るための努力」としか認識できなかったのが一つ。

最後に、申し訳程度にやった就職活動が全て書類段階で失敗に終わり何もかもどうでもよくなったのが原因だった。

前置き終わり。

ここからニート1ヶ月目の感想

……一瞬で1ヶ月が過ぎた。

起きて、飯食って、ネットサーフィンして、趣味曲作りやって、自分無能さに自己嫌悪して、何もかもに嫌気が差して寝る。それが約30回繰り返される。

ずっと大学生の春休みの延長線上。締まりのない日々。楽だけど虚無。でも楽。これ以上無いくらい楽。「楽」ってだけで何にも代えがたい。でも楽なだけで何にも楽しくなかった。自分を満足させることもできなかったし、誰にも必要とされなかったから。それは今も昔も変わらないけど。

肝心のやるべきこと、就職活動は1秒もしなかった。

できなかった。

本当はするつもりだった。

貯金が尽きるまでには収入源を確保しなきゃと思いながら1秒たりともバイト求人情報にすら触れなかった。

貯金があるうちはまだ大丈夫だろうという楽観的な気持ちもあったが、一番の原因は「自分就職している未来想像できなかった」から自分社会必要とされる未来などあり得ない。だから何もしたくなかった。このままではダメだ、何かしなければと思いながら。

心の底では自分人生好転させようという気がない。好転させられるなどとは微塵も思ってすらいない。ただ上辺で「ニートを脱するのが“正しい”からニートを脱さねば」と思っているだけ。周りの人間たちは頑張ってと言ってくれるがもはや自分人生などどうでもいい。この人生は失敗作になることが確定しているから。

たぶん貯金が減るにつれもっと辛くなっていくのだろう。でもさすがに貯金が無くなる頃には生命維持のために動くだろうと楽観視してる自分がいる。

とりあえず貯金が尽きたらフリーターになって、フリーター生活も辛くなったら死ねばいいやと思っている。

本当は音楽クリエイターにでもなってみたいか勉強はしているが、曲を上げても10再生がいいところなので無理か。やはり力こそ正義なんだと思う。私には力が無い。

この人生には未来がない。希望がない。

もうどこもかしこも行き止まりなんだからニートが一番いいんだ。楽に生きて楽に死のう。

2019-04-29

いま、過渡期に居ると感じる

時は平成31年4月28日

僕はうだつの上がらない大学院生をやっていた。

来月から新しい年号に変わるということで、この年のゴールデンウィーク10連休だった。

だけど、学会の準備と学振申請書書きでまるまるつぶれてしまった。

僕は自分の頭の悪さとか、研究の業績がぜんぜんないこととか、論文を読むのが苦痛なこととか

そういうことにうんざりしていた。いわば自己嫌悪のようなものだったのだろう。

自ら望んで、それが叶って入った分野だった。憧れに近かった。

でも、悲しいけどあまり向いていないということは早いうちにわかっていて、

だけどなんとか未練がましくしがみついているという状態だった。

僕はこの先、自分がどう振舞えばいいのかわからずにいた。

いいのか、というか、どの道を選べば(そもそも道なんてあるのか?)納得できるのかが皆目見当がつかなかった。

また、この頃はたぶん見込みのない恋もしていた。

1年近くずっと片思いをしていて、すごく苦しかった。

相手大学関係者だったので(教員ではない)、万が一内気な僕が何かしらの行動を起こす勇気を振り絞ったとして、きっと困らせるだけだと思った。

僕がその人に気に入ってもらえるかは別にして、道徳的な人のように思えたので、いずれにせよ気持ちを受け入れてはもらえないだろうという気がした。

その人のことをどうして好きになったのか、はっきりとした理由はよくわからなかった。やさしかたからかもしれない。

僕には友人がほとんどいなくて、おまけに親元も離れていたので

特にこの時期は研究室の人と、その人と、バイト先の人くらいしか接触の機会がある人間がいなかったから、寂しかったのかもしれない。

勘違いかもしれないけど、この頃から必要最低限の会話に加えて雑談みたいのもするようになって、あとハンカチを貸してくれたりして

少し距離が近くなったように思えていた。

からこそ、状況としては見込みがないのに、勘違いして期待のようなものをしてしまって、余計に苦しかった。


研究をやめるかやめないか

その人に思いを伝えるかやめるか

僕はその選択をする分岐点に立っていた。




きっと、何ヶ月か何年か経った後に、こんな風に思い返している気がする。

僕には、今までに何度か

この先の未来で、選択に失敗した僕が、戻りたいと切実に思っている「あの頃」というのがいまの僕がいる時間だ、と感じることが幾度かあった。

その度に必死に考え、多少の後悔はあっても、僕のできる最善をつくして行動してきた。

その時期が、また訪れたような気がしている。

増田に書くというのも選択ひとつだ。

誰かが見てくれるとは限らないけど。

あなたが僕なら、今どういう選択しますか?教えてくれたらとても嬉しいです。

2019-04-24

anond:20190424183727

まり自分から何かを話したり行動するよりも相手の受けだとか印象の良さを気にしていてセーブしてる気がする。増田自分からアプローチするよりも受けのポジションのほうが周りの反応が良くてそれが正しいことなんだと思ってるんじゃないかな。自分から何か発言することに勇気をもって相手否定されようが叩かれようが少しずつでいいかキャラを前に出すと良いと思う。その過程でショックを受けることがあり自己嫌悪すると思うんだけど通過儀礼だと思って頑張ってみると良いんじゃないかな。無理にやる必要はない。

anond:20190424133109

から素朴な疑問なんだけど

女とヤルのが男の自己肯定感につながるという話が一応正しいとして、

その自己肯定感を得るために一緒に飲みに行ったときにグラスに薬盛るとか、騙して部屋に連れ込んで監禁状態にしてヤらせるまで帰さないとか

自分職権濫用して就職とかクビとかを盾にして性的関係を迫るとか

そういうことしてヤっても自己肯定感て得られるものなんかいな?

自分だったら自己嫌悪でむしろ肯定感下がるわ。

2019-04-21

アルジャーノンに花束を」の続きが読みたい

ズルいよね。

一番きれいな所で終わってさ。

あのあとアルジャーノンは障害者施設でもがいてもがいて周りの人に迷惑をかけまくって、キレまくって、自己嫌悪を起こす知能すら無くなって、最後には何も分からなくなってヘラヘラ笑いながら脳が壊れて死んでいくんだよね。

それを描かないで終わるなんてズルいよね。

物語主人公であるという特権を振り回して、人生の一番激しくて美しかった部分だけを写してもらって舞台裏に消えていく。

その後声をかけてもカーテンコールに出てくるのは、惨めにクソをたれながらそれをゴリラみたいに投げつけて回る狂人じゃなくて、爽やかな笑顔青年だけ。

ズルいよ。

自分が嫌いという話

人の事を直ぐに自分のこと嫌いなのかなって思い込む自分が嫌い。

自分意見肯定的でないだけで、少しでも冷たいと思うだけで「もしかしたら私の事が嫌いなのかもしれない」と思ってしまう。

何度も会話をしているし、一緒に遊ぶ仲であるはずなのにそう思ってしまうのは、自分の変に疑い深く、思い込みの激しい醜い所が何年経っても直らないし、今後も直ることがないかであると思う。

普通に考えたら、そんなわざわざ嫌いだと思っている人間が居る場所に行くはずはないのである。わざわざそんな事をする人間はこの世界の極わずかな人間だけであろう。

だが、そんなことを分かってるつもりでも、私が言葉が強く言えず、何を言っても言い返さないかストレスのはけ口になっているからわざわざ来ていると考えてしまう。

結局自分環境が生きるのに向いていないのではなく、自分性格がこの世界から生きづらくしているのだ。

こんな性格自分が大嫌いだし何故生きているのだろうと自己嫌悪になることもしょっちゅうある。

人に優しい人だと思われているのも、結局人の機嫌ばかり伺って言葉を選んで、嫌われないように振舞っているだけだ。本当に好きな人にだけそうすればいいのに嫌われる人数が増えれば好きな人すら自分の事を嫌いになるのではないかと怖くなるから嫌だと思うことも嫌だと言えず、溜まりに溜まって自己嫌悪になるのだ。

こんな自分が嫌いで仕方ない

素朴な男女差についての疑問

私は女側だからそっちの意見なんだけど。

すごく嫌なことがあった時とか、飲みすぎて調子に乗った時とかそれまで全く恋愛対象でもなかったし全然好きでもない、むしろ軽蔑するレベルの男とセックスしちゃった経験がある。

そういう時、翌日とか自己嫌悪文字通り喉をかきむしりたくなるほど嫌で嫌でしょうがなくて、そいつに触れられた所とかもぎとってしまいたいくらいに気持ち悪くなった。

でも男の友達かにそういう「勢いで全然恋愛対象外じゃない、下に見てた女とやった」経験について話を聞くと別に嫌な記憶になってないみたい。

しろ簡単にやれてラッキーだった」くらいにしか思ってなかったりする。

女っていうか私の感覚だと、自分的にありえないレベルの男と寝たあとって自分価値が下がったように感じるんだけど、男はそうじゃないんだね。

不思議

2019-04-20

ネットの友人関係恋愛沙汰をキッカケに終わった話

なかなか精神的に来るものがあったので,誰かに向けて記す.

この記事で学ぶことができること

---

2015年夏,任天堂からスプラトゥーンというゲームが発売された.

不幸にも周りにやっている人が誰もいなかったので,ゲーム専用のTwitterアカウントを立ち上げ,片っ端に見知らぬ人をフォローしまくった.

さらには,協力プレイモードであるタッグマッチ」の募集ツイートFFから突撃するパワープレイを繰り返した.

TPSであるスプラトゥーン通話を求められることが多いのだが,当時は研究生活でヘトヘトだったこともあり通話など微塵もする気が起きなかった.

何故か女性勘違いされ,男子高校生から発情されたこともあった.その性欲に使うエネルギーセンター試験で発散しろ

タッグマッチで遊ぶ過程で,佐藤(20代女性 仮名)という人物と知り合った.

佐藤は誰とでも仲良くなることができる類まれな才能を備えており,気がつけば佐藤を中心としたコミュニティが出来上がっていた.

なし崩し的に私は佐藤コミュニティに入ることになった.

結果として,ただスプラトゥーンをするだけの友人関係が3年ほど続いた.そのままであればよかった.

ある日,佐藤オフ会企画した.

オフ会とは,あえて現実飲み会やらカラオケやらをして結束を高めましょいという会である

オフパコ(説明略)の怖さは2chで痛いほど見てきたので,私はあまり乗り気でなかった.

しかし,オフ会を終えても何食わぬ様子でTwitterスプラトゥーンで遊んでいた彼らを見て,「ああ,これはそういう汚いコミュニティじゃないんだな」という感想を抱いた.

さらに「1回くらいならオフ会に参加してもいいか」と甘えたことを考えてしまった.

気がつけば私はオフ会に参加していた.何ならノリノリだった.

バックグラウンドが異なる人の話を聞くことは刺激的でしょうがなかった.

当時はなんだかんだで幸せだった.

何度かオフ会に参加している中で,佐藤親友である小野寺(20代女性 仮名)と出会った.一目惚れだった.

恋愛事情でここまで続いたコミュニティをゴタゴタさせたくなかった私は慎重に動いた.

ちんちんに正直に動くのはだめだとインターネットにも書いてあった.インターネットに書いてあることは絶対なんだ.

良い年ながら未だに女性デートしたことがなかった私は共通の知人である田中相談することにした.

結果として,田中の助力の甲斐もあり,2019年1月に2人でデートすることになった.心底喜んだ.

当日,「手を繋いでもいいか」と童貞レベル340万の発言をした私に対して,「最近まで彼氏いたんだよね.まあいいか」と小野寺はノリノリな反応を返してくれた.

不慣れなヘアセットを頑張って良かった.

映画を観たりボドゲをしたりと心底デートを楽しみ,さあ帰るかというところで小野寺はとんでもないことを抜かした.

ハグする?」

童貞レベル954万の私はテンパった.脳内童貞緊急対策サミットが開催された.

審議の結果,「ここで行かなきゃ一生童貞だし,行けるところまでは行っとけ」という案が可決された.

ハグした.なんかすごかった.

複数共通の知人に相談すると「やるやんけ」と褒め称えられた.これはコミュニティ公認なのか!?と喜んだ.

翌週も仕事終わりに小野寺デートすることとなった.

流れでラブホテルに行った.

直接的な行為には至らなかったが,一晩中ハグなりキスなりをした.ファーストキスだった.

その類の行為の一貫として,小野寺は耳を舐めてきた.慣れ過ぎか?なんだそのプレイ

その翌週,翌々週もデートハグがワンセットになり幸せに満ち溢れていた.

デートの一環として,一緒に私の新居を見に行くと,向こうから同棲来年ね」と満更でもないことを言ってきて,「ああ僕はこの人と結婚するのか」と考えていた.

内見デート中に「この前元彼食事行った」などというやばい発言をしていたことも水に流した.

小野寺は2/14が誕生日であったため,バレンタインデーも兼ねてデートをしようという約束をした.

ここまでは幸せだった.

その翌週である2019年2月第1週目から小野寺Twitterは荒れ始めた.

共通フォロワーである八木(20代男性 仮名)に執拗発情するツイートが増え,自分性癖をひけらかすツイートが増えた.

さらには,小野寺会社に新しく入ってきた後輩(20代男性)に関するツイートが極端に増えた.

共通コミュニティメンバーは後輩に関するツイートに「いいね」を押しまくっていた.

小野寺は,誕生日の前日にも後輩からプレゼントをもらったことを自慢し,後輩にチョコをあげた旨の発言をしていた.

一定数のメンバーは当然のように「いいね」を押していた.

私はすべてに対して疑心暗鬼になった.

疑心暗鬼のまま2/14を迎えた私は最大限できるかぎりのもてなしをした(計4万くらい).

プレゼント出会う前に小野寺が高くて買えないと言っていたgelato piqueのナイトウェアに丁寧にラッピングをほどこした.

食事サプライズを用意して,相手の好きな食べ物で固めた.

食事の後も遊ぶぞ!とボードゲームバーの予約を入れた.

ディナー中,後輩にチョコを渡したことプレゼントをもらったことを改めて自慢された.

私があげたプレゼントはその場でラッピングを剥がされ,「まあいいじゃん」という査定が下った.

さらには「翌日用事があるのでご飯食べたら帰るね」とのたまった.

チョコはもらえなかった.

バーキャンセルした.

真剣に付き合っていてバレンタインデーチョコを渡しそびれることってあるのか?

3週間前に約束した誕生日かつバレンタインデーの平日デートを早々に切り上げて休日にやることって何だ?

うそれは一つしかないのではないか

翌日,小野寺は他の誰かと一緒に遊んだツイートを垂れ流していた.

コミュニティメンバーは当然狂ったようにいいねを押していた.

泣いた.

疑心暗鬼が極まった私は,病みツイートをするようになった.いっつも疑心暗鬼になってんな僕.

浮気疑念が捨てきれず自己嫌悪が極まったためにTwitterアカウント一時的に削除し、LINE上で小野寺と絡むようにした.

いよいよ小野寺は私を切り捨てに来た.

2月3月は予定があるとデートの申し込みは平日休日ともに全て断られた.

真剣に付き合ってたら、断るなら何で断るか言わないか

ふとアカウントを戻してみると、「あなたはめんどくさいです」というメッセージが送られてきた.

見ていなかった小野寺過去ツイートを見ると,私に対する愚痴で溢れていた.

その後小野寺はひたすらTwitter上では私を無視し,代わりに誰とも知らない男に対するツイートが増えた.

病みツイートしたことについて謝ってみると、「やっぱり君のことは恋愛対象とは見なせないから,これからは友人でよろしく」といったメッセージをよこしてきた.

女はこんな簡単同棲話をなしにできるのか?「やっぱり」って何だ?

女は恋愛対象じゃないやつの耳を舐めて,ファーストキスを奪うのか?好きでもない人間ラブホテルに行くのか?

というかお前が原因で病みツイートしたのに,何でそんな上からなの?

諦めきれなかった、というか納得できなかった私は,直接会って話がしたいとメッセージを投げた.

最後に会った日のことはあまり覚えていない.渋谷で鉛のようなハンバーグを食べた気がする.

「君に萎えた.もう二度と会うことはないと思う」と言われたことだけは覚えている.

私は何も話すことができなかった.

向こうは私と話す価値がないと判断したのか、何も言わずに30分ほどスマホで何かを見ていた.

誕生日に渡したプレゼントは返そうとしてきた.

気がつけば,フォローを外していた.

呆然としたまま家に帰ってツイッターを開くと、コミュニティメンバーが仲良さ気に小野寺と遊んでいるスクリーンショットをアップしていた.

こんな別れ話をしておいて遊ぶ気って起きるものなのか?それってコミュニティメンバーに別れの相談してたってことじゃないか

キモい童貞捨てて良かったねパーティでもやってた?楽しそうじゃん.僕も入れてよ.

ちなみに初デートからここまで2ヶ月ないです(最後に会ったのが2019年3月第2週目).遊びで捨てる気はなから満々やんけ.

ちなみにちなみに小野寺の言い分だと僕とは恋人関係に無かったそうです.

手繋いでデートして,ハグして,ラブホで耳舐めて,一緒に家の内見行く人は恋人ではないらしいです.

何?恋人ってどうやったら成立する関係なの?小指切り落とすとかそういう古典求めてないけど?

こんなに早く捨てるなら最初からハグを促す発言をしないでくれ.童貞にはそれが本気かどうかわからない.

小野寺関係が切れた後,コミュニティメンバーは嬉々として小野寺性癖を垂れ流してきた.

小野寺の呟きに対して言及したのだろう.

小野寺自分わずかにでも非があると思っていたら,このような案件の直後に自分性癖など呟かないだろう.

またコミュニティメンバーも,小野寺に非があると考えていたら小野寺発言肯定的な態度を取らないだろう.

コミュニティメンバー全員が事情を把握していたとは考えていないが,一定数のメンバーに面と向かってデートしていたことを指摘されたこともあった.

数は多くないにせよ,事情を察した上で小野寺発情ツイート容認していたメンバーがいたと考えて間違いない.

彼らの態度が「私に全ての非があった」と間接的に結論づけるものであるしか考えられなかった.

私は女性不信に,そして人間不信になった.

女性は無条件にフォローを外した.小野寺の囲いも無条件に外した.

小野寺の囲いに関しては生理的嫌悪感がひどかった.

60人ほど居たフォロワーは気がつけば15人程度になっていた.囲い多すぎん?

残った15人のうちの1人である,3年ほどの付き合いの友人からは「コミュニティ迷惑をかけた君とはもう遊ぶことができない」と言われ、縁が切れた.

泣いた.

フォローを外すだけで迷惑をかけることになるのか?この程度の関係の人と3年間僕は遊んでいたのか?

気がつけばネット友達をすべて失った.

誰が悪いとか悪くないとかはもうどうでもいい.

僕は好きな人(友人,恋人どちらも指す)とたまにボードゲームをして、たまにゲームをする日常が欲しかっただけなんだ.

童貞をもてあそんだ小野寺は未だに囲いと界隈を闊歩している。

もてあそばれた私は深夜一人で誰が見るわけでもない日記を書いている。

僕が全て悪かったのか?

小野寺浮気をしていたのかは定かではないが,他の複数の男に対する発情ツイート散見されたのは客観的事実である

それに対して一定数の囲いが小野寺行為に対して肯定的な態度を取ったこともまた客観的事実である

僕はそれに何も言わず耐えなければいけなかったのか?

小野寺に関するツイートをひたすら呟くような人間を受け入れていれば、このような事態にはならなかったのか?

そうした場合、僕の精神はどれだけ擦り切れていたのか?

もう何もわからない.

ということで,ネットの友人関係フォロー一つで外れるほど脆いものであるし,性欲が異常に強い女は危険だなってことがよくわかる小噺でした.

あと,どのコミュニティでも権力があるのは、コミュニティ発起人と距離が近い人物だということもわかりました.

コミュ障ブサイク脇役の意見は誰も聞き入れません.残念ながらこれが現実です.

この記事最後まで読むような暇人は,コミュニティ単位友達を作るのではなく,一人一人と大切に付き合うようにしてください.

僕はこれから現実友達とだけ遊ぶようにします.

(追記)

事情を知った5,6人ばかりの友人が変わらずコンタクトを取ってくれた.

3年間築き上げた人間関係無駄ではなかったんだと,救われた.

数は決して多くはないが,この繋がりは大事にしていきたい.

(さら追記)

コミュニティを抜けた後日,前述の5, 6人ばかりの友人の内1人からコミュニティ内で私に対してストーカー嫌疑がかかっているという噂を聞いた.

流石に看過できないと思い,以前仲良くしていた何人かの知人に事情説明した.

結果として大部分の人間から理解が得られ,ストーカー疑惑は晴れた.

それでも私自身に拒絶感を示してくる人間が居た.

私と彼女との関係を知りながらも,彼女浮気公言を「いいね」という形で容認し,さらに別れ話当日に彼女通話を行っていた正岡(仮名 20代女性)だ.

私は正岡こそがストーカー嫌疑を吹聴した人物なのではないかと疑ったが,本人は違うと主張していた.

正岡からは,自分は「いいね」と通話を楽しんでいただけだという開き直りを受けた.

さらに,現実で何度遊んだとしても,またそこにどのような理由があったにせよ,ブロック解除という行為に至った私のことが許せないようだった.

実際,ブロック解除に関しては私の精神性が起因したものであるため正岡を咎める筋はないが,SNS上の一機能でそのように受け取られたことは衝撃的だった.

また,正岡は今回の事態すべてを知らない様子だったが,私と小野寺関係自体理解していた.

その上で自分SNS上の行為に非がないと主張し,ブロック解除をした私を批判するというのはお門違いなのではないかと思った.

正岡はコミュニティを自ら去った私がわざわざ話を伝えに来たことを見苦しく感じているようだった.

かに見苦しいことには間違いない.

ただ,私は小野寺に勤務先,住所,本名をすべて知られており,虚言の吹聴は看過できなかった.

また,一時期仲良くしていた人物に対しての説明責任を果たしたかった.

この態度自体を好ましく思われないというのなら,私が大切に思っていた人間関係価値はなかったのだなと悲しみを覚えた.

コメント欄でも述べられているように私の視野は狭い.

いい年をして,自分客観視することができていない.

この問題小野寺にせよ正岡にせよ同じである

登場人物のすべてが自分客観視できていれば,このような事態には陥らなかった.

また事情を伝えた自称童貞の知人からは「美人なんてそんなもん.僕がそれを聞いて小野寺との関わりを変えるつもりはない」という意見ももらった.

かに誰が小野寺と仲良くしようが,それは私が口出しする筋合いはない.

この件でショックだったのは,私の恋愛観と自称童貞の知人の恋愛観にギャップがあったことだ.

彼に限らず,クリスマスイブリア充爆発しろと叫ぶコミュニティメンバー日常にはこうした事態が溢れていたのだなと,結果的健全だと思い込んでいたコミュニティが当初から危惧していた不純なコミュニティと変わらないのだと,気がついてしまった.

そして,それを知らなかったのは子どもの私だけだったのだなと悲しくなった.

私と連絡を取ってくれる他の知人についても,小野寺との関わりを変えるつもりはないということだった.何なら,現実徹夜遊んだこともあったとのことだった.

やはり,こうした痴情が日常的に溢れているのだろう.

繰り返しになるが,誰が誰と遊ぼうと自由であるというスタンスを変えるつもりはない.

ただ,彼らの態度に生理的嫌悪感を抱いていないというと嘘になる.

私は,彼らとの繋がりを絶った.

最後になるが,ストーカー云々の虚言を信じ,吹聴した人物コミュニティ内に存在することは事実である

犯罪者扱いをされているコミュニティにはもう戻る価値もないだろう.

居心地が良いと思い込んでいたコミュニティにおいて、僕はただのゲーム相手というアイコンに過ぎず、そこに友人関係はなかった。

ただただ救いがない一件だった.

得られたものは,何もなかった.

ほんとうにおわり.

2019-04-19

三年前は自分のことが嫌いすぎて「自己嫌悪する人間はそれだけ自己愛が強いんですよ^^」という意見のすべてにうるせえ!!!アイスピックで刺すから!!!と思っていましたが、今、自分のことが大好きでしかたない

2019-04-17

日本人幸福度を上げる簡単方法としてのPTA

何かの施策を行う場合メリットデメリットがあるよね。

PTAが無くなったらめちゃくちゃ嬉しいっ!幸せっ!

こう思う人かなりいると思うんだけど、PTAを無くしてもデメリットってあんまり無いよね。

少なくともPTAが無くなることで得られる幸福度の総和に比べたら微々たるものだと思う。

政治家がやることでは無いかもだけど、

PTAを無くします!」

ってのを公約一丁目一番地に掲げる政党がもしあったら、

主婦からは絶大な支持を得られるんじゃないかと思う。

っていうか役員決めとか人生の中でも結構憂鬱イベント

自己嫌悪に陥るから受験とかより全然辛いわ。

はー、PTAさえ無ければ人生もっと幸せで、生きやすいのに。

現代PTA無理ゲー感はなんなのよ。

2019-04-16

anond:20190416223856

現状申し訳なさと自己嫌悪しかないんだけど、これって怒るべきことなんだろうか?すまん、視野が狭くなっている自覚がある。全然怒るポイントわからん

ガイジに生まれ

ADHDで軽度のアスペとしてこの世に生を受けた私

A型事業所に通い 疲れて帰ってくる日々 趣味イラストもやる気が起きなくなった

毎日隙間の時間に本を読んだり 事業所職員からアドバイスを聞いたり

病院先生相談してすこしでもまともになれるよう努力はしているつもり 実際はどうなってるか判断出来ない

まともになれる様に努力をしなくなったら 発達障害者として終わりだと思ってる 薬だけじゃコントロール出来ないのはわかっている

とりあえず今の目標感情コントロール

_

母は常日頃嫌味を言ってくる「デブ」「ニキビ面」「サンドバッグにしてやる」等

そして母と喧嘩する度に「お前なんか産まなきゃ良かった」「お前が嫌いだ」「お前に積年の恨みがある」と言われ

暴力 殴る蹴る 物で叩く ひどい時は首を絞められる

それでもある程度発達障害理解があるようで 一緒に病院に行ってくれる 薬代も出してくれる 苦手な金銭管理もしてくれる

母と付き合っていると 娘として扱われているのかいないのか混乱してくる

_

父は帰って晩御飯と酒を飲んですぐに寝る 晩御飯中に余計な口出ししようものなら逆ギレ

暴力包丁で脅し 更に金の事を出して「お前は家族が養えるのか」と脅してくる

A型事業所給料じゃ無理です わかってて言ってくるんだろうなあ

発達障害に対しては理解出来ないみたい 父とは出来るだけ顔を合わせたくない

_

弟は普通の人 本当に普通の人

友達もいるし 部活もやってるし 勉強もできるし 私と違って母や父もほぼ普通に接している

でも恨んではいない オタクなので話が合うし 一緒にいると楽しい たまに嫌味やプライベート侵入してくるけど

_

話は変わるが匿名掲示板を見ていると 荒らしに対して「ガイジ」という言葉を使うのをよく見る

「せいしんしょう(がいし)ゃ」なんだろうなと思う なので私は匿名掲示板には書き込まないようにしている

見るだけならガイジでも迷惑からいから 書き込むからそう言われる

_

当事者からして「ガイジ」と言う言葉を使う事に対しては反感は無い

実際ネチケットが出来ない人には生まれ持ってか 後発かに限らず心の障害者が多いんだろうなと思う

心の障害者会社でも 家の中でも インターネットの中でも嫌われる存在だと思う というか社会必要ないのに居る存在

から会社や家の中では治す努力をするべきだと思うし 最低限素直に「ごめんなさい」「ありがとう」「気をつけます」を言えるようになるべきだと思う

そしてインターネットは見る専に留めるべきだと思う 書き込むとボロが出て荒らし扱いされたり最悪炎上する

_

そしてそんな普通人達を見て羨ましいのは「人権がある」という事

コミュニケーションが出来る 空気が読める 社交辞令が出来る 相手立場になって考えられる 人としてあって当たり前の能力

私には人権がない 能力自体はあるけどパラメーターが普通の人の基準に満たない低さだ

からパラメーターを必死に上げている いつか人権を得られるようにように せめて社会ではまともに見られるように

でもなかなか上がらない ここがつらい パラメーターが上がるペースが遅い 焦る その度に自己嫌悪する

もうお酒も飲める年齢なのに出来ることは年齢以下 ギャップがつらい 普通の人が羨ましい

_

とりあえず今の私に出来るのは努力だけだ

自殺する勇気も無いし どのみち老い死ぬ それまでの間出来ることを増やしていかないといけない

母や父はいつまでも生きてはいない いずれ死に 1人で生きていかなければいけない時が来る

成長の速度が遅くても これしか道はない 焦っても得はないのは私自身がわかっているはず

_

ガイジなので書き込むか迷ったけれど 書いて気持ちをまとめることが出来た ここまで読んでくれてありがとう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん