「ボイン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ボインとは

2017-08-22

横浜ポケモンイベントが楽しかった話

ちょっと時間経っちゃったけど、楽しかたから書く。


ちょっと前に横浜で開催されていたポケモンイベントで、嫁と遊んできた。

たまたま関東に行く用事があったのでそのついでではあったが、行ってよかった。

最終日でしかも雨、ということで人が少なくて遊びやすいんじゃないかなぁと期待してたが完全に目論見がはずれてしまった。

というのも、僕が降り立ったみなとみらい駅は僕らが住んでいる田舎の駅とは違って、どこを見渡してもスマホ片手の人でごった返していた。

ピカチュウサンバイザーをつけた子どもたちやその両親、50代くらいの夫婦ポケモンガチ勢的な感じの人まで本当に沢山いた。

まさにポケモンお祭りだった。老若男女、大人子供も、みんなポケモンで楽しそうに遊んでいた。

僕らも駅に降りた後すぐに、それまで捕まえたことのなかったミルタンクをゲットして、二人でやったーと喜んでいた。


嫁も僕も、昨年ポケモンGOが始まって以来、ずっと遊んでいる。僕らは初代ポケモン小学生の頃に流行した世代である

僕は、ポケモンGOが始まった昨年夏ごろは、ポケモンGOで遊ぶのは僕らや下の世代だろうと思っていた。

ところがポケモンGOスタートして1年、僕らや下の世代だけでなく、上の世代の人たちも(もしかしたら僕らよりもよっぽど)遊んで、楽しんでいる。

今回のお祭りは、みんなが楽しんでいる様子がまさに自分の目の前に広がっていて、お祭りが終わった後の帰りの電車で、みんなが楽しんでいる空気、それそのものが楽しかったなぁとぼんやり考えていた。


ポケモンGOは、それぞれの楽しみ方でみんなが楽しめて、かつ同じ空気を共有できる不思議ゲームだなと思う。

嫁や僕は、どこかに出かける時にポケストップクルクルしたり、コダックを捕まえたり、たまにレイドバトルをするだけなのだがそれがなんとなく楽しいのだ。

捕まえたバリヤードタップして、手をクルクルする動きをみて笑ったり。フシギダネタップすると上の球根みたいなやつがボイン!とするのも楽しい

きっとジムに沢山自分ポケモンを置いたり、レイドバトルで一番になることを目指して楽しんでいる人もいるだろう。

みんなが楽しい。それがいい。


とにかく、とりとめのない話になってしまったが、ポケモンという、僕らが子供の頃夢中になりすぎて親に怒られてしまったこともあるくらいの思い出のゲームが、形を変えて今や僕らの親世代も楽しませている、そのことで(別に僕はまったく何も関わってないただのイベント参加者だけれど)なぜか嬉しくなってしまったのでこの文を書いてみた。

またイベントがあれば、参加したいな。

2017-08-05

これ系のアニメ総称って有るの?

具体的な作品名を挙げると今期でいえばバトルガールハイスクールひなろじ。この二つがあまりにも似てて混乱した。

過去にも遡るとこれだけ同系統作品がある。多少の違いあるがなんとなく分かると思う

スクールガールストライカーズ Animation Channel

刀剣乱舞 -花丸-(性別が逆転しているがやってる事は変わらない)

ブレイブウィッチーズストライクウィッチーズ

アンジュ・ヴィエルジュ

艦隊これくしょん -艦これ-

結城友奈は勇者である

超次元ゲイム ネプテューヌ

ファンタジスタドール

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

ビビッドレッド・オペレーション

閃乱カグラ

魔法少女物をルーツとした戦う女の子系+日常系個性を付けるためにミリタリーセクシー要素を足した感じかな

2017-07-15

https://anond.hatelabo.jp/20170715141817

これだけ暑いと腰蓑で生きたい気もするが文化的に隠す文化から恥ずかしいで

男の人は恥ずかしくないのに何で隠すのかな

男が皆おっぱい出すやろボインをピクピク出来るマッチョがもてるやろ、マッチョ増えるやん

2017-07-09

女性には男性男性器で呼ぶ習慣があまりない

女性のことを、ま~ん(笑)とか、まんさんとか、貴重なま○ことか、表現されているのを見るたびに、男性には女性女性器に見えてんだな…意思とか人格は誤差なんだな…って薄目で見ていたのですが、ふとこれってすごく面白いなあと思ってしまった。

女性には男性男性器で呼ぶ習慣があまりないんですよ。

黒子のバスケ脅迫状を送った喪服の死神とか、最初腐女子内ゲバと言われてましたけども、脅迫文の中に「腐れマ○コ」という単語が使われていて、あ、これ書いたの男の人だなって思いましたし。

男性に対する単なる蔑称ならジャップオスとかクソオスなどがありますが(それだって頻繁に使うのはむしろミソジニー男性な気がする。「男だって差別されてる!まんさんだってジャップオスとか呼んでんだろ!!」という文脈で)、オスは性別のもののことだし、ジャップメスとかクソメスとか呼ばれてもあら対照的…って思うだけなのですが、なぜ男性身体の部位にすぎない女性器をもって女性全体を表現するんでしょう。

男女差をわかりやす表現するために最も違いがあるところだから、と言われても違和感があるんですよ。だって例えばおっぱい女性全体を表現する言葉あります巨乳女性表現する言葉にはありますが。おっぱいちゃんとか。ボインさんとか。

そもそも男性って男性器にやたら人格を持たせたがりますよね。分身、息子と呼ぶ人も多いですし。それは時折自分意思に反することがあるからなんでしょうか。性器支配されていると感じるからなのでしょうか。

これが女性視点で見るとすごく不思議で、女性器なんて本当に身体の部位としか感じていないものですから女性器を分身と感じることも娘と呼ぶこともありません。手足や内蔵と変わらないんですよね。立ち位置が。自分意思に反して月に1週間ほど血が出るのに。

それとも、男性女性であれば=ま○こがあれば誰でもいいという時期があるので、本当にま○こ以外の意思人格が誤差に感じるのでしょうか。一般的女性には、ち○こがあれば誰でもいいって時期はありませんから、ち○こはそこまで重要視しないです。

その性器に対する感覚の違いが、蔑称にも現れてるんだなあと思うと興味深いと感じるのです。

2017-07-04

ボインじゃないけどEカップ

あぁ!お客様Eカップですよ。やっぱり」

初めて入ったワコールの試着室。店員さんに驚愕事実を聞かされてから、はや二週間。

私の胸はAカップからEカップになった。

比較的ほっそりした身体の両親の血を引き、私もどちらかというと細身の体型で育った。

母はずっとAカップブラジャーを付けていた。そんな母に「あんたもその感じじゃAカップだね、かわいそうにねぇ」なんてからかわれながら宣告されたのは高校生とき

もともとお洒落にとても無頓着だったこともあり、特に悲しんだこともないし喜んだこともない。まぁ、こんな体型だし、胸は全くないことはないし、Aってこんなもんかなと思って生きてきた。

私は傍目から見ても普通にさな胸の持ち主だと思う。歩いてもボインボインと揺れないし、斜めがけバッグの紐が身体の中心にきても、恥ずかしいと思ったことはなかった。

ブラジャーとは胸の大きな人が付けるもの、という固定概念があったので、ブラジャーのつけ心地に違和感があることは自然ことなんだと思っていた。

私は普段A65の、1番狭いところでホックを留めていたが、カップから飛び出る乳房に対し何も思ったことはなかった。

ブラジャーを付けるとみんなこんな風にカップから乳房が出ると思っていたし、時間が経つと乳房の上半分がカップから溢れて乳首が出てしまって、トイレの個室で時々修正することも、恥ずかしいからみんな言わないだけで、していると思っていた。

あの母の宣告から10年が経った。普段私にあまりワガママを言わない夫が「もう少しお洒落ブラジャーを付けて」と言ってきたので、二週間前、初めて天下のワコールに足を踏み入れた。

店員さんは私の状態を一目見るなり、サッと試着室から出て行った。なんだなんだと待っていると、見覚えのない大きさのブラジャーを持ってきた。「お客様こちら一度お試し頂けますか?」。タグを見るとD65。え?デーカップ??

結局、きちんとメジャーで測ってもらい、私の正確なブラジャーサイズはE65だと判明した。

Eカップブラジャーを付け始めて二週間。上半身がとても楽になったし、カップから乳房が出てくることがなくなった。押さえつけられる感覚もなくなり、ワイヤーの痕も強く残らなくなった。

私がもっと早く胸の知識を得ていたら、もっと早く楽になれていた筈だ。

Eカップというのは、歩くと揺れるようなボインボインの胸だと勝手に思い込んでいた。がボインボインじゃなくてもEカップに該当する人間はいるのだ。

細身で自分貧乳だと思っているけど、何故かブラジャーがすぐダメになったり、乳房がカップから出てしまう人は、是非プロに測って頂くことをお勧めしたい。

今まで知らなかった楽さを体感できる筈だ。

2017-05-31

昭和ボイン

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/kagamihiroyuki/n/nea42d0f58c16

大橋巨泉朝丘雪路ボインちゃんって言った頃には日本マスメディア的には巨乳信仰だったと思うけどなー。かとうれいこ松坂季実子以降ってのはいくらなんでも…。

朝丘雪路巨乳タレントのはしりではある。

だがそこから巨乳を探してタレントしまくろうという動きには繋がっていない。

松坂季実子の登場の何が画期的だったのかというのはいろいろ背景を説明しなければいけないだろう。

松坂季実子以前にも巨乳タレントというのはいろいろいた。榊原郁恵アグネス・ラム河合奈保子柏原芳恵堀江しのぶなどなど。

しか巨乳タレントというのはある種の悪口がつきまとった。

デブ大根足。

当時はとにかくアイドル女優というのはくびれてなければいけなかった。ウェスト60cmを越える女優アイドルなどあってはいけなかったのである

あの榊原郁恵アイドル当時はウェストは60cmを公称としていた。どう見てもそんなわけはなかったがそれで通していた。

若くして亡くなった堀江しのぶも人気がある程度でてくると「もう少し細くなりたい」といって痩せてしまった。

あの山口百恵ですらアンチからは「大根足」と言われたのである

おっぱい以上に何が重視されていたか伝わるだろうか。

1989年バスト110cm(公称)をひっさげて松坂季実子が登場した。公称スリーサイズ110.7cm、60cm、90cm。ウェスト60cmは露骨ウソだったがそれを気にさせないぐらい公称110cmバスト存在感は圧倒的であった。

デブじゃんという声もそれなりにあったが、公称110cmの乳はそれに勝って人気を博したのである

そしてほぼ同時期にイエローキャブかとうれいこ細川ふみえを発掘する。

もはやある程度バストサイズがあればデブという声を怖れる必要はなくなっていた。

イエローキャブ野田巨乳モデルを発掘しまくり、世間巨乳ブームとなる。

細川ふみえ細川しのぶを間違えて書いてしまったのを訂正。ありがとうトラバ増田

2017-02-16

ゼルダの伝説新作が叩かれに叩かれまくる未来しか見えない件

私はああいゲーム好きなんだけど、評価された例ってないよね。

なんでもできるとか言ってなんでもできないところがやっぱりありそうとか、

雨が降ると崖が登りにくくなるとか、雷が鳴ってると金属装備してたら落雷ゲームオーバーとか、

自然の生き物を殺して調理するとか、枯れ草に火を付けて燃やすとか、

ボインのチャンネー化したゼルダイケメンリンクに泣きついたりとか

女が泣いて男に抱きつく構図から性役割性別序列があると眼差したりとか、

愉快に燃やせそうな要素ばっかり。

発売日が楽しみです。

2016-10-26

月曜日のたわわが不快

アニメじゃなくてツイートのもの不快

絵はかわいいと思うんだけど、「たわわ」って言葉不快

たぶん「たわわ」って表現人間(の胸)に対して使うのが生理的に受け付けないんだと思う。

月曜日巨乳

月曜日おっぱい

月曜日ダイナマイトバスト

月曜日ボイン

月曜日のでかぱい

月曜日豊満乳房

とかだったら個人的には不快じゃない。

2016-09-01

ドスケベな身体の女の人って

自分身体のことどう思ってんの?

いや、もうドスケベという単語や、こんなこと聞くこと自体おかしいのは百も承知で聞くけど。

胸がボインボインで、胸元に視線を常に感じるひとや、

艶めかしいヒップラインで、後ろから視姦されるような人に聞きたい。

いつごろから自分身体を気にし始めた?

で、今現在も気にしてる?

多分、苦労も多いだろうなぁと勝手想像してるけど、実際どうなの?

自分身体見て「ドスケベだなぁ」とか思う?

2016-08-13

貧乳意味する言葉としては「全く谷間が無い」という意味で「つるペタ」(あるいは「つるぺた」)、「まな板」、「チチナッシー」、「充電切れ」、「洗濯板」、「地平線」、「ペチャパイ」(ぺちゃんこおっぱいを略して)、「無乳(むちち)」などもある。月亭可朝楽曲嘆きのボイン』の影響から、「ボイン」に対して「コイン」(小さな胸とかけて)や「ナイン」(胸が無いとかけて)と俗称されることもあった。

侮蔑語とならないように「微乳(びにゅう)」、「発展途上国」、「能鷹隠爪」、「可能性∞」などとの言い換えもみられる。2010年代・以降になると、かわいい言い方の1つとして(ちっちゃいおっぱい略語として)「ちっぱい」が使われることもある。

2016-07-03

[]フランツ・カフカ『変身』

ある日ハエ男になってしまった主人公・タクマは、しかたなくそのまま高校生活を送ることを決意する。

元々不幸体質で苦労人のタクマは、ハエであることからさらに様々なドタバタに巻き込まれるが、いちおーそれなりに楽しい毎日だ。

ただひとつ気になるのが、幼なじみのサチコの態度。

なんかあいつ、俺がハエ男になってからたまーに暗い顔してやがる。

それを見るたびに俺も胸の奥がこう…もやもやするんだ。

ある日、いつものように下校していると空から黒髪ボインきれいなお姉さまが!

魔界から使いとしてやってきたというお姉さまによると、俺がハエ男になったのはベルゼブブとして魔界へ召喚されるためらしい。

さらに俺が魔界に行かないと、魔界の秩序が崩壊するだって!?

俺の生き別れた父親が言っていた「自分気持ちに嘘をつくな」という言葉がふと頭をよぎる。

そうだ。俺は親父のこの言葉を胸に今まで頑張ってきたんだ。

魔界のみんなが困ってるっていうんなら見過ごせねえ。行くしかねえだろ!

…って、ええ!?なんでサチコもついてくんの!?

こうしてなんだかんだ魔界に行くこととなったタクマとサチコ、そして使い魔のお姉さん。

3人を待ち受ける様々な試練とは?

そして魔界の王になるためのもっと重要資質、「ハーレム耐性」ってなんだ!?

クマの苦難はまだまだ続く…。

2016-05-06

http://anond.hatelabo.jp/20160506165753

ロリ好きなんて女のショタコンみたいなもんだぞ

なんだかんだアニオタだろうがエロゲー狂いだろうが男はボインボインなクソビッチが好きなの

2015-12-03

なぜ私が美濃加茂市ポスター嫌悪感を抱くか

 批判の前に、私の立場を記しておく。

 20歳女性バイセクシュアル男性とも女性とも交際したことがある。

 萌えアニメ男性向けAVを含め、基本的男性向けの性コンテンツを消費している。自己の性認識女性

 また、美濃加茂市萌えおこしものうりんという作品の詳細も、失礼ながら存じ上げない。

 以上の立場自分は、今回の美濃加茂市ポスター嫌悪感があったこととその理由を書き記したい。

 嫌悪感……と、いうより、正直、しっくりこなかった。

 アニメによるポルノとしての女性の性の消費はよくある話。

 聖痕のクェイサーという作品を例に挙げる。

 これは女性母乳摂取することで男性が力を得て戦う作品である

 誰かが「スタイリッシュ授乳」と称したように、授乳がこの作品の一つのキーワードである

 女性乳首乳房がこれほどにまでに作品内部で強調される作品はあまり知らない(知ってたら教えてほしい。見たい)。

 クェイサーという作品炎上しなかった理由は、(SNSの普及という観点は今回はさておくとして)以下二つと考える。

 1 決してアニメ漫画という作品の枠から出てこない

 →つまり、「嫌なら見るな」がある程度コントロール可能な作品である。深夜帯のアニメ本屋に置かれる漫画

  『老若男女』、不特定多数の目に付く場所に『多数』配置されているわけではない。悪意(≒反論の意)を持って拡散されることが予期されるわけでもない。

  また、責任製作委員会・作者・出版社にあり、『地方自治体』や『国家』が負うものでない。

 2 下着や乳房等、性的イメージに繋がる部位の露出及び性的行動に意味がある

 →性の使用意味がある。授乳をしないと戦えないのである

 とはいえ、クェイサー以外のアニメ作品を考えると、2に関して、無意味露出が昨今量産されている。

 フェミニストポルノとして消費される二次元女の子がどうしても気に食わないのだろうが、それへの批判割愛する。

 話を戻す。

 今回の美濃加茂市ポスターに関しては、両方の観点からして外れている。

アニメ(ラノベ)という枠から出ている

 →まちおこし萌えおこしという観点からこれは「逆に出した」と言える。しかし、こちらの行為批判しているのはおかしいと考える。

 アニメ地方活性化コラボレーションは新しい話ではない。地方住民の受け入れ度合いの高低を問わず、広く用いられる手段である

 単純に「のうりん」と「美濃加茂市」がコラボレーションしていた時にはこうした炎上まで発生する程の批判はなかった。

 しかし、この枠から出ていることによって、「嫌なら観るな」がコントロールできなくなっている現状は、受け止めるべきである

 なぜなら責任出版社だけに留まらず、現状、『美濃加茂市という市町村地方自治体』にも負わされているためだ。

 TwitterFacebookによる拡散でこのポスター不特定多数の目に触れることは予想内である(予想外だとしたらさすがに認識が甘いとしか言わざるをえない)。

 そして現に批判を受けている現状も受け止めるべきである

露出された乳房意味がない

 →私はこの部分に最も違和感を覚える。

 ポスターイラストで、彼女乳房を出す必要はあったのか?

 不特定多数の目に触れる部分でそのイラストを選ぶ必要があったのか?

 乳房女性の身体の露出がふさわしいタイミング――例えば海水浴場萌えおこしだとすれば、露出必要性存在する。

 それなのにどうして「農業林業」の萌えおこしイメージキャラクターポスターに上記の『不特定多数』が不快と示すレベル露出必要なのか。

 海水浴場を例に挙げる。

 水着女性ポスターを設置することで、海辺女性喚起するのは当然だ。

 これは『三次元に置き換えても』同様である

 海辺ポスターグラビアアイドル画像使用する。なんら問題ないと考える。

 それすら「女性を性コンテンツとして扱っている」とフェミニスト批判するなら、じゃあお前だけ勝手スク水着てろと言わせてもらいたい。

 男性えっちな目で女性を見る者が多い、と俗に言われているし、正直、バイである私はえっちな目で女性を見ている。

 豊かな胸の水着姿の女性を見たい気持ちは非常に大きい。ポスターであれ、実際のビーチであれ、だ。

 では、海水浴場という過疎地を、ガンダム00(クェイサーに続き、少し古いアニメ申し訳ない)で萌えおこしをするとしよう。

 それなら、ボインボインのスメラギさんがポスターを飾ればよい。

 スメラギさんがえっちすぎて問題がありそうなら、横の海に真顔の刹那でも泳がせておけば良いのだ。

 

 いくらたわわにあらわになったとしても、あのポスターイラストよりも更に肌色が多くても、そこに露出の『意味』があれば納得する人は増える。

 しかのうりん彼女場合、それが通常コスチュームであったとしても(どうか知らないが)、前提条件を知らない『不特定多数』には、露出意味が感じられない。

 そうした意味のない露出が「単なるセックスアピールのみの変態イラスト」と捉えられてしまったと考える。

 ただし、そこからアニメ萌えイラスト批判に転じることが必ずしも正しいとは思わない。

 萌えおこし成功している例も多々ある。アニメ萌えボーイズラブ日本コンテンツ産業を支えているのは確かだ。

 長々と綴ったが、以上のことから、私はアニメファン・および地方自治体萌えおこし担当者に対して「これが三次元なら許されたのか?」という観点物事を見ることを提案したい。

 アニメから許されないこともある不平等に関しては今後また議論されるべきだが、そもそも三次元でも許されないことはアニメでも許されない。

 乳をさらけ出したアイドル女性市町村地方自治体ポスターになっているのは褒められることなのだろうか?

 ――もちろんこれは、不特定多数の目につくもの、という前提。

 ともかく使用する画像のチョイスが軽率だったとしか思えない。

 こんないい乳をしている女性キャラもっと他のところで出会いたかったのに。

2015-11-10

ぎりぎりセーフだった話

今朝、新快速に乗って出勤途中、猛烈な便意が襲ってきた。

そういえば、家を出るまえにうんこするの忘れてたわ、俺。

満員電車の中、ひとり脂汗を滲ませながら耐える俺。

数多のトイレ、いや駅を電車は飛ぶように通り過ぎる。

駅を見るたびに「くっ、こんなとき各駅停車だったら・・・」との想いが脳裏をよぎる。

気の緩みは肛門の緩み。じわりと開く地獄の扉。むぐっ。

内なるモノとの格闘を繰り広げているうちに、ようやく電車が駅に着いた。

ここは目的地でははないが、これ以上我慢なんて出来ない。

ダッシュ勝平ホームを走り、3段飛ばし階段を駆け上がる。

頼む、トイレよ開いていてくれ。

幸ウンにも大便器のドアは開いていた。

まるで天国への扉のような輝きを放ちながら。

安堵のため息をつきながら便器の上で中腰になり、大急ぎでズボンを脱ぎ、パンツを下ろす。

その時、

ボイン

先駆けの特大うんこが太ももを滑らせていたパンツでワンバウンドし、便器へと落下していくのが見えた。

ふう。危なかった。あやうく漏らすところだったぜ。

2015-09-12

私の黒歴史

中学英語の授業で「母音」を教わった時に「ボインってwww」とか言って大笑いしてしまったこと。他にだれも笑ってませんでした。

2015-07-06

ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン

ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチムチボイン!ムチム

2015-07-01

http://anond.hatelabo.jp/20150701233653

書類提出してもらうとき

「ここにボイン押してね。」

って言ってみてください。

我が社にボインちゃんが入社したんだが、目のやり場に困るので、乳房を減らしてほしい。

切実な望み。

仕事にならないので、美容整形でもなんでもいいから乳房切除してほしい。

2015-06-25

昔の変った恋人のはなし

 女は褒めたら綺麗になるって話します。身ばれこわいから、若干フェイクをいれてるけど、嘘のような本当の話。

メキシコ人彼氏がいたんだけど、すごい勢いでふられた。寮の前でボイン若い女の子キスしてるのを見てしまたから、逆上した私は、彼を殴った。普通、女は恋人浮気をすると浮気している女の子を殴るというけど、私は彼を殴った。本当にどうしようもない奴だったので、彼が悪いと判断した。彼は情けない声で「君がそんなに暴力的な人だとは思わなかった」といったふうなことを言われた。それから嫌いだ、別れよう、という話をして、別れた。

 20歳だった。地味でモテなかった私は、渡米して初めて恋人ができた。そのメキシコ人ね。私は本当に大好きになった。初めてした夜遊びや、デート、男の人の厚い胸に抱かれて、セックスをして、人生が終わるまで、この人と一緒に居るんだとばっかり、そういうことを、頭の中で考えていた。

 彼にふられた私は猛烈にモテた。何がすごいって、クラブに行ったら昔流行ったハリウッド男優ナンパされたこともあるくらい。ナンパしょっちゅう。気紛れに旅行に行ったニューヨークでは、ナンパされて男の人に何度となくご飯食べに連れていってもらって、2日にいっぺんはおごってもらってた。今思うと危ないけど、いい人達ばかりだった。

 メキシコ人の男は、本当に私を綺麗にしたんだと、その時気付いたなぁ。朝から晩まで、「君はきれいだ」「うつくしい足をしている」「君の瞳が好きだ」と言われ続けたら、だれだって自信がついて綺麗になるってもんだ。

 褒め言葉はすごい。言葉通りに人は変わる。ネガティブ豚野郎の私でも、だんだんおだてられて空を飛んだ類だから大丈夫

 なので、そこの通りすがり男子よ。もし、ものすごく性格の良いけど好みの顔じゃない気になる女子がいたならば、とりあえず褒めてあげなさい。

 その言葉が、女の子を綺麗にする。本当だから

2015-03-16

最近マンガおっぱいデカすぎで萎えるわ

昔は胸を強調してるのってフジコちゃんとかセクシー系のキャラだったのに、最近のはかわいい系の中高生までボインだし。

しか学校制服とか軍服なのに、濡れたTシャツみたいに胸に張り付いて形がくっきりわかるとか。

裸に服をボディーペインティングしてるような絵を書くのって画力が残念な漫画家イラストレーターかと思ってたけど、おっぱい意外は普通にうまい漫画家でもああいう書き方してるから、読者に受けるからわざと書いてるんだろうな。

2015-01-17

町に出て、女の張り付いた乳と尻を見るにつけ、僕は猿だなあと思う

こんなに優秀な頭脳を持って旧帝大卒業し、一流企業評価も上の上な僕も、その隠し切れないエロスを滲ませるボインと、静かに手招きするぴったりな尻には敵わない。

僕のそれが、僕は所詮は一匹のサルしかないと教えてくれる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん