「異性愛」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 異性愛とは

2021-05-07

anond:20210507195746

女同士で会社作って雇えばええやんみたいな話すんなよ

しか異性愛者の性的充足の解決不可能だけどな、女性差別は女だけですべて解決できるはずだけどな

女が会社を作って女を雇う、女が立候補して女が投票する

同性だけで解決できるのは女性差別だという落ち

anond:20210506234730

同性愛者に異性愛(もしくはその逆)を強制するのはやめろ、「モテそう」も含め相手モテについて語るなそれは差別だしセクハラだって言いながら、

これだけ書いてもらってもセクシャルマイノリティを含む女性精神障害者に対して

お前らは異性のパートナー簡単に得てケアしてもらえるからいいよな!やら女性器絡みの下品言葉をぶつけ続けてきたグロテスクさを理解できずに

自分のほうがかわいそうアピールをやめろとか言ってる人らもう終わってるわ。

anond:20210507112734

LGBTって別に性癖保護してるわけじゃないからだよ。片思いじゃなくて両思いの人たちが平等結婚できるようにするためにみんなが応援してるわけ。ロリは片側一方通行両思いになりえないか保護もクソもないわけよ。異性愛だってストーカーのように片側一方通行なやつは別に保護されてない

んでも内心の自由があるんでロリコンであるだけで捕まったりはしない。

弱者女性精神障害者男性サンドバッグにしてきたことについて

anond:20210506234730を読んで、書いておこうと思った。

弱者女性を名乗る人々が精神障害持ち男を「でも理解のある彼女さんが」と、積極的に叩いて来たことは忘れないし、いくら弱者女性が辛そうにしていても「所詮弱者女性自分の不幸を理由に人の不幸(精神障害)を軽んじ、嘲笑する人間性からな」と思い続けるだろう。

そして今現在の心境としては、弱者女性いくら辛そうにしていても絶対に手を差し伸べたくないと思っている。

思っている、というよりは

思ってしまうようになった、というのがより適当だ。

わたし普段生活において、「人に親切にしよう、人に気を配ろう、(いくらかの定型発達の人々が無自覚にするような)人を追い込むような真似はやめよう」と積極的に気をつけて生きているつもりだ。別に、不幸な人々を負け組嘲笑し生きるような人柄ではない。しかし、弱者女性を名乗る人々の言動を見るうちに、「弱者女性は、こんな言動をしていたんじゃ差し伸べられる手も差し伸べられないだろうな」という感情が「誰が手を差し伸べるか」という気持ちに変化していた。

正直なところ、わたしは手を差し伸べられると、差し伸べるほどの余裕や能力があるとは言い切れない。だからわたしがどう思おうと関係のない話かもしれない。

 

弱者女性には弱者女性なりの辛さがあるのだろう。それは、男性であるわたしには男性なりの辛さがあって、発達障害であるわたしには発達障害なりのつらさがあるのと同じだろう。わたしの辛さが弱者女性に完全に理解できるものだとは思わないし、わたしもまた弱者女性の辛さは理解できない。

弱者男性たるわたしと、弱者女性どちらが辛いかはわからない。測り、比べられるものだとも思えない。

しかし、弱者女性たるあなたがが辛いのだと主張すれば、辛いのだろうなと思うことぐらいはできる。「そうなんですね」程度の相槌は打てるだろう(それがわたしコミュニケーショ能力限界だ)。

これがわたしの線引きだ。これ以上はもう手を差し伸べたくない。

 

わたしが男だからか、は知らぬが「理解のある彼女さん」を作ろうと思えば作れるだけの性的価値とやらはあったかもしれない。

だがアセクシャル、アロマンテイックの自分にとって、理解のある彼女さんは不要だった。欲しいと思えなかった。

高校時代に鬱で心療内科にかかり、(ずっと怖くて診断を避けていた)発達障害の診断を受け、障害を受容し、社会で人並み程度に働けるようになるまでには多大な苦しみと努力があった。

わたし普通には働けないのではないか障害者雇用を選ぶべきではないかそもそも社会に出るべきではないのではないか、周囲が言うようにわたし女性に養われるべきなのか、そのために好きになれない異性相手理解し難い恋愛感情偽装結婚するべきなのだろうか……

からすれば大したことのない悩みかもしれないが、わたしにとっては生涯を通して付き纏うだろう悩みだ。

結婚という逃げの選択肢があるだけマシ」と言われるかもしれないが、その選択肢を負わねばならない人間にもそれなりの辛さがある。

結婚したくもないのに、結婚しなければ嘲笑される。養われたくもないのに、養われれば良い、養われるべきだ、養われないなんて、選べるのにこれを選ばないなんてバカだ、選べたのに選ばなかったなんて大バカだ、と謗られる。その風当たりは歳を取れば取るほどきつくなるのかもしれない。

辛いことだ。

弱者女性の「でも男は理解のある彼女さんが」は、大変不愉快で腹立たしく、そして不安気持ちにさせるものだった。誰に対して言ったわけでもない、自嘲混じりの嘆きだったのかもしれないが、実在個人に当たる弾だったのだ。

 

わたしは、許さない。

 

わたしのようにアセクシャルでない障害男性にとっても、失礼な言葉だと思う。

女性から恋愛対象に該当するような男性になることは、フリをすることは努力必要だ。金も服装も、正しい話題選びも、普通男性らしいふるまいをすることも、普通男性らしいコミュニケーション能力を身につけることも、とても困難な男性はいる。普通男性に、普通に価値がある」男性に、擬態する努力は何も異性から好かれるためではない。人並みに扱われるために不可欠な努力だ。「理解のある彼女さん」も「性的価値」も男ならば必ず初めから手に入るものではない。努力あってのものだ。

 

理解のある彼女さん、に好かれ、関係を維持している障害持ち男性は、自分努力を語るにも周囲への感謝を欠かさない素晴らしい人だろう。

(正直な話、わたしだってアセクシャルとして、恋愛脳の異性愛者は結局「彼女さん」か、とうんざりしていたし、理解のある彼女さんに頼る甘えたバカ男のせいで自分の辛さが矮小化されるわけで恨みしかないわけだが、)理解のある彼女さん持ちの障害者男にとっても「お前らは理解のある彼女さんがいるからいいよな」は不快言葉だったろう。

 

さまざまな精神障害認知され、発達障害を持っていても療育によって働ける男性は増えていくだろう。異性に頼らずに生きる障害だって、この世にいるのだ。

 

あなたがたは、ーーーあなたではないかもしれないが例えそうだとしても、弱者女性の名で、精神障害持ちの男性にたいして発してきた言動は、無かったことにはできない。

弱者女性の辛さを、弱い立場男性を叩く正当化材料したこと自分の辛さを人への加害の理由にする、品位の無さ。

弱者女性論を歪めてきたのは誰か、よく考えて欲しい。

弱者女性は、弱者女性を名乗る幾人かの言う通り、ごく一部の自称弱者女性がそうした言葉を発しているだけなのかもしれない。

弱者女性に寄り添う顔をして、(※フェミの反対の概念がない)叩き男叩きに興じる悪がいるだけなのかもしれない。

しか弱者女性が、はっきりと、それを否定批判しているは見たことがない。

 

例えたった1人でも、過去の(あなたもしくは弱者女性を名乗る他人の)発言批判するならばわたしも考えを変える努力をしようと思う。

 

それでもやはり、あれらの発言絶対に許さない。

anond:20210507050347

精神障害を持った女が全員異性愛者かつ簡単パートナーとその助けを得られるって発言を平気でするほうが差別的なんだよなあ。

ぶん殴っておいて何が嘆きだよ。

男性覇権的な強制異性愛社会の中での適合の問題として

女性」への依存問題として

ミソジニーケア問題として「男性」としての自身の「弱者性」が存在すると言うのであれば

女性フェミニズムに「協力」を求め"ない"こと以外に(「男性」として生きるあなたにとって)道はないのでは?

2021-05-06

ある種の弱者男性のはなし

ある種の弱者男性

弱者男性の指す範囲が広すぎる」という意見も目にしたから、「ある種の弱者男性」としておこうか。

 

ここで言う「ある種の弱者男性」というのはいわゆる非モテ男性、そのなかでも容姿等の外面的な要素で女性から嫌悪排斥され、そのぶつけられた嫌悪内面化した人達のことだ。

 

容姿キモい、喋り方がキモい動作キモい、、、、女性はまあカジュアルに言い放つ。

そしてそんな言動は一切咎められず、むしろ不快にさせられた女性こそ被害者」として正当化される。

この時点で、「ある種の弱者男性」は呪いをかけられる。

 

女性は正しいので悪いことをしないだろう、女性弱者から男性というだけで恵まれているだろう、

女性被害者から男性に対して加害者にはならないだろう、女性にとって好ましいものこそ善だろう

 

こうした世の中のリベラルな通念が呪詛となって、後々「ある種の弱者男性」を苦しめることになる。

 

キモいジャッジされた事が正当化されることで、

言われた側の男性自然と「自分キモい」「女性にとって不快」、果ては「自分は世の中の害悪」と自己規定する。

 

なぜか?女性不快な思いをさせ嫌悪させるもの「悪」からだ。

(そうでしょ、フェミニストのみなさん?)

社会正義に沿おうと真面目に考える男性ほど、こうしてより深く罠に嵌る。

「おまえは『悪』だ」と判定を下されたら、もちろん返上しようとする。だがその成否を判定するのも結局女性でなければならない。

まり男性が「善良な存在」であろうとすると、必然女性ウケ(モテ)を意識せざるをえなくなる構造になっている。

だが、キモい男性アプローチしても害悪扱い(セクハラ、告ハラetc…)されるだけなので、

多くの場合は徐々に恋愛女性から承認、すなわち「善良」であることを諦めていく。

それでも女性ジャッジからは逃れられない。

女性男性人格を、外面的な要素から正しくジャッジできる」という信仰のもとに、

清潔感」という言葉で包められ正当化されたルッキズムさらされ、(努力も虚しく)女性に好ましい容姿を実現できないというだけで

「不潔で不衛生」「人格が劣悪」のレッテルを貼られては正当化され、それをまた内面化していく。

そもそも女性ジャッジ次第で人格までレッテル貼りされること自体が不当なのだが、そう思うことも難しい状況にある)

そして「ある種の弱者男性」は、「自分害悪だ」と思ったまま、自信も自己肯定感も失っていく。

女性のいる場所はもちろん、女性に(人によっては同性にさえも)話しかけることを恐れて所謂コミュ障になっていく。

 

自信も自己肯定感も物怖じしないコミュニケーション能力も、男性が豊かに生きるには非常に重要だ。

しろそれらが欠如するのは致命的とも言える。

女性場合なら自信なさげな態度と言動は奥ゆかしさとも捉えられることもあるだろうが、男性、それも容姿が悪いともなればどうか。

例えば一般的企業入社面接想像してみてもらえばその悪影響の大きさがわかると思うが。

 

そして流れ着くのは薄給バイトブラック企業危険を伴う肉体労働

 

こうして、学校女子キモいと罵られた少年は、弱者男性となっていく。

 非モテへの人格否定

女性たちからキモい害悪レッテルを貼られ拒絶され、女性との交際を諦めた弱者男性は、

それでも大抵は「害にはなりたくない」と願い、女性を避けるように生活する。

だが、彼らが尊厳回復することはない。

 

弱者男性の多くは、女性から承認されない、恋愛できない自分ダメな奴なんだろうかと不安を抱え、SNSgoogle検索をする。

すると遅かれ早かれこうした文が目に入ってくることになる。

 

性格が悪いかモテないんだよ」。

 

言い換えれば、「(異性愛者で)女性に選ばれない男は人格的に劣っているに決まっている」

あるいは「女性にとって好ましい男性人格面も優れているに決まっている」、ということになる。

そしてそんな類の暴論が数百、時には数千単位の「いいね」を集めている。

 

さら社会正義を謳うリベラルフェミニストは、非モテ男性を敵視し、口を極めてその人格貶める

 

曰く、非モテ男性甘ったれている。曰く、非モテ男性は性欲の権化である

曰く、非モテ男性は誠実さがないかモテない。曰く、非モテ男性の悩みなど低レベルだ。

曰く、非モテ男性女性搾取しようとしている。曰く、非モテ男性・・・

 

他でもない反差別を掲げるリベラルからすら平然と差別をされることで、ますます自己肯定感を失っていく。

 

―――女性たちに外面的な要因で拒絶されることで同時に人格まで否定されてしまうなんて、

それが正当化されるならば、払拭するには女性承認されお墨付きをもらうしかないじゃないか―――

そのような指摘は、今度は「女をあてがえということか!」と歪められる。

 

「女をあてがえ論」の他には「ありのままの僕を受け入れて論」なんて言い方もしたりして、

とにかくあたかも自堕落自分本位な男性が主張しているかのようなイメージを擦り付け人否定が行われる。

 

それが例え「同じ人間として扱ってほしい」「外面的な部分だけで排斥しないでほしい」「あなた達と恋愛できないからといって人格を貶めないでほしい」という

いから出たものであっても、女性に対して批判的だからというだけで「ミソジニー」果ては「インセル」呼ばわりされ邪悪レッテルを貼られる。

 

挙句の果ては、「男性というだけで恵まれているんだから被害者面をするな!」と遮断され、

人格否定たっぷり浴びせられたまま放り捨てられる。

 

女性ジャッジは正しい。)(男性なんだからまれていると思え。)

女性は加害をしない、お前に落ち度がある。)(女性に嫌われるなんて悪に決まっている。)

 

フェミニストたちが形成するこうした世の中の通年は、人格否定された「ある種の弱者男性」をさらなる自己嫌悪と自信喪失自暴自棄へと追い込み、その人生を淀ませていく。

女性たちはこの呪いのもたらす苦しみと構造の強固さを知ってか知らずか、今日も気に入らない男性へ気軽に「キモい」と言い放つ。

女性の加害性とはこういうものだ。

 

さいごに 

キモい男は害悪」、そんな女性たちの価値観正当化され力を得る世の中では、

善良であろうとするほど「キモイ男性」は何もできなくなっていく。

 

すこし思考実験と言うか、考えてみてほしい。

普段あなたの行動範囲のなかで、女性(とくに若い人)に遭遇することがどのくらいあったか

そして女性と遭遇するたび、それだけで自分がその人を不快にさせ、害を与えているとしたら。

場合によっては「キモい!」と面罵され、それに対して異議を唱えることはおろか、反感を抱くことさえ許されない、そんな価値観が正しいと思い込まされているとしたら。

あなたはまともな精神社会生活を送れるだろうか?程度の差こそあれ、概ねこれが「ある種の弱者男性」の見る光景、生きる世界だと思ってほしい。

 

おそらく、俺たちのような人間ほとんどのリベラルの人たちの観測範囲には入っていないだろうと思う。

 

女性からいじめハラスメントを受けて人生舞台から転落なんて、そんな少数のレアケースの問題など、いちいち考えてられないと思うだろうか?

念の為に言っておくと、「ある種の弱者男性」は決して少なくない。少なくとも、リベラルの人たちが考えるよりはずっとずっと多い。

全国の学校ひとつにつき数名はいるんじゃないか。心当たりがある人も多いんじゃない?

 

まあ数が少なく見えるのも当然ではあるかも知れない。彼らは大抵が、社会の下層で怯えながら隠れるように暮らすから

 

リベラルたちの視界から外れた社会のはずれへ疎外され、自分は世の中の害悪だとひたすら信じ込まされたまま、

ろくに声もあげられずに死んでいく。俺が同じ境遇ということで交流してた人たちはみんなそうだった。

 

「ひっそりとオナニーしながら死ね」だったかフェミニストの偉い教授が言ったそうだが、「望み通りだ」と彼らの末路を見て笑うのだろうか。

 

正義がほしい。尊厳がほしい。

女性好き嫌い正義を切り離してほしい。

女性にとって好ましくない外面というだけで人格まで否定しないでほしい。

同じ人間として扱ってほしい。

 

こんな願いはそれほどまでに分不相応高望みなんだろうか。

2021-05-05

anond:20210505112813

ひとりぐらし50歳童貞男性異性愛者だから

まだ家にいたほうが良いよ

2021-05-04

男性というだけで弱者性を剥奪するな、男性にも弱者がいるのを認めろというのが弱者男性論の根幹だけどさ

その弱者性ってのが大概は経済的困窮か人間関係的困窮しか語られてないよね

でもさ、心も身体男性異性愛者・健常者・生まれも育ちも国籍日本経済的困窮も人間関係的困窮もない人だって、やっぱり弱者ってのはいると思うんだよね

たとえば幼少期の体験トラウマを負っているとか、あるいは刃物が苦手でどうしても料理ができないとかね

そういう人達が、「心も身体男性異性愛者・健常者・生まれも育ちも国籍日本経済的困窮も人間関係的困窮もない人だからって弱者性を剥奪するな。心も身体男性異性愛者・健常者・生まれも育ちも国籍日本経済的困窮も人間関係的困窮もない人にも弱者はいることを認めろ!」と言ってきたら、弱者男性論はそれをも弱者男性論に取り込むことを認める?

そうでないとしたら、どこで線引きをするのか、ってちょっと疑問に思うんだよ。

2021-05-03

同性婚が認められたら異性愛者が同性婚する←悪いの?

じゃあ現行制度異性愛者じゃない人は結婚しちゃいかんのか?

2021-04-30

anond:20210430032037

異性愛者が少数派として差別される場面など、日本じゃ二丁目以外でほぼない

ホモとかオカマが男を襲おうとしてる様子をコミカルに描くことが同性愛差別なら

シティハンターリョウ美女もっこりしてるのは異性愛差別なの?

2021-04-29

anond:20210429173727

差別じゃないやろ

じゃあ電車の子供料金とか差別か?

服のデザインが男女で違うのは差別か?

異性愛差別か?

違うやろ

男性お断りって張り紙をしたら差別だけど、女性専用デーは差別ちゃうやろ

大人の男女2人で会うと酒飲むかセックスしかすることない」

というふうにならないようにするためには教養必要で、教養があれば文学哲学思想宗教などの話題で盛り上がり続けられるのだ!ってえツイートがバズっていて、4万いいねとかされていた

マジ?

プライベートで2人で会うくらいならそこそこ仲良いはずだし、「教養」なんかに頼らずに近況の話とかしてるだけで充分間はもつだろ

・というか、セックスはともかく酒が嫌なのはなんでなんだ?酒飲みながら文学を語ることはできるのでは?「酒を飲む」って2人とも完全に無言でグビグビ酒を飲み続けるみたいな行為なの?

・「男女」ってくくりを入れてくるのがシンプルキモい

・"文学宗教哲学思想政治文化やらの話"というワードチョイスのスノッブ感がすごくて、ものすごい渋面になっちゃった

話題なんてなんでもよくて、Googleマップで近所のおすすめスポット紹介しあうとか、ブラウザうごオセロをやってみるとか、学生時代部活の思い出話をするとか、方言の話をするとか、そういうのでいくらでも、いくらでもいけるだろうが

・そういう話題で盛り上がるのは無理だけど文学哲学の話ならできます!ってこと?

・それは……まあそういうことはあるよなあ………

・いや、しかし、「仲良く話すことはできないけど、人格とかがあまり関係してこない特定行為なら大丈夫なので、そればかりやる」って意味では、それこそセックスとか酒とかと同じなのでは?

話題全然ねえなあ、つって、その辺から聞こえてくるセミの鳴き声とかを拾って、あれなにゼミ?みたいなことを言い合うようなのが、俺は友達だと思うんすよ

 ・ああ…クマゼミだね…みたいなことを互いに言い合う、教養あるふたりでも別にいいけどさ!

・なんなんだよマジで 教養

ハラつんですよね

・だいたい、「男女で2人で会う」ってなんなんだよ

・そんな状況、ないが?

現代社会異性愛規範がスゴイので男女2人で恋愛関係なく遊ぶのは結構ハードルが高く、そのハードルをわざわざ超えて会いたいような友達なんだったら、教養とかなんとか言ってないで、ただ楽しめよ

・何を想定してんのか伝わってこないんだわ

・俺は友達がいないから……

異性愛者と同性愛者を産み分けられるなら

自分同性愛者を産みます!って人、どのくらいいるんだろう

2021-04-22

anond:20210422131540

ほーん そういうことか なんかちょっと分かった気がする

多くの人は創作物を消費して自分人生に反映してる、自分人生越しに作品を見る感じなんだろうか

から家族愛とか異性愛とか、一般的に多い共感部分が題材のものとかリアリティがある作品の方が一般的にヒット作になるわけか?

俺は創作物を生み出す側の仕事をしてるから自分人生は一旦置いておいて創作物のものについて色々と考えてしま

そりゃ楽しみ方も着眼点も違うよなあ

お互い損しかないしやっぱ映画は一人で楽しむわ

2021-04-20

anond:20210420101223

今の若い世代(と書くと老害扱いされそうだが) 特に異性愛者でオタク普通という幻想が好きな層は

庵野提示した「まったく新しくない」古い幸せの形がむしろ憧れなんじゃねえの

 

別にこれは不思議な話じゃなくて

2011年から始まった絆イデオロギーオタクガキの保守寄り風潮と地続きなだけだよ

そういう連中が金も将来も得られない自分らを嘆きつつ、理想化された00年代の家庭像に憧れ抱いてるだけ

2021-04-19

anond:20201119191843

女性

管理職への昇進や男性と同じ収入を得ることだけが人生の楽しみじゃないよ。

万年社員派遣社員人生を楽しんでいる人は男女ともたくさんいるよ。

他の楽しみを探しな。

会社から必要とされなくても、この趣味だけは誰にも負けないとか、子育てを頑張るんだとか、なにかあるよ生き甲斐が。



車いす電車に乗れないと騒いでる人たちへ

健常者と同じように旅行することだけが人生の楽しみじゃないよ。

コロナ禍で家の中に閉じこもっていても、人生を楽しんでいる人は障碍者・健常者を問わずたくさんいるよ。

他の楽しみを探しな。

健常者と同じように移動ができなくても、家の中でできるこの趣味だけは誰にも負けないとか、家事を頑張るんだとか、なにかあるよ生き甲斐が。



黒人大学に入れないことで悩んでる人たちへ

白人と同じように大学に入ることだけが人生の楽しみじゃないよ。

大学に行かなくても人生を楽しんでいる人はどの人種にもたくさんいるよ。

他の楽しみを探しな。

白人と同じような学歴をもてなくても、この趣味だけは誰にも負けないとか、ハイスクール卒まででできる中での仕事を頑張るんだとか、なにかあるよ生き甲斐が。



貧困だとわめくシングルマザー

両親がいる家庭と同じように子供を育てることだけが人生の楽しみじゃないよ。

片親で貧乏でも人生を楽しんでいる人は時代を問わずたくさんいるよ。

子供には他の楽しみを探させな。

共働きの家ほどの贅沢はできなくても、この趣味だけは誰にも負けないとか、子供仕事を頑張るんだとか、なにかあるよ生き甲斐が。



LGBT

異性愛者と同じように結婚することだけが人生の楽しみじゃないよ。

そもそも独身でも人生を楽しんでいる人は男女ともたくさんいるよ。

他の楽しみを探しな。

結婚できなくても、この趣味だけは誰にも負けないとか、仕事を頑張るんだとか、なにかあるよ生き甲斐が。

2021-04-17

anond:20210415114617

まり表立って“ノーマルラブ”は言えないよな。

実際の愛には多様性があり、異性愛だけを普通とするのは差別的思想だ。

「恋をしない」ことは異常なのだろうか

先日Twitter話題になっていた(と思う)、アセクシャル・アロマンティック(以下、Aセク・Aロマ)をテーマにした漫画を読んだ。現在は作者がアカウントに鍵をかけたため、見れないようだ。別にかの漫画否定したい文章ではないので、これ以上の言及は避けるが。

先に言うが、私は当事者だ。漫画登場人物と同じように、他者に性欲や恋愛感情を抱いたことは無い。恐らく、これからもないだろう。

作者は「Aセク・Aロマを知ってもらうため」とツイートしていた、気がする。なにせ、私は作者のフォロワーじゃないので確認ができない。

かに「知ってもらう」ことは大事だ。実際、かの漫画を読んだことでAセク・Aロマというセクシャルマイノリティを知った人もいるのではないだろうか。

ここで私が言いたいことがある。「恋愛感情」が無いことは、異常なのだろうか。

異性愛者であろうが同性愛者であろうが、「性愛」があることが前提で、当たり前とされている。しかし世の中には、私のように「性愛」が分からない人がいる。それは、異常なのだろうか。

「それはモテない己を肯定するためでは?」「本当に好きな人に会ったことがないだけだよ」「恋はするものじゃなくて、落ちるものだ」「恋愛感情が無いなんて、冷たい人」

これは私が言われたことがある言葉だ。どれもこれも一理ある、のかもしれない。私にはよく分からないが。

恋愛感情性愛がないと、「無感情」で「冷たい」人なのだろうか。私だって、無感情では無いので面白い話で笑うし、人情話で泣くのだが。それでも冷たいのだろうか。冷たい人、とはなんだろう。

実際、Aセクでも結婚した人や結婚願望がある人はいる。Aロマでも恋愛願望がある人もいる。おそらく、Aセク・Aロマだったが無事に恋愛感情を抱けた人もいるだろう。逆に、性愛がなくなる人もいるかもしれない。

なぜなら、セクシュアリティは線引きされるものではなく、グラデーションのように、移り代われるものからだ。恐らく。少なくとも、私はそう考えている。

ここまで読んでくれた方は薄々感じていると思うが、結局私自身、セクシュアリティを完全に分かってはいない。もしかしたら本当に、「そういう人」に会ったことがないだけかもしれない。

しかし、Aセク・Aロマのような人がいることを知って、理解してくれる人がいても良いのではないだろうか。恋愛をしなければ死ぬなら話は別かもしれないが、実際私は恋愛をしなくても生きている。それでいいのではないだろうか。それでも、異常だと思われるのだろうか。

かの漫画に衝撃と悲しさを覚えた私は、両親にAセク・Aロマであることを相談した。「そういう人に会ったことがないだけだよ」と言われた。

そうなのかもしれない。が、胸のモヤモヤは晴れない。なので私はこうして、キーボードモヤモヤを叩きつけている。考えが纏まったわけでもないのに。

そもそもセクシュアリティに悩んでいない人間は、己の性について疑問に思わないのかもしれない。こうしてグダグダ悩んでいる時点で私はセクシャルマイノリティであるのかもしれない。

からない。分からいから美味しいご飯でも食べようと思う。お腹もすいたし。生きてるし。それでいいや。

おしまい

2021-04-16

LGBT理解を!

とか言うけどどうでも良くね?別に理解する必要はこれっぽっちもないし。

異性愛同性愛だけじゃなくて無性別とか無性愛とかもあるしややこしいから全部を知って理解するのは大変だろうし

わざわざそこまで興味湧くのか?湧かないだろ。だから理解なんてしてくれなくていいわ。

別に同性愛気持ち悪くても無性愛理解不能でも黙って放っておいてくれたらいいじゃんか、何でそれができんのだろうね。

迷惑かけるわけじゃないんだからさあ。

夫婦別姓かどっちの話題か忘れたけど「自分ごとは思えない」とかい意見が多いらしかったけどまあそうだろうねと思う。

どっちも別に理解する必要はないだろ。てか世の中そんな自分本位で生きてるやつばっかなのか。

気に入らないから認めないってトンデモ理論すぎてもはや面白いであるだろ。

2021-04-15

ゲイ男性代理母出産

海外ゲイ男性有名人代理母子どもを産ませたニュースを読むたび、いやあかんやろと思う

女性他人の子どもを産む機械ではないよ

というと「ゲイ男性には血の繋がった子どもを持つ権利がないのか」と言われそうだけど、ゲイ男性だけじゃないんだよ

異性愛男性なら血の繋がった子どもを持つ「権利」があるのかといったらそれは違う

その「権利」はあくま女性のものなんだよ それも自分出産できる女性だけの

異性愛カップル男性女性が嫌だと言うなら諦めるしかないわけ

子宮がない等の理由により自分で産めず、他の女性代理母になってもらうしかない女性も、やっぱり子どもを諦めるしかないよ

anond:20210415115843

異性愛者が「ノーマルラブ」になるからその他同性愛者が「ノーマルではない異常者」とされているようで差別に当たるらしい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん