「触感」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 触感とは

2020-06-02

郵便はがき」のはんこが売ってない

私は郵便局で売ってる郵便はがきが嫌いだ。ぺらぺらの紙の薄さが嫌だし、裏面にマジックペンや水彩ペン蛍光ペンで書いたらそれが表面から透けて見える。郵便はがきの安っぽい紙が嫌い 63円はほとんど郵送料でしょ。はがきの原価安そう。一円以下かな?

私のように郵便局で売ってる郵便はがきを嫌っている人間は紙ものが好きでこだわりが強い人だから大抵他の人には理解されない

郵便局郵便はがきが嫌いすぎて年賀状写真屋の一番高いコース年賀状を注文して、触感や厚みにニヤニヤする変態である

普段はがき必要ときは私製はがきを使うようにしている。厚みがあって、そう簡単に裏うつりしない。安っぽくない紙質で気に入っている

その紙ははがきサイズなんだけど何も書いてないただの白い紙なので私製はがきとして使うためには上部に「郵便はがき」や「Postcard」という文字を入れて、その下に郵便番号の「〒□□□-□□□□」の文字を入れなくてはならない。

こういうのはインターネットテンプレートがあって簡単ダウンロードして、印刷ができる。

それでもいいんだけど、私は郵便はがきとかPostcardとかの文字をはんこで押したい

世の中には「〒□□□-□□□□」の可愛いはんこや変わったはんこがたくさん販売されており、いくつか買っているのでそれを使いたい。郵便番号の枠をはんこで押すなら郵便はがきPostcard文字をはんこで押したい。

そして、「Postcard」のはんこはネットショップで見つかるんだけど「郵便はがき」という文字のはんこが見つからない。東急ハンズとかロフトに行けば売ってるんだろうか?郵便はがきのはんこ

はんこやドットコムかに特注で依頼するしかないのか?

Postcardという文字がいいときもあればここは郵便はがきでしょというときもあるので使い分けたい

インターネットはがきの表面はダウンロードできるんだから郵便はがき」のはんこがなくても困らないけどほしい

消しゴムはんこを作っているような人も「Postcard」のはんこを彫ってても「郵便はがき」のはんこは彫らない

これを見ている消しゴムはんこ彫り師の人はフォントとかこだわった「郵便はがき」のはんこを彫ってほしい

郵便局も「郵便はがき」のはんこや「Postcard」のはんこや郵便番号の枠のはんこを販売してほしい

はがきに押す郵便はがきのはんこ売ってください

2020-05-24

寂しいやつはぬいぐるみ買え

一人暮らししてる、事情があってペットは飼えない、実家ぐらしだけど部屋にいるとなんか寂しい…

そんなやつはぬいぐるみを買え。己の年齢や性別なんて気にするな、ぬいぐるみを買え。動物や好きなキャラを模したクッションでもいい。買っておけ。


そしてちょっとでも寂しくなったり手持ち無沙汰になったらぬいぐるみを抱っこするんだ。

サイズは少し大きめのものがいい。本人の大きさにもよるけど、50cm↑は欲しい。安心感が違う。


ぎゅっとした時に肌触り抜群なもちもちとした触感が味わえるのはなかなかに良い。余計に虚しくなると思われるかも知れないが、少なくとも自分はならない。

仕事から帰ったらかわいいぬいぐるみがそこにいて、安らぎを与えてくれる生活はいいぞ。ほんとに。


おすすめするのは一時期話題にもなっていたIKEAサメぬいぐるみ。約100cmのもふもふもちもちボディだ。顔もかわいい。店に行かなくてもオンラインショップで買える。他にもいろんな仲間がいるから気になった子を選んでポチれ。




これは余談だけど、ぬいぐるみを買うと(この子自分の皮脂やらで汚すわけにはいかんな…)という思考が生まれ、少し身だしなみに気を遣うようにもなるぞ。

2020-04-13

超能力があるかも知れない

最近わかったんだがもしかしたら俺は何か超能力があるかも知れない。

ある人に触るとする、そしてそこに何か問題がある場合

痒い、痺れ、痛み、と言った触感が感じられる。どうも問題の質や強さで感じるものが違うようだ。

そしてこれまた最近分かったんだが、特にヤバい場合はまるで電気ショックを受けたみたいな痛みを感じるらしい。

問題があるかを知ってようと何だろうと感じるものは感じる。

しかしたら問題のある箇所の温度だとか、静電気だとか、そんなのをなんか感じ取ってるのかもしれない。

問題がある。

その感触意味するところがよくわからない。痛みの強さに応じて症状の度合いが分かるのだが、痛いと何、痒いと何、痺れると何、というのがさっぱりわからない。

次に、こういう感触を感じたところで別に治せないという点だ。

個人的には超能力と言った方が面白いから超能力と言ってるが、よくある現象なのかもしらん。

さらに言うと「お前のここ触ってるとすげー痒い、なんか問題ある?」といわれてカチンとこない奴が知りたい。

2020-04-12

童貞卒業した

大学卒業したのに童貞卒業できなかった。

学生として暮らした街を発つ前日、銭湯露天風呂に浸かっている時に、ふと思った。空を見上げると、夕闇が近づいている。ここからそう離れていない高級料亭街が灯り始める頃合い。風呂から上がり、財布の具合を確かめると、夜の街へと繰り出した。

料亭看板を掲げた風俗店が立ち並ぶ一画。自分とさほど年齢が変わらない女性達が妖艶に着飾って微笑みかけてくる。その横で座したおばちゃんが声を掛けてくる。お兄ちゃん可愛い子おるで。ちょっと立ち寄ってや。確かに可愛い女性ばかりだった。だが、いまひとつ惹かれない。入店の決心がつかない。足は自ずと街の外れへと向かっていた。そこは、自分より一回りは歳上の女性達が集う通りだった。

その中で一人、気になる女性を見かけた。年齢は二十代のはずなのに、熟女人妻と銘打ったアダルトビデオによく出演していた女優に似ていた。可愛い系というよりは綺麗系。この通りを端まで歩いて、他に候補が見つからなかったら、あの店に入ろう。歩き終えて先程の店の前に戻る。あの人はまだ座っていた。おばちゃんと二言三言会話をして、女性の方を向いた。

二階まで一緒に上がろう。彼女はそう言うと、指を絡めて手を繋いできた。距離感の近さに少したじろぐ。導かれながら階段上り、思いのほか広い二階を見やる。年季が入った木造建築だった。どこかの部屋から嬌声が聞こえてくる。

一室へ入った。彼女に促されて服を脱ぎながら会話をする。こういう店は初めてで……。この街を離れる前に一度来てみたくて……。気がつくと、お互い一糸乱れぬ格好。六畳一間の和室に敷かれた蒲団に仰向けになると、彼女股間へと手を伸ばしてきた。徐々に屹立していき、ゴムが被せられた。袋をいじられながら口に咥えられて、さらに硬くなっていく。準備は整った。

どの体位がいい? 彼女が聞いてきた。あまり知識がない。正常位、騎乗位、後背位。仰向けに寝転がったまま数秒考えたが、そのまま乗っかって貰うことにした。彼女の指に誘導された一物は、あっさりと奥へと吸い込まれていく。卒業した。あっけなかった。

彼女上下に動く。こちらも腰を動かしてみる。上手くいかず、すんなりと抜けてしまった。なかなか息が揃わない組体操みたいだね。そう言うと、彼女は笑った。

次はどうする? どういう体位が多いの? 正常位とかバックかな、中にはマニアックなのもするけど。松葉崩しとか? 冗談交じりで言うと、彼女はまた笑った。そうだね、やってみる? 若葉マーク人間ができる体位ではない。流れで正常位へもつれ込んだ。

腰の動かし方がよく分からない。画面越しに見てきた男性達は卓越した技術を持っていたのだと改めて実感する。彼女申し訳程度に嬌声を出す。気持ちよくないだろう。申し訳なさが込み上げてくる。

後背位へと移行する。こちらの方がまだ動かしやすい。それでも何度か抜けてしまった。仕方がないので両手で臀部の触感を楽しんだ。

もう一度、騎乗位へ。彼女が動く。胸に触る。揉む。掌に収まる大きさの乳房は柔らかかった。小ぶりな乳頭を優しく摘まむ。少し硬くて、その触感が心地よい。舐めていい? いいよ。ありがとう。乳頭を唇で食む。二十数年ぶりに乳首を吸ったよ。そう言うと、彼女は笑った。赤子の頃の記憶は蘇らなかった。

正常位以降、一物は中途半端勃起したままだった。彼女は慣れた手つきでゴムを外すと、直にしごき始めた。痛くない? 全然、ちょうどいいよ。再び硬さを取り戻していく。ブザーが鳴る。終わりが迫っていた。

延長する? 彼女が聞いてきた。懐事情を勘案する。延長したところで、果たして果てるだろうか。逡巡しながらしごかれる。気持ちいいのは確かだった。だが、絶頂には程遠い。二度目のブザーが鳴った。諦めた。

今朝に抜いてしまたから、彼女にはそう答えた。これは事実だ。しばらく溜めた後の一発、重かった。そして今夜は本番。だがそれは、言い訳としては弱かった。半日近く時間は経過している。体力的には問題はなかった。

初めては愛しい人と。今までそんな風に抱いていた淡い幻想のせい、心因的なものかもしれない。十年以上も床を愛しすぎてしまった結果なのかもしれない。恐らくこの二つが絡み合っているのだろう。

ありがとう股間に付いたローションを拭う彼女に声を掛ける。ごめんね。彼女は謝った。

三度目のブザーが鳴った。服を身に纏うよう急き立てられる。

薄暗い部屋を出る前に彼女が両手を伸ばしてきた。抱き締め合う。温もりと柔らかさが伝わってきた。階下へ降りると、おばちゃんから飴を貰った。肌寒くなってきた外気に当たりながら、来た道を戻っていく。何も知らない他の店のおばちゃん達が声を掛けてくる。口に咥えず手にした飴に気づいた一人のおばちゃんが呟いた。体力もたんわな。

あれから二週間。世界は目まぐるしく移り変わり、流行りの病の影響で一斉休業を決めた高級料亭街。あの子大丈夫だろうか。確かめようのない思いを抱きつつ、新しい街に少しずつ住み慣れていく。

2020-04-08

一番美味かった肉

友達の家に20人くらいで遊びに行って散々BBQとか楽しんで雑魚寝

翌朝おじいちゃんが「罠に掛かってたから」と解体して出してくれたウリ坊の肉が死ぬほど美味かった。

酒飲んだ翌朝、ヤケに飯が美味く感じるんだけど、それを差し引いても人生最高の味だった。

牛肉のような触感に、豚のような甘い脂の旨味があって、なのに全然クドくない。

また食べたいな。

帰りは皆バラバラで帰ったから気付いたらあんまり人残ってなかったけど、関係ないよね。

2020-03-20

anond:20200320183300

今回のトイレットペーパー騒動のおかげで、

いろいろな人に色々なトイレットペーパーをもらい、自分でも普段は買わない高級トイレットペーパーを買った。

お尻セレブ

これは確かにセレブだった。いつもは中クラストイレットペーパー使いなのだが、お尻セレブは贅沢だ。

捨てる、しかも水に溶ける。にもかかわらずふんわり柔らかいまれるような触感。贅沢な一品です。

2020-02-01

anond:20200201183805

しかに!

つうか5感って括り実際どうなんだろ 触覚にしたって温感と触感で明らかに別モンだし…

2020-01-24

anond:20200122200825

素晴らしい増田。とても有意義だと思う。

「何が特殊か」は実に興味深くて、一般的とされているセックスだって、ちんぽこにゴムを装着するのである。それがマナーなのである

曰く、避妊だとか、性病予防のためだそうだ。

じゃあセックスしなきゃいいじゃん!と突っ込むのが、本来普通」ではないだろうか。

人間セックスは、押し並べて特殊で異常なのだと思う。

個人的特殊性癖と呼ばれるものはいくつかに分類できそうだなと考えている。

まだ詳しく考えたわけではないが、それが以下の四つである

まず「無力系」

これは丸呑みや石化・箱化などの状態異常などの特殊性癖や、

幼児プレイ緊縛・目隠し、放置プレイなどの割と一般的ものも含まれると思う。

露出のぞきスカトロなどの「羞恥」にかかわる性癖も、「見る/見られる」という力関係がこの無力感と強く結びついていると思う。

例の「蕎麦うちAV」はあまりインパクト呆然としてしまったが、似たような動画で、「縛られた女性の周りを、おしゃぶりと涎掛けをつけたロリ系の女優三輪車に乗ってぐるぐる回る」というものを見たときものすごく興奮したことがある。縛られている女性のあまり無力感に劣情を催したのだが、蕎麦うちAVもそういうことなのかと少し納得できた気がする。

真空パックAVもここに入ると思う。

脳の部位的に「恐怖」と「快感」を感じる場所が近いという話を聞いたことがある(真偽はわからない)が、これも関係しているのかもしれない。

次に「体液系」

いわゆるスカトロ直腸野菜栽培もこのカテゴリで合っていると思う。

ただ、普通好きな人の体液は口に入れたいものだ。

キスや口淫もこの系統で、実はグラデーション問題であり、一般的性癖に思える。

後述する「におい」もこれと関連していると思う。

そして「インモラル系」

先ほどあげた緊縛露出のぞきスカトロなどはこの要素も強いと思う。

痴漢近親相姦など、タブーを犯す快感

環境的な要因が大きい性癖

マトリョーシ姦もこの系統っぽい。

一般的もので言えば青姦や、3Pなどの複数プレイもここに入るのかも。

また「ドラゴンカーセックス」も近代文明を獣性が犯す構図だとかキリスト教的にはドラゴン冒涜的だとかなんとか、西洋文脈ではここに類するという説明を読んだが、本当かどうかはわからない。

「におい系」も、不潔がタブーとされている現代では一応このカテゴリに。

足、腋、排泄物などの性癖がここに入る。

ただ本来人間の体で「毛が生えている部分」というのは腋や股間など、体液や排泄の多い箇所だ。毛が雑菌を繁殖させるのはよく知られていることで、本来なら避けるべきことのはである

忌避されがちな臭いというのは、実は原始的には性的要素が強いものなのだ

尿が異性を誘惑するフェロモンとして使われるのは動物界ではよくあることである

最後に「触感系」

レザー、ラテックス、髪、毛皮などのいわゆる「フェチ」はこれが大多数かなと。

シルク下着がいい、とかそういう感覚は誰にでもあると思う。

幼児期の体験」という話が出たが、その時期に触ったもの快感も大きそうだ。

体の一部なので正確にはフェチではないが、男女ともにおっぱい好きが多いのもこれに含まれるんじゃないだろうか。

触感系のフェチは単品ではあまり特殊ではないが、例えば状態異常と組み合わさった「石化」などになると、途端にすごいインパクトを放つ。

真空パック無力感の他に、あのビニール的な素材感もいいのではないだろうか。




などと、とりとめもなく分類を書いてみたが、

何が言いたいかというと特殊と呼ばれる性癖も、カテゴリごとの要素を見て行けば実は一般的性癖にも当てはまると言うことだ。

世の中、特殊性癖なんてない、もしくはすべてが特殊なのだと思う。

偉い人が言っていた。

射精してそれで終わりなんて性行為としてはレベルが低い!

よい特殊性癖ライフを!

2020-01-22

anond:20200122175553

触感ってこと?み?というから味覚のことかと思った

2019-11-11

ある日突然アナルセックスができるようになった話

タイトルでほぼオチしまっているが、コレはマジな話。

4年ほど前だろうか、何の断りもなく元彼が急にアナル挿入を試みてきたことがあり、それが半ばトラウマとなっていた。

同性ではなくごく普通カップルから、そんな所でするなんて考えないので、浣腸など準備していなくて不潔極まりない。

しかもローションすらつけてくれなかったし、愛撫代わりにとテキトーに指を強引にブチ込んできたものから、ただ単にめちゃくちゃ痛かった。

それにそんなやり方ではほぐれないので当然チンコなんてもってのほか亀頭すら入るわけがない。

こんなこと2度とやるか!させるかよ!!

そう思っていたのだが……。

現在結婚を考えている彼氏と付き合いはじめてから3年。

貴女のワキの制汗剤を使っていない時の臭いが好きです」のみ少しおかしいが、ソレ以外は至って普通性癖彼氏

現在までマンネリ化しておらず、互いに性欲モンスターと化しており、むしろ滅茶苦茶相性が良く一切だれない。

前戯〜後戯まで満足のいくセックスを楽しんでいる。

彼は事が終わるといつも、恥ずかしくなってそっぽを向いた増田背中に密着してきて、腕いっぱいにギュッと包み込んでくれるのだ。

変態だと思われるかもしれないが、射精して萎えチンコを尻肉に当てられる際の「むにゅん……」という触感が堪らなく好きなので、そんなに恥ずかしくなかった日もわざと背を向けている場合がある。

しかしその日は彼の様子がおかしかった。

尻肉に当たっているチンコがまだまだ衰えず、ガッチガチのまま…そんな日が稀にある。

そういう時は大抵、そのまま寝バック体勢にてマンコに挿れ直して2回戦へと突入するのだが、この日だけはなかなか挿入してこない。

先ほど射精した精液の搾りかすと先走りカウパーをローションの代用とし、尻肉をオナホのように使いオナニーしているようだ。

擦りはじめの時の増田肛門は当たり前だがガチガチに締まっているので、ただ擦られるだけでは挿れられない。

好き好き大好きな彼のチンコを擦り付けられている以上、こちらも興奮しないわけがないのだ。

…なので「もう一回しようよ?」と声をかけたのだが聴こえていないようで、増田のお尻に夢中になってひたすら擦っている。

数分後、カウパーが先ほどよりたくさん分泌されており、硬さも射精寸前の時のような具合になってきた。

尻肉を両手でグイッと掴み、激しく腰を動かす彼。

勢い余って肛門に擦れるときに、時折亀頭が埋まりそうになる。

数回目の入りそうなタイミングを経てついに、そのままスンナリと亀頭を呑み込み、一気に挿入ってしまった……!

彼もそんなつもりはなかったようで、それが後ろの穴だとはすぐには気付かれなかった。

だが射精寸前の股間簡単には動きを止められないらしく、「外で擦って終わるつもりだったのにおマンコに入っちゃった!めっちゃ締まって気持ちいい、出していい!?」と興奮気味に訊きながら、闇雲に腰を動かし続けている。

この時自分でもかなり驚いたのだが、なんと全く痛くなかった。

それどころか、あんなに嫌だった行為のハズなのに、一度入ってしまった後は何故か快楽の波が押し寄せてくる。

この体験についてはのちに彼ともう一度検証することになったのだが、どうやら初めに挿入する時が一番苦痛なだけであり、トイレにて実が出た時と同じで「腸から抜け出る」ことが非常に気持ち良く感じるのだ。

一度入ってしまえば抜ききらない限り、肛門は柔らかくなっていて開きやすいようで、もはや出し入れも苦痛に思わない。

腰をぐぐっと押し付けられている時、腸壁に亀頭や竿部分がゴリゴリ擦れているのがよくわかり、お腹の奥まで入り込もうとしている彼のチンコを愛おしいとさえ思ってしまう。

そんなわけで、痛いよりも気持ち良いのほうが勝ってしまった結果、先ほどの彼の問い掛けにあろうことか「そのまま中でイって良いよ」と答えてしま増田であった……。

人生初のアナルセックスを生中出しでキメてしまうだなんて、今思うとまるでエロ漫画みたいな体験だったと思う。

今となってはどうでもよい事なのだが、彼は、腸壁に亀頭が当たっている角度を「膣奥の子宮口辺り」と思ってしまったらしい。

まりにもスンナリ入ってしまったせいかもしれないが、射精後に増田から言われるまで、まさか腸に中出しさせてもらったとは思っていなかったそうだ。

人間は思っている以上に股間感覚がアバウトで鈍いという話が有名だが、ここまでとは……。

ちなみにこちらも変な話、射精は膣内の時よりもビュルビュルと出ている感覚をはっきりと味わうことができ、お腹が暖かくてとても気持ちよかった。

汚いとかそういうのを越えた幸福感。

彼も増田も事後我に返り慌てたのだが、最終的な互いの感想

「よく締まって(ゴリゴリ硬くなって)気持ちよかった」

「いつもよりエッチシチュエーションになった気がして、更に興奮を覚えた」

「今度は腸内洗浄愛撫など準備万端にした上で、再挑戦したい」

…という感じで終わった。

体験談をこうして書き記している自分自身がいちばんこの背徳的な行為にハマってしまったため、困ったことにその後もお尻でのプレイを時々楽しんでいる。

残念(?)ながら彼も「エッチだ…」と乗り気なので、今後も止まらなさそう。

つい先日は丸いコリコリがついたアナル用の細身なディルドを購入してしまった。

なお今週末は記念すべき10回目のアナルセックスをする予定であり、今から開発されることが楽しみで仕方がない。

2019-10-15

anond:20191015131308

リアルで触れる機会のないヲタク触感や抱き心地より見た目を重視して貧乳好きになる説を主張したい

2019-09-28

anond:20190928133338

スマ(消費MP1)…スマホがどこにあるか大体分かる

スマホグ(消費MP2)…手元から離れていても自己スマホのスペック確認することができる

スマホグ(消費MP5)…1分間だけ遠隔でスマホが操作できる

スマホーラ(消費MP8)…半径50m内にある自分スマホを手元に呼び寄せることができる

スマホゾン(消費MP15)…スマホを炎上させてその所持者を攻撃することできる(スマ自体魔法的に無事なので同一戦闘内で複数回使用できるが戦闘終了時にスマホは壊れる)

…って感じかなあ。


なお魔法の使える世界では魔法による思念伝達が可能なため、通信モバイルデバイスは発達しにくい模様。

個人的には「視界に入った物の触感を感じ取れる魔法」とかかな。消費MP少なくて応用範囲が広そう。

2019-09-15

こし餡粒餡

どう考えても粒餡が上

皮が混じる事によって触感リッチになり、風味も大体こし餡より良い

こし餡は大体つぶ餡より混ぜ物があるのか知らんが質が劣る場合が多い

2019-08-06

anond:20190806184806

かに触感が無くなるって言うのは重要かもしれない。

恥ずかしがる顔が好きな人にはあまり効果がないかもしれないけど。

2019-06-07

ココイチ幸福死ぬべき人々

私はココイチが好きだ。

哲学のない必要最低限だけのカレー、雑な揚げ物、やる気のないドリンクメニューが好きだ。下世話な一杯飯屋なのに割高な値段設定で客の足切りをしているのが好きだ。そこには懸命に働く外国人店員を怒鳴りつけて悦に浸るクシャクシャスーツの禿も、インターネットを長時間見ただけで賢くなったとイキるコスパコスパと囀る哀れな卑しい人々もおらず、心穏やかに思う存分ジャンクカレーと向き合うことができる。。。そんなココイチが好きだ。

しかし、今日、そんなしょぼくれた私の楽園破壊された。

ここで下賤な一杯飯屋と縁遠い紳士淑女の皆様方へ、あなた方には一生関係しないであろうココイチのオーダー手順を説明しようと思う。同志とアンチ諸君は読み飛ばせ。
ココイチラーメン屋牛丼屋じみた定食もやっているカレー屋とも違い食券システム採用していない。ルーの種類、辛さ、飯の量、揚げすぎて凄く良く言えばクリスピーな各種揚げ物、チーズ・煮込みチキン豚しゃぶなどルーに混ぜ込む系トッピング、この複雑怪奇カスタマイズメニュー入店後の着席と同時に出される水のタイミングでオーダーするか、この迷宮を心行くまで彷徨い、とりあえずその出口にたどり着いたものとして、ある種の諦念と共に店員を呼びオーダーするかの2択となる。ちなみに私は迷宮であるしかし即決派の蛮勇には憧れるものがある。

そうして決めた本日のオーダーは、チーズカレー2辛温玉トッピングだった。出てきたカレーを前にして、さてどのような割合カレーチーズを配合し、白い砂浜たる飯をいただくか、どのタイミングで干乾びた福神漬けのシャクシャクとした触感を加えるか、温玉はいつ割るべきかなどと愉悦の微笑みと共に熟考しているときにそれは起こった。
この煉獄一歩手前の楽園ではついぞ聞かない奇声が、穏やかな空間に響き渡ったのだ。

「入ってから時間もたっている!オーダーも取りに来ないとはどういうことだ!!」

私と同じカウンターの、その端に座った男が怒りの声を上げていた。その男カウンターを叩き、横板を蹴りつけて世の中の不平等すべてが我が身に降りかかったかの如く怒りを振りまいていた。

しかし、待ってほしい、ココイチでそれはおかしい。
その男の前には水が出ていた。そう、水が出されたときにオーダーを聞かれたはずだ。そこでオーダーしていないなら男を迷宮派と判断した店員は「お決まりになったらお呼びくださいね」と告げて静かに去っていたはずだ。そして1時間迷宮彷徨う本格派の男を、店員は急かす事なくその場にいる事を許してくれていたはずだ。仮に店員の呼び掛けを聞き逃していたとしても、なぜこの浅黒く愛嬌のないタイプ猪八戒のような風体の男は、1時間も無音のまま火に掛けられ続けた圧力釜のごとく不穏な怒りをその身の中で凝縮し、突如奇人如く炸裂させているのか。なぜ、なぜ。。。

私は急ぎカレーを掻き込むと店を出ようとした。レジは男の後ろを通らねばならなかった。哀れな店員たちはよほど急いでカレーを用意したらしく、すでに猪八戒の前には私と同じチーズカレーが出ており、豚のごとくカレーを啜り上げていた。その余りに浅ましい様を見たとき、私の中で説明のつかない激しい怒りが恐ろしい勢いで燃え上がった。もしその時、ココイチいかれた固さの揚げ物を貫くフォークがこの手にあったなら、思いのままに黒豚じみた刈上げ頭に突き立てていたかもしれない。そんな己の中の怪物に慄いた私は会計を済ませ逃げるように店を去った。

オレの中にも猪八戒はいたのだ。

さて昨今、凝縮された怒りを突如として炸裂させ、無辜の人々を脅かす可能性のある人物について、インターネット上の人格者怪物と大多数のぼんやりした人々が、死すべきか、死ならざるべきかについて議論を交わしていたが、このお話死ぬべき人々は誰なのか、そんな事を聞いてみたい夜だった。

2019-05-12

anond:20190512141043

https://video.fc2.com/a/search/video/?category_id=48

FC2動画アダルト版に男性オナニー自撮りが大量にアップロードされている。

女性配信者は有料配信に繋げて稼ぐ人が多いけど、男性配信者はゲイノンケ出会い目的の人が多いか基本無料視聴できる。

処女でも視聴覚情報だけなら、検索すれば得放題なんだよな。匂い触感はわからないだろうけど。

2019-03-01

旦那の隠してあったVRAV

を、見つけたので嬉々として早速観てみました。

感想

なるほどこれはすごい

可愛い女の子がすぐそこにいるかのようだし、自分の見たいところが見れる。あとキス臨場感ありすぎてドキドキする。耳元で囁かれるのもやばい。何より女の子ぐうかわいい!

イマイチだったのは、主観自分ジャストポジションに合わせるのが難しいこと、眼鏡オンVRだと時々ピントがずれてしまい都度現実に引き戻されること、女の子がでかく見えすぎちゃうこと、唐突モザイク、といったところだろうか。あと数年したら調整できるようになるかな(モザイクは無理か)。期待。そしたら男性向けAVだけじゃなく乙女ゲーも作ってほしいな。

いやしかVRもっと進化して、匂いとか触感とか加わったら、少子化待ったなしだね。いつか社会現象になるのかな。

2019-02-09

安室透の起爆スイッチタッチパネルだった

 物理ボタンに対する信仰心が高いという話。

 久しぶりにコナン映画を見てみたら、安室透がスマートフォンタッチパネル爆弾の起爆スイッチを押していた。極めて慎重にセッティングされた爆弾を、緊張の面持ちで、つめたいガラスの画面に親指を軽く押しつけていた。

 軽くタッチパネルの硝子に触れただけで、その爆弾スマートフォンから送られた着信を受信し、爆発したのである

 この文章を読んで何がなんだか分からない方は2018年に公開された『ゼロ執行人』をレンタルBDを購入して観て頂くとして、ともかく、その起爆スイッチを押すシーンというのは、私の中ではこの映画の中では三本指に数えられるほどに印象的なシーンだった。

 もちろん、20年も前に始まった漫画キャラクタースマートフォンを使っている事に驚いているわけではない。最近原作を一から読んでいるけれど、巻が進むにつれ新しい概念を取り入れている大変面白い作品である

 では何故印象に残っているというか、一種衝撃を受けてしまったのかと言えば、それは起爆スイッチスマートフォンだったからに外ならない。爆弾の起爆装置を起動させるための中継器が携帯電話なのはよくある話だが、それがスマートフォンになったところでふーんという感じである携帯界隈の世代交代というほかない。

 しかし、しかしだ。爆弾を起爆させるという、そんな重大なスイッチを、誤タッチ危険性があるスマートフォンでいいのだろうか、という心配が過ぎってしまったのである

 そもそも静電式タッチパネルというパネルは、文章を打つという観点からすると非常にいけすかないパネルである。まず文字を打ったという実感がない。決定ボタンを押しても、サイトボタンちゃんタップできているかからない。リンクが切り替わってやっと「押した」という実感がやってくる。

 文章を打っているときはふよふよとしたキーボードというか最早シートのようなアルファベットが、指を当てる度に浮かび上がったり沈んだりというアニメーションを繰り返すけれど、だからといって指にキーボードを打ったときのような打鍵感は伝わらない。平面の板を指でつついているだけである。これでは指の方が変形してしまう。このふわっとした文字うち感覚がどうにも耐えきれず、私はポメラを購入せざるを得なかったし、パソコンを手放せなかったというわけである

 

 それでもスマートフォンの方が画質は良いし、画面が広いので横書きしろ縦書きしろ文章が読みやすいのであるホームページも見やすい。そう、『観る』というツールとしては大変優秀なのが、画面だけがすべてみたいな、スマートフォンさんという機械なのだ

 それでもやっぱり、スマートフォンで起爆スイッチを押すのはどうなんだ、と思ってしまうのである

 これは安室さんに限ったことでは無く、スマートフォンというかタッチパネルを使ったどんなシステムにも抱く感情なのかもしれない。しかし、頭では確実性はタッチパネルの方が高いと言うことは理解しているのだ。それでも物理ボタンを頼った方が良いのでは無いか、と思ってしまうのは、最早ボタンレス普通になりつつある現代に対して私が発症した適応障害じみたなにかなのかもしれない。

 SF世界に限ったことでは無く、現在でも様々な入力機械タッチパネル(静電式)は使われている。

 ボタン式の起爆スイッチ(なんかもうこの言葉だけで頭がおかしい気がしてならないのだが)の方が、構造上中継する部品が多い分故障接続不良の危険性を孕んでいる。それを鑑みれば、やはり起爆スイッチは感度抜群のスマートフォンの画面をタッチする方が理に適っていると言える。間違ってスイッチタップしてしま誤爆することはあっても、起爆信号の正確性を考えれば、タッチパネルに何のクッションも挟まず触れてしまう方が、よっぽど確実である絶対に爆発することができる。

 それでも私はボタンの方がいいなと思ってしまうのだ。そんな軽々しい起爆スイッチ大丈夫かと思ってしまうのだ。この感覚が、私がボタンにたいして全幅の信頼を寄せているからなのか、ボタンを押すという実感がなければならないという強迫観念なのか。

 とにかく、安室透の起爆スイッチスマートフォンだった。

 あの触感のはかなさに反して、その先に起こる爆発という非常に重たい現象があり、それがコナンたちの命運をかけた一場面だと思うと、宙に浮いたような不安感がただようのだ。

 あるいはその感覚は、エモいというやつなのかもしれない。

 そんなことを深夜に思いつき、こうして書き作っていた。

 おわり。

2019-02-06

人間セックスせずにセックスする方法

明晰夢セックス

問題点コントロールが難しい

自己催眠をかけることでコントロールできるかもしれない

基本的に明晰度が上がれば上がるほど脳への負荷が大きい

感覚共有

他人セックス感覚を触覚デバイスで共有する

VRと組み合わせればかなりリアル体験ができるはず

問題点触感データ化がまだ進んでいない

また触覚デバイスがまだ普及していない

セクサロイドセックス

人工筋肉などアクチュエータの発展で視野に入ってきてはい

セクサロイドの内骨格になる材料候補だと思われるセルロースナノファイバーの量産が今年開始される

問題点情報処理の要となる人工知能がまだ人間の性行動を模倣できるほど発展していない

住居によっては収納スペースの問題もある

①>②>③の順で安価手段である+今現在技術で実現可能性がある

②>①>③の順でおそらく現実的である

2019-01-27

オーパーツ

10年くらい前に2GBで2000円っつーmp3プレイヤーがあった

ZENSTONEっての

すげーシンプル必要十分な機能もっててめちゃすごかった

液晶がないipodみたいな感じ

でも何も水に触感だけで操作できるボタン式だから逆にそれがいい

寒い冬だと使えないのが玉にキズだけどね

2019-01-25

anond:20190125135245

元増田感覚鈍麻して強い塩気とか臭気触感しか感じられなくなってるんじゃないか

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん